ノア 2006年1月17日(火)
大分イベントホール
大会観戦記


投稿者:狼鬼さん

観衆:1500人


新年1発目の観戦・・・って言うか去年の5月以来ずっと行けなかったんで、ちょー久々のプロレス観戦に。NOAHを見に行くのは約3年ぶり。
こっちは地上波やってないんでファンのノリが心配だ・・・
なんて考えてるうちに大分駅到着。ここから歩いて10分・・・微妙に遠いよw前にドラゲー、全日が来た時も同じ会場だったけど、8ヶ月ぶりだからなぁ・・・どうやって行くんだっけ?w
駅で道を聞いて、歩くこと10分。ようやく着いた・・・チケット売り場に行くと、永源さんの姿が!ただ、さすがにここでサイン求めるわけにもいかなかったんで、普通にチケット購入(B席・4000円也)。
入ってすぐ「のあのあくじ」があったんで、やってみたらパンフが当たりました。よっしゃ今日のパンフ代500円で済んだ〜!と思いきや、中を開くと・・・小橋が2冠王?あれ??と思ってよくよく見たら、2003年のやつだった・・・やっぱ買わなあかんか--;
で、中に入って売店でパンフ購入(1500円也)。ちょっと高いなぁ・・・全日なんか1000円なのに。まあカラーが多いから仕方ないと言えば仕方ないのか(全日はほぼモノクロだったんで)。
パンフを買って、席に着く。今回は特リン、A席、B席とあったんですが、この会場はちょっと大きめの体育館という感じなんで席も11列くらいしかなく、AとBをどこでどう区切るんだ?と思ってたら、入場ゲートから遠いのがBだったのか・・・しかも10列目。ほぼ真後ろじゃん!って事で席はあったものの、試合が終わるまで殆どずっと立ちっぱなしでした。
18:10。売店でサイン会をやるようなんで行ってみる事に。今日はダークエージェント(以下DA)3人と、下請け業者の方が1人混じってました。売店でTシャツ(闇維新軍。3000円也)を購入し、パンフに彰俊、スギ様、マサオ、キシンのサインを入れてもらって席に戻る。この時点で席は半分くらい埋まってたけど、僕の席の周辺はあんまり人がいませんでした。っつーか3,4列目が全然人入ってない。もうちょっと前に座りたかったな・・・
などとぼやいてるうちに、試合開始。



第1試合 タッグマッチ30分一本勝負
青柳政司 百田光雄vs永源遥 泉田純至

最初に永源組入場。しかし入場曲が泉田のテーマ・・・永源さんもう引退するんだし、大分は最後なんだから今回くらい必殺のテーマでもよかったんじゃないかな?
続いて百田組。ロッキーのテーマ、音量デカすぎw席の場所がスピーカーの近くだったんで、最初にNOAHのテーマが流れた時は音の大きさにビックリしました。
試合の方は基本的にいつもの流れ。ちょっと違ったのは、永源さんのツバが予想以上に飛んでた事かな。会場狭いから、新聞紙を持って来てない5、6列目辺りまで飛んでいくんですよw
最後は隕石が百田さんを直撃し、泉田組の勝ち。
最後くらい必殺仕事人聞きたかったなぁ・・・

青柳 ×百田(隕石→片エビ固め)永源 泉田○


第2試合 シングルマッチ30分一本勝負
杉浦貴vs谷口周平

最初に谷口走って入場。体もある程度出来てて、見た目は新人ぽくないですね。潮崎と並ぶと多分谷口の方が先輩に見えるだろうなwちなみにその潮崎は欠場との事・・・見たかったのになぁ--;
試合前に握手し、ゴング。
序盤のレスリングは経験の差というべきか、杉浦に分があったけど、途中で打撃戦になってからはほぼ互角。ゴツゴツと骨がぶつかる音を両者立てながらエルボー合戦を繰り広げます。
そこから谷口が押しまくり。途中スギ様にスピアー喰らってから動きが止まったけど(この時のスピアーが凄かった)、オリンピック予選スラムを防いでからは中年ズリフトをやりかえしたり(しかも連発)、ジャーマンでカウント2まで追い詰めたり、とにかく一気呵成に攻めまくる。
が、最後は谷口がジャーマンを仕掛けた所でスギが前方回転式膝十字に捕らえ、続けてアンクルホールドでタップアウト。

○杉浦(アンクルホールド)谷口×



第3試合 タッグマッチ30分一本勝負
SUWA 金丸義信vsダコタ 菊池毅

最初に菊池組、その後金丸組が入場。ダゴタは黄色のオーバーオールを着てたんで、てっきりあれを着たままやるのかと思いきや、脱ぐのか・・・
金丸組は、入場してくると同時にSUWAがいきなり菊池に突っかかる。最近NOAH見てないから分からないんだけど、菊池とSUWAってライバルなんですか?
菊池組、どちらが先に出るかでいきなりもめる。菊池が何か言ったら、「ワカリマセ〜ン」と返すダゴタ(場内笑)。金丸&SUWAに聞いても「ごめん、聞き取れない」(笑)
さっきの試合と違って今回はお笑い色がかなり強いように見えたけど、菊池とSUWAの絡みはそーゆーの無しで面白かった。
それにしても、何で菊池とダゴタのコンビだったんだろ?何て考えながら見てると、意外な共通点が。何だか分からない事を口走りながら頭突きをかます菊池とタッチを受けると変な声(これで場内笑)を上げながらドロップキックを叩き込むダゴタ・・・ああ、「奇声コンビ」なのねw
ダゴタはなかなかいい選手だったんだけどなぁ・・・最後のブレーンバスター返してくれたらもっと盛り上がったのに、と言うのは酷か。
試合はタッチアウト(って言ってたけど、殆ど垂直落下式ブレーンバスターと違いなし)で金丸が勝ったけど、菊池とSUWAの戦いは花道を下がるまで続いてました。僕が行った時には菊池は募金箱を持って、脚立に座って募金を呼びかけてましたが・・・

SUWA ○金丸(タッチアウト→片エビ固め)ダゴタ× 菊池



休憩。
いつ来てもロビーは煙が充満してるなぁ・・・菊池さんに募金しようと思ったけど、煙の壁に阻まれて断念。
売店に行こうにも、さっきの買い物で所持金の大半が消し飛んだので、仕方なく席に戻る。
あ〜、やっぱもうちょっと前の方にすりゃよかったな。チケット代ケチるんじゃなかった・・・(--;


第4試合 6人タッグマッチ30分一本勝負
平柳努 佐野拓真 田上明vs川畑輝鎮 井上雅央 斎藤彰俊

まずDAが入場。彰俊と川端のコスチュームが微妙に被るなぁ・・・彰俊はまたタトゥーが増えてるような気が。
続いて田上組・・・え!?なぜに田上組!?
休憩開けにGHCヘビー級チャンピオンがガウンも着ずに入場してくると、誰もこの人がNOAHの王者だなんて思わないだろうなぁ・・・
試合の方は、DAが引っ張ってたかな。それに佐野のソバットのエグさが光った?感じでした。入った瞬間凄い音するんですよアレ。見てるこっちも思わず顔をしかめたくなるような・・・まああれが佐野の魅力でもあるんですが。
一番印象に残ったのが、マサオが佐野にインディアンデスロック(久しぶりに見たんで一瞬分からなかった)を極められ、救出に来た彰俊が佐野に蹴りを入れるも、佐野が倒れてダメージ倍増、というシーン。会場爆笑でした。印象深いシーンがこういうシーンってのもどうかと思うけどw
田上は出ては来るけどそんなに印象に残らなかったなぁ・・・平柳はドロップキックがなかなか良かった。
最後はDAの連携からキシンさんのアックスボンバー→(この間忘れた)→ダイビングセントーンで平柳をピン。

×平柳 佐野 田上(ダイビングセントーン→片エビ固め)川端○ 雅央 彰俊



第5試合 タッグマッチ30分一本勝負
丸藤正道 力皇猛vsリッキー・マルビン スコーピオ

先に入場するのは白GHC王者・スコーピオ組。ただ入ってくるタイミングはバラバラ。ダッシュでリングインするマルビンと、ベルトを観客に触らせながらゆっくり歩いてくるスコーピオ。リングインするといつもの如くブレイクダンス。終わると場内大きな拍手に包まれました。
続いて力皇組。丸藤はフード被ってたので最初誰だか分からなかったけど、あの特徴的なジャンピングリングインを見て「あ、丸藤なのね」と納得。力皇は、ベルト失ったとは言え前に見た時とは雰囲気が変わってました。小島もだけど、やっぱベルトって選手の格を数段くらい高めるんだなぁ・・・
丸藤とマルビン、スコーピオの絡みはいつ見ても面白いですね。腕の取り合い一つ取っても丸藤がやるとそれだけで会場盛り上がりますから。
リキはその中でただ一人飛び技無しで戦ってたけど、いや〜凄いわ。あのぶちかましは近くで見ると迫力が全然違う。丸藤とのコンビも息ピッタリ。連携技もネタも巧くやれる、このコンビなかなかいいなぁ・・・
終盤、丸藤がマルビンをロープに叩きつけ、619の体制にさせる。丸藤が619なんて珍しいな・・・と思ったら、横に回転するのではなく、トップロープを軸にして縦回転で619を叩き込んだ時は「やっぱ丸藤スゲー」って感心してしまいました。
マルビン、スコーピオも空中殺法のみならずレベル高い。マルビン、いつまでも負け役やってないでトップに食い込んで欲しいなぁ・・・スコーピオも、まだ老け込むには早いや。
最後は丸藤とマルビンの回転エビ固め合戦に。これを丸藤が制し、3カウント奪取。
今回のベストバウト、挙げるならこれかな。

あと、試合時間経過の時、日本語、英語、その後スペイン語?と思しきアナウンスが流れてました。
マルビンの為かな?

○丸藤 力皇(エビ固め(回転エビ固めを返して))マルビン× スコーピオ



第6試合 タッグマッチ45分一本勝負
モハメド・ヨネ 森嶋猛vs志賀賢太郎 秋山準

セミ。
先に秋山組入場。最初は「え!?」って思ったけど、そーいや森嶋組がタッグ王者だっけ・・・秋山・志賀の組み合わせは久しぶりに見るなぁ。森嶋組は、専用の入場テーマ曲を使ってるみたいですね。
秋山組、先発争いの時に僕の座ってる辺りから志賀コールが、向かい側の席から秋山コールが同時に起こる。復帰直後の志賀(復帰後大分は初めて)を見たいB席側と、人気選手の秋山を見たいA席側、と言った感じで客席真っ二つに。結局志賀が先発となり、試合開始。
序盤から志賀・秋山共にヨネの右腕を集中攻撃。うめき声を上げるヨネ。場内騒然としてましたが、何か大袈裟な感じ・・・森嶋も、場外フェンスに叩き付けられたりと、中盤くらいまでは殆ど秋山組の試合になってました。
ただ、流石は王者組と言うべきか・・・モリシに火が付いてからは一気に流れが王者組へ。スクラップバスター、ラリアット、裏投げと、マットに叩き付けられる志賀が可哀相になるくらいの猛攻を見せます。
ヨネも得意の打撃に活路を見出し、秋山を寄せ付けず、志賀にキックを叩き込んでました。ハイキック→ローリングサンダーのコンボは凄かった。そーいや秋山あんまり出番無かったなぁ・・・ただ、途中で数珠繋ぎ首4の字を見せたり、ちょっとネタに走ってるのかな?と思ってしまいました。
最後はヨネのラリアット→筋肉バスターで志賀をピン。あの腕攻めの時のうめき声は一体何だったんだ?と言いたくなるようなフィニッシュまでの流れでした(ラリアット右腕だったし)。
やっぱ大袈裟なだけだったのか・・・

○ヨネ 森嶋(筋肉バスター→片エビ固め)志賀× 秋山



第7試合 6人タッグマッチ60分一本勝負
鈴木鼓太郎 小川良成 三沢光晴vsKENTA 本田多聞 小橋建太

メイン。
先に入場するのは・・・小橋組か。てっきりKENTAがベルト持ってるから後だと思ってたのに。
それにしてもKENTAはいい体してるな・・・小橋も。多聞は思ってたより大きかった。
続いて三沢組。試合前は「スパルタンXの前奏で三沢コール起きるかな?」という、田舎会場ならではの心配が頭をよぎりましたが大丈夫でした。
先発はKENTAと鼓太郎。鼓太郎動きいいなぁ・・・KENTAは、スタイル変えてからは今回が初観戦。
小川と多聞は、密度の濃いレスリングを期待したものの、すぐに小川が三沢にタッチしたため、多聞も小橋にタッチ。場内一気にヒートアップ。
会場狭いからエルボーはゴツゴツと音が聞こえるし(今回は珍しくかち上げ式も披露)、チョップも音が凄い。で、音だけじゃないってのは2,3発で三沢組の面々の胸板が真っ赤になってるのを見て納得。ローキックの音がしてるし・・・何か、佐野のソバット並みにエグいなって思いました。「多くのレスラーが受けたくないと口にする」って、そりゃレスラーも受けたくないって言うわなw
でもマシンガンチョップを止めに来る小川、鼓太郎もコーナーに押し込んでチョップ連打した時はあちこちから笑い声がw凄まじさと笑いを同時に届けるなんて、小橋じゃなきゃ出来ないよな・・・
でも個人的には鼓太郎が一番面白いなって思った。あの動き見るとム○キングになったのも頷ける。身長173センチでドロップキックの打点が小橋や多聞の額辺りだから、跳躍力凄すぎ。KENTAの打撃も凄かったけど、今回は鼓太郎の方がインパクト大きかったです。
ただ今回は多聞と小川、あんまり目立ってなかったな・・・小川なんて「タイツの文字、今日はピンクか」くらいしか覚えてないしw
最後はKENTAと鼓太郎の一騎打ち。ブルーデスティニーは失敗するも、ビットやインコム、ファンネル等次々と繰り出される技の数々に息を呑む観客。KENTAのタイガースープレックスも2で返し、今度こそブルーデスティニー・・・
と思った所で三沢を振りほどいた小橋が乱入。何と鼓太郎をアクシズで投げ捨て、大の字の鼓太郎にKENTAの甲虫王者・・・ゲフゲフ、ガンダムマニアへの膝蹴りが炸裂し、3カウント奪われてしまいました。
小橋〜空気読め〜〜w

×鼓太郎 小川 三沢(飛び膝蹴り→エビ固め)KENTA○ 多聞 小橋



全試合終了後。
帰ろうとするとスタッフの人に呼び止められる。どうやらリング撤去のアルバイトを集めてるらしい。
リング撤去って、一昨年11月のゼロワン以来だな・・・なんて思いながらやってみると、きつい。確実にこの1年で体力落ちたなw
鉄柵が予想外に重かった。で、どれもこれも曲がってる・・・選手がフェンスにぶつかる時のダメージって相当なもんなんだなって改めて思い知らされました。
マットをはがしてみると、板が割れてる(隅の方だけど)。犯人はリキか?それともモリシ??う〜ん・・・どの道凄まじい衝撃が加わってるんだなってのが分かりました。
片付けが終わり、報酬としてサインを貰えるようなんで行ってみる事に。三沢、田上、秋山、丸藤のサインのうち、好きなのを取っていいよと言われたんで、迷いながらも三沢のサインを取ることに。小橋のがあれば迷わず取ったんだけどなw
更にここでムシキングのサインが。5枚しかないと言われたんで迷わず手を挙げ、ゲット。やった〜!と思ってたら、その後柴田・KENTA組のサイン色紙が出てきた(こっちは2枚しかない)。
また手を挙げるも「1人2枚までね」と言われ、落ち込む俺_| ̄|○i|l|!「残り物に福がある」か・・・w(泣)
その後、今回の大会ポスターも一人ずつ配られ、解散。
いろいろ収穫があって楽しかったです。
でも・・・なぜポスターは博多スターレーンのやつなんだ!?w



感想。
面白かったです。NOAH・・・と言うよりプロレス自体を生で見る機会が少ないんで、やっぱTVで見るよりいいな。
あとNOAHはこっちじゃ放映されてないのに「もう一丁!」の掛け声とか、TV見れないのに結構みんな分かってるんだなぁ・・・と思ったりもしました。
ただ単にG+見てるってだけかもしれないけどw