[23] fun◇YtKXN/LQ - 2019/07/02(Tue) 07:03 ID:  [No.109685]
「GLOBAL Jr. LEAGUE 2019」
6月29日(土)島田市総合スポーツセンターサブアリーナ

遅くなりましたが試合後のコメントです。

◆第2試合 GLOBAL Jr. LEAGUE 2019公式戦 30分1本勝負
タダスケ vs 宮脇純太

 【試合後のタダスケ】

――宮脇に腕を痛めつけられたが?

▼タダスケ  おい! そんな腕痛めつけられたように見え…痛! こ、これは痛がってるフリや。俺の心まで…YO! ワーレー!!

――初戦白星となったが?

▼タダスケ  あと4戦、全勝して、某団体の某リーグ戦への戦に出ていた某選手のように全勝1位通過しちゃうからYO!ワーレー!!

 
◆第4試合 タッグマッチ 30分1本勝負
小川良成&鈴木鼓太郎vs原田大輔&Y O-HEY

【試合後の小川&鼓太郎】

――なぜあそこまで執ようにひざを攻めた?

▼小川  リーグ戦があるからです!

――“スティンガーvsRATEL'S"というよりは個人闘争として?

▼小川  まぁ両方だね。

――もう一本のベルト(IPWジュニア)を手にしている意味は?

▼小川  そこにあったからだよ(笑)

▼鼓太郎  ベルトも小川さんの肩にかかってるほうが良いって。

▼小川  あ、返しといて(※記者にベルトを渡す) あとはウチのおしゃべり担当の鈴木クンに任せます。

――連覇がかかったリーグ戦となるが?

▼鼓太郎  俺のリーグ戦はまだ始まってないのは、何かの差し金かな。後半に立て込んでるみたいだけど…。俺のブロックには誰がいるんだよ? 出てこないの? 分かってないじゃん記者が。

――HAYATA選手…

▼鼓太郎  楽勝でしょ。あとクリスか

――小川とは別ブロックとなるが?

▼鼓太郎  …ということは、でしょ。丸藤さんともやりたいけど、小川さんともやりたい。この二人は外せないな。シングル希望する選手としてはね。

――タイトルマッチアレルギーを公言しているが、優勝したらタイトルには…

▼鼓太郎  だってチャンピオンが出てる中で優勝したら、俺のほうが強いってことでしょ? 挑戦する必要ないじゃん。俺より弱い人間がGHCジュニアを巻いてればいいんじゃない? そっちのほうが満足だね。

――それよりも小川との決勝実現?

▼鼓太郎  させたい。やる気に満ちあふれてる小川さんと。で、Bブロックは誰がいるんだ!?

――大原選手がいる

▼鼓太郎  俺から逃げたヤツだろ。公式戦で唯一俺から勝ってるのに挑戦して来なかった。RATEL'Sのせいにしてあいつは逃げたんだ。そんなヤツは相手にしないよ。俺のBブロックは誰がいるんだ!? 勉強しとけ!!

 
◆第5試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
杉浦貴&KAZMA SAKAMOTO&大原はじめ vs 拳王&マサ北宮&稲村愛輝

【試合後の拳王ら金剛】

▼拳王  クソ…杉浦貴! 杉浦軍!! やってやろうじゃねえかよ! おい!! テメーはな“会社の犬"でもいいかもしんねーな。あれだけ実績があれば、いくらでもチャンス、転がり込むだろ? 俺たちは違うんだよ! 俺たちはお前ほどの実績もない。だけどな、ノアを変えようとする気持ちは、このノアのなかで一番でけえ軍団なんだよ! 俺たち金剛が必ず! プロレスリング・ノアを変えてやるんだよ! おい杉浦貴! いや! 会社の犬の杉浦貴! おういいぞ!? これから金剛が杉浦軍、修羅の道まで連れてってやるからな! これから俺たち金剛と杉浦軍、抗争だ! とことんやってやるぞ! そして、とことんノアを輝かしてやるからなあ」

▼北宮  帰るぞ!

▼稲村  はい!!

【試合後の杉浦&KAZMA&大原】

▼杉浦  おい金剛ってチーム組んで、あいつら何か残してるか?

 ――これといった実績は残していない
▼杉浦  残してないよな? 口だけだ。でも俺たち杉浦軍。大原は変わろうとしてリーグ戦優勝しようとしてるし、俺たちはタッグリーグ優勝して一度はベルトも巻いた。結果出てるよな? その差だよ。口だけと、実力の。

――反体制をうたう理由は理解できる?

▼杉浦  それが伝わってこないから言ってんだよな。何も言えねえよな? リーグ戦も制覇してなければベルトも巻いてねえし。伝わらないんだよ。

――拳王は『とことんやってやる』とのことだが?

▼杉浦  望むところだよ。俺らもベルト失ったし、相手してやるよ。

――やるからには解散に追い込むつもりで?

▼杉浦  負けたら、俺たちの犬になってもらう。牙を抜いて、去勢して、飼い犬だ。杉浦軍の飼い犬だ。

――KAZMA選手は?

▼KAZMA  スギさんはこう言ってるけど、個人的にはすっげー楽しみなんだよね。金剛…まだやりたいことが定まってないのかもしれないけど、リング上で闘うとやっぱり面白い相手ではあるよね。基本なんでも面白がっちゃうから、自分。やりがいはあるんじゃないですか? ま、牙抜いて、去勢して、俺たちの犬になる。それもまた面白い。とことんやろうよ。

――大原選手は?

▼大原  僕も会社の犬の一人なんでね。リーグ戦は当たり前に盛り上げるとして…7月下旬のノアのビッグマッチ。カルッツかわさき。俺が必ず去年以上の大会を創り上げようと思ってるし、杉浦軍がその中心にいるように、リング外も含めて俺が引っ張ってくよ。それくらいの気持ちでやります。

 
◆第6試合 GLOBAL Jr. LEAGUE 2019    Bブロック公式戦 30分1本勝負
Hi69 vs クリス・リッジウェイ

【試合後のリッジウェイ】

――試合を振り返って?

▼リッジウェイ  トップを目指していくだけさ。つまりジュニアリーグを優勝する。

――次はHAYATAだが?

▼リッジウェイ  いろんな映像をみて研究してるし、タフな相手だとは思うけど問題ないよ。

 ――決勝で当たりたい相手は?

▼リッジウェイ  まずは強敵ぞろいのブロックを突破することが先決だけど、やっぱりチャンピオンとやりたいね。(GHCジュニア王者の)ミノル・タナカか(IPWジュニア王者の)ハラダ。ハラダには自分の国で負けてるし、あのベルトをいつか持ち帰りたいと思ってるから。まぁどっちが来ても俺が勝つよ。

 
◆第7試合 10人タッグマッチ 60分1本勝負
清宮海斗&谷口周平&丸藤正道&齋藤彰俊&井上雅央 vs 中嶋勝彦&潮崎豪&モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム&田中稔

【試合後の中嶋&潮崎】

▼中嶋  まぁ早速ね、タッグベルトが戻ってきて最初の試合。飾れて良かったよ。それだけ俺たちAXIZに勢いがあるって証明できたんじゃないかな。

▼潮崎  谷口と清宮に勢いはないだろ? 最初に一発向こうが来てくれるくらいじゃないと、こちらとしてもやりがい無いよ。もっともっと、むつ大会までには脅かすくらいまで来て欲しいっすね。

――二冠というテーマの争いとなるが、まずはタッグ防衛に集中する?

▼中嶋  そうだね。先にあるからね。

――谷口がかなり突っかかって来たが?

▼潮崎  俺が“おっ"と思った谷口っていうのは今日は出てないし、感じてないですよ。全開で来てもらわないと。

▼中嶋  そもそもあっちにタッグチームの名前はあるの? 清宮と谷口に。ないんだ。チームに対する愛がないねえ、向こうは。

――名前が決まっていないチームはすべてチーム愛がない、ということになるが…

▼中嶋  そうやってすぐ揚げ足取る。性格悪いな! まぁ見ての通り、AXIZには愛があるだろ? なぁ?

――……

▼中嶋  もしかしてお前、愛が何なのかわからないタイプ?(笑) 俺たちの試合で“愛"を感じてくれ。見てるお前たちもAXIZの愛を感じてるか? もしかして足りないのか? 足りないなら、俺たちがどんどん感じさせてやるからな。楽しみにしとけ。

▼潮崎  愛だよ、愛!