[掲示板へ戻る]

川田利明プロデュース興行「Holy War」

[1] fun◇fLongoRY - 2018/03/13(Tue) 22:07 ID:Xmtl.k3U  [No.108338]
“デンジャラスK”こと川田利明(54)が13日、都内で会見し、初のプロデュース興行「Holy War」(4月26日、東京・新木場1stRING)を開催すると発表した。

 2010年8月15日の新日本プロレス・両国大会を最後にリングを離れている川田はセミリタリア状態で、近年はプロレス界との関わりが薄かった。それでも「体がガタガタでリングに上がれない中で何かできないかなというのがあり、声をかけてくれる人がいた。今までなかったリングを手がけられればと思った」と開催を決めた。

 この日は具体的なカードは発表されなかったが「コンセプトとしては、昔の名前のある人と今の名前のある人を当てたらどうなるんだろうと。本人同士は嫌がるかもしれないけど、今までになかったものじゃないかと思う」と説明した。

 昔からやってきた選手では具体的に越中詩郎(59)や本田多聞(54)、現代の選手では丸藤正道(38)の名前を挙げた。また女子プロレスも取り入れ、様々なジャンルの試合を組み合わせたものにしたいという。

 第1弾大会は6試合程度を予定し、その後は2か月に1回のペースで開催する方針。「興行的に100点が取れるようなものだといいなと思う」と大会の成功に自信をのぞかせた。


[2] fun◇fLongoRY - 2018/03/13(Tue) 22:10 ID:Xmtl.k3U  [No.108339]
川田利明プロデュース興行のスレです。
良かったら活用してください。


[3] ただの全日ファン - 2018/04/04(Wed) 19:53 ID:  [No.108407]
4.26大会のメインカード発表。
越中詩郎(フリー)&藤原喜明(藤原組)&本田多聞(フリー)vs潮崎豪(プロレスリングNOAH)&清宮海斗(プロレスリングNOAH)&樋口和貞(DDTプロレスリング)


[4] ただの全日ファン - 2018/04/06(Fri) 02:02 ID:  [No.108408]
全対戦カード発表
第1試合
日高郁人(プロレスリングZERO1)vs宮脇純太(プロレスリングNOAH)

第2試合
井上雅央(フリー)&がばいじいちゃん(九州プロレス)vsバッファロー(MAKAI&鳥取だらずプロレス)&くいしんぼう仮面(フリー)

第3試合 俺のトークバトル
川田利明vs丸藤正道(プロレスリングNOAH)

第4試合
葛西純(プロレスリングFREEDOMS)&平田智也(プロレスリングFREEDOMS)vs木高イサミ(プロレスリングBASARA)&宮本裕向(暗黒プロレス組織666)

第5試合
長井満也(DRADITION)&田中稔(フリー)vs鈴木秀樹(フリー)&松本崇寿(フリー)

第6試合
越中詩郎(フリー)&藤原喜明(藤原組)&本田多聞(フリー)vs潮崎豪(プロレスリングNOAH)&清宮海斗(プロレスリングNOAH)&樋口和貞(DDTプロレスリング)


[5] fun◇fLongoRY - 2018/04/06(Fri) 08:12 ID:  [No.108409]
>全日ファンさん

いつもありがとうございます。


東スポ情報ですが“デンジャラスK”こと川田利明が、自身が経営する飲食店「麺ジャラスK」(東京・世田谷区)で会見し、初のプロデュース興行「Holy War」(26日、東京・新木場1stRING)の全対戦カードを発表した。

 川田はノアの天才・丸藤正道と30分1本勝負のトークショーを行うことが決定。同じ時期に全日本プロレスに所属したことがあったが、当時の川田は好敵手だった故三沢光晴さんと距離を置いており、三沢さんの付け人を務めていた丸藤とはほとんど接点がなかったという。「そういう面で多分、嫌だっただろうなと。当時どういうふうに思っていたのか、ボクも話したい」と心待ちにした。

 また「ベテランと若手の対戦」という大会コンセプト通り、メインの6人タッグ戦では越中詩郎、藤原喜明、本田多聞の大ベテラントリオが潮崎豪、清宮海斗、樋口和貞組と対戦する。川田は「勢いのある若い選手がベテランと交わった時にどういう反応を起こすのか一番見てみたい。化学反応的なものが起きたら」と期待を寄せた。

 トークショーを含めて全6試合が出揃い「似たような興行がたくさんあると思うけど、コンセプトだけは明確にしたいと思っています。短い(準備)期間で、これだけの選手が集まってくれたので感謝しています」と話し、大会の成功を約束したそうです。


[6] fun◇fLongoRY - 2018/04/27(Fri) 08:07 ID:TOwP2oLo  [No.108491]
“デンジャラスK”こと川田利明(54)が26日、初のプロデュース興行「Holy War」を東京・新木場1stRINGで開催し、大盛況のうちに幕を閉じたそうです。

 東スポ情報ですが、大会コンセプトである「ベテラン選手と若手選手の対戦」に沿った5試合が組まれ、メインでは68歳の藤原喜明が21歳のノア・清宮海斗と6人タッグ戦で激突して会場を盛り上げた。

 また川田はノアの天才・丸藤正道(38)と30分1本勝負のトークバトルを行った。全日本プロレス時代の先輩・後輩にあたる関係だが、当時の丸藤は故三沢光晴さん(享年46)の付け人を務めていたため、ほとんど接点がなかったという。

「三沢さん的なセンスを持っていた。リングの上で自分を怖がらず、何でもやるみたいなところが似ていた」と丸藤評を初めて明かし、思い出話に花を咲かせた。また最近の丸藤が川田が得意とするステップキックなどを多用してことについて「もうちょっと勉強して」と注文をつける場面も…。

 丸藤は「9月1日空けといてください」と自身の20周年記念大会(東京・両国国技館)の出場をオファーし「引退していなんですし、試合をしてもらいますよ。戦いたい気持ち? あります」と対戦を求めたそうです。

 全試合終了後に川田は「僕の名前でレスラーが集まってくれて、あれだけのパフォーマンスをしてくれた。お客さんも満足してもらったと思いますし100点だと思う。次回は120点、150点が取れるようにカードの組み方も考えたい」と総括。丸藤からのオファーについては「俺の技をもうちょっと勉強してから」と述べた。

 また、14日に亡くなった故ジャイアント馬場夫人の馬場元子さん(享年78)をしのんで、出場全選手、関係者による黙とうも行われたとのこと。なお第2弾興行は7月8日に同会場で開催されることが発表されたとの事。


[7] fun◇fLongoRY - 2018/06/03(Sun) 10:32 ID:  [No.108593]
“デンジャラスK”こと川田利明(54)が、プロデュース興行第2弾となる「Holy War 〜vol.2〜」(7月8日、新木場1stRING)の全カードを発表。

 4月26日の第1弾大会では、自身も“ノアの天才”丸藤正道(38)と30分1本勝負のトークバトルを行うなど大盛況だった。今回自らは、ノアの中嶋勝彦(30)と30分1本勝負のトークバトルを行う。自身の強い要望で中嶋を指名したことを明かすと「彼がプロレスに入った時代に“裏ではこういうふうに流れていたんだよ”というのを伝えたい。話せる限りのことはすべて話す」とキッパリ。今のプロレスの最前線で戦う中嶋に知りうる限りの“歴史”を注入するつもり...との事。

 試合はトークバトル以外に6試合が組まれる。前回に引き続き「ベテランVS若手」がコンセプトで、メインの6人タッグ戦では越中詩郎、田中将斗、KAZMA SAKAMOTO組と宮本裕向、小幡優作、清宮海斗組が対戦。さらに「ベテランVS若手というコンセプトなら、女子の試合があっていいと思った」との思いから、「ダンプ松本、ZAP組VS長浜浩江、高瀬みゆき組」が行われることとなったそうです。


「Holy War 〜vol.2〜」
7月8日(日)新木場1stRING

宮脇純太vs藤田ミノル

3wayマッチ
洞口義浩vs中津良太vsくいしんぼう仮面

女子プロレス
ダンプ松本&ZAPvs長浜浩江&高瀬みゆき

俺のトークバトル
中嶋勝彦vs川田利明

葛西純&平田智也vs本田多聞&井上雅央

鈴木秀樹&スーパータイガー&松本崇利
vs
藤原喜明&長井満矢&田中稔

越中詩郎&田中将斗&KAZMOTO SAKAMOTO
vs
宮本裕向&小幡優作&清宮海斗


[8] fun◇fLongoRY - 2018/07/10(Tue) 08:59 ID:hzT.eXbI  [No.108709]
川田利明プロデュース興行【Holy War 〜vol.2〜】
7月8日(日) 新木場1stRING 観衆:312人 超満員

遅くなりましたが試合結果です。

第1試合 オープニングマッチ 15分1本勝負
○藤田ミノル(フリー)
(7分12秒 ギブアップ ※BONEYARD)
宮脇純太(ノア)×


第2試合 3WAYマッチ 20分1本勝負
○中津良太(BASARA) (8分16秒 ギブアップ ※裸絞め) くいしんぼう仮面(フリー)×
※もう一人は洞口義浩(K-DOJO)

第3試合 女子プロレス タッグマッチ30分1本勝負
ダンプ松本(極悪同盟)&○ZAP(極悪同盟)
(7分18秒 エビ固め※ライガーボム)
長浜浩江(WAVE)&高瀬みゆき(アクトレスガールズ)×

第4試合 俺のトークバトル 30分1本勝負
△川田利明 (時間切れ引き分け) 中嶋勝彦△

第5試合 タッグマッチ 30分1本勝負
○本田多聞(フリー)&井上雅央(フリー)
(15分01秒 エビ固め※デッドエンド)
葛西純(FREEDOMS)&平田智也(FREEDOMS)×

第6試合 セミファイナル 6人タッグマッチ 45分1本勝負

藤原喜明(藤原組)&長井満也(フリー)&○田中稔
(14分54秒 HEATクラッチ)
鈴木秀樹(フリー)&スーパー・タイガー(リアルジャパン)&松本崇寿(フリー)×

第7試合 メインイベント 6人タッグマッチ 60分1本勝負
越中詩郎(フリー)&田中将斗(ZERO1)&KAZMA SAKAMOTO (フリー)×
(14分19秒 タイガースープレックス・ホールド)
宮本裕向(666)&将軍岡本(フリー)&清宮海斗(ノア)○


川田利明(54)のプロデュース興行「HOLY WAR」第2弾大会が8日、東京・新木場1stRINGで開催され、川田はノアのGHCタッグ王者・中嶋勝彦(30)とのトークバトルに臨んだ。

東スポ情報ですが、2人は2005年1月3日の全日本プロレス後楽園大会で初めて一騎打ち。当時3冠ヘビー級王者だった川田は「佐々木(健介)選手からシャワー室で『こいつはまだ子供だから(足から)上は攻めないでくれ』と頼まれて左足一本しか攻めなかった。攻撃箇所限定のプロレスはあれが最初で最後」と秘話を明かし、すっかりやさぐれた茶髪の中嶋を感慨深げに見つめた。

 受けた中嶋は「まだ引退されていないので、戦うか組ませてもらう可能性はゼロじゃない。次回を楽しみにしています!」とコスチューム姿での再会を熱望。場内から大きな拍手を浴びた。

 年内はあと2大会を予定。7日にはテレビ東京の人気番組「出没!アド街ック天国」に出演し、お笑いコンビ・阿佐ヶ谷姉妹の強烈な個性に負けない存在感を放った川田は「まずこういう大会があることを知ってもらうことが大事。地道にやっていきたい」と芸能活動と並行してのプロデュース活動に意欲をのぞかせたとの事。





[9] fun◇fLongoRY - 2018/08/14(Tue) 08:12 ID:K61CyBWw  [No.108804]
「Holy War」第3弾の開催が決定。

川田利明プロデュース『Holy War 〜vol.3〜』
10月1日(月) 18時30分試合開始 新宿FACE


[10] ただの全日ファン - 2018/09/15(Sat) 10:12 ID:cLrUwh1w  [No.108905]
川田利明プロデュース興行「Holy War Vol.3」10.1(月)新宿FACE大会の対戦カード決定
第1試合
田中稔vs宮脇純太(プロレスリングNOAH)

第2試合
葛西純(プロレスリングFREEDOMS)vsくいしんぼう仮面

第3試合
コマンド・ボリショイ(PURE−J女子プロレス)vsジュリア(アイスリボン)

第4試合(トークバトル)
川田利明vs田上明

第5試合
宮本和志(和志組〜闘真〜)&相島勇人vs洞口義浩(KAIENTAI−DOJO)&平田智也(プロレスリングFREEDOMS)

第6試合
長井満也(DRADITION)&井上雅央vs青柳優馬(全日本プロレス)&野村直矢(全日本プロレス)

第7試合
越中詩郎&藤原喜明(藤原組)&大森隆男(全日本プロレス)
  vs橋本大地(大日本プロレス)&杉浦透(プロレスリングFREEDOMS)&清宮海斗(プロレスリングNOAH)


[11] fun◇fLongoRY - 2018/10/04(Thu) 05:51 ID:  [No.108956]
遅くなりましたが、「Holy War」第3弾大会が1日に東京・新宿フェイスで行われ、川田とかつての盟友・田上明(57)のトークバトルが実現しました。

 今年4月に胃がんの摘出手術を行った田上がリングインすると、川田は屈伸運動で出迎えた。2人は全日本プロレス時代から時にパートナーとして、時にライバルとして何度も激闘を展開。田上は「気難しそうだったけど、組んでみたら今までで一番信頼できるパートナーだった。あうんの呼吸が分かるヤツだったね」と振り返った。

 しかし、1998年4月に行われた最後のシングル戦で、負傷した足に足4の字固めを決めるという川田の非情な攻めに敗れている。「そういうヤツなんだよ、コイツ…信じられない」といまだに根に持っているようだが、川田は「ケガしてるの分かったんで、試合を早く終わらせようと思ったんですよ」と当時と変わらぬ弁明で“応戦”した。

 さらに話題は田上が最も苦労したというノア社長時代へ。川田の「でも、それは全日本を出て行ったあなたたちが悪いんでしょ?」と鋭すぎるツッコミに、田上も「その通りです。すみませんでした」と苦笑交じりに謝罪。全日本離脱当時、田上だけが川田に連絡を入れていたというこぼれ話も明かし「まあニュアンスで分かるから。(無理に誘うのは)やめといた」と懐かしそうな表情を浮かべた。

「今はおっさんになったから、いい飲み友達」(田上)という2人。川田が「お互い健康管理はしていきたい。たばこはやめてください」と気遣うと、田上はジョーク交じりに「やめない。酒もやめない」と笑顔。すると川田は「ノアの残務処理でストレスが胃にきたんでしょ」と世界中で一人しか言えない“俺だけのブラックジョーク”で切り返すなど、戦友ならではのやりとりで30分間にわたりファンを楽しませたそうです。



[12] fun◇fLongoRY - 2018/10/11(Thu) 20:08 ID:M0hUcD4E  [No.108980]
『HOLY WAR 〜VOL.3〜』
10月1日(月)新宿FACE
遅くなりましたが試合結果です。 

【オープニングマッチ】シングルマッチ 15分1本勝負
◯田中稔(フリー) 
(6分38秒 ギブアップ ※タナカレッグバー)
X宮脇純太(NOAH)

【第2試合】シングルマッチ 20分1本勝負
◯葛西純(FREEDOMS)
(10分31秒 片エビ固め ※パールハーバースプラッシュ)
Xくいしんぼう仮面(フリー) 

【第3試合】女子プロレス シングルマッチ 30分1本勝負
◯コマンド・ボリショイ(PURE-J)
(8分01秒 ギブアップ ※ストレッチプラム)
Xジュリア(アイスリボン)

【第4試合】俺のトークバトル 30分1本勝負
△川田利明
(30分00秒 時間切れ引き分け)
△田上明

【第5試合】タッグマッチ 30分1本勝負
◯宮本和志(和志組)&相島勇人(フリー)
(14分23秒 エビ固め ※カズシーズボム)
洞口義浩(K-DOJO)&X平田智也(FREEDOMS)

【セミファイナル】タッグマッチ 45分1本勝負
長井満也(ドラディション)&X井上雅央(フリー)
(19分04秒 片エビ固め ※フロッグスプラッシュ)
青柳優馬(全日本プロレス)&◯野村直矢(全日本プロレス)

【メインイベント】6人タッグマッチ 60分1本勝負
越中詩郎(フリー)& 藤原喜明(藤原組)&◯大森隆男(全日本プロレス)
(17分22秒 エビ固め ※アックスボンバー)
橋本大地(大日本プロレス)&X杉浦透(FREEDOMS)&清宮海斗(NOAH)


[13] fun◇fLongoRY - 2018/10/11(Thu) 20:09 ID:M0hUcD4E  [No.108981]
大相撲・第54代横綱で全日本プロレスでも活躍した輪島大士さんが享年70歳で亡くなられました。

全日本プロレス時代は対戦経験もある川田利明のコメントです。

突然の訃報に謹んでお悔やみ申し上げます。
相撲で頂点を極めて一時代を築いた大横綱が、38歳という年齢にもかかわらず、別の世界で新弟子として一からプロレスに取り組む姿勢に敬服いたしました。
アスリートとして生まれつき持った素晴らしい身体と才能の持ち主でした。
これまでの功績に敬意を表しますとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

川田利明


[14] ただの全日ファン - 2018/12/12(Wed) 14:38 ID:sqDWo3WU  [No.109157]
川田利明プロデュース興行 Holy War Vol.4 2019年2月8日(金)横浜ラジアントホール大会決定


[15] fun◇YtKXN/LQ - 2019/01/10(Thu) 20:04 ID:CnWaBuvM  [No.109228]
【川田利明プロデュース】
<Holy War vol.4>(2/8日(金)横浜・ラジアントホール)
全対戦カードが決定。
本田多聞&田中稔デビュー25周年記念試合がWメインイベントとの事。

『HOLY WAR 〜VOL.4〜』 対戦カード 

【第一試合】
大和ヒロシ(フリー) vs 宮脇純太(Noah)

【第二試合】
くいしんぼう仮面(フリー) vs 杉浦透(Freedoms)

【第三試合】
コマンドボリショイ(Pure-J) vs 鈴季すず(アイスリボン)

【第四試合】俺のトークバトル
川田利明 vs 黒潮"イケメン"二郎

【第五試合】
越中詩郎(フリー)&長井満也(ドラディション)&宮本和志(和志組)
vs
佐山駿介(Asuka Project)&平田智也(Freedoms)&稲村愛輝(Noah)

【第六試合】
田中稔(フリー)&小坪弘良(フリー)
vs
藤原喜明(藤原組)&石川雄規(フリー)

【第七試合】
本田多聞(フリー)&井上雅央(フリー)
vs
潮崎豪(Noah)&芦野祥太郎(Wrestle-1)



[16] fun◇YtKXN/LQ - 2019/01/10(Thu) 20:05 ID:CnWaBuvM  [No.109229]
連続投稿失礼します。

【川田利明プロデュース】
<Holy War vol.4>(2/8日(金)横浜・ラジアントホール)

1月8日、川田利明が会見を開き、
1993年10月に全日本プロレスでデビューした本田多聞選手のデビュー25周年記念試合の開催、そして既報の田中稔デビュー25周年記念試合とのダブルメインイベントとして発表。

会見には本田多聞が同席し、同大会で行われるデビュー25周年記念試合についてコメントを発表。

 会見の模様は以下の通り。

【会見の模様】

本田「今、フリーという立場で年間に何回かしか試合をする機会がないんですけども、25年間やってきたんだなぁという思いと、そういう節目のところで声をかけてくれる人間が私の周りにまだいたということに感謝をして、この試合に見合った試合になるように、あとひと月足らずですけど仕上げて、井上選手と、一番いま信頼できるパートナーだと思うんですが、井上選手といい試合になるように頑張りたいと思います。よろしくお願いします」

 【以下質疑応答】

――イケメン選手とトークバトルを行いますが接点は?

 川田「いや、あったらしいんですけど、彼が14歳の頃?(ハッスルの練習生として在籍)その頃なんで、まったく覚えてないですね。ただ(大会コンセプトが)若手vsベテランの対決ということなんで、自分もトークにそのコンセプトをはめたら、名前からしてイケメンがついてるので、これは(若手イケメンvsベテランというコンセプトからも)逃れようがないかなと思いまして」

 ――デビュー後の試合は見たことがある?

 川田「ノアの丸藤選手の20周年記念試合の時に試合を見ています。印象としては試合よりも入場シーンがものすごい、今までにない個性を持った選手だなって」

――本田選手のパートナー、対戦相手への印象は?

 本田「芦野選手は初めてで、私としては大学時代のライバル校(出身)ですから。日大vs日体大、宿命のライバルでしたから、そのライバル校出身のプロレスラーと試合をするということで、ちょっと当時の緊張感がありますね。どういうレスリングをするのかということもなかなか楽しみです。レスリング同士の争いということだけではないと思いますし、彼もレスリングをバックにどれだけのプロレスをするのかというのを楽しみにしています。潮アは会うたびに腕が太くなってるので、ちょっとチョップは私を狙わないで、って思いますね。ただ試合になって(リングに)上がってしまえば『来い!』と思うでしょうけども、彼は今、一番脂がのってていい時期だなと思いますね。ですからこの二人に引っ張られるんじゃなくて我々も負けずに前に前にと井上さんと二人で出ていければと思っています」

 川田「自分も潮アとやったことがあるんですけど、さっきチョップの話が出たんだけど、イヤ、今まで食ったチョップの中で潮アのチョップが一番効くと思います。これホント、今まで食った中で間違いなく潮アのチョップは。俺はそういうイメージがすごい強い。ここはやっぱり本田選手が言っていたレスリング、芦野祥太郎選手がどういう選手なのか。ここはオリンピック3回出てる本田選手がどれだけレスリング的な、いい意味のパワハラを見せてくれたらいいなって思ってます。パートナーの井上選手雅央はメインに出ているので、最近笑いながら試合をしてるので、絶対に笑わないで試合をしてもらいたいと思います」

 ――井上選手とはアジアタッグを獲った盟友ですが、当時のようなファイトを期待する?

本田「パートナーになると、ここでっていうときに気が付くとそばにきてくれてる、という部分がある選手なので、その部分では絶大な信頼感がありますね。悪いことをさせたらっていう意味でも、信頼感ありますし。ただ、井上さんが笑ってるという話なんですけど、それ前に小橋さんに怒られたことがあって『ニヤニヤしやがって!』って。井上さんが言ってたんですけど、苦しくなると笑い顔のようになるって言い訳してましたね。『僕、苦しいと顔がニヤニヤしてるように見えるんですよ』って。だからたぶん可笑しいんじゃなくて苦しいんだと思います」

 ――5試合目の6人タッグはベテランvs若手という大会コンセプトにふさわしい?

 川田「ホントに今デビューしたての稲村選手が頑張っているようで、このあいだ杉浦選手とも結構頑張った試合をしたと聞いてるんで、一番期待してますね。平田選手はいつも出てくれてるんで。あと佐山駿介選手ですか、ちゃんと(試合を)見たことがないんですが、期待しています。あとはオープニングマッチはホントに毎回、宮脇選手がすごい爽やかで頑張ってる、第1試合目に相応しい試合を毎回やってくれてるんで、ここも大和ヒロシ選手とどういう試合をするのかこれも期待してます。くいしんぼう仮面はいつも言ってるようにいい意味で息抜きとして見てもらったらいい試合かなと思いますし、第3試合の引退を控えているコマンド・ボリショイ選手、これもベテランとデビューしたての鈴季すず選手とどういうふうに試合が展開するのかも楽しみにしてます。僕のトークなんですけど、関わったんだけど僕は覚えてないだけで、彼は僕のことを知ってるとは思うんですけど、彼のお父さんが同世代くらいだと思うんですけど。若手イケメンvsベテランというコンセプトでやってるんで、このイケメンというのが名前に入っている以上、イケメンだろうがイケメンじゃなかろうがこれはコンセプトにあってるんで、楽しみにしてほしいと思います」

 ――最後に大会に向けて一言お願いします

 本田「25周年の節目にそれにふさわしいステージを用意していただいたんで、やれる限りのことをしてマットの上でうまく表現できたらと思ってます。ぜひ、会場に足を運んでそれを見届けていただければと思います。よろしくお願いします」

 川田「本田選手はこの25周年の試合、ダブルメインイベントの最後になるんですけど、この『Holy War』に出てもらってる本田選手は、今までの(各大会の)中で全部がベストバウトじゃないかってぐらい頑張ってくれてるんで、今回も25周年記念試合ということで期待しています」


又、田中稔デビュー25周年記念試合に出場する石川雄規と小坪弘良のコメントです。

【石川雄規コメント】
ミノル、小坪。我々は30年近く前、足立区南花畑の藤原組道場で出会った。
思えば長い道のりを歩いてきたものだ。
ミノルのデビュー記念にちなんで、藤原組長を囲み、久しぶりにリングに集合。
ありそうでなかったこの組み合わせ。
観るほうも、やる方も、まさに"お楽しみ"。
警戒すべきは、ミノルの華麗な"ミノルスペシャル"。
そして、かつて藤原組若手の我々を恐怖のどん底に落とした、伝説の小坪の"バーミアンスタンプ"。
こいつを喰らったら、ヤバイ。観る方も、ヤバイ…

【小坪弘良コメント】
田中稔選手の25周年記念試合に抜擢されて、光栄に思います。
対戦相手は師匠である藤原組長と、兄弟子である石川さん。
もう二度とリング上で会うことは無いと思ってましたが、プロレスの神様は粋なことをやってくれるものです。
当日は新弟子に戻った気持ちで闘いたいと思います。


[17] fun◇YtKXN/LQ - 2019/02/10(Sun) 03:37 ID:CnWaBuvM  [No.109289]
『HOLY WAR 〜VOL.4〜』 
2月8日(金) ラジアントホール

遅くなりましたが試合結果です。 

【オープニングマッチ】シングルマッチ 15分1本勝負
◯大和ヒロシ(フリー) 
(7分01秒 フィッシャーマンズスープレックスホールド)
X宮脇純太(NOAH)

【第2試合】シングルマッチ 20分1本勝負
Xくいしんぼう仮面(フリー)
(7分16秒 体固め ※スイフトドライバー)
◯杉浦透(FREEDOMES) 

【第3試合】女子プロレス シングルマッチ 30分1本勝負

◯コマンド・ボリショイ(PURE-J)
(7分14秒 ギブアップ ※ストレッチプラム改)
X鈴季すず(アイスリボン)

【第4試合】俺のトークバトル 30分1本勝負
△川田利明
(30分00秒 時間切れ引き分け)
△黒潮”イケメン”二郎(WRESTLE-1)

【第5試合】タッグマッチ 30分1本勝負
◯越中詩郎(フリー)&長井満也(ドラディション)&宮本和志(和志組)
(13分59秒 エビ固め ※パワーボム)
&X佐山俊介(ASUKA PROJECT)&平田智也(FREEDOMES)
稲村愛輝(NOAH)

【ダブルメインイベント】田中稔デビュー25周年記念試合 60分1本勝負
田中稔(フリー)&X小坪弘良(フリー)
(10分58秒 腹固め)
◯藤原喜明(藤原組)&石川雄規(フリー)

【ダブルメインイベント】本田多聞デビュー25周年記念試合 60分1本勝負
本田多聞(フリー)&X井上雅央(フリー)
(18分19秒 体固め ※ショートレンジ豪腕ラリアット)
◯潮崎豪(NOAH)&芦野祥太郎(WRESTLE-1)


[18] fun◇YtKXN/LQ - 2019/02/10(Sun) 13:58 ID:CnWaBuvM  [No.109290]
『HOLY WAR 〜VOL.4〜』 
2月8日(金) ラジアントホール

遅くなりましたが『HOLY WAR 〜VOL.4〜』で、毎回好評のトークバトルに川田が、W−1の人気選手、黒潮“イケメン”二郎(26)を指名。父親が川田と同い年というイケメン相手に、抱腹絶倒のトークを展開したそうです。

川田はイケメンの印象を「今までにない入場パターンで、誰もやったことがないことをやって人気者になったのはすごい」とたたえた。しかし、その直後に「入場で5分間動く体力を、試合で使って欲しいね」とチクリ。イケメンが、14歳でハッスルの練習生になったと聞かされると「オレは14歳で新日本に合格した」。イケメンが中学時代にタイガー・ジェット・シンに襲われた話をすると、川田は「オレは40歳を超えて、シャワー室でシンの背中を流したよ」と返し、爆笑を誘った。

それでもイケメンが「このままでいいのか迷っている」と相談すると、川田は「オレも若いときには、天龍さんに言われて、ハデなコスチュームにしたこともあった。でも、天龍さんが抜けた後、自分で考えて新しい自分をつくった。誰にでも転機がくる。それをどう生かすか」と真剣なアドバイスを送っていたそうです。




[掲示板へ戻る] [最新50]
処理 記事No パスワード

お名前
E-mail
コメント
URL
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色