2007年9月24日(月・祝)
全日本プロレス 熊本・熊本市流通情報会館大会観戦記


投稿者:G・ムタさん
観衆:1800人

半年振りのプロレス観戦ということで観に行って参りました全日本プロレス熊秋祭2007!
試合の前には地元タレントの方と三味線の方のライブがありました。
観戦記を書くのは初めてなので下手な文章ですがご了承ください。m(_ _)m

・第一試合、荒谷望誉vs菊タロー
全日本プロレスではおなじみのこのカード。村山レフェリーと菊タローの絡みがおもしろかった!試合は荒谷のラリアット→村山レフェ
リーの高速3カウントで菊タローの負けでした。


・第二試合、真田聖也vsシルバーキング
シルバーキングが水を噴きながらのリングイン。シルバーキングは強かった!真田も善戦するが、シルバーキングのデスバレーボムに沈む。


・第三試合、ミゲル・ハヤシJr、エル・ノサワ・メンドーサ、T28vsMAZADA、TANAKA、AKIYOSHI
この試合はおもしろかった!今シリーズ初参戦のAKIYOSHIはただのオッサンに見えるが、軽快な動きでアミーゴス達を翻弄する。
TANAKA課長も素早い動きで中々いい試合でした。最後はTANAKAがTANAKAスペシャルでT28をピン。


ここで休憩、熊秋祭名物チャリティーオークションが行われました。武藤、みのるサイン入りTシャツや、パワーウォリアーサイン入り
Tシャツ、武藤社長のニーパットなどが出品されました。


・第四試合、鈴木みのる、土方隆司vs諏訪魔、近藤修司
諏訪魔が暴れながら入場。みのるはおなじみの「風になれー!」コールでリングイン。リングアナは地元タレントの方がされていました。
なぜか諏訪魔はそのリングアナをボコボコにしていました(笑)。試合はVM組がガソリンを入れるタンクを凶器に使っていましたが、
怒ったみのるがタンクを奪い、殴り返す。静止しようとしたレフェリーに暴行し反則負け。切れたみのるは客にわめき散らしながら退場。


・セミファイナル、佐々木健介、中嶋勝彦、山口竜志vs太陽ケア、ジョー・ドーリング、平井伸和
健介は三冠ベルト、中嶋は世界ジュニアのベルトを手に入場。試合は新人の山口もバックドロップなどで善戦し、最後は健介の必殺技、
ノーザンライトボムで平井から3カウントを奪った。


・メインイベント、武藤敬司、ぺぺ・みちのく、ザック・ゴーウェンvs小島聡、TARU、"brother"YASSHI
まず意外だったのは、小島の名がコールされた時にはもの凄い紙テープの量が飛んだのに、武藤のコール時にはあまり飛ばなかったこと
(汗)。義足のザックは、コール時に自らの義足をVM組に投げていました。YASSHIはザックに向かって放送禁止用語を連発して
いました。ザックは片足にもかかわらず、軽快な動きでVM組を翻弄していました。片足でのムーンサルト、シャイニング・ウィザード
などもくりだしていました。武藤もドラゴンスクリュー3連発など、勝機は正規軍に来ているな、と思われましたが、ペペが小島に捕まり、
最後はぶん殴りラリアットで3カウントを奪われてしまいました。


今回のお客さんは会場の9割くらいは入っていたと思います。なかなかいい試合を見せてくれたので満足でした!ザックはいい選手でした
ので、これからも日本に来日してくれればいいな、と思いました。