[96] fun◇fLongoRY - 2018/07/02(Mon) 08:38 ID:  [No.108688]
「RATEL'S プロデュース興行」
6月30日(土)東京・新木場1stRING

遅くなりましたが試合後のコメントです。

◆第1試合 シングルマッチ 20分1本勝負
タダスケ vs KAZMA SAKAMOTO

【試合後のKAZMA】
ーー「自分が死ぬまでにシングルマッチでやりたいリストに入っていた」というタダスケから指名されての一騎打ちだったが?

▼KAZMA 光栄ですね。でもこれは試合なんで。光栄ですけど、勝ったのはKAZMA SAKAMOTOです。

ーータダスケはインサイドワークに重きを置いて試合をしたいと言っていたが?

▼KAZMA 自分のほうが一歩も二歩も上をいっちゃいました。

ーー自身はノアで4人そろって軍団化しているが?

▼KAZMA そうですね。長井、マイバッハ、コーディと俺。その4人でどうなっていくかなんて、分からないよね。どんな効果を生むかなんて分からない。なるようになると思っております。



◆第3試合 シングルマッチ 30分1本勝負
潮崎豪 vs 男盛

【試合後の潮崎】
ーーRATEL'S興行でとんでも相手と当てられたが…

▼潮崎 もぉ〜! とんでもないよ〜もぉ〜! 誰だよRATEL'S。RATEL'S呼んでこいって(笑) もぉ〜〜…。(※手を広げながら)見てよ、これ。さっき毛がついてたんだよ、毛が! なんの毛だよ…

ーーディファカップでの男色ディーノとの絡みを高評価されての今日だったようだが…?

▼潮崎 評価されてって…(笑) 高評価をいただけたのであればうれしいですけど…!

ーーいろんな技の直撃を食らってきたと思うが…

▼潮崎 直撃も直撃だよ! まぁでも…これでまた一つ、自分のプロレスの中に強烈な、忘れがたい、苦い、悲しい、そして悔しい思い出ができました。タイトルマッチが決まって一発目でしたけど…ハイ。

ーーある意味これでGHCヘビーに向けて…

▼潮崎 うん、これで怖いもの無くなったよ! そう前向きにとらえるしかないですね。普段対戦できない選手とやれた…ってことで良かったっす。WWEの裏で俺はいったい……



◆第4試合 タッグマッチ 30分1本勝負
HAYATA&吉岡世紀 vs YO−HEY&黒潮“イケメン”二郎

【試合後のYO-HEY&イケメン】
▼イケメン いやーいいキック入った〜!

▼YO-HEY 誰にやられたん?

▼イケメン 気づいたらキック入ってて、誰だったんだ。吉岡か。児玉か。

▼YO-HEY 土肥孝司もおったな!

▼イケメン TAJIRIいた! AKIRAいた!

▼YO-HEY お前の親父もおった! その中の誰かや。まぁなんやかんや俺ら初のタッグで、認めたないけど負けたワケやん。俺らのこの最強イケメンタッグ。これを打ち破れるヤツらは、世界に72億人しかおらへん。(※世界総人口は推計75億人)

▼イケメン Tその75億人分の2がこの江東区新木場にそろったってことは奇跡…

▼YO-HEY そうや…なんかウチらじゃラチあかんから質問コーナーにしましょうか。

ーー何か合体技の練習をしていたようだが?

▼YO-HEY これホント、年齢は違う二人ですけど、僕が生まれて、イケメンが生まれて、この世界にそろってからずっと!練習してきたんですよ。ウソだと思ってるでしょ!?

▼イケメン 一度セッ〇スしたことありますから!

▼YO-HEY ほ、ほんまや…セッ〇スしたぞ!!

▼イケメン 逆に負けて良かったですよ。次勝ったら盛り上がるでしょ? 勝ちたかったあ!

▼YO-HEY よしゃ、帰って二度目のセッ〇スしよか。

▼イケメン フィニーッシュ!



◆第5試合 タッグマッチ30分1本勝負
Hi69&進祐哉 vs 大原はじめ&熊野準

【試合後のHi69&進】
ーーノアに初参戦してみて?

▼進 自分はフリーダムスという団体なんですけど、なかなか自分の理想のジュニアの戦いができてないんでね。今日ノアさんのリングに上がれて、凄いよりジュニアな試合ができるんじゃないかと思いましたね。また出させていただけたら、絶対に爪痕残す自信があるんで。

ーー初参戦でHi69とのスケコマッシーズが復活したが?

▼進 自分とHi69さんが組むならそうなるでしょうと。

▼Hi69 今日、RATEL'Sのプロデュース興行ってことでお祭りだった部分もあるんでね。ただ、俺も進もこれを点で終わらせないように。何かしら今日が意味のあったことにしたいと思いますよ。

ーージュニアタッグリーグ戦に向けて背面砕者達を破ったが?

▼Hi69 彼らも参加したジュニアタッグトーナメントを優勝してベルトを巻いてるワケですから。怖いモンはないです。全勝優勝して、堂々とまた二人でベルトを巻いていたいと思います。



◆第6試合 シングルマッチ 60分1本勝負
杉浦貴 vs 原田大輔

※原田はノーコメント