[掲示板へ戻る]

2021 プロレスリング・ノア

[1] fun◆GOvMmkNg - 2020/12/08(Tue) 23:42 ID:  [No.110811]
「NEW SUNRISE 2021】
2021年01月04日(月)18:30〜
東京・後楽園ホール

「HIGHER GROUND 2021」
2021年01月10日(日)11:30〜
東京・後楽園ホール

2021年01月16日(土)17:30〜
横浜ラジアントホール

エディオンアリーナ大阪 第2競技場大会
2021年01月23日(土)13:00〜
大阪・エディオンアリーナ大阪第2競技場

2021年01月31日(日)11:30〜
東京・後楽園ホール

「ABEMA presents DESTINATION 2021 〜BACK TO BUDOKAN〜」
2021年02月12日(金)18:00〜
東京・日本武道館

2021年のノアのスレッドです。
良かったら活用して下さい。


[312] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/31(Sun) 15:41 ID:ENoXTBYM  [No.111629]
「LEC クリンぱっ! presents DEMOLITION STAGE 2021 in FUKUOKA」
10月30日(土) 福岡・福岡国際センター

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第3試合
拳王&征矢学vsキング・タニー&モハメド ヨネ

【拳王の話】「望月とGHCナショナル、タイトル決まったぞ。ひとつ面白いアイディアが浮かんだぞ。11月3日、DRAGONGATE(の後楽園大会で覇王と組んで)ツインゲートに挑戦するよな? そのベルトを巻いてGHCナショナル選手権……メチャクチャ面白いだろ? 俺がDRAGONGATEのベルトを巻いて、ノアのベルトを持ってるDRAGONGATEの望月成晃、お前に挑戦してやる。とりあえず11月3日、俺がベルトを獲って、テメーが持ってるノアのベルトを獲り返してやるからな」



第4試合
小川良成&吉岡世起&矢野安崇vsEita&YO-HEY&鈴木鼓太郎

【試合後のEita&鼓太郎&YO-HEY】
▼Eita「イエ〜〜イ!! 俺らの勝ちぃいいい! 小川! アイシングできたか? ほてってただろ? ちょうど良かったんじゃないか? お前おぼれてたよな? 大丈夫か? トシ行ってるから仕方なないよな(笑)」

▼YO-HEY「いやぁ、二人のアシストがなかったらマジで矢野に負けてましたわ〜(笑) ホントに感謝、ホントに感謝」

▼鼓太郎「(小川は)わざわざ博多に来てまでビショビショになってね。2リットルもね。良い画だったよ」

▼Eita「次の試合でマットが滑っても知らねえからな。全部小川のせいだからな。俺のせいじゃないからな。小川、俺がお前もいずれ5分以内に片付けてやるよ」



第5試合
杉浦貴&桜庭和志vs原田大輔&小峠篤司

【試合後の杉浦&桜庭】
――ジュニアの桃の青春タッグと対決したが?

▼杉浦「小峠がね、最初のほうで桜庭さんに果敢にグラウンドを仕掛けたりしてね。(※ナチュラルナインでの)出稽古のアレを試そう、っていうのが見えたから良かったね。前の小峠なら踏み込まずに寝技いかなかったかもしれないけど、あえて桜庭さんに行って」

▼桜庭「練習と本番は違うんでね。でも出す自信がついてきたんじゃないですか? それは良いと思います。ただ連係がうまいからって、二人での攻撃多すぎないっすか?(笑)」

――髪の毛も金髪に…

▼桜庭「これはただiPhoneを新しくしたんで記念で(笑) 最新のiPhoneにしたんで」

――杉浦選手はナショナル王座から陥落したが?

▼杉浦「結果は結果で受け止めて、また新しい目標に向かって。まだベルトもう一本(ZERO1世界ヘビー)あるしね」

――ダブルインパクトも決まったが?

▼杉浦「決めたねえ。やっぱり俺とサクだったら決まるんだよ。新弟子じゃ難しいから、あの技。新弟子・武藤じゃ」

▼桜庭「それはありますね(笑)」

――手応えは?

▼桜庭「コーナーから飛ぶなんて初かもしれない…」

▼杉浦「まぁプロレスにどっぷり浸かってくれて良かった」

▼桜庭「キレイでした? ジャンピングニーは?」

▼杉浦「ジャンピングニーも。最初はこの辺(腰のあたり)でしたからね(笑) いろいろ試して、いいんじゃないですか?」

▼桜庭「裸足なんで滑るから。やべーなと思いましたけど、良かったです」



第6試合 GHC Jr.ヘビー級選手権
HAYATAvsNOSAWA論外

【試合後の亜烈破&タダスケ】
▼タダスケ「ええか? よう聞いとけよ。改めて言ったる。あいつらペロス、STINGERの闘いに俺らも割って入ったるからな。この金剛ジュニアのリーサル・ウェポン、核弾頭、天上天下唯我独尊の亜烈破、亜烈破、亜烈破や! HAYATAのベルト一発で獲ったるからな。そこんとこヨロシク」

▼亜烈破「……(※無言で満足気に両手を広げる)」



セミファイナル
清宮海斗&マサ北宮&稲葉大樹vs武藤敬司&丸藤正道&望月成晃

【試合後の武藤&丸藤&望月】
▼武藤「シングルのベルト、丸ちゃん相手に落としてからさ、ちょっとこの辺(腰回り)が軽くなっちゃって。なんかN-1でさ、ちょっと頑張ろうかなって思ったんだけど、結果的には決勝にも上がれなくて。ただ、この軽い腰のまま年を越すっていうのはちょっと気分良くないからさ。たまたまあいつら…清宮も俺の方向いてくれてるし、突然表明しちゃったよ。まぁ断られれても良いと思ったんだけど…」

▼丸藤「すぐ来ましたね」

▼武藤「うん。だから丸ちゃん、ぜひベルトを一緒に獲りましょう。俺、自信はあるから」

▼丸藤「そうですよ。清宮にも負けないし、北宮にも負けてないし、ちょっと俺が頑張れば」

▼武藤「いやもう頑張んなくていいっすよ」

▼丸藤「じゃあ武藤さんにおまかせします!」

▼武藤「そうそう。最後のおいしいとこだけ持ってってよ。土台は俺が作って。そして何よりも嬉しいことに、望月選手がチャンピオンになってくれて。だから二人とも頼もしかったですよ」

――M's allianceとしてももう一本ベルトを?

▼武藤「そうっすね。シングルのベルトも前が丸ちゃんで、その前が俺だからね。シングルを獲ったもん同士が組むわけだからさ。普通に考えて負けるわけねえよな? どっちがチャンピオンか分かんねえよな。俺は『挑戦してやってもいいよ』って言ったんだよ。別に断られてもいいと思って。そしたら即決だもんね!」

▼望月「向こうがやりたいんですよ!」

▼丸藤「しかもあいつらなんでチャンピオンなのに今日ベルト巻いて来なかったの? 自覚がねえよ自覚が」

▼武藤「ウチのチャンピオン見てみろよ! しっかり腰に巻いて…」

▼望月「ありがとうございます!」

▼武藤「(ナショナルの)ベルトも喜んでるよ! あのベルト(タッグ)はあいつらが巻いてても喜んでないよ。俺たちが巻いたら喜ぶよ」

▼丸藤「LECさんの新商品でベルトもちゃんと磨いていきましょう! あいつらが持ってたら汚れちまうから」

▼武藤「獲ったらあいつらに磨かせようよ」

――武藤&丸藤組はどんなチームになりそう?

▼武藤「少なからず桜庭とは違うよ。あの野郎! 今日、ダブルインパクト成功させやがった。俺の時は失敗したくせにあの野郎……。桜庭とは違うすげーいいコンビネーションでいけますよ」

▼丸藤「俺がプロレスラーになる前から見てた人ですから。憧れてた人とそうやってタッグを組んで挑戦して、絶対にベルトは獲りますし、かっこいいタッグチャンピオンをぜひとも創り上げたいなと思います。なんで“ひとまず"獲りましょう!」

▼武藤「うん、このまま腰の軽いまま年越したくないよ!」



メインイベント GHCヘビー級選手権
中嶋勝彦vs田中将斗

【中嶋の話】「どう? リング上でも言った通り、もう時代は動いてんだよ。俺が創り出す、創っていくこの時代に乗り遅れるなよ。なあ? (軽くベルトを叩くと)この崇高なるGHCヘビーのベルトを持つこの俺…俺がノアだ」

【試合後の田中】
▼田中「(コメントスペースにしばらく倒れ込むと)いやあ、獲れなかったね。負けたな。完敗だよ。対戦成績がどうとか、そんなもん関係ない。今どっちが強いかって言えば、中嶋のほうが強い。まあでも、次やったらわからへんよって言うのは田中将斗やと思っとるから。俺はまだ進化の途中。またこのベルトにも挑戦できると思ってるから。まだ俺は発展途上やし、まだまだ伸びていくと思っとるし、丈夫な体、スピード、パワー、これからまだまだ経験上げていくから。今日は本当に完敗です。全てぶつけて勝てなかったというのは、やっぱそこは認めざるを得ない。彼のスタイルどうこうあるかもしれんけど、彼は強いよ。今度またチャレンジしていく立場になるけど、その時に彼がベルトを持っとるか持ってないかはわからんけど、次に当たる時は彼に対してのチャレンジャーかもしれへんけど、その時に俺が勝って、次は迎え撃つ状態にするよ。絶対する。なんかありますか?」

――過去の中嶋勝彦と何が違った?

▼田中「過去と比べて、覚えているっていうのは(N-1 VICTORY)公式戦ぐらいで。あとはもう数年前。この間、YouTubeか何かに上がってたけど、それも9年前でしょ? そういうものと比べて何が違うかっていうのは、その頃の記憶はあまりないけど、あの中で優勝して、公式戦に出ずに大阪に照準を絞ってきたあのスゲェ丸藤選手に勝ったんやから。上からものを言える立場ではないけど、意識の部分で彼がノアを守る、ベルトを守る、そういう気持ちが僕より上やったんじゃないですかね」



[313] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/04(Thu) 21:28 ID:  [No.111637]
DRAGON GATE
「THE GATE OF DESTINY 2021」
11月03日(水・祝) エディオンアリーナ大阪・第1競技場 
観衆:1,685人

遅くなりましたが参戦試合の結果です。

セミファイナル オープン・ザ・ツインゲート選手権試合

(王者組) 横須賀ススム&KING清水◯
14分00秒、エビ固め ※KINGプレス
(挑戦者組)拳王&覇王×
※王者組が3度目の防衛に成功


[314] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/04(Thu) 21:29 ID:  [No.111638]
「Go on to the DEMOLITION STAGE 2021」
11月03日(水) 神奈川・横浜ラジアントホール
観衆: 146人

遅くなりましたが試合結果です。

第1試合
<Special single secret1>
◯鈴木鼓太郎
13分11秒 片エビ固め ※SMFを切り返して
×日高郁人

第2試合
タッグマッチ
HAYATA&矢野安崇×
14分10秒 変型ストレッチ
タダスケ&亜烈破◯

第3試合
<Special single secret2>
◯杉浦貴
11分14秒 オリンピック予選スラム→体固め
×稲葉大樹

第4試合
<Special single secret3>
△原田大輔
30分00秒 時間切れ引き分け
△小峠篤司

第5試合
タッグマッチ
マサ北宮&岡田欣也×
13分22秒 ストゥーカスプラッシュ→片エビ固め
征矢学&仁王◯

セミファイナル
<Special single secret4>
◯中嶋勝彦
8分05秒 PK→片エビ固め
×吉岡世起

メインイベント
<Special single secret5>
◯清宮海斗
17分49秒 後方回転エビ固め
×丸藤正道



[315] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/04(Thu) 21:29 ID:  [No.111639]
連続投稿失礼します。

「Go on to the DEMOLITION STAGE 2021」
11月03日(水) 神奈川・横浜ラジアントホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第1試合
鈴木鼓太郎vs日高郁人

【試合後の鼓太郎】
▼鼓太郎「やっぱ強いね。ジュニアの重鎮だからね。今日はたまたま試合やったけど、同じチームだから心強いよね」

――PERROS DEL MAL DE JAPONとして見据えるものは?

▼鼓太郎「それは一つでしょう。リーダー(NOSAWA論外)が果たせなかったジュニアのベルト、こっちに持ってこないとね」

――小川とのシングルも一度流れている

▼鼓太郎「俺は組んでくれたらいつでもやるよ。今日かな?って思ってたけど。急いで中途半端な体調のままやりたくもないしね。やるんだったら、しっかり治して100\%の小川良成とやりたい。すぐ組んでくれとは思ったけど、本調子の小川良成とやってこそだから」



第2試合
HAYATA&矢野安崇vsタダスケ&亜烈破

【試合後のタダスケ&亜烈破】
▼タダスケ「リングで言うた通りや! 最後に言うとくぞ! 圧倒的、悪魔的に神がかってる男! その男の名は亜烈破、亜烈破、亜烈破や! よう覚えとけ」

▼亜烈破「……(※満足気に両手を広げる)」



第3試合
杉浦貴vs稲葉大樹

【稲葉の話】「キツいな…すごくキツいな…。ただ、すごいチャンスをもらってるよ。このチャンス、無駄にしたら後悔する。一生後悔するから絶対食いついていく。強敵だけど、全部強敵だけど、そこまで追いついてやる!」



第4試合
原田大輔vs小峠篤司

【試合後の小峠、原田】
――思わぬ形で久々の桃の青春対決が実現したが?

▼小峠「向こうの入場テーマ聞いた瞬間『マジか!』って思いましたけど、あいつとなら『これぞノアジュニア』って胸張れる試合ができると、すぐ思いましたね。そういう試合を見せられたんじゃないかなって思います」

※原田がやってくる

▼原田「ありがとうございました! いやぁキツい! 小峠さんキツいっす!」

▼小峠「いや、俺もキツいよ…」

▼原田「でも、俺たちが目指すノアジュニアはこういう闘いですから。反則とかそういう卑きょうな試合内容じゃない。しっかりとした闘いで俺たちはどんどん、これからのノアジュニアを創っていきたいです」

――二人で闘うことで、他の軍団とも闘っていた?

▼原田「そうですね。俺たちノアジュニアずっとやってきて、そういうものを見てきましたし、これからもノアジュニアのレベルを上げて、俺たちが“価値"を創っていきたいです。まだ大原さんもいますし、休んでますけど宮脇もいる。しっかり俺たち4人でこのノアジュニアの価値を高めて、他のチームに負けないものを創っていきます。俺たち4人の気持ちを込めてジュニアタッグも絶対獲りにいきます。それだけです!」

▼小峠「全部言ってくれましたね。軍団いっぱいありますけど、俺たちらしく、俺らしく気持ち込めて。絶対に気持ちはお客さんに伝わると思いますから」



セミファイナル
中嶋勝彦vs吉岡世起

【中嶋の話】「いやぁ〜シークレットってさ、刺激的だねえ。実に刺激的だ。そして吉岡…楽しみだね。ジュニアを盛り上げてくれよ」



メインイベント
清宮海斗vs丸藤正道

【試合後の清宮】
▼清宮「前哨戦でも全力で行きますよ! こうやって今、みんなが来てくれてるのもありがたいし、ホントに今、何が起こるか分からない。この今の時期、動いていかなきゃダメでしょう! 横浜では丸藤さんとの思い出もありますよ。横浜文体で2年前くらいかな、あの時メインではバトンを渡されたかのような感じだったけど、今はもう競い合う相手としてね、楽しんでいきますよ」

――丸藤との読み合いを制して、今まで積み上げてきたものが生きたような勝ち方でもあった

▼清宮「いろんなことを考えますけど、やっぱり今までやってきてる技…入り方やタイミング、決まり具合。そこを突き詰めていけばしっかり3つ入るんだっていうのを見せていきたいですよ」

――あらゆる点で進化と上向きさを実感できている?

▼清宮「実感ありますよ。上がっていきますよ」

――ベルトを見せつけたが?

▼清宮「あんなね、この間挑発をされて。そりゃ持っていきますよね。ここにあるんだ、俺がチャンピオンなんだ!って気持ちはありますから。でも、それでもまだ、このベルトを腰に巻くのはちょっと早いのかな…っていう気持ちもあって。そんな感じですね」

【丸藤の話】「入った? レフェリーが3つ叩いただけだろ。レフェリーが3つ叩いただけで俺は負けなのか! じゃあいいよ、タイトルマッチは俺が3つ叩かせてやるよ。言っとけ! 清宮もそうだ、中山(レフェリー)もそうだ。俺がワン・ツー・スリー叩かせてやっから。それとあいつ、ちゃんとベルト持ってんじゃねえかよ。この間どうしたんだ? 忘れただけか? まぁいいや持ってきたなら。あんな入場前に『丸藤さん、どうぞ次のタイトルマッチで持っていってください』みたいに見せつけやがって。今日はタイトルマッチじゃねえから持ってかなかったけど、まぁ見とけって。負けたけどな……余裕だよ!」



[316] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/06(Sat) 19:06 ID:  [No.111645]
DRAGON GATE
「THE GATE OF EVOLUTION 2021」
11月05日(金) 東京・後楽園ホール 
観衆:683人

遅くなりましたが参戦試合の結果です。

メインイベント GHCジュニアヘビー級タッグ選手権試合
(王者組) ◯NOSAWA論外&Eita
(17分51秒、ラ・マヒストラル)
(挑戦者組)箕浦康太&ジェイソン・リー×
※王者組が初防衛に成功


[317] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/06(Sat) 19:09 ID:  [No.111646]
連続投稿失礼します。

遅くなりましたが、5日東京・後楽園ホールにてDRAGON GATE『THE GATE OF EVOLUTION 2021』が開催され、Eita&NOSAWA論外がDRAGON GATEのリングでGHCジュニアヘビー級タッグ王座を防衛しました。

 バトルニュースの情報ですが、現在、DRAGON GATEとNOAHは選手の相互参戦が進んでいます。
 DRAGON GATEからは望月成晃が武藤敬司らの“M’s alliance”のメンバーとして定期参戦し、今年10月には杉浦貴からGHCナショナル王座を奪取するなど大活躍。そしてNOAHからも反体制ユニット“金剛”から拳王&覇王が参戦しツインゲート王座に挑戦するなど両団体の選手が互いに王座戦線の中核に食い込んでいる。

 そして、DRAGON GATEのヒールユニット“R・E・D”の首魁たるEitaもNOSAWA論外らの“PERROS DEL MAL DE JAPON”のメンバーとしてNOAHに定期参戦中。
 EitaはNOAHに参戦すると、その華やかな試合ぶりやNOAHでは久しく見なかった毒舌系侵略者ヒールとしての姿がファンに高く評価され、あっという間にジュニアヘビー級の中心選手に。10月10日にはその勢いのまま論外とともにGHCジュニアタッグ王座を戴冠し、ベルトを持ってホームの後楽園ホール大会に凱旋。DRAGON GATEのリングでNOAHの王座戦が行われるという事態となった。

 Eita&論外は、日高郁人&鈴木鼓太郎&YO-HEYをセコンドに引き連れて登場し、ペロスのフルメンバーが揃い踏み。
 そして、今回GHCジュニアタッグ王座に挑戦した“MASQUERADE”の箕浦康太&ジェイソン・リーは試合が始まるなり論外に狙いを定め、巧みなタッグワークでタッチを回しながら論外を約10分もの間ひたすらに攻撃。そのさなかには論外が箕浦の顎先を右ストレートでぶん殴り、激怒するNOAHの中山真一レフェリーに対して「NOAHだったらガチだろオイ!」と暴論を吐く場面もあった。
 論外がなんとか自力で生還すると、Eitaは約2分で箕浦&ジェイソンを1人で圧倒し、再びボロボロの論外にタッチ。

 ジェイソンは箕浦とともに合体DDTを炸裂させ、マキシマムドライバー&バズソーキックを決めてロープに飛ぶが、突如飛び込んできたEitaがImperial Uno(※トラースキック)で顎先を一閃。不意を突かれて膝をついたジェイソンを論外が超高校級ラ・マヒストラルで仕留め、王座防衛に成功した。

試合後、マイクを取った論外は「次の挑戦者が出てこないなら俺が指名してやる!次はリアル・ハザードだ!」と宣言。Eitaが「もう無いし!古すぎて今のファン分かんないから!」とツッコミを入れると、論外は「だったらマッスル・アウトローズだ!」と一歩も引かず。

 続けてマイクを取ったEitaは、「俺が長々と喋ってもかったるいよな。久々にこのリングに帰ってきたYO-HEYに締めてもらおうか!」と無茶振りマイクリレー。
 YO-HEYが「まさかこんな形でこのプロレスリング……あ、間違えました。ごめんなさい(笑)このDRAGON GATEのリングに戻ってくるとは思いませんでした。十数年以上ですか。色々ありましたが、色んな気持ちを込めて、最後一言だけ……DRAGON GATE、最高ォ〜ッ!」とはにかみながら叫ぶと、ヒールユニットが締めたにもかかわらず会場は温かい雰囲気に包まれた。

 バックステージに戻った論外が「リアル・ハザードはどこ行ったんだ。マッスル・アウトローズも俺は使い捨てにされた過去があるんだよ。都合のいいときだけ使いやがって。俺はDRAGON GATEに使い捨てにされたトラウマがあるんだよ。お前、俺たちここまで呼んで使い捨てにするなよ?」とぼやくと、Eitaは「しません!続きがあるから!」とペロスの継続参戦をほのめかす。
 そしてEitaは「DRAGON GATEのリングにYO-HEYが帰ってきたんだよ!これはなんかあるぞ。なにかがあるぞ!これから(YO-HEYが)3分喋るから」とYO-HEYの参戦もほのめかしつつ無茶振りして去っていくと、YO-HEYは「……最高やね」とだけ言い残してEitaの後を追った。



[318] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/10(Wed) 23:38 ID:CnWaBuvM  [No.111651]
「Go on to the DEMOLITION STAGE 2021」
11月10日(水) 東京・後楽園ホール
観衆:483人

試合結果です。

〈第1試合〉稲村愛輝復帰戦
◯征矢学
10分49秒 ジャンピングDDT→片エビ固め
×稲村愛輝

〈第2試合〉10人タッグマッチ
NOSAWA論外&Eita&◯YO-HEY&鈴木鼓太郎&日高郁人
11分46秒 顔面G→片エビ固め
原田大輔&×小峠篤司&大原はじめ&藤村加偉&矢野安崇

〈第3試合〉タッグマッチ
杉浦貴&岡田欣也×
14分35秒 ワキ固め
キング・タニー&モハメド ヨネ◯

〈第4試合〉8人タッグマッチ
◯HAYATA&小川良成&吉岡世起&進祐哉
13分29秒 403インパクト→体固め
タダスケ&亜烈破&×覇王&仁王

〈第5試合〉タッグマッチ
中嶋勝彦&拳王×
16分47秒 掌底→片エビ固め
◯望月成晃&船木誠勝

〈第6試合〉6人タッグマッチ
×清宮海斗&マサ北宮&稲葉大樹
20分00秒 オースイスープレックスホールド
武藤敬司&◯丸藤正道&田中将斗







[319] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/12(Fri) 00:05 ID:.JM3x6l.  [No.111655]
「Go on to the DEMOLITION STAGE 2021」
11月10日(水) 東京・後楽園ホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第2試合
NOSAWA論外&Eita&YO-HEY&鈴木鼓太郎&日高郁人vs原田大輔&小峠篤司&大原はじめ&藤村加偉&矢野安崇

【試合後の論外&Eita&鼓太郎&YO-HEY】
▼論外「いやあ、スゲェハードな試合だったな」

▼Eita「きつかったよ」

▼YO-HEY「おい! ちょっと待て。お前ら。よくやったじゃねえよ。勝ったけど…」

▼Eita「汗だくだよ」

▼論外「いい汗かいてるよ」

▼YO-HEY「2人何もしてへん」

▼鼓太郎「メチャメチャやられたよ。メチャメチャやられてた」

▼YO-HEY「2人して開始早々に」

▼論外「今日見て、俺たちの実力がわかっただろ?」

▼鼓太郎「メチャメチャやられてたって」

▼Eita「息が合ったでしょ? 息合ってたってみんな」

▼論外「あいつらはこんなゴミクズ以下のベルトにも挑戦できない価値の無い選手なんだ。あいつらは紙コップレスラーだ。ポンポンポンポンやって、紙コップみてえなんだよ。紙コップで勝てるのか? 完勝だな、俺たちの」

▼Eita「見ただろ? 取ってただろ? あれは日本初だぞ。俺たちがオリジナルだから、真似すんなよ。ああ、熱かった」

▼論外「なんならよ、あいつら元気ねえから、PERROS DEL MAL DE JAPONなく、PERROS DEL MAL DE NOAHに変えてもいいんだぞ?」

▼Eita「いいな。俺らが正規軍だ」

▼論外「賛成だろ? それだったら」

▼Eita「賛成だ」

▼論外「いやあ、俺とEitaの連係冴えたな。俺たちのおかげだぜ」

▼鼓太郎「戦線離脱したじゃねえか」

▼YO-HEY「どこでそんな汗かいた?」

▼Eita「言うことないから、俺ら」

▼YO-HEY「まあ、勝ちは勝ちや」

【試合後の原田&小峠&大原】
▼小峠「ああ! なんで勝てねえんだ。チクショウ!」

※小峠が先に去っていくと

▼大原「大丈夫だよ。試合の最後の最後の本当に終盤までは俺たちがペースを握ってたし。本当に最後だけだったから。これを改善して俺たちがまた這い上がればいいだけだから。小峠そんなに気にすることないよ。いけるいける」

▼原田「俺たちなら絶対にできる。ベルトも絶対あいつらから獲り返すのは俺たちや」

▼大原「ピンチの時に支え合って、必ず俺たちがベルトを獲り返して、ノアのジュニアの中心に行くから。頑張ります」

▼原田「ここから大逆転、絶対します」



第4試合
HAYATA&小川良成&吉岡世起&進祐哉vsタダスケ&亜烈破&覇王&仁王

【タダスケの話】「(亜烈破の素顔をTシャツで覆って隠すと)アホ! 撮るな、アホ! ノーコメントじゃ」



セミファイナル
中嶋勝彦&拳王vs望月成晃&船木誠勝

【試合後の望月&船木】
▼望月「見たか、拳王。もう一度言わせてもらうぞ。前哨戦で直接負けるなんて、お前らの世代はだらしないんじゃないのか? 見たか、今日のフィニッシュ。ストレート掌底だ、ストレート掌底。ちょこっとは前から使ってたんだけど、今日は船木さんがパートナーということで。まあ、蹴り一辺倒じゃね。お互いもう散々やってるんで、ちょっと違う打撃が欲しいと思って。パンチは反則なんで、今日はこのストレート掌底の精度を高めるために、船木さんに試合前に教えを乞いました。これがバッチリ決まったんでね。あと3日。蹴りとこの掌底で…」

※船木が遅れて姿を現すと、ガッチリと握手を交わす

▼船木「バッチリでした」

▼望月「ありがとうございました、船木さん。バッチリでした。ありがとうございました。船木さんのおかげです。おい、あいつはオッサンって言ったよな? 船木さんは俺より上だぞ。でも、一番若々しい。俺より若々しいよ、船木さんは。あと3日。俺の時代…まあ、俺は初防衛だけどな、終わらせるもんなら終わらせてみろ。あいつらの世代がだらしないってことをしっかり見せつけてやる」

【拳王の話】「(唇からの出血をテーピングで拭うと)おい、望月。やったな。テメー、今のはなんだ? 痛えな。この唇を俺は忘れねーぞ。必ずやってやるかな、横浜武道館。覚えておけよ」



メインイベント
清宮海斗&マサ北宮&稲葉大樹vs武藤敬司&丸藤正道&田中将斗

【試合後の武藤&丸藤&田中】
▼武藤「さすが天才」

▼丸藤「何をおっしゃいますか」

▼武藤「俺と丸藤が組めば、天才・天才で。普通タッグのタイトルマッチは1+1を4とか、8にしなきゃ勝てないけど、俺たちはたぶん『1+1=2』でも勝てるな」

▼丸藤「そうですね」

▼武藤「余裕だよ」

▼丸藤「さらに今日は6メンで田中選手もいたんで」

▼田中「ありがとうございます」

▼丸藤「武藤さんに何も言わずに、リング上でも喋らせてもらったけど、俺はああいう気持ちいでいるし。武藤さんは武藤さんで、おそらくあのベルトを獲ることによって、何かが始まると思うんで。非常にいいキッカケになるような気がするんですよね」

▼武藤「俺はノアの歴史っていうのはまだ1年しか知らないからさ。そんなでかい口は叩けないけど。だけど、プロレスの原点はさ、シャープ兄弟から始まって、タッグの試合なんだよ。タッグは他のスポーツにはない醍醐味を見せることができるゲームであって。あいつらはそういう部分でさ、そういう意識がちょっと薄いよな。ぶっちゃけ今のチャンピオンは」

▼丸藤「確かに若さと勢いはありますけど、やっぱここは1つ、武藤さんと俺でベルトを獲ったほうが面白くなるんじゃないかなって俺は勝手に思ってますよ」

▼武藤「田中もなんか喋ってよ」

▼田中「こんな状態で喋れる雰囲気じゃないですよ。でも、この間、僕はM'sにベルトを持ってくるのに失敗したんで。ここにタッグのベルトを持ってきてもらいたいなと思ってます」

▼丸藤「田中さんはまずもっともっと日焼けしていただいて、その時にまた備えてという」

▼田中「わかりました。いつでも備えてます」

▼武藤「何があるかわからないからさ。もし俺らが敗れることがあったら、田中が今度俺と組んで挑戦にいけば(笑)」

▼丸藤「結果、僕がダメだった感じになりますけど。まあ、いろんな可能性があると思うんで、乞うご期待です」

▼武藤「横浜楽しみにしといてください。以上」






[320] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/12(Fri) 23:28 ID:.JM3x6l.  [No.111656]
拳王(36)が、GHCナショナル王座戦線の高齢化≠阻止する。

 東スポ情報ですが、13日の横浜武道館大会で同王者の鉄人≠アと望月成晃(51)への挑戦を控え、決戦前日に都内で行われた調印式に出席。「オッサンたちの時代はもう終わりだ。明日、望月からこのベルトを奪って新しいプロレスリング・ノアにしてやる!」と力強く宣言した。

 同王座は昨年8月に拳王が第3代王者となったが、今年3月に藤田和之に奪われ、杉浦貴、望月に移った。特に自身が陥落してからベルトを巻いた3人が全員50代であることから、拳王はこのままオッサンたち≠ノ占拠されるわけにはいかないと危機感を募らせている。

 一方の望月は「51歳の望月成晃です」との自己紹介で応酬。「別に若い人間の成長を止めるつもりはない。でも、やっぱり上の人間が立ちはだかって、それを乗り越えてこそ。それが成し遂げられていない状態だから、今の状況がある。まだまだ壁として立ちはだかってやろうと思う」と言いきった。

 10日の後楽園大会では望月から強烈な掌底を受けた拳王。会見終盤には「さっきまでくっついていた唇がしゃべっているうちにまた開いた。おい、望月! 俺は覚えてるぞ、この唇の痛さ。明日、お前に味わせてやるからな」と怒りをにじませた。


[321] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/12(Fri) 23:28 ID:.JM3x6l.  [No.111657]
連続投稿失礼します。

プロレスリングマスター≠アと武藤敬司(58)が、3団体完全制覇に意欲満々だそうです。

 東スポ情報ですが、丸藤正道(42)と「天才タッグ」を結成し、13日の横浜武道館大会でGHCタッグ王者の清宮海斗、マサ北宮組に挑戦する武藤は、都内で行われた前日会見で「記憶に残る試合、記憶に残るレスラーを追求することは素晴らしいことだが、人の記憶はいい加減なもだから。ここは記録に残る試合、記録に残るレスラーを追求したい」と力強く語ったとの事。

 2月の日本武道館大会でGHCヘビー級王座を獲得。新日本プロレスのIWGPヘビー級王座、全日本プロレスの3冠ヘビー級王座と合わせて主要3団体のシングル王座を制した。また、IWGPタッグ、世界タッグ王座の戴冠実績もあり、最後に残されたGHCタッグを手にすれば、3団体のシングル&タッグの全ベルト制覇となる。武藤は「グランドスラムを狙いにいく!」と語気を強めた。

 タッグを組む丸藤については「天才と言われている部分は、とっさの動きというか、アドリブ性」とした上で「俺はタッグを組むにあたって事前に『こうしたい』と決めつけるのは好きじゃない。その中で彼となら、あうんの呼吸でいろいろ決めることができるんじゃないかなと」と自信を見せる。果たして、巡ってきたチャンスを生かせるのか注目されます。


[322] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/13(Sat) 23:20 ID:FgE5ULyI  [No.111660]
「WRESTLE UNIVERSE presents DEMOLITION STAGE 2021 in YOKOHAMA」
11月13日(土) 神奈川・横浜武道館
観衆: 887人

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯大原はじめ
7分53秒 トレスフルール
×矢野安崇

〈第2試合〉シングルマッチ
×YO-HEY
10分13秒 地団駄ラリアット→片エビ固め
◯タダスケ

〈第3試合〉6人タッグマッチ
杉浦貴&桜庭和志&ケンドー・カシン×
15分18秒 ファンキープレス→片エビ固め
◯キング・タニー&モハメド ヨネ&齋藤彰俊

〈第4試合〉8人タッグマッチ
◯中嶋勝彦&征矢学&覇王&仁王
16分31秒 PK→片エビ固め
原田大輔&小峠篤司&稲葉大樹&岡田欣也×

〈第5試合〉シングルマッチ
◯藤田和之
9分59秒 パワーボム→エビ固め
×稲村愛輝

〈第6試合〉6人タッグマッチ
◯小川良成&吉岡世起&進祐哉
11分35秒 反則勝ち ※Eitaの凶器攻撃
×NOSAWA論外&Eita&鈴木鼓太郎

〈第7試合〉GHCジュニアヘビー級選手権試合
(王者)◯HAYATA
17分41秒 403インパクト→体固め
(挑戦者)×亜烈破
※第46代王者が6度目の防衛に成功

〈第8試合〉GHC ナショナル選手権試合
(王者)×望月成晃
17分32秒 KO勝ち ※右ハイキック
(挑戦者)◯拳王
※拳王が第7代王者となる

〈第9試合〉GHCタッグ選手権試合
(王者組)清宮海斗&マサ北宮×
30分27秒 シャイニングウィザード→体固め
(挑戦者組)◯武藤敬司&丸藤正道
※武藤&丸藤が第57代王者となる


[323] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/13(Sat) 23:46 ID:FgE5ULyI  [No.111661]
連続投稿失礼します。

11月23日(祝・火) 、新潟・万代島多目的広場大かま大会、11月28日(日)、LEC クリンぱっ! presents NOAH the BEST 2021代々木大会の全対戦カード、12月5日(日)、名古屋大会の一部対戦カードが決定。
11・28代々木大会では<GHCジュニアヘビー級タッグ選手権>(王者組)NOSAWA論外&Eita VS 小川良成&HAYATA(挑戦者組)、<GHCヘビー級選手権&GHCナショナル、ダブル選手権>(GHCヘビー級王者)中嶋勝彦 VS 拳王(GHCナショナル王者)を開催。
また、12・5名古屋大会では、<GHCジュニアヘビー級選手権>(王者)HAYATA VS タダスケ(挑戦者)が開催されます。


「PREMIUM PRELUDE 2021」
11月23日(祝・火) 17:30〜
新潟・万代島多目的広場大かま

【全対戦カード】
<第1試合・シングルマッチ>
井上雅央 VS 藤村加偉

<第2試合・6人タッグマッチ>
原田大輔 小峠篤司 大原はじめ VS  YO-HEY 鈴木鼓太郎 日高郁人

<第3試合・シングルマッチ>
征矢学 VS 岡田欣也

<第4試合・タッグマッチ>
HAYATA 吉岡世起 VS タダスケ 亜烈破

<第5試合・ハンディキャップマッチ>
小川良成 矢野安崇 VS NOSAWA論外

<第6試合 タッグマッチ>
中嶋勝彦 仁王 VS 拳王 覇王

<第7試合 メインイベント・8人タッグマッチ>
丸藤正道 杉浦貴 キング・タニー モハメドヨネ VS 清宮海斗 マサ北宮 稲葉大樹 稲村愛輝



「LEC クリンぱっ! presents NOAH the BEST 2021」
11月28日(日) 15:00〜   
国立代々木競技場 第二体育館

【全対戦カード】
<第1試合・シングルマッチ>
岡田欣也 VS 藤村加偉

<第2試合・タッグマッチ>
吉岡世起 進祐哉 VS YO-HEY 鈴木鼓太郎

<第3試合・6人タッグマッチ>
マサ北宮 稲葉大樹 稲村愛輝 VS キング・タニー モハメドヨネ 齋藤彰俊

<第4試合・10人タッグマッチ>
清宮海斗 原田大輔 小峠篤司 大原はじめ 矢野安崇 VS 征矢学 タダスケ 覇王 仁王 亜烈破

<第5試合・GHCジュニアヘビー級タッグ選手権>
(王者)NOSAWA論外 Eita VS 小川良成 HAYATA(挑戦者)
※第46代王者の2度目の防衛戦。

<第6試合・6人タッグマッチ>
武藤敬司 丸藤正道 田中将斗 VS 杉浦貴 桜庭和志 藤田和之

<第7試合 メインイベント・GHCヘビー級選手権&GHCナショナル選手権>
(GHCヘビー級王者)中嶋勝彦 VS 拳王(GHCナショナル王者)
※GHCヘビー級第36代王者の2度目の防衛戦、ならびにGHCナショナル第7代王者の初防衛戦。



「THE WARROAD 2021 in NAGOYA」
12月5日(日)15:00〜 
愛知・名古屋国際会議場 イベントホール

【NEW決定対戦カード】
<GHCジュニアヘビー級選手権>
(王者)HAYATA VS タダスケ(挑戦者)
※第46代王者の7度目の防衛戦。




[324] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/14(Sun) 16:53 ID:yMnNOvc6  [No.111664]
「WRESTLE UNIVERSE presents DEMOLITION STAGE 2021 in YOKOHAMA」
11月13日(土) 神奈川・横浜武道館

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第3試合
杉浦貴&桜庭和志&ケンドー・カシンvsキング・タニー&モハメド ヨネ&齋藤彰俊

【タニーの話】「昨日の会見で言った通り、少しはこれでうっ憤を晴らせたかなと思います。これからもファンキーエクスプレスのキングとして、どんどんいっちゃうよ。レッツ・ファンキング!」



第6試合
小川良成&吉岡世起&進祐哉vsNOSAWA論外&Eita&鈴木鼓太郎

【試合後の論外&Eita&鼓太郎】
▼論外「ああ、クソ!」

▼鼓太郎「Eitaどうした? ベルトは?」

▼Eita「おい! こら、クソ!」

▼論外「あれは俺たちの負けなのか?」

▼Eita「レフェリー、どこに目をつけてんだよ? 辞めちまえよ」

▼論外「どっかの誰かさんが大切じゃねえ、俺とEitaのベルトを持って帰ったみたいだけど。おい、言ってんだろ? ノアでGHCジュニアタッグの防衛戦なんかやるつもりはねえと。小川さんよ、DRAGONGATEのリングまで来るか? ノアのリングでなんかGHCジュニアタッグの防衛戦、俺らはやらねえぞ」

※ここで矢野がGHCジュニアタッグのベルトを持って姿を現す

▼矢野「NOSAWAさん。熊本で僕に負けたNOSAWAさん、次のチャレンジャー、僕と小川さんが組んで挑戦だ。それまでこのベルトはお預けする。しっかり磨いておけ」

※矢野はベルトを返す

▼鼓太郎「言われてるよ、言われてるよ」

▼論外「歳のせいでよ…。もう1回言ってくれねえか」

▼矢野「次の…」

▼論外「いや、その前から聞きてえな」

▼矢野「熊本で俺に負けたNOSAWAさん、次…」

※論外がベルトで矢野を殴打すると、全員で暴行する

▼論外「Eitaどうする?」

▼Eita「水余っちゃったから、これかけようか」

※鼓太郎やYO-HEYも加わり、4人でペットボトルの水をぶっかける

▼論外「小僧、なんて言った? なんて言った? 俺になんて言ったんだよ!」

▼Eita「動くな!」

▼論外「なめんじゃねえぞ。小川良成やってやるよ。ただよ、こんな僕チャンじゃねえだろ? やるならよ、HAYATA連れて来い。博多の借りを返してやるよ。小川&HAYATAvsEita&論外、GHCジュニアタッグの防衛戦、やってやるよ。小僧、俺に勝った矢野クン。もう1回試合してえのか。オメエともやってやるよ。次、オメエとお前の大好きな小川先輩連れて来い。俺1人でやってやる。1対2のハンディキャップだ」

▼鼓太郎「言うね。いいね」

▼論外「僕チャン、俺に胸を貸してくださいよ。Eita、これ(ベルト)を持って帰るか」

▼Eita「おい、掃除して帰れよ。帰れよ、お前。(矢野のTシャツを破り捨て)こんなクソみたいなの着るなよ。おい、顔じゃねえんだよ」

▼論外「顔じゃねえんだよ。胸貸してくれよ、胸」



第7試合 GHC Jr.ヘビー級選手権
HAYATAvs亜烈破

【タダスケの話】「どうせ何も喋らへんやろ、あいつマイク渡したって。せやから、俺が言ってやったわ。今、この流れを止めるわけにはいかない。わかる? 第2試合で俺はペロスのYO-HEYから完璧な3つ獲った。やっと割って入れる、あの中に。流れ止めたくない。だから次は俺がいく。亜烈破の仇討ちや」



セミファイナル GHCナショナル選手権
望月成晃vs拳王

【試合後の拳王】
▼拳王「おっさん、おっさん、言ってたけど、おっさんの底力、おっさんが培ってきたもの、スゲーもんがあるな。体が痛えよ。50代でどんだけ元気なんだよ? 俺なんかまだ30代だけどな、あんなヤツに負けちゃだめなんだよ。俺はいい力もらったぞ。俺たちが新たな道を切り開いていくんだ。このベルトを懸けて、そして中嶋勝彦のベルトを懸けて、俺たちがノアの先頭に立って突っ走っていくんだ。中嶋勝彦の…」

※ここで中嶋が姿を現すと、

▼中嶋「拳王。やるぞ」

※2人はベルトを掲げてにらみ合う

▼中嶋「楽しみだ」

※中嶋が去っていくと

▼拳王「これからはな、おっさんの時代じゃねえぞ。俺たちの時代だ。俺たちがノアの道を切り開いていく。そして、俺の夢であった日本武道館大会のメインにこのベルトと、GHCヘビー級のベルトを巻いて、最後に入場してやるからな。おい、テメーらクソヤローども。これからはGHCヘビー、ナショナル、二冠王者になる拳王、俺に…ついてこい」



メインイベント GHCタッグ選手権
清宮海斗&マサ北宮vs武藤敬司&丸藤正道

【試合後の武藤&丸藤】
▼丸藤「ありがとうございました」

▼武藤「やっぱり苦戦するよ。どうしてもこのチームだとウイークポイントがいっぱいあるし、狙われるのは俺で仕方ないけど、しんどかった」

▼丸藤「ありがとうございました。いや、武藤さんにたくさん動いてもらっちゃったんで」

▼武藤「いや、やられてただけなんだよ。過去を生きて、今を生きて、未来を生きなきゃならない。過去はもういいとして、今と未来はしんどいもんだぞ、これ」

▼丸藤「でも、武藤さんとなら、今までちょっと静かになっていたタッグ戦線を盛り上げられると思っているんで」

▼武藤「だけどさ、ちょっと前までは、俺のパターンで4の字とかさ、こうやってかまして、お客が清宮を声援したりするような雰囲気だったのに、今日は俺が4の字をやられたら、俺に拍手していたような気がしちゃってさ。ちょっとそれが逆に気に食わないというかさ。まあまあ、しょうがない部分だけど」

▼丸藤「時代なんですかね?」

▼武藤「俺が同情買っちゃってたような気がして。それは気に入らねえな、俺からしてみたら」

――グランドスラムを達成した気持ちは?

▼武藤「高山か誰かがやってるんだよね?」

――2人目となる

▼武藤「2人目? ただ、俺の場合は新日本で当時やってたSGタッグも押さえているし、その他、全日本の最強タッグも押さえているし。俺はWCWのタッグチャンピオンも獲ってるからな。そういう部分で言ったら、俺のほうが若干…」

▼丸藤「負けず嫌いですね」

▼武藤「そのために俺はギブアップしなかったんだから。これが懸かってなかったら、もしかしたら俺はギブアップしてたかもしれない。最後の監獄で」

――3団体も所属でグランドスラムは史上初となるが?

▼武藤「お前も後付けするよなあ、そういうことを」

――今後の防衛ロードについては?

▼丸藤「どうですかね? やっぱり言ったからにはおいしい相手とやりたいと思うし、他のベルトにひけを取らない、それ以上にいけるような、そういう防衛戦線を。だから、挑戦してくる人間もそれを覚悟してきてほしいですね。なんせ武藤さんと僕なんで」

▼武藤「いや、今日はね、俺はパートナーが丸藤じゃなかったら負けてたよ。やっぱり最後は丸藤選手がフォローしてくれているから。他のパートナーだったら、たぶん落としてたな」

――前哨戦で武藤選手は「丸藤とのタッグだと1+1が2でも勝てる」と言っていたが、今日は「1+1」が3にも4にもなった?

▼武藤「俺が1なかったな。俺は0.5ぐらいしか活躍しなかったから。で、彼が1.5で。じゃあ2だよ(笑)」

▼丸藤「あまり謙遜されるとあとが怖いんで。次の防衛戦でもしっかり動いていただいて」

▼武藤「いろんな部分を考えて、今からタイトルマッチをやっても、おそらく狙われたりするのは俺のほうが多くなる可能性があるからさ。そういう部分でいったら、今回のタイトルマッチはいい経験ができたよ」



[325] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/19(Fri) 00:01 ID:EonrEOuU  [No.111673]
11・28代々木大会でHAYATAと組んでNOSAWA論外&Eita組の持つGHCジュニアタッグ王座に挑戦する小川良成が、ノータッチルールの採用を提案したそうです。

 Eitaはノア参戦当初から小川への不敬発言を連発し、果ては“2リットル水ぶっかけ事件"も起こして徹底挑発。怒りの小川もEitaのTシャツをビリビリに引き裂いたうえで公開処刑に処し、ついにジュニアタッグベルトも持ち去って挑戦が決まった。

 Eitaの挑発に沈黙を貫いていた小川だったが、遺恨タイトル戦に向けたインタビューで涼しげに仰天提案。Eitaが戦い慣れたDRAGONGATE流ノータッチルールの採用を提示し、悠然と“相手の土俵"での一戦を持ちかけた――。


【小川良成インタビューです。】

――横浜でベルトを持ち去って、11・28代々木大会でのGHCジュニアタッグ王座挑戦が決まりました

▼小川「最初に言っとくと、矢野と挑戦するつもりはなかったんで。ちょっと小バカにしようと思って矢野にベルトを返すように頼んだんだけど、あんな風にされるとは思ってなかったから。そこはちょっと矢野には申し訳なかったけど、まだタイトルに挑戦できるレベルの選手ではないからね。まだまだ第1試合でもっと経験積まなきゃいけない段階だから」

――小川&HAYATA組で来いと王者コンビから指名された形ですが、挑戦する意思自体はベルトを持ち去った時点であったと

▼小川「そうだね。それにSTINGERは4人いるけど、組むんだったらHAYATA以外は考えられないと思ってたから。進と吉岡が悪いワケではないけど、ベルトに挑戦するんだったらHAYATAしかいない」

――ここ最近はPERROS DEL MAL DE JAPONと火花を散らしてきましたが、ユニットとしての印象は?

▼小川「そうだねえ…NOSAWA、Eita、YO-HEY、日高がいて……鼓太郎はパシリみたいな感じで貢献はしてるんじゃない? ちょうどいいんじゃない? パシリみたいなポジション。合ってると思うよ」

――……話を戻すと、なかでも最近はEitaと激しくやりあってきた

▼小川「やりあってきた…って見えるのかもしれないけど、水をかけるとかそういうのがあるぐらいで…」

――確かにリング上でのプロレスの攻防はほぼ記憶にない

▼小川「うん、この間の横浜だって、ほぼ(Eitaの)体に触ってないしね。最後(※試合後の襲撃)くらいしか。熊本だって、ただ殴るとか、それぐらいしか無かったし」

――そのEitaからは2リットルも水をぶっかけられたこともあった

▼小川「うわ、水かけるんだ、俺に…って思ったし。溺れるかと思ったけど(笑) まぁ昔はいろいろやられたこともあったけど、最近は…無かったからねえ」

――ほぼ乱闘に終始した11・28熊本での試合後には『急所ばっかりやりやがって、しょっぱいんだよ』とも言ってきた

▼小川「まぁ、そういう試合もできるし、ああいう感じじゃない試合もするし、いろんな試合をするから…」

――ということは、ジュニアタッグのタイトルマッチで初めてEitaとマトモに試合をすることになりそう?

▼小川「マトモにするかどうかは分かんないけどね。NOSAWAもいるし…。そこで提案というか、タイトルマッチはせっかくだからDRAGONGATEのルールに合わせて試合をしようか?」

――ノータッチのルールを提案するということ?

▼小川「うん。彼(Eita)もまだ(タッチありのルールに)慣れてないみたいだから、いいよ、俺が合わせてあげるから」

――ペロスとの試合は、誰に試合権があるか分からないぐらい入り乱れる側面もある

▼小川「そういう意味でもちょうどいいんじゃない?」

――ちなみにノータッチのルールで試合をしたことは?

▼小川「ないかな」

――対応に問題はない?

▼小川「まぁ、そうなったとしたら、見てもらえれば分かると思うよ」





[326] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/20(Sat) 19:31 ID:.CdlmogY  [No.111676]
本日11月20日の記者会見により、2022年1月8日(土)に神奈川・横浜アリーナで開催される新日本プロレス主催「WRESTLE KINGDOM 16 in 横浜アリーナ」にプロレスリング・ノア所属選手が参戦することを発表になりました。

なお同大会の模様は同日17時より「ABEMA PPV ONLINE LIVE」にて全試合生中継することが決定しており、一週間後の1月15日(土)よりWRESTLE UNEVERSEにて配信する予定との事。

なお、同大会の対戦カードは、順次発表される予定との事。


【清宮選手会見会場でのコメント全文】

ご紹介いただきましたプロレスリング・ノアの清宮海斗です。

本日はお集まりいただき、ありがとうございます。

世の中が難しい状況が続いている中で、プロレス業界が世の中の先頭に立っていきます。

両団体が交流戦なのか対抗戦なのかはわからないですが、この決断をしてくれた新日本プロレスさん、ノアに感謝しています。個人的にはやるなら対抗戦しかないんじゃないかと。

世間では日本のプロレスイコール新日本プロレス、業界一位の認識になっている。

正直、俺は世間の認識にめちゃくちゃむかついている!

リング上はノアのプロレスが一番だと思っています。

新日本プロレスの下だとか、劣っているとか、そういうものは覆していきたい。

俺がオカダカズチカとやりたいと言った時、散々怒られました(苦笑)。あれから一年半がたった。

俺はやっぱりレインメイカーとやらせていただきたい。時代がこっちに近づいてきている足音が聞こえるんです。まあみていてください。俺が世界を変えるんで。

新日本プロレスには今まで見たことがない新しい景色が見えるんじゃないですか

ノアと対抗戦して残念だった、やってしまったと新日本プロレスに後悔させてやりますよ


※ 同会見の模様は、プロレスリング・ノア公式Youtubeチャンネルでご確認いただけるそうです。



[327] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/20(Sat) 21:21 ID:.CdlmogY  [No.111678]
 プロレスリングノアの武藤敬司(58)が、新日本プロレス来年1月8日横浜アリーナ大会で行われる対抗戦へ向けオカダ・カズチカとの初対決に興味を示したそうです。

 東スポ情報ですが、両団体の対抗戦はこの日の緊急記者会見で発表された。武藤はVTRで登場し「対抗戦? うれしいですよ。俺のキャリアなかで、一つの自慢というのは、世界中のトップと言われる強豪、いろいろやりましたからね」とコメント。現段階でカードは未定だが「俺、オカダって知らないんだよ。もしやる機会があれば、またひとつ俺のキャリアのなかに加わるだろうな。ただ、自信はあるよ。武藤敬司、ノア所属で良かったなという試合にしますよ」と、レインメーカーとの遭遇に期待を寄せていたそうです。


[328] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/23(Tue) 22:52 ID:8WJ1NCLQ  [No.111683]
「PREMIUM PRELUDE 2021」
11月23日(火) 新潟・万代島多目的広場大かま
観衆: 543人

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯井上雅央
7分24秒 エビ固め ※サムソンクラッチを押し潰す
×藤村加偉

〈第2試合〉6人タッグマッチ
原田大輔&×小峠篤司&大原はじめ
19分05秒 顔面G→エビ固め
◯YO-HEY&鈴木鼓太郎&日高郁人

〈第3試合〉シングルマッチ
◯征矢学
9分37秒 一閃(変型ストレッチ)
×岡田欣也

〈第4試合〉タッグマッチ
HAYATA&吉岡世起×
12分05秒 地団駄ラリアット→片エビ固め
◯タダスケ&亜烈破

〈第5試合〉ハンディキャップマッチ
×NOSAWA論外
9分34秒 前方回転エビ固め
小川良成&矢野安崇◯

〈第6試合〉タッグマッチ
△中嶋勝彦&仁王
30分00秒 時間切れ引き分け
△拳王&覇王

〈第7試合〉8人タッグマッチ
丸藤正道&杉浦貴&×キング・タニー&モハメド ヨネ
28分02秒 タイガースープレックスホールド
◯清宮海斗&マサ北宮&稲葉大樹&稲村愛輝





[329] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/24(Wed) 13:20 ID:aDrWBhQ2  [No.111686]
「PREMIUM PRELUDE 2021」
11月23日(火) 新潟・万代島多目的広場大かま

遅くなりましたが試合後のコメントです。


第4試合
HAYATA&吉岡世起 VS タダスケ&亜烈破

【タダスケの話】「一回きりの前哨戦やぞ!? 最初で最後や。アホちゃうか? 気ぃ抜けとったんちゃうんか!? 気ぃ抜けとったんちゃうんか、オイ!? ナンバーワン・コンテンダーの俺を忘れんなよ! 今日みたいな試合しとったらな、“いいとこなし"で終わらせるからな!」



第5試合・ハンディキャップマッチ
小川良成&矢野安崇 VS NOSAWA論外

【試合後の矢野、論外らPERROS DEL MAL DE JAPON】
▼矢野「今日“も"僕に負けたNOSAWAさん! プロレスリング・ノアで一番弱いNOSAWAさん! いい加減、俺とシングル組め! 胸貸してやるから…」

※そこへ論外が現れて矢野をベルトで殴打

▼論外「テメー顔じゃねえんだオラ! コメントなんて百万年はえーんだ!」

※と言いながら再び矢野の頭髪をハサミで切り落とす

▼論外「(ハサミを見せびらかしながら)どっちが今日勝ったんだ!? あぁ? カリスマ美容師だ、俺は。どうなんだ?」

▼鼓太郎「…にしても負けすぎだろ! 矢野に2回負けるって…無いから!」

▼論外「え…? 2度あることは…3度あるかもしれねえだろ!」

▼鼓太郎「おいおいおい(笑)」

▼論外「まぁいいや。ちょっと遊びすぎたな、矢野と。さて本題に入るか。このベルト、欲しいんだろ? なんかよ、小川先輩がノータッチルールって言ってるからさ。いいのか? 俺たちの得意なルールで。あぁ? よし、代々木はノータッチルールだ。矢野より弱いNOSAWA論外でも(メキシコでは主流の)ノータッチルールだったら、メキシコを震撼させたルチャドール…ルードのNOSAWA論外が帰ってくるぞ!? ノータッチルールだ、ノータッチルール。GHCタイトル管理委員会がノータッチルールを認めない場合は、俺とEitaはタイトルマッチをボイコットする。やっぱりDRAGONGATEのリングでしか、このゴミクズみたいなベルトの防衛戦やらねーからよ。そんなことより俺のカリスマ美容師っぷりじゃねえか? ちゃんと撮っとけよ。認めなかったらホントにボイコットだからな! 行かねえぞ会場にも!!」



第6試合
中嶋勝彦&仁王 VS 拳王&覇王

【中嶋の話】「一言だけ…獲るか、獲られるか。もちろん獲るのは俺だけどね」

【拳王の話】「いてぇ! でもまだまだ俺は元気だぞ!? まだやってやるぞ。テメーを倒すまで…。代々木体育館、俺がテメーを倒してやる。まだまだやり足りねえぞ! 俺が1月1日、日本武道館のメインで最後に入場するにはな、テメーのベルトが必要だ。いいか? 代々木でテメーのベルト、奪ってやるからな!!」



第7試合
丸藤正道&杉浦貴&キング・タニー&モハメド ヨネ VS 清宮海斗&マサ北宮&稲葉大樹&稲村愛輝

【試合後の清宮&北宮&稲村&稲葉】
▼清宮「久しぶりの新潟大会、こういう状況の中でも来てくださるってことにホントに感謝してます。今日みたいな応援がやっぱり力になりますね」

――年末年始に向けたこのタイミングで上位世代にメインで勝つことができた

▼清宮「横浜(武道館のタッグ王座戦)では結果が出なかったけど、あそこであの経験ができて良かったのかな、とも思うし、俺たちが中心に立って世間に響かせていかないと…って気持ちは変わらないんで」

▼北宮「ベルトを失ってもやることは一緒なんだよ。目の前の闘い、目の前の敵と闘うのみだ。まだまだ年内、ビッグマッチも続くし、元日も武道館もある。まだまだ突き進むのみだ!」

▼稲村「復帰して、こうして正規軍のこのチームで闘うのは初めてですけど、やっぱり自分もしっかりここで闘って、中心に立てるようにイチから精一杯頑張りたいと思います」

▼稲葉「その流れの真ん中で自分もしっかり走ってついていきたいと思います」

▼清宮「今日も特に話をしなくても、コミュニケーションを取っていなくても個人個人の思いで動いてたんで。そういうリング上の動きはもっともっと出していきたいなと思いますね。これから俺たちで“新しい時間"を刻んでいきますよ」




[330] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/24(Wed) 13:21 ID:aDrWBhQ2  [No.111687]
連続投稿失礼します。

電撃決定した1.8横浜アリーナでのプロレスリング・ノアと新日本プロレスの対抗戦。
ノアの象徴、丸藤正道へ率直な心境を聞いた。

【丸藤正道インタビューです。】

――新日本への殴り込みが決まった

▼丸藤「俺的には楽しみだけど、個人的にはジュニアとしてもヘビーとしても、だいぶ新日本さんには上がってきたんで、新鮮味という点では、俺よりも新日本の選手とやったことがない選手がクローズアップされたほうが面白いかな…と思ってるんで。そんな中でもウチの選手も、まだ経験値という点でも、気持ちという点でも、押される部分はあるかもしれない。だけどね、そこは自信持っていけば全然やれる!っていう手応えを俺は持ってるんで。それは俺自身が、新日本の選手とやってきて分かってるんで。でも、“さすがの上から目線"だったよね。コメントを見させてもらったけど」

――オカダ・カズチカは『俺たちがオリンピックなら、ノアは近所の高校の運動会』とも言っていた

▼丸藤「近所の高校生がすげーの知らねえんだよ(笑) 全国の高校生を敵に回したな、オカダ君は」

――鷹木信悟など、やっぱりノア側で名前が出てくるのは丸藤選手という側面もあった

▼丸藤「それがウチの若いのに火をつけるんじゃない? でも俺的には逆にトップどころに興味がないね! そこそこやってきたし」

――オカダともIWGP戦で当たっていて、棚橋弘至とも若い頃から要所要所で当たってきた

▼丸藤「うん。あえて誰とは言わないけど、俺の中でやりたい選手は何人かしかいないね」

――あえて自ら言わずに食いついてくるのを待つ?

▼丸藤「食いついてこなくてもいいよ。でも俺からは言わない」

――この機会をどう活かしていく?

▼丸藤「新日本は日本のプロレス界では確かにナンバーワンだし、俺たちとはすべてにおいて“ゼロが一桁違う"のかもしれないけど、じゃあ俺たちは『劣ってます!』という姿勢でいくつもりはないし。今のノアの勢いというものを見せる、良いきっかけになるんじゃないですか?」

――新日本と遭遇するのはノアとしても5年半ぶりとなる

▼丸藤「うん。その時とは確実に違う景色が広がってるから。だから、ウチのジュニアもヘビーもステップアップできる、良い“踏み台"になってくれるんじゃないですか? ありがたいですよ。そんな舞台をわざわざ用意していただいて。なかなか」

――やはり交流戦ではなく、対抗戦?

▼丸藤「交流戦って何? 楽しくプロレスをしましょう的な? 確かに矢野通選手とか新日本の選手と組んでいたこともあったけど、あくまであれは俺個人としてのものだから。対抗戦一択? もちろん。あっちのチャンピオン(鷹木)が『交流戦にするか対抗戦にするかはノア次第』って言ってたけど、その(交流戦という)選択肢を持ってる時点で、俺はよく分かんない。『そういう気持ちもあるんだ』って。俺はない」

――対抗戦は劇薬ともいわれる

▼丸藤「もし、ウチにデメリットがあるとしたら、ウチの選手がしょっぱい試合をした時だよね。そこはホントに一人ひとりが自覚をもってやらないといけない。でも今のウチの選手なら行けるね。手応えはあるよ。最後に言っといてやるよ。新日本プロレス、クソくらえ!」


[331] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/27(Sat) 23:09 ID:uxvsfX9w  [No.111688]
本日11月27日14時からの記者会見において、プロレスリング・ノア所属、第57代GHCタッグ選手権者の丸藤正道選手が2021年12月16日(木)に開催されるボクシングイベント「3150ファイト vol.1」に参戦することが発表されました。

丸藤選手は、「エンタメファイト」としてスパーリング形式の1分1ラウンド×2Rのスペシャルエキシビションマッチに登場、お笑いコンビTKOの木下隆行さんと対戦との事。



【「3150ファイトVol.1」大会概要】

「3150ファイトVol.1」(さいこうふぁいと ぼりゅーむわん)
12月16日(木)START 17:00
メルパルクホール大阪 (〒532-0003 大阪市淀川区宮原4-2-1)

認定: JBC日本ボクシングコミッション

主催公演・著作: 緑ボクシングジム/3150ファイトクラブ
企画・制作: 亀田プロモーション/EntNet Agency
放送: ABEMA

【対戦カード】

エンタメファイト第2試合 1分×2R
TKO木下(フリー)× 丸藤正道(プロレスリング・ノア)



[332] ただの全日ファン - 2021/11/28(Sun) 19:07 ID:F58bVE3o  [No.111690]
2022年1月1日武道館大会へのKENTAの参戦決定。

[333] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/28(Sun) 19:23 ID:nO7nMWIc  [No.111694]
〉〉全日ファンさん
KENTA参戦情報ありがとうございます。

公式より

1.1日本武道館が楽しくなる5つの【シン・発表そのC】発表

2022年1月1日日本武道館大会にKENTAの参戦が決定。

KENTA
「俺が何が言いたいかって言うと…1月1日参戦するよってこと」

動画はこちらから
〉〉://youtu.be/EMwLliuAndo


[334] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/28(Sun) 19:24 ID:nO7nMWIc  [No.111695]
連続投稿失礼します。

「LEC クリンぱっ! presents NOAH the BEST 2021」
11月28日(日)東京・ 国立代々木競技場 第二体育館

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯岡田欣也
6分15秒 ブロックバスターホールド
×藤村加偉

〈第2試合〉タッグマッチ
吉岡世起&進祐哉×
11分24秒 顔面G→片エビ固め
◯YO-HEY&鈴木鼓太郎

〈第3試合〉6人タッグマッチ
マサ北宮&稲葉大樹&稲村愛輝×
10分40秒 ファンキープレス→片エビ固め
◯キング・タニー&モハメド ヨネ&齋藤彰俊

〈第4試合〉10人タッグマッチ
清宮海斗&◯原田大輔&小峠篤司&大原はじめ&矢野安崇
17分21秒 片山ジャーマンスープレックスホールド
征矢学&タダスケ&×覇王&仁王&亜烈破

〈第5試合〉GHCジュニアヘビー級タッグ選手権試合
(王者組)NOSAWA論外&Eita×
13分59秒 リングアウト勝ち
(挑戦者組)◯小川良成&HAYATA
※小川良成&HAYATAが第47代王者となる

〈第6試合〉6人タッグマッチ
武藤敬司&丸藤正道&田中将斗◯
20分52秒 スライディングD→片エビ固め
×杉浦貴&桜庭和志&藤田和之

〈第7試合〉GHCヘビー級&GHCナショナル,ダブル選手権試合
(GHCヘビー級王者)△中嶋勝彦
60分00秒 時間切れ引き分け
(GHCナショナル王者)△拳王
※第36代GHCヘビー級王者が2度目の防衛に成功
※第7代GHCナショナル王者が初防衛に成功


[335] ただの全日ファン - 2021/11/29(Mon) 20:16 ID:uBI2qcag  [No.111697]
潮崎豪が2022年1月1日武道館大会での復帰と、その日でのGHCヘビー級挑戦を表明した。


[336] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/29(Mon) 20:17 ID:8uTnLqQ2  [No.111698]
「LEC クリンぱっ! presents NOAH the BEST 2021」
11月28日(日)東京・ 国立代々木競技場 第二体育館

遅くなりましたが試合後のコメントです。


第2試合
吉岡世起 & 進祐哉 VS YO-HEY & 鈴木鼓太郎

【試合後のYO-HEY&鼓太郎】

▼鼓太郎「こんなもんでしょう」

▼YO-HEY「今日も1、2、3しっかり取って」

▼鼓太郎「お前が調子いいからね」

▼YO-HEY「調子いいっすね。でも、やっぱりなにはともあれ、横にいる鼓太郎さんの支えがあったからこその勝利やったですし」

▼鼓太郎「ベストな形」

▼YO-HEY「まあまあ、我々2人が絶好調に3カウント取ったけど、今日はEitaとNOSAWAのタイトルマッチがあるわけで。それを我々も全力で応援したいと思いますし、そのことしか今は頭にないから。さっきの試合のことも忘れたし。とりあえずあの2人には今日頑張ってもらんとあかんから。なにしでかすかわからへん2人かもしれんけど、メチャクチャおもろい2人やからな」

▼鼓太郎「いい形でつなげたんじゃない?」

▼YO-HEY「イエス、イエス、イエス」

▼鼓太郎「このチームはYO-HEYが底上げしてくれないとな」

▼YO-HEY「…おお。イエス」



第3試合
マサ北宮 & 稲葉大樹 & 稲村愛輝 VS キング・タニー & モハメド ヨネ & 齋藤彰俊

【試合後のタニー&ヨネ&齋藤】

▼ヨネ「ホントにね、調子いいね。もうね、リング上も全部クリンぱって感じでキレイに掃除して、私たちこのまま勢いつけて、いっちゃいたいなと思います。名古屋でなんとタッグチャンピオンチームがいますね。おいしい試合が組まれているなと思って。そこに勝ったらあるんじゃないですか。こっち(ベルトを腰に巻く仕草)もね。どうですか? アッキー」

▼齋藤「いやいや、これはタッグあるでしょ。みんなファンキーとか言って笑ったら、痛い目にあうぞ、コラ!」

▼タニー「もうホントね、次の名古屋はこの勢いのままいっちゃうよって感じで」

▼齋藤「1つ言いたい。俺ら3人はどっちのタッグでいったって大丈夫だから、3つベルト用意しろって。しかもオーダーメイドでこの腹回りにピッタリのやつを作れって」

▼ヨネ「エクストラのベルトをつけてね。どう?」

▼タニー「もうこのままの勢いでいっちゃうよって感じで、レッツ・ファンキー!」



第4試合
清宮海斗 & 原田大輔 & 小峠篤司 & 大原はじめ & 矢野安崇 VS 征矢学 & タダスケ & 覇王 & 仁王 & 亜烈破

【試合後の原田&小峠&大原】
▼小峠「よっしゃー。ナイス原田。OK」

▼原田「東京最後のビッグマッチ代々木で3つ取ったぞ」

▼小峠「よし。ナイスだ、ホンマに。勢いで一気にいこう。年末年始にかけて、大きい大会いっぱいあるから。ここからよ。正規軍ジュニアの反撃。ここから一気にもう1回俺たちがノアジュニアを作り上げていこう」

▼大原「今日だけじゃないからね。沼津もあるし、名古屋だってあるし、後楽園だってあるし、これから先の大会も見据えてつないでいこう。頑張ろう」

▼原田「ここから。名古屋、そして来年の武道館。ここから一気に(手のひらを右肩上がりにして)グッ、グッ、ドカーンといくぞ!」

る▼小峠「ドカーンや。ドカーンやぞ」



第5試合 GHCジュニアヘビー級タッグ選手権 
NOSAWA論外 & Eita VS 小川良成 & HAYATA

【試合後の小川&HAYATA】
――因縁のEita&論外組からベルトを奪取したが?

▼小川「まあ、うまくこっちも向こうのルールに対応できたんで。これで何も文句言うことないでしょ?」

――試合後に2チームが挑戦表明したが?

▼小川「小峠も今の状態だとベルトに挑戦する資格は全然ないと思うし、もう原田&小峠組っていうのはそろそろタイトルに絡むチームじゃなくなっているのかなって思うね。鼓太郎に関してはEitaとNOSAWAのあとをくっついて歩いているようなパシリなんだからね。それもタイトルに挑戦する資格はないと思うし。YO-HEYが来るなら、もう1回Eita連れて来いって。それだけ。(HAYATAに)なんかある?」

※HAYATAが無言で、2人はそのまま去っていく


【YO-HEY&鼓太郎の話】
▼鼓太郎「原田はわかってねえな。熟してねえだろ? もう腐ってんだよ、あいつら」

▼YO-HEY「しかも小峠なんて何回俺に負けとんねん。何連チャンで俺が小峠を下しとると思っとんねん。桃の青春だかなんだかしらんけどな、とりあえず俺ら相手にかかってくるんだったら、100\%の果汁で来い。薄い果汁で挑んでくるんじゃねえぞ。100\%で来いよ。それならまだまだいいよ」

▼鼓太郎「青春としても終わっているし、桃としても腐っているし。俺らが負けるはずがない」

▼YO-HEY「負けるはずがない」


【原田&小峠の話】
▼原田「一気にいきましょう。さっきも勝って、勢いがついた。ここからジュニアタッグ、俺らがどんどん狙っていきますよ」

▼小峠「もう今やるしかないから。今俺たちが決めないと、ノアジュニアは絶対によくない。俺たちが絶対に盛り上げる」

▼原田「俺たちがいく。ここからグッ、グッ(右肩上がりを手のひらで表し)、ドカーンといくぞ!」





[337] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/29(Mon) 20:18 ID:8uTnLqQ2  [No.111699]
「LEC クリンぱっ! presents NOAH the BEST 2021」
11月28日(日)東京・ 国立代々木競技場 第二体育館

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第6試合
武藤敬司 & 丸藤正道 & 田中将斗 VS 杉浦貴 & 桜庭和志 & 藤田和之

【試合後の武藤&丸藤&田中】
※武藤と丸藤が田中を真ん中に座らせると

▼田中「ありがとうございました。今日、勝ったから1つ言わせてもらうけど。前も勝った時に杉浦に結果的にダブルタイトルでやろうと言いましたけど、今回俺はチャレンジする立場なんで、俺の気持ちを言います。ZERO1には世界ヘビーのベルトがどうしても必要です。もう数ヶ月経って、次のチャレンジャーが決まらない中で、モヤモヤしたままでいたくないんで。うちが試合数があまりない中で、1月1日決まっているんだったら、そこで僕に杉浦さんに挑戦させてください。よろしくお願いします。本当にね、ノアさんに凄く大事な試合あるのはわかってますよ。わかってますけど、うちにとっても1月1日の試合っていうのは1年で火祭りと並ぶ恒例となった試合なんで。そこでハッピーエンドにしたい。そこで挑戦させてください。ノアさんの選手の前で言うのはあれですけど…」

▼武藤「M'sとしてバックアップするよ、田中よ」

▼田中「ベルトがない中で、試合をするというのはうちのファンのフラストレーションにもなると思うんで。対戦が決まってないんであれば、僕はそこに名乗りを挙げます」

▼武藤「今日、タッグ組んで横にいてもね、田中の熱量を感じましたよ。意気込みを感じましたよ。ぜひ頑張ってほしいですね」

▼田中「はい。頑張ります」

▼丸藤「ありがとうございました」



第7試合 GHCヘビー級選手権&GHCナショナル選手権
(GHCヘビー級王者)中嶋勝彦 VS 拳王(GHCナショナル王者)

【中嶋の話】「あのタイミングで来るのはなんだかなあ。まあ、いいけどさ。潮崎豪、復帰しておいしい存在なのか? やってみなきゃわからないか。でも、俺がノアだ。潮崎豪、武道館で終わらせてやる」

【拳王の話】「クソ…。夢だった日本武道館大会メイン…これだよ、失ったな。そして、なんだよ、おい、今までただただ家でぐうたら生活してたヤツがなんで出てくるんだよ? 俺はな、テメーが家でぐうたらしている間も、ノアのため、自分のために体を張ってやってきたんだよ。おいしいところは全て持っていくのか? そんなんでな、I am NOAH? 俺がノアだ? そんなこと言っている場合じゃねーぞ。おい、いいか、テメーら。またいつか必ず俺がテッペンいってやるからな。とりあえず今日はビッグマッチのメインイベンターとして失格だな。また一からやり直してやるよ」


【潮崎の話】
――復帰していきなりタイトル挑戦をアピールしたが、今の怪我の状態は?

▼潮崎「怪我の状態、それを聞きますか? 万全だからこそ今日この代々木に来たんですよ。いつでもいけるから。そして、メインでああいう試合を見せられて、黙ってられないと。やはり復帰して、狙うはGHC。なぜなら“I am NOAH"だ」

――中嶋選手にベルトが似合わないという話もあったが、今日の試合をどんな風に見ていた?

▼潮崎「やっぱりあのベルトの居場所はこの俺の腰だと感じてますし、試合を見てよりその気持ちが強くなりましたね」

――大舞台でのGHC戦をアピールしたが、武道館にも思い入れがある?

▼潮崎「武道館だからこそという試合もできると思いますし。自分が欠場していた期間、いろんな選手の手に渡って、GHCのベルトの色も重みもまた増した雰囲気を感じましたよ。だからこそ元日、日本武道館、俺がいくしかないでしょ?」

――観客の反応はどう感じた?

▼潮崎「まだまだファンのみんなも声が出せない状況なんで。でも、みんなの気持ちはリング上でヒシヒシと感じるものがありました。次は元日、日本武道館のメイン。“I am NOAH"はノアをさらに上げていきます」




[338] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/29(Mon) 20:18 ID:8uTnLqQ2  [No.111700]
12月5日(日)名古屋大会の全対戦カード、及び12月7日(火)後楽園ホール大会の一部対戦カードが決定。


「THE WARROAD 2021 in NAGOYA」
12月5日(日)15:00〜 愛知・名古屋国際会議場 イベントホール

【全対戦カード】

<第1試合・8人タッグマッチ>
小峠篤司 岡田欣也 藤村加偉 矢野安崇 VS 征矢学 覇王 仁王 亜烈破

<第2試合・シングルマッチ>
原田大輔 VS  YO-HEY

<第3試合・タッグマッチ>
小川良成 吉岡世起 VS NOSAWA論外 鈴木鼓太郎

<第4試合・シングルマッチ>
桜庭和志 VS 大原はじめ

<第5試合・6人タッグマッチ>
杉浦貴 藤田和之 ケンドー・カシン VS マサ北宮 稲葉大樹 稲村愛輝

<第6試合 GHCジュニアヘビー級選手権>
(王者)HAYATA VS タダスケ(挑戦者)
※第46代王者の7度目の防衛戦。

<第7試合 8人タッグマッチ>
武藤敬司 丸藤正道 田中将斗 望月成晃 VS キング・タニー モハメドヨネ 齋藤彰俊 井上雅央

<第8試合 メインイベント・潮崎豪復帰戦>
中嶋勝彦 拳王 VS 潮崎豪 清宮海斗



「MAN CRUSH 2021」
12月7日(火) 18:30〜  後楽園ホール

【NEW決定対戦カード】

<タッグマッチ>
中嶋勝彦 拳王 VS 潮崎豪 清宮海斗

<8人タッグマッチ>
杉浦貴 桜庭和志 藤田和之 ケンドー・カシン VS マサ北宮 稲葉大樹 稲村愛輝 岡田欣也


[339] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/29(Mon) 20:19 ID:8uTnLqQ2  [No.111701]
12月25日(土)横浜ラジアントホール大会、及び12月27日(月)杉浦軍興行の一部対戦カードが決定。


「MAN CRUSH 2021」
12月25日(土) 17:30 〜 横浜ラジアントホール

【NEW決定対戦カード】

<GHCジュニアタッグ次期挑戦者決定戦>
原田大輔 小峠篤司 VS  YO-HEY 鈴木。



「杉浦軍興行 犬ども全員集合!3」
12月27日(月) 18:30〜 後楽園ホール

【NEW決定対戦カード】

<シングルマッチ>
杉浦貴 VS 船木誠勝

<シングルマッチ>
藤田和之 VS 田中将斗


[340] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/29(Mon) 20:19 ID:8uTnLqQ2  [No.111702]
連続投稿失礼します。

2022年1月1日(祝・土)、日本武道館大会のGHCヘビー級選手権試合の開催が決定。

「ABEMA presents NOAH "THE NEW YEAR" 2022」
2022年1月1日(祝・土)16:00 〜日本武道館

【NEW決定対戦カード】

<GHCヘビー級選手権>
(王者)中嶋勝彦 VS 潮崎豪(挑戦者)
※第36代王者の3度目の防衛戦。


[341] AnadrolGarryFH - 2021/11/30(Tue) 09:23 ID:zevqzEG6  [No.111703]
Importan

[342] fun◇F0vgoBE. - 2021/12/03(Fri) 19:51 ID:  [No.111713]
プロレスリングマスター≠アとGHCタッグ王者の武藤敬司(58)が、ノアvs新日本プロレスの対抗戦ムードが過熱する中で意外な緊急提言を放った。来年1月8日、ノア勢は新日本・横浜アリーナ大会に参戦する。両団体の選手が舌戦を展開し、ファンを巻き込む形で早くもヒートアップしているが、かつて史上最大の対抗戦≠ナ主役となった男は少し複雑な思いを抱える。その理由は――。

 東スポ情報ですが、大会の決定以降、対抗戦ムードは両団体のファンを巻き込んで過熱の一途をたどっている。新日本のオカダ・カズチカが「興味がない。オリンピックに出ている選手が、近所でやってる高校の(選手の)話、知らないでしょ」などと不穏発言を連発すれば、ノアも清宮海斗が「ノアのプロレスが一番だと思ってます」と負けん気をあらわにするなど、両団体の選手が早くもこちらが上≠ニ言わんばかりの舌戦を展開している。

 しかし、武藤は「今は昭和じゃねえんだ。どっちが潰れるとか、そういうものを見せる時代ではない気がするんだよ」とピシャリ。殺伐とした対抗戦≠ヘ時代にそぐわないのではないかというのだ。

 武藤と言えば、1990年代に勃発した「新日本対UWFインターナショナル」の抗争で最前線に出た。負けたほうが潰れる≠ニいう緊張感の中、95年10月9日に東京ドームで行われた両団体の全面対抗戦では、メインで高田延彦とIWGP王座をかけて一騎打ちし、見事勝利している。当時と今を比べつつ、武藤はこう続ける。

「昭和の時代はそれでよかったかもしれないけど、今度は未来に続く対抗戦にしたいよな。今はプロレス界も含め、あらゆる業種がコロナで追い詰められてさ。また(オミクロン株の感染拡大により)外国人が入れるかどうかも分からなくなったわけじゃん。そんな今、見せるは団結…とまでは言わないけど、見てる人がハッピーになるようなものがいいと思う。今までの対抗戦って、応援してる団体が負けたファンは悔しくて帰ったじゃん。そうじゃなくてさ。フタを開けてみなきゃわかんねえけど、そうあればいいなと俺は思う」

 ハッピーな対抗戦…。矛盾する言葉に見えるが、天才の脳内にはそれを実現するプロレスがすでに見えているのかもしれない。

 さらにはノアが来年元日に東京・日本武道館大会を行うことを挙げ「年明けから1週間? そりゃ、俺も大変だよ。本当は正月は家で酒、飲んでたいもん。昭和の人間だから。でもいい意味で、正月からの1週間くらいがアメリカの4月のレッスルマニアウイークみたいになればいいよな」と毎年正月のプロレスウイーク≠ェ定着することを熱望。その上で「Go Toトラベル≠フプロレス版Go To プロレス≠セよ。それなら日本もプロレスも活性化するだろ」と力説した。

 23日で59歳を迎えるアラカン王者はなお未来を見据え、マット界の先頭を突っ走るつもりなのは間違いなさそうだ。


[343] ただの全日ファン - 2021/12/05(Sun) 21:34 ID:  [No.111717]
メイン
中島勝彦&×拳王vs潮崎豪&〇清宮海斗

試合後、清宮がナショナル王座に挑戦表明。

セミファイナル終了後、田中将斗&望月成晃がGHCタッグに挑戦表明し、丸藤正道&武藤敬司も了承。


[344] fun◇F0vgoBE. - 2021/12/06(Mon) 00:38 ID:  [No.111720]
「THE WARROAD 2021 in NAGOYA」
12月05日(日) 愛知・名古屋国際会議場 イベントホール
観衆:618人

試合結果です。

〈第1試合〉8人タッグマッチ
小峠篤司&×岡田欣也&藤村加偉&矢野安崇
13分23秒 逆エビ固め
◯征矢学&覇王&仁王&亜烈破

〈第2試合〉シングルマッチ
◯原田大輔
13分47秒 片山ジャーマンスープレックスホールド
×YO-HEY

〈第3試合〉タッグマッチ
小川良成&吉岡世起×
12分02秒 サムソンクラッチ
NOSAWA論外&鈴木鼓太郎◯

〈第4試合〉シングルマッチ
◯桜庭和志
10分29秒 半径アームバー
×大原はじめ

〈第5試合〉6人タッグマッチ
杉浦貴&藤田和之&ケンドー・カシン◯
19分23秒 ストラングルホールドγ
マサ北宮&×稲葉大樹&稲村愛輝

〈第6試合〉GHCジュニアヘビー級選手権試合
(王者)◯HAYATA
18分54秒 ヘデック→体固め
(挑戦者)×タダスケ
※第46代王者が7度目の防衛に成功

〈第7試合〉8人タッグマッチ
武藤敬司&丸藤正道&◯田中将斗&望月成晃
21分53秒 スライディングDK→片エビ固め
キング・タニー&×モハメド ヨネ&齋藤彰俊
&井上雅央

〈第8試合〉潮崎豪復帰戦
中嶋勝彦&拳王×
35分10秒 ストレッチプラム式フェースロック
潮崎豪&清宮海斗◯



[345] fun◇F0vgoBE. - 2021/12/06(Mon) 00:39 ID:  [No.111721]
12月7日(火)後楽園ホール大会、12月25日(土)、横浜ラジアントホール大会
の全対戦カードが決定。


「MAN CRUSH 2021」
12月7日(火)18:30〜 後楽園ホール

【全対戦カード】

<第1試合・10人タッグマッチ>
キング・タニー モハメドヨネ 大原はじめ 藤村加偉 矢野安崇 VS 征矢学 タダスケ 亜烈破 覇王 仁王

<第2試合・シングルマッチ>
小峠篤司 VS 鈴木鼓太郎

<第3試合・タッグマッチ>
NOSAWA論外 Eita VS 吉岡世起 進祐哉

<第4試合・8人タッグマッチ>
杉浦貴 桜庭和志 藤田和之 ケンドー・カシン VS マサ北宮 稲葉大樹 稲村愛輝 岡田欣也

<第5試合・シングルマッチ>
武藤敬司 VS 望月成晃

<第6試合・タッグマッチ>
中嶋勝彦 拳王 VS 潮崎豪 清宮海斗

<第7試合・スクランブルタッグマッチ>
HAYATA YO-HEY VS 小川良成 原田大輔

<第8試合 メインイベント・シングルマッチ>
丸藤正道 VS 田中将斗




「MAN CRUSH 2021」
12月25日(土)17:30〜横浜ラジアントホール

【全対戦カード】

<第1試合・8人タッグマッチ>
齋藤彰俊 大原はじめ 藤村加偉 矢野安崇 VS 征矢学 タダスケ 亜烈破 仁王

<第2試合・シングルマッチ>
吉岡世起 VS 覇王

<第3試合・8人タッグマッチ>
丸藤正道 杉浦貴 キング・タニー モハメドヨネ VS マサ北宮 稲葉大樹 稲村愛輝 岡田欣也

<第4試合・シングルマッチ>
HAYATA VS 小川良成

<第5試合・タッグマッチ>
中嶋勝彦 拳王 VS 潮崎豪 清宮海斗

<第6試合 メインイベント・GHCジュニアタッグ次期挑戦者決定戦>
原田大輔 小峠篤司 VS  YO-HEY 鈴木鼓太郎



[346] fun◇F0vgoBE. - 2021/12/06(Mon) 00:40 ID:  [No.111722]
連続投稿失礼します。

2022年1月1日(祝・土)、日本武道館大会の追加対戦カードが決定。

「ABEMA presents NOAH "THE NEW YEAR" 2022」
2022年1月1日(祝・土)16:00〜
日本武道館

【NEW決定対戦カード】
<6人タッグマッチ>
杉浦貴 桜庭和志 KENTA VS マサ北宮 稲葉大樹 稲村愛輝

<8人タッグマッチ>
ウルティモ・ドラゴン 原田大輔 小峠篤司 大原はじめ VS NOSAWA論外 Eita YO-HEY 鈴木鼓太郎

<タッグマッチ>
藤田和之 ケンドー・カシン VS 船木誠勝 日高郁人

【発表済み対戦カード】
<GHCヘビー級選手権>
(王者)中嶋勝彦 VS 潮崎豪(挑戦者)
※第36代王者の3度目の防衛戦。




[347] fun◇F0vgoBE. - 2021/12/06(Mon) 14:53 ID:  [No.111729]
「THE WARROAD 2021 in NAGOYA」
12月05日(日) 愛知・名古屋国際会議場 イベントホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第2試合
原田大輔vsYO-HEY

【原田の話】「決定戦に向けて勝って良い弾みがつきました。でも決定戦控えてても、俺たちノアジュニア正規軍、他に比べると遅い。完全に出遅れてる。それは俺自身、すごい分かってました。でも大丈夫です。俺はここから必ず、駆け上がって、このノアジュニア、俺が引っ張ります。俺がこのノアジュニア引っ張らないとおもしろくないでしょ? 俺がノアジュニアの“その先"を見せていきます。俺がノアジュニアのエースになる。だからこれからの原田大輔、そしてN Innovation期待してください」



第3試合
小川良成&吉岡世起vs論外&鈴木鼓太郎

【試合後の論外&鼓太郎】
▼論外「代々木で屈辱的なあんな負け方して、本当にプロレスラーを辞めようかと思ったよ。屈辱的な」

▼鼓太郎「確かにな、あれはダサい」

▼論外「俺なんかプロレス界に必要ねえだろ。クソ。あんな屈辱的な負けで。まあ、勝つ時もあれば負ける時もあるということで」

▼鼓太郎「大丈夫。俺が取るよ」

▼論外「次にいくらしいんで」

▼鼓太郎「その前に桃だけどね」

▼論外「その話はいい? 次は元旦だな。俺たちの試合前に、面白い発表してくれるじゃねえか。究極龍だって? ウルティモ・ドラゴン校長? おい、俺はいろんな世界各国で本当にウルティモ・ドラゴンと戦ってきた。ある意味、海外での師匠でもあるけど、やっぱりノアに来てまで当たるとは思わなかったぜ。あいつのマヒストラルより、そして鼓太郎のマヒストラルよりも、俺のマヒストラルが本物だ。それを懸けて、元旦面白いじゃねえか。どっちがウルティモ・ドラゴンからマヒストラルで取るかだ」

▼鼓太郎「おお、いいよいいよ。俺は取ったことあるからね」

▼論外「おお、マジか。武道館、本当に個人的には嬉しいよね。ウルティモ・ドラゴンと戦えるっていう。まあ、武道館という舞台でウルティモ・ドラゴンをグチャグチャにしてやれると思うと、やっぱり俺はまだ辞めれないな」

▼鼓太郎「当たり前でしょ?」

▼論外「ルードの血がだんだん蘇ってきているよ。次は誰だ? ウルティモ・ドラゴンか。やってやるよ。武道館、楽しみにしとけ。何ならDRAGONGATEの会場にあいさつしにいってやってもいいんだぜ、俺たちで」

▼鼓太郎「いいね。それいいね」

▼論外「ギャラと交通費を用意しとけ。あとはジュニアのこと喋りなさいよ」

▼鼓太郎「なんかさ、パシリとか言っちゃってくれているけど、いいよ、パシリで。でも、そんなパシリにだいぶ熱くなってんじゃない? パシリが弱いって誰が決めたんだよ? その概念、俺がブッ壊してやるよ。それで、俺があんたの首を取りにいくから。その前に桃がだけどね。あいつらちょっと勘違いしてるな。熟した桃って言っているけど、もう熟してないよ。通り過ぎてるんだよ。真っ黒だよ。踏み潰して、メッチャメチャにしてやるから」



第4試合
桜庭和志vs大原はじめ

【試合後の桜庭】
――大原は20年前の教え子だった

▼桜庭「メキシコのストレッチとか凄くて、よく覚えたなあ…って。よく覚えたなって言ったらアレですけど、すごいなと思いました。なんじゃこりゃ?みたいな感じで途中」

――ブラジルvsメキシコ的なシーンもあった

▼桜庭「ああ(笑) そうしてください。何でもいいです。途中でレスリングも入ってたんで。ローリングとか、がぶり返しとかでセコンドが『2ポイント』とか言ってたし…(笑) 楽しかった。良い意味で楽しかったです」

――武道館ではKENTAとのトリオも決まった

▼桜庭「もうカード発表されたんですか? とりあえずがんばります。その前に何試合かあるんで、一つひとつ。あんまり遠くのことを思ってもしょうがないんで。とりあえず次を頑張ります」

【大原の話】「桜庭さんと初めてシングルやってみて、20年前の中学生だった頃に比べたら大分今日は戦えたような気がするけどね(笑) でもまだまだ追いつけないな。でも逆にいえば、俺のキャリアで培ってきたこのジャベが桜庭和志を結構追い込めたシーンが作れたと思うよ。でも俺がやってきた道は間違ってない。この桜庭さんとの試合を契機に、もっとジャベを極めて、ノア一、いや世界一のジャベ使いになって、このノアジュニアの頂点を俺がジャベでこじ開けて、必ず上り詰めてやるからな。桜庭さん、またぜひご指導のほどよろしくお願いします。というわけで今日もムイビエン!」





[348] fun◇F0vgoBE. - 2021/12/06(Mon) 14:54 ID:  [No.111730]
連続投稿失礼します。

「THE WARROAD 2021 in NAGOYA」
12月05日(日) 愛知・名古屋国際会議場 イベントホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第5試合
杉浦貴&藤田和之&ケンドー・カシンvsマサ北宮&稲葉大樹&稲村愛輝

【試合後の杉浦】
▼杉浦「元日、カード発表されたね。(KENTAと)闘うもんかと思ったら組むんだって? まぁそれならそれで、もともと彼とはNO MERCYで組んでたから。そこにサクが入って、どういうものが生まれるのか。あと武道館のカードも決まったんでね、元日“黒い恋人"(田中将斗)からラブコール受けてるんでね。それに応えるためにも、元日、めでたく行っちゃおうかね。ダブルヘッダー。向こう(ZERO1)は11:30からでしょ? 後楽園。武道館も近いから。だったら行っちゃうよ、元旦から。ベルトを持ってZERO1に乗り込む」

――船木戦も決まった

▼杉浦「自分にとっても楽しみなカードなんでね。どういう闘いになるか。船木戦は想像がつかないね」

――ちなみに最近のKENTAの動向はチェックしている?

▼杉浦「何してんの? BULLET CLUB? 誰がいるの?」

――ジェイ・ホワイトや石森太二や邪道さん、外道さんもいる

▼杉浦「え? 邪道いるの? あいついんの? キャプテン・ノアだろ? 元キャプテン・ノアだろ? 石森もいるみたいだし、元ノアにいたヤツらで組んでんだ、元ノアで組んでるチームなんだ? BULLET CLUBって」

――…そういう趣旨のチームではなく、対世界も見据えたチームだが…

▼杉浦「そうなの? でも邪道いたらダメだろ」

――悪い影響を受けていないか心配?

▼杉浦「そこは怖いね。邪道がやばいからね、ちょっと。その影響を受けてたら…ちょっと…汚れてんじゃないの? 昔のノアの頃の輝きはあるの? 汚れちゃってんじゃねえのか? 邪道と組んでたら。でもノアにはどういう立ち位置でくるのかな? 俺と組むんだったら」

――まだ何も分からない

▼杉浦「まぁでも楽しみだよね。組むっていうのは楽しみ。でも邪道は連れてこないよね? 邪道はダメだよ」



第6試合 GHCジュニアヘビー級選手権試合
HAYATAvsタダスケ

【試合後のHAYATA、小川】

※HAYATAがコメントスペースに現れると、しばらくしてから小川も登場

▼小川「HAYATA、おめでとう…」

※と握手を求めると同時に襲いかかってHAYATAを暴行、キャメルクラッチ式アームロックで絞め上げてから去る

▼HAYATA「次は…小川や…!」



セミファイナル
武藤敬司&丸藤正道&田中将斗&望月成晃vsキング・タニー&モハメド ヨネ&齋藤彰俊&井上雅央

【試合後のM's alliance】
▼武藤「(松井珠理奈さんにさんに)俺ねえ、(田中&望月と)やりたくなかったんだよ(笑) やりたくなかったんだけど、やるしかねえよな。こうなったら」

▼田中「『仲間同士は見たくない』って言うかと思いましたけど…(笑) そしたらトボトボ帰らないといけない」

▼望月「そんな恥ずかしいことあるかって…」

▼田中「望月さんと組む機会が多くて、二人でベルトっていうのは目標にあったんで」

▼武藤「でも今日、良い仕事してたよ。二人は。ただ、俺たちが一番気になるのはさ、俺たちがタイトルマッチやったら松井珠理奈はどっちの味方すると思う?」

▼珠理奈「え〜…(笑)」

▼田中「こっちは一回“マー君間違い"があったんで、こっち側についてもらわないと…(笑)」

▼丸藤「まさかタイトルマッチまで決めちゃうとは…」

▼望月「立会人ですね、この試合の」

▼珠理奈「会場の人の拍手を聞いたから…」

▼武藤「自分の意志じゃねえもんな。どっちに転んだらいいか、お客から取りに、探しにいったもんな」

▼珠理奈「やっぱり同じチーム同士が闘うほうが、そのチームの良さって伝わると思うんですよね」

▼武藤「SKEだっけ? あれだってみんなライバル同士だよな?」

▼珠理奈「そうです。総選挙になったらみんな闘いですから」

▼丸藤「一回、肌合わせましょう」

▼武藤「うし、いい試合してM's allianceファンをみんなで増やすと」

▼珠理奈「そうです! そしていつかM's alliance興行をやって欲しいですね!」

▼丸藤「そん時は珠理奈ちゃんもリングに立つんだよ」

▼珠理奈「考えておきます!」



メインイベント 潮崎豪復帰戦
中嶋勝彦&拳王vs潮崎豪&清宮海斗

【試合後の潮崎&清宮】
▼清宮「リング上で言った通りです。元日の日本武道館、GHCナショナルのベルトに俺が行きます!」

――潮崎の闘いに刺激を受けた部分はあった?

▼潮崎「そんなのねえよ。こいつはこいつで自分の道を切り開こうとしてんだよ。清宮がナショナルに挑戦する。元日に行くの? また清宮との勝負にもなるし。GHCとGHCの闘いというものを見せないといけないから。さらに厳しい状況にしてくれましたね。これで俺が獲らないと話にならないな。清宮も獲って、俺も獲る。そうしないと2022年、良いスタート切れないよ」

――欠場明け、実際に動いてみて?

▼潮崎「ノアって凄いな。プロレスって凄い。こんなことやってたんだね。9ヶ月か…ただ、9ヶ月間だけど、こんなに厳しくて、こんなに辛い、でもこんなに心の底からくるこの熱さ。復帰できて良かったよ」

――中嶋勝彦から伝わってきたものは?

▼潮崎「今日、前哨戦としても中嶋勝彦と当たりました。彼の持つGHCにはまだ遠いのかもしれない。でも俺が元日に武道館で中嶋勝彦のGHCヘビー級のベルトを奪う。その気持ちは絶対に折れない。折ることもできない。俺が必ず獲ってやるよ」

――武道館まで前哨戦で激突していくが?

▼潮崎「毎回当たればいいじゃん。毎回当たって、俺がよりGHCヘビー級のベルトに近づく。それが今のGHCヘビー級の中嶋勝彦と当たる意味だと思うよ。どんどん当たることで、どんどんGHCへの道は近くなるよ」


【拳王の話】「来年、一発目から俺が持っていく? 日本武道館大会、このベルトに挑戦させろ? おい! ナメんじゃねえぞ?清宮! やってやるよ。イキのいいテメーのなぁ、その伸び切った鼻をなあ、俺が折ってやる! いいか!? 覚悟しとけよコノヤロー!」



[349] fun◇F0vgoBE. - 2021/12/08(Wed) 20:41 ID:  [No.111738]
「MAN CRUSH 2021」
12月07日(火) 東京・後楽園ホール
観衆: 584人

遅くなりましたが試合結果です。

(第1試合)10人タッグマッチ
キング・タニー&モハメド ヨネ&◯大原はじめ&藤村加偉&矢野安崇
8分58秒 フィンランド式フォアアーム→エビ固め
征矢学&×タダスケ&亜烈破&覇王&仁王

(第2試合)シングルマッチ
×小峠篤司
11分35秒 タイガードライバー→エビ固め
◯鈴木鼓太郎

(第3試合)タッグマッチ
NOSAWA論外&Eita◯
5分36秒 トラウマ→片エビ固め
吉岡世起&進祐哉×

(第4試合)8人タッグマッチ
◯杉浦貴&桜庭和志&藤田和之&ケンドー・カシン
20分10秒 スライディングD→体固め
マサ北宮&稲葉大樹&稲村愛輝&岡田欣也×

(第5試合)シングルマッチ
◯武藤敬司
10分15秒 シャイニングウィザード→体固め
×望月成晃

(第6試合)タッグマッチ
×中嶋勝彦&拳王
20分52秒 豪腕ラリアット→片エビ固め
◯潮崎豪&清宮海斗

(第7試合)スクランブルタッグマッチ
HAYATA&YO-HEY◯
18分19秒 顔面G→片エビ固め
×小川良成&原田大輔

(第8試合)シングルマッチ
×丸藤正道
20分49秒 スライディングD→片エビ固め
◯田中将斗









[350] fun◇F0vgoBE. - 2021/12/08(Wed) 20:41 ID:  [No.111739]
「MAN CRUSH 2021」
12月07日(火) 東京・後楽園ホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第1試合
キング・タニー & モハメドヨネ & 大原はじめ & 藤村加偉 & 矢野安崇 VS 征矢学 & タダスケ & 亜烈破 & 覇王 & 仁王

【大原の話】「勝ててよかったです。この間の桜庭さんとの試合から、いい流れをもらえたのかなと思ってますし、次のカード発表されましたね? 元日、日本武道館。ウルティモ・ドラゴン会長とは2年ぶりですか? 僕の15周年の時に組んで以来かな? 久々ですね。校長といい、桜庭さんといい、自分の原点回帰の流れが来ているのかなって。大阪でベルトを失って大きな挫折を経験しましたけど、ここから這い上がります。そして、校長にEitaにどうしたらリベンジできるか教えをいただきたいなと思ってます。というわけで、今日もムイビエン」


第2試合・シングルマッチ
小峠篤司 VS 鈴木鼓太郎

【鼓太郎の話】「今日、確かめるいい機会だったよ。やっぱりあの桃は腐ってんな。あいつが腐ってるから、周りも腐ってくるんじゃないのか? 腐ったミカンと同じだよ。気づいてくれ。熟れてるんじゃねえ。もう腐ってんだ。消費期限も終わってんだよ。12月25日、ラジアントで決着つけてやるけどな、その日はお前ら桃の廃棄処分の日だ」


第3試合
NOSAWA論外 & Eita VS 吉岡世起 & 進祐哉

【試合後の論外&Eita】
▼論外「最後見ただろ? 俺の完璧な超高校級ラ・マヒストラル」

▼Eita「10カウントは入った、10カウントは。3じゃねえぞ?」

▼論外「いやいやいや、30秒は押さえ込んだぞ」

▼Eita「30はあったぞ。見てただろ? あれが本家だ、あれが本家」

▼論外「なんで最後に手を上げてるんだよ? 俺が勝ったんじゃないのか? カウント入れるのが遅いんだよ」

▼Eita「そうですね。後ろのモニター見てて、それでちょっと気づいたんで」

▼論外「そして、今日はウルティモ・ドラゴンに謝らなきゃいけない」

▼Eita「来てた? 今日」

▼論外「元日の日本武道館大会、ウルティモ・ドラゴン+ノアが誇る最強の紙コップレスラーたちだよ。本当に申し訳ないと思っている。ウルティモ・ドラゴンの無駄遣いだろ? ただよ、元日からウルティモ・ドラゴンの素顔見たくねえか?」

▼Eita「素顔はやばいぞ、あいつ。ブサイクだぞ」

▼論外「おいおい、これ、大丈夫か? 俺はウルティモ・ドラゴンをリスペクトしてるよ」

▼Eita「おい!」

▼論外「日本武道館でウルティモ・ドラゴンと戦えるなんて光栄でしかない。いいのか、そんなこと言って? 偉大なるレスラーだぜ」

▼Eita「偉大でも何でもねえよ、あんなヤツ。言っておくけどな、俺はだいぶ前にあいつとシングルやってんだよ。あの時、俺はあいつのマスクを取った。その時、あいつの髪の毛はもわもわしてたぜ。その時に俺は思ったよ。あいつは植毛してるってな。あんだけ歳いっているヤツが、あんな髪おかしいぜ」

▼論外「おいおい、トカゲのオッサンとか言い過ぎだぞ」

▼Eita「おい、トカゲのオッサンってなんだそれ!」

▼論外「俺はウルティモ・ドラゴンと戦えて光栄だよ」

※論外が去っていくと

▼Eita「武道館で無様な姿見せてやるよ。あの植毛頭。言っておくけどな、あいつは植毛しか取り柄ねえからな。究極龍でもなんでもねえぞ。ただのオッサンだ」


第4試合
杉浦貴 & 桜庭和志 & 藤田和之 & ケンドー・カシン VS マサ北宮 & 稲葉大樹 & 稲村愛輝 & 岡田欣也

【杉浦の話】「なに、向こうは元日からダブルヘッダーでダブルタイトルマッチ? これはなに、俺がなめられたの? 武藤&丸藤がなめられたの? ノアがなめられてるの? なんか悔しいよね。俺もタフで売ってるからさ。俺もダブルでタイトルマッチぐらいやりたかったよ。まあ、最初のZERO1のシングルのタイトルマッチでケチョンケチョンにして。次に武藤&丸藤が楽勝になるぐらい俺がケチョンケチョンにしておくよ。約束する。KENTAからはなにかないの? 元旦に向けては。なにもないんだ。彼は今、あれでしょ? 新日本のチームはどこ? BULLET CLUB? で、今度は杉浦軍として出るんでしょ。武道館はサクと俺とだから、杉浦軍でしょ? これはもうリバーサルがコラボして杉浦軍のTシャツを作るでしょ。KENTAに言っておいて。KENTAがリバーサルに言うように言っといて」






[351] fun◇F0vgoBE. - 2021/12/08(Wed) 20:41 ID:  [No.111740]
「MAN CRUSH 2021」
12月07日(火) 東京・後楽園ホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第5試合
武藤敬司 VS 望月成晃

【武藤の話】「実はひじょうに紙一重の試合だったね。あいつの動きとか、本当にシャープで、目が覚めたよ。実は今日、俺は今年最後の試合なんで。その中で、望月に刺激をもらいましたよ。たぶん若干体重は俺のほうが重いから、その分で勝敗がちょっとこっちに転んできただけであって、本当に緊張感のある紙一重の試合だったね。今年1年ありがとうございました。また1日から来年頑張っていきますので、よろしくお願いします」


【望月の話】「武藤敬司相手に初シングルで、そうそう勝てるとは思ってないよ、それは。でも、これはGHCタッグの前哨戦だから。今日1つ収穫があるよ。今日、最後はやられたけど、まあまあ俺のペースで、いつもゆっくりやる武藤さんを速く動かさせたっていう。まずはああいう人を倒すには、あの人の世界を少しでも崩さないといけないと思ったんで。そういう意味で、今日は収穫です。これを必ず元旦につなげます。ありがとうございました」


第6試合
中嶋勝彦 & 拳王 VS 潮崎豪 & 清宮海斗

【試合後の潮崎&清宮】
▼潮崎「前回、名古屋では俺の復帰戦が復帰戦止まりで終わってしまったことが凄い悔しかったし、復帰戦だけど、次のGHCヘビーに挑戦するのは俺だってことで。(名古屋では)出せてなかったからこそ、この勢いを掴んで、元日武道館は清宮と俺でそれぞれベルトを奪取しますよ」

▼清宮「俺はGHCのヘビーのベルト、あとGHCナショナルのベルトは違うベルトだと思うし、ノアを面として広げていく、なんてことも思ったけど、やっぱりGHCヘビーには負けたくないんで。中嶋vs潮崎より拳王vs清宮のほうが面白かったじゃんって思わせてやります」

※清宮が去っていくと

▼潮崎「そうだね。GHCを名乗るベルトということ、その試合を日本に…いや世界に見せつけてやりますよ」


第7試合・スクランブルタッグマッチ
HAYATA & YO-HEY VS 小川良成 & 原田大輔

【YO-HEYの話】「ノアジュニアをドカーン!」

【原田の話】「誰が敵とか、そんなの関係ない。俺はこのノアジュニアのエースになる男や。これからもどんどん俺はいくぞ」


第8試合
丸藤正道 VS 田中将斗

【田中の話】「本当にリング上で言った通り、ノアさんには凄く感謝しています。自分の個人的なこともそうだし、団体のこともそうだし、ノアさんには凄く協力していただいて、団体を挙げてたぶんみんな感謝していると思うんですけど、ただ、ベルトがノアさんにあるということ、それは必ず獲り返しにいかなあかんし、プロレス始めでは個人的にシングルいって、タッグいって。『二兎を追う者は一兎をも得ず』という言葉もありますけど、俺は二兎をガッチリ取るから。ベルトを。ノアさんになにが返せるかって言ったら、うちの人間誰が上がろうと返せないと思うんで。リングの上で俺の戦いを見せて、それを返すしかないと思ってるから。その価値を上げるためにも、プロレス始めで杉浦さんに勝って、そのベルトを持って、武道館にも行って、タッグのベルトも獲る。それが俺のノアさんに対する恩返し。同じM's allianceであっても容赦しないし、ベルトを獲りにいくし、負傷箇所があるんだったらそこは狙ってでも、どんなことをしてでも俺らはベルト獲る」



[352] fun◇F0vgoBE. - 2021/12/08(Wed) 20:42 ID:  [No.111741]
連続投稿失礼します。

12月27日(月)、杉浦軍興行 犬ども全員集合!3後楽園ホール大会の全対戦カードが決定。

「杉浦軍興行 犬ども全員集合!3」
12月27日(月)18:30〜  後楽園ホール

【全対戦カード】
<第1試合・タッグマッチ>
YO-HEY 日高郁人 VS 藤村加偉 矢野安崇

<第2試合・シングルマッチ>
キング・タニー VS 現在交渉中

<第3試合・6人タッグマッチ>
丸藤正道 大原はじめ 井上雅央 VS 桜庭和志 NOSAWA論外 中村大介

<第4試合・10人タッグマッチ>
中嶋勝彦 拳王 征矢学 覇王 仁王 VS 潮崎豪 清宮海斗 稲葉大樹 原田大輔 小峠篤司

<第5試合・シングルマッチ>
藤田和之 VS 田中将斗

<第6試合 メインイベント・シングルマッチ>
杉浦貴 VS 船木誠勝



[353] fun◇F0vgoBE. - 2021/12/12(Sun) 20:32 ID:oKZtSWIE  [No.111750]
「MAN CRUSH 2021」
12月12日(日) 静岡・キラメッセぬまづ

試合結果です。

〈第1試合〉6人タッグマッチ
モハメド ヨネ&齋藤彰俊&岡田欣也×
11分02秒 ストゥーカスプラッシュ→片エビ固め
タダスケ&覇王&仁王◯

〈第2試合〉シングルマッチ
◯吉岡世起
10分47秒 クラッシュドライバー→エビ固め
×亜烈破

〈第3試合〉6人タッグマッチ
HAYATA&井上雅央&藤村加偉×
15分17秒 ファンキープレス→片エビ固め
小川良成&◯キング・タニー&矢野安崇

〈第4試合〉6人タッグマッチ
NOSAWA論外&▲YO-HEY&鈴木鼓太郎
4分59秒 両軍リングアウト
▲原田大輔&小峠篤司&大原はじめ

〈第5試合〉タッグマッチ
丸藤正道&稲葉大樹×
21分54秒 監獄固め
杉浦貴&マサ北宮◯

〈第6試合〉6人タッグマッチ
中嶋勝彦&◯拳王&征矢学
19分26秒 P.F.S→片エビ固め
潮崎豪&清宮海斗&稲村愛輝×




[354] fun◇F0vgoBE. - 2021/12/13(Mon) 23:32 ID:FgE5ULyI  [No.111752]
「MAN CRUSH 2021」
12月12日(日) 静岡・キラメッセぬまづ

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第4試合
NOSAWA論外&YO-HEY&鈴木鼓太郎vs原田大輔&小峠篤司&大原はじめ

【試合後の原田&小峠&大原】

▼原田「勝ったぞ。このまま挑戦者決定戦、武道館、そしてN Innovation。勢いに乗って俺たちは行くぞ」

▼小峠「結果出てないからリング上ではひどい言われようやけど、チームメイトは俺を強くしてくれるし、折れない心、強い気持ちを持って必ずベルト、持って帰ってくるよ」

▼大原「今日は何の日か知ってますか? 今日はね、ウルティモ・ドラゴン校長のお誕生日なんです。その日にウチらに良い流れが作れたんで、武道館に向けて。このままムイビエンな仲間との絆を深めて突っ走っていきます。楽しみにしててください」

▼原田「見ててください。俺たちがドカーン!といくぞ」



セミファイナル
丸藤正道&稲葉大樹vs杉浦貴&マサ北宮

【試合後の杉浦&北宮】
▼北宮「プロレスってのは、何があるか分からない。春先までは『ふざけたオッサン』とか言ってたけど、年末の今ごろにはこうしてタッグ組んでることもある。だから面白いよ」

――北宮と組んでみて?

▼杉浦「組んでて別に何も心配することないしね。タイプ的に組んでもやりやすくて」

――武道館では対角線に立つ

▼杉浦「俺からあえてメッセージを送るとすれば、KENTA一色にあの試合染めて欲しくないから。対戦相手の若い連中がKENTAを潰すぐらいの覚悟でいかないと、試合も盛り上がらないからね。そんぐらいのエールを送っておきたいね。敵だけど」

▼北宮「敵ながら貴重なアドバイスどうもありがとうございます。また機会があれば、ありがとうございました」



メインイベント
中嶋勝彦&拳王&征矢学vs潮崎豪&清宮海斗&稲村愛輝

【清宮の話】「潮崎でも中嶋でも拳王でもないよ! 俺が来年、ノア持ってくぞ! GHCナショナルのベルト、俺が獲るぞオイ!」



[355] fun◇F0vgoBE. - 2021/12/14(Tue) 20:13 ID:bDg.0hFk  [No.111756]
今年で48回目を迎えた東京スポーツ新聞社制定「2021年度プロレス大賞」選考委員会が13日にオンラインで行われ、年間最高試合賞(ベストバウト)は、2月12日のノア日本武道館大会で行われたGHCヘビー級選手権、潮崎豪(39)対武藤敬司(58)に決定した。武藤の同賞受賞は2011年以来10年ぶり3度目、潮崎は初受賞となった。ベテラン同士の重厚なファイトが2021年のプロレス界を魅了した。

 東スポ情報ですが、ベストバウトに選ばれたのは、武藤が史上3人目となる主要3団体シングル王座制覇を達成した潮崎とのGHCヘビー級王座戦でした。

 団体として10年ぶりの進出となった日本武道館大会のメインで行われ、武藤が2018年3月に両ヒザの人工関節置換術を受けて以来となる月面水爆の体勢に入るも、飛ぶのをためらい話題になった。潮崎の逆水平チョップ、ラリアートなどで追い込まれた武藤が最後はフランケンシュタイナーから押さえ込み、歓喜の3カウントを奪った。

 飯伏幸太の欠場により、試合当日に挑戦者が棚橋弘至に変更になった鷹木信悟とのIWGP世界ヘビー級王座戦と決選投票の末、過半数の11票を獲得。特別選考委員の蝶野は「今の若い世代のハイスピードレスリングとは全く違う、昭和、平成のプロレス。こういう試合はもうなかなか見られない」と絶賛した。

 武藤は「ある意味、ノアでの俺の地位、立場を上げてくれた。潮崎の強さが俺を導いて、覚醒させてくれたというか。チョップがいてえんだよ。橋本(真也)と同じで『よくまあ、あんなに人を殴れるなあ…』って思う」と苦笑い。58歳での同賞受賞は快挙だが、上には上がいる。ベストバウトの最年長記録は2015年に受賞した天龍源一郎でこの時なんと65歳。武藤も還暦目前だが「ムーンサルトのことだけじゃなくて、最後のフランケン(シュタイナー)も昔に比べたら(高く)跳ねてないわけだ。そういうところも含めて評価されたことこそ、プロレスが体力や若さだけじゃない、素晴らしいもの、アートなんだと思う。あとMVPは来年の活力になるな」と59歳でのMVP奪取に目を輝かせる。

 一方の潮崎は「自分の中でGHC王者として自信と誇りをもって戦いました。負けたので悔しいけど、受賞できたのは光栄です。試合を通じて武藤敬司≠ニいうものを感じることができた。最後の最後に引き出しを開けるすごさを感じた試合でした」と相手を称賛。来年に向け「勝ってベストバウトを受賞してMVPも狙いたい。元日の(日本)武道館大会もありますから。自分にとってもノアにとってもプロレス界にとっても最高のスタートを切って22年は今年以上にハッピーな年にしたいです」と拳を握り締めた。


[356] fun◇F0vgoBE. - 2021/12/15(Wed) 22:07 ID:6MKG0Th.  [No.111758]
東京スポーツ新聞社制定「2021年度プロレス大賞」の選考会が13日に行われ、年間最高試合賞(ベストバウト)に2021年2月12日日本武道館での潮崎豪vs武藤敬司のGHCヘビー級選手権試合が選出されました。

武藤選手の年間最高試合賞受賞は、10年ぶり3度目(2011年、1999年)、潮崎選手は初受賞となります。

公式ホームページにおける受賞に際しまして、各選手のコメントです。

<武藤敬司選手コメント>

2021年東スポプロレス大賞ベストバウト、おかげさまで受賞することができました。

これもひとえに対戦相手の潮崎豪選手、そして周りで俺を支えてくれたノアのスタッフの皆んなのおかげだと思っております。

ちょっと体力が落ちている俺でも受賞ができる、改めてプロレスはアート、芸術だな、と感じることができました。

本当はMVPも狙っていたんですが、それはちょっと落ちてしまいました。

ということは、来年はMVP狙って頑張ります。


<潮崎豪選手コメント>

東スポプロレス大賞ベストバウト受賞ありがとうございます。

緑の誇りと自信を持って闘った試合です。負けた試合ではありますが、受賞出来てすごく嬉しく思っています。これに奢ることなく精進して参りますので、皆さん応援よろしくお願いします。

プロレスリング・ノア元日日本武道館大会、GHCヘビー級のベルトを必ず自分の腰に巻きます。

応援よろしくお願いします。

I AM NOAH!


[357] fun◇F0vgoBE. - 2021/12/17(Fri) 22:55 ID:Leqkl99.  [No.111770]
スポーツ報知の情報ですが、遅くなりましたが丸藤正道が16日、メルパルクホール大阪で3150ファイトクラブの亀田興毅会長プロデュースによるボクシングイベント「3150ファイトVol.1」に参戦。お笑いコンビ「TKO」の木下隆行と「エンタメファイト」(エキシビションマッチ。1分2回戦)で対戦しました。

 試合は20キロ以上の体重差にもかかわらず序盤から果敢に攻め込んだ丸藤だったが、木下の必死の反撃もあり、スリップダウンしてしまうシーンもあった。試合は意外な接戦にもつれ込み、まったく目の離せない攻防で2ラウンド引き分けに終わった。

 新たな挑戦を果たした丸藤は「本当に僕はボクシングに関してはド素人なんですけど、亀田(興毅)会長のボクシングに対する熱い思いと、恩返しをしたいという、そういう気持ち(を受けて)このリングに立たせていただきました。このコロナ禍、まだまだ落ち着きませんが、僕たちプロレスラーも頑張ります、ボクシング関係の皆さんも是非とも頑張って、世界を元気にしましょう!ファンの皆さんもよろしくお願いします」とコメントした。

 木下との対戦に「まあ、人それぞれいろいろ受け取り方ってのはあるんで、まあ、ちょっとはカチンときましたけど、その後のボクシングに対する練習であったり、姿勢であったり、そういうものを木下さんのYoutubeで拝見させていただいて、本気で頑張っていたんで、僕はもう素晴らしいと思いましたし」と振り返り「実際やってみて、パンチもめちゃくちゃ重くてですね、ヤベェヤベェ、オレが『TKO丸藤』になっちゃうと思いまして。ほんとに危なかったです。まあこういう機会を作ってくれた木下さんには本当に感謝しています。ありがとうございます」とコメントしていたそうです。


[358] fun◇F0vgoBE. - 2021/12/25(Sat) 20:27 ID:XzsEmZMs  [No.111780]
「MAN CRUSH 2021」
12月25日(土) 神奈川・横浜ラジアントホール

試合結果です。

〈第1試合〉8人タッグマッチ
齋藤彰俊&大原はじめ&×藤村加偉&矢野安崇
14分30秒 地団駄ラリアット→片エビ固め
征矢学&◯タダスケ&亜烈破&仁王

〈第2試合〉シングルマッチ
◯吉岡世起
11分30秒 十字架固め
×覇王

〈第3試合〉8人タッグマッチ
丸藤正道&杉浦貴&◯キング・タニー&モハメド ヨネ
18分10秒 go2sleep→片エビ固め
マサ北宮&稲葉大樹&稲村愛輝&岡田欣也×

〈第4試合〉シングルマッチ
◯HAYATA
1分10秒 クロスフィックス
×小川良成

〈第5試合〉タッグマッチ
中嶋勝彦&拳王◯
16分25秒 レフェリーストップ※右ハイキック
潮崎豪&清宮海斗×

〈第6試合〉GHCジュニア・ヘビー級タッグ王座
次期挑戦者決定戦
原田大輔&小峠篤司×
23分53秒 顔面G→エビ固め
◯YO-HEY&鈴木鼓太郎
※YO-HEY&鈴木鼓太郎が挑戦権獲得









[359] fun◇F0vgoBE. - 2021/12/27(Mon) 00:08 ID:uxvsfX9w  [No.111782]
「MAN CRUSH 2021」
12月25日(土) 神奈川・横浜ラジアントホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第2試合
吉岡世起vs覇王

【吉岡の話】「元日の日本武道館で当たる覇王、亜烈破から連続で3カウントだ……見てろ」



第3試合
丸藤正道&杉浦貴&キング・タニー&モハメド ヨネvsマサ北宮&稲葉大樹&稲村愛輝&岡田欣也

【タニーの話】「(12・27後楽園の杉浦軍興行で)交渉中のX、分かってるよ。俺の“黒歴史"を作ったヤツ。あいつもファンキーにしちゃうよ〜!」



セミファイナル
中嶋勝彦&拳王vs潮崎豪&清宮海斗

【拳王の話】「見たかオイ!? 清宮、テメーのやろうとしてることはな、お見通しなんだよ! すべて俺の掌(てのひら)の上で転がされてんだよ。オイ、清宮! 1月1日、元旦…いや、ちょっと先走りすぎたな…元旦じゃねえよな? 元日だ。元日・日本武道館、俺がな、お前をまた掌の上で転がしてやるからな。清宮海斗、1月1日、楽しみにしとけ」



メインイベント GHC Jr.タッグ選手権次期挑戦者決定戦
原田大輔&小峠篤司vsYO-HEY&鈴木鼓太郎

【試合後のYO-HEY&鼓太郎】
▼鼓太郎「俺のイメージしてた通り、型にハマったね。YO-HEYの底上げがペロスの底上げになって、ノアジュニアの底上げにもなる」

▼YO-HEY「もともと、ちょっとだけやけど(鼓太郎とは)組んどったこともあるし、今日も試合見て分かったやろ? 俺と鼓太郎さんの息ピッタリな連係。まだまだあるからな〜楽しみにしとけよ」

▼鼓太郎「1日に小川とHAYATAがシングル(のタイトルマッチ)やるし、どうなるか分からないけど…。普通にどっちかが勝ってハイ仲直りってなるような想像はまったくできないからね。すんなり選手権試合を迎えられるとも思ってないけど、まぁ関係なくあいつら(小川&HAYATA)から引っぺがすだけだから。YO-HEYが言った通り、お年玉もらおうぜ」

▼YO-HEY「オッケー。楽しみや、何に使おうか…」

▼鼓太郎「あと桃の廃棄処分もこれで終わりだから」

▼YO-HEY「しっかり掃除しとけ〜」



[360] fun◇F0vgoBE. - 2021/12/27(Mon) 21:06 ID:uxvsfX9w  [No.111790]
「杉浦軍興行 犬ども全員集合!3」
12月27日(月) 東京・後楽園ホール
観衆: 411人

試合結果です。

〈第1試合〉タッグマッチ
YO-HEY&日高郁人◯
11分20秒 ショーンキャプチャー
×藤村加偉&矢野安崇

〈第2試合〉シングルマッチ
×キング・タニー
6分21秒 変形回転エビ固め
◯ X=ケンドー・カシン

〈第3試合〉6人タッグマッチ
丸藤正道&大原はじめ&井上雅央×
13分32秒 フロントネックロック
◯桜庭和志&NOSAWA論外&中村大介

〈第4試合〉10人タッグマッチ
◯中嶋勝彦&拳王征矢学&覇王&仁王
17分44秒 ヴァーティカルスパイク→体固め
×潮崎豪&清宮海斗&稲葉大樹&原田大輔&小峠篤司

〈第5試合〉シングルマッチ
△藤田和之
30分00秒 時間切れ引き分け
△田中将斗

〈第6試合〉シングルマッチ
◯杉浦貴
9分51秒 オリンピック予選スラム→エビ固め
×船木誠勝


メインの試合後、杉浦の立つリングに新日本での入場テーマにてKENTAが来場。杉浦とのやり取りで杉浦軍のTシャツは受け取らずとも、1・1、1・8は杉浦軍としてリングに上がる事を約束し、会場を後にしました。


[361] fun◇F0vgoBE. - 2021/12/28(Tue) 20:34 ID:nO7nMWIc  [No.111791]
「杉浦軍興行 犬ども全員集合!3」
12月27日(月) 東京・後楽園ホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第2試合
キング・タニーvsケンドー・カシン

【試合後のカシン、青木&堀田】
▼カシン「(堀田は)かわいいじゃないか」

▼青木「周知の事実ですよ」

▼カシン「譲ってくれないか?」

▼青木「俺らファミリーですから」

▼カシン「じゃあ、東スポファミリだー。いきます。じゃあ…」

▼3人「We are 東スポファミリー!」

▼カシン「以上。堀田さん、近くで見ると本当にかわいいですね」

▼堀田「ありがとうございます。ハハハ(照れ笑い)」

▼青木「かわいいっすよ」



第3試合
丸藤正道・大原はじめ・井上雅央vs桜庭和志・NOSAWA論外・中村大介

【試合後の丸藤&大原&井上】
▼丸藤「井上さん、勝ちのチャンスを僕とはじめちゃんで作り上げたのに…」

▼大原「結構あったんですけどね」

▼井上「全部パクられた…。全部パクられた…」

▼丸藤「井上さん…。2021年ノアの最終興行、勝ちたかった」

▼大原「元日前最後の大会だったから。クソ!」

▼丸藤「よし、これは、今度どこかで俺とはじめちゃんvs井上さんをやろう」

▼大原「そうですね」

▼丸藤「よし、決まりだ!」

※丸藤と大原が去っていくと

▼井上「ちょっとちょっと。ちょっと待て。話が全然違うだろ。勘弁してくれよ、本当に…。まあ、桜庭さんが俺のことを好きってことはわかったから。きっちり決着つけますよ」



第4試合
中嶋勝彦・拳王・征矢学・覇王・仁王vs潮崎豪・清宮海斗・稲葉大樹・原田大輔・小峠篤司

【中嶋の話】「リング上で言った通りだ。次は武道館だな。潮崎、お前が負けたらもう二度と“I am NOAH"なんて言うな。俺がノアだ」

【拳王の話】「終わったな。前哨戦、終わったぞ。次は1月1日、日本武道館。いいか、清宮。お前に本気を見せてやる」



セミファイナル
藤田和之vs田中将斗

【試合後の田中】
▼田中「いい獲物見つけたね。(藤田は)どうせフラフラになりながらも、堂々とコメント出しとったんやろ? 俺だって強がって、ピンピンしとかないと。これが元旦で杉浦を倒して、タッグのベルトを狙う男の戦い方や。本当に杉浦戦前にいい刺激もらったね。いつか本当に倒さなきゃいけないと思ってるし、やっておもろいかどうかやる前はわからんかったけど、ここでやってておもろい相手をまたひとり見つけたね。いつか俺が倒したいって気持ちはもちろん強いけど、ケリをつけなきゃ。今日見に来てくれたお客さんはこの続きを、どっちが勝つか、どっちが強いかを見たいと思うだろうから、いずれ決着をつけなあかん。でも、あんだけガンガン来て、エルボーをガンガン打って、あまりびくともしない相手は本当に久々やね。野獣、そう言われてもおかしくないし、彼とあんだけの試合をして、ここに立ってられる。それだけで元日2試合できる…ノアの杉浦、そしてノアのタッグの最高峰のベルトを狙える自信になった。1月1日、プロレス初め、2本のベルトを必ず巻きたいなと思います」

――中西学選手を思い出したのでは?

▼田中「中西学は野人だったけど、こっちは野獣だからね。野人と野獣、どっちが強いのかわからんけど、2人ともこういう言い方をして失礼かもしれんけど、人間離れしているというか。打っても効いているのか効いてへんのかわからんよね。ヘッドバットもガンガンこっちが打っているのに、僕より(頭蓋骨の)厚みがあるんじゃないかなってぐらいの凄い衝撃がこっちに来たんで。でも、シングルでガッチリやってみて、次にどうやって攻略するか、楽しみになりました」

【試合後の藤田】
※藤田がコメントスペースにやってくると、カシンが瓶ビールを2本持って登場する

▼カシン「いい汗かいた?」

▼藤田「いい汗かいた」

▼カシン「いい汗かいたら、はい」

※カシンが瓶ビールを手渡す

▼藤田「おっ、さすが。(栓が閉まっているのを見ると)どうすんだよ、これ? 栓抜きがないよ! 栓抜きがない!」

▼カシン「栓抜き」

※カシンが栓抜きを手渡す

▼藤田「最高」

▼カシン「チャンピオンシップ狙えるよ」

▼藤田「ありがとうございました。お疲れ様でした」

▼カシン「お疲れさん」

※2人とも瓶ビールをラッパ飲みする

▼藤田「美味い! 美味い! 汗かいたあとのビールは最高だね。おかわり! (すでにカシンがいなくなっていることに気づくと)あれ、帰っちゃった? じゃあ、お開き。お疲れさん。来年もよろしく。よいお年を」



メインイベント
杉浦貴vs船木誠勝

【試合後の杉浦、KENTA】
※2人でコメントブースにやってくると

▼KENTA「おいおい、あんなことしに俺は来たんじゃねえぞ。なんだ最後の?」

▼杉浦「いや、いつもやってるんで」

▼KENTA「いや、知らねえわ。定着してねえよ。みんな知らねえよ。いつものみたいな感じで俺に言われてもわかんないから」

▼杉浦「面白かった? でも、元日、8日と杉浦軍に入るかどうかはわからないけど、杉浦軍として戦ってくれるって宣言してくれて。こんな嬉しいことはないよね」

▼KENTA「言っちゃった?」

▼杉浦「言った」

※ここで桜庭が姿を現す

▼桜庭「ちょっと待って。杉浦軍に入ったの?」

▼杉浦「入った入った」

▼KENTA「いやいや、入ったとは言ってないでしょ?」

▼杉浦「入りました。(KENTAに)杉浦軍のお笑い担当のサクです」

▼KENTA「なに担当?」

▼杉浦「お笑い担当」

▼桜庭「お笑いじゃないです」

▼杉浦「ガリットチュウです」

▼桜庭「違う違う」

▼KENTA「この3人でやるわけでしょ?」

▼杉浦「やります。武道館と横浜」

▼桜庭「1日と8日」





[掲示板へ戻る] [前100] [1-100] [101-200] [201-300] [最新50]
処理 記事No パスワード

お名前
E-mail
コメント
URL
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色