金丸義信
金丸 義信
(かねまる よしのぶ)
本名 同じ
生年月日 1976年9月23日
出身地
山梨県甲府市
身長・体重 173cm 85kg
血液型
O型
デビュー戦 1996年7月6日 愛知・江南市民体育会館 対浅子 覚&志賀 賢太郎(パートナーは井上雅央)
経歴 全日本(H7年〜H12年)→NOAH(H12年〜)
タイトル歴 GHCジュニアヘビー、GHCジュニアタッグ、IWGPジュニアタッグ、WEWタッグ
得意技 ムーンサルトプレス ハリウッドスタープレス ディープインパクト タッチアウト(旋回式垂直落下ブレーンバスター)
入場テーマ曲 MAXIMUM
関連商品 [CD] EXCEEDING OUR DREAMS テーマ曲収録アルバム
コメント 初代、第5代、第9代GHCジュニアヘビー級王者。新日本ジュニア勢との対抗戦ではノアジュニアのトップとして戦い2002年8月29日新日本プロレス日本武道館大会ではライガー&田中組を敗りIWGPジュニアタッグ王座も奪取した。2004年7月にはライガーに流出したGHCジュニアのベルトを取り返すなどノアジュニアのトップとしての活躍を見せている。
2005年6月に札幌でGHCジュニアタッグを奪取、7月の東京ドームでGHCジュニアを失うまでの間ジュニア2冠王者となった。
2006年選手会長
2008年に鈴木鼓太郎とタッグ結成。平柳を加えヒール的な試合を展開しGHCジュニアタッグ王者となる。
2009年、KENTA欠場により返上されたGHCジュニア。その王座決定戦を勝ち抜き5度目の戴冠。
▼ 得意技紹介 ▼
ディープインパクト 【でぃーぷいんぱくと】

相手がダウンしている内にコーナーに上り起きあがった相手にダイビングでDDTを決める技。
自らの落下スピードを生かし相手の頭部をマットに打ち付ける技で全日時代から金丸の得意技となっている。
最近ではコーナー上での攻防から雪崩式で決める場合もある。
タッチアウト 【たっちあうと】

垂直落下式ブレーンバスターに旋回を加えた技。
金丸が高校時代野球選手だった事からタッチアウトと命名された。