ノア 2011年11月20日(日)
札幌コンベンションセンター


投稿者:funさん

観衆:1600人




では、久々に札幌大会の観戦記...させて頂きます。


少し遅れて会場に着きまして、すいません、第2試合からの報告ですが、
よろしくお願いします...

11.20(日)札幌コンベンションセンター

グローバルリーグ戦、決勝大会


第2試合6人タッグマッチ

小橋、青木、石森○(スプラッシュ→エビ固め)井上、青柳、平柳×

第3試合タッグマッチ

秋山○、高山(リストクラッチ式エクスプロイダー→体固め)バイソン、谷口×

会場でGOGOバイソンコールも起き、ファンの人へ「ありがとう」と頭を下げる
バイソンのほのぼのとした挨拶も試合中あったりで、谷口もエルボーの打ち合いで
秋山に競い勝ったりする場面も見られ、健闘するも高山との連携も時に見られ、
隙を見た秋山がエクスプロイダーで活路を開き、他にも起き上がるところを後ろからニーアタック、2発目のエクスプロイダー...
谷口これを返すもリストクラッチ式に3発目のエクスプロイダーで秋山が勝負を賭け、粘る谷口から3カウント...

第4試合タッグマッチ

佐野○、ボビー(北斗ボム→片エビ固め)吉江、宮原×

ボビーの試合は初めて生で見たと思うのですが、武藤張りに側転エルボーや、フランケン
シュタイナーも見せてくれ、技の旨い選手かと思いました。吉江がボディアタックでペースを握る面もありましたが、佐野の蹴りが宮原を捕まえて、ソバット→北斗ボム
の流れでの佐野組の勝利でした...

第5試合タッグマッチ

健介○,彰俊(北斗ボム→体固め)潮崎、鼓太郎×

この試合は健介とGHC王者の潮崎の逆水平とラリアットのガチの打ち合いが凄かった...
彰俊と鼓太郎も、いい持ち味を見せてましたが、最後は鼓太郎を健介がラリアット2連発から捕まえて、北斗ボムでの貫禄勝ち...って感じでした。
そのうち、二人のシングルも見てみたいですね...

第6試合特別試合

杉浦○(エビ固め)金丸×

今はヘビーの杉浦と、かつてJrでタイトルを争った金丸の二人の試合でしたが、試合中コーナーで倒れた金丸へタックルを狙った杉浦がかわされて危ない角度で場外へ転落...
その後フェンス際で後頭部へのニードロップを金丸が炸裂させてから、ペースは金丸へ...
ブレーンバスターなどで追い込むもフォールを返す杉浦...
オリンピック予選スラムを図ろうとするも金丸に尽く切り返され、杉浦が大苦戦...しかし、中盤で放ったジャーマン等の技はさすがに冴えていました...
切り返しを図る杉浦に、丸め込みを金丸が仕掛け2回3回...
更に仕掛け様とした所、これを返した杉浦が逆に丸め込んだ様にエビ固め...
これがあっさり3カウント入ってしまい、杉浦の逆転の辛勝でした...。

第7試合特別試合

ヨネ○(キン肉バスター→エビ固め)マードック×

マードックの試合も生で初めてでしたが、ディックマードックにそっくりですね(笑)
試合中外人勢のボビー、バイソンもセコンドに駆けつけ、リング下で見守っていたようでした...
しかし、唯一見せたのは今日は場外乱闘中、マードックのフェンス越しのフェイスバスターかな?これと、パンチ...位の感じで残念でしたが、キック等でペースを握ったヨネがキン肉バスターで3カウント...

正直、もう少し見せ場がほしい試合でしたね。


第8試合グローバルリーグ戦決勝

森嶋○(バックドロップ→体固め)KENTA×


さすがに決勝と言うこともあり、会場は五分五分の声援で沸いて、盛り上がりを見せました。

開始早々、バックドロップを狙う森嶋に体を浴びせての返し技を見せるKENTA...ロー、ミドル、ハイキックを織り交ぜ、ダウンを奪いペースを掴みます。
エルボーで活路を開こうとする森嶋にキックで隙を与えないKENTAでしたが、場外でマットを外した状態で森嶋のDDTが炸裂、ここから流れが少し変わり初め、リングに戻ったKENTAにボディプレス、コーナーでヒップアタックなどで森嶋も試合を進めます。

中盤は試合が一気にハイスパート...息を吹き返したKENTAのコーナーでの串刺しドロップキック、バックドロップ、森嶋のラリアットをかわしジャンピングハイキック、
ブサイクへの蹴り...などなどKENTA、ペースを握り返します。しかし決めに狙うGoToSleepは寸前にかわされ、STFの様な?ゲームオーバー?(初見でした)も二アロープから決まらずに壮絶な蹴りやパンチの打ち合いから両者ダウンする場面も...
キックの隙を突いた森嶋のラリアット2連発が火を噴き、これも一度返したKENTAでしたが、続けざまの森嶋の強烈なバックドロップ!!
粘るKENTAでしたが、さすがにこれは返せず、ピンフォールとなり熱戦に終止符を打ちました。


試合後は表彰式や記念撮影も行われました...

殊勲賞...杉浦
敢闘賞...健介
技能賞...マードック

カクトウギのテーマが流れる中で、表彰式が進みましたが、優勝のインタビューがありました。

森嶋のコメントです...

「息がきついですけど、うれしいです。感謝してます。今日のファンの皆さんの応援が
やばい時ひびき、何とか凌げました。」
「有コロ...やりますが、勝った方に挑戦します!色々ありましたが、札幌での思い出にしないでもっともっと突き進んで行くんで、これからも応援よろしくお願いします...!
ありがとうございました...!」

と次期GHCの挑戦をアピールし、決勝大会を締めくくりました。

雑感ですが...

当初公式HPの試合カードが発表と、抽選結果のカード?が予想と違い、会場に着いてからカードに戸惑いましたが、
熱戦を見ているうちにそんなことは忘れていました(苦笑)

ただ、秋山、潮崎、健介...高山が第3試合、第5試合のタッグマッチと言う試合順が正直もったいなかったかと...
(カードも出来ればシングルで3位決定戦のようにして欲しかった...)

久々の生観戦でしたが、盛り上がったリーグ戦の決勝を直に見れまして、メインは試合も面白かったし、最後も気持ち良かったです。

売店でグッズ販売でのサイン会をしていた小橋選手から、サインと握手も頂けました。
(小橋さん、ありがとうございます...)

それと、以前天龍と親交の厚かった小川選手が負傷されて欠場されていたそうでしたが、お身体の無事と回復を心よりお祈りいたします...。


又、札幌にこれからも(リーグ戦などで?)是非、来て欲しいです...。(^_^)/~