[掲示板へ戻る]

2021 全日本プロレス

[1] fun◆GOvMmkNg - 2020/12/08(Tue) 23:36 ID:  [No.110808]
2021年1月「2021 NEW YEAR WARS」日程

「2021 NEW YEAR WARS」
1月2日(土)11:30 東京・後楽園ホール【開幕戦】

1月3日(日)11:30 東京・後楽園ホール

1月10日(日)14:00 千葉・2AWスクエア

1月24日(日)11:30 東京・後楽園ホール【最終戦】


2021年2月「2021 EXCITE SERIES」一部日程

2021年2月「2021 EXCITE SERIES」
2月20日(土)18:00 愛知・名古屋国際会議場

2月23日(火・祝)11:30 東京・後楽園ホール


2021年の全日本プロレスのスレッドです。
良かったら活用して下さい。


[16] fun◇F0vgoBE. - 2021/01/10(Sun) 22:21 ID:CnWaBuvM  [No.110893]
「2021 NEW YEAR WARS」
1月10日(日) 千葉・2AWスクエア
観衆:117人

試合結果です。

第1試合  本田竜輝 試練の七番勝負 〜高校からレスリングを始めた僕が、 老舗プロレス団体に飛び込みで参戦を直訴し、 正式入団を果たしたのちに、トップ選手への階段を登るための 試練の七番勝負第一戦〜
〇石川修司
7分59秒 ランニングニーリフト→片エビ固め
×本田竜輝

第2試合  6人タッグマッチ
大森隆男&TAJIRI&〇ブラックめんそーれ
9分08秒 スネークボーイ
ヨシタツ&植木嵩行&×力

第3試合  シングルマッチ
〇青柳優馬 
9分37秒 エンドゲーム
×イザナギ

第4試合  シングルマッチ
〇宮原健斗
11分51秒 シャットダウンスープレックスホールド
×フランシスコ・アキラ

第5試合  世界ジュニアヘビー級選手権試合前哨戦 タッグマッチ
ジェイク・リー&〇岩本煌史
13分03秒 回転足折り固め
吉田綾斗&×阿部史典

第6試合  シングルマッチ
△青柳亮生
22分25秒 両者KO
△ライジングHAYATO

メインイベント  三冠ヘビー級選手権試合前哨戦  6人タッグマッチ
諏訪魔&佐藤光留&×田村男児
16分21秒 アンクルロック
〇芦野祥太郎&羆嵐&大森北斗



[17] fun◇F0vgoBE. - 2021/01/12(Tue) 20:39 ID:.JM3x6l.  [No.110896]
「2021 NEW YEAR WARS」1月24日(日)後楽園大会にて行われるGAORA TVチャンピオンシップのルールがハードコアルールに決定。

「2021 NEW YEAR WARS」
1月24日(日)11:30〜東京・後楽園ホール【最終戦】

◇GAORA TVチャンピオンシップ
【第18代王者】葛西純
vs 
【挑戦者】ブラックめんそーれ
※第18代王者・葛西純、 初防衛戦

【ルール】ハードコアルール

 
第18代GAORA TV王者 葛西純選手のコメント

「ただの試合をする気はないだ?
 デスマッチもハードコアも知らないお前が何を偉そうなことを言ってるんだ。
 こっちは通常ルールで、しかも王道スタイルの試合でやったって良いんだぜ?
 ただ、お前がそんなに死に急ぐのであれば、今回はハードコアルールでやってやる。
 デスマッチルールでやったら、それこそ秒で試合が終わってしまうだろうから、安くないチケットを買って観に来てくれるファンの皆様に失礼の無い様、ハードコアルールが妥当だろうな。

 今回はタイトルマッチだけど、タイトルマッチじゃない。
 葛西純先生のハードコア教室初心者編だ!!
 勿論、タダで授業を受けさせるほどオレっちもお人好しじゃないぜ。
 授業料は・・・
 お前が1番大切にしている物を頂く!!
 これは高い授業料になるぜ。

 ま、シェーいぜい俺の試合をしっかり見て勉強しておくんだな!!」


[18] fun◇F0vgoBE. - 2021/01/16(Sat) 16:09 ID:tKXqJaxU  [No.110898]
3冠ヘビー級選手権(24日、東京・後楽園ホール)で王者の暴走男≠アと諏訪魔(44)と芦野祥太郎(31)が激突します。

東スポ情報ですが、昨年度の東京スポーツ新聞社制定「プロレス大賞」で、全日勢は受賞者なしに終わった。現状に危機感を覚える王者はその屈辱を晴らすべく、2021年は徹底的に攻めの姿勢≠打ち出す構えだそうです。

 諏訪魔はいつになく真剣な表情だった。「危機感がないと言ったらウソになるよね。やっぱりプロレス大賞は1年間の働きが評価される場だし。コロナがあっても攻めに出た団体と、守りに入った団体の差も出た。全日本は守りに入った部分があったと思うし、仕掛けはやっとくべきだった」

 昨年は3冠と世界タッグの5冠王者として活躍した。だが、プロレス大賞では石川修司(45)との4年連続の最優秀タッグ賞を逃し、5部門にノミネートされた全日勢は5年ぶりに受賞者なしという結果に終わった。

 だからこそ「2021年は攻めなきゃいけない。3冠戦線も盛り上げていくし、やっぱり新日本プロレスもノアも大きいところでやっている。ビッグマッチは選手にとってもモチベーションになるし」と闘志を燃やす…。

 目指すべき会場もある。諏訪魔が幾度となく3冠戦の舞台に立った東京・両国国技館だ。「(2011年3月に)東日本大震災が起こった直後、業界で最初に全日本が両国国技館でやった。こんなご時世だからこそ、そういう姿勢は見せたいし、3冠王者としてそこに団体を導きたい」と語気を強めたとの事。

 そのためにも、まずは24日に控える芦野とのV5戦を突破しなければならない。今回は王者からの指名でタイトル戦が決まった。「前回(昨年6月30日)は無観客のテレビマッチで芦野と3冠戦をやった。一番どん底の状態だったんだよね。でも、その時にこれは面白い相手だって思ったし、生でお客さんに見てほしいと思った」と指名理由を説明する。

「レスリングのベースがあり、プロレス界に入ったきっかけが馳浩さんに誘われたっていう部分も共通している。今回は緊急事態宣言下という状況だけど、こんな時に3冠戦を2回もやるって不思議な縁を感じる」としながらも「まだ彼はキャリア5年だし、発展途上なわけだから、ここで負けるわけにはいかない!」

暴走王者の逆襲がスタートする…。


[19] fun◇F0vgoBE. - 2021/01/21(Thu) 21:25 ID:vi1J.5sM  [No.110906]
2月4日(木)、東京・後楽園ホールにて開催される「ジャイアント馬場23回忌追善興行」にオープニングゲストとして天龍源一郎氏の来場が決定したそうです。

また、出場保留中の天山広吉でしたが、1月23日(土)大会での復帰に伴い新日本プロレスとの協議の結果、出場が決定。
メインイベントのXは天山広吉となった模様。

【和田京平大会プロデューサーによるXの天山広吉選手について】

和田「メインのXはもともと天山選手だったんだけど、新日本さんで怪我してねぇ、欠場になったんですよ。そこでこちらも発表時期が迫って、こりゃ大変だ!と僕が新日本さんと話し合ってねぇ、回復を待つ間はXにしようということになったんだよ。それで、天山選手も無事に回復して、復帰できるってことでね正式にXは天山選手にさせて頂きました。元子さんの時代にねー、天山選手はよく全日本に出てくれていてねー、実は元子さん、前々からテンコジが大好きでねー、全日本にはない底抜けな明るさが好きだったんじゃないかなぁ。ここは天山選手しかいないって、考えた結果ですね。これは、みんな馬場さんが呼んだんだよ。今でもビッグプロモーターだよ馬場さんは。」

また、第2試合出場予定の百田光雄は体調不良により欠場となり、それに伴い2代目タイガーマスク、西村修が出場になり、第1試合また第2試合の対戦カードが変更となったとの事。

そして、小橋健太氏の解説でのCSの日テレG+での生中継もあるそうです。


「ジャイアント馬場23回忌追善興行」
2月4日(木) 18時〜 東京・後楽園ホール

▼メインイベント6人タッグマッチ60分1本勝負
武藤敬司(フリー)&諏訪魔(全日本) &小島聡(新日本)
vs
天山広吉(新日本)&カズ・ハヤシ(GLEAT)&河野真幸(フリー)

▼セミファイナルタッグマッチ30分一本勝負
永田裕志&青柳優馬
vs
鈴木みのる&佐藤光留

▼第4試合30分一本勝負
BUSHI vs 青柳亮生

▼第3試合 ジャイアント馬場23回忌追善特別試合(映像にて再現)
ジャイアント馬場 vs スタン・ハンセン

▼第2試合 ジャイアント馬場23回忌追善特別試合8人タッグマッチ30分1本勝負
渕正信(全日本)&大仁田厚(フリー)&グレート小鹿 (大日本)&越中詩郎(フリー) 
vs
2代目タイガーマスク(フリー)&大森隆男(全日本)&井上雅央(フリー) &菊地毅(フリー)

▼第1試合 6人タッグマッチ30分1本勝負
新崎人生(みちのくプロレス)&長井満也(ドラディション)&本間朋晃 (新日本)
vs 
西村修(フリー)アンディー・ウー(フリー)&アレハンドロ(フリー)


[20] fun◇F0vgoBE. - 2021/01/24(Sun) 07:04 ID:aDrWBhQ2  [No.110913]
暴走男$z訪魔(44)が、約2年1か月ぶりの王座返り咲きを果たした女子プロレス「アイスリボン」の藤本つかさ(37)を祝福したそうです。

 東スポ情報ですが、23日の後楽園ホール大会で藤本は王者の鈴季すず(18)を破り、ICE×∞王座を奪取。一報を聞いた諏訪魔は「マジかよ。さすがキャリア豊富な藤本だな。古株の意地を見せてくれた」と拍手を送ったとの事。

 立ち上げた女子プロレス部門「エボリューションガールズ(エボ女子)」で藤本はアドバイザーを務めており、諏訪魔は「アドバイザーにチャンピオンという冠があるのはすごいことだ。これで女子選手たちもついてくるな」と語った。

 3冠ヘビー級王座を保持する自身も24日の後楽園大会で芦野祥太郎(31)とのV5戦を控えており「こりゃ俺も絶対に防衛しなきゃな。負けたら、あの気の強い女に何を言われるか分からないから。プレッシャーになってきた…」と気持ちを引き締めた模様。

 また、諏訪魔との暴走大巨人は解散しながらも、引き続きエボ女子では協力関係にある石川修司(45)は「ベルト奪還おめでとうございます。若き王者にプロレスの厳しさを教えるのは先輩の務めですからね。これからもっとアイスリボンを高みに導いてください」と藤本にメッセージを送ったそうです。

 一方、王座から陥落した鈴季には「一度立場を変えて、エボ女子でやってみるのはいかがですか?」と呼びかけたとの事。


[21] fun◇F0vgoBE. - 2021/01/24(Sun) 18:08 ID:Xyx7e6EQ  [No.110915]
「2021 NEW YEAR WARS」【最終戦】
1月24日(日)東京・後楽園ホール
観衆:667人

試合結果です。

第1試合  6人タッグマッチ
ジェイク・リー&TAJIRI&×フランシスコ・アキラ
6分22秒 チョークスラム→体固め
〇ゼウス&イザナギ&UTAMARO

第2試合  6人タッグマッチ
×大森隆男&カーベル伊藤&アレハンドロ
8分02秒 捕獲式腕ひしぎ逆十字固め
〇佐藤光留田村男児&ランボー川村

第3試合  6人タッグマッチ
石川修司&〇佐藤耕平&本田竜輝
7分35秒 ドリル・ア・ホール・パイルドライバー→片エビ固め
ヨシタツ&崔領二&×力

第4試合  8人タッグマッチ
宮原健斗&青柳優馬&×青柳亮生&ライジングHAYATO
7分16秒 無想一閃→片エビ固め
土肥こうじ&羆嵐&〇大森北斗&児玉裕輔

第5試合  GAORA TVチャンピオンシップ
【第18代王者】〇葛西純
12分41秒 垂直落下式リバースタイガードライバー→体固め
【挑戦者】×ブラックめんそーれ
※葛西純が初防衛に成功

第6試合  世界ジュニアヘビー級選手権試合
【第53代王者】〇岩本煌史
13分37秒 孤高の芸術→片エビ固め
【挑戦者】×阿部史典
※岩本煌史が4度目の防衛に成功

メインイベント  三冠ヘビー級選手権試合
【第63代王者】〇諏訪魔
26分41秒 バックドロップホールド
【挑戦者】×芦野祥太郎
※諏訪魔が5度目の防衛に成功



[22] fun◇F0vgoBE. - 2021/01/24(Sun) 18:32 ID:Xyx7e6EQ  [No.110916]
連続投稿失礼します。

「2021 EXCITE SERIES」2月18日(木)新木場大会一部対戦カードが決定。
また、「2021 EXCITE SERIES」2月23(火・祝)後楽園大会にて世界タッグ選手権試合開催が決定。


「2021 EXCITE SERIES」
2月18日(木)18:00〜東京・新木場1stRING

◆本田竜輝 試練の七番勝負
〜高校からレスリングを始めた僕が、老舗プロレス団体に飛び込みで参戦を直訴し、正式入団を果たしたのちに、トップ選手への階段を登るための試練の七番勝負 第二戦〜
ヨシタツ vs 本田竜輝

◆世界タッグ選手権試合前哨戦 シングルマッチ
宮原健斗 vs アブドーラ・小林


「2021 EXCITE SERIES」
2月23日(火・祝)11:30〜 東京・後楽園ホール

◆世界タッグ選手権試合
【第88代王者組】宮原健斗&青柳優馬
vs
【挑戦者組】関本大介&アブドーラ・小林
※第88代王者組・宮原健斗&青柳優馬、初防衛戦

※他、数試合予定、対戦カードは決定次第お知らせの予定。



[23] fun◇F0vgoBE. - 2021/01/25(Mon) 19:25 ID:eKZ0Gg26  [No.110917]
「2021 NEW YEAR WARS」【最終戦】
1月24日(日)東京・後楽園ホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第5試合  GAORA TVチャンピオンシップ
【第18代王者】〇葛西純
12分41秒 垂直落下式リバースタイガードライバー→体固め
【挑戦者】×ブラックめんそーれ

<試合後リング上>
葛西「ストップ・ザ・ミュージック!完全にこのGAORA TVのベルト、葛西純色に染まりつつあるな。オイ!全日本プロレス!プロレス界の王道を守ってる割には、何だ?ヨシタツもめんそーれも大したことねーな?王道ってのは、何でも出来て当たり前なんじゃねーのか?オイ!こないだのヨシタツといい、めんそーれといい、俺っちの完勝じゃねーか。勝った勢いで次、無理を承知で言わせてもらう。王道代表の全日本プロレスで、この葛西純とデスマッチでやってみるっつー、骨のあるやつはいないのか?……いねーか。いるわけがねーよ」

 すると、入場口から石川修司が現れ、会場からは思わず驚きの歓声が上がる。

石川「全日本プロレスは、デスマッチ団体じゃねえ。ただ、『やれ』っつーんだったら、やれんのは俺しかいねー!アンタとデスマッチで勝負だ!」
葛西「修司、来てくれると思ってたよ。お前なら、俺っちに最高の刺激を与えてくれそうだな。楽しみにしてるわ」
石川「刺激かは分かんないけど、アンタに最高の痛みを与えてやるよ」

 石川が先に退場していき、葛西はその背中に向かって語りかける。

葛西「まあいい!全日本プロレス、王道に染まった石川修司!やるからにはリミッター外してこいよ!」

 葛西は剥ぎ取っためんそーれのマスクを戦利品のように頭にかぶってベルトを掲げながら退場していった。

<試合後コメント>
葛西純
「オイ、修司!出てくんのおせーよ!ちょっと遠回りしちゃったけどな、ようやく待ち人が来たようだな。まあいいや。修司だったら最高の刺激・痛みをプレゼントしてくれそうだから楽しみでしょうがねえ。まあいい。修司が来ようが誰が来ようが、修司だって通過点でしかねえ。このベルトはまだまだ葛西純の元にいたがっている。だから修司ごときに負けるつもりもねーし、どんどん防衛してくから。この全日本プロレスは王道じゃねえ。葛西純の色にガッツリ染めてやる!」

ブラックめんそーれ
(※うつ伏せにバタリと倒れ込んだままコメント)
「葛西純は言ったよな?俺のいちばん大切なものを奪うって。だけどな、ブラックめんそーれは、生きてんだ。一番大事なのは、ここにあるよ(※胸を叩きながら)。俺は何があってもリングで生き残る。ブラックめんそーれが生きる場所はリングだ。死なねーんだ。死んで生きれるかっちゅーんだよ。シャーッ……」
(※ヘビのように這いながら去っていく)

石川修司
「ヨシタツがベルト取られて、めんそーれがこういう形で負けて、葛西純にああやってデスマッチやれんのかって言われたら、まあ、やれんのは全日本の中で折れしかいないし、俺以外はやらなくていいと思うんで、俺がデスマッチで葛西純を倒してGAORA TVのベルトを奪いたいと思います。さっきも言ったけど、全日本プロレスはデスマッチ団体じゃないから。特別な興行みたいな形で、そのときだけデスマッチやらせてほしいなっていうのが、俺からの会社への意見です」



第6試合  世界ジュニアヘビー級選手権試合
【第53代王者】〇岩本煌史
13分37秒 孤高の芸術→片エビ固め
【挑戦者】×阿部史典

<試合後リング上>
両者は大の字になりながらもしっかりとその手を握りあって健闘を讃え合った。

岩本「阿部、ありがとう!」

マイクを取った岩本が阿部に頭を下げ、握手してそのまま阿部を引き起こす。そして互いに深々と座礼し合ってから阿部が退場。すると突如会場が暗転し、スクリーンにCIMAが登場。

CIMA(映像)「全日本プロレス、世界ジュニア!今、チャンピオンは岩本選手。次は阿部選手と試合をして……まあ、若い選手同士で試合をするのもいいけど、どっちが来てもこのCIMAが23年間で培ってきたプロレスをすべてぶつけて、世界ジュニア、挑戦させてもらうぞ!」

岩本「……CIMA。挑戦したいなら、ここに来いよ。俺は今まで戦ってきたチャレンジャーはみんな俺のいるリング上で挑戦表明してきたよ。お前にキャリアなんてどーってことねーってことを証明してやるよ。いいよ、やってやるよ。組んでくれ」

<試合後コメント>
岩本煌史
「いやぁ……まず、4度目の防衛ですけど……ハァ。毎回ね、嫌だね、このなんにも喩えようのないこの緊張感。なんか、早く終わって欲しいような、まだ来て欲しくないような。毎回やっても慣れないっす、このチャンピオンシップ。それだけこのベルトが築いてきた歴史っていうのは偉大だし、巻いてきた先輩レスラー方がね、偉大なんで。そこにね、僕も名を連ねさせてもらっているんで、下手な試合出来ないし、緊張感無いんだったら辞めろよって話だし。そこのね、目の前の相手とも戦わなくちゃいけないし、過去の歴史とも戦っていかなきゃいけないんだと俺は思っているし。やっぱり過去の歴史ってものは、やっぱりね、いいものとして残っていくと思うのでね。そこをやっぱり、現代、今の俺、所属している選手、全日本のジュニアで戦っている選手、みんなで超えていかなくちゃいけないし、作り上げていかなくちゃいけない。それを俺が先陣切ってやろうと思ってずっとやって来て。今日の阿部に関して言えばね、今まで何十回、何百回と闘って来てるけど、今までの阿部の中で今日が最高峰だと思うし、まだまだ多分止まんないし、伸びていくと思うし。いってーし、最後、ヘッドバッドね。やっぱ信頼しているだけあって、容赦無い攻撃をしてくるし。俺もね、なんかアイツだからこそ、剥き出せた感情、呼び起こせた感情っていうのがあるから。それはアイツに感謝だし、『絶対またやろう』って。リング上でもマイク通さないところで『またやるぞ』ってアイツと約束したんでね。またね、チャンピオンシップで戦いたいし、アイツがなんかのチャンピオンになって俺がチャレンジャーで行くのも面白いし。アイツはなんか、特別ですね。それから、次期挑戦者。CIMA。いいね。外の選手にも世界ジュニアっていう名前が轟いている、響いている……のかは分からないですけど、外の選手にも気にしてもらえてる。ただ、映像で来たのはちょっと癪に障るけど、光栄ですよ。世界のCIMAでしょ?光栄ですよ。世界ジュニアの価値を上げるためにも、世界ジュニアの土台、俺の土台になってもらいますよ。いつかは分かんないですけど、いつでもいいっすよ」

阿部史典
「燃え尽きました。勝機は、僕は1個ずっと、『これあったら行けるだろう』というのは、孤高の芸術が来た瞬間にギュッと行くというのは自分が隠し持っていた最大の、最後の最後の勝機なので。ここ一番のタイミングで使おうというのは決めてたんですけど、それを返された瞬間に多分勝負は決まっていたのかなと思います。お卍がブレイクされるっていうのは全然想定内で。でも自分の今回の勝機っていうのは、あんまり丸め込みは好きじゃないんですけど、あの孤高の芸術からのアレだったんで、アレをもう1 個ウワテに行かれたら、あの時点でこれはお手上げだっていう。最後の、最後の頭突きなんてのは、少しでも痛めつけてやろうっていう自分の変な性癖からの頭突きなんで(笑)アレを返された時点で、流石ですね。いつになったら勝てるんだろう、あの人には。今日しか無いと思ってましたけどね。まあ、あの人には経験出来ないことを経験して、打たれ強くなって、色んなものを得て、色んな人に教わって、色んなとこで……まあ、あんまり口に出しては言わないですけど、自分なりに必死でコツコツ積み上げてきたものがあったんで。1個のチェックポイントだったんで、今日は。『もうこれ獲ったらいいんじゃねえかな』って思うぐらい、大きな1つの目標ではあったので。それでも勝てないというのは、どこまで……どこまで岩本煌史っていうのは偉大な先輩なんだっていう話になるんですけども、アレは強いですね。でも、あんな人が、あんなローカルインディーの小さな団体の先輩にいてくれたっていうのは、自分の今でも大きなモチベーションなんで、背中を追っているのか分からないですけど、ああいう人に刺激を受けて、あの人と同じところに生まれたことを誇りに、自分は自分なりの、格闘探偵を、そういうふうに自分のスタイルを築き上げて、記録よりも記憶に残るような、そんな選手になりたいなと改めて思いました。アイツはスゴい。アイツはスゴいよ」

――今後も岩本選手とは闘っていきたいですか
「そうですね。でも今日行けると思ったんで、ちょっと今、一旦何も考えられないですね。今日はホントに行ける日だと思ってたんで。自信もあったし、実力もあると思うんで、今日こそはと思ったんですけどね。それすらも返されるっていうのは、負けてしまうっていうのは、ちょっとそんなすぐ『また勝ってやる!』なんてそんな気軽には言えるようなことじゃなくて、勝ち負けが全てなんで。ただいつも自分なりの道を、自分の信じるべき道を。自分なりの王道を、自分なりの全日本ジュニアをこれからも作っていきたいと思います」


メインイベント  三冠ヘビー級選手権試合
【第63代王者】〇諏訪魔
26分41秒 バックドロップホールド
【挑戦者】×芦野祥太郎

<試合後リング上>
諏訪魔「三冠ベルト!守ったぞオイッ!芦野、お前、今日お客さんの前でさ、三冠戦出来て、俺は本当に嬉しいんだよ!お前はレスリングもしっかり強いし、間も取るしさ、やってておもしれーよ、そしてお前のそのハートが俺は一番大好きだよ!まだまださ、俺はお前とやりてーな。だからよ、いくらでもぶつかろうよ。俺はそれまで三冠ベルトをずーっと巻いてるからな!待ってるぞ!お前、お前のせいで、お前、足壊れちゃったよ。でも嬉しいんだ。だから今日は握手しようよ」

諏訪魔が握手を求めると、芦野が両手で握り返して深々と頭下げる。そして退場していく芦野の背中にはこの日一番の大喝采が贈られた。

諏訪魔「今日でさ、5回目の防衛に成功したわけだけど、今度はさ、この俺の三冠のベルトを巻いたのが3月だからさ、3月まではまず防衛して、まずは1年だよ!1年三冠チャンピオンとしての姿を見せて証明したんで、皆さん応援よろしくお願いします!」

すると、そこへ佐藤耕平が姿を見せ、リングに上ってくる。

耕平「諏訪魔選手、突然で申し訳ない。俺の師匠でもある橋本真也も巻いたことのある、その強さの象徴のベルト、僕の挑戦を受けていただきたい」
諏訪魔「佐藤選手だったらね、実績も申し分ないよ。俺も真正面から佐藤選手と三冠戦やりたいと思う。是非!よろしくお願いします!」

 両者はしっかりと握手を交わし、耕平が退場していくのを見送った上で再び諏訪魔が観衆へ向き直る。

諏訪魔「早速やりがいある相手が出てきたんで、まだまだ1年防衛ロード大変だけど、ガンガンガンガン行くんで、皆さん楽しみにしててください!じゃあ最後に、いつもの『全盛期だオイッ!』で締めたいと思います。今日後楽園ホールに来てくれた皆さん、そして三冠を防衛した俺は全盛期だ!オイッ!」

<試合後コメント>
芦野祥太郎
「まあ、ホントに、本当に逆指名してくれた諏訪魔さん、ありがとうございました。今までね、こういうシチュエーションでのタイトルマッチ、やったことなかったし、ここで獲れれば、獲れれば……色々変えられたんだけどね。やっぱり、ここはまだ力が足りなかった。もう1歩……いや、まだまだかも知れないです、本当に。ただ、2回挑戦して2回とも負けて、まあ、3度目の正直、あるでしょう。もう1回、もう1回俺は下から這い上がりますよ、この全日本のリングで。下から……!」

佐藤耕平
「そうでうね、今リング上でも言ったように、橋本さんも巻いてたし、歴史のあるあの三冠ベルト。中々ね、縁がなかったんですけど、巡り巡っていいタイミングで強いチャンピオンがいるんで。それに挑戦したいって伝えたら、しっかり受け止ってもらったんで、楽しみです」

――諏訪魔選手にはどのような印象がありますか
「当然、サイズもデカいし、強いし。それでいて、結構器用だなって印象があります。中々同じようなサイズの選手って、いても団体が違ったりなんだりって形で当たることが無かったんですけど、フリーになったことでこういう縁があって。むしろワクワクしてます。防衛を、ちょうど1年って言ってましたよね。で、次は6度目ですよね?阻んでやろうかなと思います」

諏訪魔
「いやぁ〜、芦野の足攻めが的確過ぎて。いやぁ〜、靭帯が伸びたというかさ。厳しかった。強い。アイツは強いよ、うん。正面切ってさ、ああやって戦ってくるって、ちょっとなんか小細工してくるのかなと思うけどさ、まったくそれは無いよ。それはやってて面白いよね。スカすこと一個もねーんだもん。面白いよ、芦野祥太郎って奴は。いやぁ、もっともっとやりたい。まだまだ。前回の無観客での三冠戦も初めてやったわけで。その時は『コイツおもしれー奴だな』と思ったけど、今日は間違いなく、アイツは面白いっていうかね、ハートが熱い奴なんだよな。小細工しねーよ。それはやっぱし、日体大レスリング部って感じだな。気持ちがいいよね。強いよ。ああいうハートの強い奴っていうのは、絶対俺は間違いなくこれから三冠のベルトとかさ、世界タッグ、そういうのを間違いなく獲っていく人間になると思うよ。それぐらい、なんか焼きつけられた人間だね。それがさ、またWRESTLE-1のチャンピオンをやっていたという。不思議な感じだよね。なんか似てるよね。レスリングもやってたしさ、馳さん(馳浩)に誘われたっていうのもあるでしょ?武藤さん(武藤敬司)が師匠であってさ、ハヤシさん(カズ・ハヤシ)からそういうの習ってるんでしょ?まったく境遇が一緒なんだよね。違うのは歳だけなんだ。アイツとは会話なんか無いけどさ。本当に試合のね、リングの上だけだよね、会話するのは。体と体でしか会話しない。でも、面白いよ。魅力あるな。まだまだ試合は続けたいな、アイツとさ。まだ俺だって元気なんだ。やっと5度だよ、5度!5度防衛したわけで。とにかくリング上でも言ったけどさ、1年。まずこの緊急事態の中でのこの1年間というのを俺は乗り越えることを目標にまずやっていきたい。それには、さっきリング上に出てきたけどさ、佐藤耕平選手っていう。ものすごい強敵が出てきたんだ。重いんだよね、攻撃一発一発が。俺よりデカいしさ、迫力があった。申し分無いよ。もうさ、真っ向勝負できる相手だな。楽しみにしててください。三冠の価値は上げていきます!オシッ!」

――耕平選手とは大日本プロレスで1回だけタッグで対戦したことがありますが、そのときの印象は残っていますか
「あぁ、もう!アレでしょ?正月のやつじゃねーか?」

――横浜文体での試合です
「あぁ〜!そうだよ!そのときもさ、俺が今度なんか、テンション高く行ったんだけどさ、なんか、なんていうのかな。すれ違ったんだよね。6人タッグだったし。あのときの印象もありますよ、正直言って。でも、今回は目が違うっていうか。向こうになにか野心みたいなものがあるから、こういう風に来たわけでさ。なんだろうね、そういうタイプがあるんだろうね。来られるより、自分が行くほうが燃えてくる人なのかも知れないしさ。それはもう、人それぞれだから。でも、俺はやれる機会がやっと来た。そこはまあ、何年越しだろうね?まだ俺だってチャンピオンなんだ。どんな戦いになるか分かんないけどさ、みんなに喜んで もらえるようにガンガンやるのも、やってみようかな!」


[24] fun◇F0vgoBE. - 2021/01/27(Wed) 14:22 ID:uxvsfX9w  [No.110918]
2月20日(土)名古屋大会にて世界ジュニアヘビー級選手権試合の開催及び全対戦カードが決定。
また、2月21(日)沼津大会にて全日本プロレスTV認定 6人タッグ選手権試合の開催及び全対戦カードが決定。
そして、2月23(火・祝)後楽園大会にて三冠ヘビー級選手権試合の開催及び一部対戦カードが決定。


「2021 EXCITE SERIES」
2月20日(土)18:00〜愛知・名古屋国際会議場

◆シングルマッチ
青柳優馬 vs フランシスコ・アキラ

◆6人タッグマッチ
石川修司&大森隆男&ブラックめんそーれ
vs
芦野祥太郎&羆嵐&大森北斗

◆6人タッグマッチ
ジェイク・リー&TAJIRI&本田竜輝
vs
ヨシタツ&崔領二&大門寺崇

◆6人タッグマッチ
諏訪魔&佐藤光留&田村男児
vs
宮原健斗&青柳亮生&ライジングHAYATO

◆世界ジュニアヘビー級選手権試合
【第53代王者】岩本煌史
vs
【挑戦者】CIMA
※第53代王者・岩本煌史、5度目の防衛戦

既報カード

◆アジアタッグ選手権試合
【第110代 王者組】ゼウス&イザナギ
vs
【挑戦者組】入江茂弘&UTAMARO
※第110代王者組・ゼウス&イザナギ、3度目の防衛戦



「2021 EXCITE SERIES」
2月21日(日)18:00〜 静岡・キラメッセぬまづ

◆シングルマッチ
TAJIRI vs ライジングHAYATO

◆タッグマッチ
ヨシタツ&本田竜輝
vs
ゼウス&イザナギ

◆タッグマッチ
石川修司&フランシスコ・アキラ
vs
ジェイク・リー&岩本煌史

◆全日本プロレスTV認定 6人タッグ選手権試合
【初代王者組】大森隆男&ブラックめんそーれ&カーベル伊藤
vs
【挑戦者組】佐藤光留&田村男児&小仲=ペールワン
※初代王者組・大森隆男&ブラックめんそーれ&カーベル伊藤、初防衛戦

◆シングルマッチ
諏訪魔 vs UTAMARO

◆6人タッグマッチ
宮原健斗&青柳優馬&青柳亮生
vs
芦野祥太郎&羆嵐&大森北斗



「2021 EXCITE SERIES」
2月23日 (火・祝) 11:30 東京・後楽園ホール

◆アジアタッグ選手権次期挑戦者決定3wayマッチ
佐藤光留&田村男児
vs
青柳亮生&ライジングHAYATO
vs
大森北斗&児玉裕輔

◆三冠ヘビー級選手権試合
【第63代王者】諏訪魔
vs
【挑戦者】佐藤耕平
※第63代王者・諏訪魔、6度目の防衛戦

既報カード

◆世界タッグ選手権試合
【第88代王者組】宮原健斗&青柳優馬
vs
【挑戦者組】関本大介&アブドーラ・小林
※第88代王者組・宮原健斗&青柳優馬、初防衛戦



[25] fun◇F0vgoBE. - 2021/01/28(Thu) 06:04 ID:04dyXYfg  [No.110919]
【特別興行】全日本プロレス史上初のワンマッチ興行、2021年3月18日(木)新木場にて「特別興行 血闘 葛西純 対 石川修司 〜CRAZY MONKEY vs GIANT〜」開催が決定。


「特別興行 血闘 葛西純 対 石川修司 〜CRAZY MONKEY vs GIANT〜」
3月18日(木)19:00〜東京・新木場1stRING 
※全日本プロレス史上初のワンマッチ興行となるそうです。

◆GAORA TVチャンピオンシップ
【第18代王者】葛西純
vs 
【挑戦者】石川修司
※第18代王者・葛西純、2度目の防衛戦



石川修司のコメントです。

「石川です。
葛西純の持つGAORA TV王座に3月18日(木)新木場1stRINGで挑戦します。
試合形式は、リング上で言った通りデスマッチ。
ただ全日本プロレスはデスマッチ団体じゃないので、他の選手はこの試合に絡んで欲しくない。
その辺りを全日本プロレスと、このベルトの認可をもらっているPWFと十分に協議した結果、この大会を葛西純対石川修司のワンマッチ大会にしてもらいました。
勝っても負けても、この試合が全日本プロレス所属・石川修司の最初で最後のデスマッチのつもりです。
だからこそ必ず勝たないといけない。
デスマッチ出来るか?と聞かれて始めたデスマッチ。
やれる奴いるのか?と言われて、最後のデスマッチに挑みます。」


[26] fun◇F0vgoBE. - 2021/02/02(Tue) 21:39 ID:  [No.110929]
2月23日(火・祝)後楽園大会全対戦カードが決定。

「2021 EXCITE SERIES」
2月23日(火・祝)11:30〜東京・後楽園ホール

◆6人タッグマッチ
大森隆男&ブラックめんそーれ&土方隆司
vs
ヨシタツ&西村修&バリヤンアッキ

◆タッグマッチ
ゼウス&イザナギ
vs
フランシスコ・アキラ&アレハンドロ

◆GAORA TVチャンピオンシップ前哨戦 タッグマッチ
石川修司&本田竜輝
vs
葛西純&平田智也

6人タッグマッチ
ジェイク・リー&岩本煌史&TAJIRI
vs
芦野祥太郎&土肥こうじ&羆嵐


《既報カード》

◆アジアタッグ選手権次期挑戦者決定3wayマッチ
佐藤光留&田村男児
vs
青柳亮生&ライジングHAYATO
vs
大森北斗&児玉裕輔

◆世界タッグ選手権試合
【第88代王者組】宮原健斗&青柳優馬
vs
【挑戦者組】関本大介&アブドーラ・小林
※第88代王者組・宮原健斗&青柳優馬、初防衛戦

◆三冠ヘビー級選手権試合
【第63代王者】諏訪魔
vs
【挑戦者】佐藤耕平
※第63代王者・諏訪魔、6度目の防衛戦





[27] fun◇F0vgoBE. - 2021/02/05(Fri) 06:59 ID:  [No.110932]
『ジャイアント馬場23回忌追善興行』
2月4日(木) 後楽園ホール
観衆:未発表

試合結果です。

▼第1試合
ザ・リーヴPRESENTS 6人タッグマッチ 30分1本勝負
○新崎人生(みちのく)&長井満也(ドラディション)&本間朋晃 (新日本   
6分25秒 念仏パワーボム→エビ固め
西村修(フリー)&アンディー・ウー(フリー)&×アレハンドロ(フリー)

▼第2試合
大隅興業PRESENTS 追善特別試合8人タッグマッチ 30分1本勝負
○渕正信(全日本)&大仁田厚(フリー)&グレート小鹿(大日本)&越中詩郎(フリー)
8分55秒 首固め
2代目タイガーマスク(フリー)&大森隆男(全日本)&嵐(フリー)&×菊地毅(フリー)

▼第3試合
ジャイアント馬場23回忌追善特別試合
ジャイアント馬場
vs
スタン・ハンセン

▼第4試合
ステーキハウス寿楽PRESENTS シングルマッチ 30分1本勝負
○BUSHI(新日本)
10分14秒 エムエックス→エビ固め
×青柳亮生(全日本)

▼第5試合
ReOStaff株式会社PRESENTS タッグマッチ 30分1本勝負
○永田裕志(新日本)&青柳優馬(全日本)
12分23秒 バックドロップホールド
鈴木みのる(パンクラスMISSION)&×佐藤光留(パンクラスMISSION)

▼メインイベント
6人タッグマッチ 60分1本勝負
○武藤敬司(フリー)&諏訪魔(全日本)&小島聡(新日本)
13分51秒 シャイニング・ウィザード→片エビ固め
天山広吉(新日本)&カズ・ハヤシ(GLEAT)&×河野真幸(フリー)


[28] fun◇F0vgoBE. - 2021/02/05(Fri) 07:00 ID:  [No.110933]
『ジャイアント馬場23回忌追善興行』
2月4日(木) 後楽園ホール

大会の様子と試合後のコメントです。

大会開始前、第2試合に出場予定だった井上雅央が体調不良のため急遽欠場することがアナウンス。その代打としてかつてジャイアント馬場の付き人を務めたこともある嵐が参戦することが発表された。

 そして、大会オープニングには天龍源一郎がリング上に登場して挨拶を行った。

天龍「本日はジャイアント馬場さんの23回忌追善興行にご来場、誠にありがとうございます。また、テレビを御覧の皆様、ご視聴ありがとうございます。今日は選手たちが必ず馬場さんが作った明るく楽しく激しいプロレスを馬場さんに届けていただけることでしょう。馬場さん、見ていてください!みなさんも天国の馬場さんに届くように、精一杯ご声援よろしくお願いします!」


<試合後コメント>
▼第1試合 6人タッグマッチ30分1本勝負
新崎人生(みちのくプロレス)&長井満也(ドラディション)&本間朋晃 (新日本)
vs 
西村修(フリー)アンディー・ウー(フリー)&アレハンドロ(フリー)

<試合後コメント>
新崎人生
――ジャイアント馬場さんの追善興行での試合でしたが、終えてみていかがですか
「やはり、馬場さんのゆかりというか、全日本プロレスの馬場さんに、自分が言っていいのか分からないですけど、愛弟子の方たちが今日控室にもたくさんいらっしゃっていまして、馬場さんが亡くなって22年ですか。22年経った今も、つい最近、馬場さんと試合をしたこととか、一緒にツアーを回ってていたりということがつい最近のように感じて、こういう空間があると余計に、その感じが蘇りました。懐かしい感じがしました」

――オープニングでは天龍さんが「馬場さんが見ててください」と仰っていました。馬場さんを感じることはありましたか
「もちろんそれは、今日は馬場さんのために合掌も捧げましたし、試合前から、あれから数十年経ってますけど、リングに上ってますよっていうのを知ってもらいたかったですね」


▼第2試合 ジャイアント馬場23回忌追善特別試合8人タッグマッチ30分1本勝負
渕正信(全日本)&大仁田厚(フリー)&グレート小鹿 (大日本)&越中詩郎(フリー) 
vs
2代目タイガーマスク(フリー)&大森隆男(全日本)&嵐(フリー) &菊地毅(フリー)

第2試合の開始前にザ・グレート・カブキによる追善の舞が行われ、ヌンチャクの演武を行った後に天に捧げるグリーンミストを噴射。

<試合後コメント>
大仁田厚&菊地毅&大森隆男
大森「自分なんてまだまだまだ若手かと思うような大先輩ばっかり。でもこうやっていろんな選手が集まって試合ができるってことは、僕はそれを含めての馬場さんのご縁だと思うんで。ホント最初、全日本プロレス、プロレス界に入ったときに全日本プロレスに入って、馬場さんの弟子として試合やったことが本当に自分の財産だと思ってます。こうやって今日大会に出たことは僕にとっての名誉です。菊池さん、生涯爆発ですよね」
菊池「おうっ!」
(※ここで大仁田が「大森!大森!」と叫びながら合流)
大仁田「大森!大森!ホントの弟子は俺だよ!」
大森「あぁ?!邪道とか言って飛び出して!」
大仁田「お前らぁ!」
大森「なんだぁ!」
大仁田「馬場さんのこと1から10まで世話したのは俺だよバカヤロー!」
大森「やっぱり今日汚いことやったなぁ!」
大仁田「汚いことやってねーよお前!」
大森「邪道っぷりを発揮しやがってぇ〜!」
大仁田「なにが邪道だ馬鹿野郎!オイ!菊池!」
菊池「ハァイ゛!なんすかセンパァイ!」
大仁田「焼肉屋やってたのか」
菊池「関係ないでしょ!」
大仁田「あぁ?!」
菊池「焼肉屋やってますよ!」
大仁田「そうかぁ。よかった」
菊池「それで終わりかあ゛?!センパァイ!」
大仁田「大森。1から10まで俺が世話したんだ、馬場さんのぉ。お前らにガタガタ言われる筋合いないよ!」
(※大仁田は去っていく)
大森「……1から10まで馬場さんの世話したのかぁ、大仁田厚が。そんなわけねぇだろ!それは間違ってる!」
菊池「オ゛ォ!」
大森「1から10まで世話してもらったんじゃないのか、それは。ねえ、菊池さん」
菊池「オ゛ォ!俺らが入ったとき大仁田さんいないんですよ。たしかにあの人先輩かもしれないけど、俺らとなんも……」
大森「(※菊池の言葉を遮るように)そして今日!こうやってセコンドに来てくれた橋誠元選手は!今日来てくれたおかげで心強かったよ!橋さん、セコンドありがとな!……セコンド来たんじゃないのか?」
菊池「あ゛りがとな!」


▼第3試合 ジャイアント馬場23回忌追善特別試合
ジャイアント馬場 vs スタン・ハンセン

スクリーン上ではジャイアント馬場とスタン・ハンセンがリング上で初邂逅を果たした39年前の1982年2月4日に東京体育館で行われたPWFヘビー級選手権試合の映像が放映され、その模様をアナウンサーの徳光和夫氏が生実況。

 そして、映像終了後にはスタン・ハンセンがモニターに登場し、この試合を振り返ってメッセージを送った。

スタン・ハンセン(映像)
「1982年2月4日、ババと初対決をしたその日は、何千の試合をした私の中で永遠に忘れることの出来ない日となりました。私にとって本当に素晴らしい思い出になっています。日本のすべての人々がババと私にエキサイトしてくれたことを鮮明に覚えています。私はババと闘っていくという新しい機会を得ることが出来ました。彼は常に握手だけで契約を結ぶことが出来る信用のおける男でした。日本のすべての人々が彼がとった行動のすべてを今でも讃えています。またいつか日本に帰ってくるのを楽しみにしています。サンキュー!」


ジャイアント馬場さん追悼セレモニー

 続いて、ジャイアント馬場23回忌の追悼セレモニーが行われ、リング上へジャイアント馬場が愛用していたリングシューズが運び込まれる。
歴代付き人がスクリーンで紹介された後、故人に縁を持つ様々な選手たちから会場スクリーンを通してメッセージが送られた。


佐々木健介(映像)
「ジャイアント馬場23回忌追善興行をご観戦に会場に来られた皆様、日テレジータスにてご観戦いただいている皆様、日々プロレス界を応援いただきありがとうございます。佐々木健介です。馬場さんに初めてお会いしたのが18歳のときでした。いつもリング下から馬場さんを見ながら、『頑張ればいつか馬場さんと同じリングに立てるかも知れない』と当時は夢抱いておりましたが、その夢は残念ながら叶うことはなく、今でもプロレス界に残した未練の1つです。きっと馬場さんは現在のプロレス界を見て、選手が大きな怪我をしないように祈りながら、選手たちの健闘を喜ばれているのではないでしょうか。そしてもし今馬場さんに1つお伺いできるとしたらお聞きしたいことがあります。マサ斎藤さんは無事そちらに着いて馬場さんとお会いできたでしょうか。あまり酒を飲みすぎないように見守っていただけたら幸いです。最後になりましたが日々健闘を尽くし頑張ってくださる医療従事者の皆様に心よりお礼申し上げます。観戦に来られた皆様もコロナ感染に気をつけ、マスクを外さず、大きな声を出さず、より一層の拍手で選手の応援をよろしくお願いします。本日はありがとうございました」


丸藤正道(映像)
「こんにちは、プロレスリングNOAHの丸藤正道です。ジャイアント馬場23回忌追善興行ということで、僕も馬場さんの最後の弟子として少しの時間でしたが接する機会がありました。僕にとって本当に基調な経験でありますし、今の丸藤を作り上げた基本ともなっております。馬場さん、本当にありがとうございます。この大会に携わるスタッフの皆さん、そして選手の皆さん、素晴らしい空間を作り上げてください。きっと馬場さんも天国で見ていると思います。ありがとうございます」


太陽ケア(映像)
「(※日本語で)こんにちは、太陽ケアです。よろしくお願いします。馬場さんの23回忌公演、この記念大会で私も皆さんと馬場さんとの素晴らしい思い出の時間に浸りたかったです。日本の皆さん、今でも馬場さんと私を応援してくださってありがとうございます。2021年も体に気をつけてお過ごしください。早く皆さんと再会したいです」

川田利明(映像)
「こんにちは、川田利明です。今回は会場に顔を出すことは出来ませんけど、馬場さんに関係した選手の皆さんみんな集まって、今日はそういう大会ということなので、馬場さんのことを思い出して選手の皆さんに頑張っていただいてファンの皆さんはちゃんと応援してください。馬場さんといえば、奥さんであった元子さんのことも皆さん思い出していただけるとありがたいと思ってます。今日は顔を出せませんけど、次回はまたそういう機会がありましたら顔を出して自分も応援したいと思います。今日はみなさんありがとうございました」

ドリー・ファンクJr. (映像)
「PWF会長のドリーファンクJr.です。ジャイアント馬場メモリアル大会がやってきました。誠にありがとうございます。今でも毎日馬場さんを思い出します。馬場さんは永遠です。PWFも永遠です。日本のプロレスファンの皆様、お願いがあります。決してあきらめるな!決してあきらめるな!決してあきらめるな!日本のプロレスファンの皆様、イツモガンバッテクダサイ!日本のプロレスファンの皆様、マコトニアリガトウゴザイマス。アリガトウゴザイマシタ!ガンバッテクダサイ!イツモ、ガンバッテクダサイ!」

 その後、徳光アナによってジャイアント馬場の経歴が読み上げられ、追悼の10カウントゴングが打ち鳴らされた。

<セレモニー後コメント>

渕正信&和田京平
渕「22年になるんだね。勘違いしててさ、さっき馬場さんとハンセンの試合、『もう30年経つんだなあ』って話ししてたら、『30年じゃないですよ、足掛け40年ですよ』って言われてさあ(笑)『そんなに経ったのか?!』って感じて(笑)俺達から見たら40年ってあっという間に感じてね」
和田「あっという間だね」
渕「馬場さんが亡くなって22年っていうのは」
和田「そんな早く、って感じで」
渕「だから驚いてますよ。若い人から見たら40年ってすごい年月だと思うんだろうけど、もうね、70近くなってくると40年ってついこないだって感じ。姿形は変わってるかも知れないけど、気持ちの上では、まだなんか馬場さんが側にいるような気がする」
和田「今この年になって、馬場さんによく言われたのが、『お前も年取りゃ分かる』って。今は『なるほどなぁ』って考えるように鳴った。それから22年以上経ってんだね。でも今日は同窓会みたいなもんで、みぃ〜んななんか懐かしい人ばっかりで、なんか控室にいるのがちょっと入りづらいもんね、みんな先輩ばっかりで」
渕「はっはっは(笑)」
和田「ホントこんな機会でもないと会えないもんねえ」
渕「馬場さんって名前のもとに皆さんが集まってくれてるのが嬉しいですね」
和田「うん、ホントだねえ。今日来てる人が馬場さんを知ってる人が何人くらいいるんだろうって感じで」
渕「そういうのあるけどね、確かに(笑)でも、『実際に会ってみたかった』っていうのはレスラーの間でも聞きますね」
和田「貴重だよね。今日のこの出場するレスラーで馬場さんを知らない人がいるわけで、それで馬場さんのイベント出られたら『えっ』て思うんだろうけど、今日流したテープを見れば『あぁ、昔のプロレスってすごいな』って考えるんじゃないかなあ。馬場vsハンセンなんてスゴいもんねえ。今やってほしいくらいだよ」
渕「俺らの試合、あの試合の前の2試合目でよかったですよ(笑)」
和田「ホントだよねえ(笑)」
渕「あの試合の後にやるのはキツいと思うよ、ハッキリ言って。あの画面に流れてるあの声援で、あの迫力で、あの後の試合はかなりやりづらいと思うよ。画面で、LIVEじゃなくても改めてあの2人の偉大さが見えるね」
和田「ホントだねえ。みんな声だして応援したいだろうね、マスク取ってね。そういうときが早く来てほしいなって思いますよ。拍手だけでなくてね。もうちょいの辛抱だね」



[29] fun◇F0vgoBE. - 2021/02/05(Fri) 07:01 ID:  [No.110934]
連続投稿失礼します。

『ジャイアント馬場23回忌追善興行』
2月4日(木) 後楽園ホール

大会の様子と試合後のコメントです 。


▼第4試合30分一本勝負
BUSHI vs 青柳亮生

<試合後コメント>
青柳亮生
「・・・クッソ。何かしたかった。・・・このでっかいチャンスをもらい、何にもできなかった。もう一回、チャンスがいただけるなら。もう一回、もう一回だけチャンスをください。」

BUSHI
「正直なめてたね、彼のことを。デビューそこそこの新人だと思ってなめてかかったら痛い目にあったよ。でもさ、こうして他団体の選手と絡めるんだったら、ましてや全日本のジュニアと絡めるんだったらね。正直もっとやりたいヤツが他にいたから・・・。青柳亮生とのシングル、決まった時はちょっとガッカリしたけどさ。ふたを開けてみたら面白いね。伸びしろしかないね、彼には。ただ今は若いっていう伸びしろしかないから。数年後はわかんないよ。ただ俺がやりたかった全日本のジュニアとの試合、機会があれば俺の願いが叶うなら、また違ったかたちでリングで会えたらいいなと思いますよ。エッセリオ、マジで・・・。」


▼セミファイナルタッグマッチ30分一本勝負
永田裕志&青柳優馬
vs
鈴木みのる&佐藤光留

<試合後コメント>
鈴木みのる
「クソ野郎・・・。永田のクソ野郎。なんでことあるごとに俺の前に出てきやがる。・・・わかった!板の間が古くなると釘が飛び出てくるだろう?何べん打っても飛び出てくるだろう?あれ邪魔でしょうがねぇよな?抜いて捨ててしまうか?なんなら板ごと張り替えて新しい板に張り替えようか?おい!お前は不要な不燃物なんだよ。消えろ、この野郎。さぁ!そんなことより今日はジャイアント馬場、23回忌。縁も所縁(ゆかり)もないけどな。この長い33年か?このキャリアで一度も会ったことないけどな!顔も見たことない。だからなんの縁も感じない。俺が10年以上前に全日本プロレスに初めて上がった時、試合後のバスの中に和田京平が飛び込んできた。「テメェのやってるのはプロレスじゃねぇ。テメェなんかプロレスラーじゃねぇ!馬場さんが生きてたらお前なんか全日本プロレスに上がれねぇ。今すぐ帰れ!お前なんかプロレスラーじゃねぇ!」と言った。和田京平が。その和田京平に呼ばれて今日来たんだ。和田京平が言ってたよ。馬場さんが生きてたらお前なんか呼ばれねぇ。俺が呼んでやったんだよ」。・・・何言ってるんだよ(笑)。俺を呼んだらジャイアント馬場も必ずこう言うはずだ。「あいつ、面白いな」って。それだけの自信と力と体を持って今も最前線で生きてるんだ。」

――その全日本プロレスでの活躍でプロレス大賞のMVPも受賞されていました、
「忘れたよ、そんなの。昔のことだろう?いいよ別に、昔のことは昔のことで。そんな昔のことは忘れたよ。いつのことだっけ?」

――2006年です。
「さっき調べたんだろう?そんな大昔のことはどうでもいいんだよ。俺にとって大事なのは今だ、今。そう今。たった今。なぜ俺が今日メインイベントじゃない。鈴木みのるが出るプロレスの大会。俺以外のヤツがメイン。こんな腹ただしいしいことはない。俺がデビューしてこのかた、1988年にデビューしてから全部の試合。勝ちたくて勝ちたくて全部勝とうと思ってやってきた。今日もそうだし明日からもそうだ。だからMVPだとかチャンピオンだとか、誰のなにとかどうでもいいんだよ。今日の試合を勝つ!どんな手を使っても。それだけだ。まぁ負けたヤツのセリフじゃないけどな(ニヤリ)。」

永田裕志&青柳優馬
永田「全日本プロレスに上がったことはあるけれど、ジャイアント馬場さんとはご存命中にご挨拶したこともありませんしね。馬場元子さんとは会場にいらしているときはご挨拶させてもらいましたけどね。全日本プロレスに参戦した時とかね。まぁ今日の試合というのは全日本プロレス生え抜きの青柳選手とかいますけどね、ちょっとジャイアント馬場さんがどういう試合を望むのかはわからない。あの試合をジャイアント馬場さんがどう思うかはわからないけれど、自分の試合ができた。永田と鈴木みのるの対戦はジャイアント馬場さんがお好みかどうかはわからないけれど、とりあえずマット界に響くカードなんじゃないかな。そんなには当たりませんでしたけど。逆に青柳くんは鈴木みのるに対してガンガンいっていたけれど、数年前にライオンズゲートやアジアタッグで戦った時の「ちょっと物足りないな。まだ若いな」というのが今日は横で見ながら、掛け声とか相手に向かっていくとかやっぱり成長している証なんだなって思いましたね。」
青柳「ありがとうございます。」
永田「わずか3年2年前だけどね。俺みたいなジャイアント馬場さんとは接点のない人間が組まれたかと思えば、本来現役でやっている選手で、ジャイアント馬場さんの教えを受けたちょっと前まで社長をやっていた人間がここに来ていないというのはどうなのかなって。これだけは疑問でした。やっぱり何年か空いてもリングで遭遇した時にはお互いの元気さを確認できていた。それを楽しみにしていた部分もあったので。今日、かつての盟友に会えなかったのはすごく残念でした。本来上がらなくちゃいけないはずなんですけどね。いろいろな事情はあるんだろうけどね。それが俺にとってきょう非常に残念でした。まだまだ俺は元気だぞって伝えたかった。以上です。今日はありがとう!」
青柳「ありがとうございました!」
永田「強くなったよ!」
青柳「また機会があればよろしくお願いします。」
*ここで永田は退席
青柳「本当に先ほど永田さんがおっしゃったように、4年前になりますね。ライオンズゲートとアジアタッグで永田さんと対戦したご縁もあって。馬場さんの今回の23回忌の追善興行でタッグを、初タッグを組ませていただくことになって。馬場さんからいただいた縁なのかなって、僕が言っていいのかはわかりませんけど、そんな感じがしましたね、プロレスのご縁というか。こういう場で永田さんとタッグを組ませていただいたことはすごくうれしかったので、次はぜひ対角線でやりたいなと。成長した姿を反対側で次は見てもらいたいなと。」

――初対戦となった鈴木選手についてはいかがですか?
青柳「意識したというか絶対おいしい獲物じゃないですか。向こうからしたら僕なんか眼中にないかもしれないけど。すごい緊張しましたよ。フォアアームの一発一発も重いのなんの。怖かったですよ。意識が飛ぶんじゃないかと何回も(思いました)。ぜひ機会があったら対角線に立ってまた打ち合いたいですね。」


▼メインイベント6人タッグマッチ60分1本勝負
武藤敬司(フリー)&諏訪魔(全日本) &小島聡(新日本)
vs
天山広吉(新日本)&カズ・ハヤシ(GLEAT)&河野真幸(フリー)


<試合後リング上>
武藤「今日は俺にとって味方の選手も敵の選手も、みんな今は闘うリングはぜんぜん違う場所なんだけど、同じ釜の飯を食った仲間たちだ。本当に今日はいい空間。心地良い時間だったよ。これもひとえに馬場さんのおかげだと思っております。馬場さん!ありがとう!みなさんも大変な状況の中、来場ありがとうございます。……ところで、お前ら(小島&諏訪魔)俺が最後に見たとき確か仲悪かったよな?うん、(タッグとして)機能してたよ」

諏訪魔「……いや、こういうときじゃないと言えないからちょっと言わせてもらう。小島さん、俺は今まで色んな感情を持ってアンタと接した。だけど、よくこの長い時間、感じてみて分かった。俺の間違いだった。小島さん、これからは先輩、後輩。いい関係でもう1回一緒にお願いします」
(諏訪魔が握手を求めると、小島も警戒しながら手を差し出し、ぎこちない握手を交わす)
小島「ありがとうございました!」

最後にジャイアント馬場さんの遺影を持った和田京平レフェリーを中心に記念撮影を行い、大会を締めた。


<試合後コメント>
武藤敬司&天山広吉&小島聡
武藤「諏訪魔と小島は離れろよ!・・・いや本当にね。本当みんなバラバラのリングで活躍してるみんなで。まぁまぁ同じ釜の飯を食った仲間たちでね。本当リング上で言った通り俺自身エネルギーいただきましたよ。この中では俺が一番の年長者であって、馬場さんだっていくつ?60いくつまで現役を続けてたんでしょう?馬場さん(の年齢)を超えて現役はしていたいよな。あとやっぱり俺が先頭切ってやってるわけだから、みんなに背中を見せてやりたいっていう部分で次のGHC取って、みんなに俺の大きな背中を見せてやりたいと思っています。」
天山「スゲー自信ですねぇ。」
武藤「お前らだってそろそろ姥捨て山のように捨てられそうなんだろう?」
天山「まだまだやりますって。武藤さんはいま幾つなんですか?」
武藤「58。」
天山「そんなバリバリの58歳見たことないです。」
武藤「若い子供には生涯やれるスポーツだって就職、この業界に足を踏み入れる見本になりたいじゃないか。生涯できるっていう。お前らだって俺がいなければ新日本プロレスで姥捨て山になって・・・」
天山「武藤さんがそんなに自信満々に言ってくれるのは自分らにも励みになりますし、武藤さんのような高いところに行きたいなって。」
武藤「そのためにもベルトを取ってもう一発。それを取ったらあと5年くらいイケそうだ。」
天山「ホンマですよ。頑張ってください。」
武藤「俺からは以上。あとは各々質問!・・・いいか?じゃあみんなで写真を撮るぞ。・・・ところでここにいる全員、馬場さんと会ったことないんだからな。」
*ほかの選手が退席してから
天山「いやぁなんかいつも組んでいるから正面に(対戦相手として)コジがいるってこっちもビビっと来ましたね。やっぱり全日本プロレスの、偉大なジャイアント馬場さんの残したリング。今日は光栄です、ホンマに。全日本とはあんまり関係ないかもしれないけど、こうして出れて。武藤さんのでっかい背中。やっぱりすごいですよ、先輩として。ホンマに目標にできる偉大な先輩。馬場さんもしかり、武藤さんも追いかけていかなと思いますよ。コジもね。やっぱり強いよ。」
小島「ひさしぶりにいい刺激をもらいましたよ。それにまさか諏訪魔とも仲良く、まぁ仲直りかはわからないけれど、ああいう風になれたのは馬場さんのおかげなのかなって気がします。」
天山「何があったの?」
小島「ずっと前に大ゲンカしてたのを、そういうの含めて。」

――試合中にカズ選手にモンゴリアン・チョップを促されていましたが、やっぱり抵抗はありましたか?
天山「やっぱり名古屋でクソ生意気なオーカーンにやられて。やっぱり約束は約束。男だったら口に出した以上は約束というのは守らなくてはいけない。その通り、今日は自分的には。やっぱり天山と言えばモンゴリアン・チョップ。代名詞になっているからね。それが出せないというのは100%のうち10%フルでいけなかったのがそれが悔しくて。コジにも逆にやられて、何回使ったんやって。ふざけんなよって(笑)。でもいろんな人からパワーをもらいました。
私事ですけど3日前に自分の父親が亡くなりまして、本当に突然というか、急なことだったんですけどね。こんなコロナの時期になんだかんだ、ちょっと落ち込んでいるうちに自分も。モンゴリアンも封印されて、おやじも亡くなってしまって、ほんま自分自身どうしたらいいのか、やっぱり最後はリングに上がって自分を見せるというか、見せたいっていう。今の全部をさらけ出してリングで表現しなくてはいけない。断ることはできなかったですね、出場を。偉大な馬場さんの(興行で)マッチメークされて。ぶつかって試合をしたかった。まぁ親父はプロレスが好きで小さいころから連れてってもらって。新日本はもちうろん全日本も。試合も一緒に見てっていうのもあったし、そういう意味で馬場さんに与えられた「お前、頑張れよ」って(励まし)。馬場さんにも感謝します。もう涙も出尽くして、もうこれ以上はって感じですよ(笑)。あとは残りのレスラー人生。しっかりと天山広吉、ガッチリと頑張っていきたいと思います。コジも頑張って!」
小島「はい、ありがとうございます!」
*小島選手も退席して
天山「名古屋から帰ってきて、その日一日お休みで。前々から心臓も悪くて何十年か前にも心臓の手術はしていて入院退院の繰り返しで。体は強くはなかったんですけど、最後は寝たきりの状態で。老衰っていう感じで。電話がかかってきて新横浜に着いた時にもかかってきて。とにかく(看取るのには)間に合わなかったですけど、最後には送ってあげることができて。告別式ができてなんかその期間もちゃんと見送ることができて、今日も馬場さんの興行にしっかりと出てこれるよう背中を押されました。
心臓が弱かったんで歩くのも困難な感じで。(亡くなった時の年齢は)76です。昭和19年生まれなんですけど。いつかこんな日が来るというのはわかってましたけど、本当にモンゴリアンも封印されて落ち込んでいる時に自分にとってはどん底というか、何もかも失ったっていう。2日間そばにいて「ありがとう。今まで頑張ってくれてありがとう」という感じです。」



[30] fun◇F0vgoBE. - 2021/02/16(Tue) 23:25 ID:tKXqJaxU  [No.110957]
3月「2021 DREAM POWER SERIES」全日程が決定。

2021年3月「2021 DREAM POWER SERIES」追加日程

3月28日 (日) 14:00 埼玉・イコス上尾 〜NEXTREAMスペシャル〜


《既報日程》
2021年2月「2021 EXCITE SERIES」

2月18日 (木) 18:00 東京・新木場1stRING

2月20日 (土) 18:00 愛知・名古屋国際会議場

2月21日 (日) 18:00 静岡・キラメッセぬまづ

2月23日 (火・祝) 11:30 東京・後楽園ホール


2021年3月「2021 DREAM POWER SERIES」

3月 6日 (土) 12:30 東京・新木場1stRING

3月 8日 (月) 18:00 神奈川・横浜市保土ヶ谷公会堂 〜横浜EXTRA〜

3月14日 (日) 11:30 東京・後楽園ホール 〜ReOStaff株式会社 presents〜

3月21日 (日) 17:00 京都・KBSホール 〜京藤梱包運輸 presents〜

「特別興行 血闘 葛西純 対 石川修司 〜CRAZY MONKEY vs GIANT〜」
3月18日 (木) 19:00 東京・新木場1stRING



[31] fun◇F0vgoBE. - 2021/02/16(Tue) 23:25 ID:tKXqJaxU  [No.110958]
「2021 Champion Carnival」の開催及び日程が決定。


「2021 Champion Carnival」日程

4月 9日 (金) 18:00 大阪・エディオンアリーナ大阪・第2競技場【開幕戦】

4月10日 (土) 18:00 愛知・名古屋国際会議場

4月11日 (日) 18:00 新潟・万代島多目的広場(大かま)

4月17日 (土) 12:30 東京・新木場1stRING

4月18日 (日) 14:00 千葉・2AWスクエア

4月24日 (土) 12:30 東京・新木場1stRING

4月25日 (日) 11:30 東京・後楽園ホール

4月28日 (水) 18:30 神奈川・横浜市保土ケ谷公会堂

4月29日 (木・祝) 18:00 東京・後楽園ホール

5月 3日 (月・祝) 18:00  東京・後楽園ホール【最終戦】



[32] fun◇F0vgoBE. - 2021/02/16(Tue) 23:26 ID:tKXqJaxU  [No.110959]
連続投稿失礼します。

秋山準のDDT入団に伴い、全日本を退団になります。

以下、全日本の公式ホームページより


秋山準選手が契約満了につき退団のお知らせ
 弊社所属の秋山準選手が契約満了につき2020年12月31日付で退団致しました事をお知らせ致します。

 DDTプロレスリング様との調整の上、本日(2月15日)の秋山準選手の
 DDTプロレスリング様入団と全日本プロレスとの契約満了の同時発表と
なりました事、ファンの皆様そして関係者の皆様にはご理解を賜りたく
 宜しくお願い申し上げます。

 今後ともDDTプロレスリング様所属秋山準選手並びに全日本プロレスへの
 変わらぬご声援の程 宜しくお願い致します。

 全日本プロレス



[33] fun◇F0vgoBE. - 2021/02/19(Fri) 16:54 ID:KAZF1KTA  [No.110960]
「2021 EXCITE SERIES」
2月18日(木) 東京・新木場1stRING
観衆150人

試合結果です。

第1試合  本田竜輝 試練の七番勝負 〜高校からレスリングを始めた僕が、老舗プロレス団体に飛び込みで参戦を直訴し、 正式入団を果たしたのちに、トップ選手への階段を登るための試練の七番勝負 第二戦〜
〇ヨシタツ
6分37秒 逆エビ固め
×本田竜輝

第2試合  6人タッグマッチ
〇青柳優馬&青柳亮生&ライジングHAYATO
8分21秒 エビ固め
大森隆男&×ブラックめんそーれ&フランシスコ・アキラ

第3試合  シングルマッチ
〇イザナギ
6分11秒 M5
×田村男児

第4試合  6人タッグマッチ
〇ジェイク・リー&岩本煌史&TAJIRI
9分58秒 バックドロップ→片エビ固め
芦野祥太郎&羆嵐&×大森北斗

第5試合  世界タッグ選手権試合前哨戦 シングルマッチ
▲宮原健斗
11分23秒 無効試合
▲アブドーラ・小林

メインイベント  三冠ヘビー級選手権試合前哨戦 タッグマッチ
諏訪魔&×佐藤光留
20分57秒 ドリルアホールパイルドライバー→片エビ固め
石川修司&〇佐藤耕平



[34] fun◇F0vgoBE. - 2021/02/20(Sat) 22:02 ID:aj87HuOw  [No.110961]
「2021 EXCITE SERIES」
2月20日(土) 愛知・名古屋国際会議場
観衆:419人

試合結果です。

第1試合  シングルマッチ
〇青柳優馬 
5分50秒 回転エビ固め
×フランシスコ・アキラ

第2試合  6人タッグマッチ
石川修司&〇大森隆男&ブラックめんそーれ
7分26秒 アックスボンバー→エビ固め
芦野祥太郎&羆嵐&×大森北斗

第3試合  6人タッグマッチ
ジェイク・リー&TAJIRI&×本田竜輝
4分24秒 CBJ→片エビ固め
〇ヨシタツ&崔領二&大門寺崇

第4試合  6人タッグマッチ
諏訪魔&〇佐藤光留&田村男児
17分23秒 捕獲式腕ひしぎ逆十字固め
宮原健斗&×青柳亮生&ライジングHAYATO

第5試合  アジアタッグ選手権試合
【第110代 王者組】〇ゼウス&イザナギ
12分31秒 ジャックハマー→片エビ固め
【挑戦者】入江茂弘&×UTAMARO
※ゼウス&イザナギが3度目の防衛に成功

メインイベント  世界ジュニアヘビー級選手権試合
【第53代王者】×岩本煌史
21分24秒 スパルタンカット→片エビ固め
【挑戦者】〇CIMA
※CIMAが第54代王者となる





[35] KKB - 2021/02/22(Mon) 20:41 ID:jCLSWuCo  [No.110962]
お久しぶりです。
秋山退団が個人的にショックでした...。何分馬場全日本を引きずってるもので笑 ただ全日本に新しい風が吹いているのは凄く良いことではありますね!

古参勢なのにレジェンド枠になりきれない大森隆男にはより一層奮起して頂きたく存じます!


[36] fun◇F0vgoBE. - 2021/02/22(Mon) 22:02 ID:5pOefa3w  [No.110965]
「2021 EXCITE SERIES」
2月21日(日) 静岡・キラメッセぬまづ
観衆:317人

遅くなりましたが試合結果です。

第1試合  シングルマッチ
〇TAJIRI
7分12秒 コトリバコ
×ライジングHAYATO

第2試合  タッグマッチ
ヨシタツ&×本田竜輝
8分37秒 顔面絞め
〇ゼウス&イザナギ

第3試合  タッグマッチ
石川修司&×フランシスコ・アキラ
10分24秒 オーバーキル
→体固め
〇ジェイク・リー&岩本煌史

第4試合  全日本プロレスTV認定 6人タッグ選手権試合
【初代王者組】〇大森隆男&ブラックめんそーれ&カーベル伊藤
13分04秒 アックスボンバー→片エビ固め
【挑戦者組】
×佐藤光留&田村男児&小仲=ペールワン
※大森隆男&ブラックめんそーれ&カーベル伊藤が初防衛に成功

第5試合  シングルマッチ
〇諏訪魔
6分40秒 バックドロップ→体固め
×UTAMARO

メインイベント  6人タッグマッチ
〇宮原健斗&青柳優馬&青柳亮生
16分37秒 シャットダウン・スープレックス・ホールド
芦野祥太郎&羆嵐&×大森北斗



[37] fun◇F0vgoBE. - 2021/02/22(Mon) 22:03 ID:5pOefa3w  [No.110966]
連続投稿失礼します。

〉〉KKBさん

秋山→DDT入団→全日退団
実に驚きましたね…。DDTのKOD無差別級王座につき、高木さんを通してヘッドコーチも兼ねての事情からの様でしたので、自身の活躍の場所としての判断だったんではないかと思います。
ただ、元三冠王者で社長だった訳ですから、またいつか是非交流して欲しいですね…。

大森選手も新設された6人タッグベルトをブラックめんそーれ&カーベル伊藤とのトリオで保持してから、活気取り戻していそうですね…。

これからもよろしくお願いします。


[38] fun◇F0vgoBE. - 2021/02/23(Tue) 17:35 ID:/mFoY4s6  [No.110967]
「2021 EXCITE SERIES」
東京・後楽園ホール
2月23日(火・祝)東京・後楽園ホール
観衆:674人

試合結果です。

第1試合 タッグマッチ
ゼウス&〇イザナギ
6分14秒 ザトペックホールド
フランシスコ・アキラ&×アレハンドロ

第2試合 6人タッグマッチ
大森隆男&×ブラックめんそーれ&土方隆司
6分07秒 CBJ→片エビ固め
〇ヨシタツ&西村修&バリヤンアッキ

第3試合 アジアタッグ選手権次期挑戦者決定3wayマッチ
佐藤光留&田村男児 vs 〇青柳亮生&ライジングHAYATO vs ×大森北斗&児玉裕輔
6分10秒 回転十字固め

第4試合 GAORA TVチャンピオンシップ前哨戦  タッグマッチ
〇葛西純&平田智也
9分27秒 反則(石川のレフェリー暴行)
石川修司&×本田竜輝

第5試合 6人タッグマッチ
〇ジェイク・リー&岩本煌史&TAJIRI
9分11秒 ジャイアントキリング→エビ固め
×芦野祥太郎&土肥こうじ&羆嵐

第6試合 世界タッグ選手権試合
【第88代王者組】
〇宮原健斗&青柳優馬
17分17秒 ジャーマンスープレックスホールド
【挑戦者組】関本大介&×アブドーラ・小林
※宮原健斗&青柳優馬が初防衛に成功

メインイベント 三冠ヘビー級選手権試合
【第63代王者】〇諏訪魔
21分34秒 バックドロップホールド
【挑戦者】×佐藤耕平
※諏訪魔が6度目の防衛に成功



[39] ただの全日ファン - 2021/02/24(Wed) 19:08 ID:NlCNqLmA  [No.110969]
ジェイク・リー、TAJIRIのEnfants Terribles入り、ユニット結成は無いが、諏訪魔、芦野、岩本の結託
と全日本が少し面白い展開になってきましたね。
今まで全日本でタブーとされてきたデスマッチも石川、葛西によってこじ開けらたしで。
CIMAが世界ジュニア奪取と言うことで、STRONGHEARTSの他のメンバーの参加はあるのかな?
その時の入江の立ち位置はどうなるのかな?

CCの出場レスラー10名が発表になりましたね。
諏訪魔、ゼウス、宮原健斗、石川修司、ジェイク・リー
青柳優馬、芦野祥太郎、土肥こうじ、佐藤耕平、大谷晋二郎


[40] fun◇F0vgoBE. - 2021/02/24(Wed) 19:19 ID:Xyx7e6EQ  [No.110971]
〉〉全日ファンさん

情報ありがとうございます。

「2021 EXCITE SERIES」
東京・後楽園ホール
2月23日(火・祝)東京・後楽園ホール

遅くなりましたが試合中の経過やコメントです。

第3試合 アジアタッグ選手権次期挑戦者決定3wayマッチ
佐藤光留&田村男児 vs 〇青柳亮生&ライジングHAYATO vs ×大森北斗&児玉裕輔
6分10秒 回転十字固め

<試合後コメント>
青柳亮生&ライジングHAYATO
亮生「ヨッシ、やったぞ。ついにアジア目前までやってきました。NEXTREAMでお兄さんは世界タッグ。僕たちはアジアタッグ。全員がベルト巻いたらかっこいいですよね。お見せします。」
HAYATO「今日!今日のチームで一番僕たちふたりが平均年齢の若い、若造チームだったんですけど、僕たちふたり協力して、ベルトを取ります。NEXTREAMが、いや!僕たち二人が新しい道を切り開いていきたいと思います!」


第4試合 GAORA TVチャンピオンシップ前哨戦  タッグマッチ
〇葛西純&平田智也
9分27秒 反則(石川のレフェリー暴行)
石川修司&×本田竜輝

<試合後コメント>
葛西純&平田智也
葛西(平田に)「先に言いたいことを言えよ。」
平田「今日自分も全日本プロレス初参戦だったんですけど、最後あんなかたちになってまだまだ自分を出し切れなかったので。またぜひ機会があれば参戦したいですね。」
葛西「お前は本田とガッチリやっていればいいよ。・・・お〜い石川修司!意外な結末って皆さんは思ってるかも知れないけど、これは、今日の結果は葛西純からしたら
思い通りの展開だ。王道・全日本プロレスに来て相手がかしこまっていたらつまんねぇし、俺っちが来た意味がねぇってもんだよ。
おい石川修司。最後剣山?出してきてよぉ。狂ってるじゃねぇか。狂って狂って狂いまくってるじゃねぇかよ。俺っちの思惑通りだ。王道・全日本プロレスに一匹の獣が現れ、狂った道、狂道・全日本プロレスになる。
言ってることわかるか?イコール、全日本プロレスに葛西純が現れた瞬間から王道・全日本プロレスは狂道・全日本プロレスになり、デスマッチ団体になっていくってことだよ。葛西純の色に染まるってことだ。3・18、それが終わりじゃねぇ。3・18、新木場、ワンマッチ興行。そこからすべてが始まる。以上。」

石川修司
「反則負け。デスマッチ決まってるんだから通常ルールで今さら葛西純とやる意味なんかないよ。俺の方がパワーがあるのは当たり前だし、スピードだって俺の方が上だと思ってるよ。でもデスマッチは彼の、葛西純の聖域なんで。その場所に俺の体を持って挑んで、ベルトを奪うっていうのが今回の戦いだから。覚悟を持ってるんで、覚悟を持って18日、葛西純をぶっ倒してGAORAベルト、全日本に取り戻したいと思います。」

――竹串を刺されるのは初めての体験になりますか?
「初めてじゃないです。でも懐かしい・・・懐かしいって言い方は変ですけど、こんな痛みだったというのは思い出しましたよ。痛いけど。でももうすべて覚悟してるんで、18日、葛西純に「参った」と言わせて俺が勝ちたいと思います。」

――18日が終わりじゃなくて、デスマッチ団体としての全日本プロレスの始まりだと先ほど言っていたのですが?
「アハハ、あっそう。葛西純が全日本に触れられるのは18日が最後なんで、もう前にも言ったけど、全日本プロレスはデスマッチの団体じゃないから。デスマッチやるのは俺だけで充分だし、俺しかいないと思っているんで。俺がやって18日で葛西純に全日本から去ってもらいたいと思います。大丈夫ですか。ありがとうございます。」





[41] fun◇F0vgoBE. - 2021/02/24(Wed) 19:20 ID:Xyx7e6EQ  [No.110972]
連続投稿失礼します。

「2021 EXCITE SERIES」
東京・後楽園ホール
2月23日(火・祝)東京・後楽園ホール

遅くなりましたが試合中の経過やコメントです。

第5試合 6人タッグマッチ
〇ジェイク・リー&岩本煌史&TAJIRI
9分11秒 ジャイアントキリング→エビ固め
×芦野祥太郎&土肥こうじ&羆嵐

試合中、ジェイクはバックドロップを狙うが、芦野は足を刈ってアンクルロックに捕らえ、ジェイクが片足で立ち上がって外そうとするとバックを取ってジャーマン・スープレックスから再びアンクルロック。
これをTAJIRIがカットし、岩本が土肥を押し留めようとするが、なぜか土肥が岩本を芦野に向かってハンマースローし、岩本の芦野へショルダータックルをアシスト。芦野のピンチを土肥と羆嵐が静観する中、ジェイクがジャイアント・キリングを叩き込んで芦野から3カウント。

試合後、芦野は土肥&羆嵐を小突いて抗議すると、その背後から北斗が忍び寄って芦野にローブロー。3人で芦野を袋叩きにする中、児玉が入ってきて一度は芦野を救出するものの、安堵の表情を浮かべた芦野の顔面に決別のトラースキック。さらに土肥がラリアット、羆嵐がダイビングセントーンを見舞っていき、ダメージで前後不覚となった芦野がジェイクにすがりつくと、ジェイクも芦野に強烈なエルボーを見舞い、芦野をメチャクチャに踏みつける。
 これを見た岩本がジェイクを止めに入ると、ジェイクは「岩本、お前もやれよ!」と激高。岩本がなおもジェイクを止めにかかると、ジェイクも岩本に決別のエルボー。Enfants Terribles+ジェイクが芦野&岩本を袋叩きにしていき、ジェイクが芦野を場外に放り出してEnfants Terriblesの面々と握手を交わしながら退場。

 TAJIRIはこの光景を終始距離を取って静観しており、両組の退場後に少し考える素振りを見せてからEnfants Terribles側のコーナーへと退場していった。
 
<試合後コメント>
ジェイク・リー&TAJIRI&Enfants Terribles
ジェイク「俺は結果がすべてだと思っている。このチームは共感できる部分がある。正義が勝つんじゃなくて、勝つから正義なんだ。以上です。」
土肥「かっこいいな。」
羆嵐「すばらしいね。」
 *全員が立ち去ったあとに
TAJIRI「俺もなんかねぇ、面白そうだと思って付いてきちゃった(笑)。フフフフフ。」

岩本煌史
(長い沈黙のあと)「ベルトも失って、今度は信頼していた仲間に裏切られて。」



第6試合 世界タッグ選手権試合
【第88代王者組】
〇宮原健斗&青柳優馬
17分17秒 ジャーマンスープレックスホールド
【挑戦者組】関本大介&×アブドーラ・小林

<試合後リング上>
アブ小「ストップ・ザ・ミュージック!まずは、いつも大日本プロレスを応援して下さる皆さん!今日、本興行休んでこっち来たのに、負けてすいませんでした!チクショー!それと、宮原!今日のところはおめでとう。でもなぁ!けどなぁ!1勝1敗じゃねーか?俺が1回フォール勝ち、そしてノーコンテスト、そしてお前がフォール勝ち。まだまだ1勝1敗だ。まだまだ1勝1敗だ!!宮原、この大・小林コールが聞こえるか?!(※この発言を受けて初めて観衆がアブ小コールの拍手を送る)この小林コールが聞こえるか?!宮原、俺がアイル・ビー・バックするときは、またお前がターゲットだ!宮原ケンスケ!お前がターゲットだ!」
(※宮原にマイクアピールを求めるが、宮原は無視してコーナーに上ってアピール)

<試合後コメント>
宮原健斗&青柳優馬&アブドーラ小林&関本大介
宮原「OK!初防衛。そしてここだ!宮原健斗、31歳のラストマッチだ。プロレス業界の最前線を走る男。最高の男の31歳ラストマッチの方が大事だろう。アブドーラ・ザ・小林については逆に何かあります?」

――小林選手は一勝一敗を強調していましたが?
宮原「そんなもん(苦笑)。俺とあいつの間で一勝一敗なんて、そんな競ってる感じ止めろよ。競ってる感じで書くのは止めろよ、絶対に。文字でしか見ない人からしたら、まさか31歳ラストマッチを迎えた宮原健斗がアブドーラ・ザ・小林と競ってるなんて思われるのはしゃくだからな。やめてくれ、そんなの。俺の歴史をたどれば一勝一敗なんていくらでもいるから!アブドーラ・ザだけじゃないし。関係ないし。あいつマジでやめろって言っとけ!」
*ここで小林登場
小林「健介!宮原健介!一勝一敗だぞ。」
宮原「やめろ!一緒の絵を撮るな!」
小林「健介!一勝一敗だぞ!」
青柳「お先に失礼しまぁす!」
*青柳は控室に戻る
小林「結果出てるだろう。ちゃんと文字に残しておけ。一勝一敗だぞ、まだ。防衛は認める。だけど一勝一敗だ!」
*宮原も控室に戻る
小林「・・・よし、わかったようだな!チクショウ。勝ちたい試合だったね。」
関本「先輩、大丈夫ですか?」
小林「シャットダウン・ジャーマン、それは余裕だと思ってたけど、普通のジャーマンがあったか。本当に申し訳ない負けだな。(大日本プロレスの)本興行を穴開けたのにな。」
関本「でも大日魂を見せましたよ。」
小林「大日魂。これだろう。今日の会場を見たでしょう。この(大日魂と大書きされている)タオルが躍ってたでしょう。宮原のタオルとどっちが多かったかな。それも数字にして残しておけ。明らかにこっちのタオルが多かったと。大日魂が多かったと。(入場曲が聞こえてきて)三冠戦が始まるか。三冠戦よりこっちだろう。これで一勝一敗だぞ。ちゃんと文字にして、映像にも残しておけ。アーカイブも見れるようにしておけ。紙面もWEBも映像も。できればYouTubeにも残しておけ。全世界に発信しろ。有料配信以外にも見れるようにしろ。チャンピオンの宮原は俺と一勝一敗。関本、小林のマッスル&ファットですと一勝一敗。互角だと。」
関本「OK!大丈夫ですか?」
小林(額から血をしたたらせながら)「血が出てないからまだしゃべれるよ。赤い汗だよ、今日は!赤い汗だ!こんなのデスマッチの血と全然違うよ!ア〜イッテェ頭!健介!」
関本「いや違う!健斗。」


メインイベント 三冠ヘビー級選手権試合
【第63代王者】〇諏訪魔
21分34秒 バックドロップホールド
【挑戦者】×佐藤耕平

<試合後リング上>
諏訪魔「今回、三冠戦、相手が佐藤耕平選手で本当にありがたく思います。佐藤選手、ありがとうございます!もう、もう、大分もらったから目が飛ぶしさ……びっくりしたよ。あんなつえー人がいるんだなって思ったら、まだまだ日本のプロレス界も捨てたもんじゃないよね。この三冠のベルト、もう来月で取ってから1年になる。今日勝ったから、もう1年経過ってことで、いいかな?いいだろ?……お?」
(※ここでヨシタツがリングに上ってくると観衆から失笑の声が漏れる)
ヨシタツ「諏訪魔、防衛おめでとう!(※まばらな拍手)俺が掲げる“王道ストロングスタイル”……超闘魂。これを確立させるために、今すぐそのベルトが必要になった。理由は……ここで話すと長くなるから、このあと俺のバックステージコメント、俺のSNSでチェックしてください。諏訪魔!俺が今三冠巻いたら、今のこの全日本の流れ……いや、この業界の流れ、ガラッと変えられるぞ?あと諏訪魔、この今の全日本プロレスの象徴、諏訪魔、お前だな。この王道ストロングスタイル、超闘魂を掲げる俺が、三冠取ったら、これは歴史的転換点になる。それに最近、俺と諏訪魔、お前とのシングルの対戦成績は、ヨシタツの3勝0敗だ!(※まばらな拍手)ここまで言われたら、お前引き下がれないだろう?次の三冠!この俺に挑戦させろ!(※さらにまばらな拍手)」
諏訪魔「ヨシタツよぉ、お前に3連敗してるっつーのは……汚点だよ。いいよ。三冠かけてその汚名をオメー、払拭してやるよ」
(※ヨシタツがリングを降りて去っていくと諏訪魔がその背中に向けて語りかける)
諏訪魔「……お前、全日本所属なんだからよ、お前、ストロングスタイルとか言うんじゃねーよお前。今日、三冠ベルト、6度目。防衛したんで、最後『全盛期だオイッ!』で締めたいと思うんだけど、皆さんいいかな?いいでしょ?言っちゃうよ?では皆さんご起立よろしくお願いします!ヨシッ!行きます!6度目の防衛を果たした俺と、後楽園に来てくれた皆さんは、全盛期だ!オイッ!」

<試合後コメント>
諏訪魔&芦野祥太郎&岩本煌史
諏訪魔「防衛した!きつかったな。あんなエルボー、ヘッドバット、食らったことないよ(苦笑)。頑丈だった、俺も。そこだけだ。紙一重だったな。あそこでもう意識飛んでいたら終わってたんだから。強い!あんな強い人いるんだね。もっともっとやりたいよ。しかも俺より先輩でしょ、この業界。でもあの人とやれてよかったな。当たれてよかった。感謝してます。なかなか当たれなかったんだよね、今まで。やりたかったんだけどね。巡り巡ってこうして当たるっていうのはプロレス界の不思議なところだなって思いますね。やっぱ三冠戦って特別な空間だな。強い相手とやれて夢のようでした。」

――三冠の価値を高める試合をしたいと戦前から言っていましたが?
諏訪魔「途中から半分意識が飛んでいるんだよね。それはお客さんに判断してもらうのがいいよ。自分で言えねぇな。何がなんだかわかんねぇんだもん(笑)。それが三冠戦なんだって気がしてます。」

――天敵と言われるヨシタツ選手が挑戦してきましたが?
諏訪魔「三連敗してるの?汚点だよ。あんな場で言われたら汚点が増すよね。ヨシタツがああして出てきたのはもう断る理由は何ひとつないね。伸ばしてやるから。あいつはバックドロップ使うんだよな。それも気に食わなねーんだ俺。あいつのストロングスタイルのバックドロップと王道の……王道って自分で言うのもなんだけど、全日本のバックドロップ。昔から言ってるからね。こだわりがあるって。その勝負をしてやりますよ。
まぁそれとさ、ちょっと言いたいことがあるんだよ。芦野いる?おい!芦野来い!なんかお前、試合で悔しい思いをしてるんじゃないの?お前の中にそういう気持ちがあるんなら俺はいくらだって協力するよ。お前が強くなるんだろうが、俺はそう思ってるし。俺はいくらでも協力したいと思ってるんだから。」
芦野「お願いします。」
諏訪魔「もう一人いるんだよ。おい岩本!岩本も来い!お前も一番ひどいよな。あんなんでいいんか?相当怒ってるだろう?あれはねぇと俺は思ってるよ。だからよ、お前だってやりたきゃやっていいんだよ!どうなんだよ!」
岩本「やります!やります!」
諏訪魔「そうだよ。そういう場を作ってくれてもいいんじゃないの。」
岩本「試合をあいつらとやらせてほしいです。」
芦野「やらせてほしいです。」
岩本「このままじゃ終われないです。あんな野郎に負けないです。ジェイク、お前は中途半端なんだよ。結果がすべてって陣でお前は何やってたんだよ。俺はチャンピオンベルトを巻いたぞ。この前落としたけどな。お前が陣で何やったんだ。しょうもねぇコバンザメ引き連れてよ。絶対に許さない。痛い目に遭わせてやる。」
諏訪魔「怒ってるな(笑)。いいよ、燃えてきた。俺も言っちゃおうかな。俺が率先して言ったら危ないからな(笑)。」
芦野「やりましょう!」
諏訪魔「よ〜し、やろう!」

ヨシタツ
「王道とストロングスタイルを熟知したこの俺が、王道ストロングスタイル、超王道を確立する。かつて猪木さんがストロングスタイルを確立するにあたって、プロレスの王者として幾多の異種格闘技戦を行ってきた。俺もそれに倣います、3月のシリーズで俺は異種格闘技戦をやります。それにあたって、今も一応ベルトは巻いてるんだけど、それにあたって真のプロレスの王者の証。三冠が必要になった、急に。だから俺は三冠を巻いて、プロレスの王者として異種格闘技戦に臨む。そして勝利して、俺の王道ストロングスタイル、超王道というものを確立させる。ヨシタツ・キングダム、繁栄させる。ウィーキャンドゥーイット!ステイ・チューン!」


[42] fun◇F0vgoBE. - 2021/02/24(Wed) 21:00 ID:Xyx7e6EQ  [No.110973]
「2021 DREAM POWER SERIES 〜ReOStaff株式会社 presents〜」3月14日(日)後楽園大会にて世界タッグ選手権試合開催が決定。
また、「2021 DREAM POWER SERIES 〜京藤梱包運輸 presents〜」3月21日(日)京都大会にて三冠ヘビー級選手権試合&世界ジュニアヘビー級選手権試合開催が決定。


「2021 DREAM POWER SERIES 〜ReOStaff株式会社 presents〜」
3月14日(日)11:30〜東京・後楽園ホール

◆三冠ヘビー級選手権試合前哨戦 タッグマッチ
諏訪魔&佐藤光留
vs
ヨシタツ&西村修

◆世界タッグ選手権試合
【第88代王者組】宮原健斗&青柳優馬
vs
【挑戦者組】ゼウス&入江茂弘
※第88代王者組・宮原健斗&青柳優馬、2度目の防衛戦

※他、数試合予定、対戦カードは決定次第お知らせの予定。


「2021 DREAM POWER SERIES 〜京藤梱包運輸 presents〜」
3月21日(日) 17:00〜京都・KBSホール

◆世界ジュニアヘビー級選手権試合
【第54代王者】CIMA
vs
【挑戦者】イザナギ
※第54代王者・CIMA、初防衛戦

◆三冠ヘビー級選手権試合
【第63代王者】諏訪魔
vs
【挑戦者】ヨシタツ
※第63代王者・諏訪魔、7度目の防衛戦

特別参戦:三原一晃

※他、数試合予定、対戦カードは決定次第お知らせの予定。


[43] fun◇F0vgoBE. - 2021/02/24(Wed) 21:01 ID:aDrWBhQ2  [No.110974]
【2021 Champion Carnival】
「2021 Champion Carnival」出場選手が決定。

≪出場者≫

◆諏訪魔(5年連続16度目の出場/2008年優勝/2006.2012.2015年準優勝/現三冠ヘビー級王者)
◆ゼウス(8年連続8度目の出場/2016年準優勝/2020年優勝/現アジアタッグ王者)
◆宮原健斗(8年連続8度目の出場/2018.2020年準優勝/2019年優勝/現世界タッグ王者)
◆石川修司(5年連続5度目の出場/2017年優勝)
◆ジェイク・リー(3年連続5度目の出場/2019年準優勝)
◆青柳優馬(3年連続3度目の出場/現世界タッグ王者)
◆芦野祥太郎(2年連続2度目の出場)
◆土肥こうじ(初出場)
◆佐藤耕平(初出場)
◆大谷晋二郎(初出場/現NWAインターコンチネンタルタッグ王者)


【試合形式及び、得点方法】
◆2021 Champion Carnivalは、参加全10選手が4月9日大阪大会〜5月3日後楽園大会までの総当りリーグ戦、全45戦で得点を争い、最多得点者が優勝となる。
◆同点者が多数の場合は、5月3日後楽園大会にて優勝決定戦を行う。
◆公式戦は全て、PWFルールによる30分1本勝負。
※優勝決定戦は時間無制限1本勝負で行う。
◆勝ち=2点、負け=0点、時間切れ引分け=1点  両者反則・両者リングアウト・無効試合=0点


「2021 Champion Carnival」日程

4月 9日 (金) 18:00 大阪・エディオンアリーナ大阪・第2競技場【開幕戦】
4月10日 (土) 18:00 愛知・名古屋国際会議場
4月11日 (日) 18:00 新潟・万代島多目的広場(大かま)
4月17日 (土) 12:30 東京・新木場1stRING
4月18日 (日) 14:00 千葉・2AWスクエア
4月24日 (土) 12:30 東京・新木場1stRING
4月25日 (日) 11:30 東京・後楽園ホール
4月28日 (水) 18:30 神奈川・横浜市保土ケ谷公会堂
4月29日 (木・祝) 18:00 東京・後楽園ホール
5月 3日 (月・祝) 18:00 東京・後楽園ホール【最終戦】



[44] fun◇F0vgoBE. - 2021/02/27(Sat) 23:04 ID:vLilFg7.  [No.110981]
「2021 DREAM POWER SERIES 〜横浜EXTRA〜」3月8日(月)保土ヶ谷大会にてアジアタッグ選手権試合などの全対戦カードが決定。

「2021 DREAM POWER SERIES 〜横浜EXTRA〜」
3月 8日(月) 18:00〜
神奈川・横浜市保土ヶ谷公会堂


◆保土ヶ谷公会堂プロレスこけら落とし記念スペシャル6人タッグマッチ
ジェイク・リー&TAJIRI&大森北斗
vs
芦野祥太郎&岩本煌史&佐藤光留

◆アジアタッグ選手権試合
【第110代 王者組】ゼウス&イザナギ
vs
【挑戦者組】青柳亮生&ライジングHAYATO
※第110代王者組・ゼウス&イザナギ、4度目の防衛戦

◆保土ヶ谷公会堂プロレスこけら落とし記念スペシャル6人タッグマッチ
諏訪魔&宮原健斗&ヨシタツ
vs
田村男児&本田竜輝&フランシスコ・アキラ

◆保土ヶ谷公会堂プロレスこけら落とし記念スペシャルシングルマッチ
大森隆男 vs 青柳優馬

◆保土ヶ谷公会堂プロレスこけら落とし記念スペシャルシングルマッチ
石川修司 vs ブラックめんそーれ


[45] fun◇F0vgoBE. - 2021/03/07(Sun) 00:52 ID:  [No.110999]
「2021 DREAM POWER SERIES」
3月6日(土)【開幕戦】
東京・新木場1stRING
観衆150人

試合結果です。

第1試合  シングルマッチ
×フランシスコ・アキラ
7分14秒 高角度前方回転エビ固め
〇ライジングHAYATO

第2試合  タッグマッチ
ヨシタツ&×本田竜輝
8分37秒 アックスボンバー→片エビ固め
〇大森隆男&ブラックめんそーれ

第3試合  シングルマッチ
〇石川修司
8分42秒 空中胴締め落とし→体固め
×羆嵐

第4試合  アジアタッグ選手権試合& 世界タッグ選手権試合ダブル前哨戦  6人タッグマッチ
宮原健斗&×青柳優馬&青柳亮生
12分31秒 バイセップスエクスプロージョン→片エビ固め
〇ゼウス&イザナギ&入江茂弘

メインイベント  5 vs 5 イリミネーションマッチ
諏訪魔&×芦野祥太郎&岩本煌史&佐藤光留&田村男児
29分48秒 ジャイアントキリング→片エビ固め
〇ジェイク・リー&TAJIRI&大森北斗&土肥こうじ&児玉裕輔
【退場順】
[1]×田村(10分23秒、ジェイクのジャイアントキリング→エビ固め)
[2]×TAJIRI(14分13秒、芦野のアンクルロック)
[3]×光留(22分14秒、土肥のラリアット→片エビ固め)
[4][5]×諏訪魔×土肥(23分30秒、オーバー・ザ・トップロープ)
[6]×北斗(26分01秒、芦野のアンクルロック)
[7]×岩本(28分50秒、ジェイクによるオーバー・ザ・トップロープ)





[46] fun◇F0vgoBE. - 2021/03/08(Mon) 23:16 ID:  [No.111007]
「2021 DREAM POWER SERIES 〜横浜EXTRA〜」
3月8日(月)保土ヶ谷大会
神奈川・横浜市保土ヶ谷公会堂
観衆225人

試合結果です。

第1試合  保土ヶ谷公会堂プロレスこけら落とし記念 スペシャルシングルマッチ
〇石川修司
7分12秒 ファイアーサンダー→片エビ固め
×ブラックめんそーれ

第2試合  保土ヶ谷公会堂プロレスこけら落とし記念 スペシャルシングルマッチ
×大森隆男
7分13秒 逆さ押さえ込み
〇青柳優馬

第3試合  保土ヶ谷公会堂プロレスこけら落とし記念 スペシャル6人タッグマッチ
〇ジェイク・リー&TAJIRI&大森北斗
14分01秒 ジャイアントキリング→ 片エビ固め
芦野祥太郎&岩本煌史&×佐藤光留

第4試合  アジアタッグ選手権試合
【第110代 王者組】〇ゼウス&イザナギ
12分40秒 バイセップスエクスプロージョン→エビ固め
【挑戦者組】×青柳亮生&ライジングHAYATO
※ゼウス&イザナギが4度目の防衛に成功

メインイベント  保土ヶ谷公会堂プロレスこけら落とし記念 スペシャル6人タッグマッチ
諏訪魔&〇宮原健斗&ヨシタツ
20分51秒 シャットダウン・スープレックス・ホールド
田村男児&×本田竜輝&フランシスコ・アキラ



[47] fun◇F0vgoBE. - 2021/03/08(Mon) 23:17 ID:  [No.111008]
連続投稿失礼します。

【2021 Champion Carnival】
公式戦対戦カードです。

「2021 Champion Carnival」

4月 9日 (金) 18:00 大阪・エディオンアリーナ大阪・第2競技場【開幕戦】
《2021 Champion Carnival 公式戦 30分1本勝負》
諏訪魔 vs 佐藤耕平
ゼウス vs 宮原健斗
青柳優馬 vs 大谷晋二郎
石川修司 vs 土肥こうじ
ジェイク・リー vs 芦野祥太郎


4月10日 (土) 18:00 愛知・名古屋国際会議場
《2021 Champion Carnival 公式戦 30分1本勝負》
諏訪魔 vs ジェイク・リー
ゼウス vs 石川修司
宮原健斗 vs 大谷晋二郎
青柳優馬 vs 芦野祥太郎
佐藤耕平 vs 土肥こうじ


4月11日 (日) 18:00 新潟・万代島多目的広場(大かま)
《2021 Champion Carnival 公式戦 30分1本勝負》
諏訪魔 vs ゼウス
宮原健斗 vs 芦野祥太郎
ジェイク・リー vs 土肥こうじ
石川修司 vs 青柳優馬


4月17日 (土) 12:30 東京・新木場1stRING
《2021 Champion Carnival 公式戦 30分1本勝負》
諏訪魔 vs 土肥こうじ
ゼウス vs 青柳優馬
ジェイク・リー vs 大谷晋二郎
芦野祥太郎 vs 佐藤耕平


4月18日 (日) 14:00 千葉・2AWスクエア
《2021 Champion Carnival 公式戦 30分1本勝負》
ゼウス vs 佐藤耕平
ジェイク・リー vs 青柳優馬
石川修司 vs 大谷晋二郎
宮原健斗 vs 土肥こうじ


4月24日 (土) 12:30 東京・新木場1stRING
《2021 Champion Carnival 公式戦 30分1本勝負》
諏訪魔 vs 青柳優馬
宮原健斗 vs 佐藤耕平
石川修司 vs 芦野祥太郎
土肥こうじ vs 大谷晋二郎


4月25日 (日) 11:30 東京・後楽園ホール
《2021 Champion Carnival 公式戦 30分1本勝負》
諏訪魔 vs 宮原健斗
ゼウス vs ジェイク・リー
石川修司 vs 佐藤耕平
芦野祥太郎 vs 大谷晋二郎


4月28日 (水) 18:30 神奈川・横浜市保土ケ谷公会堂
《2021 Champion Carnival 公式戦 30分1本勝負》
諏訪魔 vs 大谷晋二郎
ゼウス vs 芦野祥太郎
宮原健斗 vs 石川修司
ジェイク・リー vs 佐藤耕平
青柳優馬 vs 土肥こうじ


4月29日 (木・祝) 18:00 東京・後楽園ホール
《2021 Champion Carnival 公式戦 30分1本勝負》
諏訪魔 vs 芦野祥太郎
ゼウス vs 土肥こうじ
宮原健斗 vs 青柳優馬
石川修司 vs ジェイク・リー
佐藤耕平 vs 大谷晋二郎


5月 3日 (月・祝) 18:00 東京・後楽園ホール【最終戦】
《2021 Champion Carnival 公式戦 30分1本勝負》
諏訪魔 vs 石川修司
ゼウス vs 大谷晋二郎
宮原健斗 vs ジェイク・リー
青柳優馬 vs 佐藤耕平
芦野祥太郎 vs 土肥こうじ





[48] fun◇F0vgoBE. - 2021/03/10(Wed) 21:05 ID:gvoPBJz2  [No.111009]
 全日本プロレスは10日、都内の事務所で会見を行い、3冠ヘビー級王者・諏訪魔(44)が1日付で専務執行役員に就任したと発表しました。

 東スポ情報ですが、2014年7月から15年11月まで務めた専務に、再び諏訪魔を抜てきした福田社長は「来年創立50周年を迎えるにあたり『今まで以上に全日本プロレス全体の役に立ちたい』という本人の希望がありました。また経営サイドとしても選手サイドと一丸となって50周年に向け一層リングの戦いとファンサービスを活発にしていきたいと願っていましたので、両者の思いが一致して今回の人事となりました」と期待を込めたそうです。

 諏訪魔は両国国技館や日本武道館、さらに東京ドームといった大規模会場での開催を目指しつつ、中規模会場での大会を定期的に行い、足元を固めたいとした上で「全日本プロレスで何がすごいって地方巡業に行っても『馬場さんの団体だね』っていうところで皆さんに知ってもらえているところ。じゃあ自分たちがそこにあぐらをかいていいかって言ったら、そうじゃない。そんなことしたら、すぐズッコケますよ。そこは全員分かっていると思うので、どうやって全日本を伝えていくかというところに課題があると思う」と力説。福田社長から「経営陣に入ったからといって決してリング上で一歩引かないでほしい」とくぎを刺されると「一層、頑張らなくちゃならない。来年の50周年大会は絶対に大成功させたい。そこに3冠王者として立ちたい。そのためにも頑張っちゃおうかな」と力を込めた様です。
3冠王者、そして暴走専務として、リング内外で老舗を引っ張るつもりだ…との事。


[49] fun◇F0vgoBE. - 2021/03/10(Wed) 21:06 ID:gvoPBJz2  [No.111010]
連続投稿失礼します。

21日の全日本プロレス・京都KBSホール大会での3冠ヘビー級王座挑戦を控えるヨシタツ(43)が、王者のお株を奪う暴走ぶりを発揮したそうです。

 東スポ情報ですが、10日、王者・諏訪魔(44)とともに都内の事務所で会見に臨んだヨシタツは、28日の埼玉・イコス上尾大会での内田ノボル戦を皮切りに王道のリングで異種格闘技路線をスタートさせることに触れて「猪木さんが異種格闘技をやった時はプロレスの王者として相手を迎え撃った。だから自分も、プロレスの真の王者である3冠を巻いて異種格闘技戦に臨みたい」と王座奪取を誓ったとの事。

 スーツ姿で会見に臨んだ諏訪魔から「そんなことより変な格好してる。スター気取りというか。これでいいのだろうか」と服装を突っ込まれると「安物のスーツを着ているヤツに言われたくない。上から下まで全部合わせたら100万円はするから」と反論…。

 さらにバレンシアガのジャケットを翻して「3冠を巻いた後のマニフェストを言わせてもらいます。当面、防衛戦は全日本の選手とはしません。海外で外国人を相手にします。(コロナで渡航後)2週間待機もあるので俺が巻いたらシリーズに出なくなることもあり得ますね。そして次に全日本プロレスが協賛している映画『樹海村』に出られなかった。悔しいので『ヨシタツ村』っていう映画を作ります。その為に映画関係者に聞いたらクラウドファンディングしかないとのことなので、ベルトを取ったら全日本プロレスの名のもとでクラウドファンディングをしていこうと思います」。

 プラダのサングラスを光らせながら、この公約が福田剛紀社長の了承済みだと明かすと「そして若手でもこういう格好ができるような団体にしていこうと思います」とぶち上げ、王者になったあかつきには、ポスターは常に自分を一番大きく写すように要求し「一番知名度が高いのは俺だから、それが一番営業的にプラスになる」と話した。

 大演説を横で聞いていた諏訪魔は、最初苦笑いだった表情を徐々に曇らせ、最終的には頭を抱えて「もう無茶苦茶だよ。ここでイジルとおかしくなるから、リング上で分からすしかない。これは負けられねえ…」。3冠王者として…というよりは、専務として経営サイド目線で危機感を口にしたとの事。

 意図はどうあれ、王者のメンタルが大きく揺さぶられたのは確実…。
最後に笑うのは、どちらなのか注目されます。


[50] fun◇F0vgoBE. - 2021/03/14(Sun) 15:49 ID:bDg.0hFk  [No.111017]
「特別興行 血闘 葛西純 対 石川修司 〜CRAZY MONKEY vs GIANT〜」3月18日(木)新木場大会ルールが決定。

「特別興行 血闘 葛西純 対 石川修司 〜CRAZY MONKEY vs GIANT〜」

3月18日(木)19:00〜
東京・新木場1stRING

※全日本プロレス史上初のワンマッチ興行。

◆GAORA TVチャンピオンシップ
ガラスボード&有刺鉄線ボード&TLC+αデスマッチ
【第18代王者】葛西純
vs 
【挑戦者】石川修司
※第18代王者・葛西純、2度目の防衛戦

3月18日(木)新木場大会は全席種がすでに完売したそうです。


[51] fun◇F0vgoBE. - 2021/03/14(Sun) 15:50 ID:bDg.0hFk  [No.111018]
【三冠ヘビー級選手権試合】
5月16日(日)「2021 Champions Night 〜三冠統一の地から 50周年への飛翔〜」大田区総合体育館大会にて三冠ヘビー級選手権試合、ジャンボ鶴田メモリアルマッチ開催が決定。
 

「2021 Champions Night 〜三冠統一の地から 50周年への飛翔〜」

 5月16日 (日) 16:00 東京・大田区総合体育館

★三冠ヘビー級選手権試合

★ジャンボ鶴田メモリアルマッチ

※対戦カードは決定次第お知らせの予定との事。


[52] fun◇F0vgoBE. - 2021/03/14(Sun) 15:50 ID:bDg.0hFk  [No.111019]
連続投稿失礼します。

「2021 DREAM POWER SERIES 〜ReOStaff株式会社 presents〜」
3月14日(日) 東京・後楽園ホール

試合結果です。

第1試合  タッグマッチ
土方隆司&×田村男児
7分51秒 仙人の首固め
〇イザナギ&UTAMARO

第2試合  3Wayマッチ
青柳亮生 vs ×フランシスコ・アキラ vs 〇アレハンドロ
7分02秒 ESO ES TODO→片エビ固め

第3試合  8人タッグマッチ
石川修司&大森隆男&ブラックめんそーれ&×本田竜輝
9分30秒 ラリアット→片エビ固め
TAJIRI&〇土肥こうじ&羆嵐&大森北斗

第4試合  タッグマッチ
〇ジェイク・リー&児玉裕輔
11分26秒 D4C→片エビ固め
芦野祥太郎&×岩本煌史

第5試合  三冠ヘビー級選手権試合前哨戦  タッグマッチ
諏訪魔&×佐藤光留
14分18秒 バックドロップ→片エビ固め
〇ヨシタツ&西村修

メインイベント  世界タッグ選手権試合
【第88代王者組】宮原健斗&〇青柳優馬
21分30秒 レフェリーストップ(エンドゲーム)
【挑戦者組】×ゼウス&入江茂弘
※宮原健斗&青柳優馬が2度目の防衛に成功


[53] fun◇F0vgoBE. - 2021/03/15(Mon) 11:39 ID:6MKG0Th.  [No.111022]
「2021 DREAM POWER SERIES 〜ReOStaff株式会社 presents〜」
3月14日(日) 東京・後楽園ホール

試合後のコメントです。


第4試合  タッグマッチ
〇ジェイク・リー&児玉裕輔
11分26秒 D4C→片エビ固め
芦野祥太郎&×岩本煌史

<試合後リング上>
ジェイク「岩本、俺はもっと上に行く。……さよならだ、岩本煌史」

<試合後コメント>
ジェイク・リー&児玉裕輔
ジェイク「リング上でも言った通りだ。俺はもっと上に行く。これで終わりだ。これで岩本煌史とは終わりだ。(児玉に)何かあるんじゃないのか?」
児玉「芦野くん。芦野くん。ボクと芦野くんもこれで終わり。改めましてボクたちジェイクさんのトータル・エクリプスがこのリングを月のように染め上げる。とんでもないことになりますよ。よろしくどうぞ。」

岩本煌史&芦野祥太郎
芦野「正直この前の保土ヶ谷も新木場もちょっとあばらの(ダメージの)影響でだいぶ迷惑をかけちゃったんで。もう見ての通りテーピングもゆるんできたんでいけます。もうチャンピオン・カーニバルに照準を合わせているんで、そこでジェイクとやるんで。必ずその借りは返す。開幕戦で。あともうひとつ言っておくぞ。ジェイク。そしてその他のやつら。羆嵐、土肥。お前らはジェイクの下なんだよ。わかるか?アンファン・テリブルでやってた時はチゲーよ。誰が下とかはねぇよ。みんな並んでやってたよ。それが俺のアンファン・テリブルでのポリシーだから。ただトータル・エクリプス?チゲーぞ。ジェイクのワンマンだぞ。同期だから言うぞ。ジェイクの下でずっとやっていけ。お前らはジェイク以上は行けないから。あいつと組んでいる以上、ジェイクの上はねぇんだよ。そこだけよ〜く覚えておけ。それで立ち回りを考えろ。」
岩本「俺もよぉ、言っただろう?最初から答えは決まってるって。そのままだよ、ジェイク。お前の元に行くかよ。さっき芦野も言ったようにジェイク以下だよ、全員。ジェイクの下に降ってるんだよ。全員フリーなんだろ?芦野もフリーだよ。芦野は上を目指して三冠狙ったり、ひとりでやってるんだろう?そこの違いだよ。コバンザメどもがよぉ。
それからジェイク、何回(下につく)チャンスくれるんだよ。やってく自信がないのか?また来年になったら違うユニットか?振り切ってやってみろって言うんだよ。この借りは必ず返すからよ。4月、とりあえずチャンピオン・カーニバル開幕戦で、大阪で芦野がこの借りを返してくれると思うから。ただ間違えんなよ。芦野もひとりだ。アンファン・テリブルでひとりだ。俺はアンファン・テリブルじゃないし、陣でもないし、トータル・エクリプスでもないし、諏訪魔さんに助けてもらってエヴォリューションでもない。俺は岩本煌史ひとりだ。ひとりで上を目指していくんだ。それは芦野も同じだからな。ここは間違えんじゃねぇぞ。以上だ。」



第5試合  三冠ヘビー級選手権試合前哨戦  タッグマッチ
諏訪魔&×佐藤光留
14分18秒 バックドロップ→片エビ固め
〇ヨシタツ&西村修

<試合後リング上>
ヨシタツ「皆さん今日はどうもありがとうございました!諏訪魔!お前が俺に要求したバックドロップ対決、今日は俺の完勝だ!あと、京都で俺は三冠を巻いた暁には、3つのマニフェストを必ず実現する!1、全日本プロレスの海外進出。2、映画『ヨシタツ村』の制作。3、全日本プロレスのイメージアップだ!今日、この後楽園ホールで革命のファンファーレが鳴り響いた!ウィー・キャン・ドゥー・イット!」

<試合後コメント>
諏訪魔
「今日はしてやられたな。ダメだな。調子に乗らせたな。調子に乗ったヨシタツはめんどうくせえんだよ。シングル3連敗は汚点だな。立て直します。」

ヨシタツ
「もうね、リング上で言ったけど諏訪魔から要求してきたバックドロップ対決。完全今日は俺の勝ちだよね。諏訪魔の目の前で佐藤を投げて、完全に俺の勝ちだよね。21日はヨシタツの対諏訪魔シングル4連勝によって俺が三冠チャンピオンにならせてもらいます。第64代かな?その暁には3つのマニフェスト。全日本の海外進出。映画『ヨシタツ村』の制作、全日本のヨシタツによるイメージアップ大作戦。これを展開していこうと思いますんで。
今日、革命ののろしは上がったよ。ヨシタツ革命のファンファーレは今日鳴り響いた。本気で全日本プロレスを変えていくからね。他の人とは違うやり方だけど、今俺が言っているのは全日本プロレス所属選手の中でこの俺、ヨシタツだけしかできないことだから。俺は我が道を行かせてもらうよ。チャンピオン・カーニバルに出ないというのはそれだけの覚悟があるんだから。全日本プロレスの大改革。業界全体に革命を起こします。ウィーキャンドゥーイット!ステイチューン。」



メインイベント  世界タッグ選手権試合
【第88代王者組】宮原健斗&〇青柳優馬
21分30秒 レフェリーストップ(エンドゲーム)
【挑戦者組】×ゼウス&入江茂弘

<試合後リング上>
青柳「ありがとうございました!……ちょっと待って。ウォエッ!ゴボッ!(※ダメージからか激しくえずき、宮原が心配そうに歩み寄る)」
宮原「大丈夫かオイ?!」
青柳「うるさい!……ちょっと、ウォエッ!ゴボッ!」
宮原「ホントに大丈夫かそれ?!そんな時間取らなくていいよお前!」
青柳「ごめん。ありがとう。アンタも十分時間使ってたけどね?まあ、OK!NEXTREMEが2度目の防衛したぞ!どうだ!そこのゼウスファン!(※会場を見渡してゼウスの『人生は祭り』タオルを掲げるファンを見つけて指差しながら)そこの人生は祭り!」
宮原「おい、やめろやめろ」
青柳「勝ったぞオイ!わりぃなぁ〜。ゼウスさんに勝っちまったよ!おぉ、そこにもいたな!ざまーみやがれ(笑)今回、ベルト防衛して、来月はチャンピオン・カーニバルがありますね。世界タッグチャンピオンとして今年のチャンピオン・カーニバルに出場します。そそして、さっき発表があったと思うけど、大田区で2年ぶりのビッグマッチ、三冠戦やるって言ってましたよね?……誰も期待してないでしょ、青柳優馬がメインに立つことなんて。(※会場から拍手が起きる)いい、いい!そのまま期待しなくていい!そのまま期待しなくていいよ。俺がチャンピオン・カーニバルもらって、大田区のメインも俺がもらうからな。そういうわけで、あまり期待しないで下さい。以上です」

宮原「2度目の防衛ッ!せぇ〜こぉ〜っ!」
青柳「ウォエッ!ゴボッ!ゴホッ!」
宮原「ちょっとぉ?!大事だから、間が!皆様今日は最後までご声援をありがとうございました!全日本プロレスも、3月は残すところ21日の京都大会で、あの男と初遭遇します。あの男とは誰だと思いますか?……トータル……?(※名前をど忘れしたためか、奥田リングアナに名前を確認しに行く)TOTAL ECLIPSE!ジェイク・リーと初遭遇だ!今、この全日本プロレスで最も旬な男と、旬が過ぎ去った男であるかのような宮原健斗が初遭遇だ。みんな!3月21日の京都大会もチェックしてくれ!そして28日、埼玉上尾大会!NEXTREMEスペシャル!メインイベントではなんと!NEXTREMEの4メンバー、宮原健斗、青柳優馬、青柳亮生、ライジングHAYATOのタッグマッチ。HP情報によると、抽選で行われるらしい!それだけだ!俺からは3月の情報はこんなもんだ!そして!4月9日からはチャンピオン・カーニバルが開催されます。皆様の心の中の優勝候補は……誰ですか!皆様の心の中の正直な声を聞かせてくれ!心の中の正直な声を聞かせてくれ!(※宮原コールを表す3・3・7拍子が起きる)……満場一致で宮原健斗です!また、3月21日、3月28日と続きますが、皆様と会場でお会いできることを楽しみにしています!最後に!後楽園ホールの皆さんに聞きたぁ〜い!全日本プロレス、最高ですかァ〜!?まだまだまだまだ!全日本プロレス、最高ですかぁ〜?!OKラスト!全日本プロレス、最高ですかァ〜ッ?!後楽園ホール、最高ッ!」

<試合後コメント>
宮原健斗&青柳優馬
青柳「V2達成!なんとかあの脳筋野郎に勝ったぜ。次はチャンピオン・カーニバルで1対1であの脳筋野郎を仕留めてやるよ!まだまだ世界タッグ選手兼も前哨戦だ。ゼウス覚悟しておけ!脳筋野郎!・・・以上!」
宮原「おい!V2だ、V2。青柳優馬、V1。宮原健斗、V1。そこに意味があるんじゃないかな。V3は果たして誰が来る?おそらくチャンピオン・カーニバルの後だろうな。3月俺にとって大事な京都に帰る。いま俺にとってはタッグ選手権だろうがシングルのリーグ戦だろうが、そんなの関係なく今から全国、いたるところに全日本プロレスが「お帰りなさい」をする。
次は3月21日京都、全日本プロレスが帰ってくるぞ。3月28日全日本プロレスはNEXTREMEスペシャルだ。いったい何が行われるかは全日本プロレスのホームページ、SNSを要チェックしておいてくれ。
そして4月だ。チャンピオン・カーニバル、メンバー見たよ。総当たり戦というのがキーマンだな。総当たり戦だな。だがまだ俺にはチャンピオン・カーニバルが見えていない。まだ3月終わってないからな。俺はそうやって一歩一歩進んできた。これまでもこれからもそうだ。リーグ戦はどんな試合だろうが、俺は何も変わらない。そうですよね?」

青柳「だね。次、トータル・ジェイクリプスだっけ?楽しみですね。まぁそうですね。やっぱり結果がすべてだと思ってるんで。正義が勝つんじゃなくて、勝ったやつが正義。以上です。・・・エレーことになるぞ!全日本プロレス、エレーことになるぞ!」



[54] fun◇F0vgoBE. - 2021/03/18(Thu) 20:30 ID:diZMdfQ6  [No.111036]
「特別興行 血闘 葛西純 対 石川修司 〜CRAZY MONKEY vs GIANT〜」
3月18日(木) 東京・新木場1stRING
(ワンマッチ興業)
観衆:150人

試合結果です。

GAORA TVチャンピオンシップ ガラスボード&有刺鉄線ボード&TLC+αデスマッチ
【第18代王者】×葛西純
28分41秒 ジャイアントスラム→片エビ固め
【挑戦者】〇石川修司
※石川修司が第19代王者となる



[55] fun◇F0vgoBE. - 2021/03/19(Fri) 12:46 ID:L4nSUrIs  [No.111037]
「特別興行 血闘 葛西純 対 石川修司 〜CRAZY MONKEY vs GIANT〜」
3月18日(木) 東京・新木場1stRING
(ワン・マッチ興業)

試合後のコメントです。

GAORA TVチャンピオンシップ
ガラスボード&有刺鉄線ボード&TLC+αデスマッチ
【第18代王者】×葛西純
28分41秒 ジャイアントスラム→片エビ固め
【挑戦者】〇石川修司

<試合後リング上>

 死闘を終えて両者がリング上で大の字になる中、李日韓レフェリーが石川にベルトを渡そうとすると葛西がガバリと起き上がって李日韓レフェリーからベルトを奪い、石川の肩にかけてそのまま去っていこうとする。石川はマイクを取ってその背中に語りかける。

石川「葛西さん、あなたとデスマッチが決まってからメチャメチャ毎日この日のことばかり考えていました。プロレスも非現実の世界ですけど、デスマッチファイターはやっぱりスゴイ。尊敬する存在で、その中でもデスマッチのカリスマ……いや、神様。そのデスマッチの神様・葛西純とデスマッチルールで戦えて嬉しかったです」

 すると葛西が花道に上がってきて石川とロープを挟んで向かい合い、マイクを取る。

葛西「おい、修司よ。負けた人間がペラペラ喋るのは好きじゃねーんだけど、歴史的なこの興行だ。喋らせてもらうよ。おい、修司よ。オレっちはデスマッチのカリスマでも、神様でもねーよ。まだまだ発展途上だ。まだまだ伸びしろがあるんだよ。勝ったのはお前なんだから堂々としてろ。オレっちなんて持ち上げるな。あと全日本プロレス!ちょっと昔に誰かが言ったな。『プロレスラーってもんは、笑わせて三流、感動させて二流、見る者の人生を変えてこそ一流だ』ってな。その言葉が正しいのなら、この全日本プロレスの歴史を狂わせた葛西純こそ超一流プロレスラーじゃねーのかオイ!おい、全日本プロレス、こんな超一流プロレスラーを、今日負けたくらいで放っとくわけねーよな?……修司、デスマッチは最後かも知れねーけど、お前となら普通のプロレスでも十分な刺激を与えてくれそうだ。また遊んでくれよ」

 葛西が去っていくと石川が深々と頭を下げ、リング中央で観衆に向き直る。

石川「葛西純が価値を跳ね上げたベルト、メチャメチャ重いベルトになりました。でも、俺は俺のやり方でこのベルトをもっと価値のあるベルトにしていきます。今日は、たくさんのご来場ありがとうございました!若い奴らがセコンドについて『もしかして俺たちデスマッチさせられるの?』って思ったかも知れないですけど、大丈夫、させないから(笑)全日本プロレスはデスマッチじゃないんで。ただ、今日の葛西純といい、他のデスマッチ団体も体を張ってスゴい試合をしています。でも!全日本プロレスは、一番面白い団体に、俺がしていきます!明日にでも、なんなら……いや、デスマッチはやらないですけど、いつでも血でも流して体を張って、この団体を一番面白い団体にしていく!だから、皆さん、また全日本の会場でお会いしましょう!今日はありがとうございました!」


<試合後コメント>

石川修司
「なんか昔覚えてた、デスマッチハイっていうか。最初は痛くて痛くてたまらなかったけど、なんか、その痛みが幸福なのか快感なのか分からないけど、それに変わる瞬間。葛西純のおかげで、なんかね、自分の年齢を考えたら大人しくしてていいかなっていうのがあったんだけど、葛西純っていうエネルギーを前にして、『あぁ、そんな必要ないな』って。もっとギラギラしていいんだって教えられた気がします。でも、リング上で言ったとおり、デスマッチは、もう全日本所属として最後って言ったんで。だからこそ今日お客さんもたくさん来てくれたと思うんで。だから、嘘は言わずに、違うことでこのGAORA TVのベルトの価値を上げて、全日本を一番面白い団体にしていきたいと思います」

――ファンも声を出せない中でのデスマッチをやってみていかがでしょうか
「途中で声は聞こえてきましたけど、正直僕も途中から入ってきた人間だから、『王道とは』って言われたら、俺は分からないし。ただ、一番面白いものを見せられる団体ではいたいと思ってるんで、俺が全日本にいる間はずっと全日本を一番面白い団体だってことを伝えたいと思うんで、外野の声は無視して、それを追究していきたいなと思います」

――リング上で「葛西純が価値を跳ね上げたベルト」と仰っていましたが、そのベルトを背負っていく思いは
「僕もね、デスマッチは4年ぶりくらいだったかな?やっぱり、それも昔になって、今は所属として全日本の一員になって頑張ってるんで。もし、フリーで全日本のリングに上がりたい、名を上げたい。そういう奴がいたら、俺はどんどん着て欲しいと思ってるんで、面白いやつがいたら、無差別でもジュニアでも関係ないから。このベルトをかけて戦ってやりたいなと思ってます。だから、フリーでもいいし、他団体だったらその団体の許可取らないといけないかもしれないけど、どんどん来てもらって、全日本のリングでこれかけて俺と勝負したい奴、ここまで……(※宛先などのテロップを指差すような仕草)誰かが(テロップを)入れてくれるはずだから、ここまで。待ってます。決めるのはPWFなのかな?俺じゃないんだけど、助力はしますんで」


[56] fun◇F0vgoBE. - 2021/03/21(Sun) 20:38 ID:wq643VX2  [No.111039]
「2021 DREAM POWER SERIES 〜京藤梱包運輸 presents〜」
3月21日(日) 京都・KBSホール
観衆:387人

試合結果です。

第1試合  シングルマッチ
×フランシスコ・アキラ 
8分14秒 ラ・マヒストラル
〇児玉裕輔

第2試合  6人タッグマッチ
石川修司&大森隆男&×ブラックめんそーれ
11分06秒 捕獲式腕ひしぎ逆十字固め
芦野祥太郎&〇佐藤光留&田村男児

第3試合  タッグマッチ
〇ゼウス&三原一晃
9分40秒 フェースロック
岩本煌史&×本田竜輝

第4試合  8人タッグマッチ
宮原健斗&青柳優馬&青柳亮生&×ライジングHAYATO
16分52秒 D4C→片エビ固め
〇ジェイク・リー&TAJIRI&大森北斗&羆嵐

第5試合  世界ジュニアヘビー級選手権試合
【第54代王者】〇CIMA
11分43秒 スパルタンカット→片エビ固め
【挑戦者】×イザナギ
※CIMAが初防衛に成功

メインイベント  三冠ヘビー級選手権試合
【第63代王者】〇諏訪魔
27分14秒 バックドロップホールド
【挑戦者】×ヨシタツ
※諏訪魔が7度目の防衛に成功





[57] fun◇F0vgoBE. - 2021/03/22(Mon) 10:16 ID:5pOefa3w  [No.111042]
21日の全日本プロレス・京都大会で、3冠ヘビー級王者・諏訪魔(44)が、ヨシタツ(43)を下し7度目の防衛に成功しました。

 東スポ情報ですが、総合格闘家の所英男と練習を行い岩石落としを封じる新技「ヨシタツ+(プラス)」を開発するなど並々ならぬ決意で挑んできたヨシタツの猛攻に苦しめられる場面もあった諏訪魔だが、最後はこだわりの岩石落とし固めできっちり投げて3カウントを奪った。

 これで、昨年3月の戴冠から目標としていた1年が経過。春の祭典「チャンピオン・カーニバル(CC)」(4月9日、エディオンアリーナ大阪・第2競技場で開幕)を控え「まずヨシタツに勝って、CCも優勝で大田区大会のメインに立つ!」と次なる目標を設定していたがその第一歩を踏み出した。このまま有言実行で5月16日に東京・大田区総合体育館で開催される今年最初のビッグマッチに臨めるか注目されます。


[58] fun◇F0vgoBE. - 2021/03/22(Mon) 18:54 ID:/edjukJQ  [No.111045]
【世界ジュニアヘビー級選手権試合】「2021 Champion Carnival」4月25日(日)後楽園大会にて世界ジュニアヘビー級選手権試合の開催が決定。

「2021 Champion Carnival」
4月25日 (日) 11:30 東京・後楽園ホール

世界ジュニアヘビー級選手権試合
【第54代王者】CIMA
vs
【挑戦者】佐藤光留
※第54代王者・CIMA、2度目の防衛戦


既報カード
《2021 Champion Carnival 公式戦 30分1本勝負》
諏訪魔 vs 宮原健斗

ゼウス vs ジェイク・リー

石川修司 vs 佐藤耕平

芦野祥太郎 vs 大谷晋二郎


※他、数試合予定、対戦カードは決定次第お知らせの予定との事。



[59] fun◇F0vgoBE. - 2021/03/28(Sun) 07:16 ID:OUILKurc  [No.111054]
参戦試合の結果です。

ゼロワン
『第19回奉納プロレス・大和神州ちから祭り〜プロレスオールスター 大チャリティー祭り〜』
3月27日(土)東京・靖国神社相撲場
観衆:2280人(満員)

〈第8試合〉高須クリニック presents 全日本プロレス提供試合 タッグマッチ30分1本勝負
[Evolution]○諏訪魔&田村男児
16分40秒 バックドロップ→体固め
石川修司&×本田竜輝


[60] fun◇F0vgoBE. - 2021/03/28(Sun) 21:20 ID:BZYGqyjI  [No.111060]
遅くなりましたが参戦試合のコメントです。

ゼロワン
『第19回奉納プロレス・大和神州ちから祭り〜プロレスオールスター 大チャリティー祭り〜』
3月27日(土)東京都・靖国神社相撲場

〈第8試合〉高須クリニック presents 全日本プロレス提供試合 タッグマッチ30分1本勝負
[Evolution]諏訪魔&田村男児 vs 石川修司&本田竜輝

<試合後コメント>

石川修司&本田竜輝
石川「靖国神社、こんな場所でプロレスができるなんて思ってなかったんで。この本殿に来たのは、自衛隊のいとこが結婚した以来で、ちょっと神聖なる気持ちでやらしてもらって。あとは勝てたら最高の一日だったのになあ、本田」
本田「はい」
石川「この間、保土ヶ谷でね、諏訪魔さんにぶっ潰されて、今日も挑んで、それでやられたけど、1個1個成長してると思うんで。今日はウチらの団体のお客さん以外もたくさん来ていると思うんで、その中で全日本プロレスっていう印象を残せてたらいいなと。またプロレスもみんなの力でこうやって盛り上がって、世の中を明るくしていきたいというのには賛同しているんでね。本当にいい大会だったけど、勝てればさらによかったなって感じですね。 ありがとうございました」
本田「ありがとうございます。ああ、クッソ!」


諏訪魔&田村男児
諏訪魔「おーし。おし。完勝だろ。『全日本プロレス、ここに在り』っつーのを見せたかったしね。まあ、相手が石川修司だったらもうやるしかねえだろうって腹括ってやったけど、いやぁキツい相手だったな。でもね、この靖国神社という舞台でね、奉納プロレスができたっていうのは、もう感無量ですよね。感動しました。素晴らしいですね。俺もまだ全日本プロレスでも素晴らしいものを提供していきたいと思いますね。いい刺激もらいました」
田村「初めて靖国神社で試合ができたというのはとてもいい経験ができたと思うので凄いありがたく光栄でした。神聖な場所でプロレスができるというのはなかなか無いんで。とてもありがたかったです。今日は本当にありがとうございました」
諏訪魔「お前ッ!綺麗事ばっかり言ってんじゃねーよお前よお前!」
田村「すいません」
諏訪魔「ホンットにお前よ、普段の道場の試合じゃねーかよお前!」
田村「すみません」
諏訪魔「あんなの道場だよお前!」
田村「道場っすか?」
諏訪魔「そうだよお前。道場でやってるのと一緒だよお前。お前どこでも一緒のことやってんじゃねーよお前!ミッチリ教えてやる。来いお前コノヤロー!来い!」
田村「はい」


[61] fun◇F0vgoBE. - 2021/03/28(Sun) 21:21 ID:BZYGqyjI  [No.111061]
連続投稿失礼します。

「2021 DREAM POWER SERIES 〜NEXTREAMスペシャル〜」
3月28日(日) 埼玉・イコス上尾
観衆:127人
第1試合 シングルマッチ

試合結果です。

〇児玉裕輔 
7分41秒 十字固め
×フランシスコ・アキラ

第2試合 本田竜輝 試練の七番勝負 〜高校からレスリングを始めた僕が、老舗プロレス団体に飛び込みで参戦を直訴し、 正式入団を果たしたのちに、トップ選手への階段を登るための試練の七番勝負 第三戦〜
×本田竜輝 
6分33秒 アンクルロック
〇芦野祥太郎

第3試合 タッグマッチ
石川修司&〇岩本煌史
8分39秒 孤高の芸術→片エビ固め
大森隆男&×ブラックめんそーれ

第4試合 王道ストロングスタイルへの道 〜異種格闘技戦〜
〇ヨシタツ
3R 0分39秒 ヨシタツ幻想(ファンタジー)
×内田ノボル

第5試合 6人タッグマッチ
諏訪魔&佐藤光留&×田村男児 13分33秒
D4C→片エビ固め
〇ジェイク・リー&TAJIRI&大森北斗

メインイベント PREMIUMタッグマッチ 〜NEXTREAMスペシャル〜
宮原健斗&×ライジングHAYATO
18分05秒 レフェリーストップ(エンドゲーム)
〇青柳優馬&青柳亮生



[62] fun◇F0vgoBE. - 2021/04/02(Fri) 15:42 ID:  [No.111064]
【5.16大田区大会】ジャンボ鶴田メモリアルマッチの一部参戦選手が決定。
 

5月16日(日)「2021 Champions Night 〜三冠統一の地から 50周年への飛翔〜」

大田区総合体育館大会にて行われるジャンボ鶴田メモリアルマッチに越中詩郎選手、仲野信市選手、高杉正彦選手の参戦が決定。


「2021 Champions Night 〜三冠統一の地から 50周年への飛翔〜」
5月16日 (日) 16:00 東京・大田区総合体育館

★三冠ヘビー級選手権試合

★ジャンボ鶴田メモリアルマッチ

特別参戦選手:越中詩郎選手、仲野信市選手、高杉正彦選手

※対戦カードは決定次第お知らせの予定との事。



[63] fun◇F0vgoBE. - 2021/04/02(Fri) 15:43 ID:  [No.111065]
1日、都内某所にて全日本プロレスが記者会見を実施し、全日本プロレスの練習生“斉藤兄弟”斉藤ジュン&斉藤レイが5月16日の大田区総合体育館大会でデビューすることが発表されたそうです。

 双子である斉藤兄弟は、宮城県出身の1986年12月19日生まれ。学生時代をアメリカで過ごした後に兄弟揃って大相撲・出羽海部屋に入門し、8年間力士として活躍した後に引退。そして2020年12月に行われた全日本プロレスの公開プロテストに合格し、兄弟揃って練習生となった。
 兄の斉藤ジュンは、身長193cm&体重109kg。弟の斉藤レイは身長192cm&体重119kgと未来の全日本プロレスのヘビー級戦線を牽引していくことを期待された大型新人。
 全日本プロレスが8年ぶりに大田区総合体育館で開催するビッグマッチでのデビューが決まった斉藤兄弟を諏訪魔が呼び込み、2人がその意気込みを語った。


斉藤ジュン
「斉藤ジュンです。5月にデビューさせていただくということで、大変嬉しく思います。一度は相撲を諦めた自分ですが、こうしてまたチャンスをもらえたことを光栄に思います。これから弟と2人、全日本プロレスで立派なプロレスラーを目指してがんばります!宜しくお願いします!」


斉藤レイ
「斉藤レイです!これから兄と2人、切磋琢磨して一生懸命頑張っていきます!宜しくお願いします!」

――これからデビューしプロレスラーとなることが決まりましたが、目標とする選手はいらっしゃいますか
ジュン「目標とする選手は、全日本プロレスの宮原健斗選手です!」
レイ「目標とする選手は、全日本プロレスの石川選手と諏訪魔選手です!」

――諏訪魔選手から2人の見た強みはどのようなところでしょうか
諏訪魔「2人の練習を見ていて、気持ちがまず強いなというのが1つ。あと、見るからに身体もデカいし、顔もカッコいいよね。それだけでもう将来楽しみだなと思いますね。身体がデカいっていのは一番の武器だと思うんで、全日本らしい闘いができるレスラーになってもらいたいなと思います」

――斉藤兄弟のお2人にお聞きしたいのですが、現時点での武器はなんだと思いますか
ジュン「自分はやはり相撲を長年やってきたので、タックルだとか身体でぶつかっていく技を得意技にしたいと思っています」
レイ「自分も兄と同じく相撲を長年やってきましたので、やはり身体をぶつけるタックルのような大きい技を生かしていきたいと思います」

――ベルトの獲得など、具体的な目標はありますか
ジュン「とりあえずは、一番でも多く先輩方レスラーに勝てるように頑張って、そこからベルトを目指したいと思います」
レイ「兄と同じで一歩ずつ進んでいきたいと思います」

――ご兄弟ということでお互いをよく知っていると思うのですが、それぞれの長所を言い合っていただけますか
ジュン「弟の長所と言いますと、身体が自分より大きいので、それを活かしたプロレスラーになってほしいなと思います」
レイ「兄の長所といったら、自分よりも気持ちが強いところと、体力がスゴイあるので、それを活かしてほしいと思います」


[64] fun◇F0vgoBE. - 2021/04/02(Fri) 15:44 ID:  [No.111066]
連続投稿失礼します。

1日、都内某所にて全日本プロレスが『2021 Champion Carnival』についての記者会見を行い、出場全10選手が並び立ちました。

 チャンピオン・カーニバル(以下:CC)は、全日本プロレスで春の風物詩として行われるシングル最強の選手を決めるリーグ戦。
 昨年はコロナ禍による大会自粛により延期となり9月〜10月にかけて開催されたが、今年は例年通り“春の風物詩”として復活。今月9日のエディオンアリーナ大阪大会より開幕し、5月3日の後楽園ホール大会で最終戦を迎える。

今年は、諏訪魔、ゼウス、宮原健斗、石川修司、ジェイク・リー、青柳優馬、芦野祥太郎(フリー)、土肥こうじ(フリー)、佐藤耕平(フリー)、大谷晋二郎の10選手が出場。今年は1リーグの総当たり戦形式で実施される。

 バトルニュースの情報ですが、初出場の大谷は、「僕はプロレスラーになる前から大のプロレスファンですから!歴史のあるCCに出場できること、本当に嬉しく思います!」と喜びのコメント。さらに、CCの歴史をそらですらすら語り「どうですか、詳しいでしょ?(笑)めちゃくちゃCC大好きですからね、僕!」と終始笑顔。

 しかし、CC初戦で大谷と対戦する青柳は「大谷晋二郎のCC参戦が発表されたとき『マジかよ』って思いましたね、正直。『あぁ、全日本プロレスもついにCCにネタ枠を呼んだんだなぁ』と思って。まあ、初戦がネタ枠なんで、1本はもらったかなって感じなんで、ありがたいですね」と大谷を“ネタ枠”呼ばわり。
 さらに宮原も「(大谷と)僕は10年前くらいにタッグマッチで闘って会ったことあると思うんですけどね、だいぶ老けましたね。そのへんビックリしてますね」と挑発した。

 これを受けた大谷は笑顔を崩さず、メチャメチャ気持ちが楽になったと言うか。僕はこの全日本プロレスのそうそうたるメンバーの中で、ちょっと浮いてますよね。『CCを大谷が盛り上げてくれ!』って意味で選抜されたと思ってたのよ。今聞いたら、“ネタ枠”みたいなんで、すごい気持ちが楽でリングに上がれるなと思いましたね。楽しみたいと思います!」と返したとの事。

 今年のCCには昨年7月にZERO1を退団しフリーとなった佐藤耕平も参戦しており、「大谷さんと同じでまさかこんなに早いタイミングで試合をするとは思ってなかった」と感想を漏らす。そして、大谷がイジられていたことについて「こうやってイジられたあとの大谷さんって結構おっかないんで、気をつけます……」と小声で語ったそうです。


[65] fun◇F0vgoBE. - 2021/04/02(Fri) 15:49 ID:  [No.111067]
『2021 Champion Carnival』出場10選手記者会見の模様です。
まずは各選手が意気込みを述べ、その後はマスコミからの質疑応答の時間が設けられました。


▼土肥こうじ(フリー/初出場)

 芦野の“Enfants Terribles”に新加入する形で全日本プロレスへのレギュラー参戦を勝ち取った土肥。ふてぶてしい態度やラフファイトが目立つものの、全日本の大型選手に真っ向から打ち勝てるそのパワーは本物であり、“TOTAL ECLIPSE”の用心棒として君臨。初出場の今季CCでのダークホースと目されている。

「CC初出場。やはり俺が今までやってきたことが通用しないとかっていうことは微塵も思わねえから。1つ1つやっていくだけだよ。もちろん手段は選ばない。以上」

▼芦野祥太郎(フリー/2年連続2度目の出場)

 元WRESTLE-1王者であり、団体の活動休止から自らのユニット“Enfants Terribles(アンファン・テリブル)”をそのまま率いて全日本に外敵として襲来した芦野。諏訪魔との三冠戦など“王道”のプロレスに触れたことで次第に感化されていき、今年2月には絆に亀裂が生じたアンファンの仲間たちから追放される憂き目に。自身のユニットを乗っ取る形で“TOTAL ECLIPSE”を結成したジェイクへの復讐も含め、1人でEnfants Terriblesを継続していく決意を固めた芦野の飛躍にも期待が持たれている。

「Enfants Terriblesの芦野祥太郎です。2020年のCCも出させていただいたんですけど、結果が振るわず。今年は必ず“結果”というところにこだわって挑みたいと思っております。以上です」

▼青柳優馬(3年連続3度目の出場/現世界タッグ王者)

 青柳はアジアタッグ戦線でその存在感を発揮し続けてきたが、正パートナーであった野村直矢、兄貴分であった宮原との決裂もあり伸び悩む時期が続いた。しかし昨年2月に宮原の持つ三冠王座に挑戦したことを契機にみるみるその力を増していき、前代未聞の“陰湿レスラー”の側面を押し出しプチブレイク。復縁した宮原との世界最強タッグ優勝&世界タッグ王座戴冠を果たし、シングルでの結果も出すべく今季のCCには人一倍意気込んでいる。

「青柳優馬です。タッグチャンピオンですけど、チャンピオンとしてこのCCに出場しますので、世界タッグチャンピオンの名に恥じないような闘いをして優勝したいと思います。とにかくお客さんには、青柳優馬には期待していただかないように宜しくお願いいたします。以上です」

▼石川修司(5年連続5度目の出場/2017年優勝/現GAORA TV王者)

 今年3月に葛西純と“王道マットでのデスマッチ”という禁断の王座戦を行いGAORA TV王座を奪取し勢いに乗っている石川。2017年のCC優勝後には初の三冠王座奪取を実現しており、今シリーズでの爆発力に期待が持たれている。

「葛西純から獲ったこのGAORA TVのチャンピオンとして、このGAORA TVのチャンピオンがこのCC優勝したら面白くなるし、このベルトの地位を上げることで全日本プロレスが面白くなると思うんで、優勝して帰ってきたいと思います。宜しくお願いします」

▼諏訪魔(5年連続16度目の出場/2008年優勝/2006年、2012年、2015年準優勝/現三冠ヘビー級王者)

 現三冠ヘビー級王者であり今年3月から専務執行役員となった諏訪魔。三冠王者として臨んだ昨年のCCでは、開幕戦から負傷した左腕に集中攻撃を受けて連敗し優勝戦線から一番最初に脱落するなど苦杯を喫した。昨年3月に最多戴冠記録更新となる7度目の戴冠を果たしてから1年以上三冠王を守り続けている諏訪魔は今年のCCで雪辱を果たすことが出来るのかに注目が集まっている。

「今年のCCはですね、三冠王者として優勝したいですね。完全制覇したいですよ。個人的に優勝も2008年から無いということなんで、久々に優勝したいと思いますね。頑張らせていただきたいと思います。ハイ!」

▼佐藤耕平(フリー/初出場)

 耕平は昨年7月にZERO1を退団してフリーとなり、今年1月から全日本に参戦。2月にはいきなり諏訪魔の持つ三冠へ挑戦を果たし、惜しくも敗れたものの日本人大型選手同士の重厚な肉弾戦を展開し全日本ファンに強い印象を残した。世界ヘビー級王座を最多タイの5度戴冠した実力を全日本マットでも発揮できるのかどうかに期待が集まっている。

「今回、初出場するんですが、それ以上にシングルで初の選手がほとんどなので、楽しみです」

▼大谷晋二郎(ZERO1/初出場/現インターコンチネンタルタッグ王者)

 “熱血プロレスティーチャー”大谷晋二郎がついにCC初参戦。現在のZERO1の象徴として団体を牽引し、今年3月には全20団体、総勢54選手が参戦した靖国神社奉納プロレスも大成功に導いた。その魂から発する灼熱が王道のリングにどのような化学反応を起こすのかに注目が集まっている。

「ZERO1、そしてホットジャパンの大谷晋二郎です。歴史のあるCCに出場できること、本当に嬉しく思います。このCC、大谷晋二郎の名を残せるよう、一生懸命頑張りたいと思います!宜しくお願いします!」

▼ジェイク・リー(3年連続5度目の出場/2019年準優勝)

 恵まれた体格と才能を持ちながら伸び悩んでいた“悩める天才”ジェイクは、闇落ちし“TOTAL ECLIPSE”を結成したことでそのカリスマ性を開花。絶対的な強さと独特の色気を醸し出すようになり、今シリーズでの優勝候補筆頭との呼び声も高い。

「やることは1つ。優勝だけです。以上です」

▼宮原健斗(8年連続8度目の出場/2018年、2020年準優勝/2019年優勝/現世界タッグ王者)

 昨年3月に諏訪魔へ三冠王座を明け渡してから王座戦戦より遠ざかっていた宮原だが、青柳優馬との世界最強タッグ優勝から世界タッグ王座戴冠を果たし再点火。2019年以来のシングル頂点獲りを宣言している。

「宮原健斗です。今回のCCですね、僕自身のテーマをずっと考えていたんですけど、ここ1年、チャンピオン、三冠ベルトから遠ざかっていまして、自分自身に問いただしたところですね、この1年、マスコミへの露出も減り、非常に僕自身、ちょっと忘れ去られてるし、この自分自身、“全日本プロレスのエース”という地位にちょっと落ち着いているなと僕自身感じたので、ここ数年、『全日本プロレスが盛り上がればいいかな』と、僕自身の気持ちの中で少しあったんですけど、ここ最近の全日本プロレスの動きを見てたら、その時代は終わったなと。全日本プロレス、弱肉強食の時代がやってきたと思ってるんで、本気で僕はこのCCでまずは、“全日本プロレスのエース”というものを、名乗るのを今回でやめようと思います。このCCが終わる頃にファンの皆さんがまた“エース”と呼んでくれるのであれば、それはそれでいいでしょう。ただ、このCC開幕戦から、“全日本プロレス”のエースを名乗るのを止めます」

▼ゼウス(8年連続8度目の出場/2016年準優勝/2020年優勝/現アジアタッグ王者)

 昨年のCCでジャンボ鶴田、スタン・ハンセンに次ぐ3人目の全勝優勝を達成したゼウスは“PURPLE HAZE”の最前線でその豪腕を振るいアジアタッグ王座戴冠を果たすなどその勢いを増している。CC連覇から再び三冠戴冠を為すことができるのかに期待が持たれている。

「ハイ!皆さんこんばんは!ゼウスです!昨年度はね、優勝したんですけれども、今年も新たな気持ちで、こういう時期にこのような濃いメンツでCC、できるのが本当に楽しみですね。今年は去年と違ってリーグが1つということで。9試合あるんで、皆さんと当たれるのがすごい楽しみなんでね、一戦必勝の気持ちで挑みたいと思います。以上です!」

<質疑応答>
――今年のCCは1リーグで10人総当りとなります。皆さんそれぞれ気になる選手はいらっしゃいますか
土肥「シングルで初めて闘うっていう人間が多いから全員だけど、あとは前列に座ってる(諏訪魔、石川、宮原、ゼウス)この全日本プロレスの顔と言われる奴らと戦って、手段を選ばず勝つ」

芦野「シングルで初めてやる選手もたくさんいますので、まずはそこが自分の中でも山場になってくるのかなと思うんですけど、あとは、やはり諏訪魔さん。三冠に2回挑戦して2回とも完敗してるので、今回またシングル、三冠戦ではありませんが、やりますので勝ちたいなと強く思っています。以上です」

青柳「4月9日の開幕戦で当たる大谷晋二郎さんが気になるかなと。最近、後楽園ホールとかの会場でも出場選手がバーンバーンバーンって(スクリーンで)発表されるじゃないですか。最後の最後に『大谷晋二郎!』って出たときに、『マジかよ』って思いましたね、正直。『あぁ、全日本プロレスもついにCCにネタ枠を呼んだんだなぁ』と思って。まあ、初戦がネタ枠なんで、1本はもらったかなって感じなんで、ありがたいですね。以上です」

石川「初対戦の人も多いんですけど、佐藤耕平選手と“ツインタワーズ”でずっと組んだりしてきて、まだ1回もシングルマッチやったことがないんで、非常に楽しみです。どっちが破壊力あるか試したいと思います」

諏訪魔「気になる選手っていうと、全員気になってるんですけどね、特に気になるのは大谷選手ですね。この間、佐藤耕平との三冠戦もあったんですけど、そこから、なんかこう、気になるものがあるんですよね。その先にまた大谷さんの匂いというかね、何かを感じるんですよね。そこは闘ってみて確かめてみたいなと思いますね。なにか自分にとってプラスになるものがあるのかも知れない。そういう気持ちでいます」

耕平「まあ、ほとんどが初なんで、全員っちゃ全員なんですけど、強いて挙げるとジェイク選手ですかね。ちょっと掴み所がないと言うか。ハイ」

大谷「CC、“ネタ枠”の大谷晋二郎です。みんなが言う通り、初めて当たる選手がほとんどなので、みんなと言えばみんななんですけど……先程から皆さんのコメントを聞いていると、『皆さん冷静な選手が多いんだなあ』『ギャーギャー騒ぐ人いないんだな』っていう気持ちと同時に、僕ねぇ、臭うんですねえ。プンプン臭うんですよ。熱い臭いが!冷静な顔からプンプンプンプン臭ってくるんですよねぇ!このCCが終わったときに、ホットジャパンを名乗る選手が全日本プロレスから出てきてるんじゃないかと、そう思います。臭うんですよねぇ〜!今の所、恐らく、2人から臭ってます。もっと増えるかも知れません。楽しみです!」

ジェイク「特にいません。以上です」

宮原「やはりですね、もう僕ね、CC開幕戦で記憶の中では勝ったこと無いなじゃないかなって。優勝候補は開幕戦で負けるっていうジンクスがあるんで、隣にいるね、大阪といえばゼウス。開幕戦で、ゼウス。間違いなく身の削り合いのような試合になるのは今までの戦いを見たらわかると思うんですけど……大阪・ゼウス・開幕戦。ねぇ、この3つをとっても僕が負ける要素プンプンするので、ここがポイントになるでしょうね。ファンの皆さんもこれを見て、『誰と誰が闘うのが楽しみ』とかSNSで盛り上がっているのを見て、また僕も開幕まで楽しもうと思ってますけどね」

ゼウス「ハイ!今回出場する選手、みなさんそれぞれに実は思い入れがある選手ばっかりなんで、すべての試合が楽しみで、1つ1つ課題を持ってやろうと思っているんですけれども、隣で、健斗さんがすごい熱い思いを語ってくれたんで、自分も熱い思いを申し上げると、初戦、開幕戦、この宮原健斗。全力で試合をして、最高の試合をして、必ず勝ちたいと思います!いつもね、宮原健斗選手とは熱い試合ができるんでね、その中でもベストと言われる試合を大阪でして、勝ちたいと思います!」

――大谷選手、最近の全日本プロレスの印象、CCの印象を教えて下さい
大谷「ファンの時代から大のプロレスファンですから。このCC、確か1973年スタートじゃないですかね。ジャイアント馬場さんが優勝されて。恐らく、間違ってるかも知れないですけど、CCが始まった年、73年、僕72年生まれなんで。CCが始まった年にこの世に生まれたのはこの中で僕だけじゃないですかね?それほど僕の中で勝手に思い入れを持っていますので。CC……ジャイアント馬場さん、アブドーラ・ザ・ブッチャーさん、ジャンボ鶴田さん、ブルーザー・ブロディ!数々の名選手がCCで熱い戦いを繰り広げました。多しか80年代に数年間なかった時代があったと思うんですけど、90年代に入って、91年、ジャンボ鶴田さんが優勝されて、そこから四天王時代ですかね。どうですか、詳しいでしょ?(笑)めちゃくちゃCC大好きですからね、僕!この中で恐らく、プロレスラーでありながら、ダントツで僕がプロレスファンだと思うので、そういった勝負もしていきたいなと思います!」

――大谷選手、今の全日本プロレスの選手の評判で伝わってくるものはありますか
大谷「もちろん、これは強がってもしょうがない。皆さんから聞くところによると、本当に熱い戦いで全日本プロレスのリングは盛り上がってる。それは僕も重々承知しています。でも僕はプロレスファンの気持ちで、ある意味CCに出るんですから、四天王がいて、ジャンボ鶴田さんがいて、スタン・ハンセンがいて、ブルーザー・ブロディがいて、ジャック・ブリスコがいて、そういった名レスラーがひしめき合っているリングに上がるんだと。そういった気持ちで僕はリングに上がりたいと思います。プロレスファンがCCに挑戦していきたいと思います!」

――ゼウス選手、今年はCC連覇がかかっていますが、CCに向けたなにか特別な練習などはされていますか
ゼウス「まず、連覇ということは全然正直意識していないです。『今年のCCを優勝するぞ!』と。去年優勝したとか、そういうことは頭から一つ離して。今年は新たなCCに挑むと、そういう気持ちでやっていきます。毎年1月にタイトルマッチが終わるとCCに向けて準備を進めるんですけど、これまでやってきたとおりに僕は努力を欠かさずやって、その結果を出したいと思います」

――宮原選手、先程『エースを名乗らない』と語られていましたが、なぜそのような心境に至ったのでしょう
宮原「全日本プロレスが変化していく中で、僕は客観的に見ていても、全日本プロレスの歴史を見た中で、恐らく大きく変化しているときだと思うんですよ。最近の流れを見ていても、分かりやすく言えば、ポスターに宮原健斗、諏訪魔が大きく載っていると。もしかしたらそのCCで、その当たり前の景色が変わっちゃうんじゃないかっていう危機感をここ数ヶ月で感じているんですね。当たり前が変わる。だから僕はこのCCで横一線になっちゃう可能性が大だと思ってるんですよ。だからこそ僕がエースを名乗っていても、ファンには響かないかも知れないし、そういう意味でまず僕はエースの名を取って、ここからまた1からのつもりで僕は全日本プロレス……さっき言った弱肉強食ってのは、ここ一番でポスターに一番デカく載るだろうし、大田区でチャンピオンシップに挑戦できるかもしれない。この大一番で全日本プロレスでの立ち位置が決まるんですね。あと、ちょっとね、大谷晋二郎さんを、多分僕は10年前くらいにタッグマッチで闘って会ったことあると思うんですけどね、今画面で見たら、だいぶ老けましたね。そのへんびっくりしてますね。名古屋で当たるんですけどね」

――大谷選手、宮原選手からは『老けてる』、青柳選手からは『ネタ枠』と言われてしまいました
大谷「なんて言うんでしょう、メチャメチャ気持ちが楽になったと言うか。僕はこの全日本プロレスのそうそうたるメンバーの中で、ちょっと浮いてますよね。僕と耕平ぐらいじゃないですかね。『CCを大谷が盛り上げてくれ!』って意味で選抜されたと思ってたのよ。今聞いたら、“ネタ枠”みたいなんで、すごい気持ちが楽でリングに上がれるなと思いましたね。楽しみたいと思います!」

――土肥選手、佐藤選手、CC初出場となりますが、CCへの印象は
土肥「CC、子供の頃から見てたしな。まあ、俺はキャリア10年で、10年やってきたことをすべてぶつけるって意味で、自分のプロレス人生の中でかなり大きな転機になると思ってるよ」

耕平「まあ、リーグ戦って基本的にはしんどい闘いだと思うんですけど、その中でもキツいというか。リーグ戦になるかなと思ってます」

――青柳選手、今年のCCでは唯一の20代です。優勝すれば最年少記録更新となりますが、これについてはどう思われますか(※最年少記録はジャンボ鶴田の29歳1か月)
青柳「今、記者の方から25歳と言っていただいて嬉しい限りですね。見た目が老けているのでどうしても若く見られないんですよ。それが悩みでして。まあでも、唯一の20代ということで、CCの歴史を塗り替えることができるのは僕1人ってことになりますから。それも今ちょっと言われたんで、後付けになっちゃいましたけど、意識しちゃいましたね。25歳で優勝して記録を塗り替えたいですね」

――諏訪魔選手、三冠王者でCCを制覇するというのは難しいことで、過去に達成した人も少ないのですが、今大会に三冠王として臨む意気込みは
諏訪魔「三冠チャンピオンでCC優勝するっていう高い目標を設定したいですよね。それはモチベーションですよね。常に追われる立場なんで。目標に向かっていく、そのモチベーションも一つ、大事だと思います」

――宮原選手、先程『エースとはもう名乗らない』と仰っていましたが、以降はなんと表記するのでしょうか
宮原「(※東京スポーツ記者の質問に対して)いや、まずね、東京スポーツに関しても、僕の記事の扱いが小さい。チャンピオンを降りてから。そういうところで追い詰められて、エースというものを名乗るのがちょっと自分自身心苦しくなってきた。あなたたちのせいでもあるんですよ。各マスコミの皆さんにも、やはりSNSをエゴサーチしてもちょっと色々言われるし、マスコミの皆さんの扱いも小さいし、『すごいいい試合したのに』と思うこともあったしね。そういう部分で、なんかこのCCでね、久しぶりの感覚なんですよね。ハングリーな感じですね。『大きく誌面に載りたい!』と、そういう感じ!」

――大谷選手、耕平選手、全日本プロレスのCCという舞台でシングルで闘うということについてどう思われますか
大谷「耕平がZERO1を離れて、僕もいつかまた闘うときが来ると分かってはいたんですけど、『こんなに早く来たのか!』という気持ちはありますね。もしかしたら耕平は、ZERO1のときの大谷晋二郎は優しいイメージかも知れないですけど、次耕平と闘うときは『お前の知ってる優しい大谷晋二郎じゃないぞ』という気持ちで、前に立ちたいと思います」

耕平「大谷さんと同じでまさかこんなに早いタイミングで試合をするとは思ってなかったですけど、会見のときとかに、こうやってイジられたあとの大谷さんって結構おっかないんで、気をつけます……」

――耕平選手、このCCでは石川選手とのツインタワーズ対決も実現しますが、これについてはいかがでしょう
耕平「強さだったりとかはもう十分わかってるんで。楽しみです」

――諏訪魔選手、『今回優勝して大田区での挑戦者を指名したい』という言葉もありましたが、今その相手は浮かんでいますか
諏訪魔「自分の中ではありますよね。イメージはバッチシあるんですけど、ただ、この場ではまだ言えないな。ナイショです!」

――ゼウス選手、大阪でのCC開幕は気持ちでプラスになるでしょうか
ゼウス「大阪で開幕っていうのはゲンがいいことで、正直、大阪で宮原健斗、次の日に名古屋で石川修司、次の試合は新潟で諏訪魔。この3つが初っ端の山場になるんかなと思って。こうやって集まるだけでその気持ちがふつふつとみなぎってくるんですけど、まずは大阪、宮原健斗。ここは自分の一番大好きな場所なんでね、その場所で、こんな時期でも応援しに来てくださる皆さんに対して恩義を返せるように、必ず熱い試合をして勝ちたいと思います!」


[66] fun◇F0vgoBE. - 2021/04/09(Fri) 21:27 ID:  [No.111074]
「GAORA SPORTS presents 2021 Jr. BATTLE OF GLORY」開催決定及び、5月6月大会の日程が決定。

全16選手参加の2daysトーナメント
「GAORA SPORTS presents 2021 Jr. BATTLE OF GLORY」の開催が決定。
6月2日にて一回戦、6月3日にて準々決勝、準決勝、優勝決定戦を開催。


また、5月21日「2021 Champions Night 〜新木場EXTRA〜」では

「丸山敦デビュー20周年記念特別試合」を開催!

その他の対戦カードは選手入場をもってカード発表の予定との事。


5月日程

「2021 Champions Night 〜新木場EXTRA〜」
5月21日 (金) 18:30 東京・新木場1stRING
◆「丸山敦デビュー20周年記念特別試合」開催決定!

◆対戦カードは、大会当日の選手入場をもって発表の予定との事。



6月日程

「GAORA SPORTS presents 2021 Jr. BATTLE OF GLORY day1」
6月 2日 (水) 18:30 東京・新木場1stRING


「GAORA SPORTS presents 2021 Jr. BATTLE OF GLORY day2」
6月 3日 (木) 18:30 東京・新木場1stRING
※6月2日にて一回戦、6月3日にて準々決勝、準決勝、優勝決定戦を開催。

「2021 DYNAMITE SERIES 」

6月 9日 (水) 18:00 東京・後楽園ホール

6月19日 (土) 17:00 富山・ボルファートとやま

6月20日 (日) 14:00 長野・キッセイ文化ホール 中ホール(松本)

6月30日 (水) 18:00 東京・後楽園ホール



[67] fun◇F0vgoBE. - 2021/04/09(Fri) 21:28 ID:  [No.111075]
連続投稿失礼します。

「2021 Champion Carnival」開幕戦
4月9日(金)大阪・エディオンアリーナ大阪・第2競技場
観衆457人

試合結果です。

第0試合 #1  6人タッグマッチ 
岩本煌史&◯佐藤光留&田村男児
8分01秒 捕獲式腕ひしぎ逆十字固め
青柳亮生&×ライジングHAYATO&大瀬良泰貴

第0試合 #2 6人タッグマッチ
大森隆男&×ブラックめんそーれ&フランシスコ・アキラ
6分47秒 体固め
TAJIRI&〇大森北斗&児玉裕輔

第1試合 タッグマッチ
ヨシタツ&×本田竜輝
9分44秒 仙人の首固め
〇イザナギ&ボディガー

第2試合  2021 Champion Carnival 公式戦
〇石川修司[1勝=2点]
9分09秒 空中胴締め落とし→体固め
×土肥こうじ[1敗=0点]

第3試合  2021 Champion Carnival 公式戦 
×諏訪魔[1敗=0点]
10分49秒 ジャーマンスープレックスホールド
〇佐藤耕平[1勝=2点]

第4試合  2021 Champion Carnival 公式戦
×青柳優馬[1敗=0点]
9分51秒 袈裟斬りチョップ→エビ固め
〇大谷晋二郎[1勝=2点]

第5試合  2021 Champion Carnival 公式戦
〇ジェイク・リー[1勝=2点]
3分44秒 D4C→片エビ固め
×芦野祥太郎[1敗=0点]

メインイベント  2021 Champion Carnival 公式戦
〇ゼウス[1勝=2点]
18分16秒 ジャックハマー→片エビ固め
×宮原健斗[1敗=0点]



[68] fun◇F0vgoBE. - 2021/04/10(Sat) 09:45 ID:CnWaBuvM  [No.111076]
全日本プロレス春の祭典「チャンピオン・カーニバル」が9日の大阪大会で開幕し、前年度覇者のゼウス(39)が宮原健斗(32)との優勝候補対決を制し連覇へ好発進しました。

 東スポ情報ですが、出場10選手の総当たりリーグ戦で行われる今年のCC開幕戦でいきなり実現した天王山。互いに譲らない一進一退の攻防が続き、宮原の猛攻を受けたゼウスだったが、最後は渾身のジャックハマーを決めて3カウントを奪ってみせた。

 開幕前に「大阪で開幕なのはゲンがいい。大好きな大阪でこんな時期でも応援に来てくださる方々に対して、恩返しできるように必ず勝ちたいと思っています」と決意表明していたゼウスが、有言実行の白星発進。新型コロナウイルス感染再拡大により「まん延防止等重点措置」が適用されている地元・大阪で、ジャイアント馬場、スタン・ハンセン、鈴木みのる以来史上4人目の連覇達成へ向け最高のスタートを切った。

 また3冠ヘビー級王者の諏訪魔(44)はCC初出場の佐藤耕平(43=フリー)に敗北。2月後楽園大会のV6戦の雪辱を許し、まさかの黒星発進となりました。


[69] fun◇F0vgoBE. - 2021/04/10(Sat) 23:44 ID:k2dTEemc  [No.111077]
「2021 Champion Carnival」
4月10日(土)愛知・名古屋国際会議場
観衆412人

試合結果です。

第1試合  ジュニアスペシャル6人タッグマッチ
〇佐藤光留&田村男児&フランシスコ・アキラ
8分39秒 腕ひしぎ逆十字固め
×イザナギ&青柳亮生&ライジングHAYATO

第2試合  6人タッグマッチ
大森隆男&岩本煌史&×ブラックめんそーれ
5分40秒 体固め
TAJIRI&〇大森北斗&児玉裕輔

第3試合  タッグマッチ
〇ヨシタツ&崔領二
7分34秒 ヨシタツ症候群(シンドローム(仮))
×本田竜輝&大門寺崇

第4試合  2021 Champion Carnival 公式戦
〇青柳優馬[1勝1敗=2点]
エンドゲーム 9分22秒
×芦野祥太郎[2敗=0点]

第5試合  2021 Champion Carnival 公式戦
×佐藤耕平[1勝1敗=2点]
4分52秒 人殺しラリアット→エビ固め
〇土肥こうじ[1勝1敗=2点]

第6試合  2021 Champion Carnival 公式戦
〇ゼウス[2勝=4点]
10分41秒 フェイスロック
×石川修司[1勝1敗=2点]

第7試合  2021 Champion Carnival 公式戦
〇宮原健斗[1勝1敗=2点]
13分23秒 ブラックアウト→片エビ固め
×大谷晋二郎[1勝1敗=2点]

メインイベント  2021 Champion Carnival 公式戦
〇諏訪魔[1勝1敗=2点]
18分23秒 ラストライド→体固め
×ジェイク・リー[1勝1敗=2点]



[70] fun◇F0vgoBE. - 2021/04/11(Sun) 22:10 ID:4xy64NDo  [No.111080]
「2021 Champion Carnival」
4月11日(日)新潟・万代島多目的広場(大かま)
観衆515人

試合結果です。

第1試合  ジュニアスペシャル6人タッグマッチ
〇佐藤光留&田村男児&フランシスコ・アキラ
8分43秒 バックドロップ→片エビ固め
イザナギ&×青柳亮生&ライジングHAYATO

第2試合  本田竜輝 試練の七番勝負 〜高校からレスリングを始めた僕が、老舗プロレス団体に飛び込みで参戦を直訴し、 正式入団を果たしたのちに、トップ選手への階段を登るための試練の七番勝負 第四戦〜
〇岩本煌史
7分55秒 チキンウイングアームロック
×本田竜輝

第3試合  6人タッグマッチ
ヨシタツ&大森隆男&×ブラックめんそーれ
7分50秒 体固め
TAJIRI&〇大森北斗&児玉裕輔

第4試合  2021 Champion Carnival 公式戦
〇ジェイク・リー[2勝1敗=4点]
8分10秒 D4C→片エビ固め
×土肥こうじ[1勝2敗=2点]

第5試合  2021 Champion Carnival 公式戦
〇石川修司[2勝1敗=4点]
11分13秒 エビ固め
×青柳優馬[1勝2敗=2点]

第6試合  2021 Champion Carnival 公式戦
×宮原健斗[1勝2敗=2点]
12分11秒 アンクルロック
〇芦野祥太郎[1勝2敗=2点]

メインイベント  2021 Champion Carnival 公式戦
×諏訪魔[1勝2敗=2点]
19分52秒 ジャックハマー→片エビ固め
〇ゼウス[3勝=6点]







[掲示板へ戻る] [前100] [最新50]
処理 記事No パスワード

お名前
E-mail
コメント
URL
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色