[掲示板へ戻る]

2021 プロレスリング・ノア

[1] fun◆GOvMmkNg - 2020/12/08(Tue) 23:42 ID:  [No.110811]
「NEW SUNRISE 2021】
2021年01月04日(月)18:30〜
東京・後楽園ホール

「HIGHER GROUND 2021」
2021年01月10日(日)11:30〜
東京・後楽園ホール

2021年01月16日(土)17:30〜
横浜ラジアントホール

エディオンアリーナ大阪 第2競技場大会
2021年01月23日(土)13:00〜
大阪・エディオンアリーナ大阪第2競技場

2021年01月31日(日)11:30〜
東京・後楽園ホール

「ABEMA presents DESTINATION 2021 〜BACK TO BUDOKAN〜」
2021年02月12日(金)18:00〜
東京・日本武道館

2021年のノアのスレッドです。
良かったら活用して下さい。


[249] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/03(Fri) 05:33 ID:  [No.111483]
杉浦貴インタビューです。

ノア年間最大のリーグ戦『N-1 VICTORY 2021』に、今年はGHCナショナル&世界ヘビー二冠王者として参戦する杉浦貴。GHCヘビー戴冠経験者3人を擁する激戦のAブロックにエントリーし、開幕戦(9・12後楽園)の初戦ではいきなり武藤敬司と激突する。とはいえ当の本人は、ビッグネームのレジェンドを前にしても“杉浦節"を決め込み、年末に向けて“三冠王への道"を見据えた――。



――N-1が近づいてきた

▼杉浦「みんな優勝目指して出るワケだから、そこしか無いでしょ」

――今年は4ブロック制で争われ、メンバーも豪華だ

▼杉浦「出る選手は多いからね。それだけ層が厚いリーグ戦になってきたんじゃないかな」

――そして初戦から武藤敬司と当たる

▼杉浦「初シングルだからね。勢いつけるにはちょうどいい相手じゃない?」

――レジェンドでビッグネームだが…

▼杉浦「キャリアでいったらそうだけど、(武藤がノアに)入ったのいつ? 入団…いや、入門したの」

――今年なので1年も経っていない

▼杉浦「じゃあ新弟子じゃん、お前」

――年齢もキャリアもかなり上だが、この団体内で序列を決めるのは…

▼杉浦「入った順番だろ!」

――武藤敬司というレスラー自体への印象というのは?

▼杉浦「だから新弟子だろ!!」

――いや、相当な実績や名勝負を…

▼杉浦「知らないもん! ファンじゃねえからさ。じゃあどんな実績かお前言えよ!」

――GHCも獲りましたしIWGPも三冠も海外のタイトルも…

▼杉浦「なに? 試合する時、“実績"で勝てるの? カンケーねえよ」

――現時点での力量は恐れるに足りず…と?

▼杉浦「そういうことだよ」

――気をつける点があるとすれば?

▼杉浦「試合の色、空気感、リズム…あの人が試合を支配していくことが多いからね。そこを持ってかれないようにすることかな」

――自身としてはどんな試合を

▼杉浦「俺はいつも通り」

――相手が新弟子というからにはどんな勝ち方を?

▼杉浦「そりゃ逆エビ固めだろ! それかフロントネックロックで瞬殺!」

――なるほど…とはいえ初戦から武藤戦、しかも公式戦は3戦のみで一戦の重みもより増している

▼杉浦「ブロックが増えた分、試合は減ったけど、決勝行くには落とせないよね、1試合も。(公式戦は)3試合しかないワケでしょ? 1試合でも落としたらもうダメって覚悟でやらないと。だから“初戦は勝たないと"じゃなくて、初戦も勝たなきゃいけないし、残りの2試合も勝たないといけない」

――グローバル・リーグ戦は制覇しているが、N-1改称後は制覇していない

▼杉浦「うん、(N-1覇者の称号も)欲しいよね」

――特に今年はGHCナショナルと世界ヘビーの二冠王として出場する

▼杉浦「ベルト巻いてるからね。俺自身はそこまで意識はしてないけど、周りがそうやって見てくるワケだから」

――そういう意味でも万が一、土がついてしまうとチャンピオンとしての権威も…

▼杉浦「なんだお前? 土がつくって。やる前から負けること考えるバカいるかよ。バカヤロー!!」

――申し訳ありません…同じAブロックには武藤敬司のほかにも、清宮海斗、征矢学もいる

▼杉浦「他のブロックと比べちゃアレだけど、なかなか落とせないメンバーが揃ったブロックに入ったな。“おいしいブロック"だなと思う部分もあるけど」

――清宮の現状については? 悩んでいる状況が続いているが、変化などは感じる?

▼杉浦「変化…? してんの?」

――変化しようともがいている状況なのかもしれない

▼杉浦「まぁアイツも、そういう意味では『ここで突き抜けたい、飛び出したい』っていう思いがあって、それが試合に出てくるのかもしれないけど、それはみんな『上に行きたい』と思ってやってるワケだから。まぁ、悩んでるヤツには負けないよ。悩んでプロレスやってるようなヤツに」

――征矢選手については?

▼杉浦「試合とか見てると良いモン持ってんだけど、なんていうかな“谷口臭"がするっていうか。良いモン持ってて、良い選手になるって言われながら、そのまま平行線で行っちゃう選手っているじゃん? そのニオイがするね」

――征矢も真っ向勝負が身上だが?

▼杉浦「うん、やりやすいっていうか良い試合はできそうだよね」

――征矢学はやりやすい相手で、清宮海斗は悩んでるから負けなくて、武藤敬司は…

▼杉浦「新弟子だろ? そしたらもう俺しかいねーじゃん」

――優勝すると丸藤正道のGHCヘビーに挑戦できるが、丸藤は今年不参加となっている

▼杉浦「別に。(丸藤不参加については)俺はなんとも思わない」

――GHCナショナル、世界ヘビーに加えてGHCヘビー…という三冠王への道を切り拓くだけだと

▼杉浦「うん。今年も下半期が深まるにつれ、そういう称号が手に入ったらいいよね」

――今年の最後に『2021年は杉浦の年だった』と…

▼杉浦「うん、そうやって終われればいいよね」


[250] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/03(Fri) 21:50 ID:  [No.111484]
「NOAH Jr. YOKOHAMA OVATION」
9月03日(金) 神奈川・横浜ラジアントホール

試合結果です。

〈第1試合〉タッグマッチ
◯覇王&仁王
7分32秒 片エビ固め ※ダイビングボディアタックを切り返す
藤村加偉&矢野安崇×

〈第2試合〉シングルマッチ
×YO-HEY
10分17秒 空回弾→片エビ固め
◯亜烈破

〈第3試合〉シングルマッチ
◯原田大輔
10分51秒 片山ジャーマンスープレックスホールド
×タダスケ

〈第4試合〉6人タッグマッチ
小川良成&吉岡世起&進祐哉×
15分53秒 フィンランド式フォアアーム→エビ固め
小峠篤司&◯大原はじめ&宮脇純太

〈第5試合〉シングルマッチ
◯清宮海斗
16分23秒 ストレッチプラム式フェースロック
×NOSAWA論外

〈第6試合〉GHCジュニアヘビー級選手権試合
(王者)◯HAYATA
14分12秒 エビ固め ※タイガードライバーを切り返してのヘデック
(挑戦者)×鈴木鼓太郎
※第46代王者が3度目の防衛に成功


[251] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/03(Fri) 23:09 ID:  [No.111485]
改めまして「N-1 VICTORY 2021」
出場選手・公式戦対戦カードです。

【N-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~出場選手】

<Aブロック> 武藤敬司/杉浦貴/清宮海斗/征矢学

<Bブロック> 拳王/望月成晃/ケンドー・カシン/稲葉大樹

<Cブロック> 中嶋勝彦/桜庭和志/田中将斗/鈴木鼓太郎

<Dブロック> マサ北宮/齋藤彰俊/船木誠勝/藤田和之

※村上和成は欠場。代わりに出場決定戦に勝利したケンドー・カシンが出場。


N-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~
9月12日(日)11:30〜 後楽園ホール

<N-1 VICTORY 2021・Aブロック公式戦>
武藤敬司 VS 杉浦貴

<N-1 VICTORY 2021・Bブロック公式戦>
拳王 VS ケンドー・カシン

<N-1 VICTORY 2021・Cブロック公式戦>
中嶋勝彦 VS 田中将斗

<N-1 VICTORY 2021・Dブロック公式戦>
マサ北宮 VS 藤田和之



N-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~
9月18日(土)20:00〜ノア特設アリーナ
(無観客大会)
※WRESTLE UNIVERSEにて配信

<N-1 VICTORY 2021・Aブロック公式戦>
清宮海斗 VS 征矢学

<N-1 VICTORY 2021・Bブロック公式戦>
望月成晃 VS 稲葉大樹

<N-1 VICTORY 2021・Cブロック公式戦>
桜庭和志 VS 鈴木鼓太郎

<N-1 VICTORY 2021・Dブロック公式戦>
船木誠勝 VS 齋藤彰俊



N-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~
9月19日(日) 20:00〜ノア特設アリーナ
(無観客大会)
※WRESTLE UNIVERSEにて配信

<N-1 VICTORY 2021・Aブロック公式戦>
武藤敬司 VS 征矢学

<N-1 VICTORY 2021・Bブロック公式戦>
拳王 VS 稲葉大樹

<N-1 VICTORY 2021・Cブロック公式戦>
中嶋勝彦 VS 鈴木鼓太郎

<N-1 VICTORY 2021・Dブロック公式戦>
藤田和之 VS 齋藤彰俊


N-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~
9月20日(祝・月)20:00〜 ノア特設アリーナ(無観客大会 )
※WRESTLE UNIVERSEにて配信。
 
<N-1 VICTORY 2021・Aブロック公式戦>
杉浦貴 VS 清宮海斗

<N-1 VICTORY 2021・Bブロック公式戦>
望月成晃 VS ケンドー・カシン

<N-1 VICTORY 2021・Cブロック公式戦>
桜庭和志 VS 田中将斗

<N-1 VICTORY 2021・Dブロック公式戦>
マサ北宮 VS 船木誠勝


N-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~
9月26日(日) 18:00〜 後楽園ホール

<N-1 VICTORY 2021・Aブロック公式戦>
武藤敬司 VS 清宮海斗
杉浦貴 VS 征矢学

<N-1 VICTORY 2021・Bブロック公式戦>
拳王 VS 望月成晃
ケンドー・カシン VS 稲葉大樹

<N-1 VICTORY 2021・Cブロック公式戦>
中嶋勝彦 VS 桜庭和志
田中将斗 VS 鈴木鼓太郎

<N-1 VICTORY 2021・Dブロック公式戦>
藤田和之 VS 船木誠勝
マサ北宮 VS 齋藤彰俊








[252] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/03(Fri) 23:09 ID:  [No.111486]
9月12日(日)、後楽園ホールで行うN-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~大会の全対戦カードが決定。

「N-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~」
9月12日(日) 11:30〜 後楽園ホール

【全対戦カード】
<第1試合・6人タッグマッチ>
タダスケ 覇王 亜烈破 VS 宮脇純太 藤村加偉 矢野安崇

<第2試合・N-1 VICTORY 2021・Dブロック公式戦>
マサ北宮 VS 藤田和之

<第3試合・N-1 VICTORY 2021・Bブロック公式戦>
拳王 VS ケンドー・カシン

<第4試合・GHCジュニアヘビー級タッグ選手権>
(王者)吉岡世起 進祐哉 VS 小峠篤司 大原はじめ(挑戦者)
※第44代王者の2度目の防衛戦。

<第5試合・N-1 VICTORY 2021・Cブロック公式戦>
中嶋勝彦 VS 田中将斗

<第6試合 メインイベント・N-1 VICTORY 2021・Aブロック公式戦>
武藤敬司 VS 杉浦貴


[253] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/03(Fri) 23:10 ID:  [No.111487]
連続投稿失礼します。

10月10日(日)、「GRAND SQUARE 2021 in OSAKA」大会の追加対戦カードが決定。

GHCヘビー級選手権に加えてGHCジュニアヘビー級選手権試合として王者HAYATAに原田が挑みます。


「GRAND SQUARE 2021 in OSAKA」
10月10日(日)16:00〜
エディオンアリーナ大阪第1競技場

【NEW決定対戦カード】
<GHCジュニアヘビー級選手権>
(王者)HAYATA VS 原田大輔(挑戦者)
※第46代王者の4度目の防衛戦。

【発表済み対戦カード】
<GHCヘビー級選手権>
(王者)丸藤正道 VS N-1 VICTORY 2021優勝者(挑戦者)
※第35代王者の3度目の防衛戦。


[254] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/04(Sat) 21:42 ID:  [No.111491]
「NOAH Jr. YOKOHAMA OVATION」
9月03日(金) 神奈川・横浜ラジアントホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第1試合
覇王&仁王vs藤村加偉&矢野安崇

【試合後の覇王&仁王】
▼覇王「帰ってきたぞ! 仁王が帰ってきたぞ! いつもいつも“これから"って時に俺らは自分たちで自分たちの首を絞めてきたけど、これからはそうじゃねえよな? 仁王!」

▼仁王「もう何でもない。コロナになりましたけど、休んでたうちに入らないから。俺の気持ちは一つ。時間があいても、試合してなくても、どんな時でも金剛として上に行くのみ。以上です」



第2試合
原田大輔vsタダスケ

【原田の話】「タダスケ! ドカーン!はなぁ………ドカーンや!!」



第4試合
小川良成&吉岡世起&進祐哉vs小峠篤司&大原はじめ&宮脇純太

【試合後の小峠&大原】
▼小峠「取ったね、タッグチャンピオンから。勢いありまくりですよ! 原田は原田でタダスケっていうテーマがあったし、コイツ(宮脇)はゼロワンの天下一ジュニアに出てるし。今、ノアジュニアの正規軍で動かなアカンのは俺と大原さんですよね」

▼大原「俺も昨日今日挑戦したいと思ったワケじゃないんだよ! 俺がやっぱり取られてんだよ! 一番取られたくないタイミング(※カルッツかわさき大会前)だったの分かるだろ? めちゃめちゃ悔しかったんだよ。しかも自分が取られてんだよ、リベンジだよ! このままじゃ引き下がれない。男として。今日は小峠のアシストがあって勝ったようなモンだけど、そういうあうんの呼吸もできてる。それはFULL THROTTLEで組んでる頃からできてると思うし、この絆は俺たちの強みだから。俺たちがノアのジュニアを創っていくから。また中心に戻ろう!」



セミファイナル
清宮海斗vsNOSAWA論外

【清宮の話】「はぁはぁ……自分で勝手に迷い込んでるのかもしれない。でも…先に進みたいんだよ! 俺は! この先もやりたいこと、あんだよ! N-1! 倒さなきゃならない相手がいるんだよ! クヨクヨなんかしてらんねえんだよ! 自分で…自分で光をつかんでいくよ!!」



メインイベント GHC Jr.ヘビー級選手権試合
HAYATA vs 鈴木鼓太郎

【鼓太郎の話】「(※タイガードライバーに)照準合わされてたかもしんねえな。でも、何言っても俺の負けは俺の負け。だけどHAYATA、俺から取ったこの1勝はデカいぞ!? それを頭の中によく入れて、GHCジュニアを巻くように。感傷に浸ったってしょうがねえから、次はN-1。シングルのベルトとともに上がりたかったけど、ベルトがなくても俺の価値と俺の力は変わらないから。N-1に風穴開けてやるよ」

【試合後の原田】
――『すごい試合だった』と言っていたが、このタイミングで改めて名乗りを上げた理由は?

▼原田「やっぱりね、HAYATAが小峠篤司からベルトを獲って、防衛戦もずっと見てて、すごい試合をずっとしてて、すごいチャンピオンやなと思いました。やっぱり一人の男として、レスラーとして、その強いチャンピオンに勝ちたいんや!って気持ちが強くなりました。さっき大原&小峠でジュニアタッグ表明して『今しかない』と俺は思いました。俺たち3人でベルトを持ってたのに、いつの間にか無くなって、またノアジュニアの中心から外れた状態にあったので、このタイミングで挑戦して、また3人でベルト獲ってノアジュニアの中心に立ちます」

――大阪府立第一を会場に指名した理由も改めて?

▼原田「自分にとって大阪は地元、HAYATAもずっと大阪でやってて、二人にルーツがありますし、最高の場所かなと思います。勝つには絶好の場所ですし、ちょうどビッグマッチなので指名させてもらいます」

――N-1の優勝者がGHCヘビーに挑戦する舞台だが意識する?

▼原田「俺はそこは気にしないです。対HAYATA、対STINGERという闘いに集中したいと思ってます」


[255] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/06(Mon) 02:18 ID:  [No.111494]
ゼロワン
「天下一ジュニアトーナメント2021 名古屋大会」
日時
9月04日(土) スポルティーバアリーナ

遅くなりましたが参戦試合の結果です。

第4試合
天下一ジュニアトーナメント2021 2回戦 シングルマッチ30分1本勝負
◯宮脇純太
12分50秒 ファルコンアロー→片エビ固め
×アンディー・ウー
※宮脇純太が準決勝に進出。9・9新木場大会決勝戦の準決勝で北村彰基と対戦。




[256] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/06(Mon) 23:00 ID:  [No.111496]
「N-1 VICTORY 2021 〜Special Prologue〜」
新宿FACE
9月06日(月)東京・ 新宿FACE

試合結果です。

〈第1試合〉タッグマッチ
◯宮脇純太&岡田欣也
10分52秒 ファルコンアロー→片エビ固め
藤村加偉&矢野安崇

〈第2試合〉シングルマッチ
◯モハメド ヨネ
13分34秒 ワキ固め
×日高郁人

〈第3試合〉シングルマッチ
◯征矢学
11分53秒 弾道→片エビ固め
×キング・タニー

〈第4試合〉6人タッグマッチ
HAYATA&吉岡世起&進祐哉◯
21分06秒 クロスフェースロック
原田大輔&小峠篤司&大原はじめ×

〈第5試合〉N1 ROAD SCRAMBLE 4vs4イリミネーションマッチ
杉浦貴&◯拳王&鈴木鼓太郎&マサ北宮
54分52秒 P.F.S→片エビ固め
×清宮海斗&稲葉大樹&中嶋勝彦&齋藤彰俊
※1人残りで拳王組の勝利
退場順
@18分52秒 ◯拳王vs ×齋藤 オーバーザトップロープ
A24分29秒 ◯中嶋vs ×北宮 ヴァーティカルスパイク→体固め
B28分57秒 ◯鈴木vs ×中嶋 タイガードライバー→エビ固め
C34分23秒 ◯稲葉vs ×鈴木 グラウンド極反り卍固め
D45分49秒 ◯杉浦vs ×稲葉 オリンピック予選スラム→体固め
E49分28秒 ◯清宮vs ×杉浦 オーバーザトップロープ
F54分52秒 ◯拳王vs ×清宮 P.F.S→片エビ固め


[257] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/07(Tue) 21:31 ID:  [No.111497]
「N-1 VICTORY 2021 〜Special Prologue〜」
9月06日(月)東京・新宿FACE

遅くなりましたが試合後のコメントです。


第1試合
宮脇純太&岡田欣也vs藤村加偉&矢野安崇

【宮脇の話】「ZERO1での闘いがこうやってノア本戦にも結びついてる! 天下一ジュニア、北村選手、久保田選手、阿部さんにも色んな願いがあると思う。だけど俺は天下一ジュニア優勝して、ノアでノアでしか叶えられない願い事を叶えたいと思います」



第2試合
モハメド ヨネvs日高郁人

【試合後のヨネ】
▼ヨネ「日高とはシングルやった記憶が無いくらい…。望月さんとやったことは覚えてるんだけどね。下手したらやってないのかな…っていうぐらいで。日高も今、ノアのリングに上がってるし、俺はファンキーとしてやってるから。懐かしさもありながら、どういう闘いしようかな?って思ってたら、アイツがああいうモードで来たんでね。楽しかったですね。痛いけど、苦しいけど楽しかったです」

――当時やっていた技も出していた

▼ヨネ「モハメッドボムね。当時それ使ってましたから。やっちゃおうかなって思って。ただ、久々だったんだね。練習してからやらないと。もっともっと高くいって叩きつけられれば、最後のラッシュ喰らわないで済んだんですけど」

――N-1に向けての大会だったが、N-1には出場しない

▼ヨネ「うん。某Kさんがタニーに対して辛らつなコメントも出してたけどね。それはメディアに向けてじゃなくて、本人呼び出して言ってやれよって、記事見て思いましたね。N-1、もちろんノアの中心の闘いですけど、裏も表もひっくるめてトータルパッケージでノアなんでね。引き立てじゃない。それに向けての良い流れを作るのが前座だったり他の試合だと思うんでね。N-1とか裏N-1とか言ってる人は今さら何言ってんだ?って話でね。俺らには意地あるんで。俺だけを観にきてる人だって、タニーだけを観にきてる人もいる。N-1が大成功してもっともっとお客さんが来るのが第一ですけど、小さいことでグチグチいわずに会場来てリングの上で叱咤激励してくれよって感じです」

――自身としてもこのタイミングで原点に…

▼ヨネ「いや原点っていうかね、各選手が今できることを100\%各大会で見せていくっていうのが常っていうか、力だと思うんですよ。自分が与えられた場所で100\%を出すのが選手だと思ってるんで。自分はこのポジション…というか自分がそこならそういう試合をするし、今日みたいに日高がああ来るならこういう試合をするし、俺は引き出しだっていっぱいあるからね」



第3試合
征矢学vsキング・タニー

【征矢の話】「N-1出場が決まってこんなところで負けてらんねえ! こんなところで負けてられねえ! それとひとつ。どこの誰だか知らねえけど、俺のことをウドの大木? バカにするのもいい加減にしろよ。俺はよ、ウドの大木でもなんでもねえ。でもよ、俺を大木っていうなら、俺は折れねえぞ。武藤敬司! ウドの大木がお前の足を折ってやるよ! 覚悟しとけ」



セミファイナル
HAYATA&吉岡世起&進祐哉vs原田大輔&小峠篤司&大原はじめ

【試合後の吉岡&進】
▼吉岡「新しいノアジュニアを創るとか毎回同じこと言って、ベルトへの思い、そんなの聞いたことないですね。僕らがどれだけの思いでこのベルトを獲ったか。思いの強さが違うんですよ」

▼進「何が熱い熱いだ? 全然熱くねえぞ。あれで燃えてんのか? 完全に火ぃ消えてんじゃねえか! もう時間ねえぞ、このまま何もなければ12日…ノンタイトルにしてやるよ。ベルト持ってかねえからな!」

【試合後の原田&小峠】
▼小峠「全然や! 全然チャンピオンとしてアイツらのこと認めてねえからな。ベルトを持ってる“だけ"よ。チームとして見たら歴然やろ? 負けねえぞ、絶対に勝つ。それだけ」

▼原田「俺たちがここから絶対に巻き返してやる! 次ジュニアタッグもある、その先俺はシングルもある! 絶対! 2つとも俺らが獲ってやる。クソー!!」



メインイベント
N1 ROAD SCRAMBLE 4vs4イリミネーションマッチ
杉浦貴&拳王&鈴木鼓太郎&マサ北宮vs清宮海斗&稲葉大樹&中嶋勝彦&齋藤彰俊

【拳王の話】「N-1の前哨戦、取ったぞ。リング上でも言ったけど、俺は今日のような闘いが大好きなんだよ。いいか!? 俺はプロレスリング・ノアの闘いに飢えてんだよ。めちゃくちゃ“ノアの闘い"をやりたいんだよ。リーグ戦にエントリーした選手見たか? どこのどいつか分からねえようなオッサン! ノアは小遣い稼ぎの場所じゃねえぞ!? ノアで冥土の土産を持って帰ろうとしてんじゃねえぞ? 俺はな、このノアに人生かけてんだ。いいか? 俺がノアの闘いを貫き通して、俺がN-1王者になって、そして! 丸藤正道の持つGHCヘビー級のベルトを獲ってやる。俺がノアの闘いでノアのテッペン、獲ってやるからな」


[258] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/08(Wed) 23:10 ID:  [No.111500]
【武藤敬司インタビューです。】

ノア年間最大のリーグ戦『N-1 VICTORY 2021』で一つの“目玉"となるのが武藤敬司の参戦。シングルのリーグ戦に出場するのは、2009年の全日本チャンピオン・カーニバル以来、実に12年ぶりとなる。今年GHCヘビー級王座戴冠を果たして深みある防衛ロードを歩み、6月のさいたまスーパーアリーナでは衝撃のムーンサルト解禁で感動と話題を届けた。そしてシングル連戦となるN-1出場も決断。58歳にして己への“挑戦"を続ける天才に現在の心境を聞いた――。


――シングルが続くN-1に向けて、まず現在のコンディションは?

▼武藤「いたって普通というか、いい年こいてると体調が良いってことはそうそう無いからねえ」

――まずN-1出場に際しての率直な思いというのは?

▼武藤「ある意味でいえば俺にとっては“挑戦"ですから。GHCのチャンピオンシップと比べても、リーグ戦っていうのは俺にとっては凄く厄介な存在であって。リーグ戦っていうのは久しく出てないんじゃないかなあ」

――2009年のチャンピオンカーニバル以来となる

▼武藤「そうでしょ? リーグ戦ってロングランだから、勝ち抜く難しさは俺も知ってるしね。だからホントに挑戦ですよ」

――ここ数年は“武藤敬司のシングルマッチ"自体がスペシャルなものだったが、今年に入ってからはGHCのタイトルマッチが続いたうえに今度はリーグ戦という

▼武藤「まぁGHCを戦い抜いて自分のなかでは自信になったし、自信をつけた次にどうするか。そこにN-1というものがあった。ホントに自分自身への挑戦だよね」

――出場するために段階を踏んでいったと

▼武藤「うん、やっぱり現役続けてる以上は、こういうイベントが存在するのであれば、チャレンジしたいと思うのはレスラーの性(さが)だと思ってるし」

――G1もチャンカーも制覇してきたが、リーグ戦を戦い抜くうえで改めて重要なこととは?

▼武藤「本当は全体を通した想像ができればいいんだけどさ、ホントに今はそんな余裕もなく。しかも一発目が杉浦戦(9・12後楽園)なんだよ。チャンピオンシップじゃないけど、この杉浦戦に集中していかないと次が無いと思ってるから。とにかく一個一個、その積み重ねだと思ってますね」

――武藤敬司から見て杉浦貴というレスラーの印象は

▼武藤「今ちょうど油がのってるし、ノアの中でも一番勢いを感じさせる選手なんじゃないかなあ、なんて思ってますね」

――かなりタイプが違うが?

▼武藤「まぁそれほどお互い、まだ良く知らないからね。そこが楽しみでもあるし」

――とはいえリーグ戦だけに杉浦貴を味わうというよりは、勝ちを取りにいく試合になりそう?

▼武藤「そうだね。最初がヤマ場だと思ってるからねえ」

――昨年末のGHC戦「潮崎vs杉浦」を“有酸素プロレス"と評していたが、そういう試合にはならない?

▼武藤「どうだろ。まぁプロレスの良し悪しっていうのは時間じゃないと思ってるからね。お客様の心にどう刻むか、っていうのが大事なワケで、そこは有酸素だろうが無酸素だろうが関係のないことだと思ってるからね。もしかしたら1分でも“伝えることができる試合"ができるかもしれないからさ」

――対する杉浦は「武藤敬司? 今年入門した新弟子だろ? 逆エビ固めか瞬殺だ」と言っている

▼武藤「いや別に…いたって新弟子ですから(笑) 新弟子らしいフレッシュな試合に、フレッシュな闘いをしたいと思っていますよ(笑)」

――自身としてはどんな試合をして、勝ち方を?

▼武藤「まだそこまでイメージしてないんだけどね。逆に想定してもアレなんで、そこは行きあたりばったりでいこうかなって」

――公式戦が3つしかないだけに、一つでも落とすと大きく後退する一戦が重いリーグ戦になる

▼武藤「うん。あと怖いのは故障であったり。やっぱり連戦だからさ。自分の中で集中力が続くかどうかっていうのも不安ですよ。今は試合やる前だからこうやって元気なコメントもできるけど、いざ始まったら息切れしたりするかもしれない。昔からリーグ戦ってずっとそうだったからさ。調子いい時ばっかりじゃねえからさ。それがリーグ戦の怖さっていうか」

――試合を重ねるごとに新しい怪我が生まれたり、予想以上に疲れが溜まってきたり…

▼武藤「そうそう。ただ、それでも俺がこなしてきたG1とかチャンピオン・カーニバルとかは、もっと連戦だったりしたから。今回は若干日にちが開いてる分だけね、余裕があると思ってるんで」

――同じAブロックには他に清宮海斗、征矢学がいる

▼武藤「俺もこういうリーグ戦、何度も経験してきてるけど、だいたいこういうリーグ戦ではスターが生まれるんだよ。浮上するヤツ、その時のスター、その時輝いてるヤツっていうのがさ。で、えてして若いヤツなんだよね。俺たち“闘魂三銃士"っていうのが世にバーン!と出たのもさ、第1回のG1 CLIMAXだった。G1というリーグ戦で俺たちが勝ち上がって注目を浴びるようになったワケで、その意味では清宮なんかは怖いよね。そういう条件が揃ってるっていうか」

――自身は清宮とのシングルは2戦負け無しだが?

▼武藤「いや、それでもこういうリーグ戦になったら分からないから」

――リーグ戦には、誰かを知らずと祭り上げてしまう魔物が存在すると

▼武藤「そうそう。で、お客様のほうも連戦で見ているワケだから、どんどん感情移入してくるんだわ。舞台も自然と整っていくし。ただ現在はコロナだからね。そういうのも難しいのかもしれないけど。その熱っていうのはこっちに伝わりづらい部分もあるんだよね」

――いかに魔物を味方につけることができるか

▼武藤「うん、だから清宮にとってはある意味チャンスだと思うよ。俺は彼と闘う立場だけど、普通に冷静に見てみたらね」

――征矢学についても…

▼武藤「うん、だから今言ったことが征矢になる場合もあるよ。彼は今、ノアで停滞する状況が続いてるのかもしれないけど、実力も経験も持ってるワケであって、何かのチャンスでバーン!と伸びる、このN-1を通じて伸びる可能性もあるからね。やっぱり手は抜けないですよ」

――決勝トーナメントでやってみたい相手や、別ブロックで気になる存在というのは?

▼武藤「他に誰が出てるかあんま良く知らねえんだよ(笑)」

――いやいや…今年は本当にメンバーが豪華で、船木誠勝だったり、藤田和之だったり…

▼武藤「藤田とか俺、やりたくないねえ…」

――桜庭和志だったり…

▼武藤「桜庭もイヤらしいねえ」

――その中で気になる選手は?

▼武藤「やっぱり藤田、船木とか興味あるねえ」

――藤田とは『やりたくない』と数秒前に言っていたが…

▼武藤「いや、船木ともやりたくないし、藤田ともやりたくない。ただ、リーグ戦だと上がってくればやらざるを得ない。えてしてレスラー側がやりたくない試合のほうがさ、お客様にとっては見たい試合だったりするからね。だいたいそういうモンだから」

――なるほど。船木や望月成晃、田中将斗とM's alliance対決で決勝をやってみたい気持ちは?

▼武藤「そうっすね。同じユニットとして、M's allianceとしての“主張"をしてみたいというか」

――決勝もM's alliance対決になれば、次のGHC戦(王者・丸藤)もM's allianceになる

▼武藤「全部M's allianceで染めちゃうっていうのもアリだよね」

――M's allianceとしてのこれまでの手応えは?

▼武藤「立ち上げてから俺がベルトを巻いてたし、今は丸藤選手が巻いてる。個々には活躍してる感があるけど、まとまって何かやりたいっていうのはあるね」

――N-1で個々それぞれに活躍して、ユニットとして盛り上がる機運を高めたい?

▼武藤「うん。昔BATTっていうユニットやってたけど、M's allianceもそれに近いよね。DRAGONGATEとかZERO1の選手もいたりしてね。まぁそれが(スケジュールの都合などで)やりづらさにもなるんだけど。でもせっかく集まってるワケだから」

――今までの話を総合して、改めてどんなN-1にしたい?

▼武藤「いやもう、やっぱり俺自身への挑戦ですよ。敵はやっぱり藤田だ、船木だ、杉浦だ、じゃないんですよ。俺にとっての敵は武藤敬司であり、己ですよ」



[259] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/08(Wed) 23:11 ID:  [No.111501]
連続投稿失礼します。

【稲葉大樹インタビューです】

ノア年間最大のリーグ戦『N-1 VICTORY 2021』出場が決まった稲葉大樹。今年は肉体改造に取り組み、一回り大きくなった肉体を引っさげて復帰したばかり。ノア参戦から1年が経過し、ようやくトップ戦線へ本格的に殴り込むチャンスをつかんだ。拳王、望月成晃、ケンドー・カシンと同じBブロックにエントリー。“ノアでの稲葉大樹"確立へ、実直な志でN-1に臨む稲葉に現在の心境を聞いた――。


――N-1を前に率直な思いというのは

▼稲葉「このプロレスリング・ノアで結果を出すために重要なリーグ戦になると思っています」

――選から漏れた選手もいるなかでチャンスをつかんだ形となる

▼稲葉「N-1に出るというのは一つの目標でもあったんですが、出ることだけが目標ではないので、出場するからにはやっぱり優勝を目標にしてしっかり戦っていきたいなと思います」

――ノア参戦から1年が経過したが、トップ戦線には本格的に食い込めていない。このN-1を機に…という思いは強い?

▼稲葉「そうですね。トップ戦線でもやっていけるっていうのを自分もしっかりアピールしたうえで結果を残していけたらと思います」

――拳王、カシン、望月と同じBブロックに入った

▼稲葉「まず、蹴りを使う選手が二人。望月さんと拳王さん。望月さんに関しては、試合運びはもちろん、すごく“元気"がある方だなと思っているので、そのスタミナだったり元気さに負けないところをアピールしていきたい。拳王さんとは一度(ZERO1の)火祭りでやったことがあるんですが、その時から僕も成長したと思うし、拳王さんも結果を残されているので、そこの闘いになると思いますが、しっかり結果を残して上に行きたい。カシンさんについては……やっぱり初対戦ですし、ちょっと掴めないというか、頭を使わないといけない。自分はちょっとそういうのは苦手なので、うまく相手のペースに引き込まれないようにして戦っていきたいなと思います」

――初戦の相手に望月成晃が来ることについては?

▼稲葉「N-1自体が初戦なので緊張するとは思いますが、そこを自分のパワーに換えてぶつかっていきたい。望月さんも受け止めてくれると思います。その望月さんの包容力を、超えていくような攻めをみせたいと思います」

――公式戦は3戦のみとなるだけに、初戦を取れるか取れないかはかなり重要となる

▼稲葉「そうですね。取れたら有利になる分、勢いにも一気に乗れると思うので、しっかり勝ちを意識して狙いたいですね」

――拳王とは前哨戦でも激しくやりあってきた

▼稲葉「そうですね。(GHCヘビーやナショナルの)チャンピオンにもなっている人ですし、ここも結果にこだわっていきたいですね」

――そして3戦目の公式戦の相手がカシン、最後に足をすくわれかねないトラップのような日程になっている

▼稲葉「望月さん、拳王さんとはぶつかり合えるような試合ができると思っているんで、(カシンにも)そういう気持ちで行っちゃいそうなので、そこはしっかり気持ちを切り替えて臨みたいですね」

――稲葉選手がノアに上がるようになって、標的の一人として噛み付いていったのが丸藤正道だった。優勝すれば丸藤の持つGHCヘビーに挑戦できる

▼稲葉「そうですね。丸藤さんもベルトを獲ってより高い位置に行かれたので、そこは目指す側としてはありがたい。目標は高いほうが良いので。そういう意味でもこのN-1でしっかり結果を残せば、一気にそこまでステップアップできるので」

――改めてノアに上がって1年が経ったが、一からやり直す覚悟で過ごしてきて感じることというのは?

▼稲葉「やっぱり重みが違う、というのが一番でしたね。なので『この体じゃダメだ』と思って体をデカくして。これが完成形ではないですけど、自分なりに打撃や色んなものに重さが出てきたんじゃないかな、と思うんで、これをさらに強くしていって、どんどんノアでガンガンできるように進化していきたいと思います」

――公式戦でも磨いてきたフィジカルで押していきたい?

▼稲葉「そこは臨機応変に。もちろんペース配分なしに一戦一戦全力でやるつもりなんですけど、シングルが続く…ということに関してはやはり考えないといけないので」

――まだまだ進化の途中で、ノアでの稲葉大樹というのはどんな形か、まだその軸を見つけているような段階?

▼稲葉「そうですね。肉体面でも試合面でも“探しながら"順応しつつ進化していってる段階ですね。このN-1を通じて『稲葉もデキる!』ってところを、プロレスファンの方々、ノアファンの方々に見てもらいたいですね」

――決勝トーナメントで当たってみたい別ブロックの選手はいる?

▼稲葉「僕自身、WRESTLE-1時代の因縁というか、トラウマのある選手がいるので、そこを払拭したいというのもノアに来た一つの理由ではありますね」

――WRESTLE-1の王者だった際、ノアから参戦してきた中嶋勝彦にベルトを奪われ、結局奪回できないまま団体が活動休止となった

▼稲葉「はい、ずっと心のなかにつっかえてる部分があるので」

――そのWRESTLE-1の長でもあった武藤敬司も出場する

▼稲葉「タッグでは何度かやったことがあるんですけど、シングルのチャンスをもらったことがないので、もちろんやってみたいですね」

――改めて今回のN-1はどんなリーグ戦にして、どんな制覇を成し遂げたい?

▼稲葉「しっかり“稲葉大樹"を出して、稲葉大樹ってこんな選手なんだ!っていうイメージを植え付けたうえで優勝したいと思います」





[260] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/10(Fri) 01:20 ID:gvoPBJz2  [No.111508]
【鈴木鼓太郎インタビューです】

ノア年間最大のリーグ戦『N-1 VICTORY 2021』に鈴木鼓太郎が出場する。戦国状態で動きが活発な現ノアジュニアから唯一のエントリー。GHCジュニア王者としての参戦は叶わなかったが、“生涯ジュニア"のこだわりとともにヘビー級厳選メンバーの闘いに身を投じる鼓太郎に、現在の心境を聞いた――。


――N-1出場に向けて率直な思いは?

▼鼓太郎「まずN-1にエントリーさせてくれたっていうのは、ジュニアながら俺の力を認めてくれたのかな…っていう気持ちもある。それだけにホントはね、(GHCジュニアの)シングルのベルトを巻いて出たかったんだけど、ちょっと(HAYATAに敗れて)ヘタこいちゃったんで。ただ、ベルトがあっても無くても俺の力は変わらないし、俺の価値も変わらないんで、ジュニアだからといってナメられるワケにはいかないんで、出るからには風穴開けたいと思います」

――生涯ジュニア宣言をしているだけに、ジュニア代表として出る気持ちは強い?

▼鼓太郎「“ジュニア"というカテゴリで闘う人間は俺しか出てないんでね。そうは謳われていないけど、“ジュニア代表として"という気持ちはありますね」

――現状ヘビー級戦線で活躍している人間が100キロ以下であることが多い現状に異論を唱えたこともあった

▼鼓太郎「古くさい考えなのかもしれないけど、ベルトが体重で分けられてるのであれば、そこに達してない者はジュニアでしょ?っていうのが俺の考えですからね。俺も体重が100キロ超えたらヘビーになりますよ」

――という意味でも中嶋勝彦、桜庭和志、田中将斗という同じブロックの面々は…

▼鼓太郎「うん、割と背丈も体重も“差"は無いんじゃないかな。多少俺より大きいくらいでしょ? 俺は今86キロだから、下手したら俺と変わらない人もいるんじゃない? 俺より軽い人はいないのかもしれないけど」

――十分力負けしないでやれると

▼鼓太郎「うん。差があっても4キロ、5キロぐらいだと思ってるんで、そのぐらいは全然カバーできるでしょ」

――そして初戦から桜庭と当たる

▼鼓太郎「いや、まさかね。シングルで当たるなんて思ってなかったから。向こうのグラウンドに付き合っちゃったら、技術とキャリアの違いが出ると思うし。こっちのプロレスっていう部門に引きずり込めば……俺も20年やってるからね」

――とはいえ、これまでのノアマットでの桜庭和志の闘いぶりをみていると、なかなか相手の土俵には乗らない

▼鼓太郎「難しそうですよね。裏を返せば、それだけ“プロレス"って部門で勝負すると厳しいと分かってるんじゃないですか? 自分を守ってるってことは。ってことはプロレスに引っ張り込めば、十分勝機はあると思います」

――改めて桜庭和志の印象というのは?

▼鼓太郎「“プロレス"っていうカテゴリで見たら、まだまだだな…って思うところはいっぱいありますね。でも、プロレスっていうのは反則も5秒間許されちゃうし、何でもアリのリング上なんで、サブミッションとかグラウンドでの動きではだいぶ差があると思いますけど、いかに立ち技に持っていくか…ですね。“空間"を利用したい」

――3カウントを取る手段はいくつもあると

▼鼓太郎「そうですね。総合格闘技の世界には無い動きがプロレスにはいっぱいありますからね。それを使っていけば全然狙えるんじゃないですか?」

――田中将斗については?

▼鼓太郎「N-1始まる前に杉浦さんとダブルタイトルマッチやってましたからね。相当、強いでしょうね。俺もエルボーを使う人間としては、絶対引きたくない思いはあるんで。そのうえで頭を使えば、互角に持っていけるんじゃないですか?」

――田中将斗と同じ興行に出場することは数あれど、闘っているところはあまり見たことがない

▼鼓太郎「そうなんですよね。ZERO1にも出てたんですけど、一回も当たってないんじゃないかな。やってみたい気持ち? もちろん! もちろんありましたね。当たったらエルボーの打ち合いでは絶対引きたくないな…って」

――そして中嶋勝彦と久々にじっくりシングルで当たる機会が来る

▼鼓太郎「そうですね。俺の記憶ではシングルは1勝1敗。(※中嶋のノアジュニア時代に)ベルトを懸けてやって俺が勝って、2回目はハイキックで記憶飛ばされてるんでね」

――あれから10年近い日々が流れた

▼鼓太郎「うん。中嶋は今、ヘビー級でやってるけど、俺はずっとジュニアに誇りをもってやってきた。だけど、サイズ(身長・体重)はほとんど変わってないと思うんですよね。だからお互いに歩んできた道をフルでぶつけ合うだけじゃないですか?」

――かなり強豪揃いのブロックだが、何とかして勝ち上がっても、準決勝・決勝が待っているという…

▼鼓太郎「ヘビー級の年に一度のリーグ戦ですから、そうじゃなかったら俺もジュニアから一人出る意味ないし。やりがいのあるリーグ戦だと思ってますよ」

――別ブロックで気になる選手は?

▼鼓太郎「そこは自分のブロックの中のことで俺の頭は精一杯なんで…。そこら辺はブロックを抜けてから考えますよ。当たるか分からない選手のこと考えたってしょうがないでしょ?」

――逆に勝ち上がって優勝すれば丸藤正道の持つGHCヘビーに挑戦できる…というのは決定事項となっている

▼鼓太郎「『またやりたい』って気持ちは持ち続けてます。去年やらせてもらいましたけど、負けてるんでね」

――GHCヘビーを懸けた対決で兄弟子にリベンジしたい?

▼鼓太郎「でも俺はヘビーになるつもりはないから。もし俺がN-1優勝して、丸藤さんにタイトルマッチで勝ったとしても、ジュニアのシングルにもう一回挑戦しますよ」

――そこはブレずに?

▼鼓太郎「だって俺はジュニアだもん」

――改めて今回のN-1、自分にとってどんなリーグ戦にして何をつかみたい?

▼鼓太郎「あまりデカいこと言ってもしょうがないんでね。初めてN-1に出るんで“ジュニアの力"っていうのを証明したいし、ひとつ風穴を開けたいですね」


[261] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/10(Fri) 01:21 ID:gvoPBJz2  [No.111509]
ZERO1
「ZERO1・20周年記念イヤー 新木場大会〜第18回 天下一ジュニアトーナメント2021 決勝戦〜」
9月09日(木) 新木場1stリング

参戦試合の結果です。

第1試合
天下一ジュニアトーナメント2021 準決勝 シングルマッチ30分1本勝負
◯北村彰基
12分00秒 ダルマ式ジャーマンスープレックスホールド
×宮脇純太


[262] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/10(Fri) 01:22 ID:gvoPBJz2  [No.111510]
連続投稿失礼します。

【拳王インタビューです】


――今年もN1が迫ってまいりましたが心境は?

▼拳王「年に1度のリーグ戦。ここにも照準をあわせて生活してるんだよ。俺のN-1にしてやるよ。」

――拳王選手のみ2度優勝しています。

▼拳王「2 times champion。俺しかいないだろ。他のやつにはさせねえよ。ノアのリーグ戦3 times champion やってやるからな。」

――注目は開幕のカシン戦ですが?

▼拳王「何が注目なんだよ。ケンドー・カシン?N-1出る必要ねえだろ。あんなおちゃらけて試合するようなやつ、N-1出る資格ねえんだよ。冷やかしか?俺が初戦でおまえをボコボコにして、その後試合出来ねえようにしてやるからな。」

――3月にはカシン選手とのナショナル戦がありましたが?

▼拳王「ナショナル選手権試合史上最悪の試合をした。ふざけてよ、シューズ何で脱げるようにしてんだよ。プロレスなめてんのかおい。そういうのをN-1 初戦でわからせてやるよ。」

――2戦目は稲葉大樹選手との4年ぶりのシングルですが。

▼拳王「そういえばゼロワンの火祭りでやったよな。あの時は引き分けだったけど4年前と今とじゃ俺の成長度合いが全然ちげえんだよ。俺のため、ノアのために体張って闘ってきたんだよ。その差を見せつけてやるよ。」

――稲葉選手の印象は?

▼拳王「もともとの団体がなくなって、迷子になってた状態で迷子のままノアに来て、未だに迷ってる感じがするよな。迷子のままノアのリングで迷ってそのまま出てってくれよ。もっとハートを見せてみろよ。」

――望月成晃選手との戦いに関して

▼拳王「そういやリーグ戦であいつに負けたよな。負けても優勝したの?じゃあまた負けたら優勝すんじゃねえの?そんなわけにいかすかよ。勝つにきまってんだろ。あの時の借りを俺は何倍にもして返してやるよ。そして今度はてめえに勝って優勝するんだ。」

――他のブロックで気になる選手は?

▼拳王「気になる選手っていうか全選手見てみろよ。なんだよこの高齢化したリーグ戦。こんな老人ホーム化したリーグ戦でノアの未来見えんのか?今だったらいいよ、今だけだよ。もう来年になるとダメだよ。この未来見えないリーグ戦、未来見せるにはどうしたらいいかわかるか?それはなこの俺、拳王が優勝する事だ。」

――GHC王者丸藤正道選手が出ないことに関して

▼拳王「チャンピオンが出ないリーグ戦。N-1といいながら、ノアで一番強いとされてるチャンピオンが出ないリーグ戦?チャンピオン失格だろ。チャンピオンだったらリーグ戦も出て、勝てばいいんだよ。ビビってんのか負けんの。ビビってるか自分の強さに自信ないだけだろ。分かってるよそれは。俺が優勝して、大阪府立、てめえの目の前に立って、てめえを倒してやるよ。そして俺は1月1日日本武道館のメインに立つからな。」



[263] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/10(Fri) 23:29 ID:CnWaBuvM  [No.111513]
【中嶋勝彦インタビューです。】

ノア年間最大のリーグ戦『N-1 VICTORY 2021』で連覇を狙う中嶋勝彦。前身のグローバル・リーグ戦を含めても、連覇を成し遂げた選手はいない。桜庭和志、田中将斗、鈴木鼓太郎と同じCブロックにエントリー。“ディフェンディング・チャンピオン"として、言葉少なくとも不敵な笑みに野望と闘志が見え隠れする中嶋に開幕直前の心境を聞いた。


――連覇がかかったN-1に向けて、まず率直な思いは?

▼中嶋「“リーチ"かかってんの俺だけだから。前人未到の2連覇。俺にしかできないことをやる。それしか頭にはないよ」

――今年はここまであまり結果は出ていないが?

▼中嶋「結果はついてきてはいないけど、楽しんではいる」

――初戦から田中将斗と当たる

▼中嶋「最初からキツい試合になるなと、そういう予測はあるね。でも、連覇に向けた“獲物"ですよ」

――初戦で勢いづくには格好の相手だと

▼中嶋「うん、初戦からデカい壁。シングルも久々だけど、勝てば間違いなく自信につながるだろうからね」

――2戦目の相手は桜庭和志となる

▼中嶋「初戦の田中将斗とはタイプが違うから。面白くなると思うよ」

――世界的知名度を誇るIQレスラーだ

▼中嶋「おいしい相手っちゃあ、おいしい相手だね。でも『別に』ってカンジ」

――3戦目の相手はジュニア時代にしのぎを削った鈴木鼓太郎となる

▼中嶋「懐かしいねえ。個人的にも楽しみな試合ではあるよ。まぁ、こうやって順番に考えてみると、このブロックは違うタイプが揃った。だから俺は俺で存分に楽しんで(勝利と優勝を)奪いに行くだけ」

――優勝すればGHC王者の丸藤正道に挑戦できる

▼中嶋「イメージはノアの象徴だからね。…ぶっ壊したいよね。シンプルにぶっ壊したい。ノアの現状含めてぶっ壊したいよ」

――別ブロックで当たりたい相手などは?

▼中嶋「ない。俺は“連覇"のことしか頭にないから。今回も過酷なリーグ戦になるとは思うけど、そのために準備はしてきたから。あとは結果を奪いに行くだけ」


[264] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/11(Sat) 23:35 ID:M0hUcD4E  [No.111516]
N-1 VICTORY 2021 直前記者会見です。
各選手のコメントです。
拳王「未来の見えないリーグ戦」
清宮海斗「武藤敬司を倒して俺が優勝する!」


マサ北宮
「誰よりもタフでハードに闘い抜いて、ノアの頂点・丸藤正道のところへ辿り着く。無心で闘って優勝狙います。以上!」


藤田和之
「これ生中継?生中持ってきてくれる?生中継なんだから。ダメ?なんだよ!ないない尽くしじゃねぇかよ。看板も賞金もねぇんだろ?ないないのNか?とにかく明日やりますよ!しょうがねぇな…」


齋藤彰俊
「N-1は初出場。フレッシュな気持ちでいきたい。あくまでも心の中、動きはニュートラルに。自分にとって今回のN-1のNは"ニュートラル"かなと思っています」


鈴木鼓太郎
「N-1初出場、そしてジュニアは自分一人。デカいこと言っても聞いてる人には響かないと思う。まずはジュニアの力を証明する、そこに全力を注ぎたい」


中嶋勝彦
「ついにきたね今年のN-1が。いや、俺のシリーズが!今年も優勝してやるぞ。
"連覇"そのことしか今、頭にない」


桜庭和志
「シングル当たる全員、何とか締め落とせればいいかなと思ってやります。よろしくお願いします」


拳王
「ノアのリーグ戦史上初、未来の見えないリーグ戦。平均年齢50歳近い。老人たちは小遣い稼ぎの場所にしか思ってないんだろ?未来が見える。俺が優勝して丸藤正道の持つGHCヘビー級のベルトを奪う!」


望月成晃
「公式戦が3試合で少ない。1敗もできない…と硬いことは考えずに勢いに乗ることが大事。優勝者は丸藤正道選手と闘うと決まっている。準決、決勝とM's allianceのメンバーとやれたら最高の形」


稲葉大樹
「N-1に初出場。出られること光栄に思っています。存在感を出して優勝を目指して全力でぶつかっていきたい!」


武藤敬司
「N-1については色んなマスコミでたくさん語っていますので今さら言いたいことはありません。ぜひ優勝目指して頑張りたいと思います」


杉浦貴
「まず初戦。隣の新弟子にサクっと勝って、弾みをつけて全勝で優勝したいと思います」


清宮海斗
「俺はN-1で自分の居場所を作る!負け続けてずっと止まってるものがある。武藤敬司を倒して俺が優勝する!」


征矢学
「今回、N-1 VICTORY 2度目の出場になります。このブロックはGHCナショナルとタッグのチャンピオンがいる。どの試合もタイトルマッチのつもりで臨みたい。己の限界を超える!ただそれのみです」







[265] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/12(Sun) 23:44 ID:.JM3x6l.  [No.111518]
「N-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~」開幕戦
9月12日(日)東京・後楽園ホール

試合結果です。

〈第1試合〉6人タッグマッチ
◯タダスケ&覇王&亜烈破
9分19秒 地団駄ラリアット→片エビ固め
宮脇純太&藤村加偉&矢野安崇×

〈第2試合〉N-1 VICTORY 2021・Dブロック公式戦
×マサ北宮(0勝1敗=0点)
9分29秒 顔面蹴り→体固め
◯藤田和之(1勝=2点)

〈第3試合〉N-1 VICTORY 2021・Bブロック公式戦
×拳王(0勝1敗=0点)
12分46秒 首固め
◯ケンドー・カシン(1勝=2点)

〈第4試合〉GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合
(王者組)×吉岡世起&進祐哉
15分10秒 キルスイッチ→片エビ固め
(挑戦者組)◯小峠篤司&大原はじめ
※小峠篤司&大原はじめ組が第45代王者となる

〈第5試合〉N-1 VICTORY 2021・Cブロック公式戦
×中嶋勝彦(0勝1敗=0点)
14分08秒 スライディングD→エビ固め
◯田中将斗(1勝=2点)

〈第6試合〉N-1 VICTORY 2021・Aブロック公式戦
△杉浦貴(0勝0敗1分=1点)
30分時間切れ引き分け
△武藤敬司(0勝0敗1分=1点)


[266] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/12(Sun) 23:46 ID:.JM3x6l.  [No.111519]
10月3日(日)「N-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~」後楽園大会の追加対戦カードが決定。


「N-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~」
10月3日(日)10:30〜後楽園ホール

【NEW決定対戦カード】
<タッグマッチ>
HAYATA 小川良成 VS 原田大輔 宮脇純太

<シングルマッチ>
小峠篤司 VS  Eita

【発表済み対戦カード】

<N-1 VICTORY 2021優勝決定戦>
Aブロック1位 VS Bブロック1位の勝者 VS  Cブロック1位VS Dブロック1位の勝者

<N-1 VICTORY 2021準決勝>
Aブロック1位 VS Bブロック1位

<N-1 VICTORY 2021準決勝>
Cブロック1位 VS Dブロック1位


[267] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/12(Sun) 23:48 ID:4tiOHsfU  [No.111520]
連続投稿失礼します。

10月10日(日)「GRAND SQUARE 2021 in OSAKA」大阪大会の追加対戦カードが決定。

「GRAND SQUARE 2021 in OSAKA」
10月10日(日)15:00〜 エディオンアリーナ大阪第1競技場

【NEW決定対戦カード】
<GHCジュニアヘビー級タッグ選手権>
(王者)小峠篤司 大原はじめ VS NOSAWA論外 Eita(挑戦者)
※第45代王者の初防衛戦。


【発表済み対戦カード】
<GHCヘビー級選手権>
(王者)丸藤正道 VS N-1 VICTORY2021優勝者(挑戦者)
※第35代王者の3度目の防衛戦。

<GHCジュニアヘビー級選手権>
(王者)HAYATA VS 原田大輔(挑戦者)
※第46代王者の4度目の防衛戦。



[268] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/13(Mon) 13:44 ID:f89Mipmc  [No.111521]
「N-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~」開幕戦
9月12日(日)東京・後楽園ホール

試合後のコメントです。


第2試合 N-1 VICTORY 2021 Dブロック公式戦
マサ北宮vs藤田和之

【試合後の藤田】
▼藤田「なんかある? 別にないよ、俺は」

――かなりヒザを攻められたが?

▼藤田「俺を攻めるなら、弱いところを攻めるしかねえだろ?」

――これでN-1勝利一番乗りとなったが、今後に向けては?

▼藤田「知らねえよ、そんなの。今後、全部取ればいいんだろ? 全部取るよ。全部取って優勝すりゃいいんだろ? 賞金あるらしいから。スゲェ賞金があるらしいよ。俺が言ったおかげだよ。相当な額出るらしいよ。だから、外敵の諸君は楽しみにしててくれたらいいんじゃない? 俺が全部取るけどな」

※北宮はノーコメント



第3試合 N-1 VICTORY 2021 Bブロック公式戦
拳王vsケンドー・カシン

【試合後のカシン、拳王】
▼拳王「おい、カシン。テメー、ふざけんじゃねえぞ」

※拳王は一度控え室に下がるも、カシンと殴り合いながら再び姿を現す

▼カシン「負けたんだよ、お前は」

▼拳王「負けてねえだろうが、おい! ふざけんじゃねえよ」

▼カシン「老人ホーム作れ、老人ホーム」

▼拳王「オメーが老人ホームから出てきたんだろ?」

▼カシン「作って、お前が俺らの面倒をずっと見ろ」

▼拳王「なんでオメーの面倒なんかみなくちゃいけねえんだよ。おい、ちょっと待てよ! なにスリッパに履き替えてんだよ? 靴脱げてよ」

▼カシン「汚えんだよ」

▼拳王「これが汚えだろ、おい」

▼カシン「靴はどこにいったんだ、靴は?」

▼拳王「知らねえよ。オメーが脱ごうとしたんだろ?」

▼カシン「ちゃんと資格取れ、資格。資格取れよ」

▼拳王「なんの資格だよ」

▼カシン「初任者研修。介護の一番最初の資格だよ」

▼拳王「うるせえよ。中高の教員免許持ってるからな。そんな資格すぐ取れんだ、バカヤロー」

※拳王は去っていく

▼カシン「バカヤロー。俺も持ってんだ、バカヤロー。でも、学歴は確かに俺のほうが上だよな。とりあえずこれで老人ホーム・ノア、ノア・ケアハウス設立の第一歩になったと思います。皆さんもぜひ」



第4試合 GHC Jr.タッグ選手権
吉岡世起&進祐哉vs小峠篤司&大原はじめ

【試合後の小峠&大原】
※原田と宮脇が拍手で勝利を祝福すると

▼大原「やった!」

▼小峠「よっしゃ! 嬉しい!」

▼大原「嬉しい! ここからがスタートだから」

▼小峠「チャンピオン強かったです。ホンマに言っていることもちょっと冷たいけど、一理あることとは思っている、俺もその辺は。あいつらも目の前に敵に集中しろと。それを言うのもわかるけど、俺たちだってずっとやってきて、ベルトを獲れたことを軽く思ってないし、必死に(ベルト)を獲っている、今日だって。でも、お前らより長くこの団体にいてるし、もっともっとノアジュニアを作り上げていかなあかん。俺たちはホンマに必死よ。まだまだ終わりたくないよ。だから、ホンマに今日は大原さんがパートナーで、俺は気持ちよく勝てたと思ってますよ」

▼大原「次ね、さっそく挑戦してきたね。NOSAWAとEita。上等だよ。そんなすぐ来て、ベルト獲って、いい思いなんかさせたくないから。俺たちはずっとこのノアジュニアのリングで戦ってきた自負があるから。楽しみだ、Eita。メキシコの香りがするな、あいつ。久しぶりに俺の本領発揮する試合、見せてやる。ということで、今日もムイビエン!」

【論外の話】「とりあえずタイミングというかね。ここ最近、俺も魔界だとか、どっかのボクちゃんに絡まれて、まあ、ブレずにやらなきゃいけないところでやってきた中で、今日の試合を見てね、スゲェつまんねえ試合してるなと思って。タイミングがたまたまハマったってだけで。Eitaと俺で次、どこで組まれるかわかんないけど、挑戦表明したわけだから。あんなチャンピオンに挑戦したくなかったんだけど、まあ、しょうがないよね。これも運命だよ」



セミファイナル
N-1 VICTORY 2021 Cブロック公式戦
中嶋勝彦vs田中将斗

【田中の話】「始まるまで強気なことはあまり言ってへんかったけど、今日、去年の覇者に勝ったんやろ? 言っておく。今の時点で、チャンピオンの丸藤、この間ちょっと負けてしまったから杉浦。その次に強いのは俺や。おい、ベルト持ってへんからって、何番とか語ってんじゃねえぞ。前年度のチャンピオン倒したから、一番今N-1で強いのは俺や!」

※中嶋はノーコメント



メインイベント
N-1 VICTORY 2021 Aブロック公式戦
杉浦貴vs武藤敬司

【試合後の杉浦】
▼杉浦「あっちのペースに持っていかれちゃいけないって言ってたけど、そのまんま前半、中盤、腕攻めと足攻めでちょっと時間を稼がれたよね。俺が20分過ぎから攻撃したけど、ちょっと時間が足りないな。最初、あの人のペースでやっちゃうと、ズルズル持っていかれちゃうな」

――引き分けスタートという形になったが、今後に向けては?

▼杉浦「試合数が少ないんでね。3試合でしょ? ちょっと負けに等しいよね、これは。全部勝っていかないと、たぶん生き残れないリーグ戦だと思うから。ちょっと痛いな。いいように前半やられちゃったね。まあ、あと2試合落とさないでいくしかない」


【武藤の話】「(※コメントスペースには現れず、スタッフを通じて発表)コメントする気力がありません。次の試合からまた頑張ります」


[269] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/15(Wed) 22:54 ID:mNpVmrck  [No.111526]

「NOAH SANCTUARY」
9月15日(水)ノア特設アリーナ(クラブチッタ川崎)
※メインイベントをノア公式TwitterLIVEにて生中継が決定。

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯宮脇純太
10分33秒 腕ひしぎ十字固め
×矢野安崇

〈第2試合〉タッグマッチ
キング・タニー&モハメド ヨネ◯
11分33秒 キン肉バスター→片エビ固め
岡田欣也&藤村加偉×

〈第3試合〉タッグマッチ
×小峠篤司&大原はじめ
9分35秒 横入り式エビ固め
YO-HEY&NOSAWA論外◯

〈第4試合〉シングルマッチ
△HAYATA
30分00秒 時間切れ引き分け
△原田大輔



[270] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/18(Sat) 23:18 ID:diZMdfQ6  [No.111532]
「N-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~」
9月18日(土)ノア特設アリーナ
※無観客での開催
WRESTLE UNIVERSEにて配信

試合結果です。

〈第1試合〉N-1 VICTORY 2021・Dブロック公式戦
◯船木誠勝(1勝=2点)
12分53秒 腕ひしぎ十字固め
×齋藤彰俊(0勝1敗=0点)

〈第2試合〉N-1 VICTORY 2021・Cブロック公式戦
◯桜庭和志(1勝=2点)
15分02秒 足絡め変型アームバー
×鈴木鼓太郎(0勝1敗=0点)

〈第3試合〉N-1 VICTORY 2021・Bブロック公式戦
◯望月成晃(1勝=2点)
12分39秒 三角蹴り→片エビ固め
×稲葉大樹(0勝1敗=0点)

〈第4試合〉N-1 VICTORY 2021・Aブロック公式戦
◯清宮海斗(1勝=2点)
25分07秒 タイガースープレックスホールド
×征矢学(0勝1敗=0点)


[271] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/20(Mon) 08:06 ID:4gDyJwtc  [No.111533]
「N-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~」
9月18日(土)ノア特設アリーナ
※無観客での開催
WRESTLE UNIVERSEにて配信

遅くなりましたが試合後のコメントです。


第1試合 N-1 VICTORY 2021 Dブロック公式戦
船木誠勝vs齋藤彰俊

【試合後の船木】

――齋藤戦を振り返って?

▼船木「怪我をしないように。次もありますんで。なので打撃はできるだけ喰らいたくないと、なるべくかわす方向でやったんですけど…キツかったです。投げも含めて」

――キャリアは上だが同年代の闘いでもあった

▼船木「プロレスのキャリアは彼のほうが上なんで。そういう意味では新弟子のデビュー戦みたいな…そんな感じがちょっとしました」

――改めてN-1に出場するにあたって?

▼船木「これから怪我をするか、しないかで後々の勝敗が変わってくると思うんで、とにかく怪我なしで行きたいですね」

――次は北宮選手だが?

▼船木「彼の“不得意な場所”で勝ちたいなと思います。他に気になる選手?やっぱりこのブロックだと藤田選手が一番。そこを倒せないと上に行けないんで。ズルいですけど、できるだけ温存して、自分の“得意な場所”で闘うしかないなと。やっぱり決勝目指してるんで、(※そこに照準を合わせて)やります」



第2試合 N-1 VICTORY 2021 Cブロック公式戦
桜庭和志vs鈴木鼓太郎

【試合後の桜庭】

――ジュニアの鼓太郎と当たって?

▼桜庭「ジュニアなのに技が重かったですね。プランチャ、あれ結構重かったですよ。わっ!と思って床に頭ぶつけて…。他の技も一個一個が重かったですね」

――辛くも白星スタートとなったが?

▼桜庭「白星…金星じゃなくて?(笑)」

――シングル連戦が続くが?

▼桜庭「頑張ります。怪我ないように」

――最後は丸め込みを逆に利用して逃げ場をなくした?

▼桜庭「そうですね。技の名前はよく分からないですけど。オモプラッタの形から腕を絡めて、足を絡めてっていう」

――次は田中将斗だが?

▼桜庭「田中さんは杉浦さんとの試合を横で見ていて『凄いな』と思ったんで。どう交わすか…ですかね」

――改めて田中将斗の印象は?

▼桜庭「黒い!」



セミファイナル N-1 VICTORY 2021 Bブロック公式戦
望月成晃vs稲葉大樹

【望月の話】「いやぁN-1、3回目! 1回目は初戦負け、2回目は初戦引き分け。やっと白星スタートだよ! 公式戦は3試合しかないけど、とかくリーグ戦はスタートダッシュ決めると途中息切れする…なんていうけど、3つしかないから。この勝利はデカいよ。会見では稲葉のこと『安パイとまでは言わないけど』って俺は言ったから。安パイとは言ってない。実際、まったく安パイじゃなかったよ。危なかった。でもキッチリ2点。この2点はデカい。次はケンドー・カシンか。お互い30年以上やってて、まぁタッグではちょこちょこ当たってはいたけど、ガッチリやった記憶はまるでないんでね。それがケンドー・カシンのスタイルだろうから。そういう意味でも、次のカシン戦は体力やプロレス勝負というより“とんち勝負"だと思ってるから。よ〜く考えて対策を練ります。次勝ちゃ行けるでしょ!」


【稲葉の話】「『俺は安パイじゃねえ』って言ったけど、ダメだな…。このチャンス『残念だったね』で終わらしちゃダメなんだ。俺自身がもっと上にいくために、これは絶好のチャンス。絶対に引き下がらない、前だけ向いてあと2戦、やってやる」



メインイベント N-1 VICTORY 2021 Aブロック公式戦
清宮海斗vs征矢学

【清宮の話】「やっと…やっと! また一つ進めた気がする! でもN-1はまだ初戦。まだ俺にも目的がある。あさって杉浦戦、そして武藤敬司を倒して、止まってたものを動かしていきます!!」


【征矢の話】「あークソ!! 初戦、負けちまったけど、残り2戦、何がなんでも!!勝利をモノににするぞ。俺の心は真っ赤に燃えてんだ。すべてを出し切る。ただ、それのみ!!」


[272] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/20(Mon) 08:09 ID:OCML5h2k  [No.111536]
「N-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~
N-1 VICTORY 2021 on WRESTLE UNIVERSE」
9月19日(日) ノア特設アリーナ
※無観客での開催
WRESTLE UNIVERSEにて配信

試合結果です。

〈第1試合〉N-1 VICTORY 2021・Dブロック公式戦
◯藤田和之(2勝=4点)
13分12秒 レフェリーストップ ※足極めフロントネックロック
×齋藤彰俊(2敗=0点)

〈第2試合〉N-1 VICTORY 2021・Cブロック公式戦
◯中嶋勝彦(1勝1敗=2点)
18分31秒 ヴァーティカルスパイク→片エビ固め
×鈴木鼓太郎(2敗=0点)

〈第3試合〉N-1 VICTORY 2021・Bブロック公式戦
◯拳王(1勝1敗=2点)
14分59秒 P.F.S→片エビ固め
×稲葉大樹(2敗=0点)

〈第4試合〉N-1 VICTORY 2021・Aブロック公式戦
◯武藤敬司(1勝1分け=3点)
17分37秒 足4の字固め
×征矢学(2敗=0点)


[273] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/20(Mon) 21:08 ID:OCML5h2k  [No.111537]
「N-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~
N-1 VICTORY 2021 on WRESTLE UNIVERSE」
9月19日(日) ノア特設アリーナ

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第1試合 N-1 VICTORY 2021 Dブロック公式戦
藤田和之vs齋藤彰俊

【試合後の藤田】
――久々の齋藤との一騎打ちだったが?

▼藤田「もう全力だよ、全力! 全勝!!」

――懐かしさなどはなく?

▼藤田「関係ないよ! 賞金あるんだから!! 目の色変わってんだから、賞金!」

――最後は、ここまでやるかというほど、ひたすらに頭突きを乱打していた

▼藤田「あ? 頭突き!? 頭突きだってなんだってよ、体全部が凶器なんだからよ。全部武器だよ、俺は!」

――残るは船木戦だが?

▼藤田「一番のヤマ場だね」

――リアルジャパン以来の対決となるが?

▼藤田「賞金一番乗りは俺だ。絶対獲る!!」



第2試合 N-1 VICTORY 2021 Cブロック公式戦
中嶋勝彦vs鈴木鼓太郎

【試合後の中嶋】
――戦前『楽しみだ』と話していた久々の鼓太郎戦だったが?

▼中嶋「うん、楽しかったよ。まぁでも、俺としては初戦、痛い目に遭ってるから。一瞬、二冠(N-1&GHCヘビー)が遠くなったと思ったけど、今日これでちょっとだけだけどね…二冠に近づいたよ」

――次も勝つしか無い緊張感のなかで迎える桜庭戦だが?

▼中嶋「…楽しみだよ」



セミファイナル N-1 VICTORY 2021 Bブロック公式戦
拳王vs稲葉大樹

【試合後の拳王、カシン】

▼拳王「初戦は落としたけど、希望はつながっただろ? 稲葉大樹…迷子になったと言ったけど、一筋ぐらいは光が見えたんじゃないのか? お前のことはどうでもいいよ。俺はリーグ戦突破して、N-1王者となり、丸藤正道の持つGHCヘビー級王座を奪う。俺がチャンピオンになるんだ。いいか? ノアの未来をみせるのはこの俺、拳王だ。テメーらクソヤローども、これからはな拳っ……王、この俺についてこい」

※拳王が決め台詞をキメたところで、音もなくカシンが現れる

▼拳王「うわっ! おいっ! なんだお前!?」

▼カシン「おめでとう」

▼拳王「おう、これで首の皮一枚つながったよ。何しにきたんだよ?」

▼カシン「老人ホームどうなったんだよ、老人ホーム!」

▼拳王「カンケーねえだろ! 何言ってんだよ! もうリーグ戦はテメーとは当たらねえだろ!?」

▼カシン「何言ってんだ! 俺は(老人ホームの)名前考えてやったよ! 『有料老人ホーム・金剛』だよ! 金剛!」

▼拳王「めちゃくちゃダセー名前じゃねえかよ…。それだったらな『ノア・ケアハウス』のほうがいいだろ?」

▼カシン「ちょっと待ってくれ。だったらなんで征矢学がフランスベッド社製の介護用ベッドのCM出てるんだよ? そういうことだろ?」

▼拳王「うるせーんだよ、中嶋勝彦もな、ベッドのCMには出てるんだよ! っていうかテメー、俺のこと好きなのか? 来てんじゃねえよバカヤロー!(※と言いながら去っていく)」



メインイベント N-1 VICTORY 2021 Aブロック公式戦
武藤敬司vs征矢学

【試合後の武藤】
――試合を振り返って?

▼武藤「いやぁ、やっと勝ったというかギリギリだね。2戦終わったところですでに、何ていうか峠というか、ここからの頑張りで上がるか、上がらないかっていう。リーグ戦、なかなかしんどいわな。今日もダメージ残るし。このリーグ戦、みんな条件は一緒なんだけど、もうすぐ俺は59歳だ。もしかしたら“回復"という点では、他のレスラーと比べると後手に回るかな、なんて思いますよ」


――久々に征矢とじっくり当たってみて?

▼武藤「ちょっとパワフルになってる部分とか、変わってる部分もあるんだけど、根底の征矢学っていう人間は、やっぱり脳みそまでウドの大木…そんな感じもしましたよ」

――ヒザを攻められた

▼武藤「それも、もう少し緻密にやってたらね。パワフルになった分、繊細さに乏しくなってるのかもね」


――次は清宮だが?

▼武藤「まぁフツーに考えたら、前も言ってるけど“安パイ"には変わりないよ。それより3戦終わった時点で俺の体調はどうなってるのか。そっちのほうが今日試合して気になった部分であり。もう俺は決勝出るつもりでいるからさ。誰が上がってくるか分からないけど、精神的にも肉体的にも(決勝の舞台で)フレッシュになっていられるかどうか。なかなかリーグ戦はしんどいわ」

――次の公式戦までは時間が開くが?

▼武藤「俺にとっては、ここで期間が開くほうがいいよ。昔は(勝った勢いで)バンバンバン!っていきたい部分もあったけど、この(間隔が開く)ペースでいけるこのリーグ戦は、ある意味、俺のために組まれた日程のようにも思えるよ」

――優勝への道筋が見えてきた?

▼武藤「そうだね。あとは清宮だし。やっぱねえ、無観客じゃん? やっぱどうしてもね、攻められてるとキツいわ。やっぱり俺ら、常々お客の歓声とかをエネルギーに換えて頑張ったりするんで、そういうのが無いとやっぱり…普段より1.5倍くらい、しんどさが増したっていうのはあるよな。まぁまぁ条件一緒なんだけどね、みんな………まぁ、オヤジのボヤキだよ」


[274] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/20(Mon) 22:55 ID:4gDyJwtc  [No.111539]
「N-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~
N-1 VICTORY 2021 on WRESTLE UNIVERSE」
9月20日(月) ノア特設アリーナ
※無観客での開催
WRESTLE UNIVERSEにて配信

試合結果です。

〈第1試合〉N-1 VICTORY 2021・Dブロック公式戦
×マサ北宮(2敗=0点)
10分54秒 レフェリーストップ ※スリーパーホールド
◯船木誠勝(2勝=4点)

〈第2試合〉N-1 VICTORY 2021・Cブロック公式戦
△桜庭和志(1勝1分け=3点)
30分00秒 時間切れ引き分け
△田中将斗(1勝1分け=3点)

〈第3試合〉N-1 VICTORY 2021・Bブロック公式戦
×ケンドー・カシン(1勝1敗=2点)
9分28秒 首固め
◯望月成晃(2勝=4点)

〈第4試合〉N-1 VICTORY 2021・Aブロック公式戦
×杉浦貴(1敗1分け=1点)
21分15秒 後方回転エビ固め
◯清宮海斗(2勝=4点)


[275] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/22(Wed) 00:07 ID:/edjukJQ  [No.111540]
「N-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~
N-1 VICTORY 2021 on WRESTLE UNIVERSE」
9月20日(月) ノア特設アリーナ

遅くなりましたが試合後のコメントです。


第1試合 N-1 VICTORY 2021 Dブロック公式戦
マサ北宮vs船木誠勝

【試合後の船木】
――北宮戦を振り返って?

▼船木「序盤でだいぶ体力を奪って、相手のバックドロップと監獄固めだけは喰らわないようにして。まぁズルいんですけど、相手の良さを出さずに終わってしまったと」


――リーグ戦の今後を見据えて、もくろみ通り“温存"できた?

▼船木「そうですね。足もやられましたけど、序盤に体力奪ってましたんで、そんなに」

――連勝、無敗をキープした

▼船木「あと(優勝するまで)3試合ですか? まだ半分来てないんで。次は藤田戦ですね。そこを落とさないように、地道にいきます」

――ともに無敗でリアルジャパン以来の一騎打ちとなる

▼船木「約2年ぶりなんで、絶対に落としたくないですね。これだけは」


――藤田は荒々しさを増している

▼船木「そうですね。それなりに対処しながら、試合をしていきたいと思います。冷静にいきます」

――藤田はやたらと“賞金目当て"を強調しているが?

▼船木「賞金あるんですか!? あるんだったら自分ももらいますよ。プロとしたら正直当たり前のことなんで。だったら0円で試合するか?って言ったらしないですから。お金があるから来るし、その上での勝利。勝利してお金もらったほうが嬉しいじゃないですか」



第2試合 N-1 VICTORY 2021 Cブロック公式戦
桜庭和志vs田中将斗

【試合後の桜庭】
――30分時間切れ引き分けとなったが?

▼桜庭「……ツカレタ(笑)」

――過去経験はある?

▼桜庭「うーん20分くらいはあるけど…覚えてない。でも、一番長いのはホイス(グレイシー)とやった時の90分。まぁアレとは違うモノなんで。あ〜最後、絞め技にしちゃって。絞め技って“入ってるか、入ってないか"が(感覚的に)微妙なんですよ。だから最後は絞めるんじゃなくて、足とか腕を伸ばす“バー系"にすれば良かった。ダメだ。田中さん、うまいっすね。『入った!』と思っても微妙にポイントをズラすんですよ。そのせいでこっちもスタミナ削られましたし」

――それでも負けはしなかったということで、優勝戦線には踏みとどまった

▼桜庭「ポイント的にはどうなんですか?」

――次の中嶋戦に勝てば十分可能性はある

▼桜庭「え? 勝てば上がれる? 頑張ります。……っていうか、ツカレタ」

――星取りなどを考える余裕もなく…

▼桜庭「星取りとか考えてないっす。まぁ毎回言うことは一緒で、一試合一試合なんとかして、結果を残していけば、良いものは後からついてくるんで。はじめから優勝狙うんじゃなくて、その都度、その都度やっていくということで。でも今日はちょっと…悔しいです。ギブアップ取れなかったということで」

――次の中嶋戦に向けて改めて?

▼桜庭「やりづらいっすねえ。タッグで何回かやってますけど、やりづらいっすね。なんか表情が読めない。怒ってるのか、笑ってんだか、それとも何ともないんだか。痛い時は『痛い!』って言う人だと、もっと痛いことしてやれって思うんですけど、過去に何度かやった中で、頭の中がこんがらがってる部分っていうものがあります。もう大丈夫ですか? 帰って呑みたいんで……」



セミファイナル N-1 VICTORY 2021 Bブロック公式戦
ケンドー・カシンvs望月成晃

【望月の話】「これで2戦2勝! この勝ちはデカい! とてつもなくデカい!! 正直、初戦勝った時点でね『(カシン戦で)1引き分けまではセーフかな』って思ってたけど、それだとカシンは拳王に勝ってるんでね。俺が最後まで勝っても決定戦になる可能性があったんで。だから今日の勝ちはとてつもなくデカい。まぁ、あれだけ“技をしないレスラー"って初めて当たったね。それでもあの存在感。偶然と言ってもいいような勝ちでしたけど、ラッキーでした。次は拳王。拳王はもう1敗してるんで、実質、拳王と引き分けでも(決勝トーナメントに)行けるんでしょうけど、そんな気持ちだったら上のトーナメントじゃ勝てないと思うんで。キッチリ3連勝を手土産に。このとてつもないメンバーが揃ったリーグ戦、おそらく凄い人がトーナメントに出てくると思うんで。凄いメンバーの上に、凄い人が出てくるんでね、3連勝を手土産に上がってみせますよ」



メインイベント N-1 VICTORY 2021 Aブロック公式戦
杉浦貴vs清宮海斗

【清宮の話】「はぁはぁ…ここ…ここを乗り越えたってことは、俺にとって、凄く大きなことなんだ…! 精神的にも辛かった…。でもここを越えたら、あとは一つだ! 武藤敬司を必ず倒す!!」


[276] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/22(Wed) 00:08 ID:/edjukJQ  [No.111541]
連続投稿失礼します。

9.26後楽園大会の試合順が決定。

「N-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~」
9月26日(日)18:00〜後楽園ホール


【全対戦カード】

<第1試合・N-1 VICTORY 2021・Dブロック公式戦>
マサ北宮(0勝2敗/0点) VS 齋藤彰俊(0勝2敗/0点)

<第2試合・N-1 VICTORY 2021・Aブロック公式戦>
杉浦貴(0勝1敗1分/1点) VS 征矢学(0勝2敗/0点)

<第3試合・N-1 VICTORY 2021・Bブロック公式戦>
ケンドー・カシン(1勝1敗/2点) VS 稲葉大樹(0勝2敗/0点)

<第4試合・N-1 VICTORY 2021・Cブロック公式戦>
田中将斗(1勝0敗1分/3点) VS 鈴木鼓太郎(0勝2敗/0点)

<第5試合・N-1 VICTORY 2021・Cブロック公式戦>
中嶋勝彦(1勝1敗/2点) VS 桜庭和志(1勝0敗1分/3点)

<第6試合・N-1 VICTORY 2021・Bブロック公式戦>
拳王(1勝1敗/2点) VS 望月成晃(2勝0敗/4点)

<第7試合・N-1 VICTORY 2021・Dブロック公式戦>
藤田和之(2勝0敗/4点) VS 船木誠勝 (2勝0敗/4点)

<第8試合 メインイベント・N-1 VICTORY 2021・Aブロック公式戦>
武藤敬司(1勝0敗1分/3点) VS 清宮海斗(2勝0敗/4点)

【優勝決定戦進出ルール】
※各公式戦は30分1本勝負で行います。
※最多得点者が複数の場合は、直接対決の勝敗で優勝決定進出者を決定します。
※最多得点者が複数の場合及び、直接対決が引き分けの場合は優勝決定戦進出者決定戦を時間無制限で行います。
※3選手が得点で並んだ場合は巴戦を行います。


[277] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/26(Sun) 22:53 ID:ohxNHJo6  [No.111557]
「N-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~」
9月26日(日) 後楽園ホール

試合結果です。

〈第1試合〉N-1 VICTORY 2021・Dブロック公式戦
◯マサ北宮(1勝2敗=2点)
7分58秒 サイトースープレックス→体固め
×齋藤彰俊(3敗=0点)

〈第2試合〉N-1 VICTORY 2021・Aブロック公式戦
◯杉浦貴(1勝1敗1分け=3点)
10分19秒 フロントネックロック
×征矢学(3敗=0点)

〈第3試合〉N-1 VICTORY 2021・Bブロック公式戦
×ケンドー・カシン(1勝2敗=2点)
7分07秒 リングアウト勝ち
◯稲葉大樹(1勝2敗=2点)

〈第4試合〉N-1 VICTORY 2021・Cブロック公式戦
×田中将斗(1勝1敗1分け=3点)
5分26秒 片エビ固め ※押さえ込みを切り返して
◯鈴木鼓太郎(1勝2敗=2点)

〈第5試合〉N-1 VICTORY 2021・Cブロック公式戦
◯中嶋勝彦(2勝1敗=4点)
12分33秒 ヴァーティカルスパイク→エビ固め
×桜庭和志(1勝1敗1分け=3点)
※中嶋が決勝トーナメント進出

〈第6試合〉N-1 VICTORY 2021・Bブロック公式戦
◯拳王(2勝1敗=4点)
16分30秒 胴締めスリーパーホールド
×望月成晃(2勝1敗=4点)
※直接対決での勝利により拳王が決勝トーナメント進出

〈第7試合〉N-1 VICTORY 2021・Dブロック公式戦
×藤田和之(2勝1敗=4点)
5分05秒 顔面蹴り→体固め
◯船木誠勝(3勝=6点)
※船木が決勝トーナメント進出

〈第8試合〉N-1 VICTORY 2021・Aブロック公式戦
△武藤敬司(1勝2分け=4点)
30分00秒 時間切れ引き分け
△清宮海斗(2勝1分け=5点)
※清宮が決勝トーナメント進出


[278] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/27(Mon) 00:58 ID:uxvsfX9w  [No.111558]
「N-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE」

各ブロックの最終得点順位です。

<Aブロック>
1位 清宮海斗(2勝1分け=5点)
2位 武藤敬司(1勝2分け=4点)
3位 杉浦貴(1勝1敗1分け=3点)
4位 征矢学(3敗=0点)

<Bブロック> 
1位 拳王(2勝1敗=4点)※直接対決で望月に勝利
1位 望月成晃(2勝1敗=4点)
3位 稲葉大樹(1勝2敗=2点)
3位 ケンドー・カシン(1勝2敗=2点)

<Cブロック> 
1位 中嶋勝彦(2勝1敗=4点)
2位 田中将斗(1勝1敗1分け=3点)
2位 桜庭和志(1勝1敗1分け=3点)
4位 鈴木鼓太郎(1勝2敗=2点)

<Dブロック> 
1位 船木誠勝(3勝=6点)
2位 藤田和之(2勝1敗=4点)
3位 マサ北宮(1勝2敗=2点)
4位 齋藤彰俊(3敗=0点)


[279] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/27(Mon) 00:59 ID:uxvsfX9w  [No.111559]
連続投稿失礼します。

10月3日(日)「N-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~」大会の全対戦カードが決定。


「N-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~」
10月3日(日) 11:30〜 後楽園ホール

【全対戦カード】

<第1試合・6人タッグマッチ>
マサ北宮 鈴木鼓太郎 稲葉大樹 VS 齋藤彰俊 征矢学 ケンドー・カシン

<第2試合・N-1 VICTORY 2021準決勝>
清宮海斗(Aブロック1位) VS 拳王(Bブロック1位)

<第3試合・N-1 VICTORY 2021準決勝>
中嶋勝彦(Cブロック1位) VS 船木誠勝(Dブロック1位)

<第4試合・シングルマッチ>
小峠篤司 VS  Eita

<第5試合・タッグマッチ>
HAYATA 小川良成 VS 原田大輔 宮脇純太

<第6試合・6人タッグマッチ>
武藤敬司 望月成晃 田中将斗 VS 杉浦貴 桜庭和志 藤田和之

<第7試合 メインイベント・N-1 VICTORY 2021優勝決定戦>
清宮海斗vs拳王の勝者 VS 中嶋勝彦vs船木誠勝の勝者


[280] fun◇F0vgoBE. - 2021/09/27(Mon) 16:18 ID:zsmKPt9Y  [No.111560]
「N-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~」
9月26日(日) 後楽園ホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第1試合 N-1 VICTORY 2021 Dブロック公式戦
マサ北宮vs齋藤彰俊

【北宮の話】「意地だよ。どんだけボロボロになろうと、ほんの少しでも活路を見いだせれば、意地見せて勝ってんだ、コノヤロー。船木にも藤田にもしっかり仕返しして回るからな、コノヤロー!」



第2試合 N-1 VICTORY 2021 Aブロック公式戦
杉浦貴vs征矢学

【杉浦の話】「N-1、俺にとっては終わっちゃったけど、やっぱ厳しいね。厳しい戦いというか、1敗したら先が見えないというか。最初の1分でもあれって思って、1敗したもう終わったなっていう。厳しいリーグ戦だよね。二冠王者としてまだベルトはあるんで、次の目標に向かってまたやっていきます」



第3試合 N-1 VICTORY 2021 Bブロック公式戦
稲葉大樹vsケンドー・カシン

【稲葉の話】「最終戦、くせ者。やっぱり相手の土俵に引きずり込まれそうになったけど、最後はキッチリ20だったでしょ? 最初も20だったんじゃない? でも、最後はしっかり20カウント取ったんで。すごい僕にない頭を使わないといけない試合だったですけど、また1つ経験になりました。これをしっかり自分の肥やしにして、これから進んでいきます」

【カシンの話】「みんなグルだったんですね…。レフェリーも選手も…」



第4試合 N-1 VICTORY 2021 Bブロック公式戦
田中将斗vs鈴木鼓太郎

【鼓太郎の話】「これで俺のN-1は正真正銘終わったね。風穴開けてやるって言ったけど、針の穴ぐらいしか開いてないかもしれないけどね。穴が開けばそこから広げるだけだから。N-1に出れてよかったよ。経験をしっかり身に落として、ジュニア戦線に戻ります。N-1ありがとう」

【田中の話】「チクショウ。手応えはあったし。本当にプロレスって頭を使うし、この間みたいに、じっくり桜庭さんとやろうと思ったら、30分じゃ足らんし、仕掛けてきたから短期決戦狙ったら、コロッとやられて。本当にプロレスって何年やってても答えはみつからん。ただ、1つ言えることは、田中将斗のプロレス、それをずっとやり続けてることや」



第5試合 N-1 VICTORY 2021 Cブロック公式戦
中嶋勝彦vs桜庭和志

【中嶋の話】「ああ、良かったよ。運も味方して通過できたな。今日勝ったこと忘れないよ。決勝トーナメント、もうここまで来たら俺しかいないだろ?」



第6試合 N-1 VICTORY 2021 Bブロック公式戦
拳王vs望月成晃

【試合後の拳王、カシン】
▼拳王「オッサンもオッサン…いや、老人も老人並みにいいもんやっぱ持ってるよな。だがよ、俺が勝ったぞ、オイ! 俺がブロック突破したぞ。俺が準決勝行くんだ。おい、N-1始まる前に言ったよな。ノアを老人ホーム化させねえんだよ。平均年齢50歳のリーグ戦ってなんだ? そんなヤツらが出てても、何も未来が見えねえんだよ。オッサンたちの小遣い稼ぎの場所じゃねーぞ、ノアは。ノアはな、明るい将来、未来が開けていくんだ。それを誰がやるかわかるか? 知ってるか? N-1優勝した者がノアの未来を作っていくんだ。それは誰かわかるか? それはこの俺、拳王だ。『N-1 VICTORY 2021』、優勝は俺だ。10月3日、必ずやってやるからな。おい、テメーらクソ野郎ども。N-1優勝する拳王、俺に…ついてこい」

※拳王がコメントを終えると、そこにカシンが拍手をしながら登場する

▼拳王「おい、何なんだよ、テメーは。テメーは上がれなかったんじゃねえのか?」

▼カシン「その通りだよ。おめでとう」

※カシンは握手を求める

▼拳王「何が握手だよ。そういうところがムカつくんだよ」

▼カシン「違う違う。もう終わったんだ、試合は」

▼拳王「Bブロック終わったぞ。俺が1位になったんだ」

▼カシン「そうそう。だから、俺と望月、稲葉、俺たちの気持ちも背負って勝ってほしいんだよ」

▼拳王「なにスポ根みたいなこと言ってんだよ。あれだけやりたい放題やって、テメーふざけんじゃねえよ。だから、老人は嫌なんだよ」

※拳王はカシンを放置して去っていこうとする

▼カシン「待ってくれ。見ろ」

※カシンがTシャツを脱ぐと、胸元にロゴが見える

▼拳王「ケアハウス・ノア?」

▼カシン「お前に言われた通りに作ったよ」

▼拳王「ちょっとオシャレじゃねえかよ? 本気で作ってんじゃねえよ。そんなもん、ねえよ。テメーはな、どっかの公共の老人ホームでも行ってこい、バカヤロー」

※拳王が去っていくと

▼カシン「ひどいですね、あれ。本当にもう…」



セミファイナル N-1 VICTORY 2021 Dブロック公式戦
藤田和之vs船木誠勝

【試合後の船木】
▼船木「とりあえず大きな山が今日だったので、それを乗り越えたので、一安心ですね。あと1週間後に、この勝者ですか? 違うか。(決勝トーナメントでは)誰が来ても、武藤さん、清宮選手、拳王選手、中嶋選手、誰が来てもいいように。でも、本当に今日はよかったです。ちょっと首を痛めましたけど、かなり痛めましたけど、来週までに治します」

――勝利できた要因は?

▼船木「やっぱり自分の作戦。前回の敗因を踏まえて作戦を立てて、試合序盤から自分で動かしていったのがよかったかなと。だいぶ息が途中で荒くなってましたんで、これはもしかしたらと思いました。ただ、やっぱりパワーボムとか、投げられると一気にきますね。自分の場合は本当に投げに弱いというか。そこを耐えしのげばなんとかなると思ってましたんで。あんまり長い時間になる前に、チャンスをうかがってました。打撃からですね。打撃で。自分は投げれないですから。自分ができることで応戦した結果です」

――藤田選手は特別な相手?

▼船木「勝てる要素というのがすごい少ないんで。押さえ込まれそうになった時に、完璧に押さえ込まれたらヒザが来ますからね。あとは上から殴ってきたりしたら、かなりこっちが不利になるんで、グラウンドで絶対に完璧に押さえ込まれないことが第一でした」

――準決勝は希望していた中嶋選手との対決になるが?

▼船木「決まりましたか? じゃあ、念願ですね。頑張ります。この間のタッグの続きをやります。個人的にはすごい手応えがあったので。30代と今年はやるっていうのが自分の1つの目標だったので、その中の1人ということで。ちょうど歳が15、20ぐらい違うところが一番今は脂が乗っているので。その辺と戦う時は一番こっちも試されますから。全て、技とか作戦、それからスタミナ、体の強さも含めて試されるんで、一番やってて楽しいですね。まあ、ちょっと今日はダメージありますけど、1週間で治してやります」



メインイベント N-1 VICTORY 2021 Aブロック公式戦
武藤敬司vs清宮海斗

【清宮の話】「悔しい…。悔しい…。勝てなかった。でも、負けもしなかった。このリーグ戦、あと2つ。もう一度俺が(天を指差しながら)ここに必ず立ってみせます」

【試合後の武藤】
▼武藤「クソ! クソ! ああ、悔しい。質問!」

――以前戦った時と比べて、清宮選手に変化を感じた?

▼武藤「しぶとくなってるよな。ただ、何戦かして、俺のことはすごい研究してきたよ、俺のことは。でも、あまりに俺を見すぎてもさ。敵は俺だけじゃないわけであって。対俺については頑張ったというか、研究してきたと思うよ。ああ、疲れたよ」

――久しぶりのリーグ戦はどうだった?

▼武藤「今年取れなかったら、俺なんか段々条件が悪くなるからな。来年になったりしたら。ちょっとそういう部分で言ったら、めげてくるよ、少しは。今年こそはと思ってたんだけどさ。落ち込んでるよ。落ち込んでいるからもう帰っていいか? OK。ああ、クソ」


[281] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/03(Sun) 15:57 ID:  [No.111564]
「N-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~」優勝決定戦
10月03日(日) 後楽園ホール
観衆: 713人(札止め)

試合結果です。

〈第1試合〉6人タッグマッチ
マサ北宮&鈴木鼓太郎&稲葉大樹
10分56秒 弾道→片エビ固め
齋藤彰俊&征矢学&ケンドー・カシン


〈第2試合〉N-1 VICTORY 2021準決勝
×清宮海斗
15分35秒 エビ固め ※後方回転エビ固めを切り返して
◯拳王
※拳王が優勝決定戦進出

〈第3試合〉N-1 VICTORY 2021準決勝
◯中嶋勝彦
8分38秒 ヴァーティカルスパイク→片エビ固め
×船木誠勝
※中嶋勝彦が優勝決定戦進出

〈第4試合〉シングルマッチ
×小峠篤司
9分49秒 イダルゴ→体固め
◯Eita

〈第5試合〉タッグマッチ
△HAYATA&小川良成
8分06秒 ダブルフォール
△原田大輔&宮脇純太

〈再試合〉シングルマッチ
×HAYATA
0分59秒 HAYATAの試合放棄
◯原田大輔

〈第6試合〉6人タッグマッチ
武藤敬司&×望月成晃&田中将斗
18分17秒 オリンピック予選スラム→体固め
◯杉浦貴&桜庭和志&藤田和之

〈第7試合〉N-1 VICTORY 2021優勝決定戦
×拳王
20分00秒 ダイヤモンドボム→エビ固め
◯中嶋勝彦
※中嶋勝彦がN-1 VICTORY 2021優勝(2連覇)



[282] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/03(Sun) 23:06 ID:  [No.111565]
10月10日(日)、「GRAND SQUARE 2021 in OSAKA」大会の全対戦カードが決定。

「GRAND SQUARE 2021 in OSAKA」
10月10日(日) 16:00〜エディオンアリーナ大阪第1競技場

【全対戦カード】

<第1試合・タッグマッチ>
稲葉大樹&藤村加偉 VS 岡田欣也&矢野安崇

<第2試合・6人タッグマッチ>
キング・タニー&モハメドヨネ&齋藤彰俊 VS タダスケ&覇王&仁王

<第3試合・タッグマッチ>
マサ北宮&宮脇純太 VS 征矢学&亜烈破

<第4試合・タッグマッチ>
小川良成&吉岡世起 VS  YO-HEY&鈴木鼓太郎

<第5試合・6人タッグマッチ>
杉浦貴&藤田和之&ケンドー・カシン VS 船木誠勝&田中将斗&望月成晃

<第6試合・GHCジュニアヘビー級タッグ選手権>
(王者)小峠篤司&大原はじめ VS NOSAWA論外&Eita(挑戦者)
※第45代王者の初防衛戦。

<第7試合・GHCジュニアヘビー級選手権>
(王者)HAYATA VS 原田大輔(挑戦者)
※第46代王者の4度目の防衛戦。

<第8試合・SPECIAL TAG OSAKA N1 LIMITED>
武藤敬司&桜庭和志 VS 拳王&清宮海斗

<第9試合 メインイベント・GHCヘビー級選手権>
(王者)丸藤正道 VS 中嶋勝彦(挑戦者)
※第35代王者の3度目の防衛戦。



[283] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/03(Sun) 23:07 ID:  [No.111566]
連続投稿失礼します。

10月15日(金)、横浜ラジアントホール大会の全対戦カードが決定。

「Go on to the DEMOLITION STAGE 2021」
10月15日(金)18:00〜
横浜ラジアントホール

【全対戦カード】

<第1試合・シングルマッチ>
稲葉大樹 VS 矢野安崇

<第2試合・シングルマッチ>
清宮海斗 VS 仁王

<第3試合・6人タッグマッチ>
HAYATA&吉岡世起&進祐哉 VS タダスケ&覇王&亜烈破

<第4試合・シングルマッチ>
小川良成 VS 鈴木鼓太郎

<第5試合 メインイベント・NOAH Jr TEAM GAMEイリミネーションタッグマッチ>
小峠篤司&大原はじめ&原田大輔&宮脇純太 VS  YO-HEY&NOSAWA論外&日高郁人&Eita

【イリミネーションタッグマッチルール】
・4人で1チームを編成しての対戦。
・チームから選出した2名と相手チームから選出された2名で、通常のタッグマッチを行う。
・試合の勝敗は通常のルールで決着。
・負けた選手は退場となり、控えの選手が1人入り試合を続行。
・3選手が敗れ最後の1人となりタッグマッチを成立できないチームが負けとなる。


[284] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/04(Mon) 20:11 ID:  [No.111567]
「N-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~」優勝決定戦
10月03日(日) 後楽園ホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第1試合
マサ北宮&鈴木鼓太郎&稲葉大樹vs齋藤彰俊&征矢学&ケンドー・カシン

【試合後のカシン&征矢&齋藤】
▼征矢「今日最終日、結果はこの有り様だけど、前を向いてしっかり歩むだけだ。変わらねえ」

※齋藤が姿を現すと

▼齋藤「頑張ったじゃねえか」

▼征矢「頑張った、頑張ってねえじゃねえよ、コノヤロー」

※征矢が控え室に下がろうとすると、カシンも現れて小競り合いを繰り広げる

▼カシン「なに言ってんだ、テメェ!」

▼征矢「チームワーク乱しているのはお前じゃねえか、コノヤロー。お前なんてクビだ、クビ」

▼カシン「ベッド注文しろよ!」

▼征矢「試合もできねえんだよ」

▼カシン「ベッド! ベッド!」

▼征矢「ベッドってなんだよ?」

▼カシン「介護用のベッドだよ」

▼征矢「ふざけんじゃねえよ。どこのベッドだよ? どこ製品か知らねえけど」

▼カシン「フランスベッド社だよ」

▼征矢「フランスベッド社に言えよ、それは。俺に直接言うな」

▼カシン「お前が手伝ってねえか、コマーシャル。どういうことだよ?」

▼征矢「どういうこともなにもないよ」

▼カシン「早く用意しろって」

※征矢、そしてカシンが去っていくと

▼齋藤「俺はウォーターベッドがいいな。キングサイズの」



第2試合 N-1 VICTORY 2021準決勝
(Aブロック1位)清宮海斗vs拳王(Bブロック1位)

【拳王の話】「よし。倒したぞ。次だ、次!」

【清宮の話】「クソ! クソ! (カメラマンに)撮るな! クソ!」



第3試合 N-1 VICTORY 2021準決勝
(Cブロック1位)中嶋勝彦vs船木誠勝(Dブロック1位)

【中嶋の話】「来たね。ついに来たね。今年の壮絶なこのN-1、フタを開けてみればどうだ? 残っているのは誰だ? 誰だ? (記者から『中嶋勝彦』という声が飛ぶと)あとは誰だ? 拳王と俺、中嶋勝彦だ。この壮絶なN-1も俺たち金剛のものだ」



第4試合
小峠篤司vsEita

【試合後のEita&論外】
▼Eita「見たか?」

▼論外「いや、見たよ。最後スベってなかったか?」

▼Eita「いやいや、想定内だから。言ったよな? 俺、ノアジュニアのファンはゴミクズしかいねえって。よくそのファンでもあんなしょっぱいレスラーを応援できんな。あいつがチャンピオンなんだろ? おいおいおい、1週間後の大阪、大丈夫か? あんなんだったら、一瞬で終わっちゃうぜ。なあ? 大阪のビッグマッチ、一瞬で終わらないように、もっと練習してこい。もっと研究してこい。わかったか?」

▼論外「いや、最後スベってた」

▼Eita「いや、あれはギリギリスベってないよ。あれ、スベってたと思うか? あれは想定内だからな。あの反応を待ってたから」

▼論外「小峠がしょっぱいからスベったんだよ」

▼Eita「そうだ。そういうことだ。大阪、楽しみにしとけよ。俺は楽しみだよ。あと、熱いプロレスもっとやろうぜ。でもな、ノアジュニアの未来はお前らじゃない。この俺だ」

【小峠の話】「クソ…。人生で一番の屈辱じゃ…」

【大原の話】「散々言われたい放題言われたけど、大阪大会では俺たちが必ずこのベルトを守る。そう簡単に政権交代させない。必ずこのベルトは守る。そして、あいつらに政権は渡さない。俺たちがノアジュニアだ」



セミファイナル
武藤敬司&望月成晃&田中将斗vs杉浦貴&桜庭和志&藤田和之

【試合後の武藤&望月&田中】
▼武藤「フォローできなかった」

▼田中「すいません」

▼武藤「久しぶりにM'sで組んでいるのにな」

▼望月「武藤さんに先発していただいて。ちょっと自分は藤田和之とは初めて戦ったんで」

▼武藤「たぶんね、藤田は俺も初めてかもしれない。もしかしたら。記憶にないんだよな、藤田とやったのは。その中で、思った以上に、藤田のプロレスLOVEを感じてね。ちょっとあいつに食い込みすぎたというか。でも、やってて楽しかったです。その代わり、ちょっと足を引っ張っちゃったけど」

▼望月「いやいや、とんでもない」

▼武藤「まあ、次があるさ」

▼田中「勝ちたかったです」

▼武藤「また次、リベンジだ」



メインイベント N-1 VICTORY 2021優勝決定戦
拳王vs中嶋勝彦

【中嶋の話】「(トロフィーをカメラに向けると)見てよ。ほら、今年も俺のもとに来たよ。歴代の優勝者が名前を並べているけど、去年、そして今年、俺の名前がまた刻まれる。N-1 VICTORY、今年もまた俺が獲って、史上初の連覇だ。どういうことかわかる? N-1は俺、中嶋勝彦の舞台ってことだ。リング上でも言ったように、これでやっと丸藤正道が持つGHCヘビーのベルトに挑戦ができる。本当にこんな過酷なN-1を勝ち上がらないとあのベルトに届かないってことだ。改めてあのGHCヘビーのベルトの重みとその価値をこの体全身で感じたよ。このボロボロの体でも、丸藤正道が持つGHCのベルトは俺が奪ってやる。丸藤も言ったように、今のこの勢い、丸藤正道よりもちょっとだけ上かもな。まあでも、決まっている10・10大阪…俺は大阪に全てを懸けるよ。よろしく」


[285] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/08(Fri) 22:40 ID:  [No.111575]
GHCジュニアヘビー級タッグ選手権(10日、エディオンアリーナ大阪)の調印式が8日、都内で行われ、V1戦を迎える王者・小峠篤司(35)、大原はじめ(37)組が外敵退治に気炎を上げました。

 東スポ情報ですが、NOSAWA論外と、ドラゴンゲートから参戦するEitaのコンビを挑戦者に迎える。小峠は3日の後楽園大会で、Eitaとのシングル戦で完敗。屈辱を受けただけでなく、ノアのファンにも辛辣な言葉を投げたEitaに対し、怒りの炎が燃えさかっている。
 
 小峠は「ノアのファンに嫌な思いをさせて、憤りしか感じていない。リングで打ち返してやろうと思う。相手が反則を使ってきても、自分の信念を持ってまっすぐ勝ちたい」と語れば、大原も「僕らの信頼関係は強いものがある。どんなダーティーなことをしても応援してくれるみんなと戦う」と打倒Eitaを誓った。

 また、同じく大阪大会で行われるGHCジュニアヘビー級選手権の調印式も行われ、王者HAYATAに挑戦する原田大輔のみが出席。原田は「前哨戦は引き分け続きでフラストレーションがたまっている。大阪ではドカンと勝ちたい」と必勝を期したそうです。 


[286] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/08(Fri) 22:41 ID:  [No.111576]
10日のエディオンアリーナ大阪大会に先駆けた会見が8日に都内で行われ、スペシャルタッグマッチに出場するプロレスリングマスター&嵩。敬司(58)が意気込みを語りました。

 東スポ情報ですが、桜庭和志との異色コンビで拳王、清宮海斗組と対戦。IQレスラー≠ニは初めてタッグを組むが、桜庭から「さっきトイレで武藤さんと一緒になったけど、おしっこをするのも大変そうだった。だからこのチームは僕が引っ張ろうと思う」とけん制されつつも、武藤は「タッグ戦ならではの試合がしたい。彼には彼なり、俺には俺なりのプロレスがあるがいい形で化学反応が出ればいい」と心待ちの様子。続けて「ダブルインパクトを狙っていきましょう」と、ロード・ウォリアーズの往年の必殺技を繰り出すことを打診した。

 しかし、桜庭からは「僕はちょうちょ結びもできないので(どんな技なのか)分からない。試合までコミュニケーションを取るつもりもないので」とつれない態度を取られる始末。それでも「ダブルインパクトやろうよ」と説得を続け、しぶしぶ了承を得た。先行きに不安を感じさせたが…果たして当日はうまく連係できるのか注目されます。


[287] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/08(Fri) 22:42 ID:  [No.111577]
連続投稿失礼します。

GHCヘビー級選手権(10日、エディオンアリーナ大阪)の調印式が8日、都内で行われ、V3戦に臨む丸藤正道(42)が改めて存在感を誇示することを誓ったそうです。
 
 東スポ情報ですが、V3戦では、シングルリーグ戦「N―1 VICTORY」で史上初となる連覇を果たした中嶋勝彦を挑戦者に迎える。「いつも通りいきたい。彼がノアに来て、最初は前菜だった男がメインデッシュになった。僕はおいしいものが大好きなんで食べ尽くしたい。果たしておなかがいっぱいになるのか、食い足りないのか、おなかを壊してしまうのか」と猛獣が獲物を狙うかのごとく目をぎらつかせた。
 
 一方で自身は今年のN―1は不参加。そのN―1は準決勝、優勝決定戦が行われた3日の後楽園ホール大会ではチケットが完売となるなど大盛況となった。
 
 これに対し「正直な話、非常に焦った。あれだけの戦いの中に自分がいないのに盛り上がった。これ俺、いらないんじゃないかと焦りながら見ていた」と複雑な胸中を吐露した。

 それでも「しばらく試合をしていない俺に、ちまたではコンディションや試合勘を問う声があるが愚問。俺を誰だと思っているんだ。とにかく試合がしたくてしょうがない。楽しみ」と久々の試合で、改めて自身の力を証明することを誓ったとの事。


[288] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/10(Sun) 20:42 ID:aQKPlG5U  [No.111579]
「GRAND SQUARE 2021 in OSAKA」
10月10日(日) 大阪・ エディオンアリーナ大阪第1競技場

試合結果です。

〈第1試合〉タッグマッチ
◯稲葉大樹&藤村加偉
11分17秒 ジャーマンスープレックスホールド
×岡田欣也&矢野安崇

〈第2試合〉6人タッグマッチ
キング・タニー&◯モハメド ヨネ&齋藤彰俊
9分39秒 キン肉バスター→片エビ固め
タダスケ&覇王&仁王×

〈第3試合〉タッグマッチ
マサ北宮&宮脇純太×
13分47秒 空回弾→片エビ固め
征矢学&亜烈破◯

〈第4試合〉タッグマッチ
小川良成&吉岡世起×
6分54秒 YO-ROLL
◯YO-HEY&鈴木鼓太郎

〈第5試合〉6人タッグマッチ
×杉浦貴&藤田和之&ケンドー・カシン
18分19秒 真・最強ハイキック
船木誠勝&田中将斗&望月成晃◯



〈第6試合〉GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合
(王者組)小峠篤司&大原はじめ×
4分04秒 Imperial uno →エビ固め
(挑戦者)NOSAWA論外&Eita◯
※NOSAWA論外&Eitaが第46代王者となる

〈第7試合〉GHCジュニア・ヘビー級選手権試合
(王者)◯HAYATA
19分09秒 変型アームロック
(挑戦者)×原田大輔
19分09秒 変型アームロック
※第46代王者が4度目の防衛に成功

〈第8試合〉SPECIAL TAG OSAKA N1 LIMITED
武藤敬司&桜庭和志×
20分54秒 後方回転エビ固め
拳王&清宮海斗◯

〈第9試合〉GHCヘビー級選手権試合
(王者)×丸藤正道
37分18秒 ヴァーティカルスパイク→エビ固め
(挑戦者)◯中嶋勝彦
※中嶋が第36代王者となる



[289] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/10(Sun) 23:16 ID:CnWaBuvM  [No.111580]
10月24日(日)、アオーレ長岡大会及び10月28日(木)、熊本城ホールシビックホール大会の全対戦カードが決定10・28熊本大会ではGHCナショナル選手権、(王者)杉浦貴 VS 望月成晃が決定。

Go on to the DEMOLITION STAGE 2021
10月24日(日)17:00〜アオーレ長岡

【全対戦カード】

<第1試合・シングルマッチ>
鈴木鼓太郎 VS 岡田欣也

<第2試合・シングルマッチ>
HAYATA VS NOSAWA論外

<第3試合・6人タッグマッチ>
マサ北宮 吉岡世起 矢野安崇 VS  YO-HEY 稲葉大樹 藤村加偉

<第4試合・10人タッグマッチ>
杉浦貴 原田大輔 小峠篤司 大原はじめ 宮脇純太 VS 拳王 タダスケ 亜烈破 覇王 仁王

<第5試合・シングルマッチ>
小川良成 VS 清宮海斗

<第6試合 メインイベント・タッグマッチ>
中嶋勝彦 征矢学 VS 丸藤正道 田中将斗


Go on to the DEMOLITION STAGE 2021
10月28日(木)18:30〜 熊本城ホール シビックホール

【全対戦カード】

<第1試合・シングルマッチ>
岡田欣也 VS 藤村加偉

<第2試合・タッグマッチ>
マサ北宮 宮脇純太 VS 征矢学 亜烈破

<第3試合・タッグマッチ>
清宮海斗 稲葉大樹 VS  キング・タニー モハメドヨネ

<第4試合・8人タッグマッチ>
HAYATA 小川良成 吉岡世起 矢野安崇 VS NOSAWA論外 Eita YO-HEY 鈴木鼓太郎

<第5試合・10人タッグマッチ>
中嶋勝彦 拳王 タダスケ 覇王 仁王 VS 丸藤正道 田中将斗 原田大輔 小峠篤司 大原はじめ

<第6試合 メインイベント・GHCナショナル選手権>
(王者)杉浦貴 VS 望月成晃(挑戦者)
※第5代王者の3度目の防衛戦。




[290] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/10(Sun) 23:16 ID:CnWaBuvM  [No.111581]
連続投稿失礼します。

10月30日(土)、福岡国際センター大会の全対戦カード及び、11月3日(祝・水)、横浜ラジアントホール大会の一部対戦カードが決定。
10・30福岡大会では、GHCヘビー級選手権、(王者)中嶋勝彦 VS 田中将斗
及びGHCジュニアヘビー級選手権、
(王者)HAYATA VS NOSAWA論外の2大選手権試合が決定。
11・3横浜大会では、<Special single secret 5>なる当日に入場テーマ曲にて対戦カード発表の5大シングルマッチが開催されます。


LEC クリンぱっ! presents DEMOLITION STAGE 2021 in FUKUOKA
10月30日(土)16:00〜福岡国際センター

【全対戦カード】

<第1試合・タッグマッチ>
キング・タニー 岡田欣也 VS 征矢学 仁王

<第2試合・6人タッグマッチ>
大原はじめ 宮脇純太 藤村加偉 VS タダスケ 亜烈破 覇王

<第3試合・シングルマッチ>
拳王 VS モハメドヨネ

<第4試合・6人タッグマッチ>
小川良成 吉岡世起 矢野安崇 VS  Eita YO-HEY 鈴木鼓太郎

<第5試合・タッグマッチ>
杉浦貴 桜庭和志 VS  原田大輔 小峠篤司

<第6試合・GHCジュニアヘビー級選手権>
(王者)HAYATA VS NOSAWA論外(挑戦者)
※第46代王者の5度目の防衛戦。

<第7試合・6人タッグマッチ>
武藤敬司 丸藤正道 望月成晃 VS 清宮海斗 マサ北宮 稲葉大樹

<第8試合 メインイベント・GHCヘビー級選手権>
(王者)中嶋勝彦 VS 田中将斗(挑戦者)
※第36代王者の初防衛戦。



Go on to the DEMOLITION STAGE 2021
11月3日(祝・水)17:30〜横浜ラジアントホール

【NEW決定対戦カード】

<Special single secret 5>
※入場テーマ曲にて対戦カード発表。

<Special single secret5>
X  vs  X

<Special single secret4>
X  vs  X

<Special single secret3>
X  vs  X

<Special single secret2>
X  vs  X

<Special single secret1>
X  vs  X


[291] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/12(Tue) 00:02 ID:.JM3x6l.  [No.111582]
「GRAND SQUARE 2021 in OSAKA」
10月10日(日) 大阪・ エディオンアリーナ大阪第1競技場

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第2試合
キング・タニー&モハメド ヨネ&齋藤彰俊vsタダスケ&覇王&仁王

【試合後のタニー&ヨネ&齋藤】
▼ヨネ「久々に組んだけど、調子いいですね。やっぱり仲間がいるっていうのは大きな力になるし、ファンキーであり、パワフルであり、いろんなものを持っているファンキーエクスプレスだと思うんで。これからまたもっともっと面白い動きができればいいなと思います」

▼齋藤「今日は1ヵ月ぶりかな。久しぶりに顔を合わせて組んだんだけど、新しい連携が自然とできたり、息の疎通が違うかなと思っているんで」

▼タニー「結果は残念だったけど、アッキーのN-1で戦う姿に刺激を受けたんで。これからファンキーエクスプレスどんどんいっちゃうよって感じで。どんどんこれからもレッツファンキングしちゃうよ」

▼ヨネ「急に終わった。もうちょっと前振りがほしいね(笑)」



第4試合
小川良成&吉岡世起vsYO-HEY&鈴木鼓太郎

【試合後の鼓太郎&YO-HEY】
▼YO-HEY「相手、誰や? 吉岡の世起ちゃんか。あいつに遠い昔、いや結構最近、いやようわからなくなってるけど、あいつと後楽園でシングルマッチして、YOSHI-ROLL? ようわからん技で、おいらのYO-ROLLのパクリ技でペロンといかれてまって。そこからおいらのリズムが狂ってたわけで。今日見てみい? 吉岡、あれが本物のYO-ROLLや。バッチリ3つ取らしてもらったからな。ここからや。これからYO-HEYちゃん、そしてペロスの逆襲が始まっちゃうんじゃないですか? いや、始めるよ」

▼鼓太郎「俺はもう今日と言うよりかは、15日のシングルの小川良成戦だから。まあ、鬼が出るか蛇が出るかわからないけど、普通にはいかないだろうね」



第5試合
杉浦貴&藤田和之&ケンドー・カシンvs船木誠勝&田中将斗&望月成晃

【望月の話】「どうだ? 杉浦貴から3つ取ったぞ。まあ、先週取られて、N-1でもちょっとの惜しいところを逃して。でも、俺は今回いろんなレジェンドの方々がたくさん出てたけど、俺は知名度でも実績でもいろんなレジェンドの人には敵わない。俺はレジェンドでも何でもない。でも、試合内容と結果を積み重ねていけば、少しはあの人たちに追いつけるんじゃないかと思うんで。杉浦貴は絶対やれば響く相手だと最初から思ってたんで。でもね、1本取り返さないと今日このことは言えなかったんで。ここでもう1回、もう一花咲かせてやりますよ」



第6試合 GHC Jr.ヘビー級タッグ選手権
小峠篤司&大原はじめvsNOSAWA論外&Eita

【試合後の論外&Eita】
▼論外「めっちゃめちゃ思い入れがあるぞ。15年前だ、15年前。2006年、チャンピオンが『すぐ参戦したヤツがベルト挑戦するのに違和感ある』って言ってたけどな、俺はプロレスリング・ノア、2006年、初参戦で初挑戦したんだよ。ただ、そんときはよ、このGHCジュニアタッグっていうのがゴールの見えない山のようで登り切れなかったよ。それから何度か挑戦したけど、霧がかかってて、やっぱり頂上にたどり着かなかったよ。でも今日はよ、公園の砂場で作った山のような、登ることもできない山だったよな。潰してやったぞ。どうなんだ?」

▼Eita「前チャンピオン、お疲れ様でした。お前らがチャンピオンでノアジュニアが変わったか? 変わったか? なんも変わってねぇよな? 5分以内で俺たちが仕留めたんだからよ、これが現実だ。偶然じゃねぇぞ。現実だ」

▼論外「おい、俺たちチャンピオンだよな。俺はノアで防衛戦なんかやるつもり、さらさらねぇぜ。今日も挑戦者出てこなかったし、別にやらなくたっていいんだよ。(Eitaに)あなた、DRAGONGATEだよな? ちょっとDRAGONGATEでよ、ちょうどいい、面白くてあんまり強かったりよ、めんどくせぇと厄介だからよ、俺に対してちょうどいい、みつけてきてくれよ」

▼Eita「OK、OK。ウチはよ、山ほどちょうどいいのいるからよ。俺の中であいつとあいつ…まあいいや」

▼論外「いや、そんなにいらねぇよ」

▼Eita「いらない? まあいいよ。このベルトに挑戦する勇気のあるヤツいたら、いつでもかかってきなさい」

▼論外「ノアジュニアのヤツ、DRAGONGATEにこのジュニアタッグを取り返しにこいよ。俺の気分でしか防衛戦なんかやんねぇからな。ゴミクズ以下のベルトだぜ。うれしくもなんともねぇぜ。ほしいか? 買うか? なんかと交換するか? 東スポと交換するか? 年間購読とこのベルト交換するか? 3年契約でどうだ? 2本で6年だ。週プロでもいいぞ。3年契約だ、3年契約」

▼Eita「いい契約だ。とりあえずこのベルト臭いから、いい匂いにしてやるよ。キレイなベルトにしてやる」

▼論外「このゴミクズみたいな、ゴミクズ以下のベルトだけど、天国のペリート(ペロ・アグアヨ・ジュニア)と(ヘクトール・)ガルサに捧げるよ」





[292] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/12(Tue) 00:03 ID:.JM3x6l.  [No.111583]
連続投稿失礼します。

「GRAND SQUARE 2021 in OSAKA」
10月10日(日) 大阪・ エディオンアリーナ大阪第1競技場

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第7試合 GHC Jr.ヘビー級選手権
HAYATAvs原田大輔

【論外&Eita&鼓太郎&YO-HEYの話】
▼論外「ありえねぇだろ。俺じゃねぇだろ。お前だろ」

▼Eita「ついに来た、ついに来た。時代が来てるよ」

▼YO-HEY「来た来た、2冠王の時代」

▼論外「いらない、いらない。俺じゃねぇだろ」

▼Eita「いやいや、ご指名されたんでね。これはもういくしかないよ。いけるよ、いける」

▼論外「安く見られてるよな、俺?」

▼Eita「いやいや、そんなことない」

▼鼓太郎「ジュニアタッグチャンピオンだ」

▼YO-HEY「確かに」

▼論外「いや、俺じゃない」

▼鼓太郎「二冠のチャンス」

▼Eita「きてるよ、きてるよ、これ」

▼論外「マジかよ? いけるかな?」

▼Eita「間違いない」

▼論外「あり得ねぇぞ。インクレディブルだよ。しょうがない。指名入ったからやるしかねぇな。ただ一つ条件がある、会社に。いつやるかわかんないけど、前哨戦とか絶対あるよな。俺がやりたいカード、俺が組みたい人間とその前哨戦が条件だ。ありえねぇんだから、こんなこと。今まで一回も挑戦したことないぞ。絶対お前(Eita)だろ?」

▼Eita「いやいや、今日の流れは完全に」

▼論外「いや、(GHCジュニアタッグ戦で)お前が取っただろ? 俺を働かせるな」

▼Eita「いやいや、キーマンですよ、キーマン」

▼論外「これもノアジュニアがしょっぱい、勘違いしてる、カッコつけてるからダメなんだよ、おい」

▼鼓太郎「2冠獲ってノアジュニアは何たるかを…」

▼Eita「先頭に立ちましょう、先頭に」

▼YO-HEY「いくしかない」

▼論外「会社に条件は出したからな。それのまない限りは俺やらねぇからな。会社の発表次第だ。ありえねぇよ、あのHAYATAのヤロー。安くみやがって。ありえねぇよ」



セミファイナル SPECIAL TAG OSAKA N1 LIMITED
武藤敬司&桜庭和志vs拳王&清宮海斗

【試合後の清宮&拳王】
※並んでコメントスペースに立つと

▼拳王「ああ! ヤツらを倒したぞ。おい。俺と清宮…」

※拳王は清宮とにらみ合うと、先に去っていく

▼清宮「いや、すごい刺激もらいましたよ。俺も1人の男を追いかけているというこの状態で、隣にあんな刺激的な人がいたら。いやもう、今日のリング上は純粋にプロレスだけにのめり込んでやれたね。あとはちょっと、またスカされちゃったけど、武藤敬司。N-1は終わっても、俺と武藤敬司は終わらないから。3度目の正直? いや、4度目の正直だよ」


【試合後の武藤&桜庭】
▼桜庭「ダブルインパクトをやるって言ったのは武藤さんじゃないですか? 僕はダブルインパクトがわからなくて、見たら(ロード)ウォリアーズのやつがあって」

▼武藤「勉強してきてくれたんだ」

▼桜庭「勉強したんですよ。僕は飛ぶほう、ホーク役だと思っていたんで」

▼武藤「俺、ヒザが痛いから、抱え上げられないじゃん」

▼桜庭「急に背負えって言うから」

▼武藤「しょうがないじゃん。俺、そのぐらい察してるかと思ったよ。あうんの呼吸で」

▼桜庭「なんであうんの呼吸なんですか? 初めてなのに(笑) それで結局丸め込まれちゃったってどういうことですか」

▼武藤「勝てた試合なのにね、本当に。ただ、寝技にしたって何にしたって、反復練習があって、決まったり、決まらなかったりじゃん。やっぱり一夜漬けで本番だけでやってたら不可能だったな。あいつらだって何か失敗してたよ。2人で何かやろうとしてたけど、失敗してたじゃん? プロレスってやっぱり奥が深い。難しいよ。ただ、ただ1つ言えるのは、もう少しお互いのコミュニケーションが取れたら、ベルト狙えるぞ?」

▼桜庭「いや、僕は…」

▼武藤「次、ベルト狙おう。もう少しコミュニケーション取らなきゃダメだよ」



メインイベント GHCヘビー級選手権
丸藤正道vs中嶋勝彦

【中嶋の話】「丸藤正道、すっごくおいしかったよ。でも、N-1食って、GHCヘビー、丸藤も食って。満足するはずが、食っても食っても食い足んねえよ。でも、さっそくまたおいしい獲物が来たな。田中将斗。おいしいものが大好きだから、食ってやる。そして、見ての通り、ただベルトを獲っただけじゃない。丸藤正道から獲った。意味わかるか? 意味わかるか? 時代が動くぞ。俺が動かしてやる。俺、中嶋勝彦…俺がノアだ」

【田中の話】
▼田中「リング上で言ったことが全て。まあ、彼が優勝してベルトを獲ったことは、本当に素晴らしいことやと思うけど、その中で唯一土を付けたのが俺やろ? それやったら、十分挑戦する資格があるんじゃないかなと思って、リングにああいう形で言わせてもらいました」

――新王者・中嶋選手の印象は?

▼田中「やっぱすごいよね。すごいし、N-1のリーグ戦で戦った時もすごいというのはわかってたけど。でも、自分に自信がなかったら、リングに上がって挑戦表明しないからね。絶対的な自信はあります」


[293] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/14(Thu) 22:46 ID:bDg.0hFk  [No.111586]
10月15日横浜ラジアントホール大会に出場を予定していた小川良成が、胸椎および腰椎捻挫のため、欠場になるそうです。
この欠場に伴い一部対戦カードならびに試合順が変更との事。

【Go on to the DEMOLITION STAGE 2021】
10月15日(金)18:00〜
横浜ラジアントホール

[変更済み対戦カード]

<第5試合 メインイベント・NOAH Jr TEAM GAMEイリミネーションタッグマッチ>
NOSAWA論外 Eita YO-HEY 日高郁人 
VS 原田大輔 小峠篤司 大原はじめ 宮脇純太

<第4試合・シングルマッチ>
清宮海斗 VS 仁王

<第3試合・6人タッグマッチ>
HAYATA 吉岡世起 進祐哉 VS タダスケ 覇王 亜烈破

<第2試合・シングルマッチ>
鈴木鼓太郎 VS 藤村加偉

<第1試合・シングルマッチ>
稲葉大樹 VS 矢野安崇


[294] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/16(Sat) 00:02 ID:tKXqJaxU  [No.111587]
遅くなりましたが参戦試合の結果です。

『極悪祭 ダンプ松本41周年記念還暦大会〜真っ赤な青春〜』
10月11日(月)東京・後楽園ホール

ザ・リーヴpresents プロレスリングNOAH提供試合・30分1本勝負
○丸藤正道&モハメド・ヨネ
(11分55秒 不知火→体固め)
×小峠篤司&長井満也


[295] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/16(Sat) 00:03 ID:tKXqJaxU  [No.111588]
連続投稿失礼します。

「Go on to the DEMOLITION STAGE 2021」
10月15日(金) 横浜ラジアントホール

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯稲葉大樹
7分18秒 逆エビ固め
×矢野安崇

〈第2試合〉シングルマッチ
◯鈴木鼓太郎
7分32秒 風車式バックブリーカー→片エビ固め
×藤村加偉

〈第3試合〉6人タッグマッチ
HAYATA&×吉岡世起&進祐哉
16分57秒 首固め
◯タダスケ&覇王&亜烈破

〈第4試合〉シングルマッチ
◯清宮海斗
14分11秒 垂直落下式リバースDDT→体固め
×仁王

〈第5試合〉NOAH Jr TEAM GAME
イリミネーションタッグマッチ
NOSAWA論外&◯Eita&YO-HEY&日高郁人
vs
原田大輔&×小峠篤司&大原はじめ&宮脇純太
@YO-HEY&◯日高vs小峠&×大原
16分12秒 ショーンキャプチャー
AYO-HEY&×日高vs小峠&×宮脇
9分43秒 首固め
B◯YO-HEY&日高vs小峠&×宮脇
9分59秒 顔面G→エビ固め
C×YO-HEY&Eita vs◯小峠&原田
13分38秒 キルスイッチ→片エビ固め
D◯Eita&NOSAWA論外vs×小峠&原田
4分40秒 Imperial Uno→エビ固め
※NOSAWA論外&Eita&YO-HEY&日高郁人の勝ち



[296] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/16(Sat) 19:31 ID:A3brku0M  [No.111589]
「Go on to the DEMOLITION STAGE 2021」
10月15日(金) 横浜ラジアントホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第2試合
鈴木鼓太郎vs藤村加偉

【鼓太郎の話】「小川良成とやるつもりでいたからね。ちょっとガクッと来たけど、まぁしょうがない。また同じカード組んでくれ」



第3試合
HAYATA&吉岡世起&進祐哉vsタダスケ&覇王&亜烈破

【タダスケの話】「中嶋勝彦がGHCヘビー級チャンピオンになった。フタ開けたらN-1の決勝も金剛対決。N-1盛り上げたのも、この間の大阪盛り上げたのも金剛や。金剛ヘビーや。ところでおい! 俺らなにやっとんねん! 覇王! 亜烈破! 仁王! どう思ってんねん!? 俺らはこのままでええんか? ヘビーにいつまでもおんぶに抱っこや。カッコ悪いのう。今ちょうどジュニアで、あの地味な正規軍と違って、バンバン盛り上げとるペロスとSTINGER、おい、あいつらおもろいやんけ。なにお前らだけ目立っとんねん! 気に入らんのう。俺らも混ぜてくれや。いや、混ざりにいったるさかいのう。そこんとこ、よろしく」



セミファイナル
清宮海斗vs仁王

【清宮の話】「大阪で(武藤に)背を向けられてね。ここで足踏みしてられないよ! 今、このノア、いろんなチャンスが転がってるから。それを自分で見つけて。あさってのチッタ、対戦相手みて、誰から取っても自分が大きく踏み出せるんじゃないかと思うよ。常に狙っていくから」





メインイベント NOAH Jr. TEAM GAMEイリミネーションタッグマッチ

NOSAWA論外&Eita&YO-HEY&日高郁人vs

原田大輔&小峠篤司&大原はじめ&宮脇純太

【試合後のPERROS DEL MAL DE JAPON】
▼論外「おかしくねえか? なんで今日、俺の出番があったんだって!」

▼Eita「いやぁ3人でも行けたんだけどね。やっぱり次期チャンピオンが…」

▼論外「どっこいどっこいの試合してんじゃねーよ!」

▼YO-HEY「こっちは4試合やったから…」

▼Eita「俺は今日3試合! 3試合やったよ!」

▼論外「今日の客入りみたら分かるだろ? 俺たちがベルト獲ってこのビジネスが下がったんじゃねえぞ!? あいつら正規軍が客呼べないレスラーなんだよ! このザマだよ! 俺たちに恥かかせんなよ!」

▼Eita「俺らがチャンピオンなんだからよ、もっと客入れろよ。まぁゴミクズしかいねーけどな」

▼論外「そして一番大事なことを言うぞ? おい、小川センパイ。俺のラブコール、受け取ってくれたよな? あさってのクラブチッタ、俺の横空けて待ってるから、必ず来てくださいよ。ビビって逃げてんじゃねえぞ!? 小川!」

▼Eita「ビビって腰抜かしたか? 小川見てんだろ? ちゃんと返事しろよ。アンサー出せ、アンサー」

▼論外「ラブコールだよ、ラブコール。小川サンもHAYATAとか吉岡とかじゃなく、ペロスに入れてやってもいいんだぜ? その代わり、鈴木鼓太郎の付き人からだぞ? クラブチッタで答えを聞かせてくれよ。鼓太郎の付き人だぞ、鼓太郎の付き人! 鼓太郎さんって呼べよ! おい、言ってやれよ!」

▼鼓太郎「…俺の付き人からだよ!」





[297] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/17(Sun) 18:51 ID:NhM/YNu6  [No.111592]
「NOAH SANCTUARY」
10月17日(日) ノア特設アリーナ(クラブチッタ川崎)
観衆:未発表(札止め)

試合結果です。

〈第1試合〉タッグマッチ
マサ北宮&宮脇純太◯
11分52秒 腕ひしぎ十字固め
×岡田欣也&矢野安崇

〈第2試合〉10人タッグマッチ
キング・タニー&モハメド ヨネ&原田大輔
&小峠篤司&大原はじめ◯
9分02秒 フィンランド式フォアアーム→エビ固め
征矢学&×タダスケ&亜烈破&覇王&仁王

〈第3試合〉シングルマッチ
△鈴木鼓太郎
20分00秒 時間切れ引き分け
△稲葉大樹

〈第4試合〉シングルマッチ
◯拳王
11分19秒 アンクルホールド
×吉岡世起

〈第5試合〉GHCジュニアヘビー級選手権前哨戦
スクランブル6人タッグマッチ
丸藤正道&小川良成&NOSAWA論外×
15分42秒 首固め
清宮海斗&◯HAYATA&YO-HEY

〈第6試合〉GHCヘビー級&GHCナショナル選手権 W前哨戦
×中嶋勝彦&望月成晃
29分18秒 スライディングD→片エビ固め
杉浦貴&田中将斗◯


[298] Stephenthigo - 2021/10/18(Mon) 04:28 ID:IQQ7zj62  [No.111593]
Гадаю дистанционно 30 лет. Оставьте ТОЛЬКО !!! сообщение в Вотцап на телефон +1 (248) 730-4177. Я С Вами свяжусь сама. На неизвестные звонки не отвечаю

[299] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/21(Thu) 00:18 ID:5GcsC0pw  [No.111598]
BBMスポーツからの新弟子事情のニュースです。

今年4月18日、後楽園ホール大会でNOAHはリング上から3人の練習生を紹介した。半年の月日が流れて、10月17日のNOAH特設アリーナ(神奈川・クラブチッタ川崎)大会でセコンド業務をおこなっていた練習生は1人だけ。現在、NOAHの道場長を務めている清宮海斗に新弟子事情について聞いた。

 NOAHは昨年11月28日、練習生の公開オーディションを開催。佐々木洋輔(ささき・ようすけ)、小川晴斗(おがわ・はると)と1名が合格した。1名は入門してすぐに退寮。今年4月に高校を卒業した佐々木、小川が入門して、昨年1月に入門した太田啓介を加えると練習生は3人になった。

 今年8月に新たに小澤大嗣(おざわ・たいし)が入門したが、太田が退寮。NOAHでは入門から1年半以内にデビューするという決まりがある。太田はそこにたどり着く見込みがなかった。

「太田は基礎体力を初期の段階から作り上げていかなきゃいけなかったんです。そこに時間がかかりすぎてしまいました。今年の夏前にようやく受け身の練習に入ったのですが、彼は受け身の習得にも非常に時間がかかりました。これだけ時間がかかったのは彼だけの責任でなく、道場長のボクの責任でもあります」

 プロレスは入門すればデビューが約束されるような甘い世界ではない。NOAHでは練習生になると合宿所で生活しながら、道場で腕立て伏せ、腹筋、スクワット、首の柔軟、スパーリング、ランニングなどトレーニングをみっちりとおこなう。基礎体力が備わった後は受け身だ。

「プロレスの受け身は特殊。できる人はすぐできるけど、できない人は時間がかかる。個人差がかなりあります。どちらにせよ、最初が肝心。腕や足のちょっとしたズレがあると次のステップに進めないし、のちのち修正できなくなる。一度できたとしても、翌日できなかったら、また最初からやり直し。細かいけど、基礎がしっかりできなければ応用もできませんから」

 日本プロレス界保守本流のNOAHは受け身を特に大切にしている団体。その習得はポテンシャルやセンスが大きく左右するが、最低限のレベルに達しなければデビューにたどり着くことはできない。

 もちろん過酷な練習だけあって、ケガの危険も伴う。清宮も練習生時代に肋軟骨を骨折して1カ月休んでいた経験もあるが、この夏に佐々木と小川が負傷。現在は安静にしている。

「佐々木は受け身の練習中に脳震とうを起こしました。病院で検査した結果、完全に治るまでは練習禁止。大会に帯同させず、合宿所で休養しています。小川はスパーリングで左手首を骨折してしまって、練習はもちろん、セコンド業務もできないので、鹿児島の実家に一時帰省中です。リハビリができるようになったら戻ってくることになっていて、帰ってくる日も決まっています。いろいろ重なってしまってファンのみなさんに心配をかけてるかもしれませんが、2人とも退寮したわけではないので、ご安心ください」

佐々木&小川がケガで大会に帯同ができない中、現在は小澤が1人でせっせとセコンド業務などに励んでいる。小澤は身体能力に優れ、入門した時点で基礎体力が備わっており、メニューも次々とクリア。デビューに向けて着実に歩を進めているが、こんな壁も…。

「小澤はまだ入門してまだ2カ月ちょっと。プロレスの練習生は先輩たちとの信頼関係も必要なんです。上の人たちに『コイツ、ちゃんとやってるな』って認めてもらわなければいけない。先輩たちからの信頼を得るためにはしっかり練習して、セコンドでキビキビ動くしかない」

 どの世界でも同じだが、新人が組織にとけ込むには時間がかかる。先輩たちに覚えてもらって練習を見てもらえるようになることも練習生にとって大きなハードルの一つなのだ。

「練習が厳しいのは当たり前。入門しても1日、2日で辞めちゃう人もいますし、受け身で脱落する人もいますからね。でも、過酷な新弟子生活を乗り越えてプロレスラーとしてデビューできれば、やる気次第でどこまででも夢を追いかけられます。今のNOAHにいる3人はポテンシャルが高いと思います。小澤は身体能力、佐々木は練習に取り組む姿勢の誠実さ、小川はバネというそれぞれ特徴もある。がんばってデビューまでたどり着いてほしいです。

 一番ちゃんとプロレスを教えてもらえるのはNOAHです。小川良成さん、丸藤正道さん、杉浦貴さん、潮崎豪さん…プロレスの伝統を受け継ぎ、守り続けてくれた先輩たちがいますからね。そんな先輩たちから教わったことは間違いなく財産になります。さらに今のNOAHはボクがうらやましいぐらい素晴らしい環境が整っています。過去最高のNOAH道場チームだと言ってもいいんじゃないでしょうか」

 清宮が入門した2015年からNOAHは運営会社が3度替わり、道場もディファ有明から埼玉県さいたま市に移転。激動の中でプロレスラーとして成長を遂げてきた。昨年1月にサイバーエージェントグループ入りして、サイバーファイトが母体となったことで経営が安定。いらぬ心配をしないでデビューに向けて練習に取り組める。

 清宮の後は2017年8月に宮脇純太、2018年9月に稲村愛輝、2018年12月に岡田欣也、2020年10月に矢野安崇と順調に新人がデビュー。上昇気流が止まらないNOAHは若手戦線も充実しており、現在の練習生たちがデビューすれば、その勢いがさらに加速されることだろう。


[300] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/21(Thu) 02:57 ID:vi1J.5sM  [No.111601]
連続投稿失礼します。

10月24日(日)アオーレ長岡大会に出場を予定していた宮脇純太が、練習中の負傷(内側側副靱帯および内側半月板損傷)により同大会ならびに28日熊本大会、30日福岡大会を欠場。
この欠場に伴い一部対戦カードならびに試合順が変更との事。

なお宮脇選手の経過・復帰につきましては判り次第、公式サイト・SNSにてお知らせの予定との事。


「Go on to the DEMOLITION STAGE 2021」
10月24日(日)17:00〜アオーレ長岡

【変更済み対戦カード】

<第6試合 メインイベント・タッグマッチ>
中嶋勝彦 征矢学 VS 丸藤正道 田中将斗

<第5試合・シングルマッチ>
小川良成 VS 清宮海斗

<第4試合・10人タッグマッチ>
杉浦貴 原田大輔 小峠篤司 大原はじめ 矢野安祟 VS 拳王 タダスケ 亜烈破 覇王 仁王

<第3試合・6人タッグマッチ>
マサ北宮 吉岡世起 藤村加偉 VS  YO-HEY 日高郁人 稲葉大樹 

<第2試合・シングルマッチ>
HAYATA VS NOSAWA論外

<第1試合・シングルマッチ>
鈴木鼓太郎 VS 岡田欣也



「Go on to the DEMOLITION STAGE 2021」
10月28日(木)18:30〜熊本城ホール シビックホール

【変更済み対戦カード】

<第6試合 メインイベント・GHCナショナル選手権>
(王者)杉浦貴 VS 望月成晃(挑戦者)
※第5代王者の3度目の防衛戦。

<第5試合・10人タッグマッチ>
中嶋勝彦 拳王 タダスケ 覇王 仁王 
VS 丸藤正道 田中将斗 原田大輔 小峠篤司 大原はじめ

<第4試合・8人タッグマッチ>
HAYATA 小川良成 吉岡世起 矢野安崇 VS NOSAWA論外 Eita YO-HEY 鈴木鼓太郎

<第3試合・タッグマッチ>
清宮海斗 稲葉大樹 VS  キング・タニー モハメド ヨネ

<第2試合・タッグマッチ>
マサ北宮 藤村加偉 VS 征矢学 亜烈破

<第1試合・シングルマッチ>
日高郁人 VS 岡田欣也



「LEC クリンぱっ! presents DEMOLITION STAGE 2021 in FUKUOKA」
10月30日(土)16:00〜福岡国際センター

【変更済み対戦カード】

<第8試合 メインイベント・GHCヘビー級選手権>
(王者)中嶋勝彦 VS 田中将斗(挑戦者)
※第36代王者の初防衛戦。

<第7試合・6人タッグマッチ>
清宮海斗 マサ北宮 稲葉大樹 VS 武藤敬司 丸藤正道 望月成晃

<第6試合・GHCジュニアヘビー級選手権>
(王者)HAYATA VS NOSAWA論外(挑戦者)
※第46代王者の5度目の防衛戦。

<第5試合・タッグマッチ>
杉浦貴 桜庭和志 VS  原田大輔 小峠篤司

<第4試合・6人タッグマッチ>
小川良成 吉岡世起 矢野安崇 VS  Eita YO-HEY 鈴木鼓太郎

<第3試合・タッグマッチ>
拳王 征矢学 VS キング・タニー モハメド ヨネ

<第2試合・シングルマッチ>
日高郁人 VS 亜烈破

<第1試合・6人タッグマッチ>
大原はじめ 岡田欣也 藤村加偉 VS タダスケ 覇王 仁王



[301] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/23(Sat) 23:13 ID:0/2hWa5Q  [No.111611]
望月成晃インタビューです。

10・28熊本大会でGHCナショナル選手権試合「(王者)杉浦貴vs望月成晃(挑戦者)」が行われる。
 ともに51歳にして驚異のコンディションを維持。互いに認め合うからこそ強く意識し「いつかやりたいと思っていた」と口をそろえる両者待望のシングル初対決だ。
 DRAGONGATEからノアに参戦し続ける望月としては、GHCのシングルタイトルは初挑戦。待ち焦がれた好機到来に燃える望月に現在の心境を聞いた――。


――GHCナショナル挑戦表明へと至った心理的な経緯というのは?

▼望月「もともとノアさんに上がったのは、2019年2月のジャイアント馬場さん追善興行、両国大会で丸藤選手と当たったのがきっかけで。そこから2年半が経ちまして、N-1も3年連続で出させてもらって、結構“主要どころ"の選手とはシングルマッチやらせてもらったんですけど、杉浦貴とだけやってなかった。それこそノアに参戦する前から、ずっと『シングルで闘ってみたい』と思っていて。同年代ですし、どこからどう見ても強い。強いだけじゃなくて熱いプロレスもできる。かなり前から『闘ってみたいなあ』って思っていて、それでノアさんに参戦するようになってから『いつか、いつか』と思っていながらも、きっかけがなくて、結局シングルをやらずにここまで来て。でもタッグマッチで2回取られた段階で、『やられたからこそ、やり返せば“そういう流れ"に持っていけるな』って思ってて、それができたのが10月10日・大阪大会のタイミングでした」

――自身も50歳を超えても抜群のコンディションを保っているが、その自身からみても杉浦貴のコンディションは目を引く?

▼望月「そうですね。僕は24歳でプロレスデビューしてるんですけど、高校卒業後の5年間、“スポーツを何もしていない時期"というのが実はあったんですよ。でも杉浦貴は(アマチュア)レスリングの時代から、ずっと高いレベルでスポーツをしてきたアスリート。キャリアは僕より下かもしれませんけど、デビュー後すぐにトップ戦線まで来ていた選手ですし。で、これは余談かもしれませんけど、以前、こうやって接点ができる前に、実は家が近所でたまに見かけたりもしていたんですよ。『ゴツいなあ』ってずっと思ってて、まさかこういう日が来るとは…。だから、自分的にも杉浦選手とやれる時まで、こうしてコンディションを保って来られたのが良かったな、と思いますね。このタイミングまで」

――今回はタイトルマッチとなるが、心情的には“杉浦貴とのシングル"が第一義になりそう?

▼望月「そうですね。まずは杉浦貴とシングル。でもシングルやるならね、そこに杉浦貴が持ってるベルトがあるので。杉浦選手は今、ZERO1さんの世界ヘビーも持ってますけど、僕は今、ZERO1さんと接点があるワケではないので『じゃあ、その赤いベルトを』と。やっぱりタイトルマッチのほうが、お互い“プラスした力"は間違いなく出ると思うので。それに“ノアのヘビー級のシングルのベルトに挑戦する"なんて昔からしたら考えられなかったこと。しかもまさに今、手が届く状況にあるわけですから。だったら今の動けるうちに挑みたい…!って思いも強いですよね」

――これまで丸藤正道と組んでGHCのタッグは巻いたが、シングルには挑戦含めて縁がなかった

▼望月「そうですね。そこもなかなか“きっかけ"がなかったので。ウチ(DRAGONGATE)のリングでもシングルタイトルへの挑戦っていうのは、久しく無かったんでね。そういう意味でも何かの“きっかけ"っていうのが欲しかったのは事実。杉浦貴とのシングルマッチがタイトルマッチでできて、ひとつの大会のメインイベントで組まれた。そこはノアさんにも感謝したいですね」

――ノアで2年半、本当に身を削って積み上げてきただけに、そろそろシングルでも“証"も欲しい?

▼望月「そうですね。(GHC)タッグはタッグで大きな勲章でしたけど、やっぱりシングルマッチで輝く人がノアさんにはたくさんいるので。僕自身もシングルマッチ好きですし。だからそこに届いたら、自分のなかでもこれ以上無い勲章だな、とは思いますね」

――杉浦貴と闘ったらどんな試合になるかシミュレーションも重ねてきた?

▼望月「いや、ハッキリ言ってシミュレーションは“する必要がない"くらい、ですね。前哨戦でもそうでしたけど、絶対に“打てば響く"。年齢がいっても、コンディションが良くて、スタミナもあって、動けて、スピードもある。杉浦貴はそういう選手だと思うんで。だから逆にドッシリ構えられたほうが、僕としては勝機が少ないと思ってますね。それでも、こっちが熱く打てば絶対に“動いてくる"選手だと思うんで。内容を求めて試合をするわけではないし、僕は『いい試合します!』とかはあんまり事前に言いたくはないんだけど、“間違いのない試合になる"っていうのは、自分のなかで確信はもう持ってますね」

――10・28熊本でナショナル、10・30博多でGHCヘビー…と九州3日間で2つのタイトルマッチが行われるが、GHCヘビーの「中嶋勝彦vs田中将斗」への対抗心のようなものはある?

▼望月「川崎大会での前哨戦(望月&中嶋vs杉浦&田中)も、同じM's allianceでも田中将斗とは組まずに闘うカードが組まれた。その後に熊本ナショナル→博多GHCヘビーってタイトルマッチが続くこの流れは、もしかしたら『対戦相手だけじゃなくて、横も意識しろよ』って言われてるのかもしれない、って思ってますね。そういう“刺激"も煽られてるようなマッチメイクなんだと、僕のなかでは勝手に思ってます。ですんで(GHCヘビー級王座戦と)近い日にち、近い場所でやる…ってことに対しては、もの凄い意識してます」

――杉浦貴にも勝って、GHCヘビー級選手権試合にも勝つ…というのがテーマになる?

▼望月「うーん、でも正直そこまで余裕はないですね(苦笑) ノアさんのマッチメイク力で、そこまで意識はさせられてるなあ…とは感じますけど、実際そこまで余裕はないです。まず“杉浦貴と1対1でやる"ってことを、とにかく考えてます」

――少し話はそれるが、同じDRAGONGATEから参戦しているEitaはGHCジュニアタッグのチャンピオンになった

▼望月「そうですね。でも、Eitaがノアに上がった時に『ノアとDRAGONGATEって繋がりあったんだ!』って声がちらほら聞こえてきて…(笑) 『ずっと俺出てたじゃん!』って思ったんですけど。確かに僕はフリー時代もあったし、昔からあちこち出させていただいてるんで、DRAGONGATEとしてのイメージが薄いのかもしれないんですけど、Eitaがノアに出るのと、僕がノアに出るのとでは、もの凄く違って見られてるんだな…っていうのは感じましたね。でも、それで今度は拳王と覇王がウチの大阪(11月3日)でツインゲート(王座)に挑戦しますし。僕が単独で2年半、ノアさんに出てきた闘いが少しずつでもこうして広がった…っていうのは、僕としても何かの役割が果たせたのかもしれないと思いますし、それでプロレスファンの皆さんに“今まで観られなかったカード"を提供できるっていうのなら、それはそれでうれしいことですね。まぁ昔から結構、そういう“役割"多かったんで。新日本さんとDRAGONGATEの時も“まず僕から"みたいな(笑)」

――ではナショナルのベルトを獲って、ノアでも、DRAGONGATEでも、どんな影響をもたらしたい?

▼望月「影響っていうのは、周りがどう感じるかなんでね。だから、よしんば獲れたとしたら、どんな影響が生まれるか。むしろ僕が楽しみにしてますよ。今は杉浦貴という強敵に挑むってことが一番。そこからベルトを獲ったことで、僕を見る目がどう変わるのか、変わらないのか。そこは楽しみとして取っておきたいですね」

――では最後に改めて、杉浦貴をどう倒すのが理想?

▼望月「僕、ごくまれに丸め込みを使うこともあるんですけど、その勝ち方だけは“違うな"って思ってます。逆に丸め込みで勝つぐらいだったら、壮絶に散ったほうが、GHCナショナルというベルトと杉浦貴というレスラーに対しての“礼儀"かな、と思ってるんで。とにかく“真っ向"で、自分の武器で勝ちたいなと思ってますね」


[302] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/25(Mon) 20:48 ID:eKZ0Gg26  [No.111613]
「Go on to the DEMOLITION STAGE 2021」
10月24日(日) 新潟・アオーレ長岡
観衆:246人

遅くなりましたが試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯鈴木鼓太郎
5分00秒 サムソンクラッチ
×岡田欣也

〈第2試合〉シングルマッチ
△HAYATA
20分00秒 時間切れ引き分け
△NOSAWA論外

〈第3試合〉6人タッグマッチ
マサ北宮&吉岡世起&藤村加偉×
13分03秒 顔面G→エビ固め
◯YO-HEY&日高郁人&稲葉大樹

〈第4試合〉10人タッグマッチ
杉浦貴&◯原田大輔&小峠篤司&大原はじめ&矢野安崇
14分48秒 片山ジャーマンスープレックスホールド
拳王&タダスケ&亜烈破&覇王&仁王×

〈第5試合〉シングルマッチ
△小川良成
30分00秒 時間切れ引き分け
△清宮海斗

〈第6試合〉タッグマッチ
中嶋勝彦&征矢学×
22分09秒 スライディングD→体固め
丸藤正道&田中将斗◯


[303] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/25(Mon) 20:49 ID:eKZ0Gg26  [No.111614]
「Go on to the DEMOLITION STAGE 2021」

遅くなりましたが試合後のコメントです。

10月24日(日) 新潟・アオーレ長岡
第2試合
HAYATAvsNOSAWA論外

【試合後の論外】
▼論外「どうせチャンピオン様はしゃべらないんだろ? いやぁ…勝てなかった。でも! 負けなかった。…どっかで聞いたセリフだな。俺も勝てなかったけど、負けなかったよ。今日の結果で1勝2引き分けだよな? アイツと。今日の引き分けは思ったよりコンディションが良いというか、想定内だよ。タイトルマッチは屈辱的な勝ち方…別にラフとかさ、ラ・マヒストラルで取ってもおもしろくねえだろ? 59分59秒…! その時間で俺がHAYATAを仕留めてやるよ」

――ヒザを相当攻められてはいたが…?

▼論外「いやぁ、それも想定内、想定内。もともと悪いから。これも俺の作戦というか、死んだふり、生きてるふり…。正直言うと、ここのノアのジュニアの連中なんかが『一生懸命やってる』なんて言ってるのと比べると、比べ物にならないくらい背負ってるモンが違うんだよ。おい、ノアジュニア。タッグ獲って、次はシングル。“侵略"は進行中だよ。ただ、おもしろいんじゃない? HAYATAってのは。一番おもしれーよ。小川良成とは違う。でもなんかムカつくな。だから屈辱的な勝ち方を。今日だって取ろうと思えば取れたさ。負け惜しみになっちまうけど、敵のウィークポイントとかも知りたかったからさ。弱点は見つけたよ。あいつに足りないもの。それはもう今日、予習できたから。あとは熊本、そして博多か。博多は59分59秒、それぐらいギッチリ、俺の大嫌いなノアファンが嫌がるような試合してやる。明確に侵略してるけど、エンジョイはしてるよ」


第4試合
杉浦貴&原田大輔&小峠篤司&大原はじめ&矢野安崇vs拳王&タダスケ&亜烈破&覇王&仁王

【試合後の原田&小峠&大原】
▼原田「よし勝ったぞ! 今日も勝った! (ヒザのじん帯損傷で欠場となった)宮脇! 必ず完治させて戻ってくるから。俺たちは必ずアイツのポジションを空けて待ってるから。宮脇、戻ってこいよ!」

▼小峠「アイツが戻ってくる前に、ノアジュニア正規軍としてもっともっと底上げして、他のジュニアのチームより上のステージを作っておくから。ゆっくり帰ってきてくれ」

▼大原「タダスケがなんか『金剛ジュニアも(抗争に)入っていく』とかって言ってたけど、今日も俺たちが返り討ちだよ。俺たちが金剛ジュニアより先に、ノアジュニアのトップまでまた行こう。というワケで今日も…ムイビエン!」


セミファイナル
小川良成vs清宮海斗

【試合後の清宮】
▼清宮「30分? 30分経ったの? 時間忘れちゃったね。今回も借りは返せなかったけど、いやぁやっぱり…広くて深いですよ」

――最後は小川のほうから握手を求めてきたが、その意味をどう受け取った?

▼清宮「それは…小川さんにしか分からないけど、まぁやってきたこと、間違ってなかったのかな…ってちょっと救われる気持ちはありますね」

――今日の引き分けをどう生かしていく?

▼清宮「“点"っていう部分では打てたんじゃないですかね。前回の試合と線でつながって、次やったらその線が図になっていくのかどうか。とにかくこの点を大事にしていこうと思います」

――まだ超えられていない壁というのが…

▼清宮「たくさんあるでしょ! これから超えなきゃいけない壁ばっかりでしょ。年末に向けてやってきますよ」



メインイベント
中嶋勝彦&征矢学vs丸藤正道&田中将斗

【試合後の田中&丸藤】
▼田中「ホントに言葉で…っていうよりは闘いでみせていったほうが手っ取り早いし、残りは熊本と博多。リング上で言った通り、博多の試合開始前までは彼がベルトを持ってリングに上がるかもしれないけど、試合が終わってからは、俺が必ずあのベルト持って、こうやって手を上げながらベルトを持って、リングから下りてやるよ」


▼丸藤「田中さんが獲ったら、最初の挑戦者は……俺だ」

▼田中「分かりました。そう言ってくれるとありがたいしね。ZERO1の人間として単体として上がってますけど、俺にも仲間がいっぱいいるから。仲間を背負って…とかカッコいいことは言わないけど、武藤さんもそうだし、M's allianceの中にあのベルトがあったら、やっぱり最高やと思うんで。こういう機会をつかんだからには、必ず俺がM's allianceにベルトを戻します」


[304] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/25(Mon) 20:49 ID:eKZ0Gg26  [No.111615]
連続投稿失礼します。

現在、試合中の負傷(左腓骨骨折)により欠場している稲村愛輝選手が、11月に復帰することが決定。
なお、復帰に関する詳細について、追って発表の予定との事。

復帰にあたり、稲村選手は10月25日に行われました記者会見席上で以下のようにコメントしています。


【稲村選手のコメント】

稲村愛輝です。7月より左足の骨折により欠場させていただきました。

ご心配ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。

怪我も完治して、今はもう練習もできている状況です。

11月、復帰をしたいと思います。

これまで以上に精一杯練習、そして試合をしたいと思います。

11月復帰します!

よろしくお願いします。

(復帰の対戦相手の希望をたずねられて)

もともと自分はそんな、色々考えて戦えるタイプではないですし、復帰ができるという状況になって、誰とやりたいとかそういう贅沢は言わないので、ただ目の前の敵と戦って、精一杯戦って、どんどん倒して、さらに上に行きたいと思います。


[305] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/26(Tue) 07:26 ID:u8PsSRHg  [No.111616]
激闘は必至か――。ノアは25日に都内のホテルで会見を行い、GHCナショナル王者・杉浦貴に挑戦する望月成晃(51)が意気込みを語りました。

 東スポ情報ですが、28日の熊本城ホール シビックホール大会で杉浦に挑み、同王座初戴冠を目指すドラゴンゲートの鉄人は「ずっと戦いたいと思っていた杉浦貴選手との対戦で久々に胸躍るというか。もしかしたらこの先これ以上の大一番はないんじゃないか、と思っているくらいです」と熱い思いを激白。杉浦との対戦を熱望していた理由について「プロレスにおける戦いのベクトルが似てるな、というのが僕の勝手な想像ですけど。プロレスラーには華麗な技を使う選手がいれば、ゴツゴツと少ない技でも試合を組み立てていく選手もいる。僕は華麗さはそれほどないし、そう(後者)だと思って試合しているので。戦えば間違いなく波長が合うだろうなあというのがあります」と明かした。

 一方の杉浦も望月を「本当に戦いたいなあと思う選手。戦いに美学があるよね。必ず、戦った相手が光る」と評する。まさに両者の美学が激突することになりそうですが、果たして…。


[306] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/26(Tue) 07:27 ID:u8PsSRHg  [No.111617]
連続投稿失礼します。

ノア・30日の福岡国際センター大会で田中将斗を迎えV1戦を行うGHCヘビー級王者・中嶋勝彦(33)が、まさかの恐怖心≠口にしたそうです。

 東スポ情報ですが、試合を5日後に控え、都内ホテルで会見に臨んだ中嶋は、開口一番「今まさに『田中将斗』という恐怖と緊張感を味わっています。だけど福岡は俺の生まれた場所でもあるから、勝ってベルトを掲げてリングを降りたいと思います」と話した。弱気ともとれる言葉と裏腹に代名詞となった不気味な笑みはたたえたまま。恐怖心の理由を問われると「ポスターもだけど、どう見ても怖いでしょ。味わってますよ。今まで(シングル戦で)勝ったことがないから」と、その言葉には似合わない微笑をたたえたまま答えた。

 会見では「なぜ田中に勝てないのか」との質問が飛ぶ場面も。中嶋が「逆になんでだと思います?」と報道陣に質問返しをしたところで、マイクを持ったのが対戦相手で会見に同席していた田中だった。「なんでか言うたら、じゃんけんでパーはグーに負けないんですよ」と突き付けられる。だが中嶋は表情を変えず田中をみつめ「じゃあ、この薄い『パー』をぶち破るしかないね、グーで」と言い放った。

 目前の福岡決戦。最後に笑うのは…。


[307] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/28(Thu) 21:42 ID:OUILKurc  [No.111624]
「Go on to the DEMOLITION STAGE 2021

10月28日(木)熊本・熊本城ホール シビックホール

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯日高郁人
6分33秒 ヒザ十字固め
×岡田欣也

〈第2試合〉タッグマッチ
マサ北宮&藤村加偉×
13分43秒 空回弾→片エビ固め
征矢学&亜烈破◯

〈第3試合〉タッグマッチ
◯清宮海斗&稲葉大樹
11分53秒 タイガースープレックスホールド
×キング・タニー&モハメド ヨネ

〈第4試合〉8人タッグマッチ
HAYATA&小川良成&吉岡世起&矢野安崇◯
16分11秒 飛び付き前方回転エビ固め
×NOSAWA論外&Eita&YO-HEY&鈴木鼓太郎

〈第5試合〉10人タッグマッチ
◯中嶋勝彦&拳王&タダスケ&覇王&仁王
21分16秒 ヴァーティカルスパイク→片エビ固め
丸藤正道&×田中将斗&原田大輔&小峠篤司&大原はじめ

〈第6試合〉GHCナショナル選手権試合
(第5代王者)×杉浦貴
25分01秒 生足顔面ローキック→片エビ固め
(挑戦者)◯望月成晃
※望月が第6代王者となる



[308] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/29(Fri) 22:47 ID:Qo/.fI9s  [No.111625]
「Go on to the DEMOLITION STAGE 2021

10月28日(木)熊本・熊本城ホール シビックホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第3試合
清宮海斗&稲葉大樹vsキング・タニー&モハメド ヨネ

【試合後の清宮&稲葉】
▼稲葉「なかなかこの僕の地元・熊本には試合で帰ってこれなかったんですけど、今日こうやって地元に帰ってこれて、清宮さんとのタッグで勝てて、とてもうれしいです。また清宮さんとのタッグもやっていって、また地元にも強くなって帰ってきたいと思います」

▼清宮「稲葉さんの地元でタッグを組ませていただけるということもありがたいですし、本当に今こうやって巡業で回るのが当たり前じゃない中で、こうやってできること。1試合1試合に価値を前よりも感じてます。考えるようになりました。もっと二人でチャンスつかんでアピールしていきましょう」

▼稲葉「お願いします」

▼清宮「ありがとうございました」

▼稲葉「ありがとうございました」


第4試合
HAYATA&小川良成&吉岡世起&矢野安崇vsNOSAWA論外&Eita&YO-HEY&鈴木鼓太郎

【矢野の話】「よっしゃあ! ちょうど今日でデビューして1年。その1回目の試合で自分が勝つことができて、いいスタートが切れたと思います。でも、まだまだこれで満足しません。もっともっと上を目指すために、これからも頑張っていきます。ありがとうございました」


【試合後の論外&Eita&鼓太郎】
▼論外「つまんねえ質問したらぶっ殺してやっからな。つまんねえ質問したらぶっ殺してやるよ」

▼Eita「クソ、小川おい! 急所ばっかじゃねえか、あいつら。汚ねえことしやがってよ」

▼論外「おい、てめえら。つまんねえ質問してみろよ俺に、おい。今日は許さねえぞ。これがプロレスの怖さだよ。あさってのGHCジュニアヘビー、ノアジュニアで…いや、ノアの中で一番弱い俺が挑戦するんだ。HAYATA感謝しろ。俺はそれだけだ。あとお前ら言ってやれ、STINGERに」

▼Eita「おい、小川。小川のオッサン。おい、お前よ、36年やってんだろプロレス。36年やってお前、急所攻撃しかできねえのか? おい小川、しょっぺえんだよ、このヤロー」

▼YO-HEY「あとな、中山(レフェリー)が悪い」

▼鼓太郎「(小川は)調子よさそうだね。早く俺とシングル組んでよ」



セミファイナル
中嶋勝彦&拳王&タダスケ&覇王&仁王&丸藤正道vs田中将斗&原田大輔&小峠篤司&大原はじめ

【試合後の中嶋】
――完璧な3カウントだった。

▼中嶋「うん、初めての味だね、田中将斗。でも、まだ今日が本番じゃない。あさって国際センター。田中将斗を存分に味わって、すべてを俺が食ってやる」

――まだまだ腹が減っている状態?

▼中嶋「そうだね。まだ味わったぐらいだからね。これでより一層、福岡国際センターが楽しみだよ」



メインイベント GHCナショナル選手権
杉浦貴vs望月成晃

【望月の話】「とてつもなく大きな大きな結果を出すことができました。俺もね、いろんな人に勝ってきたし、いろんなベルトも巻いてきたけども、この年齢でプロレスリング・ノアという団体で、そして杉浦貴という相手で、俺は約28年プロレスやってきて、もろもろ加味したら今日以上の勝利はないと思ってます。それもこれも杉浦貴のおかげです。ありがとうございました。拳王はああ言うけど、50過ぎてああいう相手がいるからこそ、俺らも死なないで、この一線級でやっていられるわけで、この先もね、まだまだ杉浦貴のように動けて強いプロレスラーいるんで、俺もまだまだ誰に何を言われようが、杉浦貴がギブアップするまで俺もギブアップしない」

【拳王の話】「望月、杉浦。そりゃもうすげえ戦いだったよ。心に響く戦いだったよ。だが、なんか飽きちゃったな。あんなオッサンたちの戦い何年みてんだ? 何十年見てんだ? 俺はもう飽きたぞ。お前らの戦いじゃないんだ。もっと新しい戦いをしてやるんだ。そしてな、望月にGHCナショナルの赤いベルトは似合わない。挑戦表明受けたんだろ? お前のGHCナショナルのベルトを俺が腰に巻いてやるからな。いいか、オッサンの時代はもう終わりだ」



[309] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/29(Fri) 22:48 ID:Qo/.fI9s  [No.111626]
連続投稿失礼します。

11月13日(土)、横浜武道館大会の一部対戦カードが決定。

「DEMOLITION STAGE 2021 in YOKOHAMA」
11月13日(土)16:00〜 横浜武道館

【NEW決定対戦カード】
<GHCナショナル選手権>
(王者)望月成晃 VS 拳王(挑戦者)
※第6代王者の初防衛戦。



[310] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/30(Sat) 23:12 ID:dG3YC4LI  [No.111627]
「LEC クリンぱっ! presents DEMOLITION STAGE 2021 in FUKUOKA」
10月30日(土) 福岡・福岡国際センター
観衆:878人

試合結果です。

〈第1試合〉6人タッグマッチ
大原はじめ&岡田欣也&藤村加偉×
11分41秒 ストゥーカスプラッシュ→片エビ固め
タダスケ&覇王&仁王◯

〈第2試合〉シングルマッチ
×日高郁人
9分48秒 空回弾→片エビ固め
◯亜烈破

〈第3試合〉タッグマッチ
◯拳王&征矢学
11分02秒 P.F.S→片エビ固め
キング・タニー&モハメド ヨネ×

〈第4試合〉6人タッグマッチ
小川良成&吉岡世起&矢野安崇×
14分55秒 顔面G→片エビ固め
Eita&◯YO-HEY&鈴木鼓太郎

〈第5試合〉タッグマッチ
杉浦貴桜庭和志◯
16分26秒 腕ひしぎ十字固め
原田大輔小峠篤司×

〈第6試合〉GHCジュニアヘビー級選手権試合
(王者)◯HAYATA
22分00秒 ムーンサルトプレス→片エビ固め
(挑戦者)×NOSAWA論外
※第46代王者が5度目の防衛に成功

〈第7試合〉6人タッグマッチ
清宮海斗&マサ北宮&稲葉大樹
21分07秒 シャイニングウィザード→体固め
◯武藤敬司&丸藤正道&望月成晃

〈第8試合〉GHCヘビー級選手権試合
(王者)◯中嶋勝彦
34分44秒 ヴァーティカルスパイク→片エビ固め
(挑戦者)×田中将斗
※第36代王者が初防衛に成功





[311] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/30(Sat) 23:19 ID:swHdndzE  [No.111628]
連続投稿失礼します。

11月10日(水)、後楽園ホール大会の稲村愛輝復帰戦などの全対戦カード、及び
11月13日(土)、横浜武道館大会の全対戦カードが決定。
11・13横浜大会ではGHCジュニアヘビー級選手権(王者)HAYATA VS 亜烈破(挑戦者)、GHCナショナル選手権(王者)望月成晃 VS 拳王(挑戦者)、GHCタッグ選手権(王者)清宮海斗 マサ北宮 VS 武藤敬司 丸藤正道(挑戦者)の3大選手権試合が開催されます。



「Go on to the DEMOLITION STAGE 2021」
11月10日(水)18:30〜 後楽園ホール

【全対戦カード】
<第1試合・稲村愛輝復帰戦>
征矢学 VS 稲村愛輝

<第2試合・10人タッグマッチ>
NOSAWA論外 Eita YO-HEY 鈴木鼓太郎 日高郁人 VS 原田大輔 小峠篤司 大原はじめ 藤村加偉 矢野安崇

<第3試合・タッグマッチ>
杉浦貴 岡田欣也 VS キング・タニー モハメドヨネ

<第4試合・8人タッグマッチ>
HAYATA 小川良成 吉岡世起 進祐哉 VS タダスケ 亜烈破 覇王 仁王

<第5試合・タッグマッチ>
中嶋勝彦 拳王 VS 望月成晃 船木誠勝

<第6試合 メインイベント・6人タッグマッチ>
武藤敬司 丸藤正道 田中将斗 VS 清宮海斗 マサ北宮 稲葉大樹



「DEMOLITION STAGE 2021 in YOKOHAMA」
11月13日(土)16:00〜 横浜武道館

【全対戦カード】
<第1試合・シングルマッチ>
大原はじめ VS 矢野安崇

<第2試合・シングルマッチ>
YO-HEY VS タダスケ

<第3試合・6人タッグマッチ>
杉浦貴 桜庭和志 ケンドー・カシン VS キング・タニー モハメドヨネ 齋藤彰俊

<第4試合・8人タッグマッチ>
中嶋勝彦 征矢学 覇王 仁王 VS 原田大輔 小峠篤司 稲葉大樹 岡田欣也

<第5試合・シングルマッチ>
藤田和之 VS 稲村愛輝

<第6試合・6人タッグマッチ>
小川良成 吉岡世起 進祐哉 VS NOSAWA論外 Eita 鈴木鼓太郎

<第7試合・GHCジュニアヘビー級選手権>
(王者)HAYATA VS 亜烈破(挑戦者)
※第46代王者の6度目の防衛戦。

<第8試合・GHCナショナル選手権>
(王者)望月成晃 VS 拳王(挑戦者)
※第6代王者の初防衛戦。

<第9試合 メインイベント・GHCタッグ選手権>
(王者)清宮海斗 マサ北宮 VS 武藤敬司 丸藤正道(挑戦者)
※第56代王者の初防衛戦。


[312] fun◇F0vgoBE. - 2021/10/31(Sun) 15:41 ID:ENoXTBYM  [No.111629]
「LEC クリンぱっ! presents DEMOLITION STAGE 2021 in FUKUOKA」
10月30日(土) 福岡・福岡国際センター

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第3試合
拳王&征矢学vsキング・タニー&モハメド ヨネ

【拳王の話】「望月とGHCナショナル、タイトル決まったぞ。ひとつ面白いアイディアが浮かんだぞ。11月3日、DRAGONGATE(の後楽園大会で覇王と組んで)ツインゲートに挑戦するよな? そのベルトを巻いてGHCナショナル選手権……メチャクチャ面白いだろ? 俺がDRAGONGATEのベルトを巻いて、ノアのベルトを持ってるDRAGONGATEの望月成晃、お前に挑戦してやる。とりあえず11月3日、俺がベルトを獲って、テメーが持ってるノアのベルトを獲り返してやるからな」



第4試合
小川良成&吉岡世起&矢野安崇vsEita&YO-HEY&鈴木鼓太郎

【試合後のEita&鼓太郎&YO-HEY】
▼Eita「イエ〜〜イ!! 俺らの勝ちぃいいい! 小川! アイシングできたか? ほてってただろ? ちょうど良かったんじゃないか? お前おぼれてたよな? 大丈夫か? トシ行ってるから仕方なないよな(笑)」

▼YO-HEY「いやぁ、二人のアシストがなかったらマジで矢野に負けてましたわ〜(笑) ホントに感謝、ホントに感謝」

▼鼓太郎「(小川は)わざわざ博多に来てまでビショビショになってね。2リットルもね。良い画だったよ」

▼Eita「次の試合でマットが滑っても知らねえからな。全部小川のせいだからな。俺のせいじゃないからな。小川、俺がお前もいずれ5分以内に片付けてやるよ」



第5試合
杉浦貴&桜庭和志vs原田大輔&小峠篤司

【試合後の杉浦&桜庭】
――ジュニアの桃の青春タッグと対決したが?

▼杉浦「小峠がね、最初のほうで桜庭さんに果敢にグラウンドを仕掛けたりしてね。(※ナチュラルナインでの)出稽古のアレを試そう、っていうのが見えたから良かったね。前の小峠なら踏み込まずに寝技いかなかったかもしれないけど、あえて桜庭さんに行って」

▼桜庭「練習と本番は違うんでね。でも出す自信がついてきたんじゃないですか? それは良いと思います。ただ連係がうまいからって、二人での攻撃多すぎないっすか?(笑)」

――髪の毛も金髪に…

▼桜庭「これはただiPhoneを新しくしたんで記念で(笑) 最新のiPhoneにしたんで」

――杉浦選手はナショナル王座から陥落したが?

▼杉浦「結果は結果で受け止めて、また新しい目標に向かって。まだベルトもう一本(ZERO1世界ヘビー)あるしね」

――ダブルインパクトも決まったが?

▼杉浦「決めたねえ。やっぱり俺とサクだったら決まるんだよ。新弟子じゃ難しいから、あの技。新弟子・武藤じゃ」

▼桜庭「それはありますね(笑)」

――手応えは?

▼桜庭「コーナーから飛ぶなんて初かもしれない…」

▼杉浦「まぁプロレスにどっぷり浸かってくれて良かった」

▼桜庭「キレイでした? ジャンピングニーは?」

▼杉浦「ジャンピングニーも。最初はこの辺(腰のあたり)でしたからね(笑) いろいろ試して、いいんじゃないですか?」

▼桜庭「裸足なんで滑るから。やべーなと思いましたけど、良かったです」



第6試合 GHC Jr.ヘビー級選手権
HAYATAvsNOSAWA論外

【試合後の亜烈破&タダスケ】
▼タダスケ「ええか? よう聞いとけよ。改めて言ったる。あいつらペロス、STINGERの闘いに俺らも割って入ったるからな。この金剛ジュニアのリーサル・ウェポン、核弾頭、天上天下唯我独尊の亜烈破、亜烈破、亜烈破や! HAYATAのベルト一発で獲ったるからな。そこんとこヨロシク」

▼亜烈破「……(※無言で満足気に両手を広げる)」



セミファイナル
清宮海斗&マサ北宮&稲葉大樹vs武藤敬司&丸藤正道&望月成晃

【試合後の武藤&丸藤&望月】
▼武藤「シングルのベルト、丸ちゃん相手に落としてからさ、ちょっとこの辺(腰回り)が軽くなっちゃって。なんかN-1でさ、ちょっと頑張ろうかなって思ったんだけど、結果的には決勝にも上がれなくて。ただ、この軽い腰のまま年を越すっていうのはちょっと気分良くないからさ。たまたまあいつら…清宮も俺の方向いてくれてるし、突然表明しちゃったよ。まぁ断られれても良いと思ったんだけど…」

▼丸藤「すぐ来ましたね」

▼武藤「うん。だから丸ちゃん、ぜひベルトを一緒に獲りましょう。俺、自信はあるから」

▼丸藤「そうですよ。清宮にも負けないし、北宮にも負けてないし、ちょっと俺が頑張れば」

▼武藤「いやもう頑張んなくていいっすよ」

▼丸藤「じゃあ武藤さんにおまかせします!」

▼武藤「そうそう。最後のおいしいとこだけ持ってってよ。土台は俺が作って。そして何よりも嬉しいことに、望月選手がチャンピオンになってくれて。だから二人とも頼もしかったですよ」

――M's allianceとしてももう一本ベルトを?

▼武藤「そうっすね。シングルのベルトも前が丸ちゃんで、その前が俺だからね。シングルを獲ったもん同士が組むわけだからさ。普通に考えて負けるわけねえよな? どっちがチャンピオンか分かんねえよな。俺は『挑戦してやってもいいよ』って言ったんだよ。別に断られてもいいと思って。そしたら即決だもんね!」

▼望月「向こうがやりたいんですよ!」

▼丸藤「しかもあいつらなんでチャンピオンなのに今日ベルト巻いて来なかったの? 自覚がねえよ自覚が」

▼武藤「ウチのチャンピオン見てみろよ! しっかり腰に巻いて…」

▼望月「ありがとうございます!」

▼武藤「(ナショナルの)ベルトも喜んでるよ! あのベルト(タッグ)はあいつらが巻いてても喜んでないよ。俺たちが巻いたら喜ぶよ」

▼丸藤「LECさんの新商品でベルトもちゃんと磨いていきましょう! あいつらが持ってたら汚れちまうから」

▼武藤「獲ったらあいつらに磨かせようよ」

――武藤&丸藤組はどんなチームになりそう?

▼武藤「少なからず桜庭とは違うよ。あの野郎! 今日、ダブルインパクト成功させやがった。俺の時は失敗したくせにあの野郎……。桜庭とは違うすげーいいコンビネーションでいけますよ」

▼丸藤「俺がプロレスラーになる前から見てた人ですから。憧れてた人とそうやってタッグを組んで挑戦して、絶対にベルトは獲りますし、かっこいいタッグチャンピオンをぜひとも創り上げたいなと思います。なんで“ひとまず"獲りましょう!」

▼武藤「うん、このまま腰の軽いまま年越したくないよ!」



メインイベント GHCヘビー級選手権
中嶋勝彦vs田中将斗

【中嶋の話】「どう? リング上でも言った通り、もう時代は動いてんだよ。俺が創り出す、創っていくこの時代に乗り遅れるなよ。なあ? (軽くベルトを叩くと)この崇高なるGHCヘビーのベルトを持つこの俺…俺がノアだ」

【試合後の田中】
▼田中「(コメントスペースにしばらく倒れ込むと)いやあ、獲れなかったね。負けたな。完敗だよ。対戦成績がどうとか、そんなもん関係ない。今どっちが強いかって言えば、中嶋のほうが強い。まあでも、次やったらわからへんよって言うのは田中将斗やと思っとるから。俺はまだ進化の途中。またこのベルトにも挑戦できると思ってるから。まだ俺は発展途上やし、まだまだ伸びていくと思っとるし、丈夫な体、スピード、パワー、これからまだまだ経験上げていくから。今日は本当に完敗です。全てぶつけて勝てなかったというのは、やっぱそこは認めざるを得ない。彼のスタイルどうこうあるかもしれんけど、彼は強いよ。今度またチャレンジしていく立場になるけど、その時に彼がベルトを持っとるか持ってないかはわからんけど、次に当たる時は彼に対してのチャレンジャーかもしれへんけど、その時に俺が勝って、次は迎え撃つ状態にするよ。絶対する。なんかありますか?」

――過去の中嶋勝彦と何が違った?

▼田中「過去と比べて、覚えているっていうのは(N-1 VICTORY)公式戦ぐらいで。あとはもう数年前。この間、YouTubeか何かに上がってたけど、それも9年前でしょ? そういうものと比べて何が違うかっていうのは、その頃の記憶はあまりないけど、あの中で優勝して、公式戦に出ずに大阪に照準を絞ってきたあのスゲェ丸藤選手に勝ったんやから。上からものを言える立場ではないけど、意識の部分で彼がノアを守る、ベルトを守る、そういう気持ちが僕より上やったんじゃないですかね」



[313] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/04(Thu) 21:28 ID:  [No.111637]
DRAGON GATE
「THE GATE OF DESTINY 2021」
11月03日(水・祝) エディオンアリーナ大阪・第1競技場 
観衆:1,685人

遅くなりましたが参戦試合の結果です。

セミファイナル オープン・ザ・ツインゲート選手権試合

(王者組) 横須賀ススム&KING清水◯
14分00秒、エビ固め ※KINGプレス
(挑戦者組)拳王&覇王×
※王者組が3度目の防衛に成功


[314] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/04(Thu) 21:29 ID:  [No.111638]
「Go on to the DEMOLITION STAGE 2021」
11月03日(水) 神奈川・横浜ラジアントホール
観衆: 146人

遅くなりましたが試合結果です。

第1試合
<Special single secret1>
◯鈴木鼓太郎
13分11秒 片エビ固め ※SMFを切り返して
×日高郁人

第2試合
タッグマッチ
HAYATA&矢野安崇×
14分10秒 変型ストレッチ
タダスケ&亜烈破◯

第3試合
<Special single secret2>
◯杉浦貴
11分14秒 オリンピック予選スラム→体固め
×稲葉大樹

第4試合
<Special single secret3>
△原田大輔
30分00秒 時間切れ引き分け
△小峠篤司

第5試合
タッグマッチ
マサ北宮&岡田欣也×
13分22秒 ストゥーカスプラッシュ→片エビ固め
征矢学&仁王◯

セミファイナル
<Special single secret4>
◯中嶋勝彦
8分05秒 PK→片エビ固め
×吉岡世起

メインイベント
<Special single secret5>
◯清宮海斗
17分49秒 後方回転エビ固め
×丸藤正道



[315] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/04(Thu) 21:29 ID:  [No.111639]
連続投稿失礼します。

「Go on to the DEMOLITION STAGE 2021」
11月03日(水) 神奈川・横浜ラジアントホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第1試合
鈴木鼓太郎vs日高郁人

【試合後の鼓太郎】
▼鼓太郎「やっぱ強いね。ジュニアの重鎮だからね。今日はたまたま試合やったけど、同じチームだから心強いよね」

――PERROS DEL MAL DE JAPONとして見据えるものは?

▼鼓太郎「それは一つでしょう。リーダー(NOSAWA論外)が果たせなかったジュニアのベルト、こっちに持ってこないとね」

――小川とのシングルも一度流れている

▼鼓太郎「俺は組んでくれたらいつでもやるよ。今日かな?って思ってたけど。急いで中途半端な体調のままやりたくもないしね。やるんだったら、しっかり治して100\%の小川良成とやりたい。すぐ組んでくれとは思ったけど、本調子の小川良成とやってこそだから」



第2試合
HAYATA&矢野安崇vsタダスケ&亜烈破

【試合後のタダスケ&亜烈破】
▼タダスケ「リングで言うた通りや! 最後に言うとくぞ! 圧倒的、悪魔的に神がかってる男! その男の名は亜烈破、亜烈破、亜烈破や! よう覚えとけ」

▼亜烈破「……(※満足気に両手を広げる)」



第3試合
杉浦貴vs稲葉大樹

【稲葉の話】「キツいな…すごくキツいな…。ただ、すごいチャンスをもらってるよ。このチャンス、無駄にしたら後悔する。一生後悔するから絶対食いついていく。強敵だけど、全部強敵だけど、そこまで追いついてやる!」



第4試合
原田大輔vs小峠篤司

【試合後の小峠、原田】
――思わぬ形で久々の桃の青春対決が実現したが?

▼小峠「向こうの入場テーマ聞いた瞬間『マジか!』って思いましたけど、あいつとなら『これぞノアジュニア』って胸張れる試合ができると、すぐ思いましたね。そういう試合を見せられたんじゃないかなって思います」

※原田がやってくる

▼原田「ありがとうございました! いやぁキツい! 小峠さんキツいっす!」

▼小峠「いや、俺もキツいよ…」

▼原田「でも、俺たちが目指すノアジュニアはこういう闘いですから。反則とかそういう卑きょうな試合内容じゃない。しっかりとした闘いで俺たちはどんどん、これからのノアジュニアを創っていきたいです」

――二人で闘うことで、他の軍団とも闘っていた?

▼原田「そうですね。俺たちノアジュニアずっとやってきて、そういうものを見てきましたし、これからもノアジュニアのレベルを上げて、俺たちが“価値"を創っていきたいです。まだ大原さんもいますし、休んでますけど宮脇もいる。しっかり俺たち4人でこのノアジュニアの価値を高めて、他のチームに負けないものを創っていきます。俺たち4人の気持ちを込めてジュニアタッグも絶対獲りにいきます。それだけです!」

▼小峠「全部言ってくれましたね。軍団いっぱいありますけど、俺たちらしく、俺らしく気持ち込めて。絶対に気持ちはお客さんに伝わると思いますから」



セミファイナル
中嶋勝彦vs吉岡世起

【中嶋の話】「いやぁ〜シークレットってさ、刺激的だねえ。実に刺激的だ。そして吉岡…楽しみだね。ジュニアを盛り上げてくれよ」



メインイベント
清宮海斗vs丸藤正道

【試合後の清宮】
▼清宮「前哨戦でも全力で行きますよ! こうやって今、みんなが来てくれてるのもありがたいし、ホントに今、何が起こるか分からない。この今の時期、動いていかなきゃダメでしょう! 横浜では丸藤さんとの思い出もありますよ。横浜文体で2年前くらいかな、あの時メインではバトンを渡されたかのような感じだったけど、今はもう競い合う相手としてね、楽しんでいきますよ」

――丸藤との読み合いを制して、今まで積み上げてきたものが生きたような勝ち方でもあった

▼清宮「いろんなことを考えますけど、やっぱり今までやってきてる技…入り方やタイミング、決まり具合。そこを突き詰めていけばしっかり3つ入るんだっていうのを見せていきたいですよ」

――あらゆる点で進化と上向きさを実感できている?

▼清宮「実感ありますよ。上がっていきますよ」

――ベルトを見せつけたが?

▼清宮「あんなね、この間挑発をされて。そりゃ持っていきますよね。ここにあるんだ、俺がチャンピオンなんだ!って気持ちはありますから。でも、それでもまだ、このベルトを腰に巻くのはちょっと早いのかな…っていう気持ちもあって。そんな感じですね」

【丸藤の話】「入った? レフェリーが3つ叩いただけだろ。レフェリーが3つ叩いただけで俺は負けなのか! じゃあいいよ、タイトルマッチは俺が3つ叩かせてやるよ。言っとけ! 清宮もそうだ、中山(レフェリー)もそうだ。俺がワン・ツー・スリー叩かせてやっから。それとあいつ、ちゃんとベルト持ってんじゃねえかよ。この間どうしたんだ? 忘れただけか? まぁいいや持ってきたなら。あんな入場前に『丸藤さん、どうぞ次のタイトルマッチで持っていってください』みたいに見せつけやがって。今日はタイトルマッチじゃねえから持ってかなかったけど、まぁ見とけって。負けたけどな……余裕だよ!」



[316] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/06(Sat) 19:06 ID:  [No.111645]
DRAGON GATE
「THE GATE OF EVOLUTION 2021」
11月05日(金) 東京・後楽園ホール 
観衆:683人

遅くなりましたが参戦試合の結果です。

メインイベント GHCジュニアヘビー級タッグ選手権試合
(王者組) ◯NOSAWA論外&Eita
(17分51秒、ラ・マヒストラル)
(挑戦者組)箕浦康太&ジェイソン・リー×
※王者組が初防衛に成功


[317] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/06(Sat) 19:09 ID:  [No.111646]
連続投稿失礼します。

遅くなりましたが、5日東京・後楽園ホールにてDRAGON GATE『THE GATE OF EVOLUTION 2021』が開催され、Eita&NOSAWA論外がDRAGON GATEのリングでGHCジュニアヘビー級タッグ王座を防衛しました。

 バトルニュースの情報ですが、現在、DRAGON GATEとNOAHは選手の相互参戦が進んでいます。
 DRAGON GATEからは望月成晃が武藤敬司らの“M’s alliance”のメンバーとして定期参戦し、今年10月には杉浦貴からGHCナショナル王座を奪取するなど大活躍。そしてNOAHからも反体制ユニット“金剛”から拳王&覇王が参戦しツインゲート王座に挑戦するなど両団体の選手が互いに王座戦線の中核に食い込んでいる。

 そして、DRAGON GATEのヒールユニット“R・E・D”の首魁たるEitaもNOSAWA論外らの“PERROS DEL MAL DE JAPON”のメンバーとしてNOAHに定期参戦中。
 EitaはNOAHに参戦すると、その華やかな試合ぶりやNOAHでは久しく見なかった毒舌系侵略者ヒールとしての姿がファンに高く評価され、あっという間にジュニアヘビー級の中心選手に。10月10日にはその勢いのまま論外とともにGHCジュニアタッグ王座を戴冠し、ベルトを持ってホームの後楽園ホール大会に凱旋。DRAGON GATEのリングでNOAHの王座戦が行われるという事態となった。

 Eita&論外は、日高郁人&鈴木鼓太郎&YO-HEYをセコンドに引き連れて登場し、ペロスのフルメンバーが揃い踏み。
 そして、今回GHCジュニアタッグ王座に挑戦した“MASQUERADE”の箕浦康太&ジェイソン・リーは試合が始まるなり論外に狙いを定め、巧みなタッグワークでタッチを回しながら論外を約10分もの間ひたすらに攻撃。そのさなかには論外が箕浦の顎先を右ストレートでぶん殴り、激怒するNOAHの中山真一レフェリーに対して「NOAHだったらガチだろオイ!」と暴論を吐く場面もあった。
 論外がなんとか自力で生還すると、Eitaは約2分で箕浦&ジェイソンを1人で圧倒し、再びボロボロの論外にタッチ。

 ジェイソンは箕浦とともに合体DDTを炸裂させ、マキシマムドライバー&バズソーキックを決めてロープに飛ぶが、突如飛び込んできたEitaがImperial Uno(※トラースキック)で顎先を一閃。不意を突かれて膝をついたジェイソンを論外が超高校級ラ・マヒストラルで仕留め、王座防衛に成功した。

試合後、マイクを取った論外は「次の挑戦者が出てこないなら俺が指名してやる!次はリアル・ハザードだ!」と宣言。Eitaが「もう無いし!古すぎて今のファン分かんないから!」とツッコミを入れると、論外は「だったらマッスル・アウトローズだ!」と一歩も引かず。

 続けてマイクを取ったEitaは、「俺が長々と喋ってもかったるいよな。久々にこのリングに帰ってきたYO-HEYに締めてもらおうか!」と無茶振りマイクリレー。
 YO-HEYが「まさかこんな形でこのプロレスリング……あ、間違えました。ごめんなさい(笑)このDRAGON GATEのリングに戻ってくるとは思いませんでした。十数年以上ですか。色々ありましたが、色んな気持ちを込めて、最後一言だけ……DRAGON GATE、最高ォ〜ッ!」とはにかみながら叫ぶと、ヒールユニットが締めたにもかかわらず会場は温かい雰囲気に包まれた。

 バックステージに戻った論外が「リアル・ハザードはどこ行ったんだ。マッスル・アウトローズも俺は使い捨てにされた過去があるんだよ。都合のいいときだけ使いやがって。俺はDRAGON GATEに使い捨てにされたトラウマがあるんだよ。お前、俺たちここまで呼んで使い捨てにするなよ?」とぼやくと、Eitaは「しません!続きがあるから!」とペロスの継続参戦をほのめかす。
 そしてEitaは「DRAGON GATEのリングにYO-HEYが帰ってきたんだよ!これはなんかあるぞ。なにかがあるぞ!これから(YO-HEYが)3分喋るから」とYO-HEYの参戦もほのめかしつつ無茶振りして去っていくと、YO-HEYは「……最高やね」とだけ言い残してEitaの後を追った。



[318] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/10(Wed) 23:38 ID:CnWaBuvM  [No.111651]
「Go on to the DEMOLITION STAGE 2021」
11月10日(水) 東京・後楽園ホール
観衆:483人

試合結果です。

〈第1試合〉稲村愛輝復帰戦
◯征矢学
10分49秒 ジャンピングDDT→片エビ固め
×稲村愛輝

〈第2試合〉10人タッグマッチ
NOSAWA論外&Eita&◯YO-HEY&鈴木鼓太郎&日高郁人
11分46秒 顔面G→片エビ固め
原田大輔&×小峠篤司&大原はじめ&藤村加偉&矢野安崇

〈第3試合〉タッグマッチ
杉浦貴&岡田欣也×
14分35秒 ワキ固め
キング・タニー&モハメド ヨネ◯

〈第4試合〉8人タッグマッチ
◯HAYATA&小川良成&吉岡世起&進祐哉
13分29秒 403インパクト→体固め
タダスケ&亜烈破&×覇王&仁王

〈第5試合〉タッグマッチ
中嶋勝彦&拳王×
16分47秒 掌底→片エビ固め
◯望月成晃&船木誠勝

〈第6試合〉6人タッグマッチ
×清宮海斗&マサ北宮&稲葉大樹
20分00秒 オースイスープレックスホールド
武藤敬司&◯丸藤正道&田中将斗







[319] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/12(Fri) 00:05 ID:.JM3x6l.  [No.111655]
「Go on to the DEMOLITION STAGE 2021」
11月10日(水) 東京・後楽園ホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第2試合
NOSAWA論外&Eita&YO-HEY&鈴木鼓太郎&日高郁人vs原田大輔&小峠篤司&大原はじめ&藤村加偉&矢野安崇

【試合後の論外&Eita&鼓太郎&YO-HEY】
▼論外「いやあ、スゲェハードな試合だったな」

▼Eita「きつかったよ」

▼YO-HEY「おい! ちょっと待て。お前ら。よくやったじゃねえよ。勝ったけど…」

▼Eita「汗だくだよ」

▼論外「いい汗かいてるよ」

▼YO-HEY「2人何もしてへん」

▼鼓太郎「メチャメチャやられたよ。メチャメチャやられてた」

▼YO-HEY「2人して開始早々に」

▼論外「今日見て、俺たちの実力がわかっただろ?」

▼鼓太郎「メチャメチャやられてたって」

▼Eita「息が合ったでしょ? 息合ってたってみんな」

▼論外「あいつらはこんなゴミクズ以下のベルトにも挑戦できない価値の無い選手なんだ。あいつらは紙コップレスラーだ。ポンポンポンポンやって、紙コップみてえなんだよ。紙コップで勝てるのか? 完勝だな、俺たちの」

▼Eita「見ただろ? 取ってただろ? あれは日本初だぞ。俺たちがオリジナルだから、真似すんなよ。ああ、熱かった」

▼論外「なんならよ、あいつら元気ねえから、PERROS DEL MAL DE JAPONなく、PERROS DEL MAL DE NOAHに変えてもいいんだぞ?」

▼Eita「いいな。俺らが正規軍だ」

▼論外「賛成だろ? それだったら」

▼Eita「賛成だ」

▼論外「いやあ、俺とEitaの連係冴えたな。俺たちのおかげだぜ」

▼鼓太郎「戦線離脱したじゃねえか」

▼YO-HEY「どこでそんな汗かいた?」

▼Eita「言うことないから、俺ら」

▼YO-HEY「まあ、勝ちは勝ちや」

【試合後の原田&小峠&大原】
▼小峠「ああ! なんで勝てねえんだ。チクショウ!」

※小峠が先に去っていくと

▼大原「大丈夫だよ。試合の最後の最後の本当に終盤までは俺たちがペースを握ってたし。本当に最後だけだったから。これを改善して俺たちがまた這い上がればいいだけだから。小峠そんなに気にすることないよ。いけるいける」

▼原田「俺たちなら絶対にできる。ベルトも絶対あいつらから獲り返すのは俺たちや」

▼大原「ピンチの時に支え合って、必ず俺たちがベルトを獲り返して、ノアのジュニアの中心に行くから。頑張ります」

▼原田「ここから大逆転、絶対します」



第4試合
HAYATA&小川良成&吉岡世起&進祐哉vsタダスケ&亜烈破&覇王&仁王

【タダスケの話】「(亜烈破の素顔をTシャツで覆って隠すと)アホ! 撮るな、アホ! ノーコメントじゃ」



セミファイナル
中嶋勝彦&拳王vs望月成晃&船木誠勝

【試合後の望月&船木】
▼望月「見たか、拳王。もう一度言わせてもらうぞ。前哨戦で直接負けるなんて、お前らの世代はだらしないんじゃないのか? 見たか、今日のフィニッシュ。ストレート掌底だ、ストレート掌底。ちょこっとは前から使ってたんだけど、今日は船木さんがパートナーということで。まあ、蹴り一辺倒じゃね。お互いもう散々やってるんで、ちょっと違う打撃が欲しいと思って。パンチは反則なんで、今日はこのストレート掌底の精度を高めるために、船木さんに試合前に教えを乞いました。これがバッチリ決まったんでね。あと3日。蹴りとこの掌底で…」

※船木が遅れて姿を現すと、ガッチリと握手を交わす

▼船木「バッチリでした」

▼望月「ありがとうございました、船木さん。バッチリでした。ありがとうございました。船木さんのおかげです。おい、あいつはオッサンって言ったよな? 船木さんは俺より上だぞ。でも、一番若々しい。俺より若々しいよ、船木さんは。あと3日。俺の時代…まあ、俺は初防衛だけどな、終わらせるもんなら終わらせてみろ。あいつらの世代がだらしないってことをしっかり見せつけてやる」

【拳王の話】「(唇からの出血をテーピングで拭うと)おい、望月。やったな。テメー、今のはなんだ? 痛えな。この唇を俺は忘れねーぞ。必ずやってやるかな、横浜武道館。覚えておけよ」



メインイベント
清宮海斗&マサ北宮&稲葉大樹vs武藤敬司&丸藤正道&田中将斗

【試合後の武藤&丸藤&田中】
▼武藤「さすが天才」

▼丸藤「何をおっしゃいますか」

▼武藤「俺と丸藤が組めば、天才・天才で。普通タッグのタイトルマッチは1+1を4とか、8にしなきゃ勝てないけど、俺たちはたぶん『1+1=2』でも勝てるな」

▼丸藤「そうですね」

▼武藤「余裕だよ」

▼丸藤「さらに今日は6メンで田中選手もいたんで」

▼田中「ありがとうございます」

▼丸藤「武藤さんに何も言わずに、リング上でも喋らせてもらったけど、俺はああいう気持ちいでいるし。武藤さんは武藤さんで、おそらくあのベルトを獲ることによって、何かが始まると思うんで。非常にいいキッカケになるような気がするんですよね」

▼武藤「俺はノアの歴史っていうのはまだ1年しか知らないからさ。そんなでかい口は叩けないけど。だけど、プロレスの原点はさ、シャープ兄弟から始まって、タッグの試合なんだよ。タッグは他のスポーツにはない醍醐味を見せることができるゲームであって。あいつらはそういう部分でさ、そういう意識がちょっと薄いよな。ぶっちゃけ今のチャンピオンは」

▼丸藤「確かに若さと勢いはありますけど、やっぱここは1つ、武藤さんと俺でベルトを獲ったほうが面白くなるんじゃないかなって俺は勝手に思ってますよ」

▼武藤「田中もなんか喋ってよ」

▼田中「こんな状態で喋れる雰囲気じゃないですよ。でも、この間、僕はM'sにベルトを持ってくるのに失敗したんで。ここにタッグのベルトを持ってきてもらいたいなと思ってます」

▼丸藤「田中さんはまずもっともっと日焼けしていただいて、その時にまた備えてという」

▼田中「わかりました。いつでも備えてます」

▼武藤「何があるかわからないからさ。もし俺らが敗れることがあったら、田中が今度俺と組んで挑戦にいけば(笑)」

▼丸藤「結果、僕がダメだった感じになりますけど。まあ、いろんな可能性があると思うんで、乞うご期待です」

▼武藤「横浜楽しみにしといてください。以上」






[320] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/12(Fri) 23:28 ID:.JM3x6l.  [No.111656]
拳王(36)が、GHCナショナル王座戦線の高齢化≠阻止する。

 東スポ情報ですが、13日の横浜武道館大会で同王者の鉄人≠アと望月成晃(51)への挑戦を控え、決戦前日に都内で行われた調印式に出席。「オッサンたちの時代はもう終わりだ。明日、望月からこのベルトを奪って新しいプロレスリング・ノアにしてやる!」と力強く宣言した。

 同王座は昨年8月に拳王が第3代王者となったが、今年3月に藤田和之に奪われ、杉浦貴、望月に移った。特に自身が陥落してからベルトを巻いた3人が全員50代であることから、拳王はこのままオッサンたち≠ノ占拠されるわけにはいかないと危機感を募らせている。

 一方の望月は「51歳の望月成晃です」との自己紹介で応酬。「別に若い人間の成長を止めるつもりはない。でも、やっぱり上の人間が立ちはだかって、それを乗り越えてこそ。それが成し遂げられていない状態だから、今の状況がある。まだまだ壁として立ちはだかってやろうと思う」と言いきった。

 10日の後楽園大会では望月から強烈な掌底を受けた拳王。会見終盤には「さっきまでくっついていた唇がしゃべっているうちにまた開いた。おい、望月! 俺は覚えてるぞ、この唇の痛さ。明日、お前に味わせてやるからな」と怒りをにじませた。


[321] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/12(Fri) 23:28 ID:.JM3x6l.  [No.111657]
連続投稿失礼します。

プロレスリングマスター≠アと武藤敬司(58)が、3団体完全制覇に意欲満々だそうです。

 東スポ情報ですが、丸藤正道(42)と「天才タッグ」を結成し、13日の横浜武道館大会でGHCタッグ王者の清宮海斗、マサ北宮組に挑戦する武藤は、都内で行われた前日会見で「記憶に残る試合、記憶に残るレスラーを追求することは素晴らしいことだが、人の記憶はいい加減なもだから。ここは記録に残る試合、記録に残るレスラーを追求したい」と力強く語ったとの事。

 2月の日本武道館大会でGHCヘビー級王座を獲得。新日本プロレスのIWGPヘビー級王座、全日本プロレスの3冠ヘビー級王座と合わせて主要3団体のシングル王座を制した。また、IWGPタッグ、世界タッグ王座の戴冠実績もあり、最後に残されたGHCタッグを手にすれば、3団体のシングル&タッグの全ベルト制覇となる。武藤は「グランドスラムを狙いにいく!」と語気を強めた。

 タッグを組む丸藤については「天才と言われている部分は、とっさの動きというか、アドリブ性」とした上で「俺はタッグを組むにあたって事前に『こうしたい』と決めつけるのは好きじゃない。その中で彼となら、あうんの呼吸でいろいろ決めることができるんじゃないかなと」と自信を見せる。果たして、巡ってきたチャンスを生かせるのか注目されます。


[322] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/13(Sat) 23:20 ID:FgE5ULyI  [No.111660]
「WRESTLE UNIVERSE presents DEMOLITION STAGE 2021 in YOKOHAMA」
11月13日(土) 神奈川・横浜武道館
観衆: 887人

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯大原はじめ
7分53秒 トレスフルール
×矢野安崇

〈第2試合〉シングルマッチ
×YO-HEY
10分13秒 地団駄ラリアット→片エビ固め
◯タダスケ

〈第3試合〉6人タッグマッチ
杉浦貴&桜庭和志&ケンドー・カシン×
15分18秒 ファンキープレス→片エビ固め
◯キング・タニー&モハメド ヨネ&齋藤彰俊

〈第4試合〉8人タッグマッチ
◯中嶋勝彦&征矢学&覇王&仁王
16分31秒 PK→片エビ固め
原田大輔&小峠篤司&稲葉大樹&岡田欣也×

〈第5試合〉シングルマッチ
◯藤田和之
9分59秒 パワーボム→エビ固め
×稲村愛輝

〈第6試合〉6人タッグマッチ
◯小川良成&吉岡世起&進祐哉
11分35秒 反則勝ち ※Eitaの凶器攻撃
×NOSAWA論外&Eita&鈴木鼓太郎

〈第7試合〉GHCジュニアヘビー級選手権試合
(王者)◯HAYATA
17分41秒 403インパクト→体固め
(挑戦者)×亜烈破
※第46代王者が6度目の防衛に成功

〈第8試合〉GHC ナショナル選手権試合
(王者)×望月成晃
17分32秒 KO勝ち ※右ハイキック
(挑戦者)◯拳王
※拳王が第7代王者となる

〈第9試合〉GHCタッグ選手権試合
(王者組)清宮海斗&マサ北宮×
30分27秒 シャイニングウィザード→体固め
(挑戦者組)◯武藤敬司&丸藤正道
※武藤&丸藤が第57代王者となる


[323] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/13(Sat) 23:46 ID:FgE5ULyI  [No.111661]
連続投稿失礼します。

11月23日(祝・火) 、新潟・万代島多目的広場大かま大会、11月28日(日)、LEC クリンぱっ! presents NOAH the BEST 2021代々木大会の全対戦カード、12月5日(日)、名古屋大会の一部対戦カードが決定。
11・28代々木大会では<GHCジュニアヘビー級タッグ選手権>(王者組)NOSAWA論外&Eita VS 小川良成&HAYATA(挑戦者組)、<GHCヘビー級選手権&GHCナショナル、ダブル選手権>(GHCヘビー級王者)中嶋勝彦 VS 拳王(GHCナショナル王者)を開催。
また、12・5名古屋大会では、<GHCジュニアヘビー級選手権>(王者)HAYATA VS タダスケ(挑戦者)が開催されます。


「PREMIUM PRELUDE 2021」
11月23日(祝・火) 17:30〜
新潟・万代島多目的広場大かま

【全対戦カード】
<第1試合・シングルマッチ>
井上雅央 VS 藤村加偉

<第2試合・6人タッグマッチ>
原田大輔 小峠篤司 大原はじめ VS  YO-HEY 鈴木鼓太郎 日高郁人

<第3試合・シングルマッチ>
征矢学 VS 岡田欣也

<第4試合・タッグマッチ>
HAYATA 吉岡世起 VS タダスケ 亜烈破

<第5試合・ハンディキャップマッチ>
小川良成 矢野安崇 VS NOSAWA論外

<第6試合 タッグマッチ>
中嶋勝彦 仁王 VS 拳王 覇王

<第7試合 メインイベント・8人タッグマッチ>
丸藤正道 杉浦貴 キング・タニー モハメドヨネ VS 清宮海斗 マサ北宮 稲葉大樹 稲村愛輝



「LEC クリンぱっ! presents NOAH the BEST 2021」
11月28日(日) 15:00〜   
国立代々木競技場 第二体育館

【全対戦カード】
<第1試合・シングルマッチ>
岡田欣也 VS 藤村加偉

<第2試合・タッグマッチ>
吉岡世起 進祐哉 VS YO-HEY 鈴木鼓太郎

<第3試合・6人タッグマッチ>
マサ北宮 稲葉大樹 稲村愛輝 VS キング・タニー モハメドヨネ 齋藤彰俊

<第4試合・10人タッグマッチ>
清宮海斗 原田大輔 小峠篤司 大原はじめ 矢野安崇 VS 征矢学 タダスケ 覇王 仁王 亜烈破

<第5試合・GHCジュニアヘビー級タッグ選手権>
(王者)NOSAWA論外 Eita VS 小川良成 HAYATA(挑戦者)
※第46代王者の2度目の防衛戦。

<第6試合・6人タッグマッチ>
武藤敬司 丸藤正道 田中将斗 VS 杉浦貴 桜庭和志 藤田和之

<第7試合 メインイベント・GHCヘビー級選手権&GHCナショナル選手権>
(GHCヘビー級王者)中嶋勝彦 VS 拳王(GHCナショナル王者)
※GHCヘビー級第36代王者の2度目の防衛戦、ならびにGHCナショナル第7代王者の初防衛戦。



「THE WARROAD 2021 in NAGOYA」
12月5日(日)15:00〜 
愛知・名古屋国際会議場 イベントホール

【NEW決定対戦カード】
<GHCジュニアヘビー級選手権>
(王者)HAYATA VS タダスケ(挑戦者)
※第46代王者の7度目の防衛戦。




[324] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/14(Sun) 16:53 ID:yMnNOvc6  [No.111664]
「WRESTLE UNIVERSE presents DEMOLITION STAGE 2021 in YOKOHAMA」
11月13日(土) 神奈川・横浜武道館

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第3試合
杉浦貴&桜庭和志&ケンドー・カシンvsキング・タニー&モハメド ヨネ&齋藤彰俊

【タニーの話】「昨日の会見で言った通り、少しはこれでうっ憤を晴らせたかなと思います。これからもファンキーエクスプレスのキングとして、どんどんいっちゃうよ。レッツ・ファンキング!」



第6試合
小川良成&吉岡世起&進祐哉vsNOSAWA論外&Eita&鈴木鼓太郎

【試合後の論外&Eita&鼓太郎】
▼論外「ああ、クソ!」

▼鼓太郎「Eitaどうした? ベルトは?」

▼Eita「おい! こら、クソ!」

▼論外「あれは俺たちの負けなのか?」

▼Eita「レフェリー、どこに目をつけてんだよ? 辞めちまえよ」

▼論外「どっかの誰かさんが大切じゃねえ、俺とEitaのベルトを持って帰ったみたいだけど。おい、言ってんだろ? ノアでGHCジュニアタッグの防衛戦なんかやるつもりはねえと。小川さんよ、DRAGONGATEのリングまで来るか? ノアのリングでなんかGHCジュニアタッグの防衛戦、俺らはやらねえぞ」

※ここで矢野がGHCジュニアタッグのベルトを持って姿を現す

▼矢野「NOSAWAさん。熊本で僕に負けたNOSAWAさん、次のチャレンジャー、僕と小川さんが組んで挑戦だ。それまでこのベルトはお預けする。しっかり磨いておけ」

※矢野はベルトを返す

▼鼓太郎「言われてるよ、言われてるよ」

▼論外「歳のせいでよ…。もう1回言ってくれねえか」

▼矢野「次の…」

▼論外「いや、その前から聞きてえな」

▼矢野「熊本で俺に負けたNOSAWAさん、次…」

※論外がベルトで矢野を殴打すると、全員で暴行する

▼論外「Eitaどうする?」

▼Eita「水余っちゃったから、これかけようか」

※鼓太郎やYO-HEYも加わり、4人でペットボトルの水をぶっかける

▼論外「小僧、なんて言った? なんて言った? 俺になんて言ったんだよ!」

▼Eita「動くな!」

▼論外「なめんじゃねえぞ。小川良成やってやるよ。ただよ、こんな僕チャンじゃねえだろ? やるならよ、HAYATA連れて来い。博多の借りを返してやるよ。小川&HAYATAvsEita&論外、GHCジュニアタッグの防衛戦、やってやるよ。小僧、俺に勝った矢野クン。もう1回試合してえのか。オメエともやってやるよ。次、オメエとお前の大好きな小川先輩連れて来い。俺1人でやってやる。1対2のハンディキャップだ」

▼鼓太郎「言うね。いいね」

▼論外「僕チャン、俺に胸を貸してくださいよ。Eita、これ(ベルト)を持って帰るか」

▼Eita「おい、掃除して帰れよ。帰れよ、お前。(矢野のTシャツを破り捨て)こんなクソみたいなの着るなよ。おい、顔じゃねえんだよ」

▼論外「顔じゃねえんだよ。胸貸してくれよ、胸」



第7試合 GHC Jr.ヘビー級選手権
HAYATAvs亜烈破

【タダスケの話】「どうせ何も喋らへんやろ、あいつマイク渡したって。せやから、俺が言ってやったわ。今、この流れを止めるわけにはいかない。わかる? 第2試合で俺はペロスのYO-HEYから完璧な3つ獲った。やっと割って入れる、あの中に。流れ止めたくない。だから次は俺がいく。亜烈破の仇討ちや」



セミファイナル GHCナショナル選手権
望月成晃vs拳王

【試合後の拳王】
▼拳王「おっさん、おっさん、言ってたけど、おっさんの底力、おっさんが培ってきたもの、スゲーもんがあるな。体が痛えよ。50代でどんだけ元気なんだよ? 俺なんかまだ30代だけどな、あんなヤツに負けちゃだめなんだよ。俺はいい力もらったぞ。俺たちが新たな道を切り開いていくんだ。このベルトを懸けて、そして中嶋勝彦のベルトを懸けて、俺たちがノアの先頭に立って突っ走っていくんだ。中嶋勝彦の…」

※ここで中嶋が姿を現すと、

▼中嶋「拳王。やるぞ」

※2人はベルトを掲げてにらみ合う

▼中嶋「楽しみだ」

※中嶋が去っていくと

▼拳王「これからはな、おっさんの時代じゃねえぞ。俺たちの時代だ。俺たちがノアの道を切り開いていく。そして、俺の夢であった日本武道館大会のメインにこのベルトと、GHCヘビー級のベルトを巻いて、最後に入場してやるからな。おい、テメーらクソヤローども。これからはGHCヘビー、ナショナル、二冠王者になる拳王、俺に…ついてこい」



メインイベント GHCタッグ選手権
清宮海斗&マサ北宮vs武藤敬司&丸藤正道

【試合後の武藤&丸藤】
▼丸藤「ありがとうございました」

▼武藤「やっぱり苦戦するよ。どうしてもこのチームだとウイークポイントがいっぱいあるし、狙われるのは俺で仕方ないけど、しんどかった」

▼丸藤「ありがとうございました。いや、武藤さんにたくさん動いてもらっちゃったんで」

▼武藤「いや、やられてただけなんだよ。過去を生きて、今を生きて、未来を生きなきゃならない。過去はもういいとして、今と未来はしんどいもんだぞ、これ」

▼丸藤「でも、武藤さんとなら、今までちょっと静かになっていたタッグ戦線を盛り上げられると思っているんで」

▼武藤「だけどさ、ちょっと前までは、俺のパターンで4の字とかさ、こうやってかまして、お客が清宮を声援したりするような雰囲気だったのに、今日は俺が4の字をやられたら、俺に拍手していたような気がしちゃってさ。ちょっとそれが逆に気に食わないというかさ。まあまあ、しょうがない部分だけど」

▼丸藤「時代なんですかね?」

▼武藤「俺が同情買っちゃってたような気がして。それは気に入らねえな、俺からしてみたら」

――グランドスラムを達成した気持ちは?

▼武藤「高山か誰かがやってるんだよね?」

――2人目となる

▼武藤「2人目? ただ、俺の場合は新日本で当時やってたSGタッグも押さえているし、その他、全日本の最強タッグも押さえているし。俺はWCWのタッグチャンピオンも獲ってるからな。そういう部分で言ったら、俺のほうが若干…」

▼丸藤「負けず嫌いですね」

▼武藤「そのために俺はギブアップしなかったんだから。これが懸かってなかったら、もしかしたら俺はギブアップしてたかもしれない。最後の監獄で」

――3団体も所属でグランドスラムは史上初となるが?

▼武藤「お前も後付けするよなあ、そういうことを」

――今後の防衛ロードについては?

▼丸藤「どうですかね? やっぱり言ったからにはおいしい相手とやりたいと思うし、他のベルトにひけを取らない、それ以上にいけるような、そういう防衛戦線を。だから、挑戦してくる人間もそれを覚悟してきてほしいですね。なんせ武藤さんと僕なんで」

▼武藤「いや、今日はね、俺はパートナーが丸藤じゃなかったら負けてたよ。やっぱり最後は丸藤選手がフォローしてくれているから。他のパートナーだったら、たぶん落としてたな」

――前哨戦で武藤選手は「丸藤とのタッグだと1+1が2でも勝てる」と言っていたが、今日は「1+1」が3にも4にもなった?

▼武藤「俺が1なかったな。俺は0.5ぐらいしか活躍しなかったから。で、彼が1.5で。じゃあ2だよ(笑)」

▼丸藤「あまり謙遜されるとあとが怖いんで。次の防衛戦でもしっかり動いていただいて」

▼武藤「いろんな部分を考えて、今からタイトルマッチをやっても、おそらく狙われたりするのは俺のほうが多くなる可能性があるからさ。そういう部分でいったら、今回のタイトルマッチはいい経験ができたよ」



[325] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/19(Fri) 00:01 ID:EonrEOuU  [No.111673]
11・28代々木大会でHAYATAと組んでNOSAWA論外&Eita組の持つGHCジュニアタッグ王座に挑戦する小川良成が、ノータッチルールの採用を提案したそうです。

 Eitaはノア参戦当初から小川への不敬発言を連発し、果ては“2リットル水ぶっかけ事件"も起こして徹底挑発。怒りの小川もEitaのTシャツをビリビリに引き裂いたうえで公開処刑に処し、ついにジュニアタッグベルトも持ち去って挑戦が決まった。

 Eitaの挑発に沈黙を貫いていた小川だったが、遺恨タイトル戦に向けたインタビューで涼しげに仰天提案。Eitaが戦い慣れたDRAGONGATE流ノータッチルールの採用を提示し、悠然と“相手の土俵"での一戦を持ちかけた――。


【小川良成インタビューです。】

――横浜でベルトを持ち去って、11・28代々木大会でのGHCジュニアタッグ王座挑戦が決まりました

▼小川「最初に言っとくと、矢野と挑戦するつもりはなかったんで。ちょっと小バカにしようと思って矢野にベルトを返すように頼んだんだけど、あんな風にされるとは思ってなかったから。そこはちょっと矢野には申し訳なかったけど、まだタイトルに挑戦できるレベルの選手ではないからね。まだまだ第1試合でもっと経験積まなきゃいけない段階だから」

――小川&HAYATA組で来いと王者コンビから指名された形ですが、挑戦する意思自体はベルトを持ち去った時点であったと

▼小川「そうだね。それにSTINGERは4人いるけど、組むんだったらHAYATA以外は考えられないと思ってたから。進と吉岡が悪いワケではないけど、ベルトに挑戦するんだったらHAYATAしかいない」

――ここ最近はPERROS DEL MAL DE JAPONと火花を散らしてきましたが、ユニットとしての印象は?

▼小川「そうだねえ…NOSAWA、Eita、YO-HEY、日高がいて……鼓太郎はパシリみたいな感じで貢献はしてるんじゃない? ちょうどいいんじゃない? パシリみたいなポジション。合ってると思うよ」

――……話を戻すと、なかでも最近はEitaと激しくやりあってきた

▼小川「やりあってきた…って見えるのかもしれないけど、水をかけるとかそういうのがあるぐらいで…」

――確かにリング上でのプロレスの攻防はほぼ記憶にない

▼小川「うん、この間の横浜だって、ほぼ(Eitaの)体に触ってないしね。最後(※試合後の襲撃)くらいしか。熊本だって、ただ殴るとか、それぐらいしか無かったし」

――そのEitaからは2リットルも水をぶっかけられたこともあった

▼小川「うわ、水かけるんだ、俺に…って思ったし。溺れるかと思ったけど(笑) まぁ昔はいろいろやられたこともあったけど、最近は…無かったからねえ」

――ほぼ乱闘に終始した11・28熊本での試合後には『急所ばっかりやりやがって、しょっぱいんだよ』とも言ってきた

▼小川「まぁ、そういう試合もできるし、ああいう感じじゃない試合もするし、いろんな試合をするから…」

――ということは、ジュニアタッグのタイトルマッチで初めてEitaとマトモに試合をすることになりそう?

▼小川「マトモにするかどうかは分かんないけどね。NOSAWAもいるし…。そこで提案というか、タイトルマッチはせっかくだからDRAGONGATEのルールに合わせて試合をしようか?」

――ノータッチのルールを提案するということ?

▼小川「うん。彼(Eita)もまだ(タッチありのルールに)慣れてないみたいだから、いいよ、俺が合わせてあげるから」

――ペロスとの試合は、誰に試合権があるか分からないぐらい入り乱れる側面もある

▼小川「そういう意味でもちょうどいいんじゃない?」

――ちなみにノータッチのルールで試合をしたことは?

▼小川「ないかな」

――対応に問題はない?

▼小川「まぁ、そうなったとしたら、見てもらえれば分かると思うよ」





[326] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/20(Sat) 19:31 ID:.CdlmogY  [No.111676]
本日11月20日の記者会見により、2022年1月8日(土)に神奈川・横浜アリーナで開催される新日本プロレス主催「WRESTLE KINGDOM 16 in 横浜アリーナ」にプロレスリング・ノア所属選手が参戦することを発表になりました。

なお同大会の模様は同日17時より「ABEMA PPV ONLINE LIVE」にて全試合生中継することが決定しており、一週間後の1月15日(土)よりWRESTLE UNEVERSEにて配信する予定との事。

なお、同大会の対戦カードは、順次発表される予定との事。


【清宮選手会見会場でのコメント全文】

ご紹介いただきましたプロレスリング・ノアの清宮海斗です。

本日はお集まりいただき、ありがとうございます。

世の中が難しい状況が続いている中で、プロレス業界が世の中の先頭に立っていきます。

両団体が交流戦なのか対抗戦なのかはわからないですが、この決断をしてくれた新日本プロレスさん、ノアに感謝しています。個人的にはやるなら対抗戦しかないんじゃないかと。

世間では日本のプロレスイコール新日本プロレス、業界一位の認識になっている。

正直、俺は世間の認識にめちゃくちゃむかついている!

リング上はノアのプロレスが一番だと思っています。

新日本プロレスの下だとか、劣っているとか、そういうものは覆していきたい。

俺がオカダカズチカとやりたいと言った時、散々怒られました(苦笑)。あれから一年半がたった。

俺はやっぱりレインメイカーとやらせていただきたい。時代がこっちに近づいてきている足音が聞こえるんです。まあみていてください。俺が世界を変えるんで。

新日本プロレスには今まで見たことがない新しい景色が見えるんじゃないですか

ノアと対抗戦して残念だった、やってしまったと新日本プロレスに後悔させてやりますよ


※ 同会見の模様は、プロレスリング・ノア公式Youtubeチャンネルでご確認いただけるそうです。



[327] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/20(Sat) 21:21 ID:.CdlmogY  [No.111678]
 プロレスリングノアの武藤敬司(58)が、新日本プロレス来年1月8日横浜アリーナ大会で行われる対抗戦へ向けオカダ・カズチカとの初対決に興味を示したそうです。

 東スポ情報ですが、両団体の対抗戦はこの日の緊急記者会見で発表された。武藤はVTRで登場し「対抗戦? うれしいですよ。俺のキャリアなかで、一つの自慢というのは、世界中のトップと言われる強豪、いろいろやりましたからね」とコメント。現段階でカードは未定だが「俺、オカダって知らないんだよ。もしやる機会があれば、またひとつ俺のキャリアのなかに加わるだろうな。ただ、自信はあるよ。武藤敬司、ノア所属で良かったなという試合にしますよ」と、レインメーカーとの遭遇に期待を寄せていたそうです。


[328] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/23(Tue) 22:52 ID:8WJ1NCLQ  [No.111683]
「PREMIUM PRELUDE 2021」
11月23日(火) 新潟・万代島多目的広場大かま
観衆: 543人

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯井上雅央
7分24秒 エビ固め ※サムソンクラッチを押し潰す
×藤村加偉

〈第2試合〉6人タッグマッチ
原田大輔&×小峠篤司&大原はじめ
19分05秒 顔面G→エビ固め
◯YO-HEY&鈴木鼓太郎&日高郁人

〈第3試合〉シングルマッチ
◯征矢学
9分37秒 一閃(変型ストレッチ)
×岡田欣也

〈第4試合〉タッグマッチ
HAYATA&吉岡世起×
12分05秒 地団駄ラリアット→片エビ固め
◯タダスケ&亜烈破

〈第5試合〉ハンディキャップマッチ
×NOSAWA論外
9分34秒 前方回転エビ固め
小川良成&矢野安崇◯

〈第6試合〉タッグマッチ
△中嶋勝彦&仁王
30分00秒 時間切れ引き分け
△拳王&覇王

〈第7試合〉8人タッグマッチ
丸藤正道&杉浦貴&×キング・タニー&モハメド ヨネ
28分02秒 タイガースープレックスホールド
◯清宮海斗&マサ北宮&稲葉大樹&稲村愛輝





[329] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/24(Wed) 13:20 ID:aDrWBhQ2  [No.111686]
「PREMIUM PRELUDE 2021」
11月23日(火) 新潟・万代島多目的広場大かま

遅くなりましたが試合後のコメントです。


第4試合
HAYATA&吉岡世起 VS タダスケ&亜烈破

【タダスケの話】「一回きりの前哨戦やぞ!? 最初で最後や。アホちゃうか? 気ぃ抜けとったんちゃうんか!? 気ぃ抜けとったんちゃうんか、オイ!? ナンバーワン・コンテンダーの俺を忘れんなよ! 今日みたいな試合しとったらな、“いいとこなし"で終わらせるからな!」



第5試合・ハンディキャップマッチ
小川良成&矢野安崇 VS NOSAWA論外

【試合後の矢野、論外らPERROS DEL MAL DE JAPON】
▼矢野「今日“も"僕に負けたNOSAWAさん! プロレスリング・ノアで一番弱いNOSAWAさん! いい加減、俺とシングル組め! 胸貸してやるから…」

※そこへ論外が現れて矢野をベルトで殴打

▼論外「テメー顔じゃねえんだオラ! コメントなんて百万年はえーんだ!」

※と言いながら再び矢野の頭髪をハサミで切り落とす

▼論外「(ハサミを見せびらかしながら)どっちが今日勝ったんだ!? あぁ? カリスマ美容師だ、俺は。どうなんだ?」

▼鼓太郎「…にしても負けすぎだろ! 矢野に2回負けるって…無いから!」

▼論外「え…? 2度あることは…3度あるかもしれねえだろ!」

▼鼓太郎「おいおいおい(笑)」

▼論外「まぁいいや。ちょっと遊びすぎたな、矢野と。さて本題に入るか。このベルト、欲しいんだろ? なんかよ、小川先輩がノータッチルールって言ってるからさ。いいのか? 俺たちの得意なルールで。あぁ? よし、代々木はノータッチルールだ。矢野より弱いNOSAWA論外でも(メキシコでは主流の)ノータッチルールだったら、メキシコを震撼させたルチャドール…ルードのNOSAWA論外が帰ってくるぞ!? ノータッチルールだ、ノータッチルール。GHCタイトル管理委員会がノータッチルールを認めない場合は、俺とEitaはタイトルマッチをボイコットする。やっぱりDRAGONGATEのリングでしか、このゴミクズみたいなベルトの防衛戦やらねーからよ。そんなことより俺のカリスマ美容師っぷりじゃねえか? ちゃんと撮っとけよ。認めなかったらホントにボイコットだからな! 行かねえぞ会場にも!!」



第6試合
中嶋勝彦&仁王 VS 拳王&覇王

【中嶋の話】「一言だけ…獲るか、獲られるか。もちろん獲るのは俺だけどね」

【拳王の話】「いてぇ! でもまだまだ俺は元気だぞ!? まだやってやるぞ。テメーを倒すまで…。代々木体育館、俺がテメーを倒してやる。まだまだやり足りねえぞ! 俺が1月1日、日本武道館のメインで最後に入場するにはな、テメーのベルトが必要だ。いいか? 代々木でテメーのベルト、奪ってやるからな!!」



第7試合
丸藤正道&杉浦貴&キング・タニー&モハメド ヨネ VS 清宮海斗&マサ北宮&稲葉大樹&稲村愛輝

【試合後の清宮&北宮&稲村&稲葉】
▼清宮「久しぶりの新潟大会、こういう状況の中でも来てくださるってことにホントに感謝してます。今日みたいな応援がやっぱり力になりますね」

――年末年始に向けたこのタイミングで上位世代にメインで勝つことができた

▼清宮「横浜(武道館のタッグ王座戦)では結果が出なかったけど、あそこであの経験ができて良かったのかな、とも思うし、俺たちが中心に立って世間に響かせていかないと…って気持ちは変わらないんで」

▼北宮「ベルトを失ってもやることは一緒なんだよ。目の前の闘い、目の前の敵と闘うのみだ。まだまだ年内、ビッグマッチも続くし、元日も武道館もある。まだまだ突き進むのみだ!」

▼稲村「復帰して、こうして正規軍のこのチームで闘うのは初めてですけど、やっぱり自分もしっかりここで闘って、中心に立てるようにイチから精一杯頑張りたいと思います」

▼稲葉「その流れの真ん中で自分もしっかり走ってついていきたいと思います」

▼清宮「今日も特に話をしなくても、コミュニケーションを取っていなくても個人個人の思いで動いてたんで。そういうリング上の動きはもっともっと出していきたいなと思いますね。これから俺たちで“新しい時間"を刻んでいきますよ」




[330] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/24(Wed) 13:21 ID:aDrWBhQ2  [No.111687]
連続投稿失礼します。

電撃決定した1.8横浜アリーナでのプロレスリング・ノアと新日本プロレスの対抗戦。
ノアの象徴、丸藤正道へ率直な心境を聞いた。

【丸藤正道インタビューです。】

――新日本への殴り込みが決まった

▼丸藤「俺的には楽しみだけど、個人的にはジュニアとしてもヘビーとしても、だいぶ新日本さんには上がってきたんで、新鮮味という点では、俺よりも新日本の選手とやったことがない選手がクローズアップされたほうが面白いかな…と思ってるんで。そんな中でもウチの選手も、まだ経験値という点でも、気持ちという点でも、押される部分はあるかもしれない。だけどね、そこは自信持っていけば全然やれる!っていう手応えを俺は持ってるんで。それは俺自身が、新日本の選手とやってきて分かってるんで。でも、“さすがの上から目線"だったよね。コメントを見させてもらったけど」

――オカダ・カズチカは『俺たちがオリンピックなら、ノアは近所の高校の運動会』とも言っていた

▼丸藤「近所の高校生がすげーの知らねえんだよ(笑) 全国の高校生を敵に回したな、オカダ君は」

――鷹木信悟など、やっぱりノア側で名前が出てくるのは丸藤選手という側面もあった

▼丸藤「それがウチの若いのに火をつけるんじゃない? でも俺的には逆にトップどころに興味がないね! そこそこやってきたし」

――オカダともIWGP戦で当たっていて、棚橋弘至とも若い頃から要所要所で当たってきた

▼丸藤「うん。あえて誰とは言わないけど、俺の中でやりたい選手は何人かしかいないね」

――あえて自ら言わずに食いついてくるのを待つ?

▼丸藤「食いついてこなくてもいいよ。でも俺からは言わない」

――この機会をどう活かしていく?

▼丸藤「新日本は日本のプロレス界では確かにナンバーワンだし、俺たちとはすべてにおいて“ゼロが一桁違う"のかもしれないけど、じゃあ俺たちは『劣ってます!』という姿勢でいくつもりはないし。今のノアの勢いというものを見せる、良いきっかけになるんじゃないですか?」

――新日本と遭遇するのはノアとしても5年半ぶりとなる

▼丸藤「うん。その時とは確実に違う景色が広がってるから。だから、ウチのジュニアもヘビーもステップアップできる、良い“踏み台"になってくれるんじゃないですか? ありがたいですよ。そんな舞台をわざわざ用意していただいて。なかなか」

――やはり交流戦ではなく、対抗戦?

▼丸藤「交流戦って何? 楽しくプロレスをしましょう的な? 確かに矢野通選手とか新日本の選手と組んでいたこともあったけど、あくまであれは俺個人としてのものだから。対抗戦一択? もちろん。あっちのチャンピオン(鷹木)が『交流戦にするか対抗戦にするかはノア次第』って言ってたけど、その(交流戦という)選択肢を持ってる時点で、俺はよく分かんない。『そういう気持ちもあるんだ』って。俺はない」

――対抗戦は劇薬ともいわれる

▼丸藤「もし、ウチにデメリットがあるとしたら、ウチの選手がしょっぱい試合をした時だよね。そこはホントに一人ひとりが自覚をもってやらないといけない。でも今のウチの選手なら行けるね。手応えはあるよ。最後に言っといてやるよ。新日本プロレス、クソくらえ!」


[331] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/27(Sat) 23:09 ID:uxvsfX9w  [No.111688]
本日11月27日14時からの記者会見において、プロレスリング・ノア所属、第57代GHCタッグ選手権者の丸藤正道選手が2021年12月16日(木)に開催されるボクシングイベント「3150ファイト vol.1」に参戦することが発表されました。

丸藤選手は、「エンタメファイト」としてスパーリング形式の1分1ラウンド×2Rのスペシャルエキシビションマッチに登場、お笑いコンビTKOの木下隆行さんと対戦との事。



【「3150ファイトVol.1」大会概要】

「3150ファイトVol.1」(さいこうふぁいと ぼりゅーむわん)
12月16日(木)START 17:00
メルパルクホール大阪 (〒532-0003 大阪市淀川区宮原4-2-1)

認定: JBC日本ボクシングコミッション

主催公演・著作: 緑ボクシングジム/3150ファイトクラブ
企画・制作: 亀田プロモーション/EntNet Agency
放送: ABEMA

【対戦カード】

エンタメファイト第2試合 1分×2R
TKO木下(フリー)× 丸藤正道(プロレスリング・ノア)



[332] ただの全日ファン - 2021/11/28(Sun) 19:07 ID:F58bVE3o  [No.111690]
2022年1月1日武道館大会へのKENTAの参戦決定。

[333] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/28(Sun) 19:23 ID:nO7nMWIc  [No.111694]
〉〉全日ファンさん
KENTA参戦情報ありがとうございます。

公式より

1.1日本武道館が楽しくなる5つの【シン・発表そのC】発表

2022年1月1日日本武道館大会にKENTAの参戦が決定。

KENTA
「俺が何が言いたいかって言うと…1月1日参戦するよってこと」

動画はこちらから
〉〉://youtu.be/EMwLliuAndo


[334] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/28(Sun) 19:24 ID:nO7nMWIc  [No.111695]
連続投稿失礼します。

「LEC クリンぱっ! presents NOAH the BEST 2021」
11月28日(日)東京・ 国立代々木競技場 第二体育館

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯岡田欣也
6分15秒 ブロックバスターホールド
×藤村加偉

〈第2試合〉タッグマッチ
吉岡世起&進祐哉×
11分24秒 顔面G→片エビ固め
◯YO-HEY&鈴木鼓太郎

〈第3試合〉6人タッグマッチ
マサ北宮&稲葉大樹&稲村愛輝×
10分40秒 ファンキープレス→片エビ固め
◯キング・タニー&モハメド ヨネ&齋藤彰俊

〈第4試合〉10人タッグマッチ
清宮海斗&◯原田大輔&小峠篤司&大原はじめ&矢野安崇
17分21秒 片山ジャーマンスープレックスホールド
征矢学&タダスケ&×覇王&仁王&亜烈破

〈第5試合〉GHCジュニアヘビー級タッグ選手権試合
(王者組)NOSAWA論外&Eita×
13分59秒 リングアウト勝ち
(挑戦者組)◯小川良成&HAYATA
※小川良成&HAYATAが第47代王者となる

〈第6試合〉6人タッグマッチ
武藤敬司&丸藤正道&田中将斗◯
20分52秒 スライディングD→片エビ固め
×杉浦貴&桜庭和志&藤田和之

〈第7試合〉GHCヘビー級&GHCナショナル,ダブル選手権試合
(GHCヘビー級王者)△中嶋勝彦
60分00秒 時間切れ引き分け
(GHCナショナル王者)△拳王
※第36代GHCヘビー級王者が2度目の防衛に成功
※第7代GHCナショナル王者が初防衛に成功


[335] ただの全日ファン - 2021/11/29(Mon) 20:16 ID:uBI2qcag  [No.111697]
潮崎豪が2022年1月1日武道館大会での復帰と、その日でのGHCヘビー級挑戦を表明した。


[336] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/29(Mon) 20:17 ID:8uTnLqQ2  [No.111698]
「LEC クリンぱっ! presents NOAH the BEST 2021」
11月28日(日)東京・ 国立代々木競技場 第二体育館

遅くなりましたが試合後のコメントです。


第2試合
吉岡世起 & 進祐哉 VS YO-HEY & 鈴木鼓太郎

【試合後のYO-HEY&鼓太郎】

▼鼓太郎「こんなもんでしょう」

▼YO-HEY「今日も1、2、3しっかり取って」

▼鼓太郎「お前が調子いいからね」

▼YO-HEY「調子いいっすね。でも、やっぱりなにはともあれ、横にいる鼓太郎さんの支えがあったからこその勝利やったですし」

▼鼓太郎「ベストな形」

▼YO-HEY「まあまあ、我々2人が絶好調に3カウント取ったけど、今日はEitaとNOSAWAのタイトルマッチがあるわけで。それを我々も全力で応援したいと思いますし、そのことしか今は頭にないから。さっきの試合のことも忘れたし。とりあえずあの2人には今日頑張ってもらんとあかんから。なにしでかすかわからへん2人かもしれんけど、メチャクチャおもろい2人やからな」

▼鼓太郎「いい形でつなげたんじゃない?」

▼YO-HEY「イエス、イエス、イエス」

▼鼓太郎「このチームはYO-HEYが底上げしてくれないとな」

▼YO-HEY「…おお。イエス」



第3試合
マサ北宮 & 稲葉大樹 & 稲村愛輝 VS キング・タニー & モハメド ヨネ & 齋藤彰俊

【試合後のタニー&ヨネ&齋藤】

▼ヨネ「ホントにね、調子いいね。もうね、リング上も全部クリンぱって感じでキレイに掃除して、私たちこのまま勢いつけて、いっちゃいたいなと思います。名古屋でなんとタッグチャンピオンチームがいますね。おいしい試合が組まれているなと思って。そこに勝ったらあるんじゃないですか。こっち(ベルトを腰に巻く仕草)もね。どうですか? アッキー」

▼齋藤「いやいや、これはタッグあるでしょ。みんなファンキーとか言って笑ったら、痛い目にあうぞ、コラ!」

▼タニー「もうホントね、次の名古屋はこの勢いのままいっちゃうよって感じで」

▼齋藤「1つ言いたい。俺ら3人はどっちのタッグでいったって大丈夫だから、3つベルト用意しろって。しかもオーダーメイドでこの腹回りにピッタリのやつを作れって」

▼ヨネ「エクストラのベルトをつけてね。どう?」

▼タニー「もうこのままの勢いでいっちゃうよって感じで、レッツ・ファンキー!」



第4試合
清宮海斗 & 原田大輔 & 小峠篤司 & 大原はじめ & 矢野安崇 VS 征矢学 & タダスケ & 覇王 & 仁王 & 亜烈破

【試合後の原田&小峠&大原】
▼小峠「よっしゃー。ナイス原田。OK」

▼原田「東京最後のビッグマッチ代々木で3つ取ったぞ」

▼小峠「よし。ナイスだ、ホンマに。勢いで一気にいこう。年末年始にかけて、大きい大会いっぱいあるから。ここからよ。正規軍ジュニアの反撃。ここから一気にもう1回俺たちがノアジュニアを作り上げていこう」

▼大原「今日だけじゃないからね。沼津もあるし、名古屋だってあるし、後楽園だってあるし、これから先の大会も見据えてつないでいこう。頑張ろう」

▼原田「ここから。名古屋、そして来年の武道館。ここから一気に(手のひらを右肩上がりにして)グッ、グッ、ドカーンといくぞ!」

る▼小峠「ドカーンや。ドカーンやぞ」



第5試合 GHCジュニアヘビー級タッグ選手権 
NOSAWA論外 & Eita VS 小川良成 & HAYATA

【試合後の小川&HAYATA】
――因縁のEita&論外組からベルトを奪取したが?

▼小川「まあ、うまくこっちも向こうのルールに対応できたんで。これで何も文句言うことないでしょ?」

――試合後に2チームが挑戦表明したが?

▼小川「小峠も今の状態だとベルトに挑戦する資格は全然ないと思うし、もう原田&小峠組っていうのはそろそろタイトルに絡むチームじゃなくなっているのかなって思うね。鼓太郎に関してはEitaとNOSAWAのあとをくっついて歩いているようなパシリなんだからね。それもタイトルに挑戦する資格はないと思うし。YO-HEYが来るなら、もう1回Eita連れて来いって。それだけ。(HAYATAに)なんかある?」

※HAYATAが無言で、2人はそのまま去っていく


【YO-HEY&鼓太郎の話】
▼鼓太郎「原田はわかってねえな。熟してねえだろ? もう腐ってんだよ、あいつら」

▼YO-HEY「しかも小峠なんて何回俺に負けとんねん。何連チャンで俺が小峠を下しとると思っとんねん。桃の青春だかなんだかしらんけどな、とりあえず俺ら相手にかかってくるんだったら、100\%の果汁で来い。薄い果汁で挑んでくるんじゃねえぞ。100\%で来いよ。それならまだまだいいよ」

▼鼓太郎「青春としても終わっているし、桃としても腐っているし。俺らが負けるはずがない」

▼YO-HEY「負けるはずがない」


【原田&小峠の話】
▼原田「一気にいきましょう。さっきも勝って、勢いがついた。ここからジュニアタッグ、俺らがどんどん狙っていきますよ」

▼小峠「もう今やるしかないから。今俺たちが決めないと、ノアジュニアは絶対によくない。俺たちが絶対に盛り上げる」

▼原田「俺たちがいく。ここからグッ、グッ(右肩上がりを手のひらで表し)、ドカーンといくぞ!」





[337] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/29(Mon) 20:18 ID:8uTnLqQ2  [No.111699]
「LEC クリンぱっ! presents NOAH the BEST 2021」
11月28日(日)東京・ 国立代々木競技場 第二体育館

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第6試合
武藤敬司 & 丸藤正道 & 田中将斗 VS 杉浦貴 & 桜庭和志 & 藤田和之

【試合後の武藤&丸藤&田中】
※武藤と丸藤が田中を真ん中に座らせると

▼田中「ありがとうございました。今日、勝ったから1つ言わせてもらうけど。前も勝った時に杉浦に結果的にダブルタイトルでやろうと言いましたけど、今回俺はチャレンジする立場なんで、俺の気持ちを言います。ZERO1には世界ヘビーのベルトがどうしても必要です。もう数ヶ月経って、次のチャレンジャーが決まらない中で、モヤモヤしたままでいたくないんで。うちが試合数があまりない中で、1月1日決まっているんだったら、そこで僕に杉浦さんに挑戦させてください。よろしくお願いします。本当にね、ノアさんに凄く大事な試合あるのはわかってますよ。わかってますけど、うちにとっても1月1日の試合っていうのは1年で火祭りと並ぶ恒例となった試合なんで。そこでハッピーエンドにしたい。そこで挑戦させてください。ノアさんの選手の前で言うのはあれですけど…」

▼武藤「M'sとしてバックアップするよ、田中よ」

▼田中「ベルトがない中で、試合をするというのはうちのファンのフラストレーションにもなると思うんで。対戦が決まってないんであれば、僕はそこに名乗りを挙げます」

▼武藤「今日、タッグ組んで横にいてもね、田中の熱量を感じましたよ。意気込みを感じましたよ。ぜひ頑張ってほしいですね」

▼田中「はい。頑張ります」

▼丸藤「ありがとうございました」



第7試合 GHCヘビー級選手権&GHCナショナル選手権
(GHCヘビー級王者)中嶋勝彦 VS 拳王(GHCナショナル王者)

【中嶋の話】「あのタイミングで来るのはなんだかなあ。まあ、いいけどさ。潮崎豪、復帰しておいしい存在なのか? やってみなきゃわからないか。でも、俺がノアだ。潮崎豪、武道館で終わらせてやる」

【拳王の話】「クソ…。夢だった日本武道館大会メイン…これだよ、失ったな。そして、なんだよ、おい、今までただただ家でぐうたら生活してたヤツがなんで出てくるんだよ? 俺はな、テメーが家でぐうたらしている間も、ノアのため、自分のために体を張ってやってきたんだよ。おいしいところは全て持っていくのか? そんなんでな、I am NOAH? 俺がノアだ? そんなこと言っている場合じゃねーぞ。おい、いいか、テメーら。またいつか必ず俺がテッペンいってやるからな。とりあえず今日はビッグマッチのメインイベンターとして失格だな。また一からやり直してやるよ」


【潮崎の話】
――復帰していきなりタイトル挑戦をアピールしたが、今の怪我の状態は?

▼潮崎「怪我の状態、それを聞きますか? 万全だからこそ今日この代々木に来たんですよ。いつでもいけるから。そして、メインでああいう試合を見せられて、黙ってられないと。やはり復帰して、狙うはGHC。なぜなら“I am NOAH"だ」

――中嶋選手にベルトが似合わないという話もあったが、今日の試合をどんな風に見ていた?

▼潮崎「やっぱりあのベルトの居場所はこの俺の腰だと感じてますし、試合を見てよりその気持ちが強くなりましたね」

――大舞台でのGHC戦をアピールしたが、武道館にも思い入れがある?

▼潮崎「武道館だからこそという試合もできると思いますし。自分が欠場していた期間、いろんな選手の手に渡って、GHCのベルトの色も重みもまた増した雰囲気を感じましたよ。だからこそ元日、日本武道館、俺がいくしかないでしょ?」

――観客の反応はどう感じた?

▼潮崎「まだまだファンのみんなも声が出せない状況なんで。でも、みんなの気持ちはリング上でヒシヒシと感じるものがありました。次は元日、日本武道館のメイン。“I am NOAH"はノアをさらに上げていきます」




[338] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/29(Mon) 20:18 ID:8uTnLqQ2  [No.111700]
12月5日(日)名古屋大会の全対戦カード、及び12月7日(火)後楽園ホール大会の一部対戦カードが決定。


「THE WARROAD 2021 in NAGOYA」
12月5日(日)15:00〜 愛知・名古屋国際会議場 イベントホール

【全対戦カード】

<第1試合・8人タッグマッチ>
小峠篤司 岡田欣也 藤村加偉 矢野安崇 VS 征矢学 覇王 仁王 亜烈破

<第2試合・シングルマッチ>
原田大輔 VS  YO-HEY

<第3試合・タッグマッチ>
小川良成 吉岡世起 VS NOSAWA論外 鈴木鼓太郎

<第4試合・シングルマッチ>
桜庭和志 VS 大原はじめ

<第5試合・6人タッグマッチ>
杉浦貴 藤田和之 ケンドー・カシン VS マサ北宮 稲葉大樹 稲村愛輝

<第6試合 GHCジュニアヘビー級選手権>
(王者)HAYATA VS タダスケ(挑戦者)
※第46代王者の7度目の防衛戦。

<第7試合 8人タッグマッチ>
武藤敬司 丸藤正道 田中将斗 望月成晃 VS キング・タニー モハメドヨネ 齋藤彰俊 井上雅央

<第8試合 メインイベント・潮崎豪復帰戦>
中嶋勝彦 拳王 VS 潮崎豪 清宮海斗



「MAN CRUSH 2021」
12月7日(火) 18:30〜  後楽園ホール

【NEW決定対戦カード】

<タッグマッチ>
中嶋勝彦 拳王 VS 潮崎豪 清宮海斗

<8人タッグマッチ>
杉浦貴 桜庭和志 藤田和之 ケンドー・カシン VS マサ北宮 稲葉大樹 稲村愛輝 岡田欣也


[339] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/29(Mon) 20:19 ID:8uTnLqQ2  [No.111701]
12月25日(土)横浜ラジアントホール大会、及び12月27日(月)杉浦軍興行の一部対戦カードが決定。


「MAN CRUSH 2021」
12月25日(土) 17:30 〜 横浜ラジアントホール

【NEW決定対戦カード】

<GHCジュニアタッグ次期挑戦者決定戦>
原田大輔 小峠篤司 VS  YO-HEY 鈴木。



「杉浦軍興行 犬ども全員集合!3」
12月27日(月) 18:30〜 後楽園ホール

【NEW決定対戦カード】

<シングルマッチ>
杉浦貴 VS 船木誠勝

<シングルマッチ>
藤田和之 VS 田中将斗


[340] fun◇F0vgoBE. - 2021/11/29(Mon) 20:19 ID:8uTnLqQ2  [No.111702]
連続投稿失礼します。

2022年1月1日(祝・土)、日本武道館大会のGHCヘビー級選手権試合の開催が決定。

「ABEMA presents NOAH "THE NEW YEAR" 2022」
2022年1月1日(祝・土)16:00 〜日本武道館

【NEW決定対戦カード】

<GHCヘビー級選手権>
(王者)中嶋勝彦 VS 潮崎豪(挑戦者)
※第36代王者の3度目の防衛戦。


[341] AnadrolGarryFH - 2021/11/30(Tue) 09:23 ID:zevqzEG6  [No.111703]
Importan

[342] fun◇F0vgoBE. - 2021/12/03(Fri) 19:51 ID:  [No.111713]
プロレスリングマスター≠アとGHCタッグ王者の武藤敬司(58)が、ノアvs新日本プロレスの対抗戦ムードが過熱する中で意外な緊急提言を放った。来年1月8日、ノア勢は新日本・横浜アリーナ大会に参戦する。両団体の選手が舌戦を展開し、ファンを巻き込む形で早くもヒートアップしているが、かつて史上最大の対抗戦≠ナ主役となった男は少し複雑な思いを抱える。その理由は――。

 東スポ情報ですが、大会の決定以降、対抗戦ムードは両団体のファンを巻き込んで過熱の一途をたどっている。新日本のオカダ・カズチカが「興味がない。オリンピックに出ている選手が、近所でやってる高校の(選手の)話、知らないでしょ」などと不穏発言を連発すれば、ノアも清宮海斗が「ノアのプロレスが一番だと思ってます」と負けん気をあらわにするなど、両団体の選手が早くもこちらが上≠ニ言わんばかりの舌戦を展開している。

 しかし、武藤は「今は昭和じゃねえんだ。どっちが潰れるとか、そういうものを見せる時代ではない気がするんだよ」とピシャリ。殺伐とした対抗戦≠ヘ時代にそぐわないのではないかというのだ。

 武藤と言えば、1990年代に勃発した「新日本対UWFインターナショナル」の抗争で最前線に出た。負けたほうが潰れる≠ニいう緊張感の中、95年10月9日に東京ドームで行われた両団体の全面対抗戦では、メインで高田延彦とIWGP王座をかけて一騎打ちし、見事勝利している。当時と今を比べつつ、武藤はこう続ける。

「昭和の時代はそれでよかったかもしれないけど、今度は未来に続く対抗戦にしたいよな。今はプロレス界も含め、あらゆる業種がコロナで追い詰められてさ。また(オミクロン株の感染拡大により)外国人が入れるかどうかも分からなくなったわけじゃん。そんな今、見せるは団結…とまでは言わないけど、見てる人がハッピーになるようなものがいいと思う。今までの対抗戦って、応援してる団体が負けたファンは悔しくて帰ったじゃん。そうじゃなくてさ。フタを開けてみなきゃわかんねえけど、そうあればいいなと俺は思う」

 ハッピーな対抗戦…。矛盾する言葉に見えるが、天才の脳内にはそれを実現するプロレスがすでに見えているのかもしれない。

 さらにはノアが来年元日に東京・日本武道館大会を行うことを挙げ「年明けから1週間? そりゃ、俺も大変だよ。本当は正月は家で酒、飲んでたいもん。昭和の人間だから。でもいい意味で、正月からの1週間くらいがアメリカの4月のレッスルマニアウイークみたいになればいいよな」と毎年正月のプロレスウイーク≠ェ定着することを熱望。その上で「Go Toトラベル≠フプロレス版Go To プロレス≠セよ。それなら日本もプロレスも活性化するだろ」と力説した。

 23日で59歳を迎えるアラカン王者はなお未来を見据え、マット界の先頭を突っ走るつもりなのは間違いなさそうだ。


[343] ただの全日ファン - 2021/12/05(Sun) 21:34 ID:  [No.111717]
メイン
中島勝彦&×拳王vs潮崎豪&〇清宮海斗

試合後、清宮がナショナル王座に挑戦表明。

セミファイナル終了後、田中将斗&望月成晃がGHCタッグに挑戦表明し、丸藤正道&武藤敬司も了承。


[344] fun◇F0vgoBE. - 2021/12/06(Mon) 00:38 ID:  [No.111720]
「THE WARROAD 2021 in NAGOYA」
12月05日(日) 愛知・名古屋国際会議場 イベントホール
観衆:618人

試合結果です。

〈第1試合〉8人タッグマッチ
小峠篤司&×岡田欣也&藤村加偉&矢野安崇
13分23秒 逆エビ固め
◯征矢学&覇王&仁王&亜烈破

〈第2試合〉シングルマッチ
◯原田大輔
13分47秒 片山ジャーマンスープレックスホールド
×YO-HEY

〈第3試合〉タッグマッチ
小川良成&吉岡世起×
12分02秒 サムソンクラッチ
NOSAWA論外&鈴木鼓太郎◯

〈第4試合〉シングルマッチ
◯桜庭和志
10分29秒 半径アームバー
×大原はじめ

〈第5試合〉6人タッグマッチ
杉浦貴&藤田和之&ケンドー・カシン◯
19分23秒 ストラングルホールドγ
マサ北宮&×稲葉大樹&稲村愛輝

〈第6試合〉GHCジュニアヘビー級選手権試合
(王者)◯HAYATA
18分54秒 ヘデック→体固め
(挑戦者)×タダスケ
※第46代王者が7度目の防衛に成功

〈第7試合〉8人タッグマッチ
武藤敬司&丸藤正道&◯田中将斗&望月成晃
21分53秒 スライディングDK→片エビ固め
キング・タニー&×モハメド ヨネ&齋藤彰俊
&井上雅央

〈第8試合〉潮崎豪復帰戦
中嶋勝彦&拳王×
35分10秒 ストレッチプラム式フェースロック
潮崎豪&清宮海斗◯



[345] fun◇F0vgoBE. - 2021/12/06(Mon) 00:39 ID:  [No.111721]
12月7日(火)後楽園ホール大会、12月25日(土)、横浜ラジアントホール大会
の全対戦カードが決定。


「MAN CRUSH 2021」
12月7日(火)18:30〜 後楽園ホール

【全対戦カード】

<第1試合・10人タッグマッチ>
キング・タニー モハメドヨネ 大原はじめ 藤村加偉 矢野安崇 VS 征矢学 タダスケ 亜烈破 覇王 仁王

<第2試合・シングルマッチ>
小峠篤司 VS 鈴木鼓太郎

<第3試合・タッグマッチ>
NOSAWA論外 Eita VS 吉岡世起 進祐哉

<第4試合・8人タッグマッチ>
杉浦貴 桜庭和志 藤田和之 ケンドー・カシン VS マサ北宮 稲葉大樹 稲村愛輝 岡田欣也

<第5試合・シングルマッチ>
武藤敬司 VS 望月成晃

<第6試合・タッグマッチ>
中嶋勝彦 拳王 VS 潮崎豪 清宮海斗

<第7試合・スクランブルタッグマッチ>
HAYATA YO-HEY VS 小川良成 原田大輔

<第8試合 メインイベント・シングルマッチ>
丸藤正道 VS 田中将斗




「MAN CRUSH 2021」
12月25日(土)17:30〜横浜ラジアントホール

【全対戦カード】

<第1試合・8人タッグマッチ>
齋藤彰俊 大原はじめ 藤村加偉 矢野安崇 VS 征矢学 タダスケ 亜烈破 仁王

<第2試合・シングルマッチ>
吉岡世起 VS 覇王

<第3試合・8人タッグマッチ>
丸藤正道 杉浦貴 キング・タニー モハメドヨネ VS マサ北宮 稲葉大樹 稲村愛輝 岡田欣也

<第4試合・シングルマッチ>
HAYATA VS 小川良成

<第5試合・タッグマッチ>
中嶋勝彦 拳王 VS 潮崎豪 清宮海斗

<第6試合 メインイベント・GHCジュニアタッグ次期挑戦者決定戦>
原田大輔 小峠篤司 VS  YO-HEY 鈴木鼓太郎



[346] fun◇F0vgoBE. - 2021/12/06(Mon) 00:40 ID:  [No.111722]
連続投稿失礼します。

2022年1月1日(祝・土)、日本武道館大会の追加対戦カードが決定。

「ABEMA presents NOAH "THE NEW YEAR" 2022」
2022年1月1日(祝・土)16:00〜
日本武道館

【NEW決定対戦カード】
<6人タッグマッチ>
杉浦貴 桜庭和志 KENTA VS マサ北宮 稲葉大樹 稲村愛輝

<8人タッグマッチ>
ウルティモ・ドラゴン 原田大輔 小峠篤司 大原はじめ VS NOSAWA論外 Eita YO-HEY 鈴木鼓太郎

<タッグマッチ>
藤田和之 ケンドー・カシン VS 船木誠勝 日高郁人

【発表済み対戦カード】
<GHCヘビー級選手権>
(王者)中嶋勝彦 VS 潮崎豪(挑戦者)
※第36代王者の3度目の防衛戦。




[347] fun◇F0vgoBE. - 2021/12/06(Mon) 14:53 ID:  [No.111729]
「THE WARROAD 2021 in NAGOYA」
12月05日(日) 愛知・名古屋国際会議場 イベントホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第2試合
原田大輔vsYO-HEY

【原田の話】「決定戦に向けて勝って良い弾みがつきました。でも決定戦控えてても、俺たちノアジュニア正規軍、他に比べると遅い。完全に出遅れてる。それは俺自身、すごい分かってました。でも大丈夫です。俺はここから必ず、駆け上がって、このノアジュニア、俺が引っ張ります。俺がこのノアジュニア引っ張らないとおもしろくないでしょ? 俺がノアジュニアの“その先"を見せていきます。俺がノアジュニアのエースになる。だからこれからの原田大輔、そしてN Innovation期待してください」



第3試合
小川良成&吉岡世起vs論外&鈴木鼓太郎

【試合後の論外&鼓太郎】
▼論外「代々木で屈辱的なあんな負け方して、本当にプロレスラーを辞めようかと思ったよ。屈辱的な」

▼鼓太郎「確かにな、あれはダサい」

▼論外「俺なんかプロレス界に必要ねえだろ。クソ。あんな屈辱的な負けで。まあ、勝つ時もあれば負ける時もあるということで」

▼鼓太郎「大丈夫。俺が取るよ」

▼論外「次にいくらしいんで」

▼鼓太郎「その前に桃だけどね」

▼論外「その話はいい? 次は元旦だな。俺たちの試合前に、面白い発表してくれるじゃねえか。究極龍だって? ウルティモ・ドラゴン校長? おい、俺はいろんな世界各国で本当にウルティモ・ドラゴンと戦ってきた。ある意味、海外での師匠でもあるけど、やっぱりノアに来てまで当たるとは思わなかったぜ。あいつのマヒストラルより、そして鼓太郎のマヒストラルよりも、俺のマヒストラルが本物だ。それを懸けて、元旦面白いじゃねえか。どっちがウルティモ・ドラゴンからマヒストラルで取るかだ」

▼鼓太郎「おお、いいよいいよ。俺は取ったことあるからね」

▼論外「おお、マジか。武道館、本当に個人的には嬉しいよね。ウルティモ・ドラゴンと戦えるっていう。まあ、武道館という舞台でウルティモ・ドラゴンをグチャグチャにしてやれると思うと、やっぱり俺はまだ辞めれないな」

▼鼓太郎「当たり前でしょ?」

▼論外「ルードの血がだんだん蘇ってきているよ。次は誰だ? ウルティモ・ドラゴンか。やってやるよ。武道館、楽しみにしとけ。何ならDRAGONGATEの会場にあいさつしにいってやってもいいんだぜ、俺たちで」

▼鼓太郎「いいね。それいいね」

▼論外「ギャラと交通費を用意しとけ。あとはジュニアのこと喋りなさいよ」

▼鼓太郎「なんかさ、パシリとか言っちゃってくれているけど、いいよ、パシリで。でも、そんなパシリにだいぶ熱くなってんじゃない? パシリが弱いって誰が決めたんだよ? その概念、俺がブッ壊してやるよ。それで、俺があんたの首を取りにいくから。その前に桃がだけどね。あいつらちょっと勘違いしてるな。熟した桃って言っているけど、もう熟してないよ。通り過ぎてるんだよ。真っ黒だよ。踏み潰して、メッチャメチャにしてやるから」



第4試合
桜庭和志vs大原はじめ

【試合後の桜庭】
――大原は20年前の教え子だった

▼桜庭「メキシコのストレッチとか凄くて、よく覚えたなあ…って。よく覚えたなって言ったらアレですけど、すごいなと思いました。なんじゃこりゃ?みたいな感じで途中」

――ブラジルvsメキシコ的なシーンもあった

▼桜庭「ああ(笑) そうしてください。何でもいいです。途中でレスリングも入ってたんで。ローリングとか、がぶり返しとかでセコンドが『2ポイント』とか言ってたし…(笑) 楽しかった。良い意味で楽しかったです」

――武道館ではKENTAとのトリオも決まった

▼桜庭「もうカード発表されたんですか? とりあえずがんばります。その前に何試合かあるんで、一つひとつ。あんまり遠くのことを思ってもしょうがないんで。とりあえず次を頑張ります」

【大原の話】「桜庭さんと初めてシングルやってみて、20年前の中学生だった頃に比べたら大分今日は戦えたような気がするけどね(笑) でもまだまだ追いつけないな。でも逆にいえば、俺のキャリアで培ってきたこのジャベが桜庭和志を結構追い込めたシーンが作れたと思うよ。でも俺がやってきた道は間違ってない。この桜庭さんとの試合を契機に、もっとジャベを極めて、ノア一、いや世界一のジャベ使いになって、このノアジュニアの頂点を俺がジャベでこじ開けて、必ず上り詰めてやるからな。桜庭さん、またぜひご指導のほどよろしくお願いします。というわけで今日もムイビエン!」





[348] fun◇F0vgoBE. - 2021/12/06(Mon) 14:54 ID:  [No.111730]
連続投稿失礼します。

「THE WARROAD 2021 in NAGOYA」
12月05日(日) 愛知・名古屋国際会議場 イベントホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第5試合
杉浦貴&藤田和之&ケンドー・カシンvsマサ北宮&稲葉大樹&稲村愛輝

【試合後の杉浦】
▼杉浦「元日、カード発表されたね。(KENTAと)闘うもんかと思ったら組むんだって? まぁそれならそれで、もともと彼とはNO MERCYで組んでたから。そこにサクが入って、どういうものが生まれるのか。あと武道館のカードも決まったんでね、元日“黒い恋人"(田中将斗)からラブコール受けてるんでね。それに応えるためにも、元日、めでたく行っちゃおうかね。ダブルヘッダー。向こう(ZERO1)は11:30からでしょ? 後楽園。武道館も近いから。だったら行っちゃうよ、元旦から。ベルトを持ってZERO1に乗り込む」

――船木戦も決まった

▼杉浦「自分にとっても楽しみなカードなんでね。どういう闘いになるか。船木戦は想像がつかないね」

――ちなみに最近のKENTAの動向はチェックしている?

▼杉浦「何してんの? BULLET CLUB? 誰がいるの?」

――ジェイ・ホワイトや石森太二や邪道さん、外道さんもいる

▼杉浦「え? 邪道いるの? あいついんの? キャプテン・ノアだろ? 元キャプテン・ノアだろ? 石森もいるみたいだし、元ノアにいたヤツらで組んでんだ、元ノアで組んでるチームなんだ? BULLET CLUBって」

――…そういう趣旨のチームではなく、対世界も見据えたチームだが…

▼杉浦「そうなの? でも邪道いたらダメだろ」

――悪い影響を受けていないか心配?

▼杉浦「そこは怖いね。邪道がやばいからね、ちょっと。その影響を受けてたら…ちょっと…汚れてんじゃないの? 昔のノアの頃の輝きはあるの? 汚れちゃってんじゃねえのか? 邪道と組んでたら。でもノアにはどういう立ち位置でくるのかな? 俺と組むんだったら」

――まだ何も分からない

▼杉浦「まぁでも楽しみだよね。組むっていうのは楽しみ。でも邪道は連れてこないよね? 邪道はダメだよ」



第6試合 GHCジュニアヘビー級選手権試合
HAYATAvsタダスケ

【試合後のHAYATA、小川】

※HAYATAがコメントスペースに現れると、しばらくしてから小川も登場

▼小川「HAYATA、おめでとう…」

※と握手を求めると同時に襲いかかってHAYATAを暴行、キャメルクラッチ式アームロックで絞め上げてから去る

▼HAYATA「次は…小川や…!」



セミファイナル
武藤敬司&丸藤正道&田中将斗&望月成晃vsキング・タニー&モハメド ヨネ&齋藤彰俊&井上雅央

【試合後のM's alliance】
▼武藤「(松井珠理奈さんにさんに)俺ねえ、(田中&望月と)やりたくなかったんだよ(笑) やりたくなかったんだけど、やるしかねえよな。こうなったら」

▼田中「『仲間同士は見たくない』って言うかと思いましたけど…(笑) そしたらトボトボ帰らないといけない」

▼望月「そんな恥ずかしいことあるかって…」

▼田中「望月さんと組む機会が多くて、二人でベルトっていうのは目標にあったんで」

▼武藤「でも今日、良い仕事してたよ。二人は。ただ、俺たちが一番気になるのはさ、俺たちがタイトルマッチやったら松井珠理奈はどっちの味方すると思う?」

▼珠理奈「え〜…(笑)」

▼田中「こっちは一回“マー君間違い"があったんで、こっち側についてもらわないと…(笑)」

▼丸藤「まさかタイトルマッチまで決めちゃうとは…」

▼望月「立会人ですね、この試合の」

▼珠理奈「会場の人の拍手を聞いたから…」

▼武藤「自分の意志じゃねえもんな。どっちに転んだらいいか、お客から取りに、探しにいったもんな」

▼珠理奈「やっぱり同じチーム同士が闘うほうが、そのチームの良さって伝わると思うんですよね」

▼武藤「SKEだっけ? あれだってみんなライバル同士だよな?」

▼珠理奈「そうです。総選挙になったらみんな闘いですから」

▼丸藤「一回、肌合わせましょう」

▼武藤「うし、いい試合してM's allianceファンをみんなで増やすと」

▼珠理奈「そうです! そしていつかM's alliance興行をやって欲しいですね!」

▼丸藤「そん時は珠理奈ちゃんもリングに立つんだよ」

▼珠理奈「考えておきます!」



メインイベント 潮崎豪復帰戦
中嶋勝彦&拳王vs潮崎豪&清宮海斗

【試合後の潮崎&清宮】
▼清宮「リング上で言った通りです。元日の日本武道館、GHCナショナルのベルトに俺が行きます!」

――潮崎の闘いに刺激を受けた部分はあった?

▼潮崎「そんなのねえよ。こいつはこいつで自分の道を切り開こうとしてんだよ。清宮がナショナルに挑戦する。元日に行くの? また清宮との勝負にもなるし。GHCとGHCの闘いというものを見せないといけないから。さらに厳しい状況にしてくれましたね。これで俺が獲らないと話にならないな。清宮も獲って、俺も獲る。そうしないと2022年、良いスタート切れないよ」

――欠場明け、実際に動いてみて?

▼潮崎「ノアって凄いな。プロレスって凄い。こんなことやってたんだね。9ヶ月か…ただ、9ヶ月間だけど、こんなに厳しくて、こんなに辛い、でもこんなに心の底からくるこの熱さ。復帰できて良かったよ」

――中嶋勝彦から伝わってきたものは?

▼潮崎「今日、前哨戦としても中嶋勝彦と当たりました。彼の持つGHCにはまだ遠いのかもしれない。でも俺が元日に武道館で中嶋勝彦のGHCヘビー級のベルトを奪う。その気持ちは絶対に折れない。折ることもできない。俺が必ず獲ってやるよ」

――武道館まで前哨戦で激突していくが?

▼潮崎「毎回当たればいいじゃん。毎回当たって、俺がよりGHCヘビー級のベルトに近づく。それが今のGHCヘビー級の中嶋勝彦と当たる意味だと思うよ。どんどん当たることで、どんどんGHCへの道は近くなるよ」


【拳王の話】「来年、一発目から俺が持っていく? 日本武道館大会、このベルトに挑戦させろ? おい! ナメんじゃねえぞ?清宮! やってやるよ。イキのいいテメーのなぁ、その伸び切った鼻をなあ、俺が折ってやる! いいか!? 覚悟しとけよコノヤロー!」



[349] fun◇F0vgoBE. - 2021/12/08(Wed) 20:41 ID:  [No.111738]
「MAN CRUSH 2021」
12月07日(火) 東京・後楽園ホール
観衆: 584人

遅くなりましたが試合結果です。

(第1試合)10人タッグマッチ
キング・タニー&モハメド ヨネ&◯大原はじめ&藤村加偉&矢野安崇
8分58秒 フィンランド式フォアアーム→エビ固め
征矢学&×タダスケ&亜烈破&覇王&仁王

(第2試合)シングルマッチ
×小峠篤司
11分35秒 タイガードライバー→エビ固め
◯鈴木鼓太郎

(第3試合)タッグマッチ
NOSAWA論外&Eita◯
5分36秒 トラウマ→片エビ固め
吉岡世起&進祐哉×

(第4試合)8人タッグマッチ
◯杉浦貴&桜庭和志&藤田和之&ケンドー・カシン
20分10秒 スライディングD→体固め
マサ北宮&稲葉大樹&稲村愛輝&岡田欣也×

(第5試合)シングルマッチ
◯武藤敬司
10分15秒 シャイニングウィザード→体固め
×望月成晃

(第6試合)タッグマッチ
×中嶋勝彦&拳王
20分52秒 豪腕ラリアット→片エビ固め
◯潮崎豪&清宮海斗

(第7試合)スクランブルタッグマッチ
HAYATA&YO-HEY◯
18分19秒 顔面G→片エビ固め
×小川良成&原田大輔

(第8試合)シングルマッチ
×丸藤正道
20分49秒 スライディングD→片エビ固め
◯田中将斗









[350] fun◇F0vgoBE. - 2021/12/08(Wed) 20:41 ID:  [No.111739]
「MAN CRUSH 2021」
12月07日(火) 東京・後楽園ホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第1試合
キング・タニー & モハメドヨネ & 大原はじめ & 藤村加偉 & 矢野安崇 VS 征矢学 & タダスケ & 亜烈破 & 覇王 & 仁王

【大原の話】「勝ててよかったです。この間の桜庭さんとの試合から、いい流れをもらえたのかなと思ってますし、次のカード発表されましたね? 元日、日本武道館。ウルティモ・ドラゴン会長とは2年ぶりですか? 僕の15周年の時に組んで以来かな? 久々ですね。校長といい、桜庭さんといい、自分の原点回帰の流れが来ているのかなって。大阪でベルトを失って大きな挫折を経験しましたけど、ここから這い上がります。そして、校長にEitaにどうしたらリベンジできるか教えをいただきたいなと思ってます。というわけで、今日もムイビエン」


第2試合・シングルマッチ
小峠篤司 VS 鈴木鼓太郎

【鼓太郎の話】「今日、確かめるいい機会だったよ。やっぱりあの桃は腐ってんな。あいつが腐ってるから、周りも腐ってくるんじゃないのか? 腐ったミカンと同じだよ。気づいてくれ。熟れてるんじゃねえ。もう腐ってんだ。消費期限も終わってんだよ。12月25日、ラジアントで決着つけてやるけどな、その日はお前ら桃の廃棄処分の日だ」


第3試合
NOSAWA論外 & Eita VS 吉岡世起 & 進祐哉

【試合後の論外&Eita】
▼論外「最後見ただろ? 俺の完璧な超高校級ラ・マヒストラル」

▼Eita「10カウントは入った、10カウントは。3じゃねえぞ?」

▼論外「いやいやいや、30秒は押さえ込んだぞ」

▼Eita「30はあったぞ。見てただろ? あれが本家だ、あれが本家」

▼論外「なんで最後に手を上げてるんだよ? 俺が勝ったんじゃないのか? カウント入れるのが遅いんだよ」

▼Eita「そうですね。後ろのモニター見てて、それでちょっと気づいたんで」

▼論外「そして、今日はウルティモ・ドラゴンに謝らなきゃいけない」

▼Eita「来てた? 今日」

▼論外「元日の日本武道館大会、ウルティモ・ドラゴン+ノアが誇る最強の紙コップレスラーたちだよ。本当に申し訳ないと思っている。ウルティモ・ドラゴンの無駄遣いだろ? ただよ、元日からウルティモ・ドラゴンの素顔見たくねえか?」

▼Eita「素顔はやばいぞ、あいつ。ブサイクだぞ」

▼論外「おいおい、これ、大丈夫か? 俺はウルティモ・ドラゴンをリスペクトしてるよ」

▼Eita「おい!」

▼論外「日本武道館でウルティモ・ドラゴンと戦えるなんて光栄でしかない。いいのか、そんなこと言って? 偉大なるレスラーだぜ」

▼Eita「偉大でも何でもねえよ、あんなヤツ。言っておくけどな、俺はだいぶ前にあいつとシングルやってんだよ。あの時、俺はあいつのマスクを取った。その時、あいつの髪の毛はもわもわしてたぜ。その時に俺は思ったよ。あいつは植毛してるってな。あんだけ歳いっているヤツが、あんな髪おかしいぜ」

▼論外「おいおい、トカゲのオッサンとか言い過ぎだぞ」

▼Eita「おい、トカゲのオッサンってなんだそれ!」

▼論外「俺はウルティモ・ドラゴンと戦えて光栄だよ」

※論外が去っていくと

▼Eita「武道館で無様な姿見せてやるよ。あの植毛頭。言っておくけどな、あいつは植毛しか取り柄ねえからな。究極龍でもなんでもねえぞ。ただのオッサンだ」


第4試合
杉浦貴 & 桜庭和志 & 藤田和之 & ケンドー・カシン VS マサ北宮 & 稲葉大樹 & 稲村愛輝 & 岡田欣也

【杉浦の話】「なに、向こうは元日からダブルヘッダーでダブルタイトルマッチ? これはなに、俺がなめられたの? 武藤&丸藤がなめられたの? ノアがなめられてるの? なんか悔しいよね。俺もタフで売ってるからさ。俺もダブルでタイトルマッチぐらいやりたかったよ。まあ、最初のZERO1のシングルのタイトルマッチでケチョンケチョンにして。次に武藤&丸藤が楽勝になるぐらい俺がケチョンケチョンにしておくよ。約束する。KENTAからはなにかないの? 元旦に向けては。なにもないんだ。彼は今、あれでしょ? 新日本のチームはどこ? BULLET CLUB? で、今度は杉浦軍として出るんでしょ。武道館はサクと俺とだから、杉浦軍でしょ? これはもうリバーサルがコラボして杉浦軍のTシャツを作るでしょ。KENTAに言っておいて。KENTAがリバーサルに言うように言っといて」






[351] fun◇F0vgoBE. - 2021/12/08(Wed) 20:41 ID:  [No.111740]
「MAN CRUSH 2021」
12月07日(火) 東京・後楽園ホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第5試合
武藤敬司 VS 望月成晃

【武藤の話】「実はひじょうに紙一重の試合だったね。あいつの動きとか、本当にシャープで、目が覚めたよ。実は今日、俺は今年最後の試合なんで。その中で、望月に刺激をもらいましたよ。たぶん若干体重は俺のほうが重いから、その分で勝敗がちょっとこっちに転んできただけであって、本当に緊張感のある紙一重の試合だったね。今年1年ありがとうございました。また1日から来年頑張っていきますので、よろしくお願いします」


【望月の話】「武藤敬司相手に初シングルで、そうそう勝てるとは思ってないよ、それは。でも、これはGHCタッグの前哨戦だから。今日1つ収穫があるよ。今日、最後はやられたけど、まあまあ俺のペースで、いつもゆっくりやる武藤さんを速く動かさせたっていう。まずはああいう人を倒すには、あの人の世界を少しでも崩さないといけないと思ったんで。そういう意味で、今日は収穫です。これを必ず元旦につなげます。ありがとうございました」


第6試合
中嶋勝彦 & 拳王 VS 潮崎豪 & 清宮海斗

【試合後の潮崎&清宮】
▼潮崎「前回、名古屋では俺の復帰戦が復帰戦止まりで終わってしまったことが凄い悔しかったし、復帰戦だけど、次のGHCヘビーに挑戦するのは俺だってことで。(名古屋では)出せてなかったからこそ、この勢いを掴んで、元日武道館は清宮と俺でそれぞれベルトを奪取しますよ」

▼清宮「俺はGHCのヘビーのベルト、あとGHCナショナルのベルトは違うベルトだと思うし、ノアを面として広げていく、なんてことも思ったけど、やっぱりGHCヘビーには負けたくないんで。中嶋vs潮崎より拳王vs清宮のほうが面白かったじゃんって思わせてやります」

※清宮が去っていくと

▼潮崎「そうだね。GHCを名乗るベルトということ、その試合を日本に…いや世界に見せつけてやりますよ」


第7試合・スクランブルタッグマッチ
HAYATA & YO-HEY VS 小川良成 & 原田大輔

【YO-HEYの話】「ノアジュニアをドカーン!」

【原田の話】「誰が敵とか、そんなの関係ない。俺はこのノアジュニアのエースになる男や。これからもどんどん俺はいくぞ」


第8試合
丸藤正道 VS 田中将斗

【田中の話】「本当にリング上で言った通り、ノアさんには凄く感謝しています。自分の個人的なこともそうだし、団体のこともそうだし、ノアさんには凄く協力していただいて、団体を挙げてたぶんみんな感謝していると思うんですけど、ただ、ベルトがノアさんにあるということ、それは必ず獲り返しにいかなあかんし、プロレス始めでは個人的にシングルいって、タッグいって。『二兎を追う者は一兎をも得ず』という言葉もありますけど、俺は二兎をガッチリ取るから。ベルトを。ノアさんになにが返せるかって言ったら、うちの人間誰が上がろうと返せないと思うんで。リングの上で俺の戦いを見せて、それを返すしかないと思ってるから。その価値を上げるためにも、プロレス始めで杉浦さんに勝って、そのベルトを持って、武道館にも行って、タッグのベルトも獲る。それが俺のノアさんに対する恩返し。同じM's allianceであっても容赦しないし、ベルトを獲りにいくし、負傷箇所があるんだったらそこは狙ってでも、どんなことをしてでも俺らはベルト獲る」



[352] fun◇F0vgoBE. - 2021/12/08(Wed) 20:42 ID:  [No.111741]
連続投稿失礼します。

12月27日(月)、杉浦軍興行 犬ども全員集合!3後楽園ホール大会の全対戦カードが決定。

「杉浦軍興行 犬ども全員集合!3」
12月27日(月)18:30〜  後楽園ホール

【全対戦カード】
<第1試合・タッグマッチ>
YO-HEY 日高郁人 VS 藤村加偉 矢野安崇

<第2試合・シングルマッチ>
キング・タニー VS 現在交渉中

<第3試合・6人タッグマッチ>
丸藤正道 大原はじめ 井上雅央 VS 桜庭和志 NOSAWA論外 中村大介

<第4試合・10人タッグマッチ>
中嶋勝彦 拳王 征矢学 覇王 仁王 VS 潮崎豪 清宮海斗 稲葉大樹 原田大輔 小峠篤司

<第5試合・シングルマッチ>
藤田和之 VS 田中将斗

<第6試合 メインイベント・シングルマッチ>
杉浦貴 VS 船木誠勝





[掲示板へ戻る] [前100] [1-100] [101-200] [201-300] [最新50]
処理 記事No パスワード

お名前
E-mail
コメント
URL
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色