[掲示板へ戻る]

4:1の法則

[1] キックしたいなー - 2018/05/02(Wed) 18:58 ID:  [No.25606]
「4:1」についても纏めてみたよ!(^0^)/

●「ユダヤの法則」というものがある。
この世は「78:22」で成り立っているという法則である。
まずは下記サイトを一読して欲しい。
https://matome.naver.jp/odai/2135053716618549801
「78:22」=「39:11」≒「4:1」。
中国哲学の「五行説」も「物が5つ揃うと1つは特異。これは中央の『土』に相当する」という考え方である。
●五輪書の五輪は「地・水・火・風、そして空」。
五行は「火水木金、そして土」。
方位は「東西南北、そして中(中央)」。
季節は「春夏秋冬、そして土用」。
五色は「赤青白黒、そして黄」。
五獣は「白虎・玄武・青龍・朱雀、そして麒麟」。
五感は「視覚・聴覚・嗅覚・味覚、そして触覚」。
五肢は「両腕両脚、そして頭肢」。
五適は「適温、適材、適量、適技、そして適心(インテリア)」。
正多面体は「正四面体、正六面体、正八面体、正十二面体、そして正二十面体」の5種類のみ。
五気は「寒・暑・燥・湿、そして風」。
五欲は「飲食欲・色欲・財欲・名誉欲、そして睡眠欲」。
脊椎動物は「哺乳類・鳥類・両生類・爬虫類(以上、陸生動物)、そして魚類(水生動物)」。
五大穀物は「小麦・大麦・モロコシ・トウモロコシ、そして米」。
五常(五徳)は「義・礼・智・信、そして仁」。
トランプは「ハート・クラブ・スペード・ダイヤ、そしてジョーカー」。
常任理事国は「アメリカ・イギリス・フランス・ロシア、そして中国」。
五大洋は「太平洋・大西洋・インド洋・南極海、そして北極海」。
ケッペンの気候区分は「熱帯・温帯・寒帯・亜寒帯、そして乾燥帯」。
夏季五輪での日本のお家芸は「柔道・レスリング・体操・競泳、そして陸上」。
五大栄養素は「蛋白質・脂質・炭水化物・無機質、そしてビタミン」。
生物の主要構成成分は「蛋白質・脂質・炭水化物・核酸、そして水(もしくは無機物)」。
和食は「一汁三菜、そしてごはん」(「一汁」は小指、「ごはん」は親指に其々相当)。
錬金術の考え方は「湿乾熱冷、そして中央」。
幕末の雄藩は「薩長土肥、そして福井藩」。
生命誕生(アミノ酸生成)の条件は「アンモニア・メタン・水素・水、そして電気ショック(エネルギー)」。
恒星内元素合成で出来る元素は、「水素・ヘリウム・炭素・酸素、そして珪素」。
生態系の環境要因の内の非生物的環境は「土壌(地)・水・光(火)・空気(風)、そして温度(空)」。
地球の大気の鉛直構造は「対流圏・成層圏・中間圏・熱圏、そして外気圏」。
電波以外の電磁波は「赤外線・可視光線・紫外線・X線、そしてγ線」。
2016年に出来た全固体電池の固体電解質は「シリコン・リン・硫黄・塩素(ここまでは周期表の横並び)、そしてリチウム」。
(ABO式)血液型の表現型は「A型・B型・O型・AB型、そしてボンベイ型」。
再生可能エネルギーは「地(地熱・地中熱)水(水力・潮力・波力・海流)火(太陽)風(風力)、そして空(バイオマス、バイオ燃料)」。
米軍は「陸軍・海軍・空軍・海兵隊、そして宇宙軍」。
戦場は「陸・海・空・宇宙、そしてサイバー空間」。
次元は「直線・平面・空間・時間、そしてカラビヤウ多様体」。
核酸塩基は「アデニン・グアニン・シトシン・チミン、そしてウラシル」(ウラシルはいわば「土台」)。
物質の状態は「固体・液体・気体・プラズマ、そしてダストプラズマ」。
麺の種類は「うどん、素麺、中華麺、ロングパスタ(以上、小麦粉)、そして蕎麦(蕎麦粉)」。
「武術の五輪」も「料理の区分」も「日本、中国、西洋(欧州+露国)、民族(亜州+阿州)、そして新大陸(新世界。米州+大洋州)」。
孫文の理想である「五族共和」の五族は「満州族・モンゴル族・ウイグル族・チベット族、そして漢民族」。
中国の国旗(五星紅旗)の星は「労働者、農民、知識人、愛国的資産家」から成り、一番大きい星は「中国共産党」を表わしている。
五大紙における日経新聞。
正四角錐(ピラミッド型)の頭頂点。
五指の内の親指。
地球と月の直径の比率は「4:1」。
銅が燃焼する時の「銅の質量:銅と結合する酸素の質量」も「4:1」。
大気の成分も「窒素が78%で、酸素が21%」(3.9:1.05≒4:1)。
建材としても使われてきた岩石は5種類。花崗岩、粘板岩、石灰岩、砂岩、大理石。
●「世界五大以降の一覧」ウィキ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%BA%94%E5%A4%A7%E4%BB%A5%E9%99%8D%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7
「日本五大一覧」ウィキ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%94%E5%A4%A7%E4%B8%80%E8%A6%A7
●基本味(五味)は「甘味・酸味・塩味・苦味、そして旨味」。
旨味物質は「アミノ酸系(@グルタミン酸Aアスパラギン酸)」「核酸系(Bイノシン酸Cグアニル酸)」、そして「有機酸系(➄コハク酸)」。
@は「昆布・野菜類・発酵食品」に、
Aは「アスパラガス」に、
Bは「鰹節・煮干し・魚・肉類」に、
Cは「干し椎茸等、干したキノコ類」に、
➄は「貝類」に、
其々多く含まれる。
●「「イノシシ科(豚)キジ科(鶏・七面鳥)ウシ科(牛・羊・山羊)カモ科(鴨・鵞鳥)」の陸生動物に次ぐ「世界第5の食肉」は「魚(水生動物)」
(USDAとOECDのデータに基づく「世界の食肉消費量ベスト9」より)。
●「五臓六腑」と俗に言うが、実は「五臓五腑」で、以下の様になるのではないか。これなら同じ番号同士性質が見事に対応する。

「五臓」は「@腎臓A肝臓B膵臓C脾臓、そして➄心臓」。
「五腑」は「@肺(対になっている)A腸(大腸・小腸。重要)B胆(胆嚢。分泌を司る)C胃(切除しても構わない)、
そして➄脳(大脳・脳幹。最も重要)」。
●五大人種は「コーカソイド(白色。「コーカシア」)、ネグロイド(黒色。「エチオピカ」)、モンゴロイド(黄色。「モンゴリカ」)、
オーストラロイド(茶褐色。「マライカ」)、そしてアメリンド(赤色。「アメリカナ」。ネイティブアメリカン)」。
●古代五大文明は「メソポタミア文明(イラク)・エジプト文明・インダス文明(インド)・中国文明、そしてメソアメリカ文明(メキシコ)」
(※アンデス文明は文字を持たず、穀物を主要食糧基盤にもしていない)。
●古代ギリシャのユークリッドは「サイコロは5つの形しか取り得ない」事を証明した。
プラトンはそれを四元素に因んで「4面体は火、6面体は土、8面体は気、20面体は水、そして12面体は宇宙(空)」と考えた。
●どうも歴史は「77年(数え年なら78年)周期説」と「23年周期説」に行き着く様な気がする。
https://ameblo.jp/minorudaburu/entry-12370621538.html
77:23は「ユダヤの法則」(78:22)を彷彿させる。
https://matome.naver.jp/odai/2135053716618549801
「太陽活動周期は約22年(数え年なら23年)の磁場の周期」(1908年、ジョージ・ヘールの発表。今は11年周期という表現
が一般的)。
●空海が唐留学の2年間で修得した古代インドの学問「五明」は「声明(言語学)・因明(論理学)・医方明(医学・薬学・呪術)
・工巧明(工芸・技術・数学・天文学)、そして内明(仏教)」。
●「遺伝子を基にした系統樹」によると、生物全体は「動物界・植物界・菌界・原生生物界(以上4つは「真核生物」)、そして
モネラ界(原核生物。真正細菌(バクテリア)と古細菌(アーキア))」の5つに分類出来る。これを「五界説」という。
地球上の生物は全て「共通祖先」(原始生命体)から生まれた。中でも原核生物が大半を占める。
因みにウイルスやリケッチア(ウイロイド)等は「遺伝物質を持った非生物」という「生物と無生物の中間的存在」で、
生物共通の特徴の一部しか持っていない。
●@「アブラハムの宗教」であるキリスト教とイスラム教。A「インド宗教」であるヒンズー教と仏教。
これらに次ぐ「世界第5の宗教」はB「東アジアの宗教」である「中国民間宗教(道教・儒教等)」
(他に、@にはユダヤ教やバハーイ教、Aにはシーク教やジャイナ教、Bには神道や宋明理学がある)。
●「ビッグファイブ(過去5度の大量絶滅)」は「オルドビス紀末、デボン紀末、ペルム紀末、三畳紀末、そして白亜紀末」。
白亜紀末は恐竜絶滅として有名で、隕石落下(小惑星の衝突)によるもの。
●生物には「共通性」という、以下の5つの共通の特徴がある。
@細胞から出来ている
ADNAを持っている
Bエネルギーを利用する
C自分と同じ構造を持つ個体を作る
➄体内や細胞内の状態を一定に保つ
●森林には階層構造があり、上から、高木層・亜高木層・低木層・草本層・地表層。
●世界主食作物生産高ランキングは、
@トウモロコシ(823百万キロ)
A小麦(690百万)
B米(685百万)
Cジャガイモ(314百万)
➄キャッサバ(233百万)(主にインド)
主食の殆ど大部分は「穀物(@AB)と芋類(C➄)」で占められる。
●「世界時価総額ランキング」の上位4社は不動。
アップル、アマゾン、グーグル(アルファベット)、マイクロソフト。
これらベスト4はその影響力の凄まじさから「フォー・ホースメン(ヨハネの黙示録の四騎士)」とも呼ばれる。
差し詰め「GAMA」といった所か。
5位のフェイスブックは流動的。最近問題も多いし、6位以下も迫ってきているからその内また抜かれるだろう。
●南極を除く大陸は「アフリカ大陸、オーストラリア大陸、北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、そしてユーラシア大陸」
(この五大陸は2億5千万年後に「アメイジア大陸」という1つの超大陸に集約される事が判明している)。
樺太を含む日本列島は「九州、四国、北海道、樺太、そして本州」。
●「人間は脳の10%しか使っていない」と言ったのも、「日本列島は世界の雛形・縮図」と言ったのも、どちらもアインシュタインだ。
世界の大陸と日本列島は見事に対応するのである。
ユーラシア大陸が本州、
オーストラリア大陸が四国、
アフリカ大陸が九州、
北アメリカ大陸が北海道、
そして南アメリカ大陸が樺太(南樺太は今どこのものでもないしなw)。
●特に本州は、
下北半島がカムチャッカ半島、
牡鹿半島が朝鮮半島、
房総半島がインドシナ半島、
能登半島がスカンジナビア半島、
そして伊豆半島がインド半島(伊豆半島はフィリピン海プレート、インド半島はインドプレート)。
●「日本最大の半島」紀伊半島と「世界最大の半島」アラビア半島、
「日本最高の山」富士山と「世界最高の山」エベレスト、
「日本最大の湖」琵琶湖と「世界最大の湖」カスピ海、
伊勢湾とペルシャ湾、
瀬戸内海と地中海
の其々の位置関係も全く同じだ。
●世界は「民主主義指数」を基にすれば僅か2本の線引きで二極化出来る。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E4%B8%BB%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E6%8C%87%E6%95%B0
https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%91/data=!4m2!3m1!1s0x46ed8886cfadda85:0x72ef99e6b3fcf079?sa=X&ved=2ahUKEwiuodSI397aAhUClpQKHfqpCscQ8gEwD3oFCAAQ3AE
東側(独裁(権威)主義国家群)=「北アジア(ロシア)・東アジア・中央アジア・西アジア(中東)、そして阿州(アフリカ)」。
西側(民主主義国家群)=「南アジア・東南アジア・豪州・米州(北米+南米)、そして欧州」。
●樺太を含めれば日本は「糸魚川静岡構造線」で東西に綺麗に分断出来る。
東日本ー甲信越・関東・東北・北海道、そして樺太。
西日本ー中部(北陸&東海)・関西・中国・四国、そして九州。
●「大陸のプレート」は、
○ユーラシアプレート・インドプレート・アラビアプレート・アフリカプレート(「アフロ・ユーラシア大陸」。四大文明)、
そして北極(大陸ではない)。
○北アメリカプレート・南アメリカプレート・カリブプレート・オーストラリアプレート(「新大陸(新世界)」)、
そして南極プレート。
●太陽系は、 
@「太陽系唯一の恒星」 太陽
A「内太陽系(地球型惑星)」水星・金星・地球・火星
B「外太陽系(木星型惑星)」木星・土星・天王星・海王星
C「未発見」第9惑星
※AとB、BとCの間にはどちらも「小惑星帯」がある。密教の曼荼羅が表わすものも「大日如来を中心とした9」。
●五法は「煮る(水)焼く(火)蒸す(風)揚げる(空)、そして切る(地)」。
残りの調理法は、
「固体で加熱する(炒める、石焼き、鉄板焼き、焙煎)」か「プラズマで加熱する(焼く、炙る、直火焼き、炭火焼き)」、
「電子レンジやオーブンで温める」、
「真空調理法」、
「凍結含浸法(クックチル)(冷凍、冷やす、凍らせる)」、
そして、「潰す(磨り潰す、挽く、摩り下ろす、叩く、割る、砕く、攪拌)」。
●「第5のジュエリー用貴金属合金」は「イリジウム」。
金・銀・白金(プラチナ)・パラジウムと同じく「イオン化傾向の小さい金属」で、地表には殆ど存在しない「隕石に含まれる物質」。
「常温の空気中でも酸化されない金属」は「これら5つに水銀を加えた6つだけ」。
しかし水銀には毒があるので「貴金属」にはなり得ない。
●ゲノム解析で「ヨーロッパ」の詳しい分布を調べると、「イタリア人」「イベリア半島」「イギリス」「北ヨーロッパ」「フィンランド」
の5つのグループに分類出来る。
同様に「東アジア」も、「東南アジア」「漢民族」「韓国」「本土日本」「沖縄」の5つに分類出来る。
●心理学で重要視する「人間の性格を構成する5つの要素」(通称「ビッグファイブ」)は以下の通り。
「@開放性(遊戯性ー現実性)A勤勉性(統制性ー自然性)B外向性(外向性ー内向性)C調和性(愛着性ー分離性)、
そして➄情緒不安定性(情動性ー非情動性)」。これを「5因子モデル」という。
●素粒子の5種類は「@クォーク(6種類)Aレプトン(電子やニュートリノ3種等、6種類)
Bゲージ粒子(ゲージボソン。5種類+グラビトン)Cスカラー粒子(ヒッグス粒子)、そして➄ダークマター(反粒子?ゴースト場?)」。
※超対称性粒子の中の電気的に中性なものが「宇宙の暗黒物質の最有力候補」。
案外、ヒッグス粒子とダークマターも「6種類ずつ」なのかも知れない。
●ゲージ粒子の種類は「Ⓐグラビトン(重力子。基本相互作用(自然界の4つの力)の内の「重力」を伝える粒子)
Ⓑフォトン(光子。「電磁気力」)Ⓒグルーオン(「強い核力」)Ⓓウィークボソン(W粒子(2種)とZ粒子。「弱い核力」)、
そしてⒺアクシオン(カメレオン粒子。「ダークエネルギー」)。

●「免疫」は、「白血球(免疫細胞)」(@B細胞AT細胞B樹状細胞C食細胞)、そして「➄バリア(皮膚、粘膜)」。
「白血球」は骨髄にある造血幹細胞で作られる。
●BC➄を「自然免疫」、@Aを「適応免疫(獲得免疫)」と呼ぶ。
自然免疫は「反応は早いが弱い」、適応免疫は「反応は遅いが強い」。
@Aを「リンパ球」と呼ぶ。適応免疫は脊椎動物だけが持っている。
●➄は「第1の防衛ライン」で、「病原体の侵入を防ぐ」。
Cは「第2の防衛ライン」で、「病原体を食べて排除する」。
@Aは「第3の防衛ライン」で、「特定の病原体を排除する」。
●Cの食細胞は「病原体を食べる」(食細胞には「マクロファージ、好中球」の2種類がある)。
Bの樹状細胞は「自然免疫と適応免疫の橋渡しをする」。
AのT細胞(細胞性免疫)は「感染細胞を殺す」(T細胞には「キラーT細胞、ヘルパーT細胞、制御性T細胞」の3種類がある。
T細胞は若い内に胸腺で作られる)。
@のB細胞(体液性免疫)は「抗体を作る」。

●世界を形作る「五大元素」は、仏教では「五大」(地水火風空。密教の「五輪」も同じ)。
これは仏教では「人体の五体(頭・両手・両足)」の事でもある。
道教では「五行思想」(金水火木土)。
陰陽道では、これら五元素(五行)が互いに生みあい消しあう(相生・相克)事で万物が生じるとされている。
●ヨーロッパでは「五大元素」は「土・水・火・空気・エーテル」。「エーテル」はアリストテレスが導入した「天体を構成する元素」。
西洋儀式魔術では、以下の様な図形を用いて「五大元素(四大元素と霊)」のアストラル・ヴィジョン(幻視)を獲得する技法がある
(五輪と起源は同じ)。
「地」=「プリトヴィー」(黄色の四角形)
「水」=「アパス」(銀色や白色の、上が懸けた三日月形)
「火」=「テジャス」(赤色の三角形)
「風」=「ヴァーユ」(青色の円形)
「空」=「アーカーシャ」(黒色や藍色の、楕円形や卵形)
●「五大」は古代インド思想であり、後に仏教の思想体系に取り込まれた。
ヴァーストゥ・シャーストラの思想では、サンスクリット語で、
地は「ブーミ」、水は「シャラ」、火は「アグニ」、風は「ヴァーユ」、空は「アーカーシャ」。
●森林には階層構造があり、上から、高木層・亜高木層・低木層・草本層・地表層。
●「集団球技プラスワン」で考えると、
Ⓐ「北米5大プロスポーツリーグ」は、 @アイスホッケーAバスケットボールBアメフトC野球Dそしてゴルフ。
Ⓑ「ヨーロッパ等世界的に人気の球技」は、 @サッカーAバレーボールBラグビーCクリケットDそしてテニス。
オリンピックのモットーに準えれば、 @は「より速く」、Aは「より高く」、Bは「より強く」となり、
Cは総合的な技術力が求められるという様に、両者は構成がとてもよく似通っている。
但し起源については、野球とゴルフは「イングランド」、バレーボールは「アメリカ」、テニスは「エジプト」である(アイスホッケーの発祥は欧州)。
●「対称性」は、回転対称性、並進対称性、ローレンツ対称性、ゲージ対称性(非可換ゲージ対称性も)、そしてカイラル対称性。
●2007年12月、c-Mycを除くOct3/4・Sox2・Klf4の3因子だけでもマウス・ヒト共にiPS細胞の樹立が可能である事が
山中教授らによって示され、iPS細胞が癌化するのを抑えるのに成功した。
しかし作出効率が極めて低下するとの問題があり、効率を改善する手法の開発が進められている。
2011年6月9日、Oct3/4・Sox2・Klf4の3因子にGlis1という遺伝子を加える事で、c-Mycを加えた時と同様の作製効率となる上に
癌化する様な不完全なiPS細胞の増殖も防げるという研究が山中らによって発表されている。
●これも最終的な完成は、「Oct3/4・Sox2・Klf4・○、そして○」の型にはまるものと思われる。
また、iPS細胞のストックには「4つの型」があるらしいが、これも最終的には「もう1つ特異な例が見つかる」だろう。
●素粒子の方程式「標準理論」も、「美しい対称性」だけに拘ると「質量0」という世界になって「自発的対称性の破れ」で崩壊してしまう。
そこで、全く違う要素、「ヒッグス粒子(ヒッグス場)」という「素粒子の動きを阻害して質量を与えるもの」が必要になってくるのだ。
会社でも「優秀な人材ばかりでは会社は回らない。さぼる人間も22%必要」という事が科学的に証明されている。
「バッハ」も「徒然草」も美しい対称性を敢えて崩して未完成な部分を残した。
「未完成な部分があるからこそ物事は成長の余地がある」というのである。
●「完璧な作品は縁起が悪いから、ちょっとしたミスを残すのはわざとだよ。例えば日光東照宮の陽明門。
魔除けの為、柱を1本わざと逆柱にしているのは有名な話」なんだそうだ。

●この「4:1の法則」は経済用語で「パレートの法則(80:20の法則)」という名称で既に発見されているんだそうだ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87
「陰陽五行説」「ユダヤの法則」「パレートの法則」等、「4:1」が表わすものは、「拇指対向性」なのである。
「4本の指に向い合わせの親指」。このおかげで「霊長類は物が掴める様になった」。
「掌握する」「指図する」。中国で「手、指」は「天下」を表わす。
そういえば「孫悟空が暴れた時空」も、結局は「釈迦の掌の上」であったw

「陰陽五行」、即ち「両手」。この世は「4:1」で成り立っているのである。




[掲示板へ戻る] [最新50]
処理 記事No パスワード

お名前
E-mail
コメント
URL
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色