[掲示板へ戻る]

ノア2020年TVマッチ(6月以降)

[1] fun◇YtKXN/LQ - 2020/06/08(Mon) 02:32 ID:  [No.110438]
コロナの影響で会場での開催が未定ですが、6月以降のTVマッチなどのレスを作成しました。良かったら活用して下さい。


王者・潮崎豪と挑戦者・齋藤彰俊のGHCヘビー級選手権を「ABEMA」独占配信。 ABEMAテレビマッチ最大の試合数でお届けする 『NOAH “GO FORWARD” powered by ABEMA』は 6月14日と21日 2週連続配信決定 〜特別ゲストに6.14山田邦子さんと6.21松井珠理奈さんが出演〜


▼ABEMA『NOAH “NEW HOPE” Day2』
 //bit.ly/2MdHpz0

 ■ABEMA『NOAH “GO FORWARD” Day2 powered by ABEMA』 番組概要
6月14日(日)よる19時〜23時
ABEMA格闘チャンネル
//abe.ma/3gzZx42

 
▼GHCヘビー級選手権試合
(第33代選手権者)潮崎豪 vs 齋藤彰俊 (挑戦者)
第33代選手権者の2度目の防衛戦。

▼スペシャル6人タッグマッチ
武藤敬司&丸藤正道&望月成晃 vs 清宮海斗&谷口周平&モハメドヨネ

▼GHCナショナル選手権試合
(第2代選手権者)中嶋勝彦 vs 井上雅央 (挑戦者)
第2代選手権者の初防衛戦。

▼6人タッグマッチ
杉浦貴&桜庭和志&レネ・デュプリ vs マサ北宮&稲村愛輝&征矢学

 

■ABEMA『NOAH “GO FORWARD” Day2 powered by ABEMA』 番組概要
6月21日(日)よる19時〜23時
ABEMA格闘チャンネル
//abe.ma/3gzZx42


[5] fun◇YtKXN/LQ - 2020/06/08(Mon) 02:53 ID:  [No.110444]
連続投稿失礼します。

DDT
WRESTLE PETER PAN 2020【DAY2】
6月7日(日) DDT TV SHOWスタジオ

試合後のコメントです。

第六試合 30分一本勝負
HARASHIMA&丸藤正道 vs MAO&朱崇

【試合後のコメント】
HARASHIMA 久しぶりのハラシマルフジで、今回はガッチリ勝つことが出来ましたよ。ボクたち久しぶりに組むんだけどね、連携はバッチリで!
丸藤 そうですね。また組めばまた何か新しいものが生まれると思うし。以前タッグのベルトを持っていたときよりも……確かに俺たちは40を越えているかも……あ、(HARASHIMAは)40を越えているかどうか知らないけど、40を越えていたとしても! でも俺たちはまだまだ進化しているんで。そんな二人がまた出会ってしまえば、さらなる化学反応が起きてしまうのは必然なんで。まぁ相手にとってはちょっとね、可哀想な部分があったかもしれないけども! 朱崇花ですか? あれ面白いですね!
HARASHIMA まぁ、はい。いい選手ですね。
丸藤 MAOはたぶん以前やったことがあると思うんで、いい選手っていうのは分かっていたけど。朱崇花は人の顔をガンガン蹴りやがって!
HARASHIMA ハハハ、そうっすね。
丸藤 やりたいならシングルでもやってやるけど、やりたいなんてひと言も言ってないからやらない!
HARASHIMA そうっすね! まだまだね、お客さん入れての興行っていうのはまだ出来ないかもしれないですけど、ボクたちはいつでも準備出来ているんでね。もう早く状態がよくなって、たくさんのお客さんの前でもハラシマルフジやりたいっすね!
丸藤 そうですね! 本当に! 日本全国のプロレスファンが待っていると思うので、日本全国のプロレスラーも本当に皆さんの前でやれることを待ち望んでいます。楽しみにしていますよ!
HARASHIMA はい。皆さんもプロレスを応援し続けてください!
丸藤 どうです、この40越えて爽やかさ! これが一番の強味ですよ。


MAO 見たか! 俺の足首の完治具合を。捻挫はな、百戦錬磨なんだよ。実際さ、足首折れたまま試合したことあるじゃん?
朱崇花 あるー。
MAO 意外といけちゃうもんだよね。
朱崇花 意外といけると思いますよ。
MAO プロレスラーは強いんですよ。いや、そんなことはどうでもいいよ。とりあえず元気ですってことを言いたかったんで。何かこのチーム、おだずなよ(仮)……やっぱりいいね。
朱崇花 やっぱり……でも何か久々!
MAO 久々だよ! 俺がイギリス行く前の話だからね。
朱崇花 DDTさんも朱崇花のこと、放っておくから。
MAO ね、放っておくな! ブッキングしろ! ギャラはなくていいって。
朱崇花 なんで! 高いから。
MAO ウソ!?(苦笑)
朱崇花 数ヶ月ぶりにシングで動いたわけ、今日。
MAO 我闘雲舞とかは?
朱崇花 (リングではなく)マットだから。ちょっとあんまり……ダメなことだけど、感覚を取り戻せなかったままな感じがあったから……。
MAO 言い訳するんじゃねぇよ!
朱崇花 何?
MAO プロってなんだ! プロってなんだよ!
朱崇花 違う違う! これだけは言わせて。相手! ちゃんと考えて。
MAO うるせぇ! プロってなんだ! プロってなんだよ! 言ってみろ!
朱崇花 いっつもこうやって。大崎市の分際で……(苦笑)。
MAO プロってなんだ! 言ってみろ!
朱崇花 うるさいよ。
MAO プロフェッショナルの略だー! 以上ー!
朱崇花 何言ってんの? 終わりでいいの?
MAO よくない! いいかオイ! 俺たちのタッグはな、いまもKO-Dタッグ王者より強ぇぞ! 気持ちだけはな(一人で控室へ)。
ーー丸藤選手と初遭遇だったが。
朱崇花 いやぁ……もうさっきも言ったけど数ヶ月ぶりのリングでの試合が、天才・丸藤正道。そしてHARASHIMAさんってことで、何かね……私もここ最近はちょっといろんなことがあったので、ちょっと本当に……いまが試練だなって時期なんですけど。これを乗り越えたらきっと……きっと谷があると思うので。この試練と真っ向勝負で向き合っていって、これからも精進していきたいなと思います。そしてDDTさんも気が向いたらって言ったら、いつになるか分からなそうなので(苦笑)、定期的にでもいいので私を呼んでいただけたら嬉しいなと思います。きっとDDTファンの皆さんも、私のことが好きな人が多いと思うので(笑)。私もDDTさんが好きなので、また出られたらいいなと思います。
ーー丸藤選手は「やりたければシングルでやってやる」と言ってましたよ。
朱崇花 スミマセン、私ってその場だと調子の乗っちゃう部分があるので(苦笑)、ちょっとあまり……よく覚えてないですけどね! 試合後とかのことはあまりよくは覚えてないですけどね。でもね埼玉栄でしたっけ、丸藤さんって。記憶が正しければ栄のレスリング部だったみたいなんで。私も仙台育英っていうところのレスリング部だったりするので、ちょっと最初レスリングを仕掛けてみたりしたんですけど、やっぱりリングに立てば私は誰が相手でもぶっ倒してやるっていう気持ちのみでやっている部分はあるので。ぜひシングルということであれば、場所がどこでもやってやりたいなと……「やりたいです」じゃなくて「やってあげたいな」と思います。



[6] fun◇YtKXN/LQ - 2020/06/11(Thu) 06:56 ID:M0hUcD4E  [No.110450]
「NOAH In The Spotlight」
6月10日(水)ノア特設アリーナ
※無観客試合

試合結果です。

6人タッグマッチ
小峠篤司&大原はじめ&吉岡世起×
13分45秒 パワープラント→片エビ固め
ケンドー・カシン&◯カズ・ハヤシ&NOSAWA論外

タッグマッチ
清宮海斗&岡田欣也×
11分49秒 ストゥーカスプラッシュ→片エビ固め
覇王&仁王◯

6人タッグマッチ
小川良成&鈴木鼓太郎&HAYATA◯
18分45秒 首固め
原田大輔&×タダスケ&YO-HEY


[7] fun◇YtKXN/LQ - 2020/06/11(Thu) 20:18 ID:M0hUcD4E  [No.110451]
「NOAH In The Spotlight」
6月10日(水)ノア特設アリーナ

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第1試合
ケンドー・カシン&カズ・ハヤシ&NOSAWA論外 vs 小峠篤司&大原はじめ&吉岡世起

【試合後の論外&カズ&カシン】
▼論外「こまった…ホントにこまった! ホントに来た!」
▼カズ「(論外と同じくリデットエンターテインメントの)執行役員だから!」
▼論外「そ、その話はやめよう。いろいろ二次災害が起こるから…。個人的な我々の会社のことは、ここで出すことじゃないと思うから。二次災害が起こるから」
▼カズ「俺の気持ちとしては、レスラーとしてまたここでやっていく」
▼カシン「え? 大丈夫? カズが来たら、また潰れるぞ?」
▼論外「…(苦笑) キレがなかったっすね」
▼カシン「キレがなかった。(カズに)太った?」
▼カズ「はい…いろいろ…蓄積です! ステイホームです!」
▼論外「先輩(カシン)は何やってたんすか?」
▼カシン「俺はいいんだけど…(※カズに)何やってたんだよ? 社長として」
▼論外「これが二次災害だよ…」
▼カシン「だから何やってたんだよ!? 社長として! 酒飲んでただけだろ」
▼カズ「な、なんてこと言うんですか!? 僕の気持ちも分からないで」
▼論外「でも毎週三茶行ってたじゃないですか」
▼カズ「い、一緒に行ってたのはNOSAWA君じゃないですか!」
▼論外「俺が潰したんですか!?(笑) 俺がWRESTLE-1潰したんですか?」
▼カズ「違う。それはすべて俺の蓄積です」
▼論外「……いやもう、これでノア、破壊します。二人、来ちゃったから…。ノアジュニア…いや! ノアを破壊しましょう、ウン」
▼カシン「(※カズを指差しながら)ハングリーさが無いんじゃないのか?」
▼論外「我々はもう安定を求めてリデットエンターテインメントで執行役員として…」
▼カズ「俺はレスラーとして次にどうやって生きていくか、というところを見せていきます」
▼カシン「どうやって生きていくんだ?」
▼カズ「模索中」
▼カシン「だから会社潰れるんだよ」
※カシンは一人去っていく
▼論外「二次災害だ。まさに二次災害だ…。まぁどうだろ。いいんじゃないですか、ノアジュニア、こんなのも。ただ、もうグチャグチャだね。二次災害だよ。来たことによって災害。ただ、俺たちコミュニケーションはとれそうな気がするから。いいんじゃないですかね? (※カズに)どうでしたか?」
▼カズ「約2ヶ月ぶりの試合だったんだけど…一ヶ月間、社長からプータローになって。だけど社長としての3年間で色々と積み重ねてきたもの。いろいろ勉強できたことがあるから。それをレスラーとしてぶつけていきますよ。確かにカシンさんに言われた通りかもしれない。でも、その後どうやって俺がカンバックしていくか。それを見せてやりますよ」
▼論外「相手(FULL THROTTLE)については今日、俺は何もないね。今日は対戦相手というよりは、同じコーナーの二人と試合してたから。その差じゃない? 全開でもなんでもない。まぁ、こっちは二次災害だから。他のチームはかまってやられない」
▼カズ「しかし吉岡っていうのは無礼だね」
▼論外「そこはお任せしますよ、カズさんに。俺はケンドー・カシンで精一杯」
▼カズ「吉岡に鉄拳制裁です。人の気持ちが分かってない」

 
第3試合
鈴木鼓太郎&小川良成&HAYATA vs 原田大輔&タダスケ&YO-HEY

【試合後の原田】
――HAYATA制裁モードだったが…
▼原田「最後逃げたな、あいつな! 最後“ちょんぼ"して、あんな勝ち方して。それで面白いんか、あいつは! おうHAYATA!! もっとやろうやんけ! 逃げんなや! 俺たちから逃げんなHAYATA! もっとボコボコにしたるわ! ちょんぼで勝って何がうれしいんじゃお前! もっともっと俺らがボコボコにしたるから、あしたもあさっても俺らと闘えよ! 逃げんなよHAYATA!」



[8] fun◇YtKXN/LQ - 2020/06/12(Fri) 06:45 ID:L2R4juUo  [No.110452]
「NOAH In The Spotlight」
6月11日(木)ノア特設アリーナ
※無観客試合

試合結果です。

タッグマッチ
ブラックスパイダーZ&SUSHI×
13分00秒 ファイヤーバードスプラッシュ→片エビ固め
◯覇王&仁王

6人タッグマッチ
小峠篤司&大原はじめ&吉岡世起◯
13分38秒 クラッシュドライバー→エビ固め
ケンドー・カシン&×カズ・ハヤシ&NOSAWA論外

8人タッグマッチ
鈴木鼓太郎&小川良成&HAYATA&岡田欣也×
27分24秒 ストレッチプラム式フェイスロック
◯清宮海斗&原田大輔&タダスケ&YO-HEY







[9] fun◇YtKXN/LQ - 2020/06/12(Fri) 19:45 ID:L2R4juUo  [No.110453]
「NOAH In The Spotlight」
6月11日(木)ノア特設アリーナ

遅くなりましたが試合後のコメントです。

▼第2試合
ケンドー・カシン&カズ・ハヤシ&NOSAWA論外 vs 小峠篤司&大原はじめ&吉岡世起

【試合後の小峠&大原&吉岡】
▼小峠「よーし勝ったぞ! FULL THROTTLE3人で行ったったぞ! あのレジェンド級3人!」
▼吉岡「カズ・ハヤシだよ、カズ・ハヤシ!」
▼小峠「いいぞ吉岡、言ったれ!」
▼吉岡「会社を潰したとか、昔のこと言うつもりはねえよ。でもよ、新しい団体で、新しいユニットで、新しい道を進もうとしてんだよ! 俺の目の前に立ちふさがるんじゃねえよこの野郎! 昨日と1勝1敗だ。分かってんだろうな? シングルやるしかねえだろ、シングル! カズ・ハヤシ、シングルやれこの野郎!」
▼小峠「(※拍手しながら)OK吉岡! 行ったれよ!! ガンガン行ったれ! レジェンド級を全部へし折ったれ!!」
▼吉岡「……まだ俺はFULL THROTTLEとして出て2回目。(※小峠を遠のけながら)ちょっとリーダーとか早いと思うんですよね」
▼小峠「なにぃ!?」
▼吉岡「俺がリーダーやったっていいし、大原さんがリーダーやったっていいし。あんま最初からリーダー面(づら)しないでください」
▼小峠「リーダー面? 気持ち乗せてるだけやんけ! ついてこいよ! 俺が責任持って引っ張ったるよ!」
▼吉岡「その引っ張るっていうのが、リーダー感が出てるじゃないですか」
▼小峠「なんや急に…やめようぜ。今日は3人で勝ったんだから。まぁいいよ! 今日は勝ったから、次はカズ・ハヤシを倒す。それは吉岡君の仕事。俺は狙っていくよ! 鼓太郎のジュニアのベルト! ガンガン行くから! 俺もちゃんと(※吉岡の肩をぽんぽんと叩きながら)吉岡君に良い背中見せるよ」
▼吉岡「(※手を振り払いながら)これがちょっとリーダーっぽいですよ」
▼小峠「なんや、それやとブレるやろ!!」
※大原が割って入る
▼大原「分かった分かった! とりあえず、小峠は鈴木鼓太郎、吉岡はカズ・ハヤシ。次の試合に集中しよう。リーダーうんぬんっていうのは、これから決めればいいから。次の試合に集中!」
▼小峠「(※リーダーとして)気持ちも乗ってんのに?」
▼大原「いいから、そのエネルギーを次の試合に向けよう! エンジン全開フルスロットルで次の試合に向けてくれ!!」
▼小峠「…OK、分かったよ。でも…」
※再び言い争おうする小峠と吉岡を強制的に帰らせながら
▼大原「分かった、分かった。…ということで、今日もムイビエン!」

 
▼第3試合
鈴木鼓太郎&小川良成&HAYATA&岡田欣也 vs 清宮海斗&原田大輔&タダスケ&YO-HEY

【試合後の原田&タダスケ&YO-HEY】
▼YO-HEY「なんやアレ、気持ち悪いな…」
▼原田「あークソ! 1対1や! HAYATA…あの野郎。逃げんなよ!! 俺に一発かました以上は逃げんなよ! “ちょんぼ"して勝って、今日もあんな勝ち方して満足か!? ふざけんな! 明日や明日!!」
▼YO-HEY「そういうこっちゃ…あ〜気持ち悪いわ」
▼タダスケ「……」



[10] fun◇YtKXN/LQ - 2020/06/14(Sun) 16:14 ID:5KmfN36A  [No.110454]
「NOAH In The Spotlight day3」
6月12日(金)ノア特設アリーナ
※無観客試合

遅くなりましたが試合後のコメントです。

▼第1試合
カズ・ハヤシvs吉岡世起

【試合後のカズ】
――吉岡とノアのリングで戦ってみて?
▼カズ「無礼すぎるんだよ。どうして、あいつがこのノアのリングに上がることができたのか…無礼すぎる! それを俺が成敗したまでです」
――ノアのリングで吉岡と闘うことに違和感は感じなかった?
▼カズ「ひとつ言えるのは、いち選手としてのプライドを持ってこのリングに上がってるってことですね。本当の意味での“個人闘争"ってモンが始まってる。WRESTLE-1というものにくるまれていた、そういうモノじゃなく。生きていくための個人闘争が始まったかなと。彼もそうだし、俺も一緒だから。ノアジュニア……おもしれえ。杉浦軍ジュニアとして、俺は闘っていきます」
――試合後に上を指差していたが?
▼カズ「それは僕のレスラーとしての思い。カズ・ハヤシが個人として闘っていく。そういうレスラーとしての思いです。どうとらえるかはお任せします。僕の中では“決まってる"んで。ブレないし。今日で(ノア)3試合目、体調も徐々に上がってきて。でも試合勘…やっぱり怖いな、プロレスって。怖いけど、やっぱり『レスラーやってて良かったな』って思いますね。お客さんの声援っていうのは今は無いけど、向こうに伝えられると思ってるし、やってて楽しいですね。僕は充実しています」

 
▼第2試合
ケンドー・カシン&NOSAWA論外vs覇王&仁王

【試合後の論外&カシン】
▼論外「……なんか、ありますか?」
――カシン選手、金剛というチームの印象は?
▼カシン「どっちが仁王で、どっちが覇王だかちょっと…」
――NOSAWA選手はチームワークについて?
▼論外「チーム…まぁ連係も無理にやる必要はないし、合わせるつもりも…」
▼カシン「いや俺、なんかやり残したことがある気がするんだよ。せっかくノアに上がってんだから。何かあったんだよな。(※入場中の小川良成のテーマ曲が流れてくると)あ、小川。愛想もクソもねえ、あの野郎。今ベルトは持ってないの?」
▼論外「今は持ってないっすよ。ちょっと前かな」
▼カシン「なんだっけなあ? 何かあった気がするんだけど」
▼論外「(※余計なことを言い出す前に話をまとめようとして)まぁまぁ杉浦軍の新勢力。ケンドー・カシンさんが来たってことで…」
▼カシン「違うな、それは違うな」
▼論外「え、ま、まぁ、しばらくこんな感じで続くと思うんで。今日も良い連係だった! カズさんも含めて僕らジュニアでいいんですかね?」
▼カシン「うん、せっかくだから三冠…」
▼論外「え…まぁwikipediaで調べてもらえれば分かるけど、あと一本ベルトが足りないから。でも、今は鈴木鼓太郎がチャンピオンで」
▼カシン「え、じゃあいいよ。小川だったらいつでも」
※カシンが去る
▼論外「まぁこれが二次災害。『なんで二次』って言われたけど、呼んだ時点で災害だったから。まぁ、こんなチームがあっても、まったくコミュニケーション取れないけど、取れてるのか取れてないのか分からないけど、いいんじゃないですかね」
――小川選手はジュニアタッグの王者だが?
▼論外「だから、それを言っちゃうとまた『挑戦させろ』ってなるから…。余計なこと言うと。今はベルトとかの前になじんでもらわないと。ただでさえ、はぐれてるんだから。いやぁ頭が痛い。ラスボスのせいだ。杉浦貴がちゃんと統括しないから杉浦軍が…。でも、新しい杉浦軍が創れそうだから。いやぁ、あとは煽るから、あなた方(メディア)が。俺の身にもなってくれよ。ホントに来ると思ってなかったんだから! 困った…。カズさんも会社潰してんのに吹っ切れてますよね。困ったもんですよ。なるべく煽んないようにお願いします」

 
▼第5試合
HAYATAvs原田大輔

【試合後のバックステージ】
▼鼓太郎「小峠、新しいチーム作って、これでいいのかよ? あそこまでして、やりてぇんだったら、やってやるからよ。フルスロットルで来いよ。俺はセカンドギアで相手してやっからよ」
※鼓太郎が去り、残ったHAYATAはダメージが残って立ち上がれない。小川が介抱しているところへ、原田&タダスケ&YO-HEYが殴り込んでくる

 ▼原田「おいHAYATA! お前なにがしたいんじゃコラ! もう1回やれ、俺と! タダスケともYO-HEYともやれ!」
※両軍もみ合いとなるが、小川とHAYATAは原田らを振り切るようにその場を離れる
▼原田「なんだオラ! ふざけんなオラ!」
▼YO-HEY「逃げんのか! また逃げんのか!?」
▼原田「おい待てHAYATA! しょうもない。こんなやり方しかでけへんのか!? ふざけんな! さっきも言った通りや! あいつが逃げんなら、俺たちは…俺は! あいつがどこ行っても追い詰めるぞ! とことん! 追い詰めるぞ!」
▼YO-HEY「ハイ、俺も!」
▼原田「みんなムカついとるねん! あいつに!…いや、あいつらや! ふざけんなこの野郎! ナメんな!!」




[11] fun◇YtKXN/LQ - 2020/06/15(Mon) 08:35 ID:6MKG0Th.  [No.110455]
「NOAH “GO FORWARD” 」powered by ABEMA
6月14日(日)ノア特設アリーナ
※無観客試合

試合結果です。

〈第1試合〉タッグマッチ
ブラックスパイダーZ&SUSHI
15分27秒 ムイビエン
◯大原はじめ&吉岡世起

〈第2試合〉6人タッグマッチ
ケンドー・カシン&◯カズ・ハヤシ&NOSAWA論外
16分30秒 パワープラント→片エビ固め拳王&×覇王&仁王

〈第3試合〉6人タッグマッチ
小川良成&HAYATA&岡田欣也×
19分29秒 片山ジャーマンスープレックスホールド
◯原田大輔&タダスケ&YO-HEY

〈第4試合〉GHCジュニア・ヘビー級選手権試合
(王者)◯鈴木鼓太郎
24分00秒 スーパーマスドライバー→エビ固め
(挑戦者)×小峠篤司
※第42代選手権者・鈴木鼓太郎が初防衛に成功

〈第5試合〉6人タッグマッチ
◯杉浦貴&桜庭和志&レネ・デュプリ
19分20秒 フロントネックロック
マサ北宮&征矢学&稲村愛輝×

〈第6試合〉GHCナショナル選手権試合
(王者)中嶋勝彦
19分38秒 レフェリーストップ ※スリーパーホールド→失神KO
(挑戦者)×井上雅央
※第2代選手権者・中嶋勝彦が初防衛に成功

〈第7試合〉スペシャル6人タッグマッチ
武藤敬司&丸藤正&道&望月成晃
22分55秒 パーフェクトキーロック
清宮海斗&谷口周平&モハメド ヨネ

〈第8試合〉GHCヘビー級選手権試合
(王者)◯潮崎豪
29分22秒 豪腕ラリアット→片エビ固め
(挑戦者)×齋藤彰俊
※第33代選手権者・潮崎豪が2度目の防衛に成功






[12] fun◇YtKXN/LQ - 2020/06/15(Mon) 20:07 ID:HN.fyQYs  [No.110456]
「NOAH “GO FORWARD” 」powered by ABEMA
6月14日(日)ノア特設アリーナ

試合後のコメントです。@

第4試合 GHCジュニア・ヘビー級選手権試合
鈴木鼓太郎vs小峠篤司

【試合後の鼓太郎】
――小峠と戦ってみて?
▼鼓太郎「それより、どうですか? 俺のセカンドギアは。“フルスロットルvsセカンドギア"。そもそも、あの状況で(試合後に)出てくるのは、あいつら(FULL THROTTLE)なんじゃないの? リーダーなんでしょ?あいつ」
――リーダーについては軍団内で揉めているようだ
▼鼓太郎「もう揉めてんの!? 二人もまとめられないリーダーじゃ、リーダーと呼べないね」
――ギアはトップに入ることはなかった?
▼鼓太郎「トップになってないんじゃないの? 入れるギア間違えてんだよ。ギアがトップに入ってたら、リーダーって認められてたんじゃない?」
――カズが名乗りを上げた
▼鼓太郎「しばらくの間やってなかったけど、WRESTLE-1でイヤっていうほどやったし、シングルの戦績だって五分か、俺が負けてるくらい。俺が(全日本に参戦して)バーニングに入った時、一番最初のシングルマッチの相手で俺、負けてるからね。WRESTLE-1のクルーザー(王座戦)では借り返してるけど。組んでWRESTLE-1のタッグベルトも巻いてるし。手の内も実力も分かってる。だからこそ挑戦も受けたし。でもWRESTLE-1の活動中止がカズ・ハヤシを強くするのか、弱くするのか。そこは見ものだよね」
――ノアのリング、しかもGHCジュニアを懸けてとなると、過去のカズ戦とは意味合いがまったく違いそうでもあるが?
▼鼓太郎「シチュエーションは変わったけど、これ(GHCジュニアベルト)を通行手形にさせるワケにはいかないから。俺が小川さんから獲ったベルトだからね」
――杉浦軍ジュニアの勢力も再び拡大しつつあるが?
▼鼓太郎「カズ・ハヤシは杉浦軍ジュニアなの? また増えたのかよ。何なんだよ、ネズミ講みたいだな…」
――軍団抗争としても譲れない部分もある?
▼鼓太郎「杉浦軍、よく分からないけど、増えたり減ったり大変だね。会員数が。トップがちゃんとしないと、配るもん配れないんじゃないの? ネズミ講ってそういうモンじゃん。まぁカズ・ハヤシは、いち個人として俺は認めてるんで、そこはしっかり(挑戦を)受けますよ。ただ、お互い肌を合わせなくなって、数年経つからね。進化してんのか、キープしてんのか、退化してんのか。お互いガッカリさせないようにしないと」

 【カズの話】「俺には何も無いからね。いちレスラーとして上に行く。そのためには通行手形として、あのチャンピオンベルトが絶対必要だから。それを獲りにいって、カズ・ハヤシが“いちレスラー"としてどこまで行けるか見せてやる」

 
第5試合
杉浦貴&桜庭和志&レネ・デュプリvsマサ北宮&征矢学&稲村愛輝

【試合後の杉浦軍】
――金剛と当たったが?
▼杉浦「まぁ、何回も当たっ…」
※そこへ論外が現れる
▼論外「久しぶりですね。あの、この前言ってた新しい杉浦軍のメンバー。ラスボスが呼べって言ってたから、“悪魔仮面"ケンドー・カシンを呼んだんで。今日は自分の試合終わったら帰っちゃったんですけど、次はケンドー・カシンと我々が組んで、ノアのリングで…。ラスボスが言ったんですからね! ケンドー・カシンを呼んでこい!って。責任とってくださいね! 俺はもう二次災害どころじゃない騒ぎになってて、言うだけ言って帰っちゃったんですからね! 桜庭さんも(カシンと)仲良いからよろしくお願いします!」
※論外は杉浦に責任を押し付けて去っていく
▼杉浦「いやいやいやいや…」
▼桜庭「僕、大丈夫ですから。ボスが大丈夫だったら…」
▼杉浦「いやいや、こりゃコロナが終息する前に杉浦軍が終息するんじゃないの? 大丈夫か…」
――『その名前だけは絶対にダメだ』とクギを刺していたはずだが…
▼杉浦「だって、もう試合したんだろ? ノアのリングにもう上がっちゃったんだよね? しょうがないな、もう。ウイルスに…とうとう。(※デュプリに)ウイルス、カシン」
▼デュプリ「ソウデスネ!」
――腹をくくるしかない?
▼杉浦「いやもう感染しないように。予防に徹するしかない」
――なるべく接触を避ける?
▼杉浦「そうだね」
▼桜庭「僕は“免疫力"があるから大丈夫」
▼杉浦「俺は抗体持ってないからダメだ。もうこっち(桜庭)に任せて」
――かつて東京ドームで一緒に組んでベルトに挑戦した気が…
▼杉浦「あんな前の抗体なんてもう効かないでしょ。…まぁ、創っていくしかないよね。これから」
――新しい杉浦軍の姿を?
▼杉浦「いや、抗体を」
――桜庭選手はカシン加入について?
▼桜庭「僕は全然大丈夫。あとはボスがどうするか…」
――まとめるのが一層大変になるが…
▼杉浦「まとまんねーよ(笑) まとまるワケないじゃん。任せるしかないよ。流れに。もう流れに乗るよ。身を任せるしかない!」
▼桜庭「まぁそれで面白いものが生まれるかもしれないし…」
▼杉浦「まぁここに抗体持ってる人がいるんで。………やっぱりこんな空気になっちゃうでしょ?(笑) カシンが来ると」

 
第6試合 GHCナショナル選手権試合
中嶋勝彦vs井上雅央

【試合後の中嶋】
――挑戦者として迎えた井上はどうだった?
▼中嶋「マサオはマサオ! 以上!」
――普段と違うとは感じなかった?
▼中嶋「どう思った?」
――あの手この手で来たとは思うが?
▼中嶋「どう違ったの?」
――基本的には普段どおりだったかもしれない…
▼中嶋「そんなこと言ったら可愛そうじゃん!(笑) ねえ? 彼が一番最初に俺が持つこのベルトに挑戦表明してくれたんだよ! その度胸だけでも凄いじゃん。俺、思わず『YES!』って言っちゃったんだよ。(TVマッチでの)挑戦表明、ちょうど観てたんだよ。観てたらスタッフから連絡きてさ、『観ましたか?』『観たよ』『どうですか?』『うん、YES』って言っちゃったよね。あの男気にYESだったね。でも、でも…マサオじゃなかったね」
――もっと違う刺激のほうが良かった?
▼中嶋「うん。でも確かに『誰の挑戦でも受ける』って言ったからね。ちゃんと言った以上は、行動に移したけど。でも違うからね。よく分かってなかったのかな。この赤ベルトの存在の意味が。ヘビーもジュニアも関係ない、壁を超えたベルトなんだよ。その意味があんまり分かってないよね。だから(挑戦者決定トーナメントを)提案させてもらった。このGHCの赤ベルト、欲しいだろ? どのGHCのベルトより可能性はあるし、ゾクゾクしない? トーナメント開催を改めて提案する」
――どのくらいの規模のトーナメントになって欲しい?
▼中嶋「出たい人全員。出ればいいじゃん」
――キャリアも関係なく?
▼中嶋「無いねえ。関係ないでしょ。ベルトの挑戦にキャリアも関係ないでしょ。そもそも俺は誰の挑戦でも受けるって言ってるから」
――ジュニアの選手に欲を出してほしい?
▼中嶋「まぁ別に関係ないかな。でも簡単なベルトじゃないよ? なんでか分かりますか? そう、俺が持ってるから。トーナメント出て、俺の挑戦権を得て、俺の目の前に来ることを楽しみにしてる。これまでノアでこんなこと無かったんじゃない? あれ…あったかな?(笑)」
――グローバル・ハードコア・クラウンという白ベルトが過去存在したが?
▼中嶋「俺は知らない♪ 俺いなかったし♪ まぁでも面白くなるんじゃない? どうですか?会社よ。俺の提案。返答待ってるよ」
――これからが赤ベルトの真骨頂?
▼中嶋「そうだね。ずっと考えてたんだよ。このベルトを持ってからさ。『この子はどうしたいのかな?』って。まだ二代目でしょ? 赤ん坊じゃん。一緒に育ててあげないと。(※ベルトをなでながら)可愛い赤子でしょ? でも、俺が立派に育ててみせる。楽しみに見ててくれ」

 


[13] fun◇YtKXN/LQ - 2020/06/15(Mon) 20:07 ID:HN.fyQYs  [No.110457]
「NOAH “GO FORWARD” 」powered by ABEMA
6月14日(日)ノア特設アリーナ

試合後のコメントです。A

第7試合
武藤敬司&丸藤正道&望月成晃vs清宮海斗&谷口周平&モハメド ヨネ

【試合後の武藤&丸藤&望月】
▼武藤「清宮ですか? 実は俺の息子と同い年でねえ。息子はさ、プロレス界には入らずに普通の社会に行ったからね。本当はいつか闘ったり…っていうのを俺は夢見てたんだけど、それは夢やぶれて。だけど、同い年だからさ。“仮想・息子"じゃないけど。ちょっと張り切りすぎて、最初ケツ打っちゃってさ(笑) ケツ痛かった…。でも二人に助けられて、良い勝負できたかなと。ひとえに二人のヘルプあってのものですよ」
▼丸藤「いやいや、武藤さん。全然、思ってないんじゃないですか?」
▼武藤「思ってるよ!」
▼望月「ほぼ武藤さんが出ていたイメージがあったような試合でしたけど…」
▼武藤「いやぁ俺も今、必死だからよ」
――星一徹ばりに厳しく攻め立てていたが?
▼武藤「そうっすね。ホントに潰すつもりで行ってるからね」
――ああいう厳しい姿勢で試合をしたのは久々だったような気もするが?
▼武藤「あんまり過去のことは覚えてないから分からないけど、ただ正直、俺まだまだ引き出しいっぱい持ってるからね。違った武藤敬司でも勝負できるし。まだまだ胸を貸してもいいかな、なんて思ったりもしますよ。まぁそれよりね、今日は対清宮っていうよりは、この二人のパートナーが頼もしいこと、頼もしいこと。これからも組んで試合していきたいよなあ。やりやすいですよ。かゆいところにメチャ手が届く。女房でも気が付かないような場所に(笑)」
▼丸藤「奥さん怒るんじゃないですか?(笑) 僕も武藤さんと何回か肌を合わさせてもらって、今年で22年プロレスやって、武藤敬司という人と闘って吸収するのはもう諦めたんで、横に並んでまた違う形で吸収したいな…っていう。キャリア22年にして無理です。やっぱり武藤さんを吸収するのは。なので、ちょっと横に並ばせてもらって…」
▼武藤「おう、なんかやろう」
▼丸藤「はい、せっかくなんで。武藤さん、イニシャル“M"じゃないですか? 丸藤もMじゃないですか」
▼望月「あれ? 僕も…」
▼丸藤「Mじゃないですか」
▼武藤「え? でもプロレス界、いっぱいMいるじゃねーかよ」
▼丸藤「でも、ちゃんとこだわりを持ったMというか。なんでもかんでも…ってなると『僕もMです』『私もMです』ってなっちゃうんで」
▼武藤「MAZADAとかいるな。あれは除外か?」
▼丸藤「MAZADAさんは先輩なんで、除外とか言えないです(笑)」
▼武藤「あぁ、年寄りじゃないとダメなんだよな?」
▼丸藤「いや、若くてもいいんじゃないですかね。ちょっと敷居を高くして、イニシャルMの人間を集めないですか?」
▼武藤「20年ぐらい前によ、俺もnWoってユニットやってたでしょ? どうせやるんだったら、あれを上回るぐらいにしたいよな」
▼丸藤「はい、世界規模で」
▼武藤「世界規模のMがついてるレスラーを集めて? でも例えばさ、もうすんげー優秀なレスラーがいて、イニシャルがAだったら使わないの?」
※一同笑
▼丸藤「リングネームを変えさせましょう! 夢は広がると思いますよ。俺らどころかプロレス界にとって武藤さんっていうのは、世界のレジェンドなんで。この人がいるだけで、いろんな“M"のつく人間が集まってくるんじゃないかな」
▼武藤「おう、nWoの時みたいに著名人も入れてな」
▼丸藤「いいですね」
▼武藤「歌は今井美樹か? 『M』って歌あったよな? え? あれはプリプリか。あ、そっか(笑)」
――ユニットを作るということでいい?
▼丸藤「うん、ユニット。ユニット行きましょう」
▼武藤「じゃあ丸藤、早速名前つけてよ」
▼丸藤「そうですね! ちょっと考えます。僕も最近ユニットから外されてたんで」
▼武藤「俺もしばらくやってねえなあ」
▼望月「僕もDRAGON GATEでどこにも入ってないんで」
▼丸藤「どこにも入れさせてもらえない人間たちで(笑)」
▼武藤「でも俺、ユニット組んだらいつも潰してたからね! 創っちゃ潰れて創っちゃ潰れて」
▼丸藤「じゃあ潰れるまでの少しの間だけでも(笑) 面白くやりましょう!」
▼武藤「よぉ〜し“M"乗った! “M"乗ったぞ。もう少しプランニングしてな! オッケー! うぃ〜っし!」

 
【清宮の話】
「…自ら『武藤敬司と戦いたい』って言って、こんなザマになって本当に自分が憎いです。こんなチャンスを逃すなんて、本当に俺、バカなんじゃないかな?…って思ってます。やっぱり武藤敬司は強かったです。かなわない部分っていうのは、いっぱいありました。それでも俺はあの試合のなかで光はあったと思う。レスラーといて通用した部分はあったと思う。そしてその通用しなかった部分。それは何なのか。この先、ひとりのレスラーとして追求していきたいと思います。俺はこれで終わりにしたくない。こんな結果で皆さんの前に出てきてホントにバカだと思ってる。だけど、武藤敬司というあの世界に一人しかいないレスラーを、俺はどこまでもこれから追い続けていきたい」

 
第8試合 GHCヘビー級選手権試合
潮崎豪vs齋藤彰俊

【試合後の潮崎】
▼潮崎「ただ一言。6月のこの日にベルトを懸けて齋藤彰俊と為合(しあ)うことができて、俺はこの闘いに誇りを持ってます。齋藤彰俊としか、この試合はできなかった。その一言です」
――すべてを出して、すべてを受け止めたが、どんな気持ちが込もっていた?
▼潮崎「技に込める気持ちは、対角線に立ってる齋藤彰俊、その男を倒すため。その気持ちしか、込めることはできないよ。でも、この闘いはお互い単なる闘いじゃない。ただのGHCタイトルマッチでもない。二人にしか分からない闘い、それに込める思いをぶつけるだけでした」
――11年前の武道館から互いに紆余曲折があって、こうしてまたGHCを懸けて相まみえた
▼潮崎「そうだね。6月という時期に、こうして齋藤彰俊と向かい合った。このことを俺も望んでいたし、魂を感じることができて。まぁ俺は今日(急性虫垂炎手術からの)復帰戦だったけど、でも(今日のこの)ノアのリングに立てたことは本当に良かったと思います。だからこそ一発一発、魂を、気持ちをね、込めるしか無かったよね」
――過去を振り返るための闘いではなく、前に進むための闘いだった?
▼潮崎「うん。それは齋藤彰俊から挑戦状を受け取った時点で『前に進む闘いをするしかない』と。その気持ちで、齋藤彰俊と魂を込めた闘いができたことは良かったと思います」
――今日の闘いを経て、ベルトの輝きもひとつ増した?
▼潮崎「そうだね。光り輝いてると思うし、“齋藤彰俊と"だからこその輝きも持てました。感謝します」
――次の挑戦者は現れなかったが、改めてどう王者としてノアを引っ張っていく?
▼潮崎「うん、あと少しだと思うんだよ。このインタビューを見てくれてる人たち、そしてみんなに会えるのは、あと少しだと思う。それまで俺がこのベルト、守りますよ。このベルトを守って、このベルトを持って、みんなと笑顔で、会場で会いたいと思います。I am NOAH」

 
【齋藤の話】
「ご覧になってくださった皆様、本当にありがとうございます…!(※深々と頭を下げる) それと自分のファン…齋藤彰俊に期待して応援してくださった皆さん、すみませんでした! 結果はベルトは巻けずに…そこは素直に謝っておきます。でもね、三沢さんの(亡き)あと、潮崎とやるたびに、何の運命なのか宿命なのか分からないですけど、今回も思いっきり(戦前に)腰をやってしまって。前回潮崎とやった時もそう、今日もそう。でも、今回も不思議と会場に来るとピタッと治るんだよね。今日は本当に全力の全力を尽くしました。潮崎に…シオに思いっきりぶつかって、悔いのないくらい。ただ、今日は結果としては負けたけど、レスラーとして、試合として、強さとして負けたつもりは…これは無い! GHCのヘビー級っちゅうベルトがね、潮崎豪という男をベルトにふさわしいとして選んだ。それだけだと思います。今日、シオにもお礼を言ったけど、もの凄い思いで“緑"と一緒に今日来ましたけど、言い訳でもなんでもないけど、これは次に進むため、俺も潮崎も今日という“門"をくぐったということです。なので今日もガッカリするファンもいると思うけど、(今年2月の)30周年の時も言ったけど、俺はまだまだ落ち着かない! これが第一歩の始まり。次会う時、もう一回俺を見てくれって。必ず今日より前進してるから。これだけは約束するから。プロレスを観てワクワクしている人たち、皆さん…かつて俺もそうだったけど、俺は絶対にガッカリさせない! 俺は言ったことやるから。まだまだ…まだまだ!落ち着かないっ!! 今日はその第一歩!! ありがとうございました!!」



[14] fun◇YtKXN/LQ - 2020/06/15(Mon) 20:11 ID:6MKG0Th.  [No.110458]
6月のノアTVマッチ開催が決定。
GHCナショナル選手権の次期挑戦者決定トーナメントを開催。
トーナメント組合せ&6.21「NOAH “GO FORWARD” powered by ABEMA」の決定対戦カードです。



6月19日(金) NOAH特設アリーナ
試合開始19:00 
<WRESTLE UNIVERSEにて放送>
〉〉://www.ddtpro.com/universe/videos/8756

GHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメント1回戦
谷口周平 vs 諸橋晴也

GHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメント1回戦
吉岡世起 vs 覇王

GHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメント1回戦
大原はじめ vs マサ北宮

 GHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメント1回戦
小峠篤司 vs 稲村愛輝

GHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメント1回戦
征矢学 vs 岡田欣也

 GHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメント1回戦
モハメド ヨネ vs ロッキー川村

GHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメント1回戦
レネ・デュプリ vs 仁王

 ※このGHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメントでは、引き分けの場合、両者失格の特別ルールを採用。



 6月20日(土) NOAH特設アリーナ 
15:00試合開始
 <WRESTLE UNIVERSEにて放送>
〉〉://www.ddtpro.com/universe/videos/8764

GHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメント2回戦、準決勝、決勝戦を行う。

サムライTVにてGHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメントの模様を放送との事。
〉〉://www.samurai-tv.com/match/noah/
FIGHTING TV サムライ
 〉〉://www.samurai-tv.com/howto/



6月21日(日) NOAH特設アリーナ 
<ABEMAにて放送>
〉〉://abe.ma/2Mkq1J3

 GHCナショナル選手権試合
(第2代選手権者)中嶋勝彦 vs トーナメント優勝者(挑戦者)
※第2代選手権者の2度目の防衛戦。

 スペシャル8人タッグマチ
丸藤正道&武藤敬司&望月成晃&X vs 杉浦貴&桜庭和志&ケンドー・カシン&NOSAWA論外

GHCジュニア・ヘビー級選手権試合
(第42代選手権者)鈴木鼓太郎 vs カズ・ハヤシ(挑戦者)
※第42代選手権者の2度目の防衛戦。






[15] fun◇YtKXN/LQ - 2020/06/15(Mon) 20:19 ID:6MKG0Th.  [No.110459]
連続投稿失礼します。

プロレスリング・ノア 7月の4大会の開催が制限付で決定しました。

各大会のチケットは「ファンクラブ優先予約」→「電子チケット先行予約」の順で前方から用意されるそうです。


STAY TOGETHER FOREVER!
■日時 2020年7月18日(土) 開場17:30 試合開始18:30
■会場 後楽園ホール
■チケット料金 S席8,000円 A席6,000円

STAY TOGETHER FOREVER!
■日時 2020年7月19日(日) 開場10:30 試合開始11:30
■会場 後楽園ホール
■チケット料金 S席8,000円 A席6,000円

金剛興行 DIAMOND2
■日時 2020年7月24日(祝・金) 開場10:30 試合開始11:30
■会場 後楽園ホール
■チケット料金 S席8,000円 A席6,000円

NOAH SANCTUARY
■日時 2020年7月30日(木) 開場18:30 試合開始19:00
■会場 ノア特設アリーナ(クラブチッタ川崎)
■チケット料金 全席指定7,000円



以下公式ホームページよりお願い。

※ソーシャルディスタンス確保のため、本大会の座席に関しましては、全てのお席は間隔を空けての販売との事。

※複数枚数をお買い上げいただいた場合でもお隣との間隔が空きますことをご了承ください。

※ご観戦は必ずチケット券面に記載されたお席でお願いいたします。

※車いすのお客様へのご案内はS席のご購入となります事をご了承ください。

プロレスリング・ノアでは、大会開催に伴い、ご来場の皆様には感染症拡大防止に向けた取り組みへのご理解、ご協力をお願い申し上げます。

 ■開場時間前のご来場はお控えください。入り待ち、出待ちも禁止との事。

開場時間 7月18日→17時30分 7月19日→10時30分 7月24日→10時30分 7月30日→18時30分

 ■ご来場時、完全に口鼻を覆うマスクの着用をお願いします。

■入場時に検温・手指の消毒を行います。

・ご来場前にご自身の体調をご確認の上、体調不良、咳や発熱のような症状のある方は、ご来場をお控えいただきますようお願いいたします。

・ご入場時に37.5℃以上の方はご入場をお断りさせていただきます。

また、ご来場の皆様のお名前、ご住所、電話番号、体調、座席番号、当日の交通手段などの確認を行わせていただきます。

お持ちの携帯電話端末においてご記入いただき、ご入場の際に送信済み画面を提示いただきます。

詳細につきましては追ってお伝えいたします。

※お送りいただいた個人情報は感染者発生時の対応以外には使用せず、所定の期間後には消去致します

■後楽園ホール大会は、エレベーターの使用は原則禁止です。申し訳ありませんが階段をご利用ください。

 車いすの方、ご高齢の方などは係員にお申し付けください。

■必ず所定の座席位置にてご観戦ください。立見観戦はできません。

■飛沫の恐れのある大声での応援は禁止。
 また、水分補給を目的とした飲食以外はご遠慮ください。

■喫煙所は閉鎖致します。

■休憩時間はございません。お手洗いに並ぶ際も列の間隔をお空けください。

■ロビーなどに設置される消毒スプレーなどで、手指の除菌を行ってください。

■応援横断幕の持ち込み掲示、紙テープの投げ入れを禁止

■選手への差し入れ、プレゼントなどもお受けできませんのでご了承くださいとの事。

 

開催予定大会の中止情報

7月25日(土)愛知・名古屋国際会議場

8月3日(月)神奈川・新百合ヶ丘トゥエンティーワンホール

9月19日(土)富山・エクール高岡

9月21日(月)大阪・エディオンアリーナ大阪第2競技場

 こちらの開催予定として発表していた4大会は新型コロナウィルス感染拡大防止の観点などから中止となるそうです。



[16] 彼方 - 2020/06/16(Tue) 01:08 ID:N/gs4FfA  [No.110460]
6月14日の「NOAH “GO FORWARD” 」はABEMA TVで視聴出来ます。
このタイトルで検索すればNOAH公式サイト経由で該当のページに飛べます。
6月20日までは無料で見られるので、ここを見てる人でまだ見てない人はぜひ。特に潮崎vs齋藤は見る価値ありますよ。


[17] fun◇YtKXN/LQ - 2020/06/20(Sat) 01:39 ID:4gDyJwtc  [No.110462]
ALL FOUR SIDES GHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメント
「ノアTVマッチ」ALL FOUR SIDES Day1
6月19日(金)ノア特設アリーナ
※無観客試合

試合結果です。

GHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメント1回戦
◯谷口周平
6分37秒 ダイビングボディプレス→片エビ固め
×諸橋晴也

GHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメント1回戦
◯吉岡世起
12分19秒 クラッシュドライバー→エビ固め
×覇王

GHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメント1回戦
×大原はじめ
14分46秒 サイトースープレックス→体固め
◯マサ北宮

GHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメント1回戦
◯小峠篤司
14分15秒 バズソーキック→片エビ固め
×稲村愛輝

GHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメント1回戦
◯征矢学
12分34秒 サソリ固め
×岡田欣也

GHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメント1回戦
◯モハメド ヨネ
8分17秒 キン肉バスター→片エビ固め
×ロッキー川村

GHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメント1回戦
◯レネ・デュプリ
7分26秒 ダイビング・エルボードロップ→片エビ固め
×仁王






[18] fun◇YtKXN/LQ - 2020/06/20(Sat) 18:29 ID:aj87HuOw  [No.110463]
ALL FOUR SIDES GHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメント
「ノアTVマッチ」ALL FOUR SIDES Day1
6月19日(金)ノア特設アリーナ

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第3試合 GHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメント1回戦 
大原はじめvsマサ北宮

 【北宮の話】
「何が挑戦者決定トーナメントだ。随分と偉そうだな。随分と生意気なマネしてくれるじゃねえか、中嶋勝彦。気に入らねえからよ、俺が全部勝って、お前んとこ行ってやるよ。ホントに心底気に食わねえよ、すべてが。首洗って待っとけこの野郎!」

 
第6試合 GHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメント1回戦
モハメド ヨネvsロッキー川村

【試合後のヨネ】
――ロッキーと戦ってみて?
▼ヨネ「やっぱり人っていうのは、見た目とかその時の状況によって心が揺さぶられてしまうんだな…って気づいた試合でしたね。あんだけね、やられてきたのかと思って最初に躊ちょしてしてしまったのが、あそこまで追い込まれた理由だと思います、ハイ」
――アポロと言われていたが?
▼ヨネ「そうですね…。彼の中でのアポロだったのかもしれませんけど、私にとっては関係のない話。モハメド ヨネです」
――これで2回戦進出となったが?
▼ヨネ「こういうラッキーチャンスみたいなトーナメントはやっぱり勢いついた人が強いと思うんですよ。なので、勢いつくには微妙なカンジだったかな…とは思うんですけど、次ちょっと引き締めていきたいと思います」
――次は征矢戦となる
▼ヨネ「そうですね。来たばっかのヤツにいい顔させていては、壁の役割は果たせないなと思うんでね。まぁ、こういうヤツもいるぞ!ってところを刻みたいと思いますね」
――ナショナル王座への思いは?
▼ヨネ「こうやって降って湧いたようなトーナメントかもしれませんけど、ベルトが欲しい!っていうのは全レスラー共通の思いだと思うんでね。常にコンディションを良くして、普段から良い試合をしてれば必ずチャンスは来ると思ってます。こういうトーナメントしかりです。このトーナメントに出られたこと。1回戦を勝てたこと。そして次は征矢選手と戦えること。すべてラッキーだなと思ってます」

 
第7試合 GHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメント1回戦 
レネ・デュプリvs仁王

【デュプリの話】
「コンバンハー! レネ・デュプリ、デス。GHCタッグチームチャンピオンネ〜! このトーナメントはGHCナショナルのナンバーワンコンテンダーを決めるトーナメント。俺より優れたヤツがいるか? タッグチームチャンピオンシップとナショナルチャンピオンシップだぜ? スゴイネー! まずは1勝、3つ全部勝つだけさ。アリガトゴザイマース!」



[19] fun◇YtKXN/LQ - 2020/06/20(Sat) 22:19 ID:4gDyJwtc  [No.110467]
ALL FOUR SIDES GHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメント
「ノアTVマッチ」ALL FOUR SIDES Day2
6月20日(土)ノア特設アリーナ
※無観客試合

試合結果です。

GHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメント2回戦 30分1本勝負
×吉岡世起
11分26秒 ダイビングボディプレス→片エビ固め
◯谷口周平

GHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメント2回戦 30分1本勝負
×小峠篤司
14分00秒 サイトースープレックス→片エビ固め
◯マサ北宮

GHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメント2回戦 30分1本勝負
×モハメド ヨネ
12分45秒 弾道→体固め
◯征矢学

GHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメント準決勝戦 30分1本勝負
◯マサ北宮
11分12秒 サイトースープレックス→エビ固め
×谷口周平

GHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメント準決勝戦 30分1本勝負
×レネ・デュプリ
14分37秒 弾道→片エビ固め
◯征矢学

GHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメント決勝戦 時間無制限1本勝負
◯征矢学
14分27秒 弾道→片エビ固め
×マサ北宮
※征矢学がトーナメント優勝。GHCナショナル選手権挑戦権獲得。




[20] fun◇YtKXN/LQ - 2020/06/20(Sat) 22:20 ID:4gDyJwtc  [No.110468]
連続投稿失礼します。

6・21 NOAH “GO FORWARD” powered by ABEMA ノアTVマッチ 全対戦カードが決定。

 
NOAH “GO FORWARD” powered by ABEMA
6月21日(日) 19:00 NOAH特設アリーナ

ABEMAにて無料放送
〉〉://abe.ma/2Mkq1J3

 GHCナショナル選手権試合
(第2代選手権者)中嶋勝彦 vs 征矢学(挑戦者)
※第2代選手権者、中嶋勝彦の2度目の防衛戦

スペシャル8人タッグマッチ
丸藤正道&武藤敬司&望月成晃&X vs 杉浦貴&桜庭和志&ケンドー・カシン&NOSAWA論外

タッグマッチ
潮崎豪&清宮海斗 vs マサ北宮&稲村愛輝

GHCジュニア・ヘビー級選手権試合
(第42代選手権者)鈴木鼓太郎 vs カズ・ハヤシ(挑戦者)
※第42代選手権者、鈴木鼓太郎の2度目の防衛戦。

6人タッグマッチ
小川良成&HAYATA&岡田欣也 vs 原田大輔&タダスケ&YO-HEY

6人タッグマッチ
小峠篤司&大原はじめ&吉岡世起 vs 拳王&覇王&仁王

シングルマッチ
レネ・デュプリ vs モハメド ヨネ

シングルマッチ
齋藤彰俊 vs 谷口周平



[21] fun◇YtKXN/LQ - 2020/06/21(Sun) 12:59 ID:kPULoFVI  [No.110469]
ALL FOUR SIDES GHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメント
「ノアTVマッチ」ALL FOUR SIDES Day2
6月20日(土)ノア特設アリーナ

遅くなりましたが試合後のコメントです。

▼GHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメント2回戦
小峠篤司vsマサ北宮

 【北宮の話】
「いいか!? ジュニアであれヘビーであれ、野心を持ってこのトーナメントに出てきてるヤツらはハンパな覚悟じゃないんだよ。チャンピオンが余裕ぶっこいて高みの見物してるんだったらな、その余裕ぶっかましてる足もとすくうだけだ。あとふたつ勝って! 必ずあいつ(中嶋勝彦)の前に立つ! そして俺があいつをぶっ潰す!!」

 
▼GHCナショナル選手権次期挑戦者決定トーナメント決勝戦
征矢学vsマサ北宮

 【征矢の話】
「とにかくよ、ノアに来て、実績らしい実績をようやく作れた。まだこれがゴールでもなんでもない。これは始まりに過ぎないけど、とにかく! これで文句なく! ベルトに挑戦できるだろ? あとはベルトを巻くだけだ。ベルトを巻くために尽力あるのみ! 以上!!」

 【中嶋のコメント】
――征矢が優勝したが予想とは違った?
▼中嶋「予想というか、強いヤツが優勝すればいいなと思って。ずる賢いヤツもいるじゃない? そんなんじゃなくて、本当に強さをもって優勝してくれた征矢選手。文句ないでしょう。一日に何試合したの? 4試合よ!? 4試合よ!? いやぁ凄いね。かっこ良かったよ」
――重みある挑戦者と重みのあるタイトルマッチができそう?
▼中嶋「そうね。まぁ…はっきり言えることは前回(井上雅央戦)とは違う、ってことかな」
――どんな試合をしたい?
▼中嶋「やっぱり“赤ベルト"だから、赤く情熱的で、熱く激しい試合でしょう。見たいよね? 男同士のさ。楽しみだよ」
――そのうえでどんな勝ち方をしたい?
▼中嶋「チャンピオンらしく勝ちたいよねえ。想像しただけでゾクゾクするよね。彼のこと、知らないワケじゃないから。でも最後、マサ北宮にヒザをやられてるからねえ。ちゃんと治してきて欲しいねえ。伝えといて? 万全の状態で向かい合わないと、楽しくないもんね♪」
――逆にとらえると…
▼中嶋「それは受け取り側の問題でしょ。俺は『ちゃんと試合したい』ってずっと言ってるじゃん。まぁゴング鳴ってみないと分かんないけどねー」
――相手が痛がるのをみるのが楽しいと言っていたが?
▼中嶋「え? そんなこと言ったの?俺。嫌いじゃない♪」
――では痛いところを攻めると
▼中嶋「それはもう闘いの鉄則じゃないですか? そうでしょ。男同士の一対一の闘いだよ? このベルトを持った時から俺は純粋に、情熱的に、熱い試合がしたいのよ」
――赤く染め上がるようなタイトルマッチに?
▼中嶋「うん、情熱的に行きたいね。せっかくこのトーナメントにジュニアの選手も出てきてくれたから、個人的には上がってきて欲しかったね。ジュニアの熱い刺激も感じたいと思ったんで」
――興行再開も発表されたが、その“楽しみ"はお客さんの前で見せたい?
▼中嶋「まぁお客さんを入れても、無観客でも俺たちがやることは変わらないから。そうでしょ? 今だって画面を通してみてくれてるでしょ? HOMIES。次は俺と征矢学がベルトを懸けて熱い試合をやるから、期待しててくれ」



[22] fun◇YtKXN/LQ - 2020/06/21(Sun) 23:35 ID:vi1J.5sM  [No.110470]
NOAH “GO FORWARD” powered by ABEMA
6月21日(日)ノア特設アリーナ
※無観客試合

試合結果です。

シングルマッチ
△谷口周平
15分00秒 時間切れ引き分け
△齋藤彰俊

シングルマッチ
◯レネ・デュプリ
9分24秒 ダイビングエルボードロップ→片エビ固め
×モハメド ヨネ

6人タッグマッチ
×小峠篤司&大原はじめ&吉岡世起
16分05秒 P.F.S→片エビ固め
◯拳王&覇王&仁王

6人タッグマッチ
小川良成&×HAYATA&岡田欣也
24分48秒 フランケンシュタイナー
◯原田大輔&タダスケ&YO-HEY

GHCジュニア・ヘビー級選手権試合
◯鈴木鼓太郎
20分23秒 タイガードライバー→エビ固め
×カズ・ハヤシ
※第42代選手権者・鈴木鼓太郎が2度目の防衛に成功

タッグマッチ
◯潮崎豪&清宮海斗
19分13秒 豪腕ラリアット→体固め
マサ北宮&稲村愛輝×

スペシャル8人タッグマッチ
丸藤正道&◯武藤敬司&望月成晃&X=宮本裕向
20分16秒 シャイニングウィザード→体固め
杉浦貴&桜庭和志&ケンドー・カシン&NOSAWA論外×

GHCナショナル選手権試合
◯中嶋勝彦
28分20秒 ヴァーティカルスパイク→体固め
×征矢学
※第2代選手権者・中嶋勝彦が2度目に防衛に成功




[23] fun◇YtKXN/LQ - 2020/06/22(Mon) 15:01 ID:5pOefa3w  [No.110471]
NOAH “GO FORWARD” powered by ABEMA
6月21日(日)ノア特設アリーナ

試合後のコメントです。

▼第5試合 GHCジュニア・ヘビー級選手権試合
鈴木鼓太郎vsカズ・ハヤシ

【試合後の鼓太郎】
――カズ・ハヤシとの闘いを終えて?
▼鼓太郎「相変わらず強いね。お互い昔のスピードは無いけど、やっぱり経験でその部分を補ってくるから。やっぱり強いよ。WRESTLE-1の休止がカズ・ハヤシをもう1ランク、強くしたんじゃない? それよりちょっとだけ俺のほうが上だっただけで。第1ラウンドは全日本の時でしょ? 第2ラウンドはWRESTLE-1の時。そして第3ラウンドは今。俺の2勝1敗かな?」
――試合後にはYO-HEYが現れて『最終決戦だ』と
▼鼓太郎「最終決戦…自分で言っちゃってね。リーグ戦の決勝で2回も俺に負けて、さらにこのベルトに挑戦してくんだから、俺が言った通り、覚悟決まってんでしょ? もう負けたら本当に“無い"よ。“YO-HEYアラート"だよ」
――負けたら“終わり"とは?
▼鼓太郎「そんなん自分で考えて決めることだろう? 俺がこうしなさいって言ったらそうすんの? 大の大人がそんなことしないでしょ?」
――STINGERとしてはベルトを総獲りしている状態だが?
▼鼓太郎「いいじゃないの。STINGERにアラートは鳴ってないからね。それにしても周りは大人しいね。ジュニアいっぱいいるのに。何で出てこないんだろうな? 分かってんじゃない? 俺に勝てないって」

【カズの話】
「(しゃがみ込みながら)あぁ死んだ…。最強のジュニア戦士・鈴木鼓太郎とここまでやれたのは、俺にとってもかなりの自信になります。なんか『レスラーやってんな』ってカンジですわ。元に戻るのはもう時間の問題。“カズ・ハヤシ"としてね。さらに上行きますからね。やっぱり諦めたら、そこで止まるから。絶対止まる。俺はレスラーとして生きていきます。そして、杉浦軍ジュニアとして行きます。鼓太郎選手には、本当にありがとうと言いたいですね。自信になりました」

 【YO-HEYのコメント】
▼YO-HEY「リング上で言ったことがすべてだし、リング上で言われてまったな、鈴木鼓太郎に。『お前にそれなりの覚悟があるんだったら挑戦してこい』みたいなこと言うとったけど、まったくもってその通りやし。覚悟が無かったら、あいつのベルトに挑戦しようなんて思わんし。オイラには心に秘めたるHAYATAへの思いっていうのはあるけど、そこは一旦置いといて。(ジュニアタッグ挑戦を決定的とした)原田大輔とタダスケに、そこは一旦託して。俺は俺で大きな野望をいだいて、鈴木鼓太郎をパシパシにして。あと大事なのは、元RATEL'Sの3人とSTINGERの抗争。もうええやろ? 正直みんながそう思っとると思うし、俺らが一番そう思っとるちゃうかな? もうええやろと。だから、これを良い機会にして。もちろんベルトはいただくし、原田&タダスケもベルトいただくと思うから、それでもう完全決着と。これで終了という形にできるように、ベルトを“ごっちゃんし"しようかな」
――シングルのGHCジュニア戴冠は悲願だが?
▼YO-HEY「うん、過去の話すんのもアレやけど、大事な大事な場面で、あの鈴木鼓太郎に邪魔されてきた。結局それは俺の実力不足だから。別にあいつに苦手意識を持ってるとか、そういうワケでもないけど、実力的にはあいつが上ってことで、大事な部分はあいつがびゃっと獲った…ってそれだけやから。でも今回は“いろんな覚悟"を持って、今までとは違う覚悟を持って、タイトルに挑戦する。その“覚悟"はタイトルマッチを見てもらったら、分かるというか、タイトルマッチで、リングの上で証明せなあかんことやから。自分自身の課題にもしてやっていこうかな、って思います。…うん、マジメに話しすぎてそろそろ脇毛がちぎれそうなんで。今な、(※いろいろスッキリしない思いを抱えて)すんごい気持ち悪いから。みんな不審に思っとるんちゃう?『YO-HEY最近全然ペロンペロンしてないな』って。俺もペロンペロンしたいけど、なんかクッ!って感じになっとるから、タイトルマッチで爆発させて、また一つ二つ進化したYO-HEYちゃんを見せられるようにな、また脇毛剃って頑張ります!」

 
▼第7試合
丸藤正道&武藤敬司&望月成晃&宮本裕向vs杉浦貴&桜庭和志&ケンドー・カシン&NOSAWA論外

 【試合後の武藤&丸藤&望月&宮本】
▼丸藤「(※宮本を示しながら)MのXです!」
▼武藤「M's allianceか。しょっぱなの日だよな。わりぃな、お前らの足引っ張っちまったよ」
▼望月「いえいえ、前回もそうですけど、武藤さんが一番先に出られてて…」
▼武藤「俺も必死だからな。M's allianceうまくいってくんないと俺も困るんだよ(笑)」
▼丸藤「窓際のM…各団体で追い込まれちゃったような人間が…」
▼望月「いや、控室で話してたんですけど、タイトル戦線とか団体の中心からちょっともうお声がかからないかも…って部分もある“窓際"のMも入ってるんじゃないかと」
▼武藤「俺もか?」
▼望月「いやいや! 武藤さんはもう別格なんですけど…。お願いしますよぉ!(笑) さっきそうやって言ってたじゃないですか、控室で」
――宮本選手はスカウト? それとも直訴があった?
▼丸藤「スカウトですよ。俺も以前から宮本選手のムーンサルトプレスは世界水準だと思ってたんで。本当に美しいムーンサルトで。個人的にずっとそう言ってたんですよ。亜門さんには」
▼宮本「ありがとうございます。宮本亜門です(笑)」
▼武藤「ただ、正直まだ…俺に(ムーンサルトの)ロイヤリティ渡してないよな? まぁそこはMのよしみでディスカウントしとくよ」
※一同笑
――武藤選手は宮本選手についての印象は?
▼武藤「今日は正直、自分のことで必死でねえ。皆さんに助けてもらって。働きぶりを見られるような状況じゃなかったからさ。まぁウチらも出発したばっかりで、今からみんなでクオリティを上げてく、その作業をしていかなくちゃならない。でも、俺は今からベルト狙う気でいるからな!」
▼丸藤「(※武藤側につきながら望月を指差し)僕も狙う気なんですけど、望月さんは“窓際"だって…」
▼望月「えぇ〜? そうみんなで控室で言ってたことをまとめただけだったんですけど…(笑) もちろんこれからね、ガンガン」
▼丸藤「ユニット組んだだけじゃ意味ないから、タッグもそうだしシングルもそうだし狙っていっていいと思うし。今日だってこうして早速、M's alliance…“アライアンスメンバー"の4人目(宮本)が登場してくれて…」
▼武藤「エアライン(※スターアライアンス?)みてーだな…(笑)」
▼丸藤「ええ、アライアンスメンバーの皆様も僕たちの試合を見たらマイレージが貯まる…みたいな感じでお客さんにも観に来て欲しいですね」
▼望月「いいですね!」
▼武藤「集客できるようになったらな、Mがつく人はタダで入れる!みたいな」
▼丸藤「んー…ウチ(ノア)が持たないと思うんで…」
▼武藤「ウン、そうか(笑)」
▼丸藤「じゃあ武藤さんのオフィシャルサイトでグッズ買ったら、Mの人は値引き…とか」
▼武藤「余計なこと言うなよ(笑)」
▼丸藤「まぁでも、応援してくれるファンの方はMがついてなくても良いですし…」
▼武藤「でもお前、言っちゃアレだけど、M以外のイニシャルの人、全員敵に回したからな!(笑)」
▼望月「いやぁでも、これでま(丸藤)、み(宮本)、む(武藤)、も(望月)とそろったんで、次は“め"ということで。選手名鑑みたんですけど、“め"がつくレスラーがなかなかいなくて」
▼丸藤「メイウェザー!」
▼宮本「それは凄い…」
▼望月「武藤さんがいらしたら、もしかしたら呼んでこられるんじゃないか…っていう。世界中のコネクションで。メッシとか…」<
▼武藤「そんなん無理だよ。(※ひそひそ声で)サイバーエージェントがカネ出してくれればよ…」
※一同笑
――ちょうど今日のABEMA解説が松井珠理奈さんだが…
▼武藤「おーそうか! じゃあスカウト行こうよ、スカウト」
▼丸藤「珠理奈ちゃん行きましょう! でも、それで嫌だって言われたらウチらどうしたらいいんですか?(笑)」
▼望月「(松井さんは)推し(※一押し選手のこと)、清宮選手だって言ってませんでしたっけ?」
▼丸藤「どっちについた方が世の中で生きていけるかという話ですよ! ここで勝手に決めちゃいましょう!(笑)」
▼宮本「ディーヴァですね」
▼丸藤「じゃあM's allianceのディーヴァに!」


【試合後の杉浦&桜庭&カシン&論外】
▼カシン「(※ひとり立ち上がって杉浦を指差しながら説教モード)休みすぎだって、休みすぎ」
▼杉浦「いやいや…」
▼カシン「(※今度はレスリング出身・桜庭のカリフラワーアレイを指差しながら)丸藤の野郎、桜庭の耳攻めやがったから腫れちゃったよ! 腫れてんじゃねえか、耳が。(※再び杉浦を指差し)休みすぎだって、場外でチンタラチンタラ休んで」
▼杉浦「え? 俺?(笑) 休みすぎだった?(笑)」
▼論外「いやもう…こうやってみんな(カシンに翻ろうされながら)“成長"していくんですよ、きっと…」
▼桜庭「成長って…みんな平均年齢50ですよ?(笑)」
▼杉浦「でも、悪くなかったよ。悪くないと思うよ」
▼カシン「リデット軍として…」
▼一同「いや杉浦軍」
▼杉浦「リデット軍って…(笑) やっぱり(自分が杉浦軍だと)把握してないんだよ!」
▼カシン「(※お構いなしに)悪くない、悪くない。いいスタートだったリデット軍! よし頑張ろう! 頑張ろう!!」
※と一人張り切りながらカシンは去っていく
▼論外「(リデット社執行)役員への道がだいぶ近くなりましたね…。いやぁ、すいませんボス」
▼杉浦「いやいや、(カシンは)試合やってくれたからね、ちゃんと。悪くないでしょ?」
▼論外「もっとグチャグチャにされるかと思ったけど…。っていうか“制御不能"ってホント、あの人のことですね。杉浦軍つってんのに、リデット軍て……二次災害どころじゃないだろ。でもチームとしては強いですよね」
▼杉浦「まぁね、それは」
▼論外「杉浦軍も再武装で。っていうか桜庭さんもホント、格闘家っていうより、プロレスラーですね」
▼杉浦「なんか藤田君とカシン見てると、桜庭さんが凄くマジメにやってるように見えるのは俺だけかな…。みんなも感じてるでしょ?(笑) あの二人(藤田&カシン)を見てると、桜庭さんはすっごくマジメにノアのプロレスになじもうと…」
▼桜庭「マジメにやってますよ!(笑)」
▼論外「いやぁ俺、最初は桜庭さんも面倒くさい人だと思ってたんですけど、失礼ですけどすっごいまともな良い方で。それを言ったら杉浦貴が一番面倒くさいと思ってノア来たんだけど、一番まとも(笑)」
▼杉浦「だから(面倒への)“免疫力"が高まってんだよね、我々」
▼論外「ハート強くなってますよね、我々。僕はもう試合する体じゃないんでね、悪魔仮面とかは杉浦さん、よろしくお願いしますよ」
▼杉浦「いやもう…俺はこれから(※カシンに抗体のある?)サクに寄り添って。頼りにして! ホントに一番頼りにしてるから!」
▼論外「ホント、一時解雇しなくて良かった!」
▼桜庭「気づいてくれたらありがたいです(笑)」
▼杉浦「(カシンのように)無駄に吠えないし」
▼桜庭「今日自分、吠えられましたけどね…」

 
▼第8試合 GHCナショナル選手権試合
中嶋勝彦vs征矢学

【試合後の中嶋】
――まずは征矢戦を振り返って?
▼中嶋「いやぁ…熱い男だね! 試合見たけどさ、熱いと思ってたよ。『こいつ熱いな!』って。いざ試合で当たってみたらさ、ヤケドするくらいだったね」
――自身が望んでいた通り、刺激に満ちた体験ができた?
▼中嶋「そうだね。画面の向こうで感じてくれてるHOMIESと一緒だよ。どうだった? 刺激的だったか!? そうか、刺激的だったか。そりゃ、うれしいよ!」
――一方この刺激だけで満足…というわけでもなさそうだが
▼中嶋「え? なに? 満足したら終わっていいの? 変なこと聞かないでよ(笑)」
――では次はどんな刺激が欲しい?
▼中嶋「逆にこっちが教えて欲しいくらいだよね。でも、今回トーナメントをやって、タイトルマッチができた。この流れは本当に良かったと思うよ。こういう刺激もアリだと思うし、GHCナショナルらしさが、それで出れば良いと思うしね。トーナメントもまだ1回しかやってないから、またいつかトーナメントをやってもいいかもしれないし、もっと違う形でこのベルトを目指して集まってくる選手たちがいても良いと思うし。可能性はたくさんあるんじゃないかな? 俺も何かピンと来たら提案させてもらうよ」
――階級のみならずルールにもこだわらない?
▼中嶋「それも面白いね。ルールを変えても良いんだもんね。俺もまだやったこと無いルールとか、たくさんあるしね!」
――7月18日から興行が再開することが決まった、生でベルト姿を見せられる日がやってくる
▼中嶋「楽しみ。このベルトを見せるだけじゃなくて、もちろんHOMIESも楽しみだと思うし、俺たちも選手として楽しみだよ。やっとだよ! やっと! 画面の向こうではなく、同じ空間で、同じことを感じられる。やっとだね。これまで当たり前だったことができなかった数カ月間だったから。HOMIESも俺たちもその日は爆発すると思うよ、楽しみだ」
――歴史の浅いベルトを赤子に例えていたが、改めてファンと一緒に育てていきたい?
▼中嶋「うん。もう一緒に育ててるけどね。あと最後に言ったけど、誰の挑戦でも受けるからね。この“赤の刺激"が欲しかったら、出てこいよ。俺も待ってるよ」
――無観客で獲って、無観客で守り続けてきたことに今までと違う感触はあった?
▼中嶋「画面の向こうからHOMIESが見てるから。感覚という部分では変わらないかな。状況は違うけど」



[24] fun◇YtKXN/LQ - 2020/06/22(Mon) 22:11 ID:5pOefa3w  [No.110472]
7月18日(日) &19日(日) 後楽園ホール
STAY TOGETHER FOREVER ! Day1&2 全対戦カードが決定。

STAY TOGETHER FOREVER ! Day1
7月18日(土) 18:30 後楽園ホール

※AMEBAにて生中継

 【全対戦カード】

▼スペシャルタッグマッチ
潮崎豪&清宮海斗 vs 丸藤正道&武藤敬司

▼10人タッグマッチ
杉浦貴&桜庭和志&ケンドー・カシン&カズ・ハヤシ&NOSAWA論外 vs 拳王&マサ北宮&征矢学&覇王&仁王

▼3vs3イリミネーションマッチ
鈴木鼓太郎&小川良成&HAYATA vs 原田大輔&タダスケ&YO-HEY
※オーバー・ザ・トップロープルールを採用

▼6人タッグマッチ
中嶋勝彦&谷口周平&モハメド ヨネ vs 小峠篤司&大原はじめ&吉岡世起

▼シングルマッチ
岡田欣也 vs 稲村愛輝


 STAY TOGETHER FOREVER ! Day2
7月19日(日) 11:30 後楽園ホール

【全対戦カード】

 ▼12人タッグマッチ
潮崎豪&中嶋勝彦&清宮海斗&谷口周平&小峠篤司&大原はじめ vs 拳王&マサ北宮&稲村愛輝&征矢学&覇王&仁王

 ▼GHCジュニア・ヘビー級選手権試合
(第42代選手権者)鈴木鼓太郎 vs YO-HEY(挑戦者)
※第42代選手権者、鈴木鼓太郎の3度目の防衛戦。

▼GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合

(第40代選手権者)小川良成&HAYATA vs 原田大輔&タダスケ(挑戦者)
※第40代選手権者、小川&HAYATAの初防衛戦。

▼熊野準 休業前ラストマッチ
丸藤正道&岡田欣也 vs 杉浦貴&熊野準
※4月19日・後楽園ホール大会にて予定しておりました熊野準選手休業前ラストマッチを行うことが決定。
当初予定していた対戦カードと変更。

 ▼シングルマッチ
モハメド ヨネ vs 井上雅央





[25] fun◇YtKXN/LQ - 2020/06/26(Fri) 23:23 ID:u8PsSRHg  [No.110478]
新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年11月22日(日)に予定していた東京・両国国技館大会は、現段階で開催困難と判断しまして、開催を見合わせることになったそうです。

 また、新型コロナウイルスの感染症拡大の防止のため、中止となりました横浜文化体育館大会の開催が決定。

さらに2020年8月開催大会が決定。

 各大会での公式ホームページからのお願い。
※ソーシャルディスタンス確保のため、本大会の座席に関しましては、全てのお席は間隔を空けての販売となります。

※複数枚数をお買い上げいただいた場合でもお隣との間隔が空きますことをご了承ください。

※ご観戦は必ずチケット券面に記載されたお席でお願いいたします。

※車いすのお客様へのご案内はS席のご購入となります事をご了承ください。

ノア事務所まで事前にお問合せください。


NOAH the SPIRIT 2020
8月2日(日) 11:30〜 新木場1st RING

DEPARTURE 2020 day1
8月4日(火) 18:30〜 後楽園ホール

DEPARTURE 2020 day2
8月5日(水) 18:30〜 後楽園ホール

PRO WRESTLING NOAH 20th ANNIVERSARY
NOAH the CHRONICLE vol.3
8月10日(祝・月) 16:00〜 横浜文化体育館



下記大会のチケット情報などについては、決定次第お知らせの予定との事。

8月20日(木)18:30〜 後楽園ホール

8月22日(土)11:30〜 新木場1st RING

8月22日(土)18:00〜 新木場1st RING

8月30日(日)16:00〜 カルッツかわさき

9月6日(日)17:00〜 ふじさんめっせ

 





[26] fun◇YtKXN/LQ - 2020/06/26(Fri) 23:23 ID:u8PsSRHg  [No.110479]
連続投稿失礼します。

NOAH“NEW HOPE” DAY3 対戦カードが決定。

 5月24日よりABEMAにてスタートした新しい時代の幕開けを飾る清宮海斗を中心とした新時代のテレビマッチNOAH“NEW HOPE” DAY3の対戦カードが決定。
 
NOAH“NEW HOPE” DAY3
7月5日(日) よる7:00
シャトーアメーバスタジオ

【対戦カード】

▼シングルマッチ
清宮海斗 vs 稲葉大樹

 ▼シングルマッチ
原田大輔 vs 吉岡世起

 ▼タッグマッチ
小峠篤司&大原はじめ vs 覇王&仁王

 ▼シングルマッチ
稲村愛輝 vs 岡田欣也

 ▼シングルマッチ
レネ・デュプリ vs タダスケ

※ABEMAにて無料放送
〉〉://abe.ma/2NswXEs


[27] fun◇YtKXN/LQ - 2020/06/29(Mon) 17:56 ID:1FHg1mDU  [No.110482]
『初代タイガーマスク 佐山サトル ストロングスタイルプロレスVol.6』
6月26日(金)
ストロングスタイルプロレス特設ホール
※無観客試合

遅くなりましたが参戦試合の結果です。

▼[リアルジャパン軍]vs[藤田軍]全面対決! 60分1本勝負
[リアルジャパン軍]○スーパー・タイガー&船木誠勝&アレクサンダー大塚&スーパーライダー
23分46秒 胴締めチキンウイングフェイスロック→レフリーストップ
[藤田軍]藤田和之&ケンドー・カシン&×NOSAWA論外&杉浦貴(NOAH)


[28] fun◇YtKXN/LQ - 2020/07/01(Wed) 00:15 ID:  [No.110484]
7・26後楽園大会「STAY TOGETHER FOREVER ! Day2」
1月4日・後楽園ホール Day1 NEW SUNRISE以来、約6ヶ月振りの日テレG+放送が決定。

STAY TOGETHER FOREVER ! Day2
日テレG+
7月26(日) 23:00〜26:30 ON AIR

 
「STAY TOGETHER FOREVER ! Day2」

7月19日(日) 11:30 後楽園ホール
【全対戦カード】

 ▼12人タッグマッチ
潮崎豪&中嶋勝彦&清宮海斗&谷口周平&小峠篤司&大原はじめ vs 拳王&マサ北宮&稲村愛輝&征矢学&覇王&仁王

▼GHCジュニア・ヘビー級選手権試合
(第42代選手権者)鈴木鼓太郎 vs YO-HEY(挑戦者)
※第42代選手権者、鈴木鼓太郎の3度目の防衛戦。

 ▼GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合
(第40代選手権者)小川良成&HAYATA vs 原田大輔&タダスケ(挑戦者)
※第40代選手権者、小川&HAYATA組の初防衛戦。

 ▼熊野準 休業前ラストマッチ
丸藤正道&岡田欣也 vs 杉浦貴&熊野準

4月19日・後楽園ホール大会にて予定していた熊野準選手休業前ラストマッチを行うことが決定。
当初予定されていた対戦カードと変更となったことをご了承くださいとの事。

 ▼シングルマッチ
モハメド ヨネ vs 井上雅央


[29] fun◇YtKXN/LQ - 2020/07/01(Wed) 00:16 ID:  [No.110485]
連続投稿失礼します。

2回目となる金剛興行「DIAMOND2」の一部対戦カードが決定。

「金剛興行 DIAMOND2」
7月24日(祝・金) 11:30〜
後楽園ホール

<決定対戦カード>

▼シングルマッチ
 拳王 vs 覇王



[30] fun◇YtKXN/LQ - 2020/07/03(Fri) 21:25 ID:  [No.110491]
プロレスリング・ノア旗揚げから20年を迎える8月4日&8月5日・後楽園ホール大会2連戦の模様を日テレジータスにて生中継を行う事が決定。

 「DEPARTURE 2020 day1」
8月4日(火) 18:30〜 後楽園ホール
※日テレジータスにて8月4日(火) 18:30〜22:00 生中継

 「DEPARTURE 2020 day2」
8月5日(水) 18:30〜 後楽園ホール
※日テレジータスにて8月5日(水) 18:30〜22:00 生中継



[31] fun◇YtKXN/LQ - 2020/07/05(Sun) 23:01 ID:  [No.110494]
「ノアTVマッチ」
NOAH "NEW HOPE" Day3 powered by ABEMA
7月5日(日)シャトーアメーバスタジオ※無観客試合

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯レネ・デュプリ
8分28秒 ダイビングエルボードロップ→片エビ固め
×タダスケ

〈第2試合〉シングルマッチ
◯稲村愛輝
11分09秒 スプラッシュマウンテン→エビ固め
×岡田欣也

〈第3試合〉タッグマッチ
◯小峠篤司&大原はじめ
16分05秒 キルスイッチ→片エビ固め
覇王&仁王×

〈第4試合〉シングルマッチ
△原田大輔
20分00秒 時間切れ引き分け
△吉岡世起

〈第5試合〉シングルマッチ
◯清宮海斗
15分27秒 タイガースープレックスホールド
×稲葉大樹





[32] fun◇YtKXN/LQ - 2020/07/06(Mon) 06:48 ID:  [No.110495]
NOAH“NEW HOPE” DAY4 対戦カードが決定。

 5月24日よりABEMAにてスタートした新しい時代の幕開けを飾る清宮海斗を中心とした新時代のテレビマッチ
NOAH“NEW HOPE” DAY4の対戦カードが決定。
 
NOAH“NEW HOPE” DAY4
7月12日(日) よる7:00〜
シャトーアメーバスタジオ
※無観客試合

 【全対戦カード】

▼タッグマッチ
清宮海斗&稲葉大樹 vs 小峠篤司&吉岡世起

▼シングルマッチ
原田大輔 vs 覇王

▼シングルマッチ
レネ・デュプリ vs 稲村愛輝

▼シングルマッチ
タダスケ vs 岡田欣也

※ABEMAにて無料放送。
視聴URL 〉〉//abe.ma/3ikqr0E


[33] fun◇YtKXN/LQ - 2020/07/06(Mon) 06:49 ID:  [No.110496]
連続投稿失礼します。

金剛興行 DIAMOND2 全対戦カードが決定。

金剛興行 DIAMOND2
7月24日(祝・金) 11:30〜 後楽園ホール

 【全対戦カード】

 ▼シングルマッチ
拳王 vs 覇王

▼シングルマッチ
マサ北宮 vs 稲葉大樹

▼シングルマッチ
征矢学 vs 谷口周平

▼シングルマッチ
稲村愛輝 vs 望月成晃

▼シングルマッチ
仁王 vs 獅龍



[34] fun◇YtKXN/LQ - 2020/07/07(Tue) 22:26 ID:  [No.110497]
「ノアTVマッチ」
NOAH "NEW HOPE" Day3 powered by ABEMA
7月5日(日)シャトーアメーバスタジオ

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第4試合
原田大輔 vs 吉岡世起

【吉岡の話】
「原田大輔、知ってるよ。ノアのジュニアでもトップの選手だろ? エルボー一発の破壊力、ハンパねえよ。ハンパないけど、今日は引き分けだ。引き分けだ! 俺もまだまだ“負けてない"んだよ。原田大輔と20分じゃ足りないってことだ。俺はもっともっと全開でいくから! もっともっとノアジュニアに食い込むぞ!」

 【原田の話】
「悔しいな! このTVマッチ、あと一歩で取り逃す場面が多すぎる。自分自身、もっとしっかりせえって! HAYATAも小川良成も倒さなアカンし、つまづいてるワケにはいかんねん。もっとしっかりせな! 来週もあるしな、タイトルマッチに向けてつまづかへんぞ。今日は今日やもう! 次に気持ち切り替える。ただ悔しい、クソー!」

 
第5試合
清宮海斗 vs 稲葉大樹

【試合後の清宮&稲葉】
▼清宮「(※稲葉に)ありがとうございました。いやぁホントに情熱が凄いですね」
▼稲葉「自分も前の団体(WRESTLE-1)がいろいろあって、プロレスやりたいけどやれない。そういう状況が続いてて。前回NEW HOPEで清宮さんの前に出ていって、清宮さんと試合が組まれて、思う存分、清宮さんに思いの丈をぶつけられたんで、またプロレスが楽しくなってきました。どんどんプロレスが楽しくなってきました。ありがとうございました」
▼清宮「稲葉選手とまたこうしてリング上で出会えて幸せですよ。前のリングでタッグ組んでやった時も、また関われればいいなってずっと思ってたんで。ホントにもう一回、二人でやってやりましょう。プロレス界に俺たちのパワーっていうのを、見せてやりましょう」
▼稲葉「よろしくお願いします! 次、タッグ組みましょう」
▼清宮「やりましょう! もう次から動いていきましょう」
――稲葉選手はノアへの印象や初参戦の感想は?
▼稲葉「やっぱり熱いですよ。いろいろプロレス業界が進んでない時も、ノアさんはずっとプロレスを動かしていて。そこに上がれるってことは凄いうれしいです」
――NEW HOPEという枠で組んでいく? 本戦まで見据えている?
▼清宮「ノアと闘ってきた人間と、WRESTLE-1で闘ってる人間。やっぱり見てきた景色が違うと思うから、そこを融合させて。まずNEW HOPEが次もあるんで、そこからプロレス業界、NEW HOPEに注目してる人、たくさんいると思うんで、響かせていきたいですね」
――稲葉選手のほうがだいぶ先輩だが『胸を貸してもらった』との言葉もあった
▼稲葉「そこに先輩・後輩も関係ないと思うんで。僕も清宮さんが後輩だろうがなんだろうが、吸収するものは吸収したいし、後輩だろうが凄いところは凄いところで認めてるし。僕もそこを学んでいかないといけないと思ってるんで。そこは関係ないですね」
――清宮選手は他にもパートナーがいた気がするが…?
▼清宮「他の話は今はいいんじゃないですかね。僕と稲葉選手でプロレス業界に風穴を開けるって言ったことがすべてなんで」



[35] fun◇YtKXN/LQ - 2020/07/08(Wed) 22:01 ID:  [No.110500]
7月30日(木)のクラブチッタ川崎大会のWRESTLE UNIVERSE生配信が決定。

 NOAH SANCTUARY
7月30日(木) 19:00〜
ノア特設アリーナ(クラブチッタ川崎)
チケット料金 全席指定7,000円

※WRESTLE UNIVERSE生配信 7月30日(木)19:00〜
〉〉://www.ddtpro.com/universe/videos/8915

※ WRESTLE UNIVERSEのご加入方法
〉〉://www.ddtpro.com/account/plan/explanation



[36] fun◇YtKXN/LQ - 2020/07/12(Sun) 21:35 ID:.JM3x6l.  [No.110506]
7・30川崎大会「NOAH SANCTUARY」 対戦カードが決定。

 「NOAH SANCTUARY」
7月30日(木) 19:00〜
ノア特設アリーナ(クラブチッタ川崎)

※WRESTLE UNIVERSEにて生配信
〉〉://www.ddtpro.com/universe/videos/8915

 <全対戦カード>

 ▼6人タッグマッチ
丸藤正道&小峠篤司&大原はじめ vs 清宮海斗&原田大輔&タダスケ

▼タッグマッチ
潮崎豪&中嶋勝彦 vs 覇王&仁王

▼シングルマッチ
YO-HEY vs 吉岡世起

▼タッグマッチ
谷口周平&岡田欣也 vs マサ北宮&稲村愛輝

※WRESTLE UNIVERSEのご加入方法(加入月は無料)
〉〉://www.ddtpro.com/account/plan/explanation

 



[37] fun◇YtKXN/LQ - 2020/07/12(Sun) 21:35 ID:.JM3x6l.  [No.110507]
連続投稿失礼します。

NOAH "NEW HOPE" Day4 powered by ABEMA
「ノアTVマッチ」NOAH "NEW HOPE" Day4 powered by ABEMA
7月12日(日)シャトーアメーバスタジオ

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯タダスケ
9分43秒 地団駄ラリアット→エビ固め
×岡田欣也

〈第2試合〉シングルマッチ
◯レネ・デュプリ
9分37秒 ダイビングエルボードロップ→片エビ固め
×稲村愛輝

〈第3試合〉シングルマッチ
◯原田大輔
17分00秒 片山ジャーマンスープレックスホールド
×覇王

〈第4試合〉タッグマッチ
◯清宮海斗&稲葉大樹
15分16秒 タイガースープレックスホールド
×小峠篤司&吉岡世起



[38] fun◇YtKXN/LQ - 2020/07/18(Sat) 21:53 ID:diZMdfQ6  [No.110517]
THE REVIVAL ー復興ー
9月13日(日) 16時00分〜
石川県産業展示館3号館

主催 ノア・グローバルエンタテインメント株式会社

本大会の大会実行委員長に馳浩氏が就任することが決定。

特別参戦選手
武藤敬司 桜庭和志 2選手の参戦も決定。


[39] fun◇YtKXN/LQ - 2020/07/18(Sat) 21:54 ID:diZMdfQ6  [No.110518]
連続投稿失礼します。

「STAY TOGETHER FOREVER ! day1」
7月18日(土)後楽園ホール
観衆:494人

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
×岡田欣也
10分18秒 逆エビ固め
◯稲村愛輝

〈第2試合〉6人タッグマッチ
◯中嶋勝彦&谷口周平&モハメド ヨネ
15分25秒 ヴァーティカルスパイク→体固め
小峠篤司&×大原はじめ&吉岡世起

〈第3試合〉3vs3イリミネーションマッチ
鈴木鼓太郎&小川良成&HAYATA×
vs
◯原田大輔&タダスケ&YO-HEY

1 タダスケ(2分41秒 ラリアット→片エビ固め)小川良成
2 YO-HEY(7分01秒 顔面G→エビ固め)鈴木鼓太郎
3 HAYATA(12分51秒 オーバー・ざ・トップロープ)YO-HEY
4 HAYATA(14分26秒 クロスフィックス)タダスケ
5 原田大輔(16分06秒 片山ジャーマンスープレックスホールド)HAYATA
※原田大輔が1人残りで原田組の勝利

〈第4試合〉10人タッグマッチ
◯杉浦貴&桜庭和志&ケンドー・カシン&カズ・ハヤシ&NOSAWA論外
16分56秒 オリンピック予選スラム→体固め
拳王&マサ北宮&征矢学&覇王&仁王×

〈第5試合〉スペシャルタッグマッチ
×潮崎豪&清宮海斗
20分48秒 真・虎王→片エビ固め
◯丸藤正道&武藤敬司



[40] fun◇YtKXN/LQ - 2020/07/19(Sun) 22:45 ID:EonrEOuU  [No.110519]
「STAY TOGETHER FOREVER ! day1」
7月18日(土)後楽園ホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第1試合
稲村愛輝 vs 岡田欣也

【稲村の話】
「今日だってしっかり岡田に勝ったぞ! 前も言ったけど、同期なんだからとことんまで蹴落として、アイツの得意なモノは全部潰して! 全部受けて! また、何度でも俺が勝ってやる!!」

 
第2試合
中嶋勝彦&谷口周平&モハメド ヨネ vs 小峠篤司&大原はじめ&吉岡世起

【試合後の中嶋】
――初めてその赤いベルトを持ってお客さんの前に立ったことと、観客を入れての興行が再開したことについては?

▼中嶋「やっとこの日が来たなと。久々の有観客。楽しめたね」

――ベルトも見せられたことに感慨深いものがあった?

▼中嶋「そうね。やっぱり今日、大会ができたってことは、ノアとHOMIESたちの頑張った証拠でしょ? 今日を迎えられたっていうのは。だから、胸を張って『ただいま』と言いたいよね。コロナがまだまだ渦巻いている中でも、こうやって来てくれたHOMIESには『お帰り』と言いたいよね」

――それだけにこの状況を大事にしていきたいと?

▼中嶋「ひとつひとつの大会がこれからのノアに繋がっていく。これまでとはまたちょっと違ってくると思うしね。さらに、ノアは加速していくんじゃないかな?」

――当然、赤いベルトを持って、その原動力のひとつになる?

▼中嶋「俺がこのGHCナショナルのベルトとともに、さらに加速していくよ。これからも見届けてくれ」

【試合後の小峠&大原&吉岡】
▼小峠「うわ、なんて日だ! なんて日だあああ!! ちきしょー!! やっと有観客やったのに!! やっぱ俺がリーダーやから! リーダーとして…」

※吉岡が言葉を制して

▼吉岡「リーダー、リーダー言って和を乱してるから! もっと考えて、話し合ってリーダーは決めるべきだろ! リーダーリーダーひとりで突っ走りやがって!」

▼小峠「(※半分無視して)俺がしっかりしてればあああ!!!!」

※小競り合いになりそうなところで大原が割って入る

▼大原「もうやめてくれ!! もう終わりだ! 俺たちのなかでこんな争いを続けてたら、いつまで経ってもキリがない! こうなったら、リーダーを決めるために俺たちFULL THROTTLEのなかで巴戦をやろう! 全員で闘って、巴戦やってリーダー決めようよ!」

▼小峠「…せやな。俺たちプロレスラーだからよ! 決められなかったリーダー問題、ちゃんと決めなあかんと思う」

▼吉岡「それがレスラーらしい決め方かもしれませんね」

▼小峠「俺たちチーム内で闘い合って、一番強かったヤツがリーダーってことで十分やな?」

▼吉岡「それなら異論ねえよ」

▼小峠「勝ってやるからな! 俺について来い!!(※と言いながら小峠が去る)

▼吉岡「その『ついて来い!』っていうのがリーダーらしくてだめなんだよ!」

▼大原「…次回、エンジン全開フルスロットル、リーダー決定巴戦! 次回もエンジン全開! フルスロットル!!」

 

第3試合 イリミネーションマッチ
鈴木鼓太郎&小川良成&HAYATA vs原田大輔&タダスケ&YO-HEY

【試合後の原田&YO-HEY】
▼YO-HEY「まあ、明日も我々3人、みんなもタイトルマッチがあるから、このSTINGERとのイリミネーションマッチというのは、誰が見てもわかるように、当たり前に明日の大会に繋がる、勢いづくためにメチャクチャ大事な試合であって。それに俺たち元チームメイトでSTINGER相手に勝ったというのはメチャクチャデカいし。まああとは、おいらはおいらで、鈴木鼓太郎のことを1、2、3…3カウントをバッチリ取ったから。今日はちょっと向こうもなんじゃこの王様みたいな感じで、クルクルパーになっているかもしれんけど、明日は明日で俺がいろいろ用意しておくから。お楽しみください、鈴木鼓太郎選手。どうぞよろしく」

▼原田「わかったやろ、HAYATA。結局お前はひとりじゃなんもできへん。小川とか、鈴木の影に隠れなきゃなんもできへんやろ。明日な、今日以上の痛みをお前に味わわせたるからな。楽しみにしとけ」



[41] fun◇YtKXN/LQ - 2020/07/19(Sun) 22:48 ID:EonrEOuU  [No.110520]
「STAY TOGETHER FOREVER ! day1」
7月18日(土)後楽園ホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。
 
第4試合
杉浦貴&桜庭和志&ケンドー・カシン&カズ・ハヤシ&NOSAWA論外 vs 拳王&マサ北宮&征矢学&覇王&仁王

【試合後の杉浦軍】
▼カシン「今日金剛に勝ったんだから、24日の金剛軍興行はリデット興行に決定だ! 決定」

▼論外「よ、予定が…」

▼カシン「決定だから。リデット軍としてリデット興行を」

▼論外「杉浦軍、杉浦軍…。カズさんも長いものに巻かれるようになりましたね」

▼カズ「俺ね、あんまり喋らないほうがいいって気づいた。あんまり口出すと…」

▼論外「でも楽しそうにけしかけてましたね。ボスを…」

▼杉浦「ああいうの(タックル合戦)は若いのにやってほしいよね。最初から」

▼カシン「そんなことより金剛軍には、大森隆男と井上雅央を入れて、“タカ王"と"マサ王"にしろ」

※カシンは言うだけ言って去っていく

▼カズ「言いっ放しになってる」

▼杉浦「言うだけ言って…」

▼論外「これも個性で。ただチームとしてはね、全然勢いがありますから。コンディションが良さそうだし。皆さん楽しそうにやってるし」

▼桜庭「なんかわからないけど最後、カシンが場外(鉄柵の外)に行こうとするの金剛と一緒に止めてましたよ(笑)」

▼論外「それもこ、個性、個性でね。まぁ金剛6人倒して、今こっちは5人なんで、ちょっとひとり一時雇用をして。鈴木秀樹を次にまた。一時雇用だから」

▼杉浦「再雇用」

▼論外「一時再雇用だから。ちょっとまた次回杉浦軍に。決してチーム・リデットじゃないから。杉浦軍だから。今日、リデットポーズしてましたけど、杉浦軍だから」

▼杉浦「誰か質問ないの?」

――久しぶりにお客さんのいる空間を味わったが?

▼杉浦「そんな味わう暇もなかったよ(笑) こっちはもう、あの人(カシン)のせいで。でも、なんだろうね、声が出ないぶん、拍手が大きくて」

▼論外「今日イチでしたよ、拍手は」

▼杉浦「50歳で一応リーダーを名乗らせてもらっているのに、あんなの(最初のタックル合戦)やらされて(笑) 普通、ああいうのって若い生き生きしたヤツが最初に出てやるじゃん?」

▼論外「次はタックルの限定マッチをやればいいですよ(笑)」

▼杉浦「30分ぐらいやってね(笑) まあ、まだまだ北宮や若いヤツには負けないよ」

▼論外「カズさんもカズさんで面倒くさいんで大丈夫ですよ」

▼カズ「杉浦軍として初めて杉浦さんと組ませてもらって。トップの杉浦さんがああやって見せてくれるじゃないですか。あれですよ。レスラーですから、止まっちゃダメ。杉浦さんが頑張っている姿を見て、僕らはそこに行きたいなと思って」

▼論外「レスラーとして頑張んないからWRESTLE-1は…」

▼カズ「いろいろあったんですよ!(笑)」

▼杉浦「まとまんないじゃねえか!(笑)」

 

第5試合 スペシャルタッグマッチ
潮崎豪&清宮海斗 vs 武藤敬司&丸藤正道

【試合後の丸藤&武藤】
▼武藤「まずは潮崎、強いな?」

▼丸藤「いや、強いっすよ。強いっす」

▼武藤「俺ね、今日初対面で、初めて戦ったんだけど、俺のこの床の体勢から、あの野郎、俺を持ち上げて投げやがった。なかなか俺も日本人の選手でそうあそこまで投げられた経験ねえよな」

▼丸藤「あとはもう、敵ながら、潮崎のチョップも食らっていただきたかったなという部分があるんですけど、また今度」

▼武藤「次の機会に。その前に、俺は清宮。実は俺もおぼろげになんだかんだ言って、いい年こいて夢があってよ。やっぱりGHCのあのチャンピオンベルトというのも俺の視野の中には入っている。長い間、タイトルマッチをしてない中でさ、まあまあ、仮想チャンピオンシップっていうのを想定して清宮と」

▼丸藤「去年1年間、あいつもチャンピオンだったんで」

▼武藤「ああ、そう? なかなか若くて。だいたいああいう若いヤツを食べて、エキスにして、こうやって俺も長らえているからさ。あとは、お客だよな。やっぱりお客の拍手とかはレスラー冥利に尽きるというか。これを浴びている限りは、なんか年取らねえような気がするよ、俺も」

▼丸藤「いやいや、取ってないですね。お客さんがいるってだけで、本当になんか生きてるという感じがしました。さっき言ったように、武藤さんがGHCも狙っているみたいな言い方をすると、俺もうかうかしてられないんでね」

▼武藤「いや、俺は別に同じ“M alliance"だけど、それでもやってもいいじゃん、きっと」

▼丸藤「そうですね」

▼武藤「丸藤に獲ってもらって。また俺のコンディション、体調が整った時は、ぜひ2人でやってもいいわけで」

▼丸藤「それを僕の中で1つの理由というか」

▼武藤「その前に若造をちょっと…。まあまあまあ、俺の中で自分自身の査定があるからさ。できるかできないかっていう」

▼丸藤「清宮のせいで、武藤さんがドンドン若返ってしまっているんじゃないか? あいつは自分でそういう種を蒔いてるよ」

▼武藤「ただね、若さというあの伸びしろっていうのはさ。今日もいろいろ引き出しをいっぱい出しているんだけど、あの伸びしろは脅威ですよ。正直ね、引き出しいっぱい出してるんだけど、そう引き出しもねえんだよ。だから、ギリギリのところで俺も戦ってるんだけどさ、そこがひとつのレスラー冥利に尽きるところで、やり甲斐という部分でね。その前に、またPCR検査をノアで受けさせてもらって」

▼丸藤「そうですね」

▼武藤「お互いが陰性じゃなきゃできねえからな」

▼丸藤「武藤さんはツバ出るの早いから(笑)」

▼武藤「俺の隣はカズだったけど、俺のほうが早かったからな。年取ったからって、唾液出るからね。早いよ」

▼丸藤「若い証拠ですよ、やっぱり」

――丸藤選手の最後の技は?

▼丸藤「今、世界中でもああいう二段式のヒザ蹴りが流行っている中で、前からやる人間もいれば、後ろからやる人間もいるんで。その中で、真横からやる人間はいないなと思ってね。なおかつ、腕を極めてやれば、これはもう確実に勝てますよ。いい機会だった、あの技を出すのに。チャンピオンを倒したっていうね、実績もできたし。あれだったら、2m、3m、4mあるガイジンだって日本人だって決められると思うんで。俺はそういうプロレスもやっぱ目指しているし、いい武器ができました。だから、文句ないだろ? 俺もこの20年…20年ノアに居続けたんだよ。あいつはもしかしたら、一度いなくなって戻ってきて。でも、一生懸命頑張って、信頼を取り戻したかもしれない。それは本当に素直に認めるし、あいつの強さ、若さ、そういうものは認める。でもよ、やっぱ俺はこの20年、ノア一筋で、ノアというものを背負ってやってきたんだよ。そのノアが20年だよ、今年。ちょうど20周年。チャンピオンでいられたら本当はよかったんだけど、そうじゃないなら、俺しかいないだろ? どうだ? 噛まずに言っただろ」

▼武藤「ちょっと言われて、俺も心が痛いんだよ。俺も転々としてるから」

▼丸藤「武藤さんには言ってないです(笑)」

▼武藤「まあ、とりあえず、今日は松井珠理奈もまんざら“M alliance"に…」

▼丸藤「あれはもう加入します」

▼武藤「ただよ、俺らは試合で見せて、周りに入りたいと思わせるようなチームにしたいな。だから、ぜひチャンピオンになって」

▼丸藤「あと、本当に最後にひとつだけ聞いてほしいことがあるんだ。武藤さん、“M alliance"じゃなくて“M's alliance"ですよ。以上!」

 【潮崎の話】「丸藤正道…よし。GHCヘビー級を懸けて、タイトルマッチやりましょう。ただ、アイ・アム・リアル・ノア? “I am NOAH"にリアルもフェイクもないよ。俺が“I am NOAH"だ」

 【清宮の話】「武藤敬司、あの人の懐の深さには本当に感謝しかできないよ。3対3で当たって、2対2で当たって。どっちも自分の不甲斐ない戦いだったけど、それでもシングルマッチでやってくれる。だからこそ、俺は必ず次こそは、8月10日、横浜文体、あの人の領域まで踏み込んでみせる。プロレス界のナンバーワンになるために、絶対に文体であの人と同じステージに立ってみせます」



[42] fun◇YtKXN/LQ - 2020/07/19(Sun) 22:50 ID:EonrEOuU  [No.110521]
「STAY TOGETHER FOREVER ! day2」
7月19日(日)後楽園ホール
観衆:487人

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯モハメド ヨネ
9分59秒 キン肉バスター→片エビ固め
×井上雅央

〈第2試合〉熊野準 休業前ラストマッチ
◯丸藤正道&岡田欣也
18分22秒 真・虎王→体固め
杉浦貴&熊野準×

〈第3試合〉GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合
小川良成&HAYATA◯
23分11秒 ヘデック→体固め
×原田大輔&タダスケ
※第40代選手権者・小川良成&HAYATA組が初防衛に成功

〈第4試合〉GHCジュニア・ヘビー級選手権試合
◯鈴木鼓太郎
16分48秒 レクイエム→エビ固め
×YO-HEY
※第42代選手権者・鈴木鼓太郎が3度目の防衛に成功

〈第5試合〉12人タッグマッチ
◯潮崎豪&中嶋勝彦&清宮海斗&谷口周平&小峠篤司&大原はじめ
21分05秒 豪腕ラリアット→片エビ固め
拳王&マサ北宮&征矢学&×稲村愛輝&覇王&仁王


   



[43] fun◇YtKXN/LQ - 2020/07/19(Sun) 22:51 ID:EonrEOuU  [No.110522]
連続投稿失礼します。

8/2新木場大会〜8/5後楽園大会の全対戦カード、8/10横浜大会の一部対戦カードが決定。
8/4後楽園大会で、GHCナショナル選手権、(王者)中嶋勝彦 vs 拳王(挑戦者)、ノア 20周年記念試合として、丸藤正道&杉浦貴&小川良成 vs 潮崎豪&清宮海斗&鈴木鼓太郎
8/5後楽園大会でGHCヘビー級選手権、(王者)潮崎豪 vs 丸藤正道(挑戦者)
8/10横浜大会でIPWジュニア選手権、
(王者)原田大輔 vs HAYATA(挑戦者)、スペシャルシングルマッチ、武藤敬司 vs 清宮海斗
などが行われます。

 

8月2日(日)11:30〜 新木場1st RING

 ▼6人タッグマッチ
潮崎豪&原田大輔&YO-HEY vs 丸藤正道&小峠篤司&大原はじめ

▼シングルマッチ
清宮海斗 vs カズ・ハヤシ

▼タッグマッチ
中嶋勝彦&岡田欣也 vs 拳王&稲村愛輝

▼シングルマッチ
タダスケ vs 吉岡世起

 ▼タッグマッチ
谷口周平&モハメド ヨネ vs 齋藤彰俊&井上雅央

 

8月4日(火)試合開始18:30 後楽園ホール

 ▼GHCナショナル選手権試合
(第2代選手権者)中嶋勝彦 vs 拳王(挑戦者)

 ▼プロレスリング・ノア 20周年記念試合
丸藤正道&杉浦貴&小川良成 vs 潮崎豪&清宮海斗&鈴木鼓太郎

▼6人タッグマッチ
小峠篤司&大原はじめ&吉岡世起 vs 原田大輔&タダスケ&YO-HEY

▼タッグマッチ
谷口周平&モハメド ヨネ vs 征矢学&稲村愛輝

▼タッグマッチ
HAYATA&岡田欣也 vs 覇王&仁王

▼シングルマッチ
齋藤彰俊 vs マサ北宮



8月5日(水)18:30〜 後楽園ホール

 ▼GHCヘビー級選手権試合
(第33代選手権者)潮崎豪 vs 丸藤正道(挑戦者)

▼12人タッグマッチ
杉浦貴&桜庭和志&ケンドー・カシン&鈴木秀樹&NOSAWA論外&カズ・ハヤシ
vs
拳王&マサ北宮&稲村愛輝&征矢学&覇王&仁王

▼6人タッグマッチ
鈴木鼓太郎&小川良成&HAYATA vs 原田大輔&タダスケ&YO-HEY

▼6人タッグマッチ
清宮海斗&谷口周平&稲葉大樹 vs 小峠篤司&大原はじめ&吉岡世起

▼6タッグマッチ
中嶋勝彦&モハメドヨネ&岡田欣也vs 齋藤彰俊&井上雅央&諸橋晴也



8月10日(祝・月)16:00〜 横浜文化体育館

▼IPWジュニアヘビー級選手権試合
(第3代選手権者)原田大輔 vs HAYATA(挑戦者)

▼スペシャルシングルマッチ
武藤敬司 vs 清宮海斗



[44] fun◇YtKXN/LQ - 2020/07/20(Mon) 21:34 ID:aj87HuOw  [No.110523]
「STAY TOGETHER FOREVER ! day2」
7月19日(日)後楽園ホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第1試合
モハメド ヨネ vs 井上雅央

▼ヨネ「昨日もそうでしたけど、ノアのファンの方は実にマナーが良くてですね、ついつい声を出してしまったり…っていうのはあると思うんですけど、そこはこらえてね。手が痛くなるほど拍手をしてもらって、第1試合から最高でした」

――お客さんがいる空間というのは?

▼ヨネ「(コロナ禍の)最初の頃は、お客さんがいないことにビックリしましたけど、だんだん慣れてきて。だから逆に昨日はお客さんがいることにドキドキして。でもやっぱり居てくれる安心感というか喜びがありましたね。声は出なくてもダイレクトな反応があるし、マスクの隙間から顔がほころんでたり、おっ!っていう顔してたりね。そういうところも見られるようになったし、そういう意味でもちょっと余裕が出てきましたね」

――自粛期間を改めてどう振り返る?

▼ヨネ「やっぱりプロレスを止めちゃいけないってことで、一人ひとりの行動が大きなものにつながっていくんで。自粛という言い方すると失礼ですけど、それがみんなのためになると思ってやってきた。僕もまだ“禁ジム"中ですし、日焼けもせずに真っ白ですよ。“まっしろしろすけ"ですよ(笑)」

――今後に向けて改めて?

▼ヨネ「お客さんが入るようになったとはいえ、まだまだ大変な状況は続きますし、これからもっともっと引き締めないと。選手も今一層努力して、良いパフォーマンスをみせられるようにやってきたいと思います」

――お子さん(女の子)も生まれたそうだが?

▼ヨネ「やめてください(笑) 急にレスラーの顔からパパの顔になっちゃう。いやぁ、たまんないっすね。結婚も40過ぎてから。子供産まれたのも44で。知らなかったですね、この感覚。20年くらい前に結婚して子供設けてれば良かったな…っていうくらい。幸せです、ハイ」

 

 第2試合
杉浦貴&熊野準 vs 丸藤正道&岡田欣也

【試合後の丸藤】
▼丸藤「彼を入門の時から見てたからね。今日相手できて良かったし。今日見てもらうとわかるように、まだまだやれるよ。やれるけどさ、コンディションとか、そういう面というのは自分でしかわからないというところがいっぱいあるんで。それは俺も今まで経験してきてるんで。その代わり、戻ってくる時は今日以上の、今まで以上の、なんならベルトを一発で獲るぐらいの、そういう熊野で帰ってこいって。あいつはいつまで経っても仲間だから」

――丸藤選手の中にも熊野選手に対する期待がまだある?

▼丸藤「期待もあるし、やっぱりかわいいよ。ずっと見てきてるもん。そういう人間が欠場という形じゃなくて、休業という形でしばらくリングから遠ざかるっていうのはやっぱり寂しいし。いいところもあれば、ダメなところもあるけども、やっぱりかわいいよ。かわいいからさ。あいつはいつまで経っても仲間だから、戻ってこいって。戻ってくる時には…そうだな。あいつがいつ戻ってくるのかしらないけど、来週戻ってきたらどうしよう? でもさ、今、ノアっていうのは本当に希望に満ちあふれていると思うんだよ。そういう中で、彼がそういう決断をしたということはさ、相当なことだから。俺たちは待ってるよ」

――丸藤選手本人の話をすると、GHCヘビー級王座挑戦が決まった

▼丸藤「そうっすね。今の俺ならいけるでしょ? そんな気がしてならないよ」

――最後に見せたのは新技?

▼丸藤「そうだよ。あれで昨日は潮崎倒しているしね」

――技名は?

▼丸藤「真・虎王です。まあ、外国人の選手は言いづらいかもしれないけど」

――タイトルマッチに向けて一言

▼丸藤「言ったように、プロレスリング・ノア20周年。このリングで20年生きてきた俺が獲らないで誰が獲るんだって。話はそこからだよ。獲ってから始まるよ、話は」


【試合後の熊野&杉浦】
――試合を振り返ると?

▼杉浦「今日はクマが頑張ったんでね。思いが俺にも伝わったし、お客さんにも伝わったと思うし」

▼熊野「…やっぱり憧れの杉浦さんと初めて組む機会をいただいて、それこそ相手にはデビュー前からお世話になっている丸藤さん。そのパートナーに後輩の岡田。こんなありがたいカードを組んでいただいて、感謝しかありません」

――そのタイツと髪の毛の色を選んだ理由は?

▼熊野「僕には凄くお世話になった人(故・青木篤志さん)がいたんですけど、その人ともう試合することはできなくなってしまって、その意志を…まぁ自分で勝手にですけど、こうやって継いだつもりで来たんですけど…。こうして休業してしまって、ふがいない思いもあるんですけど……僕の人生なんで、絶対カンバックして、またこのノアで上を目指します」

――試合後にリング上で熊野選手になんと声をかけた?

▼杉浦「『今まで頑張ったな』って。ホントに彼は一番ノアが厳しい時代の新弟子をたった一人でやってきて。合宿所で後輩が入ってきても、すぐ辞めちゃう…っていうような状況のなか、彼一人だけ本当に辛抱強く頑張って、残って。ホントに一番辛い時期に彼は頑張って、何ひとつ文句を言わず。一番“ノア愛"があるんじゃないか、って俺は思ってるくらい。だから『今までありがとう、頑張ったね』ってその一言を伝えましたよ」

――それにどう応えたい?

▼熊野「いや、もう…返せなかったっす。言葉にならなかったっす…。こうやってリングで闘えて…やっぱり楽しかったですし、絶対復帰してやろう!って思いました」

――いつか休業から帰ってくる?

▼熊野「はい! その時は必ずパワーアップして、隣に立ってる杉浦さんと張り合えるくらい、いやそれ以上になって帰ってきます」

▼杉浦「次は闘おうか、待ってるよ。ノアのリングで待ってるから」

――最後にファンへのメッセージを

▼熊野「デビューして7年間、勝てなかった時期もありましたけど、ずっと応援してくれてありがとうございました。次、今以上にパワーアップして帰ってきますんで、その時は何とぞ応援よろしくお願いします」

 



[45] fun◇YtKXN/LQ - 2020/07/20(Mon) 21:34 ID:aj87HuOw  [No.110524]
連続投稿失礼します。

「STAY TOGETHER FOREVER ! day2」
7月19日(日)後楽園ホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第4試合 GHCジュニア・ヘビー級選手権試合
鈴木鼓太郎 vs YO-HEY

【試合後の鼓太郎】
――試合を振り返ると?

▼鼓太郎「まあ、俺が覚悟決めろよって言って、覚悟を決めてきて、それでも俺には敵わなかったんだから。あいつがこのあと何をするかしらないけど、俺がなんかやれって言って、それをやるのは簡単だけど、それは自分で見つけろと言いたいね」

――YO-HEY選手からは「もう鈴木鼓太郎には勝てないかもしれない」という言葉があった

▼鼓太郎「悟ったんじゃないの、力の差を。でも、あいつはまだまだこれからでしょ? あいつが受けた屈辱は俺に勝つことでしか払拭できないと思うよね」

――長い抗争となり、最終決戦という位置づけもあったが、感じるものはあった?

▼鼓太郎「感じるものも何ももう圧勝でしょう、俺らの。昨日はちょこっと負けちゃったけど、オジサン2人は今日に向けてコンディション整えてきてるから」

――改めてSTINGERはここからどういう動きを見せていく?

▼鼓太郎「STINGERとしてはこのまま。HAYATAも入ったばっかりだし、3人として組んだ歴もまだ浅いからこれからね。まあ、すぐ手は合うんだろうけど、これからやっていくとして。あとは、こっち(GHCジュニア王座)だね、こっち。相変わらず誰も出てこないし、もう元RATEL'Sとも飽きたし。でも、他のヤツが出てこないんだったら、動かないんだったら、俺はこのままずっとタイトルマッチをやりませんよ。チャンピオンから相手を探すもんじゃないので。欲しいと思うヤツは出てくればいいし。それでいきなりタイトルマッチとかは俺はごめんだけど、前哨戦とかで当たる時もね。その前に当たって力を見せてくれば、俺は全然受けるし。そろそろ動けって。俺も防衛3度目なんでね」

――お客さんのいる前での試合は久しぶりとなったが、それについては?

▼鼓太郎「お客さんも声を出しちゃいけないというので、応援の仕方とかでいろいろ困っている部分もあると思うんだけど、徐々に"有観客"で取り戻しつつあるんで。次はマスクを外して、そのまま声を出して。その大歓声の中で、俺はこのベルトを懸けてね、(相手は)誰かわからないけどやりたいよ」

 
【YO-HEYの話】

「(※がっくりとうなだれながら)もう鈴木鼓太郎には勝てへんのかもしれない…。すいませんでした」

 

第5試合
潮崎豪&中嶋勝彦&清宮海斗&谷口周平&小峠篤司&大原はじめ vs 拳王&マサ北宮&稲村愛輝&征矢学&覇王&仁王

【試合後の潮崎&中嶋】
――久しぶりのお客さんを入れての大会2日間が終了した。大会を振り返ると?

▼中嶋「やっと戻ってきたね」

▼潮崎「戻ってきたっすね。まだまだ記者とカメラマンとの距離がありますけど、でもお客さんもそういう距離の中、本当に大勢来ていたいただいて感謝です」

▼中嶋「あと、いろんなルールがある中で、ちゃんとHOMIESがそのルールを守って応援してくれていることが嬉しいですよね」

▼潮崎「HOMIESのみんながもどかしいですけど。声が出せないから」

▼中嶋「声出せないのに、声を出させようとするから」

▼潮崎「完全に飛んでました、今日は(笑)」

――改めてこの自粛期間をどう受け止めていた?

▼潮崎「こういう風になって、また自分たちも、そしてHOMIESのみんなもノアの大切さ、HOMIESの大切さがより感じ取れる期間だったなと思います」

▼中嶋「またいつか戻れると信じてたし、それがひとつ昨日と今日で実現できたことは良かったかなと思います」

――そんな中、お二人ともタイトルマッチが決まった。まず中嶋選手はどんな思いで?

▼中嶋「(潮崎が)8・5決まったし、じゃあその前に一発かましたいなという気持ちもあったしね。あと、拳王がくすぶっていたように俺には見えたから。相変わらず口は上手いけど、なんだかんだ挑戦したいってことでしょ? 回りくどいんだよね、言い方が。イエスかノーかって聞いてるのにさ。まあ、いいや。とにかく8・4、このベルトを懸けて。8月一発目でしょ、後楽園。思いっきり豪さんの前に爆発させたいと思います」

――潮崎選手は丸藤選手とのタイトルマッチが決まった

▼潮崎「丸藤正道とはこうやってベルトを懸けてタイトルマッチをやったことがないと思うんです。8月5日はノアにとって、そして2人にとって、ノアのファンのみんな、HOMIESのみんなにとって意味のある戦い、意味のある日にしたいと思います」

――AXIZとしての動きも気になるが、それについては?

▼中嶋「今日もそうだけど、8月も4日5日と俺たちがベルトを懸けてタイトルマッチをするわけだし、言うまでもないでしょ。AXIZ、俺たちが中心だ」

――最後にファンの皆さんに一言

▼中嶋「やっと…やっと会えたね、HOMIES。2日間、凄い楽しかった。そして、これからも変わらず…いや、違うな。今以上に俺たちは加速していくから。遅れずついてきてくれ。よろしく」

▼潮崎「2日間こうやって試合がありましたけど、さらにね、ドンドンドンドン今日よりも明日、明日よりも明後日、その先その先を見据えて、俺たちは突き進んでいきますよ。AXIZをよろしくお願いします」

▼中嶋「そして…」

▼潮崎「そう、そしてこのベルトを持っている俺が…I am NOAH」

▼中嶋「We are NOAH」


【試合後の拳王】
――大会を振り返ると?

▼拳王「4ヵ月ぶりの“有観客"。やはりレスラーとして凄い気持ちいいものがあるな」

――それはファンの前で試合ができたから?

▼拳王「目の前の敵を倒すということは一番大事なことだけど、見ている客のクソ野郎どもを喜ばせる、満足させる。これもレスラーの大事な仕事だろ? それがな、目の当たりにできて、スゲェ心がスカッとしたよ」

――さらに大きな機会が生まれた

▼拳王「中嶋勝彦…。ベルトに挑戦してやる? お前が持っているベルトに魅力ないから、誰も挑戦してこねえんだろ? なにがトーナメントやって決めてみろだ。お前の持っているベルトはなにも価値ねえんだよ。あの赤いベルトが泣いてるぞ! おい、中嶋勝彦。あの赤いベルトに寂しい思いさせんじゃねえよ! 8月4日、後楽園ホール、俺があのベルトを奪って、魅力的な赤いベルトにしてやるからな!」



[46] fun◇YtKXN/LQ - 2020/07/24(Fri) 10:49 ID:aDrWBhQ2  [No.110529]
プロレス動画配信サービス『WRESTLE UNIVERSE』でのプロレスリング・ノアのLIVE配信予定です。

8月1日(土)ノアTVマッチ『Who is the leader ?』
8月2日(日)新木場1stRING『NOAH the SPIRIT2020』
8月22日(土)昼、新木場1stRING
8月22日(土)夜、新木場1stRING


[47] fun◇YtKXN/LQ - 2020/07/24(Fri) 10:50 ID:aDrWBhQ2  [No.110530]
連続投稿失礼します。

プロレスリング・ノア旗揚げから20年を迎える8月4日&8月5日・後楽園ホール大会2連戦の模様を日テレジータスにて生中継を行う事が決定。
小橋建太さんの解説も決定。
 
「DEPARTURE 2020 day1」
8月4日(火) 18:30〜後楽園ホール
※日テレジータスにて8月4日(火)18:30〜22:00 生中継

 「DEPARTURE 2020 day2」
8月5日(水) 18:30〜後楽園ホール
※日テレジータスにて8月5日(水) 18:30〜22:00 生中継

8/4、8/5共に生出演での方舟の鉄人・小橋建太さんの解説も決定。





[48] fun◇YtKXN/LQ - 2020/07/24(Fri) 21:11 ID:aDrWBhQ2  [No.110534]
「金剛興行 DIAMOND2」
7月24日(金)後楽園ホール
観衆:385人

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
×仁王
15分31秒 首固め
◯獅龍

〈第2試合〉シングルマッチ
×稲村愛輝
13分14秒 顔面へのランニングローキック→片エビ固め
◯望月成晃

〈第3試合〉シングルマッチ
×征矢学
26分09秒 顔面蹴り→片エビ固め
◯谷口周平

〈第4試合〉シングルマッチ
◯マサ北宮
14分11秒 サイトースープレックス→エビ固め
×稲葉大樹

〈第5試合〉シングルマッチ
◯拳王
20分00秒 ドラゴンスープレックスホールド
×覇王



[49] fun◇YtKXN/LQ - 2020/07/25(Sat) 19:43 ID:Mlg5D3o2  [No.110535]
「金剛興行 DIAMOND2」
7月24日(金)後楽園ホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。
 
第2試合
稲村愛輝vs望月成晃
【望月の話】

「アイツは今どきの若いモンにしては、ものすごくハートがいいヤツだし、あの巨体。でもよ、俺はな、稲村は嫌いじゃないけど金剛は大っ嫌いだからな。なんで俺が金剛興行出なきゃいけねえんだコノヤロー! 俺を潰す気か!? ふざけやがってよ! でも俺はつぶされねえぞ。いいか? 俺が去年出た“アレ"があるだろアレ! 今日あんだけデカいのブッ飛ばしたんだ。丸め込みでもなんでもねえぞ!? 名乗り上げるしかねえだろ! 望月成晃がまた“アレ"狙ってるから」

 
第3試合
征矢学vs谷口周平

【試合後の谷口】
――征矢選手を真っ向から倒したが、戦ってみてどうだった?

▼谷口「彼の力を感じたけど、昨日今日来てノアで戦っているわけじゃないんで。ずっとノアで戦ってきているんで。ノアのリングで負けることはできない」

――金剛興行で、いわば相手側のリングで勝ったという形だが?

▼谷口「金剛興行だけど、ノアのリングってことに変わりはないんで。いつも通りやりました」

――キャリアとしては同じぐらいで、戦い方も似ている選手だが、ライバルという意識はある?

▼谷口「そういうキャリアとかは近い部分があると思いますけど、試合のなかでそんな意識は全然なくて。とりあえず自分は目の前の相手を倒すだけだと思っているんで、気にしてないですね」

――結果がなかなか出ない日々が続いていたが?

▼谷口「必ずノア20周年、自分もなにか記念になるようなそういう結果を残していきたいです」

――同期の青木篤志選手が亡くなって1年経ったが?

▼谷口「いつでも会えると思っていたんで。急にあんなことになって、1年経つけど、実感が全然湧いてこないんですよね。実家のほうにあいさつに行っても、会えるのはあいつの写真だけで。なんか全然そんな気にはなれないです。ご家族から『頑張って』ととにかく言われているんで、しっかり頑張っていきたいと思います」

 
第4試合
マサ北宮vs稲葉大樹

【北宮の話】
「稲葉大樹は予想に違わぬ熱い男だった。しかし、野心があるだけじゃ、気持ちがあるだけじゃ、熱いだけじゃ勝てねえんだよ! 上には。持たざる者の…帰る団体を失った男の! 覚悟があったのか? 無いからこそ、最後の最後でひっくり返された。また何か残してくるんだったら、またやろう」

【稲葉の話】
「自分の位置がまだまだ…って分かったよ。俺も“まだまだ"だけど“まだまだ、まだまだ"諦めない。『まだまだ、まだまだ』と思いながら、どんどんどんどん上に行く」

 
第5試合
拳王vs覇王

【試合後の金剛】
▼拳王「『金剛興行 DIAMOND2』、また俺たちはな、自分たちの興行なのに…計算してみろ。2勝4敗? 3勝3敗? まあ、その辺はよくわからないけど、負け越しは負け越しだよな。作って何年経ってんだよ? 『DIAMOND2』、金剛はこのままじゃ絶対終わんねえからな。俺たちはな、逆境のなか、這い上がっていくようなチームだろ? 会社の後押しもまったくないまま作ってるんだ。そりゃスタートラインが低いに決まってるだろ。だがな、逆境を跳ね返して頂点に立つ。お前らみんな大好きだろ? それをな、俺たちは実現させていくんだ。リング上でも言ったけどな、金剛はリデットエンターテインメント、元親会社に対しての反発で生まれたようなもんだ。リング上で言ったけど、俺たちはな、元親会社に本当に感謝してるんだぞ。この感謝の気持ちを込めて、この金剛という名を、俺は命懸けでもプロレス界の頂点へと持っていくからな。これを見ているクソ野郎ども! 首を長くして待っといてくれ!」

▼北宮「帰るぞ!」

▼稲村「はい!」



[50] fun◇YtKXN/LQ - 2020/07/27(Mon) 21:06 ID:uxvsfX9w  [No.110542]

株式会社DDTプロレスリング(以下DDT)、ノア・グローバルエンタテインメント株式会社(以下ノア)、株式会社DDTフーズ(以下DDTフーズ)の3社は2020年9月1日付にて経営統合し、プロレス事業子会社 株式会社CyberFight(さいばーふぁいと)として始動するとの事。
以下、公式ホームページよりお知らせです。


プロレス事業会社 株式会社CyberFightの始動について

■本件の背景について

近年のプロレスブームの再来を追い風に、2017年にDDTが、2020年2月にはノアがサイバーエージェントグループ入りし、両団体ではファンの皆様に喜んでいただける興行、サービス拡充を行えるよう、経営基盤の安定に取り組むとともに、サイバーエージェントと連携し、テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA」における試合の配信のほか、ブログ、SNSなどを通じて幅広い方にプロレスの面白さや魅力を伝え、所属するレスラーの認知向上を図ることで、団体の成長に取り組んでまいりました。

このように2020年2月以降、DDT、ノア共にグループシナジーを活かすことでプロレス業界の活性化に取り組んでまいりましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う興行の延期・中止や無観客試合の実施は避けられず、このたび、ウィズコロナ・アフターコロナ時代のプロレス経営を見据え、DDTおよびノア、DDTの子会社であるDDTフーズの3社は経営統合し、あらたに株式会社CyberFightとして始動する運びとなりました。これによってCyberFightでは3社の管理業務を一本化し、人材配置を最適化するとともに、新時代のプロレス経営を図ってまいります。

 
■今後の体制に関して

CyberFightの社長に現在DDTおよびノアの社長を務める高木規(リングネーム:高木三四郎)が就任いたします。各団体は事業部制とすることで、ブランドや現場の体制は維持しながら各団体のカラーを活かして活動し、プロレス業界を代表する会社となることを目指してまいります。

 
■株式会社CyberFightについて

社名 株式会社CyberFight
統合日 2020年9月1日
所在地 東京都新宿区新宿二丁目1番2号

役員 代表取締役社長 高木規 (リングネーム:高木三四郎)
取締役副社長  丸藤正道
取締役副社長  西垣彰人(リングネーム:彰人)
取締役  山内隆裕
取締役  武田有弘
事業内容 スポーツ等興行団



[51] fun◇YtKXN/LQ - 2020/07/31(Fri) 21:44 ID:ENoXTBYM  [No.110546]
「NOAH SANCTUARY」
7月30日(木)ノア特設アリーナ(クラブチッタ川崎)

遅くなりましたが試合結果です。

〈第1試合〉タッグマッチ
谷口周平&岡田欣也×
11分56秒 サイトースープレックス→体固め
◯マサ北宮&稲村愛輝

〈第2試合〉シングルマッチ
×YO-HEY
14分02秒 飛び付き十字固め
◯吉岡世起

〈第3試合〉タッグマッチ
潮崎豪&中嶋勝彦◯
15分32秒 ミドルキック→片エビ固め
×覇王&仁王

〈第4試合〉6人タッグマッチ
丸藤正道&小峠篤司&大原はじめ×
18分53秒 タイガースープレックスホールド
◯清宮海斗&原田大輔&タダスケ


[52] fun◇YtKXN/LQ - 2020/07/31(Fri) 21:45 ID:ENoXTBYM  [No.110547]
連続投稿失礼します。

「NOAH SANCTUARY」
7月30日(木)ノア特設アリーナ(クラブチッタ川崎)

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第2試合 
YO-HEY vs 吉岡世起

【吉岡の話】
「最後、丸め込みとはいえど、YO-HEY…ノアジュニアの中心選手の一人から3つ獲ったぞ。この調子で、FULL THROTTLEも近々リーダー決めて、もっともっとノアの、ノアジュニアの中心に行くから! よく見ていてくれ。要チェックしといてくれ!」


第3試合
潮崎豪&中嶋勝彦 vs 覇王&仁王

【試合後の潮崎&中嶋】
▼中嶋「なにを聞くんですか? 俺たち久々にタッグを組んで試合に出れたから、ちょっとテンション上がってるよ」

――ずっとTVマッチをやっていた会場にお客さんがいるのを見て、どんな思いだった?

▼中嶋「ずっとTVマッチとしてここを使ってて。あの時からずっと寂しかったからね。ほら、俺って寂しがり屋じゃん? 欲しがりだし、寂しがりだし。おたくのコラムでも言っているでしょうよ? だから、ずっと寂しかった場所に(お客さんが)いるっていうのは心強いね。嬉しいしね。ねえ、豪さん?」

▼潮崎「そうね」

――潮崎選手も寂しかった?

▼潮崎「いや、もちろんもちろん。お客さんがいない状態で戦ってきましたけど、でもこうやって側で見てくれている、そういうみんなの気持ちを受け止めたうえでの試合でね。やっぱり心強いというか。みんなの声は出せないぶんね、力になるなと思いました」

▼中嶋「応援ボードとか、いろいろ変わってきているなかでね、ああやって俺たちに熱い愛情をくれるんだもん。嬉しいじゃない? あとはこれまでいなかった場所にHOMIESがいるっていう。またこれもひとつの進化だし、少しずつノアは進んでいっているというのは、今日の場所でまさに言えるんじゃないの?」

――そして、お互いにタイトルマッチが近づいてきた。中嶋選手は拳王選手を迎え撃つことになったが、それに向けては?

▼中嶋「いかがもなにもね、相変わらずのクソ野郎ですね(笑)」

――旗揚げ20周年記念という舞台で防衛戦を行う意味はどう捉えている?

▼中嶋「うーん、特には」

――その意味を強く思っているのは潮崎選手のほうではないかと。20周年の記念日にGHC戦を行うことについては?

▼潮崎「丸藤正道とはGHCのベルトを懸けて戦ったことはないし、これまでの対丸藤というもの以上の戦いを出せると思うんで…いや、出せると思うんでじゃないね。出していかないと。乗ってるからね。20周年のノアを代表する、プロレス界を代表する戦いを見せますよ」

――2日連続で、両者メインで防衛戦となる。20周年でAXIZが中心だと証明するにはうってつけの舞台となるが?

▼中嶋「今、俺たちのもとには2つのベルトがあるし。まあ、その存在を記念すべき日に証明できるんじゃないのかな?」

――潮崎選手のGHC戦を意識する部分もある?

▼中嶋「意識するところ? そうねえ。豪さんには内容で勝ちたいな(笑)」

▼潮崎「負けられないな」

――潮崎選手もそう言われたからには燃えてくる?

▼潮崎「言われたからではなく、やっぱり意識はしてるから。ナショナルのベルトにも負けたくないし、それがよりいい効果を生み出すという。それがAXIZの力だね。それぞれのGHCを戦いたいと思います」

▼中嶋「カラーが違うからね」


第4試合
丸藤正道&小峠篤司&大原はじめ vs 清宮海斗&原田大輔&タダスケ

【試合後の清宮】
▼清宮「嬉しいな、本当に。長い間、クラブチッタには無観客でお世話になってたから。今日、お客さんが入っているのを見て、心から嬉しいです」

――そのメインで丸藤選手と対戦した。かなり意識していたように見えたが、それはどんな思いから?

▼清宮「8月4日のカード見ました? それが全てを物語ってますよ。10日の文体に向けて、全部の戦いに俺は一本の道ができていると思うから。1つの戦いにも必ず意味があると思って俺は戦います。相手にいるのは丸藤さん、小川さん、杉浦さん。どういうことかわかりますか? 対戦相手に自分が入ったということをしっかり考えて戦いましたよ、今日は」

――武藤戦に向けて「ばく進します」というワードが出たが?

▼清宮「あれはもう俺の素直な気持ちですよ、ばく進するというのは。これからもばく進しますよ」

――新木場、後楽園、文体と全てにテーマを持って進んでいくと?

▼清宮「その道を歩けるかどうか。それも俺のこれからの戦いに託されていると思うから。そのまま行けるのか? それとも行けないのか? 領域に行けるのか? 踏み込めないのか? それはもう本当に俺次第だと思っているから。でも、俺は行けると信じて戦うんで。お客さんと一緒にね、新しい景色を…。お客さんに横浜文体で本当に新たなステージに行ったと(思わせたい)。新たな景色を見せたいと俺は思ってます」

――武藤戦へのイメージは出来上がっていている?

▼清宮「散々にヒザを痛めつけられているんで。注意するところはだいぶわかっているんで。それを想定した練習をもう毎日毎日道場でやっているんでね。余念はないですよ。ただ、向こうもやっぱり熟知していると思うんで、そこら辺は。俺のエネルギーも全開にして、この業界のトップを狙うんだという気持ちをイヤになるぐらい武藤敬司にぶつけていきたいと思います」


[53] fun◇YtKXN/LQ - 2020/08/02(Sun) 00:41 ID:  [No.110548]
「ノアTVマッチ」Who is the leadser ?
8月01日(土) ノア特設アリーナ

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
×吉岡世起
7分40秒 キドクラッチ
◯小峠篤司
・小峠篤司 1勝0敗=1点
・吉岡世起 0勝1敗=0点

〈第2試合〉シングルマッチ
×小峠篤司
7分11秒 ムイビエンクラッチ
◯大原はじめ
・小峠篤司 1勝1敗=1点
・大原はじめ 1勝0敗=1点

〈第3試合〉シングルマッチ
×大原はじめ
7分13秒 オクラホマロール
◯吉岡世起
・大原はじめ 1勝1敗=1点
・吉岡世起 1勝1敗=1点

〈第4試合〉3wayイリミネーションマッチ
吉岡世起 VS 大原はじめ VS 小峠篤司◯
1 小峠篤司(8分43秒 オーバー・ザ・トップロープ)吉岡世起
2 小峠篤司(11分14秒 キルスイッチ→片エビ固め)大原はじめ
※小峠篤司がFULL THROTTLEのリーダーとなる。


[54] fun◇YtKXN/LQ - 2020/08/02(Sun) 14:15 ID:  [No.110549]
「ノアTVマッチ」Who is the leadser ?
8月01日(土) ノア特設アリーナ

遅くなりましたが試合後のコメントです。

【試合後のFULL THROTTLE】

▼小峠「まず気持ち良かったね! リング上でこうやって熱くなれるっていうのは、二人がチームメイトで良かったな…って。もう、これで恨みっこなしやぞ!? 俺のことちゃんとリーダーって呼べよ!?」

▼吉岡「まぁ、今日は負けたんで、ここは潔くリーダーって呼ばせてもらいますよ。でも…3人組だし、帽子かぶってるし“くるりんぱ"とかやるんでしょ?」

▼小峠「なんやお前! “くるりんぱ"とかやるワケな………くるりん・ぱ!(※と帽子をかぶる) ってお前! リーダーをバカにしてんのかっ!」
※と言いながら小峠が足を踏み鳴らすと、吉岡と大原がジャンプ

▼小峠「アカン! こういうユニットやと思われるやろ!?(笑) ……まぁノアには無いものをよ、ガンガン入れてこうと思ってるからよ。明るくも、今日みたいに激しく! そしてジュニア戦線、俺らチームとしてちゃんとタイトル狙って、勢い見せていくんで!」

▼大原「やっとこれでFULL THROTTLE、ひとつにまとまれたと思うんで。まとまって、団結力も上がったね! 闘ってみて分かりあえる部分っていうのが、やっぱりプロレスラーだからあるからね。ウチらの団結力が上がった『Who is the leader?』っていう特番だったかなと、振り返ってみて思います。さて! これでFULL THROTTLEもリーダーが決まって、本当の意味でエンジン全開で行けると思うんで、これからノアジュニアの中心に行くために、そろそろベルトも視野に動いていこうと思います」

▼小峠「そういうことや! みんな、ついてきてくれよ! メディアのみんなもついてきてくれんのか!って」
※そう足を踏み鳴らすも、メディアの人間は誰も飛ばず。寒風が吹くなか、大原と吉岡はそそくさと去る

▼小峠「ウソやん…。ちゃんとリーダーとして! かっちりお前ら引っ張っていくんでな!(※と叫ぶもメンバーがいないことに気づく) …ちゃんとついて来いよっ!」


[55] fun◇YtKXN/LQ - 2020/08/02(Sun) 19:26 ID:  [No.110550]
「NOAH the SPIRIT2020」
8月02日(日)新木場1stRING
観衆:未発表

試合結果です。

〈第1試合〉タッグマッチ
◯谷口周平&モハメド ヨネ
10分43秒 顔面蹴り→片エビ固め
齋藤彰俊&井上雅央×

〈第2試合〉シングルマッチ
△タダスケ
20分00秒 時間切れ引き分け
△吉岡世起

〈第3試合〉タッグマッチ
中嶋勝彦&岡田欣也×
16分20秒 レフェリーストップ※掌底連打→KO
◯拳王&稲村愛輝

〈第4試合〉シングルマッチ
◯清宮海斗
12分33秒 タイガースープレックスホールド
×カズ・ハヤシ

〈第5試合〉6人タッグマッチ
◯潮崎豪&原田大輔&YO-HEY
20分10秒 豪腕ラリアット→片エビ固め
丸藤正道&×小峠篤司&大原はじめ








[56] fun◇YtKXN/LQ - 2020/08/03(Mon) 22:06 ID:  [No.110554]
「NOAH the SPIRIT2020」
8月02日(日)新木場1stRING

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第2試合
タダスケ vs 吉岡世起

【タダスケの話】
「ポッと出で調子のんなよ! この底辺から絶対脱出してやるからな! 折れるもんなら折ってみいオラ!」

【吉岡の話】
「おいタダスケ…強力なラリアットで歯も折れちゃったけど、心は折れてねえぞ!? また決着をつけないといけないヤツが増えた。俺はもっと…もっとノアのジュニアの中心に行くから。必ず、絶対に、乗り越える!」


第3試合
中嶋勝彦&岡田欣也 vs 拳王&稲村愛輝

【拳王の話】
「なんだよ中嶋! リング上で俺のことなんて言ったんだよ? おしゃべり? クソヤロー? 俺はな“おしゃべりクソヤロー"なんかじゃねえぞ? しゃべるし、クソヤローだけどな! 心が違うんだよ! テメーは自分のことしか考えてねえんだよ! 俺はな、俺のこと、金剛のこと、そして会社のことまで考えて行動してんだよ。その差をな、8月4日に見せてやるからな。俺がGHCナショナル選手権のチャンピオンになるぞ。8月4日、後楽園ホールだ! テメーら、これからも拳王…俺について来い!」


第4試合
清宮海斗 vs カズ・ハヤシ

【清宮の話】
「凄いテクニックだよ…。めちゃくちゃ凄いわ。序盤の動きでビックリしちゃったよ。でもそれに対応できた。足を攻めてくるって思ってなかったけど、それに対応できたので、俺の中ではやっとここに来て“成果"が出てきてる。それと…やっぱりあの選手は、一番武藤敬司のそばで学び続けてきた選手であって、武藤敬司を誰よりも良く知る男だと思うから。その選手と今日闘えたっていうのは、素直にとても良い経験になりました。ありがとうございます」


第5試合
潮崎豪&原田大輔&YO-HEY vs 丸藤正道&小峠篤司&大原はじめ

【試合後の潮崎】
――丸藤との前哨戦だったが?

▼潮崎「ノアのね、中心に立ってきた男。それはもう認めているし、何も言うことは無いし。丸藤正道は丸藤正道。I am “リアル" NOAH、そう言えるだけの男だと思うよ。5日は、初めてタイトルマッチで丸藤正道と向き合いますけど、この間やられてるんで」

――左腕を握りあったまま逆水平を打ち合った

▼潮崎「それも丸藤正道だからこそできることだし、相手がチョップを使おうが、ヒザを使おうが、何を使おうが、俺はこの右腕ひとつで倒していくよ。それだけ彼も自信がある技だとは思うけど、プライドも含めて全部受け止めたうえで、俺が飲み込んでいきますよ」

――当日は20周年の記念日となるが、どんな日にしたい?

▼潮崎「20周年。ノアが旗揚げして20年。俺は旗揚げからいたワケじゃないし、一緒に時間を刻めなかった時期もあったけど、俺が…ノアだ。俺の自信は誰も折れない。I am NOAH!」


[57] fun◇YtKXN/LQ - 2020/08/05(Wed) 00:35 ID:  [No.110555]
「DEPARTURE 2020 day1」
8月04日(火) 後楽園ホール
観衆: 未発表

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
×齋藤彰俊
9分14秒 スピアー→エビ固め
◯マサ北宮

〈第2試合〉タッグマッチ
◯HAYATA&岡田欣也
10分32秒 クロスフィックス
覇王&仁王×

〈第3試合〉タッグマッチ
◯谷口周平&モハメド ヨネ
13分30秒 顔面蹴り→片エビ固め
征矢学&稲村愛輝×

〈第4試合〉6人タッグマッチ
×小峠篤司&大原はじめ&吉岡世起
14分55秒 首固め
◯原田大輔&タダスケ&YO-HEY

〈第5試合〉プロレスリング・ノア 20周年記念試合
◯丸藤正道&杉浦貴&小川良成
27分45秒 パーフェクトキーロック
×潮崎豪&清宮海斗&鈴木鼓太郎

〈第6試合〉GHCナショナル選手権試合
×中嶋勝彦
24分45秒 レフェリーストップ※右ハイキック→KO
◯拳王
※拳王が第3代選手権者となる


[58] fun◇YtKXN/LQ - 2020/08/05(Wed) 17:04 ID:  [No.110556]
「DEPARTURE 2020 day1」
8月04日(火) 後楽園ホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第1試合
齋藤彰俊vsマサ北宮

【試合後の北宮】
――一方的に押される展開だったが、持ち味の打たれ強さがみられた

▼北宮「いつだって、それくらいの攻撃は受けきれる身体を作ってんだよ!」

――GHCヘビーの前挑戦者に勝った形でもあるが?

▼北宮「タイトルマッチ決まってる連中もいるし、横浜文体で大一番やる連中もいるし。でも! 俺には何も無いんだよ。見ての通り、一つひとつ、一つひとつ、段階を上げていって、俺が今見てるところは『N-1 VICTORY』だ」

――あすでノア20周年でもある

▼北宮「そういうのはお客さんに感じてもらえればいいから。俺らはいつだってベストコンディションでベストな試合を日本全国…今はこの辺(大都市圏)だけかもしれないけど、どこへでも届けられるように。もちろんテレビやネットも使って届けられるようにしてるから、そこをどう感じてもらえるかはお客さん次第だ」

――メインでは拳王がナショナル王座に挑戦するが、金剛としても勢いをつけていきたい?

▼北宮「これ以上、足踏みしてられないからね。真打ち登場ってことだよ。これで結果を出して2020年の後半は…金剛だ!」


第3試合
谷口周平&モハメドヨネ vs 征矢学&稲村愛輝

【試合後の谷口】
――かつて藤田和之に浴びた顔面蹴りを多用しているが?

▼谷口「自分も食らって、威力も分かってるんで。自分の蹴りでも必ず仕留められると思って」

――征矢に続いて稲村も撃破、新たな武器となりそうだが?

▼谷口「はい、この武器で必ず今年の『N-1』を優勝して、花を咲かせてみせたいと思います」

――ノア20周年については?

▼谷口「まだまだこれからプロレス界の日本一を目指してやっていくんで、その中で自分もしっかりとレベルアップできるようにやっていきたいと思います」


第4試合
小峠篤司&大原はじめ&吉岡世起 vs 原田大輔&タダスケ&YO-HEY

【試合後の原田】
――試合を振り返ると?

▼原田「いや、全然今日の試合は特に振り返ることもなく。明日、横浜文体に向けて、唯一HAYATAと対戦するわけですから。明日のほうに俺はもう目を向けてますよ」

――改めて今の気持ちは?

▼原田「やっぱりね、ことの始まりはあいつが俺らを裏切ったから。そこから始まってるから。まあでも、前回の後楽園で俺はジュニアタッグ、HAYATAに直接負けてるから。横浜文体、絶対にリベンジする。今はその気持ちでいっぱいです」


第5試合 プロレスリング・ノア 20周年記念試合
丸藤正道&杉浦貴&小川良成 vs 潮崎豪&清宮海斗&鈴木鼓太郎

【試合後の丸藤】
――明日に向けていい結果になった?

▼丸藤「いい結果? そうだな。いい結果というよりは、当然の結果として俺は捉えたいし。まあ、これでここ最近、潮崎から2つ取ってるんでね。しかも違う技で。まだまだ俺には引き出しがあるぞ。潮崎、大丈夫か? なあ、潮崎、大丈夫か?」

――腕のダメージも深刻そうだったが?

▼丸藤「当たり前だよ、極めてやったんだから。明日、大丈夫か? 心配だな」

――今日は小川選手と杉浦選手とのタッグだったが、この20年を含めて、どういう気持ちだった?

▼丸藤「やっぱりリングに上がってからもそうだったけども、入場する時のカーテンの裏で3人揃ったところで、なんか凄い感慨深いものがあったし。小川さんも一言ね、『20年早かったな』なんて言ってくれてさ。そんな俺たちが今日この試合で負けるわけにはいかないでしょ? そして、タイトルマッチが決まっているのは俺だ。そしたら、俺が取るしかないだろ?」

――その20周年を明日迎える。改めて明日に向けては?

▼丸藤「ひとまずだよ。ひとまず勝つだけだ。そこから俺の、ノアの21年目が始まるんだよ。俺しかいないだろ?」



第6試合 GHCナショナル選手権試合
(第2代選手権者)中嶋勝彦 vs 拳王(挑戦者)

【試合後の拳王】
▼拳王「金剛結成して、口だけはな、デカいこと言ってきたけど、ようやくベルトという結果を出すことができたな。金剛結成して、プロレスリング・ノアの汚い部分を洗い流してやろうと思ったけどな、なかなかそれも…。俺たちは組織出てんだ。難しいだろ? だがな、今はようやくひとつの道具を見つけたんだ。俺の目標、テメエに言わずとも知ってるだろ? 言わなくていいぞ。テメエらも俺の目標知ってんだろ? まだ言わなくていいぞ。心に秘めとけよ。だがな、俺の目標は高いんだ。こんなところで足踏みしているわけにはいかねえんだよ。これからはな、おい! ひとつベルトを獲ったんだ。この勢いで突き進んでいってやるからな」

――中嶋選手はどうだった?

▼拳王「自己満足? 自己中? 戦ってみてもそれは変わんねえよ。性格はすぐ変わるもんじゃねえよ。だがな、あいつの魂は本物だったぞ。自己中心、自己中のテッペン目指せばいいんだよ。お前のな、その魂も利用させてもらうかもしれねえぞ。だがな、お前は少し大人しく休んでおけよ」

――ハイキックでフォールに行かなかった。手応えが十分だった?

▼拳王「もうその前の掌打で決まってたんじゃねえのか? だがな、俺の強さを知らしめるためにハイキックをやってやったよ。メチャメチャ気持ちよかったよ! GHCヘビー級のチャンピオンを逃してから、俺も強気で発言してたけど、少しはどうなのかなと思ってたところもあったかもしんねえよ。だがな、その思いを込めて、あいつにぶつけてやった」

――最後に言葉をかけていたようだったがなにを?

▼拳王「なにを!? ただ単に俺の強さを知らしめた。そんなことだよ」

――最後にファンにメッセージを

▼拳王「やっぱりな、俺も含めてここいいるクソ野郎ども、まだまだ生活はぎこちないよ。制限あるよ。だがな、少しでも少しでもいいんだよ。完全にちゃんとな、日頃の行いをしっかりして、プロレスを観に来いよ。プロレスを観に来てな、少しでも気を紛らわしてくれ。そのために、俺は命を懸けて戦うんだ! そして、ゆくゆくは俺の夢、そしてテメエらの夢、そこまで連れていってやるからな。おい、テメエらクソ野郎ども。これからはな、拳王、俺に…ついてこい」


[59] fun◇YtKXN/LQ - 2020/08/05(Wed) 21:25 ID:  [No.110557]
「DEPARTURE 2020 day2」
8月05日(水)後楽園ホール
観衆:未発表

試合結果です。

〈第1試合〉6人タッグマッチ
中嶋勝彦&◯モハメド ヨネ&岡田欣也
12分51秒 キン肉バスター→片エビ固め
齋藤彰俊&井上雅央&諸橋晴也×

〈第2試合〉6人タッグマッチ
◯清宮海斗&谷口周平&稲葉大樹
13分33秒 タイガースープレックスホールド
小峠篤司&×大原はじめ&吉岡世起

〈第3試合〉6人タッグマッチ
鈴木鼓太郎&小川良成&HAYATA◯
12分29秒 サムソンクラッチ
×原田大輔&タダスケ&YO-HEY

〈第4試合〉12人タッグマッチ
杉浦貴&桜庭和志&ケンドー・カシン&◯鈴木秀樹&NOSAWA論外&カズ・ハヤシ
19分58秒 ダブルアームスープレックス→片エビ固め
拳王&マサ北宮&征矢学&×稲村愛輝&覇王&仁王

〈第5試合〉GHCヘビー級選手権試合
◯潮崎豪
30分56秒 ムーンサルトプレス→片エビ固め
×丸藤正道
※第33代選手権者・潮崎豪が3度目の防衛に成功


[60] fun◇YtKXN/LQ - 2020/08/06(Thu) 18:45 ID:  [No.110558]
「DEPARTURE 2020 day2」
8月05日(水)後楽園ホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第2試合
清宮海斗&谷口周平&稲葉大樹 vs 小峠篤司&大原はじめ&吉岡世起

【試合後の清宮&谷口&稲葉】
――ともにパートナーの谷口、稲葉とのトリオだったが?

▼清宮「いやぁもう、バッチリでしょう! グッドチームじゃないですか!?」

▼谷口「でも僕、二人(清宮&稲葉)のやり取りを見ていて『フラれちゃったかな…』って思ってたんですけど、今日、そんな気持ち吹っ切れました。うまくやっていけそうです!」

――稲葉選手はノア本戦には初参戦となったが?

▼稲葉「緊張しますね、本戦だと。清宮選手とはNEW HOPE以来で組めたし、谷口選手とも組めたんですごく楽しかったです。これが点で終わらないように。どんどん本戦でも線につながっていけるようにしたいと思います。あと……今まで『清宮選手』って呼んでたんですけど、距離を近づけるために『海斗』って呼んでいいですか?」

▼清宮「い、いや、それはもう僕がどうこう言うアレじゃないんで。よ、呼びたいように呼んでもらえれば…」

▼谷口「こういうやり取り見てると、また僕もヤキモチ焼いちゃいそうですけど…(笑)」

▼清宮「いや、まぁ…またこれがどんどん高まっていけば……高まっていけばいいと思いますっ!(笑)」

――5日後の武藤戦に向けて?

▼清宮「そこに向けて策は練ってあるんで、あとはその“領域"にぶっ飛んで、踏み込んでいきたいなと思ってますね」

――ヒザを殺すような動きもみせていたが?

▼清宮「武藤さんがヒザを攻められるのって、あんまり無いと思うんですよね。あとは自分が得意な投げ技っていうのも、相手のヒザのダメージがあれば簡単に投げられるんで。この間ちょっと(武藤を)投げた時に『重いな』って感じたんでね、試合で試せれば良いと思います」


第4試合
杉浦貴&桜庭和志&ケンドー・カシン&鈴木秀樹&NOSAWA論外&カズ・ハヤシ
vs
拳王&マサ北宮&稲村愛輝&征矢学&覇王&仁王

【試合後の杉浦軍】
▼鈴木「なにか伝えたいことがあると?」

▼カシン「新生Cyber Fight軍として…」

▼論外「新生なんですか?(笑)」

▼カシン「今後、我々のファイトはプロレスって言わないでほしい。Cyber Fightって。そして、我々はプロレスラーじゃないんだよ。Cyber Fighterだ」

▼鈴木「なんか懐かしいですね。僕しかたぶんわからないと思いますよ。GENOMEファイターですよね」

▼論外「生中継ですよ?(笑)」

▼カシン「これから我々のことはCyber Fighterって呼んでほしい。あとはよろしく頼むよ」

※カシンが去っていく

▼論外「ボス、大丈夫ですか?」

▼杉浦「いいよ」

▼論外「(鈴木は)久しぶりに」

▼杉浦「いや、もういいよ。今日もバッチリいい働きしてくれたんだから」

▼鈴木「僕はうがいしてきましたよ」

▼論外「結局、一番美味しいところを持っていったのは…」

▼杉浦「なんかまあ、ちょっとたまにはボスらしいことを。みんなに指示出して。今までボスらしいことをやれなかったんで」

▼論外「今日は俺、汗かいたっすわ」

▼鈴木「今までとちょっと違いますけどいいですか?」

▼杉浦「たまには」

▼論外「桜庭さんも二次災害ですよ。いきなり飛んでましたから」

▼杉浦「でも、綺麗だったよ。俺の指示通りみんな動いてくれたんで、今日は最高でした(笑)」」

▼論外「ボスの言う通りで」

――最後のポーズはサイバーの意味?

▼杉浦「Cだから」

▼鈴木「うがいしろ」

――鈴木選手は久しぶりの杉浦軍としての試合だったが?

▼鈴木「そんなことどうでもいいんですよ。うがいしてください」

▼論外「これ、どうなの? ジーダス的には大丈夫なの?(笑)」

▼鈴木「うがいは大事ですからね」

▼論外「今日から我々はサイバー軍で」

▼杉浦「コロコロ変わるなあ」

▼論外「ただ、なんでカシン先輩は今日ノアのTシャツ着てたの?」

▼杉浦「今日はオレンジでみんな揃うかなと思ったのに、なんで自分だけノアを背負ってんだって。一番遠いだろ?」

▼論外「でも、ボソッと『ノアで骨を埋める』って言ってたんで」

▼鈴木「言ってましたよね? 出る前に」

▼杉浦「あの人、職がないから、いろんなところに行って…」

▼論外「さすがに僕、Cyber Fightは予測してなくて。さすがに笑いしかなかったですね」

▼杉浦「ノアに骨を埋めるって言って、その上の親会社にも媚びを売っておいたんだよ」

▼論外「で、Cyber Fighter。我々は巻きこまれたんですね」

▼鈴木「だから、杉浦軍は全員Cyber Fighter」

▼論外「20周年、僕らはノアじゃないんで。杉浦さんが20周年を…」

▼杉浦「いやあ、楽しいっす」

▼鈴木「違う楽しみ方があったと」

▼論外「俺が変なのをどんどん連れてくるから。本当に桜庭さんが一番まともですよね」

▼鈴木「一番汗をかいてる」

▼杉浦「ノアの本当に順当なメンバーじゃこんな楽しめないから(笑)」

▼論外「マジっすか?(笑) 生中継ですよ?」

▼鈴木「やり直しますか?」

▼杉浦「いや、いい。これだけ言わせて。楽しいからいいんだよ。ノア所属じゃこんな楽しめない」

▼論外「いい汗かいてましたね、なんだかんだ」

▼論外「なんだかんだまとまっているんで。みんな集まると。(鈴木は)また解雇されないように」

▼鈴木「今日は大丈夫ですか? ギリギリ?」

▼論外「大丈夫です、大丈夫です。全然大丈夫です。今日はね、みんなメインイベント見たいでしょ?」

▼鈴木「僕らもちゃんとした20年を見ましょう」

▼論外「いやあ、アイ・アム・チョーノはないっすよねぇ」

▼鈴木「何回か言ってましたよね」


第5試合 GHCヘビー級選手権試合
(第33代選手権者)潮崎豪 vs 丸藤正道(挑戦者)

【試合後の潮崎】
――2人の全てを出した、全てを懸けた試合に見えたが?

▼潮崎「それがGHCでしょ? あれが丸藤正道、そして“I am NOAH"潮崎豪の戦いですよ」

――本当に苦しい戦いだったと思う。丸藤選手もたくさんの引き出しを開いてきたが、戦ってどうだった?

▼潮崎「いや、その引き出しを全て受けて、それでなお立っているのがGHCチャンピオン。そのことだけを考えながらやってたんで。俺も勝てて安心してますよ。丸藤正道の挑戦表明した時の『I am リアル NOAH』。あの言葉は俺に本当に響いたから。丸藤正道がノアを見ている。ノアを戦う場所としてくれている。それで、俺はあの言葉でこのタイトルマッチを決めたんで。やることができてよかったと思ってます」

――肩への攻撃も厳しかったが、攻められれば攻められるほど気迫が乗ってきたように見えた

▼潮崎「彼の技術、彼の技、それを上回るものは俺にはできない。できないかもしれないけど、気迫だけは折れないように、折らさせないように、リング上に立ってましたよ。それが勝利に繋がったと思ってます」

――エメラルドフロウジョンもムーンサルトプレスも出した

▼潮崎「とっておきを出し切らないと彼には勝てない。それがノア、それが“I am リアル NOAH"丸藤正道でしょ?」

――その勝負のあとに拳王選手がやってきたが?

▼潮崎「彼のナショナルの赤いベルトを巻いて出てきた覚悟…ただこのGHCに挑戦するというだけじゃない彼の覚悟。ノアに強いヤツは2人もいらない、その覚悟をしっかりと受け止めましたよ。“I am NOAH"潮崎豪は真っ向からこのタイトルマッチを受けます」

――最後に20周年の節目の時となったが、ファンの皆さん、HOMIESの皆さんに一言

▼潮崎「会場に来てくれたみんな。そして、会場には来れなかったけど、見てくれた、感じてくれたHOMIESのみんな。ただ本当に感謝だよね。こんな辛い時期に、またどうなるかわからないこの状況。でも、俺はこのGHCベルトを巻いて、前だけを見て突き進んでいくんで。それがノアの、I am NOAH、GHCヘビー級チャンピオン、潮崎豪、その生き方。俺はこの生き方を突き通していきます。そして、また必ず会場でこのベルトを巻いた姿を見せれるように。して、みんなで『We are NOAH!』と叫びましょう。I am NOAH!」


[61] fun◇YtKXN/LQ - 2020/08/06(Thu) 18:45 ID:  [No.110559]
連続投稿失礼します。

「PRO WRESTLING NOAH 20th ANNIVERSARY
NOAH the CHRONICLE vol.3」
8月10日(祝・月) 試合開始16:00 横浜文化体育館

全対戦カードが決定。

▼GHCヘビー級&GHCナショナル ダブル選手権試合
(第33代GHCヘビー級選手権者)潮崎豪 vs 拳王(第3代GHCナショナル選手権者)
※第33代GHCヘビー級選手権者の4度目の防衛戦、第3代GHCナショナル選手権者の初防衛戦。

▼スペシャルシングルマッチ
武藤敬司 vs 清宮海斗

▼6人タッグマッチ
杉浦貴&桜庭和志&ケンドー・カシン vs マサ北宮&征矢学&稲村愛輝

▼IPWジュニア・ヘビー級選手権試合
(第3代選手権者)原田大輔 vs HAYATA(挑戦者)
※第3代選手権者の初防衛戦。

▼6人タッグマッチ
丸藤正道&望月成晃&宮本裕向 vs 中嶋勝彦&谷口周平&モハメドヨネ

▼6人タッグマッチ
鈴木鼓太郎&小川良成&岡田欣也 vs 小峠篤司&大原はじめ&吉岡世起

▼タッグマッチ
タダスケ&YO-HEY vs 覇王&仁王


※本大会の模様は「ABEMA」にて独占生中継
今回も山田邦子さんとSKE48の松井珠理奈さんも参加も決定。

放送日時:8月10日(祝・月)15:30 〜 21:00(予定)
〉〉://abe.ma/3gnFrd1




[掲示板へ戻る] [前100] [最新50]
処理 記事No パスワード

お名前
E-mail
コメント
URL
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色