力皇猛
力皇 猛
(りきおう たけし)

WILDU所属
本名 井上猛
生年月日 1972年12月20日
出身地
奈良県桜井市
身長・体重 190cm 128kg
血液型
B型
デビュー戦 2000年5月28日 東京・後楽園ホール 対秋山準&森嶋猛 (パートナーは井上雅央)
経歴 全日本(H11年〜H12年)→NOAH(H12年〜)
タイトル歴 GHCヘビー、GHCタッグ
得意技 ベアハッグ→ブレーンバスター パワーボム 合掌捻り 無双 ダブルインパクト(森嶋とのタッグ時)
入場テーマ曲 AUTHORITY ZERO「A Passage In Time」 ※(WILD2のテーマ)DESTINED FOR GLORY
関連商品 [CD] AUTHORITY ZERO「A Passage In Time」 テーマ曲
[CD]
NAVIGATION FOR THE GLORY 旧テーマ曲収録アルバム
コメント 元幕内力士。相撲界を引退後全日本プロレス入りする。デビュー間もなく全日分裂が訪れた為全日本を離脱、本格的な活躍はノアに移ってから。
ZERO-ONE旗揚げ第2戦ではあの三沢と組み小川直也とも対戦。一歩も引けを取らないそのファイトで武道館の観客を魅了した。
その後森嶋と共に下克上ユニットワイルド2を結成。2002年2月17日武道館でノーフィアーの大森から勝利しGHCタッグのベルトを獲得する。
2003年11月に札幌でタッグながら小橋から初勝利。その勢いのまま2005年3月にGHCヘビーに挑戦、見事小橋を敗り王者となった。
GHC王者として新日本プロレスの棚橋や三沢と破ったが田上に負けて王座陥落した。
2007年に秋山とタッグを結成しGHCタッグ王者となるが頸椎損傷で欠場。タイトル返上となる。
2008年に復帰し2009年にはヨネらとDisobeyを結成しノアをかき回している。
好きな食べ物は、エビ、卵焼き、パイナップル、桃、みそ汁。
▼ 得意技紹介 ▼
パワーボム 【ぱわーぼむ】

説明がいらないほどメジャーな技です。各団体一人はこの技を得意にしている選手がいるほど流行っている技ですがノアでは力皇が一番の使い手と言って良いでしょう。
元はテリー・ゴディが日本に持ち込み天龍が改良を加えて現在のパワーボムが出来上がったとされていますが、その後様々な選手が使うようになり代表的なプロレス技の一つになりました。
力皇の使うパワーボムは持ち上げた状態でタメを作り勢いよく叩きつけるタイプで破壊力もあります。
この技で大森からピンフォールを奪いGHCタッグ王者になった事もあります。

無双 【むそう】

2004年後半から使い始めた技。
大相撲出身者らしい豪快な技で、相手の腰のあたりを持ち高々と持ち上げ足を払いながら落とす。
2004年11月28日、札幌スピカ大会のタッグトーナメント決勝ではこの技で当時GHC王者の小橋からピンフォール勝ちを収め注目を浴びる。。
この時の勝利が評価され翌2005年行われた小橋とのタイトル戦でもこの技で勝利しGHCヘビー級王者となっている。

Wインパクト 【だぶるいんぱくと】

森嶋とタッグを結成した時に繰り出す合体技です。
力皇が相手を肩車で持ち上げ、森嶋がコーナートップからフライングラリアットをあてるという大技。これを喰らった相手は反転してマットに落下します。
この技、ザ・ロードウォリアーズが有名ですが、比較的タッグ屋と言われるコンビはよく使います。