2006年9月15日 無我ワールド・プロレスリング 旗揚げ戦
無我2006シリーズプレミアム「始動」 アクロス福岡大会観戦記

投稿者:アパッチさん

観衆:900人


かなりプロレス観戦から遠ざかっていました。
ただ無我が福岡から始動するということなのでC席を買って観戦しました。


第1試合:○竹村VS●正田

試合開始前に藤波から挨拶がありました。
その後、ケロからヒロ・後藤・長井の入団発表がありました。
結果なのですが、急にトイレに行きたくなり、帰ってきてたら竹村の勝利コールがあってましたw
決まり手は分かりません。すいません。


第2試合:○ヒロさんVS●クォーターマン

ヒロさんなのですが、やはり体の切れがいまいちでした。まあ百戦錬磨の選手ですから、これからだろうと思います。
クォーターマンはあまり特徴がなかった!
最後は十八番であるダイビングセントーンで勝利しました。しかし相変わらず綺麗なセントーンだったな。



第3試合:●後藤VS○マイクバートン

後藤さんはラフな先方が持ち味なのに、今回はありませんでした。残念・・・。
バートンも全日本で見た経験があるのですが、印象ないなw
最後はダイビングしてからのエルボードロップで終わり。なんか寂しかったな・・・。


第4試合:○藤波VS●長井

「大分出身なんだよ、藤波は」とトイレでファンの話で知りましたw
藤波は人気ですね、キックだけでも凄い歓声。
長井は相変わらずいいキック出してました。
隣の客が「藤波のドラゴンスクリューは綺麗なんだよね。」と話してました。やはり本家本元ですからね。
藤波はドラゴンスクリューからのドラゴンスリーパーで勝利!けどドラゴンスープレックスも出してよw



第5試合(メイン):●吉江さんVS○西村

無我の総帥である西村と吉江さんの対決がメインでした。
吉江さんが体重差を最大限利用した攻撃を展開します。
しかし西村もエルボースマッシュで応戦します。
お互いとも自分のポテンシャルを最大に発揮していました。
2人のブリッジや力比べには「おぉ〜」と言ってしまいましたね。ただやはり吉江さんはパワーでは上手でしたね。
それ以外にも吉江さんはキャメルクラッチやヒップ圧殺攻撃2連発など西村を苦しめます。
しかし西村が吉江の隙を逃さずスクールボーイで勝利!

試合終了後知らないおっさんが歌を歌い、全選手が記念撮影。しかも「無我緑茶(爆)」なるものまでもらいましたw

<感想>
全てシングルというのはやはり物足りなかったです。
西村が「今のプロレス界へのアンチテーゼ」とか言っていますが、今の状態では厳しいと思います。
見る客層は非常に限られるし、インディー選手を使わないと公言してるのもマイナスです。
器の小さい人間としか思われないからです。
観客の年齢層も高かったし、大変な船出だとは思いますが頑張ってほしいです。