2004年の注目の試合結果
12月24日(金) ディファ有明 1800人
第6試合 タッグマッチ 20分1本勝負
×青柳政司&リッキー・マルビン vs 泉田準&金丸義信○
(12分11秒 首固め)
第5試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
×百田光雄&モハメド・ヨネ&力皇猛 vs 本田多聞○&杉浦貴&池田大輔
(14分03秒 回転地獄五輪パート0)
第4試合 タッグマッチ 20分1本勝負
井上雅央&×トナカイ(橋) vs 田上明&秋山純○
(11分25秒 エクスプロイダー)
第3試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
小川良成&○斎藤ゴリエ(彰俊)&永源遙 vs KENTA&川畑輝鎮×&菊地毅
(17分12秒 首固め)
第2試合 タッグマッチ 20分1本勝負
×潮崎豪&佐野巧真 vs タイガー・エンペラー○&丸藤正道
(14分13秒 タイガースープレックス'04)
第1試合 シングルマッチ 10分1本勝負
△小橋建太 vs 三沢光晴△
(10分00秒 時間切れ引き分け)

12月18日(土) メキシコ・ベラクルス州 プラサ・デ・トロス・デ・チルパンシンゴ
 
GHCジュニアヘビー級タッグ選手権試合 60分1本勝負
王者:○丸藤正道&KENTA vs フベントゥ・ゲレーラ&ミステル・アギラ×:挑戦者
(12分22秒 リングアウト)
※丸藤&KENTAが9度目の防衛に成功

12月22日(水) ZERO-ONE MAX 後楽園ホール 19:00試合開始
 
タッグマッチ
○高岩竜一&日高郁人 vs 金丸義信&橋誠×
(15分55秒 片エビ固め)※垂直落下式ブレーンバスター

▼ Navigation,Against the Current'04 ▼

【開幕戦】11月13日(土) 後楽園ホール 2100人
 
KENTA蹴撃7番勝負 第7戦
○丸藤正道 vs KENTA×
(22分23秒 不知火・改)
※KENTA蹴撃7番勝負はKENTAの1勝6敗
 
スターネス&ダークエージェント共同プロジェクト
「勝ったら軍団入り決定マッチ」
(スターネス入り希望)○泉田純 vs 川畑輝鎮×(ダークエージェント入り希望)
(11分12秒 片エビ固め)※不入ドム
※試合終了後、体重測定を行い条件であった125kg(コスチュームなどの重さを引く)をクリアした為、泉田のスターネス入りが決定!

KENTA蹴撃7番勝負 全対戦成績 KENTAの1勝6敗
第7戦
11月13日(土) 後楽園ホール
○丸藤正道 vs KENTA×
(22分23秒 不知火・改)
第6戦
8月28日(土) ディファ有明
○三沢光晴 vs KENTA×
(13分31秒 片エビ固め)※エメラルドフロウジョン
第5戦
10月9日(土) 後楽園ホール
○小橋建太 vs KENTA×
(16分25秒 片エビ固め)※ショートレンジ剛腕ラリアット
第4戦
6月27日(日) 後楽園ホール
○高山善廣 vs KENTA×
(10分20秒 体固め)※ランニングニーリフト
第3戦
5月14日(金) 後楽園ホール
○秋山準 vs KENTA×
(14分06秒 体固め)※エクスプロイダー
第2戦
3月13日(土) ディファ有明
○小川良成 vs KENTA×
(12分45秒 バックドロップホールド)
第1戦
1月17日(土) ディファ有明
×フベントゥ・ゲレーラ vs KENTA○
(19分06秒 片エビ固め)※ブサイクへのヒザ蹴り

11月16日(火) 新潟市体育館 2600人
 〜中越地震復興応援大会〜
 
スぺシャル6人タッグマッチ
小橋建太&三沢光晴&×丸藤正道 vs 秋山準&田上明○&KENTA
(22分47秒 体固め)※俺が田上

11月21日(日) 宮城県スポーツセンター 3200人
 
グローバルハードコアクラウン無差別級選手権試合 15分1本勝負
※特別ルールとして15分時間切れ引分けの場合、挑戦者が新王者となります
王者:○丸藤正道 vs 潮ア豪×:挑戦者
(14分48秒 片エビ固め)※不知火
※丸藤正道が初防衛に成功

11月27日(土) 札幌メディアパーク・スピカ 2100人
11月28日(日) 札幌メディアパーク・スピカ 2400人
〜2days Tag Team Tournament at スピカ〜
        小川良成&SUWA━━━┓
                    ━┓
         斎藤彰俊&杉浦貴━━━┛ ┃
                      ━┓
       小橋建太&KENTA━━━┓  ┃
                    ┗━┛ ┃
           田上明&橋誠━━━┛   ┃  
                        ┏━優勝
         秋山準&金丸義信━━━┓    
                    ━┓  
スコーピオ&リチャード・スリンガー━━━┛ ┃ 
                      ┏━┛
       三沢光晴&鈴木鼓太郎━━━┓ 
                    ┏━┛
         力皇猛&丸藤正道━━━┛
1回戦
1日目タッグトーナメント1回戦A
小川良成&×SUWA vs 斎藤彰俊○&杉浦貴
(18分51秒 体固め)※デス・パニッシュ
1回戦
1日目タッグトーナメント1回戦B
小橋建太&○KENTA vs 田上明&橋誠×
(18分00秒 片エビ固め)※go 2 sleep
1回戦
1日目タッグトーナメント1回戦C
秋山準&○金丸義信 vs スコーピオ&リチャード・スリンガー×
(18分43秒 片エビ固め)※タッチアウト
1回戦
1日目タッグトーナメント1回戦D
三沢光晴&×鈴木鼓太郎 vs 力皇猛&丸藤正道○
(20分16秒 雪崩式不知火+パワーボム→エビ固め)
準決勝
2日目タッグトーナメント準決勝1
斎藤彰俊&×杉浦貴 vs 小橋建太○&KENTA
(20分32秒 片エビ固め)※剛腕ラリアット
準決勝
2日目・タッグトーナメント準決勝2
秋山準&×金丸義信 vs 力皇猛&丸藤正道○
(12分08秒 首固め)
決勝
2日目・タッグトーナメント決勝
×小橋建太&KENTA vs 力皇猛○&丸藤正道
(23分21秒 体固め)※無双

【最終戦】12月4日(土) 横浜文化体育館 4600人
 
GHCヘビー級選手権試合 60分1本勝負
王者:○小橋建太 vs ザ・グラジエーター×:挑戦者
(28分21秒 体固め)※ムーンサルトプレス
※小橋建太が12度目の防衛に成功
 
GHCタッグ選手権試合 60分1本勝負
王者:三沢光晴&○小川良成 vs M・モデスト×&D・モーガン:挑戦者
(17分53秒 エビ固め)※エメラルド・フロウジョン
※三沢&小川組が7度目の防衛に成功
 
GHCジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
王者:○金丸義信 vs 杉浦貴×:挑戦者
(25分03秒 片エビ固め)※タッチアウト
※金丸義信が3度目の防衛に成功

全日本プロレス 10月31日(日) 両国国技館 11500人
 「武藤敬司 20th ANNIVERSARY LOVE BUMP」
第8試合
武藤敬司デビュー20周年記念スペシャルマッチ
○武藤敬司&三沢光晴 vs 馳浩×&佐々木健介
(23分50秒 体固め)※ムーンサルトプレス

▼ Navigation,Against the Current'04 ▼

【開幕戦】10月9日(土) 後楽園ホール18:30試合開始
第8試合
6人タッグマッチ
三沢&小川&○力皇 vs 田上&佐野&川畑×
(21分28秒 パワーボム)
第7試合
KENTA「蹴撃七番勝負」第6戦
○小橋建太 vs KENTA×
(16分25秒 片エビ固め)※ショートレンジ剛腕ラリアット
※蹴撃七番勝負1勝5敗
第6試合
6人タッグマッチ
斎藤&○井上&杉浦 vs スミス&ザ・グラジエーター&ローデス×
(16分53秒 アルゼンチンバックブリーカー)
第5試合
6人タッグマッチ
秋山&金丸&×橋 vs ウイリアムス&モデスト&TAKAみちのく○
(20分03秒 ジャスト・フェイスロック)
第4試合
6人タッグマッチ
丸藤&×菊地&鈴木 vs SUWA&マルビン&ロウキー○
(15分21秒 キークラッシャー)
第3試合
タッグマッチ
本田多聞&×IZU vs 池田大輔○&モハメド ヨネ
(11分59秒 腕ひしぎ逆十字固め)
第2試合
シングルマッチ
○越中詩郎 vs 潮崎豪×
(7分37秒 エビ固め)※ランニングヒップアタック
※試合終了後ダークエージェントが越中を勧誘するが
越中は返答せず退場。
第1試合
シングルマッチ
×百田光雄 vs ドノバン・モーガン○
(7分02秒 片エビ固め)※コークスクリューネックブリーカー

10月16日(土) 徳島市立体育館 18:30試合開始
グローバル・ハードコア・クラウン無差別級選手権試合

初代王者:×秋山準 vs 丸藤正道○:挑戦者
(10分41秒 リングアウト)
※丸藤正道が第2代選手権者となる


10月22日(金) 国立代々木競技場第二体育館 4000人
第8試合
GHCジュニアヘビー級タッグ選手権試合 60分1本勝負
王者:丸藤正道&○KENTA vs SUWA&リッキー・マルビン×:挑戦者
(25分34秒 エビ固め)※go 2 sleep
※丸藤&KENTA組が8度目の防衛に成功
第7試合
シングルマッチ 30分1本勝負
○秋山準 vs バイソン・スミス×
(4分08秒 首取り式回転片エビ固め)
第6試合
6人タッグマッチ 30分1本勝負
三沢&小川&×鈴木 vs 斎藤&越中&杉浦○
(14分56秒 エビ固め)※オリンピック予選スラム
第5試合
シングルマッチ 30分1本勝負
○力皇猛 vs ダグ・ウィリアムス×
(13分23秒 片エビ固め)※無双
第4試合
6人タッグマッチ 30分1本勝負
小橋&本田&×潮崎 vs 田上&佐野&ヨネ○
(21分31秒 片エビ固め)※キン肉バスター
第3試合
シングルマッチ 30分1本勝負
×池田大輔 vs ザ・グラジエーター○
(8分03秒 片エビ固め)※スーパーアッサムボム
第2試合
6人タッグマッチ 30分1本勝負
金丸&×菊地&橋 vs モデスト○&モーガン&ロウキー
(14分25秒 片エビ固め)※リアリティ・チェック
第1試合
タッグマッチ 30分1本勝負
○井上雅央&トレバー・ローデス vs 泉田純&川畑輝鎮×
(10分53秒 アルゼンチンバックブリーカー)

【最終戦】10月24日(日) 大阪府立体育会館 5200人
第8試合
GHCヘビー級選手権試合 60分1本勝負
王者:○小橋建太 vs 斎藤彰俊×:挑戦者
(28分55秒 体固め)※リアル・ブレーンバスター
※小橋建太が11度目の防衛に成功
第7試合
GHCタッグ選手権試合 60分1本勝負
王者:○三沢光晴&小川良成 vs 田上明&佐野巧真×:挑戦者
(22分22秒 片エビ固め)※雪崩式エメラルド・フロウジョン
※三沢&小川組が6度目の防衛に成功
第6試合
GHCジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
王者:○金丸義信 vs TAKAみちのく×:挑戦者
(20分49秒 片エビ固め)※旋回式垂直落下式ブレーンバスター
※金丸義信が2度目の防衛に成功
第5試合
6人タッグマッチ 30分1本勝負
秋山&泉田&×橋 vs スミス&ザ・グラジエーター&ロウキー○
(17分30秒 片エビ固め)※キー・スプラッシュ
第4試合
6人タッグマッチ 30分1本勝負
丸藤&KENTA&×鈴木 vs モデスト○&マルビン&SUWA
(18分06秒 エビ固め)※リアリティ・チェック
第3試合
6人タッグマッチ 30分1本勝負
池田&ヨネ&×川畑 vs 力皇&井上○&杉浦
(12分16秒 変型首固)
第2試合
タッグマッチ 30分1本勝負
本田多聞&×青柳政司 vs タグ・ウイリアムス&ドノバン・モーガン○
(8分56秒 体固め)※SAYONARA
第1試合
タッグマッチ 20分1本勝負
×百田光雄&トレバー・ローデス vs 菊地毅○&潮崎豪
(8分37秒 ジャックナイフ式エビ固め)

▼ W.E.lcome to NOAH!〜東西興行戦〜 ▼

9月23日(木・祝) ディファ有明

▼第1部 東軍大会「ハチロー」▼

16:00試合開始
参加選手:

三沢、小川、田上、佐野、本田、泉田、百田
丸藤、KENTA、菊池、鈴木、マルビン、ローデス

第5試合
トリプル・モード・バウト 3wayマッチ 時間無制限

三沢光晴 vs ○小川良成 vs 田上明×
(8分28秒 ジャックナイフ式エビ固め)

第4試合
シングルマッチ 5分 3R
○佐野巧真 vs トレバー・ローデス×
(3R 3分49秒 体固め)※ダブルフットスタンプ
第3試合
頭突き宮城一決定戦 シングルマッチ 20分1本勝負
○泉田純 vs 菊地毅×
(7分17秒 片エビ固め)※頭突き
第2試合
シングルマッチ 20分1本勝負
×百田光雄 vs 本田多聞○
(4分57秒 片エビ固め)※
第1試合
クワッド・モード・バウト 4wayマッチ 時間無制限
×丸藤正道 vs KENTA vs 鈴木鼓太郎 vs リッキー・マルビン○
(9分38秒 横入り式回転エビ固め)

▼第2部 西軍大会「ブサイクの祭典(1人を除く)」▼
18:30試合開始
参加選手:
(順番は大将の選択順)
小橋軍-小橋、池田、杉浦、 ヨネ、潮崎、橋
秋山軍-秋山、力皇、金丸、永源、井上、川畑
小橋軍vs秋山軍による6vs6シングルマッチ15分1本勝負の勝ち抜き戦
 引き分けは両者脱落 負けチームのキャプテンは罰ゲーム(ヨン様のコスプレ)
選手登場順は試合当日テーマ曲が流れて判明


第1試合 15分1本
○橋誠 VS 永源遥×
7分31秒 横入り式回転エビ固め
※橋誠が勝ち抜き

第2試合 15分1本
×橋誠 VS 金丸義信○
2分55秒 首固め
※金丸義信が勝ち抜き

第3試合 15分1本
△杉浦貴 VS 金丸義信△
15分00秒 時間切れ引分け
※両者失格

第4試合 15分1本
○モハメド ヨネ VS 川畑輝鎮×
5分25秒 蹴り3発→片エビ固め
※モハメド ヨネが勝ち抜き

第5試合 15分1本
×モハメド ヨネ VS 力皇猛○
2分06秒 パワーボム→エビ固め
※力皇猛が勝ち抜き

第6試合 15分1本
△池田大輔 VS 力皇猛△
3分34秒 両者リングアウト
※両者失格

第7試合 15分1本
×潮崎豪 VS 井上雅央○
7分33秒 アルゼンチン式背骨折り→ギブアップ
※井上雅央が勝ち抜き

第8試合 15分1本
○小橋建太 VS 井上雅央×
8分36秒 剛腕ラリアット→体固め
※小橋建太が勝ち抜き

第9試合 15分1本
×小橋建太 VS 秋山準○
9分19秒 リングアウト
※秋山準が勝ち抜き、小橋軍vs秋山軍シングル6対6勝ち抜き戦は秋山軍の勝利となる


▼ Navigation, Over The Date Line'04 ▼

8月28日(土) ディファ有明
KENTA蹴撃7番勝負 第5戦

○三沢光晴 vs KENTA×
(13分31秒 片エビ固め)※エメラルドフロウジョン
※KENTA蹴撃7番勝負 1勝4敗


9月10日(金) 日本武道館
第8試合
GHCヘビー級選手権試合 60分1本勝負

王者:○小橋建太 vs 田上明×:挑戦者
(28分5秒 体固め)※リストクラッチ式バーニングハンマー

第7試合
GHCタッグ選手権試合 60分1本勝負
王者:三沢光晴&○小川良成 vs 斉藤彰俊&井上雅央×:挑戦者
(30分44秒 バックドロップホールド)
第6試合
GHCジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
王者:○金丸義信 vs ロウキー×:挑戦者
(22分15秒 片エビ固め)※旋回垂直落下式ブレーンバスター
第5試合
シングルマッチ 60分1本勝負
×丸藤正道 vs 鈴木みのる○
(17分18秒 レフェリーストップ)※裸締め
第4試合
タッグマッチ 30分1本勝負
秋山準&×潮ア豪 vs 力皇猛○&橋誠
(17分16秒 エビ固め)※パワーボム
第3試合
8人タッグマッチ 30分1本勝負
本田&KENTA&○菊地&鈴木 vs 池田&杉浦&百田×&マルビン
(4分29秒 回転エビ固め)
第2試合
タッグマッチ 30分1本勝負
佐野巧真&○泉田純 vs モハメド ヨネ&トレバー・ローデス×
(20分55秒 片エビ固め)※不入ドム
第1試合
シングルマッチ 20分1本勝負
○川畑輝鎮 vs 永源遥×
(6分8秒 首固め)

▼ みちのくメルヘン物語 ▼

8月15日(日) 皆瀬村役場前グラウンド特設リング
グローバル・ハードコア・クラウン無差別級選手権試合
王者:○秋山準 vs 橋誠×:挑戦者
(13分38秒 片エビ固め)※リストクラッチ式エクスプロイダー
※秋山が4度目の防衛に成功

▼ 全日本プロレス 両国バトル・バンケット ▼

7月18日(土) 両国国技館


シングルマッチ
×小島聡 vs 三沢光晴○
(26分35秒 片エビ固め)※タイガードライバー91
▼ PRIDE 武士道 其の四 ▼

7月19日(月・祝) 名古屋市総合体育館レインボーホール

第5試合
○杉浦貴 vs ジャイアント・シルバ×
(1R2分35秒 TKO)※グラウンドパンチ


7月10日(土) 東京ドーム 座席表 ゲート案内 58000人

10

GHCヘビー級選手権試合 60分1本勝負
王者:○小橋建太 vs 秋山準×:挑戦者
(35分34秒 体固め)※バーニングハンマー

9

GHCタッグ選手権試合 60分1本勝負
王者組:○三沢光晴&小川良成 vs 武藤敬司&太陽ケア×:挑戦者
(21分46秒 体固め)※変型エメラルドフロウジョン

8

IWGPタッグ選手権試合 60分1本勝負
王者:○高山善廣&鈴木みのる vs 森嶋猛×&力皇猛:挑戦者
(12分55秒 エベレストジャーマンスープレックスホールド)

7

GHCジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝
王者:×獣神サンダーライガー vs 金丸義信○:挑戦者
(17分39秒 片エビ固め)※旋回式垂直落下ブレンバスター

6

GHCジュニアタッグ選手権試合 60分1本勝負
王者:○丸藤正道&KENTA vs 杉浦貴×&ケンドー・カシン:挑戦者
(22分26秒 体固め)※雪崩式不知火

5

タッグマッチ 30分1本勝負
田上明&○佐野巧真 vs 池田大輔&モハメド ヨネ×
(10分45秒 片エビ固め)※雪崩式ノーザンライトボム

4

タッグマッチ 30分1本勝負
斎藤彰俊&×橋誠 vs スコーピオ&リチャード・スリンガー○
(16分44秒 片エビ固め)※チャタヌガチュチュ

3

タッグマッチ 30分1本勝負
鈴木鼓太郎&×リッキー・マルビン vs マイケル・モデスト&ドノバン・モーガン○
(11分55秒 エビ固め)※デイアフタートゥモロー

2

6人タッグマッチ 30分1本勝負
本田多聞&○泉田純&菊地毅 vs 井上雅央&川畑輝鎮×&青柳政司
(10分58秒 片エビ固め)※不入ドム

1

シングルマッチ 20分1本勝負
○百田光雄 vs 永源遥×
(8分03秒 後方回転エビ固め)


第5試合終了後の重大発表
ラッシャー木村選手が引退を発表しました。
「体調を崩しリハビリを続けてきましたが、これ以上続けると会社に迷惑がかかると思い引退を決意しました。
ファンの皆さん長い間ご声援ありがとうございました。」

▼ Accomplish Our 4th Navigation ▼

6月23日(水) 大阪府立体育会館第二競技場
 獣神サンダーライガー&×菊池毅 vs 金丸義信&○杉浦貴
(11分16秒 エビ固め)※スピアーからジャックナイフ式のエビ固め

6月27日(日) 後楽園ホール
 KENTA蹴撃七番勝負第4戦
○高山善廣 vs KENTA×
(10分20秒 体固め)※ランニングニーリフト

6月29日(火) 岩手県営体育館
 WLW世界ヘビー級選手権試合

○池田大輔 vs 本田多聞×
(11分30秒 体固め)※後頭部へのハイキック


▼ 第3回 NOAH選手会興行 ▼
〜We Are The Champion〜

6月11日(金) 後楽園ホール

 
ヤングチーム
-
アダルトチーム
 
決定戦
○橋誠
vs 川畑輝鎮× ジャンケンにより決定 13秒パー
第8試合
×丸藤正道
vs
本田多聞○ 8分33秒 回転地獄五輪パート11
第7試合
△金丸義信
vs
秋山準△ 11分00秒 時間切れ引分け
第6試合
○KENTA
vs
泉田純× 5分00秒 リングアウト
第5試合
△リッキー・マルビン
vs
杉浦貴△ 11分00秒 時間切れ引分け
第5試合
モハメド ヨネ
vs
池田大輔(予定)  
第4試合
○力皇猛
vs
井上雅央× 9分36秒 片エビ固め ※パワーボム
第3試合
○森嶋猛
vs
菊地毅× 1分23秒 片エビ固め ※ラリアット
第2試合
×橋誠
vs
佐野巧真○ 9分38秒 ゆりかもめ
第1試合
×鈴木鼓太郎
vs
川畑輝鎮○ 10分27秒 エビ固め

※第一試合のレフェリーは浅子覚トレーナー
※ヨネvs池田の試合はヨネ選手負傷欠場の為中止になりました。


▼ PRO WRESTLING IRON ▼

6月11日(金)San Leandro High School Gym

GHCタッグ選手権試合
選手権者:○三沢光晴&小川良成 vs Nigei McGuinness & Bart Blaxson×:挑戦者
(11分58秒 タイガードライバー)
※三沢&小川組が3度目の防衛に成功


▼ Navigation with Breeze'04 ▼

5月14日(金) 後楽園ホール
KENTA蹴撃7番勝負第3戦
○秋山準 vs KENTA×
(14分06秒 体固め)※エクスプロイダー

5月18日(火) 新潟市体育館
6人タッグマッチ
丸藤正道&○KENTA&えべっさん vs 菊地毅&鈴木鼓太郎&くいしんぼう仮面×
(16分09秒 片エビ固め)※ブサイクへのヒザ蹴り

5月21日(金) 宮城県スポーツセンター
GHCジュニアヘビー級選手権試合
王者:○獣神サンダーライガー vs 菊地毅×:挑戦者
(17分20秒 片エビ固め)※垂直落下式ブレーンバスター
※獣神サンダーライガー選手が5度目の防衛に成功

6月1日(火) 月寒グリーンドーム
GHCジュニアヘビー級タッグ選手権試合
王者組:○丸藤正道&KENTA vs 鈴木鼓太郎×&リッキー・マルビン:挑戦者組
(32分49秒 体固め)※不知火・改
※丸藤&KENTA組が6度目の防衛に成功
WLW世界ヘビー級選手権試合
王者:×森嶋猛 vs 池田大輔○:挑戦者
(12分38秒 体固め)※側頭部への足蹴り
※池田大輔が第13代選手権者となる
タッグマッチ
小橋建太&○本田多聞 vs 秋山準&斎藤彰俊×
(19分52秒 回転地獄五輪パート2)

▼グローバルハードコア無差別級選手権試合▼
5月18日(火)新潟市体育館
王者:○秋山準 vs 川畑輝鎮×:挑戦者
(7分12秒 レフェリーストップ)※フロントネックロック
5月22日(土)青森産業会館
王者:○秋山準 vs 泉田純×:挑戦者
(13分37秒 体固め)※エクスプロイダー
5月30日(日)札幌テイセンホール
王者:○秋山準 vs 井上雅央×:挑戦者
(5分40秒 レフェリーストップ)※フロントネックロック


▼ Encountering Navigation'04 ▼

4月3日(土) ディファ有明

GHCジュニアタッグ選手権試合
王者組:○丸藤正道&KENTA vs 小川良成×&鈴木鼓太郎:挑戦者
(28分28秒 片エビ固め)※雪崩式不知火
※丸藤&KENTA組が5度目の防衛に成功。

4月18日(日) 博多スターレーン
グローバル・ハードコア・クラウン無差別級選手権
王者:○秋山準 vs 佐野巧真×:挑戦者
(24分04秒 片エビ固め)※リストクラッチエクスプロイダー

4月25日(日) 日本武道館 16700人
第8試合 GHCヘビー級選手権試合 60分1本勝負
王者:○小橋建太 vs 高山善廣×:挑戦者
(28分47秒 片エビ固め)※ムーンサルトプレス
※鈴木みのるが高山のセコンドとして来場
第7試合 GHCタッグ級選手権試合 60分1本勝負
王者組:○三沢光晴&小川良成 vs 丸藤正道×&KENTA:挑戦者組
(28分39秒 片エビ固め)※変形エメラルドフロウジョン
第6試合 タッグマッチ 45分1本勝負
秋山準&×橋誠 vs 力皇猛&鈴木鼓太郎○
(17分01秒 エビ固め)※ブルーディスティニー
第5試合 シングルマッチ 30分1本勝負
○金丸義信 vs リッキー・マルビン×
(14分47秒 エビ固め)※旋回式垂直落下ブレーンバスター
第4試合 タッグマッチ 30分1本勝負
田上明&○佐野巧真 vs 本田多聞&井上雅央×
(15分38秒 体固め)※ノーザンライトボム
第3試合 タッグマッチ 30分1本勝負
○池田大輔&モハメド・ヨネ vs 斎藤彰俊&泉田純×
(10分42秒 体固め)※大ちゃんボンバー
第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負
○森嶋猛&川畑輝鎮 vs 菊地毅&青柳政司×
(10分37秒 体固め)※バックドロップ
第1試合 シングルマッチ 20分1本勝負
×百田光雄 vs トレバー・ローデス○
(7分01秒 片エビ固め)※ラリアット


▼ 新日本プロレス ▼

4月27日 広島県立総合体育館
GHCジュニアヘビー級選手権試合

○獣神サンダー・ライガー vs 鈴木鼓太郎×
(19分45秒 体固め)※垂直落下式ブレーンバスター

▼ 新日本プロレス NEXESS ▼

5月2日(月) 東京ドーム
座席表 ゲート案内
金本浩二&○A・ドラゴン&U・ドラゴン vs ヒート×&タイガーマスク&丸藤正道
(18分40秒 足固め式岩石落とし固め)


▼ NAVIGATION ▼

3月13日(土) ディファ有明
WLW世界ヘビー級選手権試合
王者:○森嶋猛 vs 泉田純×:挑戦者
(19分10秒 片エビ固め)※バックドロップ
KENTA蹴撃七番勝負第二戦
○小川良成 vs KENTA×
(12分45秒 バックドロップホールド)
※勝利した小川が逆にジュニアタッグに挑戦表明!パートナーは鼓太郎

▼ Navigate for Evolution'04 ▼

2月26日(木) 横須賀市総合体育会館
GHCヘビー級選手権挑戦者決定戦
×田上明 vs 力皇猛○
(7分46秒 エビ固め)※ラリアット

3月6日(土) 日本武道館
第1試合
シングルマッチ
30分1本勝負
○菊地毅&本田多聞 vs 青柳政司×&川畑輝鎮
(7分55秒 横入り式回転エビ固め)
第2試合
6人タッグマッチ
30分1本勝負
金丸&○井上&斎藤 vs ローデス×&ウイリアムス&スコーピオ
(18分41秒 アルゼンチンバックブリーカー)
第3試合
8人タッグマッチ
30分1本勝負
鈴木&百田&○KENTA&丸藤 vs マルビン&スティーブ×&モーガン&モデスト
(13分56秒 体固め)※ブサイクへのヒザ蹴り
第4試合
6人タッグマッチ
45分1本勝負
秋山準&高山善廣&○IZU vs 田上明&佐野巧真&森嶋猛×
(8分54秒 片逆エビ固め)
※泉田、森嶋のWLW王座に挑戦アピール
第5試合
GHCジュニアヘビー級選手権試合
60分1本勝負
王者:○獣神サンダ−ライガー vs 橋誠×:挑戦者
(22分20秒 片エビ固め)※アッパー式掌打
※ライガーが二度目の防衛に成功
金丸が挑戦表明か!?
第6試合
GHCタッグ選手権試合
60分1本勝負
王者:三沢光晴&○小川良成 vs モハメド ヨネ×&池田大輔:挑戦者
(29分28秒 スモールパッケージホールド)
※三沢・小川組が初防衛に成功
丸藤&KENTAがGHCタッグに挑戦表明か!?
第7試合
GHCヘビー級選手権試合
60分1本勝負
王者:○小橋建太 vs 力皇猛×:挑戦者
(25分28秒 片エビ固め)※ショートレンジ剛腕ラリアット
※小橋建太が7度目の防衛に成功
小橋が高山を次期挑戦者に指名!
「おいお前ら、4.25前売り券買っておけよ!(高山)」

▼ SUPER J-CUP 4th STAGE ▼
〜大阪ハリケーン2004〜
2月21日(土) 大阪城ホール

丸藤正道J-CUPトーナメント優勝!
▼J-CUPトーナメント▼

     丸藤正道(NOAH)━━━┓
                  ┗━┓
  葛西純(ZERO−ONE)━━━┛ 
                    ┗━┓
      ガルーダ(WMF)━━━┓ ┃ 
                  ━┛ 
     ゴア(大阪プロレス)━━━┛   ┃  優勝  
                      ━丸藤正道
   井上亘(新日本プロレス)━━━┓   ┃ (NOAH)
                  ━┓ ┃
 湯浅和也(みちのくプロレス)━━━┛ ┃ ┃
                    
━┛
  石狩太一(全日本プロレス)━━━┓ 
                  ┏━┛
   村浜武洋(大阪プロレス)━━━┛

◆トーナメント1回戦
 ○丸藤正道 vs 葛西純×
 (8分17秒 片エビ固め)※不知火
序盤葛西が丸藤をおちょくった後テーブルを持ち出す。丸藤を場外でテーブルの上に寝かせそこにコーナー最上段からダイブ!その後リング内に戻りテーブルの破片で丸藤の頭部を殴打。ハードコアな展開に持ち込む。
しかし、ペースを自分に引き戻した丸藤は高角度のミサイルキックで場内を沸かせる。
短期決着を狙う葛西は5分過ぎにパールハーバースプラッシュ。そしてジャーマンでカウント2を奪う。
二度目のスプラッシュをかわした丸藤はチョココロネなどの丸め込みで葛西を翻弄して最後はトラースキックから不知火で3カウント。
準決勝に進出した。
◆トーナメント1回戦
 ○ガルーダ vs ゴア×
 (7分1秒 エビ固め)※ウラカンラナ
◆トーナメント1回戦
 ○井上亘 vs 湯浅和也×
 (9分25秒 卍固め)
◆トーナメント1回戦
 ×石狩太一 vs 村浜武洋○
 (5分3秒 体固め)※垂直落下式ブレーンバスター
◆トーナメント準決勝
 ○丸藤正道 vs ガルーダ×
 (10分22秒 腕決め回転エビ固め)
序盤静かな立ち上がり。腕の取り合いの攻防からガルーダが場外に落とした丸藤にトップロープ越しのトペ敢行。再びリング上で腕の取り合い。じっくりとしたグラウンドの攻防が続く。
中盤に入り空中戦が繰り広げられる。ガルーダがケブラーダからスワンダイブのニールキック。丸藤もこれに応戦して空中戦を展開。
丸藤がトップロープに上ったところにガルーダがドロップキック→雪崩式フランケンシュタイナー。丸藤がガルーダの空中攻撃をドロップキックで迎撃。
ガルーダ、丸藤の技を切り返し勝負に出る。ドラゴンスープレックスからファイヤーバードスプラッシュを狙うもこれはかわされる。終盤意地の張り合い、エルボー合戦。これを制した丸藤が不知火にいこうとしたところをガルーダに返されるが、丸藤はさらにガルーダの攻撃を返し、腕を取っての丸め込みで3カウント。丸藤決勝進出。
◆トーナメント準決勝
 ×井上亘 vs 村浜武洋○
 (9分30秒 片エビ固め)※垂直落下式ブレーンバスター
◆トーナメント決勝
 ○丸藤正道 vs 村浜武洋×
 (16分5秒 片エビ固め)※雪崩式不知火
序盤5分間は完全なグラウンドでの攻防。丸藤がやや有利に展開するが村浜の三角締めが入り丸藤半失神。場外で体力の回復を図るが村浜は攻撃の手を緩めない。
場外での攻防から丸藤が村浜の足に攻撃を集中させる。リングに戻ってもスワンダイブの低空ドロップキックなどで村浜の足を痛めつける丸藤。
丸藤のコーナーからの場外ダイブを蹴りで迎撃する村浜。そしてトペコン。ここで10分経過。
このあたりから展開が速くなる。村浜のキックが有効的に丸藤にあたり始めるがドラスクで返す丸藤。しかし村浜もまけずに垂直落下ブレーンバスター。丸藤意地で起き上がり不知火。先に立ち上がった村浜が再度垂直落下ブレーンバスター!
ジャーマンを切り返した丸藤が再度不知火!カウント2.9!!
そして、コーナーtoコーナー!!! さらに雪崩式不知火!!!!
カウント3!!!! 丸藤正道優勝!!


スペシャル6人タッグマッチ
獣神・T・ライガー(新日本)
新崎人生(みちのく)
×S・デルフィン(大阪)
vs
ヒート(新日本)
KENTA(NOAH)
CIMA(闘龍門)○
(16分53秒 片エビ固め)※シュバイン
▼ 新日本プロレス FIGHTING SPIRIT 2004 ▼

2月15日(日) 両国国技館
GHCジュニアヘビー級選手権試合
王者:○獣神サンダーライガー vs 百田光雄×:挑戦者
(14分41秒 グラウンドコブラツイスト)
※ライガーが初防衛に成功
▼ The First Navigation'04 ▼

1月17日(土) ディファ有明
蹴撃7番勝負 第1戦
○KENTA vs フベントゥ・ゲレーラ×
(19分06秒 片エビ固め)※ブサイクへのヒザ蹴り

1月25日(日) 神戸ワールド記念ホール
GHCヘビー級選手権試合
○小橋建太 vs 佐野巧真×
(25分58秒 体固め)※垂直落下式ブレーンバスター
※小橋建太が6度目の防衛に成功
▼ GREAT VOYAGE 04 ▼

1月10日(土) 日本武道館
座席表
第8試合 GHCタッグ選手権試合

王者組:永田裕志&×棚橋弘至 vs 三沢光晴○&小川良成:挑戦者
(29分41秒 片エビ固め)※エメラルド・フロウジョン
※三沢・小川組が第8代選手権者となる。
第7試合 GHCジュニアタッグ選手権試合
王者組:丸藤正道&○KENTA vs エル・サムライ×&井上亘:挑戦者
(28分01秒 片エビ固め)※ブサイクへのヒザ蹴り
※丸藤・KENTA組が4度目の王座防衛に成功。
第6試合 6人タッグマッチ
小橋建太&力皇猛&×橋誠 vs 秋山準○&森嶋猛&菊地毅
(21分48秒 抱え込み式逆エビ固め)
第5試合 6人タッグマッチ
本田多聞&斎藤彰俊&×杉浦貴 vs 高山善廣&田上明&金丸義信○
(12分48秒 片エビ固め)※ムーンサルト・プレス
第4試合 シングルマッチ
○佐野巧真 vs 井上雅央×
(12分55秒 KO)※ローリングソバット
第3試合 6人タッグマッチ 
池田大輔&モハメド・ヨネ&×川畑輝鎮 vs スコーピオ&バイソン・スミス○&IZU
(13分30秒 横入り式回転エビ固め)※バイソンテニエル
第2試合 タッグマッチ
百田光雄&×青柳政司 vs リチャード・スリンガー&ドノバン・モーガン○
(8分37秒 片エビ固め)※フィッシャーマンバスター
第1試合 シングルマッチ
×鈴木鼓太郎 vs フベントゥ・ゲレーラ○
(13分55秒 エビ固め)※ リストクラッチ式911

▼ 新日本プロレス WRESTLING WORLD 2004 ▼

2004年1月4日(日)
東京ドーム 座席表 ゲート案内
GHCジュニアヘビー級選手権試合
王者:×杉浦貴 vs 獣神サンダーライガー○:挑戦者
(17分52秒 体固め)※雪崩式垂直落下式ブレーンバスター
※獣神サンダーライガーが新王者に