[掲示板へ戻る]

ノア2019,10月〜12月「NOAH the BEST 2019〜美学のある闘い〜」スレ

[1] fun◇YtKXN/LQ - 2019/09/21(Sat) 07:58 ID:vi1J.5sM  [No.109876]
「PREMIUM PRELUDE 2019」
10月03日(木)18:30 後楽園ホール

10月09日(水)18:30 栃木・小山市立文化センター小ホール

10月11日(金)18:30 神奈川・横浜ラジアントホール

10月13日(日)17:00 兵庫・神戸サンボーホール

10月14日(月)15:00 石川・金沢流通会館

10月20日(日)11:30 後楽園ホール

10月22日(火)17:00 静岡・アクトシティ浜松

「NOAH the BEST 2019〜美学のある闘い〜」
11月02日(土)17:00 東京・両国国技館

「STARTING OVER 2019」
11月09日(土)17:30 エディオンアリーナ大阪第2競技場

11月10日(日)16:00 愛媛・テクスポート今治

11月11日(月)18:30 広島・広島産業会館 西展示場

11月13日(水)18:30 福島・会津若松市文化センター

11月16日(土)18:30 後楽園ホール

RATEL'S興行第2弾
11月24日 (日)12:00 新木場1stRING

11月26日 (火)18:30 新潟・新潟市体育館


12月大会
12月03日(火)18:30 後楽園ホール

12月05日(木)18:30 仙台PIT

12月06日(金)18:30 山形国際交流プラザ(山形ビッグウイング展示場2)

12月07日(土)17:00 八戸シーガルビューホテル体育館

12月08日(日)15:00 むつグランドホテル

12月10日(火)18:30 盛岡体育館

12月11日(水)18:30 秋田テルサ

12月12日(木)18:30 青森県下予定

金剛主催興行
12月14日(土)18:00 新木場1stRING

12月22日(日)17:00 沼津・キラメッセぬまづ

杉浦軍興行
12月27日(金)18:30 後楽園ホール

 



[2] fun◇YtKXN/LQ - 2019/09/21(Sat) 08:09 ID:vi1J.5sM  [No.109877]
ノアの19年10月〜12月のスレッドです。
よかったら活用してください。


9月16日の大阪大会後、藤田和之より「もっと骨のある奴を出せ」というコメントがあり、10月3日・後楽園ホールにおいて下記の対戦カードが決定。
 
「PREMIUM PRELUDE 2019」
10月3日(木) 試合開始18:30 後楽園ホール

 ▼タッグマッチ
 杉浦貴&藤田和之vs谷口周平&熊野準

 <発表済み対戦カード>
▼6人タッグマッチ
 清宮海斗&中嶋勝彦&潮崎豪 vs 拳王&マサ北宮&稲村愛輝

▼GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合
 9/23山梨大会の勝者 vs 原田大輔&タダスケ

 





[3] fun◇YtKXN/LQ - 2019/09/21(Sat) 08:10 ID:vi1J.5sM  [No.109878]
11月2日・両国国技館におきまして下記の対戦カードが決定。
GHC2大選手権試合に加えて、丸藤がグレートムタと初対決します。
 
「NOAH the BEST 2019〜美学のある闘い〜」
11月2日(土) 試合開始17:00 両国国技館

 ▼スペシャルシングルマッチ
丸藤正道 vs グレート・ムタ

 <発表済みカード>
▼GHCヘビー級選手権試合
(第32代選手権者)清宮海斗 vs 拳王(挑戦者/N-1 VICTORY 2019優勝者)
※第32代選手権者の6度目の防衛戦。

 ▼GHCジュニア・ヘビー級選手権試合
(第40代選手権者)HAYATA vs YO-HEY(挑戦者)
※第40代選手権者の2度目の防衛戦。

 
20日、都内にて両国大会のカード発表会見が行われ、丸藤正道と武藤敬司が出席。

会見の模様は下記の通り。

▼丸藤「両国大会、グレート・ムタ選手とシングルマッチが決まりました。この前のN-1リーグ戦は全敗に終わりましたけど、埋もれてはいけないという思いもあり、22年目のキャリアにして、いろんな選手とやってきたなかで、どうしても触れてみたい。その選手がグレート・ムタ。うれしいです。全力で両国に向かっていきます」

▼武藤「グレート・ムタの代理人の武藤敬司です。魔界には団体と団体の隔たりとかはないなかで、初めてグレート・ムタはノアに上がるんだよな? きっと。グレート・ムタ、ひじょうに気合が入ってると思います。グレートムタは『当日は丸藤の血がみたい』と。G+とかで流すのかな? もしかしたら、最初からモザイクをかけて収録したほうがいいんじゃないか…と言っておいてください」

――ムタに触れてみたいと思った経緯を改めて?

▼丸藤「ここに来て急にグレート・ムタという選手に触れたいと思ったワケではなくて、プロレス界に入った時からいつか触れてみたい。そんな選手の一人でした。俺の実家に帰れば『グレート・ムタ スペシャル』のVHSボリューム1、ボリューム2のビデオもあるくらいですから。それくらい自分のなかで大きな存在で、なかなか触れることもできる選手も少ない存在だとも思うんで、今回ひじょうに光栄な気持ちとともに、化けの皮をはいでやりたいなと思っています」

――ムタからは『血が見たい』というメッセージもあった

▼丸藤「キャリア22年のなかで自分が流血をしたって記憶が1回、2回くらいしか無いんで、そこはしたくないな…と思いますんで、グレート・ムタには遠慮してもらうように武藤さんに伝えてもらうかなと思います」

――ノアがムタが交わることによって、武藤選手の目から見てどんな化学反応がありそう?

▼武藤「化学反応なんか考えないで、たぶんグレート・ムタさんはゴーイング・マイ・ウェイで行くと思います」

――憧れていたムタと戦える喜びが強いのか、それともレスラーとしての存在感で勝負をしてみたいのか?

▼丸藤「いやぁ全部ですね。全部。今、全部で勝ちたいとか、全部で超えてみたいとか思える相手っていうのは、自分のなかでも、なかなかいないので。自分とグレート・ムタっていう存在がリング上で向かい合っただけで、今からすげーワクワクしてます」

――普段どおりの丸藤正道でいくのか、それとも何か特別なことを考えている?

▼丸藤「おそらくシングルマッチをグレート・ムタとやるのは、これが最初で最後になるんじゃないかと思うんで、良い意味で自分に心残りがない試合がしたいと考えているなかで…当日まで、それが試合なのか、なにかの技なのかは分かりませんけど、“プロレス頭"をフル回転させてやっていきたいなと。グレート・ムタの、武藤さんの想像を超えられるようなものを考えたいなと思っています」

――それを受けて武藤選手は?

▼武藤「グレート・ムタはきっと“良い試合"とかどうとか関係ないんじゃないかな。もしかしたらワンマンショーで終わる可能性もあるし、そこに存在すれば、それだけで良いんじゃないかな…ってそれくらいの感覚でいると思います」

――丸藤の印象を改めて?

▼武藤「代理人の武藤敬司の話ですけど、俺もちょっとした肩書で“天才"と言われてた時期もあったりして。彼も“天才"と言われてるなかで、戦ったり組んだりしてみて、まさしくその言葉がふさわしいレスラーであるなと思います」

▼丸藤「こればっかりは…素直にうれしいです」

 




[4] fun◇YtKXN/LQ - 2019/09/21(Sat) 08:10 ID:vi1J.5sM  [No.109879]
20日の会見にてGHCヘビー級ベルトがリニューアルされることが発表されました。

2001年のベルト創設以来、数々の激闘の歴史が刻み込まれた初代ベルトに代わり、11月2日・両国大会で行われるGHCヘビー級選手権試合の勝者が新しいベルトを巻くこととなる。

会見での武田社長のコメントは下記の通り。

お忙しい中、プロレスリング・ノア会見にお越しいただきましてありがとうございます。

11月2日・両国国技館大会にて行われるGHCヘビー級選手権試合の調印式に先立ち、両国大会よりGHCヘビー級ベルトをリニューアルすることをお知らせさせていただきます。

初代同様今回もレジーパークス製のベルトです。

ベルト創設時の2001年からノアにおいて最も歴史のあるベルトを今回のタイミングでリニューアルする経緯ですが、来年の8月にプロレスリング・ノアは20周年を迎える中、清宮海斗がGHC王者となり、全社一丸となって新しい時代を作り上げようとしております。

そして、新たな歴史、新しいNOAHを見せていくという意味を込めております。

初代ベルトはこれまでにも修繕など施して使用しておりました。長い歴史を築き上げてきたベルトには敬意を込めて、大切にこれからも保管して参りたいと思っております。

清宮選手が現在のベルトを巻く最後のチャンピオンとなり、11・2両国の勝者が新しいベルトを最初に巻くチャンピオンとなります。

 



[5] fun◇YtKXN/LQ - 2019/09/21(Sat) 08:12 ID:vi1J.5sM  [No.109880]
連続投稿失礼します。

東京都内にて11月2日・両国国技館大会にて行われるGHCヘビー級選手権試合 清宮海斗vs拳王戦の調印式が行われました。

調印式の模様です。

――王座戦に向けた意気込みを?

▼拳王「去年の12月から清宮がGHCチャンピオンになって、なんだかな…。GHC戦線にまったく刺激がなくなってきたなと俺は思ってる。ノア、これからさらに進化が必要なのに、刺激のないGHC戦線? そんなもん、もう見たくねえだろ? 俺がこの刺激のないチャンピオンから両国でベルトを奪い、プロレスリング・ノアのGHC戦線に刺激を、そして感動を与えられるチャンピオンに俺が、必ずなりたいと思う」

▼清宮「11月2日、両国大会。これはこれからのノアが大きく飛躍するために、重要な大会なので、必ず俺が勝って、新しい景色をみせます。これ以上ない刺激のある大会にしてみせます。応援よろしくお願いします」

――ベルトが新調されたことについて?

▼清宮「やっぱり自分はGHCチャンピオンとして、今まで守ってきたこの(現状の)ベルトに思い入れがありますし、数々の選手が巻いてきた選手が巻いてきたベルトなので、いろんな人の思いが詰まってると思います。でも、この新しいベルトにだって、いろいろな人の思いが詰まってると思うので、ベルトを防衛することによって、GHCのベルトの“意思"っていうのを新しいベルトに受け継ぎたいなと思います」

▼拳王「この新しいベルトに思いが詰まってる? それはこのベルトを作った会社…いや、親会社のリデット・エンターテインメントが清宮に任せたいがために作ったベルトだと俺は感じてるんだ。だが、そうはさせないぞ。俺がこの新しいベルトを巻いて、プロレスリング・ノアを俺の色に染めてやるよ」

――新ベルトを見ての感想を

▼清宮「ホントに凄い立派なベルトなので、このベルトがしっかり似合うようなレスラーとして、自分も一緒に成長していきたいなと思います」

▼拳王「清宮に巻いてもらいたいがために作ったこの高そうなベルト…。いいよなあ? カネをかけて清宮海斗に任せたいと思っているリデット・エンターテインメント。俺はな、こいつ(清宮)を11月2日の両国で倒すからな。お前らの思い通りにはいかないからな」

――拳王選手は両国に向けてベルト奪取のみならず“超満員"という目標も掲げているが、あと1ヶ月以上、どうやって戦っていく?

▼拳王「まず今の時点でのプロレスラーとしてのステータス。俺はN-1 VICTORY、苦しいリーグ戦。勝ち上がって、そして優勝戦を勝ったんだよ。こんなな『N-1負けるのが怖いから出ません』。そんなチャンピオンより、今の俺の実力は必ず俺のほうが上だと思ってる。この勢いをあと1ヶ月、溜めて、このままいって、俺が両国…こいつを倒すところを超満員の客のクソヤローどもに見せてやりたいなと思ってる」

――新生ノア立ち上げから組んだり戦ったり因縁のあった拳王選手がN-1を勝ち上がり、年間最大の舞台で対峙することになったことについて?

▼清宮「大阪で『いろいろあったけど』っていう言葉を使いましたけど、本当に拳王とは…僕が背中を追いかけるところからスタートして、今では『こいつにだけは絶対負けたくねえ』っていう存在なので。本当にたくさんの思い入れがありますし、幾度となく戦ってきてるので、『こいつだけには負けたくない』っていう他にはない気持ちがある選手。しっかりライバル視っていうものを最大限に発揮して倒したいなと思っています」

――相手の海外遠征前から戦ったり組んだりしてきた清宮というのは改めてどんな存在?

▼拳王「いやぁ、今、言ったとおりプロレスって、ストーリー、物語。ホントに面白いよな? こいつが海外に行く前にシングルマッチやった。こいつが海外から帰ってきて一発目、俺とシングルマッチをやった。本当にプロレスって面白いよな? そういう物語、ストーリー。闘いだけじゃない、そういう部分で見ても本当に面白いと思う。海外に行く前も帰ってきてからもシングルマッチをやった…その頃は本当に心の綺麗な22歳でした。だけど今の清宮海斗を見てみろよ。『清宮さん、清宮さん』ってリデット・エンターテインメントに持ち上げられて、今はなんか曲がって育ってる感じがするよな? まずは“人間"清宮海斗をもっとまっすぐな人間にするために、11月2日、俺がその辺を分からせてやりたいなと思ってる」

――何か反論があれば?

▼清宮「もうそんな母親みたいな目線の言葉にはうんざりですね。俺はイチ選手として必ず倒すんで」

――N-1不参加を選択したことで得られた経験は?

▼清宮「リーグ戦でないのは自分で決めたことですから。リーグ戦に出た選手より、どうやったら経験を積めるのか考えて戦ってきたので、そこで得たのは僕にしかないものだと思いますし、N-1を外から見えたというのもプラスに働いたと思っているので、とても良い経験ができてるなと感じています」

――『清宮には刺激がない』と言っていたが、改めて王者・清宮海斗への評価は?

▼拳王「まずは“自己プロデュース"ができてないと思うよな。やっぱりリデット・エンターテインメントのプロデュース。自己プロデュース能力がまったくないんだよ。だから自分で自分の感情で行くことができない。だから刺激が生まれないんだよ。俺がこいつの本当の感情を11月2日に出させせてやろうと思ってる」

――本来の清宮海斗とは?

▼拳王「さっきも言ったとおり、心の真っ直ぐで熱い人間だと2年前は思ってた。でもその熱さって部分がなくなって、なんだか無難なところ、無難なところに身を置くようになってきたなと思ってるよ」



[6] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/04(Fri) 00:51 ID:  [No.109897]
11・2両国大会に2015年12月以来となるスペル・クレイジーと今年3月の横浜文化体育館大会以来となるエディ・エドワーズの参戦が決定し、6人タッグマッチに出場。

また、両国大会のオープニングマッチは、ノア旗揚げ当時からノアマットで活躍してきた4選手によるタッグマッチ『NOAH the CLASSIC』に決定。
レフェリーはマイティ井上レフェリーが行うとの事。

そして、11月2日・両国国技館大会へマイケル・エルガン選手の初参戦が決定。
ノア初参戦となるマイケル・エルガンは杉浦貴と一騎打ち。

この両国大会から新設される『GHCナショナル選手権』の初代王者の座をかけて雌雄を決する。

 

NOAH the BEST 2019〜美学のある闘い〜
11月2日(土) 試合開始17:00 両国国技館

▼オープニングマッチ『NOAH the CLASSIC』
 本田多聞&百田光雄 vs 齋藤彰俊&井上雅央

▼6人タッグマッチ
エディ・エドワーズ&小峠篤司&クリス・リッジウェイvs望月成晃&田中稔&スペル・クレイジー

▼GHCナショナル選手権初代王者決定戦
杉浦貴vsマイケル・エルガン

 <発表済み対戦カード>
▼GHCヘビー級選手権試合
(第32代選手権者)清宮海斗 vs 拳王(挑戦者/N-1 VICTORY2019 優勝者)
第32代選手権者の6度目の防衛戦。

▼GHCジュニア・ヘビー級選手権
(第40代選手権者)HAYATA vs YO-HEY(挑戦者)
※第40代選手権者の2度目の防衛戦。

▼スペシャルシングルマッチ
 丸藤正道 vs グレート・ムタ



[7] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/04(Fri) 00:52 ID:  [No.109898]
11月2日・両国国技館大会にてGHCタッグ選手権、GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権の開催が決定。
また、藤田和之、桜庭和志の参戦が決定。藤田は谷口とシングルで対戦、桜庭は12人タッグマッチに出場します。
 

NOAH the BEST 2019〜美学のある闘い〜
2019年11月2日(土) 試合開始17:00 両国国技館

▼シングルマッチ
谷口周平vs藤田和之 

▼12人タッグマッチ
モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム&Hi69&熊野準&宮脇純太&ソニコvs桜庭和志&KAZMA SAKAMOTO&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.&大原はじめ& NOSAWA論外&岡田欣也

▼GHCタッグ選手権試合
(第51代選手権者)中嶋勝彦&潮崎豪 vs マサ北宮&稲村愛輝(挑戦者)
※第51代選手権者の3度目の防衛戦。

 ▼GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合
(第36代選手権者)小川良成&鈴木鼓太郎 vs 原田大輔&タダスケ(挑戦者)
※第36代選手権者の6度目の防衛戦。


また、10・20後楽園大会&10・22浜松大会&11・2両国大会の全対戦カードが決定。
 「PREMIUM PRELUDE 2019」
10月20日(日)後楽園ホール
▼6人タッグマッチ
 清宮海斗&中嶋勝彦&熊野準vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝

▼タッグマッチ
 潮崎豪&谷口周平vs杉浦貴&藤田和之

▼8人タッグマッチ
 小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司&クリス・リッジウェイvsHAYATA&原田大輔&タダスケ&YO-HEY

▼6人タッグマッチ
 KAZMA SAKAMOTO&大原はじめ&岡田欣也vsクワイエット・ストーム&田中稔&ソニコ

▼シングルマッチ
 Hi69vs宮脇純太

▼タッグマッチ
 齋藤彰俊&井上雅央vsモハメド ヨネ&ロッキー川村

 
10月22日(祝・火)アクトシティ浜松
▼6人タッツマッチ
 清宮海斗&中嶋勝彦&潮崎豪vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝

▼6人タッグマッチ
 杉浦貴&KAZMA SAKAMOTO&大原はじめvs谷口周平&越中詩郎&熊野準

▼8人タッグマッチ
 小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司&クリス・リッジウェイvsHAYATA&原田大輔&タダスケ&YO-HEY

▼タッグマッチ
 モハメド ヨネ&クワイエット・ストームvs齋藤彰俊&井上雅央

▼タッグマッチ
 Hi69&田中稔vs NOSAWA論外&岡田欣也

▼シングルマッチ
 宮脇純太vsソニコ

 

NOAH the BEST 2019〜美学のある闘い〜
11月2日(土)両国国技館

▼GHCヘビー級選手権試合
(第32代選手権者)清宮海斗 vs 拳王(挑戦者/N-1 VICTORY2019 優勝者)

▼GHCナショナル選手権初代王者決定戦
杉浦貴vsマイケル・エルガン

▼スペシャルシングルマッチ
丸藤正道 vs グレート・ムタ

 ▼GHCタッグ選手権試合
(第51代選手権者)中嶋勝彦&潮崎豪 vs マサ北宮&稲村愛輝(挑戦者)

 ▼GHCジュニア・ヘビー級選手権試合
(第40代選手権者)HAYATA vs YO-HEY(挑戦者)

▼GHCタッグ選手権試合
(第36代選手権者)小川良成&鈴木鼓太郎 vs 原田大輔&タダスケ(挑戦者)

▼シングルマッチ
谷口周平vs藤田和之

▼6人タッグマッチ
エディ・エドワーズ&小峠篤司&クリス・リッジウェイvs望月成晃&田中稔&スペル・クレイジー

▼12人タッグマッチ
モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム&Hi69&熊野準&宮脇純太&ソニコvs桜庭和志&KAZMA SAKAMOTO&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.&大原はじめ& NOSAWA論外&岡田欣也

▼オープニングマッチ『NOAH the CLASSIC』
 本田多聞&百田光雄 vs 齋藤彰俊&井上雅央



[8] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/04(Fri) 00:53 ID:  [No.109899]
約1年5ヶ月振りとなるRATEL'S興行の開催が決定。この日ならではの対戦カードが実現かも…

RATEL'S興行第2弾
11月24日(日) 試合開始12:00
新木場1stRING


また、10・3後楽園ホール大会のビジョンにて下記のメッセージが流れ、金剛主催興行の開催を発表。

 ファンの皆様をもう一度あの場所へ連れて行くと宣言している拳王選手。

あの場所に行く前にこの場所を金剛の力で満員にして下さい。キャパ350人超満員札止めに出来ればあの場所の申請申し込みにチャンレンジ致します。

尚、超満員札止めにならなかった場合は、金剛解散、拳王選手退団になるとの事。

リデットエンターテインメントよりファンの皆様へ 是非、金剛の応援をよろしく
との事。

金剛主催興行
12月14日(土) 試合開始18:00
新木場1stRING


そして、2019年最終興行となる後楽園ホール大会は『杉浦軍興行』として開催されることが決定。

杉浦選手の活躍、杉浦軍Tシャツ(豆柴)・杉浦軍ハンドタオルの大ヒットなど、数々の話題があった杉浦軍の今年の活動の総決算として期待されます。

杉浦軍興行
12月27日(金) 試合開始18:30
後楽園ホール


[9] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/04(Fri) 00:54 ID:  [No.109900]
連続投稿失礼します。

「PREMIUM PRELUDE 2019」
10月03日(木) 後楽園ホール

試合結果です。

〈第1試合〉タッグマッチ
◯齋藤彰俊&井上雅央
10分24秒 片エビ固め ※スイクルデス
×宮脇純太&ソニコ

〈第2試合〉6人タッグマッチ
KAZMA SAKAMOTO&大原はじめ&岡田欣也×
8分39秒 片エビ固め ※50cm腕ラリアット
モハメド ヨネ&◯クワイエット・ストーム&ロッキー川村

〈第3試合〉タッグマッチ
小峠篤司&クリス・リッジウェイ×
10分17秒 エビ固め ※顔面G
HAYATA&YO-HEY◯

〈第4試合〉タッグマッチ
丸藤正道&望月成晃◯
14分36秒 エビ固め ※裏ツイスター
×Hi69&田中稔

〈第5試合〉GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合
△小川良成&鈴木鼓太郎
14分01秒 両者リングアウト
△原田大輔&タダスケ
※王者組が5度目の防衛に成功

〈第6試合〉タッグマッチ
杉浦貴&藤田和之◯
17分17秒 レフェリーストップ ※スリーパーホールド
谷口周平&熊野準×

〈第7試合〉6人タッグマッチ
清宮海斗&×中嶋勝彦&潮崎豪
22分57秒 エビ固め ※サイトースープレックス
拳王&◯マサ北宮&稲村愛輝




[10] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/05(Sat) 02:19 ID:  [No.109901]
「PREMIUM PRELUDE 2019」
10月03日(木) 後楽園ホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第3試合 タッグマッチ
小峠篤司&クリス・リッジウェイvsHAYATA&YO-HEY

【試合後のYO-HEY】
※HAYATAと並んでコメントブースに現れる

――最後はワンチャンスをものにした

▼YO-HEY「ちょっと歯が折れたんで、座らせてもらってもいいですか。歯が折れました。たぶん折れましたね。やっぱりクリス・リッジウェイ、そして新しくスティンガーに入った小峠革命マントスプラッシュ篤司センター。敵は敵やけど、凄い強かったし、刺激的やったんだけど、今はスティンガーがどうこうじゃないから」

※ここでHAYATAが去っていく

――HAYATA選手は去っていったが、タイトルマッチに向けて、2人は今、どういう関係?

▼YO-HEY「寝る前のキスがなくなりました。いつも長い時で2時間ぐらいキスしているんですけど、それが全くなくなって、ちょっと悔しいですね。しかも前歯折れちゃったから。前歯がどうなっているか今は全然わからないないですけど、感覚的にはバキッとなっているので、こんな前歯じゃあいつもキスしてくれないでしょう。両国のリングで、再戦で、俺がバッチリとあのベルトをHAYATAから獲って、この歯も治して、しっかりと。あいつには悪いけど、YO-HEYちゃんがGHCジュニアのシングルのベルトを巻かせてもらうから。そんだけです。もうこれ以上喋ったら、奥歯も折れちゃいそうなんで。ちょっとすいません。最後に1つだけ。すいません。やっぱり止めておきましょうかね。すいませんでした」

 
第4試合 タッグマッチ
丸藤正道&望月成晃vsHi69&田中稔

【試合後の丸藤&望月】
――だいぶ息が合ってきている気がするが?

▼望月「いや、全然合ってないです。全然合ってないです」

▼丸藤「全然合ってないです」

――一角蹴りと虎王の合体技も出たが?

▼丸藤「俺がやろうとしたら、モッチーさんが合っただけであって」

▼望月「その辺はやっぱ天才だなと。自分もね、こんな連携どうですかとちょっと提案してみたが、自分の考えのさらに上をいく…。それがたぶんあの合体ですよ。まあ、自分はね。自分の頭の中ですよ。連続でヒザをどうかなと。やっぱそこはね、発想力が素晴らしいな。あれが勝因でしょう、まず」

――望月選手と組んでみてどうだった?

▼丸藤「やっぱり俺はこのリビングレジェンドを…」

▼望月「いやいや、(丸藤は)スーパースターレジェンドだからね」

▼丸藤「本当にやりやすいしかないですね。まあ、なんだかんだ言って、こうやってリング上でちょこちょこお会いさせていただいているので、リビングレジェンドと」

▼望月「なんでやりやすいか知ってます? 彼がスーパースターで、僕が一歩引いているからですよ。これがぶつかり合ったら、ほらね。そこですよ。もう持ち上げるだけ持ち上げるんで」

――望月選手は5日後にドリームゲート王座戦があるが?

▼丸藤「頑張ってください!」

▼望月「無責任な(笑) まあでもね、何の因果かN-1 VICTORYを経験してね。もちろん優勝できなかったですけど、自分は素晴らしいシングルのスキルを身に付けたと思うんで。自分の中では、この団体ではこう、この団体ではこうと分けて考えてないんで。自分は必ずN-1 VICTORYも、今日の経験も必ずドリームゲート戦に活かして。49歳が思いっきりひっくり返してやりますよ」

――丸藤選手は両国でグレート・ムタ戦が決まったが?

▼丸藤「あと1ヵ月ですか、ありますんで、自分の中で何かできるか、何か面白いことができないかって、いろいろ考えながら。リビングレジェンドのモッチーさんにも相談して」

▼望月「いや。でもね、これは僕も見たい」

▼丸藤「あっ、まだチケットあります」

▼望月「単純に見たい。いや、行くって言ってんだから、何かちょっとさ…。一応、僕ね、N-1に参戦を決意した時点で、優勝戦はエディオン、勝った人間が両国に行くと開幕前に決定したじゃないですか」

▼丸藤「ということは空いてるんだ」

▼望月「いや、空けてるんですよ。それは優勝できなかったら行かないとか、それは失礼じゃないですか。だから、僕は両国をちゃんと空けてますんで、なにかしら…」

▼丸藤「各団体さん、モッチーさんは11月2日、空いてますんで」

▼望月「おいおいおい!」

▼丸藤「オファーのほう、よろしくお願いします」

▼望月「もしかしたら、ダブルヘッダーかもしれない(笑)」

▼丸藤「ということで、ありがとうございました」

※2人は握手を交わす

▼望月「ありがとうございました」

 
【稔の話】「負けたんで、本来であればコメントなんて聞いてもらえない立場なんですが…。今日のカードを見た時点ではメチャメチャ楽しみでしたけど、『待てよ、俺とHi69くん、彼らの初タッグの引き立て役にされてるな』とも感じて、楽しみな気持ちと、腹に一物ある気持ちがありましたけど…結果負けたんで。でも気持ちいい試合ができた。負けたから腹立ってフェンス蹴って帰りかけたら、こんな粋なことをしてもらって。皆さんに感謝です。ノアのジュニアを今後も盛り上げていきたいですし、とにかく皆さんに感謝です。丸藤さんにも、望月さんにも、Hi69くんにも、ノアにも、リデット・エンターテインメントにも感謝です。ありがとうございました」

 



[11] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/05(Sat) 02:20 ID:  [No.109902]
連続投稿失礼します。

「PREMIUM PRELUDE 2019」
10月03日(木) 後楽園ホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第5試合 GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合
小川良成&鈴木鼓太郎vs原田大輔&タダスケ

【試合後の小川&鼓太郎、原田&タダスケ】
※乱闘を仕掛けたタダスケが「やれや!」と原田とともに詰め寄るが、コメントブースでは鼓太郎がベルトを振り回して撃退する

▼タダスケ「逃げんな! やれや、オイ!」

▼鼓太郎「お前ら知らねえのか。引き分けは防衛なんだよ」

▼タダスケ「ビビってんのか、オイ!?」

▼小川「ルールだよ」

▼鼓太郎「これがルールだよ。チャンピオンの特権なんだよ」

※小川と鼓太郎は去っていく

▼タダスケ「もう1回やれや!」

▼原田「逃げんなよ、オイ! もう1回やらせろ、こんなもん。こんなんでくたばるか。やるぞ、もう1回。あいつら絶対にやらせるからな。いくぞ、タダスケ。もう1回やるぞ。へこたれんわ。負けへんぞ、こんなんで。絶対もう1回」

▼タダスケ「もう1回や!」

 
第6試合 タッグマッチ
杉浦貴&藤田和之vs谷口周平&熊野準

【試合後の杉浦&藤田】
▼藤田「お疲れさま」

▼杉浦「お疲れ様でした」

※握手を交わすと、藤田が杉浦の背中を叩き

▼藤田「相棒」

――今日の手応えはどうだった?

▼藤田「手応え? 誰、あれ?」

▼杉浦「谷口」

▼藤田「誰だ? ここ(胸元)に名前貼っとけ、ここに。な? ここに名前貼っておけ。わかんねえんだ、名前。誰が誰だか、全然わかんねえよ。まあ、泥舟だからな。みんな泥だらけあからわかんねえよ。あとはリーダーに任せる。よろしく。お疲れ。ありがとう」

※藤田は先に去っていく

――藤田選手とのタッグはどうだった?

▼杉浦「まあ、悪くないでしょう。やっぱ強いからね。問題ないでしょ。強いよね」

――これから関係がどうなってくるか興味が沸いてくるが?

▼杉浦「ああ、ホント? 藤田次第じゃない? 藤田がどう…ほら、まだ相手の名前も覚えてくれてないからね。もっともっと藤田に噛みついて、何か生まれたらいいんだけどね。こればっかりはあいつをコントロールできないから。あいつ次第だよ」

――エルガン選手とのナショナル王座戦も発表となったが?

▼杉浦「そうだね。N-1負けて、ちょっと目標を失ってたけど、新しい目標ができたんで。それに向けて、両国に向けて、なんか燃えられるね、それは。嬉しいね」

――両国がさらに大舞台という感覚になってきた?

▼杉浦「とりあえず両国。両国を大成功させて。そうしたら、その先が見えると思うんで。両国、とりあえず」

――エルガン選手の印象は?

▼杉浦「まあ、こう言ったらあれだけど、やりやすい相手っていうかね。正面から当たる相手なんで。もう本当にどっちかが倒れるまでやれると思うんで。相手としてはやりやすい相手、楽しみな相手」

 【谷口の話】「藤田和之、呼べばくるんだろ? 呼べば来るんだろ? 俺が呼んで、俺がまた試合してやる」

 
第7試合 6人タッグマッチ
清宮海斗&中嶋勝彦&潮崎豪vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝

【試合後の拳王&北宮&稲村】
▼拳王「こいつらもな、今日結果を出しただろ? これがな、俺たちの強い信念ってことだ。あいつらみたいにな、会社に言われたままに動くヤツらなんか、こういう風に結果なんか出ないんだよ。俺たちみたいにイバラの道を歩いてな、プロレスリング・ノアをもっともっと輝かしいリングにしていくんだ。おい、見ただろ? あのチャンピオン、清宮の目。どこか焦点合ってねえぞ。迷ってるだろ? あんな迷っている子犬ちゃんを甘やかしたら、さらに迷うんだ。俺が清宮のピンチを救ってやるよ。そして、昔みたいに生き生きとした目に俺が戻してやるからな。おい、いいか。両国国技館は超満員で、俺が清宮からベルトを奪うからな」

※拳王が先に去っていく

▼北宮「いいか、試合で納得させて、言葉で引きつけて、俺たちがベルトを奪い取る。お前も同じ気持ちだろ?」

▼稲村「ハイ!」

▼北宮「11月、両国だ。俺たち金剛のターンまで、ベルトを磨いておけ、コノヤロー。帰るぞ!」

▼稲村「ハイ!」


【試合後の中嶋&潮崎】
――タッグ王者として敗れたが?

▼潮崎「そうだね…タイトルマッチは…」

▼中嶋「ちょっと待って。ここは俺に言わせてほしい。勝った勢いで意気揚々と語りやがって…クソ生意気だな。確かに負けたよ。負けたけど、ちょっと待てよ。ただ勝った。それだけで挑戦できるのか。今のGHCは違うだろ? 今よりももっと、価値のあるベルトにするのは、この俺たちAXIZだ。そしてこのベルトは、これまでも、そしてこれからも、崇高なる価値あるベルトだ。勝ったからその調子で、その勢いで簡単に挑戦ができるものじゃねえんだよ。だがよ、会社がそれでも挑戦権を与えるなら、考えてやってもいい。あとはファンのみんなの声だろ…」





[12] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/11(Fri) 08:47 ID:M0hUcD4E  [No.109908]
「PREMIUM PRELUDE 2019」
10月09日(水)小山市立文化センター小ホール
観衆:240人(満員)

遅くなりましたが試合結果です。
   
〈第1試合〉シングルマッチ
◯宮脇純太
7分42秒 腕ひしぎ十字固め
×岡田欣也

〈第2試合〉シングルマッチ
◯熊野準
7分14秒 アルゼンチン式ジャーマンスープレックスホールド
×ソニコ

〈第3試合〉8人タッグマッチ
◯小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司&クリス・リッジウェイ
13分51秒 リングアウト勝ち
HAYATA&×原田大輔&タダスケ&YO-HEY

〈第4試合〉タッグマッチ
◯杉浦貴&大原はじめ
10分55秒 横入り式エビ固め
齋藤彰俊&井上雅央×

〈第5試合〉6人タッグマッチ
◯中嶋勝彦&潮崎豪&丸藤正道
14分44秒 片エビ固め ※ヴァーティカル・スパイク
谷口周平&モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム×

〈第6試合〉6人タッグマッチ
清宮海斗&×Hi69&田中稔
13分13秒 サイトースープレックス→片エビ固め
拳王&◯マサ北宮&稲村愛輝


 



[13] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/11(Fri) 08:48 ID:M0hUcD4E  [No.109909]
連続投稿失礼します。

「PREMIUM PRELUDE 2019」
10月09日(水)小山市立文化センター小ホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第3試合 8人タッグマッチ
小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司&クリス・リッジウェイvsHAYATA&原田大輔&タダスケ&YO-HEY

【試合後の小川&鼓太郎】
――リングアウト決着で再戦が決まったが、その最初の前哨戦をリングアウトで制した

▼小川「再戦じゃないよ。RATEL'Sがタイトルマッチ負けて『やりたい、もう一回』って言ったらタイトルマッチが決まって成立しちゃう。それっておかしくない? シングルもそうじゃん。YO-HEYが(HAYATAに)負けて、『またやりたい』って言ってジュニアのシングルのタイトルマッチ決定。おかしくない?(笑) RATEL'Sは何言ってもいいの? RATEL'Sが『もう一回』って言ったら何べんでもタイトルマッチ成立すんの? ちょっとおかしいよ。そこは納得いかないね。なんか色々やってもいいけどさ、そういう決まり方が俺としては納得いかないし。あとは今日の試合順だってそう。今の試合(杉浦&大原vs齋藤&井上)より、絶対俺らのほうが後でしょ? そういうとこだよ。体重が重たいだけ、背が高いだけ。あ…背はみんな低いか。別にそんなにいい試合するワケじゃないのに、俺らより後。そこがホント、どうしても納得できない。ジュニアってだけで、順番が前になるのは」

――鼓太郎選手も同じ気持ち?

▼鼓太郎「そうですね。引き分けだからもう一回やらせろ…って。引き分けで俺らの防衛だから。引き分けたけど、ルール内でしっかりと俺らは防衛してるから。それで一日足らずで(再戦が)決まったからね」

――RATEL'Sが優遇されていると…

▼小川「そうだね。かなりね」

▼鼓太郎「だってもう決着ついてんじゃん。だって引き分けでも俺らが防衛してるんだから。ルールをよく知ってる俺らの勝ちでしょ」

――ジュニア軽視への問題提起もあったが?

▼小川「だって今やってる試合より、俺らの試合のほうが面白いんじゃないの? 観たい人たちも多いと思うし」

▼鼓太郎「それに体重的にはほとんどみんなジュニアじゃん。それで“ヘビーだ"って言ってるだけでしょ? 俺もそれはずっと前から言ってるからね。『ヘビー級になります』って言ったらなれちゃうんだから。そうすると上のほうで使ってもらえるんでしょ? そうじゃないと思うから。もっとリング上を見てくれって」

 
第5試合 6人タッグマッチ
中嶋勝彦&潮崎豪&丸藤正道vs谷口周平&モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム
【試合後の中嶋&潮崎】
――両国でのタッグ王座戦が正式に決まったが?

▼中嶋「会社の判断でしょう。個人的に言うと、俺が直接負けたけど、何もない試合でぱっと勝って挑戦表明。それで決まってちゃ、これまでと何も変わらないんじゃないの? (タイトル戦を多く行わずに)“ベルトの価値を上げる"って言って。それはシングルのヘビーのベルトだけなのかもしれないけど。N-1が(1試合の価値を上げる)良いきっかけになったと俺は思ったし、賛否両論あるなか、俺はそこは信じてやってきたつもりだったけど、タッグのベルトに関しては違ったのか…よく分からないけど、ただ言えることは、俺たちAXIZがこのベルトの価値を上げるってことだよ。ただ、それだけだよ」

▼潮崎「そうそう。マサ北宮、稲村愛輝。あいつらにこのベルトを輝かせることができるのか? 俺たち以上のタッグなのか? それを両国で思い知らせます」

――北宮から『健介オフィスに入門した時から、ずっと気に食わなかった』と言われたが?

▼中嶋「まぁ…ショックだよ(笑) でもまぁ、過去を気にしてたら前を向けないし。でも、向き合う気満々だってことでしょ? いいんじゃない? 感情むき出しで。闘おうじゃない!? それだけアイツも本気なんだと思うよ。俺に対しても、今のこのノアに対してもそうだし」

――退路を断つ決意のあらわれだと?

▼中嶋「カッコよく言えばそうだね。別に嫌いでも何でもいい。結果を出してみろ」

▼潮崎「俺からは…稲村! お前はそれでいいのか? もっと来いよ。かかってこい」

 
第6試合 6人タッグマッチ
清宮海斗&Hi69&田中稔vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝

【試合後の拳王&北宮&稲村】
▼拳王「おい、お前ら。俺が口酸っぱく言ってきたこと。こういうことだよ。露骨にな、やってきたな! おい会社! 親会社のリデット・エンターテインメント! 俺たちは負けないからな。俺たちは強い信念を持ってんだ! 強い信念でこのノアを変えてやるんだ! そして甘やかされてるチャンピオンから必ずベルトを奪って、俺たちが思うがままに進んでいってやるからな」

――両国の後にはリデット社から“新木場を札止めにしなければ退団&金剛解散"のハードルを課されたが?

▼拳王「そんなんでな、ぐーたら言ってる俺たちじゃねえぞ? そんなもんな、今までも何回もあったんだ。そんな試練、見えないところで、何回もな、俺たちに突きつけてきたんだ。いいよ。そのくらい。俺たちだったら必ず新木場埋められるんだ。そして俺が行きたい“あの場所"。使用申請を必ずさせてやるからな。俺たちには強い信念があるんだよ!」

▼北宮「いいか!? いつだって勢いは変わらない。11月2日、両国でチャンピオンシップは決定してるんだ。チャンピオンチームが反対コーナーにいなくても、常に存在感を発揮して、タイトルマッチを意識して、THE TOUGHが存在感を発揮する! それだけだ! 帰るぞ!!」

▼稲村「はいっ!!」





[14] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/13(Sun) 17:17 ID:FgE5ULyI  [No.109915]
「PREMIUM PRELUDE 2019」
10月11日(金) 神奈川・横浜ラジアントホール

遅くなりましたが試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯小峠篤司
10分39秒 逆さ押さえ込み
×熊野準

〈第2試合〉6人タッグマッチ
小川良成&鈴木鼓太郎&クリス・リッジウェイ◯
13分03秒 リディ・スペシャル
田中稔&宮脇純太&ソニコ×

〈第3試合〉6人タッグマッチ
◯越中詩郎&齋藤彰俊&井上雅央
9分07秒 エビ固め ※パワーボム
モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム&諸橋晴也×

〈第4試合〉タッグマッチ
中嶋勝彦&潮崎豪◯
16分00秒 片エビ固め ※豪腕ラリアット
谷口周平&Hi69×

〈第5試合〉6人タッグマッチ
杉浦貴&大原はじめ&岡田欣也×
17分42秒 エビ固め ※スプラッシュ・マウンテン
拳王&マサ北宮&稲村愛輝◯

〈第6試合〉6人タッグマッチ
清宮海斗&×HAYATA&原田大輔
18分12秒 YO-ROLL
丸藤正道&タダスケ&YO-HEY◯




[15] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/13(Sun) 17:18 ID:FgE5ULyI  [No.109916]
連続投稿失礼します。

「PREMIUM PRELUDE 2019」
10月11日(金) 神奈川・横浜ラジアントホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第4試合
中嶋勝彦&潮崎豪vs谷口周平&Hi69

【試合後の中嶋&潮崎】
――両国タッグ戦へ着実に勝ち星を積み重ねているが?

▼中嶋「今日は前哨戦じゃなかった。でもYESかNOで答えてくれよ? なぁ? タイトルマッチ決まって、俺たちAXIZの勢いは増しただろ?」

――…いえす…

▼中嶋「あぁ? 聞こえねえなあ。久々にインタビュー受けてんだ。もっと来てくれよ(笑)」

――イエス!

▼中嶋「そうだなあ! まだまだ俺たちは成長するし、AXIZとともにこのGHCタッグベルトも成長する。見てても分かるだろ? 俺たちの“愛"がさ。あふれ出てるだろ? なぁ? 両国までに俺たちの愛もどんどん溜まっていって、爆発するぞ? 楽しみにしとけ」

――潮崎選手も、いろんな“愛"を深めたり強めたりしながら両国に向かっていく?

▼潮崎「ノアのリング上で最後に勝つのは“愛"だ! そう思うだろ? “はい"か“YES"で答えろ!」

――イエス…肯定しか答えはない?

▼中嶋「そうだよ。俺たちAXIZに“否定"はないんだよ。全部愛で包んでやっから!」

 
第5試合
杉浦貴&大原はじめ&岡田欣也vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝

【試合後の拳王&北宮&稲村】
▼拳王「杉浦軍! あいつらも許さねえぞ。だがな、今は! 11月2日、両国国技館。むちゃくちゃ親会社のリデット・エンターテインメントに甘やかされてるチャンピオン。まずはお前を倒してやる。お前のベルトは必ず俺の手元に帰ってくるからな!」

▼北宮「チャンピオンシップがあっても、俺たちは常に四面楚歌なんだよ。誰が相手でも全力で闘って、自分たちの存在感を示すだけだ。帰るぞ!」

▼稲村「はいっ!!」

 
第6試合
清宮海斗&HAYATA&原田大輔vs丸藤正道&タダスケ&YO-HEY

【試合後の清宮&中嶋&潮崎】
▼清宮「違うでしょ。あいつら(金剛)のやり方は。だって今は両国に向けて、みんなで一丸になってやんなきゃいけないんじゃないの? 会社がどうとか、そういうこと言うんじゃなくて、みんなで力を合わせなきゃいけないんじゃないの?(※中嶋と潮崎に)違いますか?」

▼潮崎「こいつが言ったようにね。観にきてくれたファンの人たちのために闘いを見せる。それは共感できるよ」

▼中嶋「俺たちもGHCのタッグのベルトを持ってるし、(清宮もシングルの)ベルトを持ってるし。そういう共通点もあるしね。何より同じチャンピオンとして、両国を盛り上げる気でいるからね。(※清宮に)ただ、勘違いするなよ? 共存共栄するつもりは無いからな。いつだって俺は(※清宮のベルトを指差しながら)見てるからな。がんばれチャンプ」

▼清宮「そうだよ。今言われたとおりだよ。闘いながらこのベルトを狙ってるよ。でも俺たちが本当に願うことは、ノアを大きくすることだから。それはノアが好きだから。ノアを応援してくれてるみんなのことが好きだから。だから必ず、俺は両国で拳王を倒して、俺が新しい景色を創って、このノアを一気に引き上げたいと思います」



[16] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/14(Mon) 23:39 ID:bDg.0hFk  [No.109917]
「PREMIUM PRELUDE 2019」
10月13日(日)神戸サンボーホール
観衆:206人

遅くなりましたが試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯田中稔
7分31秒 ミノルスペシャル
×熊野準

〈第2試合〉タッグマッチ
齋藤彰俊&井上雅央×
8分03秒 片エビ固め ※ファンキーバスターボム
◯モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム

〈第3試合〉シングルマッチ
◯YO-HEY
9分30秒 エビ固め ※顔面G
×ソニコ

〈第4試合〉6人タッグマッチ
◯小川良成&小峠篤司&クリス・リッジウェイ
12分57秒 体固め ※バックドロップ
HAYATA&原田大輔&タダスケ×

〈第5試合〉8人タッグマッチ
◯杉浦貴&大原はじめ&NOSAWA論外&岡田欣也
21分43秒 体固め ※オリンピック予選スラム
丸藤正道&谷口周平&Hi69&宮脇純太×

〈第6試合〉6人タッグマッチ
◯清宮海斗&中嶋勝彦&潮崎豪
21分18秒 ストレッチプラム式フェイスロック
拳王&マサ北宮&稲村愛輝×






[掲示板へ戻る] [次100] [最新50]
処理 記事No パスワード

お名前
E-mail
コメント
URL
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色