[9268] 高山、PRIDE出場決定 投稿者:佐の介 投稿日:2002/06/15(Sat) 08:52
情報ソース、日刊スポーツ

高山のPRIDE参戦が正式決定
 高山善広(35=フリー)のPRIDE21(23日、さいたまスーパーアリーナ)参戦が正式に決まった。負傷で欠場するコールマンに代わり、ドン・フライ(36=米国)と対戦。高山は15日に会見する。


遂に、決定してしまいました。
正直、G1を備えるべき高山のプライドでの調整状況はわかりませんが、凄みを見せて欲しいと思います。
[9268へのレス] 無題 投稿者:金山政史 投稿日:6/23-12:39
http://www.nikkansports.com/news/battle/p-bt-tp0-020623-08.html
↑開戦前の高山選手のいつになく弱気なコメントは、却って不気味とも取れますが………。
[9268へのレス] 無題 投稿者:齋藤和人 投稿日:6/23-14:56
今日でしたよね?
[9268へのレス] 無題 投稿者:名無 投稿日:6/23-15:04
 もし高山が勝ったら、新日って立つ瀬ないのでは?
 フライはVTの強豪であると同時に新日最強外人。
 同時に杉浦が勝ったらますます立つ瀬がなさそう。
 かつては打倒VTを目指してと称して、無理やり猪木にPRIDEとかかわりさせられた新日にとって、自分の意思で参戦を表明した純プロ・ノアの新参者にいきなり大活躍されたら・・・しかも相手はグレイシー一家。
 新日にとってもいろんな意味で注目ですね。
[9268へのレス] 無題 投稿者:パジャ 投稿日:6/23-16:03 <HOME>
杉浦のセコンドに大ちゃんもつくんだねぇ〜。けんかするほど仲がいいと言うことですかね(笑)
[9268へのレス] 無題 投稿者:sf-masa 投稿日:6/23-17:43 <HOME>
池田と杉浦の不仲ぶりが出なければいいが、、、
いや、ちょっと見てみたいかも(笑)
[9268へのレス] 無題 投稿者:金山政史 投稿日:6/23-18:48
見たいけど見られない………(泣)。結果を待つとしましょうか。>杉浦選手と高山選手の試合
[9268へのレス] 無題 投稿者:金山政史 投稿日:6/23-19:24
またアントンは「1,2,3,ダーッ!!」を。それをやられると興醒め。
[9268へのレス] 無題 投稿者:金山政史 投稿日:6/23-19:26
どうやら試合が始まった様で。>杉浦貴対ダニエル・グレイシー戦
[9268へのレス] 無題 投稿者:sf-masa 投稿日:6/23-19:50 <HOME>
×杉浦貴 vs ダニエル・グレイシー○
(3R 判定1-2)
[9268へのレス] 無題 投稿者:sf-masa 投稿日:6/23-19:51 <HOME>
残念な結果に終わってしまいました。
[9268へのレス] 無題 投稿者:齋藤和人 投稿日:6/23-19:52
杉浦負けちゃいましたね(^^;
[9268へのレス] 無題 投稿者:金山政史 投稿日:6/23-19:53
すぽなびを更新しながら経過を追っていたんですけど、矢張りVT初戦はきつかったか。
[9268へのレス] 無題 投稿者:佐の介 投稿日:6/23-19:58
いやぁーナイスファイト! 杉浦!
けど、後頭部狙ったり、ダニエル、ちょっとマナー悪かったな。
[9268へのレス] 無題 投稿者:sternness 投稿日:6/23-20:19
判定負けか。。ちょっと残念。。
失礼ですが、プライドには延長はないのですか??
[9268へのレス] 無題 投稿者:パジャ 投稿日:6/23-20:22 <HOME>
どっかのスポーツコーナーでやらないかな?
見てみたいね、この試合。
[9268へのレス] 無題 投稿者:佐の介 投稿日:6/23-20:31
>sternnessさん
第十何回大会までは判定がドローであればエクストラ・ラウンドがあったのですが、
ある大会からマストシステム。つまり、減点制の必ず決着がつくシステムが使用されることになりまして、延長は無くなってます。

しかし、仮に延長があっても、杉浦は負けていたと思います。
1ラウンド最初の左ストレート直撃と、2ラウンドのジャーマン以外にあまり攻勢がなかったですし、1ラウンド後半すべて上に乗っかられてパンチを浴びせられてましたから。
そのパンチの連打のダメージがあったからか、2ラウンド目から目に見えて疲労していました。
[9268へのレス] 無題 投稿者:佐の介 投稿日:6/23-20:32
よっしゃ、これから高山vsフライだ!
[9268へのレス] 無題 投稿者:佐の介 投稿日:6/23-20:50
×高山vsフライ○(1R レフェリーストップ)
一言。
馬鹿ばっか。

この試合をダメという奴は、いけませんよ。
解説がいらない、と言わしめた試合。
すごい。
ただ単に殴り合ってただけの試合だけど、すごい。
コレこそプロの試合。高山の顔面が、ほんとうに紫色に染まって
原型をゆがめるほどボコボコになった。
フライの試合後に放った一言「ありがとう」は本当だと思う。
高山は、フライは一流の武道家だ、プロレスラーだ。
[9268へのレス] 投稿者:金山政史 投稿日:6/23-21:20
これ動画配信して欲しいなぁ〜(懇願)。
見てみたい!
見てみたい!!!!
[9268へのレス] 無題 投稿者:金山政史 投稿日:6/23-21:31
高田延彦と櫻庭和志がコメント出来なかった殴り合いって………、益々見たくなったな。
[9268へのレス] 無題 投稿者:ほゆ 投稿日:6/23-21:32
高山も杉浦も内容では充分に観客のハートを掴めた事で納得はしました。

がやっぱり勝って欲しかった!。だから満足という所までは至らなかったな。

ま、それはそれとして高山はG1前の札幌タッグで。杉浦はGHC奪取に頑張って下さい。
[9268へのレス] 無題 投稿者:MASSI 投稿日:6/23-21:54
しかし、、結局勝つまで続けるのだろうか。。。
[9268へのレス] 無題 投稿者:闘魂 投稿日:6/23-22:29
三連敗。
小川、藤田と新日系出身の選手は順調に結果を残しているのに、全日系出身の選手はだめだねぇ。佐竹並ってとこかな。おっと、佐竹に失礼か。だって、高山って佐竹にも勝てないんでしたっけ。
[9268へのレス] 無題 投稿者:sternness 投稿日:6/23-22:52
高山とフライ凄い試合だったんでしょ!!!
見てぇー!!!!
[9268へのレス] 無題 投稿者:Mr.T 投稿日:6/23-23:26
早くビデオ出ないかなぁ・・・ <フライvs高山
試合開始からいきなりノーガードで打ち合ったり、フライのマウスピースが吹っ飛んだり、高山の顔が真っ赤になったり、凄いなぁ・・・マジで。
どうでもいいから早く見たい!
スギは初めてにしてはよくやったかな?でも「もっと弱い奴をお願いします」ってのはちょっとなぁ・・・まあスギなりの愛嬌かもしれないけど。

あと、結果だけで選手の格付けをするのはどうかと思います。 <闘魂さん
[9268へのレス] 無題 投稿者:まーさ 投稿日:6/24-00:28
まっ、簡単に判断は出来ないと思うよね。負けても。
でも・・そう見られるんだろうな〜〜
次回こそは結果を出して欲しいですね。
[9268へのレス] 投稿者:sf-masa 投稿日:6/24-00:50
闘魂さんにマジレスしてみます。
系統が選手の強さの基準にはならないでしょー。
小川の場合かなり疑問ではあるが、藤田も含めて新日系出身としましょう。でもそれが新日系が強いとは言えないと思う。
結局は個々の強さなり対応力ですよ。だから自分は石沢や永田や小原が秒殺されても新日系出身の選手だから弱いとは言いませんよ。
比較として挙げている高山だって、系統からいったらUインターがベースにあるわけだし、それだけでも比較として全日系の選手が新日系選手に劣っているとの論法が矛盾していると思いますけどね。
これは、別に高山が全日系生え抜きじゃないから切り捨てて考えているわけじゃありませんよ。
ノアを主戦場としてやっている選手なんで、いつも応援しています。
[9268へのレス] 無題 投稿者:α 投稿日:6/24-01:04
高山、体大丈夫ですかね? 準備期間が短かったので組み合うと
不利だと考えたんでしょうね。
[9268へのレス] 無題 投稿者:nouel 投稿日:6/24-01:14
勝ち負けより、(実際には試合をみていないのでなんともいえないですが)周りをすごいといわせる打撃戦やメインとして会場を盛り上げられる試合を出来るのは、今の日本人では高山しかいないのでないでしょうか?それにしても体を壊して選手生命を危ぶまなければいいですけど。
[9268へのレス] 無題 投稿者: 投稿日:6/24-01:50 <HOME>
高山は元Uインター。そのUインターも遡ればUWFであり、新日本だ(笑)。
[9268へのレス] 無題 投稿者:グレイシ−・アレルギ− 投稿日:6/24-01:57
高山に関しては猪木さんのもとで肉体改造して練習もしていればプライドでは3連勝だったと思いますよ。はっきり言って、いい試合や盛り上がったっていいますけど、そりゃ-相手も高山だから安心して打ち合えるワケで・・・。高山に関して野球でいえば、いいストレ−トはあるけどフォ−クボ−ルがないなと。それがあれば相手もそれなりに警戒するワケで。それを使う使わないは別としてもそれがあるか、ないかだけでも違うんですよね。彼にはそれを学んでほしかった。俺はずっとプライド挑戦の高山に関しては勝てると思った試合はないし、ここでも負けると断言してきましたから。彼も馬鹿ではないと思うのでそろそろ気がつくでしょう。
[9268へのレス] 無題 投稿者: 投稿日:6/24-02:19 <HOME>
まあ猪木の弟子というのは使えるギミックであるのは間違いないけど(笑)本当に勝ちたいならばブラジリアントップチームとか最新のVT技術のモードを造っている組織に絡まないと駄目じゃないですかね。
[9268へのレス] 無題 投稿者:名無 投稿日:6/24-03:03
 試合、実際に見てませんのでえらそうなことはいえませんが、高山も杉浦も良かったみたいですね。
 杉浦にとってこういう経験は貴重ですよ、PRIDE初勝利をあげるまで頑張ってほしいです。
[9268へのレス] 無題 投稿者:MASSI 投稿日:6/24-07:27
あえて厳しいことを言いましょうか。
はっきり言って高山は甘えています。
今高山は日常でプロレスをやってその合間に出てということを繰り返していますが、他の選手は1年間に数試合、それもルールに合わせた勝つための練習をずっとしています。確かに今のやり方で勝てたらかっこよかったかもしれませんが、それが出来ないのはどのプロレスラーも充分分かっていることだと思います。例え負けても自分の価値がおちないから、と考えているならばそれはファンに対する甘えというものです。今回は壮絶な試合い対する賞賛も多いですが、私は現状の中途半端な路線は再考すべきだと思います。
[9268へのレス] 無題 投稿者:Wh 投稿日:6/24-08:56
お客がわいた、ということがすべて。

どうするんでしょうね。あの盛り上がりを越える試合を作れる「プライド戦士」ってどれくらいいるんでしょうか。しかも、プライドの前提としては、敗者に美学はないって感じじゃなかったかな?
[9268へのレス] 無題 投稿者:ほゆ 投稿日:6/24-17:06
以前、発表前のスレに「プロレス的な試合をして〜」と書いたけどその時は「プロレスの技を使って」みたいな試合を
考えて打ったんだけど昨日の試合を見てああいうのも「プロレス的」な試合だなと感じて。
確かに調整期間が無かった事からああいう戦法しかなかったといえばそうだし「ただの殴り合い」と言われても一理ある。
だけどそういった試合で賞賛を浴びたのも事実。だからこそ納得はしてる。でも満足ではないというのもあります。

後多分高山は大森へのオマージュとして「受け」のプロレスをやってると思う。この前の中西戦も胸板が蚯蚓腫れする
くらい逆水平打ちこまれてるし、昨日のも敢えてノーガード戦法でいってるし。
大森もどっちかというと「受け」のタイプのレスラーだったし多分に高山も大森のそういった部分を意識的、無意識的にやってるかもしれない。
(多分)高山にとってノーフィアーというのはプロレスデビューして始めてのチームだったしそのチームで
多くのベルトを獲ってきたしそういう意味で高山の中にはノーフィアーは消えてないと思う。

>MASSIさん
 少なくとも高山は「負けても価値が落ちないから」という考えは持ってないと思います。そんな中途半端な
 心持ちならプロレスラーとしても魅力はありません。確かにプロレスのオフ期間にポッと出で勝つってのも
 凄く難しい事だと思う。
 だけどどこのどいつが云ったか分からんけど「プロレス<総格」という方程式が成り立ってしまった今
 やっぱり「プロレスラーは強いんです(BY 桜庭)」というのを見てみたい。それの可能性を高山が一番秘めてると
 思う。
 MASSIさんは中途半端とおっしゃてるけど自分はオールマイティーと捉えたい。だからこそ勝ちが無い現状に
 頑張って欲しいと思うしプロレスでもタイトル奪取を願ってるんです。

 今は「プロレス<総格」という公式は一時に比べ成り立たなくなってきてるけど。
 今の時代はオールマイティーなのか深化なのかどっちを望んでるんでしょうかね?
[9268へのレス] 無題 投稿者:MASSI 投稿日:6/24-19:14
皆さんのおっしゃることは分かります。ただ、高山は残念ながらオールマイティーにはなれていないかと。
さらに厳しい言葉を続けると、プロレスラーがVTに出る場合、
・心が折れなければいいのか。
・客を沸かせる試合ができればいいのか。と。
前から言っているように、私は本音のところでは高山は前回くらいで打ち切るべきだと思いました。しかし、もちろん本人の継続の意向もありますけれど、今やめてしまったら結局高山の技術はVTでは全く役に立たなかった、で終わってしまいます。だから、結局は何がしかの結果を残すまで続けること、これは仕方のないことだと思います。しかし、ならばこそ勝ちに近づくための最大限の努力がもう一つ必要なのではないでしょうか。私は今回の試合は見ていないため誤解の部分もあろうかと思いますが、周りの反応を聞いている限り現状で高山に勝ち目はなさそうな気がします。
正直言って、私はこのスパイラルにはまってほしくなかった。危ない橋があったら渡らない、これは一つの考えです。しかし、もし渡ろうとするなら何があっても渡りきってやる、そうすれば向こう側には栄光がまっているはずです。だからこそ私は応援しますが、やるからには必ず成し遂げて欲しい。
ノアとしては苦しいかもしれませんが、半年から1年くらい休んでそれ用の猛特訓をするべきではないでしょうか。そして勝った暁には胸を張って凱旋するというように。
このまま続けていてもいつかは勝てる番が巡ってくるとは思います。しかし、現状の路線では準備不足とかいいわけの方にばかり行ってしまうような気がします。まあ、私なんかが危惧したところでどうなるわけでもありませんが、このあたりが私の不満の原因です。

…どうも格闘技関連と猪木関連の話は私は熱くなってしまうのでいけませんが、最近ノアに正直にいれこめないのはこの辺に理由があります。なんか、プロレスだけを素直に見ることができればいいのですが。。。
[9268へのレス] 無題 投稿者: 投稿日:6/24-19:52 <HOME>
>・客を沸かせる試合ができればいいのか。

高山がもし膠着ばかりのつまらない試合をやって勝ったら、どう評価されるのでしょうね(笑)ちょっと楽しみ。
[9268へのレス] 無題 投稿者:佐の介 投稿日:6/24-23:09
自分は沸かせられる試合ができればいいと思いますよ。
大山の勝つだけの試合をして、温厚なヘンゾに唾まで吐かせた大山のファイトに比べれば数倍、数十倍素晴らしいですよ。
審判の判定材料が、ヘンゾが唾を吐いたからだとかメチャメチャ言ってますけど、それを吐かせた原因はどこだよ? って感じです。
それに、さすがに今回の調整状況であれだけやれて、高山やっぱすごいですよ。
PRIDEを救った功績も大きいです。
勝っても負けてもいいですよ、次も高山にはオファーは来ます。
勝つまで、名勝負を続けてもらいましょうよ、高山に。
[9268へのレス] 無題 投稿者:グレイシ−・アレルギ− 投稿日:6/24-23:35
佐の介さん>いやいやMASSIさんも俺もそんなことは分かってるんですよ。そんなコトは分かったうえでもう少し話のレベルが上な所で意見してるワケで・・・。だったら相手がヒクソン・グレイシ−だったとしても勝っても負けてもいいのかな?その線引きなんて出来ないけれどもプロレス界のおかれてる現状を考えてくれてるなら<個人の問題>だけでは済まされない部分を感じていて欲しいワケで。その結果の負けなら仕方はないと思いますし。<潔い>と言えばカッコはいいですしそれまでなんですけどもうちょっと考えて行動してほしいなと・・・。
[9268へのレス] 無題 投稿者:Mr.T 投稿日:6/25-00:44
プロレスラーの名を背負う以上、客を沸かせられないようではダメだと思います。
かなり上のスレになりますが・・・
新日系選手は勝ってるのに高山は3連敗でダメだという意見がありましたが、ヤスのPRIDEデビュー戦(vs佐竹戦)と高山のPRIDEデビュー戦(vs藤田戦)。この2つは全く対照的な試合運び及び結果になりましたよね。ヤスの方はとにかく佐竹をコーナーに追い込んで押し込んで、最後までそればかりで判定勝ち。一方の高山は真っ向から藤田と打ち合い、最後は肩固めをかけられながらもタップしなかった。結果だけならヤスの方が良いけど、試合内容なら高山の方が断然面白い。PRIDEはオリンピックや武道の大会とは違い、興行なんだから結果だけを求めるのではなくお客さんをいかに楽しませるかということも重要だと思うんですよね。サクは「お客さんはお金を払ってわざわざ見に来てくれるんだから、それなりのことはちゃんとやらないと」と以前言ってましたが、僕はその通りだと思います。
高山にはこれからもPRIDEに出てもらいたいです。高山の出た試合ってPRIDEの中では動きがあって面白いので(要は膠着しないってこと)僕は好きですね。
[9268へのレス] 無題 投稿者:佐の介 投稿日:6/25-01:50
>グレイシーさん
親切に教えていただいて、どうも、ありがとうございます。
ああ、高山にプロレスを背負わせるように重く感じて見た事、不思議となかったですね。
けっこう、高山個人vsPRIDEみたいな図式でみてましたから。
自分は、ヒクソンvs高山で負けても、それ実現しただけでスゲエと思うし、一瞬でも凄みを見せてくれればいい。
自分は、単純にプロレスでも総合でもおもしろい試合を見せれる一ファイターとして見てますから。
自分は見事な一本勝ちとか、すさまじいグラウンドの攻防戦とかをプロレスラーには求めてないですからね。
とにかく、プロレスラーとして恥ずかしくない観客を盛り上げた試合で、できれば勝って欲しいという感じで見てますから。
ちなみに藤田はプロレスラーというより、総合格闘家としてみてます。
[9268へのレス] 無題 投稿者:佐の介 投稿日:6/25-01:56
プロレス界を背負うなら、やっぱり秋山かなぁ……。
中西に、本物の野人ぶりを発揮してもらって、PRIDEでアイアンクローで決着してくれるのも面白い。
[9268へのレス] 無題 投稿者:MASSI 投稿日:6/25-02:02
ええ、私ももちろんPRIDEが興行である以上、客を沸かせるのが大事というのは分かります。昨年の大晦日の高田の不甲斐ない試合ぶりに対して興行論の面での議論があって、私もその中で見せる試合の大事さを説きました。
しかしながら、高山のはまりつつある罠は逆に内容(しかも負け試合)のみを評価されているというところにあります。
なんだかんだ言いながらも、心情的にプロレスラーのVT参戦は反対という人が実際にはノアファンの中には多いのではないでしょうか。だけど、出るからには勝って欲しいし応援する。しかし、結局は負けてしまう。それで試合内容はよかったよという話になる。
…だけどやはり負けは負けなんです。どんなにいい試合であろうと応援しているところが負ければやはり悔しいでしょう。
こういう状況ですから、高山がどんな形でも勝てればファンの喜びも爆発するでしょう。だけど、負けてまた暗澹たる思いを繰り返すのかと思うと憂鬱になります。少し悲観的すぎるかもしれませんが、昨年の藤田戦あたりを見ていると1/10の確率もないのではないかと思いましたから。
もちろん本人がいい試合で満足するわけがないと思いますが、そうしたファンの思いも背負っているのだから方法ももう少し考えて欲しいかな、と。。
[9268へのレス] 無題 投稿者: 投稿日:6/25-02:21 <HOME>
なんだかんだで物議をかもしているみたいですが、それに値するイレギュラーな試合であった事は確かでしょう。この1戦は半年後や1年後といった時間の経過と共にその重要性、そしてもしかしたら分岐点的な試合としてクローズアップされるかもしれません。

強弱といったプライドを支配的に覆っていた二項の価値観が、この1戦で新たに面白い試合というユートピア的第3項の誕生により(というよりかは認知された?)事により、絶対的勝負論の世界に揺さぶりがかかったのは、予測だにしない現象だったと思います。

新しい価値観の誕生は新たなな可能性を思わせてそれはそれで、VTの新しい可能性を感じさせるのだが。しかしその第3項が勝負の非情さを和らげる逃げ道にもなってしまう可能性があると思います。

良い試合さえすれば勝ち負けが度外視され評価される。それは観客を楽しませるって部分では正当に良いと評価されても良いとは思うのですが、どうも釈然としない。
本来ならば偽りなき強弱を決める装置としてのプライドを期待している私としては、良い試合という第3項は強弱の従来の価値観に並ぶのは、ちょっと抵抗感がある。
[9268へのレス] 無題 投稿者: 投稿日:6/25-02:29 <HOME>
考えたんだけど、もし高山が勝つならば技術の習得よりも体の改造の方がいいかなと思いますね。

年齢的に技術を習得するのは難しい、ならばステロイドでも使って体を滅茶苦茶膨らましてザップのようなファイターになるしかないでしょう。
そこまでしないと勝てないでしょう、ジャンルの蛸壺化が年々進んでいるのだから。
もしそれが無理ならばプロレス一本で行って欲しいですね。
[9268へのレス] 投稿者:金山政史 投稿日:6/25-20:13
プロレスと相撲以外の格闘技に関していまいち知識に乏しい小生が言うのもなんですけど、昨日からこの事についてずっと考えてきたことを申しますと、結局の所今回のこの結果が我々ファンに齎したものといえば、プロレスラーは舞台が例えどういう場所であろうとも、プロレスラーであるという事なのかもしれませんね。

対戦相手の打倒という、ただ1点のみに執心さえすればよい挌闘ジャンルの"住人"でありながら、それだけに満足せず、観衆をも相手に挌闘しなければ是でないプロレスに対しても刺激を求めて突き進むドン・フライ

プロレスラーという、対戦相手だけでなく観衆に対しても挌闘しなければならない挌闘ジャンルの"住人"でありながら、常に外の空気(PRIDE)に新しい刺激を求めて歩き続ける高山善廣

この試合で最後に我々ファンに齎したもの。それはお互いに"プロレス"の凄さを存分に知った者同士で丹念に紡ぎ上げられた"プロレス"という名の織物は、どんなに外部(その他の格闘技ブーム)から圧力が掛けられようとも、決して綻ぶものではないというのが証明されたという事ではないかと思います。勝負論のみが跳梁跋扈する昨今の格闘技ブームに対しての、彼らなりのアンティテーゼ。それがこの日のメインに総て込められていた………、というのは、聊か言い過ぎなんでしょうか。

解説席で彼ら2人の戦いを見て絶句した高田延彦、櫻庭和志の両選手。

観戦して涙が零れそうになったと漏らす、DSEの森下社長

そして、プロデューサーに鎮座するアントニオ猪木

フライと高山の両選手が放った矢(プロレスの凄さ)が、彼らにどういう形で命中したのか、そしてそれが今後の彼らの考え方にどういう影響を齎すのでしょうか………。ただ勝負の結果のみにさえ心を注げば良かったPRIDE。これまでの興行はそれだけで満足出来た。それがこの日の試合によって、今後は観衆の評価というものに対しても神経を注がねばならない様になったのは、歴史の必然だったのかもしれない。PRIDE戦士のみでプロレス名勝負を凌ぐ様な、観衆から万雷の拍手を浴びる様な戦いが出来るようになるには、相当な錬磨を要するだけに、今後もプロレスラーを"借用"する興行スタイルは続けざるを得ない。この辺りに、PRIDEの抱える脆弱さと、今も揺るがないプロレスの優位性があると信じています。

かなり読みにくい文章になってしまったのをお詫びします。
[9268へのレス] 無題 投稿者:sf-masa 投稿日:6/25-20:47 <HOME>
今回の高山とフライの試合が、本人達が狙ってやっていたかどうかは別として、PRIDE21を興行として救った事は確かだし、その内容から勝負論のみのPRIDEに対するアンチテーゼとして取られるのも仕方ない事だと思います。
でも、PRIDEを見ている人が勝負論度外視で打ち合いや攻め合いだけの試合が見たいかといったら、それも違うと思う。
PRIDE21は、PRIDEとして一番わるい方向に行ってしまった興行でした。判定が多くなってしまったのもファンのストレスになっていたでしょう。
その興行をメインでひっくり返した両者は賞賛に値すると思うが、それは興行面での話であってPRIDEそのものを救った訳じゃないですからね。

高山に関しては、彼にその考えがあったかどうかわからないけど、今回のフライ戦は少なくとも勝ち目のある相手ではなかった。フライの強さもそうだけど、準備期間の短さ(ほとんど無いといってもいい)から、肉体的調整も技術的向上も図る時間がなかった。
それを分かった上で、万に一つの可能性としてノーガードの打ち合いをしたのかもしれません。
そこまでの計算が合ったかどうかは不明だが、少なくても膠着状態が続いて判定負けよりもKOで負けた方が評価が下がりませんからね。これは選手の強さとしてじゃなくて価値としてです。
森下社長が、以前こんな事を言っていました。
「PRIDEで価値のある選手とはKO勝ち出来る選手、その次はKO負けする選手」
これは興行師としての意見が殆どだと思うけど、ファンとしての意見も入っていると思う。
つまり、今回高山が取った行動は、狙っていたかどうかは別にしてフライに次いで2番目の価値があることになる。
自分も、この打ち合いを見てスゲーと思ったが、同時に考えさせられる部分もあった。
じゃ、プロレスラーはPRIDEのリングに出ても、ボコボコに殴られ、それでも倒れず向かっていく打たれ強さを見せればOKなのか、と。
勿論、答えは否。
森下社長の中には少なからずこのような考えがあると思うし、自分もレスラーがPRIDEのリングで打たれ強いところを見せてくれれば嬉しいと思う。
高山には、その先を見せてもらいたい。ノーフィアーの精神はそれで良し。上を目指して駆け上がっていくのもノーフィアーなのだから。

最後に、今回オファーを出している段階で森下社長が高山の名前をだしたのは、ちょっとルール違反の様な気がすることを書き加えておきます。
[9268へのレス] 投稿者:グレイシ−・アレルギ− 投稿日:6/26-00:39
佐の介さん>
俺も高山にプロレスを背負って出て欲しいなんてもちろん思ったりしていないし、試合は高山個人vsプライドで観てますよ。勝ったらプロレスの価値云々の話でもないですし。
ただノアのマットに上がりプロレスラ−と名乗ってプライドのリングに上がる以上は最低限のプロレスラ−としての魂と責任を持ってリングに上がって欲しいなと。その魂がノ−ガ−ドだけというのはあまりにも寂しいなと。
俺は負けて評価を上げるより、勝って評価を上げてもらいたい。だから俺も考えは単純なんですよ。ただ<勝てばそれでいいのか!>と言ったらもちろんそうではナイですよ。例えば大山みたいに<勝てばいい!>みたいな試合なんかして欲しくないですし、バンバン責めてジャ−マン狙ってKOするかされるかの試合を見たいですよ。だけど現時点では大山レベルの選手はいい試合したって負けたらなんの意味もなくなってしまうんですよね。彼は前回負けてチャンスを逃し長期の戦線離脱に追いやられてますし。今回はグレイシ−に勝ったというのは彼にとって大きいですよ。プライドに関しては今回の大山みたいに<譲れない試合>ってのはもちろん出てきますので誰にだって結果的にああいった試合になる可能性は充分ありますし<永遠のテ−マ>だと思いますよ。
俺だってプロレス背負わせるなら川田、武藤、健介、三沢なんかの本当のトップが出たときですよ。
[9268へのレス] 無題 投稿者: 投稿日:6/26-01:26 <HOME>
1日経って言葉が見つかった。私が恐れているのは、良い試合って評価が強弱の二項を相対化してしまうって恐怖感だったんですね。(一人で納得(笑))

現にフライの強さだとか、技術が誉められてないですものね。語られるのは高山のレスラー魂だとか、頑丈さだとか、興行の有り方だったりしているわけです(本当に強弱の二項が崩されている)

>それを分かった上で、万に一つの可能性としてノーガードの打ち合いをしたのかもしれません。

普通ならばその作戦の無謀さだとか、技術力の無さが論上に上がるのだと思うのですが、高山の目論み通り(?)その辺の議論をするのを無粋な行為だと思わせる戦いであるって意味では、本当イレギュラーな試合であったと改めて思う。

>森下社長が、以前こんな事を言っていました。
「PRIDEで価値のある選手とはKO勝ち出来る選手、その次はKO負けする選手」
これは興行師としての意見が殆どだと思うけど、ファンとしての意見も入っていると思う。

よく書きこみに引用されている森下氏の発言ですが、私には関係無いですね(笑)
ブッカーが望むものが良いってそれはブッカーとしてだもんね、私は森下じゃありません。

>狙っていたかどうかは別にしてフライに次いで2番目の価値があることになる。

それになんだか森下氏の為に、今後の食い扶持確保の為に打ち合いをしたってイメージが出てきてそれはいけません(笑)。
自分のプライドを傷付けない為ってのも大部分占めていると思いますが。

そう考えたら高山は骨の髄までプロレスラーであり、その価値観で占められている人だってのはわかりましたね。
[9268へのレス] 無題 投稿者:佐の介 投稿日:6/26-19:36
ようやく、グレイシー・アレルギーさんに語りかけられて、
他のひとの書き込みをみて、すこし、言っていることが分かってきたように思います。
ただ、やっぱり大山許せないですよ。
森下社長に気に入られているんだから、まだ一試合くらいならブッキングしてもらえるだろうから、せめてお互いがぶつかりあう試合をしてもらいたかった。
相手を貫く眼光と、アグレッシブなファイトが魅力の選手だから、譲れない試合であっても、というかだからこそ、次に繋がる名勝負をしてほしかった。


それと、サップ、田村戦で負傷をおったようですね。
田村が接触の瞬間に放ったローキック、パンチで。
実際みててもローキックは凄かったですから、
是非、田村もう一丁と思います。
できれば、桜庭復帰戦に、田村をマッチメイクしてもらいたい。
かつてのUインターで名勝負を展開していた二人で
試合をしてもらいたい。遺恨とか、あるかも分からないけど。
できたら、KOKルールとかでやってもらえると、嬉しいな。