ノア 2006年7月16日(日)
日本武道館大会観戦記


投稿者:アッキーさん

観衆:16500人


第1試合は百田光雄とSUWAのシングルマッチ30分1本勝負。

SUWAは永源 遙のテーマ曲で登場、さらに永源営業部長もセコンドに付いた。

SUWAはまたしてもジュラルミンケースを持ち込んでの入場だった。

試合はやはりSUWAがラフファイトでペースを握るが、百田もチョップやバックドロップで必死に反撃する。

しかし、最後は急所攻撃→キック→ラリアットでSUWAの勝利。

試合後、さらに百田に襲い掛かるも永源にリング下から足を引っ張られ、さらにマイティ井上レフェリーまで加勢(笑)。

永源営業部長は何でSUWAのセコンドに付いたんだ?よく分からなかった。

 

第2試合は“ミスターアフロ”モハメド・ヨネ&エル・オリエンタル&青木篤志VS泉田純至&菊地 毅&アビスモ・ネグロ。

先発はオリエンタルとネグロ。まずはお互いにルチャ・リブレの動きで場内を沸かせる。

オレ的には新人の青木篤志に期待していたが、やはり青コーナーのネグロ&菊地&泉田に捕まる展開に。

ヨネも青木のタッチを受けて大奮闘したものの、最後はオリエンタルがネグロのマルチネススペシャルに沈んだ。

ってか、何あの技?マルチネススペシャルって危険すぎるでしょ?メキシコで禁じ手になるはずだよ。

 

第3試合はGHCタッグ王者本田多聞&佐野巧真&“アニキ”志賀賢太郎VS齋藤彰俊&井上雅央&川畑輝鎮。

パンチパーマのアニキ、志賀賢太郎はパンチのヅラをダーク・エージェントの3人に被せようとするも、D・Aは勿論全員拒否(笑)。

志賀のアニキは首4の字固めを倒立で脱出すると、川畑にも仕掛け倒立をわざわざ補助してあげる心やさしい気遣いまで見せる。

あの見た目で腰が低いから面白いんだよね、志賀のアニキは。

試合中盤、齋藤と多聞が熱いぶつかり合いを見せる。

齋藤の掟破りのデッドエンド→多聞の掟破りのスイクルデス→齋藤のスイクルデス→多聞のデッドエンド、なんていう攻防を繰り広げた。

最後は佐野が川畑をノーザンライトボムで叩きつけ、見事に勝利。

 

第4試合は小川良成&太田一平VS田上 明&中嶋勝彦という異色の対決。

試合は新人の太田が中嶋と田上に攻め込まれる展開になってしまう。

田上、小川と太田に2人まとめてノド輪落としを狙うが、小川の老獪なテクニックで反撃を阻まれ、すぐに中嶋にタッチしてしまう。

その瞬間、場内から「え〜!?」という声が(笑)。

太田もエアプレーンスピンやブルドッキングヘッドロックで反撃するも、最後は中嶋のハイキックからの高角度ジャーマンスープレックスホールドに敗れる。

田上は太田や小川と握手もすることなく、1人でさっさと帰っちゃった・・・・・。

 

第5試合はいよいよムシキング・テリーの復帰戦。

ムシキング・テリー&エル・アンヘル&石森太二VSムシキング・ジョーカー&チャーリー・マンソン&シコシスというカードだった。

マンソン→ジョーカー&シコシス→アンヘル&石森、そして最後にネブ博士に呼び込まれ、ムシキング・テリーが入場。

アンヘルはオーバーマスクをしてきての入場だった。

アンヘル、しばらく青コーナーの選手に捕まりっぱなしだった。

最後はテリーがシコシスからミストクラッシュで勝利。

しかし、納得が行かないのかムシキング・ジョーカー&チャーリー・マンソンは試合後も赤コーナーの選手に突っかかって行く。

で、何故かやられっぱなしのアンヘルが最後はおいしいとこ取りをしてしまう(笑)。

 

第6試合は復帰した潮崎 豪が鈴木みのるとのシングルマッチに挑んだ。

が、やはり実力の差がありすぎるのか潮崎はしばらく何も出来ず。

みのるは笑いながら、技を繰り出してた。相変わらず、憎たらしいねぇ・・・・。

潮崎も終盤、ローリングクレイドルやムーンサルトで反撃に出るもみのるにかわされる・・・。

最後は逆落としからのスリーパーホールドでレフェリーストップ負け。潮崎、何も出来ず・・・。

 

セミファイナルは森嶋 猛&力皇 猛VS丸藤正道&KENTAの新世代対決。

序盤は森嶋のパワーに丸藤とKENTAが圧倒されるも、中盤から終盤にかけてはあと1歩のところまで追い込んだ。

KENTAのgo 2 sleepが決まった時は勝負付いたかと思ったよ。

だが、決着は付かず。30分時間切れ引き分けだった・・・・・。

 

メインイベントは“帝王”高山善廣の2年ぶりの復帰戦!

セミファイナルの選手が引き上げると、場内から高山コールが自然発生。

そう、ノアのファン、プロレスのファンはずっと高山の復帰を待っていたのだ。

最初は三沢光晴が入場。続いて佐々木健介が健介オフィスのタオルを掲げながら入場。

続いてGHCヘビー級王者・秋山 準がガウンもベルトも身に付けずに入場してきた。

そして、最後に高山が新入場テーマに乗り、Tシャツ姿で入場してきた。

いつものトップロープまたぎは感覚が完全に戻っていないのか、少しつまずいていた。

先発は三沢と高山。高山はいきなり三沢にニーリフト。さらに踏みつけカバー、サッカーボールキック。

そして、ボディスラムで軽々と赤コーナーに投げつけると秋山を挑発。

これに応えた秋山が三沢とタッチを交わして、高山と接触。

高山はファイトスタイル自体は前と変わりはないが、やはり脳梗塞からの復帰かどうも足元がおぼつかない。

最後は三沢のエメラルドフロウジョンから秋山のリストクラッチエクスプロイダーで高山の復帰を祝った。