[掲示板へ戻る]

ノア2020年1月〜2月「GLOBAL Jr LEAGUE 2020」スレ

[1] fun◇YtKXN/LQ - 2019/12/04(Wed) 06:39 ID:  [No.110036]
「後楽園ホール Day1 NEW SUNRISE」
2020年01月04日(土)18:30〜
後楽園ホール

 「後楽園ホール Day2 REBOOT」
2020年01月05日(日)11:30〜
後楽園ホール

 
「GLOBAL Jr LEAGUE 2020」
神奈川・ラジアント大会
2020年01月10日(金)18:30〜
横浜ラジアントホール

 神奈川・ラジアント大会
2020年01月11日(土)17:30〜
横浜ラジアントホール

 静岡・浜松大会
2020年01月12日(日)17:00〜
アクトシティ浜松

 兵庫・養父大会
2020年01月19日(日)15:00〜
八鹿総合体育館(養父市)

 福岡・アクロス福岡大会
2020年01月21日(火)18:30〜
アクロス福岡

 福岡・アクロス福岡大会
2020年01月22日(水)18:30〜
アクロス福岡

高知・高知市文化プラザ・かるぽーと小ホール大会
2020年01月23日(木)18:00〜
高知市文化プラザ・かるぽーと小ホール
 
大阪・エディオンアリーナ大阪 第2競技場大会
2020年01月25日(土)17:30〜
エディオンアリーナ大阪 第2競技場

「GLOBAL Jr. LEAGUE 2020」優勝決定戦
東京・後楽園ホール大会
2020年01月30日(木)18:30〜
後楽園ホール

 
「HIGHER GROUND 2020」
神奈川・ラジアント大会
2020年02月07日(金)18:30〜
横浜ラジアントホール

新潟・アオーレ長岡大会
2020年02月08日(土)18:00〜
アオーレ長岡アリーナ

福島・福島トヨタ クラウンアリーナ(国体記念体育館) サブアリーナ大会
2020年02月09日(日)17:00〜
福島市国体記念体育館

東京・後楽園ホール大会
2020年02月16日(日)11:30〜
後楽園ホール

神奈川・新百合トウェンティワンホール大会
2020年02月19日(水)18:30〜
新百合トウェンティワンホール

静岡・島田市総合スポーツセンターサブアリーナ大会
2020年02月22日(土)17:00〜
島田市総合スポーツセンターサブアリーナ

「PRO WRESTLING NOAH 20th ANNIVERSARY NOAH the CHRONICLE vol.1」」
愛知・名古屋国際会議場大会
2020年02月24日(月)17:00〜
名古屋国際会議場 イベントホール

「PRO WRESTLING NOAH 20th ANNIVERSARY NOAH the CHRONICLE vol.2」
神奈川・横浜文化体育館大会
2020年03月08日(日)16:00〜
横浜文化体育館

PRO WRESTLING NOAH 20th ANNIVERSARY NOAH the CHRONICLE vol.3
東京・大田区総合体育館大会
2020年05月02日(土)16:00〜
大田区総合体育館






[17] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/05(Sun) 15:51 ID:  [No.110129]
〉全日ファンさん

情報ありがとうございます。

「後楽園ホール Day1 NEW SUNRISE」
1月4日(土)後楽園ホール

試合後のコメントです。

第1試合
【試合後の齋藤&井上】

▼齋藤「今年20周年のノアのね、一番最初の試合に上がった俺たちが勝利した。これが意味がある。マサオも自我が目覚めたからいけると思う」

▼井上「今年はこのまま行きます。止まることなく。無敗で駆け抜ける? もちろんです!!」

――反選手会同盟としては?

▼齋藤「井上雅央が奮起すれば、どんどん熱くなるでしょうし。マサオは冷蔵庫に入れてるゾウムシと同じ! 動かないな…って思ったら、常温になったら動くから! スタミナ半端ねえぞ! な? ゾウムシ!!」

▼井上「まぁまぁ…たとえがあんま良くないけど、似たようなもんですよ…」

▼齋藤「死んだふりだからな! 食虫植物と一緒だ!!」

 
第3試合
【試合後の原田】

――幸先良いスタートとなったが?

▼原田「大原とやり合いましたけど、去年やってきたことの差じゃないけど、それが今日出たんじゃないですかね」

――巻き返そうとする意思を大原からも感じたが?

▼原田「もちろん。今日、明日とチケットも完売して良い大会かもしれない。俺はその先を見てるから。まずはジュニアリーグ。同じブロックにいろんな難敵いるけどな、俺は今年絶対優勝するぞ。ブロック勝ち上がって、その後のトーナメントも勝って、俺が巻き返して、今年のノアジュニアの先頭を走る!」

 
第4試合
【試合後の鈴木、拳王】

▼鈴木「(※拳王が怒鳴り込んでくる声が聞こえるなかで)勝利者インタビュー? ありがとうございます(笑)」

※拳王が怒鳴り込んできて殴りかかり、必死に稲村が止める

▼拳王「テメー! 勝ったのは俺だ! テメー、プロレスなめてんのかよ!? テメー受け身なんかとれねえだろ!? 受け身の練習でもしてこいよ!!」

▼鈴木「受け身取れなくてすみません。お帰りください。お帰りください。(※拳王が去ると)楽しいですね、やってて。っていうことはどうなんだろ? もしかしたら僕より拳王のほうが感じてるんじゃないですかね?」

――まだまだ終わりそうにない?

▼鈴木「そうですね。終わっちゃダメでしょうし。続くでしょう。続きたいから来たワケで(笑) まぁいつもこういう時言うんですけど、常にスタートしてるって。いつもクラウチングスタート。まぁ僕は“競争してください"って言われたら、横から入ってフライングして勝手にゴールして俺が一番だ!っていうタイプですからね。彼も同じなんじゃないですか? だから、こういう一般的なお客さんが見て楽しむプロレスじゃないのかもしれないけど、僕は面白いです。(2020年は)杉浦軍としてだけじゃなくて、個人としても、いろいろあちこちに手をつけていこうと思います」

 
第5試合
【試合後のウィリアムス&リッジウェイ】

▼リッジウェイ「イージーイージー。言ったでしょ? 昨日。負けないって」

▼ウィリアムス「クリスのおかげで田中選手の力を奪うことができたので勝てたよ。彼のキックは凄いね。自分が受けるのはイヤだけど(笑) 今日は自分がグラップリングを担当した」

――ジュニアリーグ戦に向けては?

▼リッジウェイ「今日の試合見て分かったと思うけど、田中に対しても俺のほうが上だって。仁王にも、原田にも、そして田中にも勝つことは目に見えてるよね」

【試合後の丸藤&稔】

――ウィリアムスと久々にあたってみて?

▼丸藤「あんまりあっちで試合してないのに、なんだあのコンディション。やっぱりベテラン。自分のペースに持っていって、やっぱり手強いっすね」

――稔選手は?

▼稔「丸藤さんと組むっていう良いカード新年一発目で組んでもらえて、やっぱり勝ちたかった。シューティングスタープレスも勝ちに行くつもりで放ったんで…」

▼丸藤「あそこは俺が悪かったです。俺がちゃんとおさえとけば…間違いなく勝てた!」

――シューティングスターを出した意味は?

▼稔「それを1月4日に出した意味。それは皆さんのご想像に任せます。しかも勝てなかったんで。明日は1月5日、明日もだそう…」

 
第6試合
【エルガンの話】

「昨日も言ったろ? 借りは返すって。中嶋に負けたことも、杉浦に負けたこともそうだ。約束する。俺はもう負けない。いいか!? GHCヘビー級ベルトは俺のものだ」



[18] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/05(Sun) 15:52 ID:  [No.110130]
「後楽園ホール Day1 NEW SUNRISE」
1月4日(土)後楽園ホール

試合後のコメントです。

第7試合
【試合後の小峠&鼓太郎】
――名前を変えて勝てるほど甘くないと言っていた

▼鼓太郎「名前変えて強くなるなら、みーんな変えてるよ。強くなりたいなら名前じゃねえって。早くその名前に追いつくように、しっかり練習してこい」

――小峠選手は最後を託されたが?

▼小峠「すごい心強いっすね。どんなピンチでも来てくれるんで。耐えれば勝機あるといつも思ってたんで、最高っすよ。ずっとやってますんで、地方でも。ずっとSTINGER組んでますんで」

――敵については?

▼小峠「なんもないっす」

――次なる展望は?

▼鼓太郎「次はジュニアリーグだね。俺のブロックはタダスケと、Xと覇王だか仁王だか、どっちかなー(笑) Xが注目だな」

▼小峠「今年はしっかりやりたいことやれるように、やっていきます」

▼鼓太郎「今日はどんな日だ?」

▼小峠「絶対やらんぞ! 俺は! 大やけどすんぞ!」

 
【試合後の覇王】

「ふざけんなよ!! 鼓太郎テメー! 次はジュニアリーグだ! 次だ次!!」

 

 

第8試合
【試合後の小川】

――これで4大GHCを制覇したが?

▼小川「そうなんだ。そこはあんま気にしてないから」

――三沢さんが創ったベルトには全部思い入れがあると言っていたが?

▼小川「そりゃもちろん」

――会場の大コールは聞こえた?

▼小川「そんなでもなかったでしょ?」

――HAYATAとの握手については?

▼小川「そのうち分かるよ」

――旗揚げ20周年イヤーだが?

▼小川「そうだねえ、早かったような長かったような、分からないけどね。三沢さん……まぁそこはいいや」

――王者としてどう動いていく?

▼小川「そうだね。とりあえずチャンピオンなんで。リーグ戦は不参加ということで。チャンピオンだから、それでいいんじゃない? とりあえずこれくら。あとは見ててください」

 
第9試合
【試合後の杉浦】

――試合を振り返って?

▼杉浦「誰にも負けたくないんで。誰にも。相手の北宮にも、これからやるメインの二人(清宮と潮崎)、ノアの他の試合、選手。そして隣の東京ドームでやってる他の団体。誰にも負けたくないんだよ! それだけだよ」

――挑戦者の意地もすごかったが?

▼杉浦「ホント、タフだね。いろいろ奇襲かけられたり、頭割られたりしたけど、最後はああやって体と体でぶつかって、おもしろかったよ」

――新設ベルトの価値を高めていくと言っていたが?

▼杉浦「まだまだだよ。まだまだ。もっと高い位置まで持っていくから。待っとけ」

――デビュー20周年イヤーでもあるが?

▼杉浦「まぁ俺の20周年は関係ないよ。誰にも負けたくないよ。それだけ」

 

 

第10試合
【試合後の潮崎】

――ものすごいシオザキコールだった

▼潮崎「みんなの声があったからこそ、みんなの声援があったからこそ、今日はみんなのおかげで、このベルトが俺の腰に巻かれてると思います。本当にありがとう。リング上でも言った通り、これがノア。この闘い、この一体感。それこそがノアのプロレスですよ」

――清宮もノアを背負う覚悟があったが?

▼潮崎「そうだね。だからこそ、だからこそ! ベルトの重みを感じてます。あいつがいなかったら、チャンピオンの清宮海斗がいなかったら、このベルトがここまで輝くこともなかったし」

――20周年イヤーを背負っていくことになるが?

▼潮崎「この重み、この責任。ノアの20年、俺は15年。いろいろあったけど、俺はこのノアで、愛するノアで、“最後まで"闘っていきます」

――後楽園に来て良かった!というファンの声も聞こえたが?

▼潮崎「その闘いもあったね。そう言ってもらえるだけで、俺たちは次の闘いへ行ける。みんなの思いを叶えるためにプロレスリング・ノア、闘い続けますよ!」


[19] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/06(Mon) 01:03 ID:  [No.110133]
「後楽園ホール Day2 REBOOT」
1月5日(日)後楽園ホール
観衆:1528人(超満員札止め)

試合結果です。


第1試合 シングルマッチ
◯モハメド ヨネ
6分23秒 キン肉バスター→片エビ固め
×クワイエット・ストーム

第2試合 タッグマッチ
大原はじめ&岡田欣也×
3分56秒 超舞踏→片エビ固め
覇王&仁王◯

第3試合 シングルマッチ
◯マイケル・エルガン
0分8秒 ラリアット→片エビ固め
×井上雅央

第4試合 6人タッグマッチ
谷口周平&田中稔&熊野準×
8分53秒 ダブルアームスープレックス→片エビ固め
杉浦貴&桜庭和志&鈴木秀樹◯

第5試合 6人タッグマッチ
◯拳王&マサ北宮&稲村愛輝
8分51秒 P.F.S→片エビ固め
越中詩郎&×齋藤彰俊&AKIRA

第6試合 シングルマッチ
◯清宮海斗
8分26秒 タイガースープレックス→エビ固め
×イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.

第7試合 10人タッグマッチ
◯武藤敬司&原田大輔&タダスケ&HAYATA&YO-HEY
18分18秒 シャイニングウイザード→体固め
ダグ・ウィリアムス&小川良成&鈴木鼓太郎×&小峠篤司&クリス・リッジウェイ

第8試合 GHCタッグ選手権試合
潮崎豪&中嶋勝彦×
24分58秒 首固め
丸藤正道&望月成晃◯
※丸藤正道&望月成晃組が第52代選手権者となる。




[20] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/06(Mon) 13:40 ID:  [No.110134]
「後楽園ホール Day2 REBOOT」
1月5日(日)後楽園ホール

試合後のコメントです。

第1試合
モハメド ヨネvsクワイエット・ストーム

【試合後のヨネ】

――新年一発目で…

▼ヨネ「そう! 昨日はね、マサオのテクニックに翻ろうされて3カウント取られたんでね。今日は同門というかね、親友というかね、濃い〜血のつながりのあるクワイエット・ストームとのシングルだったんで。もちろん負けられない闘いでした。勝てて良かったですね」

――ファンキーパワーズとして今年は?

▼ヨネ「50ファンキーパワーズが見たい!っていう人がいる限り、闘い続けます。もういいよ!ってい人たちにも見せつけていくし、そのためにも『やっぱりこの二人だな!』って闘いを、こういうシングルでも見せなきゃいけないしね。『二人の連係、やっぱりいいな!』っていうのも見せたいし、ニーマルニーマル、2020年ガッチリいきます」

 
第2試合
大原はじめ&岡田欣也vs覇王&仁王

【論外&東郷の話】
▼論外「どう? どう? 一流のレスラー、これがX。しかも、いきなりグローバルジュニアリーグ参戦。Xってこういうもんなんだよ。あんな二流三流…いや、二流じゃない。三流レスラーがXなんかやったって沸かないけど、今日は沸いただろ? 一流のレスラーだよ、一流のレスラー」

▼東郷「まあ、覇王にも仁王にも恨みはないけど、俺がリーグ戦に参戦するキッカケを作らせてもらっただけ。出るからには優勝するから。ワールドワイドなレスリングを堪能してくれ」

▼論外「東郷さんが新しく杉浦軍のジュニアに入ったってことで、昨日なんかベルトを獲ったチャンピオンがリーグ戦を辞退? 面白くねえな。なら俺もリーグ戦を辞退する。俺も出ない」

▼東郷「じゃあ、俺も出なくていいですか?」

▼論外「そこはダメです。俺は出ない。Aブロックは宮脇とHAYATAでどっちでもいい。チャンピオンが出ないんだったら、こんなリーグ戦、俺が出る意味がない」

▼東郷「じゃあ、俺も出なくていいですか?」

▼論外「いや、それは出てください。Xなんで。正式に辞退する。リーグ戦なんか俺は出ねえぞ。全部東郷さんにお願いして」

▼東郷「優勝するから」

▼論外「小川良成が出ないんだったら俺も出ない。決定だ、決定」

 
【仁王の話】

「なんだよおい! アー!? ナメてんのか? なんだっていいよ。あれがXなんだろ!? ジュニアリーグ、覇王が同じブロックなんで。必ず仕留めます。そして(鼓太郎が言っていた)『名前変わった、コスチューム変わった、それで強くなれんのか?』って。それで強くなるなんて、俺らだって思ってねえから」

 
第3試合
マイケル・エルガンvs井上雅央

【試合後のエルガン】
――試合を振り返って?

▼エルガン「昨日も言ったろ? 借りはすべて返していくって。ノアでのデビュー戦に敗れた借りを返したし、昨日だって中嶋に雪辱した。すべてはGHCヘビー級王座を獲るためだ」

――潮崎が新王者となったが?

▼エルガン「昨夜、誰が勝とうが、誰が負けようが関係なかった。目的はGHCヘビーを獲ることだからだ。ただ、シオザキの実力は分かってるし、対戦してみたいと思っていた。願ったり叶ったりだ」

 
【試合後の井上】
――まさかのエルガン戦だったが?

▼井上「ですねぇ…。事前にわかってればね、ちょっと考えたけど。ハァ…」

――昨日は今年無敗宣言もあったが?

▼井上「忘れちゃった。まあ、これからですよ。今日は無しってことで。まあまあ、凄くいい風に考えて、ある意味、記録は残したかなみたいな感じですね。必ずどこかでやりかえします。チャンスがあれば」

――アメリカまで追いかけると?

▼井上「いや、交通費がかかるから(笑)」

 
 第4試合
杉浦貴&桜庭和志&鈴木秀樹vs谷口周平&田中稔&熊野準

【試合後の杉浦&桜庭&鈴木】
※桜庭が遅れてやってくると

▼鈴木「素晴らしい連携!(拍手を送る)」

▼杉浦「真ん中に。年長者は真ん中に」

※桜庭を真ん中に立たせると

▼鈴木「素晴らしい連携でした。最初からもう、ジャンケンから…」

▼桜庭「味方を騙してどうすんの?」

▼鈴木「いや、怖いから。何されるかわからないから」

▼桜庭「ブレーンバスターの件だって2人でやろうと言ったのに。ヤケに重いなと思ったら…」

▼鈴木「いや、滑ってましたよ。滑って」

――見事な連携で勝利したが?

▼桜庭「微妙な連携じゃない?」

▼杉浦「いやいやいや。藤田よりは全然いいでしょ。藤田よりはまとまりがありますよ」

▼鈴木「藤田和之は全然わかってないですから」

▼杉浦「(桜庭に)藤田の教育係、お願いします」

▼桜庭「わかりません…」

▼杉浦「教育しとけ(笑)」

――今後も桜庭選手とは積極的に組んでいきたい?

▼杉浦「見たでしょ、今日の連携。ばっちしだよ」

▼鈴木「負けそうになりながら。敗北の匂いがしましたけど」

▼桜庭「半信半疑でタッチして」

▼杉浦「いや、素晴らしいよ。もうやる気満々じゃん。俺がリーダーなのに、フォールしにいくしさ。カバーしにいくしさ」

▼鈴木「最初も自分で出ていって」

▼杉浦「自分で出ていって」

▼桜庭「いや、あれは…(苦笑)」

▼杉浦「やる気満々だね。プロレスにやる気満々なのがうかがえたから、今日は俺も嬉しいよ」

▼鈴木「本腰ですよ」

▼桜庭「卍(固め)やりたかった」

▼杉浦「今度卍やってもらって。ありがとうございました」


[21] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/06(Mon) 13:40 ID:  [No.110135]
「後楽園ホール Day2 REBOOT」
1月5日(日)後楽園ホール

試合後のコメントです。

第5試合
拳王&マサ北宮&稲村愛輝vs越中詩郎&齋藤彰俊&AKIRA

【試合後の拳王ら金剛】

▼拳王「一昔前のオッサンたち。汗ひとつかいてないぞ!? あんなな! オッサン! 俺たちに当てんじゃねえよ! オッサンはオッサンどもとやっとけ。俺たちはな、さらに高みを目指してんだ! いいか!? 2020年、俺たち金剛の年にしてやるからな!」

▼北宮「帰るぞ!」

▼稲村「はい!!!」

 
第6試合
清宮海斗vsイホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.

【試合後の清宮】
――昨夜は守り続けたベルトを失った

▼清宮「昨日の体じゅうの痛みは、俺は充実感としてとらえてるから。昨日の負けがあるから、今日の勝ちがあると思うし、昨日の景色があるから、今日から見せられる景色があると思ってるんで。俺はベルトが無くても、俺なりの新しい景色を見せていきたいと思います」

――気持ちは切り替わっている?

▼清宮「完全にもう、気持ちは切り替わってる。なぜなら昨日、見たでしょ? 後楽園ホール、超満員のお客さん。ひとつ、俺が求めてた新しい景色、俺は見えたから。チャンピオンじゃなくても、それを求める姿勢を継続させて、次の新しい景色をみせていきたいと思います」

――ワグナーJr.はライバルになり得る存在?

▼清宮「体も大きいし、俊敏性もあって、僕にとってはやりやすいですね。もっともっとノアのリングを経験していけば、この後どうなっていくか…末恐ろしいですね」

 
第7試合
武藤敬司&原田大輔&タダスケ&HAYATA&YO-HEYvsダグ・ウィリアムス&小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司&クリス・リッジウェイ

【試合後の武藤&原田&タダスケ&HAYATA&YO-HEY】
※武藤が「ありがとうございました」と頭を下げるRATEL'Sの面々と握手を交わすと

▼武藤「今年一発目の試合がこのノアさんのリングで。正直、ほとんどのレスラーが初対面というかね。まあ、小川はやったことあるんだけど。途中、味方か敵かわからなくなっちゃったよ。こういう若い選手たちの新しく出てくるぞという気持ちというか、うねりというか、そういうのをスゲエ感じて。今年早々の試合でホントに元気をもらったよ、お前らから。まだ初めだからな。意外とコンディションもよく、楽しめたよ。ありがとう」

――今年も定期的に参戦する?

▼武藤「いや、今日はシークレットだったんだよな?」

――去年みたいなペースで?

▼武藤「要望があればいつでも。要望があればね。前回はグレート・ムタでもお邪魔しているし、もしかしたら今年あたりはもう少し数多くノアに上がる可能性もあるし、ないかもしれないし。やる選手みんな初対面で、これはこれでスゲエ俺からして難しさがあるんですよ。1つこれも勉強というか。こういうのを1個1個こなしていけばね、また自分の糧になると思うし。あとはこいつらから聞いてください。ありがとう」

※RATEL'Sも「ありがとうございました」と頭を下げ、武藤が去っていく。すると、YO-HEYが武藤の座っていたイスに座る

▼YO-HEY「もしかしたら、RATEL'S、俺ら4人にもう1人、武藤さんが入ってくれるかもしれないから。ちょっとあとでLINE交換しておいて、定期的に俺らノアジュニアの中に、RATEL'Sの中に武藤さんが入ってくれるように、HAYATAがアポを取っておくって言ってました」

※HAYATAとタダスケが無言で去っていくと

▼原田「以上。同じや!」

 
【小川の話】
「(HAYATAを意味深に見つめていましたが?)面白いことしてあげるよ。RATEL'Sは春まであるかな…」

 
第8試合 GHCタッグ選手権試合
潮崎豪&中嶋勝彦vs丸藤正道&望月成晃

【試合後の丸藤&望月】

▼丸藤「いや、すげーっす!」

▼望月「まぁ40代までは、どんな相手だろうが意地はってましたけど、もうすぐ50になるんで、色々変化球も覚えていこうかな、と。大みそかもWRESTLE-1の諏訪魔選手と石川修司選手。あのスーパーヘビーと闘ったんで、今日に向けた良いヒントも得られたんじゃないかなと。あとは中嶋勝彦! お前とはまだまだ終わらねえぞ、この野郎! 10年前に終わったかもしれねえけどな、これでノア来て1勝1敗だ。またやってやるからな、覚悟しとけこの野郎!」

▼丸藤「俺が言いたかったことは、リング上で言ったこと。で、もっちーさん! これ持ってDRAGON GATE行っちゃいますか? そういうのもアリ」

▼望月「いーじゃないですか〜! ちょうどウチのツインゲートも空位で、トーナメントにGamma選手と組んで出るんですけど、獲れたら二冠。獲れなくても、ウチも数々ビッグマッチあるんで。12月の福岡見た!? (丸藤の)ストーカー市川戦。あんなベストバウト無かったよ! ストーカー市川のベストバウトだよ! あのストーカー市川戦もヒントだったんだよ、今日、俺が来る。でもね、せっかくだから丸藤選手! 年始だけど最優秀タッグ狙っていきましょう!」

▼丸藤「いきましょうか!」

▼望月「いち早く宣言! 一番乗りで!」

▼丸藤「それと最近俺、ずっと一人で寂しかったんで。ユニットみたいなチーム作ろうと思ってるんで。いろんなとこから寄せ集めたいんで! もっちーさんは強制的にもう入ってます!」

▼望月「奇遇ですねえ。僕もDRAGON GATEの三軍抗争、入ってないんですよ。もしアレでしたら、自由にいきましょうよ、各自!(笑) MMコンビで行きますんで! 俺らどこ出るか分からねえぞ? 俺なんか年末、パンダちゃんとも闘ってんだから」

▼丸藤「どんと来い! 俺たちがベストタッグだ!」

 
【試合後の潮崎&中嶋】

▼中嶋「ごめん! ゴウさんごめん! 丸め込まれた…申し訳なさすぎて、コメントが出てこないよ」

▼潮崎「大丈夫。負けは負け! それは受け入れよう。でもAXIZは終わらないよ!」



[22] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/07(Tue) 00:02 ID:  [No.110136]
1.10ラジアントホールで開幕する
GLOBAL Jr. LEAGUE 2020
1ブロック4名・4ブロックに分かれ、30分1本勝負で公式戦を実施。
1.30後楽園大会で各ブロック1位選手による準決勝・決勝戦を行う。

【Aブロック】
HAYATA(3年連続3度目)
小川良成(2年連続3度目)
NOSAWA論外(初出場)
宮脇純太(3年連続3度目)

1月4日にGHC Jr.初挑戦&初戴冠となった小川良成、そして前チャンピンHAYATAが同ブロックに。
杉浦軍の参謀として数々の助っ人を連れきたNOSAWA論外もエントリーされたが、小川良成がバックステージコメントにて突如不参加を表明。
それに合わせて論外も「チャンピオンが出ないのであればおれも出ない」と発言。果たしてどうなるのか?
そしてこのリーグから復帰する宮脇はどこまでインパクトの残せるのか!?

注目のカード
■1月22日(水)18:30 アクロス福岡
▼Aブロック公式戦
 小川良成vsNOSAWA論外

■1月25日(土)17:30 エディオンアリーナ大阪第2競技場
▼Aブロック公式戦
 HAYATAvs小川良成


【Bブロック】
鈴木鼓太郎(3年連続4度目)
タダスケ(3年連続3度目)
覇王(初出場)
ディック東郷(初出場)

昨年準優勝のタダスケ、GHCタッグチャンピオンの鈴木鼓太郎と実績充分の二人。
12月より金剛に加入した、覇王にも注目。1月4日のJrタッグのベルトには届かなったが随所にキレのある動きを見せた。
そしてなんといっても最後に発表された杉浦軍の新たなメンバー、レスリングマスターことディック東郷がここにエントリー。
世界中のプロレスを知り尽くした人間はどんな闘いをみせるのか?そして覇王との師弟対決にも注目…。

注目のカード
■1月10日(金)18:30 横浜ラジアントホール
▼Bブロック公式戦
 覇王vsディック東郷

■1月25日(土)17:30 エディオンアリーナ大阪第2競技場
▼Bブロック公式戦
 鈴木鼓太郎vsディック東郷

 【Cブロック】
小峠篤司(5年ぶり2度目)
YO-HEY(3年連続3度目)
大原はじめ(3年連続4度目)
熊野準(3年連続4度目)

Jrヘビー級に復帰してから、IPWやジュニアタッグのベルトも取得した小峠が中心か。
YO-HEYは昨年の9.16大阪、11.2両国とGHC Jr.のタイトルマッチに臨んだが一歩届かなかった。このリーグで再びトップ戦線に戻ることが出来るか。
デビュー15周年を迎えた大原は今年3月に高校卒業を控えている。最後の高校生活に華を添えることが出来るか。
そして昨年10月3日の後楽園ホールで藤田和之相手に奮闘した熊野、再び覚醒なるか!?

注目のカード
■1月10日(金)18:30 横浜ラジアントホール
▼Cブロック公式戦
 大原はじめvs熊野準

■1月21日(火)18:30 アクロス福岡
▼Cブロック公式戦
 小峠篤司vsYO-HEY


【Dブロック】
原田大輔(3年連続4度目)
クリス・リッジウェイ(2年連続2度目)
田中稔(3年連続3度目)
仁王(3年連続3度目)

実力者が揃った死のグループといってもいいDブロック。
IPW王者原田も筆頭に、昨年GHCジュニアのタイトルマッチにも挑戦しインパクトを与えた、リッジウェイ。
実績、実力は申し分なく数々の団体でトップに立ってきた田中稔。そして金剛加入により、勢いを増す仁王。
混戦必至。果たして準決勝に進むのは!?

注目のカード
■1月11日(土)17:30 横浜ラジアントホール
▼Dブロック公式戦
 クリス・リッジウェイvs田中稔

■1月12日(日)17:00 アクトシティ浜松
▼Dブロック公式戦
 原田大輔vs田中稔

GLOBAL Jr. LEAGUE 2020出場選手

■1月10日(金)18:30 横浜ラジアントホール
▼Bブロック公式戦
 覇王vsディック東郷
▼Cブロック公式戦
 大原はじめvs熊野準
▼Dブロック公式戦
 クリス・リッジウェイvs仁王

■1月11日(土)17:30 横浜ラジアントホール
▼Aブロック公式戦
 HAYATAvs宮脇純太
▼Bブロック公式戦
 タダスケvs覇王
▼Dブロック公式戦
 クリス・リッジウェイvs田中稔

■1月12日(日)17:00 アクトシティ浜松
▼Aブロック公式戦
 小川良成vs宮脇純太
▼Cブロック公式戦
 小峠篤司vs熊野準
▼Dブロック公式戦
 原田大輔vs田中稔

■1月19日(日)15:00 八鹿総合体育館(養父市)
▼Aブロック公式戦
 NOSAWA論外vs宮脇純太
▼Cブロック公式戦
 YO-HEYvs熊野準

 ■1月21日(火)18:30 アクロス福岡
▼Bブロック公式戦
 鈴木鼓太郎vsタダスケ
▼Cブロック公式戦
 小峠篤司vsYO-HEY
▼Dブロック公式戦
 原田大輔vs仁王

■1月22日(水)18:30 アクロス福岡
▼Aブロック公式戦
 小川良成vsNOSAWA論外
▼Bブロック公式戦
 タダスケvsディック東郷
▼Cブロック公式戦
 小峠篤司vs大原はじめ

■1月23日(木)18:00 高知市文化プラザ・かるぽーと小ホール
▼Aブロック公式戦
 HAYATAvsNOSAWA論外
▼Bブロック公式戦
 鈴木鼓太郎vs覇王
▼Dブロック公式戦
 田中稔vs仁王

■1月25日(土)17:30 エディオンアリーナ大阪第2競技場
▼Aブロック公式戦
 HAYATAvs小川良成
▼Bブロック公式戦
 鈴木鼓太郎vsディック東郷
▼Cブロック公式戦
 YO-HEYvs大原はじめ
▼Dブロック公式戦
 原田大輔vsクリス・リッジウェイ

■1月30日(木)18:30 後楽園ホール
▼GLOBAL Jr. LEAGUE 2020準決勝
 Aブロック1位vsBブロック1位
▼GLOBAL Jr. LEAGUE 2020準決勝
 Cブロック1位vsDブロック1位
▼GLOBAL Jr. LEAGUE 2020優勝決定戦

 
【大会要項】
■試合形式
出場選手が1ブロック4名・4ブロックに分かれ、GHC選手権ルールに基づき、30分1本勝負で公式戦を行う。

勝ち、不戦勝…2点  負け、不戦敗…0点  あらゆる引き分け…1点

■日程
1月10日・横浜ラジアントホール大会から1月25日・エディオンアリーナ大阪第2競技場大会まで各会場にて公式戦を行います。

1月30日・後楽園ホール大会にて各ブロック1位選手により、準決勝・決勝戦を行う。

準決勝 Aブロック代表vsBブロック代表/Cブロック代表vsDブロック代表

決勝  Aブロック代表vsBブロック代表の勝者 vs Cブロック代表vsDブロック代表の勝者
※最多得点者が複数の場合は、直接対決の勝敗で優勝戦進出者を決定。
※直接対決が引き分けの場合は、優勝戦進出者決定戦を行う。



[23] ただの全日ファン - 2020/01/07(Tue) 21:04 ID:  [No.110139]
クワイエット・ストームが1月末をもって契約満了により退団となります。
1月30日所属ラストマッチ。


[24] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/08(Wed) 23:23 ID:  [No.110141]
ノア所属、クワイエット・ストームは2020年1月末日をもって契約期間終了。
契約満了に伴い、1月30日・後楽園ホール大会が所属ラストマッチとの事。

 「GLOBAL Jr LEAGUE 2020 優勝決定戦」
1月30日(木) 試合開始18:30 後楽園ホール

▼スペシャルタッグマッチ
モハメド ヨネ&クワイエット・ストームvs齋藤彰俊&井上雅央


[25] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/10(Fri) 23:40 ID:CnWaBuvM  [No.110143]
「GLOBAL Jr LEAGUE 2020」
1月10日(金)神奈川・横浜ラジアントホール

試合結果です。

〈第1試合〉タッグマッチ
モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム◯
4分29秒 エビ固め※50cm腕ラリアット
田中稔&宮脇純太×

〈第2試合〉GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Cブロック公式戦
×大原はじめ
13分39秒 変型アサルトポイント
◯熊野準

〈第3試合〉GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Bブロック公式戦
×覇王
9分21秒 片エビ固め※ダイビング・セントーン
◯ディック東郷

〈第4試合〉8人タッグマッチ
丸藤正道&越中詩郎&齋藤彰俊&井上雅央×
11分54秒 片エビ固め※ムーンサルトプレス
杉浦貴&◯イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.&NOSAWA論外&岡田欣也

〈第5試合〉8人タッグマッチ
清宮海斗&◯小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司
19分29秒 片エビ固め※クロスフィクスを切り返して
原田大輔&タダスケ&×HAYATA&YO-HEY

〈第6試合〉GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Dブロック公式戦
◯クリス・リッジウェイ
14分43秒 パッケージ・ジャーマンスープレックスホールド
×仁王

〈第7試合〉6人タッグマッチ
◯潮崎豪&中嶋勝彦&谷口周平
21分13秒 エビ固め※豪腕ラリアット
拳王&マサ北宮&稲村愛輝×


[26] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/11(Sat) 23:32 ID:M0hUcD4E  [No.110145]
「GLOBAL Jr LEAGUE 2020」
1月10日(金)神奈川・横浜ラジアントホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第1試合
モハメド ヨネ&クワイエット・ストームvs田中稔&宮脇純太

【試合後のストーム】
――フリー転向が決まったが?

▼ストーム「正直ね、まだラストツアーだって頭の中で(実感が)来てないよね。いろいろ分からないこといっぱいあるから、とりあえず30日まで頑張ろうと思います。楽しく、盛り上げる試合したいと思う」

――まだ整理がついていない?

▼ストーム「そうだね。まだ全然、整理できてないね。でも残り8試合あるから、8試合で熱く、クワイエット・ストームらしい試合する」


第2試合
GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Cブロック公式戦
大原はじめvs熊野準

【試合後の熊野】
▼熊野「まずはリーグ戦1勝目。ひとつも落とせない。大原はじめ、強かったね。でもこのリーグ戦、賭けてんだよ。RATEL'S、STINGER…そんなヤツらおさえて、俺がこのリーグ戦優勝して、小川良成のベルトを狙っていく」

――コスチュームを青にした意味は?

▼熊野「青色…僕の尊敬する人のイメージカラー。その青をこうして使わせてもらったんでね。簡単には負けられないし。あと2つ勝って、誰よりも先に優勝決定戦進出、一番乗りするのは熊野準」

――次は小峠戦だが?

▼熊野「デビュー戦の相手だけどね。タッグでもなんでも一回も勝ったことがない小峠篤司。その相手に次の浜松で勝てば、優勝、かなり近づいてくるんじゃないの?」

 
第3試合
GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Bブロック公式戦
覇王vsディック東郷

【東郷の話】
「おい! まずは1勝だ! 優勝するからにはよ、この1勝を積み重ねていくから。全勝優勝だ。誰にも負けねえ。覚えとけ!」

 
【覇王の話】
「何にもない! 次だ次!」

 
第4試合
丸藤正道&越中詩郎&齋藤彰俊&井上雅央vs杉浦貴&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.&NOSAWA論外&岡田欣也

【試合後の杉浦、論外】
▼論外「どうしたらいい? チャンピオン(小川)が出ない。チャンピオンが浜松でリーグ戦、出るんだったら、俺も出る。俺がリーグ戦出ても出なくても一緒だから。チャンピオンが出るか出ないかだよ。それから杉浦さん、次のナショナル王座、ケツで飯食ってるヤツが挑戦もおもしろいんじゃないですか!?」

▼杉浦「あいつ? あんなんでいいの!?」

▼論外「元気じゃないですか。ケツで飯食ってんじゃねえぞオラ!」

▼杉浦「ケツばっかやりやがってよ! 下品なんだよ!! ケツばっかで! ケツ! ケツ!」

 
第5試合
清宮海斗&小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司

【試合後の清宮&小川&小峠&鼓太郎】
――今日からジュニアリーグ戦が開幕したが…

▼小川「うん、出ないよ」

――入場式にも姿がなかったが…

▼小川「だから、出ないって言ってるじゃん。出ないよ。あいつ(清宮)も(N-1に)出なかったじゃん。な? チャンピオンだから出なくていいよな?」

▼清宮「僕は出ませんでした」

▼鼓太郎「じゃあ僕も出ない」

▼小川「いや、違うだろ(笑) 俺はシングルのチャンピオンだから。お前はタッグだろ。しっかり出ろよ」

――同じブロックの論外も出ないと言っているが?

▼小川「それは知らないよ。俺は出ない。チャンピオンは出なくていいだよな!?」

▼清宮「出なくていいと思います!」

▼小川「OK!」

――誰に優勝して欲しい…とう考えは?

▼小川「誰でもいいよ(笑)」

――入場式含めリーグ戦に向けてタダスケとやり合っていたが?

▼鼓太郎「違うよ。たまたま俺の前にタダスケがいたから蹴っ飛ばしただけ。邪魔だなと思って。目の前ウロウロされたらイライラするでしょ? どいてもらおうと思って。楽勝でしょう。同じブロックでもディック東郷だけだな。初対戦なんでなんとも言えないけど。今日見た感じではグラウンドがなめらかで、うまそうで」

――小峠選手は?

▼小峠「脅威であるSTINGERの3人が全員別ブロックになってくれたんで安心してます。安定の決勝トーナメント進出は間違いないと思いますんで、期待してください」

――清宮選手は?

▼清宮「ジュニアのリーグ戦が始まって、抗争、闘いハイレベルなことやってると思うけど、STINGER…。俺は興味あるね」

 
第6試合
GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Dブロック公式戦
クリス・リッジウェイvs仁王

【リッジウェイの話】
「(リーグ戦が始まったが?)目の前の敵を倒していくだけさ。今日は2点、次も2点さ」

 
第7試合
潮崎豪&中嶋勝彦&谷口周平vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝

【試合後の潮崎】
――新王者としてのツアーが始まったが?

▼潮崎「5日の大会が終わって、今日こうしてたくさん、来てくれたファンのみんなには、本当に感謝してますし。こうやって、ファンのみんなの声のおかげで、俺たちの試合がもっともっとグレードアップするし、グレードアップした試合をみてもらって、ファンの人たちももっともっと熱く、ノアを愛してもらえれば。そういう相乗効果を生み出していけばいい。その中でチャンピオンとしてのナビが始まった。責任重大ですよ。でもそれが、GHCチャンピオンとしての誇りやプライドにつながる。だから今日は感謝してます」

――ジュニアリーグ戦と存在感で競い合う思いはある?

▼潮崎「そうですね。ノアジュニアの最高レベルの闘いのあるなかで、ヘビー級が、俺が、存在感を出していかないといけないと思うし。そこはジュニアのみんなとも闘いにもなるかもね。でも、それもノアをまたひとつ大きくするための大事なこと。刺激を与え合いながら、ヘビー級の負けない闘いをみせますよ」

――次の挑戦者は現れていないが、今日当たった金剛などスキあらば狙われる立場だが?

▼潮崎「スキあらば狙いにきてもらって全然構わない。俺はこのノアを、そしてヘビー級のベルトを守るだけなんで。今日やった金剛…マサ、稲村、拳王。ヘビー級なら誰が来てもいいと思いますし、もっともっとやり合って、相乗効果で盛り上げていきますよ。20周年イヤーを俺色に染め上げます」

――その20周年イヤー、杉浦、丸藤、小川、鼓太郎…とノアの旗揚げメンバーや生え抜きがことごとくタイトルホルダーとなっているが?

▼潮崎「それが今の“ノア"ってことなんでね。今のチャンピオンのメンバーが、ノアの“過去"の選手って言うなら、過去があるから今があり、今があるから未来が創れるんだ。そしてそうやって、ノアはさらにデカくなる。そういう流れになってきてるんじゃないの? 俺たちがノアの20周年という節目を、俺たちが創り上げる…ってことで」

――久々にシングルのベルトを持って入場した感覚は?

▼潮崎「ベルトも新しくなったっていうのもありますけど、このベルトの初代のチャンピオン(清宮)が創り上げてきた、新しい景色の重みってものは感じますよ。だから俺がさらにその先を創り上げていく。それが今このベルトを持ってる俺の役目だと思うんで。それも自分を追い込める材料になりますよ」

――今日はAXIZのコスチュームだったが、中嶋と組むときとそうでない時で使い分ける?

▼潮崎「それはどうかな。チャンピオンとして、新しいコスチュームで獲った。緑のコスチュームで獲った。その重みもあるんで。そこも見ていただきたいな…と」

――今日はどのコスチュームで現れるかというのも…

▼潮崎「うん、それも楽しみにしてもらってね」



[27] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/11(Sat) 23:32 ID:M0hUcD4E  [No.110146]
YO-HEYが胸骨負傷のため、11日・横浜大会、12日・浜松大会を欠場との事。

同欠場に伴い、既発表のカードにつきましては変更となるそうです。


[28] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/11(Sat) 23:33 ID:M0hUcD4E  [No.110147]
連続投稿失礼します。

「GLOBAL Jr LEAGUE 2020」
1月11日(土)神奈川・横浜ラジアントホール
観衆:310人(超満員)

試合結果です。

〈第1試合〉タッグマッチ
◯齋藤彰俊&井上雅央
9分17秒 片エビ固め※スクイルデス
クワイエット・ストーム&諸橋晴也×

〈第2試合〉GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Bブロック公式戦
×タダスケ
7分49秒 片エビ固め※ファイヤーバード・スプラッシュ
◯覇王

〈第3試合〉GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Aブロック公式戦
◯HAYATA
9分48秒 体固め※ムーンサルトプレス
×宮脇純太

〈第4試合〉8人タッグマッチ
杉浦貴&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.&大原はじめ&岡田欣也×
14分38秒 片エビ固め※P.F.S
◯拳王&マサ北宮&稲村愛輝&仁王



〈第5試合〉GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Dブロック公式戦
×クリス・リッジウェイ
11分34秒 腕ひしぎ十字固め
◯田中稔

〈第6試合〉6人タッグマッチ
丸藤正道&原田大輔&HAYATA×
13分30秒 片エビ固め※キルスイッチ
小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司◯

〈第7試合〉6人タッグマッチ
◯潮崎豪&中嶋勝彦&熊野準
19分59秒 片エビ固め※豪腕ラリアット
清宮海斗&谷口周平&モハメド ヨネ×


[29] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/12(Sun) 15:42 ID:L2R4juUo  [No.110148]
 「GLOBAL Jr LEAGUE 2020」
1月11日(土)神奈川・横浜ラジアントホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第2試合
GLOBAL Jr. LEAGUE2020 Bブロック公式戦
タダスケvs覇王

【覇王の話】

「昨日の(東郷戦での)重すぎる1敗から、とりあえずつないだ。あとは残りの結果と、鈴木鼓太郎。覚悟しとけコノヤロー」

 
第4試合
杉浦貴&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.&大原はじめ&岡田欣也vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝&仁王

【試合後の拳王ら金剛】
▼拳王「昨日から新しいシリーズが始まったけど、昨日! 金剛、全敗だよな!? おい…どんだけ負けてんだよ、俺たち。これから勝ちゃいいんだろ!? これからの金剛を見ておけ。プロレスリング・ノア、ぬるま湯につかってんじゃねえぞ。俺たちが“新たな扉"を開いてやるからなあ!」

▼北宮「帰るぞ!」

▼稲村「はい!!」

 
第5試合
GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Dブロック公式戦
クリス・リッジウェイvs田中稔

【稔の話】

「かなり攻め込まれたけど、リーグ戦初戦、無事に突破したんで。優勝したい!って気持ちは全員が持ってないとおかしいから、そんなことは言わない。今回のリーグ戦は、今年で3回目。過去2回と意味合いがまったく違うリーグ戦になりそうなんで、一戦一戦、大事にしていきたいです。特にこのDブロック、4つあるブロックのなかで一番良いブロックに入れてもらえたと思ってるんで。今日のクリスもそう、明日の原田戦もそう。高知で仁王。あえてHi69君と言わせてもらいますけど、すべて“楽しむ"って言っちゃおかしいですけど、じっくり大事に闘って、その上で勝って、決勝戦に進みたいと思います」

 
第6試合
丸藤正道&原田大輔&HAYATAvs小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司

【試合後の原田】
――YO-HEYが急きょ欠場となったが?

▼原田「そのことはもう仕方ない。彼にとって(昨年も肺気胸で欠場するきっかけとなった)横浜ラジアントホールっていう会場がひとつの鬼門になったというか。早く治して、すぐにカンバックしてくるんじゃないですかね。アイツは」

――リーグ戦もRATEL'Sで4ブロックに分かれたからには、RATEL'S4人で準決勝、決勝を闘いたい?

▼原田「ほんで優勝! それが一番の目標やけど、それが簡単にできるリーグ戦じゃないと思ってるんで。まずは、明日の田中稔。去年、リーグ戦で引き分けてるからね。横浜文体ではベルトも獲られてるし、やっぱりあの2つの試合が俺の中で引っかかってる部分があるんで、それを明日、払い除けたいなと思ってます。今日に関してはHAYATAがアッパレ、アッパレ、アッパレ」

 
第7試合
潮崎豪&中嶋勝彦&熊野準vs清宮海斗&谷口周平&モハメド ヨネ

【試合後の潮崎】
――2日連続でメインを締めたが、王者として狙われる厳しさを体感したようにも見えるが?

▼潮崎「その厳しさこそがノアだし、その厳しさがGHCだ。ノアのヘビー級、全員が狙ってるものがコレ(ベルト)だよ!」

――ヨネも目の色を変えて襲いかかってきたが?

▼潮崎「それがGHCチャンピオンとしての宿命。ノアのヘビー級の闘いは、誰でも、誰が来ても、それくらい激しくなる。それくらい熱くなれる。それくらい素晴らしいベルトだとも思いますよ」

――挑戦資格は誰にでもある?

▼潮崎「うん、それが“ノア"です」

――今日は緑色の新コスチュームをセレクトしたが?

▼潮崎「今日こうやって集まってくれた横浜ラジアント大会。2日目なのに、これだけ盛り上がってくれたファンの人たちに対しての、俺の思い。このGHCにかける思い、ノアのリングにかける思い、それが“緑色"のGHCのチャンピオンとしての責任をもたせてくれたと思ってますよ」

――まだツアーは始まったばかりだが、挑戦者をツアーを通じて探していく? 自分から指名したい気持ちは?

▼潮崎「今日もモハメド ヨネに追い込まれたし、あれだけ強い、激しいモハメド ヨネを体感できた。それは、GHCの闘い、ノアの闘いを現すリング上だったし、誰でも挑戦できる…ワケではないのかもしれないけど、“俺がノアだ"っていう人間と挑戦者として向かい合いたいね」



[30] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/12(Sun) 23:22 ID:.JM3x6l.  [No.110150]
WRESTLE-1
「WRESTLE-1 TOUR 2020 SUNRISE」
1月12日(日)東京・後楽園ホール

参戦試合の結果です。

第九試合
WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
(王者)×稲葉 大樹
13分48秒ヴァーティカルスパイク→片エビ固め
(挑戦者)◯中嶋 勝彦
※中嶋勝彦が第16代王者となる。


[31] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/12(Sun) 23:40 ID:.JM3x6l.  [No.110153]
連続投稿失礼します。

「GLOBAL Jr LEAGUE 2020」
1月12日(日)静岡・アクトシティ浜松

試合結果です。

〈第1試合〉GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Cブロック公式戦
◯小峠篤司
10分56秒 変型エビ固め
×熊野準

〈第2試合〉6人タッグマッチ
◯越中詩郎&齋藤彰俊&井上雅央
11分55秒 エビ固め ※パワーボム
モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム&諸橋晴也×

〈第3試合〉GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Aブロック公式戦
◯小川良成
8分08秒 腕極めキャメルクラッチ
×宮脇純太1

〈第4試合〉8人タッグマッチ
◯清宮海斗&谷口周平&タダスケ&HAYATA
17分22秒 ストレッチプラム式フェイスロック
杉浦貴&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.&大原はじめ&岡田欣也×

〈第5試合〉タッグマッチ
潮崎豪&中嶋勝彦◯
12分34秒 体固め※ヴァーティカル・スパイク
マサ北宮&稲村愛輝×

〈第6試合〉6人タッグマッチ
丸藤正道&◯鈴木鼓太郎&クリス・リッジウェイ
15分29秒 エビ固め※タイガードライバー
拳王&×覇王&仁王

〈第7試合〉 Jr. LEAGUE 2020 Dブロック公式戦
△原田大輔
30分00秒 時間切れ引き分け
△田中稔




[32] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/13(Mon) 23:26 ID:FgE5ULyI  [No.110154]
「GLOBAL Jr LEAGUE 2020」
1月12日(日)静岡・アクトシティ浜松

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第1試合
GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Cブロック公式戦
小峠篤司vs熊野準

【試合後の小峠】
――初戦に逆転勝利となったが?

▼小峠「本来の自分のスタイルがそういう感じなんで。開幕戦に試合組まれて無かったのが、運が良かったっていうか。熊野と大原の試合を見られたんで。熊野がだいぶ調子いいところも見えたから、前のめりでくるなと思ってた。腰狙ってくるのも分かってるし、逆エビ誘い込めば絶対…狙い通りっすよ。まぁまぁ先輩らしくないやり方かもしれんけど、リーグ戦ってそういうモンやから。白星にこだわらないと」

――次はYO-HEY戦だが?

▼小峠「どうなの? 残念やなあ、YO-HEYちゃんとやりたかったなあ。俺と大原と熊野で白星を分け合う形でいいんですかね。ありがとうございました!」

第3試合
GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Aブロック公式戦
小川良成vs宮脇純太

【試合後の小川】
――ジュニアリーグ戦『チャンピオンだから俺は出ない』と言っていたはずだが…

▼小川「そんなこと言ってないよ! 出ないなんて言ってない。俺は清宮とは違うから。清宮とは違うから! チャンピオンでもリーグ戦に出て、優勝します!」

――だいぶ言っていることが変わった気が…

▼小川「人間日々成長してるから。多少違うこともあるだろうし、後退してるワケじゃないから」

――宮脇はどうだった?

▼小川「見てのとおりだよ」

――チャンピオンらしく全勝で?

▼小川「そうだね。清宮とは違うんで。チャンピオンとしてリーグ戦出て、チャンピオンらしく優勝して」

――リーグ戦を盛り上げるのも王者の責任だと?

▼小川「まぁ俺が何もしなかったら、何も盛り上がらないでしょ? そんな感じでしょ。これから色々…RATEL'Sをぶっ壊すかもしれないし、STINGERもぶっ壊すかもしれないし。“大きな変化"を俺が創るから」

 
第5試合
潮崎豪&中嶋勝彦vsマサ北宮&稲村愛輝

【試合後の潮崎&中嶋】
――Wヘッダーとなったが?

▼中嶋「いやぁ、やっぱりノアのレベルの高さというか、厳しさを改めて感じるよね♪ WRESTLE-1の後にホームのノアで試合するとね」

――獲ったばかりのベルトを持ってきていないが?

▼中嶋「うん♪ なんで?」

――ベルトを持って凱旋するのが通例のような…

▼中嶋「あーそうなんだー。俺の中ではそんな頭なかったね。だって元々、いらない…いや、俺は必要としてなかったからね。向こうが勝手にタイトルマッチ組んで、出ろ!っていうから試合してやっただけだ。そしたら勝っちゃってさあ〜。だから、その後に改めてノアに来て試合をしてみると…WRESTLE-1の選手、ノアに来たら通用しないよ。だって、WRESTLE-1の無差別級のチャンピオンが言うんだもん。通用しない。勘違いしないでほしいけど、俺が“優しい"から相手してあげてんだよ? 分かる? 分かる? 相手してやってんの!!」

――タッグベルトを失ったAXIZだが、再び2本のベルトがある状況でもあるが?

▼潮崎「だからそれがAXIZだよ。その状況を創れるのがAXIZの強みであって……でも、“いらない"って言ってるもん(笑) 凄いよね」

▼中嶋「別に求めてないからね。あのベルトで何かしようとか、夢とか希望とか追い求めてないから。むしろ前チャンピオン(稲葉大樹)からも、そういうものを感じなかったからね。ハッキリ言って。ただね、ベルトを獲られて唯一ひとり立ち上がった人間。芦野選手かな? 彼はもしかしたら違うかもね」

――潮崎選手も刺激になる?

▼潮崎「勝さんは常に刺激になってるから」

▼中嶋「そうだよ! 見てりゃ分かるでしょ。愚問だよ愚問! AXIZは絆と愛で常に刺激し合ってんだよ。今年もまだ始まったばっかりだけど、どんどんAXIZは刺激し合って、その愛をノアのファン、AXIZのファンに届けるよ。たーのしみにしてて〜♪」

 
第6試合
丸藤正道&鈴木鼓太郎&クリス・リッジウェイvs拳王&覇王&仁王

【試合後の鼓太郎】
――ジュニアタッグ王座戦に続いて、公式戦に向けた前哨戦でも覇王を破ったが?

▼鼓太郎「あのガキ。なんか言ってたな。『覚悟しとけコノヤロー』だ? 誰に向かって口きいてんだよ。お前にかける覚悟なんて1ミリも無いよ。吠えて向かってくるんだったら、そのいかんともしがたい力の差を少しでも埋めてから言ってこい」

――かわいそうなぐらい名前負けしていると言っていたが?

▼鼓太郎「今もかわいそうな目で俺は見てるよ。でも、もっとかわいそうになるように、全力で潰してあげるよ」

 
第7試合
GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Dブロック公式戦
原田大輔vs田中稔

【試合後の原田】
――まさかの2年連続ドローとなったが?

▼原田「悔しい! やっぱり悔しいなあ!! 去年は(稔に)横浜文体で負けて、リーグ戦で引き分けて、一回も勝ってないから。やっぱり勝たないと悔しさってずっと残ってるから、今日は勝たないといけなかったんだけど、アカンかった」

――それだけ今回のリーグ戦にかける思いも強い?

▼原田「もちろん強い! ずっとずっと“世界一のノアジュニア"って言ってるからには、結果だけじゃなくて内容もしっかりお客さんの心に届けたいし。そういう意味ではN-1に絶対負けたくないって気持ちも強いから。今年のリーグ戦。今まで以上に気持ちがあります」

――次は仁王戦だが?

▼原田「何も変わってないんじゃないですか? そこを落とさないように、モチベーションだけは持続させていきたいですね。今日の田中稔に関しては、30分で足らんかったから、次は60分とか、時間無制限とか、それではやりたくない。やっぱり30分っていう時間のなかで俺は絶対決着つけたいから。できたら来年のリーグ戦でも同じブロックで当ててもらいたいなと思います」



[33] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/20(Mon) 23:45 ID:4gDyJwtc  [No.110166]
「GLOBAL Jr LEAGUE 2020」
1月19日(日)兵庫・八鹿総合体育館(養父市)
(YO-HEY プロレスリング・ノア初凱旋記念大会)
観衆:407人(超満員)

遅くなりましたが試合結果です。

〈第1試合〉GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Aブロック公式戦
◯NOSAWA論外
9分23秒 片エビ固め※シャイニング・ウィザード
×宮脇純太

〈第2試合〉タッグマッチ
齋藤彰俊&井上雅央×
10分54秒 体固め※サイトースープレックス
◯マサ北宮&稲村愛輝

〈第3試合〉シングルマッチ
◯イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.
8分56秒 片エビ固め※ムーンサルトプレス
×クワイエット・ストーム

〈第4試合〉6人タッグマッチ
杉浦貴&大原はじめ&岡田欣也×
12分40秒 片エビ固め※P.F.S
◯拳王&覇王&仁王

〈第5試合〉8人タッグマッチ
清宮海斗&原田大輔&◯タダスケ&HAYATA
25分55秒 2PAC
小川良成&×鈴木鼓太郎&小峠篤司&クリス・リッジウェイ

〈第6試合〉GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Cブロック公式戦
◯YO-HEY
13分53秒 エビ固め※スーパー顔面G
×熊野準

〈第7試合〉6人タッグマッチ
◯潮崎豪&中嶋勝彦&田中稔
17分34秒 片エビ固め※豪腕ラリアット
丸藤正道&谷口周平&モハメド ヨネ×




[34] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/20(Mon) 23:45 ID:4gDyJwtc  [No.110167]
連続投稿失礼します。

「GLOBAL Jr LEAGUE 2020」
1月19日(日)兵庫・八鹿総合体育館(養父市)
(YO-HEY プロレスリング・ノア初凱旋記念大会)

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第1試合
GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Aブロック公式戦
NOSAWA論外vs宮脇純太

【試合後の論外】
▼論外「YO-HEY選手の凱旋大会の第1試合という大役を無事に務め上げることができて、うん。なんかある?」

――公式戦だったが?

▼論外「あ、公式戦だったか(笑) そもそもさ(リーグ戦に)出る・出ないはどっちでも良くて。俺はちゃんと目的があって。チャンピオン・小川良成とシングルマッチをやりたいなと思って。そしたら出るハメになって。他の選手のコメントを見てると『このリーグ戦に賭けてる』とか『N-1には負けたくない』とか。だったらN-1出ればいいんだって。そもそも、このリーグ戦、優勝したら何をもらえるの? たとえば賞金? タイトル挑戦権? 女? 権力? 大義名分が何もないよな。俺の大義名分は小川良成だから。まぁ久しぶりに試合やると、コンディションは“終活"に入ってるから悪いけどさ。でも思ってたよりは…。だから次の博多、楽しみだよ。ちょっとこの2日間はお酒を抜いて…。まぁ向こうは相手にしないんだろうけど、それで結構。響かなくてもいいから。自己満足でいいよ。ただ本音を言うと、(小川は)『STINGERもRATEL'Sもぶっ壊す』とか言ってるから、俺も小川良成と組んでもいいし。組んだほうがいいけど、まぁまず、やってみないとね。リーグ戦に関しては何もないよ。うん。ただまぁ、終活入ってる中で、小川良成と。俺はキャリア25年目、向こうは35年。シングルマッチで初対決っていうんだからね、個人的に楽しみ。俺が出るとか出ないとか言ったって、広がらねえんだから。意味ねえんだよ。俺なんか人数合わせで出てるだけだから。でもコンディションって意味ではまだやってけそうだな、ノアジュニア」

 
第5試合
清宮海斗&原田大輔&タダスケ&HAYATAvs小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司&クリス・リッジウェイ

【試合後のタダスケ、原田】
▼タダスケ「リーグ戦、俺崖っぷちやけどな、絶対あきらめへんからな! 絶対福岡でも“2連勝"して、アレや! 決勝行くために潰すさかいな! 諦めんぞオラ!」

▼原田「次、仁王戦が待ってるんで。まだ1回も勝ってないし、どうにかしてリッジウェイにも勝って、俺もアレするからな! 以上や!」

 
第6試合
GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Cブロック公式戦
YO-HEYvs熊野準

【試合後のYO-HEY】
▼YO-HEY「まずはじめに! 10日の横浜ラジアントで胸骨負傷して、横浜、浜松とお休みいただきましたけど、それについてご心配おかけして、すみませんでした。見ての通り、やった本人が一番わかるけど、完全復活や! そんで、さらにさらに今日は超特別な、オイラの生まれ育った兵庫県養父市八鹿町。地元凱旋興行ってことで、今日集まってくれた人間は、ほぼほぼみんな俺の兄弟みたいなオッサン、オバハン、同級生、全員兄弟みたいなモンで。そんな人たちが応援してくれたなか、復帰戦&リーグ戦初戦を勝てたことは、ひじょーにデカい、スタート切れたんちゃうかなと思います」

――胸骨はどんな状況だった?

▼YO-HEY「なんか胸骨から凄い痰が出てきて。胸骨がすんごいタバコ吸っとんちゃうかな…ってくらい、胸骨がゴホゴホいいだして。黄色い痰、ほくろの毛穴からガンガン出始めて。病院行ったら、胸骨がインフルエンザなっとるって言われて。いろんな風の噂で、YO-HEYの胸骨はどうなってたんや?っていうのは聞いてほしいですね。各自で。ええ。まさか(※折れる仕草をしながら)こんなんなってへんし。何がどうあれ、完全に復活したワケや。見てください、この胸骨。(※乳首を示しながら)ピンピンしとるやないか。こっちの胸骨もピンピンしとる。…最後ひとつだけいいすか? このYO-HEYちゃんが超特別に思うとるこの地元で、そしてこのファンの前で、私を含めてプロレスリング・ノアが試合できたってことが、ひとつのステータスになるし、終わった後、お客様が、地元の養父市民が『めっちゃプロレスリング・ノアおもろかったなあ』って言ってもらえるように、『YO-HEYは全然おもんなかったな』と言ってもらえるぐらい、プロレスリング・ノアがこの養父に染まっていってもらったら、僕は一番ハッピーで、肺と胃が破けて、えーっとえーっとえーっと…アリガトゴザイマシター」



[35] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/22(Wed) 05:59 ID:5pOefa3w  [No.110168]
「GLOBAL Jr LEAGUE 2020」
1月21日(火)アクロス福岡
観衆:325人

試合結果です。

〈第1試合〉タッグマッチ
◯熊野準&宮脇純太
10分58秒 抱え込み式逆エビ固め
大原はじめ&岡田欣也×

〈第2試合〉6人タッグマッチ
◯モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム&田中稔
11分38秒 エビ固め※ファンキーバスターボム
齋藤彰俊&井上雅央&田中純二×

〈第3試合〉GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Bブロック公式戦
◯鈴木鼓太郎
7分39秒 横回転エビ固め※2PACを切り返して
×タダスケ

〈第4試合〉タッグマッチ
清宮海斗&HAYATA×
15分01秒 足極めエビ固め
◯小川良成&クリス・リッジウェイ

〈第5試合〉8人タッグマッチ
◯杉浦貴&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.&ディック東郷&NOSAWA論外
13分42秒 片エビ固め※オリンピック予選スラム
拳王&マサ北宮&×稲村愛輝&覇王

〈第6試合〉GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Cブロック公式戦
◯小峠篤司
15分41秒 エビ固め※キル・スイッチ
×YO-HEY

〈第7試合〉GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Dブロック公式戦
△原田大輔
30分00秒 時間切れ引き分け
△仁王

〈第8試合〉タッグマッチ
◯潮崎豪&中嶋勝彦
18分41秒 片エビ固め※豪腕ラリアット
丸藤正道&谷口周平×



[36] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/22(Wed) 23:59 ID:5pOefa3w  [No.110171]
 「GLOBAL Jr LEAGUE 2020」
1月21日(火)アクロス福岡

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第3試合 GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Bブロック公式戦
鈴木鼓太郎vsタダスケ

【試合後の鼓太郎】
――初戦でタダスケを下した

▼鼓太郎「狙い通り。2PACが来ると思って、2PACが来るように試合を運んだから。それに被せる技を1個用意してたから。(※頭を指差しながら)ココが違う」

――ちょうど1年前、ここ博多でタダスケに一騎打ちで初めて敗れているが?

▼鼓太郎「そうだっけ? 忘年会やったんで忘れちゃいましたね。いいじゃない? A、B、C、D全部STINGERが上がって、30日の後楽園は全部STINGER対決で。俺が抜けて、小川さんも抜ければ準決勝の相手は小川さんになるワケでしょう? メチャクチャやりたいね」

――小川が巻くGHCジュニアは輝いて見える?

▼鼓太郎「そうですね。持つ人間によって輝きが変わるのがあのベルト。今はあのベルトがメチャクチャ欲しい」

――次は覇王戦だが?

▼鼓太郎「散々言ってるのに、何も返してこない! 強さもないし、キレのいい発言もないし。なんか言ってこいって。“覚悟"を決めなきゃいけないのは、俺なのか、お前なのか。どっちなんだよ」

 
第6試合 GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Cブロック公式戦

【試合後の小峠】
――YO-HEYの胸骨を攻め立てて2連勝だが?

▼小峠「(一時欠場していた)YO-HEYちゃんとの試合は“なし"になると考えていたんですけど、とりあえず勝てたんで、決勝決定ですね! ありがとうございます!」

――次の大原戦があるが?

▼小峠「だって大原は熊野に負けてんやろ? 俺は熊野に勝ってんねんで。俺は休憩でええの?明日は」

――大原に直接対決で負ければ、大原に突破の可能性がある

▼小峠「そうなってもなんか無いの? 技術点とか。技術ポイントは俺のほうが上回ってるやろ!」

――スタイルズクラッシュというか、バイソンテニエルというか、秘策も出たが?

▼小峠「ノアで使ったんだからバイソンテニエルでしょう! バイソンさんと試合したことないけど。今日のあの瞬間に、リッキー・マルビンにあの技かけられたことを思い出して」

――まだSTINGER全員に突破の可能性があるが?

▼小峠「リーグ戦始まる前から言ってたし。一番キツいのはSTINGERのメンバーやって。バラけたことが一番良かったよ。全員で決勝トーナメント進出ですよね? おもしろくなるなー! お客さんが一番観たかった、女性ファン興奮間違い無しの、ベビーフェイス同士の、イケメン同士の闘い。たまんないっすね。後楽園ホール」

――明日は改めて大原戦だが?

▼小峠「いい感じです。負けるイメージはまったく湧かないっすね。まぁでも、やりあってた頃のはじめちゃんで記憶止まってるんで、一番怖い相手ではありますけどね。俺がヘビー行ってる間に何してたか知らないですけど。まぁまぁ、気をつけてやります! お疲れさん!」

 
第7試合 GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Dブロック公式戦
原田大輔vs仁王

【仁王の話】
「勝てなかったら意味がない。結果は1点もらえただけ。原田にも、RATEL'Sにも、ファンの皆さんにも、メディアの皆さんにも、会社の皆さんにも、ノアの人にも…誰もこれじゃ勝てない」


 第8試合 潮崎豪&中嶋勝彦vs丸藤正道&谷口周平

【試合後の潮崎&中嶋】
▼中嶋「(※大きく拍手してから)何か言うこと無いの? なぁ?」

――中嶋選手は生まれ故郷…

▼中嶋「違うよ! そういうことじゃないんだよ! 今日は何の日!? AXIZにとって大事な日! 言わないと分かんないの!? 今日は、俺が愛する豪さんの誕生日! おめでとー!!!!」

▼潮崎「ありがとうございます!!」

▼中嶋「俺は今日、これがやりたかった。じゃ!(※と中嶋は一人去る)」

――誕生日に王者として九州に帰ってこられたが?

▼潮崎「九州に、誕生日に、ベルトを巻いて勝てた。最高だよね。うれしい!」

――38歳、改めてどのような1年に?

▼潮崎「このベルトを持って、1年とは言わずに2年、3年とね。俺がGHCを巻いて、“ノアは俺だ"ってことを日本に、そして世界にね、知らしめていく年ですよ。“俺がGHC"“俺がノアだ"って人間がまだまだいると思う。今日の谷口だって、凄く追い込まれたからね。そこにノアの日本一の、世界一の闘いがあるんだよね。その闘いを俺が広めていきますよ」

――まだ次な挑戦者は出てきていないが?

▼潮崎「前にも言ったけど“俺がノアだ"っていう人間が出てくることを待ってる…っていうか見つけたいよね。谷口にも追い込まれた。あいつにもノアのプライドがあると思ったよ。あれだけの力を持ってんだよ」

――それだけに相手はノア所属選手にフォーカスしたい?

▼潮崎「そうだね。ノアをより、デカく、先に進めていくためには、今のノアを見せるためには“俺がノアだ"っていう選手が挑戦者にならないと」

――今ツアーを通じて、いろんな選手と闘って見定めて、自分から指名することもあり得る?

▼潮崎「どういう形になるか分からないけどね。“俺がノアだ"っていう気持ち、思いを持ってる選手。その選手と、このGHCをかけてね、タイトルマッチを闘いたい」



[37] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/23(Thu) 00:00 ID:0/2hWa5Q  [No.110172]
「GLOBAL Jr LEAGUE 2020」
1月22日(水)アクロス福岡
観衆:278人

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯クワイエット・ストーム
6分15秒 体固め※50cm腕ラリアット
×岡田欣也

〈第2試合〉タッグマッチ
齋藤彰俊&井上雅央×
7分34秒 横入り式エビ固め
◯田中稔&田中純二

〈第3試合〉GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Cブロック公式戦
×小峠篤司
14分20秒 ムイビエン・ロック
◯大原はじめ

〈第4試合〉6人タッグマッチ
丸藤正道&鈴木鼓太郎&クリス・リッジウェイ◯
12分07秒 横入り式エビ固め
×原田大輔&HAYATA&YO-HEY

〈第5試合〉10人タッグマッチ
清宮海斗&谷口周平&モハメド ヨネ&熊野準&宮脇純太×
12分49秒 片エビ固め※P.F.S
◯拳王&マサ北宮&稲村愛輝&覇王&仁王

〈第6試合〉GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Aブロック公式戦
△小川良成
10分29秒 両者リングアウト
△NOSAWA論外

〈第7試合〉GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Bブロック公式戦
◯タダスケ
12分46秒 2PAC
×ディック東郷

〈第8試合〉タッグマッチ
◯潮崎豪&中嶋勝彦
17分48秒 片エビ固め※豪腕ラリアット
杉浦貴&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.×





[38] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/23(Thu) 00:01 ID:0/2hWa5Q  [No.110173]
連続投稿失礼します。

「GLOBAL Jr. LEAGUE 2020」
現在の得点順位です。(1・22博多終了時点)

【Aブロック】
@小川良成  1勝1分=3点 残り1試合
@NOSAWA論外 1勝1分=3点 残り1試合
BHAYATA  1勝=2点 残り2試合
C宮脇純太 0勝3敗=0点 全戦終了※脱落

 【Bブロック】
@鈴木鼓太郎 1勝=2点 残り2試合
@ディック東郷 1勝1敗=2点 残り1試合
@覇王 1勝1敗=2点 残り1試合
@タダスケ 1勝2敗=2点 全戦終了

 【Cブロック】
@小峠篤司 2勝1敗=4点 全戦終了
A大原はじめ 1勝1敗=2点 残り1試合
AYO-HEY 1勝1敗=2点 残り1試合
C熊野準 1勝2敗=2点 全戦終了 ※脱落

【Dブロック】
@田中稔 1勝1分=3点 残り1試合
A原田大輔 0勝0敗2分=2点 残り1試合
Aクリス・リッジウェイ 1勝1敗=2点 残り1試合
C仁王 0勝1敗1分=1点 残り1試合



[39] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/24(Fri) 08:32 ID:aDrWBhQ2  [No.110174]
「GLOBAL Jr LEAGUE 2020」
1月22日(水)アクロス福岡

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第3試合
GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Cブロック公式戦
小峠篤司vs大原はじめ

【試合後の大原】
▼大原「良かったね。勝った。ずっとこのリーグ戦に向けて、去年から準備してきて、気持ちをここに向けてました。なぜなら、ノアジュニアの図式が、どこへ行ってもRATEL'SvsSTINGER。この図式だった。ベルトもずっとRATEL'SとSTINGERが争ってる図式だったから、そろそろその図式に変化をつけたいと思ってるから。だから今日も、その図式に一石を投じる結果が作れたかな、って。だって小峠は今、ジュニアタッグのベルトを持ってるチャンピオンでしょ? この前までIPWジュニアも持ってたし。その小峠と久しぶりにシングルやって勝ったワケだから。俺自身もトップ戦線にまた返り咲ける機運が高まってきたかな、と思います」

――一転して次のYO-HEY戦に勝てば自力突破が可能な状況だが?

▼大原「そうですね。本当に厳しい、3回しかない公式戦だからね。一回の勝ち、一回の負けが凄く大きい。やってみるまで分からなかったけど、やってみて凄いわ。熊野に初戦負けただけで、諦めるような気持ちが生まれちゃう…っていうか、精神的にキツかったですね。でも今日勝てたから、次YO-HEYに勝てば行けるワケじゃないですか。しっかり一歩一歩前へ。やるしかないから。Do it nowですよ。今日勝ったことで、未来行きのキップは手に入ったワケだから。このキップを未来につなげるために、次YO-HEYにも勝ちます。というワケで今日も…ムイビエン!」

 
第5試合
清宮海斗&谷口周平&モハメド ヨネ&熊野準&宮脇純太vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝&覇王&仁王

【試合後の拳王ら金剛】
▼拳王「金剛! 5人になって初めて5人で組んだな。これだけじゃねえぞ、おい! まだまだあるぞ!? 俺たちのなぁ、強い信念! おい! プロレスリング・ノアのリングで、これからもどんどん、アピールしていくぞ!? プロレスリング・ノアを俺たちの熱い信念で、さらに進化させていくからな! これからはな、俺たち!5人になった金剛から目を離すなよ! いいか!? これからもな、俺たちに…ついてこい!」

▼北宮「帰るぞ!」

▼稲村「はい!!」

 
第6試合
GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Aブロック公式戦
小川良成vsNOSAWA論外

【試合後の論外、小川】
▼論外「(※這うようにしてコメントスペースにやってくると)俺が俺が試合を…」

※そこへ小川が現れて論外を暴行

▼論外「(※去りゆく小川の背中に)5年後テメーとタイトルマッチだ!!」

▼小川「こんなのとタイトルマッチするわけないだろ!(※と吐き捨てて去っていく)」

▼論外「……はぁはぁ…。ざまーみやがれ。ワクワクしてくるだろ? リーグ戦関係ねえって? 大いに関係あんだよ。今日のこの1点、めちゃくちゃデカくねえか? 言ってもやっぱリーグ戦、どうでもいいや。チャンピオンの小川良成と“引き分け"だ。勝ってもねえけど、負けてもねえ! あ? 今、2020年1月22日。GHCジュニアヘビー、ナンバーワン・コンテンダーはこの俺、NOSAWA論外。タイトルマッチは5年後…2025年、俺の30周年でやる。以上! ざまーみろ!!」

 
第7試合
GLOBAL Jr. LEAGUE2020 Bブロック公式戦
タダスケvsディック東郷

【タダスケの話】
「2敗で結果としては散々やったけど、もうな、このブロックでこれ以上、ヨソモンにええとこ取らせたくないから。今日は必死に丸め込んだったわ、ディック東郷! 残念やったなあ!! ハッハッハ!! 今年はこんな結果に終わったけどな、来年こそは優勝したるからな!!」

 
第8試合
潮崎豪&中嶋勝彦vs杉浦貴&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.

【試合後の潮崎】
――博多2連戦ともメインを締めることができた

▼潮崎「それがGHC、チャンピオンとしての俺の務めだ。これだけ激しい闘いがあるけど、ノアとしてはさらなる激しい闘いがあるはずだからね。まだまだまだまだ…高みを目指すなら、今日以上の成果をみせたいと思いますよ」

――GHC王者として初めてナショナル王者の杉浦と当たったが?

▼潮崎「ベルトがあったとしても、無かったとしても、杉浦貴との闘いには“これ以上、これ以下"ってモンはないよ。俺は真っ向から行く、あっちも真っ向から来る。その闘いが俺たちの闘いだ。今日だってね、杉浦貴だけじゃないよ。イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.、彼なんかも、ここでくすぶってるようじゃノアに来た意味ないよ。“俺がノアだ!"って胸を張れる人間。俺と闘う相手が、どんな相手でも、その気持ちを持ってくれれば、リング上はこれだけ熱くなるんだよ」

――杉浦はナショナル王者としてGHCヘビーを存在感で食おうとしているはずだが?

▼潮崎「そうはいかないよ! 俺がGHCチャンピオンである以上、それは絶対にさせない。それはGHCヘビー、そしてノアとしての誇りをかけて」



[40] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/24(Fri) 08:32 ID:aDrWBhQ2  [No.110175]
「GLOBAL Jr LEAGUE 2020」
1月23日(木)高知市文化プラザ・かるぽーと小ホール
観衆:200人(満員)

試合結果です。

〈第1試合〉GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Bブロック公式戦
◯鈴木鼓太郎
9分20秒 エビ固め※タイガードライバー
×覇王

〈第2試合〉6人タッグマッチ
モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム&宮脇純太×
9分35秒 体固め※サイトースープレックス
拳王&◯マサ北宮&稲村愛輝

〈第3試合〉GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Aブロック公式戦
△HAYATA
6分43秒 両者リングアウト
△NOSAWA論外

〈第4試合〉タッグマッチ
潮崎豪&中嶋勝彦◯
11分23秒 サッカーボールキックの連打によるギブアップ勝ち
齋藤彰俊&井上雅央×

〈第5試合〉6人タッグマッチ
小川良成&小峠篤司&クリス・リッジウェイ×
16分58秒 横入り式エビ固め
◯原田大輔&タダスケ&YO-HEY

〈第6試合〉GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Dブロック公式戦
×田中稔
14分24秒 片エビ固め※超舞踏
◯仁王

〈第7試合〉8人タッグマッチ
丸藤正道&◯清宮海斗&谷口周平&熊野準
15分25秒 タイガースープレックスホールド
杉浦貴&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.&ディック東郷&大原はじめ×





[41] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/24(Fri) 08:33 ID:aDrWBhQ2  [No.110176]
連続投稿失礼します。

「GLOBAL Jr. LEAGUE 2020」
現在の得点順位です。(1・23高知大会終了時点)

【Aブロック】
@NOSAWA論外 1勝2分=4点 全戦終了
@小川良成  1勝1分=3点 残り1試合
BHAYATA  1勝1分=3点 残り1試合
C宮脇純太 0勝3敗=0点 全戦終了※脱落

 【Bブロック】
@鈴木鼓太郎 2勝=4点 残り1試合 0
Aディック東郷 1勝1敗=2点 残り1試合A覇王 1勝2敗=2点 全戦終了 ※脱落
Aタダスケ 1勝2敗=2点 全戦終了 ※脱落

 【Cブロック】
@小峠篤司 2勝1敗=4点 全戦終了
C大原はじめ 1勝1敗=2点 残り1試合
AYO-HEY 1勝1敗=2点 残り1試合 ※脱落
C熊野準 1勝2敗=2点 全戦終了 ※脱落

【Dブロック】
@仁王 1勝1敗1分=3点 全戦終了
@田中稔 1勝1敗1分=3点 全戦終了
B原田大輔 0勝0敗2分=2点 残り1試合
Bクリス・リッジウェイ 1勝1敗=2点 残り1試合






 


[42] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/24(Fri) 20:56 ID:aDrWBhQ2  [No.110178]
「GLOBAL Jr LEAGUE 2020」
1月23日(木)高知市文化プラザ・かるぽーと小ホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第1試合
GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Bブロック公式戦
鈴木鼓太郎vs覇王

【試合後の鼓太郎】
――1・12浜松大会の前哨戦に続いて覇王を破ったが?

▼鼓太郎「あいつに2連勝したところで、何の経験値にもならない」

――実際闘ってみて“覚悟"は感じた?

▼鼓太郎「まずさ、身の丈に合ったことを言ってこい。それとな、(※覇王がツイッター上で鼓太郎を出戻り呼ばわりしたことについて)俺は“出戻り"じゃない。あれはな、ただの“家出"だ」

――無傷2連勝となったが?

▼鼓太郎「もともと3試合しかないんだから。全部勝つしかないでしょ。1回でも負けたら、ほぼ無理なんだから」

――残るは大阪でのディック東郷戦

▼鼓太郎「正直言って、ほとんど触れたことないんで。タッグで1回当たったくらいで。そこまで深い絡みをしてないから、初対戦みたいなもん。(公式戦)2試合見させてもらったけど、グラウンドは旨いよね。楽しみな部分? もちろんあるけど、今の俺がそこに負けてたら絶対ダメなんだと自分で感じてるんで。俺が(決勝トーナメントに)行かないと。全員STINGERで決勝トーナメント。まだ行けるでしょ? 普段見られないシングルも見られることになるだろうし、STINGERのなかで一番を決める闘いにもなるだろうから」

 
第3試合
GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Aブロック公式戦
HAYATAvsNOSAWA論外

【論外の話】

「今日の“マイナス1"は痛い! クソ…クソ…! あんな使えないレフェリー、使ってるからダメなんじゃないのか!? 今日のこの“マイナス1"メチャクチャ痛い! 俺が本気を出す前に……。まだ可能性あるの? どんくらい? 天文学的数字くらい? 確率で言ったら。悔しい! レフェリーがショッぱい。あんなレフェリー使ってていいのか!? ノアは! アイツはリングマットの搬入撤収、それだけやってりゃいいんじゃないのか? クソ! 言葉が出ない。それでも前GHCジュニアヘビー級チャンピオンのHAYATAと、勝ってもねえけど、負けてもねえってのは、やっぱり、俺がGHCジュニアヘビーのナンバーワン・コンテンダーだよ。でも…いやぁ、言葉が出ない。レフェリーのせいだ、レフェリーのせい。チクショー!」

第6試合
GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Dブロック公式戦
田中稔vs仁王

【仁王の話】

「Dブロック、これで分かんねーだろ? 次の原田vsクリス次第だ。運も実力もうちだ。俺は決勝に行くと、ずっと思ってる。以上だ」

 【稔の話】

「今日はね、仁王……あえてHi69くんと言わせてください。彼が仁王になってから初めてのシングル。しかもリーグ戦の最終公式戦で…ってことで、勝ってブロック突破したらひとつ言いたいことがあったけど、言えなかったですね。言いたいことを阻まれてしまった。まぁでも、こっちのブロック、ラクな相手も、ラクな試合もひとつも無かったんで。充実したリーグ戦でした。ありがとうございました」

 
第7試合
丸藤正道&清宮海斗&谷口周平&熊野準vs杉浦貴&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.&ディック東郷&大原はじめ

【試合後の清宮】
――今年初めてメインを締めたが?

▼清宮「お客さんの迎え入れてくれた気持ちが、すっごい嬉しかったです! ホントにそれは素直に。久しぶりメインを締めても、俺とお客さんの気持ちは、全然切れてないなって。それを強く感じました」

――ベルトを失ったが、次の展望は見えつつある?

▼清宮「リング上でも言ったとおり、“刺激"ですよね。どこの団体よりも、誰よりも“刺激"。その刺激を俺はこれから出していくから。今日の対戦相手の杉浦さんも、なんか少し物足りない感じがあったんじゃないですか? 自ら刺激を求める感じはあったでしょう? 俺がこれから、この団体で一番刺激を出して行くから。刺激を求めたいヤツがいるんだったら『俺と闘え』って言いたいですね。必ずそこに、どこでも味わえない刺激があるから。ベルトうんぬんじゃなくてもいい。俺は常に全体を見てるから。全部見てきて、俺が一番、刺激ある闘いができると思うよ」

――ベルトを失ったからこそできることもたくさんある?

▼清宮「そうなんですよね。全体を見てる…って言ったのは、そういう部分も入ってるんで。ベルトが無くても、こうやってお客さんと繋がりあえてるんで、お客さんが求めてる“刺激"も俺が生み出していきたいと思います」

――何に踏み出すのか、あらゆる可能性を否定しない?

▼清宮「そう、色んな可能性を秘めてる。どんな刺激を生み出すかは……これからを見ていてください」



[43] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/25(Sat) 23:52 ID:eKZ0Gg26  [No.110179]
「GLOBAL Jr LEAGUE 2020」
1月25日(土)エディオンアリーナ大阪 第2競技場
観衆:522人

試合結果です。

〈第1試合〉6人タッグマッチ
齋藤彰俊&×井上雅央&ビリーケン・キッド
10分42秒 片エビ固め※50cm腕ラリアット
モハメド ヨネ&◯クワイエット・ストーム&タダスケ

〈第2試合〉GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Dブロック公式戦
◯原田大輔
10分56秒 フランケンシュタイナー
×クリス・リッジウェイ
※原田大輔が準決勝進出

〈第3試合〉GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Cブロック公式戦
×YO-HEY
13分49秒 ムイビエン・ロック
◯大原はじめ
※大原はじめが準決勝進出

〈第4試合〉8人タッグマッチ
◯杉浦貴&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.&NOSAWA論外&岡田欣也
14分05秒 逆エビ固め
谷口周平&田中稔&熊野準&宮脇純太×

〈第5試合〉GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Aブロック公式戦
◯小川良成
18分33秒 逆さ押さえ込み
×HAYATA
※小川良成が準決勝進出

〈第6試合〉GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Bブロック公式戦
×鈴木鼓太郎
15分09秒 エビ固め※ダイビング・セントーン
◯ディック東郷
※ディック東郷が準決勝進出

〈第7試合〉10人タッグマッチ
◯潮崎豪&丸藤正道&清宮海斗&中嶋勝彦&小峠篤司
22分31秒 片エビ固め※豪腕ラリアット
拳王&マサ北宮&×稲村愛輝&覇王&仁王






[44] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/25(Sat) 23:52 ID:eKZ0Gg26  [No.110180]
連続投稿失礼します。

「GLOBAL Jr. LEAGUE 2020」
最終得点順位です。(1・25大阪大会にて公式戦終了)

【Aブロック】
@小川良成  2勝1分=5点 準決勝進出
ANOSAWA論外 1勝2分=4点
BHAYATA  1勝1敗1分=3点
C宮脇純太 0勝3敗=0点

 【Bブロック】
@ディック東郷 2勝1敗=4点 準決勝進出
A鈴木鼓太郎 2勝1敗=4点
A覇王 1勝2敗=2点
Aタダスケ 1勝2敗=2点

 【Cブロック】
@大原はじめ 2勝1敗=4点 準決勝進出
@小峠篤司 2勝1敗=4点
BYO-HEY 1勝2敗=2点
B熊野準 1勝2敗=2点

【Dブロック】
@原田大輔 1勝0敗2分=4点 準決勝進出
A仁王 1勝1敗1分=3点
A田中稔 1勝1敗1分=3点
Cクリス・リッジウェイ 1勝2敗=2点



[45] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/26(Sun) 14:22 ID:u8PsSRHg  [No.110181]
「GLOBAL Jr LEAGUE 2020」
1月25日(土)エディオンアリーナ大阪 第2競技場

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第2試合 GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Dブロック公式戦
原田大輔vsクリス・リッジウェイ

【試合後の原田】
――猛攻を仕掛けてきたリッジウェイを辛くも丸め込んでのブロック突破となったが?

▼原田「キツかった…一番キツかった。でもね、やっぱ今年はどうしても優勝したいから。負けたらあかんねん。だから、どんな手を使っても、丸め込みだろうが勝てて良かったです」

――結果としては無敗で決勝トーナメント進出となったが?

▼原田「そんな無敗って胸張れるほどの結果じゃないんで。しっかり次、大原とYO-HEYの試合みて、誰と戦うことになるのか見届けたいと思います。そして、この『GLOBAL Jr. LEAGUE 2020』、原田大輔が…この原田大輔が優勝します!」

 
第3試合 GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Cブロック公式戦
YO-HEYvs大原はじめ

【大原の話】
「これでCブロック、なんとか…絶望的だったかもしれないけど、這い上がることができた。突破した! RATEL'SのYO-HEYと、STINGERの小峠に勝った。ずっと去年から言ってたけど、RATEL'SとSTINGERばかりがやりあってて、そろそろこの形を崩さないといけない。杉浦軍の誰がやるんだよ? ノアジュニアの杉浦軍、誰がいる? NOSAWA論外、大原はじめ、新しくディック東郷も来た。でも、そこはノア(所属)の大原はじめがやんなきゃダメでしょう。そして自分自身としては、高校生最後のこの大会。優勝して何としても高校に良い報告がしたい。俺にとっては最後の甲子園みたいなモンなんだよ。プロレス村の外にもノアを届けるため、プロレスを届けるため、俺は優勝という結果をひっさげて、もっともっとノアをムイビエンにしてくから。後楽園、久しぶりの原田との闘い。みんな楽しみにしといてくれ。そして優勝。誰が来ても俺がムイビエンな結果を残す。というわけで今日もムイビエン!」

 
第5試合 GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Aブロック公式戦
小川良成vsHAYATA

【試合後の小川】
――ブロック突破となったが?

▼小川「そうだね……同じ相手とこんな短期間で試合すんの初めて。頭が疲れる。同じような攻めできないし」

――HAYATAの研究を感じた?

▼小川「どうだろうね。(1・4後楽園とは)同じ感じの試合にならなかったってことは、同じように攻めさせてくれなかったってことだから、そういうことになるんじゃない?」

――公式戦は2勝1分けの結果となったが?

▼小川「(両者リングアウト決着となった)NOSAWAがいなかったら、もうちょっと気持ち良く終われたんだけど…。余計なことしてくれたから…」

――残り2つ勝たないと優勝できないが?

▼小川「そうだね。頑張ります!(笑)」

――準決勝では鼓太郎かディック東郷と当たるが、どちらと戦いたい?

▼小川「どっちでもいいよ、うん。俺がベルト持ってれば、鼓太郎とやりたいと思ったら、いつでも指名すれば良いワケだから。まぁでも一番良いのは、勝って上がってきて欲しいね。できれば決勝とかで当たりたかったけど、まぁ久々に…十何年かぶりに試合してみたいね」

 
第6試合 GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 Bブロック公式戦
鈴木鼓太郎vsディック東郷

【東郷の話】
「(※コメントスペースに着くなり倒れ込み)はぁはぁ…ノアジュニア! 強すぎんだろ、お前! 俺にこんな力使わせんなよ! いいか!? 小川! “あいさつ"がはえーんだよ! 後楽園、終わった後に、俺が丁寧にあいさつしてやるからよ。首洗って待っとけオラ!」

 
第7試合
潮崎豪&丸藤正道&中嶋勝彦&清宮海斗&小峠篤司vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝&覇王&仁王

【試合後の潮崎】
――豪華な5人組で勝ったが?

▼潮崎「そうだね。あっちが金剛フルメンバー、こっちがノアのフルメンバー。戦う場面が多いメンバーでしたけど、普段はね。やっぱり心強さ、個々の強さ、そしてノアの強さを出せるメンバーでしたね」

――試合後は5人での勝ち名乗りを受けずに、組んでいてもけん制しあっている感もあったが?

▼潮崎「そうだね。丸藤正道はタッグのベルトを持ってる、小峠はジュニアだけどタッグのベルトを持ってる。組まれたら組むけど、やっぱりお互いを意識して良い刺激を与え合うこともできる。そんなメンバーでしたからね。それだけ敵にも味方にも負けたくない気持ちがみんなにあったんじゃないかな?」

――次の後楽園では杉浦軍と当たる、ベルトを持ってから初めて藤田和之とも当たるが?

▼潮崎「杉浦軍は杉浦軍で色の濃い、そして実力のある選手が揃ってますけど、俺がベルトを獲ったからには、『ノアは俺が守る』。そう言ってきた言葉には、自信もあるし、少しのブレもないから。たとえ杉浦軍だろうと、このベルトを持っている者として、ノアのプライドを持って闘います」

――ベルトを持って初めて地方を回ってみて?

▼潮崎「2020年、ノアの20周年の節目。そのスタートを良い形で切れたと思いますし、何よりもね。各地の皆さんの声援に、ノアはもっともっと力をつけて、大きくなれる…っていう思いがさらに強くなりましたね」

――去年育んできたものが、さらに開花する手応えを得られた?

▼潮崎「そうですね。それも2019年のノアがあったからこそ、だし、2020年はさらに大きなものにして、さらにさらにデカく、強く、みんなの思いをつないでいきますよ」

 
【清宮の話】

「俺はノアが大好きだ! これからも“新しい景色"俺は創っていきますよ。もし、それを阻止する者がいるのなら、それが誰であっても、俺の“新しい景色"に吸収します。チャンピオンであっても、そうでなくても、俺の気持ちは変わらないです。チャンピオンじゃなくたって俺は消えません! 今、新しい景色、再構築してるので、とにかく阻止するヤツがいるんだったら、新しい景色に吸収してやるからな!!」



[46] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/27(Mon) 00:04 ID:uxvsfX9w  [No.110182]
DDT
「Sweet Dreams!2020」
1月26日(日)東京・後楽園ホール

参戦試合の結果です。

第五試合 30分一本勝負
丸藤正道に名前を憶えてもらうためのスペシャルシングルマッチ
◯丸藤正道
11分1秒 片エビ固め※虎王
×平田一喜


【試合後のコメント】
丸藤 おい!
平田 はい?
丸藤 名前なんだっけ?
平田 改めましてDISASTER BOXの平田一喜と申します。
丸藤 知ってる。
平田 知ってたー! 知ってたんですか?
丸藤 知ってる。
平田 だって何回か「平田」って言ってましたもんね。
丸藤 間違えて言っちゃった(苦笑)。
平田 そっちかー! よかった! これで完全に僕のことを「平田」と言ってもらえるんでしょうか?
丸藤 そうだね。
平田 やったー!
丸藤 でも俺は3歩歩いたら忘れちゃうからさ。
平田 そんな! 丸藤さんとのシングルマッチじゃ体もたないですよ。
丸藤 いや、シングルは今日で最初で最後かな。
平田 僕もそんな気がしてます。
丸藤 踊りたくねえし。
平田 そんな中ありがとうございました。
丸藤 でも楽しかったよ。同じユニットとしていろんなヤツを踊らせたいね。
平田 なんていう革命的な言葉! 歴史が動きましたよ! ありがとうございます!
丸藤 ウチの杉浦貴とか踊らせたいんじゃねえのか?
平田 ちょっとあの〜バイトが忙しいので、その試合はできない……。
丸藤 オマエ! 限りなく可能性がある、ようでない、でもあると思います。
平田 DISASTER BOXとしてDDTの平田をよろしくお願いします。一生ついていきます!
丸藤 俺がDDTに出なくなった時は、コイツのことが嫌になった時だ。
平田 その時はTwitterが炎上しないようにお願いします……。
丸藤 その時まで考えます。
平田 よろしくお願いします。
――丸藤選手の中でこのダンスが似合いそうなのは?
丸藤 やっぱ杉浦貴だな! シングルやったほうがいいんじゃないか?
平田 2分持たないです! DDT内ですよね?
丸藤 夢は見るもんじゃないよ。叶えるもんだ。
平田 いや〜そういう風に続けちゃうと会社がそういう風に言っちゃうかもしれないんで! とりあえず、丸藤さんと試合できてうれしかったです。あの頃の夢を叶えたということでありがとうございました!
丸藤 最後、雑じゃね?
平田 はい、これ以上ね……。
丸藤 杉浦貴!
平田 はい、ありがとうございました!




[47] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/30(Thu) 07:02 ID:swHdndzE  [No.110187]
ノア・グローバルエンタテインメント株式会社は、DDTの高木社長率いる株式会社サイバーエージェントの100%連結子会社としてサイバーエージェントグループ入りするそうです。

以下は公式HPより…

この度、ノア・グローバルエンタテインメント株式会社は、株式会社サイバーエージェントの100%連結子会社としてサイバーエージェントグループ入りすることとなりましたことをご報告いたします。

これに伴い、下記の通り役員人事を決定いたしました。

また今回、ノアがサイバーエージェントグループ入りすることにより、
新たに以下も決定いたしましたので、合わせてお知らせいたします。

◎ 1月30日(木)東京・後楽園ホールにて開催いたします「GLOBAL Jr. LEAGUE 2020」最終戦を動画配信サービス「DDT UNIVERSE」にて無料配信いたします。

◎ 6月7日(日)埼玉・さいたまスーパーアリーナにて開催されますDDTプロレス
「Wrestle Peter Pan 2020」に、プロレスリング・ノア所属選手が参戦いたします。

◎ 11月22日(日)東京・両国国技館大会を開催いたします。

弊社といたしましては、受け継がれてきた伝統を重んじながら、昨年から進めてまいりました改革をさらに進めることでファンの皆様、関係者の皆様の信頼とご支援にお応えするとともに、今後はサイバーエージェントグループの一員としてのご期待にお応えできるよう、選手・スタッフ一同新たな決意をもって鋭意努力する所存です。

引き続き変わらぬご愛顧のほどお願い申し上げます。

 
   記

新役員につきまして

・社長   高木三四郎(たかぎ・さんしろう)
・副社長 丸藤正道(まるふじ・なおみち)
・取締役 山内隆裕(やまうち・たかひろ)
・取締役 小林友美(こばやし・ともみ)
・執行役員 武田有弘(たけだ・なりひろ)

 
高木社長のコメントは以下の通り。

「このたび株式会社サイバーエージェントのもと、DDTプロレスとプロレスリング・ノアは同じグループ企業として共存共栄していく運びとなりました。
プロレスリング・ノアとDDTプロレスが同じサイバーエージェント・グループとしてパートナーシップを組むことで、プロレス業界に新たな景色をお見せできるのではないかと思っております。
今後、プロレスリング・ノアとDDTプロレスは同じグループ企業としてオフィスワークを共有してまいります。
そして私、高木三四郎は社長兼務という形になりますが、プロレスリング・ノアで担うのは企業経営部分です。
現場に関しては一切タッチせず、プロレスリング・ノアの選手・スタッフに一任致します。
DDTプロレスではこれまで以上に楽しく、激しく、デタラメなドラマティック・ストーリーをファンの皆様にお見せしていきます。これからも変わらぬご声援の程、よろしくお願い致します」
以上



[48] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/31(Fri) 05:31 ID:ENoXTBYM  [No.110188]
「GLOBAL Jr LEAGUE 2020」優勝決定戦
1月30日(木)後楽園ホール
観衆:988人

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.
6分00秒 ワグナードライバー → 体固め
×岡田欣也

〈第2試合〉鈴木鼓太郎&×小峠篤司&クリス・リッジウェイ
10分31秒 HAYATAのトラースキック → エビ固め
HAYATA&◯YO-HEY&タダスケ

〈第3試合〉タッグマッチ
モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム◯
11分35秒 ファンキーバスターボム → 片エビ固め
齋藤彰俊&井上雅央×

〈第4試合〉GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 準決勝
×大原はじめ
15分45秒 片山ジャーマンスープレックスホールド
◯原田大輔
※原田大輔が優勝決定戦に進出

〈第5試合〉GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 準決勝
×小川良成
8分31秒 クロスフェースロック
◯ディック東郷
※ディック東郷が優勝決定戦に進出

〈第6試合〉10人タッグマッチ
丸藤正道&清宮海斗&田中稔&熊野準&宮脇純太×
19分14秒 P.F.S → 片エビ固め
◯拳王&マサ北宮&稲村愛輝&覇王&仁王

〈第7試合〉6人タッグマッチ
潮崎豪&中嶋勝彦&谷口周平×
18分55秒 スリーパーホールド
杉浦貴&◯藤田和之&鈴木秀樹

〈第8試合〉GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 優勝決定戦
×ディック東郷
19分43秒 片山ジャーマンスープレックスホールド
◯原田大輔
※原田大輔がGLOBAL Jr. LEAGUE 2020優勝





[49] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/31(Fri) 06:08 ID:ENoXTBYM  [No.110189]
昨年の新木場1stRINGで開催された金剛興行でシングル対決を行った稲村愛輝と大日本プロレスの関本大介が今度はタッグマッチで対戦が決定。

稲村は新木場のリベンジなるか!?

また、2月24日・名古屋国際会議場大会にて行われる齋藤彰俊デビュー30周年記念試合。齋藤選手のプロレス人生を語る上で欠かす事が出来ない平成維震軍の越中詩郎選手と青柳政司選手、現在、反選手会同盟を組んでいる井上雅央選手とのカルテットで金剛と激突する事が決定。

また、杉浦軍・桜庭和志選手の参戦も決定。対戦カードについては決定次第、お知らせの予定との事


「HIGHER GROUND 2020」
2月16日(日) 試合開始11:30 後楽園ホール

 <決定対戦カード>
▼タッグマッチ
 マサ北宮&稲村愛輝 vs 関本大介&河上隆一


「PRO WRESTLING NOAH 20th ANNIVERSARY NOAH the CHRONICLE vol.1」
2月24日(祝・月) 試合開始17:00 名古屋国際会議場

<決定対戦カード>

▼齋藤彰俊デビュー30周年記念試合
 齋藤彰俊&越中詩郎&青柳政司&井上雅央vs拳王&マサ北宮&覇王&仁王

■桜庭和志選手参戦決定

 




[50] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/31(Fri) 06:08 ID:ENoXTBYM  [No.110190]
丸藤正道が、右膝関節遊離体の関節鏡による摘出手術のため欠場します。

■事由
 右膝関節遊離体の関節鏡による摘出手術のため

■欠場大会
 2月7日・横浜ラジアントホール大会から2月22日・島田市総合スポーツセンターサブアリーナ大会まで



[51] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/31(Fri) 06:08 ID:ENoXTBYM  [No.110191]
30日・後楽園ホール大会のメインで行われた潮崎豪&中嶋勝彦&谷口周平vs杉浦貴&藤田和之&鈴木秀樹の一戦。

試合終了後、潮崎と藤田はリング中央でにらみ合いを続け、藤田がリングを降り控え室に向かうと、潮崎はマイクでGHCを賭けて3・8横浜で戦うと宣言。

そして、場内の杉浦コールの中、清宮がリングインして赤いベルトに秘められた可能性に惹かれてる、強い杉浦さんを新しい景色に吸収したいとアピールしベルト挑戦を告げると、杉浦は20年全てのノアの景色を見てきた、(ベルトを)奪えるものなら奪ってみろと地元・名古屋での選手権を受諾した。

これにより名古屋でのGHCナショナル選手権・杉浦vs清宮戦、横浜文体にてGHCヘビー級選手権・潮崎vs藤田戦が決定。

 2月7日・横浜大会より右膝関節遊離体の関節鏡による摘出手術のため欠場する予定の丸藤正道が名古屋大会にて「丸藤正道&望月成晃&田中稔vs桜庭和志&大原はじめ&NOSAWA論外」戦で復帰する。

また、2月16日・後楽園ホール大会では、GHC選手権の前哨戦となる「潮崎豪&清宮海斗vs杉浦貴&藤田和之」戦、中嶋勝彦vs鈴木秀樹など全8試合を予定。

2・7横浜大会〜2・24名古屋大会の全対戦カード、及び3・8横浜文体の一部対戦カードは下記の通り。

 
「HIGHER GROUND 2020」

■2月7日(金)試合開始18:30 横浜ラジアントホール
▼6人タッグマッチ
 潮崎豪&中嶋勝彦&モハメド ヨネvs拳王&マサ北宮&稲村愛輝
▼6人タッグマッチ
 杉浦貴&大原はじめ&NOSAWA論外vs清宮海斗&田中稔&熊野準
▼6人タッグマッチ
 小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司vs原田大輔&タダスケ&HAYATA
▼シングルマッチ
 YO-HEYvs宮脇純太
▼タッグマッチ
 齋藤彰俊&井上雅央vs覇王&仁王
▼シングルマッチ
 谷口周平vs岡田欣也

 
■2月8日(土)試合開始18:00 アオーレ長岡アリーナ
▼6人タッグマッチ
 潮崎豪&中嶋勝彦&原田大輔vs拳王&マサ北宮&仁王
▼6人タッグマッチ
 小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司vsタダスケ&HAYATA&YO-HEY
▼シングルマッチ
 清宮海斗vs熊野準
▼タッグマッチ
 杉浦貴&大原はじめvs稲村愛輝&覇王
▼タッグマッチ
 谷口周平&モハメド ヨネvs齋藤彰俊&井上雅央
▼シングルマッチ
 宮脇純太vs岡田欣也

 
■2月9日(日)試合開始17:00 福島トヨタ クラウンアリーナ サブアリーナ
▼6人タッグマッチ
 潮崎豪&中嶋勝彦&モハメド ヨネvs清宮海斗&谷口周平&井上雅央
▼6人タッグマッチ
 小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司vs原田大輔&タダスケ&YO-HEY
▼タッグマッチ
 杉浦貴&大原はじめvsマサ北宮&仁王
▼タッグマッチ
 熊野準&宮脇純太vs拳王&稲村愛輝
▼シングルマッチ
 HAYATAvs覇王
▼シングルマッチ
 齋藤彰俊vs岡田欣也

 
■2月16日(日)試合開始11:30 後楽園ホール
▼タッグマッチ
 潮崎豪&清宮海斗vs杉浦貴&藤田和之
▼6人タッグマッチ
 小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司vs原田大輔&HAYATA&YO-HEY
▼シングルマッチ
 中嶋勝彦vs鈴木秀樹
▼6人タッグマッチ
 谷口周平&田中稔&宮脇純太vs拳王&覇王&仁王
▼シングルマッチ
 ドラゴン・ベインvsイホ・デ・カニスルプス
▼タッグマッチ
 マサ北宮&稲村愛輝vs関本大介&河上隆一
▼タッグマッチ
 モハメド ヨネ&タダスケvs齋藤彰俊&井上雅央
▼タッグマッチ
 熊野準&諸橋晴也vs大原はじめ&岡田欣也

 
■2月19日(水)試合開始18:30 新百合トウェンティワンホール
▼タッグマッチ
 杉浦貴&大原はじめvs清宮海斗&田中稔
▼6人タッグマッチ
 小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司vs原田大輔&HAYATA&YO-HEY
▼6人タッグマッチ
 潮崎豪&中嶋勝彦&熊野準vs拳王&覇王&仁王
▼タッグマッチ
 タダスケ&イホ・デ・カニスルプスvs宮脇純太&ドラゴン・ベイン
▼タッグマッチ
 谷口周平&モハメド ヨネvsマサ北宮&稲村愛輝
▼タッグマッチ
 齋藤彰俊&井上雅央vsNOSAWA論外&岡田欣也

 
■2月22日(土)試合開始17:00 島田市総合スポーツセンターサブアリーナ
▼6人タッグマッチ
 潮崎豪&中嶋勝彦&モハメド ヨネvs拳王&マサ北宮&稲村愛輝
▼6人タッグマッチ
 小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司vs原田大輔&タダスケ&HAYATA
▼タッグマッチ
 杉浦貴&岡田欣也vs清宮海斗&谷口周平
▼シングルマッチ
 大原はじめvs覇王
▼タッグマッチ
 YO-HEY&ドラゴン・ベインvs仁王&イホ・デ・カニスルプス
▼タッグマッチ
 齋藤彰俊&井上雅央vs熊野準&宮脇純太

 
■2月24日(祝・月)試合開始17:00 名古屋国際会議場イベントホール
▼GHCナショナル選手権試合
 杉浦貴vs清宮海斗
 ※初代選手権者・杉浦貴の3度目の防衛戦となります
▼タッグマッチ
 潮崎豪&谷口周平vs藤田和之&鈴木秀樹
▼6人タッグマッチ
 小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司vs原田大輔&HAYATA&YO-HEY
▼齋藤彰俊デビュー30周年記念試合
 齋藤彰俊&越中詩郎&青柳政司&井上雅央vs拳王&マサ北宮&覇王&仁王
▼6人タッグマッチ
 丸藤正道&望月成晃&田中稔vs桜庭和志&大原はじめ&NOSAWA論外
▼シングルマッチ
 中嶋勝彦vs稲村愛輝
▼シングルマッチ
 ドラゴン・ベインvsイホ・デ・カニスルプス
▼タッグマッチ
 モハメド ヨネ&タダスケvs熊野準&諸橋晴也
▼シングルマッチ
 宮脇純太vs岡田欣也

 
■3月8日(日)試合開始16:00 横浜文化体育館
▼GHCヘビー級選手権試合
 潮崎豪vs藤田和之
 ※第33代選手権者の初防衛戦

 




[52] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/31(Fri) 06:09 ID:ENoXTBYM  [No.110192]
連続投稿失礼します。

昨年11月2日・両国国技館大会への参戦から4ヶ月、3月8日・横浜文化体育館大会にグレート・ムタの参戦が決定。

 PRO WRESTLING NOAH 20th ANNIVERSARY NOAH the CHRONICLE vol.2

2020年3月8日(日) 試合開始16:00
神奈川・横浜文化体育館



[53] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/31(Fri) 23:50 ID:ENoXTBYM  [No.110193]
「GLOBAL Jr LEAGUE 2020」優勝決定戦
1月30日(木)後楽園ホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第2試合
鈴木鼓太郎&小峠篤司&クリス・リッジウェイvsHAYATA&YO-HEY&タダスケ

【試合後のHAYATA&YO-HEY、鼓太郎&小峠】
▼YO-HEY「3対3のタッグだったかもしらんけど、エッホエッホエッホ(※腕を上下させる小峠の革命的仕草で)…なにが言いたいかわかるでしょ? 向こうはタッグチャンピオンということで。そこに勝ったということは挑戦する……」

※そこへ鼓太郎と小峠がやってくる

▼小峠「勝手なこと言うなタコ、コラ! 1回勝っただけやろコラ」

▼YO-HEY「ガッチリ、ワンツー・ツー・スリーやったろうが。お前らチャンピオンに勝っとんねん。正々堂々、ガッチリ嫁さんのアシスト、そして俺のベロベロ殺法で勝っとんねん!」

▼小峠「うっせえ! 絶対やらへんぞ! 絶対やらへんぞ! 絶対やらへんぞオラ!」

▼鼓太郎「誰の挑戦でも受けるって言って後悔してんだ、こっちは。あんな勝ち方じゃ受けないからな」

▼小峠「なんて日だ!」

※鼓太郎と小峠は去っていく

▼YO-HEY「ええよええよ、今後やってくうえで、こっちがバチバチにエッホエッホやったったら、挑戦受けざるを得ない状態になると思うから。もう一回な、俺と嫁さんでノアジュニアのタッグの頂点を見たいっていう(※流暢な発音で)ファンズがようさんおると思うから。そろそろ俺らも動いていきたいし、それと同時にRATEL'Sもさっと上がって…以上です! (HAYATAに)久々やからやったって。あれ、なんやったっけ、忘れたわ」

▼HAYATA「…同じやっ」

▼YO-HEY「思い出したー(笑)」

 
第3試合
モハメド ヨネ&クワイエット・ストームvs齋藤彰俊&井上雅央

【試合後のヨネ&ストーム】
――所属ラストマッチを終えて?

▼ストーム「最後の試合なので、絶対勝たないといけないカラ、綺麗に決めて、最後の50cmラリアットやって、もう…4年くらいのパートナー・ヨネさん呼んで。いつもの合体フィニッシュできて、凄く良かっタと思いマス」

――寂しさのようなものはある?

▼ストーム「まぁ…会社が発表してから、今日だけじゃないヨ。どこでも、SNSでも…(励ましをもらって)凄いうれしかったよ」

――ヨネさんの思いは?

▼ヨネ「ひとつは寂しさ。そして、絶対はないから。プロレス界にね。もう一回組めることを心から願っていれば、お客さんも思っていてくれれば、もう一回この二人がベルトに挑戦する姿が見られると思います。言いたくないけど…“ひとまずは"のお別れだね、今日は。そう思いながら、噛み締めて闘いました」

――2月からはフリーとなるが?

▼ストーム「まずはね。正直悲しいよ。悲しいと、辛い。と同時に嬉しい! 逆にやりたいこと、できない部分もあって、自分の道を創れるきっかけにもなった。めちゃくちゃプロレス、大好きだから、プロレスも広めていきたい。昨日、芸能事務所2つ入りました。それで一人でも二人でもお客さんがプロレス観にきてくれたらうれしい。それだけで!」

――またいつの日かノアのリングに?

▼ストーム「うーん…今、そう言われると“絶対出ない"って言うカモしれないケド……Never say neverっていう言葉が英語にあるから。でも今のところは、上がらないつもり。どこでも行きたい、どこでも試合したい。名前も広がって、名前も大きくなりたい。Hopeだね」

――応援してくれたファンや、ともに闘った仲間へのメッセージがあれば?

▼ストーム「まずはね、俺はノアに入ったオカゲで、俺の名前、全国区なった。クワイエット・ストームの名前、みんな知ってくれるようになって。それは会社に感謝。まずは最初の田上社長、会社に入れてくれてありがとう。内田さん、不破さんも、怪我した時も応援してくれて、ノアのファンズも6年くらいずーっとずーっと応援してくれて、心から本当にうれしい。また…また…どこかで、もし良かったら応援にきてください。ありがとうございました」

 【試合後の齋藤&井上】
▼齋藤「最後の後楽園で戦えたことは凄い自分としても良かったかなという。クワイット・ストームの気持ちがね。やっぱり俺も1回ノアで突然フリーになっているんで、そういった気持ちもわかりますし。そういった部分で気持ちをぶつけ合いながら、今日は。最後、本人がウワーッいう感じでお客さんのところにアピールできたんで、よかったんじゃないのかなと思います。単なる分岐点なんで。またいずれクワイとね、思いっきりやりあいたいなとは思ってます」

▼井上「さっき齋藤さんが言ったように、僕もノアで何年か前に同じ経験をしてるんでね。本人に不本意な気持ちがあるのはわかります。それがあのラリアットに込められているのがわかった。強烈だったな。だけど、次に会った時は必ずやり返します。次が楽しみです」

 
第5試合 GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 準決勝
小川良成vsディック東郷

【東郷の話】「小川…今日はこの間の大阪の借り、返してやったからな。ただな、やっぱお前すげーよ。レスリングじゃ…どっこいどっこいだな。ただな、俺は今日勝ったんだ。勝ったからには次、原田大輔。覚えとけ。俺がノアのジュニアリーグ優勝者・ディック東郷だ」

 【試合後の小川】
▼小川「完璧に油断しました。なんかいろんなところでプロレス教えたりしてるんでしょ? だからね、もうちょっとガッツリしたいい感じの攻防ができるかなと思って、いろいろ誘ったりしてみたんですけど、思ったほどのレベルじゃなかったんで。逆にガッカリしちゃった。それが敗因ですね。ちょっと思った感じの選手でもなかったというのが。それでちょっと油断しちゃって。負けたからね、こんなこと言ってもあれだけど」

――チャンピオンとして負けたことについては?

▼小川「別にタイトルマッチで負けたわけじゃないから。それは俺の試合の仕方でもあるし。完璧な油断だね。以上です」

 


[54] fun◇YtKXN/LQ - 2020/01/31(Fri) 23:51 ID:ENoXTBYM  [No.110194]
連続投稿失礼します。

「GLOBAL Jr LEAGUE 2020」優勝決定戦
1月30日(木)後楽園ホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。


第6試合
丸藤正道&清宮海斗&田中稔&熊野準&宮脇純太vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝&覇王&仁王

【試合後の拳王&北宮&稲村】
▼拳王「会社、いや親会社、いや元親会社で、スポンサーのリデットエンターテイメント…様。いつも本当にありがとうございます。これからも何卒よろしくお願い申し上げます。いいか、おい! リング上で言った通りだ。親会社がな、ここ数年で何回変わってんだ? もうな、そんなことはうんざりなんだよ。いいか、俺はな、リング上のことだけに集中して、プロレスリング・ノアをダイヤモンドのように輝くリングにしていくからな。そして、約束の場所への申請も俺は覚えてるぞ。今年中に必ず行くぞ。いいか、テメーらクソ野郎ども、約束の場所へはな、俺たち金剛、そして拳王が必ず連れていくからな、おい。これからはな、俺たち金剛についてこい」

▼北宮「帰るぞ!」

▼稲村「はい!」

 
第7試合
潮崎豪&中嶋勝彦&谷口周平vs杉浦貴&藤田和之&鈴木秀樹

【試合後の杉浦】
――清宮が出てきたが、意外だった?

▼杉浦「いや、待ってたよ。待ってた。(清宮は)潮崎にベルト獲られてから、何も動き無かったでしょ? あいつしかいないでしょ?」

――良い景色も、嫌な景色も、見たくもない景色も、ノアの全景色を見てきたと言っていた

▼杉浦「言わせんのか? 俺は全部見てきてるんだよ。簡単には変えられないぞ? 新しい景色には。変えさせないし」

――旗揚げ20周年イヤーの第1弾となる名古屋の大会でもある

▼杉浦「俺の地元だしね。第1弾だろ? ふさわしいんじゃないか? 俺と清宮で」

――新しい景色に“吸収"してやると、“吸収"という表現を使ってきたが?

▼杉浦「20年やってきてんだ、俺は。簡単にはさせねーよ。俺にだって意地あるんだよ、なぁ? イヤな景色も全部見てきてんだよ! ノアの良いところも。なぁ? 簡単に譲れねえよ。この景色は」

――創りたいなら力で創ってみろと?

▼杉浦「おう、創れるようなら創ってみろよ! 俺だってまだ、時代もなにも、景色もなにも変えてないんだよ! ずっと。くすぶってんだよ! さっきも言ったけど、俺はもう先がないからな。今年50だ。絶対譲らないよ」

――まだ全盛期は先だとも言っていた

▼杉浦「おう、許さないだろ? 時代が。オッサンは追いやられてるんだよ。でも俺は苦しいながらも生き残ってやるからよ」

――いろんな意味で危機感を感じるが?

▼杉浦「危機感しかねえよ、俺には! 『プロレスやって良かった』って思いたいんだよ。何もないんだよ。良かったと思って終わりたいんだよ、絶対譲らないからな!」

 【潮崎の話】「闘魂の最後の伝承者、藤田和之か。(ベルトを叩きながら)このGHCの誇りをかけて、あいつを必ず倒す」

【試合後の中嶋】
▼中嶋「ちょっと待ってよ? おいおいおい。どういうこと? 説明してくれよ? 責任って何だよ? まあ、いいや。なんて言われたんだっけ? 鈴木に俺はなんて言われたんだっけ?」

――一騎打ちを、と

▼中嶋「なんでだよ! だから。おいおい、ちょっと待て。あまりにも急過ぎだし、強引だろ? でも、うーん、そうだなあ…ツイートか何かで募ってみろよ。俺と鈴木のシングルマッチが見たいか。なあ? 一定の声があれば考えてもいいよ。まあ、会社次第だよ」

 【清宮の話】
「みんなが知っている杉浦さん、鬼の強さを持った杉浦さんを、俺は新しい景色に吸収したい。そして、あの鬼の杉浦さんの持っている赤いベルト。可能性が凄い秘められていると俺は思っている。その可能性を、新しい景色を持って広げていきたいと思ってます。最近、ちょっと様子がおかしいというのは、なんか物足りないんじゃないかなって思ってたんで。俺が鬼の杉浦貴を吸収して、新しい景色を…さらに広大な新しい景色を皆さんにお見せしたいと思います」

 
第8試合 GLOBAL Jr. LEAGUE 2020 優勝決定戦
原田大輔vsディック東郷

【試合後の原田】
――優勝という結果になったが?

▼原田「まあ、リング上でも言ったように、今まで2回目から出てますけど、一番きつくて、本当にしんどかったリーグ戦でしたね」

――4ブロック制という形だったが?

▼原田「ブロックもそうやし、準決勝の大原も、決勝のディック東郷選手もやっぱりきつかった。やっぱりみんなブロックを上がってきてるから、簡単に勝てる試合じゃなかったですね」

――東郷選手の印象は?

▼原田「やっぱディック東郷という名前はね、俺にとって凄く大きな存在なんですよ。大阪プロレスで生まれて育ったから、ディック東郷という名前は凄い脅威やったし、名前がデカすぎたなっていう。でも、こうやって決勝戦で勝つことができたのは凄い自信に繋がりました」

――勝てた要因は?

▼原田「意地ですね。やっぱりこのノアジュニアに懸ける意地です。それしかないと俺は思います。キャリア、技術は向こうのほうが上やと思います。でもやっぱりこのノアジュニアに懸ける意地っていうのは絶対負けたくないって思いがありました」

――試合後、マイクを握ったが、あえてジュニア王座に挑戦表明しなかった?

▼原田「別にあえてっていうよりも、やっぱ優勝すれば自ずとその道は見えてくるのかなと思うので。まあ、チャンピオンがまさかのタップアウトをして驚いてますけど、次は俺が片山ジャーマンでチャンピオンから3つ取りたいなと思います」

――小川選手とタイトルマッチで戦うことについては?

▼原田「本当だったらね、俺がチャンピオンの時にやりたかったシチュエーションですけど、もうこうなったらそうも言ってられないんで。やっぱり今はシリーズを回って、求められているチャンピオン・小川良成。俺がその上を行って倒したいなと思います。やっぱりそれをやるのは俺じゃないと。優勝したからには、俺がやらないといけないと思うんで。小川良成を倒したいと思います」

 【東郷の話】

「(※コメントスペースに倒れ込んで)クソ……見ての通り。優勝できなかった。俺の目標はあくまで優勝だったからよ。2位じゃ、何の価値もねえんだ。まぁ、しばらくノアもこれで終わりだな。また、みんなの記憶から消えかけたころに、またやってくるよ」



[55] fun◇YtKXN/LQ - 2020/02/05(Wed) 02:51 ID:  [No.110198]
全盛期に戻す。ノアの丸藤正道(40)が、シングル王座戦線への復帰を見据えた。4日に「ネズミ」と呼ばれる右ヒザ関節内の遊離体の摘出手術を受けるため、節分会が欠場前最後の公式行事となった。7日の横浜大会から22日の静岡・島田大会まで戦列を離れ、24日名古屋国際会議場大会での復帰を目指す…。

 3日に池上本門寺で節分追儺儀式に参加した丸藤は「オペをすることで今まで抱えていた不安がなくなる。正直、今まではストレスがあって前に出ているようで出ていけなかったから」。勇気づけられたのは、偉大な先輩の言葉。ヒザにメスを入れるのは今回で3度目。現役時代、何度もヒザの故障に悩まされた小橋建太(52)に「ヒザだけで何回、手術したんですか?」と質問した。
「鉄人」からは「たくさんやったからよく覚えてないけど7、8回じゃないかな」との答えをもらい「そんなに! まだ半分か…。俺はまだまだこれからってことですね」と不安が払拭された。
 復帰後については「今は(ドラゴンゲートの望月成晃と)GHCタッグを持っているけど、ヒザが完璧になればシングルも不安なく戦える。どっかの誰かみたいに、俺も2冠を狙うか。赤(GHCナショナル)と黒(GHCヘビー級)の両方」と目標を定めた。サイバーエージェント傘下となった新体制の方舟で再び頂点を目指せるか。天才がしばしの休息を経て、逆襲に出る…。


[56] fun◇YtKXN/LQ - 2020/02/05(Wed) 02:52 ID:  [No.110199]
プロレスリング・ノアの新社長に就任したプロレスラーの高木三四郎(50)が4日、自身のツイッターを更新し、心房細動(不整脈)のため手術を受けたことを報告したそうです。

 ご報告と題したツイートでは「先ほど冷凍アブレーション手術が無事終わりました! 昨年から心房細動(不整脈)の症状が多く出るようになって今後を考えると、このタイミングで治した方が良いと思い手術しました!」と説明…。

 今後については「術後の経過は良好で明後日には退院できます。しばらく欠場しますが経営はちゃんとできますのでご安心ください!」と報告。

 先月29日、インターネットサービス大手「サイバーエージェント」がプロレスリング・ノアを運営する「ノア・グローバルエンタテインメント」の株式を100%取得。ノアは「サイバーエージェント」の完全子会社となり会社の体制は維持されるが、社長は新たにDDTの社長を務める高木が就任しました。


[57] fun◇YtKXN/LQ - 2020/02/08(Sat) 05:46 ID:  [No.110203]
「HIGHER GROUND 2020」
2月07日(金)神奈川・横浜ラジアントホール

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯谷口周平
6分36秒 ワイバーン・キャッチ
×岡田欣也

〈第2試合〉タッグマッチ
齋藤彰俊&井上雅央×
11分10秒 体固め ※ストゥーカ・スプラッシュ
覇王&仁王◯

〈第3試合〉シングルマッチ
◯YO-HEY
10分08秒 エビ固め ※顔面G
×宮脇純太

〈第4試合〉6人タッグマッチ
◯小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司
19分46秒 逆さ押さえ込み
×原田大輔&タダスケ&HAYATA

〈第5試合〉6人タッグマッチ
◯杉浦貴&大原はじめ&NOSAWA論外
13分40秒 体固め ※オリンピック予選スラム
清宮海斗&田中稔&熊野準×

〈第6試合〉6人タッグマッチ
◯潮崎豪&中嶋勝彦&モハメド ヨネ
19分01秒 体固め ※豪腕ラリアット
拳王&マサ北宮&稲村愛輝×




[58] fun◇YtKXN/LQ - 2020/02/08(Sat) 13:35 ID:  [No.110204]
「HIGHER GROUND 2020」
2月07日(金)神奈川・横浜ラジアントホール

試合後のコメントです。

第3試合
YO-HEY vs 宮脇純太

試合後のYO-HEY】
▼YO-HEY「え〜今日は2月7日でございまして、昨日です。はい2月6日はワタクシがグリーンピースになりかけた日。2月6日はそうです、トマトであえた魚が食べたくなって食べた日、でもあります。相手がジュンタ。何回も何百回も試合しとる…すいません、ちょっと嘘つきました、エヘエヘヘ…50回くらい試合を…エヘエヘヘ、嘘つきました(笑) 絶対に嘘つきました。まぁまぁでもこの“魔の横浜ラジアント"で怪我なく試合できたってことはね。前々回は心臓発作で倒れましたし、前回はなんでしたっけ? 左の足の薬指がとれるという事件がありましたけど、今回はそんな感じで、ハイ、元気です」

――ジュニアタッグ挑戦を拒否されたままだが?

▼YO-HEY「そうっすね。おいら告白して女に振られたこともないし、なのに鈴木コタコと、小峠アツエが俺のこと振ってきて。それはすっごい悔しいし。そこは相手が『好き好き、めっちゃ好き〜タイトルマッチしたい〜!』ってなるくらい、こっちが向こうのモチベーションをホイホイッって上げてやったらいいだけやから。今に見とけよ! ホイホイ…(小峠の革命ポーズ?の真似をしながら去っていく)」

 
第4試合
小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司 vs 原田大輔&タダスケ&HAYATA

【試合後の鼓太郎&小峠】
――HAYATA&YO-HEYの挑戦を拒否する姿勢に変わりはない?

▼鼓太郎「変わらないよ。正月に『誰の挑戦でも受ける』って言って(覇王&仁王の)挑戦を受けちゃって、なんか弱いもんイジメした…みたいになっちゃってんじゃん。だからやらないよ」

▼小峠「もう、なんか『またRATEL'Sか』ってカンジなんで。しかも今日も勝ったし。残念ですね、なんか」

▼鼓太郎「ポンポンポンポン受けてたら、このベルトの価値、どんどんどんどん落ちてっちゃう」

――言ってることが180度変わったような気が…

▼鼓太郎「俺の言ってることは“株価"と一緒! 毎日変動すんだよ! 違うよ! 後悔したから『もう(安請け合いを)やめる』って言ってんだよ!」

――これからはタイトルマッチはなるべくやらない方向で…

▼鼓太郎「違うよ! 確固たる何かを持ってこいって。丸め込みでクルってやって勝っただけなら、そんなん誰でも挑戦できるよ。俺らがやらざるを得ないな…っていう何かを持ってくるんだったら、その時はやる。それまで答えはこうだ。(※と小峠と腕をクロスさせて×マークを作る)」

 【原田の話】
「悔しすぎる。グローバル・ジュニアリーグ優勝して最初の試合で、チャンピオンに負けて悔しすぎる。ただ、優勝したのにタイトルマッチが組まれてない。組まれない理由は分からんけど、絶対に小川良成からベルトを奪い取る!」

 
第5試合
杉浦貴&大原はじめ&NOSAWA論外 vs 清宮海斗&田中稔&熊野準

【試合後の杉浦】
――今日から前哨戦が始まったが、清宮と闘ってみて?

▼杉浦「あ? 足りねえ。足りないよ。そんなんで奪えんの? こっちはもう賭けてんだよ、レスラー生命」

――今まで清宮と向き合ってきた時とは、明らかに“違い"を感じるが?

▼杉浦「あいつもチャンピオンになってるからね。一瞬でも俺の先を走ったんだから。そこは俺にだって悔しさや意地はあるよ」

――全部譲らないと

▼杉浦「譲らないよ。何度も言うけど、俺は“後がない"んだよ、なぁ? 後がないんだ。今年50だ。あと何年できるか分からねえんだ、プロレスラー。譲らないよ」

――ここに来て、杉浦さんから危機感というか殺気を感じるが…

▼杉浦「すべてにイラついてんだよ。イチ個人としてな、ノアがどうのこうのとか関係ねえ。イチ個人として危機感持ってんだよ」

――『プロレスをやってきて良かったって思いたいんだ』とも言っていた

▼杉浦「ノアに入って良かった、ノアでプロレスできて良かった!って終わりたいんだよ」

――いつかノアが良くなる…と長い間思い続けてきたが、なかなかそうはならない厳しい現実もある。そこへのイラ立ちも含めて?

▼杉浦「おう、その通りだよ」

――成功したと思える何かを…

▼杉浦「なんだよ? 成功したって。ノアのこととかじゃねえんだよ。俺イチ個人としてだよ。俺がレスラーとしてあと何年、どう生きるかだよ」

――もう誰かに気をつかうとか…

▼杉浦「あ!? 今まで俺は誰かに気をつかってきたか? なんだお前、ちゃんとしろ!」

――では…(※記者が質問にまごつくと)

▼杉浦「もういい、はい終わり!!」

 
第6試合
潮崎豪&中嶋勝彦&モハメド ヨネ vs 拳王&マサ北宮&稲村愛輝

【試合後の潮崎】
――2月ツアー開幕戦のメインを締めてみせたが?

▼潮崎「それがGHCを持ってる者の役目でしょう。それが俺の役目でもあるけれども、皆さんの声のおかげでしょう。どんなに苦しい時も、これだけの熱さ、みんなの声があれば、何度だって、何度でも立ち上がれますよ」

――藤田和之戦が決まったが?

▼潮崎「さっきも言ったように、ノアを泥舟なんかにはさせない。沈ませないよ。それが俺の役割だ」

――改めて自身にとって藤田はどういう相手?

▼潮崎「あれだけの強さを持ってる人間だと知ってはいたよ。でも、想像以上の攻撃。想像以上の打たれ強さ。一発一発が重いからね。ホントに、日本人選手とやってるイメージはないです。デカい外国人選手…そのイメージで俺はやってるよ。いや! “それ(外国人選手)以上"かもしれないね。でも、そういう相手だからこそ、負けるワケにはいかないよ」

――猪木イズム最後の継承者と言われ、自身とは生まれも育ちもレスラーとしての成り立ちも違うが?

▼潮崎「それが俺にとっての別の挑戦でもあるから、ノアを守るため、このGHCを守るため。今までやってことが無い強さを持つ藤田和之。真っ向から闘って、俺がこのベルトを守る」

――前哨戦がない日もあるが、ツアーをどう闘っていく?

▼潮崎「だからこそ怖いものがあるからね。どの大会でも、すべて“対藤田和之"の気持ち、イメージを持って闘っていきますよ」

――リング外でも新体制に移行し、なかには心配するファンの声もあるが…

▼潮崎「その不安もすべて俺が吹き飛ばして、ノアは俺が守る。以上!」



[59] fun◇YtKXN/LQ - 2020/02/09(Sun) 15:49 ID:  [No.110205]
「HIGHER GROUND 2020」
 2月08日(土)新潟・アオーレ長岡アリーナ
観衆:345人(満員)

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
宮脇純太
9分52秒 腕ひしぎ十字固め
岡田欣也

〈第2試合〉タッグマッチ
谷口周平&モハメド ヨネ◯
11分39秒 片エビ固め ※キン肉バスター
齋藤彰俊&井上雅央×

〈第3試合〉タッグマッチ
◯杉浦貴&大原はじめ
14分45秒 逆エビ固め
×稲村愛輝&覇王

〈第4試合〉シングルマッチ
◯清宮海斗
13分26秒 タイガースープレックス・ホールド
×熊野準

〈第5試合〉6人タッグマッチ
小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司◯
17分14秒 横入り式エビ固め
タダスケ&HAYATA&YO-HEY×

〈第6試合〉6人タッグマッチ
◯潮崎豪&中嶋勝彦&原田大輔
19分31秒 片エビ固め ※豪腕ラリアット
拳王&マサ北宮&仁王×




[60] fun◇YtKXN/LQ - 2020/02/09(Sun) 15:49 ID:  [No.110206]
連続投稿失礼します。

「HIGHER GROUND 2020」
 2月08日(土)新潟・アオーレ長岡アリーナ

第4試合
清宮海斗 vs 熊野準

【試合後の清宮】
――デビュー戦の相手でもある熊野とのシングルマッチだったが?

▼清宮「ちょっと…(一度GHCヘビーの)ベルト巻いて油断してた部分があったな、と今日、完全に感じた部分がありましたよ。人それぞれ闘い方があって、誰しもが同じ道を通ってないっていう、そういう部分を凄く感じましたよ」

――原点回帰ができた部分もあった?

▼清宮「初心に返った。デビュー戦の相手でもあるし、初心に返ることができた、っていうのはありますよ」

――過去何度も闘ってきた杉浦とのナショナル戦が決まったが、今回はどんな違いがある?

▼清宮「SNSとかでも言ってると思うけど、他とは異質なもの、他の闘いとはまったく違うものを見せられると思ってますよ。名古屋まで前哨戦もありますけど、俺たちの闘いだけが際立つと思うし、それだけ俺はこの(杉浦との)闘いに誇りを持ってます」

――ナショナルベルトに可能性を感じた、とも言っていたが?

▼清宮「“ナショナル"のベルトだから。あのベルトだったら…ひとつの木でも枝分かれしてる部分、いろんな選択肢が広げていけると思うんですよ。可能性が広がってるし、俺にしか見せられないものがあると思ってます。それはなんでかって言うと、去年1年間ベルトを持ってきて、いろんなところに足を運んで、自分の目で確かめながらいろんな景色を見てきたから。今の俺だったら、面白いものが見せられると思うし、今しかできないことですよ。自分の身を削ってでも挑戦していきたい、っていうのはありますんで。とにかくあのベルトを獲らないと、この考えも意味がないと思うんで、自分が決めた道を、自分の目で見ながら、しっかりと俺は突き進んでいきたいと思ってます」

 
第5試合
小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司 vs タダスケ&HAYATA&YO-HEY

【試合後の鼓太郎&小峠とYO-HEY】
※鼓太郎&小峠がコメントしようとしたところでYO-HEYが現れる

▼YO-HEY「待て、待て」

▼鼓太郎「しつけーなー」

▼YO-HEY「負けを認めれへんっていうのあるけどな、俺も男や! 今日の負けは認める! でもな! 英語でBUT、B・U・Tや! この前の後楽園でアンタら俺にくるっと丸め込まれてワンツースリーがっちり取られたのに、アンタらは『丸め込みで負けたんなら認めない』って……」

▼鼓太郎「だから今日丸め込みでやり返したんだから、やりま…せんっ!つってんだよ」

▼YO-HEY「まぁええよ! 絶対認めさせてやるからな! お前らのこれ(×ポーズ)、ちょっとカタモ、傾いて…(※噛んだことに痛恨の表情を浮かべながら)ああああああああああああああああ!クソ!!!」

※YO-HEYは悔しげに去っていく

▼小峠「結果でなけりゃ何も始まりませんからね。なんでもすぐ、タイトルマッチ決めすぎてたんですよ。前までは。ベルトの価値をもっと上げていくためには、こういうの(拒否)も英断やと思うてますよ。現に結果出してないし、HAYATAなんか今日突っ立っとっただけやろ? だったらもっとふさわしい、ベストチャレンジャーが来てほしいと思うね、俺は」

▼鼓太郎「ちゃんとしたモノ持ってこなきゃやらない。逆に言えば、ちゃんとしたモノ持ってくれば“やる"って言ってんだよ」

――HAYATA&YO-HEY組以外に気になるチームはいる?

▼鼓太郎「丸藤&望月組」

▼小峠「おー、それは気になりますねえ」

▼鼓太郎「ジュニアじゃん、体重的に。同じジュニアなのに、何で持ってるベルトのバックルの大きさが違うの?」

――HAYATA&YO-HEYよりも高い次元を目指していると?

▼鼓太郎「そうそう。気になるチームはそれくらい。だって他いないじゃん」

 
第6試合
潮崎豪&中嶋勝彦&原田大輔 vs 拳王&マサ北宮&仁王

【試合後の潮崎】
――着実に全国に王者としての姿を見せていけている?

▼潮崎「そうだね。そしてノアの闘いを見せていけてるからね。お客さんの、ファンの人たちの熱さに高ぶるものがありましたね」

――同時にどこで試合しても藤田和之と当たるつもりで行くとも言っていたが?

▼潮崎「そうだね。常にその気持ちを途切れさせない。さらにさらに高めていきたい。仮想・藤田。自分自身でそこへ持っていってますよ」

――最後は初めて“I am NOAH"のフレーズで締めたが?

▼潮崎「そうだね。GHCを巻いてるから、そうじゃない。GHCを巻いていて、緑を背負い、ノアの中心として“俺がノアだ"と。宣言させてもらいました。その気持ちを持ち続けて、ノアとしてのプライドを“世界のノア"のリングにぶつけていきたいと思ってます」

――観客の反応的にも響いていたようだったが、定着させていく?

▼潮崎「もちろん。そのためにもまず、このGHCを守っていかないといけない。そしてプロレスリング・ノアを…俺が守る」

 
【原田&YO-HEY&HAYATA&タダスケの話】(メイン後)

▼YO-HEY「さっきなあ! 6人タッグで我々3人が負けちゃって、コメントもカミカミで、あんなんじゃYO-HEYちゃんのペロンペロンな脳みそが気ぃすまへんから、ちょっとひとつ提案があって。明日もボス(原田)、俺、お母さん(タダスケ)でSTINGERの3人と当たるカードが決まっとるけど、お母さんには申し訳ないけど、ちょっとそこは嫁さん(HAYATA)に代わってもらって、今日のお返しを存分にやりたいから。お母さん、良かったら代わってもらっても良いですか?」

▼タダスケ「おう、どんどんやってくれ! (HAYATAとシングルで対決予定の)覇王は俺に任せろ!」

▼YO-HEY「あざっす! ほんなら最後にひとつだけ言わせてくださいよ。さっき鈴木コタコと小峠アツエが、こんなん(挑戦拒否の×ポーズ)やっとったけど、ちょっと角度がズレとったから。だから俺は“バツ"とは認めん。それだけや!」

▼原田「もっかい噛めや。そこは噛むとこやろ!? …まぁええ。俺は小川良成! いつまで逃げてんねん。俺は過酷なジュニアリーグ戦優勝したぞ。まぁ横浜ラジアントで負けたけどな、俺は諦めてへんぞ。いつまでスカしてるんや、小川良成。俺とベルト懸けて闘え。以上や」



[61] fun◇YtKXN/LQ - 2020/02/09(Sun) 22:08 ID:  [No.110207]
遅くなりましたが7日、東京都・後楽園ホールにてDRAGON GATE『TRUTH GATE 2020』が行われ、現GHCタッグ王者の望月成晃がNOAHでのタイトルマッチを行うことを宣言したそうです。

 望月成晃と丸藤正道は昨年2月のジャイアント馬場没後20年追善興行にてタッグ戦で対戦し、互いに手応えを感じたということで翌月に望月がNOAHへ初参戦し、10月にはタッグを結成。今年1月5日のNOAH後楽園ホール大会で中嶋勝彦&潮崎豪を破ってGHC王座を戴冠。

 この日の大会のメインイベントでは、現オープン・ザ・ドリームゲート王者の土井成樹がKzyを相手に初防衛に成功。
 試合後に土井が「早いもの勝ちやぞ!」と次期挑戦者を募ると、全日本プロレスで世界ジュニアヘビー級王座を戴冠している横須賀ススムが名乗りを上げ両者はしっかりと握手。

 ここで望月がリングに上ってくると土井は「いや!もう大丈夫です!決まりました!早いもの勝ちって言うたんで!すみません!遅すぎます!」と慌てて下がらせようとするが、望月は「次のタイトルマッチは3月、CHAMPION GATEだよな?後楽園のお客さん、来月の後楽園ホールでもタイトルマッチ見たくないですか?!」と観衆を煽っていく。
 土井は「3月のCHAMPION GATEでタイトル戦やって、その4日後……無理でしょ!流石にそれは!」と狼狽するが、望月は「心配するな。俺はドリームゲートの挑戦表明しに来たわけじゃないよ。NOAHからも、丸藤正道からも許可は得ている!挑戦者も俺に一任されている!」とTシャツをめくると、その腰にはGHCタッグ王座のベルトが。

 望月が「このGHCのベルトに、この歴史に触れてみたい奴いたら誰か名乗りあげてこい!」と挑戦者を募ると、R.E.Dの吉田隆司&ディアマンテがリングインし、吉田が「俺がお前からGHCのベルトを奪って俺がNOAHに乗り込んだる!そして望月、お前にイチからプロレス教えたるからな!覚悟しとけコラ!」と挑戦表明。望月は「お前のマイク聞いてたら、お前をNOAHに出すわけにはいかねえなあ?言っとくけど丸藤正道のノリノリだからなあ?!」とこの挑戦を受諾…。

 後日、3月5日のDRAGON GATE後楽園ホール大会で丸藤正道&望月成晃vs吉田隆司&ディアマンテのGHCタッグ戦が正式決定。
 現在ヒザの手術のため欠場中の丸藤は望月のTwitterを見てこの事実を知ると「えっ!!まじっすか??楽しみにしてます!」とツイート。その後さらに「予定と違う手術になったので若干焦ってはいるんですが、リビングレジェンドのもっちーさんが9割動いてくれるという事なので安心してます」と返信。
 今月24日に復帰を予定している丸藤だが、その10日後に突如決まった大一番で初防衛をすることが出来るのかどうかに注目が集まります。



[62] fun◇YtKXN/LQ - 2020/02/09(Sun) 22:11 ID:  [No.110210]
連続投稿失礼します。

「HIGHER GROUND 2020」
2月09日(日)福島トヨタ クラウンアリーナ サブアリーナ(国体記念体育館)
観衆:206人

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯齋藤彰俊
9分00秒 片エビ固め ※スクイル・デス
×岡田欣也

〈第2試合〉シングルマッチ
◯タダスケ
10分49秒 片エビ固め ※アウト・キャスト
×覇王

〈第3試合〉タッグマッチ
熊野準&宮脇純太×
10分42秒 アンクル・ホールド
◯拳王&稲村愛輝

〈第4試合〉タッグマッチ
◯杉浦貴&大原はじめ
17分33秒 体固め ※オリンピック予選スラム
マサ北宮&仁王×

〈第5試合〉6人タッグマッチ
小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司▲
18分18秒 両者リングアウト
原田大輔&HAYATA&YO-HEY▲

〈第6試合〉6人タッグマッチ
◯潮崎豪&中嶋勝彦&モハメド ヨネ
22分14秒 片エビ固め ※豪腕ラリアット
清宮海斗&谷口周平&井上雅央×




[63] fun◇YtKXN/LQ - 2020/02/10(Mon) 20:29 ID:k2dTEemc  [No.110212]
「HIGHER GROUND 2020」
2月09日(日)福島トヨタ クラウンアリーナ サブアリーナ(国体記念体育館)

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第2試合
タダスケvs 覇王

【試合後のタダスケ】
――急きょのカード変更で覇王への雪辱に成功したが?

▼タダスケ「ま、ジュニアリーグは運が無かっただけやな。完勝やったやろ? なぁ? あとは交代したセミファイナルもきっちりリベンジしてもらいたいモンやね」

――改めて今年の野望は?

▼タダスケ「もちろんベルトや。当然。まぁ今はあの3人(※原田がシングル、HAYATA&YO-HEYがジュニアタッグ)が行ってるからね。順番待ちしてるワケやないけど、今はアップグレード中やねん。“その時"が来るまで準備を進めとくわ」

 
第5試合
小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司 vs 原田大輔&HAYATA&YO-HEY

【試合後の原田&YO-HEY】
――HAYATAの状態は?

▼原田「見ての通りや! (ろっ骨を)痛めとる。でも! HAYATAの分もYO-HEYが今日動いた。そして2対3。その状況でもな、俺たちは負けてへんぞ!」

▼YO-HEY「最後見てみいや、俺らふたりとも右乳首ピンピンしとるやろ! さっきもよ、鈴木コタコもぐっちょんぐっちょんになってもーてたがな! 結果は引き分けかもしらんけど、最後見れば“どっちが勝ったんですか?"ってお客さんに聞いたら分かるやろ。この通りや。こ・の・と・お・り・や!」

▼原田「そういうことや! 小川良成もKOや! ノックアウトでもう立たれへん状態なってたやろ? 鈴木鼓太郎もくたばって、あと一人はしらんけど。今まで溜まってたもんを全部ぶつけた! そして次の後楽園も思いっきりやり返して、ジュニアタッグ、そしてシングル! 絶対あいつらに“YES"と言わせるぞ。絶対タイトルマッチ組ませたるからな。俺たちがもう一回、あいつらを倒す!! 以上や!!」

 
第6試合
潮崎豪&中嶋勝彦&モハメド ヨネ vs 清宮海斗&谷口周平&井上雅央

【試合後の潮崎&中嶋】
――今ツアー3大会連続でのメイン締めとなったが?

▼潮崎「それがGHCチャンピオンとしての役割です!」

――中嶋選手からみて王者・潮崎の充実ぶりはどううつる?

▼中嶋「もう頼もしいの一言だね」

――ジェラシーを感じるほど?

▼中嶋「いや“ニコイチ"だから、俺たちは。AXIZで。一緒に(ベルトを)持ってる!って気持ちでいるよ。俺はね」

――次の2・16後楽園では、潮崎選手は藤田和之との前哨戦、中嶋選手は鈴木秀樹との一騎打ちを控えているが?

▼中嶋「豪さんが人気モンだからさ。みんな豪さんとやりたいんだって。鈴木選手もそうだったみたいだけど、なぜか俺を指名して『お前でいいから!』的なね。そんな言い方してたよね? そこにはちょっとカチンとくるけど、まぁしょうがない。鈴木選手、あなたのワガママを俺が大きな心で、愛で、包んであげます」

――どんな印象を?

▼中嶋「デカい!」

――テクニックや態度など、いろいろ特徴的な選手だが?

▼中嶋「おもしろいんじゃない? ただ向こうのフィールドに立たないほうがいいんじゃないかね。それだけ注意してやるよ♪」

――潮崎選手は前哨戦に向けて?

▼潮崎「ノアの人間じゃないぶん、前哨戦は少ないですけどね。やるからには、タイトルマッチ前に潰しますよ」

――AXIZでそろって後楽園で直接撃破を?

▼中嶋「そうだね。お互い、今までとは違ったタイプの選手と当たるから、そういう意味ではこれまた“違うAXIZ"が後楽園ホールで見られるんじゃないの? そんな気がするね。AXIZ色に染め上げる? もちろん。だって俺たちが中心じゃないの? YESかNOで答えてくれよ〜(笑) 俺、しゃべんのも久しぶりなんだからさー! ねえ!? 欲しがるよねえ。やっぱノアはAXIZだよな?」

――いえす…

▼中嶋「なになに? 聞こえないなあ(笑)」

――イエス

▼中嶋「聞こえないなー」

――イエス!!

▼中嶋「あーそうだなあ! まぁいろいろとノアも変化があって、すごく大事な時期だよ。いろんな不安もあると思う。でも俺たちが、AXIZが、全部…全部! すべて払拭してあげるからね!」





[64] fun◇YtKXN/LQ - 2020/02/13(Thu) 19:12 ID:FgE5ULyI  [No.110220]
「WRESTLE-1 TOUR 2020 W-IMPACT」
2月12日(水) 後楽園ホール

遅くなりましたが参戦試合の結果です。

第八試合
WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
◯中嶋 勝彦
27分37秒ヴァーティカルスパイク→片エビ固め
×芦野 祥太郎
※第16代王者・中嶋勝彦が初防衛に成功。


[65] fun◇YtKXN/LQ - 2020/02/13(Thu) 23:42 ID:FgE5ULyI  [No.110223]
齋藤彰俊選手のデビュー30周年記念試合が行われる2月24日・名古屋国際会議場大会へザ・グレート・カブキさんの来場が決定。

かつて一世風靡した齋藤彰俊、越中詩郎、ザ・グレート・カブキ、青柳政司の平成維震軍が名古屋のリングで復活…。

 
「PRO WRESTLING NOAH 20th ANNIVERSARY NOAH the CHRONICLE vol.1」
2月24日(祝・月) 試合開始17:00〜
名古屋国際会議場

▼齋藤彰俊デビュー30周年記念試合
齋藤彰俊&越中詩郎&青柳政司&井上雅央
vs
拳王&マサ北宮&覇王&仁王



[66] fun◇YtKXN/LQ - 2020/02/13(Thu) 23:43 ID:FgE5ULyI  [No.110224]
連続投稿失礼します。

ノア20周年の歴史の中で欠かせない選手の一人として活躍された佐野巧真選手のプロレス卒業セレモニーを3月8日・横浜文化体育館大会で開催。

2001年2月にノア初参戦。

『佐野最強説』とともに三沢光晴選手が持つGHCヘビーへの挑戦。

2010年には高山善廣選手のコンビで第3回グローバル・タッグリーグ戦を制し、第21代GHCタッグ王者となり4度の防衛に成功。

2014年3月には佐野巧真デビュー30周年記念試合を開催。

功労者・佐野巧真選手へのご声援、よろしくお願いします…との事。

 
「PRO WRESTLING NOAH 20th ANNIVERSARY NOAH the CHRONICLE vol.2」
3月8日(日) 試合開始16:00
横浜文化体育館

 決定カード

▼GHCヘビー級選手権試合
 (第33代選手権者)潮崎豪 vs 藤田和之(挑戦者)
※第33代選手権者の初防衛戦


[67] fun◇YtKXN/LQ - 2020/02/16(Sun) 23:28 ID:Ekc/Zs8I  [No.110226]
「HIGHER GROUND 2020」
2月16日(日)東京・後楽園ホール
観衆:1197人

試合結果です。

〈第1試合〉タッグマッチ
◯大原はじめ&岡田欣也
7分05秒 ムイビエン
熊野準&諸橋晴也×

〈第2試合〉タッグマッチ
◯モハメド ヨネ&タダスケ
8分01秒 キン肉バスター → 片エビ固め
齋藤彰俊&井上雅央×

〈第3試合〉タッグマッチ
マサ北宮&稲村愛輝×
12分20秒 ハリケーンドライバー → 片エビ固め
関本大介&河上隆一◯

〈第4試合〉シングルマッチ
◯ドラゴン・ベイン
11分19秒 630°ベイン → 体固め
×イホ・デ・カニスルプス

〈第5試合〉6人タッグマッチ
谷口周平&田中稔&宮脇純太×
8分46秒 P.F.S → 片エビ固め
◯拳王&覇王&仁王

〈第6試合〉シングルマッチ
△中嶋勝彦
30分時間切れ引き分け
△鈴木秀樹

〈第7試合〉6人タッグマッチ
小川良成&×鈴木鼓太郎&小峠篤司
13分00秒 横入り式エビ固め
原田大輔&◯HAYATA&YO-HEY

〈第8試合〉×潮崎豪&清宮海斗
20分29秒 レフェリーストップ ※スリーパーホールド
杉浦貴&藤田和之◯


[68] fun◇YtKXN/LQ - 2020/02/16(Sun) 23:29 ID:Ekc/Zs8I  [No.110227]
HAYATAが、肋軟骨損傷のため2・17川崎大会〜2・22島田大会を欠場するそうです。
既発表のカードについて、下記の通り変更。


「R-village PARTY〜BATTLE LIVE SP vol.2〜 supported by PRO-WRESTLING NOAH」
2月17日(月)17:30 クラブチッタ川崎
▼6人タッグマッチ
 潮崎豪&中嶋勝彦&谷口周平vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝
▼タッグマッチ
 杉浦貴&大原はじめvs清宮海斗&小峠篤司
▼シングルマッチ
 ドラゴン・ベインvsイホ・デ・カニスルプス
▼タッグマッチ
 原田大輔&YO-HEYvs覇王&仁王
▼シングルマッチ
 タダスケvs宮脇純太

 
「HIGHER GROUND 2020」
2月19日(水)18:30 新百合トウェンティワンホール
▼タッグマッチ
 杉浦貴&大原はじめvs清宮海斗&田中稔
▼6人タッグマッチ
 小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司vs原田大輔&タダスケ&YO-HEY
▼6人タッグマッチ
 潮崎豪&中嶋勝彦&熊野準vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝
▼タッグマッチ
 覇王&イホ・デ・カニスルプスvs宮脇純太&ドラゴン・ベイン
▼タッグマッチ
 谷口周平&モハメド ヨネvs齋藤彰俊&井上雅央
▼シングルマッチ
 仁王vs岡田欣也

 
2月22日(土)17:00 島田市総合スポーツセンターサブアリーナ
▼6人タッグマッチ
 潮崎豪&中嶋勝彦&モハメド ヨネvs拳王&マサ北宮&稲村愛輝
▼6人タッグマッチ
 小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司vs原田大輔&タダスケ&YO-HEY
▼タッグマッチ
 杉浦貴&岡田欣也vs清宮海斗&谷口周平
▼タッグマッチ
 大原はじめ&NOSAWA論外vs覇王&仁王
▼シングルマッチ
 ドラゴン・ベインvsイホ・デ・カニスルプス
▼タッグマッチ
 齋藤彰俊&井上雅央vs熊野準&宮脇純太



[69] fun◇YtKXN/LQ - 2020/02/16(Sun) 23:29 ID:Ekc/Zs8I  [No.110228]
連続投稿失礼します。

3月8日・横浜文化体育館大会の一部対戦カードが決定。
丸藤が魔流不死(まるふじ)となりムタとタッグコンビ結成し望月&AKIRAと対決、暴走大巨人が初参戦し6人タッグに出場し中嶋&谷口と対決します。

又、マイケル・エルガンの3月8日・横浜文化体育館大会参戦が決定。(カードは未定)

 3・8横浜文体 決定対戦カード

「PRO WRESTLING NOAH 20th ANNIVERSARY NOAH the CHRONICLE vol.2」
3月8日(日) 試合開始16:00〜
神奈川・横浜文化体育館
▼スペシャルタッグマッチ
 グレート・ムタ&魔流不死 vs 望月成晃&AKIRA

 ▼NOAHvsEvolution 6人タッグマッチ
 中嶋勝彦&谷口周平&宮脇純太 vs 諏訪魔&石川修司&岡田裕介

 ▼杉浦軍vs金剛 5vs5イリミネーションマッチ
 桜庭和志&鈴木秀樹&大原はじめ&NOSAWA論外&岡田欣也 vs 拳王&マサ北宮&稲村愛輝&覇王&仁王

【発表済み対戦カード】
▼GHCヘビー級選手権試合
 (第33代選手権者)潮崎豪vs藤田和之(挑戦者)
 ※第33代選手権者の初防衛戦


[70] fun◇YtKXN/LQ - 2020/02/17(Mon) 14:03 ID:LEtZFM9Q  [No.110230]
「HIGHER GROUND 2020」
2月16日(日)東京・後楽園ホール

試合後のコメントです。

第3試合
マサ北宮&稲村愛輝vs関本大介&河上隆一
【試合後の関本&河上】
▼関本「河上、大丈夫?」

▼河上「はい」

▼関本「OK」

▼河上「おい、ノアに稲村を味見しに来てやったのに、なんだ今日、俺にやられてばっかりじゃねえか? 同じブロックだろ? 大したことねえな。稲村、大したことねえよ。次に当たってもどうせ一緒だよ。出るな。デカくて強いヤツなんかいっぱいいるんだよ。舐めんじゃねえよ」

▼関本「稲村、面白いじゃない。俺は面白いと思ったよ。それは書いといてください。お願いします」

 
第6試合
中嶋勝彦vs鈴木秀樹

【試合後の中嶋】
――試合の感想は?

▼中嶋「豪さんの代理としてはいい勝負するだろ? 代わりでしょ、俺は。鈴木秀樹に聞いてくれよ。いい勝負するだろ」

――鈴木選手の発言が腹に据えかねていた部分はあった?

▼中嶋「ついでだからね。当然じゃない? だから、ちゃんとあえて包んであげたでしょ? 見たでしょ? わかった? 俺の愛。わかった? どっち? わかったの?」

――イエス…

▼中嶋「ほら」

――30分でも仕留め切れなかったという事実は残ったが?

▼中嶋「そうね。まあ、いいんじゃない、それはそれで」

――もう1回というポーズも鈴木選手からはあったが?

▼中嶋「ふざけんなよ。向こうのわがままを俺が1回聞いてやったんだよ。なのに、またもう1回っておかしいだろ? かといって、別に俺からの要求はございません。だから、愛に溢れてんだよ」

――実力は当然、感じた?

▼中嶋「まあ、それはね。彼もだてにやってないし。ベタだけど、一発一発の技は本当に重いよ」

――思った以上だった?

▼中嶋「そうね。思っていたというか、何回かタッグで当たっているんで。光るものというか、そういうのは感じていたんで。真面目に答えさせるなよ」

 
【試合後の鈴木】
――30分引き分けに終わったが、シングルマッチで中嶋選手と対戦してどうだった?

▼鈴木「AXISと60分トータルで。タッグでももちろん僕が上がってからずっとベルトを持っているはずなんで、物凄く強い。そして、シングルでも潮崎豪は強くて、パートナーの中嶋勝彦も強かった。いやあ、なんだろう、同じ感じですね、潮崎豪の時と。まあ、結果も同じなんですけど、結果じゃなくて」

――潮崎戦ではタフさ、打たれ強さを感じたと言っていたが、今回は?

▼鈴木「もちろんあのサイズで僕の攻撃あれだけ受けきって。しかも、やっぱり投げられるわけじゃないですか。サイズが小さいから。だから、投げられる時にちょっと外してるんですよ。ツームストンも少し外れて、ドラゴンも角度がちょっと甘かった。ダブルアームも少し。その少しを取れるまではいけなかったですね。惜しい」

――この戦いに次はありそう?

▼鈴木「ここに上がっている限り、彼はそこにいるわけですから、避けて通れない…と言いたいんですけど、現状、私のカードでは当たらないんですよ。その辺、また勝手にまた試合を組むということが必要になるのかなと。交互に責任取ってもらおうかな。あとお客さんの声だと思うので。まだまだノアにも…僕が知らないプロレス界、ノアやいろんな団体を含めて強い選手がいっぱいいて。中島勝彦って凄く強くて、同じ感じもちょっとしたような気がします。性格悪いでしょ、たぶんね? 悪いんですよ。だって、あんなのダメージないじゃないですか。(顔面を蹴る仕草を見せて)腹立つ。まあまあ、僕も大して変わらないですよ。勝てなかったのに言うもんじゃないですね。でも、同じ気持ちで悔しいですよ。川崎と同じように」

――歓声も凄かったし、内容もよかったが?

▼鈴木「僕は歓声を求めちゃダメなんです。勝たないと存在価値がないから。だから、今日は負けたわけじゃないので0じゃないんですけど、僕の中では50\%ですね。守りきられた。かつ、守っただけじゃなくて、攻めきってきた、最後まで。蹴りも本当に久しぶりですね、あの強さを」

――性格の悪さも感じたと?

▼鈴木「それ、みんな知ってますよね? 同じ匂いを感じますね。だから、はぐれAXIZとか、やぶさかではないですね。検討に…。そういうのを考えます」

 
第7試合
小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司vs原田大輔&HAYATA&YO-HEY

【試合後の原田】
――HAYATAの状況が気がかりだが、勝つことはできた

▼原田「勝つには勝ったけどな、安心はでけへん状況やから。でも、俺たちは絶対! ここで終わらへんぞ。ベルトやベルト!」

 
【試合後の小川&鼓太郎&小峠】
――試合では敗れてしまったが?

▼小峠「いや、あんなんで挑戦資格あると思ったら、大間違いやろ? ほとんど試合の半分以上をどっか行っておいて、最後だけあんな勝ち方しておいて、挑戦させてくれはないと思うんで。いやいや、ダメっしょ?」

▼鼓太郎「そもそもあの身体でできるのかって」

▼小峠「あんな身体で出たら…。今日みたいな試合する気? お客さんに失礼やろ」

――小川選手は原田選手にかなり攻め込まれていたが?

▼小川「覚えてない」

――挑戦を受ける気はない?

▼小川「いやでも、この流れではこっちが圧倒しているし、どうだろう?」

▼小峠「いや、ないでしょう」

▼鼓太郎「HAYATAがあんな体調だったら、やるこっちが気を遣うもんね。気を遣いながら試合をするのはイヤだな。やりません」

 
第8試合
潮崎豪&清宮海斗vs杉浦貴&藤田和之

【藤田の話】

「ベルトを粗末しているんだよ、こいつら。だから、俺に負けたんだよ。何度も何度も俺は王者を倒している。なんでかわかるか? こいつ、ベルトをちゃんと保管してねえぞ、この団体は。なあ? ベルトを大事にしろよ。俺からはそれだけだ。それだけだ。ベルト大事にしろよ? クソが」


【試合後の杉浦】
――清宮選手との前哨戦だったが?

▼杉浦「なんだろうね。目が泳いでいるのか、そんなに怖さを感じないね。ビビってんのか、知らないけど、向き合った時に目が泳いでた」

――挑戦者としての勢いは感じなかった?

▼杉浦「もっと欲しいね。潮崎と藤田、挑戦者の藤田は勢いがあるでしょ? あのぐらい来いよ」

――藤田選手とのタッグはどうだった?

▼杉浦「連携はそんなにないけど、強いね。横にいて安心だよ。だいぶ慣れてきたんじゃないの、ノアのリングに」

――4人の中で一番若い挑戦者が一番勢いがないのは問題だと?

▼杉浦「まあ、問題だね。一番元気がないといけないのにね。オジサンのほうが元気だもんね。もっともっと。もう今はチャンピオンじゃないんだからね。もっとガンガン、若手というあれで来てほしいよね」

――ベルトがなくなって自由になったかと思いきや、逆に小さくなっている?

▼杉浦「そうかもね。まあ、今日は藤田と俺が目の前にいて、飲まれちゃったんじゃないの?」



[71] fun◇YtKXN/LQ - 2020/02/17(Mon) 23:44 ID:Leqkl99.  [No.110231]
 50歳で夢の6冠王へ――。ノアのGHCナショナル王者・杉浦貴(49)が、大記録を狙っている。24日の名古屋国際会議場大会では前GHCヘビー級王者・清宮海斗(23)とのV3戦を控え、4月には全日本プロレス春の祭典「チャンピオン・カーニバル(CC)」(同6日、後楽園で開幕)に初出場。ノア勢初の快挙達成から、前人未到の領域に足を踏み入れる…。

 東スポ情報ですが、5月31日で50歳になる杉浦が、意外な事実を口にした。「あのさ、(CC)初出場ってみんな言うけど、俺は全日本に上がること自体が初めてなんだよ。誰も聞いてくれなかったから言わなかったけど」。2000年4月に自衛隊から全日本に入門するも、同年6月に三沢光晴(故人)がノアを設立。わずか2か月の全日本での練習生期間を経て、同年12月にノアマットでデビューした。ちなみに練習生時代に第1子を授かったのは、全日本の長い歴史の中でもこの男しかいない…。

 今年のCCには全18選手が出場。3冠王者の宮原健斗(30)を筆頭に、世界タッグ王者の“暴走大巨人”こと諏訪魔(43)、石川修司(44)ら王道マットを象徴する強豪が集う。それでも杉浦はメンバー表を眺めつつ「名前と顔が一致しないなあ…。まあ優勝するのは俺しかいないけどね。しかも全勝で」と不敵な笑みを浮かべた。

 さらには「優勝したら3冠挑戦権が得られるって? だったら、なお力が入る。俺が初々しい練習生時代に磨いていた憧れのベルトだぜ。優勝して挑戦するころには50歳になってるだろ? 4つの栄冠(CC優勝、3冠王座奪取)を全日本からかっさらい、ノアに戻ってGHCヘビーも奪う。50歳で6冠王か。もう、たまんないね」と歴史的快挙を夢に描いた。

 18年にはノアの天才・丸藤正道がCC初出場優勝から3冠王座に挑戦も、ベルトには届かなかった。また01年には武藤敬司が全日本と新日本プロレスで6冠王の偉業を達成しているが、当時はまだ38歳。全日本とノアを舞台に50歳の6冠王が誕生すれば、今後は更新不可能な大記録となるだろう。

 後楽園大会(16日)では藤田和之(49)と組んでGHC王者の潮ア豪(38)と清宮のコンビを撃破。「清宮は目が泳いで、びびっていた。おじさんたちに押されてんじゃねえよ。負ける要素ないっしょ。よし、カーニバルで待ってろ、本田多聞!」と、なぜかエントリーしていない自衛隊の大先輩の名前を叫び、雨の水道橋に消えた…との事。


[72] fun◇YtKXN/LQ - 2020/02/20(Thu) 06:42 ID:4gDyJwtc  [No.110237]
「HIGHER GROUND 2020」
2月19日(水)神奈川・新百合トウェンティワンホール

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯仁王
8分31秒 片エビ固め ※トランス・レイブ
×岡田欣也

〈第2試合〉タッグマッチ
谷口周平&モハメド ヨネ◯
11分57秒 片エビ固め ※キン肉バスター
齋藤彰俊&井上雅央×

〈第3試合〉タッグマッチ
覇王&イホ・デ・カニスルプス×
12分31秒 片エビ固め ※リバース・フランケンシュタイナー
宮脇純太&ドラゴン・ベイン◯

〈第4試合〉6人タッグマッチ
◯潮崎豪&中嶋勝彦&熊野準
18分14秒 体固め ※豪腕ラリアット
拳王&マサ北宮&稲村愛輝×

〈第5試合〉6人タッグマッチ
小川良成&◯鈴木鼓太郎&小峠篤司
15分07秒 エンドレス・ワルツ
原田大輔&タダスケ&YO-HEY×

〈第6試合〉タッグマッチ
杉浦貴&大原はじめ×
19分11秒 ストレッチプラム式フェイスロック
◯清宮海斗&田中稔



[73] fun◇YtKXN/LQ - 2020/02/21(Fri) 11:57 ID:vi1J.5sM  [No.110238]
「HIGHER GROUND 2020」
2月19日(水)神奈川・新百合トウェンティワンホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第4試合
潮崎豪&中嶋勝彦&熊野準vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝

【試合後の潮崎】
――後楽園では藤田に辛酸を舐めさせられる結果となったが?

▼潮崎「後楽園では俺がやられた結果になりましたけどね、GHCに対する俺の気持ち、藤田戦に対する気持ちは、たかぶるばかりですよ。何も変わらない。水をぶっかけられようが、なんと言われようが、藤田和之を倒す。それに変わりはない」

――強烈だった?

▼潮崎「強烈も強烈だよ。あんなビンタ今まで受けたことないしね。鼓膜は破れるは、目は見えなくなるは、アゴはズレるは……そんなビンタ受けたことないよ。でも、それだけスゲー相手なんだと俺は実感してるし、だからこそ俺がノアを守る気持ち、“俺がノアだ"っていう気持ち、思い入れをもって、必ずこのGHCは渡さない」

――負けたからこそ燃え上がるものがある?

▼潮崎「前哨戦で勝とうが負けようが、3月8日に対する思いは変わらないけど、あの一戦があったから、GHCヘビー級に対する気持ちも、より強いものになったし、負けたことで不安が残るかもしれないけど、あの藤田和之を倒すのはね、プロレスリング・ノアのGHCヘビー級チャンピオン・潮崎豪だってことを証明したいね」

――次の名古屋で最後の前哨戦となるが?

▼潮崎「毎回毎回、ノアのリングに上がるワケではないからね。名古屋のノアファン、潮崎ファンに3月8日、俺が勝つイメージを持ってもらえるように闘います」

――今度こそ名古屋で直接倒す?

▼潮崎「やり返さないとね。やられた借りはやり返すのが俺の流儀なんで」

 
第5試合
小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司vs原田大輔&タダスケ&YO-HEY

【試合後の小川&鼓太郎&小峠】
――HAYATAが欠場したうえに、YO-HEYから3カウントを奪ってボディを痛めつけたが?

▼鼓太郎「まぁ、かかってくるなら『お前のアバラも折っちゃうよ』ってこと。そもそもパートナーが欠場してんだから挑戦しようがないじゃん」

▼小峠「なんでもいいから早く横浜のカード決めてもらいたいです」

――原田も小川選手に挑戦させろと言っているが?

▼小川「俺はこいつら(鼓太郎&小峠)と違って『タイトルマッチやらない』とか、そういうことは一切言ってないし。まぁ、ワンパターンにリーグ戦優勝したら、だいたいベルトに挑戦する。この流れでいったら、フツーに原田が挑戦するんだろうと思って、あえて何も言わなかったけど、あまりにもリーグ戦優勝したのに、まったく何も動かないし、まったく盛り上がってないし。まぁ、多分(原田と)やるでしょう。やると俺は思ってるし。そこで俺からの提案というか。原田が挑戦する条件として、原田が持ってるベルト(IPWジュニア)をあいつが懸けるんだったら、俺もこのベルト(GHCジュニア)懸けてタイトルマッチやります。以上です」

▼鼓太郎「あいつら(HAYATA&YO-HEY)にも何か懸けてもらうか…いや何も持ってないから無理か…」

▼小峠「とりあえず早く決めてください、カード」

 
第6試合
杉浦貴&大原はじめvs清宮海斗&田中稔

【試合後の清宮】
▼清宮「どうですか? 今日は。泳いでましたか? 俺の目は。見据えてたでしょ? あの赤いベルト、そして杉浦さんを。杉浦さんは言いましたよ。『俺はこの先少ない』って。そんな人がベルト持っててどうすんですか!? プロレスリング・ノア。俺はこれからノアを自分の力でもっと高いところへ引き上げて、みんなに明るい景色、新しい景色を見せていきますよ」

――前哨戦で押されていたが、ようやく反撃できた形となったが?

▼清宮「常に進化してるから、うん」

――1試合で20年間を吸収する…というのは並大抵のことではないが…

▼清宮「でも、やらなきゃいけないでしょ!? 誰かがやらなきゃいけないでしょ!? 誰がやるんですか!? 新しい時代、創るの誰なんですか!?」

――自分以外にできる人間も、ふさわしい人間もいないと?

▼清宮「うん。もう何度も杉浦さんとはシングルマッチやってるけどね、もうここに来て、俺が獲らないでどうすんだよ!? 他に誰がノアを引っ張っていくんだ?」

――小川、丸藤、杉浦、潮崎…とノアの歴史を彩ってきたメンバーがことごとくベルトを巻いている状況でもある

▼清宮「だから俺は言ってるでしょ? 吸収するって。長い年月かけて歴史を創ってきた先輩方だから。だからこそ俺は全身で吸収したい。そして俺の景色に変えていく。俺が二十歳の成人式の時、杉浦さんとシングルやって、思いをぶつけた時に言われた言葉を借りるんだったらね……俺は今回の名古屋のGHCナショナル戦で…突き抜けますよ!」



[74] fun◇YtKXN/LQ - 2020/02/23(Sun) 08:17 ID:0/2hWa5Q  [No.110245]
「HIGHER GROUND 2020」
2月22日(土) 静岡・島田市総合スポーツセンターサブアリーナ

試合結果です。

〈第1試合〉タッグマッチ
◯齋藤彰俊&井上雅央
11分26秒 片エビ固め ※スクイルデス
熊野準&宮脇純太×

〈第2試合〉シングルマッチ
×ドラゴン・ベイン
14分03秒 体固め ※カニス・ムーンサルトプレス
◯イホ・デ・カニスルプス

〈第3試合〉タッグマッチ
◯大原はじめ&NOSAWA論外
9分09秒 前方回転エビ固め
×覇王&仁王

〈第4試合〉タッグマッチ
杉浦貴&岡田欣也×
11分39秒 ストレッチプラム式フェイスロック
◯清宮海斗&谷口周平

〈第5試合〉6人タッグマッチ
小川良成&×鈴木鼓太郎&小峠篤司
17分49秒 エビ固め ※スーパー顔面G
原田大輔&タダスケ&YO-HEY◯

〈第6試合〉6人タッグマッチ
◯潮崎豪&中嶋勝彦&モハメド ヨネ
19分29秒 片エビ固め ※豪腕ラリアット
拳王&マサ北宮&稲村愛輝×



[75] fun◇YtKXN/LQ - 2020/02/23(Sun) 23:28 ID:0/2hWa5Q  [No.110247]
「HIGHER GROUND 2020」
2月22日(土) 静岡・島田市総合スポーツセンターサブアリーナ

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第4試合
杉浦貴&岡田欣也vs清宮海斗&谷口周平

【清宮の話】
「あさって! 絶対獲るぞ、俺は! 絶対獲るからな! あさって獲るぞ! あさって獲って、名古屋で新しい景色、絶対見せる」

 
第5試合
小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司vs原田大輔&タダスケ&YO-HEY

【試合後の原田&YO-HEY】
▼YO-HEY「とりあえず今日は、この前のリベンジ。鈴木鼓太郎から取ることができました。しかもや!! かんっっぺきな3カウントやろ? ヤツらは『丸め込みで勝ったくらいでベロベロベロベロベ〜』とかなんとか言っとったけど、今日はがっちりワタクシのスーパー必殺技“乳首×乳首のスーパー顔面Gなんだそれは"で、ワンツースリー、フォー、ファイブくらいまで入っとった。がっちり取ることができました。あとは名古屋で嫁さんが、どうなるか分からんけど、名古屋でも当たるやろ。そこで鈴木コタコと小峠アツエ! あの女子二人を『YO-HEYちゃんお願い〜防衛戦させてえん』ってなくらいにチュッチュワアにさせたるさかいのぉ! 覚悟しとけ同じやぁ! 一人で言ってまった」

――原田選手は小川からIPWジュニアを懸けるなら、GHCジュニア王座戦を受ける…と突きつけられているが?

▼原田「なかなか決まらんかったからね、タイトルマッチも。グローバル・ジュニアリーグを今年優勝して、挑戦できるんかと思ったらできひんし、全然タイトルマッチも決まらへんし、向こうも向こうで全然何も言わんかったし。でも、やっと向こうが口開いたな。このベルト(IPWジュニア)に興味あんのやろ? 俺はいつでも、いつでもや。逃げも隠れもせえへん。小川良成がこのベルトを狙ういうんやったら俺は大歓迎や。GHCジュニアチャンピオン対グローバル・ジュニアリーグ優勝者のタイトルマッチにプラスアルファできたら、それはそれで面白い。俺はいつでも、とことんやってやる!」

【小川の話】

「原田、男だったら絶対逃げんなよ!」

 
第6試合
潮崎豪&中嶋勝彦&モハメド ヨネvs拳王&マサ北宮&稲村愛輝

【試合後の潮崎】
――いよいよノア旗揚げ20周年記念のビッグマッチ2大会を迎えるが?

▼潮崎「各会場のリングで言ってるように、今年のノアを俺色に染め上げる。その言葉に嘘はないし、その言葉を実行するのみ。“俺がノアだ"と言ってるからには、ノアを今以上にもっともっと上げていきたいからだし、俺がノアで、俺がGHCチャンピオン。そのことに誇りと責任を持って、ノアを俺が引っ張っていきます」

――体制変更、20周年イヤー、あらゆる節目を迎えたノアのキーポイントとなりそうな2大会だが、勝つだけではダメ?

▼潮崎「もちろん、勝つことも大事だけど、ノアは誰だ?っていうものを印象付けないと。ノアは潮崎…ってことを見せつけたうえで、このベルト、GHCのベルトを守り抜きますよ」



[76] fun◇YtKXN/LQ - 2020/02/25(Tue) 02:28 ID:eKZ0Gg26  [No.110251]
「PRO WRESTLING NOAH 20th ANNIVERSARY NOAH the CHRONICLE vol.1」
2月24日(月)愛知・名古屋国際会議場イベントホール

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯宮脇純太
6分23秒 腕ひしぎ十字固め
×岡田欣也

〈第2試合〉タッグマッチ
◯モハメド ヨネ&タダスケ
7分46秒 キン肉バスター → 片エビ固め
熊野準&諸橋晴也×

〈第3試合〉シングルマッチ
◯ドラゴン・ベイン
12分55秒 ハイアングル雪崩式フランケンシュタイナー → エビ固め
×イホ・デ・カニスルプス

〈第4試合〉シングルマッチ
◯中嶋勝彦
8分43秒 ヴァーティカルスパイク → 体固め
×稲村愛輝

〈第5試合〉6人タッグマッチ
丸藤正道&◯望月成晃&田中稔
15分07秒 ツイスター → 片エビ固め
桜庭和志&×大原はじめ&NOSAWA論外

〈第6試合〉齋藤彰俊デビュー30周年記念試合
◯齋藤彰俊&越中詩郎&青柳政司&井上雅央
13分20秒 デスブランド → 片エビ固め
拳王&マサ北宮&覇王&仁王×

〈第7試合〉6人タッグマッチ
×小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司
12分24秒 片山ジャーマンスープレックス
◯原田大輔&HAYATA&YO-HEY

〈第8試合〉タッグマッチ
潮崎豪&谷口周平×
16分52秒 グランド卍固め
藤田和之&鈴木秀樹◯

〈第9試合〉GHCナショナル選手権試合 60分1本勝負
◯杉浦貴
29分47秒 雪崩式オリンピック予選スラム → 体固め
×清宮海斗
※初代王者、杉浦貴が3度目の防衛に成功







[77] fun◇YtKXN/LQ - 2020/02/25(Tue) 02:34 ID:eKZ0Gg26  [No.110252]
連続投稿失礼します。

2月24日・名古屋国際会議場大会の結果を受け、3月8日・横浜文化体育館大会追加対戦カードが決定。
ナショナル選手権試合として杉浦vs田中稔、GHCジュニア・ヘビー級選手権試合
小川vs原田大輔、GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権の鈴木鼓太郎&小峠篤司vsHAYATA&YO-HEY、初シングルの清宮海斗vsマイケル・エルガンなどが追加決定。
 

「PRO WRESTLING NOAH 20th ANNIVERSARY NOAH the CHRONICLE vol.2」
3月8日(日) 16:00〜 横浜文化体育館

 【決定対戦カード】
▼GHCナショナル選手権試合
 (初代選手権者)杉浦貴vs田中稔(挑戦者)
 ※初代選手権者の4度目の防衛戦。

 ▼GHCジュニア・ヘビー級選手権試合
 (第41代選手権者)小川良成vs原田大輔(挑戦者)
 ※第41代選手権者の初防衛戦。

 ▼GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合
 (第38代選手権者)鈴木鼓太郎&小峠篤司vsHAYATA&YO-HEY(挑戦者)
 ※第38代選手権者の2度目の防衛戦。

 ▼シングルマッチ
 清宮海斗vsマイケル・エルガン

 ▼シングルマッチ
 ドラゴン・ベインvsイホ・デ・カニスルプス

 ▼6人タッグマッチ
 越中詩郎&齋藤彰俊&井上雅央vsモハメド ヨネ&タダスケ&熊野準

 
【発表済みカード】
▼GHCヘビー級選手権試合
 (第33代選手権者)潮崎豪vs藤田和之(挑戦者)
 ※第33代選手権者の初防衛戦。

▼スペシャルタッグマッチ
 グレート・ムタ&魔流不死vs望月成晃&AKIRA

▼NOAHvsEvolution 6人タッグマッチ
 中嶋勝彦&谷口周平&宮脇純太vs諏訪魔&石川修司&岡田佑介

▼杉浦軍vs金剛 5vs5イリミネーションマッチ
 桜庭和志&鈴木秀樹&大原はじめ&NOSAWA論外&岡田欣也 vs 拳王&マサ北宮&稲村愛輝&覇王&仁王

 



[78] fun◇YtKXN/LQ - 2020/02/25(Tue) 13:51 ID:eKZ0Gg26  [No.110253]
「PRO WRESTLING NOAH 20th ANNIVERSARY NOAH the CHRONICLE vol.1」
2月24日(月)愛知・名古屋国際会議場イベントホール

試合後のコメントです。

第1試合
宮脇純太 vs 岡田欣也

【宮脇の話】
「3月8日、横浜文化体育館! 全日本プロレスとの対抗戦! 石川選手、諏訪魔選手、そして岡田選手! 唯一ジュニアの岡田選手、キャリアの近い岡田選手、タイプも似てる岡田選手にノアのプロレスをしっかり叩き込んで、ノアのプロレスで勝つ! そして対抗戦で勝ち名乗りを受けるのは、谷口さんでも、中嶋さんでも、ましてや全日本の石川さん、諏訪魔さんでもなく、ノアの宮脇純太が勝つからな!」

 
第4試合
中嶋勝彦 vs 稲村愛輝
【試合後の中嶋】
――稲村とシングルでやりあったが?

▼中嶋「稲村愛輝…うん。ノアの“原石"だよ。それだけ」

――続く横浜文体では対全日本に臨む

▼中嶋「ね! 今日もそうだし、横浜でもそうだけど、なんだろな。やっつけ仕事が多いねえ。でも、俺優しいからさ。この限られた、決められたカードのなかで中嶋勝彦を存分に感じてもらえるようにするよ。横浜での対全日本、楽しみだね」

――諏訪魔とも久々に当たるが、どんな思いが?

▼中嶋「思いも何もないよ。ただの同期だよ。2004年デビュー。闘う前に馴れ合いなんていらないでしょ。しかも、ノアとしての大きな大会で当てられてるワケだから。こっちは望んでないよ。でも、ちゃんと! 楽しませるから。意外と俺、仕事できんのよ(笑)」

――全日本も愛で包む?

▼中嶋「それは知らねえ(笑) 最近の全日本には触れてないから。でも、ノアで大きな大会なワケでしょ? そのビッグマッチにこの俺がやるか、やらないか……YESかNOで言ったら………YESだ。楽しみだ」


第5試合
丸藤正道&望月成晃&田中稔vs桜庭和志&大原はじめ&NOSAWA論外

【試合後の丸藤&望月】
▼望月「あれ、田中さんは?」

▼丸藤「田中さんは…」

▼望月「商売に行かれました?(笑) 休憩だから。まあでもね、ダブルヘッダーでね」

▼丸藤「さすがの動きですよ」

▼望月「一番に出てくれて、元気でしたね。まあ、今日、DRAGON GATEは神戸でやってますけど、3月5日の後楽園でGHCタッグも決まったんで、丸藤選手の復帰戦に駆けつけたというところでね。今日も僕的にはもうちょい桜庭さんと絡みたかったですけど、今日は桜庭さんと丸藤選手の…初対決ですか?」

▼丸藤「初対決ですね」

▼望月「そういうのもあり、復帰もありなんで。まあ、最後勝てたんで。丸藤さんのアシストで」

▼丸藤「やっぱりね、今日みたいに俺が1、モッチーさんが9で…俺が1だと、こういう良い結果が生まれるんで。ドラゲーさんでもタイトルマッチが……」

▼望月「でもね、ちゃんと次の防衛戦では最後は丸藤正道が勝つところをうちのファンに見せたい! 不知火を見せたい! ね? わからないけども、そういう風に持っていけるように頑張りたいと思いますんで、よろしくお願いします」

――動いてみて、ヒザの具合はどうだった?

▼丸藤「見ての通りに…ダメか? どうだった?」

――そこまで影響は感じなかったが

▼望月「でも、自分で言っちゃったからね」

▼丸藤「聞かれたからそうなっちゃって」

▼望月「ある意味、どっちか分からなかったけど」

▼丸藤「手術する前より全然いいね。自分的に。本当に試合中に気にしながら試合してたんで。それをしなくていいっていうのは非常にいいし。ヒザを手術して、ちょっと金属も入れてきたんで、俺のヒザはさらに…」

▼望月「これで虎王はやばいですね。一角蹴りとのダブル。あれはたぶん間違いないと思うんでね。ただ、ちょっと今度の相手はデカいんでね。あそこにセットするまでが大変かもしれないですけど。ヒザが決まれば、一撃KOだと思うんで。頑張りたいと思います」

――ノアの横浜文体では、丸藤選手の別の顔なのか、知り合いなのかわからないが、魔流不死という魔界の住人が降臨するが

▼丸藤「今日、控え室に来てたんだよ。今日、カブキさんが来てるでしょ? アドバイスをもらってたね」

▼望月「対戦相手なんだけど、どういうあれが…」

▼丸藤「言っておきます。モッチーさんには…」

▼望月「僕は丸藤選手じゃないと思っているんで。そうなると、防衛戦が3日前なんで、絆とか、そういう問題が出てくるんで。たぶん大丈夫だと思うんですけどね」

▼丸藤「別だと思います。あのね、これはリアルな話なんですけど、丸藤家って実は男4兄弟なんですよ。もう1人いたんだよ。お母さんとお父さんにこの間、言われたんだよ。あなたにはもう1人、実は…って。弟じゃなくて、お兄ちゃんが。それがあいつらしいよ。ま、そういうこっちゃ!」

 
【試合後の桜庭&論外】
▼桜庭「痛え!」

▼論外「久しぶりに熱くなったんじゃないですか、丸ちゃんと」

▼桜庭「ちょっと場外で『ウーロンハイどっち飲めるか勝負しない?』っていう」

▼論外「そっちっすか?(笑)」

▼桜庭「だから、『ウーロンハイどっち飲めるか勝負だ!』ってチョップ合戦したら痛かった…。マジ痛かった。クソ、もっと足狙いたかった」

▼論外「面白いですね、次。2人で望月&丸藤とぜひ近いうちに試合を組んで、またぜひ」

▼桜庭「次はもっと足を狙う」

▼論外「何ならタッグ挑戦してもいいんだぞ。タッグ挑戦だ」

――丸藤選手と肌を合わせてみてどうだった?

▼桜庭「いやもう、痛い。痛い。痛いだけ」

 
第6試合 齋藤彰俊デビュー30周年記念試合
齋藤彰俊&越中詩郎&青柳政司&井上雅央vs拳王&マサ北宮&覇王&仁王

【試合後の齋藤】
▼齋藤「もう気がつけば、あっと言う間の30年というね。だけど、平成維震軍とか、反選手会が生まれた場所もここがキッカケでしたね。そこでね、俺が反選手会同盟を立ち上げて、その時の初期のメンバーたちとこうやって30周年ができることを本当に嬉しく思ってます。俺はノアに20年かな。ちょっと何ヶ月か遅れてですけど。そのノアでいろいろありましたけど、でもこうやって30周年を組んでいただいたことに本当に感謝してます。皆さん、そして選手もね。まあ、反選手会だけども、でも今日は感謝してます。あと、このご時世、それでもみんなノアを見たいと思って現地に集まってくれたお客様方に本当にお礼が言いたいです。ありがとうございます。でも、節目でね、『もしかして、これ、齋藤引退じゃねえか?』って思った人もいるかもしれないですけど、俺はこれがひとつの区切りで、今まで遠慮した部分をここからさらに出して。このぐらいになっても、30年過ぎてもまだ元気だぞってところを見せて、いろんな世の中の人に、『俺もまたできるんじゃないか。私もできるんじゃないか』って思ってもらって、みんながウワーッて気持ちになれば、それがプロレスに対する恩返しかなと思ってます」

――越中選手、青柳館長にカブキさんも参加した。そのメンバーで改めて組んでみてどうだった?

▼齋藤「やっぱり昔あれだけ組んでいたチームで、あれだけ息の長いチームでね。本当にギクシャクしたことはなかったんですよね。だから、本当に連携というか、こっち側がああしてほしいというところをしてくれるし、待っていてほしいという時には待ってくれますし。それから、カブキ師匠もね。わざわざ『俺がヌンチャク振ってやるよ』って。ヌンチャクだけじゃなくて、試合で毒霧も吹いてくれたんで。本当に感謝してます。だけど、ひとつね。俺は30周年だって言いましたけど、ほとんどの先輩たちがそれ以上やってるんで(笑) あれ、俺はまだまだだなって。ちょっと薄れたかなってところはありましたけど、でも本当に諸先輩方を見習って、まだまだまだまだ頑張っていきたいと思ってます」

 



[79] fun◇YtKXN/LQ - 2020/02/25(Tue) 13:51 ID:eKZ0Gg26  [No.110254]
連続投稿失礼します。

「PRO WRESTLING NOAH 20th ANNIVERSARY NOAH the CHRONICLE vol.1」
2月24日(月)愛知・名古屋国際会議場イベントホール

試合後のコメントです。

第7試合
小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司vs原田大輔&HAYATA&YO-HEY

【試合後の原田&YO-HEY】
▼原田「小川良成から3つ取ったぞ。これで決まりやろ? 3月8日、横浜大会、絶対に俺があいつからGHCジュニアのベルトを取り返すぞ」

――HAYATA選手と組んでみてどうだった?

▼YO-HEY「見ての通りや。見ての通り、HAYATA。見てみい? ここに右乳首があります。こっちにも左乳首があります。これ以上、何を言ってベラベラベラベラ。妖怪人間ですか?」

▼原田「大丈夫や、もう。今日の試合でも攻められたけど、最後は俺たちが勝ってる。それが何よりの証拠や。ガッチリ1、2、3取ったぞ。俺は小川良成をジャーマンで大の字にさせた」

▼YO-HEY「HAYATAは鈴木鼓太郎をヘデックで大の字にさせた。おいらは小峠篤司をスーパー顔面Gで…大の字にさせました。それだけでもう充分でしょ? ねえ? ねえ? ねえ!?」

――改めてベルトへの思いは?

▼原田「やっぱりね、GHCジュニアは凄い歴史のあるベルト。ノアは今年20周年で、GHCジュニアのベルトもそれに近い歴史がある。今までいろんなレスラーが巻いて、いろんなレスラーが憧れたあのベルト。やっぱり凄い歴史のあるベルト。俺はね、そのベルトをやっぱり大事にしたい。この間の島田で、このIPWとダブルでやったるって言ったけど、それは撤回させてもらう。やっぱりあのベルトをそんな軽くはできない。あのベルトを他のものと一緒に混ぜるってことは、俺はちょっと…。あのあと、凄い反省して、これはやってはいけないことだなと思ったんで。俺はこのIPWは懸けない。あいつが…小川良成が何か言うかもしれんけど、俺はやっぱり歴史のあるGHCジュニアのベルトを大事にしたいから、今回は横浜文体、一本に絞りたい。GHCジュニアのベルトに集中したいと思います。横浜が終わったら、俺たちのもとにGHCのベルト全部来てる。横浜が終わったら、もう1回RATEL'Sでノアジュニアの頂上を締めたいと思います。以上です。ありがとうございました」

 
【試合後の小川&鼓太郎&小峠】
――RATEL'Sからああいう発言があったが?

▼小川「いや、俺はこいつらと違って、受けないとは一言も言ってないんで。これで横浜でダブルタイトルマッチ。横浜で勝って、二冠になります」

▼鼓太郎「ここまでやる覚悟があるんだったら、まあ、しょうがないかな。やってやるけど。でも、覚悟しとけよ。横浜文体で泣かしてやるからな」

▼小峠「鼓太郎さんがおっしゃった通りなんで。知らんぞっていう。HAYATA、本当に壊れちゃうから。あいつのプロレスキャリアを奪っちゃったらごめんねって感じですね」

――二冠戦を承諾していた原田だが、やはりGHCジュニア1本に絞りたいと撤回したが?

▼小川「撤回ってなんだよ? お前、男だろ? 承諾してんだから、今さら逃げんなよ」

 
第8試合
潮崎豪&谷口周平vs藤田和之&鈴木秀樹

【試合後の藤田&鈴木】
▼藤田「言うことないよ」

▼鈴木「あるでしょ? タイトルマッチやるんですから」

▼藤田「獲りゃいいんだろ? 相手のベルトを」

▼鈴木「獲ればいいですけど。もう今日で最後ですか?」

▼藤田「3月8日、横浜! 俺がベルトを獲る!! わかったか!?」

※藤田が去っていくと

▼鈴木「最後に終わってから攻撃するのはよくないですね。ずるい。卑怯ものですね」


【試合後の潮崎】
――藤田との最後の前哨戦となったが?

▼潮崎「前にも言ったけど、前哨戦でもタイトルマッチだと思って藤田和之と闘ってきたから。さっきも言ったけど、最強の外敵。あんな外敵いないでしょ。GHCのベルトを懸けて3・8の横浜文体で…勝負だ!」

――最強の外敵だからこそ倒しがいがある?

▼潮崎「ラリアット2発打ち込んだ。それでも倒れない。あんな外敵いるかよ。今までやったことがないような、誰もやらないような相手。だからこそGHCのベルトを懸けて闘う意味がある。誰にも渡さない」

――もう言葉はいらない?

▼潮崎「これ以上何があるんだ。もう後は“やるか、やられるか"。それだけだ」

 
第9試合 GHCナショナル選手権試合
杉浦貴vs清宮海斗

【試合後の杉浦】
――タイトル防衛に成功したが?

▼杉浦「清宮はベルトを1年持ってて、だいぶ違ったよね。俺からベルトを奪った時から1年守って、一回り、一つの上のステージにレスラーとして上がったのかなという。なんか違うね」

――今日は対等に戦っているように見えたが?

▼杉浦「そうだね。もうなんか普通の若手じゃないよ。とにかく1年で頑張ったのか、全然違うよ。結構(防衛戦を)やっちゃってるよね? 潮崎よりもいいペースで防衛しているし、タイトルマッチやってるし。全日本のチャンピオン・カーニバルに上がるというので、全日本のヤツでもケンカ売ってくるかなと思ったら、別になんもしに来ねえし。どうしようかね? 俺は誰でもいいんだけどね」

※ここで稔が姿を現す

▼稔「杉浦さん。その赤いベルトにスゲエ興味あります。そのベルトがもし無差別級のベルトだって言うんだったら、俺の挑戦を受けてくれないですか?」

▼杉浦「面白いねえ。ヘビーで3回やったから、ちょっと違う形を見せたいと思ってたんで。そういうのを思ってたんで。ぜひ、ぜひ。場所はどこでも」

▼稔「お願いします」

▼杉浦「やりましょう」

※稔が去っていくと

▼杉浦「いや、まさかヘビー級が来ると思ったら、ちょっと違った相手で楽しみだね」

――稔選手の印象は?

▼杉浦「上手いって印象かな。あと、40代のわりには若いよね。コンディションもいいし」

――もう決まりということで?

▼杉浦「俺はもういいから、あとは会社がどう言うかだけで。会社の発表を待つだけで。いいんじゃない? ちょっと違う形もいいでしょ? 変化を見せて。このベルトだからね。いいと思うよ」



[80] fun◇YtKXN/LQ - 2020/02/27(Thu) 23:52 ID:uxvsfX9w  [No.110260]
現在発生している新型コロナウイルスの感染症拡大の防止のため、3月8日(日)に開催を予定していた横浜文化体育館大会を延期することになったそうです。

代替日程については、近日中に改めて日時が決まり次第、ウェブサイト等でお知らせの予定との事。

また、3月8日横浜大会前日に開催を予定していたイベントは中止との事。

チケットの払い戻し等に関しても代替日程のお知らせの際、ご案内する予定との事。

3月15日・東京芸術センターホワイトスタジオにて開催を予定していたNOAH the DREAM 2020に関しても、ファンの皆様と選手との交流を主な目的としたイベントになる為、感染拡大の防止の観点から、中止になるそうです。
こちらのチケットについては、全て払い戻し対応を行うとの事。

(チケットの払い戻し等に関しては、公式HPでよろしくお願いします。)


[81] fun◇YtKXN/LQ - 2020/03/01(Sun) 23:50 ID:  [No.110269]
ZERO1
ZERO1旗揚げ19周年記念大会
3月1日(日)  後楽園ホール

参戦試合の結果です。

第1試合
タッグマッチ30分1本勝負
△田中 将斗&杉浦貴
30分00秒 時間切れ引き分け
△関本大介&岡林裕二


[82] fun◇YtKXN/LQ - 2020/03/02(Mon) 23:46 ID:  [No.110272]
新型コロナウイルスの感染症拡大の防止のため、当初、3月8日(日)横浜文化体育館大会の開催を延期、代替日程を検討していたそうでしたが、関係各所との協議・調整の結果、代替日程の都合がつかなかったため、本大会を中止との事。

同大会中止に伴いチケットは全て払い戻しになるそうです。

払い戻し方法については、公式HPにて追ってお知らせとの事。

 3月8日・横浜文化体育館大会にて予定していたGHC4大選手権は、3月29日・後楽園ホール大会にて開催。
3月29日・後楽園ホール大会は、4大選手権のみの全4試合となるそうです。


尚、横浜文化体育館大会の中止に伴い、3月27日・横浜ラジアントホール大会より開幕を予定していた「GLOBAL TAG LEAGUE 2020」について、下記の通り変更。

■「GLOBAL TAG LEAGUE 2020」の開幕戦を4月4日・エディオンアリーナ大阪第2競技場大会に変更いたします。優勝決定戦は予定通り、4月18日・後楽園ホール大会にて行うとの事。

 ■「GLOBAL TAG LEAGUE 2020」の開幕戦の日程変更に伴い、

3月27日・横浜ラジアントホール大会

3月28日・霞ヶ浦文化体育会館(水郷体育館)大会

3月29日・後楽園ホール大会

上記3大会でのGLOBAL TAG LEAGUE 2020公式戦は無いそうです。

 





[掲示板へ戻る] [前100] [最新50]
処理 記事No パスワード

お名前
E-mail
コメント
URL
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色