[111] 酒人 - 2015/12/12(Sat) 00:49 ID:UWXuZIe6  [No.105193]
遅くなりましたが続きを。

■第3試合 10人タッグマッチ
獣神サンダー・ライガー&筑前りょう太&グルクンマスク&シマ重野&ドラゴンJOKER  VS  怨霊&空牙&TARU&FUJITA&ヤス久保田

---------------
パンフレットのあった「龍の目」より

「国技館に鳴り響くライガーのテーマ曲に酔いしれたい。」
両国国技館にライガーのテーマ曲が鳴り響くだけで満足でしょう、ワハハ!それに食われないように日本全国各地で頑張っている選手が自分を発揮してくれれば、試合はおのずと面白くなる。あとJOKERはこれが最後の試合になるんだから、自分を見失わないで天プロを見せてほしいね。
---------------|
自分はTARU以外は初見。多分…
天龍のコメントの通り、パンフを見るまでもなくライガーの入場に期待してました。
TARUの入場ではいつものようにペットボトル振り回してリング近くの観客に水しぶきを浴びせかけてました。
昔、武藤全日に参戦してた頃は、見に行くと最前列に構えて必ずびしょ濡れになってるコアなファンがいたなぁ。
ただTARUを見るのは平井さんの事件以来、初めてなので、平井さん今はどうなっているのか気になります…(-。-;
少しでも回復してるといいのですが…

そんなこんな思いながら最後の入場はライガー!個人的に生ライガー初体験(^-^)
入場曲がかかった瞬間にうぉーっっ!!って歓声が上がる!さすがレジェンド。自分も歓声の一人ですがσ^_^;
国技館がこの日初めて一体化した瞬間かもしれない。

この試合の展開は初見の選手が多くて、細かくは覚えていない、10人タッグは目まぐるしくてなかなかねぇ。一番インパクトがあったのは怨霊。
自分は名前くらいしか知らなかったけどなかなかインパクトありました。
リングアナのコールでは体重0パウンド!知ってる人はお決まりですけど楽しいだろうなぁ。
試合の先鋒で登場した怨霊。
ロックアップ?だったかな、その瞬間にリングに白い煙が!
両国どよめきました!
どんな仕掛けがわからないが組んだり技を食らった瞬間、身体中から(小麦粉のような)煙が大量に!!
その後は10人タッグらしい試合。
なんか最後は試合後にエキサイトしたのかマスクを脱いでアピールしてました。聞き取れませんでしたw
あとのネットで見たところによるとドラゴンJOKERだったようです。天龍のコメントとネットの記事を合わせると、今後は素顔で戦うということなのかな。
ちなみに怨霊はネタレスラーのイメージしかなかったけど、なかなかいいレスラーだなと思いました。


■第4試合 6人タッグマッチ
ザ・グレート・カブキ&KAI&舞牙 VS グレート小鹿&葛西純&杉浦透
---------------|
パンフレットのあった「龍の目」より
「カブキ対小鹿の50年遺恨をW-1のKAIが食えるか!?」
メインテーマはカブキさんと子鹿さんと50年来の因縁になると思うんだけど、もうひとつ注目はKAI。快くオファーを受けてくれた彼には感謝してるんだけど、カブキさんとか小鹿さん以上に目立たないといけないだろうし、インディのカリスマでいやらしい葛西純を相手にどれだけ貫禄を見せてくれるか。
---------------|
パンフの細かいところは後から見ましたが、KAIは天龍に期待されてるなぁ。ジュニアの時は無骨で格下の時も諦めなくて格好良かったけど、ヘビー転向後は成績は悪くなさそうなのに人気はイマイチだねぇ。最近はリアル嫌われキャラっぽい感じだし。まぁ気は強いからこれからでしょう。ただW-1だと切磋琢磨できる相手がいないかな…(-。-;
ジュニアならいろいろ楽しみがありそうだけど。今は不毛な時期かもだけど頑張ってほしい。あと!DDT高木社長のプロデュースに期待してます!。

で、試合ですが、まずは入場シーン。
小鹿社長の軍艦マーチ聞けてよかったー!そしてカブキの入場で毒霧!!
リング上でヌンチャク!!正直これだけで十分満足。いいもの見せてもらいました!

天龍の期待とは違って、やっぱり、試合の中心はカブキ対小鹿の流れ。
カブキと小鹿の闘いで手助けやカットに入るとブーイング。これはもう二人を食うなんて無理でしょ!そもそもKAIは入場からカブキペイントだったし試合前から味方に食われてるようなもんだし。まぁレジェンドを立てたんでしょう。

終盤は入り乱れながら小鹿組が優勢、小鹿と葛西がラリアットの共演かと思いきや、カブキのカウンター毒霧!、舞牙はトラースキック!助けに入る杉浦にカブキが毒霧!
この辺は流石カブキ!魅せ方わかってるなぁ!
ここにKAIが加わって杉浦に3人同時のトラースキック!
最後はKAIのスプラッシュプランチャで勝利!
やっぱりカブキは役者、レジェンドだなぁ。
もちろん小鹿社長にも生涯現役で頑張ってほしい(^○^)

ちなみに友達はいい年齢のカブキ小鹿の闘いに楽しんでいましたが、この最高のタイミングでの毒霧に大興奮してました。


■第5試合 タッグマッチ
小川良成&ケンドー・カシン  VS NOSAWA論外&新井健一郎

---------------|
「紋奈代表(天龍娘)の推奨カード !クセ者vs試合巧者の結末は…」
天龍プロジェクト代表の推奨カードですよ(ニヤリ)小川良成とケンドーカシンが組んで欲しいってのは代表たっての希望で、そこに論外、アラケンという試合巧者がいる。性格的にひと癖もふた癖もある小川、カシンにどうプロレスの技で立ち向かっていくか。頑固親父を遊び人の息子がどう説き伏せるかっていうヤツですよ。
---------------|
まぁカシンは仲間割れするんだろうな〜。仲間割れしない試合の方が珍しいイメージがある。
試合は序盤から場外乱闘。らちがあかないと思ったのか、場内にいきなり「カウントイレブン!」
会場にちょっと笑いが起こる。そしておきまり的にカウント19で全員がリングに戻るσ^_^;
で、あれこれあってリング上はNOSAWA対カシン&小川に。小川がNOSAWAを羽交い締めにした瞬間、会場は同士討ちを想像して「あーーっ!」って声が湧く。
NOSAWAは直前で回避したもののカシンも予想を覆して同士討ちを直前で回避。カシンが自信満々にそんなことにはならないぞと小川に手を差し伸べた。と思ったらカシンは何故か意図的に小川に張り手を一閃!
結局、これで仲間割れ…まぁ既定路線か…
これを機にNOSAWA&新井組が優勢に。最後はNOSAWAが小川を丸め込んでピン。
と思ったら何故かカシンが助けに入って裏返して小川がNOSAWAからフォール。カシンは意気揚々と一人先にリングをあとにしました。

個人的には同じ曲者でも、一瞬の切れ味で試合を決める新日時代のカシンの方が好きだったなぁ…