2006年3月3日 DRAGON GATE
広島グリーンアリーナ(小アリーナ)大会観戦記

投稿者:狼鬼さん

観衆:900人


ドラゴンゲート。この前(1ヶ月前)大分大会行ったばかりだけど、田舎暮らしの身では次いつ行けるか分かったもんじゃないんで・・・
久しぶりって感じでもなく、ただこの会場は高校の時全日見に来た事があったなぁ・・・なんて感慨に耽りながら会場入り。
入り口で、しゃちほこマシーンがパンフを売ってたけど大分大会の時買ったんで今回は購入せず。例によって一番安いチケット(指定席B4000円)を買って席を探す・・・すぐ見つかった。8列目でした。で、後ろの席の方がいい椅子使ってる。肘掛ついてるし、普通のパイプ椅子よりちょっと大きめなんでゆったりと座れます。
席を見つけると、売店の方へ。市っちゃんがコスチューム姿で売店に立ってましたが、あんまり金もってなかったんでガチャガチャで携帯クリーナーを購入。HAGEかエゴイストを狙ってたのにPoS.HEARTSだったんで2回目トライ・・・斎了かwもう一回やろうかと思ったけど、これ以上やると際限無くなりそうだったんで断念。
サイン会は・・・ハルクか。え?対象商品パンフレット!?フザけんな〜w大分の時にやってくれりゃよかったのに・・・

試合開始時間になると、ドラゲーのテーマ(歌詞無)に乗って菊池リングアナとベーカリー八木がリングインし、自己紹介とこれまでの流れ、今日のカードを説明。SAIT○・・・ゲフゲフ、シーサー出ないのか・・・ほう、斎了がチャンピオンになったんだ・・・え?岸和田兄さん欠場!?見たかったのになぁ・・・っつーか、しゃちほこと市川コスチューム着てたのに試合無いのかw
続いて斎了と堀口がリングインし、拍手やコールのやり方や、堀口の物まね(えなりの真似をする時は機嫌が悪いそうですw)、更にカラーボール投げ(取れなかった(ToT))など、この前説でかなり会場が暖まりました。ただ今回の会場は前と違って少し広かったので、どうも歓声が若干まばらになったのがアレでしたが・・・

この後ドラゲーのテーマ(歌詞付)が流れ、いよいよ試合スタートです。
ちなみに今回エキシビジョンマッチ(練習生同士の5分一本勝負)はありませんでした。


第1試合 タッグマッチ
トゥルボ キング・シーサーvs吉野正人 土井成樹

「トゥルボ」とはスペイン語で「ターボ」って意味だそうです。赤と緑のコスチュームで、マスクを被ってました。シーサーが黒かったんでやたら派手に見えましたw
続いてブラッド。相変わらずすげー筋肉してんな・・・
前回土井が欠場してたから久しぶりに見るけど、トゥルボの動き、シーサーの老獪なテクの陰に隠れてた感じでした。声援は一番多かったんだけど・・・
トゥルボは、正直前に来てたジャックやヴァンちゃんの印象があまりにも良すぎた為か、僕的にはいまいちでした。
吉野は、スピードよりもグラウンドに重点を置いた戦い方をしてました。途中、今まで見た事無いような関節技を繰り出した時には声援でなくよめきが起こってました。トルベジーノや、この前復活させたばかりのソル・ナシエンテもやってくれたら良かったんだけど・・・
最後はトゥルボが土井ちゃんを丸め込み連発で翻弄するも、DOI555からバカタレキックでピン。入った瞬間横の人が「うわっ、痛そ〜」って言ってたのが印象的でした。
試合が終わると、頭を押さえながらトゥルボが四方に挨拶してました。
やっぱ痛かったんだなアレ・・・

×トゥルボ K・シーサー(バカタレスライディングキック)吉野 土井○



第2試合 シングルマッチ
谷埼なおきvsカツオ

試練のシングルマッチ第1弾。
まずカツオが入場。入場曲ロッキーのテーマか・・・
続いて谷埼。相変わらずすげー頭w
序盤はレスリング。ほぼ互角だがカツオがスリーパーをかける・・・と、振り解かれて谷埼の猛攻開始。
ストンピング、胴締めスリーパーなどで痛めつけるも、カツオもただでは負けない。チョップやドロップキックで優位に立ち「谷やん来いや!」などと挑発。やっぱカツオって態度デカいキャラなのか?
ただ、やはり最後は先輩に分が有り。コーナーにいるカツオに三角蹴り式の延髄斬り、ビーチブレイク(みたいだったけどちょっと違った)、シャイニングウィザード、更に顔面への膝蹴りで勝負あり。

谷埼(DH(ダッシュしてヒザ))カツオ



第3試合 ハンディキャップマッチ
フロリダ・ブラザーズ(マイケル岩佐&ダニエル三島)vsアンソニー・W・森

エセアメリカ人vs王子。この対決まだ見た事ないなぁ・・・アンソニーやり辛そうw
最初にフロブラ・・・あれ?ベーカリー八木も一緒だw星条旗シャツにサングラス、最初からその気ですw
リングインするとマイケルとダニエルがマイクを取り
ダ「ミナサン聞イテ下サ〜イ!」
マ「今日ノ相手ハ、あんそにーデ〜ス!最近三角締メヲ覚エテ、アノ岸和田ヲモ苦シメマシタ〜」
・・・発音は普通の日本語に近いですが、一応カタカナにしておきますw
マ「ソレデ、今日ハあんそにーノ三角締メ対策ヲ立テテ来マシタ〜」
ダ「オ〜、ソレハ何デスカ〜?」
マ「ろーぷニ足ヲ伸バセバイインデ〜ス」
場内沈黙w
マ「・・・何カ変ナ空気にナッチャッタジャナイデスカ〜!w」
ダ「トニカク三角締メニハ気ヲツケマショウ。3秒食ラエバ失神、5秒食ラエバ失禁シマ〜ス(場内笑)」
長かったけど、続いてアンソニー。ちょっと体大きくなってるような・・・
試合は、前半はフロリダが優勢。そりゃそうだ、ベーカリーも加担してるんだしw
ダニーはリングインする時「フジナミ〜」と叫びながらドラゴンリングイン。すぐ攻撃されてましたw
アンソニー、マイケルに対しウラカン・ラナを極め、そこから体制を変えて三角締め。なるほど、そう来るのか・・・ただ、ロープが近かったせいか例の「対策」を使ってエスケープ。
その後ダニーにも同じように三角締めを極める・・・あ、5秒以上経ってる!ダニーが動かなくなった・・・と思ったら、マイケルが仰向けになってるアンソニーをフォール。カウント3入っちゃいましたw
試合後アメリカ国歌が流れるが、ダニーは失神してたようで、ずっと倒れてたのでマイケルと八木ちゃんだけあのポーズをやってましたw

○マイケル ダニエル(三角締めをかけてるアンソニーをフォール)アンソニー×



第4試合 シングルマッチ
ドン・フジイvsトザワ

試練のシングルマッチ第2弾。トザワのデビュー戦もこのカードだったな・・・
先にトザワ入場。この曲は、音程違うけどマサ斎藤の「ザ・ファイト」か?
続いてフジイさん・・・って、吉野と土井がセコンドか。トザワ相手に介入かよ〜・・・
序盤からフジイさん優勢。体格差有り過ぎw
場外に投げ捨てられ、吉野と土井の攻撃を受け、更にフジイさんのパワーボム!ドスンって鈍い音と共に、近くだったんで地響きが。ありゃきついぞ・・・でもカウント19でリングイン。トザワに声援が集中します。
そこから反撃に転じようとするも、場外でのダメージが大きかったせいもあってか防戦一方な感じでした。
最後はラリアットからチョークスラムでカウント3。入った瞬間「あ、こりゃイッたな」って声と「あんなの返せよ〜」って声が同時に後ろから聞こえてきました。
まあ、のど輪エルボー見たかったけど、あの入り方じゃ返せないよな・・・

○フジイさん(チョークスラム)トザワ×



休憩。
サイン会場は長蛇の列。その先にはモッチーと横須賀・・・やっぱパンフ買っときゃ良かったかな?w
売店には市っちゃん、ベーカリー、アンソニーの姿が。ケータイシール購入すると市川直々に貼ってくれるというサービスをやってますwが、金がないから断念(ToT)
リングの方を見ると、花束を持った女性の一団がリング下に控えてました。後援会かな?


第5試合 タッグマッチ
堀口元気 B×BハルクvsCIMA 鷹木信悟

まず堀口のテーマがかかり、堀口リングイン。コーナーに上ってポーズを極めると大歓声・・・が、続けて入ってきたハルクのダンスで全部吹っ飛んだ感がwそれにしてもハルクカッコ良いなぁ。笑顔も素敵・・・って、俺そっち系の趣味は無いからねw
続いてCIMA組が、ブラッドの残りメンバーも引き連れて入場し、ポージングをするとまたまた大歓声に包まれます。
名前をコールする前に、さっきの花束を持った女性たちがCIMA組に花束を渡してました。
CIMA「(相手に向けて)お前らおれへんやろ(場内笑)」
ハゲ「(客に向けて)みんな応援してくれるもんな!(場内歓声)」
ちなみにCIMA組はCIMAが先、鷹木が後にコールされてました。
先発はハルクと鷹木。男性がハルクに、女性が鷹木に声援を送ってます。逆だろ普通w相変わらずハルクは動きが良いなぁ・・・
CIMAvsハルク。ハルクに対し「何がさんま御殿じゃ〜!」と叫びながら攻撃w最近呼ばれない事を根に持ってるようですw
堀口vsCIMAは、懐かしい技の応酬。コールドスプレー攻撃や、トペ・トビウオ(凄かった・・・)、ヴィーナス(スカしたけどw)、ビーチブレイク(これもスカしたw)などなど、最近見られなくなった技ばかり。いや、いい物見たなwシュバインを逆さ押さえ込み(神宿らずw)で切り返すなど、なかなかだなと感じました。
最後はハルクにシュバイン2連発!こりゃきついや・・・でも、あの流れからマッドスプラッシュかパーフェクトドライバーも見せて欲しかったなw

HAGE ×ハルク(シュバイン)CIMA○ 鷹木


第6試合 6人タッグマッチ
斎藤了 マグナムTOKYO ドラゴン・キッドvs望月成晃 横須賀享 新井健一郎

メイン。
まず斎了とキッドが入場。斎了はベルト巻いてました。その後すぐにマグナムのテーマがかかり、マグナムとマグナムダンサーズが雪崩込んでダンス開始。終わると物凄い拍手に包まれました。
次にファイMが入場・・・順番間違ってるような気が。でもコーナーに上がってアピールするとDFに負けず劣らずの大歓声。
先発は、ファイMがアラケンで、DFは・・・なんとマグナム!このカードも珍しいけど、マグナムが先発なんて滅多にないもんなぁ・・・
試合の方は、全選手が入り乱れて誰が勝つか分からない、一進一退のなんか闘龍門時代に近い内容のように思えました。モッチーの蹴り・横須賀のヒザ・アラケンの頭突きで腹部を攻められるキッド、マグナムの足四の字、斎了のアキレス腱固め等で足を痛めつけられたモッチーがこの勝負を決するかと思いきや、DFは集中攻撃を浴びるのが斎了だったり・・・
モッチーの三角蹴り、更にツイスターを浴びてボロボロの斎了だがすべてカウント2で返し、続いて来たアラケンの阪神タイガースープレックス・・・は切り替えされ、逆に急角度ジャーマン!しかしこれはカウント2!!場内大歓声!!!
しかし最後は斎了の急角度ドラゴンSH!これが見事に極まり、カウント3入っちゃいました。

○斎了 マグナム キッド(飛龍原爆固め)モッチー 横須賀 アラケン×



試合後。
退場していくファイMを尻目に、マイクを取る斎了とマグナム。
まず斎了が観客に対し感謝の意を述べると、続けて
了「広島の皆さん、今日はいい物見れましたね。このカードもだけど、マグナムTOKYOが先発なんて滅多にないですよ。(マグナムに対し)で、何で今日は珍しく先発を買って出たんですか?」
マ「そりゃあ決まってるだろ!(少し間を置いて)広島だからだよ」
と言うと場内大歓声!が・・・
了「あれ?俺に言った時とはちょっと違ってないですか?確か・・・」
マ「お、おい、変な事言うなよ!」
了「明日の相手フロブラでどうせ楽だから今日多少疲れてもいいやって言ってましたよね?(場内爆笑)」
マ「だってフロリダじゃん(また場内笑)っつーか、まあ・・・広島だから先発で出たんだよ(ここでまた歓声)。そういう事にしといて(笑)」
了「・・・と、マグナムTOKYOもこう言ってますけど、本日はどうもありがとうございました!」
と言って四方に礼をして退場して行きました。

全試合が終了したんで帰ろうと思い、出口を目指すが・・・人が多いよ!人が詰まってる!!
客入りは7割くらいのもんだったし、しかも2階席封鎖してたからそこまで多くはないはずなんだけどなぁ・・・
やっとの事で脱出すると、外は寒いし風強い(泣)仲良く出て行くカップルを尻目に一人寂しく家路に着きました。

・・・(ToT)



感想。
相変わらず面白かったです。ただ、ドラゴンゲートになってから広島には来た事がないらしく、今回が初めてだったようでそのせいなのか人の入りは九州に比べると少なかったように思えます。
特に、会場選択はちょっとミスったかな、と・・・もう一回りくらい小さい会場の方が盛り上がったかな?