[掲示板へ戻る]

ノア2019,10月〜12月「NOAH the BEST 2019〜美学のある闘い〜」スレ

[1] fun◇YtKXN/LQ - 2019/09/21(Sat) 07:58 ID:vi1J.5sM  [No.109876]
「PREMIUM PRELUDE 2019」
10月03日(木)18:30 後楽園ホール

10月09日(水)18:30 栃木・小山市立文化センター小ホール

10月11日(金)18:30 神奈川・横浜ラジアントホール

10月13日(日)17:00 兵庫・神戸サンボーホール

10月14日(月)15:00 石川・金沢流通会館

10月20日(日)11:30 後楽園ホール

10月22日(火)17:00 静岡・アクトシティ浜松

「NOAH the BEST 2019〜美学のある闘い〜」
11月02日(土)17:00 東京・両国国技館

「STARTING OVER 2019」
11月09日(土)17:30 エディオンアリーナ大阪第2競技場

11月10日(日)16:00 愛媛・テクスポート今治

11月11日(月)18:30 広島・広島産業会館 西展示場

11月13日(水)18:30 福島・会津若松市文化センター

11月16日(土)18:30 後楽園ホール

RATEL'S興行第2弾
11月24日 (日)12:00 新木場1stRING

11月26日 (火)18:30 新潟・新潟市体育館


12月大会
12月03日(火)18:30 後楽園ホール

12月05日(木)18:30 仙台PIT

12月06日(金)18:30 山形国際交流プラザ(山形ビッグウイング展示場2)

12月07日(土)17:00 八戸シーガルビューホテル体育館

12月08日(日)15:00 むつグランドホテル

12月10日(火)18:30 盛岡体育館

12月11日(水)18:30 秋田テルサ

12月12日(木)18:30 青森県下予定

金剛主催興行
12月14日(土)18:00 新木場1stRING

12月22日(日)17:00 沼津・キラメッセぬまづ

杉浦軍興行
12月27日(金)18:30 後楽園ホール

 



[2] fun◇YtKXN/LQ - 2019/09/21(Sat) 08:09 ID:vi1J.5sM  [No.109877]
ノアの19年10月〜12月のスレッドです。
よかったら活用してください。


9月16日の大阪大会後、藤田和之より「もっと骨のある奴を出せ」というコメントがあり、10月3日・後楽園ホールにおいて下記の対戦カードが決定。
 
「PREMIUM PRELUDE 2019」
10月3日(木) 試合開始18:30 後楽園ホール

 ▼タッグマッチ
 杉浦貴&藤田和之vs谷口周平&熊野準

 <発表済み対戦カード>
▼6人タッグマッチ
 清宮海斗&中嶋勝彦&潮崎豪 vs 拳王&マサ北宮&稲村愛輝

▼GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合
 9/23山梨大会の勝者 vs 原田大輔&タダスケ

 





[3] fun◇YtKXN/LQ - 2019/09/21(Sat) 08:10 ID:vi1J.5sM  [No.109878]
11月2日・両国国技館におきまして下記の対戦カードが決定。
GHC2大選手権試合に加えて、丸藤がグレートムタと初対決します。
 
「NOAH the BEST 2019〜美学のある闘い〜」
11月2日(土) 試合開始17:00 両国国技館

 ▼スペシャルシングルマッチ
丸藤正道 vs グレート・ムタ

 <発表済みカード>
▼GHCヘビー級選手権試合
(第32代選手権者)清宮海斗 vs 拳王(挑戦者/N-1 VICTORY 2019優勝者)
※第32代選手権者の6度目の防衛戦。

 ▼GHCジュニア・ヘビー級選手権試合
(第40代選手権者)HAYATA vs YO-HEY(挑戦者)
※第40代選手権者の2度目の防衛戦。

 
20日、都内にて両国大会のカード発表会見が行われ、丸藤正道と武藤敬司が出席。

会見の模様は下記の通り。

▼丸藤「両国大会、グレート・ムタ選手とシングルマッチが決まりました。この前のN-1リーグ戦は全敗に終わりましたけど、埋もれてはいけないという思いもあり、22年目のキャリアにして、いろんな選手とやってきたなかで、どうしても触れてみたい。その選手がグレート・ムタ。うれしいです。全力で両国に向かっていきます」

▼武藤「グレート・ムタの代理人の武藤敬司です。魔界には団体と団体の隔たりとかはないなかで、初めてグレート・ムタはノアに上がるんだよな? きっと。グレート・ムタ、ひじょうに気合が入ってると思います。グレートムタは『当日は丸藤の血がみたい』と。G+とかで流すのかな? もしかしたら、最初からモザイクをかけて収録したほうがいいんじゃないか…と言っておいてください」

――ムタに触れてみたいと思った経緯を改めて?

▼丸藤「ここに来て急にグレート・ムタという選手に触れたいと思ったワケではなくて、プロレス界に入った時からいつか触れてみたい。そんな選手の一人でした。俺の実家に帰れば『グレート・ムタ スペシャル』のVHSボリューム1、ボリューム2のビデオもあるくらいですから。それくらい自分のなかで大きな存在で、なかなか触れることもできる選手も少ない存在だとも思うんで、今回ひじょうに光栄な気持ちとともに、化けの皮をはいでやりたいなと思っています」

――ムタからは『血が見たい』というメッセージもあった

▼丸藤「キャリア22年のなかで自分が流血をしたって記憶が1回、2回くらいしか無いんで、そこはしたくないな…と思いますんで、グレート・ムタには遠慮してもらうように武藤さんに伝えてもらうかなと思います」

――ノアがムタが交わることによって、武藤選手の目から見てどんな化学反応がありそう?

▼武藤「化学反応なんか考えないで、たぶんグレート・ムタさんはゴーイング・マイ・ウェイで行くと思います」

――憧れていたムタと戦える喜びが強いのか、それともレスラーとしての存在感で勝負をしてみたいのか?

▼丸藤「いやぁ全部ですね。全部。今、全部で勝ちたいとか、全部で超えてみたいとか思える相手っていうのは、自分のなかでも、なかなかいないので。自分とグレート・ムタっていう存在がリング上で向かい合っただけで、今からすげーワクワクしてます」

――普段どおりの丸藤正道でいくのか、それとも何か特別なことを考えている?

▼丸藤「おそらくシングルマッチをグレート・ムタとやるのは、これが最初で最後になるんじゃないかと思うんで、良い意味で自分に心残りがない試合がしたいと考えているなかで…当日まで、それが試合なのか、なにかの技なのかは分かりませんけど、“プロレス頭"をフル回転させてやっていきたいなと。グレート・ムタの、武藤さんの想像を超えられるようなものを考えたいなと思っています」

――それを受けて武藤選手は?

▼武藤「グレート・ムタはきっと“良い試合"とかどうとか関係ないんじゃないかな。もしかしたらワンマンショーで終わる可能性もあるし、そこに存在すれば、それだけで良いんじゃないかな…ってそれくらいの感覚でいると思います」

――丸藤の印象を改めて?

▼武藤「代理人の武藤敬司の話ですけど、俺もちょっとした肩書で“天才"と言われてた時期もあったりして。彼も“天才"と言われてるなかで、戦ったり組んだりしてみて、まさしくその言葉がふさわしいレスラーであるなと思います」

▼丸藤「こればっかりは…素直にうれしいです」

 




[4] fun◇YtKXN/LQ - 2019/09/21(Sat) 08:10 ID:vi1J.5sM  [No.109879]
20日の会見にてGHCヘビー級ベルトがリニューアルされることが発表されました。

2001年のベルト創設以来、数々の激闘の歴史が刻み込まれた初代ベルトに代わり、11月2日・両国大会で行われるGHCヘビー級選手権試合の勝者が新しいベルトを巻くこととなる。

会見での武田社長のコメントは下記の通り。

お忙しい中、プロレスリング・ノア会見にお越しいただきましてありがとうございます。

11月2日・両国国技館大会にて行われるGHCヘビー級選手権試合の調印式に先立ち、両国大会よりGHCヘビー級ベルトをリニューアルすることをお知らせさせていただきます。

初代同様今回もレジーパークス製のベルトです。

ベルト創設時の2001年からノアにおいて最も歴史のあるベルトを今回のタイミングでリニューアルする経緯ですが、来年の8月にプロレスリング・ノアは20周年を迎える中、清宮海斗がGHC王者となり、全社一丸となって新しい時代を作り上げようとしております。

そして、新たな歴史、新しいNOAHを見せていくという意味を込めております。

初代ベルトはこれまでにも修繕など施して使用しておりました。長い歴史を築き上げてきたベルトには敬意を込めて、大切にこれからも保管して参りたいと思っております。

清宮選手が現在のベルトを巻く最後のチャンピオンとなり、11・2両国の勝者が新しいベルトを最初に巻くチャンピオンとなります。

 



[5] fun◇YtKXN/LQ - 2019/09/21(Sat) 08:12 ID:vi1J.5sM  [No.109880]
連続投稿失礼します。

東京都内にて11月2日・両国国技館大会にて行われるGHCヘビー級選手権試合 清宮海斗vs拳王戦の調印式が行われました。

調印式の模様です。

――王座戦に向けた意気込みを?

▼拳王「去年の12月から清宮がGHCチャンピオンになって、なんだかな…。GHC戦線にまったく刺激がなくなってきたなと俺は思ってる。ノア、これからさらに進化が必要なのに、刺激のないGHC戦線? そんなもん、もう見たくねえだろ? 俺がこの刺激のないチャンピオンから両国でベルトを奪い、プロレスリング・ノアのGHC戦線に刺激を、そして感動を与えられるチャンピオンに俺が、必ずなりたいと思う」

▼清宮「11月2日、両国大会。これはこれからのノアが大きく飛躍するために、重要な大会なので、必ず俺が勝って、新しい景色をみせます。これ以上ない刺激のある大会にしてみせます。応援よろしくお願いします」

――ベルトが新調されたことについて?

▼清宮「やっぱり自分はGHCチャンピオンとして、今まで守ってきたこの(現状の)ベルトに思い入れがありますし、数々の選手が巻いてきた選手が巻いてきたベルトなので、いろんな人の思いが詰まってると思います。でも、この新しいベルトにだって、いろいろな人の思いが詰まってると思うので、ベルトを防衛することによって、GHCのベルトの“意思"っていうのを新しいベルトに受け継ぎたいなと思います」

▼拳王「この新しいベルトに思いが詰まってる? それはこのベルトを作った会社…いや、親会社のリデット・エンターテインメントが清宮に任せたいがために作ったベルトだと俺は感じてるんだ。だが、そうはさせないぞ。俺がこの新しいベルトを巻いて、プロレスリング・ノアを俺の色に染めてやるよ」

――新ベルトを見ての感想を

▼清宮「ホントに凄い立派なベルトなので、このベルトがしっかり似合うようなレスラーとして、自分も一緒に成長していきたいなと思います」

▼拳王「清宮に巻いてもらいたいがために作ったこの高そうなベルト…。いいよなあ? カネをかけて清宮海斗に任せたいと思っているリデット・エンターテインメント。俺はな、こいつ(清宮)を11月2日の両国で倒すからな。お前らの思い通りにはいかないからな」

――拳王選手は両国に向けてベルト奪取のみならず“超満員"という目標も掲げているが、あと1ヶ月以上、どうやって戦っていく?

▼拳王「まず今の時点でのプロレスラーとしてのステータス。俺はN-1 VICTORY、苦しいリーグ戦。勝ち上がって、そして優勝戦を勝ったんだよ。こんなな『N-1負けるのが怖いから出ません』。そんなチャンピオンより、今の俺の実力は必ず俺のほうが上だと思ってる。この勢いをあと1ヶ月、溜めて、このままいって、俺が両国…こいつを倒すところを超満員の客のクソヤローどもに見せてやりたいなと思ってる」

――新生ノア立ち上げから組んだり戦ったり因縁のあった拳王選手がN-1を勝ち上がり、年間最大の舞台で対峙することになったことについて?

▼清宮「大阪で『いろいろあったけど』っていう言葉を使いましたけど、本当に拳王とは…僕が背中を追いかけるところからスタートして、今では『こいつにだけは絶対負けたくねえ』っていう存在なので。本当にたくさんの思い入れがありますし、幾度となく戦ってきてるので、『こいつだけには負けたくない』っていう他にはない気持ちがある選手。しっかりライバル視っていうものを最大限に発揮して倒したいなと思っています」

――相手の海外遠征前から戦ったり組んだりしてきた清宮というのは改めてどんな存在?

▼拳王「いやぁ、今、言ったとおりプロレスって、ストーリー、物語。ホントに面白いよな? こいつが海外に行く前にシングルマッチやった。こいつが海外から帰ってきて一発目、俺とシングルマッチをやった。本当にプロレスって面白いよな? そういう物語、ストーリー。闘いだけじゃない、そういう部分で見ても本当に面白いと思う。海外に行く前も帰ってきてからもシングルマッチをやった…その頃は本当に心の綺麗な22歳でした。だけど今の清宮海斗を見てみろよ。『清宮さん、清宮さん』ってリデット・エンターテインメントに持ち上げられて、今はなんか曲がって育ってる感じがするよな? まずは“人間"清宮海斗をもっとまっすぐな人間にするために、11月2日、俺がその辺を分からせてやりたいなと思ってる」

――何か反論があれば?

▼清宮「もうそんな母親みたいな目線の言葉にはうんざりですね。俺はイチ選手として必ず倒すんで」

――N-1不参加を選択したことで得られた経験は?

▼清宮「リーグ戦でないのは自分で決めたことですから。リーグ戦に出た選手より、どうやったら経験を積めるのか考えて戦ってきたので、そこで得たのは僕にしかないものだと思いますし、N-1を外から見えたというのもプラスに働いたと思っているので、とても良い経験ができてるなと感じています」

――『清宮には刺激がない』と言っていたが、改めて王者・清宮海斗への評価は?

▼拳王「まずは“自己プロデュース"ができてないと思うよな。やっぱりリデット・エンターテインメントのプロデュース。自己プロデュース能力がまったくないんだよ。だから自分で自分の感情で行くことができない。だから刺激が生まれないんだよ。俺がこいつの本当の感情を11月2日に出させせてやろうと思ってる」

――本来の清宮海斗とは?

▼拳王「さっきも言ったとおり、心の真っ直ぐで熱い人間だと2年前は思ってた。でもその熱さって部分がなくなって、なんだか無難なところ、無難なところに身を置くようになってきたなと思ってるよ」



[6] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/04(Fri) 00:51 ID:  [No.109897]
11・2両国大会に2015年12月以来となるスペル・クレイジーと今年3月の横浜文化体育館大会以来となるエディ・エドワーズの参戦が決定し、6人タッグマッチに出場。

また、両国大会のオープニングマッチは、ノア旗揚げ当時からノアマットで活躍してきた4選手によるタッグマッチ『NOAH the CLASSIC』に決定。
レフェリーはマイティ井上レフェリーが行うとの事。

そして、11月2日・両国国技館大会へマイケル・エルガン選手の初参戦が決定。
ノア初参戦となるマイケル・エルガンは杉浦貴と一騎打ち。

この両国大会から新設される『GHCナショナル選手権』の初代王者の座をかけて雌雄を決する。

 

NOAH the BEST 2019〜美学のある闘い〜
11月2日(土) 試合開始17:00 両国国技館

▼オープニングマッチ『NOAH the CLASSIC』
 本田多聞&百田光雄 vs 齋藤彰俊&井上雅央

▼6人タッグマッチ
エディ・エドワーズ&小峠篤司&クリス・リッジウェイvs望月成晃&田中稔&スペル・クレイジー

▼GHCナショナル選手権初代王者決定戦
杉浦貴vsマイケル・エルガン

 <発表済み対戦カード>
▼GHCヘビー級選手権試合
(第32代選手権者)清宮海斗 vs 拳王(挑戦者/N-1 VICTORY2019 優勝者)
第32代選手権者の6度目の防衛戦。

▼GHCジュニア・ヘビー級選手権
(第40代選手権者)HAYATA vs YO-HEY(挑戦者)
※第40代選手権者の2度目の防衛戦。

▼スペシャルシングルマッチ
 丸藤正道 vs グレート・ムタ



[7] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/04(Fri) 00:52 ID:  [No.109898]
11月2日・両国国技館大会にてGHCタッグ選手権、GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権の開催が決定。
また、藤田和之、桜庭和志の参戦が決定。藤田は谷口とシングルで対戦、桜庭は12人タッグマッチに出場します。
 

NOAH the BEST 2019〜美学のある闘い〜
2019年11月2日(土) 試合開始17:00 両国国技館

▼シングルマッチ
谷口周平vs藤田和之 

▼12人タッグマッチ
モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム&Hi69&熊野準&宮脇純太&ソニコvs桜庭和志&KAZMA SAKAMOTO&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.&大原はじめ& NOSAWA論外&岡田欣也

▼GHCタッグ選手権試合
(第51代選手権者)中嶋勝彦&潮崎豪 vs マサ北宮&稲村愛輝(挑戦者)
※第51代選手権者の3度目の防衛戦。

 ▼GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合
(第36代選手権者)小川良成&鈴木鼓太郎 vs 原田大輔&タダスケ(挑戦者)
※第36代選手権者の6度目の防衛戦。


また、10・20後楽園大会&10・22浜松大会&11・2両国大会の全対戦カードが決定。
 「PREMIUM PRELUDE 2019」
10月20日(日)後楽園ホール
▼6人タッグマッチ
 清宮海斗&中嶋勝彦&熊野準vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝

▼タッグマッチ
 潮崎豪&谷口周平vs杉浦貴&藤田和之

▼8人タッグマッチ
 小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司&クリス・リッジウェイvsHAYATA&原田大輔&タダスケ&YO-HEY

▼6人タッグマッチ
 KAZMA SAKAMOTO&大原はじめ&岡田欣也vsクワイエット・ストーム&田中稔&ソニコ

▼シングルマッチ
 Hi69vs宮脇純太

▼タッグマッチ
 齋藤彰俊&井上雅央vsモハメド ヨネ&ロッキー川村

 
10月22日(祝・火)アクトシティ浜松
▼6人タッツマッチ
 清宮海斗&中嶋勝彦&潮崎豪vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝

▼6人タッグマッチ
 杉浦貴&KAZMA SAKAMOTO&大原はじめvs谷口周平&越中詩郎&熊野準

▼8人タッグマッチ
 小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司&クリス・リッジウェイvsHAYATA&原田大輔&タダスケ&YO-HEY

▼タッグマッチ
 モハメド ヨネ&クワイエット・ストームvs齋藤彰俊&井上雅央

▼タッグマッチ
 Hi69&田中稔vs NOSAWA論外&岡田欣也

▼シングルマッチ
 宮脇純太vsソニコ

 

NOAH the BEST 2019〜美学のある闘い〜
11月2日(土)両国国技館

▼GHCヘビー級選手権試合
(第32代選手権者)清宮海斗 vs 拳王(挑戦者/N-1 VICTORY2019 優勝者)

▼GHCナショナル選手権初代王者決定戦
杉浦貴vsマイケル・エルガン

▼スペシャルシングルマッチ
丸藤正道 vs グレート・ムタ

 ▼GHCタッグ選手権試合
(第51代選手権者)中嶋勝彦&潮崎豪 vs マサ北宮&稲村愛輝(挑戦者)

 ▼GHCジュニア・ヘビー級選手権試合
(第40代選手権者)HAYATA vs YO-HEY(挑戦者)

▼GHCタッグ選手権試合
(第36代選手権者)小川良成&鈴木鼓太郎 vs 原田大輔&タダスケ(挑戦者)

▼シングルマッチ
谷口周平vs藤田和之

▼6人タッグマッチ
エディ・エドワーズ&小峠篤司&クリス・リッジウェイvs望月成晃&田中稔&スペル・クレイジー

▼12人タッグマッチ
モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム&Hi69&熊野準&宮脇純太&ソニコvs桜庭和志&KAZMA SAKAMOTO&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.&大原はじめ& NOSAWA論外&岡田欣也

▼オープニングマッチ『NOAH the CLASSIC』
 本田多聞&百田光雄 vs 齋藤彰俊&井上雅央



[8] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/04(Fri) 00:53 ID:  [No.109899]
約1年5ヶ月振りとなるRATEL'S興行の開催が決定。この日ならではの対戦カードが実現かも…

RATEL'S興行第2弾
11月24日(日) 試合開始12:00
新木場1stRING


また、10・3後楽園ホール大会のビジョンにて下記のメッセージが流れ、金剛主催興行の開催を発表。

 ファンの皆様をもう一度あの場所へ連れて行くと宣言している拳王選手。

あの場所に行く前にこの場所を金剛の力で満員にして下さい。キャパ350人超満員札止めに出来ればあの場所の申請申し込みにチャンレンジ致します。

尚、超満員札止めにならなかった場合は、金剛解散、拳王選手退団になるとの事。

リデットエンターテインメントよりファンの皆様へ 是非、金剛の応援をよろしく
との事。

金剛主催興行
12月14日(土) 試合開始18:00
新木場1stRING


そして、2019年最終興行となる後楽園ホール大会は『杉浦軍興行』として開催されることが決定。

杉浦選手の活躍、杉浦軍Tシャツ(豆柴)・杉浦軍ハンドタオルの大ヒットなど、数々の話題があった杉浦軍の今年の活動の総決算として期待されます。

杉浦軍興行
12月27日(金) 試合開始18:30
後楽園ホール


[9] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/04(Fri) 00:54 ID:  [No.109900]
連続投稿失礼します。

「PREMIUM PRELUDE 2019」
10月03日(木) 後楽園ホール

試合結果です。

〈第1試合〉タッグマッチ
◯齋藤彰俊&井上雅央
10分24秒 片エビ固め ※スイクルデス
×宮脇純太&ソニコ

〈第2試合〉6人タッグマッチ
KAZMA SAKAMOTO&大原はじめ&岡田欣也×
8分39秒 片エビ固め ※50cm腕ラリアット
モハメド ヨネ&◯クワイエット・ストーム&ロッキー川村

〈第3試合〉タッグマッチ
小峠篤司&クリス・リッジウェイ×
10分17秒 エビ固め ※顔面G
HAYATA&YO-HEY◯

〈第4試合〉タッグマッチ
丸藤正道&望月成晃◯
14分36秒 エビ固め ※裏ツイスター
×Hi69&田中稔

〈第5試合〉GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合
△小川良成&鈴木鼓太郎
14分01秒 両者リングアウト
△原田大輔&タダスケ
※王者組が5度目の防衛に成功

〈第6試合〉タッグマッチ
杉浦貴&藤田和之◯
17分17秒 レフェリーストップ ※スリーパーホールド
谷口周平&熊野準×

〈第7試合〉6人タッグマッチ
清宮海斗&×中嶋勝彦&潮崎豪
22分57秒 エビ固め ※サイトースープレックス
拳王&◯マサ北宮&稲村愛輝




[10] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/05(Sat) 02:19 ID:  [No.109901]
「PREMIUM PRELUDE 2019」
10月03日(木) 後楽園ホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第3試合 タッグマッチ
小峠篤司&クリス・リッジウェイvsHAYATA&YO-HEY

【試合後のYO-HEY】
※HAYATAと並んでコメントブースに現れる

――最後はワンチャンスをものにした

▼YO-HEY「ちょっと歯が折れたんで、座らせてもらってもいいですか。歯が折れました。たぶん折れましたね。やっぱりクリス・リッジウェイ、そして新しくスティンガーに入った小峠革命マントスプラッシュ篤司センター。敵は敵やけど、凄い強かったし、刺激的やったんだけど、今はスティンガーがどうこうじゃないから」

※ここでHAYATAが去っていく

――HAYATA選手は去っていったが、タイトルマッチに向けて、2人は今、どういう関係?

▼YO-HEY「寝る前のキスがなくなりました。いつも長い時で2時間ぐらいキスしているんですけど、それが全くなくなって、ちょっと悔しいですね。しかも前歯折れちゃったから。前歯がどうなっているか今は全然わからないないですけど、感覚的にはバキッとなっているので、こんな前歯じゃあいつもキスしてくれないでしょう。両国のリングで、再戦で、俺がバッチリとあのベルトをHAYATAから獲って、この歯も治して、しっかりと。あいつには悪いけど、YO-HEYちゃんがGHCジュニアのシングルのベルトを巻かせてもらうから。そんだけです。もうこれ以上喋ったら、奥歯も折れちゃいそうなんで。ちょっとすいません。最後に1つだけ。すいません。やっぱり止めておきましょうかね。すいませんでした」

 
第4試合 タッグマッチ
丸藤正道&望月成晃vsHi69&田中稔

【試合後の丸藤&望月】
――だいぶ息が合ってきている気がするが?

▼望月「いや、全然合ってないです。全然合ってないです」

▼丸藤「全然合ってないです」

――一角蹴りと虎王の合体技も出たが?

▼丸藤「俺がやろうとしたら、モッチーさんが合っただけであって」

▼望月「その辺はやっぱ天才だなと。自分もね、こんな連携どうですかとちょっと提案してみたが、自分の考えのさらに上をいく…。それがたぶんあの合体ですよ。まあ、自分はね。自分の頭の中ですよ。連続でヒザをどうかなと。やっぱそこはね、発想力が素晴らしいな。あれが勝因でしょう、まず」

――望月選手と組んでみてどうだった?

▼丸藤「やっぱり俺はこのリビングレジェンドを…」

▼望月「いやいや、(丸藤は)スーパースターレジェンドだからね」

▼丸藤「本当にやりやすいしかないですね。まあ、なんだかんだ言って、こうやってリング上でちょこちょこお会いさせていただいているので、リビングレジェンドと」

▼望月「なんでやりやすいか知ってます? 彼がスーパースターで、僕が一歩引いているからですよ。これがぶつかり合ったら、ほらね。そこですよ。もう持ち上げるだけ持ち上げるんで」

――望月選手は5日後にドリームゲート王座戦があるが?

▼丸藤「頑張ってください!」

▼望月「無責任な(笑) まあでもね、何の因果かN-1 VICTORYを経験してね。もちろん優勝できなかったですけど、自分は素晴らしいシングルのスキルを身に付けたと思うんで。自分の中では、この団体ではこう、この団体ではこうと分けて考えてないんで。自分は必ずN-1 VICTORYも、今日の経験も必ずドリームゲート戦に活かして。49歳が思いっきりひっくり返してやりますよ」

――丸藤選手は両国でグレート・ムタ戦が決まったが?

▼丸藤「あと1ヵ月ですか、ありますんで、自分の中で何かできるか、何か面白いことができないかって、いろいろ考えながら。リビングレジェンドのモッチーさんにも相談して」

▼望月「いや。でもね、これは僕も見たい」

▼丸藤「あっ、まだチケットあります」

▼望月「単純に見たい。いや、行くって言ってんだから、何かちょっとさ…。一応、僕ね、N-1に参戦を決意した時点で、優勝戦はエディオン、勝った人間が両国に行くと開幕前に決定したじゃないですか」

▼丸藤「ということは空いてるんだ」

▼望月「いや、空けてるんですよ。それは優勝できなかったら行かないとか、それは失礼じゃないですか。だから、僕は両国をちゃんと空けてますんで、なにかしら…」

▼丸藤「各団体さん、モッチーさんは11月2日、空いてますんで」

▼望月「おいおいおい!」

▼丸藤「オファーのほう、よろしくお願いします」

▼望月「もしかしたら、ダブルヘッダーかもしれない(笑)」

▼丸藤「ということで、ありがとうございました」

※2人は握手を交わす

▼望月「ありがとうございました」

 
【稔の話】「負けたんで、本来であればコメントなんて聞いてもらえない立場なんですが…。今日のカードを見た時点ではメチャメチャ楽しみでしたけど、『待てよ、俺とHi69くん、彼らの初タッグの引き立て役にされてるな』とも感じて、楽しみな気持ちと、腹に一物ある気持ちがありましたけど…結果負けたんで。でも気持ちいい試合ができた。負けたから腹立ってフェンス蹴って帰りかけたら、こんな粋なことをしてもらって。皆さんに感謝です。ノアのジュニアを今後も盛り上げていきたいですし、とにかく皆さんに感謝です。丸藤さんにも、望月さんにも、Hi69くんにも、ノアにも、リデット・エンターテインメントにも感謝です。ありがとうございました」

 



[11] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/05(Sat) 02:20 ID:  [No.109902]
連続投稿失礼します。

「PREMIUM PRELUDE 2019」
10月03日(木) 後楽園ホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第5試合 GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合
小川良成&鈴木鼓太郎vs原田大輔&タダスケ

【試合後の小川&鼓太郎、原田&タダスケ】
※乱闘を仕掛けたタダスケが「やれや!」と原田とともに詰め寄るが、コメントブースでは鼓太郎がベルトを振り回して撃退する

▼タダスケ「逃げんな! やれや、オイ!」

▼鼓太郎「お前ら知らねえのか。引き分けは防衛なんだよ」

▼タダスケ「ビビってんのか、オイ!?」

▼小川「ルールだよ」

▼鼓太郎「これがルールだよ。チャンピオンの特権なんだよ」

※小川と鼓太郎は去っていく

▼タダスケ「もう1回やれや!」

▼原田「逃げんなよ、オイ! もう1回やらせろ、こんなもん。こんなんでくたばるか。やるぞ、もう1回。あいつら絶対にやらせるからな。いくぞ、タダスケ。もう1回やるぞ。へこたれんわ。負けへんぞ、こんなんで。絶対もう1回」

▼タダスケ「もう1回や!」

 
第6試合 タッグマッチ
杉浦貴&藤田和之vs谷口周平&熊野準

【試合後の杉浦&藤田】
▼藤田「お疲れさま」

▼杉浦「お疲れ様でした」

※握手を交わすと、藤田が杉浦の背中を叩き

▼藤田「相棒」

――今日の手応えはどうだった?

▼藤田「手応え? 誰、あれ?」

▼杉浦「谷口」

▼藤田「誰だ? ここ(胸元)に名前貼っとけ、ここに。な? ここに名前貼っておけ。わかんねえんだ、名前。誰が誰だか、全然わかんねえよ。まあ、泥舟だからな。みんな泥だらけあからわかんねえよ。あとはリーダーに任せる。よろしく。お疲れ。ありがとう」

※藤田は先に去っていく

――藤田選手とのタッグはどうだった?

▼杉浦「まあ、悪くないでしょう。やっぱ強いからね。問題ないでしょ。強いよね」

――これから関係がどうなってくるか興味が沸いてくるが?

▼杉浦「ああ、ホント? 藤田次第じゃない? 藤田がどう…ほら、まだ相手の名前も覚えてくれてないからね。もっともっと藤田に噛みついて、何か生まれたらいいんだけどね。こればっかりはあいつをコントロールできないから。あいつ次第だよ」

――エルガン選手とのナショナル王座戦も発表となったが?

▼杉浦「そうだね。N-1負けて、ちょっと目標を失ってたけど、新しい目標ができたんで。それに向けて、両国に向けて、なんか燃えられるね、それは。嬉しいね」

――両国がさらに大舞台という感覚になってきた?

▼杉浦「とりあえず両国。両国を大成功させて。そうしたら、その先が見えると思うんで。両国、とりあえず」

――エルガン選手の印象は?

▼杉浦「まあ、こう言ったらあれだけど、やりやすい相手っていうかね。正面から当たる相手なんで。もう本当にどっちかが倒れるまでやれると思うんで。相手としてはやりやすい相手、楽しみな相手」

 【谷口の話】「藤田和之、呼べばくるんだろ? 呼べば来るんだろ? 俺が呼んで、俺がまた試合してやる」

 
第7試合 6人タッグマッチ
清宮海斗&中嶋勝彦&潮崎豪vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝

【試合後の拳王&北宮&稲村】
▼拳王「こいつらもな、今日結果を出しただろ? これがな、俺たちの強い信念ってことだ。あいつらみたいにな、会社に言われたままに動くヤツらなんか、こういう風に結果なんか出ないんだよ。俺たちみたいにイバラの道を歩いてな、プロレスリング・ノアをもっともっと輝かしいリングにしていくんだ。おい、見ただろ? あのチャンピオン、清宮の目。どこか焦点合ってねえぞ。迷ってるだろ? あんな迷っている子犬ちゃんを甘やかしたら、さらに迷うんだ。俺が清宮のピンチを救ってやるよ。そして、昔みたいに生き生きとした目に俺が戻してやるからな。おい、いいか。両国国技館は超満員で、俺が清宮からベルトを奪うからな」

※拳王が先に去っていく

▼北宮「いいか、試合で納得させて、言葉で引きつけて、俺たちがベルトを奪い取る。お前も同じ気持ちだろ?」

▼稲村「ハイ!」

▼北宮「11月、両国だ。俺たち金剛のターンまで、ベルトを磨いておけ、コノヤロー。帰るぞ!」

▼稲村「ハイ!」


【試合後の中嶋&潮崎】
――タッグ王者として敗れたが?

▼潮崎「そうだね…タイトルマッチは…」

▼中嶋「ちょっと待って。ここは俺に言わせてほしい。勝った勢いで意気揚々と語りやがって…クソ生意気だな。確かに負けたよ。負けたけど、ちょっと待てよ。ただ勝った。それだけで挑戦できるのか。今のGHCは違うだろ? 今よりももっと、価値のあるベルトにするのは、この俺たちAXIZだ。そしてこのベルトは、これまでも、そしてこれからも、崇高なる価値あるベルトだ。勝ったからその調子で、その勢いで簡単に挑戦ができるものじゃねえんだよ。だがよ、会社がそれでも挑戦権を与えるなら、考えてやってもいい。あとはファンのみんなの声だろ…」





[12] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/11(Fri) 08:47 ID:M0hUcD4E  [No.109908]
「PREMIUM PRELUDE 2019」
10月09日(水)小山市立文化センター小ホール
観衆:240人(満員)

遅くなりましたが試合結果です。
   
〈第1試合〉シングルマッチ
◯宮脇純太
7分42秒 腕ひしぎ十字固め
×岡田欣也

〈第2試合〉シングルマッチ
◯熊野準
7分14秒 アルゼンチン式ジャーマンスープレックスホールド
×ソニコ

〈第3試合〉8人タッグマッチ
◯小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司&クリス・リッジウェイ
13分51秒 リングアウト勝ち
HAYATA&×原田大輔&タダスケ&YO-HEY

〈第4試合〉タッグマッチ
◯杉浦貴&大原はじめ
10分55秒 横入り式エビ固め
齋藤彰俊&井上雅央×

〈第5試合〉6人タッグマッチ
◯中嶋勝彦&潮崎豪&丸藤正道
14分44秒 片エビ固め ※ヴァーティカル・スパイク
谷口周平&モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム×

〈第6試合〉6人タッグマッチ
清宮海斗&×Hi69&田中稔
13分13秒 サイトースープレックス→片エビ固め
拳王&◯マサ北宮&稲村愛輝


 



[13] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/11(Fri) 08:48 ID:M0hUcD4E  [No.109909]
連続投稿失礼します。

「PREMIUM PRELUDE 2019」
10月09日(水)小山市立文化センター小ホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第3試合 8人タッグマッチ
小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司&クリス・リッジウェイvsHAYATA&原田大輔&タダスケ&YO-HEY

【試合後の小川&鼓太郎】
――リングアウト決着で再戦が決まったが、その最初の前哨戦をリングアウトで制した

▼小川「再戦じゃないよ。RATEL'Sがタイトルマッチ負けて『やりたい、もう一回』って言ったらタイトルマッチが決まって成立しちゃう。それっておかしくない? シングルもそうじゃん。YO-HEYが(HAYATAに)負けて、『またやりたい』って言ってジュニアのシングルのタイトルマッチ決定。おかしくない?(笑) RATEL'Sは何言ってもいいの? RATEL'Sが『もう一回』って言ったら何べんでもタイトルマッチ成立すんの? ちょっとおかしいよ。そこは納得いかないね。なんか色々やってもいいけどさ、そういう決まり方が俺としては納得いかないし。あとは今日の試合順だってそう。今の試合(杉浦&大原vs齋藤&井上)より、絶対俺らのほうが後でしょ? そういうとこだよ。体重が重たいだけ、背が高いだけ。あ…背はみんな低いか。別にそんなにいい試合するワケじゃないのに、俺らより後。そこがホント、どうしても納得できない。ジュニアってだけで、順番が前になるのは」

――鼓太郎選手も同じ気持ち?

▼鼓太郎「そうですね。引き分けだからもう一回やらせろ…って。引き分けで俺らの防衛だから。引き分けたけど、ルール内でしっかりと俺らは防衛してるから。それで一日足らずで(再戦が)決まったからね」

――RATEL'Sが優遇されていると…

▼小川「そうだね。かなりね」

▼鼓太郎「だってもう決着ついてんじゃん。だって引き分けでも俺らが防衛してるんだから。ルールをよく知ってる俺らの勝ちでしょ」

――ジュニア軽視への問題提起もあったが?

▼小川「だって今やってる試合より、俺らの試合のほうが面白いんじゃないの? 観たい人たちも多いと思うし」

▼鼓太郎「それに体重的にはほとんどみんなジュニアじゃん。それで“ヘビーだ"って言ってるだけでしょ? 俺もそれはずっと前から言ってるからね。『ヘビー級になります』って言ったらなれちゃうんだから。そうすると上のほうで使ってもらえるんでしょ? そうじゃないと思うから。もっとリング上を見てくれって」

 
第5試合 6人タッグマッチ
中嶋勝彦&潮崎豪&丸藤正道vs谷口周平&モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム
【試合後の中嶋&潮崎】
――両国でのタッグ王座戦が正式に決まったが?

▼中嶋「会社の判断でしょう。個人的に言うと、俺が直接負けたけど、何もない試合でぱっと勝って挑戦表明。それで決まってちゃ、これまでと何も変わらないんじゃないの? (タイトル戦を多く行わずに)“ベルトの価値を上げる"って言って。それはシングルのヘビーのベルトだけなのかもしれないけど。N-1が(1試合の価値を上げる)良いきっかけになったと俺は思ったし、賛否両論あるなか、俺はそこは信じてやってきたつもりだったけど、タッグのベルトに関しては違ったのか…よく分からないけど、ただ言えることは、俺たちAXIZがこのベルトの価値を上げるってことだよ。ただ、それだけだよ」

▼潮崎「そうそう。マサ北宮、稲村愛輝。あいつらにこのベルトを輝かせることができるのか? 俺たち以上のタッグなのか? それを両国で思い知らせます」

――北宮から『健介オフィスに入門した時から、ずっと気に食わなかった』と言われたが?

▼中嶋「まぁ…ショックだよ(笑) でもまぁ、過去を気にしてたら前を向けないし。でも、向き合う気満々だってことでしょ? いいんじゃない? 感情むき出しで。闘おうじゃない!? それだけアイツも本気なんだと思うよ。俺に対しても、今のこのノアに対してもそうだし」

――退路を断つ決意のあらわれだと?

▼中嶋「カッコよく言えばそうだね。別に嫌いでも何でもいい。結果を出してみろ」

▼潮崎「俺からは…稲村! お前はそれでいいのか? もっと来いよ。かかってこい」

 
第6試合 6人タッグマッチ
清宮海斗&Hi69&田中稔vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝

【試合後の拳王&北宮&稲村】
▼拳王「おい、お前ら。俺が口酸っぱく言ってきたこと。こういうことだよ。露骨にな、やってきたな! おい会社! 親会社のリデット・エンターテインメント! 俺たちは負けないからな。俺たちは強い信念を持ってんだ! 強い信念でこのノアを変えてやるんだ! そして甘やかされてるチャンピオンから必ずベルトを奪って、俺たちが思うがままに進んでいってやるからな」

――両国の後にはリデット社から“新木場を札止めにしなければ退団&金剛解散"のハードルを課されたが?

▼拳王「そんなんでな、ぐーたら言ってる俺たちじゃねえぞ? そんなもんな、今までも何回もあったんだ。そんな試練、見えないところで、何回もな、俺たちに突きつけてきたんだ。いいよ。そのくらい。俺たちだったら必ず新木場埋められるんだ。そして俺が行きたい“あの場所"。使用申請を必ずさせてやるからな。俺たちには強い信念があるんだよ!」

▼北宮「いいか!? いつだって勢いは変わらない。11月2日、両国でチャンピオンシップは決定してるんだ。チャンピオンチームが反対コーナーにいなくても、常に存在感を発揮して、タイトルマッチを意識して、THE TOUGHが存在感を発揮する! それだけだ! 帰るぞ!!」

▼稲村「はいっ!!」





[14] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/13(Sun) 17:17 ID:FgE5ULyI  [No.109915]
「PREMIUM PRELUDE 2019」
10月11日(金) 神奈川・横浜ラジアントホール

遅くなりましたが試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯小峠篤司
10分39秒 逆さ押さえ込み
×熊野準

〈第2試合〉6人タッグマッチ
小川良成&鈴木鼓太郎&クリス・リッジウェイ◯
13分03秒 リディ・スペシャル
田中稔&宮脇純太&ソニコ×

〈第3試合〉6人タッグマッチ
◯越中詩郎&齋藤彰俊&井上雅央
9分07秒 エビ固め ※パワーボム
モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム&諸橋晴也×

〈第4試合〉タッグマッチ
中嶋勝彦&潮崎豪◯
16分00秒 片エビ固め ※豪腕ラリアット
谷口周平&Hi69×

〈第5試合〉6人タッグマッチ
杉浦貴&大原はじめ&岡田欣也×
17分42秒 エビ固め ※スプラッシュ・マウンテン
拳王&マサ北宮&稲村愛輝◯

〈第6試合〉6人タッグマッチ
清宮海斗&×HAYATA&原田大輔
18分12秒 YO-ROLL
丸藤正道&タダスケ&YO-HEY◯




[15] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/13(Sun) 17:18 ID:FgE5ULyI  [No.109916]
連続投稿失礼します。

「PREMIUM PRELUDE 2019」
10月11日(金) 神奈川・横浜ラジアントホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第4試合
中嶋勝彦&潮崎豪vs谷口周平&Hi69

【試合後の中嶋&潮崎】
――両国タッグ戦へ着実に勝ち星を積み重ねているが?

▼中嶋「今日は前哨戦じゃなかった。でもYESかNOで答えてくれよ? なぁ? タイトルマッチ決まって、俺たちAXIZの勢いは増しただろ?」

――…いえす…

▼中嶋「あぁ? 聞こえねえなあ。久々にインタビュー受けてんだ。もっと来てくれよ(笑)」

――イエス!

▼中嶋「そうだなあ! まだまだ俺たちは成長するし、AXIZとともにこのGHCタッグベルトも成長する。見てても分かるだろ? 俺たちの“愛"がさ。あふれ出てるだろ? なぁ? 両国までに俺たちの愛もどんどん溜まっていって、爆発するぞ? 楽しみにしとけ」

――潮崎選手も、いろんな“愛"を深めたり強めたりしながら両国に向かっていく?

▼潮崎「ノアのリング上で最後に勝つのは“愛"だ! そう思うだろ? “はい"か“YES"で答えろ!」

――イエス…肯定しか答えはない?

▼中嶋「そうだよ。俺たちAXIZに“否定"はないんだよ。全部愛で包んでやっから!」

 
第5試合
杉浦貴&大原はじめ&岡田欣也vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝

【試合後の拳王&北宮&稲村】
▼拳王「杉浦軍! あいつらも許さねえぞ。だがな、今は! 11月2日、両国国技館。むちゃくちゃ親会社のリデット・エンターテインメントに甘やかされてるチャンピオン。まずはお前を倒してやる。お前のベルトは必ず俺の手元に帰ってくるからな!」

▼北宮「チャンピオンシップがあっても、俺たちは常に四面楚歌なんだよ。誰が相手でも全力で闘って、自分たちの存在感を示すだけだ。帰るぞ!」

▼稲村「はいっ!!」

 
第6試合
清宮海斗&HAYATA&原田大輔vs丸藤正道&タダスケ&YO-HEY

【試合後の清宮&中嶋&潮崎】
▼清宮「違うでしょ。あいつら(金剛)のやり方は。だって今は両国に向けて、みんなで一丸になってやんなきゃいけないんじゃないの? 会社がどうとか、そういうこと言うんじゃなくて、みんなで力を合わせなきゃいけないんじゃないの?(※中嶋と潮崎に)違いますか?」

▼潮崎「こいつが言ったようにね。観にきてくれたファンの人たちのために闘いを見せる。それは共感できるよ」

▼中嶋「俺たちもGHCのタッグのベルトを持ってるし、(清宮もシングルの)ベルトを持ってるし。そういう共通点もあるしね。何より同じチャンピオンとして、両国を盛り上げる気でいるからね。(※清宮に)ただ、勘違いするなよ? 共存共栄するつもりは無いからな。いつだって俺は(※清宮のベルトを指差しながら)見てるからな。がんばれチャンプ」

▼清宮「そうだよ。今言われたとおりだよ。闘いながらこのベルトを狙ってるよ。でも俺たちが本当に願うことは、ノアを大きくすることだから。それはノアが好きだから。ノアを応援してくれてるみんなのことが好きだから。だから必ず、俺は両国で拳王を倒して、俺が新しい景色を創って、このノアを一気に引き上げたいと思います」



[16] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/14(Mon) 23:39 ID:bDg.0hFk  [No.109917]
「PREMIUM PRELUDE 2019」
10月13日(日)神戸サンボーホール
観衆:206人

遅くなりましたが試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯田中稔
7分31秒 ミノルスペシャル
×熊野準

〈第2試合〉タッグマッチ
齋藤彰俊&井上雅央×
8分03秒 片エビ固め ※ファンキーバスターボム
◯モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム

〈第3試合〉シングルマッチ
◯YO-HEY
9分30秒 エビ固め ※顔面G
×ソニコ

〈第4試合〉6人タッグマッチ
◯小川良成&小峠篤司&クリス・リッジウェイ
12分57秒 体固め ※バックドロップ
HAYATA&原田大輔&タダスケ×

〈第5試合〉8人タッグマッチ
◯杉浦貴&大原はじめ&NOSAWA論外&岡田欣也
21分43秒 体固め ※オリンピック予選スラム
丸藤正道&谷口周平&Hi69&宮脇純太×

〈第6試合〉6人タッグマッチ
◯清宮海斗&中嶋勝彦&潮崎豪
21分18秒 ストレッチプラム式フェイスロック
拳王&マサ北宮&稲村愛輝×




[17] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/14(Mon) 23:39 ID:bDg.0hFk  [No.109918]
連続投稿失礼します。

「PREMIUM PRELUDE 2019」
10月13日(日)神戸サンボーホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第4試合
小川良成&小峠篤司&クリス・リッジウェイvsHAYATA&原田大輔&タダスケ

【試合後の小川&小峠】
――鼓太郎不在でも力で挑戦者コンビをねじ伏せた

▼小川「まぁ『こんなもんかな』ってカンジだと思うし、鼓太郎帰ってきたら絶対にチームとしては負けないと思うし」

――原田&タダスケ組は4度に渡ってジュニアタッグ王座奪取に失敗しているが?

▼小川「そうだね。4回も挑戦して獲れてないし、チームの限界っていうのは、もう見えてるんじゃない? 俺と鼓太郎には追いつけないよ」

――前回よりも、より差を見せつけて防衛する?

▼小川「まぁ前回は両者リングアウトだから(笑) でも結果防衛なんで」

――今度は言い訳無用の勝ち方を?

▼小川「まぁ、今日の時点でそうでしょ。まぁ、あとはしつこいようだけど、今日の試合順だって、今やってるセミと順番違うよね。メンバー見て、どう見たって順番違うよ。しつこいようだけど。“ジュニアだから"っていうのは、もういい加減…。清宮も“新しい景色"とか言ってるけど、また川田さんを連れてきたりしてねえ? 全然新しくない。やってることが逆を行ってるよね。ちょっとチャンピオンおかしいんじゃない? ブレてると思うよ。川田さん来る時点で逆行ってるから、それは」

――現ノアジュニアの闘いで新しい景色を体現していく?

▼小川「もう見せてるでしょ、散々。見せてるんだから。この後どう会社の人が考えてくれるか、だね。(※セミファイナルのリング上をみやりながら)見てみなよ、あの冴えないメンバー。ま、あとはウチの小峠が締めるから」

▼小峠「チームとして、やっていきます!!」

 
第6試合
清宮海斗&中嶋勝彦&潮崎豪vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝

【試合後の清宮&中嶋&潮崎】
――ストレッチプラムとフェイスロックの複合技はさらに改良した?

▼清宮「川田さんのところへ行ってきて、直接あの技への思いというのを聞いてきて、今日の技で完成したと思います。今までやっていた形を直接見てもらって、川田さんが思ったことを本当に親身になって教えてくれたので。
『足をこうしたほうが効くよ』とアドバイスもいただいて。急に押しかけたんですけど、教えていただけて、本当に感謝しています」

――AXIZとの王者トリオで両国の対金剛へ一丸となったところで勝利できたが?

▼清宮「これがノアの強さだから。3人が集まったら負けることは絶対に無いから。それが今日は証明できたと思います。俺たちが組んだらこのノアで一番強いんで。刺激しかないです」

――中嶋選手は北宮に憎しみをぶつけられたが?

▼中嶋「いいんじゃない?(笑) それくらい来てくんないと」

――それをスカす場面もあったりして、弄んでいるようにも見えたが?

▼中嶋「そう感じたの? カンジちゃったんだ(笑) どんな形であれ、真っ直ぐな姿勢は良いと思うけど、それで獲れるかどうかは別問題だからねー。俺たちはGHCタッグチャンピオンのAXIZとして責任があるし。俺は俺でこのリングを盛り上げるつもりでいるし、それを分かってくれてるファンもいるし、ちゃんと感じてくれてるファンもいるからね。あと金剛の拳王も言ってた。俺たち3人『イケメン』だってよ!(笑) どうだ? 俺たちイケメンか?」

――価値観は人それぞれ…

▼中嶋「そこはYESかNOかだろ!」

――いえす…

▼中嶋「おう、イケメンだよ。イケメンチームだよ」

――潮崎選手もイケメントリオで両国に向けて…

▼潮崎「そうだね(笑) GHC、世界規模の崇高なる王位…にふさわしい闘いを両国で見せつけてやりますよ」

▼中嶋「イケメンが! このイケメンがだぞ!? 両国も愛で包んでやる。楽しみにしとけよ」

▼清宮「……これもひとつの“新しい景色"じゃないですか…?」




[18] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/16(Wed) 00:10 ID:tKXqJaxU  [No.109921]
 「PREMIUM PRELUDE 2019」
10月14日(月) 石川・金沢流通会館

遅くなりましたが試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯齋藤彰俊
10分28秒 片エビ固め ※スクイルデス
×岡田欣也

〈第2試合〉6人タッグマッチ
丸藤正道&◯Hi69&田中稔
11分17秒 体固め ※ストゥーカ・スプラッシュ
モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム&ソニコ×

〈第3試合〉シングルマッチ
◯中嶋勝彦
12分05秒 体固め ※ヴァーティカル・スパイク
×井上雅央

〈第4試合〉タッグマッチ
潮崎豪&熊野準×
17分49秒 体固め ※オリンピック予選スラム
◯杉浦貴&大原はじめ

〈第5試合〉8人タッグマッチ
小川良成&◯鈴木鼓太郎&小峠篤司&クリス・リッジウェイ
13分22秒 回転十字固め
HAYATA&原田大輔&×タダスケ&YO-HEY

〈第6試合〉6人タッグマッチ
清宮海斗&谷口周平&宮脇純太×
18分17秒 片エビ固め ※ダイビング・フットスタンプ
◯拳王&マサ北宮&稲村愛輝



[19] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/16(Wed) 00:10 ID:tKXqJaxU  [No.109922]
 連続投稿失礼します。

「PREMIUM PRELUDE 2019」
10月14日(月) 石川・金沢流通会館

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第5試合
小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司&クリス・リッジウェイvsHAYATA&原田大輔&タダスケ&YO-HEY

【試合後の小川&鼓太郎】
――前夜前哨戦は不在だった鼓太郎選手だが、今日はタダスケから直接勝った

▼鼓太郎「昨日俺がいなくても勝ってんだから、俺が戻ってきたら勝つに決まってるでしょ。昨日は小川さんに力で負けて、今日は俺に技で負けて。どうするタダスケ? あえて言おう、まだ早いと」

――タダスケは5度に渡ってGHCジュニアタッグ王座奪取を逃しているが、まだ早いと?

▼鼓太郎「挑戦重ねりゃいいってもんじゃないでしょ? 獲るヤツは一発で獲るんだよ。回数で獲れるんだったら、ポイントカードみたいじゃねえか!」

――小川選手は前哨戦連勝となったが?

▼小川「昨日も言ったけど、俺と鼓太郎のあのチームとはかなりの差があるから。それがこの結果だと思うし」

――今日は試合順がセミファイナルだったが?

▼小川「そうだね。だって前の試合(杉浦&大原vs潮崎&熊野)よりも、俺らの試合のほうが盛り上がったでしょ? これで正解だったと思うよ。まぁこれから始まるメイン(清宮&谷口&宮脇vs拳王&北宮&稲村)も今日のメンバーだったら、ちょっと微妙でしょ?」

▼鼓太郎「メインでできる器量がないのに、メインで試合すべきじゃないよね。だって向こう(RATEL'S)はジュニアのシングル持ってて、こっちはタッグとIPWジュニアも持ってて、一番ベルトがかかってるんだよ。これがノアの中心なんじゃないの?」

――両国ではぶっちぎりで勝つ?

▼鼓太郎「当たり前だよ。何度でも言ってやる。タダスケにはまだ早い」

 
第6試合
清宮海斗&谷口周平&宮脇純太vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝

【試合後の拳王&北宮&稲村】
▼拳王「今のチャンピオンは、やっぱり少し頭が抜けてるんだろうな。結構なバカさ加減。何だよ? ラーメン屋のただのオヤジに新技を教えてもらった? それがあるから両国も必ず勝てる? はぁ? ただのオヤジも『あれが決まらなかったら教えた意味がないです』だ? は? バカにすんじゃねえよ! 俺たちはな、強い信念を持ってリングに上がってるんだ! 俺たちは命をかけてリングに上がってるんだよ。なんだよ、その茶番劇は。お前には絶対に負けないからな。俺が両国でベルトを奪ってやる。そしてプロレスリング・ノアのリングをダイヤモンドのように輝かせてやるからな」

▼北宮「俺たちも同じだ。誰が相手でもテンションは1ミリも下がってない。俺たちがタッグのベルトを獲るまで、このモチベーション、この熱は上がりっぱなしで行く。帰るぞっ!!」

▼稲村「はいっ!!」





[20] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/20(Sun) 22:56 ID:4gDyJwtc  [No.109930]
12月3日・後楽園ホール大会よりノア初参戦となる外国人選手2選手が決定。


ドラゴン・ベイン
Dragon Bane
メキシコ、メキシコシティ出身/IWRG所属
タイトル歴:IWRGアイレ選手権
大叔父、父、兄がルチャドールというルチャ一家に生まれ、2010年デビュー。天性のバネと身の軽さで難易度の高い空中殺法も軽々とこなし、将来を期待されていたが、2018年9月遂に初戴冠を果たす。その時腰に巻いたIWRGアイレ王座は、400日以上経った現在も保持している。2019年、レスリング・オブザーバーが選ぶ「ルーキー・オブ・ザ・イヤー2018」にも選出され、まさにルチャの未来と呼ぶにふさわしいルチャドール。ノア初参戦で、質の高いノアジュニアに旋風を巻き起こせるか注目される。

 
イホ・デ・カニス・ルプス
Hijo de Canis Lupus
178cm/107kg
メキシコ、パチューカ出身/IWRG所属
タイトル歴:IWRGジュニアヘビー、IWRGインターコンチネンタル選手権
「狼」を意味する「カニス・ルプス」を父に持つ二世ルチャドール。2010年からそのキャリアをスタートし、2015年には父が活躍したIWRGに登場。父と抗争を繰り広げたトラウマ兄弟(Traumas)と、親子二代にわたる血で血を洗う抗争に突入する。流血戦も厭わない荒々しい面ももちながら、ルチャ一家の出身者らしく、その基礎は確固たるものがあり、今年4月にはIWRGインターコンチネンタル王座を獲得。これまでに3度の防衛を果たした実力者でもある。



[21] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/20(Sun) 22:57 ID:4gDyJwtc  [No.109931]
連続投稿失礼します。

東スポ情報ですが、天才・丸藤正道(40)が18日、魔界の住人対策を完成させたそうです。
11月2日の東京・両国国技館大会で初対決する武藤敬司(56)の化身、グレート・ムタとの一戦に向け、現世に存在する奇跡的な「魔界」を訪問。一気にムタ撃破へ自信を深めた。

 丸藤が、魔界に潜伏する自身の化身、グレート・マルからの「ゴー・トゥー・ヒア…」という姿なき声を聞いたのは18日の夕暮れだった。指定された場所は東京・六本木のホラーダイニング「Trick or Treat」。マニアには有名な空間で、鬼才と呼ばれるハリウッドの名監督ティム・バートン氏(61)も来日のたびに訪れる現世の魔界だ。

 本紙が指定された時間にドアを開けるや、日常とはかけ離れた光景が待っていた。薄暗い照明のもとで無人のイスが揺れ続け、床はギシギシと不気味な音を立てる。柱時計は異様な速度で針が回っている。まさにWWEのブレイ・ワイアットがすみかとした悪魔の館だ。右に骸骨、左にボロボロになった人形を眺めつつ、恐る恐る奥へ進むと、ろうそくの炎に照らされる天才の姿があった。

「来ないで!」。本紙を手で制した丸藤の横には、ペイントを施した悪魔のような大柄な人間が座る。オーナーのD.ZOMBIE館長(魔界年齢666歳)だ。白煙が流れる中、2人は小声で30分以上もヒソヒソ話を続ける。不安そうな丸藤の表情は、やがて生気に満ちていった。どうやら魔界対策を授かっているようだ。

 対話を終えた2人はシャンパンで乾杯。一気に飲み干すや「おいしい…。体に魔界のエキスが入ったみたいだ」と笑みを浮かべた。詳細は明かさなかったものの「邪悪な魂には邪悪の魂を。それは現世に生息する人間にも可能だということが分かった」とだけ明かした。さらには「マルの降臨がなくても勝てる。俺の中に邪悪な魔界の魂が宿ればいいわけだから」。トラースキックを急所打ちに変え、ロープで首を縛ったパーフェクトキーロック、毒霧に合わせた口元への虎王、そしておきて破りの毒霧噴射など、“邪悪攻撃”に徹すればムタなど恐れるに足りない。

「一夜だけ丸藤正道に邪悪な魂が宿るぜ。クックック…」。首をかっ切るポーズを決めた「邪悪な天才」が、歴史的な勝利を現実のものとする…との事。


[22] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/21(Mon) 08:46 ID:vi1J.5sM  [No.109935]
11月24日に開催のRATEL'S興行・新木場1stRING大会はRATEL'SvsSTINGERの全面対抗戦が行われることが決定。

一部決定カードです。

 RATEL'S興行
2019年11月24日(日) 試合開始12:00 新木場1stRING

▼4対4 綱引きマッチ
対戦カードは当日抽選で決定。

 ▼イリミネーションマッチ
HAYATA&原田大輔&タダスケ&YO-HEYvs小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司&クリス・リッジウェイ



[23] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/21(Mon) 08:46 ID:vi1J.5sM  [No.109936]
連続投稿失礼します。

「PREMIUM PRELUDE 2019」
10月20日(日)後楽園ホール
観衆:1009人

試合結果です。

〈第1試合〉タッグマッチ
齋藤彰俊&井上雅央◯
6分34秒 横入り式エビ固め
モハメド ヨネ&ロッキー川村×

〈第2試合〉シングルマッチ
◯Hi69
7分33秒 体固め ※ストゥーカ・スプラッシュ
×宮脇純太

〈第3試合〉6人タッグマッチ
◯KAZMA SAKAMOTO&大原はじめ&岡田欣也
8分58秒 エビ固め ※ポップアップ・パワーボム
クワイエット・ストーム&田中稔&諸橋晴也×

〈第4試合〉8人タッグマッチ
×小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司&クリス・リッジウェイ
14分50秒 片エビ固め ※ラリアット
HAYATA&原田大輔&◯タダスケ&YO-HEY

〈第5試合〉タッグマッチ
潮崎豪&谷口周平×
21分08秒 レフェリーストップ勝ち
※スリーパーホールド
杉浦貴&藤田和之◯

〈第6試合〉6人タッグマッチ
◯清宮海斗&中嶋勝彦&熊野準
22分24秒 ストレッチプラム式フェイスロック
拳王&マサ北宮&稲村愛輝×




[24] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/21(Mon) 23:04 ID:vi1J.5sM  [No.109938]
「PREMIUM PRELUDE 2019」
10月20日(日)後楽園ホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第4試合
小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司&クリス・リッジウェイvsHAYATA&原田大輔&タダスケ&YO-HEY

【試合後の原田&タダスケ&YO-HEY】
▼タダスケ「おい、見たか? 文句なしの完璧な3カウントや。文句ないやろ? 何回負けようがな、タイトルマッチで勝たんと意味ないねん。今日はいいあれ(手で右肩上がりのジェスチャーを見せると)になった。よっしゃ。景気づけに一発やっておくぞ。いくぞ、オー! オー! オー! オー!」

▼原田「今日のいいあれ(タダスケと同じジェスチャーを見せる)で、両国に行くから。以上」

▼YO-HEY「俺も嫁との両国での対決で、今日のあれ(タダスケと同じジェスチャーを見せる)でわかったから」

 【試合後の小川&鼓太郎】
――前哨戦は連勝中だったが?

▼小川「まあ、1回ぐらい負けたほうがね、タイトルマッチも盛り上がるし」

▼鼓太郎「あんまりこっちが本気で行き過ぎちゃうと、向こうがやる気なくしちゃうかもしれないからね」

――残りは浜松だけとなるが?

▼小川「まあ、別に俺と鼓太郎は、RATEL'Sとか、原田&タダスケとか、その辺が最終的な目標じゃないし。両国で防衛できたなら、チャンピオンのまま、ちょっとヘビーのタッグを2人で挑戦しようかなと思ってるから。ジュニアのチャンピオンのままヘビーのタッグのタイトルに全然挑戦できると思うんだよね。両国であんなグリーンボーイが挑戦できるぐらいのタイトルだからね。俺らが挑戦しても全然おかしくないと思うんで」

▼鼓太郎「トータルパウンドも。チャンピオンのトータルの体重と、こっちのトータルの体重、あんま変わらないでしょ?」

▼小川「それもそうだけど、両国の挑戦者、あんなグリーンボーイが挑戦できるタイトルだから」

▼鼓太郎「俺らのほうがよっぽど挑戦権というか、発言権はあるでしょ?」

――ベルトの価値も高められる自信があると?

▼鼓太郎「なきゃ言わないよ」

▼小川「そしてさらにこのベルト(ジュニアタッグ)の価値を高めようと」

――ジュニアタッグ王座のほうがヘビーのタッグよりも価値が上になるという意味で、二冠を獲ると?

▼小川「うん。今回のあの両国のチャレンジャー見たらね、そんな感じもするけどね」

 
第5試合
潮崎豪&谷口周平vs杉浦貴&藤田和之

【試合後の杉浦&藤田】
――谷口が相当ガンガン突っかかってきたが?

▼藤田「凄いなぁ! でもちゃんと仕留めなきゃダメだよ。こうしてちゃんと息してんだからよ。仕留めなきゃダメなんだよ! 技の使い方知らねえんだよ。だからガキだっつーんだよ! なぁ?(※杉浦に)先生! 先生、あとよろしく!」

※藤田が去る

――藤田との2度目のタッグとなったが、20分を超える試合となった

▼杉浦「まぁ、思いのほか谷口が頑張ったんじゃないかな」

――自身も谷口にハッパをかけてきたが、今日は存在感があった?

▼杉浦「うん。負けたけどね。藤田も名前覚えたんじゃない? 蹴りが“効いた"って言ってたからね。まぁ藤田が言ってたように仕留めないといけない。闘いだからね。存在感だけ示すんだったら、ヤングボーイでもできる。仕留めないと」

――藤田ともっと組んでみたい気持ちは?

▼杉浦「まぁそうだね。彼まだホラ、犬Tシャツ着てくれてないから。まだどこかで心閉ざしてる部分があるから。それが開くまで。心が開くまで。犬アレルギーらしいから、彼。だから着たくないって言ってんだけど…」

――自身は両国に向けて好調キープに見えるが…

▼杉浦「そうでしょ。見たとおりだよ。潮崎とやりあったけど、アイツと当たればね。なにかの前哨戦じゃなくたって、あれだけできる。だから逆に言えば谷口も、前哨戦でも何でもない試合でも、あれくらい来て俺らとやりあったら、もっともっと上のステージに立てると思う。藤田戦が決まったから、ああやって藤田に行くのもいいけど、普段からやっとけ、っていうのはあるよね」

 【潮崎の話】「落ちた、谷口…。(谷口がセコンドの肩を借りて戻ってくると)またやるぞ。またやるぞ!」

 
第6試合
清宮海斗&中嶋勝彦&熊野準vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝

【試合後の清宮】
▼清宮「迷ってなんかないですよ。もう両国はすぐそこまで来ているんですから。今さら、そんな迷っているなんてことは絶対ないです。さっきもリング上で言いましたけど、今までたくさんプレッシャーはあったけど、その分、それよりも大きなお客さんの声援があったからここまで来れたわけで。1人じゃないんで。会社を批判しているようなあいつらにベルトを獲られるわけにはいきません」

――「聞き飽きた」という発言があったが、もう拳王選手の言葉のアピールはいいと?

▼清宮「もういらないでしょ。ここまで来たら、会社とかじゃなくて、俺と拳王の戦いだから。もう戦いで、お客さんに見せればいいと思っているから、俺は」

――両国大会まで残り少ないが、改めてそれに向けての思いを

▼清宮「これから本当にもっともっと両国に向けて加熱していくと思うので。両国までにしっかりこのベルトの重み、お客さんの気持ちっていうのを改めて自分の中でしっかり頭に入れて、ノアの歴史をちゃんと自分が繋いでいく、そういう思いで、GHCの新しいベルトを俺が獲って、両国で新しい景色を見せたいと思います」

 【試合後の拳王&北宮&稲村】
▼拳王「清宮海斗。海外遠征から帰ってきてからの目と今の目…違えだろ? なに迷ってんだよ? 全然生き生きしてねえだろ? プレッシャーに押し殺されそうな目してるだろ? 清宮、いいか。お前はな、まだまだ足りないもんがあるんだよ。急ぎすぎなんだよ。清宮、俺がな、お前を11月2日、両国国技館で楽にしてやるからな」

▼北宮「今日みたいなマイクだよ。そういうところだ。真剣に感情を出して、怒ったり、苦しい気持ちを表したりする。そういうこともできずに、人を茶化して、ヘラヘラと笑いに走る。そういうところが本当に大嫌いなんだよ。少しはこいつ(稲村)を見習ってよ、泥臭くても、感情むき出しで、もっとバチバチやれよ。な? 試合でスカして、マイクでスカして、何が面白いんだよ。11月2日、両国国技館でお前のその曲がりきった根性を、全て俺たち2人が叩き直してやるよ。帰るぞ!」

▼稲村「はい!」



[25] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/21(Mon) 23:04 ID:vi1J.5sM  [No.109939]
連続投稿失礼します。

11月2日、両国国技館で行われる『GHCナショナル選手権初代王者決定戦 杉浦貴vsマイケル・エルガン』の特別立会人として長州力氏の来場が決定。
大会当日、GHCナショナル選手権におけるベルトのお披露目、初代王者へのベルト贈呈を行うそうです。

また、11・2両国大会の一部対戦カード変更のお知らせがありました。

ソニコが足の怪我のため両国大会を欠場。その為一部対戦カードが変更。
そして西村修の参戦が決定。
桜庭和志と6人タッグで対決します。


「NOAH the BEST 2019〜美学のある闘い〜」
11月2日(土) 試合開始17:00 両国国技館

▼GHCヘビー級選手権試合
(第32代選手権者)清宮海斗 vs 拳王(挑戦者/N-1 VICTORY2019 優勝者)

▼GHCナショナル選手権初代王者決定戦
 杉浦貴vsマイケル・エルガン

▼スペシャルシングルマッチ
 丸藤正道 vs グレート・ムタ

▼GHCタッグ選手権試合
(第51代選手権者)中嶋勝彦&潮崎豪 vs マサ北宮&稲村愛輝(挑戦者)

▼GHCジュニア・ヘビー級選手権試合
(第40代選手権者)HAYATA vs YO-HEY(挑戦者)

 ▼GHCタッグ選手権試合

(第36代選手権者)小川良成&鈴木鼓太郎 vs 原田大輔&タダスケ(挑戦者)

▼シングルマッチ
 谷口周平vs藤田和之

▼6人タッグマッチ
 エディ・エドワーズ&小峠篤司&クリス・リッジウェイvs望月成晃&田中稔&スペル・クレイジー

※変更カード
▼6人タッグマッチ
 桜庭和志&大原はじめ&NOSAWA論外vs西村修&Hi69&宮脇純太

▼タッグマッチ
 本田多聞&百田光雄 vs 齋藤彰俊&井上雅央

▼6人タッグマッチ
 モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム&熊野準vs KAZMA SAKAMOTO&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.&岡田欣也

 



[26] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/22(Tue) 23:31 ID:5pOefa3w  [No.109941]
「PREMIUM PRELUDE 2019」
10月22日(火)アクトシティ浜松

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
×宮脇純太
9分03秒 クリップラークロスフェイス
◯諸橋晴也

〈第2試合〉タッグマッチ
◯Hi69&田中稔
10分48秒 片エビ固め ※ストゥーカ・スプラッシュ
NOSAWA論外&岡田欣也×

〈第3試合〉タッグマッチ
◯モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム
10分37秒 片エビ固め ※ファンキーバスターボム
齋藤彰俊&井上雅央×

〈第4試合〉6人タッグマッチ
杉浦貴&×KAZMA SAKAMOTO&大原はじめ
13分28秒 ワイバーンキャッチ
◯谷口周平&越中詩郎&熊野準

〈第5試合〉8人タッグマッチ
小川良成&△鈴木鼓太郎&小峠篤司&クリス・リッジウェイ
30分00秒 時間切れ引き分け
HAYATA&△原田大輔&タダスケ&YO-HEY

〈第6試合〉6人タッグマッチ
×清宮海斗&中嶋勝彦&潮崎豪
19分54秒 レフェリーストップ ※拳王のダイビング・フットスタンプ
拳王&マサ北宮&稲村愛輝◯



[27] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/23(Wed) 23:52 ID:0/2hWa5Q  [No.109943]
「PREMIUM PRELUDE 2019」
10月22日(火)アクトシティ浜松

遅くなりましたが試合後のコメントです。
この日のメインですが、タイガースープレックスで稲村を捉えた清宮に拳王がダイビングフットスタンプを仕掛け、王者・清宮が衝撃KO…
タンカ送りになり浜松の会場が騒然となったそうです。


第1試合
宮脇純太vs諸橋晴也
【試合後の諸橋】
――急きょ参戦で宮脇と対決したが?

▼諸橋「自分のなかでは、プロレスって楽しいものだから。基本的にはもう、プロレスっていう仕事を楽しむ。闘いを楽しむ。それしか考えてないんで。相手が純太だっていうのも、少しは意識しましたけど、いつも通り、とにかく楽しもうって。そうすればお客さんにも伝わるから」

――ノアジュニアでの闘いについては?

▼諸橋「今はスポット的な参戦。今日も欠場者があっての参戦でしたけど、自分のなかでは、とにかくいつでも準備して。ノアのリングに上がれる状態をキープしてるんでね。いつ呼ばれてもいいように準備するだけ。それだけです!」

 
第4試合
杉浦貴&KAZMA SAKAMOTO&大原はじめvs谷口周平&越中詩郎&熊野準

【試合後の谷口】
――杉浦軍狩りで藤田戦へ弾みをつけたが?

▼谷口「藤田和之、次は必ず仕留めてみせます」

――『俺は息してる、仕留めきれてねえ』と藤田は言っていたが?

▼谷口「両国では何もしゃべれないぐらい、完全に仕留めきってみせますんで。KOでもなんでも、仕留めるだけです。息の根をしっかり止めてみせたいと思います」

――改めて対戦してみての藤田の印象は?

▼谷口「強烈は強烈です。だけど、そんな藤田の強烈さ、力強さを受け止めて、それ以上の力でねじ伏せていきたいと思います」

 
第5試合
小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司&クリス・リッジウェイvsHAYATA&原田大輔&タダスケ&YO-HEY

【試合後の小川&鼓太郎】
――前哨戦はこれで最後、フルタイムとなったが?

▼鼓太郎「つかれた…。皮肉にもロード・トゥ・両国になってしまったからね。決着つけるよ」

▼小川「両国で決着つけて、結果出せば、それで済むことなんで。あと(RATEL'S興行の11・24)新木場は、お客さんがいっぱいにならなかったら、RATEL'S解散で、原田が退団する…ってことになったらしいから。さっき会社で決まったらしいんで、凄い楽しみなんで。俺ら出るからお客さんいっぱいになっちゃうかもしれないけど(笑)」

――決定事項ではないような…?

▼鼓太郎「小川さんが言ってんだから決定だよ!」

――ではそのためにも両国では防衛すると

▼鼓太郎「まぁそれは前提だよね」

▼小川「だから両国はステップであって、その後だよね。俺と鼓太郎でヘビーに挑戦しようと思ってるから。防衛してジュニアのベルトを持ったまま…ね」

 【試合後の原田&タダスケ&HAYATA&YO-HEY】
――決着をつけることができなかったが?

▼原田「悔しいな! あとちょっとやった! 後楽園でタダスケが取ってくれたから、今日も勝って(※上昇するジェスチャーで)アレしたかったんやけど。あとちょっとやった! あとちょっとやった! ごめん! 悔しい!」

▼タダスケ「まぁ今日は決着つかんかったけどな、両国で(※上昇するジェスチャーで)アレして、完全決着やから。俺は疲れたからこの辺で」

※タダスケが去る、そこに乗じてHAYATAもしれっと去る

▼原田「両国がすべての終わりじゃないぞ。(11・24新木場の)RATEL'SvsSTINGER、全面対抗戦。それで俺たちが(※上昇するジェスチャーで)アレするさかいにな」

※原田が去る

▼YO-HEY「俺もひとつだけ。両国でHAYATAを相手に(※上昇するジェスチャーで)アレするから!」

 
第6試合
清宮海斗&中嶋勝彦&潮崎豪vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝

【試合後の拳王&北宮&稲村】
▼拳王「見ただろ! 清宮なんて今日も試合前のアップなんてひとつもしてねーだろ? リデットが用意したプロモーションしてて、柔軟体操もしてねーんじゃねーのか!? このままだったらな、清宮自身が潰れてしまうんだよ! なにをデビュー3、4年の若者に重荷を背負わせてんだ? もう一度言うぞ! リデット・エンターテインメント、テメーらのやり方はパワハラだけじゃねえぞ? 一人の人間を潰す気か? 俺が必ずラクにしてやるよ。そして俺が、ノアのリングを今以上にダイヤモンドのように輝くリングにしてやるからな! テメーら! 俺に……ついてこい」

▼北宮「泣いても笑っても、もう両国を残すのみだ。ヤツらの…AXIZの強さを、俺たちのタフネスが上回る。そして勝つ!! 帰るぞ!!!」

▼稲村「はいっ!!」



[28] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/23(Wed) 23:54 ID:0/2hWa5Q  [No.109944]
10月22日・アクトシティ浜松大会 メインイベントにおいて、負傷によるレフェリーストップとなった清宮海斗の病状ですが、病院での診断の結果、頚椎捻挫による一週間の安静…。
現在、手足に痺れや麻痺などの症状は無く、意識もしっかりとしているそうです。

ただ当初、出場予定していた10月27日のイベントは欠場…。
しかし11月2日・両国国技館大会には出場予定との事です。

 



[29] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/25(Fri) 09:08 ID:eKZ0Gg26  [No.109945]
11月2日・両国国技館大会へ第6代GHCヘビー級選手権者・小橋建太氏の来場が決定。

小橋建太氏はGHCヘビー級選手権試合の特別立会人を行うそうです。

試合前、これまで数々の歴史を重ねてきた現GHCヘビー級ベルトの返還と清宮海斗vs拳王の勝者へ新GHCヘビー級ベルトの贈呈を行う模様。

また、両国大会前日11月1日・ホテルメトロポリタン エドモント 1F クリスタルホールにて行う11・2両国大会前日会見へも来場するとの事。


[30] fun◇YtKXN/LQ - 2019/10/25(Fri) 23:36 ID:eKZ0Gg26  [No.109949]
東スポ情報ですが、ノアの親会社リデットエンターテインメントの長州力会長(67)が25日、11月2日両国国技館大会で“野獣”藤田和之(49)との一騎打ちに臨む大器・谷口周平(43)と約1時間の“緊急特訓”を敢行したそうです。

 この日は谷口の熱望が通った格好で、長州は会長就任後、初めてさいたま市のノア道場を訪れた。谷口のあいさつを受けると「まあ一日じゃ何にも教えられないけどな…。キャリアは14年? 自衛隊にいたんよな。大学は徳山大学? そうかそうか」と山口・徳山市(現周南市)出身の長州からは笑みがこぼれた。谷口は直立不動で1ミリも動くことなく両手を後ろに組み、ミュンヘン五輪出場も果たしたレスリングの大先輩の言葉を、真摯に受け止めた。

 そのまま指導はリング内へと移動。谷口と若手の宮脇純太(22)のスパーリングに熱い視線を送ると「オイ、受け身をやってみろ」と指示。細かく2人の受け身をチェックし始めた。「技がどうとかじゃない。試合中に叫んだり、意味のないアピールはするなよ」と、独特の厳しいオーラを全身から放ちつつアドバイスを送った。

 今回の藤田戦が正念場となる谷口に対し、長州は「藤田は格闘技戦に行っちゃってプロレスをやってた期間は短かったけど、いつも格闘技の試合見てましたよ。最近はプロレスのほうが多くなったようだけどね。今回は勝ち負けじゃない。どっちが勝っても負けても花は咲きますよ」と独特の表現でエール。6月の引退試合以来、初めて会長として試合を観戦する方針だ。

「両国でしっかりと花を咲かせて、一気に突き抜けたい。内容も結果も残したい」と鬼の表情に転じて語った谷口。これまでシングルの栄冠にはなかなか手が届かなかった大器は、両国決戦を機に一大飛躍を狙う…との事。


[31] fun◇YtKXN/LQ - 2019/11/02(Sat) 06:54 ID:  [No.109951]
1日に行われた11・2両国大会前日会見の模様です。

【前日公開会見開始に際して】
▼武田社長「本日はお忙しいなか、お越しくださいまして誠にありがとうございます。いよいよ明日に迫りましたプロレスリング・ノア、年間最大のビッグマッチ、両国国技館大会。最高のカード、最高の闘いで必ず将来のノアを語るうえでひじょうに重要な、素晴らしい大会にしたいと思います。来年ノアは旗揚げ20周年を迎えます。20周年前最後のビッグマッチとして、あすの大会は集客にとにかくこだわって最後まで頑張っていきたいと思います。現状の券売率は70\%です。あと30\%埋めて、初めて成功と言えると思います。引き続き皆様応援のほどよろしくお願いいたします」


【GHCジュニアタッグ王座戦調印式】
※王者の小川良成&鈴木鼓太郎組は不参加(※サイン済み)、原田とタダスケは悩んだ末にサイン

▼原田「……(長考の末)うーん……チャンピオンチームがこない。そんな調印式、俺はやる必要ないと思います。こんなところにも居たくないくらいです」

▼タダスケ「ベルトを獲ることしか考えていません。そして今すごく憤りを感じています。チャンピオンチームがいない、ベルトもない。ここにいる意味はないので失礼します」

※そう言って二人で席を立って途中退場


【GHCジュニア王座戦調印式】
▼YO-HEY「(※妙な声で)コンニチハ。9月の大阪大会でこの嫁さんのHAYATAに挑戦したワケですけど、やられたヤツがこんなこと言うのもナンですが、再戦をのんでくれた。そこは感謝したいのですが…ひとつ言いたいのが、mixiでも言ったんですけど、自信がなければ再戦なんて申し込まないですし。いろんなものを…ファンからの期待、そして他のジュニアの選手からしても『なんで負けた分際のお前がまた挑戦できんねん!』とかいろんな文句があると思いますけど、そういったものすべてを背負って、挑戦をするからには、当たり前にYO-HEYちゃんがぺろろろろろろろ…ぺ…おえ……勝ちます♪」

▼HAYATA「……(マイクをとって同じやと言うかと思いきやマイクを置く)」


【GHCナショナル初代王者決定戦調印式】
▼エルガン「2003年からレスリングを始めて、ずっとゴールとしていたのがノアで試合をすることだった。そして16年後に実現できた。しかも思っていた以上の状況で。勝ったほうが唯一無二のGHC初代ナショナル王者になれるんだ。相手はスギウラだ。自分もノアでの彼の闘いをずっと見てきた。力をすべて出し切ってくるだろうし、強くてタフだ。そして常に“闘う"準備ができている男だ。でも知っての通り、マイケル・エルガンも“闘う"スタイルにこだわっている。だから明日は必ず初代GHCナショナル王者になってみせる」

▼杉浦「今この場で初めて新設されたベルトを見たんですけど、まだ正面から見ていないので、早く手にとってじっくり見てみたい気持ちです。あすの両国はノアが勝負をかけた今年最大のビッグマッチ。そのなかで新設されたベルトに挑戦できる。そして対戦相手が強くてタフで知名度も十分あるマイケル・エルガン選手。すべての最高の条件というか、舞台が揃ったと思ってます。ひじょうに楽しみにしています。あす、皆様に最高のものを提供して、そして最後は自分が必ず勝ちたいと思います。応援よろしくお願いします」

 
※立会人の小橋建太さん登場

【GHCタッグ王座戦調印式】
▼稲村「あす両国で初めてベルトに挑戦させていただきます。稲村愛輝です。AXIZをすべて受け止めて、タフにこのベルトを獲りたいと思います。よろしくお願いします」

▼北宮「どれだけリングで吠えようと、バックヤードで吠えようと、SNSで吠えようと、『中嶋勝彦が大嫌いだ!』と吠えようと、明日のチャンピオンシップで勝たなければまったく意味をなさない。まったく“無い"ものになります。“勝って官軍、負けて賊軍"という言葉があるように、勝者が言ったことはすべて正論、負けた者が言ったことはすべて絵空事(えぞらごと)、戯言(たわごと)になります。これまで金剛として、THE TOUGHとして、マサ北宮個人としてやってきたことをすべて肯定するために、明日は死にもの狂いでベルトを獲りに行きます。以上!」

▼潮崎「こんにちは。ノアの潮崎、AXIZの潮崎です。明日のGHCタッグタイトルマッチは、この体のデカい二人が受け止めきれないほどの“愛"をぶつけたいと思います。そしてAXIZの愛で包みこんで、このGHCタッグのベルトを守ります。応援よろしくお願いします」

▼中嶋「挑戦者の意気込み聞いた? 興奮するよね(笑) まぁ俺は、みんなも良く知ってると思うけど、変わらず俺は大好きだから。その愛をもってリングに上がるし、ノアに対して、また明日来てくれるみんなに対しての愛をもって、俺たちAXIZはリングに上がり、そしてこの二つのベルトを俺たちのもとに戻したいと思ってます。みんな“感じる"準備はできてるか? ノーでもイエスでもいい。でもノーと言ったら、それが明日、イエスに変わるから。そして、明日の両国。みんなの期待以上に俺たちAXIZがすべてをのみこんで、みんなの中心、ノアの中心に改めてなるよ。応援よろしく」

▼小橋さん「この歴史のあるGHCタッグ戦が、明日の両国では11試合中8試合目。その現実をしっかりこの4人が受け止めて、後ろにあるシングルマッチ3試合にすごいプレッシャーをかけるくらいのGHCタッグ戦をして欲しいと思います」


【GHCヘビー級王座戦前日会見】

※席につく前ににらみ合う

▼拳王「おい! 清宮。なんだよお前、ピンピンしてるな。1週間くらいずっとダンマリ決め込んでて、何だよお前。携帯なくしたのか? パソコン壊れたのか? タブレット、どっかいっちまったのか? なにダンマリ決めてんだよ。あ!? どうせ言われたんだろ?会社に……いや! 親会社のリデット・エンターテインメントに。おい清宮! 今がチャンスだ。黙っておけ。黙っておけば『清宮大丈夫?』『清宮かわいそう』『清宮、ホントに両国に立てるの?』…そう思われたいがために、リデットに言われたんだろ? 『拳王は最悪だ!』『拳王はプロなのに相手に怪我をさせてプロ失格だ!』。そう思わせたいがためだけにダンマリ決めてたんだろ? まぁいいよ! 今日清宮、テメーの姿をみて安心したよ。明日はな、もう一度“プロのフットスタンプ"でお前を倒してやるからな」

▼清宮「まず皆さんに、本当にこの一週間、首の怪我ということでご心配をおかけしました。でも今はもう大丈夫です。100%治ってます。これがまず一番最初に、今日来てくださった皆さんとYouTubeでもライブで見てくださっている皆さんに伝えたかったことです。皆さんの前に出てくる時は、心身ともに自分が本当に100\%の状態でないと出たくなかったので、首の怪我も俺は光の速さで直して、ここまでやってきました。両国大会、俺が光になって、必ずベルトを防衛して、みんなと一緒に新しい景色を見たいと思います。応援よろしくお願いします!」

▼小橋さん「この試合からノア史上初めてベルトが変わります。GHCの名を重んじ、歴史を感じ、これがGHCだ!という試合を二人に期待しています」

【質疑応答】
――拳王選手、戦前のフットスタンプは『やりすぎだ』という声もあったが?

▼拳王「今の日本のプロレス界…いや、世界のプロレス界で、フットスタンプ一発で、あれだけ話題を持っていけるヤツいるか? 俺だけだろ? あの浜松の一発だけで、清宮が新技を伝授されたこと…“ただのラーメン屋のオッサン"に技を伝授されたことなんてもう消えてるだろ? 俺はこのフットスタンプ一発で、これだけ話題をかっさらった。これこそが“プロ"のフットスタンプだ」

 ――何か反論があれば

▼清宮「ずっと言いたいことがあって。前哨戦で僕は新兵器を創り出して、これまでも散々自分のことをバカにされてきましたけど、俺以外の自分に協力してくれた人のことをバカにするのは俺、ホントに許せないんで。(※拳王に)もう言うなよ、お前。あとフットスタンプに関しては、今まで前哨戦でずっと熱くやりあってきたので、そこはもう覚悟をもって拳王がやった技なんだ…っていうのは俺も分かります。でも次来たら、完全に受け身をとる自信はあるので、もうどれだけやって来ようが、首をせめてこようが関係ないですね」

― ―清宮選手は『100%治っている』と断言したが、額面通りに受け取る?

▼拳王「今日、会見に入場してくる姿をみて、俺は100%治ってると思った。でも、100%治ってるからと言ってもな、俺はあす“ラーメン屋のオッサンの技"では絶対にやられないからな。明日はな、俺の“プロのフットスタンプ"でお前を倒してやる」

 
――エルガン選手、改めてノアへの印象と杉浦選手に対する印象を

▼エルガン「長い間、ノアは世界でもベストの舞台だと思ってきた。他の団体とはスタイルも違うし、自分がレスリングファンだった頃に好きだったスタイルで、自分自身もそれを愛してきた。プロフェッショナル・レスリングと言うにふさわしいスタイルだ。明日の両国で闘うスギウラは自分が求めている理想のレスラー像すべてを兼ね備えた選手。同時に、今まで自分が信じてきたことを確かめる、ファイターとしてテストされる舞台になるとも思っている」

 ――ナショナル王座は基本国内のみで王座戦が開催されるベルトだが、コンセプト含めて杉浦選手は勝ったらどんな王者になっていきたい?

▼杉浦「国内での試合限定というのもありますし、階級もジュニアもヘビーも関係ないというね。いろんな枠組みが取っ払われると思うんで。そこは他の日本の団体、世界の団体からもノアに上がってくれるようにやれると思うんでね。ひじょうに動きやすい、楽しみなベルトです。そしてやっぱり、そのベルトの価値を高めて、他のベルトの価値をおびやかすベルトにしていきたいと思います」

 ――丸藤選手はグレート・ムタ戦直前の心境は?

▼丸藤「思いうんぬんの前に今日来てみてビックリしたんですよね。会見だって言われて来て、さっき進行表をみたら俺がしゃべる部分がまず無くて(笑) これだけ自分の中で盛り上がって来てるのに、質問されなかったら今日俺、なにもしゃべれないのかな…って(笑) すごい不安だったんですけど、ありがとうございます。まず前日だろうとなんだろうとリラックスしてるし、先日アメリカとカナダに行って、良い経験積んで怪我なく帰ってきて、今日このタイトルマッチの調印式からあぶれてしまっている…という現実はあるんですけど、それでもなお自分のテンションは上がり続けてるし。自分がプロレスファンだった頃、タイトルマッチでなくても“誰と誰がプロレスをする"っていうだけで、ワクワクするっていうか…そういう領域にようやく一歩踏み込めてきたかなと。自他ともに認める“世界の"グレート・ムタと、22年、プロレスをしてきてようやく少しそういう領域に踏み込めた丸藤というレスラー。これを純粋に楽しんでほしいし、もしかしたらここにいるレスラーたちも“ムタvs丸藤"っていうのを楽しみにしてくれてるのかもしれないし、なんならここにいない百田光雄さんや本田多聞さんも楽しみにしてくれてると思うので。タイトルマッチとかも気になると思うんですけど、俺もそうだし、今日ここに来てるみんなもそうだし、今日来られなかったとしても明日会場に来てくれる人もそうだし、来なくてもテレビで観る人たち…そういう人たちがすげーワクワクするようなものを入場から終わりまで見せたいと思ってます。楽しみにしていてください」

 



[32] fun◇YtKXN/LQ - 2019/11/03(Sun) 08:45 ID:  [No.109952]
「NOAH the BEST 2019〜美学のある闘い〜」
11月02日(土)両国国技館
観衆:5523人(満員)

試合結果です。

〈第1試合〉6人タッグマッチ
モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム&熊野準×
6分08秒 ムーンサルトプレス → 片エビ固め
KAZMA SAKAMOTO&◯イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.&岡田欣也

〈第2試合〉タッグマッチ
齋藤彰俊&井上雅央×
10分10秒 サムソンクラッチ
本田多聞&百田光雄◯

〈第3試合〉6人タッグマッチ
◯桜庭和志&大原はじめ&NOSAWA論外
8分20秒 足4の字固め
西村修&×Hi69&宮脇純太

〈第4試合〉6人タッグマッチ
◯エディ・エドワーズ&小峠篤司&クリス・リッジウェイ
11分30秒 ボストン・ニー・パーティ → 片エビ固め
望月成晃&田中稔&スペル・クレイジー×

〈第5試合〉シングルマッチ
×谷口周平
7分57秒 レフェリーストップ ※スリーパーホールド
◯藤田和之

〈第6試合〉GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合
(王者組)小川良成&鈴木鼓太郎×
10分58秒 アウトキャスト → 片エビ固め
(挑戦者組)原田大輔&タダスケ◯
※原田大輔&タダスケ組が第37代王者となる

〈第7試合〉GHCジュニア・ヘビー級選手権試合
(王者)◯HAYATA
14分11秒 ヘデック→片エビ固め
(挑戦者)×YO-HEY
※HAYATAが2度目の防衛に成功

〈第8試合〉GHCタッグ選手権試合
(王者組)◯中嶋勝彦&潮崎豪
17分02秒 ヴァーティカルスパイク→体固め
(挑戦者組)×マサ北宮&稲村愛輝
※中嶋勝彦、潮ア豪組が3度目の防衛に成功

〈第9試合〉スペシャルシングルマッチ
×丸藤正道
12分05秒 シャイニングウィザード→体固め
◯グレート・ムタ

〈第10試合〉GHCナショナル選手権初代王者決定戦
◯杉浦貴
21分35秒 オリンピック予選スラム→体固め
×マイケル・エルガン
※杉浦貴が初代王者となる

〈第11試合〉GHCヘビー級選手権試合
(王者)◯清宮海斗
31分10秒 タイガースプレックスホールド
(挑戦者)×拳王
※清宮海斗が6度目の防衛に成功
 


[33] 彼方 - 2019/11/03(Sun) 09:28 ID:  [No.109953]
1年2か月ぶりにNOAH生観戦してきました。昨年9月1日の両国以来です。
昔この掲示板でよく観戦記を書いてたんですが、それを思い出しつつ久しぶりに書きたいと思います。

★2019年11月02日 (土) NOAH the BEST 2019〜美学のある闘い〜

<試合前>
時間ギリギリに着きましたが、なかなかの賑わい。
両国国技館だと入ってすぐのロビーの両側が必然的に売店になるのですが、女の子の売り子がえらい多い!(笑) NOAHって前からこうでしたっけ。
とりあえずパンフレット2000円のみ買って2階席へ向かいます。

<開始直後>
そして17:00ほぼぴったりに開始。まずオフィシャルコメンテーターを務める小橋建太さんが「GRAND SWORD」に乗って入場。ちょっと前説と「いくぞー!」の大合唱。猪木氏みたいなポジションですね…(笑)

<試合>
[第1試合]ヨネ・ストーム・×熊野 vs KAZMA・〇イホ・デ・ドクトルワグナーJr.・岡田
6人タッグでしたが6分くらいの短い試合でした。正直あまり印象に残っていません。イホ・デ・ドクトルワグナーJr.は初めて見ましたが、ファイトスタイルといいアピールの仕方といい、やっぱり何となく親父に似てますね。親父ほどの貫禄は流石にまだ無いですが。

[第2試合]彰俊・雅央 vs 多聞・百田
ロッキーのテーマで百田が入場して、レフェリーがマイティ井上。明らかに狙って「昔のNOAHの前座」を演出した試合です。
内容も「あ〜NOAHって前座はこんな感じだったなあ」と思わせるまったり試合。流石に百田も多聞も動きが悪くなってきましたが、そこは歳と練習量の問題でしょうから仕方ない。逆に言えば彰俊と雅央があんまり変わってない感があります。
雅央が多聞をスリーパーで捕まえた時、多聞が雅央のお株を奪って「レフェリー、チョーク!」ってアピールしてるのには笑わせてもらいました。そして覗き込んだマイティが、わざわざ本当にチョーク状態に手直しして反則カウントを取るという(笑)
ちなみに全11試合を通して、試合中に反則でブーイングを食らったのはこの雅央だけでした(笑)

[第3試合]〇桜庭・大原・論外 vs 西村・×Hi69・宮脇
かなり異色な組み合わせでしたがこれが結構面白かった。8分程度でしたが個々の色が良く出た試合だったと思います。
西村は相変わらず巧いですね〜。この面子だと体が大きいからそう見えた部分もありますが、1人だけ格が違う。欲を言うなら桜庭との絡みはもう少し見たかった。
その桜庭は、ちょっと周りに合わせ過ぎかも…。ああ見えて結構クラシックなプロレスが好きなんでしょうけど、そこに染まっちゃうと彼の色が消えてしまうんですよね。
関節さえ取れば鉄板で沸くわけだし、実際膝十字→足4の字でフィニッシュの流れは目を見張るものがありました。ほかのレスラーに無い武器を持ってるのに勿体ない気がしますね。
あとジュニアはいつも通りかなと。大原と論外は随分スムーズに連携出しますね。大原が東京愚連隊に入ってもそのまま通用しそう。宮脇はいい選手だと自分は思うんですけど、もっとチャンス来ないのかな。

[第4試合]〇エディ・小峠・クリス vs 望月・稔・×クレイジー
しばらくぶりのエディ・エドワーズ参戦。髭生やしてストリートファイトっぽい格好になっても人気は変わらずです。もっと日本にも来て欲しいなー。
外国人がメインで日本人が引き立て役に回ってる印象を持った試合でした。クリス・リッジウェイは初めて見ましたが、格闘技のバックボーンがあるんですね。道理でいい蹴りしてるはずだ。

[第5試合]×谷口 vs 〇藤田和之
藤田相手に谷口がどこまで暴れられるか。この試合の見どころはこの1点でした。
予想はしてましたが、短く激しい試合。最初睨み合いが長く続きましたが。いざロックアップしたらその後は速かった。谷口が藤田を痛めつけ、マイバッハプレス2発行ったものの仕留められずに形勢逆転。後は藤田が顔面サッカーボールキック2発からスリーパーで落としてレフェリーストップ。
面白いか面白くないかで言えば緊張感も十分あって面白かったのですが、谷口だったらこれくらいは出来るよなあ…とも思ったのが正直なところです。

[第6試合]小川・×鼓太郎 vs 原田・〇タダスケ
初めて組んだのが15年前という、長〜い歴史がある小川と鼓太郎。(ちなみにその時の観戦記が下記です。興味があれば下のURLの頭にhを足して飛んでみて下さい)
ttp://noah-navi.com/kansen/n20040403differ.html
原田とタダスケも組んで長いですが、流石にキャリアと巧さの面では小川と鼓太郎にはかないません。見てた時は鼓太郎がタダスケにエンドレスワルツで決まりかと思ったのですが、そこから一気に試合がひっくり返ったからびっくりというか、え?という感じ。最後はタダスケが鼓太郎にアウトキャストを決めて自ら初戴冠に華を添えました。

長くなった今回はここまで。後は晩に書きたいと思います。


[34] ebi - 2019/11/03(Sun) 09:38 ID:  [No.109954]
両国行ってきました。
すごい試合ばかりでNOAHの底力を見せつけられた気がします。
選手も会社も、そしてファンの方々も本気でNOAHを盛り上げていこうという熱気で溢れていたと思いました。


[35] fun◇YtKXN/LQ - 2019/11/04(Mon) 00:11 ID:  [No.109956]
〉〉彼方さん、ebiさん

観戦記ありがとうございます。
日テレG+での放送楽しみにしています。


「NOAH the BEST 2019〜美学のある闘い〜」
11月02日(土)両国国技館

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第1試合
モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム&熊野準vsKAZMA SAKAMOTO&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.&岡田欣也

【試合後のKAZMA&ワグナーJr.&岡田】
▼KAZMA「新生ノア、リデットになって初めての両国大会、第1試合しっかり締めれてよかったと思います。アミーゴ凄いよ」

▼ワグナーJr.「俺は戻ってきた。このノアにもう一度な。ビバ・メヒコ(と岡田の肩を叩く)」

※岡田が無言でいると

▼KAZMA「ノーコメントだ」

 【試合後のヨネ&ストーム】
▼ヨネ「今日はビッグマッチでね、第1試合から僕らのチームワークを見せられたと思うんで」

▼ストーム「うん。両国、ほんとパンパンで気持ちいい! いいパフォーマンス、できたと思ウ!」

▼ヨネ「そう、次につながったと思う。ウチらのタッグが盛り上がっていかないと。次のビッグマッチはもちろんタイトルマッチ狙っていきますよ! ユー・ノウ・ホワイ? ウォント・ストップ」

▼ストーム「キャント・ストップ!」

▼ヨネ&ストーム「ゴーイン…ゴーイン! ゴーイン!!」

※熊野はノーコメント

 
第2試合
齋藤彰俊&井上雅央vs本田多聞&百田光雄

【試合後の百田&本田、力】
――試合を終えて?

▼百田「今日は会場の雰囲気がいいんで、物凄くやりやすかった。会場が盛り上がっていて、強いパートナーがいるんで」

▼本田「組んで何をやるかわかってるから、頑張りどころは頑張れる。お客さんがついてくるからやりがいありましたよね」

――凄いぶちかましが出たが?

▼本田「あれしかないですからね。細かい技術のことについては先に進んでますから、自分ができることは気合だけです」

――井上がラフ殺法できたが?

▼百田「彼はどっちかというとオールマイティーに近いんで、その時その時で違いますけど、今日はラフできたんで。逆にお客さんから見ればジジイをいじめる若い奴っていう感じだからやりやすかったです」

――サムソンクラッチが決まったが?

▼百田「長年やってるんで、あれは最後離したら負ける」

――特別レフェリーがマイティ井上だったが?

▼百田「僕よりちょっと若い感じなんで、リングの上で動くのはしんどいと思うんで。でもちゃんとレフェリングして、最後キッチリ3カウント取ってくれたんでよかったです」

――横に百田選手がいた

▼本田「世代のつながりっていうのは大事だし、それを変わらずにやれる。もう一つは土浦日大のレスリング部の後輩で、日大の後輩である息子さんがセコンドに入ってるところに、つながっていくことの大切さを感じましたね。感無量の感じで試合やれましたね」

――試合をみて?

▼力「自分は昔からノアさんの試合をみてきましたので、今こうしてセコンドとして間近で見ることができて、自分も感無量です」

――これからも現役を続ける?

▼百田「僕は引退試合とか考えてないんで。今フリーなんで、オファーがくれば。あのジジイ使えないよって言われた時点で終わりです。それまでは頑張りたいと思います」

――ノアが来年20周年を迎えるが?

▼百田「そうですね。僕らが立ち上げた時にいて、素晴らしい出だしだったので。方舟とすれば最高の出発点であったし、ドームでも何回かやってますしね。そういう意味ではこれからもノアさんには頑張ってほしいなって気持ちは強いですよ」


【試合後の齋藤&井上、マイティ井上】
――今日は久しぶりに百田&本田組と対戦してどうだった?

▼齋藤「20年経ちますけど、百田さんもそうですし、本田さんと対戦できる。リング上でね。マイティさんもそうですし、できるってことが叶ったということが、それだけで満足です。今日は一緒にリングに上がれたってことだけで」

▼井上「僕が新弟子の頃、デビューしたての頃、マイティさんにプロレスを教わったので凄い感慨深いものが。久しぶりにマイティさんのスリーパーを食らって嬉しかったです。嬉しいって言い方よくないか」

▼齋藤「コメントでこんなこと言ってますけど、試合でね、百田さんにあんなことやったり、ひどいことやったんで、あれはやっぱり許せないです。やっぱり先輩は大事にしないと」

▼井上「タッグ組んでましたよね。一緒ですよ」

▼齋藤「いや、姿勢は違いますもん。僕はリスペクトしてやってますから。許せませんよね?」

▼マイティ「うーん、何とも言えないですね」

▼井上「いやいや。本当にデビューしたての頃、マイティさん相手に試合させてもらってプロレスの勉強してきたんですから」

▼齋藤「その大先輩がチョークって言っているのに、外さないのは」

▼井上「あれは別です。あれはチョークじゃないです」

▼マイティ「いや、入ってたな」

▼齋藤「レフェリーが全てですからね」

▼マイティ「そうです、そうです」

▼齋藤「今日ね、両国に集まった皆さん、これから新しいノアというものを体感してもらいますけど、原点というかね、その部分でノアという。昔と比べるとちょっとあれかもしれないですけど、でもそういった雰囲気をこういうところで見せたいなと。そういう歴史を知った上で、今のノアをまた好きになってもらいたいなと思います。またこれからも頑張りますんで、よろしくお願いします」

 
第3試合
桜庭和志&大原はじめ&NOSAWA論外vs西村修&Hi69&宮脇純太

【試合後の桜庭&大原&論外】
▼桜庭「きつい!」

――足4の字が出たが?

▼桜庭「最後…めっちゃきついですよ」

▼論外「持ってる引き出しの凄さというか、俺まさか桜庭さんの4の字固めがみられるとは思わなかった。俺が楽しんじゃうよね、一緒に組ませてもらって。前回はドロップキック、今日は足4の字。次はフランケンシュタイナーぐらい出ちゃうんじゃないかな」

▼桜庭「頑張ります、何とかできるように」

――凄いボディプレスを食らったが?

▼桜庭「死にますね。総合とかでありえないんで。何ていうのか、潰される感じ」

▼大原「僕としては自分の原点が高田道場で桜庭さんにレスリングを習ったことから始まってるんで、やっぱ自分が経験積んだメキシコのジャベとかを桜庭さんと今度は競演できたらいいなって」

▼論外「これからもちょっとノアの杉浦軍の一員として出てもらおうと思ってるんで、またお願いします」

▼大原「お願いします!」

▼桜庭「ありがとうございました」

 
【西村の話】「世界を代表する選手(桜庭)と当たってみて、久々にもっと触れてみたいと思いましたね。急きょ参戦する形でしたが、これは必然だったのかもしれません。また機会があればやってみたいですね」

 
第4試合
エディ・エドワーズ&小峠篤司&クリス・リッジウェイvs望月成晃&田中稔&スペル・クレイジー

【試合後のエドワーズ&小峠&リッジウェイ】
▼エドワーズ「いつも言っていることだが、プロレスリング・ノアは俺にとってホーム。帰ってくることができてうれしいよ。前回組むことができなかった小峠と組むことができたし、また新しい仲間ができてうれしい」

▼リッジウェイ「イージーだ。頼もしいパートナーがいるし、チームワークが全てだったと思うよ」

▼小峠「アイム・ハッピー。アイム・ベリー・ハッピー。ノア・リョーゴク、ベリー・ベリー・ハッピー。オーナー・グレイトフル。フィニッシュ!」

 
第5試合
谷口周平vs藤田和之

【試合後の藤田、鈴木】
▼藤田「ぶっ殺してやるよ。泥舟沈めに来てんだよ。甘っちょろいこと言ってんじゃねぇよ。ホントに沈めてやるからな。ぶっ殺してやるよ」

――谷口の名前はインプットされた?

▼藤田「え、誰? あれ谷口っていうのか。わかった。今わかったよ。大阪、次、鈴木行くからよ」

▼鈴木「一緒に行きましょう」

▼藤田「鈴木行くからよ。鈴木行くから。ノア潰しにいくから。潰すじゃねぇよ。沈めにいくから。沈めるから。海の底まで沈めてやるから。泥舟は泥なんだよ。土に還れ! 土に還れお前ら! 以上だ」

 
第6試合 GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権
小川良成&鈴木鼓太郎vs原田大輔&タダスケ

【試合後の原田&タダスケ】
――初のGHCベルトとなったが、ここまでの道のりを振り返って?

▼タダスケ「めっちゃ長かった。でもやっと今日報われたぞ。もうな、うれしさはさっきリングの上で爆発させたから、そうやな。今度はチャンピオンとして未来のある話していこうか。なぁ」

――大阪時代から知るタダスケ選手を男にしたかったのでは?

▼原田「うれしい。それだけ」

――原田選手のサポートがあったが?

▼タダスケ「そうですね。これ一人のベルトじゃないんで。タッグのベルトやから。まだまだね、これからもチャンピオンとして堂々と誰の挑戦でも受けたるからな。くすぶってる奴らいるやろ俺以外に。誰とは言わんけどな。かかってこい。どんどんかかってこい。上から目線で言ってやる。かかってこい!」

▼原田「かかってこいコノヤロー! タダスケとこれが初めてのベルトや。文句ある奴はいつでも挑戦してこい」

▼タダスケ「じゃあビール飲む前に景気づけのやっとくから、ちょっとカメラマン下がってもらって。音量が大きいんでね。こん身の力でいくぞ! オー! オー! オー! オー!」

 

【試合後の小川&鼓太郎】
▼小川「もう1回だ。もう1回だ。もう1回」

――鼓太郎選手は?

▼鼓太郎「言えば、挑戦の名乗りをあげれば決まるんだろ? じゃあ、次の防衛戦の相手は俺らだよ」

▼小川「これだけ(リッジウェイ&小峠を指さす)いるんだから。誰でもいい。俺らの中から挑戦させてくれ。もう1回。とにかくもう1回。全然諦めない」

▼鼓太郎「次もSTINGERから」

▼小川「もう1回俺らが挑戦する」



[36] fun◇YtKXN/LQ - 2019/11/04(Mon) 00:12 ID:  [No.109957]
「NOAH the BEST 2019〜美学のある闘い〜」
11月02日(土)両国国技館

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第7試合 GHCジュニア・ヘビー級選手権
HAYATAvsYO-HEY

【試合後のYO-HEY】
▼YO-HEY「めっちゃダサいですよね。ダサい以外、何も思い浮かばんし、何やろな。何の試合でも負けたら意味はないけど、今回、HAYATAとのタイトルマッチ、しかも前回負けたオイラが再戦を要求して、自信があるから言うて、それに応えてくれて両国国技館で再戦が決まったわけで。それに負けとったら、何よりも、どんな負け方よりもダサいな。またやってくれるのか、そういうのは今の自分が説得力がゼロ以下やし。説得力が沸くような、またイチから、いやゼロからYO-HEYちゃん再スタートしていきたいですね。そんな感じです」

――HAYATAと両国でタイトルマッチを争って感慨があるのでは?

▼YO-HEY「確かにそうですね。今、負けたことでダサさしか頭の中にないけど、確かに今、試合が終わって落ち着いて物事考えてみたら、道頓堀アリーナ、200人入るかどうかわからへんようなところ、世界館、アゼリア大正。そういうインディーなところで俺とHAYATAは戦ってきて、何倍、何十倍、何百倍のお客さんが見てる中で俺とHAYATAがこういうふうにノアのシングルの頂上決戦っていう場を勝ち取ったっていうのは、今後の俺ら二人に凄く大きな自信につながると思うし。頭冷やして改めてそういう気持ちに浸りながら、次回またこういう大きな舞台、いやタイトル戦線にどんどん食い込んでいけるようにYO-HEYちゃん頑張りますので、応援よろしくお願いします。(目の周りを拭ってから)一つだけいいですか? 汗ですから」

※HAYATAはノーコメント

 
第8試合 GHCタッグ選手権
中嶋勝彦&潮崎豪vsマサ北宮&稲村愛輝

【試合後の中嶋&潮崎】
▼潮崎「思ったよりも、思ってた以上にこれでより強くなったよ。絆も力も、そして愛も」

▼中嶋「そうね。ただ屁理屈ばっかり言ってるチームだと思ったら、マサ北宮、そして稲村愛輝、確かにあの二人に愛は感じたよ。でも、どうだ? 俺たちの愛が今日の両国を満開にしただろ? なぁ? そう思わないか? 俺の、そしてAXIZの愛を感じたか? イエスかノーかで答えてくれ」

――イエスです。3度目の防衛を果たしてタッグチームとしての完成度が高まった感があるが?

▼中嶋「さらに愛も深まって、まだまだ俺たちAXIZは、この愛の力でもっともっと加速するよ。よくみててくれ」

――目指すところは?

▼潮崎「GHCタッグの永久王者。愛のAXIZ」

▼中嶋「よろしくAXIZ」

 
第9試合
丸藤正道vsグレート・ムタ

【試合後の丸藤】
▼丸藤「上の上のさらに上をいかれた。クソー」

――まさか火が出るとは…

▼丸藤「毒霧かと思ったんだよ。火使うのか? クソ。勝てなくはないと思ったんだけどな。クソ。もう会うことはないかもしれないけどな、借りは返すぞ。トゥ・ビー・コンティニュードだ」

 
第10試合 GHCナショナル選手権初代王者決定戦
杉浦貴vsマイケル・エルガン

【試合後の杉浦】
▼杉浦「かっこいいね。最高だよ」

――凄まじい戦いだったが?

▼杉浦「このぐらいいくとは思ってたけど、相手もタフなんでね」

――それでも歩いて帰ってきたが?

▼杉浦「それはテンション上がってるからだよ。エルボーで頭クラクラしてるし、パワーボムも食らったし、きついよ」

――向き合った瞬間、名勝負を予感させたが?

▼杉浦「どうなの、それ? どうだった?」

――予想を超えたが?

▼杉浦「じゃあよかった。やったかいがあった」

――エルガンが杉浦選手含めノアを研究してきたのを感じたが?

▼杉浦「それは感じた。非常に感じた。日本のプロレスをよく理解してるし、あと彼のスピリット。試合終わったら相手を称える。そういう日本人の精神ね」

――もう一回やれと言われれば?

▼杉浦「まぁでも異論はないでしょ。何度でもこのベルトかけて彼とやれば、もっともっと上のステージにいけると思うんで機会があれば。逆に今日の俺とエルガンの試合に嫉妬して誰かが出てこないとナショナルの意味がないんで。黙ってる奴はアホだよ」

――メインのGHCヘビーに負けない凄みをみせたのでは?

▼杉浦「それはわかんないよ、(メインを)やってみないと。わかんないけど、プレッシャーはかけといた。でもメインイベンターだからね。プレッシャー跳ねのけて最後締めてもらわないと困るから」

――初代王者となったが、このベルトに対する思いは?

▼杉浦「いやぁ、うれしいよね。しかもあの長州さんからベルトを渡されて、『お前、頑張ったよ』って言われたから、やっぱうれしいよね。デザインもかっこいいじゃん。日の丸があって。俺にふさわしいよ。日の丸がうれしいよ。俺も一応、日の丸の下で働いてたから」

――杉浦選手なりの道をみつけたのでは?

▼杉浦「そうだね。このベルトの価値を高めていくことと、あとこのベルトを使って、もう一つのベルト巻いてるチャンピオンにプレッシャーをかける。それで団体がよくなればいいんじゃない」

――ノアは来年20周年を迎えるが?

▼杉浦「そうだね。俺もちょうど20周年なんで。団体も俺もちょうど。これは守っていきたいね、20周年で」

 
【エルガンのコメント】

「見ての通り、スギウラは本物の戦士だった。くそったれと思うくらい戦士だった。でも俺は負けたことが本当に悔しい。俺は敗北が大嫌いだ。今日は確かに負けた。でも、必ず彼に追いつき、追い越してやる」

 
第11試合 GHCヘビー級選手権
清宮海斗vs拳王

【試合後の清宮】
――今の気持ちは?

▼清宮「ホントにこのベルトを防衛できてよかったです」

――試合を振り返って?

▼清宮「リング上でも言ったと思うんですけど、試合の方の記憶があんまり飛び飛びで申し訳ないですけど、でもそれほど拳王の攻めっていうのは今まででもホントに強烈な。あいつは本当に俺の心を打ってくるような、そういう本当にライバルというか存在ですね」

――「拳王最高」との言葉もあったが?

▼清宮「最高ですか? 僕、言いました? いやぁもう最高ですけど、でも最悪でもあって最高であって、どっちともとれる。憎らしいけど戦い合って気持ちいいような存在なんで。これからもっともっとあいつと戦っていかないといけないなと思います。一緒にこのノアを上げていこうと思います」

――試合が終わった瞬間、頭の中によぎったのは?

▼清宮「お客さんの声援がうれしくて、何を言おうというより何よりも拍手で称えてくれたお客さんの気持ちが凄くうれしくて。やっぱりノアっていうのはお客さんが増えないといけないと思いますし、今、日本一熱いリングがノアだと思ってるんで。ノアのお客さんはやっぱり愛情がありますよね。愛があるところには俺は絶対にトップに立っていけると思うので。今のノアは日本一熱い試合と最高の愛があるお客さんがいるという状況ですね」

――これで防衛期間が11ヵ月となったが?

▼清宮「ホントこの両国にかけてきていて、それでリーグ戦も出ないでいろいろ賛否両論あった中で、それも自分へのお客さんのメッセージというのは受け止めてやってきたので。これからホントに一気に。さっき僕、リング上で言ったと思うんですけど、業界2位と言わず、業界1位を狙っていきたいので、このベルトを守り続けたいと思います」

――新しい景色を作る戦いはまだまだ続くと?

▼清宮「そうですね。もっとこのベルトに新しい景色を刻んでいって、このベルトを輝かせていきたいなと思います」

――新ベルトを初めて巻いた王者となったが?

▼清宮「やっぱり責任は重いと思いますよ。でも俺は過去の戦いを超えていかないといけないと思っているので、このベルトにもっともっと今日からどんどん激しい戦いを刻んでいって、このベルトの価値というのを自分で上げて、自分の印象をこのベルトに刻んでいけたらなと思います」

――小橋さんとはどんな会話を?

▼清宮「小橋さんは『よくやった』と優しい言葉をかけてくれましたね。いつも小橋さんにはどんな時も優しく背中を押してくれるんで、そういう気持ちも自分は背負って。昔のベルトも歴史は凄くあると思うんで、このベルトには俺がしっかり昔以上の歴史を。絶対周りに無理とは言わせないです。新しい景色を刻んでいきたいと思います」

――フィニッシュは連発の形になったがこだわった?

▼清宮「そうです。あの技は僕が海外に行ってからずっと大事にしてる技で。特に今日の対戦相手の拳王にとっても俺が初めてあの技をかけたというのもあって、俺にとってはとても大事な技なので、大事にしていきたいと思います」

――新生ノア初のビッグマッチでプレッシャーはあった?

▼清宮「もちろんプレッシャーはありますね。でも本当にベルトも新しくなったし、俺はまだまだやることいっぱいあって今夢中なので。プレッシャーよりも今プロレスに本当に向かっていけてる環境だなって、凄くありがたく思ってますね」

――拳王のダイビングフットスタンプで首を負傷したが?

▼清宮「そうですね。もう全然問題ないです。でもあれは拳王の覚悟の技だと思うので。今日、俺もその覚悟をもって挑めたっていうので、あいつには感謝しているところがあるんですよ。どんなに憎み合ってたって、あいつには感謝してるところがあります」

――来年ノアは20周年を迎えるが?

▼清宮「まずは1月4日、5日、後楽園ホールがあるんで。俺はホントに一つ一つ会場を超満員にして。そしてね、いろんなとこと戦っていって。1位になるにはライバルになる団体いっぱいあると思うんで。最終的に俺たちが行くのは日本武道館だと思ってるんで、必ずそこまで俺がこのベルトを持って駆け上がっていきたいと思います」

――ナショナル王者・杉浦がGHCにプレッシャーをかけていくと宣言していたが?

▼清宮「新しいベルトができたら、やっぱりそういうベルト同士の戦いっていうのが生まれてくると思うんですよ。だからもっともっとノアの戦いのレベルというのは上がってくると思うんで、そこはお客さんに本当に期待してほしいです。ここからのノア、俺が必ずみんなと一緒に新しい景色作っていきます。期待してください。ありがとうございました」


【拳王の話】

「クッソ。ベルトに挑戦して、何回も同じこと繰り返してんなコノヤロー」





[37] fun◇YtKXN/LQ - 2019/11/04(Mon) 00:13 ID:  [No.109958]
連続投稿失礼します。

11月2日・両国国技館大会を終えて、次期ツアー11・9大阪大会〜11・16後楽園大会の全対戦カード、および11・26新潟大会&12・3後楽園大会の一部対戦カードが決定。
メインのGHCヘビー級選手権で拳王を下し防衛に成功した清宮はこれからどんな新しい景色を見せてくれるのか!?
期待されます。
また、今年デビュー15周年を迎えたAXIZの中嶋勝彦、潮崎豪は新潟、後楽園でデビュー15周年記念試合を行うことが決定。

「STARTING OVER 2019」
11月9日(土)17:30〜 エディオンアリーナ大阪第2競技場
▼6人タッグマッチ
 清宮海斗&丸藤正道&田中稔vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝
▼8人タッグマッチ
 杉浦貴&藤田和之&鈴木秀樹&大原はじめvs中嶋勝彦&潮崎豪&谷口周平&熊野準
▼8人タッグマッチ
 小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司&クリス・リッジウェイvsHAYATA&原田大輔&タダスケ&YO-HEY
▼シングルマッチ
 イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.vsHi69
▼タッグマッチ
 モハメド ヨネ&クワイエット・ストームvs齋藤彰俊&井上雅央
▼シングルマッチ
 宮脇純太vs岡田欣也

 
11月10日(日)16:00〜 テクスポート今治
▼6人タッグマッチ
 清宮海斗&丸藤正道&Hi69vs中嶋勝彦&潮崎豪&熊野準
▼6人タッグマッチ
 小川良成&小峠篤司&クリス・リッジウェイvsHAYATA&原田大輔&YO-HEY
▼6人タッグマッチ
 谷口周平&モハメド ヨネ&クワイエット・ストームvs拳王&マサ北宮&稲村愛輝
▼タッグマッチ
 杉浦貴&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.vs齋藤彰俊&井上雅央
▼シングルマッチ
 鈴木鼓太郎vsタダスケ
▼6人タッグマッチ
 田中稔&ライジングHAYATO&宮脇純太vs大原はじめ&NOSAWA論外&岡田欣也

 
11月11日(月)18:30〜 広島産業会館 西展示場
▼6人タッグマッチ
 清宮海斗&丸藤正道&谷口周平vs杉浦貴&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.&大原はじめ
▼6人タッグマッチ
 中嶋勝彦&潮崎豪&熊野準vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝
▼6人タッグマッチ
 小川良成&鈴木鼓太郎&クリス・リッジウェイvsHAYATA&原田大輔&タダスケ
▼シングルマッチ
 YO-HEYvsHi69
▼タッグマッチ
 モハメド ヨネ&クワイエット・ストームvs齋藤彰俊&井上雅央
▼シングルマッチ
 小峠篤司vs宮脇純太
▼シングルマッチ
 田中稔vs岡田欣也

 
11月13日(水)18:30〜 会津若松市文化センター
▼6人タッグマッチ
 清宮海斗&丸藤正道&谷口周平vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝
▼6人タッグマッチ
 中嶋勝彦&潮崎豪&熊野準vs杉浦貴&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.&大原はじめ
▼8人タッグマッチ
 小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司&クリス・リッジウェイvsHAYATA&原田大輔&タダスケ&YO-HEY
▼タッグマッチ
 モハメド ヨネ&田中稔vs齋藤彰俊&井上雅央
▼シングルマッチ
 Hi69vs宮脇純太
▼シングルマッチ
 クワイエット・ストームvs岡田欣也

 
11月16日(土)18:30〜 後楽園ホール
▼6人タッグマッチ
 中嶋勝彦&潮崎豪&谷口周平vs杉浦貴&鈴木秀樹&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.
▼6人タッグマッチ
 清宮海斗&丸藤正道&Hi69vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝
▼8人タッグマッチ
 小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司&クリス・リッジウェイvsHAYATA&原田大輔&タダスケ&YO-HEY
▼タッグマッチ
 モハメド ヨネ&クワイエット・ストームvs齋藤彰俊&井上雅央
▼タッグマッチ
 田中稔&熊野準vsKAZMA SAKAMOTO&大原はじめ
▼シングルマッチ
 宮脇純太vs岡田欣也

 
11月26日(火18:30〜 新潟市体育館
▼中嶋勝彦&潮崎豪デビュー15周年記念6人タッグマッチ
 中嶋勝彦&潮崎豪&熊野準vs清宮海斗&丸藤正道&井上雅央


12月3日(火18:30〜 後楽園ホール
▼中嶋勝彦&潮崎豪デビュー15周年記念スペシャルシングルマッチ
 中嶋勝彦vs潮崎豪

 



[38] 彼方 - 2019/11/04(Mon) 10:06 ID:  [No.109959]
観戦記続き行きます。

[第7試合]〇HAYATA vs YO-HEY
GHCジュニアの選手権試合です。14分ほどでしたが、ちょっと長く感じた試合でした。決して悪い試合では無かったのですが、この2人だったらもっとスピーディーな攻防を期待したかったところ。
YO-HEYはいいところまで行くけど、ここ一番で勝てないですね…。HAYATAが2度ベルトを巻くくらいなら、YO-HEYが巻いても全然おかしくないと思うんですけどね。

[第8試合]〇中嶋・潮崎 vs ×北宮・稲村
GHCタッグです。中嶋と北宮の因縁、キャリア1年2か月の稲村の抜擢といったところがポイント。
その稲村ですが、体もでかけりゃスタミナも現時点で結構ありますね。序盤で早々にローンバトルを強いられ中嶋と潮崎にボコボコにされましたが、最後まで動きが落ちなかったのはきっと練習の賜物だろうと想像します。最後は分断されて北宮が中嶋にバーティカルスパイクで切って落とされましたが、どっちに転んでもおかしくない試合でした。稲村はこれからも楽しみな人材だと思います。

[第9試合]×丸藤 vs 〇ムタ
良くも悪くもムタの試合。半身にペイントを施して臨んだ丸藤も色々考えてきたんでしょうが、ムタのハチャメチャはさらに上を行っていたw
口を塞がれて毒霧をガードされるや否や、火炎放射で丸藤の動きを止めた時点で勝負あったという感じ。見てる方は面白かったですけど、丸藤は発想力で負けた時点で悔しかったんじゃないかな。

[第10試合(セミファイナル)]〇杉浦 vs ×エルガン
新設のGHCナショナル王座戦。コミッショナーとなった長州力がパワーホールで入場して立ち会いました。
両者クリーンに握手から試合開始。後はひたすら肉弾戦。いや、凄いわエルガン。パワフルなのはもちろんですが、単なる馬鹿力レスラーではなく総合力が高いです。飛べるしグランドも出来る。杉浦のアンクルホールドを切り返してグラップラー・フェースロックで組み付いた辺り、テクニシャンの一端も見えました。そして全日本〜NOAHのこれまでのプロレスをよくご存じでいらっしゃる。
ただエルガンがNOAHの主力陣と決定的に違うのは、何だかんだで攻め主体の選手だということ。杉浦と比較するとそこは如実にわかる部分で、この辺はやっぱり外国人ですね。小橋建太の影響大なファイトスタイルではありますが、小橋のように徹底して受けまくって耐えまくってコールを引き出すタイプでは無いです。
最後はオリンピック予選スラムで決着が付き、再び長州氏から杉浦にベルト授与。杉浦コールの後にはエルガンコールが場内から起こり、最後はノーサイド。これはNOAHらしくていい光景でした。
間違いなくこの日のベストバウト。エルガンはNOAHだけ見てるわけじゃないのですぐにとはいかないかもしれませんが、次の参戦は必ずあるでしょう。

[第11試合(メイン)]〇清宮 vs ×拳王
GHCヘビー。前の試合が盛り上がったので大丈夫かと思いましたが、2人とも頑張ったと思います。
声援は拳王の方が多かったと思います。物議を醸したフットスタンプですが、試合を見ててこれはこれでありのような気がしてきました。よく見ると狙う部位も出すタイミングもよく考えてる。本人は「前蹴りを両足でやってる感覚」と以前に言ってましたが、実際そのつもりでやってるんでしょう。乱発は困りますけど、フィニッシュも取れる痛め技ということで大事に使ってるのは伝わってきました。
清宮は応援したくなるキャラですね。試合中の声援は拳王に負けてましたが、支持されてないわけでは無いと思います。試合後のマイクも実に真っ直ぐでNOAHらしくて良い。ただ、試合は1つ1つの動きが綺麗過ぎてかえって重みが足りなく見えます。もう少しえげつなさがあった方がいいと思う。逆に言うと気になるのはそこくらいです。

[その他]
売店での選手のサイン会が非常に盛んでした。休憩時間と試合後を合わせると、所属内外関係なく大半の選手が売店に出てきていたのではないでしょうか?
ちなみに自分はTシャツ買って杉浦貴ににサインして貰いましたが、その時のアシスタントは大原はじめでした。慣れているのか接客スキルが高い(笑)
ここまで総出でファンサービスに当たるのは以前のNOAHじゃ考えられなかったことですね。


[39] fun◇YtKXN/LQ - 2019/11/07(Thu) 06:53 ID:  [No.109966]
〉〉彼方さん

観戦記ありがとうございます。


遅くなりましたが11・2両国大会明け会見の模様です。
11月5日、都内にて11月2日・両国国技館大会を終えての会見を行いました。
 
【杉浦貴選手会見の模様】

――エルガン戦を改めて振り返って?

▼杉浦「やっぱりマイケル・エルガン選手、ひじょうにタフで強い選手でしたね。日本のプロレスを凄い好きみたいで、理解してる選手だな…と思いました」

――12・27後楽園での杉浦軍興行に向けては?

▼杉浦「杉浦軍興行ということなので、ノアの選手でも出ない選手がいる…ということは理解していただきたいです。その代わり鈴木軍…………これ、カットできるかな?(笑) あ、生放送…? “杉浦軍"にゆかりのある選手をいっぱい出したいと思います」

――無差別級、国内での王座戦限定の新設ベルトだが、王者として『こんなことをやってみたい』というものはある?

▼杉浦「今、名前を出せと言われても出せないけど、どんどん指名してやっていきたいなと思ってますし、ノア以外の外の選手でも。ノアのリングに上がってもらえるなら」

――意外性もみせていけそう?

▼杉浦「無差別っていうのもあるんでね。GHCヘビーとはまた違った意味合いのあるカードで防衛戦をやっていければ…と思ってます」

――杉浦軍興行ならではの試みも頭にある?

▼杉浦「やっぱり普通のノアの大会とは違うものをみせたい…っていうのはあるんでね。自分のカードもまだ考えてる段階なんで。まぁあとは、出る選手はみんな(真顔で)“ワンちゃん"が…、なに笑ってんだよ。“ワンちゃん"が好きな選手に集まってもらえたらなと。僕の組む相手も愛犬家を是非、募集したいなと思ってるんだけど」

――杉浦軍の中から?

▼杉浦「それはプロレス界全体、ウン。プロレス愛があって“ワンちゃん愛"もある、だからなに笑ってんだよ! …まぁ、そういう選手をね。自分はあんまりプロレス界に顔が広い方ではないんでね、そこは論外か大原に愛犬家を探しにいってもらおうかなと思ってるんだけど」

――次期ツアー開幕戦では藤田和之&鈴木秀樹と組むが、ここに来て藤田は『泥舟を沈めてやる』という姿勢をいっそう強めてきた。“会社の犬にでもなる"という自身の方向性と違うのでは?

▼杉浦「まぁ沈まなきゃいいだけだしね。そう言われた対戦相手は、沈まないように守るために闘ってもらえればいいし。言葉でいくら言っても、それは相手が受け止めて戦えばいいんじゃないの? ただ藤田は俺もノアの船に乗ってるって分かってるのかな…? 分かってて言ってるなら彼もアレだけど…まぁその辺に関しては言葉だからね。その辺に関してもミーティングはしようかなとは思ってるけど」

――大阪で組む鈴木秀樹については?

▼杉浦「だからねえ、さっきも間違えちゃったけど、あいつも鈴木じゃん。(杉浦と同じ)“す"で始まるし。それだけだよ!」

 
【清宮海斗選手会見の模様】

――改めて両国での拳王戦を振り返って?

▼清宮「両国での拳王戦は、前哨戦も含めて、両国に向けて覚悟をもって、お互いの技を出し尽くした試合ができたと思います」

――王者としての今後の展望は?

▼清宮「リング上で“業界1位"というのを口にしましたし、この新しいベルトに今まで以上の激闘を刻みこんで、現実のものにその言葉を変えていきたいなと思います」

――全てを注ぎ込む覚悟で臨んだ両国を経て、王者として一段回上がることができた実感はある?

▼清宮「相手(拳王)が試合の中で、今まで以上のエグい攻撃…首への攻撃ですとか、今までとは違ったお互いの覚悟のぶつけ合いみたいなところがあったので、そういう部分でひとつ上の段階に行けたなとは実感しています」

――両国を経て、拳王との関係性は変わった?

▼清宮「特に関係性は変わらないと思います。お互い憎み合う…じゃないですけど、お互い意識してやってますし、これからもっともっと拳王との闘いは激しくなっていくと思ってます」

――業界1位を目標に掲げたが、観客動員など両国大会全体について、王者としてどんな感想を?

▼清宮「まず本当にたくさんお客さんが集まってくれて、それは凄いうれしいことで。第1試合から腹から声を出して応援してくれる…っていう、会場の雰囲気が伝わってきたので。あれこそノアの会場であって、ノアのお客さんが待ち望んでいたっていうのが分かりますよね。やっぱりあの会場には“ノア愛"があったと思いますし、お客さんも選手も、会社もひとつになって、みんなでノアを盛り上げたい…って気持ちでやってると思うので。今ノアが日本で一番熱い団体だと思いますし、両国で改めてお客さんの声を聞いて“業界1位"という言葉が出ました」

――両国で一丸となったところで、9日の大阪から新たなツアーが始まる

▼清宮「両国の後なので、もっともっとさらに加熱していく闘いっていうのを見せていかないといけないと思いますし、両国で見せられた“新しい景色"っていうのも、これからどんどん更新されていくものなので、それをお客さんには見せていきたいなと思います」

――次の挑戦者は現れていないが?

▼清宮「両国大会、ホントにあれだけの思い、覚悟をもって闘ったので、次に挑戦してくる選手には、それなりの覚悟を持って挑戦してきて欲しい。それが次のシリーズで見えてくるかな…と思います」

――ノアは来年旗揚げ20周年イヤーだが、どうつなげていきたい?

▼清宮「今は本当にお客さんと選手、気持ちがひとつになっているので、お客さんの思いに応えられるような試合を、1月の4日&5日もそうですけど、来年に向けて選手がやっていくのが一番だと思うので。本当に熱い闘いを見せていって、今までノアを見ていなかったお客さんも、これで気になった方もいると思うので。一回ノアの会場に来たら、こんなにアットホームで、ノアの会場って愛があるんだな…っていうのが必ず伝わると思うので、今まで来たことのないお客さんにも来てもらって、もっともっと盛り上がっていけたらいいなと思います」

――新ベルトを手にした感想を改めて?

▼清宮「そもそもベルトが大きくて、新しいベルトなんでピカピカに光ってる。凄くかっこいいベルトだと思います」

――新設されたナショナル王座も意識する?

▼清宮「新しくベルトができたからには、お互い意識し合って闘わないといけないと思ってます。絶対に自分が持ってるベルトが一番だと思ってますんで、色は違うかもしれないですけど、お互いの熱量というのは負けずに、そことも闘っていきたいですね」

――新ベルトの裏面が緑だが?

▼清宮「新しくなっていっても、創設者の思いとかは残してくれる。今の会社は、そういう温かみのある、心のある会社なんだなと解釈してます」



[40] fun◇YtKXN/LQ - 2019/11/10(Sun) 00:44 ID:CnWaBuvM  [No.109969]
「STARTING OVER 2019」
11月09日(土)エディオンアリーナ大阪第2競技場
観衆:402人
   
試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯宮脇純太
7分55秒 腕ひしぎ十字固め
×岡田欣也

〈第2試合〉タッグマッチ
モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム◯
9分14秒 片エビ固め※50cm腕ラリアット
齋藤彰俊&井上雅央×

〈第3試合〉シングルマッチ
◯イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.
8分49秒 片エビ固め※スラムワグナー
×Hi69

〈第4試合〉8人タッグマッチ
HAYATA&×原田大輔&タダスケ&YO-HEY
14分34秒 エビ固め※キルスイッチ
小川良成&鈴木鼓太郎&◯小峠篤司&クリス・リッジウェイ

〈第5試合〉8人タッグマッチ
×杉浦貴&藤田和之&鈴木秀樹&大原はじめ
23分07秒 ワイバーンキャッチ
中嶋勝彦&潮崎豪&◯谷口周平&熊野準

〈第6試合〉6人タッグマッチ
清宮海斗&丸藤正道&田中稔×
18分39秒 P.F.S→片エビ固め
◯拳王&マサ北宮&稲村愛輝




[41] fun◇YtKXN/LQ - 2019/11/10(Sun) 21:37 ID:CnWaBuvM  [No.109971]
「STARTING OVER 2019」
11月09日(土)エディオンアリーナ大阪第2競技場

遅くなりましたが試合後のコメントです。

 第4試合
HAYATA&原田大輔&タダスケ&YO-HEYvs小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司&クリス・リッジウェイ

【試合後の小川&鼓太郎&小峠&リッジウェイ】
――1試合で一気にタイトルマッチ3試合が決定的となったが?

▼小峠「全然、実力的にはまったく負けてないし、両国で小川さんと鼓太郎さんが一発で行かれただけなんで。勝率的には圧倒的には俺らのほうが上なんで。このまま他のチャレンジャー見つけられても困るし。だから俺は…IPWももちろん大事にしてるけど、国内のベルト、ノアのベルトにこだわりたいし。なんなら統一してやろうか、ぐらいの気持ちなんで、まずはジュニアタッグ、鼓太郎さんは最強のパートナーなんで。100\%取り返せるでしょう」

――小川選手ではなく小峠選手と組んで取り返しにいく?

▼鼓太郎「小川さん、ちょっと今、肩が調子悪いから。いったん小川さんは温存します。でも言ったら決まるのに、なんで両国で(再戦を)言った後に決まってねえんだよ? どんだけRATEL'Sびいきなんだよ。俺らの返答を待たずして、全部決まってきたじゃん」

――あえて今回は小峠&鼓太郎組に託す?

▼小川「ちょっと肩の調子が悪いんでね」

――小峠選手と鼓太郎選手は二人だけで組んだことはほぼ無さそうだが?

▼鼓太郎「初めてじゃない? でも1ヶ月ぐらいあれば大丈夫でしょう。でも、ダメか。へたすりゃすぐ決まるから…得意だからな、すぐ決めるの! でも今日ぱっとリング上で動いた感じだと、合わせられたんで。大丈夫でしょう」

――リッジウェイ選手はなぜHAYATAの王座を狙う?

▼リッジウェイ「これはSTINGERとしてのミッションだ。ただ挑戦するだけじゃない。俺が勝つ。そしてGHCジュニアチャンピオンになる。HAYATAは確かに速いし、うまい。でも俺もまたしかりだ」


第5試合
杉浦貴&藤田和之&鈴木秀樹&大原はじめvs中嶋勝彦&潮崎豪&谷口周平&熊野準

【谷口の話】

「(花を咲かすといった意味は?)長州さんとの特訓で『両国で花を咲かす』と約束したんですけど、その約束を果たせなかったんで、次こそは杉浦の持ってるベルトに挑戦して、必ず花を咲かせてみせたいと思います」

 【潮崎の話】

「俺からもひとつ。藤田和之、ノアのことを『泥舟だ』だと? 今のノアには、新しい景色を見せようとしてる男がいる。会社の犬もいる。会社批判するヤツらもいる。でもそれが全部そろってノアなんだよ。泥舟なんかにはさせないよ? あいつらが来たってな、ノア…俺たちAXIZが排除してやるよ」

 
第6試合
清宮海斗&丸藤正道&田中稔vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝

【試合後の拳王&北宮&稲村】

▼拳王「田村潔司! 噛みつきたいのか? 噛みつきたくないのか!? どっちなんだ!? どうなんだクラァ! …いいか? 俺のプロレスにケチをつけんじゃねえよ。俺はな、命をかけて、プロレスリング・ノアのリングをダイヤモンドのように輝かせようとしてるんだ。オメーみたいにな、プロレス嫌いで……なんなんだよ!? 小遣い稼ぎでリデット入ったのか!? お前なんかな、誰も望んでないんだよ! 文句があるんだったらな、さっさとリデットから去ってくれ。いいか…俺はな、このプロレスリング・ノアを命をかけてダイヤモンドのように輝かせていくからな。文句があるんだったら、俺がリングに上ってみろコノヤロー!」

▼北宮「帰るぞ!」

▼稲村「はいっ!!」



[42] fun◇YtKXN/LQ - 2019/11/10(Sun) 21:37 ID:CnWaBuvM  [No.109972]
11月9日・エディオンアリーナ大阪第2競技場大会の試合結果を受け、11月26日・新潟市体育館大会において、GHCナショナル選手権試合、GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合の開催が決定。

新潟大会の全対戦カードです。

 
「STARTING OVER 2019」
11月26日(火) 18:30〜 新潟市体育館

 全対戦カード
▼中嶋勝彦、潮崎豪 デビュー15周年記念6人タッグマッチ
 中嶋勝彦&潮崎豪&熊野準vs清宮海斗&丸藤正道&井上雅央

 ▼GHCナショナル選手権試合
 杉浦貴vs谷口周平
※初代選手権者の初防衛戦

 ▼GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合
原田大輔&タダスケvs鈴木鼓太郎&小峠篤司
※第37代選手権者の初防衛戦

 ▼タッグマッチ
 モハメド ヨネ&クワイエット・ストームvs拳王&稲村愛輝

 ▼タッグマッチ
 HAYATA&YO-HEYvs小川良成&クリス・リッジウェイ

 ▼シングルマッチ
 齋藤彰俊vsマサ北宮

▼6人タッグマッチ
 田中稔&Hi69&宮脇純太vs大原はじめ&NOSAWA論外&岡田欣也

 


[43] fun◇YtKXN/LQ - 2019/11/10(Sun) 21:38 ID:CnWaBuvM  [No.109973]
連続投稿失礼します。

「STARTING OVER 2019」
11月10日(日)テクスポート今治
観衆:291人

試合結果です。

〈第1試合〉6人タッグマッチ
田中稔&ライジングHAYATO&宮脇純太×
11分02秒 ムイビエン
◯大原はじめ&NOSAWA論外&岡田欣也

〈第2試合〉シングルマッチ
△タダスケ
20分00秒 時間切れ引き分け
△鈴木鼓太郎

〈第3試合〉タッグマッチ
◯杉浦貴&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.
14分30秒 横入り式エビ固め
齋藤彰俊&井上雅央×

〈第4試合〉6人タッグマッチ
◯谷口周平&モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム
12分51秒 ワイバーンキャッチ
拳王&マサ北宮&稲村愛輝×

〈第5試合〉6人タッグマッチ
HAYATA&原田大輔&YO-HEY×
16分25秒 パッケージ・ジャーマンスープレックスホールド
小川良成&小峠篤司&クリス・リッジウェイ◯

〈第6試合〉6人タッグマッチ
◯清宮海斗&丸藤正道&Hi69
17分41秒 タイガースープレックスホールド
中嶋勝彦&潮崎豪&熊野準×



[44] fun◇YtKXN/LQ - 2019/11/11(Mon) 06:48 ID:4xy64NDo  [No.109974]
11・9エディオンアリーナ大阪第2競技場大会の試合結果を受け、11月16日・後楽園ホール大会において、IPWジュニアヘビー級選手権試合の開催が決定。
IPWジュニアヘビー級選手権試合の開催決定に伴い、11・16の一部対戦カードが変更。

また、12月3日・後楽園ホール大会において、GHCジュニア・ヘビー級選手権試合の開催も決定。

 
「STARTING OVER 2019」
11月16日(土) 18:30〜 後楽園ホール

 全対戦カード
▼6人タッグマッチ
 中嶋勝彦&潮崎豪&谷口周平vs杉浦貴&鈴木秀樹&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.

▼IPWジュニアヘビー級選手権試合
 小峠篤司vs原田大輔
 ※第2代選手権者の初防衛戦。

▼6人タッグマッチ
 清宮海斗&丸藤正道&Hi69vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝

▼6人タッグマッチ
 HAYATA&タダスケ&YO-HEYvs小川良成&鈴木鼓太郎&クリス・リッジウェイ

▼タッグマッチ
 モハメド ヨネ&クワイエット・ストームvs齋藤彰俊&井上雅央

▼6人タッグマッチ
 田中稔&熊野準&宮脇純太vsKAZMA SAKAMOTO&大原はじめ&岡田欣也

 
「STARTING OVER 2019」
12月3日(火) 18:30 〜後楽園ホール

 決定対戦カード
▼GHCジュニア・ヘビー級選手権試合
 HAYATAvsクリス・リッジウェイ
 ※第40代選手権者の3度目の防衛戦。

▼シングルマッチ
 ドラゴン・ベインvsイホ・デ・カニスルプス

発表済み対戦カード
▼中嶋勝彦&潮崎豪デビュー15周年記念スペシャルシングルマッチ
 中嶋勝彦vs潮崎豪 


[45] fun◇YtKXN/LQ - 2019/11/12(Tue) 20:50 ID:.JM3x6l.  [No.109978]
「STARTING OVER 2019」
11月10日(日)テクスポート今治

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第2試合
タダスケvs鈴木鼓太郎

【試合後のタダスケ、小峠】
▼タダスケ「勝ちもせんかったし、負けもせんかったけどな…ボディがいてぇ。でも鈴木、今度こそ沈めたるからな。堂々と迎え撃ったるからな」

※そこへ小峠がやってくる

▼小峠「おいチャンピオン、お前今日時間切れで逃げ切っただけやからな。チャンピオン大したことないの。お前、俺ともやれよ。STINGERの強さをみせたる。お前を叩き潰したるわ」

▼タダスケ「いつでもやったらあ!!」

 
第4試合
谷口周平&モハメド ヨネ&クワイエット・ストームvs拳王&マサ北宮&稲村愛輝

【試合後の谷口】
――正式に新潟でのナショナル戦が決まったが?

▼谷口「長州さんとの特訓でした『花を咲かす』という約束。果たせなかった。長州さんも立会人を務めたあのベルトをしっかり獲って、今度こそ花を咲かせるところを見てもらいたいと思います」

――額の傷が気がかりだが?

▼谷口「こんくらい関係ないです。また額を叩き割られようとも、関係ないです」

――周囲の期待も高まりつつあるが?

▼谷口「自分が一番変わらなきゃいけないと思ってるし、このチャンスを逃したら変われるチャンスは無いと思ってるんで。しっかりこのチャンスをモノにして、花を咲かせたいと思います」

 
第5試合
HAYATA&原田大輔&YO-HEYvs小川良成&小峠篤司&クリス・リッジウェイ

【試合後の小峠&鼓太郎&リッジウェイ&小川】
――IPWジュニアとGHCジュニアタッグの二つのタイトルマッチが決まったが?

▼小峠「言うてみるもんですね。こんなすんなり決まるとは」

▼鼓太郎「言ったじゃん。言ったら決まるって(笑)」

▼小峠「まぁ通ったんで、ラッキーだなと思って。全部獲ります」

▼小川「鼓太郎はヘビー行くんで!」

▼鼓太郎「いやいや…」

▼小川「GHCヘビー挑戦してるからね、一回杉浦に。そういう実績もあるし」

▼鼓太郎「い、今忙しいので…」

▼小峠「それくらい我々、今は余裕ってことです! こんなジョーク出るほど」

――ヘビー級のタッグを狙うと言っていたが?

▼小川「嫌なこと言うなよ〜(笑) ジュニアのタッグ獲られちゃったら、ヘビーのタッグもなにも無いじゃん。ジュニア持ってるから挑戦したら面白かったんだけど。まぁとりあえず一回仕切り直して。とりあえず今は小峠と鼓太郎に行ってもらって」

――リッジウェイ選手は何かHAYATAに言いたいことがあれば?

▼リッジウェイ「今日も明日もその次もずっとSTINGERが勝つよ。エブリタイム・イージー(笑) ビッグマッチで1対1になってもそれは同じさ。サブミッションでタップアウトを取ることもできるし、打撃でKOすることも、スープレックスでピンフォールを取ることもできる。どんな勝ち方だってできるさ」

 
第6試合
清宮海斗&丸藤正道&Hi69vs中嶋勝彦&潮崎豪&熊野準

【試合後の清宮】
▼清宮「FC今治、知ってますか? J3昇格。この目で現地の熱を観に行きました。ここ今治の応援の力、凄いものがあるんじゃないですか? そしてプロレスリング・ノア、今最も熱い団体。僕はそう思ってます。ノアのリング内、いろんな動きがあると思います。その中でね、このベルト…GHCの新しいベルトに誰が挑戦してくるのか。こんなにいっぱい動きがあるなかで、誰がこのベルトに挑戦してくるのか。俺は素直に凄い楽しみにしてる。それは何でかって言うと、やっぱり俺は両国に向けて覚悟を持ってやってきたからね。このベルトに“最初に"挑戦するのは誰なのか。すごく楽しみにしてます」

――岡田オーナーとなにか話はした?

▼清宮「岡田オーナーはもともと自分のことを知ってらっしゃったみたいで、先方から清宮選手でお願いしたいと。会った瞬間に握手して、よろしくお願いします、と。ホントに温かく迎えてくださいました」

――ノアも新たなステージへの昇格を目指す状況だが?

▼清宮「うん、良い意味で類は友を呼ぶってことは、絶対にあると思うからね。この縁っていうのは、必ず良い方向にノアの背中を押してくれると思います」



[46] fun◇YtKXN/LQ - 2019/11/12(Tue) 20:50 ID:.JM3x6l.  [No.109979]
「STARTING OVER 2019」
11月11日(月)広島産業会館 西展示場
観衆:323人(満員)

遅くなりましたが試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯田中稔
7分11秒 ミノルスペシャル
×岡田欣也

〈第2試合〉シングルマッチ
△小峠篤司
20分00秒 時間切れ引き分け
△タダスケ

〈第3試合〉6人タッグマッチ
◯モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム&Hi69
9分09秒 片エビ固め※ファンキーバスターボム
齋藤彰俊&井上雅央&宮脇純太×

〈第4試合〉6人タッグマッチ
×HAYATA&原田大輔&YO-HEY
22分42秒 パッケージジャーマンスープレックスホールド
小川良成&鈴木鼓太郎&クリス・リッジウェイ◯

〈第5試合〉6人タッグマッチ
中嶋勝彦&◯潮崎豪&熊野準
15分14秒 エビ固め※豪腕ラリアット
拳王&マサ北宮&稲村愛輝×

〈第6試合〉6人タッグマッチ
◯清宮海斗&丸藤正道&谷口周平
20分12秒 タイガースープレックスホールド
杉浦貴&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.&大原はじめ×



[47] fun◇YtKXN/LQ - 2019/11/12(Tue) 20:51 ID:.JM3x6l.  [No.109980]
連続投稿失礼します。

「STARTING OVER 2019」
11月11日(月)広島産業会館 西展示場

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第2試合
タダスケvs小峠篤司

【タダスケの話】

「なんやアレ? 『余裕で勝てる』とか言っといて、やり方がセコいんや。まぁええわ、なんべんでもやったるわ。何なら今度はリングアウトなしで決着や。ホンマ腹立つわ!」

【小峠の話】

「すんまへん、決着つけられなかったっすね。偉そうなこと言っといて。でも楽勝できるんじゃないかな。こうやって、しゃべってられるし。やり方がセコいって? 今さらかい! 勝たなアカンねん。チーム(STINGER)にGHCのタイトルはないからね。タラタラしてるワケじゃないよ。まぁなんでも言ってくれ。俺は俺なりに考えて、俺のやり方、STINGER流のやり方をみせますんで」

 
第4試合
HAYATA&原田大輔&YO-HEYvs小川良成&鈴木鼓太郎&クリス・リッジウェイ

【試合後のリッジウェイ&小川&鼓太郎】
――チャンピオンに勝ったが?

▼リッジウェイ「彼のホームタウンなんだろ? そんなの関係ないね。GHCジュニアのタイトルマッチでも同じことになるよ。一発でGHCジュニアのチャンピオンになるよ」

▼鼓太郎「わかってんの? ホームタウンだからって勝てるなって言ってんだよ」

▼小川「そんくらい分かるよ(笑)」

――改めてどんな戦略で臨む?

▼リッジウェイ「今日と何も変わらない。どんな勝ち方でもできるってことは示してきた。それを今日の直接ピンフォールで証明してやったんだ。最後に何をチョイスするかは分からないけど」

――新木場では綱引きマッチやイリミネーションマッチでRATEL'SvsSTINGERの全面対決もあるが?

▼リッジウェイ「もちろん綱引きマッチは全勝するし、イリミネーションではSTINGERがRATEL'Sを破壊してやる。いつでも変わらない。綱引きマッチでHAYATAと当たりたいかって? 別に。誰が来たってぶちのめすことはできる。YO-HEYだってタダスケだって、ハラダでもね」

▼小川「その前に小峠と鼓太郎がタダスケと勝負ついてないから。むっちゃストレス溜まってるから、ふたりとも」

▼鼓太郎「いやいや、タッグのタイトルマッチの前にシングルで勝ったらかわいそうじゃない…」

▼小川「(※鼓太郎の主張を無視して)新木場前にタダスケと決着つけてやる!って控室でもすごい言ってて…」

▼鼓太郎「(※小川の言葉を制すように)チャンピオンに悪いから、俺も小峠も引き分けてあげたんだよ。もういいよ。やる必要はないよ」

 
第5試合
中嶋勝彦&潮崎豪&熊野準vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝

【試合後の中嶋&潮崎&熊野】
――両国で下したTHE TOUGHが激しく突っかかってきたが?

▼潮崎「いいねえ、うれしいねえ」

▼中嶋「一回負けたぐらいで引き下がってもらっちゃ困るよ。反体制でねえ、常に噛み付くんだろ? 逆にやりがいはあるし、まだまだ今日も見て分かる通り、両国で発した熱はどんどん増してく一方なんじゃない? ねえ? そう思うだろ?」

――YES…熊野選手は地元での勝利となったが?

▼熊野「本当に心強い、最近組ませていただくことも多いこのお二人からは力をもらえるし、やっぱり僕もベルトを諦めてるワケじゃないんで。今のノアジュニアはRATEL'SとSTINGERの2チームでやりあってますけど、こうやって虎視眈々と力を蓄えてるんで。当たった時にぶつけるだけです」

――今ツアーは15周年記念のAXIZ対決も決まっているが?

▼中嶋「今話さなきゃいけないの? 今日はさ、熊野が凱旋して勝利をつかんだ日だからさ。俺たちよりも熊野じゃない? 今日は。まぁ、俺たち15周年記念のシングルについては、また追々、話すよ」

――何か考えはあるということ?

▼中嶋「話すよ。欲しがりだなあ(笑) 俺と一緒だな?」

▼潮崎「そうだね。今日はこういったところで。あとは熊野に聞いてくれ!」

▼熊野「虎視眈々と…以上です!!」

 
第6試合
清宮海斗&丸藤正道&谷口周平vs杉浦貴&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.&大原はじめ

【試合後の清宮】
▼清宮「熱いな、熱いな広島。最高に熱いっすね、広島は」

――負の流れを払拭できたと言っていたが?

▼清宮「そうなんですよ。ここ広島はホントに大好きな街なんですけど、来るたびに、脳震とうだったり、怪我したり、勝てなかったり…が続いて、ここずっと勝ててなかったですね。それをね、今日の1勝で。今日の広島、今までのなかでも一番歓声大きかったと思いますよ。凄い盛り上がってたと思いますし、その中で勝てたってことは、一気に逆転して払拭できたんじゃないですか?」

――ナショナル王者としての杉浦貴とも初めて向き合ったが?

▼清宮「向こうも意識してないことはないと思いますよ。ただ、今日はベルトがかかった挑戦者が、こっちのチームにいただけの話であって。(杉浦と谷口は)熱かったですよね。ゴツゴツとした激しい闘いをしてたと思いますけど、でも俺は俺でこのベルト(GHCヘビー)に自分の闘いで魂を注いで、一番光り輝くベルトにしたいと思っているので、そこはブレずにやっていきたいなと思ってます」



[48] チート - 2019/11/13(Wed) 12:35 ID:/VwW6Qlc  [No.109982]
彼方さん
観戦記、お疲れ様です。
ノアはずっと観ていますがこの掲示板に訪れるのは久しぶりで、彼方さんの観戦記がアップされていたのでテンションが上がりました。(笑)
拳王や清宮の頑張りもあり、ようやくノアも面白くなってきましたね。
藤田や鈴木秀樹のような実力者に対し、前記2人もそうですが潮崎や中嶋も積極的に絡んで欲しいですね。ヨネあたりも外敵と絡むと面白いので当たるところを見たいです。
稲村はじめ若手も結構良いし、これから楽しみです。


[49] fun◇YtKXN/LQ - 2019/11/13(Wed) 23:58 ID:FgE5ULyI  [No.109983]
「STARTING OVER 2019」
11月13日(水)会津若松市文化センター
観衆:242人

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯クワイエット・ストーム
6分46秒 片エビ固め※50cm腕ラリアット
×岡田欣也

〈第2試合〉シングルマッチ
◯Hi69
8分17秒 片エビ固め※ストゥーカ・スプラッシュ
×宮脇純太

〈第3試合〉タッグマッチ
◯モハメド ヨネ&田中稔
10分39秒 片エビ固め※キン肉バスター
齋藤彰俊&井上雅央×

〈第4試合〉8人タッグマッチ
HAYATA&原田大輔&タダスケ&YO-HEY×
15分23秒 回転片エビ固め
◯小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司&クリス・リッジウェイ

〈第5試合〉6人タッグマッチ
中嶋勝彦&潮崎豪&熊野準×
16分40秒 片エビ固め※ムーンサルトプラス
杉浦貴&◯イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.&大原はじめ

〈第6試合〉6人タッグマッチ
◯清宮海斗&丸藤正道&谷口周平
19分06秒 タイガースープレックスホールド
拳王&マサ北宮&稲村愛輝×   



[50] fun◇YtKXN/LQ - 2019/11/15(Fri) 01:56 ID:6MKG0Th.  [No.109986]
「STARTING OVER 2019」
11月13日(水)会津若松市文化センター

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第4試合
HAYATA&原田大輔&タダスケ&YO-HEYvs小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司&クリス・リッジウェイ

【試合後の小峠&鼓太郎&リッジウェイ】
――各王座戦に向けた前哨戦はSTINGERが連勝中だが?

▼鼓太郎「よく見てみろよ。あいつらがベルト巻いたって、全然似合わねえじゃねーか。あいつらはな、ベルトを巻いて自分たちの価値を上げてるんだよ。俺と小川さんの時は、あのベルトを巻くことによって、ベルトの価値を上げていってた。まったく違うから。ベルトがかわいそうだよ」

――小峠選手は原田とのIPWジュニア王座戦が目の前だが?

▼小峠「いや、別に。“ジュニアタッグ"がんばります」

――特に原田に対して思うことはない?

▼小峠「はい。IPWチャンピオンとして、良い試合します」

――ベルトを統一しても良いかも…とは言っていたが?

▼小峠「はい、それはそうですね。チャンピオンが多いのが気になったんで。強さしっかり見せたいなと思って」

――リッジウェイがGHCジュニアをHAYATAから獲れば、同門対決でのW王座戦も可能となりそうだが?

▼小峠「そうですね。チーム全員が目標持って、役割も出てきてると思うんで。まずはチームとして、肩を並べるチームが他にないくらいのシチュエーション作りたいですね」

――リッジウェイ選手もベルトを獲ったらWタイトル戦の可能性もあるが?

▼リッジウェイ「やってみたいね。フレンドリー・マッチになるだろうから、その時はお手柔らかに頼むよ(笑)」

 
第5試合
中嶋勝彦&潮崎豪&熊野準vs杉浦貴&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.&大原はじめ

【試合後の中嶋&潮崎】
――次の後楽園大会でも杉浦軍と対戦するが?

▼中嶋「俺は(大阪大会で藤田和之に)“自己紹介"しただけだから」

▼潮崎「もう名札はいらねえよ。やり足りねえなら来いよ」

――鈴木秀樹は大阪でタッグベルトを持ち去ったが?

▼中嶋「まぁ返してもらえたけどね(笑) 興味があるならあるで、しっかりアピールしてもらわないと」

――改めてタッグ王者として今後の展望は?

▼中嶋「今、一番輝いてるんじゃない? 俺たちAXIZのもとで、これまでで一番タッグのベルトが輝いてるよ。このまま熱く激しく、愛をもって、加速させていくよ」

――ノア内は現在、あらゆる話題が渦巻いているが?

▼中嶋「その中でも、タッグに関しては絶対の存在感を持ってると思うんで、俺たちは俺たちらしく」

▼潮崎「どこが出てきても、どこのチームが出てきても、俺たちからGHCタッグのベルトは獲れないと思うだろ? “はい"か“YES"で答えてくれ。その二択しか無いから、俺たちから引っ剥がすのは無理だよ」

▼中嶋「まぁ、ノア“だけ"の話だからね。これが違う団体の選手だったりしたら、それはそれでまた刺激的だと思うよね。ま、どうなるか分からないけど。(どうなるかも含めて)刺激的な今のノアのリングをどんどん楽しんでほしいよ」

 
第6試合
清宮海斗&丸藤正道&谷口周平vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝

【試合後の清宮】
▼清宮「今日のお客さんの応援、聞きました? 会津のお客さんの応援は、人を進化させる力がある。それは今日来ても変わること無く、さらに高まってましたね」

――昨年のこの大会ではシングルで潮崎を破り、今年春には初めてGHC王者として出場して『業界2位は過程』と発言、そして今日は新調ベルト姿をみせた

▼清宮「説明ありがとうございます(笑) ここ会津は僕が駆け上がるポイントとなってきた場所なので、これからのノアも今日をポイントにまた大きく進化していくんじゃないですか?」

――次帰ってくる時は、どんな自分になって戻ってきたい?

▼清宮「MVPで帰ってきたいと思います。MVPってことは、プロレス団体のなかで一番輝く男になって、俺は帰ってきたいと思います。このベルトを獲った時から覚悟は決めてるんで。これからどんなに熱く、苦しい闘いがあったとしても、俺は今日みたいな応援を力にして、あきらめずに“一番"まで駆け上がっていきたいと思います」



[51] fun◇YtKXN/LQ - 2019/11/15(Fri) 01:59 ID:6MKG0Th.  [No.109987]
連続投稿失礼します。

RATEL'S興行 SHOWTIME! 11・24新木場大会情報です。
RATEL'SvsSTINGERによる綱引きマッチは各20分1本勝負で行うそうです。

「RATEL'S興行 SHOWTIME!」
11月24日(日) 12:00〜 新木場1stRING

<全対戦カード>

■イリミネーションマッチ
HAYATA&原田大輔&タダスケ&YO-HEYvs小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司&クリス・リッジウェイ

【イリミネーションマッチ ルール】

4vs4の8人タッグマッチの形式でスタートします。

通常のプロレスルール同様にフォールやギブアップで勝負が決まり負けとなった選手のみ退場し、そのまま試合を続行。
相手チームを0人にしたチームが勝利となる。
尚、この試合は試合中にトップロープを越えて場外に落下した選手が失格となるオーバー・ザ・トップロープルールを採用。

 ■タッグマッチ
Hi69&宮脇純太vs大原はじめ&岡田欣也

 ■綱引きマッチ 各20分1本勝負
RATEL'S HAYATA 原田大輔 タダスケ YO-HEY

STINGER 小川良成 鈴木鼓太郎 小峠篤司 クリス・リッジウェイ

【綱引きマッチ ルール】
事前に4本の絡み合った綱をリング上に用意し、綱の上にはシートを被せ、中が見えない状態にして、両軍の選手が登場し、リングを挟んで対峙。
1人1本綱を選んで綱を掴み、同じ綱を引いた選手同士がシングルマッチで対戦する。

■3WAYマッチ
谷口周平vsモハメド ヨネvs井上雅央

 



[52] fun◇YtKXN/LQ - 2019/11/17(Sun) 08:33 ID:Leqkl99.  [No.109991]
プロレスリング・ノアは来年で旗揚げ20周年を迎えます。
20周年イヤー上半期のビッグマッチの開催が下記の日程で決定。

 
PRO WRESTLING NOAH 20th ANNIVERSARY
NOAH the CHRONICLE vol.1
2月24日(祝・月) 17:00 愛知・名古屋国際会議場

PRO WRESTLING NOAH 20th ANNIVERSARY
NOAH the CHRONICLE vol.2
3月8日(日) 16:00 神奈川・横浜文化体育館

PRO WRESTLING NOAH 20th ANNIVERSARY
NOAH the CHRONICLE vol.3
5月2日(土) 16:00 東京・大田区総合体育館



[53] fun◇YtKXN/LQ - 2019/11/17(Sun) 08:33 ID:Leqkl99.  [No.109992]
12月14日・金剛興行「DIAMOND」  新木場1stRING大会にて下記の対戦カードが決定。

金剛興行「DIAMOND」 
12月14日(土) 試合開始18:00〜
新木場1stRING

▼シングルマッチ
稲村愛輝vs関本大介


また、12月27日・杉浦軍興行「犬ども全員集合!後楽園で吠えろ!」後楽園ホール大会にて大原はじめデビュー15周年記念試合が行われることが決定。

 
杉浦軍興行「犬ども全員集合!後楽園で吠えろ!」
12月27日(金) 試合開始18:30
後楽園ホール

 ▼大原はじめデビュー15周年記念試合
大原はじめ&ウルティモ・ドラゴン&越中詩郎vsNOSAWA論外&MAZADA&FUJITA

そして、12月27日 後楽園ホール大会へ桜庭和志、藤田和之、鈴木秀樹の3選手の参戦が決定したそうです。
対戦カードについては、決定次第、お知らせの予定との事。




[54] fun◇YtKXN/LQ - 2019/11/17(Sun) 08:34 ID:Leqkl99.  [No.109993]
「STARTINGOVER 2019」
11月16日(土)後楽園ホール
観衆:805人

試合結果です。

〈第1試合〉6人タッグマッチ
田中稔&熊野準&宮脇純太×
9分15秒 ホップアップパワーボム→エビ固め
◯ KAZMA SAKAMOTO&大原はじめ&岡田欣也

〈第2試合〉タッグマッチ
モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム×
9分27秒 スイクルデス→片エビ固め
◯齋藤彰俊&井上雅央

〈第3試合〉6人タッグマッチ
◯HAYATA&タダスケ&YO-HEY
16分49秒 エビ固め ※腕ひしぎ十字固めを切り返す
小川良成&鈴木鼓太郎&クリス・リッジウェイ×

〈第4試合〉6人タッグマッチ
清宮海斗&丸藤正道&Hi69
16分40秒 PFS→片エビ固め
◯拳王&マサ北宮&稲村愛輝

〈第5試合〉IPWジュニアヘビー級選手権試合
(王者)×小峠篤司
24分06秒 雪崩式片山ジャーマンスープレックスホールド
(挑戦者)◯原田大輔
※原田が第3代選手権者となる。

〈第6試合〉6人タッグマッチ
中嶋勝彦&潮崎豪&谷口周平◯
23分13秒 ダイビングボディプレス→片エビ固め
×杉浦貴&鈴木秀樹&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.
  


[55] マサMS - 2019/11/17(Sun) 13:47 ID:Gdeq25ow  [No.109994]
斎藤さんが令和反選手会同盟を結成宣言しましたね。
誰が賛同するか楽しみですね
ノア内で出てくるのか
それとも他団体&フリーの選手当たりが
やってやるって!っていってくれるのか?

反選手会同盟とか拳王が田村にUWFの名前を上げてしかけたり
それに対してど真ん中で絡んでいた
長州力がどんな動きをするか?

今のノア期待できるか?出来ないか?
yesかnoかと聞かれたら
もちろんyesですね!


[56] fun◇YtKXN/LQ - 2019/11/17(Sun) 19:51 ID:LEtZFM9Q  [No.109996]
〉〉 マサMSさん

情報ありがとうございます。


「STARTINGOVER 2019」
11月16日(土)後楽園ホール

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第2試合 モハメド ヨネ&クワイエット・ストームvs齋藤彰俊&井上雅央

【試合後の齋藤&井上】
▼齋藤「(井上は)昨日の名誉あるデストロイヤー杯のバトルロイヤルを制して、かぶれないけどマスクも獲ったんで。で、今までこの井上雅央と組んでいて、いろんなカードの中で自分たちの出せるものを出してきた。でも今日、ここでひとつみんなに言いたいことがある。今、ノアは頑張ってるよ。でも杉浦軍とか金剛とか、選手はまとまってねえじゃねーか!って思うんだよ。そんなんだったら、もっと刺激的なアレを。俺は1990年代、某団体に上がりこんでひとつの波紋を投げかけた。だからこのノアでもね、2020年に向けて今年の2019年もそうだけど、反選手会同盟を作る! なぁマサオ!!」

▼井上「は…ハイ…」

▼齋藤「作るんだよ!! マサオも入るし! これを聞いてね、いろんなとこに出てるヤツも『俺も行ってやるって!』って言うかもしれないけど、関係ねえ。俺が作る! 俺が反選手会同盟を作る。心にみんな持ってるだろ! 悔しい気持ちを! それをここに来てぶつけろって! 自分たちの力で! なぁマサオ!」

▼井上「も…もちろん…」

▼齋藤「反選手会同盟作ります!」

――旗は作る?

▼齋藤「もちろんマサオが自腹で作ります!」

▼井上「とりあえず見積もりとります…」

▼齋藤「とにかく俺は反体制! 会社を大きくするためにグズグズ言ってるヤツらに反体制で行く!」

 
第3試合 HAYATA&タダスケ&YO-HEYvs小川良成&鈴木鼓太郎&クリス・リッジウェイ

【試合後のHAYATA&タダスケ&YO-HEY】
※興奮状態のHAYATAとタダスケをYO-HEYが押さえると

▼YO-HEY「落ち着け。落ち着け。とりあえず2人とも落ち着こう。落ち着いてくれ。まあまあまあまあ、今日は落ち着けっていうより、試合にも勝ったんやし。そのあと、向こうのやり方が気に食わんのはわかる。自分も気に食わんけど、あるやん。絶好な仕返す場所が。11月24日、RATEL'S興行、新木場で思う存分に。俺もそうやし、この2人も、そしてボスも暴れたったらええだけの話やから。とりあえず今日は2人とも落ち着いて。家に帰って、泡盛片手にドンジャラしながら、すっきりしたらええねん。以上」

▼タダスケ「いや、許さん。今から行ってくるわ」

▼YO-HEY「なに!? ちょっと待て待て」

▼タダスケ「見とれ!」

※タダスケとHAYATAが控え室のほうに走っていく

▼YO-HEY「待て待て待て。星が3つ並んどるぞ。待て待て待て」

 【鼓太郎の話】

「タダスケもっと本性出せって。お前そんなナリのくせにな、おとなしすぎるよ。ベルトが泣いてるよ。タダスケの腰にはいたくないって泣いてるよ。前の持ち主の方が良かったって泣いてるよ。ベルトの声を聞いてやってくれ。1ミリも輝いてないだろ?」

 

 

第4試合 清宮海斗&丸藤正道&Hi69vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝

【試合後の拳王&北宮&稲村】
▼拳王「田村潔司、お前がな、ガチめで苛立っている、その返答を俺はしたぞ。苛立っているんだったらな、リングに上がれよ。苛立っているんだったらな、俺と戦えよ。おい、田村潔司。俺からの返答を待ってます。そしてな、今日聞いただろ? ノアの会場にUWFのテーマを流したいと思うか? ノアのクソ野郎どもはな、メチャクチャ拍手を送ってただろ? 聞きたいんだよ。来年か、20周年になるノアにもな、新しい刺激が欲しいだろ? 新しい刺激は俺が運んできてやるからな」

▼北宮「帰るぞ!」

▼稲村「はい!」

 
第5試合 IPWジュニアヘビー級選手権試合
小峠篤司vs原田大輔

【原田の話】
「(試合を振り返って?)振り返る試合じゃない。疲れた(※と控室へ)」

 
第6試合 中嶋勝彦&潮崎豪&谷口周平vs杉浦貴&鈴木秀樹&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.
【谷口の話】
「もう11月26日、新潟、必ずさっきも言ったように俺が勝って、でっかい花を咲かせてみせます」

【試合後の潮崎&中嶋】
▼中嶋「次の後楽園は俺たちの後楽園でしょ? 12・3」

▼潮崎「そして新潟も俺たちAXIZの大会だ」

▼中嶋「新潟も、次の12・3後楽園ホールも、俺たちAXIZの素敵な音色を奏でるよ。豪さんやりましょうね(握手を交わす)」



[57] fun◇YtKXN/LQ - 2019/11/19(Tue) 02:44 ID:EonrEOuU  [No.109999]
 東スポ情報ですが、覚醒したノアの谷口周平(43)が、GHCナショナル王座奪取に向けて不退転の決意を示したそうです。
26日の新潟市体育館大会では、初代王者の杉浦貴(49)に挑戦する。前哨戦(16日)のタッグ戦では王者から直接3カウントを奪う大殊勲で、王座奪取へ一気に勢いづいている。

「今回は必ず大輪の花を咲かせなければならないなと自分に言い聞かせている」と谷口は語るが、負けられない理由もある。王者と同様に自衛隊出身で、親会社「リデットエンターテインメント社」の長州力会長(67)から直接指導と激励を受けた経験があるからだ。

「王者は、日の丸がデザインされたベルトは自分にこそふさわしいと言っている。だけどよく考えてほしい。自衛隊で国防に身を費やし、五輪を目指していたのは、俺も同じなわけですよ。しかもこっちは大学(徳山大学)まで出て。だったら50歳目前のあんたの代わりに日の丸のベルトを俺が巻いてやるよって」

 杉浦は両国大会(2日)で王座を奪取して、長州会長から絶賛された。同大会で谷口は野獣・藤田和之(49)との初シングル戦で敗れるも大健闘。この一戦で完全覚醒したが、結果自体は悔いが残るものだった。

「ノアの選手で長州会長から魂を直接伝授された選手は、俺だけなんですよ。選ばれし者のプライドを背負って決戦に臨む。ベルトを持って会長に笑顔で報告したい」。必勝の十字架を背負ってシングル初戴冠を果たし、「未完の大器」の異名を返上する…との事。


[58] fun◇YtKXN/LQ - 2019/11/22(Fri) 22:58 ID:5pOefa3w  [No.110005]
【♦️金剛興行 DIAMOND】
12月14日(土)18:00〜 新木場1stRING

金剛継続!?解散!?拳王退団か!?

チケットは完売し、超満員札止めにつき、 「金剛解散」「拳王選手退団」はなくなったそうです。


[59] マサMS - 2019/11/24(Sun) 22:58 ID:FE3E8wKs  [No.110010]
金剛興業追加席決まったみたいですね…

また関係ない話ですみませんが…
鈴木鼓太郎今日何試合したんですかね…


[60] fun◇YtKXN/LQ - 2019/11/24(Sun) 23:49 ID:aDrWBhQ2  [No.110012]
〉〉マサMS さん

鼓太郎ですが、全日本とノアのRATEL'S興行で2試合の1日で3試合してるみたいですね…(;^_^A


「RATEL'S興行 SHOWTIME!」
11月24日(日)新木場1st RING
観衆:255人

試合結果です。

〈第1試合〉3WAYマッチ
×井上雅央 vs モハメド ヨネ vs 谷口周平

8分18秒 ダイビングボディプレス→片エビ固め

〈第2試合〉綱引きマッチ 第1試合
×YO-HEY
11分55秒 TKO勝ち ※セコンドのタオル投入
◯小川良成

〈第3試合〉綱引きマッチ 第2試合
◯原田大輔
8分13秒 片山ジャーマンスープレックスホールド
×鈴木鼓太郎

〈第4試合〉綱引きマッチ 第3試合
×タダスケ
12分28秒 パッケージジャーマンスープレックスホールド
◯クリス・リッジウェイ

〈第5試合〉綱引きマッチ 第4試合
△HAYATA
20分時間切れ引き分け
△小峠篤司

〈第6試合〉タッグマッチ
Hi69&宮脇純太×
8分24秒 ムイビエン
◯大原はじめ&岡田欣也

〈第7試合〉イリミネーションマッチ
HAYATA&×原田大輔&タダスケ&YO-HEY
vs
小川良成&◯鈴木鼓太郎&小峠篤司&クリス・リッジウェイ
@○YO-HEY(4分44秒 回転片エビ固め)小川良成×
A○鈴木鼓太郎(7分06秒 タイガードライバー→エビ固め)YO-HEY×
B○タダスケ(8分11秒 外道クラッチ)鈴木鼓太郎×
C○HAYATA(13分19秒 OTR)クリス・リッジウェイ×
Dクリス・リッジウェイ(13分29秒 OTR)HAYATA×
E○小峠篤司(18分29秒 OTR)タダスケ×
F○小峠篤司(25分38秒 キルスイッチ→体固め)原田大輔×
※小峠篤司1人残りでSTINGERの勝利 




[61] マサMS - 2019/11/26(Tue) 19:09 ID:4.pvDQkk  [No.110014]
YouTubeにて新潟大会生放送の
第二試合
斎藤彰敏対マサ北宮で
令和維新軍の動きあるかと期待してたんですが
特にありませんでしたね…
バックステージにて発信しているのを期待してますよ斎藤さん!


[62] fun◇YtKXN/LQ - 2019/11/26(Tue) 22:25 ID:u8PsSRHg  [No.110015]
丸藤正道が12月15日(日)に行われるDRAGON GATE「THE FINAL GATE 2019」福岡大会に参戦します。

DRAGON GATE「THE FINAL GATE 2019」
12月15日(日) 17:00〜福岡国際センター

▼団体創立20周年記念特別試合・番外編
 “ハリウッド”ストーカー市川
vs
丸藤正道



[63] fun◇YtKXN/LQ - 2019/11/26(Tue) 22:26 ID:u8PsSRHg  [No.110016]
杉浦軍興行の一部対戦カードです。
 
杉浦軍興行「犬ども全員集合!後楽園で吠えろ!」
12月27日(金) 18:30〜 後楽園ホール

 
【一部対戦カード】
▼タッグマッチ
 杉浦貴&桜庭和志vs藤田和之&鈴木秀樹

▼シングルマッチ
 丸藤正道vsイホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.

▼大原はじめデビュー15周年記念試合
 大原はじめ&ウルティモ・ドラゴン&越中詩郎vs NOSAWA論外&MAZADA&FUJITA

 



[64] fun◇YtKXN/LQ - 2019/11/26(Tue) 22:31 ID:u8PsSRHg  [No.110018]
連続投稿失礼します。

〉〉マサMSさん

11・16後楽園大会の試合後のコメントで、彰俊が雅央に反選手会同盟の結成を呼び掛けてましたね…。
どんなメンバーが集まるのか期待したいです。


「STARTING OVER 2019」
11月26日(火)新潟市体育館
観衆:1020人

試合結果です。

〈第1試合〉6人タッグマッチ
Hi69&田中稔&宮脇純太×
12分06秒 ムイビエン
◯大原はじめ&NOSAWA論外&岡田欣也

〈第2試合〉シングルマッチ
×齋藤彰俊
10分16秒 サイトースープレックス→体固め
◯マサ北宮

〈第3試合〉タッグマッチ
モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム×
8分25秒 P.F.S→片エビ固め
◯拳王&稲村愛輝

〈第4試合〉タッグマッチ
×HAYATA&YO-HEY
14分01秒 パッケージジャーマンスープレックスホールド
小川良成&クリス・リッジウェイ◯

〈第5試合〉GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合
(王者組)原田大輔&タダスケ×
20分01秒 キルスイッチ→ 片エビ固め
(挑戦者組)鈴木鼓太郎&小峠篤司◯
※鈴木鼓太郎&小峠篤司組が第38代選手権者となる。

〈第6試合〉GHCナショナル選手権試合
(王者)◯杉浦貴
23分59秒 オリンピック予選スラム→体固め
(挑戦者)×谷口周平
※初代王者・杉浦貴が初防衛に成功。

〈第7試合〉中嶋勝彦、潮崎豪 デビュー15周年記念6人タッグマッチ
中嶋勝彦&◯潮崎豪&熊野準
23分01秒 ショートレンジ豪腕ラリアット→片エビ固め
清宮海斗&丸藤正道&井上雅央×


[65] fun◇YtKXN/LQ - 2019/11/28(Thu) 06:42 ID:OUILKurc  [No.110019]
「STARTING OVER 2019」
11月26日(火)新潟市体育館

遅くなりましたが試合後のコメントです。
齋藤彰俊も反選手会同盟についてコメントしてます。


第2試合 シングルマッチ
齋藤彰俊vsマサ北宮

【齋藤の話】「この間の後楽園で反選手会同盟立ち上げるって言って、それから1回目のシングル。結果的には負けたんですけど、ファンの皆さん、選手にも伝えたいことがある。俺はネタじゃなくて本気だってこと! 本気だからこそ、映画やドラマのように、俺がこうするから!って言って周りが変わるわけじゃない。その厳しさを知っている。なぜかって言うと、俺はヒーローじゃないし、恵まれてるモンでもない。だけどさ、そういうヤツらが這い上がろうとしたら、絶対にあきらめない。負けても負けても必ずいつか倒す! 俺は“できない"って表現はあんまりしたくない。持ってるポテンシャルを、スペックを出せてないだけ。そういう環境ってこともあるよね? カード組んでくれなかったり。だからそういうヤツらにもスポット浴びせて、本当のね、自分の底力を出して、どうだ!ってモンを示せば、自然とノアっていうものも上がるほど。上だけ上げてもダメだと思う。俺は下から持ち上げる。会社に勤めてるみんなもそうだと思うけど、みんな苦しい思いしてる。俺できるのに…!って思っても、チャンスも無いのよ! だけどさ、そういうヤツらがやろうと思ったらさ、はじめは潰されるよね。でもいい。俺はマジメだから、真剣だから。必ず変えてみせようと思ってる。今日負けたけど、負けてもいい。何回でもいって、前みたいにいつか必ず勝って、俺らの反選手会同盟。同盟だからね、それをどうだ!って見せつけてみせる。そしてノアが面白い!って言わせてみせる。これは俺の意地だ! 俺残りもね、もしかしたら少ないのかもしれないけど、俺はマジメに、真剣に変えていきたい! よろしくお願いします! ファンのみんなと一緒に創っていきたい。そういう底力、みんなと一緒に創りたい。よろしくお願いします! 今日は負けてすみません!」

 
第4試合 タッグマッチ
HAYATA&YO-HEYvs小川良成&クリス・リッジウェイ

【試合後のリッジウェイ】
▼リッジウェイ「毎日見てきただろ? 打撃でもスープレックスでも勝つことができる。毎日アンクルも奪ってきた。何も心配はない。俺がイギリス人として初めてのGHCジュニアチャンピオンになるよ」

――小川選手からみてリッジウェイの充実ぶりは?

▼小川「いやいやいや、見てて分かるでしょ? 圧勝でしょ? YO-HEYも機能してないし、HAYATAも全然ダメだし」

――STINGERからベルトがなくなった状況だが?

▼小川「いやいや、この後、あいつら(小峠&鼓太郎)が獲ればいいでしょ。ダメだったら俺ら二人が行ってもいいし」

 
第5試合 GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合
原田大輔&タダスケvs鈴木鼓太郎&小峠篤司

【試合後の小峠&鼓太郎】
――24日でGHCジュニアタッグベルトがSTINGERに帰ってきたが?

▼鼓太郎「ちょっとコイツ(ベルト)で相手ぶん殴っちゃったから、ちょっと機嫌損ねて家出したけど、すぐ帰ってきたよ。俺の家出よりはるかに短くね」

▼小峠「鼓太郎さんと初めて獲れたんで。ここから二人として、そしてSTINGERとして新しい歴史刻んでいこうかなと思ってますね」

▼鼓太郎「もうね、何言ってもどうせ決まるんだから、すべてのドアを開けるから。やりたいヤツはすぐにでも名乗り出て来いって。誰でもいい。ぽっと出でもいい。やってやる。毎日でも、毎試合でもやってやる」

▼小峠「ま、毎日すか!?」

▼鼓太郎「例えば、の話だ(笑)」

▼小峠「それくらいやる気見せてます!」

▼鼓太郎「くすぶってるヤツでもいい。またRATEL'Sでもいいし、これ見て俺が行きたい!って思ったヤツ、とりあえず動き出せって。名乗り出てきたらやってやる」

 
第6試合 GHCナショナル選手権試合
杉浦貴vs谷口周平

【試合後の杉浦】
▼杉浦「せっかくのタイトルマッチの後に…水をさすようなことしやがって! わかってんだろうな? 今度組まれるよな? 12月3日の後楽園で。試合するだろ? ただじゃおかねえぞ。気持ちは分かるよ。くすぶってるって」

――谷口との試合を振り返って?

▼杉浦「いつも言ってるけど、いつもああやってやれよって。今日みたいに。俺との前哨戦、今日…それくらいいつもやれ!って。そうだろ? そうしなきゃ花なんて咲かないよ。たまにバッと燃えたって咲かないよ。いつも、いつもやらないと」

――初防衛となったが、ベルトへの愛着は増した?

▼杉浦「そうだね。やり方は汚いけど、ああやって北宮が来たってことは、このベルト狙ってるってことだからね。そういう意味では俺が持ってるベルトをみんな狙ってくる。余計愛着湧くよ。絶対手放したくない」

――ある意味、願ったり叶ったり?

▼杉浦「そう言うとみんなやってくるから嫌だけどな。まぁ、若いんだから、あのくらいの実力行使でもいいんじゃない? ただ! あんなことやったからには、ただじゃ済まさないからな。前哨戦から」

 
第7試合 中嶋勝彦、潮崎豪デビュー15周年記念試合6人タッグマッチ
中嶋勝彦&潮崎豪&熊野準vs清宮海斗&丸藤正道&井上雅央


【試合後の中嶋&潮崎】
――15周年記念試合を振り返って?

▼中嶋「今日という日を迎えられて素直にうれしいですよ」

▼潮崎「15周年を新潟でやれたこと、本当にうれしいですしね。何よりも今日来てくれた人の声援を聞いて、16年目も頑張っていきたい。そう思いました」

――新潟という地は自身にとって?

▼中嶋「この土地でいろんな試合をしてきた。この15年間でどれだけ来たんだろ。数え切れないくらい。やっぱり新潟という土地は思い入れありますよね」

▼潮崎「日本全国、いろんな方に支えられてるっていう思いはありますけど、苦しいときも厳しいときも、新潟の皆さんの後押しがあったからこそ、こうして15周年記念試合ができた。ここまでこられた。感謝しか無いですね」

――次の後楽園ではAXIZ対決で一騎打ちとなるが?

▼潮崎「こうやってタッグ組んでますけど、さっきも言ったように、世界に轟かせる、ベストな試合をね。後楽園、俺たちでお見せしますよ」

▼中嶋「オンリーワンの試合。俺たちにしかできない試合。俺たちにしかできないことがあるんで。それは俺たちも分かってるんで。あとは期待してくれるファンの皆さん、関係者の皆さん、そしてあなたにも、俺たちの試合を轟かせて、胸いっぱい、愛いっぱいにしますよ。まぁ、15年間やってきた、それぞれのプライドがあるから。正直どうなるか分からないよ。俺たちAXIZの、この愛のカタチが、12月3日の後楽園ホールでどういうカタチでお見せできるか。それは分からないけど、期待には最低限応えるつもりだよ。楽しみにしといてくれ」



[66] fun◇YtKXN/LQ - 2019/11/29(Fri) 00:38 ID:Qo/.fI9s  [No.110021]
清宮海斗と中嶋勝彦が12月31日(火)に行われるWRESTLE-1「WONDER CARNIVAL」大阪大会に参戦します。

 WRESTLE-1「WONDER CARNIVAL」
12月31日(火) 15:00〜 大阪・エディオンアリーナ大阪 第1競技場

対戦カード
稲葉大樹&清宮海斗 vs 芦野祥太郎&中嶋勝彦



[67] fun◇YtKXN/LQ - 2019/12/04(Wed) 06:34 ID:  [No.110033]
金剛興行の全対戦カードが決定。

 「金剛興行 DIAMOND」

12月14日(土)18:00〜
新木場1stRING

<全対戦カード>
■6人タッグマッチ
拳王&マサ北宮&稲村愛輝 vs 清宮海斗&杉浦貴&潮崎豪

■タッグマッチ
X & X vs 宮脇純太&諸橋晴也

■タッグマッチ
拳王&マサ北宮 vs 齋藤彰俊&井上雅央

■シングルマッチ
稲村愛輝 vs 関本大介


[68] fun◇YtKXN/LQ - 2019/12/04(Wed) 06:35 ID:  [No.110034]
杉浦軍興行「犬ども全員集合!後楽園で吠えろ!」
12月27日(金) 試合開始18:30〜
後楽園ホール

 決定対戦カードです。

■RATEL'Sスペシャル4WAYサバイバーマッチ
HAYATA vs 原田大輔 vs タダスケ vs YO-HEY

※通常のルールの他、最後の1人になるまで試合が終わらないサバイバールールを採用

 ■タッグマッチ
杉浦貴&桜庭和志 vs 藤田和之&鈴木秀樹

■シングルマッチ
丸藤正道 vs イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.

■大原はじめデビュー15周年記念試合
大原はじめ&ウルティモ・ドラゴン&越中詩郎 vs NOSAWA論外&MAZADA&FUJITA

 



[69] fun◇YtKXN/LQ - 2019/12/04(Wed) 06:36 ID:  [No.110035]
「STARTING OVER 2019」
12月03日(火)後楽園ホール
観衆:1083人

試合結果です。

〈第1試合〉6人タッグマッチ
Hi69&田中稔&宮脇純太×
12分03秒 ムイビエン
◯大原はじめ&NOSAWA論外&岡田欣也

〈第2試合〉シングルマッチ
◯ドラゴン・ベイン
12分07秒 ツイスターベイン→片エビ固め
×イホ・デ・カニスルプス

〈第3試合〉6人タッグマッチ
原田大輔&×タダスケ&YO-HEY
12分44秒 前方回転エビ固め
小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司◯

〈第4試合〉8人タッグマッチ
清宮海斗&◯丸藤正道&谷口周平&熊野準
16分27秒 不知火→体固め
モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム&齋藤彰俊&井上雅央×

〈第5試合〉GHCジュニア・ヘビー級選手権試合
◯HAYATA
20分14秒 ヘデック→エビ固め
×、クリス・リッジウェイ
※第40代選手権者が3度目の防衛に成功

〈第6試合〉6人タッグマッチ
◯杉浦貴&藤田和之&鈴木秀樹
21分35秒 レフェリーストップ ※フロントネックロック
拳王&×マサ北宮&稲村愛輝

〈第7試合〉中嶋勝彦、潮崎豪 デビュー15周年記念スペシャルシングルマッチ
×中嶋勝彦
29分20秒 ムーンサルトプレス→片エビ固め
◯潮崎豪



[70] fun◇YtKXN/LQ - 2019/12/05(Thu) 13:58 ID:  [No.110041]
12・27後楽園大会の追加決定カードです。

 杉浦軍興行「犬ども全員集合!後楽園で吠えろ!」

12月27日(金) 試合開始18:30〜
後楽園ホール

【決定対戦カード】
■タッグマッチ
清宮海斗&宮脇純太 vs 潮崎豪&中嶋勝彦

 
【発表済み対戦カード】

■タッグマッチ
杉浦貴&桜庭和志 vs 藤田和之&鈴木秀樹

■シングルマッチ
丸藤正道 vs イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.

■大原はじめデビュー15周年記念試合
大原はじめ&ウルティモ・ドラゴン&越中詩郎 vs NOSAWA論外&MAZADA&FUJITA

■RATEL'Sスペシャル4WAYサバイバーマッチ
HAYATA vs 原田大輔 vs タダスケ vs YO-HEY
※通常のルールの他、最後の1人になるまで試合が終わらないサバイバールールを採用



[71] fun◇YtKXN/LQ - 2019/12/06(Fri) 08:08 ID:  [No.110045]
「STARTING OVER 2019」
12月05日(木)仙台PIT

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
△Hi69
15分00秒 時間切れ引き分け
△YO-HEY

〈第2試合〉6人タッグマッチ
モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム&田中稔◯
10分25秒 ミノル・スペシャル
齋藤彰俊&井上雅央&宮脇純太×

〈第3試合〉シングルマッチ
×ドラゴン・ベイン
8分22秒 ドラゴンスープレックスホールド
◯イホ・デ・カニスルプス

〈第4試合〉6人タッグマッチ
×HAYATA&原田大輔&タダスケ
23分31秒 足4の字固め
◯小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司

〈第5試合〉6人タッグマッチ
杉浦貴&大原はじめ&岡田欣也×
21分11秒 体固め※サイトースープレックス
拳王&◯マサ北宮&稲村愛輝

〈第6試合〉6人タッグマッチ
◯清宮海斗&谷口周平&丸藤正道
20分37秒 タイガースープレックスホールド
中嶋勝彦&潮崎豪&熊野準×



[72] fun◇YtKXN/LQ - 2019/12/07(Sat) 00:05 ID:  [No.110047]
「STARTING OVER 2019」
12月05日(木)仙台PIT

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第4試合
HAYATA&原田大輔&タダスケvs小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司

【試合後の小川】
――チャンピオンもギブアップはしなかった

▼小川「一緒だろ。レフェリーが止めてんだからこっちの勝ちだ」

――ヒザを攻め立てたが?

▼小川「まぁヒザだけじゃないけどね。足全体をね」

――まだまだ序の口?

▼小川「まだプロローグだよ」

――これから東北ツアーが始まるが?

▼小川「そうだね。これから1週間、HAYATAには苦しい思いをしてもらおうか」

――今後も徹底的に足を攻めていく?

▼小川「さあ。それは分からない。でも徹底的にやるに決まってんじゃん」

――シングルの挑戦者となっても心境的には変わらない?

▼小川「変わらないよ。HAYATA相手にそりゃ変わらないよ」

――シングルのタイトルへの挑戦を表明した最大のモチベーションは、やはりSTINGERにすべてベルトが欲しい…ということ?

▼小川「そうだね。それもあるし、オレ個人としてもベルト獲りたいし。圧勝でしょ? お客さんシーンとしちゃったじゃん。どうすんの?(笑)」

 
第5試合
杉浦貴&大原はじめ&岡田欣也vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝

【北宮の話】

「やられた分は取り返す。1・4のチャンピオンシップまでは、ヤツとは、杉浦貴とは…イーブンもしくは俺が優位でいく。勝算なく挑戦表明してるワケがないだろう。下だと思って挑戦するバカがどこにいる! 確実に勝って、確実に勝って! 赤いベルトはマサ北宮の腰に…金剛に持ってくる!」

 
第6試合
清宮海斗&谷口周平&丸藤正道vs潮崎豪&中嶋勝彦&熊野準

【試合後の清宮】
――前哨戦先制となったが、改めて潮崎と当たってみた?

▼清宮「いやぁチャンピオンといえども、余裕ではいられないですよ。相手はこれ以上無い覚悟を持ってやってきてるのは伝わりますし、今日も何度もチョップを受けましたけど、やっぱり一番キツいですよ。潮崎さんのあのチョップ。でも相手が全力出してきてるからね。こっちはそれを上回らないといけないし、俺も今日からホント毎日タイトルマッチのつもりで、フルスロットルで行きますから! そのうえでお互いが出し切った…ホント搾り出すくらいの気持ちを持って、1月4日、俺たちにとって勝負の日に、必ずベルトを守りたいと思います」

――いち早く20周年イヤーの主役宣言も放った

▼清宮「20周年ですよ!? とっても大きな節目じゃないですか。その節目、良い形でスタートを切る。何が一番良い形かって言ったら、やっぱり“新しい時代を築こうとしている者"が、そこで勝ち名乗りを受けるべきなんじゃないですか? だから今後の前哨戦でも、自分の持てるものすべて出していって、チャンピオンとしてやってきたものもありますから。そこは相手の上をしっかり行って、前哨戦をリードしていきたいと思います」



[73] fun◇YtKXN/LQ - 2019/12/07(Sat) 00:07 ID:  [No.110048]
連続投稿失礼します。

「STARTING OVER 2019」
12月06日(金)山形国際交流プラザ(山形ビッグウイング展示場2)
観衆:201人

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯鈴木鼓太郎
8分27秒 体固め※ブルー・ディスティニー
×宮脇純太

〈第2試合〉タッグマッチ
△原田大輔&タダスケ
20分00秒 時間切れ引き分け
Hi69&熊野準△

〈第3試合〉タッグマッチ
×モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム
8分45秒 体固め※サイトースープレックス
拳王&マサ北宮◯

〈第4試合〉タッグマッチ
◯中嶋勝彦&潮崎豪
13分33秒 エビ固め※PK
齋藤彰俊&井上雅央×

〈第5試合〉6人タッグマッチ
HAYATA&YO-HEY&イホ・デ・カニスルプス×
13分22秒 片エビ固め※スパニッシュフライ
小川良成&小峠篤司&ドラゴン・ベイン◯

〈第6試合〉シングルマッチ
◯清宮海斗
11分18秒 ストレッチプラム式フェイスロック
×稲村愛輝

〈第7試合〉6人タッグマッチ
杉浦貴&大原はじめ&岡田欣也×
20分20秒 片エビ固め※ダイビング・ボディプレス
丸藤正道&◯谷口周平&田中稔


[74] fun◇YtKXN/LQ - 2019/12/07(Sat) 13:35 ID:  [No.110049]
「STARTING OVER 2019」
12月06日(金)山形国際交流プラザ(山形ビッグウイング展示場2)

試合後のコメントです。

第1試合
鈴木鼓太郎vs宮脇純太

【試合後の鼓太郎】
――今日はシングルマッチで完勝、1月にはジュニアリーグ戦があるが?

▼鼓太郎「ブロック分け発表されてるの? されてない? まだ何も言いよう無いじゃん。“優勝します"としか言えないじゃん。具体的な話ができなくない? 別ブロックから誰が来いとか、優勝戦は誰とやりたいとか。そんなことよりジュニアタッグだよ。『出てきたら、誰でもやってやる』って言った途端、なんで誰も出てこなくなった? あれからどれくらい経つ? 誰も名乗り出てないならチャンスじゃん。今日、俺にコテンパンにされた宮脇だって、『挑戦させろ』つったら、『やってやる』ってなるんだから。俺だって吐いたツバのめないし」

――言ったもん勝ちの状況…

▼鼓太郎「だったでしょ? 今までも。だから『いいよ、それでやるよ。誰でも受けてやる』って言ったのに、誰も何も言ってこない」

――RATEL'SとSTINGERにノアジュニアの話題が集中している現状もあるが?

▼鼓太郎「だって、それが結果なんじゃないの? 今のノアジュニアとしての。俺と小川さんだって自分たちで動いて、この構図に持ってきてるから」

――現状にイラ立ちがある?

▼鼓太郎「いいよ? 俺らはノアジュニアの最前線でやってんだから。そこに文句あるヤツとか、なんか思うことがあるヤツとかがいないのは、どうなのかなと思うけどね。会社に与えられたチャンスを待ってるだけじゃダメだと思うよ。(※言っただけで決まるのかと)あんな文句言ってたのに、『受けてあげる』って言ってんだ」

――そういえばタイトルマッチアレルギーだと言っていた気が…

▼鼓太郎「もう、アレだよ。猫アレルギーも猫とずっと一緒に暮らしてると、抗体ができておさまってくるじゃん。タイトルマッチアレルギーだったけど、タイトルマッチやらされすぎて、抗体できて良くなってきたよ…。でも相手がいねーからな…」

 

第2試合
原田大輔&タダスケvsHi69&熊野準

【試合後のHi69&熊野】
――前ジュニアタッグ王者相手に20分ドローとなったが?

▼Hi69「向こうも一緒かもだけど、ドローは負けと一緒なんでね。俺は来年1月から始まるジュニアリーグ。4ブロック、16人。どのブロックに入るか分からないけど、3回勝って必ず決勝行きます」

――熊野選手は久々に原田とガッチリしのぎを削ったが?

▼熊野「やっぱりRATEL'Sしかり、隣にいたHi69さんも凄いレスラーだし、そんな選手たちがみんな出る、来年一発目のジュニアリーグ戦。ここで結果出して、ノアジュニア・熊野準っていうのをしっかり確立していきたいですし、こうやって組んで、勝てなかったですけど、前ジュニアタッグ王者にドローまで持ってこられた。Hi69さんの力もあって、こうなった。でも次はシングルなんでね。当たった時はガッチリいきたいと思ってます」

――RATEL'SとSTINGERが独占しているノアジュニアの状況について?

▼Hi69「それを打破する良いきっかけが1月のジュニアリーグ戦ですよね。ずっとRATEL'SとSTINGERが闘ってて、なんも思わないワケがないんで。会社にもファンの皆さんにも選手にも“伝える"ためにも、やっぱり1月のリーグ戦、結果を出します」

▼熊野「言いたいことはほとんど一緒。全部ひっくり返してやる!っていう、そういう気持ちを持って。まぁ(反選手会同盟の)齋藤さんから言われたこと(※奮起をうながされた)もあるんでね。その辺も僕なりに考えてるんで、それを着実にリーグ戦にぶつけていきたい」

――1月に勢力図を塗り替えるつもりで?

▼Hi69「うん、このSTINGERとRATEL'Sだけの図式を変えるためにも、やっぱり『こいつらと戦わせよう』とか、そういう流れに、自分らの実力で持っていきます」

 【試合後の原田&タダスケ】

▼タダスケ「時間が足りんかったな……。まだちょっと(ジュニアタッグ陥落で)気持ちが落ちてる部分もあるんかな…。次のシングルのリーグ戦か。そこへ向けて、やっぱりみんな気合入っとるな。俺も前のこと見てへんかったね。(※パンと自らの頬をはたいて)気合い入れな」

▼原田「気合入ったあ! めっちゃ今の気合入った。あんなタダスケ見たこと無い。確かに時間、今日は足らんかった。っていうか俺らが仕留めきれなかった。悔しいな。この悔しさもジュニアのシングルリーグ戦に向けて、もっともっと改善していきたいと思います。で、このベルト(IPWジュニア)もね、いつまでも黙ってるつもりもないし。誰も来えへんようなら、俺からどんどん仕掛けていこうかなとも思ってます。それは遅かれ早かれ分かるんちゃいますか。シングルリーグに向けて(※パンと自らの頬をはたいて)気合入ったあ!」

 
第4試合
潮崎豪&中嶋勝彦vs齋藤彰俊&井上雅央

【試合後の潮崎&中嶋】
――反選手会同盟の齋藤と選手会長として対決してみて?

▼潮崎「井上雅央にもその気持ちが見えたね、今日は。反選手会同盟が、どういう意図でできたのか。俺も良く分からないけど、その気持ちというものもね。俺と勝さん、AXIZが受け止めて、倍にして返してやりますよ」

――“反"とうたう組織?ができた以上は、選手会としては…

▼潮崎「全力で叩きにいきます。選手会で。制裁措置? 制裁措置もなにも、闘いがあるならそれが俺は一番だと思うし。ノアにもっと闘いを巻き起こそうとしているのであれば、どんどん来いと。いろいろ考えてのことだろうし、どんどん炎を大きくしてもらってね。俺は選手会長として真っ向から受けて立ってやりますよ」

――中嶋選手は?

▼中嶋「(※即答で)特になし!」

 
第5試合
HAYATA&YO-HEY&イホ・デ・カニスルプスvs小川良成&小峠篤司&ドラゴン・ベイン

【試合後の小川&小峠】
――今日もHAYATAの足を徹底的に痛めつけたが?

▼小川「たまたま足だったんじゃない? 昨日痛がってたし、いいかなって」

――このままジリジリと足にダメージを蓄積させていく?

▼小川「どうなんだろう? 分からないけど。でも、足が一番良さそうだね」

――このまま圧倒していく?

▼小川「もう圧倒してんじゃん。チャンピオンがロープで宙吊りになってたよ(笑)」

――手段を選ばないと、HAYATAへの声援も強くなりそうだが?

▼小川「全然、声援なんてないじゃん(笑) ウチには絶対的なベビーフェイス(小峠)がいるからさ、こっちが人気さらってるから(笑)」

――小川選手を全面的にバックアップしていく?

▼小峠「バックアップだなんておこがましいですけど、チャンピオンに同情すらしちゃうような攻めなんで。1月4日まで持つ?」

▼小川「まぁイイ感じで足引きずってるから、うん。まぁそれは置いといて、昨日もそうだし、今日もそうだし。セミとかさ、メインもさ。キャリア1年足らずの人たちがさ…。メインでふさわしくないような人たちがメインで試合してるし。ねえ? 今日だってそうじゃん。あんまりこういうマッチメーク続くと、試合の質が落ちるからね。いろんなこと考えて、ちゃんとした人じゃないと上で試合できるようにならないと、ノアの試合の質がホント下がってくから。まぁ、それが言いたいかな」



[75] fun◇YtKXN/LQ - 2019/12/08(Sun) 01:57 ID:  [No.110050]
「STARTING OVER 2019」
12月07日(土) 八戸シーガルビューホテル体育館

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
田中稔
6分24秒 HEATクラッチ
宮脇純太

〈第2試合〉タッグマッチ
◯モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム
10分36秒 片エビ固め※ファンキーバスターボム
齋藤彰俊&井上雅央×

〈第3試合〉タッグマッチ
丸藤正道&ドラゴン・ベイン×
8分22秒 体固め※雪崩式パワーボム
原田大輔&イホ・デ・カニスルプス◯

〈第4試合〉6人タッグマッチ
杉浦貴&大原はじめ&岡田欣也×
19分21秒 体固め※サイトースープレックス
拳王&◯マサ北宮&稲村愛輝

〈第5試合〉6人タッグマッチ
×HAYATA&タダスケ&YO-HEY
19分07秒 TKO※セカンドのタオル投入
◯小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司

〈第6試合〉6人タッグマッチ
清宮海斗&谷口周平&Hi69×
19分07秒 体固め※ヴァーティカル・スパイク
◯中嶋勝彦&潮崎豪&熊野準


[76] fun◇YtKXN/LQ - 2019/12/09(Mon) 12:51 ID:  [No.110057]
「STARTING OVER 2019」
12月08日(日)むつグランドホテル
観衆:403人(満員)

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯タダスケ
8分56秒 2PAC
×Hi69

〈第2試合〉タッグマッチ
モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム◯
11分12秒 体固め※50cm腕ラリアット
齋藤彰俊&宮脇純太×

〈第3試合〉シングルマッチ
◯ドラゴン・ベイン
8分53秒 片エビ固め※ツイスターベイン
×イホ・デ・カニスルプス

〈第4試合〉6人タッグマッチ
◯杉浦貴&大原はじめ&岡田欣也
14分58秒 体固め※オリンピック予選スラム
拳王&マサ北宮&稲村愛輝×

〈第5試合〉6人タッグマッチ
HAYATA&原田大輔&YO-HEY△
30分00秒 時間切れ引き分け
小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司△

〈第6試合〉シングルマッチ
◯清宮海斗
11分45秒 タイガースープレックスホールド
×田中稔

〈第7試合〉6人タッグマッチ
中嶋勝彦&◯潮崎豪&熊野準
21分03秒 片エビ固め※豪腕ラリアット
丸藤正道&谷口周平&井上雅央×


[77] fun◇YtKXN/LQ - 2019/12/09(Mon) 12:52 ID:  [No.110058]
連続投稿失礼します。

「STARTING OVER 2019」
12月08日(日)むつグランドホテル

試合のコメントです。

第4試合
杉浦貴&大原はじめ&岡田欣也vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝

【試合後の杉浦&岡田】
――ここ2戦は北宮の勢いが目立っていたが、今日は目の前で3カウントを奪った

▼杉浦「うん。大原はいつもそうだけど、今日は岡田も良かったからね。頑張ってくれたから。っていうか、ここ(の会場)じゃない? ここ(コメントスペース)で6月にお前(岡田)、杉浦軍入りを希望したんだよな?」

▼岡田「はい! 自分もそろそろ杉浦軍、見習いじゃなくて正式加入、させてもらえませんか?」

▼杉浦「岡田。お前、今日は結構頑張ったよ。でもダメだ。帰れ。帰って風呂沸かしとけ。風呂温めといてくれ」

※うなだれた岡田は大原とともに去る

――なぜ却下した?

▼杉浦「だってまだ1年も経ってないじゃん。それにアイツ、むつのこの場所にくれば、前もやったから許されると思って言ってんだよ。なんでも修行は3年くらいしないとダメでしょう。よく言うだろ? (※薄毛の記者に)ハゲの上にも3年て」

――石だと思うが……改めて北宮の勢いは感じる?

▼杉浦「勢いは感じるよね。タックルで倒れないし、意地もあるし。でも、ただそれだけじゃ俺は倒せないよ。無い頭をトコトン使ってもらわないと」

――1・4後楽園当日はGHCヘビーやGHCジュニアのタイトルマッチも決まって、シングルの注目カードが並びそうだが?

▼杉浦「そことも勝負だね! やっぱりチャンピオンたるもの、そういう部分とも勝負しないとね。タイトルマッチが目白押しななか、『GHCナショナルの、あの赤いベルトの試合が一番興奮した!』って思われたいから」

 
第6試合
清宮海斗vs田中稔

【稔の話】

「こうしてポンっとシングルが組まれましたけど、相手が現GHCヘビー級チャンピオンだろうが、1月4日にタイトルマッチが決まってるなら邪魔しちゃいけないとか、俺はまったくそんな気無かったんでね。ヒザ十字…レッグバーで取ってやろうって本気で思ってたんで。悔しいですけどね。勝ってズバッと言いたいことがあったんですけど、ハッキリ言うのはまた次の機会ですかね。ただひとつ言えるのは、これからヘビー級の選手と当たる時に、一個一個実験していこうと思ってることがある。今日はその一個目。スタイルをちょっとバトラーツ時代のスタイルに戻して今日は試合してみました。俺が今日、3カウント狙ってカバーに行ったのって、雪崩式攻撃の後の一回だけ。あとはカバーを狙いに一回もいってない。今日はそのスタイルでいきましたけど、ヘビー級相手だと体のサイズが違ってくるんで、いろんな実験したいことがたくさんある。とりあえず今日は一発目の実験ができたんで、とりあえずは俺が来年からやってみたいことの良い取っ掛かりができたかな…って思ってます。最後にひとつ言えるとしたら、ナメてたワケじゃないけど、チャンピオンは強かったです。ありがとうございました」

 
第7試合
潮崎豪&中嶋勝彦&熊野準vs丸藤正道&谷口周平&井上雅央

【試合後の潮崎&中嶋】
▼中嶋「いやぁ、いいねえ。青森2連戦目のむつ。外はすげー寒いけど、会場はすっげえ温かいね」

▼潮崎「熱い!」

▼中嶋「調子いいんじゃない?」

▼潮崎「ツアー4連戦目だけど、今年2回めのむつで、むつの皆さんにこれだけのパワーをいただけたんで、このまま1・4。行くしかないでしょ!」

▼中嶋「今ツアー、AXIZの勝率も高いし、勢いもある。ゴウさんが1・4でタイトルに挑戦するなら、俺もAXIZとして頑張りたいなと思って。そう思った時に、1・4ってさ。海外から来るよね? マイケル・エルガンが」

▼潮崎「おお!」

▼中嶋「ゴウさんも頑張るなら、俺もシングルで頑張って、お互い勝ってね、新年早々、AXIZで爆発させてもいいんじゃない?」

――エルガンへの印象は?

▼中嶋「1回だけ他団体でやったことあるけど、デカいし、動けるし、スタミナもあるし、かなり強敵だね」

――両国でもインパクトを残したエルガンからこそ、おいしい獲物になった?

▼中嶋「うん。両国もそうだったけど、前回やった時よりも変わってるんじゃないかな? だからこそ興味も湧くしね。あとはゴウさんが挑戦するってことに触発された部分はあるよ。俺も負けてらんねーなって。新年早々、お互い個々に勝負して、一発目からAXIZ色に染め上げたいなと思うよね」

――もし中嶋vsエルガンが実現したら、おそらくメインのGHC戦には一層プレッシャーがかかるが?

▼潮崎「そうだね。そこでも“勝負"になるしね。っていうことは2020年、1・4一発目からAXIZの色になるってことなんでね。俺も勝って、勝さんにも勝ってもらって、2020年はAXIZの年、潮崎の年、中嶋勝彦の年にしたいと思いますよ」

▼中嶋「新年早々、AXIZが感じ合える年にして、そして感じさせます。ヨロシク」





[78] fun◇YtKXN/LQ - 2019/12/10(Tue) 23:44 ID:CnWaBuvM  [No.110073]
「STARTING OVER 2019」
12月10日(火)盛岡体育館

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯宮脇純太
7分45秒 腕ひしぎ十字固め
×岡田欣也

〈第2試合〉タッグマッチ
◯杉浦貴&大原はじめ
11分37秒 横入り式エビ固め
齋藤彰俊&井上雅央×

〈第3試合〉タッグマッチ
タダスケ&イホ・デ・カニスルプス◯
10分32秒 ロメロ・スペシャル
田中稔&ドラゴン・ベイン×

〈第4試合〉6人タッグマッチ
◯中嶋勝彦&潮崎豪&熊野準
19分03秒 首固め
谷口周平&モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム×

〈第5試合〉6人タッグマッチ
HAYATA&原田大輔&YO-HEY×
19分00秒 エビ固め※YO-ROLLを切り返して
小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司◯

〈第6試合〉6人タッグマッチ
◯清宮海斗&丸藤正道&Hi69
15分22秒 タイガースープレックス・ホールド
拳王&マサ北宮&稲村愛輝×



[79] fun◇YtKXN/LQ - 2019/12/12(Thu) 00:08 ID:.JM3x6l.  [No.110075]
「STARTING OVER 2019」
12月10日(火)盛岡体育館

遅くなりましたが試合後のコメントです。

第4試合
○中嶋勝彦&潮崎豪&熊野準vs谷口周平&モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム×

【試合後の潮崎&中嶋】

▼中嶋「はぁはぁ…キツかったあ! …でもね、ゴウさんがいれば、このタッグという形式ならね、負ける気がしないよ。でも勝てて良かったよ。俺もさ、1・4決まったし。エルガン戦に向けて…っていう目的、目標があるからね。ここで負けてらんないよ」

――今日は珍しく丸め込みで試合を決めたが、これもエルガン戦を見据えたこと?

▼中嶋「さあ、それはどうだろ。観に来ないと分かんないよ」

――裏をかくには有効な一手だが…

▼中嶋「そうだね。プロレスラーらしいでしょ? 受けて受けて最後に勝つ。かっこいいだろ?(笑)」

――2020年の最初は、今までとは違った中嶋勝彦がみられる?

▼中嶋「乞うご期待だね。それを見たいだろ? YESかNOで答えてくれよ。今年の俺より、来年の俺。成長した俺を見たいだろ? なぁ?」

――YES

▼中嶋「そうだろ? 来年はノアも20周年、俺たちAXIZも2年目だ。まだまだAXIZはどんどん成長するし、俺・中嶋勝彦も新年一発目から大きな大きな一歩を進めるよ」

▼潮崎「……YES!」

 
第5試合
○小峠篤司&小川良成&鈴木鼓太郎vsHAYATA&原田大輔&YO-HEY×

【試合後の小川&小峠&鼓太郎】

――HAYATAはベルトを置いていってしまったが…

▼小川「え!? そうなの? “放棄"したんじゃないの? もう戦えないって」

▼小峠「戦わずして!(笑) 前哨戦で潰れたってことでしょう」

――不戦勝ということ?

▼小川「不戦勝っていうか、もう(ベルト)もらっちゃったからね…」

▼小峠「タオル投げたようなモンすからね(笑) ベルトを置いてくなんて」

▼小川「もうこれでベルトが全部(STINGER)に来たんだよ」

▼鼓太郎「そう。圧倒的じゃないか、我が軍は」

――では…王者として、どのような意気込みを?

▼小川「まぁ、そうだね。誰でもかかってこい!!」

▼鼓太郎「圧倒的じゃないか、我が軍は!」

 
第6試合
○清宮海斗&丸藤正道&Hi69vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝×

【試合後のHi69】
――清宮&丸藤と組んで地元・盛岡メインで勝利したが?

▼Hi69「盛岡に凱旋で帰ってくる…っていう気持ちももちろんありますけど、やっぱり丸藤・清宮がいて負けられない!って気持ちが強かったんで、そこは最低限の自分の役目を果たしたとは思ってます」

――現状はくすぶっているような状況が続いているが、ここを転機に見据えるものは?

▼Hi69「やっぱり何回も言うようですけど、1月のシングルリーグ。所属になって3年くらいたつんで、シングルでの結果も出したいと思っているんですけど、やっぱり自分の力不足の部分も分かってるので。(タッグパートナーの)稔さんと離れるワケではないですけど、シングルリーグ戦には稔さんも出るので、そこでも切磋琢磨できればいいなとは思いますね」

――来年は県営体育館でタイトルマッチを?

▼Hi69「できたら最高ですね。この会場は僕は少年の頃には無かったと思うんで。やっぱり県営体育館で全面使ってできたら最高じゃないですかね。盛岡の人、岩手の人もそのイメージのほうが強いと思うので。ただ、そのためにはやっぱり、ノアの力をもっと高めて、いろいろな人にノアを伝えていきたいですし、岩手に関しては自分がその伝達者になりたいですね。チャンピオンで県営体育館で防衛戦をする。自分にとっては、一番近い夢ですね。自分が20年やってきたプロレスもあるんでね。このまま突き進んでいきたいと思います」



[80] fun◇YtKXN/LQ - 2019/12/12(Thu) 00:08 ID:.JM3x6l.  [No.110076]
12・27後楽園大会 「杉浦軍興行」の対戦カードですが、すでにイホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.とのシングルマッチが発表されている丸藤正道ですが「この時期、忘年会シーズンで多忙」ということから、代わってドクトル・マルフジJr.が出場することとなりました。

 
杉浦軍興行「犬ども全員集合!後楽園で吠えろ!」
12月27日(金) 18:30〜
後楽園ホール

【変更対戦カード】

ドクトル・マルフジJr. vs イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.

 
ドクトル・マルフジJr./Dr. Marufuji Jr.
「方舟の天才医師」

生年月日:1979年9月26日生/身長:176cm/体重:90kg/血液型:不明/出身地:埼玉県鴻巣市/得意技:不明

 
丸藤正道が年末のこの時期は忘年会シーズンで多忙な為、代打としてノアマット登場を要請。丸藤選手と生年月日・出身地が同じ好み(よしみ)で急遽参戦が決定した。身長、体重以外ファイトスタイルも含め一切が謎に包まれた存在だが、丸藤選手が太鼓判を押している選手だけに、相当な実力者と見てよいだろう。「失敗しない」天才医師は、ノアのマットでその神の手をふるうことができるか注目されます。

【発表済み対戦カード】

タッグマッチ
杉浦貴&桜庭和志 vs 藤田和之&鈴木秀樹

 大原はじめデビュー15周年記念試合
大原はじめ&ウルティモ・ドラゴン&越中詩郎 vs NOSAWA論外&MAZADA&FUJITA

 RATEL'Sスペシャル4WAYサバイバーマッチ
HAYATA vs 原田大輔 vs タダスケ vs YO-HEY
※通常のルールの他、最後の1人になるまで試合が終わらないサバイバールールを採用

タッグマッチ
清宮海斗&宮脇純太 vs 潮崎豪&中嶋勝彦

 



[81] fun◇YtKXN/LQ - 2019/12/12(Thu) 00:09 ID:.JM3x6l.  [No.110077]
「STARTING OVER 2019」
12月11日(水)秋田テルサ

試合結果です。

〈第1試合〉シングルマッチ
◯マサ北宮
8分32秒 逆エビ固め
×岡田欣也

〈第2試合〉タッグマッチ
モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム◯
10分43秒 体固め※50cm腕ラリアット
齋藤彰俊&宮脇純太×

〈第3試合〉タッグマッチ
田中稔&ドラゴン・ベイン◯
11分46秒 片エビ固め※630°ベイン
Hi69&イホ・デ・カニスルプス×

〈第4試合〉タッグマッチ
◯杉浦貴&大原はじめ
17分46秒 体固め※オリンピック予選スラム
拳王&稲村愛輝×

〈第5試合〉6人タッグマッチ
清宮海斗&谷口周平&井上雅央×
18分27秒 体固め※ショートレンジ豪腕ラリアット
中嶋勝彦&◯潮崎豪&熊野準

〈第6試合〉8人タッグマッチ
丸藤正道&小川良成&鈴木鼓太郎&小峠篤司◯
26分33秒 エビ固め※キルスイッチ
HAYATA&原田大輔&×タダスケ&YO-HEY



[82] fun◇YtKXN/LQ - 2019/12/12(Thu) 00:10 ID:.JM3x6l.  [No.110078]
連続投稿失礼します。

「2019年度プロレス大賞」敢闘賞はノアのGHCヘビー級王者・清宮海斗(23)が2年連続受賞を決めました。

 新生ノアの若きエースとして王座を6度防衛中。丸藤正道、杉浦貴、拳王、マサ北宮、中嶋勝彦ら主力ヘビー級勢をことごとく退けて新しい時代の到来を証明。

 選考委員からは「新しいファンを熱狂させただけではなく、三沢光晴や川田利明らに引きつけられたオールドファンも楽しませるテイストを自然と身につけている」との声が上がり、新日本プロレス・鷹木信悟との決選投票をわずか2票差で制した。

 この日、岩手・盛岡大会前に朗報を聞いた清宮は「感無量です。自分がやってきたことは間違いじゃなかった。2020年はプロレス界にもっと響くような活躍をしたい」とうれしさを爆発させた。

 さらに「会社は『脱三沢』の方針を打ち出しましたけど、文化の継承は自然な流れだと思う。三沢さん、川田さんに直接指導された経験はありませんが、体が勝手に表現していたんでしょうね。光栄です」と笑顔を見せた。

 来年1月4日にはGHCタッグ王者・潮崎豪とのV7戦を控える。「三賞を頂いたからには、さらに上(MVP、ベストバウト)を狙い、新しい景色を目指します」と飛躍を誓ったそうです。




[掲示板へ戻る] [最新50]
処理 記事No パスワード

お名前
E-mail
コメント
URL
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色