W2 S-ARENA出演
W2の未来予想図

三田「今日は2.17ノア日本武道館でGHCタッグチャンピオンになったW2にお越しいただいてます」
(拍手)
力皇・森嶋「よろしくお願いします」
三田「チャンピオンと呼ばれるのは慣れましたか?」
森嶋「まだ試合をしてないので、まだ慣れてないです」
力皇「僕も慣れてません」

ここで昨日のZERO-ONEの試合が流れる

三田「ZERO-ONEには旗揚げ2戦目に力皇さんが出場されましたが、その時の感想は?」
力皇「自分、別になんにもしてませんから」
三田「森嶋選手は対外試合はどうですか?」
森嶋「そうですね、やれる選手がいるなら」

昨日の試合などの映像が流れた後、鉄人ルー・テーズのイベント映像が流れる

三田「外国人レスラーで好きな選手はいますか?」
森嶋「ベイダーとかハンセンとか」
力皇「ベイダーさんとか大きい人」

三田「ここからはW2の野望に迫るスペシャルコーナーです」
○と×の札を持たされて、直撃クエスチョン5
三田「1問目。自分の方がパートナーよりルックスがいいと思っている?」
森嶋・力皇ともに×をあげる
三田「森嶋選手からみて力皇選手のかっこいい部分は?」
森嶋「2人で食事に行って(力皇選手が)ヒゲを剃ってきまして、(店の人に)年いくつ?(に見える)って二人で聞きましたら、僕より若く見られて、、、、カッコイイって、、、凄いな、と。僕より全然年上なのに、、、」
三田「どのくらい年離れているんですか?」
力皇「6つくらい」
三田「力皇選手から見て森嶋選手は?」
力皇「いや、もぅ最高です」
森嶋「テキトーじゃないですか〜、テキトーに言ってるもんなぁ」
力皇「いや、この小麦色の肌から、茶髪から、全てカッコイイと思います(笑)」
三田「力皇さんも髪茶色いじゃないですか」
力皇「僕はくせっ毛なんで、、、このサラサラヘアがカッコイイです」
森嶋「見た感じ言ってるだけじゃないですか〜」

三田「2問目。自分の方がパートナーよりモテると思う」
森嶋・力皇ともに×
三田「森嶋選手からみて力皇選手はモテますか?」
森嶋「あ〜モテますね〜。色々、チョコとか食べてますよ」
三田「2月14日、チョコはどっちの方が多かったですか」
森嶋「わかんないです」
力皇「森嶋さんです!」
森嶋「いやいやいやいや」
三田「(森嶋に)チョコレートちゃんと召し上がりました?」
森嶋「食べました」
三田「もうすぐ3月14日が近いですが、お返しとかは?」
森嶋「頑張ります、頑張って買います(笑)」
三田「ちなみに女性のタイプは?」
森嶋「そーですね、真面目な人が」
三田「好きなタレントとかは?」
森嶋「え〜、僕はモーニング娘。ですね」
三田「モー娘。の誰が?」
森嶋「いや、誰でもないですね(笑)」
三田「誰でもないんですか(笑)」
森嶋「全員好きです(笑)ハイ大好きです、たぶん好きです(笑)」
三田「力皇選手は?」
力皇「いや、自分はもぅ結婚してますから」
森嶋「ずり〜な〜」
三田「でも、どんな人が?」
力皇「真面目な人が。」

三田「3問目。自分の方がパートナーより貯金があると思う」
森嶋・力皇ともに×
力皇「わからないんですよ。僕は全部嫁さんに任せてますから。僕に任せると大変な事になりますから」
三田「森嶋選手は?」
森嶋「僕はザルですね。あったらあっただけ使いますね」
三田「何に使いますか?」
森嶋「あ〜、何にでも使いますね。飲み食いにも使いますし車のガソリン代とか(笑) 細かいですねスイマセン(笑)」
三田「着る物とかは?サイズがあまりないと思いますが」
森嶋「あったら、あった分だけ買います(笑)」
三田「貯金の方は?」
森嶋「ないです!ちょっと引っ越ししたんで(笑)」
三田「森嶋選手はお休みの時は?」
森嶋「寝てます、ひたすら寝てます」
三田「じゃ、あまりお金使わないじゃないですか(笑)」
森嶋「寝てるときは使わないですけど(笑)」

三田「4問目。パートナーに対してこれだけは云っておきたいと云うのがある」
森嶋・力皇ともに×
三田「ないですか?」
森嶋「僕はないです」
三田「ここだけの話でかまいませんから」
森嶋「ないですよね。満足です」
力皇「僕もないですね」

三田「5問目。自分の方が先にGHCチャンピオンになると思う」
森嶋○・力皇×
三田「森嶋さんに譲っていいんですか?(笑)」
力皇「いや、わかんないです。まだ力不足だと思ってますし、タッグのベルトを獲ったばっかりなんで、あっちもこっちもっていうわけにもいかない」
三田「森嶋選手は?」
森嶋「いや、試合がしたいですね」

 

三田「ワイルド2というチーム名はどちらが決めたのですか?」
力皇「知り合いの方と相談しまして、最終的に決めたんですけど、森嶋さんはなんでもいいって言う人、タイプなんで。あんまり一緒に考えてくれない(笑)」
森嶋「言えばいいじゃないですか、そんとき(笑)」
三田「なんでもよかったんですか?」
森嶋「いや、任せます、と(笑)」
三田「昔、ダブル猛と呼ばれてましたが、それに対しては?」
森嶋「どーですかね、なんか漫才師みたいな名前だな〜みたいな。嫌だな〜みたいな(笑)」
三田「ワイルド2は?」
森嶋「文句なしです」

三田「タッグ結成から10ヶ月でベルト奪取しましたが、これは長かったですか?短かったですか?」
森嶋「長いようで短いです」
力皇「短かったです」

三田「今回のノーフィアー戦でベルトが取れなかったら、コンビを考え直そうとの考えがあったそうですが?」
森嶋「そうですね、小橋さんも復帰されましたし、(力皇選手が)一緒に組んでましたから、そうゆう考えはありました。背水の陣というか、負けられないというのはありました」
三田「力皇選手は?、、、この試合に関しては、、、いかがですか?、、、、この後というのは、、、」


(ボーっとしている力皇)


三田「力皇選手??」
力皇「あっ!ハイ?僕?(笑)」
森嶋「え〜〜〜〜〜〜〜!!」
3人大笑い
三田「力皇選手はこの前のタイトル戦で、もし獲れなかったら?」
力皇「直ぐ解散とかいうのはなくて、僕の中では結果がでていなかったので。でも武道館のタイトルマッチまで行けた部分で勝っても負けてもある程度の形にはなったというのがあったんですけど」

三田「どちらから2人で組もうと言いだしたのですか?」
森嶋「どちらからと言うのは無くて、2人で」
三田「力皇選手は小橋選手の軍団と言うことでしたが、小橋選手の欠場もありまして森嶋選手と組むことになって、レスラー感とか変わりましたか?」
力皇「そうですね、自分たちが組む事になって、誰も頼る先輩とかいなくなるので、自分たちで苦しくなるのはわかっていたけど、それに向かっていかないといけないという覚悟は出来てましたから」
三田「そして、1周年記念大会でノーフィアーと対戦しましたが、タッグを組んでからノーフィアーは意識しましたか?」
森嶋「やっぱりウチでトップの存在ですし、上の人を倒したいと思って組んだのでやりたいと思いました」
三田「力皇選手は?」
力皇「凄いタッグチームだと思ってました」
三田「対戦した感想は?」
森嶋「強かったです。キャリアも全然違いますし」

三田「そして去年秋のGHCタッグ王座決定トーナメントですが、一回戦でモデスト・モーガン組敗れてしまったわけですが、なにか落とし穴とかありました?」
力皇「気がゆるんでる部分がありました。2回戦の秋山組との事を考えていて、そっちの方に目がいってた。甘い考えでいたなというのがありますよね」
三田「モデスト・モーガン組はやりにくい部分がありますか?」
森嶋「僕らにない部分がありますし、ジュニアなんで僕らより動きが早いんで、そうゆう部分で手強い相手だな、と」
三田「負けて落ち込みましたか?」
森嶋「いや〜、開幕だったんで落ち込みが激しかったです」
力皇「森嶋さんに悪いことしたな、というのがありましたね」
三田「お二人は相手によって、戦い方を変えたりしますか?」
森嶋「相談はしますけど、まだ完成されたものはないですね」
三田「どちらがリーダーとかはあるんですか?」
森嶋「ないですね、2人で、、、」
三田「それで初代がベイダー組、2代目が三沢組となったわけですが、このときは挑戦させてくれと言うのは無かったのですか?」
森嶋「その時は、まだ自信を持って言えるほど実績がなかったんで、言うチャンスがなかったですね」
力皇「(トーナメントで)負けたばっかりだったんで、、、」
三田「ノーフィアーが、俺たちこそが真のチャンピオンだ!と発言していたのは、どのように聞いていましたか?」
森嶋「凄いチームですから、言ってもしょうがないなってのはありましたけど、僕らもやってやろうと思いました。」
三田「ノーフィアーの発言に対しては?」
森嶋「まだまだかなわないので、もっと言っていきたいです(笑)」
力皇「負けないくらいやっていきたいです」
三田「お互いキメポーズとか考えたりは?(笑)」
森嶋・力皇「それはないです(笑)」

三田「そして今年1月5日、ディファ有明で挑戦を表明したわけですが」
森嶋「今年はもぅ、やっていこうと思っていたので」
力皇「(トーナメントで)負けてから、試合とかでも落ち込んでいたので、このままではいけないなぁみたいな感じだった。これからは結果とかを気にしないでドンドン壁にぶち当たっていきたいなって気持ちがあったので2人でドンドン行こうって話はしてました。」
三田「昨年の暮れにちょっと元気がないよって話がありましたが?」
森嶋「勢いで行ってた部分があったので、その勢いが止まってしまった部分もあったかもしれないですね」

三田「田上組、本田組とのGHCタッグ挑戦トーナメントについては?」
森嶋「僕たちが言い出した事なんで。で、あとから色々と出てきたので2チームとも倒して挑戦してやると思いましたね」
力皇「勝てれば挑戦できると言うのがあったので、なんとしてでも倒そうという気持ちがありました」

三田「そして、GHCタッグ戦ですが、事前の予想ではノーフィアー有利との声が多かったですが?」
森嶋「向こうは負けると思ってないので、(自分らは)気持ちを高めてやってきました」
力皇「気にしてもしょうがないので、気持ちの部分だけでも負けないように気を付けてました」
三田「(17日の)試合はかなり押されてた様に見えるのですが?」
森嶋「殆ど僕はやられっぱなしだったので、、、ホント余裕がなくて。」
力皇「強いチームだったなと。でもまだ完璧に勝ったとは言えないので、、、試合では押されてましたから」

三田「次のシリーズで防衛戦の予定は今のところありませんが、やってみたいですか?」
森嶋「そうですね、まだまだ勝ってないチームもあるので、やってみたいですね」
三田「次のシリーズでベルトを巻いての入場とかは、ありますか?」
森嶋「(2人で顔を見合わせた後、力皇に)まかせます(笑)」

三田「武道館では小橋選手の復帰戦がありましたが、力皇選手はあの日小橋選手に自分は森嶋選手とやっていきますと言ったのですか?」
力皇「そうですね。それだけじゃないんですけど、自分の思っていることを色々と話しましたね」
三田「小橋選手はなんと?」
力皇「最後は、わかったよと言っていただきました」

三田「この日は新日ジュニア勢が参戦して大ブーイングを浴びていましたが、どうでした?」
力皇「凄い雰囲気でした。対抗戦って雰囲気で、、、(金丸&菊地を)応援してました」
三田「棚橋・健想コンビも来ていましたが、戦いたいという気持ちはありますか?」
森嶋「僕はあります!」
三田「他の団体の試合はみますか?」
森嶋「見ます。ファンが望むならやりたいと思いますし、社長が行けと言われれば行く用意はあります」
三田「ベルトが掛っていても良いですか?」
森嶋「どっちでも良いです」
三田「力皇選手は?」
力皇「どっちでもいいです。ただ自分も社長が行けと言われれば行く気持ちはありますから」
三田「他に気になる選手はいますか?」
森嶋「とりあえず今は新日本の、、、(棚健)、、、気になります」
力皇「同じ若手で上を目指す気持ちがある、、、、(棚健)、、、、2人が」
三田「この2チームの試合の実現を楽しみにしたいと思います」

ファックスによる質問

FAX「いつもノアズアークで電化製品をゲットされてますが、使っていますか?」
力皇「使ってます使ってます」
三田「次はなにが欲しいですか?」
力皇「次はビデオカメラ!」
三田「何を撮りたいですか?」
力皇「あの、子供を」
三田「いいパパですねぇ」
森嶋「パパですね」
三田「森嶋選手は?」
森嶋「僕も(ビデオカメラ)欲しいです」

FAX「私たちの間じゃ森嶋選手人気です。特にサラサラヘアとプリティーフェイスが」
三田「髪の毛はなにか気を付けてますか?」
森嶋「いや、リンスだけ。リンスは欠かせません(笑)」
三田「髪型のこだわりは?」
森嶋「別にないです。放ったらかしです」
三田「力皇選手はおしゃれで気を遣ってる所は?」
力皇「ないです!(笑)」
三田「2人で何かお揃いで決めようってのは?」
森嶋・力皇「無いです!(笑)」

FAX「森嶋選手に質問です。今日はダンバインのTシャツ、そして以前コスチュームに地球連邦軍のマークが入っていました。ガンダムは好きですか?」
森嶋「大好きです!(即答)」
三田「ガンダムとかプラモデル集めてます?」
森嶋「いや集めてないです(笑)(即答)」
三田「微妙ですねぇ(笑) もしそうなら親近感を感じてしまいます、とありますが」
森嶋「ハイ、好きです!大好きです!」
三田「特に何が好きってのがありますか?」
森嶋「ガンダムです!(即答)」

FAX「プロレスラーになってよかったことは?」
森嶋「チャンピオンにもなれまして、よかったです」
三田「力皇さんは以前お相撲さんでいましたが、プロレスラーになってよかったことは?」
力皇「そうですねぇ、、森嶋さんと出会った事ですね」
森嶋「ア゛〜〜〜〜!ズリ〜〜な〜(笑)」
三田「カッコイイですねぇ」
森嶋「あぁ俺も言えばよかった、、、」
三田「じゃ、ファンの皆様にカッコイイ所を!森嶋さんからお願いします(笑)」
森嶋「えーと、次のシリーズも頑張りますんで宜しくお願いします」
三田「カッコイイとこは?」
森嶋「いえ、言えないッス。やっぱ言えないッス(照)」
三田「力皇選手メッセージを」
力皇「頑張りますんで、よろしくお願いします」

FAX「お酒はどのくらい強いですか?」
森嶋「飲んだら結構、、、、」
三田「大変な事になりますか?」
森嶋「ハイ(笑)」
三田「力皇選手は?」
力皇「それほど飲まないです」
三田「森嶋選手の方が飲みますか?」
力皇「ハイ」
三田「(森嶋選手は)飲んだらどうなります?」
力皇「大変な事になります!(笑)ハイ!」
三田「どれくらい大変?(笑)」
力皇「いや、もぅ大変です(笑)」
三田「暴れます?」
力皇「ハイ、トイレが壊れます!(笑)」
三田「トイレ壊したんですかぁ!色々あるじゃないですか!壊しましたかぁ」
森嶋「いや、覚えてないです、、、、(笑)」

FAX「ダブルインパクト以外にもキメ技となるオリジナルを考えてください」
森嶋「ハイ、頑張ります。頑張って考えます(笑)」
三田「お二人で連携の話とかされるんですか?」
森嶋・力皇「ハイ(笑)」
森嶋「ハイ、考えます(笑)」
三田「本当ですかぁ(笑)」

三田「今週から新しいシリーズも始まりますので、よろしくお願いします」