2006年2月6日 DRAGON GATE
大分イベントホール大会観戦記

投稿者:狼鬼さん

観衆:1100人


この前はNOAHだったけど、今日はドラゴンゲート。1年ぶりか・・・
会場は前と同じ。寒くて雨降っててチケット高いのは前と同じじゃなくて良かったんだけどなw
とは言え、今回は安い席が売り切れる前に行かないと・・・って事で試合開始1時間前に並んでたのが効を奏したか、一番安い席(指定席D)を購入できました。それでも4000円だけど・・・
開場すると、まず席がどの辺か確かめに場内へ。げっ、一番後ろかよ・・・しかも端っこ。まあ南側なだけNOAHよりいいか(この会場は南側に入場ゲートを設置してある)。
席の確認後、グッズ売り場へ。まずパンフを購入(2000円也)、その後Tシャツ型携帯クリーナー(これはガチャポン。200円也)を購入。ファイMかぁ・・・HAGEかエゴイストを狙ってたんだけど、まあいいか。
帰ろうとすると、タイツ姿のトザワがジュースを買いに来てました。自分が飲むのか、はたまたヴァンジェリスかアラケンのパシリ?w
席に座り、今日の対戦カードを確認。え〜っ!?フロリダ今日居ないのかぁ・・・これ楽しみで来たのに。と思ったら、会場限定参戦のストーカー市川としゃちほこマシーンが3WAYで激突か。どっちかと言うとフロリダ見たかったなw
客入りは7〜8割くらいかな。女性や子供連れが多かったです。男の割合が他団体に比べて若干少ないように思えたのは現場スタッフ含めて女性がやたら多かったからかな?


試合開始時間になると、ドラゲーのテーマに乗ってリングアナとベーカリー八木がリングに。
これまでの流れと、初めてのお客さんの為にドラゲーの楽しみ方をレクチャー。堀口と斎了が入場し、拍手やコールの練習、フォールされた選手に対する声援の送り方など、いろいろやり方を教えてくれました。実際こういうの無いと田舎の会場はどうにも盛り上がり辛いんですよね。だから助かります。
最後は堀口の物まねで締め。えなり、ボビー、「麒麟です」は似てましたw

それが終わると練習生によるエキシビジョンマッチ(5分1本)。
これは前回と同じで飛び技はほとんど使わず、基本的なレスリングを中心とした試合でした。
ただ前と違ったのは、試合終了後練習生同士が今にも喧嘩しそうな雰囲気だった事くらいか。


第1試合 6人タッグマッチ30分一本勝負
谷嵜なおき 堀口元気 ドラゴン・キッドvsキング・シーサー スペル・シーサー マグナムTOKYO

・・・マグナムが第1試合!?いや、ちょっと早すぎるような・・・
まずDFが入場。谷嵜とキッドに微妙な距離が。
続いてシーサーズ。あの歌なんか微妙っすw
で、マグナムのテーマがかかるとダンサー4人がリングに入り、その他選手は全員リング下へ。そこにマグナムが入り、ダンス開始。いや〜前も思ったけど凄いですねアレは。ダンスが終わると共に大歓声と拍手に包まれました。
試合は・・・ダメだ、ダンスしか思い出せないw「全ては俺様の為にな!」って声が頭から離れませんw
とにかく、谷嵜とキッドが終始仲悪そうにしてるのと(途中連携もあったが)それをなだめる堀口、マグナムに髪をむしられる堀口(場内笑)、シーサーズの連携すげーなって事が一番印象に残った部分ですかね。
まあ、神の宿る逆さ押さえ込みが見れたんでいいかなw返されたけど。
最後はキッドの誤爆から谷嵜が捕まり、マグナムのソバット→延髄斬りから、スペルシーサーのヨシタニックで勝負あり。
試合後DFに向かってシーサーがマイク(何て言ったか忘れた)
その後マグナムの一言。
「おい、劇的な勝利の割にマイクはしょぼいな」
会場爆笑。そのやり取りを尻目にキッドはさっさと控え室へ。谷嵜は堀口に肩を借りて退場。
それにしても、キングシーサーの正体って・・・ペン○ゴン?メキシコ系って事だけは確かなようですが。

×谷嵜 HAGE キッド(ヨシタニック)K・シーサー S・シーサー○ マグナム



第2試合 3WAYマッチ20分一本勝負
新井健一郎vsしゃちほこマシーンvsストーカー市川

菊池リングアナが最初のレクチャーで、アラケンの事を「ストーカーの良さを一番引き出せる男」と言ってました。
その言葉を聞いてたんで一体どんな試合になるのかな・・・と思ったら、まずしゃちほことアラケンが激突・・・すぐにバテるしゃちほこ。アラケンが「水持ってこい!」と市川に命令し、水を持ってくるとそこで市ちゃん「何労わってるんだよ!」と突っ込み。
その後は何かくいえべを見てるような、真剣にやってるようでお茶らけてるようで、って内容に。それにキレるストーカー。
市「真面目にやれ!」
アラ「お前のその格好が既に真面目じゃないんだよ!」
アラケンvs市川。しゃちほこの時はボディスラムもエルボーもゆっくりだったのが、市ちゃんが相手だと本気で打ち込むアラケン。「バーン」「ドーン」「ボコッ」など、さっきまで聞こえなかった音が聞こえるように。
ボコボコにされながらも市川必死でアラケンに立ち向かい、歓声も、コーナーでしゃちほこポーズしかしてない(笑)しゃちほこよりも市ちゃんに集まりだします。
そして市ちゃんがアラケンにブレーンバスター合戦を仕掛ける。しかし持ち上がらず、急所蹴りの後渾身のブレーンバスター!場内大歓声!!市川も大喜び・・・だったが、その隙を突かれ、アラケンに丸め込まれてカウント3。
試合が終わると、アラケンとしゃちほこにマスクを取られてしまいましたwタオルを渡されるも、顔を隠して走って退場する市ちゃん・・・いや、だから顔割れてるってw

アラケン○(丸め込み(技名不明))市川×



第3試合 タッグマッチ30分一本勝負
カツオ 斉藤了vsトザワ ヴァンジェリス

最初に入場するのは斎了組・・・え!?KING OF GATE優勝者なのに?斎了は体の厚みが増してますね。
続いてヴァンジェリスが、トザワと共に踊りながら入場。両者とも白いコートを着てサングラスと帽子を付けてたんでどっちがどっちか分かりませんでしたwただ、踊りながら手際よくコスチュームを脱いでいくヴァンちゃんと、ズボンが引っかかってなかなか脱げなかったトザワを見るとやはりキャリアの差なのかな?なんて思ったりw
試合は、殆どトザワとカツオの戦い。斎了とヴァンジェリスはこの2人に試合を任せてたように見えました。ただ要所要所できっちり見せる所は見せてましたが。
途中、「おい、斎了早く!」とあだ名で呼ぶカツオに「俺の方が先輩だぞ!」と斎了がキレてましたが、最後の方になると「斎了!」と言われると「カツオさ〜ん!」と、昔の自転車キャラの頃の口調で呼びかけてましたw
最後は腰振り過ぎのトザワを斎了がジャーマンで制裁w
ヴァンジェリスはもうじき帰るらしいですが、トザワはヴァンちゃんが帰った後もダンスキャラを続けて欲しいなと思いました。
あとカツオは谷嵜に続く大口の態度デカいキャラでやっていくんでしょうか?w最後は怒られてましたが・・・

カツオ ○斎了(ジャーマンスープレックスホールド)トザワ ヴァンちゃん


休憩。
ここまで来ても「全ては俺様の為にな!フハハハハ・・・」が頭から離れず、その声に引きずられるかのように売店へ。
気がついたらCD買ってましたw
この時点で8時過ぎ。でもまああと2試合だから9時ごろには終わるかな?



第4試合 タッグマッチ45分一本勝負
鷹木信悟 マグニチュード岸和田vsアンソニー・W・森 B×Bハルク

まず最初にアンソニーが入場、その後別の曲に切り替わりハルクと服装を変えたマグナムダンサーズ(?)が入場し、ダンス。本日3回目です・・・でも凄かったんで終わったら拍手。
ダンス後、アンソニーがマイクを取り、今日がタイトルマッチ前の最後の前哨戦である事、左腕を破壊して勝つ事を約束すると、ブラッド入場。岸和田兄さんはベルトを巻いて来てました。
試合の方は、休憩前の3試合とは明らかに違う、いかにも「プロレス」って感じのバチバチ感のある内容になりました。
ただ、一方的にアンソニーがボコボコにされてましたが・・・それでも随所で岸和田兄さんの左腕を攻めたり、ハルクもその華麗な動きで観客を魅了してました。
マグニチュード岸和田は今回初めて見るんですが、あの体でよく動きますね。ボディプレスはマットが壊れるかと思った・・・その場飛びムーンサルトには正直度肝を抜かれました。
最後の方になると一進一退といった感じで凄まじい攻防が繰り広げられました。岸和田兄さんと鷹木がアンソニーをへそ投げ式のバックドロップで投げ捨て、兄さんのラストライドへ・・・と思ったらエレガントマジック!しかし鷹木のカット・・・と、もうどっちが勝ってもおかしくない状態。
しかし今はブラッドに勢いがあったか、最後はハルクにラストライドをウラカンで返されるも、ここで急角度のジャーマン!これは返されましたが、あまりにも凄い角度で入ってて、「すげー・・」って気を取られてる間に試合が終わってました。
フィニッシュホールドを見忘れた・・・_| ̄|○i|l|!

鷹木 ○岸和田兄さん(多分ボディプレスだったと思う)アンソニー ハルク×



第5試合(メイン)6人タッグマッチ60分一本勝負
ジャック・エバンス 横須賀享 望月成晃vs吉野正人 CIMA ドン・フジイ

先にファイMが入場。リングに上がるとモッチーがマイクを取り、ジャック・エバンスについて少し説明。本来だと大阪大会からの参戦だったようですね。
モッチーが「ジャック!」と呼び込むと、EMINEMの「Without Me」のリミックスみたいな曲がかかり、B系ダボダボファッションに身を包んだジャックが入場。踊ってます。今日4回目のダンスだったが、今までのと違ってスコーピオみたいなブレイクダンスでした。ただ、スコーピオより軽いせいか、動きの方はかなり良かったです。
続いてBG。それぞれおなじみとなった健康器具を持って入場。ポージングはやっぱ様になってます。
試合開始。声援は悪役のはずのブラッドに集中。特に子供の声援が凄いです。最前列の子供は試合中ずっと「よしの〜!」「しーま〜!」と言ってました。
それにCIMAもちゃんと「おっちゃん頑張るで〜」って応える辺り、客の盛り上げ方をよく分かってるなと感心してしまいます。やっぱCIMA悪役は無理だな・・・
スピードスター・吉野と鳥人・ジャックの対戦は、当初の予想とはちょっと違って割りと普通の試合をやってました。予想では空中殺法が入り乱れる・・・みたいな感じでしたが。
モッチーとフジイさん、重量級同士(モッチーはジュニアだけど、90キロの体重は団体内でもかなり上の方なんで)の対戦はドラゲーで見ると際立ってて迫力あります。とにかく蹴りが重い!凄い音がします。
CIMAと横須賀も、グラウンドの応酬はなかなか見ごたえあって良かったけど、今回はジャックにいい所持って行かれたな・・・って印象が。
とは言っても、試合は殆どジャックが捕まる展開に。「あ〜こりゃ負けるな」って思ってしまうくらいボコボコにされてました。
しかしモッチーと横須賀のカットや好アシストでチャンスが巡ってくると本領発揮。いや凄いわ・・・スピードスター吉野があんまり目立ってないって印象を持つくらいに、この日のエバンスは凄かった。
最後は吉野にモッチーの三角蹴り→横須賀の「ジャンボの勝ち」→ジャックの回転式セントーン?でカウント3。
フィニッシュは、ファイヤーバードスプラッシュ+もう半回転って感じの技で、落ちた時は背中だったんで一応セントーンとします。

○ジャック 横須賀 モッチー(スーパーローリングセントーン?)吉野 CIMA フジイさん×


全試合終了後。
モッチー、横須賀、ジャックがそのままの格好でサイン会場へ。会場時はアンソニーとハルク、休憩時はキッド、S・シーサー、K-ness.が来てましたが、カレンダー買わないとサインくれないのか・・・
今日は早く帰らないといけなかったんで、片付けはやりませんでした。


感想。
1年ぶりでしたが、前に来た時悪かった部分(パンフが前のシリーズのやつとか、料金設定がもう一段階高い、試合前の説明etc)がほとんど改善されてたんで良かったです。
内容はほぼ文句なし。盛り上がったし、楽しい気持ちのまま帰る事が出来ました。フロリダブラザーズが出てなかった事が心残りだけどw
あと不満があるとすれば、他団体にも言えるんだけど今度は他の会場を使って欲しい。駅から微妙に遠いしバス出てないし、車で来る人にはいいけどその他の人は大変なんですよ。
とは言っても、この辺ココくらいしかいい会場ないからなぁ・・・