ノア 2005年7月18日(日)
「DESTINY 2005」
東京ドーム大会
観戦記


投稿者:アッキーさん

観衆:62000人


7・18東京ドーム「DESTINY 2005」が行われた。

オレは1時ごろに水道橋に着き、まずはambitionで友達のお土産にGHCベルトストラップを買った。

そして昨日発売したノアのテーマアルバムを買おうとしたが、何と売り切れ。

な、なんだとおおおおおおおおおお!

まぁ無いものは無い。あきらめた。

そして、やっと東京ドームに到着した。

観戦といえば、そう。パンフレットである。

観戦に来てパンフレットを買う、こんなのは基本だ。

オレが買ったのはパンフレットとバーニングTシャツ。

スターネスTシャツはもうあるからね。やめた。

そして、ここでもテーマアルバムは売り切れ。

早すぎるよおおおお!

買った奴は何時に来てるんだ?

しょうがねぇ、諦めるか。

無いものは無いんだよ。

そして、会場入り。

3時になり、遂に試合が開始。

第1試合は杉浦&SUWA&青柳VS百田&菊地&中嶋。

SUWAと中嶋の試合を生で見るのは初めて。

中嶋の蹴りは2階まで音が聞こえてきた。

特に青柳館長に決めた回し蹴りは凄かったね。

最後はSUWAが菊地をFFF(トリプルエフ)で3カウント。

第2試合はヨネ&森嶋VS本田&潮崎。

潮崎の試合も初めて見る。

1つ思ったのは森嶋、痩せろって。

上に行くためには今のままじゃダメだろう。

膝を怪我してるんだから。

そう思ってたら潮崎がゴング前に仕掛けた。

珍しい。それだけ気合が入ってるのである。

しかし、すぐに森嶋に捕まってしまう。

何分かはずっと本田が出れないでいた。

しかし、森嶋とヨネを同士討ちさせて本田にタッチ。

森嶋にデッドエンド、ヘッドバットなどで出れなかった鬱憤を晴らす。

しかし、最後はヨネが筋肉バスターで勝利。

だけど、潮崎はいつかやってくれそうな気がする。

ちなみに森嶋とヨネ、タッグベルト狙っていくらしい。

だったら森嶋、減量しろ。

第3試合は8人タッグ。田上&佐野&泉田&永源VS斎藤&越中&井上&川畑。

この試合、最後は何か良く見えなかった。

ゴチャゴチャしてんだもん。

結果は井上が川畑のアックスボンバーから泉田を丸め込んで勝利。

泉田、勝利者賞の豚肉を取り損ねた。

試合後、斎藤がマイクで「みんな、このブタを食ってオレみたいな美しい体になれ」とアピール。

う〜ん、美しいというかゴツイ。

ディファで近くで斎藤を見たとき、ゴツイと思ったよ。

そして、ついにムシキング・テリー登場。

ネブ博士がムシキング・テリーを呼び込み、花道に現れた。

コスチューム、結構格好良かった。

その後でブラック博士が登場。

ブラックマスクを呼び込み、登場。

試合中に何回かスクリーンにムシキング・テリーを応援している子供達が映し出された。

でも、あれ何処にいるんだ?と思ってたらどうやらムシキングシートというのがあったらしい。

そこにいたのかな?でも、場所分からんかった。

試合は、ブラックマスクが中盤は主導権を握る。

しかし、最後はムシキング・テリーが新技のミストクラッシュで勝利。

変形のタイガースープレックス04にも見えた。

次はいよいよGHCジュニアヘビー級選手権試合。

KENTAが金丸越えを果たすことが出来るかと注目した1戦。

しかし、やはりテクニックのある金丸が有利に試合を進める。

しかし、ムーンサルトをかわした辺りからKENTAが反撃。

でも、やはり金丸にやられてしまう。

負けてしまうのか!?と思ったが、金丸の雪崩式垂直落下ブレーンバスターをこらえると、逆にKENTAが雪崩式のフィッシャーマンバスター。
(キークラッシャーにも見えたが。)

ここからKENTAが一気にジャンピングパワーボム、go 2 sleep、ブサイクヘの膝蹴り。

しかし、決まらない。

それでも、KENTAは金丸にハイキック。

最後はブサイクヘの膝蹴りで遂に金丸から3カウント。

ジュニアの絶対王者、金丸がまさかの敗戦。

KENTAが第10代GHCジュニアヘビー級王者となった。

第6試合はGHCタッグ選手権試合。みのる&丸藤VS秋山&橋。

この試合のポイントは橋の頑張りだろう。

でも、先シリーズに橋は頭部を15針も縫う大怪我を負ってしまった。

そのハンデを負っての試合。

やはり、橋がみのると丸藤に捕まってしまう。

でも、ここで引いたり秋山に簡単にタッチしてはいけない。

1回は拒否された試合、しかし今は認められてこうやってドームで試合をしている。

引くわけにはいかない。

だが、健闘むなしく橋が丸藤の雪崩式不知火で負けてしまった。

試合後、鈴木みのるが「秋山君と橋君、一生懸命頑張ってくれてありがとう。うれしかったです。おい、ノア!もっと強いヤツ連れてこい。そしたら相手してやる。」とのこと。

相変わらず憎たらしいね、この男は。

でも、ベルトを持ってる人間が強い奴と闘うのは当然である。

みのるはそう思ってるからこそ、そういうコメントが飛び出すのだ。

でも、これは橋にとって屈辱以外の何物でもない。

今回は負けてしまったが、次回はリベンジしてくれ!頼むぞ、橋!

続いてGHCヘビー級選手権試合。力皇VS棚橋。

棚橋はU−30のベルトを巻いての入場。力皇はコスチュームを変えてきた。

試合は力皇が優勢だった。

しかし、棚橋が力皇にドラゴンロケット3連発やった辺りから流れが変わる。

でも、最後は力皇が無双で勝利。

やはりドラゴンロケットで鉄柵に打ったのが響いたか。

そして、残り3試合は運命とも言える試合。

小川と天龍。この試合から選手は花道の途中にあるエレベーターから上がってきての入場となる。

天龍のセコンドにはマグナムTOKYOがいた。

試合はやはり小川が本部席を持ち出した。

けど、逆に叩きつけられる。

驚いたのは小川がWARスペシャルを出したことだね。

何だけど、最後は天龍のラリアットであっけなく敗れる小川。

う〜ん、消化不良だね。もっと粘ってよ。

セミは小橋VS健介。これが凄かった。

健介は「テイク・ザ・ドリーム」の前奏からいつもの「THE WORLD」で入場。

しかし、驚いたのはこの後である。

小橋が「BLAZIN」ではなく、あの三沢VS小橋の激闘から封印していた「GRAND SWORD」で出てきたのだ。

そして、中盤にはチョップの打ち合いが何分間も続いた。

その後もお互いの意地のぶつかり合い。

リアル・ブレーンバスターを喰らってすぐ起き上がってノーザンライトボム。

あの技を喰らって立ち上がってきた健介も、ラリアットを出した小橋も凄い。

リアル・ブレーンバスターを喰らってすぐに立ち上がってきたレスラーは今までいなかった。

最後は小橋が助走をつけての剛腕ラリアットでラリアット対決を制した。

そして、遂にメインイベント。三沢光晴VS川田利明。

高校時代の先輩後輩、そして超世代軍として共にやってきた2人、そして最大のライバルでもあった2人が5年ぶりに再会する。

試合は今までとは全然違う激闘。

三沢が場外でタイガードライバーを放てば川田も花道でパワーボム。

そして、終盤には川田が垂直落下式パワーボム。

しかも、これは三沢がウラカンラナで切り返そうとして踏ん張ったのではない。

川田が自らやったのだ。凄すぎる。

しかし、三沢もタイガードライバー91にエメラルドフロウジョン、タイガースープレックス。

でも、決まらない。

最後は三沢が川田に何発のもエルボーを打ち、渾身のエルボーで勝負を決めた。

全体としての感想は場内ストンピングが起こらなかったのが不思議だったね。

去年は小橋VS秋山の時に起こったのだが。

でも、そんなことが問題ではない。

三沢と川田、小橋と健介。

この運命の対決が想像を超えるものだったから、ファンは感動したのだ。

それに、これじゃ終われないだろうというものもあった。

またいつか違った形でやって欲しい。