[掲示板へ戻る]

これからの他団体の話

[1] fun◇fLongoRY - 2017/08/24(Thu) 03:00 ID:hHZ/qtQ6  [No.107650]
前スレが500に達するので新スレになります。
他団体の動向などを主に使ってください。
専用スレがあるノア、全日、新日などの内容はそちらでお願いします。

前スレ
それでも他団体の話
更なる他団体の話


[2] ただの全日ファン - 2017/08/25(Fri) 00:36 ID:4Mi/535w  [No.107657]
戸澤がネイヴィルを破って、WWE認定クルーザー級王座を奪取しました。


[3] fun◇fLongoRY - 2017/08/25(Fri) 07:48 ID:D/C69nXU  [No.107658]
DDT
8・25の新宿FACE大会での〜鶴見亜門がGM復帰できるかどうかを決める試合の対戦相手だった]が東京女子プロレスの甲田哲也に決まったそうです。

DDTドラマティック総選挙2017〜最初のお願いスペシャル!〜
8月25日(金)19:00〜東京・新宿FACE

アンダーマッチ〜鶴見亜門がGM復帰できるかどうかを決める試合
鶴見亜門<9月1日で45歳> vs 甲田哲也<9月6日で47歳>
※アンダーマッチは18:35頃から開始予定。
※ほか対戦カードは男色ディーノプロデューサーによる「男色面談」により当日に決定。
<出場選手>
竹下幸之介、彰人、ディエゴ、佐々木大輔、遠藤哲哉、マッド・ポーリー、HARASHIMA、高尾蒼馬、宮本裕向、KUDO、坂口征夫、高梨将弘、高木三四郎、大鷲透、平田一喜、男色ディーノ、大家健、石井慧介、大石真翔、勝俣瞬馬、MAO、入江茂弘、樋口和貞、アントーニオ本多、岩崎孝樹、松永智充、伊橋剛太、島谷常寛、赤井沙希、チェリー、ジョーイ・ライアン、ソロ・ダーリン



[4] fun◇fLongoRY - 2017/08/25(Fri) 07:49 ID:D/C69nXU  [No.107659]
連続投稿失礼します。

東スポ情報ですが、藤田和之ついに復活するそうです。

“野獣”藤田和之(46)がいよいよリングに帰ってくる。藤田は昨年9月25日の総合格闘技イベント「RIZIN」さいたま大会で元大関把瑠都(32)に敗れ、涙ながらに引退を示唆。その後は表舞台から姿を消していたが、23日に突然東スポのインタビューに応じると、一転して強気に復活を宣言…。

約1年間の潜伏期間を経て、引き締まった肉体を見せつけた野獣は「まずケリをつけないといけない相手が4人いる」と高らかに宣戦布告を放った。さあ、戦闘再開だ――。

 ――電撃復帰するとの情報が流れている

 藤田:復帰…? いや、そもそも俺はひと言も「引退する」なんて言ってないですよ。

 ――昨年、把瑠都(RIZINでのリングネームはバルト)に負けた際、涙ぐみながら「すっきりした」などと発言したのでそう思っていた人は多い

 藤田:俺としては「ひと区切り」とは言ったけど「引退」とは言っていない。いったんリセットするっていう意味だった。いい迷惑だ、まったく。

 ――迷惑というと

 藤田:仕事がなくなった。把瑠都戦の後、オファーがこなくなって「何でだろう?」と思っていたら、引退したことになっていたんだ。風評被害だ。マスコミのせいだ!

 ――……。引退したことになっていたと気づいたのは

 藤田:年明けくらいかな。俺が引退したら面白いと思って、そういうことにしやがって。

 ――昨年10月には師匠のアントニオ猪木氏(74=参議院議員)をあいさつに訪れている

 藤田:あれは、IGFを離れるあいさつに行っただけですよ。猪木さんはあいさつを大事にされる方だから。猪木さんにはその意志は伝わっていたと思う。

 ――ということはオファーがあれば…

 藤田:どこでも出ますよ。MMA(総合格闘技)も、プロレスも。リングも、金網も、何でもやりますよ。オファーはないけど、コンディションもいいから。

 ――確かに強靱な肉体はさらに引き締まった

 藤田:やることがないから毎日トレーニングばかりしていた。早寝早起きで規則正しい食生活。酒も飲まなかった。

 ――えっ、禁酒を?

 藤田:…飲まれるほどは飲んでない。

 ――堂々たる復活宣言だ。標的は

 藤田:オレとかかわった4人とまず決着をつけたい。石井慧(30=総合格闘家)、把瑠都、諏訪魔(40=全日本プロレス)、大仁田厚(59=大仁田厚プロレスリング)。この4人はその後、ろくでもないことになっているからね。石井は(北京五輪柔道)金メダリストの面影もないし、把瑠都は把瑠都でタレント業ばっかりやっているらしいじゃないか。

 ――大仁田に宣戦布告ということは電流爆破マッチもOKなのか

 藤田:何でもやるよ。(年齢的に)時間に限りがあるのは事実だし、縛るものは何もないわけだから。もちろんその4人で終わりじゃない。決着をつけたい相手はその先にもいる。まずはその4人ということ。

 ――何はともあれ、この1年間は自分と向き合う時間になった

 藤田:自分を見つめ直すことはできた。時間も自由にあったから、もう一度体をつくり直したし。食事の管理からトレーニングから走り込みまで、たっぷりとできた。

 ――古巣IGFのお家騒動については…

 藤田:サイモン(取締役)は何やってんだ!

【4人との因縁】

 藤田は昨年9月の把瑠都戦で敗れ、引退を示唆。石井には2013年大みそかIGF両国大会のIGFチャンピオンシップで0―3の判定負けを喫し、王座を失った。諏訪魔とは15年11月15日天龍源一郎引退興行(両国)のタッグ戦で初対決するも、不完全燃焼に終わっている。大仁田とは、盟友ケンドー・カシンが昨年7月8日にパンディータとワンマッチ興行(新木場)を行った際に、まさかの初遭遇を果たした。



[5] fun◇fLongoRY - 2017/08/26(Sat) 13:36 ID:EkhsGo/c  [No.107669]
>全日ファンさん

戸澤陽ですが14日(同15日)にWWEクルーザー級王座を奪取したのですが、20日のリターンマッチでネヴィルの挑戦を受け、残念ながらフォール負けで初防衛に失敗し陥落していたそうです。


>> ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170821-00000126-sph-fight


[6] fun◇fLongoRY - 2017/08/27(Sun) 08:11 ID:TOwP2oLo  [No.107671]
DDTの8・25、東京・新宿FACEにてアンダーマッチの鶴見亜門がGM復帰できるかどうかを決める試合が行なわれました。

亜門暫定GMは東京女子プロレスの甲田哲也代表を相手に復帰戦に臨んだ。両者睨み合うなり亜門が張り手。甲田がフラついて試合スタート。互いにミドルキックを打ち合う両者。今林のミドルキックで甲田がアバラを痛めてダウン。起き上がった甲田に亜門が子ブラツイストからグラウンドに移行。しかしカウント2。甲田がダウン。起き上がった甲田が片足タックルから両者くんずほぐれつの攻防。亜門が腕十字。甲田がこれを丸め込みで切り返すとスリーパーに持ち込む。これがガッチリ決まって勝負あり。

試合後、男色Pは亜門暫定GMにクビを言い渡す。松井レフェリーはじめDDTスタッフが土下座してまでクビ撤回を申し出たが、男色Pは首を縦に振らない。清くDDTを去ろうとする亜門だが、男色Pが「細かいことは苦手なの。誰かフリーで手伝ってくれる人はいないかな?」と助け舟。男色Pは「鶴見亜門はクビだけど、今林久弥としてアシスタントプロデューサーになってよ」と任命。こうして亜門は今林久弥アシスタントプロデューサーとしてDDT復帰を果たしたそうです。


[7] fun◇fLongoRY - 2017/08/31(Thu) 21:51 ID:vUEnZPfM  [No.107695]
WWEの大阪公演「WWE Live  Osaka」(9月16日、エディオンアリーナ大阪)の対戦カード変更が発表され、スマックダウンの「ロックスター」中邑真輔(37)がWWEヘビー級王者ジンダー・マハル(31)にタイトル再挑戦することが決まったそうです。

WWEジャパンによると、8月20日の真夏の祭典サマースラム(米ニューヨーク・ブルックリン)でマハルの配下シン・ブラザーズの介入による不本意な敗戦だったことを受け、大阪公演の対戦カードが急きょ変更されたという。当初はバロン・コービン(32)とのシングル戦が組まれていた。

 今回の大阪には中邑の王座奪取を阻んだシン・ブラザースも来日。22日のスマックダウンのニューヨーク大会ではシン・ブラザーズとの1対2のハンディ戦を制し、乱入したマハルもキンシャサ(ボマイェ)で一蹴…。その後、中邑がタイトル再挑戦をアピールしていた。なお日本人選手が日本でのWWEヘビー級王座に挑戦するのは、03年にTAJIRIが当時の王者トリプルHに挑戦して以来となるそうです。


[8] ただの全日ファン - 2017/08/31(Thu) 22:51 ID:CW4jl0go  [No.107698]
中邑のWWEヘビー級の挑戦がわからなくなってきました。
その結果、9月5日にランディー・オートンと次期挑戦者決定戦が行われることとなりました。


[9] ただの全日ファン - 2017/08/31(Thu) 23:09 ID:CW4jl0go  [No.107699]
連続投稿します。
WWEへ移籍したカイリ・セイン(宝城カイリ)が「WWEメイ・ヤング・クラシック」の第1回戦で、テッサ・ブランチャード(タリー・ブランチャードの娘)に勝利して、WWE初勝利を挙げました。


[10] fun◇fLongoRY - 2017/09/02(Sat) 08:03 ID:  [No.107700]
ZERO1
「ドリームシリーズ・真夏の後楽園決戦!」
8月31日(木)後楽園ホール

遅くなりましたが主な試合結果です。

第3試合 NWAインターナショナルライトタッグ選手権試合30分1本勝負
〈王者〉◯日高郁人&菅原拓也
(12分49秒 野良犬ハイキック→片エビ固め)
〈挑戦者〉高岩竜一&奥田啓介×
※日高&菅原組が2度目の防衛に成功。

第4試合 NWA世 界ジュニア&インターナショナルジュニアヘビー級選手権試合30分1本勝負
〈王者〉◯鈴木鼓太郎
(12分28秒 タイガードライバー→エビ固め)
〈挑戦者〉×SUGI
※鈴木鼓太郎が3度目の防衛に成功。

第5試合 8人タッグマッチ30分1本勝負
関本大介&◯将軍岡本&吉江豊&宮本裕向
(9分51秒 バックドロップ→片エビ固め)
小幡優作&佐藤耕平×&鈴木秀樹&スーパー・タイガー


[11] fun◇fLongoRY - 2017/09/04(Mon) 13:37 ID:  [No.107707]
いよいよ7度目の引退が2か月後に迫った、邪道・大仁田厚(59)が引退試合(10月31日、大仁田興行・後楽園ホール大会)の対戦相手を“野獣”藤田和之(46)に決めたことを東スポの直撃に応え、明らかにしたそうです。

これまで一度も対戦経験がない異色の相手を選出した真意から、早々と渦巻くカムバック説についても言及。邪道が定義する「引退」とは――。

 ――残り2か月だ

 大仁田:1年前は早く10月31日が来ないかなと思っていたけど、寂しい気持ちだね。15歳の時に(ジャイアント)馬場さんの弟子になって四十数年かあ。そんな中で…。

 ――?

 大仁田:藤田選手の代理人から連絡をもらった。これで最後の相手に決定だな。俺と違うオーラを感じたし、あの存在感は(マット界に)必要なこと。俺も運に恵まれている。いい時に藤田選手が復活してくれた。決断した最大の理由は(アントニオ)猪木さん最後の後継者というところ。最後のリングだし、俺のルールにのっとってやってもらいたいね。

 ――そもそもなぜ猪木氏を追い続けたのか 

 大仁田:俺は馬場さんの弟子だから。馬場VS猪木は行われなかったけど、アントニオ猪木という偉大なレスラーと接してみたかった。だからこれはある種、馬場VS猪木なんだよ。馬場さんが草葉の陰で喜んでくれているかは分からないけどね。一度、猪木さんにはあいさつに行くつもりだよ。

 ――なるほど。ところで本当に引退なのか…

 大仁田:先日は田中(将斗)選手から「7度目の引退ということは七転び八起きですね」というジョークが飛び出す始末だよ。選手も周囲から「大仁田は帰ってくるんでしょ?」って言われるみたい。そう言われると、何かうれしくなる自分がいるんだよね。

 ――確かに7度目のカムバックを予想する声も多い

 大仁田:俺はカムバックは許されないことじゃないと思う。ただ、それはないな。体力的な問題もあるし、両ヒザがかなり悪い。今回は自分の中でケジメはつけなきゃいけないなって。帰れない道をたどるんじゃないかな。つまり別の世界に行くしかないなって。

 ――別の世界とは政界復帰も含まれるのか

 大仁田:入ってくる可能性はあるだろうね。弟(大東文化大教授の松原孝明氏)とも国のことを論じたりしてると、いい勉強になるし。俺というものが必要となれば、他の世界で頭角を現す可能性があるわけだしね。

 ――確認だが…二度と復帰しないのか

 大仁田:ないな。ただ、どこかの町でアマチュアの俺を見ることはあるかもしれないけど。そこにストリートファイトや爆破をやってる自分がいるかもしれない。だけどギャラをもらってこそプロレスラーだから。プロとアマは違う。(残り24試合は)悔いのないようにプロレス漬けになるよ。とにかく藤田は決定じゃ!



[12] ただの全日ファン - 2017/09/05(Tue) 03:36 ID:  [No.107715]
鈴木みのるが長期欠場中の高山善廣の現状を発表した。
現状では負傷した頸髄は治る見込みが無いようです。
頸髄完全負傷だそうです。
DDTの木三四郎社長は、「TAKAYAMANIA」の立ち上げると発表しました。

残念だが、このまま引退しないといけないみたいだね。


[13] fun◇fLongoRY - 2017/09/06(Wed) 13:37 ID:  [No.107724]
大仁田が引退試合の相手に指名も藤田まさかの「NO!」の返答だったそうです。

東スポ情報ですが、“邪道”大仁田厚の引退試合の相手に指名された“野獣”藤田和之が、まさかの「ノー」を突き付けた。本紙で復帰を宣言した際には「決着をつけたい相手」の一人として名前を挙げていただけに、この指名は願ったりかなったりだったはず。それがなぜ態度を急変させたのか。事態はやっぱり面倒なことになってきた。

「参った。いったいどうしたらいいんだ…」。4日、千葉・外房に本紙を呼び出した野獣は、こうつぶやきながら頭を抱えた。

 発端は3日付東スポのプロレス面で大仁田が「藤田選手の代理人から連絡をもらった。これで最後の相手に決定だな」と10月に予定される引退試合について明言したこと。藤田自身も「決着をつけたい相手」として名前を挙げていただけに自然な流れのはずだった。

 しかし「あれはここ数年で関わった選手の一人ということで名前を出しただけだ」とまさかの言葉。続けて藤田は「そもそも俺のところに何も話が来ていない。なのに勝手に名前を出しやがって。その代理人ってのも誰なんだ? もしかしてサイモン(IGF取締役)が勝手に何かしてるのか?」と怒りに声を震わせた。勝手に野獣の代理人を名乗る勇気があるのは、あの“希代のヘソ曲がり男”しかいない気もするが…。

 ここまで激怒する理由は明確だ。「物には順番がある。まず俺は『あいさつ』をしなきゃいけないんだ。『あいさつを何よりも大事にする方』がいらっしゃるから、それが最優先」と師匠であるアントニオ猪木氏(74=参議院議員)へのあいさつを終えてから、本格始動しようとしていたという。

 ところがそのあいさつ前に大仁田が藤田を指名してしまったことで事態はややこしくなった。藤田は「今、あの方はいろいろ忙しい時期だから、落ち着いたらあいさつに行く予定だったんだ…。でもこれでキャンセルになってしまうかもしれない。そもそもあの方は(大仁田が)一番嫌いなんだから。あいさつができなくなったら復帰は赤信号だ!」と鬼のような形相で訴えた。

 復帰白紙まで言及した藤田は「そもそも大仁田とやるつもりなんてなかったけど、これで完全になくなった。あのバカヤロー、完全拒否、完全否定だ!」と声を荒らげた。覆面、いや、ベールに包まれたままの代理人の正体も含め、混乱は深まる一方となってきた...との事。


[14] fun◇fLongoRY - 2017/09/06(Wed) 13:38 ID:  [No.107725]
連続投稿失礼します。

帝王・高山善廣(50)が「頸髄完全損傷」と診断されていたことが4日に明かされましたが、東スポ情報ですが、首から下が動かず医師からも現状では回復の見込みがないと宣告される厳しい状況でのリハビリが続く中、鈴木みのる(49)を代表とする有志が支援団体「TAKAYAMANIA」を設立。2006年には脳梗塞も克服した帝王が直面した人生最大の危機に格闘界には激震が走ると同時に、熱いエールが続出。業界が一丸となって帝王を支援する可能性が高まってきたそうです。

 高山は5月4日のDDT大阪大会で頸髄を損傷。手術後も経過に良化が見られず、現在も首から下が動かない状況が続いている。8月中旬に関東の病院に転院。人工呼吸器を取り外せるようになったが「頸髄完全損傷」との診断で、現状では「回復の見込みがない」と言われているという。

 絶望の淵から奇跡の回復の希望を持ちリハビリを続ける帝王のため、プロレス界の有志は支援団体の設立を決意。試合会場での募金、応援グッズ作製、チャリティー大会などが活動趣旨となり収益は全て治療費に充てられる。会見に出席したみのるは「命をかけて戦った、自分の親友です。俺なんてどうでもいいんで、高山善廣に勇気をたくさんもらったと思うので、ぜひ皆さん力を貸してください。それと、彼は言いませんが、UWFの大先輩の前田日明さん、師匠である高田延彦さん、ぜひ力を貸してください」と涙ながらに訴えた。

 あまりに衝撃的かつ厳しい現実に、マット界からは続々とエールが届いている。鉄人・小橋建太(50)は「言葉が出ない…」と絶句したのち「リング上で試合ができなくてもプロレスラーはファンを勇気づける存在でなくてはならない。こんな状態で『頑張れ』と言われるのは酷だと分かっています。でもファン、ご家族のため、もう一度自分の力で立ち上がってほしい。高山選手ならそれができると思います」と言葉を振り絞り、支援大会が実現すれば協力する意思を明かした。

 また「団体としてできるだけの協力はさせてもらうつもりです。(支援大会も)ウチと日程が重ならなければぜひ協力したい。ご家族のためにも、一日も早い回復をお祈りしています」(秋山準全日本プロレス社長)、「高山さんといえばプロレス界の帝王だから。プロレス界全体でできることをするべきだと思う」(丸藤正道ノア副社長)といった声を筆頭に、高山が至宝ベルトを獲得したメジャー3団体が、早くも揃って協力の姿勢を打ち出している。新日本プロレスのIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(29)も「プロレス界が一つになるべきだと思いますね。僕は医者がダメだと言っても、何かできるんじゃないかと信じること(が大事)だと思う。みんなが信じないといけない」と声を上げた。

 さらにみのるが会見で名前を挙げて直訴した前田氏は「業界を引っ張ってきた後輩であり仲間。高山には頑張ってほしい。どういう形か分からないけど、何かできることがあれば前田日明としてもリングスとしても協力したい」と約束。関係者によると高田氏も、高山夫人に「なにかあったら言ってね」と声をかけたという。プロレス界に加え、高山の原点であるUWFの魂も支援の輪に加われば、これほど心強いことはない。

 高山自身はこの日「仲間たちが集まって、私のためにいろいろとやってくれると聞き、感謝の気持ちしかありません。みなさん、どうもありがとうございます。私もどんどんアイデアを出していこうと思っております。リハビリ頑張りますので今後ともよろしくお願いします」とコメントを発表した。この日から始まった募金活動に加え、関係者によると来年開催予定だったチャリティー支援大会が年内に早まる可能性もあるという。格闘界が総力を挙げて支援しようとする活動は、帝王が残してきた足跡の大きさを物語っている。

 処置怠れば「第2の三沢さんになっていた」=高山は試合で回転エビ固めを仕掛けた際に負傷した。本人のコメントにも「手術を受けた後、心臓停止のトラブルもあり(中略)ご報告できる状況にありませんでした」とあり、いかに深刻な事態だったかが分かる。新日プロの医事委員会に名を連ねる牧田総合病院の朝本俊司医師(脳神経外科、脊椎脊髄外科)は「処置を怠っていたら第2の三沢(光晴)さん(2009年の試合中に頸髄離断で死去)になっていたと思います」。試合の映像を見た上で「もっとひどい技もある。全てのスポーツで起こるべくして起きた事故はない。全て偶発的なもの。今回の件でプロレスは危険だという話になってはいけない」と話した。今年は高山以外にも本間朋晃(40)、柴田勝頼(37)らプロレス界で重傷者が相次いでいる。だがこれらの事故は大会数の多さや長時間の試合との因果性はなく、完全に防ぐことは難しいというのが朝本医師の見解だ。「新日本も取り組んでいますが、選手を守っていく上ではメディカルチェックをより徹底していく。今後は団体が強制してもいいかもしれない。そして事故のデータを集めて業界で共有していくことが大事」。団体の大小にかかわらず、医学的なコミッションを設けることも検討するべきとして「日本は海外に比べるとその考えが遅れている」と警鐘を鳴らしていた。

また、新日本プロレスは5日の名古屋大会から「頸髄完全損傷」と診断された高山善廣(50)を支援する募金活動を開始した。募金箱は盟友・鈴木みのる(49)の売店に設置され、ファンが列をつくった。

 全日本プロレスも新木場大会から募金活動をスタート。大会後には秋山社長自らが協力を呼び掛けた。秋山社長は「支援は継続していくことが大事。発表があってから俺個人として何ができるのかをずっと考えている」と語った。ノアも含めた各団体からの募金は支援団体「TAKAYAMANIA」を通じて高山の治療費に充てられるとの事。



[15] ただの全日ファン - 2017/09/08(Fri) 00:06 ID:  [No.107726]
「WWEメイ・ヤング・クラシック」に出場中のカイリ・セイン(宝城カイリ)ですが、決勝に進出しました。
決勝の相手は、シェイナ・ベイズラです。


[16] ただの全日ファン - 2017/09/08(Fri) 00:12 ID:  [No.107727]
連続投稿に失礼。
中邑真輔がランディ・オートンとののWWE王座挑戦者決定戦に勝利し、10月7日にミシガン州デトロイトのリトル・シーザーズ・アリーナで行われるPPV大会「ヘル・イン・ア・セル」でジンダー・マハルのWWE王座に挑戦することが決まりました。


[17] fun◇fLongoRY - 2017/09/08(Fri) 10:07 ID:  [No.107731]
>全日ファンさん

 その中邑は日本公演「WWE Live Osaka」(16日、エディオンアリーナ大阪)でもマハルへの挑戦が決まっており、異例の2大会連続タイトル戦出陣となるそうです。

 東スポ情報でのランディ・オートンとの試合経過ですが、マハルが見守る中、両雄は一進一退の攻防を展開。オートンが最上段からの雪崩式スーパープレックスを仕掛ければ、中邑はヒザ蹴りで反撃。DDTからのRKOを腕十字で切り返し、トライアングルチョークに移行…。

 オートンはそのまま力任せに持ち上げてパワースラムで投げ捨てて形勢逆転。

 ところがトドメを狙ったRKOを中邑は読んでいた。背中に回るとバックスタバーから必殺のキンシャサ・ニー・ストライク(ボマイェ)一撃。ジョン・シナに続いてスーパースター中のスーパースター、オートンを撃破する殊勲でPPVでの挑戦権を射止めた。

「ヘル・イン・ア・セル」は地獄の鉄檻マッチで行われる。大阪で王座奪取となれば、中邑は王者として決戦の地に乗り込むことになる。日本の“ロックスター”がついにWWEマットの中心に立った…との事。



[18] fun◇fLongoRY - 2017/09/08(Fri) 10:07 ID:  [No.107732]
連続投稿失礼します。

 藤波辰爾(63)率いるドラディションは都内で会見し、10月27日の後楽園ホール大会のカードを発表。藤波、ミル・マスカラス(75)、武藤敬司(54)が豪華トリオを結成し、ザ・グレート・カブキ(68)、新崎人生(50)、KAZMA SAKAMOTO(34)組と対戦することが決まったそうです。

 藤波は「あの時の感動を味わってもらいたいというコンセプトで」とトリオ結成に至った経緯を説明。「あの時の感動」とは、1979年8月26日に東京スポーツ新聞社主催で行われた「プロレス夢のオールスター戦」(日本武道館)で藤波、マスカラス、故ジャンボ鶴田さんがトリオを結成し、大観衆を魅了したことを指している。

 武藤は「小学生のころかな。ブラウン管で見ていた選手だから感慨深いものがある。あの風貌に有名な入場曲、技術とか全体的に格好良かった。(控室で)『マスクくれ』って交渉してみようかな」と仮面貴族とのチームを心待ちにした。

 また、38年前に3人が決めた合体ドロップキックの再現を狙う藤波に対して武藤は「みんなで低空ドロップキックを出したいと思います。俺はいい意味で2人の接着剤になれれば。その中で武藤敬司ここにありを見せたい」と意気込みを口にした。

 藤波は「頸髄完全損傷」と診断され、奇跡の復活を目指す高山善廣(50)についても言及。「胸を痛めています。心からのお見舞いと、回復を願っています。ドラディションにも参戦していただき、プロレス界にとって大切なレスラー。支援の輪が広がっているので、我々も参加させていただきたい旨をお伝えしました」と、10月27日の後楽園大会と同29日の大阪大会(ATCホール)で募金箱を設置し、協力を呼びかける。

 さらに「いろんな団体でケガも増えてきているので、日本プロレス界で真摯に受け止めて、偉大なレスラーを支える組織なりを作っていくことが必要。自分も45年やってきて、お役に立っていきたい気持ちがある」と話したそうです。


[19] 彼方 - 2017/09/13(Wed) 23:51 ID:LdFniHmc  [No.107753]
カイリ・セインがWWEメイ・ヤング・クラシック決勝でシェイナ・ベイズラ―をダイビング・エルボーで破り、優勝しました。
テッサ・ブランチャード、トニ―・ストーム、そしてシェイナと、連破した相手の多くがスターダム常連外国人でしたね。

これを受けて、カイリは11月18日に開催される「NXテイクオーバー」でNXT女子王座決定戦に出場する事が決定。
同王座はASUKAの怪我による返上で空位となっており、対戦相手は今のところ発表されていません。ASUKAに続く日本人ディーバの戴冠なるか、注目です。


[20] fun◇fLongoRY - 2017/09/14(Thu) 11:16 ID:K61CyBWw  [No.107759]
>彼方さん

お久しぶりです。情報ありがとうございます。


WWE史上初の女子トーナメント「メイ・ヤング・クラシック」の決勝戦(トーマス&マックセンター)で、シェイナ・ベイズラーを下して優勝したカイリ・セイン(宝城カイリ)。東スポより、国際電話による合同インタビューで喜びを語ったそうです。

 ――優勝おめでとう

 カイリ:まず参加できたことを誇りに思います。(参加した)32人全ての選手が強くて、格好良くて、プロレスに対する熱意があって、活気のある大会でした。どの試合も簡単に勝てるものじゃなかった。最初から最後までギリギリの試合でした。トーナメントに参加してプラスになったと思うし、32人の女性はすげえなと思います。私は一番身長も低く、日本人も一人だけだったけど、皆さんの応援で勝つことができたと思います。

 ――決勝を振り返って

 カイリ:MMA(総合格闘技)で活躍している選手で、非の打ちどころがないというか。体もハートも強かった。右腕を攻められたので、心が何度も折れそうになりました。最後は根性というか気持ちで何とか戦い抜いた感じ。決勝の相手がシェイナで良かったと思う。今回は私が勝ったけど、次はどうなるか分からない。

 ――試合後に歓喜の涙を流した

 カイリ:見た目は華やかな大会じゃないですか。でも舞台裏は泣きながら帰ってくる選手、体を痛めて帰ってくる選手、血を流して帰ってくる選手で戦場だった。それだけみんなが命をかけた戦いだった。実は私も肩を痛めたり首を痛めたり、ボロボロの中でやっていたし、頭が真っ白でパニックになったりしていた。その中で決勝にきて、最後にダイビングエルボーが決まった時、走り抜けたというかホッとしたというか。

 ――トーナメントのフィニッシュは全てダイビングエルボーだった

 カイリ:デビューしたころから6年間使い続けて、ここまで育ててきた愛着のある技が、こちらの方にも認めてもらえてうれしかった。ダメだった自分が、世界一のWWEでこうやってやっていけるのは、みんなに元気とか勇気とか与えられるからだと思う。諦めなければチャンスはやってくると伝えられたら。

 ――アスカ(35=華名)がNXT女子王座を返上した

 カイリ:余韻に浸っているヒマはない。もっともっと強くなりたいとトーナメントを通じて思ったし、自分に自信を持ちたいので、そのためにベルトが腰にあるといいなと思う。本気で取りにいきたい。

 ――11月18日に同王座戦に臨む可能性が浮上した

 カイリ:ビックリです。私もたった今、知ったので。そういう機会を与えていただいたのはうれしいです。プレッシャーとか、かかってくるので、それに負けないで期待に応えられるようにしたい。照準を合わせて一から頑張りたいです。

 ――最後に日本のファンに

 カイリ:たくさんの応援を日本から感じていました。ありがとうございます。これからもっと上を目指して精進しますので、見守っていただければ。今回(16日のWWE日本公演=エディオンアリーナ大阪)は日本に帰れませんでしたが、次はベルトを持って帰れるかもしれないので、胸を張って帰れるよう頑張ります。




[21] ただの全日ファン - 2017/09/14(Thu) 20:09 ID:XbcO0.0U  [No.107760]
ASUKAはRAWに昇格したので、怪我が有ろうと無かろうと、返上かタイトル戦で負けるストーリーかになってましたね。


[22] fun◇fLongoRY - 2017/09/17(Sun) 08:03 ID:JZ1T7lI.  [No.107762]
WWEの「WWE Live Osaka」(エディオンアリーナ大阪)が16日に開催され、中邑真輔が堂々の日本凱旋。WWE世界王者ジンダー・マハルに敗れ日本人初の同王座獲得はならなかったもの、圧倒的な存在感を見せつけたそうです。

 東スポ情報ですが、昨年12月の大阪大会以来となる日本マットは、スマックダウンのスーパースターとしての帰還。入場曲「ザ・ライジング・サン」が流れると、会場のボルテージは最高潮に達した。

 序盤から新日本プロレス時代と変わらぬ強烈な打撃、体をバイブレーションさせる独特の動きでマハルを翻弄した。だが場外で王者のセコンド・シンブラザーズの介入に遭うと形勢逆転を許してしまう。ジャンピングカラテキック、ミドルキック、さらに串刺し式キンシャサで反撃に出ると、三角絞めに捕らえるが、再びシン兄弟の妨害でロープブレークを許す。

 それでもクハラス(コブラクラッチ式スラム)を逃れての丸め込みから、腕ひしぎ十字固めでまたも攻勢に。マハルの突進をストップしてジャンピング式キンシャサを発射する。満を持して必殺のキンシャサ・ニー・ストライク(ボマイェ)を狙ったが、ここでみたびシン兄弟の介入…。2人に気を取られる間に復活したマハルのクハラスを浴びて、無念の3カウントを奪われてしまった。

 まさかの敗戦に怒り心頭の中邑は、早々に試合後のリング上でシン兄弟にキンシャサの制裁。マイクを握ると「大阪! 帰ってきたぜ、大阪。タイトルマッチは負けちゃったけど、またジンダーと戦う権利を俺は持ってる(日本時間10月9日のPPV「ヘル・イン・ア・セル」でも王座戦が決定済み)。次の凱旋こそはWWE王者として帰ってきたいなぁ〜。そう、また会える。それまで首を長くして待っててください。もっともっとスーパースターになって帰ってきます。ありがとうございました」。最後は大阪の観衆とともに「イヤァオ!」の大合唱で、SD昇格後初の凱旋興行を締めくくり、さらなる飛躍を誓ったそうです。


[23] fun◇fLongoRY - 2017/09/19(Tue) 04:28 ID:QOAy/6PM  [No.107767]
スターダム「5☆STAR GP2017」
9月18日(月・祝)後楽園ホール(観衆763人)

主な試合結果です。

<第6試合>5☆STAR GP2017 ブルースターズ公式リーグ戦 15分1本勝負
〇トニー・ストーム 
8分21秒 雪崩式ストロング・ゼロ→片エビ固め
×ケイ・リー・レイ

<第7試合>5☆STAR GP2017 ブルースターズ公式リーグ戦 15分1本勝負
△紫雷イオ
15分00秒 時間切れ引き分け
△HZK

<第8試合>5☆STAR GP2017 レッドスターズ公式リーグ戦 15分1本勝負
〇美闘陽子
6分56秒 Bドライバー→エビ固め
×バイパー

<第9試合>5☆STAR GP2017 レッドスターズ公式リーグ戦 15分1本勝負
〇花月
12分18秒 大江戸コースター→片エビ固め
×岩谷麻優


<第10試合>5☆STAR GP2017 優勝決定戦 30分1本勝負
〇トニー・ストーム
8分17秒 ストロング・ゼロ→片エビ固め
×美闘陽子
※トニー・ストームが5☆STAR GP2017初優勝


[24] fun◇fLongoRY - 2017/09/21(Thu) 07:54 ID:QJUwoQp2  [No.107777]
『SEAdLINNNG〜EVOLUSION〜』
9月18日(月・祝)東京・新宿FACE

遅くなりましたが主な試合結果です。

▼特別試合・5分1本勝負
△高橋奈七永
時間切れ引き分け
△Sareee

▼30分1本勝負
大畠美咲(WAVE)&○水波綾(WAVE)
23分31秒 ホットリミット→片エビ固め
●世志琥&Sareee

▼30分1本勝負
○高橋奈七永
19分58秒 ジャパニーズオーシャン・クインビーボム→片エビ固め
●藤本つかさ(アイスリボン)


[25] fun◇fLongoRY - 2017/09/21(Thu) 07:54 ID:QJUwoQp2  [No.107778]
連続投稿失礼します。

 18日、新宿FACEで行われた『SEAdLINNNG〜EVOLUSION〜』のオープニングにて、Sareeeが退団を発表したそうです。

 Sareeeは2011年に井上京子の団体である『ワールド女子プロレス・ディアナ』でデビュー。15歳という若さでデビューし、可愛らしいルックスも相まって“女子プロ界の若手エース”として活躍。栗原あゆみの裏投げも伝授され実力を伸ばしていたが、今年2月に「本物の闘い、本気の闘いをやりたい」と高橋奈七永の団体であるSEAdLINNNGに移籍。
 同団体に所属する世志琥と後楽園ホールのメインカードでシングルマッチも行い、世志琥からはライバルとして認める発言も行っていた。

 しかし9月18日に行われたSEAdLINNNG興行にて、Sareeeは「突然のご報告で皆さんを驚かせてしまい申し訳ありませんでした。10月18日、後楽園でシードリングを退団します。半年間シードリングにいて、ホントにシードリングのメンバーには熱い闘いを一緒にやってきてもらってし、たくさんの刺激をもらったんですけども…その中でやっぱり自分の居場所ってものがハッキリわかって…自分はディアナに戻ります!これからも自分の中にある信念というものを絶対に曲げずに、女子プロ界の真ん中を獲るんで、皆さんこれからも応援よろしくお願いします!」と退団を電撃発表。
 これに奈七永は「それぞれの人生、それぞれの時間という限られたものがあると思います。それぞれの道が前向きに輝いていくようになること…それだけが私の願いです」とコメントし、5分間のシングルマッチを急遽行った。

 この日の試合を終えたSareeeは「これからもっともっと女子プロ界を盛り上げていくために、仲良しこよしじゃダメだと思うんですね。シードリングに入って他団体のトーナメントとか出させてもらって、その中で結果を自分がまったく出せてないし、6年間育った場所がディアナであって、ディアナ愛、ディアナ魂が自分の中にある。自分はディアナを背負って他団体の選手と、もちろんシードリングの絶対負けたくない世志琥とか中島さんとか奈七永さんとかと当たっていくことが、もっともっと女子プロ界を盛り上げていくことに繋がるんじゃないかなと思ってこの決断をしました」とコメントした。


[26] ただの全日ファン - 2017/09/23(Sat) 18:26 ID:x7VEY/k6  [No.107785]
DDTプロレスリングが株式全譲渡で、サイバーエージェントの傘下となりました。
体制は今まで通りだそうです。

DDTの興行が、無料でAbemaTVで見られるようになるかも。


[27] fun◇fLongoRY - 2017/09/25(Mon) 06:54 ID:D/C69nXU  [No.107792]
DDT
『Who’s Gonna Top?〜DDTドラマティック総選挙2017〜最後のお願いスペシャル!』
9月24日(日)東京・後楽園ホール 1465人(超満員)

主な試合結果です。

▼第五試合 ルーザー・リーブ・ハウスルール 30分一本勝負
○男色ディーノ
7分33秒 男色ドライバー→漢固め
×スーパー・ササダンゴ・マシン

▼セミファイナル スペシャルシングルマッチ 30分一本勝負
○KUDO
18分43秒 ダイビング・ダブルニードロップ→片エビ固め
×HARASHIMA

▼メインイベント KO-D無差別級&DDT EXTREME級&インディペンデントワールド世界ジュニアヘビー級トリプル選手権3WAYマッチ 60分一本勝負
【DDT EXTREME級王者】○佐々木大輔
21分46秒 クロス・フェースロック
【インディーJr王者】×大家健(ガンプロ)
※もう一人は【KO-D無差別級王者】竹下幸之介
※佐々木が第39代DDT EXTREME級王座6度目の防衛に成功するとともに第25代インディペンデントワールド世界ジュニアヘビー級王者となり、大家の全財産71万4146円を獲得。竹下は第61代KO-D無差別級王座8度目の防衛に成功。



[28] ただの全日ファン - 2017/09/27(Wed) 23:11 ID:5iwKMmOg  [No.107805]
11月23日の横浜ラジアントホール大会をもって、IWAジャパンが解散となるそうです。


[29] fun◇fLongoRY - 2017/10/01(Sun) 06:00 ID:  [No.107810]
『全女AGAIN〜FOREVER SPIRIT〜』
9月29日(金)東京・新宿FACE 観衆:509人・超満員札止め

遅くなりましたが試合結果です。

タッグマッチ 20分1本勝負
堀田祐美子(フリー)&○KAORU(Marvelous)
14分35秒 ウラカン・ラナ
●渡辺智子(Marvelous)&高橋奈七永(SEAdLINNNG)

▼タッグマッチ 20分1本勝負
ダンプ松本(極悪同盟)&○ZAP T(極悪同盟)
9分57秒 ラリアット→体固め
伊藤薫(ディアナ)&●佐藤綾子(ディアナ)

▼6人タッグマッチ 30分1本勝負
○ジャガー横田(ディアナ)&アジャ・コング(OZアカデミー)&豊田真奈美(フリー)
20分16秒 ジャガー式バックドロップホールド
井上京子(ディアナ)&井上貴子(LLPW-X)&●吉田万里子(フリー)

 
 29日、新宿FACEにて『全女AGAIN〜FOREVER SPIRIT〜』が開催された。

 ジャガー横田とブル中野が発起人となり、全日本女子プロレス出身者による大会を開催。
 現役選手としてジャガー横田(ディアナ)、アジャ・コング(OZアカデミー)、豊田真奈美(フリー)、井上京子(ディアナ)、井上貴子(LLPW-X)、吉田万里子(フリー)、堀田祐美子(フリー)、KAORU(Marvelous)、渡辺智子(Marvelous)、高橋奈七永(SEAdLINNNG)、ダンプ松本(極悪同盟)、ZAP T(極悪同盟)、伊藤薫(ディアナ)、佐藤綾子(ディアナ)の14選手が登場し3試合を開催。

 引退済みのOGとしてはブル中野、立野記代、南月たいよう、西尾美香、元気美佐恵、タニー・マウス、加藤直美、高橋洋子、藤本由美、遠藤紗矢、府川唯未、チャパリータASARI、玉田りえ、白鳥智香子、ぬまっち、李由紀、バット吉永、長嶋美智子、山元真由美、渋谷里美、山田敏代、三田英津子、バイソン木村、高橋美華、影かほる、西脇充子、神崎文枝、加藤悦子、永堀一恵、小倉由美、永友香奈子、柳下まさみ、ライオネス飛鳥、ミミ萩原、マキ上田、ジャンボ堀、大森ゆかりの37名が登場。

 総勢50名以上が集まり、当時から応援しているファンを含めて500人以上が会場に詰めかけチケットは札止めに。
 豊田真奈美と三田英津子のミントシャワーズや、堀田祐美子も混じえたキッスの世界などによるライブや、ジャンボ堀やチャパリータASARIなどOGによるコスチュームファッションショーが開催。志生野温夫さんや山崎照朝さんをお呼びしてのトークショーでは、当時の大阪大会で選手がファンに脱がされるほどもみくちゃになり、2階からファンが降ってきた仰天エピソードも語られた。

 最後はマキ上田とともに『かけめぐる青春』を選手たちで歌い、今回来場できなかったファンたちに向けて10月27日に同会場で『全女AGAINAGAIN』が開催されることがブル中野より告知されたそうです。




[30] fun◇fLongoRY - 2017/10/02(Mon) 10:15 ID:  [No.107816]
ZERO1
9月30日(土) 後楽園ホール

遅くなりましたが主な試合結果です。

第3試合 タッグマッチ30分1本勝負
鈴木秀樹&佐藤 耕平〇
13分36秒 パイルドライバー→片エビ固め
×将軍岡本&稲葉大樹

第4試合 NWA UN ヘビー級王座 決定戦 シングルマッチ30分1本勝負
〇スーパー・タイガー
8分3秒 タイガースープレックスホールド
×ハートリー・ジャクソン

第5試合 NWAインターナショナルライトタッグ選手権試合 タッグマッチ30分1本勝負
<王者>〇日高 郁人&菅原 拓也
11分49秒 高津川
<挑戦者>SUGI&PSYCHO×

第6試合 世界ヘビー級選手権試合 シングルマッチ30分1本勝負
<王者>〇田中 将斗
21分7秒 スライディングD→片エビ固め
<挑戦者>×宮本裕向

第7試合「大谷晋二郎&高岩竜一デビュー25周年記念試合 タッグマッチ30分1本勝負
大谷 晋二郎&高岩竜一×
21分33秒 ムーンサルトプレス→体固め
藤波辰爾&金本 浩二〇


 30日のゼロワン・後楽園ホール大会で行われた世界ヘビー級選手権は、王者・田中将斗が宮本裕向の挑戦を退け、4度目の防衛に成功。

 試合は互いの指にかみつき合ったのを合図に、2人が得意とする“ハードコアマッチ”に。田中は場外テーブル上へのスーパーフライを成功させると、宮本も負けじとテーブル上への雪崩式ファイヤーサンダーを決め、一歩も譲らなかった。

 それでも、最後は王者が後ろと前からスライディングDを浴びせて勝利。「お前とやってると楽しいし、ナンボでもやりたい。俺は爆破王のベルトも持っているし、ノンタイトルでもいいから」と相手をたたえた。

 24日の超花火プロレス・名古屋大会では、10月31日に引退する師匠の大仁田厚を撃破し、爆破王のベルトを獲得。TARUとのコンビでは爆破王タッグ王座も保持しており、実に3冠王となった。しかもノアの「グローバルリーグ戦」(10月14日、後楽園ホールで開幕)に2年ぶり3度目の出場が決まり、ここで1本でもベルトを失うわけにはいかなかったとの事。

 ノアのグローバルリーグ戦の優勝候補としての今後が注目されます。


[31] fun◇fLongoRY - 2017/10/03(Tue) 06:02 ID:  [No.107822]
伐折羅(BASARA)四拾捌〜木高イサミ15周年記念興行〜
10月1日(日) 東京・後楽園ホール【観衆】818人

遅くなりましたが主な試合結果です。

第三試合 SAGAT Into Heaven! 30分一本勝負
○関本大介 vs SAGAT×
13分40秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド

第五試合 スペシャルシングルマッチ 30分一本勝負
○宮本裕向 vs 中津良太×
13分49秒 ムーンサルト・プレス→片エビ固め


セミファイナル スペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
×FUMA&久保佑允&HUB vs 関根龍一○&火野裕士&ヤス・ウラノ
14分28秒 レッツ・コンバイン

メインイベント ユニオンMAX選手権試合 30分一本勝負
<王者>×トランザム★リュウイチ vs 木高イサミ○<挑戦者>
16分35秒 勇脚・斬→片エビ固め
※イサミが第9代王者となる。


[32] fun◇fLongoRY - 2017/10/10(Tue) 09:09 ID:hzT.eXbI  [No.107843]
週末の札幌での大日本&DDTなどの主な試合結果です。

BJW大日本プロレス
10月07日(土)北海道・ススキノ・マルスジム

▼第3試合 最侠タッグリーグ・ストロングブロック公式戦 30分1本勝負
【2勝3敗】河上隆一 宇藤純久● vs 【3勝1敗】橋本大地 神谷英慶〇
13分2秒 バックドロップ→片エビ固め

▼第4試合 最侠タッグリーグ・ストロングブロック公式戦 30分1本勝負
【2勝1分1敗】鷹木信悟 岡林裕二● vs 【2勝3敗】浜亮太 中之上靖文〇
13分44秒 ダイビング・エルボードロップ→片エビ固め

▼第5試合 最侠タッグリーグ・デスマッチブロック公式戦
蛍光灯+コンクリートブロックタッグデスマッチ 30分1本勝負
【2勝3敗】“黒天使”沼澤邪鬼〇 吹本賢児 vs 【1勝4敗】藤田ミノル● 星野勘九郎
14分17秒 吹本のパッケージ・パイルドライバー→体固め

▼セミファイナル 最侠タッグリーグ・ストロングブロック公式戦 30分1本勝負
【1勝3敗】鈴木秀樹 将軍岡本● vs 【2勝1分1敗】関本大介〇 佐藤耕平
14分36秒 ラリアット→片エビ固め

▼メインイベント 最侠タッグリーグ・デスマッチブロック公式戦
蛍光灯TLC+αタッグデスマッチ 30分1本勝負
【2勝3敗】竹田誠志 塚本拓海● vs 【3勝1敗】アブドーラ・小林〇 伊東竜二
15分19秒 源之助クラッチ


BJW大日本プロレス
10月08日(日)北海道・ススキノ・マルスジム

▼第4試合 最侠タッグリーグ・ストロングブロック公式戦 30分1本勝負
【3勝1分1敗】関本大介〇 佐藤耕平 vs 【3勝2敗】橋本大地● 神谷英慶
17分31秒 ジャーマンスープレックスホールド

▼第5試合 最侠タッグリーグ・ストロングブロック公式戦 30分1本勝負
【2勝3敗】鈴木秀樹〇 将軍岡本 vs 【2勝1分1敗】鷹木信悟 岡林裕二●
13分33秒 新卍固め
▼セミファイナル 最侠タッグリーグ・デスマッチブロック公式戦
蛍光灯ボードタッグデスマッチ 30分1本勝負
【4勝1敗】アブドーラ・小林〇 伊東竜二 vs 【3勝2敗】宮本裕向● 木イサミ
11分5秒 ラ・マヒストラル

▼メインイベント BJW認定デスマッチヘビー級選手権試合
4面蛍光灯タワー+剣山デスマッチ 30分1本勝負
【第36代王者】竹田誠志〇 vs 【挑戦者】星野勘九郎●
15分49秒 リーバスUクラッシュ→片エビ固め
※初防衛に成功

DDT
日曜どうでしょう2017
10月8日(日)北海道・札幌ススキノ・マルスジム【観衆】416人(満員)
試合結果

▼第四試合 DAMNATIONvsNωA! 30分一本勝負
○佐々木大輔&遠藤哲哉&マッド・ポーリー vs 大石真翔●&勝俣瞬馬&MAO
11分55秒 クロス・フェースロック

▼セミファイナル 激闘! 道東シングル血戦! 30分一本勝負
○樋口和貞<紋別市出身> vs 岩崎孝樹●<根室市出身>
13分50秒 片エビ固め
※轟天

▼メインイベント 札幌名物!ウニ・ホタテ・イクラ・カニ丼的スペシャル4WAYマッチ 30分一本勝負
○竹下幸之介 vs HARASHIMA vs 男色ディーノ● vs KUDO
15分10秒 ゲイ道クラッチ

DDT
月曜どうでしょう2017
10月9日(月・祝)札幌ススキノ・マルスジム【観衆】414人(満員)

▼第五試合 30分一本勝負
佐々木大輔&○遠藤哲哉 vs 樋口和貞&MAO●
10分14秒 旋回式トーチャーラックボム→片エビ固め


▼セミファイナル 札幌名物!北の国からスペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
○竹下幸之介&彰人&ディエゴ vs 男色ディーノ&石井慧介&岩崎孝樹●
10分27秒 サプライズローズ片エビ固め


▼メインイベント KO-Dタッグ選手権試合 60分一本勝負
<王者組>HARASHIMA&○丸藤正道 vs KUDO●&高梨将弘<挑戦者組>
14分17秒 TKO勝ち(レフェリーストップ)
※第62代王者組が2度目の防衛に成功。

「Hbcラジオラジプロ!25周年記念大会〜秋の夜の夢〜」
10月09日(月・祝)北海道・ススキノ・マルスジム

▼第1試合 〜ドラゴンゲート提供〜タッグマッチ 20分1本勝負
スペル・シーサー〇 石田凱士 vs K-ness. シュン・スカイウォーカー●
7分42秒 ヨシタニック→エビ固め

▼第2試合 〜大日本プロレス提供〜6人タッグマッチ 20分1本勝負
鈴木秀樹 関本大介 岡林裕二〇 vs 浜亮太 中之上靖文● 神谷英慶
12分6秒 キャメルクラッチ

▼第3試合 〜フーテンプロモーション提供〜バチバチルール 30分1本勝負
池田大輔〇 vs 守部宣孝●
8分32秒 大ちゃんボンバー→K.O

▼第4試合 〜DDTプロレスリング提供〜タッグマッチ 30分1本勝負
アントーニオ本多 樋口和貞〇 vs 男色ディーノ 大石真翔●
14分5秒 轟天→体固め

▼セミファイナル 〜プロレスリングWAVE提供〜シングルマッチ 30分1本勝負
アジャ・コング〇 vs 春日萌花●
8分56秒 垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め

▼メインイベント 〜大日本プロレス提供〜蛍光灯6人タッグデスマッチ 30分1本勝負
竹田誠志 高橋匡哉 佐久田俊行● vs アブドーラ・小林〇 伊東竜二 “黒天使”沼澤邪鬼
13分33秒 ダイビング・バカチンガーエルボードロップ→体固め


昨日9日のDDT&ラジプロ興行、観戦していましたが、DDTのメインのKO−Dタッグ選手権で
KUDO選手が試合中、丸藤のバック転の足が身体に当たる様なアクシデントからの脳震盪によりレフェリーストップ…
意識はあったようですが自分の力で立ち上がれず選手らに囲まれ救急車で搬送される事態があり、一時会場は騒然となりました。
選手らの話では「意識はあるので大丈夫…」との事でしたが、選手の事故やケガが多いのでとても気がかりな出来事でした。


[33] fun◇fLongoRY - 2017/10/10(Tue) 09:10 ID:hzT.eXbI  [No.107844]
連続投稿失礼します。

BJW大日本プロレス
10・15東京・後楽園ホール大会での最侠タッグリーグ準決勝のカードが決定。
また、参戦中のドラゲーの鷹木信悟は岡林と組み、ヤンキー二丁拳銃と対戦します。

▼オープニングマッチ 最侠タッグリーグ・ストロングブロック準決勝 30分1本勝負
【1位】関本大介 佐藤耕平 vs 【2位】橋本大地 神谷英慶

▼第2試合 最侠タッグリーグ・デスマッチブロック準決勝
形式未定 30分1本勝負
【1位】アブドーラ・小林 伊東竜二 vs 【2位】高橋匡哉 植木嵩行

▼第4試合 57同盟vsヤンキー二丁拳銃〜タッグマッチ 30分1本勝負
岡林裕二 鷹木信悟 vs 宮本裕向 木イサミ

▼メインイベント最侠 タッグリーグ優勝決定戦 30分1本勝負
デスマッチブロック代表 vs ストロングブロック代表


[34] fun◇fLongoRY - 2017/10/11(Wed) 07:57 ID:tODVQ1hk  [No.107851]
遅くなりましたがDDT10月9日(月・祝)北海道マルスジム大会のメインでのKO−Dタッグ選手権でのアクシデントのまとめです。

試合中に丸藤がKUDOをコーナーに振って串刺しエルボー。さらに側転した際に脚がKUDOの頭部にヒットし、KUDOがバッタリと倒れ込む…。まったく動けなくなったKUDOを見て松井レフェリーが即座に試合をストップさせた。

場内騒然とする中、すべてのロープが緩められる。KUDOはリング上で意識が回復。今林APは観客に「KUDO選手なんですが一時的に脳震盪ということで、今意識は回復しまして救急車を呼んで待っている状態です」と事情を説明。KUDOはその後、駆け付けた救急隊員によって病院へと搬送された。丸藤がマイクを取る。

丸藤「今日という日を楽しみにしててくれた皆さん、本当に申し訳ない。そしてこの試合をすることを楽しみにしていたKUDO選手、そして高梨選手、HARASHIMA選手、本当に申し訳ないです。こういう空気にさせてしまったのは俺にも責任がある。でも、俺たちはいつ何時全力で試合をしているし、アクシデントは絶対にあってはいけない。でも俺たちは本気で試合をしていることだけは理解して欲しい。必ずまたKUDO選手と熱い試合をしたいと思いますし、必ずまた皆さんの前で俺たちは皆さんの期待以上のものを見せるプロレスを必ずします。その時もまたぜひともこの会場に来てください。どうもすいません。ありがとうございます」
HARASHIMA「丸藤さん、そんな自分が悪いみたいな言い方、やめてくださいよ。僕ら覚悟を持ってリングに上がっているんで、何が起きてもリングで起きたことがすべてなので。ただ、どんな勝ち方であれ僕たちが防衛ですよ。でも! やっぱり僕はもっとKUDO君と蹴りあいたいし、蹴られたいし、蹴り返したいし。正直、消化不良ではあります。でもまたタイミング掴んであの2人とガッチリこのタッグのベルトの防衛戦をやっていきます。そのためにも次、どんな相手がきても僕たちはこのベルトを守り続けていきたいと思います! やっぱ僕は楽しく終われる試合、楽しく終われる興行を目指してやってるんで、ビックリすること、アクシデントがありましたが、いつものテンションでいつものやつ、いきたいと思います! いつものやつ、いってやるさー! 次また高梨&KUDO、ほかに誰でもいいからいっぱいタッグの防衛戦やってやるさー! 誰がきたって防衛してまた札幌にベルトを巻いてきてやるさー!」HARASHIMAが丸藤にマイクを促す。
丸藤「よし! またKUDOがこのベルトに挑戦してくるまで守り続けるさー!」HARASHIMA「なんでかって? それは鍛えているからだー!」

【試合後のコメント】
坂口 まあ、ああいう風になったけど、一瞬いいのがアゴに入って記憶が飛んだと。ただ自分の呼び掛けにもきちんと答えていたし、手握ってって言ったらいつも通り、兄貴の強い力で握ってくれたんで。病院いってきちんと診てもらって、少し兄貴は休むかもしれないけど、その間はウチらで頑張って、また完全な強い兄貴に戻ってきてもらえれば。
高梨 今日のことはみんな忘れられねえよな。俺だって忘れられねえよ。いまだに目の前でKUDOが倒れているようでリングを降りた気がしねえよ。続いていくからな。今日で終わりじゃねえから。今日のことは絶対忘れねえ。もう一回立ち上がって続きをする。どういう形になるかわかんねえからよ。俺は今日の試合、リングを降りた気がしねえよ。以上だ。
HARASHIMA どういう形であれ防衛なんで。プロレスはリングで起きたことがそれがすべてなので。僕らもお客さんも不完全燃焼と思ったかもしれないし、僕も正直もっと蹴りあいたいと思ったけど、勝ちは勝ち。防衛です。
丸藤 リング上で言ったけど、ああいう空気にさせてしまったというのはあるし、こういう状況で俺が次の防衛戦の相手を選ぶ権利はない。それはもう一度、KUDO&高梨なのか、周りで見ていた人間なのか。そして今日見ていたお客さん、この試合を知ったお客さん、そういう人たちが満足いくような試合を必ずしたいと思うので、次誰が来ても必ず防衛したいと思います。
HARASHIMA 本当に誰が来ても防衛して。タイミングがあえばKUDO&高梨とガッチリ、完全燃焼する試合をやりたいと思います。


翌日の情報では、病院に救急搬送されたKUDOですが、医師からは再検査・入院の必要はないとの診断。ただし、大事を取って1ヵ月間の欠場。
なお、10月14日横浜大会で開催を予定されていたKO-D6人タッグ選手権試合は中止。また、酒呑童子よりKO-D6人タッグ王座を返上したいという申し出があり王座返上。
空位となったKO-D6人タッグ王座について、ALL OUT(竹下幸之介、彰人、ディエゴ)を含めた2チームによる王座決定戦をおこなう予定で、DDTにて開催日、場所は追って発表との事。


[35] fun◇fLongoRY - 2017/10/11(Wed) 07:57 ID:tODVQ1hk  [No.107852]
 米国現地時間10月8日ミシガン州デトロイトでのPPV「ヘル・イン・ア・セル」で中邑真輔が王者ジンダー・マハルとのWWE王座リマッチに挑んだそうです。

 8月の「サマースラム」同様、中邑はこの日もシン・ブラザーズの介入に苦しんだ。お互い大技を狙いながら互角の攻防を展開すると、中邑はマハルのカラス(コブラクラッチスラム)を辛うじて回避、さらにセカンドロープからジャンピングニーを決めるとチャンス到来。キンシャサを狙う中邑だったが、ここでシン・ブラザーズが介入してマハルはロープエスケイプ。その後も妨害を続けるシン・ブラザーズに見兼ねたレフェリーは場外で退場を命じた。
 そして、その直後に中邑がマハルに渾身のキンシャサを決めると今度こそ王座奪取かと思われたが、シン・ブラザーズの抗議でレフェリーのカウントが遅れてカウント2。それでも続けてマハルを追いつめる中邑だったが、キンシャサを避けられるとコーナーで誤爆。その隙を突いたマハルがカラスで中邑を沈めて王座防衛を果たしたとの事。

また、今回の「ヘル・イン・ア・セル」ではUS王者AJスタイルズがバロン・コービン、タイ・デリンジャーを相手にトリプルスレット形式の王座戦に挑むも防衛に失敗。スタイルズがフェノメナル・フォアアームで沈めたデリンジャーをコービンがフォールして勝利。コービンが新US王者となったそうです。


[36] fun◇fLongoRY - 2017/10/11(Wed) 07:58 ID:tODVQ1hk  [No.107853]
連続投稿失礼します。

31日に東京・後楽園ホールで行われる大仁田厚の引退興行「大仁田厚ファイナル」の全対戦カードがさよなら大仁田実行委員会から発表。

7年ぶり7度目の引退となる大仁田は、藤田和之と6人タッグデスマッチで対戦する模様です。

 
全対戦カード
「大仁田厚ファイナル」
10月31日(火)東京・後楽園ホール

全対戦カード

 ▽開会宣言 ただ今妊娠中!おめでたミス・モンゴル

 ▽第1試合 後楽園ホールで電流爆破(風)!?

 太仁田ブ厚VSパンディータ

 ▽第2試合 インディペンデントワールドバトルロイヤル100万円争奪マッチ

 出場選手 リッキー・フジ、フライングキッド市原、バトレンジャー、ワイルド・セブン、ワイルド・ベアー、ワイルド・コモン、ワイルド・キャット、友龍、佐野直、佐瀬昌宏、326、マッチョ・マイケルズ、雷電、ショッカー、寺尾利明、櫻井匠、亀田勝

 ▽第3試合 FMW女子一夜限りの復活!!ミックスドマッチ!

 ダンプ松本、ZAP、怨霊VSクラッシャー前泊、バッドナース中村、寧々∞D.a.i

 第4試合 プロレスリングZERO1提供試合

 田中将斗、TARU、菅原拓也VS大谷晋二郎、小幡優作、ショーン・ギネス

 ▽大仁田厚引退セレモニー

 ▽第5試合メインイベント 大仁田厚思い出の聖地・後楽園ホール最期のデスマッチ!!ストリートファイト トルネードバンクハウスデスマッチ

 大仁田厚、雷神矢口、保坂秀樹VS藤田和之、ケンドー・カシン、NOSAWA論外


[37] fun◇fLongoRY - 2017/10/17(Tue) 05:33 ID:JZ1T7lI.  [No.107869]
BJW大日本プロレス
「最侠タッグリーグ優勝決定戦」
10月15日(日)東京・後楽園ホール【観衆】1427人(超満員札止め)

遅くなりましたが主な試合結果です。

オープニングマッチ 最侠タッグリーグ・ストロングブロック準決勝 30分1本勝負
【1位】関本大介●&佐藤耕平
13分10秒 ライジングDDT→片エビ固め
【2位】橋本大地〇&神谷英慶


第2試合 最侠タッグリーグ・デスマッチブロック準決勝
蛍光灯+凶器持ち込みタッグデスマッチ 30分1本勝負
【1位】アブドーラ・小林〇&伊東竜二
11分44秒 逆エビ固めwith画鋲
【2位】高橋匡哉&植木嵩行●

第4試合 57同盟vsヤンキー二丁拳銃〜タッグマッチ 30分1本勝負
岡林裕二●&鷹木信悟
9分8秒 ファイアーサンダー→片エビ固め
宮本裕向〇&木イサミ

メインイベント 最侠タッグリーグ優勝決定戦
ハードコアタッグマッチ 30分1本勝負
【デスマッチブロック代表】アブドーラ・小林●&伊東竜二
16分6秒 バックドロップ→片エビ固め
【ストロングブロック代表】橋本大地&神谷英慶〇
※大地&神谷が初優勝


岡林裕二がこの日15日(日)後楽園ホール大会の試合中に右肩を負傷。

都内の病院で検査を受けた結果、「右肩関節脱臼および肩鎖関節脱臼」と診断された為、しばらくの間欠場。

復帰時期等に関しては追って報告の予定で、各大会の変更カードも別途発表の予定との事。


[38] fun◇fLongoRY - 2017/10/25(Wed) 00:05 ID:D/C69nXU  [No.107897]
DDT

DDT Special 2017

10月22日(日)東京・後楽園ホール【観衆】1433人(超満員)

遅くなりましたが主な試合結果です。

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
アブドーラ・小林&赤井沙希&●アントーニオ本多 vs 勝俣瞬馬○&MAO&チェリー
7分7秒 片エビ固め
※勝俣式断頭台(仮)

▼第二試合 ルチャ・リブレルール 30分一本勝負
ウルティモ・ドラゴン&○高尾蒼馬&大石真翔 vs 大鷲透&大家健&平田一喜●
8分16秒 エビ固め
※ジントニック

▼第三試合 30分一本勝負
鈴木秀樹&○彰人 vs 坂口征夫&樋口和貞●
10分1秒 ヨーロピアンクラッチ

▼第五試合 スペシャルシングルマッチ 30分一本勝負
●遠藤哲哉 vs 高梨将弘○
9分17秒 ハングオーバー!!

▼セミファイナル DDT EXTREME級選手権試合〜TLCマッチ 60分一本勝負
<王者>○佐々木大輔 vs HARASHIMA●<挑戦者>
17分25秒 体固め
※ダイビング・エルボードロップ・オン・ザ・テーブル・フロム・特大ラダー。第39代王者が7度目の防衛に成功。

▼メインイベント KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
<王者>○竹下幸之介 vs 男色ディーノ●<挑戦者>
22分30秒 クロスアーム式ジャーマン・スープレックス・ホールド
※第61代王者が9度目の防衛に成功。


[39] fun◇fLongoRY - 2017/10/27(Fri) 12:20 ID:TOwP2oLo  [No.107910]
東スポ情報ですが、還暦を迎えた邪道・大仁田厚(60)が、引退試合(31日、後楽園ホール)で激突する野獣・藤田和之(47)を“邪道伝承者”に任命したそうです。

鷹木信悟(34=ドラゴンゲート)とKAI(34)を最後のパートナーにすることを決めた大仁田は、総合格闘家とプロレスラーの“二足のわらじ”を履く藤田にプロレスに専念すべきだと主張。この試合を最後に総合格闘家・藤田を“引退”させる覚悟…。

 都内で行った還暦祝い会見で大仁田は、赤いちゃんちゃんこならぬド派手な赤の革ジャン姿に有刺鉄線バットを持って登場。あぜんとする報道陣を横目に「60歳になった実感はないけど、真摯に受け止めていますよ。『俺は何をやっているんだ?』と突っ込む自分もいるけど、60歳になって有刺鉄線バットなんてロクなもんじゃないだろ!?」と正論を口にした。

 それでもいよいよ引退試合が数日後に迫り、寂しさを感じているのは事実。そのラストマッチは藤田、ケンドー・カシン(49)、NOSAWA論外(40)組を相手に「1対3ハンディキャップマッチ」を敢行する予定だったが、ここにきて「邪道チルドレン」の鷹木とKAIが「大仁田さんをサポートしたい」と名乗り出ていた。

 これを受けて大仁田は「還暦のプレゼントに申し出を受けようと思う」と決意し、引退試合のカードは大仁田、鷹木、KAI組VS藤田、カシン、論外組に緊急決定した。中でも心待ちにするのが初対決となる藤田だ。

 藤田はカシンと有刺鉄線バット公開練習を行うなど、急にやる気を見せている。だからこそ大仁田は「ハードコアのリングに上がればすごい選手になるし、格闘技より向いている。俺と試合をすれば吹っ切れてプロレスラーとしてやっていく決意をするんじゃないか」と踏んでいる。

 昨年9月25日の総合格闘技イベント「RIZIN」さいたま大会で元大関バルト(32)に敗れた藤田が一時、表舞台から消えたときから考えていたという。だからこそ、この試合で格闘技への思いを完全に断つ方針だ。「オープンフィンガーグローブをつけて格闘家として上がってこい! 俺を利用してもらって結構」と呼び掛けた大仁田。その姿勢はまさにFMWの原点だ。「邪道VS闘魂イズム」の行方はいよいよ混沌としてきた…。


[40] fun◇fLongoRY - 2017/10/27(Fri) 12:21 ID:TOwP2oLo  [No.107911]
連続投稿失礼します。

リアルジャパンは26日、都内で会見を開き、同団体の新間寿会長(82)がプロデュースする「初代タイガーマスク 佐山サトル認定『原点回帰』プロレス大会」(12月7日、東京・後楽園ホール)で、「佐山サトル引退カウントダウン」を開始すると発表した。

 「原点回帰」は新日本プロレスのフロント時代に“過激な仕掛け人”と呼ばれた新間会長が現在のプロレスへの不満を訴え、「6メートル40(四方のリング)の中で真剣に戦うのがプロレス。昭和の新日本プロレスの道場のような、原点に戻してしまうような試合」の実現を目指して立ち上げた大会。同団体の総監を務める初代タイガーマスクこと佐山聡氏(59)の「引退カウントダウン」と銘打ったものの、新間会長は引退時期について、はじめは「1年後か2年後か3年後に完全に引退」と話し、最終的には「期限を決めずに、佐山聡が満足すれば完全引退でいいんじゃないかな」との考えを示した。

 だが、「タイガーマスクは多くの人に夢を与えたヒーロー。『佐山ちゃん、もうそろそろいいんじゃない』と私は言うんです。今度は自分の夢を実現しなさいと。自分のやりたいこと、いいたいことをやってもらう場所を作りたいと思った」と開催の意義を強調した。そして、佐山氏も「体が動くうちに、プロレス界にOBとして残してあげたいものがありますから。(昔のプロレスと今のプロレスは)何が違うのか、古参のレスラーも分かっているはずなのに、なぜそれをやらないのか分からない」と説明。さらに、「みなさんお気づきでしょうが、ボクは(興行中に)試合を見に行かない。控室にこもっている。見る気がしないからです。ストロングスタイルの厳しい試合なら見たいですが、それがないんですよ」と苦言を呈し、「本当に直していきたい。これがプロレス界への最後の贈り物」と、ストロングスタイル復興に尽くすことを誓った。

 佐山氏は15年3月の曙戦後に心臓の痛みを訴えてからは、16年6月にデモンストレーションマッチを行ったのみで、欠場を続けている。新間氏は「見てのお楽しみ」と具体的な内容は明かさなかったものの、「佐山聡がトレーナー姿でリングに上がります。スーツ姿ではありません」と予告したとの事。


[41] fun◇fLongoRY - 2017/10/29(Sun) 21:11 ID:mm2jWhbs  [No.107912]
ZERO1 
ドリームシリーズ 秋の陣 
10月26日(木) 後楽園ホール

遅くなりましたが主な試合結果です。

第3試合 NWAインターナショナルライトタッグ選手権試合 タッグマッチ30分1本勝負
(王者)〇日高 郁人&菅原 拓也
14分53秒 ジャパニーズ・オーシャン・サイクロン・スープレックス・ホールド
(挑戦者)×伊藤崇文&ロッキー川村
※王者組が防衛に成功

第4試合 NWA世界ジュニア&インターナショナル ジュニア2冠選手権試合 シングルマッチ30分1本勝負
(王者)×鈴木 鼓太郎 ‏
13分23秒 ハッピー・フライデー→片エビ固め
(挑戦者)〇ショーン・ギネス
※ショーン・ギネスがNWA世界ジュニア&インターナショナルジュニア2冠王座を獲得

第5試合 タッグマッチ30分1本勝負
〇小幡 優作&宮本裕向
16分01秒 ダイビングWニードロップ→片エビ固め
田中 将斗&ハートリー・ジャクソン×

第6試合 NWAインターコンチネンタルタッグ選手権試合 タッグマッチ30分1本勝負
(王者)佐藤 耕平&鈴木秀樹〇
15分45秒 新卍固め
(挑戦者)×将軍岡本&吉江豊
※王者組が初防衛に成功


[42] fun◇fLongoRY - 2017/10/29(Sun) 21:11 ID:mm2jWhbs  [No.107913]
連続投稿失礼します。

『DRADITION 2017』
10月27日(金)後楽園ホール 観衆:1212人

遅くなりましたが主な試合結果です。

タッグマッチ 30分1本勝負
大谷晋二郎&○高岩竜一
14分2秒 デスバレーボム→片エビ固め
AKIRA&スペル・デルフィン×

タッグマッチ 45分1本勝負
藤原喜明&○越中詩郎
11分6秒 ミサイルヒップ→片エビ固め
×ヒロ斉藤&長井満也

スペシャル6人タッグマッチ 60分1本勝負
藤波辰爾&○ミル・マスカラス&武藤敬司
12分40秒 ダイビングボディアタック→体固め
ザ・グレート・カブキ&新崎人生&KAZMA SAKAMOTO×

この日のメインですがKAZMAへの藤波のドラゴンスクリューから武藤がシャイニングウイザード。そこへマスカラスがダイビングクロスボディアタックを投下しフォール。これで3カウントだったそうです。


<試合後リング上>
初代タイガーマスクが現れマスカラスに花束を渡す。
初代タイガー「マスカラスさん、セニョールがいてくれたおかげで僕がありました、僕達の世代は全てマスカラスさんで作られたようなものです。憧れでした。いつまでもお元気で」
マスカラス「サンキューグラシアス。マスカラスはまたこのファンたちが居るリングに帰ってきたい」
藤波「今日はご観戦ありがとうございました。今日はね、僕の夢であったマスカラス選手をね、ドラディションのリングに呼びたかった!本当にありがとうございました!プロレスが大好き!ファンの皆さんが色んな夢を見てられるように次の大会を楽しみにしてください。次もまたビッグなゲスト用意します!ありがとうございます!」
武藤「先ほどマスカラス喋ったことを訳しますと、これからはプロレス界は武藤敬司に任せろと言ってました。だから皆さんよろしくお願いします」
 
<試合後のコメント>
藤波辰爾&ミル・マスカラス&武藤敬司
(マスカラス、武藤の二人でインタビュー開始)
武藤「……主役が居ないとなにもコメントできないよ(笑)先にマスカラスになんか聞いてよ」

――試合を終えていかがですか
マスカラス「素晴らしいパートナーと素晴らしい試合が出来た」

――久しぶりの日本のリングですが、ファンの歓声を聞いたご感想を
マスカラス「自分がやることはいつも一緒なんだけど、ファンが喜んでくれることが一番大切だね」

(藤波がインタビュー会場に合流)

武藤「お疲れ様です!」
藤波「一番元気ですね!(マスカラスと握手を交わしながら)」

――今回このトリオが実現したご感想を
藤波「もう夢がかなった。夢のリングに上ってね。パートナーを考えたときに、武藤選手。38年前のオールスター戦ではジャンボ鶴田選手だったけど、同じ匂いのする武藤選手がね、ジャンボ鶴田の代わりができる選手かなということで、来てもらいました!」

――38年という月日の積み重ねは感じられた?
藤波「そりゃもう!みんなそれぞれいろんなものを積み重ねてきてますけどね、今だからこそ組める時期だったのかなと思いますね」

――リング上で三人が揃って技をかける場面がありました
「それはね、僕も意識してたんです!たまたまいい感じで武藤選手が固め技に入ってくれたんでね、ここでしか三人がそろい踏みで出来る場面もないだろうから。三人で固め技を決められましたね」

――試合中、とてもスムースに連携が決まっていました。これは誰が司令塔になっていたのですか?
藤波「でしょう?久しぶりの感じとは思えないくらいでしょう?(司令塔は)彼自身ですよ。それぞれ何年やってるって話(笑)」

(記者が三人での記念撮影を求めると、マスカラスは荒々しく拒否し、マスコミ陣を突っ切って控室へ)

武藤「気が短いんだ(笑)」


[43] fun◇fLongoRY - 2017/11/04(Sat) 11:58 ID:  [No.107931]
『大仁田厚プロレスリング〜大仁田厚ファイナル〜』
10月31日(火) 後楽園ホール 観衆:2,000人(超満員札止め)

遅くなりましたが、試合結果です。

▼無刺鉄線電流爆破風デスマッチ 20分1本勝負
●太仁田ブ厚
8分53秒 爆破風バット攻撃→片エビ固め
○パンディータ

▼インディペンデントワールド・バトルロイヤル 100万円争奪マッチ 時間無制限
<退場順>
ワイルド・コモン→寺尾利明→木更津ピエロ→守屋博昭→佐瀬昌宏→櫻井匠→亀田勝→藤井健一→友龍→フレディ・クルーガー→チェーンソー・トニー→ショッカー→雷神矢口→ウルトラつぅー→リッキー・フジ→雷電→佐野直→ワイルド・ベアー→ワイルド・セブン→フライングキッド市原
○超電戦士バトレンジャー
10分20秒 みちのくドライバーII→片エビ固め
●フライングキッド市原

▼FMW女子一夜限りの復活!ミックスドマッチ 30分1本勝負
●クラッシャー前泊&保坂秀樹&バッドナース中村&寧々∞D.a.i
8分36秒 ラリアット⇒体固め
ダンプ松本&マンモス佐々木&○ZAP&怨霊

▼プロレスリングZERO1提供 6人タッグマッチ 30分1本勝負
田中将斗&○TARU&菅原拓也
15分21秒 TARUドリラー⇒片エビ固め
大谷晋二郎&小幡優作&ショーン・ギネス●

▼大仁田厚思い出の聖地・後楽園ホール最期のデスマッチ! ストリートファイトトルネード・バンクハウスデスマッチ 時間無制限1本勝負
○大仁田厚&鷹木信悟&KAI
16分48秒 サンダー・ファイヤー・パワーボム→エビ固め
藤田和之&ケンドー・カシン&NOSAWA論外●


 10月31日の後楽園ホール大会で7度目の引退をした大仁田厚が、一夜明けた11月1日、東京・千代田区の「闘道館」で会見を開き、自身のプロデュース興行となる12月3日の新木場1stRING(17時開始)で、レフェリーデビューすることを発表したそうです。

 同興行では、数試合が行われるほか、引退試合の映像を見ながら、大仁田自ら解説し、振り返る。また、ファン参加型のトークライブも予定。大会名は「大仁田反省会」というとぼけたもので、タレント・有吉弘行がMCを務める「有吉反省会」(日本テレビ系)から、パクったといわれても致し方なさそう。ただ、引退興行には有吉が所属する太田プロダクション関係者も観戦に訪れており、大仁田は“太田プロ黙認”を強調した。
 大仁田は「人間ふしぎなもので、大会が終わったら反省しなきゃいけない。反省して、これでよかったのか次の人生を歩む。人は日々反省だなって思うし、ファンと離れるのもさびしい。43年の歴史を振り返り、引退試合を振り返ってみたい」とコメント。
 続けて大仁田は「人を裁いたことがないし、自分が1、2、3とマットを叩いたことがないから。やったことがないことを試すのは自由。故阿部四郎さんのように高速カウントなのか、低速なのかわからないけど、悪徳レフェリーをやってみたい。史上初の有刺鉄線バットを持ったレフェリーです。反則をやったヤツは、バットで殴る。反則は許さない」と宣言した。
 プロレスラーを引退し、新たな肩書きを“無職”ならぬ“無色”透明と表現した大仁田は「大仁田の人生のなかで、一皮むけた。新たな大仁田がかいこから出てきた」と語った。
 選手生活を終えた大仁田だが、まだまだプロレス界を引っかき回すことになりそうだ…との事。
 また、大仁田は引退試合で藤田和之の強力なエルボーを顔面に食らい、上下の歯がグラグラになったことを明かしたそうです。


[44] fun◇fLongoRY - 2017/11/04(Sat) 11:59 ID:  [No.107932]
超花火電流爆破フェスティバル2017 in KAWASAKI 川崎伝説
11月3日(金・祝) 川崎市スポーツ文化総合センター

主な試合結果です。

第4試合
風林火山タッグトーナメント2017 1回戦 タッグマッチ30分1本勝負
将軍岡本&吉江豊〇
13分43秒 フライングボディープレス→体固め
×大谷 晋二郎&スーパー・タイガー


第5試合
爆女王選手権試合 ノーロープ有刺鉄線電流爆破&電流爆破ボードダブルヘルデスマッチ シングルマッチ時間無制限1本勝負
〇長与 千種
15分2秒 爆破→体固め
×高橋奈七永
※初代王者・長与が初防衛

第6試合
爆破王選手権試合 電流爆破バット&ストリートファイトデスマッチ シングルマッチ時間無制限1本勝負
×田中 将斗
17分5秒 ムーンサルトプレス→片エビ固め
〇宮本裕向
※田中が初防衛に失敗、宮本が第8代爆破王になる


[45] fun◇fLongoRY - 2017/11/04(Sat) 11:59 ID:  [No.107933]
連続投稿失礼します。

11月3日、豊田真奈美が30周年記念興行で50人掛けの全51試合を行い引退。その最後の相手には、“飛翔天女二世”と呼ばれ、ジャパニーズ・オーシャン・サイクロン・スープレックス・ホールドの継承者である藤本つかさが豊田に指名されたそうです。

 男子女子OBなど様々な選手と連続して闘い続けた豊田は、藤本つかさには「私からフォールとるまで終わらない」と事前に宣言していたとおり、豊田がジャパニーズ・オーシャン・サイクロン・スープレックスホールドで藤本から3カウントを奪っても再試合となり続行。豊田は容赦ないクインビーボムで再度3カウントを奪うが、藤本は立ち上がるとビーナスシュートを叩き込んでからジャパニーズ・オーシャン・サイクロン・スープレックス・ホールド。見事豊田超えを直伝の技で成し遂げた。

 試合後豊田は号泣しながら「サイクロンをこれから私のイメージじゃなくて、藤本の技として。藤本だったら絶対やってくれるって私は期待があるからこそ今日だってメインに選んだ。豊田真奈美2世じゃなくて、藤本つかさってものをどんどん価値上げていってほしい。2世は絶対に上にはいけない。だから絶対に藤本つかさっていう名前をどんどん上げていってほしい。今日はありがとう。本当にありがとう」と藤本にエール。
 藤本は「豊田さんは強い。最後まで強い。一生、一生尊敬します。豊田さんこそ、女子プロの未来です。ありがとうございました」と礼。

 引退セレモニー後インタビューに答えた藤本は「2世って言われてた事がすごく自分の中では嬉しかったんですけど、これからは豊田さんの言葉を胸に、藤本つかさとして、藤本つかさのジャパニーズ・オーシャン・サイクロン・スープレックス・ホールドをこれからプロレス界で広めていきたいと思います。(豊田真奈美は女子プロ界の未来』という言葉は)豊田さんがいることによって、これからまた豊田さんみたくなりたいっていうプロレスラーが絶対現れると思うんです。豊田さんがいたから自分もこれから頑張ろうと思うし、後輩たちも今日の豊田さんの引退興行を経験して、自分も豊田真奈美みたく惜しまれて引退したいって思うと思うんで、それが未来に繋がってると思ったからです。豊田さんは身体が悪くて肩が上がらなくて、豊田さん自身が(サイクロンを)その場で持ち上げることができない状況の肩だったんですね。だから私にその場で持ち上げろって言ったと思うし、豊田さんができなくなった事を、今度は私が後輩たちに伝えて、それが女子プロを紡いでいく物語なのかなと思いました」とコメント。

 現在継続的に興行を行っている女子プロレス団体の中では、老舗となったアイスリボンの代表を務める藤本つかさ。女子プロレス界を背負う一人として、新たな歴史を藤本は継承した…との事。


[46] fun◇fLongoRY - 2017/11/20(Mon) 08:43 ID:DBkFQ6jo  [No.107980]
スターダム「STARDOM BEST OF GODDESSES 2017」
11月19日(日)東京・後楽園ホール

主な試合結果です。

<スターダムvs.大江戸隊 シングル初対決>
×美邑弘海
(8分35秒 妖乱→片エビ固め)
○夏すみれ

<ゴッデス・オブ・スターダム選手権試合>
[王者組]○花月、木村花
(16分35秒 大江戸コースター→エビ固め)
[挑戦者組]ケリー・クレイン、ビー・プレストリィー×
※花月&木村花は3度目の防衛に成功


<ワンダー・オブ・スターダム選手権試合>
[王者]×美闘陽子
(26分00分 ムーンサルトプレス→エビ固め)
[挑戦者]○紫雷イオ
※イオが第11代王者になる

美闘陽子が19日、年内で現役を引退することを電撃発表したそうです。

東スポ情報ですが、この日の東京・後楽園ホール大会では、ワンダー・オブ・スターダム王座V3戦で紫雷イオの挑戦を受けた。得意の蹴りで追い込んだ美闘だったが、最後はイオのムーンサルトプレスに敗れて王座陥落。サプライズは試合後…。

 バックステージで「今年も残り1か月ちょっとですが、12月24日の後楽園大会を持ちまして引退させていただきます」と表明。

 2011年1月の旗揚げメンバーの一人で、恵まれた体格とその美貌から「将来のエース候補」と期待され、愛川ゆず季とのタッグ「BY砲」では初代ゴッデス・オブ・スターダム王座を獲得するなど活躍。

 だが頸椎ヘルニアのため12年8月から欠場し、同年10月に最初の引退が発表された。それでもリングへの思いが再燃し、昨年6月16日の後楽園大会で約4年ぶりに現役復帰。今年9月23日の大阪大会では岩谷麻優を撃破し、ワンダー王座を初戴冠した。

 これが2度目の引退となる美闘は「復帰して1年半くらいやりましたが、美闘陽子を出し切ったかなと。悔しいけど、老いぼれていく姿を見せたくないし、乗りに乗っているうちに引退できたらと思った。引退後? 普通の女性に戻りたいと思います」。

なお美闘の引退により、旗揚げメンバーは左ヒジの脱臼で欠場中の岩谷だけになるそうです。


[47] fun◇fLongoRY - 2017/11/20(Mon) 08:44 ID:DBkFQ6jo  [No.107981]
連続投稿失礼します。

『吉田万里子引退』
11月19日(日)新宿FACE 観衆:506人・超満員

試合結果です。

▼全女メモリアルマッチ 15分1本勝負
ジャガー横田(ディアナ)&伊藤薫(ディアナ)&●デビー・マレンコ(フリー)
12分51秒 蜘蛛絡み
○吉田万里子&井上京子(ディアナ)&井上貴子(LLPW-X)

▼アルシオン・メモリアルマッチ 15分1本勝負
アジャコング(OZアカデミー)&○AKINO(フリー)&マリー・アパッチェ(フリー)
10分17秒 フランケンシュタイナー→エビ固め
吉田万里子&●Leon(PURE-J)&メリッサ(フリー)

▼ゴールドキッズ・エキシビションマッチ3分間
●成國晶子
2分46秒 フォール勝ち
○成國琴音

▼息吹メモリアルマッチ 15分1本勝負
●チェリー(DDT)&バンビ(K-DOJO)
9分22秒 ソラリーナ
希月あおい(フリー)&○大畠美咲(WAVE)

▼万里子ファイナル 30分1本勝負
●吉田万里子
19分19秒 ロックドロップ→体固め
○松本浩代(フリー)


[48] まさMS - 2017/11/23(Thu) 20:16 ID:LK0Ag4Sw  [No.107992]
イタミ・ビデオのNXT卒業後が気になりますね。5193

[49] fun◇fLongoRY - 2017/11/23(Thu) 23:57 ID:3POLml16  [No.107997]
>まさMSさん

おひさしぶりです。(^o^;
そのイタミのバトルニュースからの情報です...。

日本時間11月22日にWWEネットワークで放送された205 Liveでヒデオ・イタミが205 Liveに昇格することが告知されたそうです。

 205 Liveの第一試合、戸澤陽対ドリュー・グラックの試合の後にヒデオ・イタミの映像が突如流れ、“HIDEO ITAMI Coming Soon” と発表…。

>> ttp://www.wwe.com/videos/hideo-itami-is-coming-to-wwe-205-live

 205 Liveは2016年11月から開始したWWEネットワークの看板番組。クルーザー級のリミットである205ポンド(約93キロ)以下のスーパースターたちが活躍し、戸澤陽、エンツォ・アモーレ、ネヴィル、カリスト、ブライアン・ケンドリックなどが所属している。
 デビュー戦の日程などの詳細は後日明らかになる模様との事…。


[50] まさMS - 2017/11/25(Sat) 11:41 ID:Mlg5D3o2  [No.107998]
>funさん
ご無沙汰しています^_^

イタミ・ビデオの今後の動き記載誠ありがとうございました。

必ずや活躍するのを期待してます!!!!


[51] ただの全日ファン - 2017/11/25(Sat) 14:57 ID:08.WNYOc  [No.107999]
ヒデオ・イタミのヘビー級としての活動はあるのかな?
それともこのままクルーザー級のままなのか?


[52] fun◇fLongoRY - 2017/12/02(Sat) 11:52 ID:  [No.108017]

12月31日年越しプロレス後楽園大会の2017年「シャッフルタッグ・トーナメント」出場チームが決定。 
TAKAは25周年記念試合で東郷&伊東&高木とカルテット結成するそうです。


「年忘れ!シャッフル・タッグトーナメント」
<出場チーム>
野村卓矢&アントーニオ本多、橋本和樹&彰人、植木崇行&石井慧介、鈴木秀樹&竹下幸之介、バラモン兄弟(シュウwithケイorケイwithシュウ)&佐々木大輔、藤田ミノル&勝俣瞬馬、浜亮太&高尾蒼馬、宮本裕向&HARASHIMA、関本大介&樋口和貞、青木優也&坂口征夫、アブドーラ・小林&コルト・カバナ、橋本大地&男色ディーノ、関札皓太&中津良太、宇藤純久&木高イサミ、吉野達彦&高梨将弘、グレート小鹿&遠藤哲哉

※1回戦〜2回戦は10分一本勝負で時間切れの場合、1カウントフォール・ルールによる時間無制限一本勝負の延長戦で勝敗を決します。
※準決勝は15分一本勝負で時間切れの場合、1カウントフォール・ルールによる時間無制限一本勝負の延長戦で勝敗を決します。
※トーナメントの組み合わせは後日発表。準決勝の組み合わせは2回戦が終わった時点で抽選を行うとの事。


「年越しプロレス2017」
12月31日(日)20:00〜東京・後楽園ホール

年越しプロレスpresents TAKAみちのくデビュー25周年記念試合
TAKAみちのく&ディック東郷&伊東竜二&高木三四郎 vs 吉野コータロー&ダイナソー拓真&菊田一美&MAO





[53] ただの全日ファン - 2017/12/06(Wed) 02:29 ID:  [No.108026]
ミスター雁之助が来年2018年4月15日に2度目の引退をします。
同じ日にガッツワールドプロレスリングも解散します。
雁之助がプロデュースしてる鬼神道は、ガッツ石島が継承するそうです。


[54] fun◇fLongoRY - 2017/12/16(Sat) 07:59 ID:MTd79KXo  [No.108056]
 他団体の2017年度プロレス大賞です。


◆2017年度プロレス大賞(東京スポーツ制定)

▽殊勲賞 YAMATO(DRAGON GATE、初)

▽技能賞 鈴木秀樹(大日本プロレス、初)

 ▽女子プロレス大賞 紫雷イオ(スターダム、3年連続3度目)

 ▽特別賞 松井珠理奈(豆腐プロレス・“ハリウッド”JURINA)


技能賞は7選手がノミネートされる大混戦だったそうですが、BJW認定世界ストロングヘビー級王者の鈴木秀樹が望月成晃(ドラゴンゲート)との決選投票の末に11票を獲得し、わずか1票差で初受賞を果たした。鈴木は今年3月の大日本プロレス後楽園大会で関本大介を破って同王座を奪取し5度防衛。9月には佐藤耕平とのコンビでNWAインターコンチネンタルタッグ王座も獲得。

 受賞を自宅のインターホン越しに聞いた鈴木は「コメント? 書面でお願いします」などと本紙に対し約30分、不毛なやりとりを強要。その後ようやく満足したのか、笑顔でドアを開けると「こういう賞は初めてなので素直にうれしい。私が復興させた技『小鹿スペシャル』が評価されたのでしょう。だから受賞はグレート小鹿のおかげ。初めてケンドー・カシンに勝てたことも本当にうれしい」と喜びを語った…との事。


[55] 彼方 - 2017/12/17(Sun) 00:13 ID:404Mqpk.  [No.108059]
鈴木秀樹は大日本じゃなくてフリーですよね。まあ、ベルトは長いこと持ってますし今年は大日本での印象が強かったのは確かですけど。
相変わらずカシンばりにひねくれたコメントはさておいて、彼の技能賞受賞は遅すぎるくらいだったと思います。とっくに受賞してるもんだと思ったら初だったw

殊勲賞は本当は石川修司だと思うんですけどね。インディーから上がってきて三冠までたどり着いたレスラーは史上初でしょう。これが殊勲じゃなかったら何なのか。まあ、最優秀タッグの方で受賞したのでこっちは外されたのかなという感じでしょうけど。
YAMATOはどっちかというと敢闘賞っぽい気がします。

女子プロレス大賞…紫雷イオ好きですけど、今年に限れば他の人に決め手が無かったのかなって感じがしますね。まあグラビアに力入れてる人なので、東スポ的に推しやすいんでしょうけどw
個人的にはカイリに受賞して欲しかった。あれだけ惜しまれて日本を出て行ったレスラーは中邑真輔を除けばこの人だけでしょう。NXTでベルト取れれば文句無かったはず。

最後に、大仁田厚にはあえて功労賞を贈って欲しかったw
到底似合わない賞ですけど、今年あれだけ「今度こそ」と言い張って引退してますからね。
真面目な話、1度贈ってあげても良かった気はします。曲がりなりにも長年プロレス界に貢献してきたのは確かなので。そこまでしてもらってもこの人は復帰しかねないですけどねw


[56] fun◇fLongoRY - 2017/12/17(Sun) 21:01 ID:JZ1T7lI.  [No.108060]
>彼方さん

>鈴木秀樹は大日本じゃなくてフリーですよね

ごもっともです。すいません、報知からの情報をそのままコピーしてました。m(_ _)m


>殊勲賞は本当は石川修司だと思うんですけどね。

石川修司、今年の全日での活躍が本当に目覚ましかったですよね!チャンカーの制覇、三冠奪取、
王道トーナメントも準優勝、そして最強タッグの諏訪魔との優勝…
いったいなんでMVPでないのか?とも思えますね〜。新日に選考が片寄ってる気がしますもん…。

鈴木秀樹も受賞がちょっと遅かった気もしますね。かつてW1でも王者でしたし…。

ノアの拳王も後半にゼロワンの火祭りで頑張ったり、グローバルリーグ戦で初優勝したり健闘してたので
敢闘賞辺りに受賞させてあげて欲しかったですけれどね…。
ただ、相変わらず本人の口が悪いのがマイナス要素かな?苦笑

あ、大仁田厚はもしかしたら復帰後にまたいつか功労賞かもしれないですね〜笑


[57] ただの全日ファン - 2017/12/17(Sun) 21:45 ID:LTFscpzo  [No.108068]
その鈴木秀樹ですが、今日の橋本大地とのタイトル戦で負けましたね。
今年の後半の橋本大地は凄い活躍ですよね。
大日本の最侠タッグで神谷と組んで優勝
全日本の最強タッグで神谷と組んで準優勝
神谷とのBJW世界ストロングヘビー級挑戦者決定戦に勝って、今日のタイトル戦で鈴木秀樹から奪取だから。
来年は大日本で橋本大地が大ブレイクするかも。
いや、大日本だけじゃなく、プロレス界全体でブレイクするかも?


[58] fun◇fLongoRY - 2017/12/18(Mon) 19:33 ID:ivOWCveo  [No.108074]
>全日ファンさん

サムライの中継も見てましたが、大地が遂にライジングDDTから鈴木秀樹から3カウント取りましたね〜!
大神でのタッグ戦線と共に、ストロングBJの王者となり、確かに大地の来年の活躍に期待がかかりますね…。


BJW大日本プロレス
「〜BIGJAPAN DEATH VEGAS〜2017」
12月17日(日)神奈川・横浜文化体育館【観衆】2204人(満員)

主な試合結果です。

▼メインイベント BJW認定デスマッチヘビー級選手権試合
血みどろDANGEROUS CHRISTMAS FOR DEATHMATCH
〜蛍光灯ツリー&ガラスボード+αデスマッチ〜 30分1本勝負
【第36代王者】竹田誠志〇 vs 【挑戦者】高橋匡哉●
17分44秒 蛍光灯へのリバース・Uクラッシュ→片エビ固め
※3度目の防衛に成功

▼セミファイナル BJW認定世界ストロングヘビー級選手権試合 30分1本勝負
【第10代王者】鈴木秀樹● vs 【挑戦者】橋本大地〇
14分45秒 垂直落下式DDT→片エビ固め
※橋本大地が第11代王者となる

▼第6試合 横浜ショッピングストリート6人タッグ選手権試合 30分1本勝負
<第10代王者組>浜亮太●&中之上靖文&岡本将之
vs
<挑戦者組>関本大介&佐藤耕平&神谷英慶〇
13分18秒 ラリアット→片エビ固め
※神谷組が第11代王者となる

▼第5試合 BJW認定タッグ選手権試合 大日の未来、血みどろの未来、横浜みなとみらい
〜Fly to the future Death match〜 30分1本勝負
<第44代王者組>アブドーラ・小林&伊東竜二〇 vs <挑戦者組>植木嵩行●&佐久田俊行
9分35秒 ドラゴンスプラッシュ→体固め
※3度目の防衛に成功


[59] fun◇fLongoRY - 2017/12/20(Wed) 08:19 ID:DBkFQ6jo  [No.108075]
米国現地時間12月18日ロードアイランド州プロビデンスで開催されたRAWにヒデオ・イタミがサプライズ登場。フィン・ベイラーとタッグを組んでミズトラージュ(ボー・ダラス&カーティス・アクセル)にGTSを決めて勝利したそうです。

フィン・ベイラー対ミズトラージュの1対2ハンディキャップマッチが行われるも、試合を有利に進めるベイラーにミズトラージュが2人がかりで攻撃して反則判定となってしまう。
 試合終了後も執拗に攻撃を受けるベイラーだったが、そこに突然、イタミ・ヒデオがリングに登場すると左ハイキック2発で2人を一蹴してベイラーを救出...。
 ベイラーは「俺の友達、明日の205 Liveでデビューするヒデオ・イタミだ」とヒデオを紹介するとタッグマッチを提案。ヒデオは自身初のRAWのリングでトップロープからのクローズライン、串刺しドロップキックを決めて暴れまわり、最後は首を掻っ切るポーズを決めると必殺のGTSでアクセルを沈めて勝利した。

また、アスカはアリシア・フォックスとのリマッチで腕十字を決めて貫禄勝ちを収めたとの事。


[60] fun◇fLongoRY - 2017/12/25(Mon) 09:05 ID:D/C69nXU  [No.108085]
DDT
「NEVER MIND 2017」
12月24日(日)東京・後楽園ホール【観衆】2017人(満員)

主な試合結果です。

メインイベント KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
<王者>○竹下幸之介
22分23秒 ロールスルー・ジャーマン・スープレックス・ホールド
<挑戦者>×コルト・カバナ
※竹下が10度目の防衛に成功。


[61] fun◇fLongoRY - 2017/12/29(Fri) 10:06 ID:mm2jWhbs  [No.108095]
バトルニュースからの情報ですが、米国現地時間12月26日イリノイ州シカゴで開催された205 Liveにヒデオ・イタミ、戸澤陽が登場。ヒデオはジャック・ギャラハーとのシングル戦でリングス・オブ・サターンを決めて快勝、戸澤はトニー・ニースのランニング・ニーを決められて敗戦したそうです。

前日のRAWでブライアン・ケンドリックをGTS葬したヒデオは、その仲間のジャック・ギャラハーとのシングル戦に挑んだ。ケンドリックの復讐を狙うギャラハーは「今日は俺がお前を痛い目に遭わせてやる」と意気込んだ。
ケンドリックの得意技、キャプテン・フックをギャラハーに決められて窮地に追い込まれるヒデオだったが、これをロープエスケイプで回避すると串刺しドロップキック、さらにリングス・オブ・サターンでギャラハーからタップを奪って勝利。

スマックダウンでは中邑真輔のロイヤルランブル戦の出場が決定。インタビューを受けるランディ・オートンが「俺以外の29人をトップロープから放り出してやる」とロイヤルランブル出場を宣言すると、中邑が現れて「それはいいアイディアだ。レッツ・ランブル」と言って立ち去った。
ロイヤルランブル戦はトップロープを越えてリング下に両足がついたら失格。スーパースター30人が競い合い、最後に残った勝者にはPPV「レッスルマニア」での王座挑戦権が与えられる。PPV「ロイヤルランブル」は日本時間1月29日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信されるとの事。


[62] fun◇fLongoRY - 2018/01/01(Mon) 14:23 ID:  [No.108100]
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


DDT
「DAMNATION不法集会vol.2」
2017年12月30日(土)東京・後楽園ホール【観衆】1050人

主な試合結果です。

▼アイアンマンヘビーメタル級選手権試合
<王者>●ワンチューロ vs ディック東郷○<挑戦者>
12時43分 横入り式エビ固め
※東郷が第1280代王者となる。

▼第三試合 KO-D6人タッグ選手権試合 60分一本勝負
<王者組>KUDO&○坂口征夫&高梨将弘 vs マッド・ポーリー&マッド・ポーリー&マッド・ポーリー●<挑戦者組>
9分36秒 神の右膝→片エビ固め
※第32代王者組が初防衛に成功。

▼アイアンマンヘビーメタル級選手権試合 
<王者>●ディック東郷 vs コルト・カバナ○<挑戦者>
13時12分 横入り式エビ固め
※東郷が防衛に失敗、カバナが第1281代王者となる。

▼セミファイナル スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
○遠藤哲哉&竹田誠志 vs 竹下幸之介●&田中将斗
15分35秒 シューティングスター・プレス→片エビ固め

▼メインイベント DDT EXTREME級選手権試合〜2 out of 3 falls Hardcore Match 60分三本勝負
<王者>●佐々木大輔(1−2)宮本裕向○<挑戦者>
【試合経過】
@○佐々木大輔 vs 宮本裕向●
12分40秒 ミスティカ式クロスフェース・ロック
A●佐々木大輔 vs 宮本裕向○
15分41秒 逆さ押さえ込み
B●佐々木大輔 vs 宮本裕向○
29分43秒 片エビ固め
※試合タイムはマラソンタイム、宮本が第40代王者となる。


[63] fun◇fLongoRY - 2018/01/01(Mon) 14:25 ID:  [No.108101]
連続投稿失礼します。

年越しプロレス2017〜年忘れ!シャッフル・タッグトーナメント
2017年12月31日(日)東京・後楽園ホール【観衆】1411人(超満員札止め)

主な試合結果です。

▼第13試合 トーナメント準決勝 15分一本勝負
○関本大介&樋口和貞<関口組> vs HARASHIMA&宮本裕向●<スマイルヤンキー>
9分47秒 ロールスルー・ジャーマン・スープレックス・ホールド

▼第14試合 トーナメント準決勝 15分一本勝負
●バラモンケイ&佐々木大輔withバラモンシュウ<カリスマバラモン> vs ブロディ・ザ・秀樹&ジミー・タケシータ○<鈴木秀樹&竹下幸之介組、モースト・ストロンゲスト・コンビの代替>
7分2秒 スーパーフライ→片エビ固め

▼セミファイナル 年越しプロレスpresents TAKAみちのくデビュー25周年記念試合 30分一本勝負
●TAKAみちのく&ディック東郷&伊東竜二&高木三四郎 vs 吉野コータロー&ダイナソー拓真&菊田一美&MAO○
13分16秒 横入り式エビ固め

▼メインイベント トーナメント決勝戦 時間無制限一本勝負
○鈴木秀樹&竹下幸之介<モースト・ストロンゲスト・コンビ> vs 関本大介&樋口和貞●<関口組>
12分44秒 ダブルアーム・スープレックス→片エビ固め
※モースト・ストロンゲスト・コンビが優勝。


[64] fun◇fLongoRY - 2018/01/03(Wed) 15:41 ID:  [No.108104]
ZERO1
「謹賀新年」
1月1日(月) 後楽園ホール【観衆】1568人(超満員札止め)

遅くなりましたが主な試合結果です。
SUGIがこの日から入団しZERO1所属になることが発表されたそうです。

第2試合 タッグマッチ30分1本勝負
〇大谷 晋二郎&宮本裕向
13分20秒 顔面ウォッシュ→片エビ固め
×TARU&火野裕士

第3試合 NWA UNヘビー級選手権試合 4WAYマッチ30分1本勝負
〈王者〉〇スーパー・タイガーvs〈挑戦者〉×横山 佳和vs〈挑戦者〉KAMIKAZEvs〈挑戦者〉ハートリー・ジャクソン
9分39秒 タイガースープレックスホールド
※第30代王者が3度目の防衛に成功。

第4試合 NWA世界ジュニア&インターナショナルジュニア両選手権試合30分1本勝負
〈王者〉〇ショーン・ギネス
12分40秒 グッドフライデー→片エビ固め
〈挑戦者〉×高岩竜一
※第120代&第20代王者が初防衛に成功。

第5試合 NWAインターナショナルライトタッグ選手権試合30分1本勝負
〈挑戦者組〉〇SUGI&政宗
12分11秒 壇ノ浦→エビ固め
〈王者組〉日高 郁人&菅原 拓也×
※SUGI&政宗が第27代王者となる。

第6試合 NWAインターコンチネンタルタッグ選手権試合30分1本勝負
〈王者組〉×佐藤 耕平&鈴木秀樹
11分16秒 バックドロップ→片エビ固め
〈挑戦者組〉吉江豊&岡本将之〇
※岡本&吉江が第37代王者となる。

第7試合 世界ヘビー級選手権試合30分1本勝負
〈王者〉×田中 将斗
23分54秒 ダイビングダブルニードロップ→エビ固め
〈挑戦者〉〇小幡 優作
※小幡が第22代王者となる。


[65] fun◇fLongoRY - 2018/01/03(Wed) 15:42 ID:  [No.108105]
連続投稿失礼します。

BJW大日本プロレス
「2018年新春」
1月2日(火)東京・後楽園ホール

主な試合結果です。

▼第6試合 タッグマッチ 30分1本勝負
×関本大介&鈴木秀樹
10分19秒 パイルドライバー→片エビ固め
石川修司&佐藤耕平〇

▼セミファイナル BJW認定世界ストロングヘビー級選手権試合 30分1本勝負
【第11代王者】橋本大地〇
17分59秒 三角絞め→レフェリーストップ
【挑戦者】河上隆一×
※初防衛に成功

▼メインイベント BJW認定デスマッチヘビー級選手権試合
五寸釘ボード+蛍光灯+ケージデスマッチ 30分1本勝負
【第36代王者】竹田誠志〇
17分8秒 リバースUクラッシュ→片エビ固め
【挑戦者】塚本拓海×
※4度目の防衛に成功


[66] ただの全日ファン - 2018/01/11(Thu) 01:17 ID:khzS214I  [No.108141]
阿部史典が1月1日付けでSportivaエンターテイメントよりプロレスリングBASARAに移籍しました。


[67] fun◇fLongoRY - 2018/01/15(Mon) 05:58 ID:v82Uao1M  [No.108155]
『POWER HALL 2018』
1月14日(日)東京・後楽園ホール 観衆:1687人(超満員札止め)

主な試合結果です。

▼ダブルメインイベント 60分1本勝負
長州力(リキプロ)&○飯伏幸太(飯伏プロレス研究所)&伊橋剛太(DDT)
14分20秒 シットダウン式ラストライド→エビ固め
藤波辰爾(ドラディション)&関本大介(大日本)&TAKAみちのく●(K-DOJO)


[68] fun◇fLongoRY - 2018/01/15(Mon) 05:59 ID:v82Uao1M  [No.108156]
連続投稿失礼します。

『POWER HALL 2018』
1月14日(日)東京・後楽園ホール

▼ダブルメインイベント 60分1本勝負
長州力(リキプロ)&飯伏幸太(飯伏プロレス研究所)&伊橋剛太(DDT)
 vs
藤波辰爾(ドラディション)&関本大介(大日本)&TAKAみちのく(K-DOJO)

試合後のコメントです。

長州力&飯伏幸太&伊橋剛太
――飯伏選手との初タッグでしたが、いかがでしたか
長州「スムースには行ってたんですけどね。やっぱり今の若い人たちとやると自分自身の動きが悪いこともあるけど、やっぱり間を掴めないというか。それは仕方ない。リングの中で自分のパフォーマンスを見せるということをね。だけど、お前はダメだな!(伊橋を指差しながら)見てたけどお前はやっぱり最後に出ちゃいけない。お前のせいじゃないんだろうけど、それはお前に言ったほうがいいと思う。頑張ろうとしてるのはアレだけど、アレだよ。そういうところですね。あとはやっぱり最後は飯伏が最後に出てもらうってのが良かったね」
飯伏「ありがとうございます!」
長州「そんな『ありがとうございます』なんて言う必要はない。当然だと思ってね。これから大変な期待を背負っていくんだろうし」

――長州選手、このリングでファンに見せたかったものは見せられましたか?
長州「いやぁ、そんな大げさなことは言いませんよ。でもみんなよく頑張ってやってくれたと思いますよ。ホントにみんなメインと全く変わらないようないい試合をやってくれてるし。言い訳じゃないんだけど、ダメなものはダメで客は笑って野次るし。昔から客の反応がね、なんでもかんでも面白おかしく笑ってる、ずーっと笑ってるってのはダメってのもあるし。それをまあ、飯伏さんが気を遣って合わせたのかも分からんけど」
飯伏「いや、とんでもないです……」
長州「もっとね、場面場面を。だったら彼がメインに来たのは間違いない。許せるものと許せないものがあるし。セミとか良いものにはやっぱり客の反応があるし。まあ、そうじゃないと選手も気付かないと思いますよ。あーだこーだ言うつもりは全く無いですけど。そういうことです。(伊橋に向けて)あと、お前はダメだ!もうプロレスやろうと思わないほうがいい!遊びじゃないから。死んじゃうよお前!」
(長州は声を荒げながら退席)

――飯伏選手、長州選手と組んでみていかがでしたか
飯伏「やっぱりこう、今のプロレスと時代が違うという部分もあるし、色々勉強になりました。それは長州さんもそうだし、対戦相手の藤波さんもそうです。色々勉強になりました。そこから自分の中では色々収穫できたなと思います。非常に良かったと僕は思います。組むことが出来て良かったです。今回こうやってメインイベントに出ることも非常に嬉しかったですね」

――長州選手は「プロのレスラーとしてのプロレスを見せて欲しい」と言っていましたが、それは見せられたと思いますか?
飯伏「何を以て『プロ』と言うのか、長州さんの定義はわからないですけど、自分の中では僕らの仕事は出来たんじゃないかなと思います」

――長州選手が伊橋選手に厳しい言葉をかけていましたが
飯伏「まあでも、客の反応だったり、長州さんの言うことは真実じゃないかなと。それはウソをつくことでもないし。嘘をついても意味が無いので。これがホント全て。見たこと、話したことが全てだと思います。そのまま受け取ってもらえればいいんじゃないかなと」
伊橋「やっぱり言われると悔しいですよね。悔しいんで、もっともっと頑張ってどこかで『あんときはこう言ったけど』って見直してもらえるように頑張ります。頑張るしか無いです。今はこれです」
飯伏「頑張るしか無いよ」



[69] fun◇fLongoRY - 2018/01/26(Fri) 12:19 ID:EkhsGo/c  [No.108177]
「タカタイチマニア」
1月23日(火)東京・後楽園ホール 観衆:1525人(超満員)

遅くなりましたが主な試合結果です。

第3試合[スペシャル6人タッグマッチ 20分1本勝負]
○鈴木みのる&金丸義信&佐藤光留
(14分05秒 ゴッチ式パイルドライバー→体固め)
ヨシタツ&滝澤大志&GO浅川●

第4試合[スペシャルシングルマッチ ハードコアマッチルール30分1本勝負]
▲飯塚高史
(13分10秒 ノーコンテスト ※大変危険な行為が行われたため)
▲葛西純

第5試合[スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負]
●TAKAみちのく&梶トマト
(13分35秒 インスルヘンテス→片エビ固め)
○高橋ヒロム&BUSHI

第6試合[タイチ15周年記念スペシャルマッチ 30分1本勝負]
●タイチ
(24分31秒 デスティーノ→体固め)
○内藤哲也


[70] fun◇fLongoRY - 2018/01/29(Mon) 01:26 ID:mm2jWhbs  [No.108187]

DDT 「D王 GRAND PRIX 2018 the FINAL!!」
1月28日(日)東京・後楽園ホール【観衆】1214人(満員)

主な試合結果です。

▼メインイベント D王 GRAND PRIX 2018優勝決定戦 時間無制限一本勝負
<Aブロック1位>×HARASHIMA
19分12秒 ジャイアントスラム→片エビ固め
<Bブロック1位>○石川修司
※石川がD王 GRAND PRIX 2018初優勝


[71] ただの全日ファン - 2018/01/30(Tue) 01:39 ID:CDdezzQc  [No.108195]
WWEのロイヤルランブル戦、男子は中邑真輔、女子はアスカと男女とも日本人レスラーが優勝しました。
中邑真輔はレッスルマニアでAJスタイルズのWWE王座に挑戦となります。
今度こそタイトル奪取となるかな?
アスカもレッスルマニアでの王座挑戦権を得ました。


[72] ただの全日ファン - 2018/02/07(Wed) 21:10 ID:  [No.108220]
新間寿氏が、故UWA元会長フローレンス志の娘さんを会長にして新製UWAをはたあげするそうです。
新間氏はIWGP王座は私に返上してくれとも言っています。
今のIWGP王座はただのタイトルマッチだと。
他のタイトルが有るならそれを使えとも。

元々IWGPが出来たのは、世界中の強豪レスラーの中からNo.1を決めようと提唱されて出来たタイトルだしね。
今や一レスラーのためのタイトルで有り、一レスラーのために王座が新設されてるしね。
新間寿氏が言うのは当然。


[73] fun◇fLongoRY - 2018/02/09(Fri) 13:01 ID:  [No.108221]
その“過激な仕掛け人”の異名を取った新間寿氏と初代タイガーマスク(佐山聡)が都内で会見し「原点回帰プロレス」(3月27日、後楽園ホール)の開催を発表したそうです。

 2回目となる今回は、メキシコからマスクマンのレジェンド、ドス・カラスや、初来日となるドス・カラスJr.ら4選手を招待し6人タッグマッチを実施。さらに、大鵬3世、納谷幸男のデビュー3戦目も行う。

 新間会長は「今年は、6月からタイガーマスク認定の世界マスク・ド・チャンピオン・トーナメントを実施する。また、スタン・ハンセンとタイガー・ジェット・シンを名誉ゲストとして呼びたい」と構想を語った。世界マスク・ド・チャンピオンは、米国、カナダ、メキシコ、欧州から選手を集め、12人程度のトーナメント戦にする予定。日本からは2人の参戦を予定している。「3月29日は、プレ世界マスク・ド・チャンピオンシリーズとして行う」と新間会長。初代タイガーマスクの佐山サトルは「今年1年は飛躍する年。私も3月29日の大会に間に合うように、厳しいトレーニングをしている。ただ、トレーニングのやりすぎで、足から腰を痛めているので、出場するかどうかは現時点では白紙。ファンのみなさんの夢をつぶさないように頑張っていきたい」と復帰へ向け、慎重に話したとの事。

リアルジャパンの今年の興行予定は、3月29日、6月28日、9月20日、12月6日で、場所はいずれも後楽園ホール。試合開始は午後6時30分を予定しているそうで、6月から初代タイガーマスク認定の覆面レスラーによるトーナメント「世界マスク・ド・チャンピオンシリーズ」を開催し「6月、9月、その間、シリーズを増やしてトーナメントを行い12月にチャンピオンを決めたい。参加選手は世界各国と日本からも2名ぐらいの12名ぐらいを考えています」と新間会長は明かしていた。初代タイガーマスクの佐山サトルは「さらに深い世界。もっと大きくなっていく大会になる。びっくりするような醍醐味を味わってもらいたい。もっと深みがあってこの大会を考えているのが新間寿です」と訴えていた…との事。


[74] fun◇fLongoRY - 2018/02/09(Fri) 13:02 ID:  [No.108222]
WWEに参戦しているヒデオ・イタミ(=元KENTA)はクルーザー級のテレビマッチ「205 Live」で16人で競うクルーザー級王座決定トーナメントに出場。

 1回戦でロデリック・ストロングと対戦したヒデオは「これは俺のトーナメントだ。俺がレッスルマニアに行く」と4月8日(日本時間9日)にニューオーリンズで行われる米国最大のプロレスの祭典「レッスルマニア34」(メルセデス・ベンツ・スーパードーム)での決勝戦進出を宣言。

 ダイビング式クローズラインや串刺しドロップキックを繰り出してストロングを何度も追いつめた。しかし、ヒデオは粘り強いストロングに苦戦すると、最後はストロングにエンド・オブ・ハートエイクを決められて敗戦...。

 日本人スーパースターの中邑真輔と女子のアスカは、PPVマッチの「ロイヤルランブル」で日本人男女でダブル優勝を果たし、レッスルマニアでのWWE王座戦に挑むが、ヒデオはそれに続くことができなかった。

 次週の「205 Live」では戸澤陽がトーナメント1回戦でマーク・アンドリューズと対戦するそうです。


[75] fun◇fLongoRY - 2018/02/09(Fri) 13:04 ID:  [No.108223]
 連続投稿失礼します。

中邑真輔がWWEパワーランキング3位に…なんと2位は女子のアスカだったそうです。

 4月8日(現地時間)に米ニューオーリンズで開催されるWWE最大の祭典「レッスルマニア34」(メルセデス・ベンツ・スーパードーム)を控え、「この重要なシーズンに誰に勢いがあるのか?」をWWE.comが選ぶWWEパワーランキングが発表…。

 ランキングでは数ある王者を抑えて日本人スーパースター中邑真輔が3位。さらに女子のアスカが2位にランキングイン。男子と女子のロイヤルランブルで日本人男女がダブル優勝、そして優勝者に与えられるレッスルマニアでの王座戦が全世界の注目を集めている。

 中邑はレッスルマニアでの王座戦相手としてWWE王者AJスタイルズを指名。一方、アスカはUFC女子バンタム級王者ロンダ・ラウジーも現れる中、いまだ対戦相手について言及していない。果たして「レッスルマニア34」でもロイヤルランブルに続き、日本人による男女ダブル王座獲得という偉業は達成されるのだろうか。PPV「レッスルマニア34」の模様は日本時間4月9日にWWEネットワークで(日本語実況版有り)で生配信されるとの事。


 ◆WWEパワーランキング

〈1〉ブロック・レスナー(ユニバーサル王者)

〈2〉アスカ

〈3〉中邑真輔

〈4〉AJスタイルズ(WWE王者)

〈5〉ザ・ミズ(IC王者)

〈6〉ウーソズ(SMACKDOWNタッグチーム王者)

〈7〉ブラウン・ストローマン

〈8〉セザーロ&シェイマス(RAWタッグチーム王者)

〈9〉ボビー・ルード(US王者)

〈10〉ロマン・レインズ


[76] fun◇fLongoRY - 2018/02/26(Mon) 13:04 ID:EkhsGo/c  [No.108286]
DDT『Into The Fight 2018』
2月25日 東京・後楽園ホール 観衆:1220人(満員)

主な試合結果です

<第4試合>KO-D6人タッグ選手権試合 60分1本勝負
【王者組/酒呑童子】KUDO&○坂口征夫&高梨将弘
8分5秒 腕極め三角絞め
【挑戦者組】関根龍一&×中津良太&阿部史典(BASARA)
※第32代王者組が2度目の防衛に成功

<第5試合>DDT EXTREME級選手権試合〜ハードコア+αマッチ 60分1本勝負
【王者】○宮本裕向(666)
11分45秒 ムーンサルトプレス→体固め
【挑戦者】×勝俣瞬馬(DNA)
※第40代王者が2度目の防衛に成功

<メインイベント>スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負
×竹下幸之介&HARASHIMA
18分4秒 スプラッシュマウンテン→エビ固め
○石川修司&関本大介


[77] fun◇fLongoRY - 2018/03/06(Tue) 08:19 ID:  [No.108309]
新生ZERO1ドリーム・シリーズ〜創造の陣〜
3月04日(日)後楽園ホール

遅くなりましたが主な試合結果です。

第3試合 NWAインターナショナルライトタッグ選手権試合30分1本勝負
〈王者組〉〇SUGI&政宗
10分49秒 一ノ谷→片エビ固め 
〈挑戦者組〉菅原 拓也&朱崇花×
※第27代王者組が初防衛に成功

第5試合 NWA世界ジュニア&インターナショナルジュニア2冠選手権試合30分1本勝負
〈王者〉×ショーン・ギネス
9分33秒 勇脚・斬→片エビ固め 
〈挑戦者〉〇木イサミ
※イサミが第121代NWA世界ジュニア、第21代インターナショナルジュニア王者となる。

第6試合 NWAインターコンチネンタルタッグ選手権試合30分1本勝負
〈王者組〉×将軍岡本&吉江豊
17分1秒 Facking Bomb→体固め 
〈挑戦者組〉田中 将斗&火野裕士〇
※田中&火野組が第38代王者となる。

第7試合 世界ヘビー級選手権試合30分1本勝負
〈王者〉〇小幡 優作
16分51秒 ダイビングダブルニードロップ→エビ固め 
〈挑戦者〉×佐藤 耕平
※第22代王者が3度目の防衛に成功。


[78] ただの全日ファン - 2018/03/13(Tue) 21:21 ID:TIbH1Tys  [No.108336]
川田利明が4月26日に初のプロデュース興行「Holy War」を開催すると発表。
コンセプトは「昔」と「今」の化学反応。


[79] fun◇fLongoRY - 2018/03/13(Tue) 22:10 ID:Xmtl.k3U  [No.108340]
>全日ファンさん

川田利明プロデュース興行ですが、スレ立ち上げましたので、そちらもよろしくお願いします。


[80] ただの全日ファン - 2018/03/25(Sun) 21:02 ID:08.WNYOc  [No.108380]
DDTの絶対王者、無差別級王者の竹下幸之助って凄いよね。
今日の両国大会でも石川修司に勝って、11度目の防衛だって。
試合内容も凄かったしね。
今年の全日本のCCに出場させて欲しかったな。
諏訪魔、宮原、ドーリングとのシングル戦が見てみたい。


[81] fun◇fLongoRY - 2018/03/26(Mon) 08:17 ID:EkhsGo/c  [No.108382]
DDT「Judgement2018〜DDT旗揚げ21周年記念大会〜」
3月25日(日)東京・両国国技館

主な試合結果です。

メインイベント〜KO-D無差別級選手権試合
[王者]○竹下幸之介
23分31秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド
[挑戦者=D王 GRAND PRIX 2018優勝者]×石川修司
※第61代王者が11度目の防衛に成功

ドラマティック・ドリームマッチ
男色ディーノ、×石井慧介、大家健
20分9秒 ムーンサルト・プレス→体固め
○グレート・ムタ、佐々木大輔、遠藤哲哉

KO-D6人タッグ選手権試合
[王者組]KUDO、×坂口征夫、高梨将弘
12分28秒 梅田ドライバー(仮)→エビ固め
[挑戦者組]○梅田公太、上野勇希、竹田光珠
※酒呑童子が3度目の防衛に失敗、梅田組が第33代王者組となる

アイアンマンヘビーメタル級選手権試合
[王者]○スーパー・ササダンゴ・マシン
9分12秒 横入り式エビ固め
[挑戦者]×黒潮“イケメン”二郎
※第1298代王者が防衛に成功。

ワールド・クレイジーレスラーNo.1決定戦 in DDT
×ジョーイ・ライアン
10分11秒 ビリー・ゴーツ・カース
○コルト“Boom Boom”カバナ


[82] ただの全日ファン - 2018/03/31(Sat) 19:07 ID:bhIc9owQ  [No.108393]
8.31後楽園ホールで「TAKAYAMANIA」主催の「山善廣選手支援プロジェクト」「TAKAYAMANIA EMPIRE」が開催されます。


[83] fun◇fLongoRY - 2018/04/10(Tue) 09:37 ID:hzT.eXbI  [No.108421]
 米国現地時間4月8日ルイジアナ州ニューオリンズで78,133人の観客を集めてWWE最大の祭典「レッスルマニア34」が開催された。

王座挑戦した中邑ですが、AJスタイルズに惜敗で試合後に急所攻撃をし、ヒール転向したそうです。
 レッスルマニアの大舞台、78,133人の大合唱で会場が一つになる中、真っ赤な衣装で中邑真輔が登場すると、最高の相手WWE王者AJスタイルズとの“ドリームマッチ”に挑んだ。
 中邑はセカンドロープからライダーキックを決めると「カモーン」とスタイルズを挑発。それに応えるかのようにスタイルズはフォアアーム、ガットバスターを繰り出して反撃すると、カーフ・クラッシャーで中邑を追い込んだ。これで左ヒザを怪我してしまった中邑はスタイルズのスプリングボード450スプラッシュもヒザで迎撃してダメージを蓄積させるも、リバースパワースラムを決めてキンシャサを狙った。しかし、スタイルズがうまく中邑を捕まえると、逆に必殺のスタイルズクラッシュを叩き込んで3カウント。中邑は頂点にあと一歩のところで、まさかのフォール負けを喫し、無念の3カウントを聞いた。
 そして、試合後さらなるハプニングが会場を驚かせた。抱き合ってスタイルズの健闘を称えた中邑だったが、膝をついてチャンピオンベルトをスタイルズに手渡すと、突然金的の急所攻撃をスタイルズに食らわした。会場が唖然とする中、中邑はさらに顔面を蹴りつけてスタイルズを場外に落とし、キンシャサを叩き込む暴挙に出ると不敵な笑みを浮かべ、大ブーイングを浴びながら会場を後にしたとの事。

“無敗の女帝”だったアスカは“女王”シャーロットに初の完敗をしたそうです。
 「シャーロットは準備ができていた。おめでとう」とコメントしたアスカはシャーロットと抱擁して健闘を称えた。2015年10月のデビュー以来2年半の間連勝を続けたアスカの記録は267連勝でストップしたとの事。

また、カイリ・セイン(宝城カイリ)がレッスルマニア初の女子バトルロイヤルに参戦。ルビー・ライオットにトップロープからインセインエルボーを炸裂させるなど存在感を発揮…。しかし、その後カイリは排除されてしまい、最後はナオミが優勝したとの事。


[84] fun◇fLongoRY - 2018/04/17(Tue) 13:42 ID:JZ1T7lI.  [No.108447]
BJW 大日本プロレス
4月14日&15日の「一騎当千〜STRONG CLIMB〜準決勝・決勝」

遅くなりましたが主な試合結果です。


「一騎当千〜STRONG CLIMB〜準決勝」
北海道・ススキノ・マルスジム
4月14日(土)【観衆】380人【満員】
 
▼メインイベント 一騎当千〜STRONG CLIMB〜決勝トーナメント・第2試合 30分1本勝負
【Aブロック1位】橋本大地〇 vs 【Bブロック2位】関本大介×
15分13秒 ライジングDDT→片エビ固め

▼セミファイナル 一騎当千〜STRONG CLIMB〜決勝トーナメント・第1試合 30分1本勝負
【Bブロック1位】鈴木秀樹〇 vs 【Aブロック2位】中之上靖文×
14分5秒 新卍固め


「一騎当千〜STRONG CLIMB〜優勝決定戦」
北海道・ススキノ・マルスジム
4月15日(日) 【観衆】525人【超満員札止め】

▼メインイベント 一騎当千〜STRONG CLIMB〜優勝決定戦
BJW認定世界ストロングヘビー級選手権試合 30分1本勝負
【第11代王者】×橋本大地 vs 【挑戦者】鈴木秀樹〇
16分2秒 ダブルアーム・スープレックス→片エビ固め
※鈴木秀樹が優勝&新王者となる。


[85] fun◇fLongoRY - 2018/04/21(Sat) 08:02 ID:QJUwoQp2  [No.108463]
“ニューヨークの帝王”の異名をとった元WWF(現WWE)世界ヘビー級王者のボブ・バックランド(68)が20日のドラディション後楽園大会で、かつてのライバル・藤波辰爾と約16年半ぶりに共闘を果たしたそうです。

 バックランドはこの日、藤波、長州力とトリオを結成し、TAJIRI、新崎人生、KAZMA SAKAMOTO組と対戦。藤波と同じコーナーに立つのは2001年10月8日の新日本プロレス東京ドーム大会(対戦相手はザ・ファンクス)以来…。

 藤波が敵軍につかまり苦戦を強いられたレジェンド軍だが、長州がTAJIRIにリキラリアートを決めるとバックランドにタッチし勝負を決めにかかる。藤波が飛龍裸絞めで新崎を、長州がサソリ固めでTAJIRIを捕らえると、満を持して登場したバックランドがアトミックドロップから代名詞のチキンウイングフェースロックでKAZMAを仕留めてギブアップを奪ってみせた。さらに勝利後には着ていたTシャツを自ら引き裂き、68歳とは思えない鍛え抜かれた肉体を誇示した。

 試合自体が3年前のWWE・ロウ大会以来だったというバックランドは「もうちょっとできたんじゃないか、と思っていたけど、あれだけの声援をもらってうれしかった。3年前はデモンストレーションのようなものだったが、今日のような“マッチ”は久しぶり。3年前のレッスルマニアのフォール・オブ・フェイムで藤波と会ったときの約束がこうして実現してうれしい」。感激の表情で藤波に感謝を伝えた。

 また試合後のリング上では18日に82歳で死去した名レスラー、ブルーノ・サンマルチノさんの追悼10カウントが鳴らされた。実に40年以上の交流があったバックランドは「彼がいたからこそ自分もいい王者でいられた。悲しいニュースで、とてもつらかったし、それが動きに響いてしまったかもしれないが、モチベーションにもなった」と、この日の勝利をサンマルチノさんにささげていた…との事。


[86] fun◇fLongoRY - 2018/04/23(Mon) 13:05 ID:3POLml16  [No.108472]
KAIENTAI DOJO
『KAIENTAI DOJO 16周年記念大会 CLUB-K SUPER evolution16』
4月22日(日)東京都・後楽園ホール

主な試合結果です。

<第3試合>UWA世界ミドル級選手権試合 60分1本勝負
【第66代王者】○政宗(DISCUS)
10分52秒 亘理来
【挑戦者】×旭志織
※第66代王者、政宗が初防衛に成功

<第5試合>スペシャルシングルマッチ 30分1本勝負
○TAKAみちのく
10分52秒 みちのくドライバーII→片エビ固め
×TAJIRI(フリー)

<第6試合>(真霜拳號、復帰戦)STRONGEST-K TAG選手権試合 60分1本勝負
【第36代王者】×タンク永井&小高イサミ(BASARA)
11分24秒 垂直落下式ブレーンバスター→体固め
【挑戦者】○真霜拳號&十嶋くにお
※真霜&十嶋組が第37代王者となる

<第7試合>CHAMPION OF STRONGEST-K選手権試合 60分1本勝負
【第25代王者】○滝澤大志
23分41秒 リストクラッチ式高飛車→片エビ固め
【挑戦者】×吉田綾斗
※第25代王者、滝澤大志が3度目の防衛に成功


この日の第4試合後にKAIENTAI DOJO旗揚げ時の最初期から支えてきた
柏大五郎が6月17日に引退を発表したそうです。


[87] ただの全日ファン - 2018/04/23(Mon) 14:05 ID:PaULEHNM  [No.108477]
日本プロレスや全日本プロレスに来日したことも有り、ネルソン・ロイヤルとのタッグで活躍したポール・ジョーンズが75歳で無くなったそうです。
死因は不明だそうです。


[88] ただの全日ファン - 2018/04/26(Thu) 02:18 ID:LjxfPzeQ  [No.108482]
解散したばかりのガッツワールドプロレスリングからガッツ石島、大谷譲二、マスクドミステリー、室田渓人がプロレスリングHEAT−UPへの入団を申し出たところ、代表の田村和宏が何度かガッツワールドにお世話になったし、Gの魂を残したいと言うことで、HEAT−UPの別ブランドGOING−UPとしてやっていくことになりました。
5月27日北沢タウンホール大会がGOING−UPの旗揚げ戦となります。

政宗がデビュー19周年記念興行にて、PROWRESTLING DISCUSを旗揚げしました。

4月4日にはぐれIGFインターナショナルの旗揚げ戦が行われたが、藤田が「愚連隊興行の名前変わっただけじゃないか。」って言ってたので、旗揚げはしたが団体として活動するかは分かりません。


[89] fun◇fLongoRY - 2018/04/27(Fri) 08:06 ID:TOwP2oLo  [No.108489]
ZERO1 ドリームシリーズ
4月22日(日)新宿FACE

遅くなりましたが主な試合結果です。

第6試合 世界ヘビー級選手権試合 シングルマッチ30分1本勝負
〈王者〉〇小幡 優作
24分59秒 ダイビングダブルニードロップ→エビ固め 
〈挑戦者〉×ハートリー・ジャクソン
※小幡が4度目の防衛に成功。


[90] fun◇fLongoRY - 2018/04/29(Sun) 08:52 ID:mm2jWhbs  [No.108492]
サウジアラビアでのWWEのPPV大会「グレイテスト・ロイヤルランブル」で中邑真輔はWWE世界王者AJスタイルズに挑むも、両者リングアウトの結末に…。ベルトの移動はなく、またも日本人初のWWE王者誕生はならなかったそうです。

 祭典「レッスルマニア34」以来の再戦となった中東決戦。祭典後から悪に染まった中邑はAJのヒザ裏に容赦ない蹴りを見舞い、強烈なニーで試合の主導権を奪った。さらにフェノメナール・フォアアームをかわされたAJがレフェリーと交錯しかけたスキを突いて、背後から金的攻撃を敢行。黒いロックスターの新たな代名詞となった反則攻撃に、サウジの観衆は暴動寸前…。

 だがこの攻撃で怒りに火がついたのは他ならぬ王者のAJだった。中邑は直後にキンシャサ・ニー・ストライク(ボマイェ)を狙ったが、カウンターのドロップキックを浴びて場外へ避難。ここで我を忘れたAJの怒とうの猛攻にさらされる間に10カウントが数えられ、自らまいた種とはいえ不完全燃焼の灰色決着となってしまったとの事。

 昨年8月の同王座初挑戦から7度目(トリプルスレッド戦を含む)でも戴冠はならず。しかも試合終了のゴングが鳴っても怒りの収まらないAJにプランチャでKOされてしまい、さながら敗者のような姿で退場した。祭典の王座戦で敗れた直後にキンシャサでKOしたことへの仕返しまでされた格好で、2人の遺恨は日に日に深まるばかり。ベルトをめぐる抗争は、今後さらに白熱しそうな気配だそうです。


[91] fun◇fLongoRY - 2018/04/30(Mon) 15:56 ID:6cR64UVs  [No.108498]
DDT「MAX BUMP 2018」
4月29日(日)東京・後楽園ホール【観衆】1279人(超満員)

主な試合結果です。

▼セミファイナル DDT EXTREME級選手権試合〜通常ルール 60分一本勝負
<王者>×宮本裕向
12分51秒 蒼魔刀→片エビ固め
<挑戦者>○HARASHIMA
※HARASHIMAが第41代王者となる。

▼メインイベント KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
<王者>×竹下幸之介
18分17秒 ビーストボンバー→体固め
<挑戦者>○入江茂弘
※入江が第62代王者となる。


[92] fun◇fLongoRY - 2018/05/06(Sun) 10:43 ID:  [No.108526]
BJW大日本プロレス「〜Endless Survivor〜2018」
5月05日(土・祝)神奈川・横浜文化体育館 【観衆】2126人【満員】

主な試合結果です。

▼メインイベント BJW認定デスマッチヘビー選手権試合
蛍光灯&五寸釘ボード&フォークボードデスマッチ 30分1本勝負
【第36代王者】竹田誠志〇 vs 【挑戦者】アブドーラ・小林×
16分55秒 飛びつき腕ひしぎ十字固め
※6度目の防衛に成功

▼セミファイナル BJW認定世界ストロングヘビー級選手権試合 30分1本勝負
【第12代王者】鈴木秀樹△ vs 【挑戦者】関本大介△
30分 時間切れ引き分け
※初防衛に成功

▼第6試合 BJW認定タッグ選手権試合〜ヤンキー二丁拳銃vsダブルドラゴン
蛍光灯&TLCタッグデスマッチ 30分1本勝負
【第46代王者組】宮本裕向&木イサミ〇 vs 【挑戦者組】伊東竜二&関根龍一×
14分58秒 ギガラダーブレイク→片エビ固め
※初防衛に成功

▼第3試合 横浜ショッピングストリート6人タッグ選手権試合 30分1本勝負
【第12代王者組】浜亮太&中之上靖文〇&宇藤純久
vs
【挑戦者組】河上隆一&滝澤大志&菊田一美×
10分10秒 ダイビング・エルボードロップ→片エビ固め
※初防衛に成功


[93] ただの全日ファン - 2018/05/16(Wed) 21:02 ID:9qtxPhpU  [No.108542]
浜田文子が覚醒剤使用で警察に逮捕されたことで、所属してたプロレスリングWAVEを解雇されました。


[94] ただの全日ファン - 2018/05/19(Sat) 10:33 ID:f2tMxPVo  [No.108543]
長州力プロデュース「POWER HALL」7.1(火)東京・後楽園ホール大会の一部カード発表。
(メインイベント)
長州力&関本大介(大日本プロレス)&ヨシタツ(フリー)vs秋山準(全日本プロレス)& 橋本大地(大日本プロレス)& 黒潮”イケメン”二郎(WRESTLE−1)

(セミファイナル)
藤波辰爾(DRADITION)&丸藤正道(プロレスリングNOAH)&芦野祥太郎(WRESTLE−1)vs鷹木信悟(DRAGON GATE)&土肥孝司(WRESTLE−1)&清宮海斗(プロレスリングNOAH)


[95] fun◇fLongoRY - 2018/05/23(Wed) 10:25 ID:3POLml16  [No.108550]
DDT「Audience 2018」
5月20日(日)東京・後楽園ホール

遅くなりましたが主な試合結果です。

セミファイナル 30分一本勝負 スペシャルシングルマッチ
×HARASHIMA
8分41秒 ジントニック→エビ固め
○高尾蒼馬

メインイベント 60分一本勝負
KO-D無差別級選手権試合
<王者> ○入江茂弘
18分25秒 ビーストボンバー→片エビ固め
<挑戦者>×石井慧介
※第62代王者、入江茂弘が初防衛に成功。

この日のセミでのHARASHIMAvs高尾の試合後にDAMNATIONの暴行を受けていたHARASHIMAをKUDOら酒呑童子が救出し
共闘の握手をしたそうです。


[96] ただの全日ファン - 2018/05/23(Wed) 19:52 ID:PaULEHNM  [No.108553]
>95
HARASIMAvs高尾蒼馬は、高尾蒼馬の勝ちです。


[97] fun◇fLongoRY - 2018/05/24(Thu) 04:06 ID:FE3E8wKs  [No.108554]
>全日ファンさん

ご指摘ありがとうございます。
すいません勝敗の○×抜けてましたね。
訂正させて頂きました。





[98] fun◇fLongoRY - 2018/05/30(Wed) 08:03 ID:6cR64UVs  [No.108576]
デイリーの情報ですがスターダムは29日、都内で会見し、紫雷イオが6月17日の後楽園ホール大会を最後に退団すると発表…。今後について具体的なことは明かさなかったものの、米国の世界最大手プロレス団体「WWE」入りが濃厚とみられるそうです。

 イオは会見で「今後のプロレス生活のさらなる飛躍を目指して退団させていただくことになりました」とあいさつ。女子プロレス界の第一人者は悩んだ末の決断であるとし、「自分のプロレスをよりたくさんの人に見てもらいたい」と今後の目標を語ったとの事。


[99] ただの全日ファン - 2018/06/02(Sat) 00:10 ID:  [No.108589]
POWER HALL 7.10(火)後楽園大会の全対戦カードが発表。

越中詩郎&AKIRA&齋藤彰俊vsNOSAWA論外&MAZADA&FUJITA
中嶋勝彦&マサ北宮vs神谷英慶&野村卓矢
田中稔&吉田充宏&LEONAvsHAYATA&YO−HEY&タダスケ
野村直矢&青柳優馬vsジェイク・リー&岩本煌史
長州力&関本大介&ヨシタツvs秋山準&橋本大地&黒潮”イケメン”二郎
藤波辰爾&丸藤正道&芦野祥太郎vs鷹木信悟&土肥孝司&清宮海斗


[100] fun◇fLongoRY - 2018/06/04(Mon) 09:08 ID:  [No.108597]
ZERO1
6月3日(日)札幌すすきのマルスジム

主な試合結果です。

第3試合 シングルマッチ
〇日高郁人
11分44秒 高津川
×SUGI

第4試合 NWA・UNヘビー級選手権試合
<王者>×クリス・ヴァイス
8分33秒 バックドロップ→片エビ固め
<挑戦者>〇将軍岡本
※岡本が第31代王者となる

第6試合 世界ヘビー級選手権試合
<王者>×小幡優作
25分17秒 レフェリーストップ
<挑戦者>〇田中将斗
※田中将斗が第23代王者になる


札幌大会を生観戦しましたが、第4試合後の休憩明けにTARUによって三又又三GMが血祭りに上げられました。
しかし遂に電流爆破マッチ出撃を決意したそうです。6・24博多でシングルマッチが行われる事になったとの事。
ただ、大会終了後も流血の量がおびただしかったようで、救急車で搬送されていましたので大丈夫なのか心配です。

また、メインの世界ヘビー級選手権試合で小幡優作が田中将斗との試合中トップロープの攻防での頭突き3連発後、
自ら意識を失ったかのようにリング下へ落下…。そのまま立ち上がれずレフェリーストップで試合終了で、王座移動でしたが
試合後も立ち上がれず小幡選手が担架で救急車に運ばれてのアクシデントに見舞われての大会終了でした。

しかし、プロレスリングZERO1の公式で小幡優作についてのニュースがありましたので載せておきます。

「小幡優作選手について

本日の札幌大会の試合中のアクシデントでレフェリーストップ負けとなった小幡優作選手ですが、札幌市内の病院に運ばれ、診断の結果は「熱中症」とのことでした。命に別状もなく、現在は外科診療の最中です。

会場に足を運ばれた皆様にはご心配をおかけして申し訳ございませんでした。今後このような事のないよう最善を尽くす所存でございます。

プロレスリングZERO1」


[101] ただの全日ファン - 2018/06/06(Wed) 13:55 ID:  [No.108605]
8月31日(金)に支援大会「TAKAYAMANIA EMPIRE」が開催されることが鈴木みのるから発表されました。
それに合わせて、メインカードも発表されました。

メインイベント
鈴木みのる&NOSAWA論外&MAZADAvs太陽ケア&TAKAみちのく&カズ・ハヤシ


[102] fun◇fLongoRY - 2018/06/07(Thu) 07:24 ID:  [No.108607]
ZERO1より6・3札幌大会での小幡優作について、報告がありました。

試合後、緊急搬送された病院にて「熱中症による脱水症状」と診断されましたが、本診により「椎体前方骨折」が重ねて発覚…。

試合中の何らかの衝撃により、首の三番目の骨の隅が欠けて骨折。そこからの出血により呼吸が困難となり、貧血を起こしたのではないかとの診断との事。

現在、意識もしっかりしており、手足も動くので、神経へのダメージは無いであろうとのことですが、大事をとり入院中との事。

小幡選手の今後の試合につきましては、ドクターとの相談の上、決定したいと思いますので、それまでの間欠場となるそうです。


万全での復帰をお祈りします。


[103] ただの全日ファン - 2018/06/09(Sat) 09:55 ID:  [No.108610]
ZERO1所属のKAMIKAZEがZERO1を退団し、今後フリーとして活動して行きます。


[104] ただの全日ファン - 2018/06/10(Sun) 19:59 ID:/3TkM06c  [No.108613]
今年のZERO1火祭りの出場選手が決定。
田中将斗
佐藤耕平
宮本裕向(暗黒プロレス組織666)
火野裕士(フリー)
将軍岡本(フリー)
スーパー・タイガー(リアルジャパンプロレス)
ハートリー・ジャクソン
クリス・ヴァイス
大谷晋二郎
菅原拓也
SUGI
岩崎永遠
黒潮”イケメン”二郎(WRESTLE−1)
大和ヒロシ(フリー)


[105] fun◇fLongoRY - 2018/06/13(Wed) 08:22 ID:Xmtl.k3U  [No.108621]
バルセロナ五輪柔道男子95キロ超級銀メダリストで「暴走王」こと小川直也(50)が、プロレス・格闘技から引退することを明らかにしたそうです。東スポ情報ですが1997年4月の衝撃デビューから21年、50歳となった節目の年にリングを去る…。すでに、師匠のアントニオ猪木氏(75=参議院議員)に引退の報告を済ませている。今後は長男で柔道世界選手権(9月、アゼルバイジャン)男子100キロ超級代表の雄勢(21=明大)を指導するため、古巣の柔道界への正式復帰を目指すそうです。

[106] ただの全日ファン - 2018/06/16(Sat) 00:00 ID:9qtxPhpU  [No.108632]
山善廣支援プロレスイベント第一弾!!「TAKAYAMANIA EMPIRE」2018.8.31 後楽園ホール
カード一部発表
第1試合 バトルロイヤル
 出場選手は随時発表される。

第6試合 セミファイナル
 諏訪魔(全日本プロレス)&浜亮太(大日本プロレス)&樋口和貞(DDTプロレスリング)vs石川修司(フリー)&火野裕士(フリー)&竹下幸之介(DDTプロレスリング)

第7試合 メインイベント
 鈴木みのる(パンクラスMISSION)&NOSAWA論外(東京愚連隊)&MAZADA(東京愚連隊)vs太陽ケア(王道)&TAKAみちのく(KAIENTAI−DOJO)&カズハヤシ(WRESTLE−1)

試合順不明
 大森隆男(全日本プロレス)&男色ディーノ(DDTプロレスリング)vs秋山準(全日本プロレス)&ディック東郷(みちのくプロレス)

 杉浦貴(プロレスリングNOAH)&里村明衣子(センダイガールズプロレスリング)vs佐藤光留(パンクラスMISSION)&橋本千紘(センダイガールズプロレスリング)

カードは決まっていないが、高木三四郎(DDTプロレスリング)と丸藤正道(プロレスリングNOAH)の参戦も決まっています。

また、ゲスト解説として、前田日明、佐々木健介、小橋建太、山崎一夫が決まっています。


[107] fun◇fLongoRY - 2018/06/17(Sun) 08:26 ID:JZ1T7lI.  [No.108634]
 6月29日(金)&30日(土)に両国国技館にて開催されるWWE日本公演『WWE Live Japan』に、ヒデオ・イタミが参戦する事が発表。
 
 ヒデオは29日にはザ・ミズとのシングル、30日にはビック・キャスとのシングルを行う事が決定。
また、29日に予定されているAJスタイルズvs中邑真輔のWWE王座戦が、ノーDQ (ディスクオリフィケーション)形式に変更となった。
 AJと中邑による衝撃的な急所蹴りでの両者KO決着は記憶に新しいが、日本公演での試合もノーDQとなった事で、急所攻撃対策が求められる試合となったそうです。


『WWE Live Japan』
6月29日(金)19:00〜東京・両国国技館

▼ノーDQ(ディスクオリフィケーション)形式WWE王座戦
AJスタイルズ
vs
中邑真輔

▼フェイタル4ウェイ形式スマックダウンタッグ王座戦
ブラジオン・ブラザーズ(ハーパー&ローワン)
vs
ウーソーズ(ジミー&ジェイ・ウーソー)
vs
ルーク・ギャローズ&カール・アンダーソン
vs
ルセフ・デイ(ルセフ&エイデン・イングリッシュ)

▼スマックダウン女子王座戦
カーメラ
vs.
ベッキー・リンチ

▼シングルマッチ
ダニエル・ブラアイアン
vs
ビック・キャス

▼タッグマッチ
ニューデイ(コフィ・キングストン&ビッグE&エグゼビア・ウッズ)
vs
ザ・バー(シェイマス&セザーロ)

▼シングルマッチ
ヒデオ・イタミ
vs
ザ・ミズ

▼シングルマッチ
タイ・デリンジャー
vs
サモア・ジョー

▼タッグマッチ
アスカ/ナオミ
vs
アイコニック(ビリー・ケイ&ペイトン・ロイス)with ラナ

▼シングルマッチ
シン・カラ
vs
アンドラデ“シエン”アルマス with ゼリーナ・ベガ

『WWE Live Japan』
6月30日(金)19:00〜東京・両国国技館

▼フェイタル4ウェイ形式WWE王座戦
AJスタイルズ
vs
中邑真輔
vs
ダニエル・ブライアン
vs
サモア・ジョー

▼スマックダウン女子王座戦
カーメラ
vs
アスカ

▼フェイタル4ウェイ形式スマックダウン王座戦
ブラジオン・ブラザーズ(ローワン&ハーパー)
vs
ニューデイ(コフィ・キングストン&ビッグE&エグゼビア・ウッズ)
vs
ルーク・ギャローズ&カール・アンダーソン
vs
ザ・バー(シェイマス&セザーロ)

▼タッグマッチ
ウーソーズ(ジミー&ジェイ・ウーソー)
vs
ルセフ・デイ(ルセフ&エイデン・イングリッシュ)

▼シングルマッチ
ヒデオ・イタミ
vs
ビック・キャス

▼シングルマッチ
シン・カラ
vs
ザ・ミズ

▼タッグマッチ
ベッキー・リンチ&ナオミ
vs
アイコニック(ビリー・ケイ&ペイトン・ロイス)with ラナ

▼シングルマッチ
タイ・デリンジャー
vs
アンドラデ“シエン”アルマス with ゼリーナ・ベガ


※来日タレント、対戦カードは当日まで変更される場合があり。
※6/29、30とも王座・所属スーパースターは6/13時点のもの


[108] fun◇fLongoRY - 2018/06/21(Thu) 09:12 ID:QJUwoQp2  [No.108647]
皇帝戦士”のニックネームで活躍したプロレスラー、ビッグバン・ベイダーさん(本名レオン・ホワイト)が19日(現地時間18日)、出身地の米国で死去したと現地の複数のメディアが報じた。63歳。報道によると、ベイダーさんは16年にうっ血性心不全で余命2年と宣告され、今年に入って2度の心臓手術を受けたが、1月ほど前に重度の肺炎を患い闘病生活を続けていたという。

 190センチ、170キロの巨体を誇ったベイダーさんはNFLのロサンゼルス・ラムズに所属するなど、アメリカンフットボール選手として活躍。85年にAWAでプロレスデビューした。87年12月にはビートたけし率いるTPG(たけしプロレス軍団)の一員として、新日本プロレスの両国国技館大会に乱入。急きょアントニオ猪木戦が組まれ、3分弱で勝利すると観衆が暴動を起こすなど、プロレスファンに大きなインパクトを与えた。

 その後も参戦を続け、巨体と怪力を武器にIWGPヘビー級、同タッグ王座なども獲得。91年には当時の米国の大手団体だったWCWの世界ヘビー級王座も獲得するなど活躍した。93年にはスーパー・ベイダーのリングネームでUWFインターナショナルに参戦。98年にはベイダーのリングネームで全日本プロレスにも参戦して三冠ヘビー級王座、世界タッグ王座を獲得。その後もノアでGHCタッグ王座を獲得するなど日本プロレス史に残る実績を残しただけでなく、WJ、ハッスルなど日本の多くの団体に参戦。世界最大のプロレス団体WWEでも活躍した。

 17年には新日本プロレスマットで激闘を繰り広げた藤波辰爾が主宰するドラディションに参戦。4月20日の東京・後楽園ホール大会では藤波のデビュー45周年セレモニー中にリング上で倒れてファンを心配させた一幕もあった。同年4月23日のドラディション・エディオンアリーナ大阪大会で藤波、長州力と組み、藤原喜明、越中詩郎、佐野巧真組と対戦したのが日本での最後の試合だった。

ご冥福お祈りします。


[109] カシス - 2018/06/21(Thu) 16:38 ID:K6LTVgoc  [No.108649]
ベイダー、マジですか><

[110] ただの全日ファン - 2018/06/23(Sat) 21:29 ID:PaULEHNM  [No.108656]
エル・エヒプシオ氏が亡くなりました。
ご冥福お祈りします。


[111] 彼方 - 2018/06/24(Sun) 23:56 ID:9Z9lpw76  [No.108663]
6/23(土)
鈴木みのるデビュー30周年記念野外フェスティバル「大海賊祭」
神奈川・横浜赤レンガ倉庫イベント広場 観衆18000人

■大海賊祭オープニングマッチ/30分1本
○マリーンズマスク(6分39秒 ジャッジメント)砂辺光久×

■スペシャル大海賊タッグマッチ/30分1本
○ランス・アーチャー、デイビーボーイ・スミスJr.(11分31秒  キラーボム)ロッキー川村、佐藤光留×


■鈴木みのるデビュー30周年記念試合/30分1本
△鈴木みのる(30分00秒 時間切れ引き分け)オカダ・カズチカ△

<観戦記&大海賊祭感想>
大海賊祭、1日目の後半に行ってきました。
せっかくなのでプロレスの試合以外も一緒にレポートします。

鈴木みのるvsオカダカズチカ、後半15分くらいだけでしたが現地で見ました。
雨にも関わらず赤レンガ前の広場が観客で埋まり、目の前が傘だらけでリング上は全く見えませんでしたw そこはスクリーンが用意されていて試合自体は何とか見られましたが…。
強い雨の中の試合だったので、さすがに2人ともいつものようには動けなさそうでした。オカダのドロップキックはいつもより打点がかなり低かったですね。
でもひたすらシバキ合い意地の張り合いという感じで、見応えはありましたよ。鈴木みのるとオカダカズチカ、全然違うタイプに見えて実は似てるのかもしれません。技自体が割とシンプルなところ、相手が誰でも手が合うところなど…。

この試合が終わったところでだいぶお客さんは減りましたが、それでも雨の割に盛況なお祭りでした。

鈴木みのるの店「パイルドライバー」の出張店舗では松本浩代がグッズの販売で店頭に立っており(ちなみにこの店の今の店長です)、自分も彼女からTシャツを買いました。他にも色んな出店があり、KESの2人や佐藤光留のオフィシャルショップ、新日本プロレスやDDTのショップなどプロレス関連はもちろんのこと、それ以外にもハーレー・ダビッドソンをはじめとして色んなブースがありました。
鈴木みのるの等身大看板と2ショット撮れるテントもありましたよw

飲食店も結構あって、みのる氏の好きな唐揚げの店もしっかりありましたw 「鈴木みのるスペシャル」なるメニューで注文したら、唐揚げ+マヨネーズ+山椒の組み合わせの5個入が来ました。

イベントもプロレス以外にも色々企画されていました。自分が見たのは1日目ラストの中村あゆみのライブですが、これが最高だった。当然ラストは「風になれ」でしたが、これは当日新発売のニューバージョンで披露されていました。
そして1日目の締めでは主催者の鈴木みのるが再び登場。既に酔っ払い状態で笑わせてもらいましたw
プロレスだけ見て帰っちゃった人は損したと思いますねえ。楽しかったですよ。1日目後半だけでこれですから、2日間両方行けた人は羨ましいです。


[112] fun◇fLongoRY - 2018/06/25(Mon) 13:53 ID:D/C69nXU  [No.108667]
>>彼方さん

リポートありがとうございます。

楽しそうでよかったですね。(^o^;

これからも、時々よろしくお願いします。


[113] fun◇fLongoRY - 2018/07/01(Sun) 10:32 ID:  [No.108682]
東スポ情報ですがWWEで活躍するロックスター・中邑真輔(38)が30日に都内でメディアの取材に応じ、警察犬にかまれたとされる負傷アクシデントについて語った。

 中邑は26日(日本時間27日)のスマックダウン大会でジェフ・ハーディー(40)のUS王座に挑戦する予定だったが、負傷によるドクターストップを理由に緊急欠場。25日のオンタリオ大会前に警察犬に左大腿部下部をかまれ病院に搬送されたという情報が流れていた。29日の日本公演(東京・両国国技館)では松葉づえ姿の痛々しい姿で登場し、欠場を発表。このため30日の両国大会と両日とも欠場に…。

 この日、日本メディアの合同インタビューに出席した中邑は「どこまで話していいのか、今後の自分の対応、相手に対する対応というのがあるので、こういう公式の場でお話しできないというのはありますね」としながらも「ただ試合できないくらいの状況なんですね。1日も早くリングに立てるようにということはしてるんですが」と負傷を認めた。医師からは全治2週間の診断が下っているという。

 さらに負傷当日の心境を「いやもう悪夢としかいいようがないですね。ウソだろって思いましたよ。なんだよこの漫画みたいな状況はって。信じられないというのが率直な心境ですね。楽しみにしてましたから、この日本公演を。最善を尽くしてきた中で、全く想定し得ないことが起こってしまったというのは…。いろいろな人に『何、笑い話作ってるんだ』って言われましたけど、シャレになんねえよ、と」と振り返った。

 もちろん晴れの凱旋興行でリングに立てなかった悔しさは計り知れない。中邑は「次帰ってくるときは100%に近い、そのときの中邑真輔の全てを出す、と言うしかないですよね。(今回)無理して足を引きずってリングに立てばよかったという話ではないので、これは特に。今、自分のできることをやるしかない」と気持ちを切り替え、次回大会で雄姿を見せることを誓っていた…との事。


[114] fun◇fLongoRY - 2018/07/01(Sun) 10:33 ID:  [No.108683]
『WWE Live Japan』
6月29日(金)東京・両国国技館
観衆:7081人

遅くなりましたが試合結果です。

▼タッグマッチ 時間無制限1本勝負
[ニュー・デイ]ビッグE&○コフィ・キングストン with エグザビア・ウッズ
12分44秒 ミッドナイトアワー→片エビ固め
[ザ・バー]シェイマス&セザーロ×

▼シングルマッチ 時間無制限1本勝負
○ヒデオ・イタミ
6分45秒 インサイドクレイドル
×シェルトン・ベンジャミン

▼シングルマッチ 時間無制限1本勝負
○タイ・デリンジャー
30秒 上から押し潰す→エビ固め
×シェルトン・ベンジャミン

▼スマックダウン女子王座戦 時間無制限1本勝負
【王者】○カーメラ
8分54秒 セカンドロープに足をかけて→スクールガール
【挑戦者】×ベッキー・リンチ
※第8代王者が防衛に成功

▼シングルマッチ 時間無制限1本勝負
○ダニエル・ブラアイアン
21分52秒 ニープラス→片エビ固め
×ザ・ミズ

▼シングルマッチ 時間無制限1本勝負
○アンドラデ“シエン”アルマス with ゼリーナ・ベガ
9分8秒 ランニング・ダブルニー→片エビ固め
×シン・カラ

▼タッグマッチ 時間無制限1本勝負
○アスカ&ナオミ
9分9秒 アスカロック
×ビリー・ケイ&ラナ with ペイトン・ロイス

▼スマックダウンタッグ王座戦〜フェイタル4WAYマッチ 時間無制限1本勝負
【王者組=ブラジオン・ブラザーズ】ハーパー&○ローワン
14分13秒 合体パワーボム→片エビ固め
【挑戦者組】×カール・アンダーソン&ルーク・ギャローズ
※残りの二組は[ウーソーズ]ジミー・ウーソー&ジェイ・ウーソー、[ルセフ・デイ]ルセフ&エイデン・イングリッシュ
※第9代王者組が防衛に成功

▼WWE王座戦〜ノーDQマッチ 時間無制限1本勝負
【王者】○AJスタイルズ
14分10秒 フェノメナール・フォアアーム→片エビ固め
【挑戦者】×サモア・ジョー
※第133代王者が防衛に成功

メインイベントではWWE王座をかけて王者・AJスタイルズに中邑真輔が挑む予定でしたが、アメリカで警察犬に噛まれたと報道された中邑真輔が欠場の挨拶を行ったそうです。

第2試合終了後、松葉杖をついて現れた中邑真輔は「帰ってきたぜ!東京!こんな姿になって。2年ぶり、僕にとっては2年ぶり。この両国国技館で、ザ・ロックスター、キングオブストロングスタイル、シンスケナカムラの、クリーンで正々堂々としたファイト、皆様にお見せすることができなくて、本当に、悔しいワン…。でも、WWEスーパースターは僕だけではありません。もちろん、先程やったイタミ・ヒデオ、そして、アスカ!」と叫ぶが、ここでサモア・ジョーが乱入しコキーナ・クラッチで中邑を絞め上げる。
これをAJスタイルズが救出し、中邑真輔の代わりに王座戦に挑んできたジョーをフェノメナール・フォアアームで返り討ちにし王座防衛に成功したとの事。


[115] fun◇fLongoRY - 2018/07/01(Sun) 10:34 ID:  [No.108684]
『WWE Live Japan』
6月30日(土)東京・両国国技館
観衆:8329人

試合結果です。

▼タッグマッチ 時間無制限1本勝負
[ウーソーズ]○ジミ・ウーソ&ジェイ・ウーソ
10分24秒 ダイビング・ボディープレス→片エビ固め
[ルセフ・デイ]ルセフ&エイデン・イングリッシュ×

▼シングルマッチ 時間無制限1本勝負
○シン・カラ
10分30秒 ドラゴンボム→片エビ固め
×シェルトン・ベンジャミン

▼タッグマッチ 時間無制限1本勝負
○ベッキー・リンチ&ナオミ
9分6秒 ディスアーマー
×ビリー・ケイ&ラナ with ペイトン・ロイス

▼シングルマッチ 時間無制限1本勝負
○ヒデオ・イタミ
15分9秒 スカルクラッシングフィナーレを切り返す→エビ固め
×ザ・ミズ

▼スマックダウンタッグ王座戦〜フェイタル4WAYマッチ 時間無制限1本勝負
【王者組/ブラジオン・ブラザーズ】ローワン&○ハーパー
15分22秒 合体パワーボム→片エビ固め
【挑戦者組/ニューデイ】×ビッグE&エグゼビア・ウッズ with コフィ・キングストン
※残りの二組は【挑戦者組】ルーク・ギャローズ&カール・アンダーソン、【挑戦者組/ザ・バー】シェイマス&セザーロ
※第9代王者組が防衛に成功

▼シングルマッチ 時間無制限1本勝負
×タイ・デリンジャー
9分2秒 ハンマーロックDDT→片エビ固め
○アンドラデ“シエン”アルマス with ゼリーナ・ベガ

▼スマックダウン女子王座戦 時間無制限1本勝負
【王者】×カーメラ
8分2秒 イス攻撃→反則勝ち
【挑戦者】○アスカ
※反則裁定のため王座移動はなし。第8代王者が防衛に成功

▼フェイタル3ウェイ形式WWE王座戦 時間無制限1本勝負
【王者】○AJスタイルズ
13分25秒 フェノメナール・フォアアーム→片エビ固め
【挑戦者】×サモア・ジョー
※もう一人は【挑戦者】ダニエル・ブライアン
※第133代王者が防衛に成功

中邑の欠場に伴い、メインは3WAYのWWE王座戦(王者AJスタイルズVS挑戦者ダニエル・ブライアンVS挑戦者サモア・ジョー)に変更(当初は中邑を加えた4WAY)。試合終盤にジョーがAJをコキーナクラッチで捕らえたところで、中邑が乱入。前日(29日)の欠場あいさつでジョーに襲撃されていた中邑は、その報復とばかりに金的攻撃を決め、AJの勝利をアシストした。

 試合後のリングでは中邑に加えAJ、カール・アンダーソン、ルーク・ギャローズと元新日本プロレスの4人が一堂に会した。マイクを握った中邑は「次回、日本に来るときはこのベルト(WWE王座)を巻いて、再びこの両国のリングで試合をしたいと思います。WWEがまた日本に来るとき、WWEユニバースの皆さん、この両国国技館に『Come On!!』」と絶叫。最後は観衆と「イヤァオ!」の大合唱で、日本公演を締めくくったそうです。


[116] fun◇fLongoRY - 2018/07/01(Sun) 10:34 ID:  [No.108685]
連続投稿失礼します。

『WWE Live Japan』
6月30日(土)東京・両国国技館(2日目)

 6月17日にスターダムを退団した紫雷イオがサプライズで登場し、WWEへの入団を発表。公演途中に「NXT(WWEの第3ブランド)の新しいスーパースター、紫雷イオ」と紹介されて登場したそうです。

イオ「WWEユニバースの皆さん、はじめまして。紫雷イオです!今日、会場にいらしてるみなさん、私のことご存知でしょうか?皆さん、おまたせしました。この夏より、私はWWEに入団致します!この、世界一のリングで、私はこれから輝いていきます。皆さん是非、私と一緒に、夢を見てください。どうぞ楽しみにしていてくださいよろしくお願いします!」


[117] ただの全日ファン - 2018/07/10(Tue) 19:40 ID:/3TkM06c  [No.108710]
10.15後楽園大会で森嶋猛がプロレスに復帰します。


[118] fun◇fLongoRY - 2018/07/11(Wed) 13:27 ID:tODVQ1hk  [No.108713]
>全日ファンさん

速報ありがとうございます。


元プロレスリング・ノアの怪獣、森嶋猛(39)が約3年半ぶりにプロレス復帰を果たすことが、東スポの取材で明らかになった。10月15日に東京・後楽園ホールで開催される「GENESIS〜森嶋猛帰還〜」のシングル戦(相手未定)で復活する。10日の長州力プロデュース興行(後楽園)では自らリングに立って復帰を報告し、戦いの最前線に戻る決意…。

 190センチ、125キロの怪獣が戻ってくる。森嶋は2015年4月、病気を理由に引退を発表。同年9月に引退試合を行う予定だったが、体調不良などの理由により中止となった。そのまま同年末をもってノアとの契約も満了し、以降マット界とは距離を置いていた。

 森嶋:実は病気が本当の理由ではなかった。体調以前に精神的にギリギリの状態でした。試合などで穴をあけてしまったし、今でも関係者の方々には申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 その後は都内でピザ店店員、バーテンダー、コンサート会場の警備員を経験。2年間はプロレスと無縁の状態が続いた。昨年夏、後援者が岐阜県内で営む介護施設を手伝うため、住まいを移して介護の資格も取得。同時期に地元のインディ団体からコーチ役を頼まれた。この時、眠っていたプロレスへの情熱が再燃した。

 森嶋:受け身を取ったり、基本を教えたりしているうち「俺自身はどうなるんだろう」って。しばらくして全日本プロレスの岐阜大会(昨年11月7日)があったのでチケットを買って見に行った。その時、自分がプロレスに飢えているんだなって分かりました。控室まで伺う立場ではなかったし(秋山準社長に)あいさつはできなかったんですけど、改めておわびとお礼を言いたいです。

 復帰さえ決意すれば時間は必要なかった。110キロ台(最重量は170キロ)まで落ち込んだ体を鍛え上げ125キロまで戻した。関係者に復帰の意思を伝えると、10・15後楽園実行委員会が立ち上がった。同大会を後援して長州興行を主催するエス・ピー広告社の武田有弘氏(46)は「本人はシングル戦を希望しているので、皆さんが復帰戦にふさわしいと思われるカードを組みたい」と説明。長州興行であいさつする機会も与えられた。

 森嶋:先のことは分からない。復帰戦で散るかもしれない。終わってみた時、初めてその先が見えてくると思います。

 くしくも復帰戦の日に40歳の誕生日を迎える。GHCヘビー&タッグのベルトを巻いた男は死んではいなかった。大人になった怪獣が、マット界に再進撃する…との事。


[119] fun◇fLongoRY - 2018/07/11(Wed) 13:28 ID:tODVQ1hk  [No.108714]
7月10日、長州力プロデュース興行『POWER HALL 2018〜Battle of another dimension〜』のリングに森嶋猛が登場した。

 2015年4月に引退を発表していたが、引退試合を延期すると12月にNOAHを退団。その後は表舞台から姿を消していた。

 リングに上がった森嶋は「お久しぶりです。3年ぶりに後楽園に来ました。色々ありましたが、やっぱり、プロレスがやっぱり好きなんで、10月15日、後楽園、ここのリングで、しっかりと自分の全力のプロレスをやります!あと3ヶ月ですが、しっかりと整えて、自分はここで!シングルマッチ!やりますんで!ぜひとも来てください!本日はありがとうございました!」と挨拶...。

 バックステージに戻ると「もっと批判がいっぱい来ると思ってた。色んな覚悟を背負ってリングに上ったんで。相手は決まってないですが俺は誰であろうと全力でプロレスをやります。しっかりやって怪我もなくリングを降りたい。俺のやってきたプロレスをしっかりやるだけです」と宣言。
 今まで何をやっていたかと問われると「プロレス離れて色んな事やって、人生プロレス以外のことやったことなかったんで、花屋やって荷物の運搬やって、建材運んで、コンサート警備、ピザの配達、ファミレスのハンバーグ作り、コンサートの屋台とかいっぱいあります。でも去年、プロレスを離れて久しぶりに全日本プロレスを自分でチケット買って見に行ったの。その時に俺はやっぱ見るもんじゃなくてやるもんだと自分で直感したんで。それは子供の頃とかわらないです。子供の頃から見るものじゃなくやるものだと思ったし。迷惑をおかけした関係者にはご挨拶をして、自分の中でケジメつけたつもりです。3ヶ月しっかりやります。帰還します!帰還します!」と、久しぶりに大事なことを二回言って笑顔を見せていたそうです。



[120] fun◇fLongoRY - 2018/07/11(Wed) 13:29 ID:tODVQ1hk  [No.108715]
連続投稿失礼します。

長州力が秋山準に敗北し「藤波さんが頑張ってるうちはと思ったけどもうしんどい。来年靴は脱ごうと思ってます」と引退を宣言したそうです。


 7月10日、長州力プロデュース興行『POWER HALL 2018〜Battle of another dimension〜』が後楽園ホールにて開催され、メインでは長州力&関本大介&ヨシタツvs秋山準&橋本大地&黒潮“イケメン”二郎が行わた。

 イケメンがいつもの通り長い入場を行うが、これを遮りパワーホールが流れると長州が入場。
 試合は秋山と長州から始まり、ロックアップから長州がヘッドロックで捕らえショルダータックル。さらに首投げからスリーパーも、これを逃れた秋山が大地にタッチ。
 大地が捕まる場面が長く続き、長州は大地にサソリ固め。大地はなんとか逃れイケメンにタッチし、イケメンは関本相手にスワントーンボムやアラビアンプレスと軽快な空中技で観客を魅了。最後は秋山が長州にランニングニーを突き刺し3カウントを奪った。

 この結果に長州は「秋山とは遅すぎたよね。我々のこういう世界って部分もあるし、まあ、もう歳を取りすぎてる。もう少しなんかもうちょっと接点がなかったわけじゃないからさ。今あいつが抱えてる全日本ってものがあるし、一生懸命頑張ってやってるのは間違いないと思います。もうちょっと早く接点があれば。でも秋山は秋山でこれからまだやっていくことだし、別に俺がとやかく言うことではないです」と寂しさをにじませ、秋山も「長州さんの威圧感とかを感じられましたけど、やっぱり身体も悪いだろうし、もっともっと元気なときに、バリバリな長州力とやりたかったというのが正直なところだった」と残念そうな感想を漏らす。

 続けて長州は「今日言うことでもないんだけど、来るところはもう来て通りすぎてるっていう状態ではあるんだけど、流石にね、試合に向けてトレーニングするのがすごいしんどいし、やっぱりこの、自分の体の古傷ってのがだんだん、毎年毎年すごくつらくなってきてるし。1,2年前から言ってんだけど、やっぱりリング上がるのが怖いですよね。やっぱり新日本のリングと大きさもぜんぜん違うし、歩数も合わないし、まあそういうアレで、若ければこなせると思うんだけど。視力もやっぱり悪くなってきて、年間、『二月に一回は』と思うけど、これはほんとにナメた考えで、これいつかこのままやってたら自分自身に何かが起きる。
 なんか最近色々考えちゃうんですよね。でもね、なんか、今上がったことないところからオファーが来ると『動けてるうちは上がってあげようか』って上がってんですよ。そのためにはまた、1ヶ月2ヶ月近くトレーニングして、っていうのがちょっとしんどくてね。もう、十分ですよ僕は。ちょっと健康な状態を半分くらい残しておかないと。でもあともう何試合か、受けてるところがあるんで、それをこなしたら別にもう引退して……トレーニングしたからやってきたけど、そんなに甘くもないし、まあ、多分来年か、今年あと2,3試合くらいで終わるんですよ僕は。来年、少しのオファーが残ってるけど、それが終わればもう、靴は脱ごうと思ってますね。
 なんかホント怖いんですよ。怖いし、体もそんなに調子良くもないし、もう僕なんかもう、スタイルがこういうスタイルでよかったなぁっていう部分もあるし、こんだけで判断するわけじゃないですけど。今はもう、相手を抱えるっていうのがすごい苦しいんですよ。持ち上げるっていうのが。力が決してないわけじゃないんだけど、その、自分の首に体重がかかった時に、どんな小さい人間でも上がんなくなってきちゃった。これはちょっとヒドいなって。今年のはじめくらいから感じてはいたし。いい状態に戻して、自分でもやりたいことはあるし、そういうことを始めようかなと思いますね。
 来年ホント少ない試合数があるから、それはこなしてあげて、もう別に発表とかそうじゃなくて、このままこう……(フェードアウトを示すジェスチャー)ってのでいいなあっていう状態で今日こうやって迎えてるから。『もういいな』っていうのがあるのは決まってますね。
 藤波さんとは控室隣で言ってはいないんだけど、まあ、藤波さんが頑張ってるうちは少しでも、一緒に並んで立ったり、相手側に立ったりしてんだけど、だから、藤波さんが頑張ってるうちは少しでも協力したいなあと思ってやってきてるけど、如何せんこの、リングに上がるためのトレーニングがちょっともうしんどくなってきたところがね。それでよくここまでやれたなっていう部分が、正直なところ、僕なんかはラッキーな方じゃないかなと思いますね。そんなこう、致命傷な怪我をしたわけでもないし。もう来年多分、自分がプレッシャーでっていうか、しんどいです。そういうところですね僕は」と引退を示唆した...との事。



[121] まさMS - 2018/07/11(Wed) 23:23 ID:Xdw8H25w  [No.108716]
>>119
森嶋が帰ってくるんですね!!!!
全日を観に行って気持ちが変わったのは
諏訪魔や石川がジャンボ鶴田のスタイルを継承したプロレスを観て
森嶋も黙って居られなくなったんでしょうかね?
同郷の某レスラーがタイツに星を継承してるのを例外として…

同世代の自分としてはとても楽しみです!

ドンストップだこの野郎!!!!


[122] fun◇fLongoRY - 2018/07/13(Fri) 09:37 ID:Xmtl.k3U  [No.108717]
>まさMSさん

森嶋の復帰、わたしも心待ちにしてました。
色々とありましたが、あの巨体と、技量、三沢さんに勝ってのGHC王者の実績もあった実力者の引退はノア、プロレス界で惜しかったはずですから…

「GENESIS」なる10・5後楽園での長州興行の主催のエスピー広告株式会社の協力による自主興行に近い形での復帰らしいですが、対戦相手もそうですが、レジェンドやノア、全日本の協力なしでは無理があると思われますので、メインと他のマッチメイク(参加選手)もどうなるのか、今後の復帰への主戦場とともに気になるところです…。

ノアファンとしては力皇や田上さんも解説などで呼んで欲しいのもありますね…

かかってきなさい!!(苦笑)


[123] fun◇fLongoRY - 2018/07/13(Fri) 17:39 ID:Xmtl.k3U  [No.108723]
TAKAYAMANIA山善廣支援プロレスイベント第一弾!!

「TAKAYAMANIA EMPIRE」
2018.8.31 後楽園ホール

第7弾カード発表がありました。新日本の提供試合として第5試合に永田裕志、天山広吉の参戦も決定。
これで全7試合のカードが出揃った模様。


第1試合 バトルロイヤル
大谷晋二郎
高木三四郎

その他のバトルロイヤル参加選手も随時発表

大森隆男(全日本)&男色ディーノ(DDT)
vs
秋山準(全日本)&ディック東郷(みちのく)

杉浦貴(ノア)&里村明衣子(センダイガールズ)
vs
佐藤光留(パンクラス)&橋本千紘(センダイガールズ)

第4試合
丸藤正道&木高イサミ
vs
佐野巧真&冨宅飛駈

第5試合 新日本プロレス提供試合
永田裕志&成田蓮
vs
天山広吉&海野翔太

第6試合 セミファイナル
諏訪魔(全日本)&浜亮太(大日本)&樋口和貞(DDT)
vs
石川修司(フリー)&火野裕士(フリー)&竹下幸之介(DDT)

第7試合 メインイベント
鈴木みのる(パンクラス)&NOSAWA論外(東京愚連隊)&MAZADA(東京愚連隊)
vs
太陽ケア(王道)&TAKAみちのく(K−DOJO)&カズハヤシ(W−1)


[124] fun◇fLongoRY - 2018/07/17(Tue) 08:17 ID:JZ1T7lI.  [No.108736]
マサ斎藤(本名・斉藤昌典)さんが14日に死去したそうです。75歳。所属していた健介オフィスが16日に発表…。通夜と葬儀は家族・関係者が都内で執り行う予定との事。

 発表によると00年に発症したパーキンソン病で闘病中で、リハビリに励んでいたが容体が急変。14日午前1時5分に帰らぬ人となった。17年4月7日に大阪市立城東区民センターで開催された興行でリングに立ったのが、公の最後の姿となった。倫子夫人は「来年、再び、カムバックのチャンスも出てきました。そのためにリハビリに意欲を燃やしていた矢先。容体急変。7月14日1時5分に永眠しました。穏やかながらも、新たなチャレンジに向かうような、マサ斎藤らしい力強い旅立ちでした」とコメントした。

 斎藤さんは明大在学中の63年にレスリング全日本選手権で優勝。64年東京五輪に日本代表として出場し、翌年に日本プロレスに入門した。68年には渡米して腕を磨き、74年からは新日本プロレスに参戦。90年にはAWA世界王座を獲得し、47歳での戴冠は快挙とされました。99年、現役引退していました。

ご冥福をお祈りします。


[125] まさMS - 2018/07/17(Tue) 21:19 ID:Gdeq25ow  [No.108737]
>>124
マサ斎藤選手のお悔やみ申し上げます。

僕は晩年ながらチョップや張り手を胸に喰らいながらも
充電してやり返す姿がとても印象的でした。

AWAを奪ったのは天龍二代目タイガー鶴田谷津ハンセンが参戦した
ドーム大会だったかと思います!

"マサ"のリングネームを継いだマサ北宮選手の活躍を楽しみにしたいと思います。


[126] fun◇fLongoRY - 2018/07/18(Wed) 14:02 ID:nU6P1BaE  [No.108739]
〉まさMSさん

〉AWAを奪ったのは…

たしか1990年の2・10東京ドームでしたかね〜。
ハンセンvsベイダーやノーテレビでもあった天龍、タイガーvs長州、G高野、鶴田、谷津参戦での木村健吾、木戸戦など、話題が多いビッグマッチのなかで斎藤選手のラリー・ズビスコからのAWA王座奪取というのも海外で活躍していた選手としての存在感を当時は示してくれた気がします。

ご冥福お祈りします。


[127] ただの全日ファン - 2018/07/19(Thu) 19:35 ID:f2tMxPVo  [No.108744]
WWEでも活躍したマサ斎藤氏。
WWEのRAWの全米生中継の冒頭でも追悼されたようです。

マサ斎藤氏と言えば、長州力、キラーカーンと革命軍を結成した時は衝撃的だったな。


[128] fun◇fLongoRY - 2018/07/25(Wed) 07:52 ID:D/C69nXU  [No.108756]
DDT
ウチコミ!presents Summer Vacation 2018
7月22日(日)東京・後楽園ホール 観衆1026人(満員)

遅くなりましたが主な試合結果です。

第四試合 30分一本勝負
ビッグラブ!スペシャルシングルマッチ
〇佐々木大輔
8分23秒 クロスオーバー・フェースロック
×朱崇花

セミファイナル 60分一本勝負
KO-Dタッグ選手権試合
<王者>×遠藤哲哉&マッド・ポーリー
17分53秒 キャノンボール450°→片エビ固め
<挑戦者>マイク・ベイリー&MAO〇
※ベイリー&MAO組が第65代王者組となる。

メインイベント 60分一本勝負
KO-D無差別級選手権試合
<王者>〇入江茂弘
25分28秒 ビーストボンバー→体固め
<挑戦者>×HARASHIMA
※第62代王者、入江が3度目の防衛に成功。

緊急決定試合 60分一本勝負
いつでもどこでも挑戦権使用〜KO-D無差別級選手権試合
<王者>〇入江茂弘
7分54秒 ビーストボンバー→体固め
<挑戦者>×サミー・ゲバラ
※第62代王者、入江が4度目の防衛に成功。


[129] fun◇fLongoRY - 2018/07/30(Mon) 09:26 ID:6cR64UVs  [No.108770]
ZERO1
「第18回ZERO1真夏の祭典火祭り2018」優勝決定戦
7月29日(日) 後楽園ホール

主な試合結果です。

第4試合 スペシャルシングルマッチ20分1本勝負
△SUGI
20分00秒 時間切れ引き分け
△黒潮"イケメン"二郎

第5試合 火祭りスペシャル タッグマッチ20分1本勝負
田中 将斗&クリス・ヴァイス〇
19分34秒 パッケージパイルドライバー→片エビ固め
火野裕士&ハートリー・ジャクソン×

第6試合「第18回真夏の祭典火祭り2018」決勝戦 
シングルマッチ時間無制限1本勝負
×佐藤 耕平(Bブロック)
18分16秒 ムーンサルトプレス→片エビ固め 
〇宮本裕向(Aブロック)
※宮本が火祭り初優勝。


[130] ただの全日ファン - 2018/08/02(Thu) 23:36 ID:  [No.108783]
松本浩代がWWE・メイヤングクラシック2018に出場決定。
試合内容次第ではWWE移籍もあり得るかも。


[131] fun◇fLongoRY - 2018/08/03(Fri) 13:37 ID:  [No.108784]
>全日ファンさん

WWEの女子トーナメント「メイ・ヤング・クラシック2018」(8月8日、9日開幕=32選手参加)ですが、
松本浩代の参戦も発表されたそうですが、すでに「日本のレジェンド」して里村明衣子(38=センダイガールズ)の参戦と6月末にWWE入りが発表され、米フロリダ州のWWEパフォーマンスセンターで練習を開始している元スターダム紫雷イオ(28)、それにスターダムの前ワールド王者トニー・ストーム(22)の参戦も発表済みで、世界12カ国から32人の女子レスラーが出場するそうで、今後が注目されます。

 8月8、9日に米フロリダ州オーランドのフルセイル大でトーナメントが開催され、決勝は10月28日、米ニューヨークで開催されるWWE初の女子選手のみのPPV大会エボリューションで行われる予定。WWE殿堂入りの名女子レスラーとなるメイ・ヤングから命名された同トーナメントは初開催となった昨年は世界13カ国から集結した32選手で争われ、NXTで活躍中の「海賊姫」カイリ・セイン(宝城カイリ)が優勝。現NXT女子王者のシェイナ・ベイズラー(米国)が準優勝していました。


[132] ただの全日ファン - 2018/08/09(Thu) 03:40 ID:  [No.108793]
元北野オフィスのなべやかんが47歳でベストボディ・ジャパンプロレスの旗揚げ戦に出場し、プロレスデビューしました。
ベストボディ・ジャパンプロレスは2ヶ月に1回のペースで興行をするそうです。
代表は元DDTプロレスリングの谷口智一です。
なべやかんは次回の興行にも参戦予定です。


[133] fun◇fLongoRY - 2018/08/12(Sun) 08:11 ID:2KBZMqPs  [No.108799]
8・31「TAKAYAMANIA EMPIRE」

第1試合 バトルロイヤル追加選手の発表です。

大谷晋二郎
高木三四郎
井上雅央
中澤マイケル
グルクンマスク
佐々木貴
ロッキー川村
カズマサカモト
坂口征夫

第一試合の参加選手は以上になるそうです。
またこの試合は「時間差入場バトルロイヤル」でおこなわれる。

・1対1で試合がスタートします。
・一定時間ごとに選手が次々と加わります。
・3カウント、ギブアップといった通常のプロレスルールに加え、
 トップロープを越えて場外に転落したら負けとなるオーバー・ザ・トップロープルールを採用。

また、第6試合でのセミファイナルの参加選手が変更。

当初予定されていた、竹下幸之介が負傷したため
竹下幸之介に代わり、HARASHIMAの参加が決定。

「TAKAYAMANIA EMPIRE」
8.31(金)後楽園ホール 18:30(全7試合)

第6試合 セミファイナル

変更カード

諏訪魔、浜亮太、樋口和貞
vs
石川修司、火野裕士、HARASHIMA


[134] fun◇fLongoRY - 2018/08/15(Wed) 10:59 ID:v82Uao1M  [No.108811]
『カッキーライド2018』
8月14日(火)後楽園ホール 観衆:1067人

試合結果です。

<第1試合>森のプロレス提供試合 タッグマッチ 20分1本勝負
はやて(いたばし)&○ミヤマ☆仮面2号
15分42秒 ダイビングボディプレス→体固め
がばいじいちゃん(フリー)&中里哲弥×(いたばし)

<第2試合>プロレスルール タッグマッチ 20分1本勝負
田村和宏(HEAT-UP)&植木嵩行×(大日本)
10分1秒 ストレッチプラム
葛西純(FREEDOMS)&○長井満也(ドラディション)

<第3試合>スタンディングバウト キックルール 3分 3R
○野村卓矢(大日本プロレス)
1R 2分8秒 TKO
×伊藤崇文(パンクラスism)
※大江慎レフェリー

<第4試合>UWF特別ルール シングルマッチ 20分1本勝負
○鈴木秀樹(フリー)【0D2E】
6分10秒 KO(フルネルソンスープレックス)
×中村大介(夕月堂本舗)【0D2E】

<第5試合>UWF特別ルール ダブルバウト  UWFルール 30分1本勝負
[チームUインター魂]○中野巽耀(フリー)&山本健一(WIT)【0D0E】
8分32秒 シャチホコ固め→ギブアップ
[チームパンクラス魂]×ロッキー川村(パンクラスism)&佐藤光留(パンクラスMISSION)【1D2E】

<第6試合>UWF特別ルール シングルマッチ 30分1本勝負
○藤原喜明(藤原組)【1D0E】
6分50秒 脇固め
×冨宅裕輔(パンクラスMISSION)【0D2E】

<第7試合>UWF特別ルール シングルマッチ 30分1本勝負
○鈴木みのる(パンクラスMISSION)【0D0E】
1分50秒 チョークスリーパー→レフェリーストップ
×垣原賢人(フリー)【0D0E】


[135] fun◇fLongoRY - 2018/08/15(Wed) 10:59 ID:v82Uao1M  [No.108812]
連続投稿失礼します。

『カッキーライド2018』
8月14日(火)後楽園ホール

<第7試合>UWF特別ルール シングルマッチ 30分1本勝負
鈴木みのる(パンクラスMISSION)vs 垣原賢人(フリー)

試合後のコメントです。

垣原賢人
――試合は鈴木みのる選手にかなりやられてしまいましたが、今のお気持ちは
「まあ、鈴木みのるが強くて、垣原賢人が弱かったというだけですね。リングは甘くないということを痛感しました。当たり前ですけどね」

――コンディションはいかがでしたか
「一年前に比べていい練習できてましたんで、自分なりには自信があったんですけど、これは今現役のトップでやってる選手との力の差なのかなと、それを感じました」

――これが新しいスタートになると思います
「そうですね。これで終われないですから。リング上でもいいましたけど、鈴木みのる、プロレス王に勝つまでリングに上がりますんで。諦めません!だからこそ、高山選手も今、厳しい状況だと思いますけど、諦めないで、必ず復活してもらいたいです」

――鈴木みのる選手との再戦はいつ頃やりたいですか
「力の差がこんなに離れているというのが今日分かりましたので、そんな簡単には相手も受けてくれないと思いますし、僕なりに、自分が『勝てるぞ』と思ったときに再戦したいと思っています。それがどれくらい必要なのかわからないんですけど」

――それまでに他の試合をする予定は
「もちろん、やります」

――Uインター魂を持つ縁あるスタッフが集まりましたが、どういうお気持ちですか
「ホントに感謝、感謝ですね。みんな熱い気持ちを持ったいい選手が集まってくれて、熱い試合をしてくれたんで、心から感謝です」

――垣原選手にとってUインター魂とはなんでしょう
「なんでしょうね。なんでしょう……(数分間熟考)」

――去年かなり久々に復帰してリングに上って、今年もこのリングに上って復活を感じますか
「やっぱり練習では手応えありましたけど、やっぱり練習と試合は別物だったなと」

――『スピード勝負をしたい』と仰っていましたが、今日はそれをあまり出せなかった
「まあ、自分が弱かったんで……」

――それでも去年より前進したという気持ちはありますか
「それを信じたいですね」

――試合後、場外乱闘で娘さんがかなり動揺していましたが、これで気持ちに火は点きましたか
「ちょっと娘を見る余裕はなくて……」

――昨年、藤原選手とスパーリングマッチをやったときに『家族に弱いところを見せてしまった』という言葉がありましたが、今日に関してはいかがでしょう
「そうですね……まあ、勝ってないんで、強いところは見せられなかったですね」

――病気の容態はいかがでしょう
「まあ、順調に癒えてます。主治医にはまあ、あまり言わずに……こそっと試合出てるんですけど(笑)正式には主治医に言ってないです。反対されるの分かってますから」


[136] ただの全日ファン - 2018/08/25(Sat) 13:13 ID:/ZC8Ehh6  [No.108832]
青柳政司ってMASTERSや大日本の興行に参戦して試合してるから復帰したんだろうけど、
青柳政司が一度引退するとき、大仁田厚がまたいつか対戦しようと言い、青柳も復帰できるように頑張ると約束したんだが、
青柳政司vs大仁田厚って実現するのかな?
大仁田引退してプロレス界にもう戻って来ないって言ってるけど。


[137] ただの全日ファン - 2018/08/27(Mon) 19:30 ID:5sb9/nrg  [No.108843]
ガンで闘病中だった、元大日本プロレス、元Jd、元LLPW所属の亜利弥(小山亜矢)さんが亡くなられました。
45歳と若すぎる死でした。
ご冥福をお祈りします。


[138] fun◇fLongoRY - 2018/08/28(Tue) 06:45 ID:FXvyw9M6  [No.108845]
〉全日ファンさん

亜利弥と同じ年のゼロワンの田中将斗も自身のツイッター上で亜利弥さんが亡くなったことに、「同級生の元女子レスラーの亜利弥がお亡くなりになった。昨日試合終わりで駆けつける事ができ、話しかける言葉に意識もない状態ながら、手が少し動いたのはわかってくれたのか?今日最後にお別れしてきたけど、頑張り戦い続けた小山は強かった。ありがとう。ご冥福をお祈りいたします。」とつづったそうです。


ご冥福お祈りします。




[139] fun◇fLongoRY - 2018/08/28(Tue) 06:47 ID:FXvyw9M6  [No.108846]
連続投稿失礼します。

DDT
BLACK OUT presents KING OF DDT 2018 FINAL ROUND
8月26日(日) 後楽園ホール 観 1033人(満員)

遅くなりましたが主な試合結果です。

第二試合 時間無制限一本勝負
KING OF DDT 2018準決勝
○遠藤哲哉
9分45秒 変形ゆりかもめ
×MAO

第三試合 時間無制限一本勝負
KING OF DDT 2018準決勝
○佐々木大輔
10分20秒 十字架固め
×HARASHIMA

第五試合 30分一本勝負
○男色ディーノ&大石真翔&スーパー・ササダンゴ・マシン
4分47秒 メイコキラーU(ホモ・ナシエンテ)
入江茂弘&ジェイソン“ザ・ギフト”キンケイド&渡瀬瑞基×

 セミファイナル 30分一本勝負 スペシャル6人タッグマッチ
○藤波辰爾&アントーニオ本多&坂口征夫
9分39秒 ドラゴンスリーパー
樋口和貞&×伊橋剛太&上野勇希

メインイベント 時間無制限一本勝負
KING OF DDT 2018決勝戦
○佐々木大輔
21分36秒 クロスオーバー・フェースロック
×遠藤哲哉
※佐々木が初優勝するとともに10月21日両国国技館大会メインイベントのKO-D無差別級王座への挑戦権、ならびにDDT公式エナジードリンク「BLACK OUT」販売元のキャスティングドットジェイピーから賞金100万円と「BLACK OUT」1年分を獲得。

9月から葛西純がDDTにレギュラー参戦するとの事。
またディーノは前日にプロデューサーを辞任していたそうです。



[140] fun◇fLongoRY - 2018/09/01(Sat) 09:06 ID:  [No.108855]
覆面女子レスラーのRayさんが亡くなったそうです。
 女子プロレス「ピュアJ」は31日、覆面女子プロレスラーのRayさんが30日午後2時18分に死去したと発表。本名と年齢は非公表。

 Rayさんは2003年に我闘姑娘でデビューし、その後はエスオベーションやアイスリボンに所属。12年からフリーで活動していた。

 15年12月の試合で脳振とうを起こし、磁気共鳴画像装置(MRI)などの結果を受けた結果、左頭部の視床部分に腫瘍が見つかった。その後の検査で「グレード3」(4段階)の悪性脳腫瘍だったことが判明。闘病生活を続けていた。

 16年8月7日に開催されたRayさんを応援する大会「Rayエイド」(東京・板橋区立グリーンホール)では腫瘍が小さくなっていることを報告し、同大会に出場した邪道・大仁田厚(60)からもエールを送られていました。

 なお、葬儀は近親者のみの家族葬となるそうです。

ご冥福お祈りします。


[141] fun◇fLongoRY - 2018/09/01(Sat) 09:08 ID:  [No.108856]
連続投稿失礼します。

「TAKAYAMANIA EMPIRE」
8月31日(金)東京・後楽園ホール

試合結果です。

▽第1試合 時間差入場バトルロイヤル(時間無制限勝負)
〇大谷晋二郎
(13分35秒、オーバー・ザ・トップロープ)
ロッキー川村
※退場順 井上雅央、高木三四郎、グルクンマスク、坂口征夫、中澤マイケル、カズマサカモト、佐々木貴

▽第2試合 タッグマッチ(30分1本勝負)
〇杉浦貴&里村明衣子
(9分56秒、オリンピック予選スラム→片エビ固め)
×佐藤光留&橋本千紘

▽第3試合 タッグマッチ(30分1本勝負)
〇秋山準&ディック東郷
(10分58秒、エクスプロイダー→体固め)
大森隆男&男色ディーノ×

▽第4試合 タッグマッチ(30分1本勝負)
〇丸藤正道&木高イサミ
(9分42秒。虎王と絶槍のサンドイッチ→片エビ固め)
佐野巧真&冨宅飛駈×

 ▽第5試合 新日本プロレス提供試合(30分1本勝負)
〇永田裕志&成田蓮
(10分57秒、岩石落とし固め)
天山広吉&海野翔太×

▽セミファイナル いつも心にノーフィアー!加藤朋央プレゼンツ 6人タッグマッチ(30分1本勝負)
石川修司&火野裕士&〇HARASHIMA
(18分2秒、蒼魔刀→片エビ固め)
諏訪魔&浜亮太&樋口和貞×

▽メインイベント ヒーリングと占い 金魚堂プレゼンツ6人タッグマッチ(30分1本勝負)

〇鈴木みのる&NOSAWA論外&MAZADA
(20分51秒、ゴッチ式パイルドライバー→体固め)
太陽ケア&TAKAみちのく×&近藤修司

この大会の休憩明けには前田日明氏がリングインし「いろいろ調べてみたら、世界には奇跡と言われる復活をして生活に戻った人が結構いるんですよね。高山! プロレスラーの体はな、神経で動くんじゃないんだよ。魂で動くんだよ! お前も魂で体を動かして、このリングに戻ってこい!」と呼びかけたそうです。
また、大会の最後には、高山の口から回復の兆しを伝えるビデオメッセージが流され、会場のファンを喜ばせたとの事。

 映像の高山はベッドの上ながら明るい表情。息切れしながらも声を振り絞り「足で蹴る感覚がちょっと出てきたのが分かったので、鈴木みのるの顔面にビッグブーツ(前蹴り)できるのを楽しみにしています。それまで、鈴木みのる、待ってろよ」と、盟友の鈴木に熱い言葉を送った。
 これに鈴木は「いつまで寝てるんだ、高山。そんなとこでくたばるんじゃねーぞ。テメエのトドメはオレが刺してやる」と手荒く返答。高山の決めゼリフ「高山に届け、ノーフィアー!」を絶叫して大会を締めたそうです。


[142] ただの全日ファン - 2018/09/01(Sat) 13:30 ID:  [No.108857]
Rayさんも無くなられましたか、残念です。
Rayさんは必ず戻ってくると思ってたのに。
亜利弥さん、Rayさんと女子プロレス界で訃報が続きますね。
ご冥福をお祈りします。


[143] ただの全日ファン - 2018/09/03(Mon) 21:42 ID:  [No.108873]
GENESIS 〜森嶋猛 帰還〜(GENESIS実行委員会主催)(10.15後楽園大会)
対戦カード
ベストボディ・ジャパンプロレス提供試合
未定

バトルロイヤル
(出場選手)
 ディアブロ(フリー)、柴山貴哉(DEP)、根本薫(DEP)、金KAZAN(柳ヶ瀬プロレス)、柳ヶ瀬仮面フェルサ(柳ヶ瀬プロレス)、小杉研太(DEP)
 美月(プロレスリング侍志團&豊田プロレス☆勇気)、X(当日発表)

ヒデ久保田(フリー)&ヤス久保田(Sportivaエンターテイメント)vsFUJITA(東京愚連隊)&MAZADA(東京愚連隊)

KAZMA SAKAMOTO(フリー)&橋本友彦(プロレスリングA−TEAM)&佐藤光留(パンクラスMISSION)
  vsロッキー川村(パンクラスism)&ヨシタツ(フリー)&吉江豊(フリー)

NOSAWA論外(東京愚連隊)&田中将斗(プロレスリングZERO1)vs田中稔(フリー)&越中詩郎(フリー)

杉浦貴(プロレスリングNOAH)vs森嶋猛(フリー)

柳ヶ瀬プロレスの選手が出場できたのは森嶋猛が柳ヶ瀬プロレスのコーチをやってた繋がりだそうです。


[144] fun◇fLongoRY - 2018/09/13(Thu) 17:48 ID:FgE5ULyI  [No.108902]
Number Webに「大地震2日後、根室のリングで見たジャイアントパンダへの声援と笑顔。」
といったニュースがありました。


9月6日未明、北海道を襲った北海道胆振東部地震。最大震度7を観測した巨大地震により道内全域が停電に見舞われ、多くの道民の生活に影響を与えた。

 「さすがにあの時は、どうしたらいいんだろうと思いましたね」

 そう語るのは、今や全国区の人気者となった身長3mの“着ぐるみレスラー”アンドレザ・ジャイアントパンダを生んだ、北海道根室市の社会人アマチュアプロレス団体「新根室プロレス」代表のサムソン宮本だ。

 新根室プロレスでは、あの大地震のわずか2日後にあたる9月8日(土)に、地元の三吉神社のお祭り会場で入場無料のビッグマッチ開催を予定していたのだ。

 広い北海道、震源地から遠く離れた根室市では、ほぼ揺れを感じなかったというが、停電は道内全域に及んでおり、それは根室も例外ではなかった。大会前日の7日昼まで、市内の多くの地域で停電が続いていたため、とても夜の屋外プロレスが開けるような状況ではなかったのだ。

前日まで電気が来ていない状況。

 ただ、三吉神社例大祭でのプロレス大会は、新根室プロレスがまだ地元民以外誰にも知られていなかった13年前から毎年開催し、大事にしてきた大会。またアンドレザ・ジャイアントパンダは、昨年の三吉神社例大祭での試合の模様が北海道新聞根室版に掲載され、それがネットで拡散されてブレイクしたという経緯もあり、今回はとくに力を入れた、新根室プロレスにとって特別な大会だったのだ。

 だからこそ、開催の是非について、大いに頭を悩ませたという。

 「今回は、根室の多くの方々が楽しみにしていただいていた大会で、さらに東京をはじめ、いろんな地方からわざわざ根室まで来てくださるお客さんもいると聞いていたんで、なんとか開催したいなと思ってたんですけど。

 いかんせん前日まで電気が来てませんでしたから、電気が来ないかぎり開催はできないなと、諦めかけていたんですよ。でも、『もしかしたら前日に復旧できるかもしれない』とも聞いていたんで、ギリギリまで迷いましたね」

 また、「電気が来ない」という物理的な理由だけでなく、この大変な時期にプロレス大会を開くのは不謹慎ではないか、という考えも頭をよぎったという。

 「じつは、リングを照らす照明用の発電機を用意してあったので、お祭りの実行委員会の方からは、『もし電気が来なくても、発電機を使って開催したらどうか』というお話もいただいてたんです。

 でも、いくら発電機があるとはいえ、周囲の家が停電して、みんなが不自由な生活を強いられている中、自分たちだけ発電機を使ってやることはできないと思ったんですね」

 そして例大祭実行委員会との協議の末、「停電が解消されれば開催、解消されなければ延期」という決定がなされた。すると大会前日の夕方には根室市全域でほぼ電気が復旧。ぎりぎりのタイミングで開催へのGOサインが出されたのだ。

 「電気が来たときは、本当にほっとしましたね。これでなんとか開催できるって」

また今回の三吉神社例大祭はビッグマッチということで、同じ北海道の芦別市在住で、昭和の新日本プロレス等で活躍した“悪のマネージャー”将軍KYワカマツのゲスト出場も決まっていた。しかし、同じ北海道とはいえ、芦別と根室は460km離れており、出場が危ぶまれていたが、ワカマツは「根室の人たちのために」と当日クルマで6時間かけて駆けつけたのだ。

 「ワカマツさんに、大会前日お電話したら『必ず行きますから、安心してください! 』と言っていただいて、心強かったですね。76歳であのバイタリティには頭が下がります」

 そして迎えた9月8日当日。19時半から開催するプロレスのために、夕方から三吉神社には続々とお客さんが詰めかけ、大地震のわずか2日後に500人以上の人々が集まった。 

 そして、新根室プロレスの大会は、最初から大盛り上がり。第1試合に登場した、アンドレザ・ジャイアントパンダの“息子”ラジャ・パンダくんは、早くも人気者になり、メインイベントに登場したアンドレザ・ジャイアントパンダの試合では、子供達がみんな大きな声で「パンダ」コールを送る光景も見られた。

 とても前夜まで停電で不自由な暮らしをしていたとは思えないほど、500人以上の観客、みんなが笑顔だったのが印象的だ。

「経験した方ならわかると思いますけど、停電になると何もできないんですよ。仕事もできないし、お店もみんな閉まってるし、時間潰すのにビデオとかテレビも見られない。そういう状態が2日間続いていたので、あれだけ盛り上がったのは、その反動もあったんじゃないですかね。新根室プロレスで楽しむのと同時に、『電気がついたぞー! 』っていうよろこびでもあったと思います」

 今回の三吉神社例大祭は、電気復旧のよろこびを分かち合う復活祭のような盛り上がりとなったのだ。

 「開催まではいろいろ不安でしたし、開催して本当にいいのかなという葛藤もありましたけど。根室の人たち、とくに子供たちがあんなによろこんでくれて、開催して良かったなって思いますね」

 大会の最後は、新根室プロレス統括本部長のOSSANタイガー選手が、「無理しない!  怪我しない!  明日も仕事――ッ!」と、新根室プロレスのモットーを観客全員と唱和して締めた。

 北海道の人たちに元気を与えるなどと、大それたことは言わない。でも、会場に来た根室市民みんなを笑顔にしてくれた新根室プロレス。

 無理せず、ケガせず、日々の生活を大事にしながら、これからもアンドレザ・ジャイアントパンダと新根室プロレスは、北海道の片隅から各地に笑顔を届けてくれることだろう。


地震があった私の地元 、北海道関係の団体、選手ですので応援しています…。(;^_^A


[145] fun◇fLongoRY - 2018/09/15(Sat) 05:42 ID:6MKG0Th.  [No.108903]
森嶋猛(39)約3年半ぶりの復帰戦となる10月15日の東京・後楽園ホール大会が中止になりました。主催するエス・ピー広告社が発表。

 森嶋は全日本プロレス、ノアなどで活躍した後、2015年4月に右肩の負傷や肝臓の病気を理由に引退していたが、7月に復帰を表明。2日にはメインでノアのGHCヘビー級王者・杉浦貴(48)と対戦することが発表されていた。

 しかし、10日の練習の際、ランニング中に足に激痛が走り、都内の病院に緊急搬送され、検査の結果「化膿性関節炎」で13日に手術を受けた。回復までに4週間以上を要すると医師に診断され、復帰戦への出場を断念。大会は中止に…。

 森嶋はファクスで「この度は、私の復帰のために多大なるご尽力を頂きました、杉浦選手、内田会長をはじめ、プロレスリング・ノアの関係者の皆様、応援を頂いている皆様、メディア各社様、何よりもお待ちいただきましたファンの皆様、皆様のご好意を裏切ることになり、伏してお詫び申し上げます。本当に情けなく、しょっぱくてごめんなさい。復帰したい気持ちは本心なので、一日も早く回復させ、リングに立ちたいと思います。勝手ばかり、ご心配をお掛けしてばかりで本当にごめんなさい」とコメントを送ったそうです。


[146] ただの全日ファン - 2018/09/19(Wed) 01:05 ID:DlxCFIWQ  [No.108925]
昭和プロレスフェスタ in 仙台 2018年9月28日(金)(主催みちのくプロレス)

第1試合
大瀬良泰貴vs川村興史

第2試合
剣舞&ラッセ&東北新幹線はやぶさ&相澤No.1vs日向寺塁&卍丸&Ken45°&郡司歩

第3試合
藤原喜明(藤原組)&グラン浜田(フリー)&ザ・グレート・サスケ
  vs百田光雄(リキエンタープライス)&菊地毅(フリー)&気仙沼二郎

第4試合
のはしたろうvs関本大介(大日本プロレス)

第5試合
長州力(リキプロ)&ヒロ斎藤(DRADITION)&新崎人生
  vs藤波辰爾(DRADITION)&ディック東郷&GAINA(フリー)


[147] ただの全日ファン - 2018/09/24(Mon) 16:36 ID:Qfsb.o/A  [No.108933]
今日のDDT後楽園大会でDRAGON GATEの#STRONGHEARTSのCIMAが竹下幸之助に宣戦布告しました。
両国大会で竹下幸之助vsCIMAの一騎打ちとALL OUTvs#STRONGHEARTSの対抗戦が決まりました。

元IGFの奥田啓介がDDTに入団しました。


[148] fun◇fLongoRY - 2018/09/27(Thu) 07:26 ID:uxvsfX9w  [No.108937]
>全日ファンさん

DDT情報ありがとうございます。


遅くなりましたが連休中の色々な団体の主な試合結果です。

DDT
Road to Ryogoku 2018
9月23日(日)後楽園ホール 観衆 1279人(超満員)

第五試合 60分一本勝負
<王者組>マイク・ベイリー&MAO○
9分0秒 キャノンボール450°→片エビ固め
<挑戦者組>バラモンシュウ&バラモンケイ×
※第65代王者が初防衛に成功。

セミファイナル 30分一本勝負
ハードコアトルネードスペシャル6人タッグマッチ
サブゥー&葛西純&菊タロー×
12分33秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド
○竹下幸之介&彰人&勝俣瞬馬
※試合後にSTRONGHEARTS襲来、10・21両国で竹下vsCIMAへ

メインイベント 60分勝負
KO-D無差別級選手権試合〜サバイバル3WAYマッチ
【試合経過】
@<挑戦者>○男色ディーノ
(16分9秒 ゲイ道クラッチ)
<挑戦者>×入江茂弘

<王者>×里村明衣子
20分1秒 男色ドライバー→漢固め
<挑戦者>○男色ディーノ
※ディーノが第67代王者に返り咲く。10・21両国のメインでvs佐々木戦へ



スターダム
5☆STAR GP2018
9月24日(祝・月)後楽園ホール(観衆850人)

◆5☆STAR GP2018 決勝戦 30分1本勝負
<ブルースターズ1位>○岩谷麻優
15分56秒 ドラゴン・スープレックス・ホールド
<レッドスターズ1位>×林下詩美
※5☆STAR GP2018優勝は岩谷麻優

(5☆STAR GP2018表彰)
ベストマッチ=9・8新木場の叫女vs花月
殊勲賞=小波
敢闘賞=渡辺桃
技能賞=葉月

メインの試合後、岩谷に呼ばれて登場した一期生の星輝ありさが復帰を宣言したそうです。


[149] fun◇fLongoRY - 2018/09/27(Thu) 07:26 ID:uxvsfX9w  [No.108938]
連続投稿失礼します。

入江茂弘が9月いっぱいでDDTを退団し10月からフリーとなるそうです。
DDT所属としての最後の試合は9.30町田大会。ただし10月6〜8日の北海道ツアー、10日の「マジ卍」新木場大会、21日の両国大会には参戦するとの事。

10.21両国国技館

「入江茂弘壮行試合」
入江茂弘&石井慧介
vs
HARASHIMA&坂口征夫


記者会見の質疑応答です(9月25日)

――これまでも海外遠征をおこなってきましたが、今回、退団という形を取ったのは?
入江 やっぱり後楽園での敗戦もありますし向こうの人たちとの絆が深くなって、こういう決断になりました。
――今後の活動のプランは?
入江 一番はやっぱり、向こうで何かチャンスをつかんで、大きなとこに挑戦していきたいと思います。
――最近は団体批判などもありましたが、現在の心境は?
入江 今となってはすべていい思い出です。辛いこともありましたけど、やっぱり楽しかった。でも楽しいだけではダメなので。自分をもっと追い詰めたいなと。
――ここまでの流れだと、団体との関係を気にするファンもいるかもしれません。あらためて高木さんから説明をお願いできれば。
高木 入江が戻ってきて、今のDDTに対して主張してたこと、DDTを変えたいという部分に関しては、僕はそれぞれのお客さん、選手一人ひとりが考えることだと思います。今回の退団に関して言えば、新たなチャンスを掴みにいくということ。ただDDTにチャンスがなかったということでもないと思いますし。ベクトルとして海外への気持ちが強かったということで。僕らはそれを後押ししてあげたいし。いま吉村(直巳)、レッカも海外行ってますけど、僕ら自身も海外に目を向けてやっていきたいという気持ちがありますので。その部分だけですね。団体とのどうのこうのは、少なくとも僕自身の中ではないです。それより、デビューの頃から見てた選手なので、頑張ってほしいなと。もっともっと主張もしてほしいですし。
――あらためて、海外で闘っていくことの魅力は?
入江 自分が見てたものっていうのを、ここにいるとそれがすべてだと思ってしまうんですけど、自分が見てて大きいと思ったものより、さらに大きいものが(海外では)見えて。もっといろんなものが見たい、いろんな経験がしたいという気持ちが強くなりました。
――DDTでの生活で思い出に残る試合、出来事は?
入江 ……もう多くて選べないですよね。
高木 そうだよなぁ。野郎Zとかあったしなぁ。
入江 野郎Z、楽しかったですね(笑)。
高木 名古屋でこいつとタイトルマッチやったこともありましたね。
入江 (思い出は)多すぎますよね。
高木 これからもたくさん思い出ができるよ。
――退団について、石井選手から反応は?
入江 相談したら背中を押してくれました。「今、入江くんが一番体が動く絶好調の時だと思うから、今がチャンスだと思うよ」と背中を押してくれました。
――DDTに残る選手に伝えたいことは?
入江 そんなに大きなことは言えないですけど、プロレスって夢があると思うので。夢を持って、夢を信じて、夢に向かって突き進んでほしいです。僕は夢がかなわなくてどうなったとしても、地の底に沈んだとしても気持ちのいい人生だと思うので。

最後は入江、高木の二人で握手。「ハートに近い」左手を握って記念撮影したそうです。



[150] ただの全日ファン - 2018/09/28(Fri) 12:06 ID:66sfB0PE  [No.108939]
DRAGON GATEの鷹木信悟が10月7日をもって退団し、フリーへ。


[151] ただの全日ファン - 2018/09/28(Fri) 17:51 ID:66sfB0PE  [No.108940]
連続を投稿します。
DDTプロレスリングの入江茂弘が9月で退団し、海外中心の活動となります。


[152] ただの全日ファン - 2018/09/29(Sat) 11:33 ID:9Owza.DE  [No.108942]
大仁田厚がプロレスリングA−TEAMにて7度目の復帰戦を行います。
これからは試合のギャラをもらわない「ボランティアレスラー(自称)」としてやっていくそうです。

70歳になったキム・ドク(タイガー戸口)がプロレスリングA−TEAMで復活したWEWヘビー級王座を下田大作から奪取しました。


[153] fun◇fLongoRY - 2018/10/01(Mon) 10:59 ID:  [No.108948]
ZERO1
『ドリームシリーズ〜誕生の陣〜弾丸戦士・田中将斗 デビュー25周年記念大会』
9月30日(日) 後楽園ホール

主な試合結果です。

この日三又GMがレフェリーデビュー。
将軍岡本がまさかのブードゥー入りしたそうです。
又、田中将斗25周年の祝福に黒潮“イケメン”二郎も登場したそうです。

第3試合 タッグマッチ30分1本勝負
×佐藤 耕平&SUGI
10分40秒 回転エビ固め
○宮本裕向&石川修司

第4試合 NWA UNヘビー級選手権試合 30分1本勝負
(王者)○将軍岡本
15分01秒 張り手→体固め
(挑戦者)×大谷 晋二郎
※(王者)将軍岡本が防衛


第5試合 シングルマッチ 30分1本勝負
×ハートリー・ジャクソン
12分02秒 パッケージパイルドライバー→片エビ固め
○クリス・ヴァイス

第6試合 田中将斗25周年記念試合 30分1本勝負
○田中将斗&杉浦貴
25分29秒 スライディングD→片エビ固め
火野裕士&関本大介×


[154] fun◆YtKXN/LQ - 2018/10/05(Fri) 13:05 ID:  [No.108958]
船木誠勝デビュー33周年記念大会
9月30日(日)エディオンアリーナ大阪・第2競技場

遅くなりましたが主な試合結果です。

真説タイガーマスクデビュー戦 33分1本勝負
〇真説タイガーマスク&スーパータイガー
11分17秒 反則勝ち
金本浩二&スーパーブラックタイガー×

船木誠勝デビュー33周年記念試合 33分3番勝負
@〇船木誠勝(4分57秒 三角締め)AKIRA×
A〇船木誠勝(5分57秒 ハイブリットブラスター→片エビ固め)佐野巧真×
B△船木誠勝(11分00秒 時間切れ引き分け)丸藤正道△


[155] fun◇fLongoRY - 2018/10/20(Sat) 05:01 ID:4gDyJwtc  [No.109006]
“ケンカ番長”ディック・スレーター
が亡くなりました。

WWE公式サイトは18日(日本時間19日)、米国の元プロレスラー、ディック・スレーターさんが死去したと発表。67歳だった。死因は心臓病と見られている。

“ケンカ番長”の異名を取ったスレーターさんは1974年に初来日し、全日本プロレスでは故ジャンボ鶴田さんの好敵手として活躍。80年のチャンピオン・カーニバルでは決勝に進出した。86年からWWF(現WWE)にも出場し、96年に引退した。


ご冥福お祈りします。


[156] fun◇fLongoRY - 2018/10/22(Mon) 15:58 ID:/edjukJQ  [No.109014]
DDT
「両国ピーターパン2018〜秋のプロレス文化祭〜」
10月21日(日) 東京・両国国技館

主な試合結果です。

第六試合 30分一本勝負
総研ホールディングス presents 食うか食われるか!? ジャイアント・スペシャルシングルマッチ
○アンドレザ・ジャイアントパンダ
10分25秒 アンドレザプレス→体固め
×スーパー・ササダンゴ・マシン

第七試合 30分一本勝負
年の差27歳! 代表取締役社長(48歳)と所属選手(21歳)による血で血を洗う抗争劇・最終決着ウェポンランブル!
○MAO
24分5秒 キャノンボール450° on the タンス with 衣装ケース体固め
×高木三四郎

第八試合 30分一本勝負
入江茂弘壮行試合
○入江茂弘&石井慧介
14分50秒 ビーストボンバー→体固め
HARASHIMA&坂口征夫×

セミファイナル 30分一本勝負
ドラマティック・ドリームマッチ
○CIMA
24分21秒 メテオラ→エビ固め
×竹下幸之介

メインイベント 60分一本勝負
グッドコムアセット presents KO-D無差別級選手権試合
<王者>×男色ディーノ
32分10秒 ミスティカ式クロスオーバー・フェースロック
<挑戦者>○佐々木大輔
※佐々木が第68代王者となる。


[157] fun◇fLongoRY - 2018/10/22(Mon) 15:59 ID:/edjukJQ  [No.109015]
連続投稿失礼します。

DDT
「両国ピーターパン2018〜秋のプロレス文化祭〜」
10月21日(日) 東京・両国国技館

第6試合終了後、11.30新宿FACE大会からはじめるD王GP2019への出場選手として、HARASHIMA、竹下、佐々木、遠藤、高尾、彰人、樋口、MAO、高梨、プーマ・キング、ベイリー、サミー・ゲバラ、青木真也、潮崎豪が発表されました。


[158] fun◇fLongoRY - 2018/10/26(Fri) 09:36 ID:u8PsSRHg  [No.109028]
大日本プロレス
「最侠タッグリーグ2018決勝戦」
10月25日(木)東京・後楽園ホール
【観衆】1058人

主な試合結果です。

▼第6試合 大日本プロレス・最侠タッグリーグ2018・3位決定戦
蛍光灯タッグデスマッチ 30分1本勝負
伊東竜二&関根龍一
12分7秒 葛西&沼澤乱入により収拾つかず無効試合
アブドーラ・小林&宇藤純久

▼セミファイナル タッグマッチ 30分1本勝負
鈴木秀樹&菊田一美
12分19秒 収拾つかず無効試合
竹田誠志&塚本拓海

※再試合
▼セミファイナル タッグマッチ 30分1本勝負
鈴木秀樹&菊田一美×
42秒 アンクルホールド
○竹田誠志&塚本拓海

▼メインイベント 大日本プロレス・最侠タッグリーグ2018決勝戦
BJW認定タッグ選手権試合 30分1本勝負
×橋本大地&神谷英慶
12分34秒 合体オオキドプレス→体固め
○浜亮太&中之上靖文
※浜&中之組が優勝&第47代BJW認定タッグチャンピオンとなる





[159] fun◇fLongoRY - 2018/11/05(Mon) 10:55 ID:  [No.109048]
「SEAdLINNNG〜GO!BEYOND〜」
11月1日(木)東京・後楽園ホール 観衆841人

遅くなりましたが主な試合結果です。

第2試合 SEAdLINNNG BEYOND THE SEAシングルチャンピオン決定トーナメント
準決勝(時間無制限1本勝負)
○中島安里紗
(12分12秒、ドラゴン・スープレックス・ホールド)
×中森華子

第3試合 SEAdLINNNG BEYOND THE SEAシングルチャンピオン決定トーナメント
準決勝(時間無制限1本勝負)
○高橋奈七永
(15分22秒、パッションパッケージ)
×彩羽匠

第4試合 ハイスピード3WAYマッチ(15分1本勝負)
○桃野美桜
(6分53秒、ラ・マヒストラル)
×高瀬みゆき
※もう1人は赤井沙希

第5試合 SEAdLINNNG BEYOND THE SEA Tag Team ChampionSHip(30分1本勝
負)
<王者組>○世志琥&山下りな
(17分35秒、ダイビング・セントーン→片エビ固め)
<挑戦者組>水波綾&大畠美咲×
※初代王者組が4度目の防衛に成功

第6試合 SEAdLINNNG BEYOND THE SEA初代シングルチャンピオン決定戦(時間
無制限1本勝負)
○高橋奈七永
(18分2秒、ワンセコンドEX→片エビ固め)
×中島安里紗
※奈七永が初代王者となる


[160] fun◇fLongoRY - 2018/11/12(Mon) 01:26 ID:.JM3x6l.  [No.109058]
BJW大日本プロレス
「両極譚〜RYOGOKUTAN〜2018」
11月11日(日) 東京・両国国技館【観衆】3880人

主な試合結果です。

▼第6試合 2008年デビュー・10年目の同期対決〜岡林裕二復帰戦〜
シングルマッチ 30分1本勝負
×岡林裕二 vs 
12分23秒 腕ひしぎ十字固め
○河上隆一

▼第7試合 BJW認定タッグ選手権試合〜テーブルクラッシュマッチ 30分1本勝負
【第47代王者】○浜亮太&中之上靖文
10分55秒 場外へのオオキドプレス→テーブルクラッシュ
【挑戦者組】×植木嵩行&佐久田俊行
※初防衛に成功

▼第8試合 BJW認定ジュニアヘビー級選手権試合 30分1本勝負
【第2代王者】○橋本和樹 
14分11秒 グラウンド三脚巴
【挑戦者】×青木優也
※2度目の防衛に成功

▼第9試合 復活045邪猿気違's
〜Madness Massacre Returns〜殺戮凶器の宴〜 30分1本勝負
○アブドーラ・小林&伊東竜二 
15分40秒 ダイビング・バカチンガーエルボードロップ→体固め
葛西純&“黒天使”沼澤邪鬼×

▼セミファイナル BJW認定世界ストロングヘビー級選手権試合 30分1本勝負
【第12代王者】×鈴木秀樹
15分40秒 リストクラッチ式ジャーマンスープレックスホールド
【挑戦者】○関本大介〇
※関本が第13代王者となる

▼メインイベント BJW認定デスマッチヘビー級選手権試合
両国〜バリケードof DEATH〜ダブルボード&ダブルバリケード+αデスマッチ 30分1本勝負
【第36代王者】×竹田誠志 
19分38秒 ソルトへのジャックハマー→片エビ固め
【挑戦者】○高橋匡哉
※高橋が第37代王者となる


[161] fun◇YtKXN/LQ - 2018/11/27(Tue) 09:05 ID:uxvsfX9w  [No.109096]
ZERO-ONE
ドリームシリーズ〜子の月の陣〜天下一ジュニアトーナメント
11月24日(土) 新木場1stリング

遅くなりましたが主な試合結果です。

第5試合 世界ヘビー級選手権試合 シングルマッチ30分1本勝負
(王者)×田中 将斗
21分06秒 リストクラッチ式ジャーマンスープレックスホールド
(挑戦者)○関本大介
※関本が新王者になる




[162] fun◇YtKXN/LQ - 2018/11/27(Tue) 23:09 ID:uxvsfX9w  [No.109102]
DDT
DDT Special 2018
11月25日(日) 東京・後楽園ホール 1312人(超満員)

遅くなりましたが主な試合結果です。

第四試合 30分一本勝負
DDT Special四大シングルマッチ〜ハードコアルール
<総選挙9位>×MAO
12分30秒 垂直落下式リバース・タイガードライバー→片エビ固め
<総選挙20位>○葛西純

第五試合 30分一本勝負
DDT Special四大シングルマッチ〜アイアンマンヘビーメタル級選手権試合
<王者=総選挙13位>○竹下幸之介
11分53秒 KO勝ち
<挑戦者=総選挙3位>×伊藤麻希
※第1337代王者が防衛に成功。

第六試合 30分一本勝負
DDT Special四大シングルマッチ
<総選挙2位>▲彰人
12分4秒 無効試合
<総選挙7位>▲男色ディーノ

セミファイナル 30分一本勝負
DISASTER BOX vs #STRONGHEARTS
HARASHIMA&平田一喜×
14分17秒 エビ固め
○CIMA&エル・リンダマン
※エゴイストドライバー



メインイベント 60分一本勝負
DDT Special四大シングルマッチ〜KO-D無差別級選手権&賞金100万円争奪マッチ
<王者=総選挙5位>○佐々木大輔
21分56秒 佐々木式ウラカンラナ
<挑戦者=総選挙1位>×高梨将弘
※第68代王者が初防衛戦に成功するとともに賞金100万円を獲得。



[163] fun◇YtKXN/LQ - 2018/12/01(Sat) 08:13 ID:  [No.109111]
DDT&大日本による12・31「年越しプロレス2018〜年忘れ!シャッフル・タッグトーナメント〜」出場チームです。

<出場チーム>
○中之上靖文&樋口和貞
○植木嵩行&マイク・ベイリー
○関本大介&飯野雄貴
○宇藤純久&高木三四郎
○浜亮太&アントーニオ本多
○アブドーラ・小林&HARASHIMA
○伊東竜二&上野勇希
○吉野達彦&遠藤哲哉
○藤田ミノル&高尾蒼馬
○橋本大地&佐々木大輔
○バラモン兄弟&高梨将弘
○グレート小鹿&サミー・ゲバラ
○野村卓矢&平田一喜
○岡林裕二&坂口征夫
○青木優也&MAO
○宮本裕向&竹下幸之介
※トーナメント組み合わせは決まり次第発表の予定。

 
年越しプロレス2018〜年忘れ!シャッフル・タッグトーナメント〜
12月31日(月)開始20:00
東京・後楽園ホール


[164] fun◇YtKXN/LQ - 2018/12/06(Thu) 06:04 ID:  [No.109128]
“侍戦士”越中詩郎(60)が4日、東京・江東区の東京スポーツ新聞社を訪れデビュー40周年記念興行「侍祭り」(来年1月30日、後楽園ホール)の全対戦カードを発表したそうです。

 到着するなり「ここ住所は越中島(えっちゅうじま)っていうの? 越中島(こしなかじま)に変えろって!」とむちゃくちゃくちゃなことを言いだした越中は、同大会のメインでAKIRA、青柳政司、齋藤彰俊、新メンバーのXと組み、セコンドにザ・グレート・カブキを加えた「平成最後の平成維震軍」として出撃。橋本大地、遠藤哲哉、芦野祥太郎、最上九、清宮海斗の平成生まれ5人組と10人タッグ戦で激突する。「年号が終わるということで、総決算じゃないけど最後にでっかい花火を打ち上げてやるって。あの平成生まれの軟弱な温室育ちどもをみんなぶっ飛ばしてやるって!」と腕をぶした。

 来年の5月1日から新元号がスタートするが、もちろん平成維震軍はさらなる飛躍を目指していく。新メンバー「X」の投入もその一環だ。「これは直感だって。こういうことがあるなら、絶対こいつを呼んでやろうって思ってたって」と、その正体はベールに包みつつ「本当はこいつら(対戦相手の平成生まれ5人組)がプロレス界を盛り上げなきゃいけないのに、何も届いてこないって。それなら俺たちが逆に踏み台にしてやるって」と不敵な笑みを浮かべた。

 40周年は一握りのトップレスラーしか迎えられない節目。「あっという間だって。40年前のこともついこの前のことのように覚えてるって。50周年に向けて? 一試合一試合、そこだけだって。ただ『やってやるって』とは思ってるって」と豪語した侍が、平成最後の大暴れをする…との事。


[165] fun◇YtKXN/LQ - 2018/12/06(Thu) 06:05 ID:  [No.109129]
“爆弾小僧”の異名を取ったレジェンドプロレスラーのダイナマイト・キッドさん(本名トーマス・ビリントン)が5日、死去したことが分かった。60歳でした。

 1958年12月5日、英国・ランカシャー州ゴルボーンの出身で、13歳の時からレスリングを始め、75年にテッド・ベットレーにスカウトされてプロ入りした。

 78年にカナダのカルガリー地区に転戦し、軽量級のスターとして売り出された。86年4月の「レッスルマニアII」ではWWF世界タッグ王座を獲得している。

 日本では79年に国際プロレスに初来日し、81年4月の新日本プロレス・蔵前国技館大会では初代タイガーマスク(61)のデビュー戦の相手を務めた。

 スピード感あふれるファイトスタイルで、初代タイガーや藤波辰爾(64)のライバルとして活躍し、84年には全日本プロレスに移籍。91年12月に体力の限界を理由に引退を表明したが、93年に日本と英国で同時にカムバックを果たした。

 だが、近年は体調悪化のため施設で過ごしていた。

 初代タイガーマスク(佐山聡)の話「現状は知っていたので覚悟はしていましたが、私にとって偉大なライバルであるトニーが亡くなって悲しみに暮れています。今はただ、安らかに眠っていただきたいです」

ご冥福お祈りします。


[166] fun◇YtKXN/LQ - 2018/12/07(Fri) 21:24 ID:  [No.109135]
新間寿プロデュース 初代タイガーマスク 佐山サトル認定
『原点回帰プロレス』第5弾〜世界マスクマントーナメント決勝〜
12月6日(木)後楽園ホール
観衆:1525人(満員)

遅くなりましたが試合結果です。

▼タッグマッチ 20分1本勝負
○雷神矢口(浅草プロレス)&間下隼人
11分45秒 サンダーストラック→片エビ固め
タカ・クノウ(チーム大田章)&●伊香保京介(ランズエンド)

▼世界マスクマントーナメント 準決勝 30分1本勝負
○ドス・カラスJr.(UWAメキシコ)
13分4秒 反則(マスク剥ぎ)
●イホ・デ・ブラックタイガー(UWAメキシコ)
※ドス・カラスJr.が決勝戦に進出

▼6人タッグマッチ 45分3本勝負
ラ・マスカラ(UWAメキシコ)&マキシモ(UWAメキシコ)&○ブラソ・デ・オロJr.(UWAメキシコ)
2−1
●バイキン・キッド(UWAメキシコ)&マスカラ・ディアブロ(UWAメキシコ)&エル・ペロ・デ・アキータ(UWAメキシコ)

<一本目>
ラ・マスカラ(UWAメキシコ)&マキシモ(UWAメキシコ)&○ブラソ・デ・オロJr.(UWAメキシコ)
8分13秒 ウラカン・ラナ
●バイキン・キッド(UWAメキシコ)&マスカラ・ディアブロ(UWAメキシコ)&エル・ペロ・デ・アキータ(UWAメキシコ)

<二本目>
ラ・マスカラ(UWAメキシコ)&マキシモ(UWAメキシコ)&●ブラソ・デ・オロJr.(UWAメキシコ)
7分44秒 体固め
○バイキン・キッド(UWAメキシコ)&マスカラ・ディアブロ(UWAメキシコ)&エル・ペロ・デ・アキータ(UWAメキシコ)

<三本目>
ラ・マスカラ(UWAメキシコ)&マキシモ(UWAメキシコ)&○ブラソ・デ・オロJr.(UWAメキシコ)
8分24秒 スパニッシュ・フライ→体固め
●バイキン・キッド(UWAメキシコ)&マスカラ・ディアブロ(UWAメキシコ)&エル・ペロ・デ・アキータ(UWAメキシコ)

▼タッグマッチ 30分1本勝負
河野真幸(WRESTLE-1)&●納谷幸男
10分5秒 反則
○崔領二(ランズエンド)&KAZMA SAKAMOTO(フリー)

▼ダブルメインイベント 世界マスクマントーナメント決勝
○ブラックタイガーJr.(船木誠勝)
9分45秒 変形胴締めスリーパー→ギブアップ
●ドス・カラスJr.(UWAメキシコ)
※○ブラックタイガーJr.(船木誠勝)が世界マスクマントーナメント優勝


▼ダブルメインイベント 6人タッグマッチ 時間無制限1本勝負
○スーパー・タイガー&大谷晋二郎(ZERO1)&岩崎孝樹(ガン☆プロ)
12分34秒 タイガースープレックスホールド
ベン・クロコダイル(不明)&将軍岡本(フリー)&●松本崇寿(リバーサルジム立川 ALPHA)



[167] ただの全日ファン - 2018/12/12(Wed) 14:36 ID:sqDWo3WU  [No.109155]
長州力プロデュース POWER HALL2018
2018年12月28日 (金)後楽園ホール大会の全ガード

第1試合
ヨシタツ(フリー)&ロッキー川村&吉田綾斗(K−DOJO)
  vs佐藤光留(パンクラスMISSION)&橋本友彦(プロレスリングA−TEAM)&KAZMA SAKAMOTO(フリー)
第2試合
AKIRA(MAKAI)&齋藤彰俊(プロレスリングNOAH)
  vsMAZADA(東京愚連隊)&FUJITA(東京愚連隊)
第3試合
藤原喜明(藤原組)&伊橋剛太(DDTプロレスリング)vs田中稔(フリー)&吉田充宏(GJPプロレスリング)
第4試合
大谷晋二郎(プロレスリングZERO1)&吉江豊(フリー)&杉浦貴(プロレスリングNOAH)&野村卓矢(大日本プロレス)
  vsケンドー・カシン(フリー)&佐藤耕平(プロレスリングZERO1)&中嶋勝彦(プロレスリングNOAH)&平田智也(プロレスリングFREEDOMS)
第5試合
越中詩郎(フリー)&坂口征夫(DDTプロレスリング)&ダイナソー拓真(K−DOJO)
  vs関本大介(大日本プロレス)&真霜拳號(K−DOJO)&梅田公太(DDTプロレスリング)
第6試合
長州力(リキプロ)&藤波辰爾(DRADITION)&マサ北宮(プロレスリングNOAH)
  vsNOSAWA論外(東京愚連隊)&葛西純(プロレスリングFREEDOMS)&清宮海斗(プロレスリングNOAH)


[168] ただの全日ファン - 2018/12/12(Wed) 14:37 ID:sqDWo3WU  [No.109156]
連続投稿
越中詩郎デビュー40周年記念大会 侍祭り 〜平成最後の平成維震軍〜
2019年1月30日(水)後楽園ホール大会 全カード
 大森隆男(全日本プロレス)&カーベル伊藤vs青柳優馬(全日本プロレス)&岡田佑介(全日本プロレス)

WRESTLE−1提供試合
 カズ・ハヤシvsアレハンドロ

長井満也(DRADITION)&雷神矢口vsTAJIRI(フリー)&関本大介(大日本プロレス)

藤波辰爾(DRADITION)&佐藤耕平(プロレスリングZERO1)&X
  vsNOSAWA論外(東京愚連隊)&MAZADA(東京愚連隊)&KAZMA SAKAMOTO(フリー)

メインイベント
越中詩郎&AKIRA&青柳政司&齋藤彰俊&X with ザ・グレート・カブキ
  vs橋本大地(大日本プロレス)&遠藤哲哉(DDTプロレスリング)&、芦野祥太郎(WRESTLE−1)最上九(K−DOJO)&清宮海斗(プロレスリングNOAH)


[169] fun◇YtKXN/LQ - 2018/12/13(Thu) 21:48 ID:FgE5ULyI  [No.109164]
2018年度プロレス大賞(東京スポーツ新聞社制定)の選考会が12日、都内の同社で開かれ、最優秀選手賞(MVP)は、棚橋弘至(42)=新日本プロレス=が4年ぶり4度目の受賞。
三賞は殊勲賞に丸藤正道(39)=プロレスリング・ノア=、敢闘賞に清宮海斗(22)=プロレスリング・ノア=、技能賞に内藤哲也(36)=新日本プロレス=が選ばれました。

 今年、デビュー20周年を迎えた丸藤は、20周年記念試合でWWEのヒデオ・イタミことKENTAと夢の再会マッチを果たし、古巣・全日本プロレスのチャンピオンカーニバルに出場して初優勝を飾るなど話題を振りまき、06年の殊勲賞以来12年ぶりの三賞受賞となった。清宮は各賞を通じて初受賞。2年連続MVPだった内藤は初の三賞となったとの事。

 

◆2018年度プロレス大賞

▽最優秀選手賞(MVP) 棚橋弘至(新日本プロレス)

▽年間最高試合(ベストバウト) ケニー・オメガVSオカダ・カズチカ(6月9日・新日本プロレス大阪城ホール大会、IWGPヘビー級3本勝負)

▽最優秀タッグチーム賞 諏訪魔(全日本プロレス)&石川修司(フリー)

▽殊勲賞 丸藤正道(プロレスリング・ノア)

▽敢闘賞 清宮海斗(プロレスリング・ノア)

▽技能賞 内藤哲也(新日本プロレス)

▽新人賞 林下詩美(スターダム)

▽女子プロレス大賞 藤本つかさ(アイスリボン)

▽レスリング特別表彰 ブダペスト世界選手権金メダリスト(須崎優衣、奥野春菜、向田真優、川井梨紗子、乙黒拓斗)


[170] fun◇YtKXN/LQ - 2018/12/27(Thu) 09:37 ID:uxvsfX9w  [No.109189]
ZERO1ドリームシリーズ〜Happy Christmas Night〜
12月22日(土)  新木場1stリング

遅くなりましたが試合結果です。

第1試合
『風林火山タッグトーナメント』準決勝 30分1本勝負
大谷 晋二郎&高岩竜一×
11分19秒 パイルドライバー→片エビ固め
○佐藤 耕平&SUGI

第2試合
『風林火山タッグトーナメント』準決勝 30分1本勝負
×菅原 拓也&火野裕士
9分55秒 パッケージパイルドライバー→エビ固め
将軍岡本&クリス・ヴァイス○

第6試合
『風林火山タッグトーナメント』決勝戦 時間無制限1本勝負決勝
佐藤 耕平&SUGI○
14分5秒 スワンダイブ式ファイアーバードスプラッシュ→エビ固め。
将軍岡本&クリス・ヴァイス×
※耕平& SUGI組が風林火山タッグトーナメント優勝



[171] fun◇YtKXN/LQ - 2018/12/29(Sat) 23:22 ID:Qo/.fI9s  [No.109196]
『 POWER HALL 2018〜イヤー・エンド・スペシャル〜』
12月28日 (金) 後楽園ホール 観衆:1580人

遅くなりましたが試合結果です。

〈第1試合〉6人タッグマッチ 30分1本勝負
○ヨシタツ(フリー)&ロッキー川村(パンクラスISM)&吉田綾斗(K-DOJO)
9分12秒 コードブレイカー・フロム・ジェリコ→片エビ固め
佐藤光留(パンクラスMISSION)&橋本友彦(A-TEAM)&×KAZMA SAKAMOTO(フリー)

〈第2試合〉タッグマッチ 30分1本勝負
[平成維震軍]○AKIRA(魔界)&齋藤彰俊(NOAH)
9分18秒 ムササビプレス→片エビ固め
[東京愚連隊]×MAZADA(東京愚連隊)&FUJITA(東京愚連隊)

〈第3試合〉タッグマッチ 30分1本勝負
○藤原喜明(フリー)&伊橋剛太(DDT)
9分50秒 ワキ固め
田中稔(フリー)&×吉田充宏(GJP)

〈第4試合〉8人タッグマッチ 30分1本勝負
大谷晋二郎(ZERO1)&吉江豊(フリー)&○杉浦貴(NOAH)&野村卓矢(大日本)
17分18秒 オリンピック予選スラム→片エビ固め
ケンドー・カシン(フリー)&佐藤耕平(ZERO1)&中嶋勝彦(NOAH)&×平田智也(FREEDOMS)

〈第5試合〉6人タッグマッチ 45分1本勝負
越中詩郎(フリー)&坂口征夫(DDT)&×ダイナソー拓真(K-DOJO)
12分17秒 垂直落下式ブレーンバスター→体固め
関本大介(大日本)&○真霜拳號(K-DOJO)&梅田公太(DDT)

〈第6試合〉6人タッグマッチ 60分1本勝負
○長州力(リキプロ)&藤波辰爾(ドラディション)&マサ北宮(NOAH)
8分1秒 リキラリアット→体固め
×NOSAWA論外(東京愚連隊)&葛西純(FREEDOMS)&清宮海斗(NOAH)




[172] fun◇YtKXN/LQ - 2018/12/29(Sat) 23:23 ID:Qo/.fI9s  [No.109197]
連続投稿失礼します。

12月28日、後楽園ホールで行われた『 POWER HALL 2018〜イヤー・エンド・スペシャル〜』に武藤敬司が来場。長州力の引退興行で復帰戦を行う事を宣言したそうです。

 リングに登場した武藤は「今日は引退の決まっている長州力!2月15日に行われる俺のプロデュースするプロレスリングマスターズ、最後のオファーしにやってきました!出場することが決まりました。自分自身、今年の3月に両膝手術しまして、今復帰に向けて一生懸命頑張ってます!今度4月に、ニューヨークにグレート・ムタが降臨することが決まってます。そして、武藤敬司の復帰戦は、6月に行われる長州力の引退試合に決まりました!武藤敬司新たなる戦い、そして長州力最後の勇姿、皆さん応援に来てください!今日はありがとうございます!」と挨拶。

又、長州は「ラストまであと数試合、あとは藤波さんに頑張ってもらって最後に藤波さんが見届けて終わり。やっぱり彼彼が居なかったらもっと早く辞めてるから(笑)なんか先に、後から入って先に降りるってことはなんか逃げ得みたいになっちゃって(笑)でも全然出来ますからね」と、藤波辰爾を引退試合の相手に指名…。

 長州力引退興行は6月26日(水)に後楽園ホールでの開催が決定。大会名は『IWAMIZU PRESENTS POWER HALL 2019〜New Journey Begins〜』となりました。



[173] fun◇YtKXN/LQ - 2019/01/02(Wed) 09:07 ID:  [No.109200]
年越しプロレスでの「日本インディー大賞2018発表&授賞式」です

MVPは竹田
ベストバウトは竹田vsイサミ
ベスト興行は大日本11.11両国
ベストユニット#STRONGHEARTS
ニューカマーは藤原
となりました。

ニューカマー賞
1位:藤原秀旺
2位:青木優也
3位:竹田光珠
4位:宇藤純久
5位:笹村あやめ

ベスト興行賞
1位:大日本 11.11 両国
2位:DDT 10.21 両国
3位:葛西興行 8.28 後楽園
4位:高梨将弘自主興行 7.8 両国KFCホール
5位:ガッツワールド 4.15 新宿

ベストユニット賞
1位:#STRONGHEARTS
2位:小林軍団
3位:アライヴァル
4位:DAMNATION
5位:3代目血みどろブラザーズ

ベストバウト賞
1位:大日本 6.20 後楽園 竹田 vs イサミ
2位:大日本 11.11 両国 鈴木 vs 関本
3位:FREEDOMS 5.2 後楽園 竹田 vs ビオレント・ジャック
4位:葛西興行 8.28 後楽園 竹田 vs 葛西
5位:大日本 11.11 両国 竹田 vs 高橋

MVP
1位:竹田誠志
2位:鈴木秀樹
3位:藤原秀旺
4位:高梨将弘
5位:藤田ミノル

ベストバウト賞1位だった竹田と木イサミ、MVPの竹田のコメントです。
竹田「あと1個でビンゴだったので、リーチでワクワクしていたんですけど、今年いろいろな試合やったんですけど、ほぼ覚えていないんで。その中でもやっぱりイサミさんとの試合は面白かったので! 来年はアゴを折った借りを返されたいと思います」
イサミ「負けた試合なので。来年勝ってベストバウト獲りますよ。(アゴは)100%大丈夫です!」

竹田「組織票が……デスマッチファンの組織票が……。ボク、ガラスのハートなのであまりチヤホヤされたくないので(苦笑)。さっきも言った通り、1年間駆け抜け過ぎてあまり覚えてないんですけど、皆さんのお陰です! 皆さんボクが丸腰になったと思っているかもしれないですけど、まだ新宿二丁目プロレスの卑猥なベルトがあります! まだチャンピオンです! 来年すぐにでも取り返して二冠三冠四冠となりたいと思いますので、応援よろしくお願いします!」


[174] fun◇YtKXN/LQ - 2019/01/02(Wed) 09:08 ID:  [No.109201]
年越しプロレス2018
〜年忘れ!シャッフル・タッグトーナメント〜
12月31日(月) 東京・後楽園ホール 観衆 1242人(満員)

遅くなりましたが主な試合結果です。

トーナメント準決勝
<ハゲと金髪>○岡林裕二&坂口征夫
10分7秒 ゴーレムスプラッシュ→片エビ固め
<スーパー闘魂三銃士>×橋本大地&佐々木大輔

セミファイナル 15分一本勝負
トーナメント準決勝
<西成のエリートヤンキー幸之介と女子プロレス界最強の男>△竹下幸之介&宮本裕向
時間切れ引き分け
<狂気笑顔>△竹田誠志&HARASHIMA

延長戦 時間無制限一本勝負
1カウントフォール・ルール
<西成のエリートヤンキー幸之介と女子プロレス界最強の男>○竹下幸之介&宮本裕向
1分54秒 回転足折り固め
<狂気笑顔>竹田誠志&HARASHIMA×

 メインイベント 時間無制限一本勝負
トーナメント決勝戦
<西成のエリートヤンキー幸之介と女子プロレス界最強の男>○竹下幸之介&宮本裕向
18分10秒 ファブル→エビ固め
<ハゲと金髪>岡林裕二&坂口征夫×
 ※西成のエリートヤンキー幸之介と女子プロレス界最強の男が優勝。



[175] fun◇YtKXN/LQ - 2019/01/02(Wed) 09:10 ID:  [No.109202]
連続投稿失礼します。

ZERO1
「謹賀新年」1月01日(火) 後楽園ホール
主な試合結果です。

第4試合 シングルマッチ30分1本勝負
×大谷晋二郎
12分7秒 Fucking bomb→体固め
○火野裕士

第5試合 NWAインターナショナルライトタッグ選手権試合30分1本勝負
〈王者組〉○日高郁人&阿部史典
16分39秒 ジャパニーズオーシャンサイクロンスープレックスホールド 
〈挑戦者組〉×SUGI&新納刃
※日高組が2度目の防衛に成功


第6試合 NWAインターコンチネンタルタッグ選手権試合30分1本勝負
〈王者組〉×TARU&クリス・ヴァイス
16分30秒 スターダストプレス→片エビ固め
〈挑戦者組〉田中将斗&菅原拓也○
※田中組が第40代新王者となる

第7試合 世界ヘビー級選手権試合30分1本勝負
〈王者〉○関本大介
19分13秒 リストクラッチ式ジャーマンスープレックスホールド
〈挑戦者〉×佐藤耕平
※関本が初防衛に成功。


[176] ただの全日ファン - 2019/01/04(Fri) 00:52 ID:  [No.109209]
1月3日のDDTvsSTRONGHEARTSの試合結果。
×エル・リンダマンvs島谷常寛〇(8分12秒 逆打ち)

DDT認定KO−D6人タッグ選手権
(王者組)×CIMA&T−Hawk&トアン・イーナンvs(挑戦者組)〇竹下幸之介&彰人&飯野雄貴(19分18秒 エビ固め)

KO−D6人タッグ王座を奪取されて、STRONGHEATSのDDT参戦が一旦終了となりました。
エル・リンダマンが島谷に負けた時に、そうなるかなと思った通りでしたね。



[177] fun◇YtKXN/LQ - 2019/01/20(Sun) 12:44 ID:4gDyJwtc  [No.109251]
「KAIENTAI DOJO」は、TAKAみちのく(45)の1月末での取締役解任と退団を発表したそうです。

TAKAみちのくも自身のツイッターに「今月でKAIENTAIDOJO代表取締役解任そして退団することになりました。いろんな思いがありますがまとまらないので追ってブログにでも書き綴ります」と記した。

 TAKAみちのくは昨年11月に写真週刊誌に不倫報道があり、団体では報酬月額の100%を1年間減額(対象期間は2018年11月から2019年10月の1年間)と今期での取締役解任を発表していた。


[178] ただの全日ファン - 2019/01/23(Wed) 15:30 ID:pFBDNC2c  [No.109261]
篠瀬三十七率いるASUKA PROJECTが今年の3月で解散します。
代表の篠瀬三十七は脳梗塞であることを公表しました。


[179] fun◇YtKXN/LQ - 2019/01/31(Thu) 21:50 ID:ENoXTBYM  [No.109274]
『越中詩郎デビュー40周年記念大会 侍祭り 〜平成最後の平成維震軍〜』
1月30日(水)東京・後楽園ホール
観衆:1200名

試合結果です。

▼CARBELL Presents Match 30分1本勝負
○大森隆男(全日本)&カーベル伊藤
10分14秒 アックスボンバー→片エビ固め
青柳優馬(全日本)&●岡田佑介(全日本)

▼シングルマッチ 30分1本勝負
○カズ・ハヤシ(WRESTLE-1)
9分58秒 ファイナルカット→片エビ固め
●アレハンドロ(WRESTLE-1)

▼タッグマッチ 30分1本勝負
長井満也(ドラディション)&●雷神矢口(浅草プロレス)
15分11秒 レフリーへの毒霧→両者反則
●TAJIRI(フリー)&関本大介(大日本)

▼6人タッグマッチ 30分1本勝負
○藤波辰爾(ドラディション)&佐藤耕平(ZERO1)&潮崎豪(NOAH)
14分40秒 ドラゴンスリーパー
●NOSAWA論外(東京愚連隊)&MAZADA(東京愚連隊)&KAZMA SAKAMOTO(フリー)

▼10人タッグマッチ 60分1本勝負
[平成維震軍]越中詩郎(フリー)&AKIRA(魔界)&青柳政司(フリー)&齋藤彰俊(NOAH)&真霜拳號(K-DOJO) with ザ・グレート・カブキ
25分15秒 垂直落下式ブレーンバスター→体固め
[HEISEI GENERATIONS]橋本大地(大日本)&遠藤哲哉(DDT)&長江芦野祥太郎(WRESTLE-1)&●最上九(K-DOJO)&清宮海斗(NOAH)




[180] fun◇YtKXN/LQ - 2019/01/31(Thu) 21:51 ID:ENoXTBYM  [No.109275]
連続投稿失礼します。

『越中詩郎デビュー40周年記念大会 侍祭り 〜平成最後の平成維震軍〜』
1月30日(水)東京・後楽園ホール

試合後に行われた越中のデビュー40周年記念セレモニーでは、ケンドーコバヤシからのビデオメッセージが放映された他、武藤敬司、長州力、天龍源一郎がリングに上がり越中を祝福。
 武藤は「辞めるなんて言わないで80歳くらいまでプロレスやりましょう!」と語りかけ、長州は「詩郎、おめでとう。以上!」と笑顔。そして天龍は「お客さんはヒップアタックで喜んでましたけど俺たち3人、裏の寒い階段で25分待たされたよ(笑)」とジョークを飛ばして笑いを誘ったそうです。

 その後、越中はファンへ「たくさんのファンの皆さん、応援していただきまして、背中を押していただきました。ありがとうございました!今後とも1試合1試合頑張っていきたいと思います!ありがとうございました!」と挨拶。

 バックステージで40周年を迎えられた理由を聞かれた越中は、「ファンのみんながね、背中押してくれたのが一番だと思います。いい仲間に恵まれてね、こんな長く続いてるチームはないと思うんで、これは誇りにしながら今後も戦っていきたいと思います。若い奴にはまだまだ負けないです!」と維震軍の面々と握手しながら笑顔で語ったとの事。



[181] fun◇YtKXN/LQ - 2019/02/18(Mon) 11:46 ID:nU6P1BaE  [No.109314]
DDT
「Judgement2019〜DDT旗揚げ22周年記念大会〜」
2月17日(日) 東京・両国国技館 観衆 4177人(満員)

主な試合結果です。

第三試合 30分一本勝負
潮ア豪&○樋口和貞&納谷幸男
13分9秒 ドクターボム→片エビ固め
関本大介&大鷲透&飯野雄貴×

第六試合 30分一本勝負
スペシャルハードコア6人タッグマッチ
○高尾蒼馬&マッド・ポーリー&彩羽匠
19分54秒 エビ固め
☓高木三四郎&伊東竜二&長与千種
※ダイビング・フットスタンプ・フロム・ラダー・オン・ザ・チェア

第七試合 60分一本勝負
KO-Dタッグ選手権3WAYマッチ
<王者組>○MAO&マイク・ベイリー
13分6秒 キャノンボール450°→片エビ固め
<挑戦者組>坂口征夫&高梨将弘☓
※もう1組は<挑戦者組>CIMA&吉岡世起
※第65代王者組が3度目の防衛に成功。


第八試合 60分一本勝負
DDT EXTREME級選手権試合〜「お互いのプライドがルール」ルール
<王者>×青木真也
12分11秒 蒼魔刀→体固め
<挑戦者>○HARASHIMA
※HARASHIMAが第43代王者となる。

セミファイナル 30分一本勝負
ドラマティック・ドリームマッチ
○丸藤正道
18分8秒 ポールシフト式エメラルドフロウジョン→体固め
×遠藤哲哉

メインイベント 60分一本勝負
KO-D無差別級選手権試合
<王者>×佐々木大輔
32分8秒 クロスアーム式ジャーマン・スープレックス・ホールド
<挑戦者=D王 GRAND PRIX 2019優勝者>○竹下幸之介
※竹下が第69代王者となる。




[182] fun◇YtKXN/LQ - 2019/02/24(Sun) 08:34 ID:aDrWBhQ2  [No.109334]
WWEのクルーザー級番組「205 Live」で活躍していた元ノアのKENTAことヒデオ・イタミ(37)が、正式にWWEを退団したそうです。
22日(日本時間23日)に公式サイトが報じたもので、約4年半におよぶWWEでの活動にいったんピリオドを打った。

 1月いっぱいで契約が終わったものとみられており、WWEの発表を自分のツイッターでリツイートしたイタミは「再びありがとう。まもなくKENTAとして会いましょう」とつづっている。規定で退団から60日間は他団体への出場はできないが、それ以降は何の拘束もなくなる。

 海外での活動を選択する可能性もあるが、4月1日から日本マットに上がる可能性が濃厚だ。すでに水面下では、日本マット界で激しい「KENTA争奪戦」が始まっていることは確実で、イタミが選ぶ「戦場」に注目が集まる。 

 イタミは2000年5月に全日本プロレスでデビュー。ノアでGHCヘビー級王座とジュニアヘビー級王座の2階級制覇を達成。2008年には東京スポーツ新聞社制定プロレス大賞ベストバウト(対丸藤正道戦)を獲得した。14年7月にWWEと契約。NXTで活躍するも負傷に泣かされ、17年からはクルーザー級の「205」に移籍した。

 昨年9月1日にはライバル・丸藤正道(39)の「デビュー20周年記念大会」(東京・両国国技館)にまさかの出場を果たし、約5年ぶりの再会マッチを実現させた。超満員6285人の大「KENTA」コールを浴びたイタミは、本紙の取材に対し感無量の表情を見せながら「懐かしかった。久しぶりに自分が求められているんだという実感がありました。(KENTAのスタイルを)まだできるとことも証明できた。温かい歓声、大声援…。こういう場所を探したい。原点回帰とでもいうんですかね。可能なら、こういう形で(年に1〜2回は)日本で試合ができればいいなとは思います」と、将来的には日本へ復帰する意向もあることも示唆していました。
今後の動向が注目されます。


[183] fun◇YtKXN/LQ - 2019/03/02(Sat) 07:49 ID:  [No.109350]
自宅マンションで妻を殴ったとして、兵庫県警生田署は1日、暴行の疑いで神戸市中央区、プロレスラー金本浩二(本名・金日宇)容疑者(52)を現行犯逮捕したそうです。
 
 逮捕容疑は1日午後0時半ごろ、自宅で妻(25)の頭を殴った疑い。けがはなかった。

 生田署によると「妻が勝手に自分の携帯電話を見て浮気を疑い、しつこくただしてきた。鬱憤がたまっていた」と供述している。妻が「夫とけんかし暴言を吐かれた」と110番し、署員が駆け付けたとの事。
生後数カ月の息子と3人で暮らしていたそうです。

残念ですが、現役の選手活動が出来なくなるかもしれず、今後の処置などが心配されます。


[184] fun◇YtKXN/LQ - 2019/03/04(Mon) 20:30 ID:  [No.109356]
ZERO1
『ZERO1旗揚げ18周年記念大会』
3月03日(日) 後楽園ホール

主な試合結果です。

第4試合「次期挑戦者決定戦」シングルマッチ30分1本勝負
○菅原 拓也
16分27秒 スターダストプレス→エビ固め
×クリス・ヴァイス

第5試合 シングルマッチ30分1本勝負
×大谷 晋二郎
14分7秒 タイガースープレックスホールド
○佐藤 耕平

第6試合 シングルマッチ30分1本勝負
×田中 将斗
18分28秒 Fucking bomb→体固め
○火野裕士


旗揚げ18周年を迎えたゼロワンが記念大会を開き、フリーの火野裕士(34)がメインの試合後に入団を発表したそうです。

田中将斗とのシングルマッチをファッキンボムで制した火野は、マイクを持ち、関西弁で「いい団体ですねぇ」としみじみ。ゼロワンが継続するいじめ撲滅運動の大切さについて熱弁した後、客席に向かって「みんなが許してくれるなら、ゼロワンに入団したいと思います」と宣言。熱い火野コールで満場一致を得たとの事。

この日は首の椎体前方骨折により長期欠場していた小幡優作(35)も無期限欠場と退団を発表。「日常生活は問題ありませんが、プロレスとなると正直難しい状態」と素直に語り、「プロレスができるようになったら必ずゼロワンに帰ってきたいと思います」とあいさつ。大きな拍手で送られたそうです。





[185] fun◇YtKXN/LQ - 2019/03/17(Sun) 10:48 ID:Leqkl99.  [No.109387]
リアルジャパンプロレス
『初代タイガーマスク 佐山サトル ストロングスタイルプロレス〜“爆弾小僧”ダイナマイト・キッド追悼興行〜』
3月15日(金)東京・後楽園ホール
観衆:1640人(満員)

遅くなりましたが主な試合結果です。

第4試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
アレクサンダー大塚&○岡林裕二(大日本)&納谷幸男
11分33秒 キャメルクラッチ
崔領二(ランズエンド)&鈴木秀樹(フリー)&×神谷英慶(大日本)

第5試合 タッグマッチ 30分1本勝負
○タイガーマスク(新日本)&橋本大地(大日本)
13分6秒 タイガー・スープレックスホールド
TAKAみちのく(フリー)&×ブラック・タイガー

第6試合 “ダイナマイト・キッド追悼試合”タッグマッチ 60分1本勝負
スーパー・タイガー&○デイビーボーイ・スミスJr.
14分14秒 ダイビングヘッドバッド→体固め
船木誠勝(フリー)&×KENSO(フリー)



[186] fun◇YtKXN/LQ - 2019/03/17(Sun) 10:51 ID:Leqkl99.  [No.109388]
連続投稿失礼します。

リアルジャパンプロレス
『初代タイガーマスク 佐山サトル ストロングスタイルプロレス〜“爆弾小僧”ダイナマイト・キッド追悼興行〜』
3月15日(金)東京・後楽園ホール

遅くなりましたが、この日ダイナマイト・キッドさんの追悼セレモニーと追悼試合が行われ、バックステージと試合後のコメントです。

(セレモニー後バックステージ)
佐山サトル
――ダイナマイト・キッドさんの追悼式を終えたお気持ちは
「色々思い出が蘇りましたね。僕だけじゃなくてみんなもそうだと思いますね。よくこれだけ関連してる人が集まってくれたなと思います。ありがたいです。ダイナマイトが繋いでくれたなと思いますね。嬉しいですね。今日はホント嬉しい一日です」

――改めてダイナマイト・キッドさんについて
「やっぱ世界一の選手だなと思いますね。攻めるだけじゃなくて受けもスゴいし、ハートも一番ですね。スゴい選手だと思います。今日は嬉しいです」

――今回の大会名が「ストロングスタイルプロレス」というものになりましたが、それはやはりダイナマイト・キッドさんの闘い方の影響がありますか
「そうですね、そうですね。タイガーマスクの真似じゃなくて、やはりダイナマイトの真似をしてほしいと思いますね。そのほうがプロレス界のためになるんじゃないかと思いますね」

――ダイナマイト・キッドさんの追悼イベントをやることは、リアルジャパンプロレスとしての使命だという思いはありましたか
「これは僕の宿命だと思うんで。それはやらせていただきました。小林さんにも協力してもらってやりました」

――毎年リアルジャパンプロレスは12月に大会を行いますが、今後はダイナマイト・キッドメモリアル大会のようなものは行っていきますか
「ダイナマイトショーというのはあっていいと思いますね。そうしないとプロレスが衰退していっちゃうと思うんですね。教科書、100点満点の男なんで。それをやっぱりみんなに真似してもらいたいと思いますね。プロレスの醍醐味ですね」

――ダイナマイト・キッドさんほどのレベルを真似するのには相当な実力が必要と思います
「技術だけじゃなくて覚悟が必要ですね」

――佐山選手から見て合格点を出せる選手が居たらやらせてみたい?
「それはやってみたいですね。やっぱやらなきゃダメですよね」

――そういった形で功績をたたえていきたい?
「それにふさわしい人間だと思いますね」

――それが出来る若い選手はいそうですか
「いや、いると思いますよ。やっぱり覚悟の違いだと思うんで、素質のある子はいっぱいいると思うんですね。ダイナマイトを見て育ってる子に言ってあげたいですね」

――先日、覆面レスラーの先駆者であるデストロイヤーさんもお亡くなりになりました
「デストロイヤーさんも、そういう意味では非常に立ってるだけで印象に残る選手ですよね。あの迫力、プロレスに勝るプロレスというものを見せる、それが一番大切なものだと思います」

――佐山選手から見たデストロイヤーさんはどういう存在ですか
「僕が言うのもおこがましいくらいで、やっぱり日本マット界にあれだけ純然たるプロレスの怖さを、立ってるだけで怖いのがデストロイヤーさんだったと思いますね。威圧ですよね、あの白い覆面が。それはスゴいことだと思います。あれこそプロレスだなと思います」

――今大会から平井社長が追悼式を仕切ったりしていましたが、今後平井社長に期待することは
「平井に期待すること……女の子ですね」

――今後はストロングスタイルを強く打ち出していく路線になる?
「それだけじゃないことを、ストロングスタイルの形を変えていかなきゃいけない。やはりプロレスにも持たせていかなきゃいけないですね。ストロングスタイルのプロレス、ストロングスタイルの格闘技じゃなくてプロレス」

――佐山選手ご自身の体調は
「走ることが可能になって、走り始めたんですけど、走り始めたら左足をカバーして右足が痛くなって腰がすごく痛いです。来週から病院通いです。腰が悪くなって歩けなくなって、杖ついても歩けなくなっちゃって。痛くて痛くて今日マット上がるの大変でした。まあ、これは完全に治していきますね。1週間位で治ると思いますね」

<試合後のコメント>

スーパー・タイガー&デイビーボーイ・スミスJr.
――リング上で「キッドさんの魂は自分の中にある」という言葉がありました
スミス「それはまさに、リング上のストロングスタイルのスピリッツだ。観衆が何百人だろうが数十人だろうが、リングに上ったら全てを出すという精神だ。人間というものは、どうしても年をとるものだ。それは仕方のないことだが、年とともにどんどん強くなっていくものもあるんだ。船木選手も今年50歳だが、あれは素晴らしいお手本だ。自分もダイナマイト・キッドの魂とともに歳を重ねてどんどん強くなっていく選手でありたいと思っている。ファンもそういうものを望んでいると思うんだ。しっかりとしたバックボーンのあるストロングスタイルの試合が見たいんじゃないか。コメディのようなふざけた試合ではなく、本当の試合を見たいと思うんだ。そういう面白おかしい試合はDDTとか、よそでやればいいじゃないか」

――今日の試合は、ダイナマイト・キッドさんが見ていたら喜ぶ試合だったと思いますか?
スミス「喜んでいると思うよ。今日は思い切り自分のすべての力を出し切った。それがダイナマイト・キッドの精神だと思うんだ。見てくれれば分かるように今日だってこれだけハードな試合をしている。今までの自分のプロレスのキャリアで、今日の試合をやって一番誇れるような気持ちになれたよ」

――最後のダイビングヘッドバッドは、出そうと決めていた?
スミス「狙っていたわけではないけど、チャンスが有れば使おうと思っていたんだ。ただ、ずっと使っていなかった技なので形がキレイだったなら良かったんだけど……。それでも、チャンスが有れば使いたいと思っていて、そのチャンスが訪れたということは、今日キッドが自分と一緒に居たからだと思っているよ。向こうのことわざで、『素晴らしいものは永遠に続いていく』という意味のものがあるんだけど、ダイナマイト・キッドと初代タイガーマスクがやった試合というのは、何年、何十年経っても皆が語っている試合だ。自分もそういう精神に則って、そういう試合をやっていきたいと思う。そのためには、良い対戦相手と巡り合わなければならないが、これから頑張って自分もそういう試合が出来るようになりたいと思っているよ」

――スーパー・タイガー選手はいかがですか
スーパー「もともと格闘技志向の選手で、色んな所で練習してますし、そういうった部分でいつか組んでもみたかったですし、戦ってみるのもまた色んな所で楽しみが増えると思う。ただ、今日は記念すべき大会で会えて一緒にタッグ組めたってことは本当に幸せで、今後の人生でものすごい深い何かを遺してくれた気がする」
スミス「知っている人間がどれだけいるかはわからないが、俺達は興義館で練習したり、佐山先生にキックを教わったりと影響を受けて一生懸命練習しているんだ。ジムに行く度にどんどん強くなっていくのが分かるから、これからも楽しみにしていて欲しい」

――ダイナマイト・キッドさんがお亡くなりになる最後にお会いになったとリング上で言っていましたが、それはいつ頃のことになるのでしょう
スミス「5月頃になるかな。ただ、その頃には普通の病棟じゃなくてホスピスにいたんだ。最後に会ったとき、『これが最後になるんだ』という直感があってとても悲しい気持ちになった。そのときに彼と一緒に写真を撮ったんだけど、それはまだ誰にも見せていない。これは自分だけのためだけに取っておきたいんだ」



[187] fun◇YtKXN/LQ - 2019/03/29(Fri) 22:05 ID:Qo/.fI9s  [No.109421]
元横綱でプロレス・格闘技でも活躍した北尾光司が、2月10日午前7時30分、慢性腎不全のため亡くなっていたことが分かりました。55歳でした。

 北尾は中学卒業後、立浪部屋に入門。1979年3月場所で初土俵を踏み、2メートル近い恵まれた体格を生かして1986年に22歳で第60代横綱(四股名は双羽黒光司)となった。しかしその翌年12月、部屋を脱走し、そのまま廃業という事態に。

 その後、スポーツ冒険家を経て1990年2月に新日本プロレスの東京ドーム大会でプロレスデビュー。1992年10月に日本武道館で行われた高田延彦との『格闘技世界一決定戦』は大きな話題となった。

 1996年4月には『第1回ユニバーサル・バーリトゥード・ファイティング』という大会で、当時バーリトゥード(ポルトガル語で何でもありの意)と呼ばれていた総合格闘技の試合に初挑戦。ペドロ・オタービオに1R5分49秒、寝技でのヒジ打ちで敗れた。同年5月には元横綱というブランドが評価されて『UFC 9』に参戦。マーク・ホールのパンチを顔面に受け、鼻を骨折し大量出血してのTKO負け。

 1997年10月には『PRIDE.1』に参戦し、ネイサン・ジョーンズから1R2分14秒、アームロックで勝利を収めた。1998年10月の『PRIDE.4』では東京ドームで引退式が行われている。

 引退後は2003年にフリーの立場ながら立浪部屋のアドバイザーに就任。表舞台から姿を消し、腎臓を患って闘病生活を送っていたが、55歳の若さで亡くなったとの事。

ご冥福お祈りします。


[188] fun◇YtKXN/LQ - 2019/04/15(Mon) 22:54 ID:6MKG0Th.  [No.109461]
BJW大日本プロレス
「一騎当千〜DeathMatch Survivor〜決勝戦」
4月14日(日)ススキノ・マルスジム
525人【超満員札止め】

遅くなりましたが主な試合結果です。

▼メインイベント 一騎当千〜DeathMatch Survivor〜決勝戦
蛍光灯200本+凶器持ち込みデスマッチ 30分1本勝負
竹田誠志× vs 木イサミ〇 
16分43秒 ギガラダーブレイクwith蛍光灯→片エビ固め

▼セミファイナル BJW認定世界ストロングヘビー級王座次期挑戦者決定戦 30分1本勝負
岡林裕二〇 vs 橋本大地×
18分19秒 ゴーレムスプラッシュ→片エビ固め



[189] fun◇YtKXN/LQ - 2019/04/18(Thu) 07:59 ID:diZMdfQ6  [No.109466]
頸髄完全損傷でリハビリ中の“プロレス界の帝王”高山善廣(52)を支援する大会「TAKAYAMANIA EMPIRE2」が8月26日に東京・後楽園ホールで開催されることが16日、高山の公式ブログで発表されたそうです。

 昨年8月31日に後楽園で開催された第1回大会には趣旨に賛同した数多くの男女レスラーが参戦。高山もビデオメッセージで登場した。第2回大会の詳細については「随時ご報告させていただきます」としている。

 1979年8月26日には東京スポーツ新聞社創立20周年記念として日本武道館で「プロレス夢のオールスター戦」が開催され、ジャイアント馬場、アントニオ猪木のBI砲が約8年ぶりに復活して、大観衆を熱狂させた。今年の8月26日は夢のオールスター戦から40年の記念すべき日となるとの事。


[190] fun◇YtKXN/LQ - 2019/04/22(Mon) 15:02 ID:Y2VKjpLA  [No.109485]
長州力の引退試合の対戦カードが決定。

 6月26日に後楽園ホールで行われる引退興行「POWER HALL2019〜New Journey Begins」で長州は、越中詩郎、石井智宏と組んで、藤波辰爾、武藤敬司、真壁刀義組と対戦する。

 長州は、引退試合で希望していた永遠のライバル藤波との対戦が決定。革命戦士の最後の願いがかなった形となった。また、昨年3月に両膝の人工関節設置手術を行った武藤は、今回の試合が1年3か月ぶりの復帰戦。さらに新日本時代に付け人を務めた真壁がラストマッチに名乗り出る豪華トリオが実現。長州のパートナーには、新日本、WJで苦楽を共にした越中に加え、まな弟子の石井との師弟タッグと長州の歴史を深く味わえる意義深いマッチメイクとなったそうです。

 引退試合は、2月下旬に立ち見券を含め全席完売したことから、全国の映画館でライブ・ビューイングされることが決定。プロレスのライブ・ビューイングでは、過去最大規模の上映館に達する見込みで革命戦士の終わりを全国各地のスクリーンで目撃できるそうです。
料金は全席指定2800円で上映劇場は今月26日に発表になるとの事。

さらに、スカパー!、J:COM、ひかりTVなどで放送しているプロレス・格闘技専門チャンネル「FIGHTING TVサムライ」で生中継。放送時間は26日午後6時半から10時までとなっているとの事。


[191] fun◇YtKXN/LQ - 2019/05/06(Mon) 00:53 ID:  [No.109528]
BJW大日本プロレス
「Endless Survivor〜2019」
5月5日(日)神奈川・横浜文化体育館大会 【観衆】2409人【満員】

主な試合結果です。

▼メインイベント BJW認定デスマッチヘビー級選手権試合
蛍光灯200本+蛍光灯タワーデスマッチ 30分1本勝負
【第37代王者】×高橋匡哉  
17分48秒 勇脚・斬→片エビ固め
【一騎当千優勝者】〇木イサミ
※木イサミが第38代王者となる

▼セミファイナル
ケンガンアシュラPresents〜BJW認定世界ストロングヘビー級選手権試合 30分1本勝負
【第13代王者】×関本大介
18分24秒 ゴーレムスプラッシュ→片エビ固め
【挑戦者】◯岡林裕二
※岡林裕二が第14代王者となる

▼第7試合 アジアタッグ選手権試合 60分1本勝負
<第106代王者組>ジェイク・リー&岩本煌史×  
15分7秒 右ハイキック→片エビ固め
<挑戦者組>河上隆一&菊田一美〇
※河上&菊田組が第107代王者となる

▼第6試合 BJW認定ジュニアヘビー級選手権試合 30分1本勝負
【第2代王者】×橋本和樹  
12分49秒 横十字固め
【挑戦者】◯TAJIRI
※TAJIRI選手が第3代王者となる

▼第4試合 横浜ショッピングストリート6人タッグ選手権試合
イリミネーション・ハードコア6人タッグマッチ 30分
【第31代王者組】×アブドーラ・小林&鈴木秀樹&宇藤純久
vs
【挑戦者組】伊東竜二&佐々木貴〇&宮本裕向
11分49秒 OTR
※伊東&佐々木&宮本組が第32代王者となる

【途中経過】
5分7秒 OTR 宮本× ※勝者・小林
5分46秒 OTR 宇藤× ※勝者・伊東
7分37秒 OTR 鈴木× ※勝者・伊東
10分25秒 ランニング・バカチンガーエルボードロップ→体固め 伊東× ※勝者・小林



[192] fun◇YtKXN/LQ - 2019/05/07(Tue) 22:00 ID:  [No.109532]
DDT
(KING OF DDT 2019 2nd ROUND」
5月6日(月・祝)札幌ススキノ・マルスジム 観衆 392人(超満員)

遅くなりましたが主な試合結果です。

オープニングマッチ 時間無制限勝負
KING OF DDT 2019敗者復活バトルロイヤル
◯HARASHIMA
7分18秒 蒼魔刀→体固め
×梅田公太
退場順=マイク・ベイリー、上野勇希、平田一喜、MAO、梅田。
※HARASHIMAがトーナメント2回戦進出。

第五試合 時間無制限一本勝負
トーナメント2回戦
◯樋口和貞
7分12秒 ドクターボム→エビ固め
×高梨将弘

 第六試合 時間無制限一本勝負
トーナメント2回戦
◯高尾蒼馬
9分10秒 リバースゴリースペシャルボム→片エビ固め
×彰人

 セミファイナル 時間無制限一本勝負
トーナメント2回戦
×吉村直巳
14分46秒 カバージョ2020
◯竹下幸之介

 メインイベント 時間無制限一本勝負
トーナメント2回戦
×佐々木大輔
12分59秒 蒼魔刀→片エビ固め
◯HARASHIMA

 公開抽選により5・19後楽園大会の準決勝の組み合わせが
竹下vs樋口、HARASHIMAvs高尾に決定。







[193] ただの全日ファン - 2019/05/07(Tue) 22:46 ID:  [No.109536]
癌を患って入院していたGPSプロモーション運営のバリアフリープロレスHERO所属のワイルドセブンが亡くなりました。
ご冥福をお祈りします。


[194] ただの全日ファン - 2019/05/09(Thu) 12:44 ID:  [No.109537]
「KAIENTAI−DOJO」が6月から「2AW」に団体名を改称して旗揚げします。


[195] ただの全日ファン - 2019/05/15(Wed) 11:44 ID:.rk3XESg  [No.109550]
7月8日、TAKAみちのくが武蔵龍也、舞華と3人で新団体を旗揚げすることとなりました。


[196] fun◇YtKXN/LQ - 2019/05/15(Wed) 21:53 ID:6MKG0Th.  [No.109553]
〉全日ファンさん

いつもありがとうございます。


NXTを統括するトリプルHがツイッターで「NXTテイクオーバー: XXV」の対戦カードとして王者シェイナ・ベイズラー対紫雷イオのNXT女子王座戦と王者ジョニー・ガルガノ対アダム・コールのNXT王座戦を発表。

先週のNXTでは怒りを爆発させたイオが練習中のシェイナを襲撃してスタッフに仲裁される一幕もあっただけに、この因縁の対決は激戦必至だとの事。
さらにイオはツイッターで「誰が次のNXT女子王者になると思う?私は自分だと信じてる!私はすべてを変えるためにここに来た!」と悲願の王座戦に向けて闘志を燃やしているそうです。


[197] fun◇YtKXN/LQ - 2019/05/20(Mon) 09:36 ID:aj87HuOw  [No.109558]
6月16日(日)岐阜大会から開幕するゼロワンの『第19回 真夏の祭典・火祭り2019』全参戦選手が決定。 

☆宮本裕向(前年度覇者)
☆田中将斗
☆佐藤耕平
☆菅原拓也
☆SUGI
☆火野裕士
☆岩ア永遠
☆将軍岡本
☆クリス・ヴァイス
☆ヤス久保田
☆スーパータイガー
☆青木優也
☆朱崇花
☆竹田誠志


「第19回 真夏の祭典・火祭り2019」
開幕戦
6月16日(日)岐阜県・じゅうろくプラザ〈岐阜市文化産業交流センター〉

〜優勝決定戦〜
7月28日(日)東京都・後楽園ホール




[198] fun◇YtKXN/LQ - 2019/05/20(Mon) 09:37 ID:aj87HuOw  [No.109560]
連続投稿失礼します。

DDT
BLACK OUT presents KING OF DDT 2019 the FINAL!!
5月19日(日)東京・後楽園ホール

主な試合結果です。

第二試合 時間無制限一本勝負
KING OF DDT 2019準決勝
◯竹下幸之介
8分41秒 ラリアット→エビ固め
×樋口和貞

 第三試合 時間無制限一本勝負
KING OF DDT 2019準決勝
◯高尾蒼馬
12分49秒 リバースゴリースペシャルボム→エビ固め
×HARASHIMA

 緊急決定試合 60分一本勝負
いつでもどこでも挑戦権使用〜KO-D無差別級選手権試合
<王者>◯遠藤哲哉
18分14秒 シューティングスター・プレス→片エビ固め
<挑戦者>×石井慧介
※第71代王者が2度目の防衛に成功。

第五試合 30分一本勝負
Road to WRESTLE MATSUYAMANIA!スペシャルタッグマッチ
×遠藤哲哉&マッド・ポーリー
1分13秒 神の右膝→KO勝ち
◯坂口征夫&渡瀬瑞基

メインイベント 時間無制限一本勝負
KING OF DDT 2019決勝戦
×高尾蒼馬
21分11秒 ファブル→片エビ固め
◯竹下幸之介
※竹下がKING OF DDT 2019初優勝。




[199] fun◇YtKXN/LQ - 2019/05/22(Wed) 06:44 ID:5pOefa3w  [No.109569]
6月26日に後楽園ホールで行われる長州力の引退興行「POWER HALL2019〜New Journey Begins」の全対戦カードが決定。

 メインで長州は、越中詩郎、石井智宏と組んで、藤波辰爾、武藤敬司、真壁刀義組と対戦するが、セミファイナルはプロレスリング・ノアのGHCヘビー級王者清宮海斗が谷口周平と組んで、中嶋勝彦、熊野準と対戦するノア同士の激突となります。


「POWER HALL2019〜New Journey Begins」
6月26日(水)後楽園ホール

全対戦カード

▽6人タッグマッチ
長州力、越中詩郎、石井智宏 対 藤波辰爾、武藤敬司、真壁刀義

▽タッグマッチ
清宮海斗、谷口周平 対 中嶋勝彦、熊野準

▽タッグマッチ
田中稔、小坪弘良 対 ヨシタツ、上野勇希

▽6人タッグマッチ
NOSAWA論外、MAZADA、FUJITA 対 ディック東郷、カズ・ハヤシ、MEN’テイオー

▽タッグマッチ
関本大介、橋本大地 対 マサ北宮、稲村愛輝

▽6人タッグマッチ
佐々木貴、杉浦透、吉田綾斗 対 葛西純、浅川紫悠、平田智也

 引退興行は、スカパー!、J:COM、ひかりTVなどで放送しているプロレス・格闘技専門チャンネル「FIGHTING TVサムライ」で生中継。
放送時間は26日午後6時半から10時までとの事。


[200] fun◇YtKXN/LQ - 2019/05/26(Sun) 23:40 ID:u8PsSRHg  [No.109574]
WWEの日本公演「WWE Live Tokyo」(6月28、29日、東京・両国国技館)の第一弾対戦カードですが、中邑真輔(39)は初日にセス・ロリンズの持つユニバーサル王座に挑戦することが決定。
2日目はロバート・ルードと対戦する。アスカ(華名)とカイリ・セイン(宝城カイリ)の“カブキ・ウォリアーズ”は、初日にアイコニックスのWWE女子タッグ王座に挑戦。
アスカは2日目にベッキー、アレクサとのトリプルスレットでロウ女子王座戦に挑むことも決まったとの事。

◆「WWE Live Tokyo」第一弾対戦カード

【6月28日】
▽ユニバーサル王座戦
セス・ロリンズvs中邑真輔

▽ロウ女子王座戦
ベッキー・リンチvsアレクサ・ブリス

AJスタイルズ&ルーク・ギャローズ&カール・アンダーソン vs ドリュー・マッキンタイア&バロン・コービン&ボビー・ラシュリー

サモア・ジョーvsリコシェvsセザーロ

ブラウン・ストローマンvsロバート・ルード

▽WWE 女子タッグ王座戦
ジ・アイコニックスvsアスカ&カイリ・セイン

▽ロウタッグ王座戦
ザック・ライダー&カート・ホーキンスvsザ・リバイバル


【6月29日】
セス・ロリンズ&ブラウン・ストローマン&AJスタイルズvsバロン・コービン&ドリュー・マッキンタイア&ボビー・ラシュリー

▽トリプルスレット形式ロウ女子王座戦
ベッキー・リンチvsアスカvsアレクサ・ブリス

中邑真輔vsロバート・ルード

▽ロウタッグ王座戦
ザック・ライダー&カート・ホーキンスvsザ・リバイバルvsルーク・ギャローズ&カール・アンダーソン

リコシェvsセザーロ

その他出場予定:サモア・ジョー、カイリ・セイン、ジ・アイコニックス


[201] fun◇YtKXN/LQ - 2019/06/03(Mon) 22:49 ID:  [No.109596]
遅くなりましたがWWE「NXTテイクオーバーXXV」(現地時間6月1日、米コネチカット州ブリッジポート/ウェブスター・アリーナ)で紫雷イオ(29)が、NXT女子王者シェイナ・ベイズラー(38)に惜敗。昨年6月にスターダムから移籍してちょうど1年、待望のWWE初戴冠にはならなかったそうです。

東スポ情報ですが大舞台のセミで、イオは難攻不落の王者と評価が高いベイズラーを開始から攻め込んだ。低空ドロップキックから場外へのスライディングキック、さらにはジャーマン、619、スワンダイブ式ミサイル弾、クロスフェースロックと一気に勝負に出た。

 しかし総合格闘技出身の王者は、左手首と左腕への集中砲火でペースを譲らない。じわじわと各関節を絞り上げては、おはこのキリフダクラッチ(リアネイキッドチョーク)への布石を打つ。立体的で華麗な攻撃の挑戦者、砂の中に引きずり込むように執拗なグラウンド技を続ける王者。中盤までは、太陽と月のような真逆の攻防が続いた。

 8分過ぎ、イオが出た。必殺のムーンサルトをかわされるや、コーナー上での攻防から三角跳び式ドロップキックで王者を場外へ突き落とす。そして最上段から場外への月面水爆。これは鮮やかに決まった。リングに戻った逸女は、串刺しニーから、勝負をかけたムーンサルトに出た。

 しかし予想通り、ここでMMA軍団フォー・フォース・ウィメン(マリナ・シェファー&ジェサミン・デューク)が、コーナー上のイオめがけて猛ダッシュで乱入。またもや1対3のハンディ戦になるかと思いきや、前大会でイオに護衛役を申し出たキャンディス・レラエ(33)が、竹刀を手に救出に駆けつけてMMA軍団を蹴散らした。

 ようやくイオはムーンサルトを発射するも、数十秒の乱闘劇の間に王者は完全に蘇生。余裕でエスケープすると、イオのラ・マヒストラルを逆にキリフダクラッチで返す。何とか脱出してバックエルボー、アッパーカットで反撃したが、2度目のキリフダクラッチが厳しい角度で決まった。しかも王者は念を入れて右足までロックして絞め上げる。1分近くも耐えたが、12分13秒、失神直前で無念にもマットを叩いた。

 4月の4WAY戦に続く王座戦も惜敗。悔しさからか、試合後にイオは鬼の形相で竹刀を手に王者をめった打ち。さらにはキャンディスにイス投入を命じるや、イスを抱えてのムーンサルトで失神させてしまった。大の字のシェイナを見下ろし不敵な笑みを浮かべるイオ。王者が黙って引き下がるわけもなく、早期再戦は必至だ。ハードコアファイターへの転向も示唆したイオの次回挑戦が注目となってきたとの事。

 イオは試合後、自身のツイッターで「タイトルを獲得することができなくてごめんなさい。でも決して止まらないと約束する。次にシェイナと対戦する時は徹底的に叩き潰す」と改めて王座奪還を誓ったそうです。

 メインのNXT王座戦は32分を超える激闘の末、元バレットクラブのアダム・コール(29)がドラゴンゲートでも活躍した王者ジョニー・ガルガノ(31)を撃破。「現在のNXT最高のカード」と呼ばれる一戦を制して新王者となったとの事。





[202] fun◇YtKXN/LQ - 2019/06/11(Tue) 13:38 ID:M0hUcD4E  [No.109622]
空手家のウィリー・ウィリアムス(アメリカ)が2019年6月7日に死去していたことが分かりました。

 ウィリーは1951年7月14日、米国出身。19歳で極真会館コネチカット支部に入門し、21歳で黒帯となった。ニューヨークヘビー級カラテ選手権優勝、ノースアメリカンカラテ選手権優勝。極真会館の全世界空手道選手権大会には1975年の第1回大会から1984年の第3回大会まで連続出場。第2回大会では3位に入賞している。

 故・梶原一騎氏原作の格闘技劇画『四角いジャングル』の主要登場人物として人気を博し、1976年に制作された極真空手の映画『地上最強のカラテPART2』ではグリズリーと戦い“熊殺し”の異名が付けられた。

 1980年2月にはアントニオ猪木と異種格闘技戦を戦いドロー。1991年6月に開催された『LAST CHANCE USA大山vs正道会館5対5全面対抗戦』では、15歳若い佐竹雅昭と大将戦で対戦して判定負け。1992年3月からはリングスに参戦し、同年7月には前田日明とも対戦している。

 佐竹との試合後、ウィリーは「日本のファンの前で最後まで精いっぱい戦えたことは凄く嬉しいし誇りに思っている。今日まで空手をやってきて本当に良かった、と心から思う」(ゴング格闘技1991年8月号より)とコメントしている。


また、前田日明氏(60)が10日、空手家のウィリー・ウィリアムスさん(享年67)の死を悼んだそうです。

 前田氏は1992年7月にリングスで対戦。当時を振り返り「リングに呼ばれてコーナーに立って、ウィリー選手を見て、その場が信じられなかった。『まさかウィリーと試合をするなんて』って。当時でも、まだ馬力がありましたね」と話した。

 ウィリアムスさんは映画「地上最強のカラテPart2」で巨大熊のグリズリーと戦い「熊殺し」と呼ばれた。「心ない人が『あの熊は爪が…』なんていうけど、450キロの熊と組んで押し倒されなかったんだから」とウィリアムスさんの偉業をたたえると「心臓(の病気)とかよく聞くんでね。みんな気をつけてほしいですよ」とつぶやいた。

 この日、前田氏は元ノアの小橋建太(52)がプロデュースする「Fortune Dream 6」(東京・後楽園ホール)に登場。小橋とのトークバトルで“不沈艦”スタン・ハンセン(69)との思い出話などを披露して会場を盛り上げた。


ご冥福お祈りします。


[203] fun◇YtKXN/LQ - 2019/06/19(Wed) 13:01 ID:EonrEOuU  [No.109642]
『田中稔デビュー25周年記念大会〜the special one vol.1〜』
6月18日(火)新木場1stRING
観衆:未発表(超満員)

試合結果です。

▼シングルマッチ 15分1本勝負
○日高郁人(ZERO1)
7分38秒 ジャパニーズ・オーシャン・サイクロン・スープレックスホールド
×仲川翔大(フリー)

▼タッグマッチ 20分1本勝負
○諸橋晴也(フリー)&宮脇純太(NOAH)
10分11秒 クリップラー・クロスフェース
大和ヒロシ(フリー)&×藤原ライオン(フリー)

▼府川唯未プロデュースマッチ シングルマッチ 30分1本勝負
○Sareee(ディアナ)
12分12秒 ジャーマンスープレックスホールド
×ジュリア(アイスリボン)

▼エニウェアフォール3WAYマッチ 45分1本勝負
○葛西純(FREEDOMS)vs ○木高イサミ(BASARA)vs X=つぼ原人×
9分21秒 扇

▼田中稔デビュー25周年記念試合 60分1本勝負
○田中稔(フリー)&黒潮“イケメン”二郎(フリー)
17分38秒 HEATクラッチ
望月成晃(DRAGON GATE)&×Hi69(NOAH)



[204] fun◇YtKXN/LQ - 2019/06/19(Wed) 13:02 ID:EonrEOuU  [No.109643]
連続投稿失礼します。

『田中稔デビュー25周年記念大会〜the special one vol.1〜』
6月18日(火)新木場1stRING

試合後のコメントです。

第5試合▼田中稔デビュー25周年記念試合 60分1本勝負
田中稔(フリー)&黒潮“イケメン”二郎(フリー)vs 望月成晃(DRAGON GATE)&Hi69(NOAH)


 IWGP、世界、GHCとジュニア版グランドスラムを達成した稔は、GHCのベルトを持って、25周年記念大会のリングに上がり、黒潮“イケメン”二郎(フリー)とのタッグで、望月成晃(ドラゴンゲート)、Hi69(ノア)と激突。
 稔は、かつてタッグを組んでいた望月、現在ノアでのパートナーであるHi69を相手に、激しい戦いを繰り広げた。15分過ぎ、スパートをかけたHi69が稔にみちのくドライバーU、みちのくドライバーβとたたみかけ、ストゥーカスプラッシュで勝負を決めにいったが、稔が剣山でカット。チャンスとみた稔はハイキックから、HEATクラッチでHi69を丸め込んで逆転勝ちを収めた。
 記念試合を白星で飾った稔は、「お客さんも入ってくれて、無事終わって。ノアのジュニア・タッグリーグに出ながら、この興行のことで頭がいっぱいな部分もあって、うれしいやら、ストレスやらで今日を迎えるまで大変でした。楽しんで試合できるかなって不安でした。ホッとしてます。これ終わって、ノアの会津があって、ジュニアのシングルのリーグ戦もあるんで、頭を切り替えないと。望月さんともっとガッチリやりたいなっていう気持ちがフツフツと沸き上がってきた。ノアで組んでるHi69クンは改めて、『いい選手だな』って感じた。イケメンクンはいい度胸してるし、華もあるし、TAKA(みちのく)さんの欠場は残念でしたけど、イケメンクンにお願いしてよかったなって。楽しく試合できたのも、イケメンクンが引っ張ってくれた部分があったので感謝です。(奥様が活躍した?)本人が納得できれば。結構出番がありましたね。感謝です。今日留守番してる娘を含めて、家族の支えがなければここまでこれていないので」と振り返った。
 そして、秋に予定される「25周年記念大会」の第2弾に関して、稔は「まずは会場を押さえないと。ライガーさんに11月か12月に出てもらいたいと、新日本プロレスと交渉しました。来年1月に引退なんで、ケガを防ぐために、試合数を減らしていきたいとの返答だった。今はそこで終わってるんですけど、あきらめずに交渉していきたい。ライガーさんと絡まなかったら絶対後悔すると思うんで。今日を迎えるまでは『もう興行はやりたくない』とも思ってたんですが、終わってみれば第2弾やっぱりやりたい気持ちがありますね。ライガーさんとは組みたいです。ボクが思ってるカードは、組まないといけないカード。相手もボクのなかでは、決まってます。16年前に起こった出来事を清算したい。ボクとライガーさんで、ある団体に乗り込んだとき、ある選手にあることを言われた。あの言葉の清算をしたい」とライガーとのタッグ結成を熱望していた。
 第2弾は後楽園ホールでの開催を希望していたが、会場に空きがなく、BumB東京スポーツ文化館(夢の島)メインアリーナでのプロレス初進出をプランしたが、同会場も空きがないため、今後会場探しに奔走することになるという。
 稔は「まだ25周年イヤーは続くんで、ノアのジュニアリーグで優勝したいし、GHCジュニアの防衛戦もしたい。IWGPジュニア、世界ジュニアを意識して、3大ジュニアタイトルと言われるなかで、GHCをいちばん光らせるのが手っ取り早いと思うんで。業界に響かせるには。声を大にして言いたいのは、田中稔に任せとけ!ってことです」と意欲を見せた。

 当初、稔とタッグを結成する予定だったものが、TAKAの負傷欠場により、カード変更となり、対戦した望月は「自分としては、戦ってよかったと思う。稔さんとはデビューした日が3日しか違わなくて、ボクも25周年迎えて、組むより、当たった方がよかった。イケメン選手は未知の選手だった。試合で楽しいという表現は好きじゃないけど、激しい楽しい試合ができた。ボクも25周年で年いってる割にはコンディションいいけど、稔さんにはかなわない。今もベルトを持ってて素晴らしい。刺激与えてくれる選手。(第2弾には?)今年はフリー時代を思い起こさせるように、いろんな団体から呼ばれることが多くて。スケジュールさえ合えば、出ようと思ってるんで。ボクも25周年で、いろんな刺激をもらえるのはいいなと思います」とコメント。

 また、稔の夫人で、特別リングアナ、女子プロレスのプロデューサーを務めたほか、セミファイナルでは、つぼ原人に襲われながらも反撃するなど、大活躍だった府川唯未さんは、「選手じゃないけど、本部席という近い所で見ていて、『プロレスが好きだな。楽しいな』と思いました。(第2弾では?)女子プロレスの試合のセコンドに就きたい。(稔の入場時に)ロープ上げしようかと思ったけど、『余計なことするな』と言われそうだったのでやめました。(Sareee対ジュリアは)期待以上の試合だった。Sareeeにとっても、ジュリアにとっても、またとないチャンスをモノにしてくれて、この先につながってくれればうれしい」と話した。



[205] fun◇YtKXN/LQ - 2019/06/27(Thu) 20:52 ID:uxvsfX9w  [No.109666]
長州力引退興行
『POWER HALL 2019 Journey Begins』
6月26日(水)後楽園ホール
観衆:1797人(超満員札止め)

試合結果です。

▼LAST SACCESSION 6人タッグマッチ 30分1本勝負
佐々木貴(FREEDOMS)&○杉浦透(FREEDOMS)&吉田綾斗(2AW)
9分50秒 オーバーイージー→体固め
葛西純(FREEDOMS)&浅川紫悠(2AW)&×平田智也(FREEDOMS)

▼CLASH OF SWORDS タッグマッチ 30分1本勝負
○関本大介(大日本)&橋本大地(大日本)
14分10秒 スピニング・バックブリーカー・ラック
マサ北宮(NOAH)&×稲村愛輝(NOAH)

▼TOKYOGURENTAI KAZOEUTA 30分1本勝負
[東京愚連隊]NOSAWA論外&MAZADA&×FUJITA
14分51秒 ダイビングセントーン→片エビ固め
○ディック東郷(みちのく)&カズ・ハヤシ(WRESTLE-1)&MEN’Sテイオー(フリー)

▼THE FUTURE IS NOW 30分1本勝負
田中稔(フリー)&×小坪弘良(ふる里プロレス)
11分0秒 ヨシタツ幻想
○ヨシタツ(フリー)&上野勇希(DDT)

▼NOAH THE STYLE 30分1本勝負
○清宮海斗(NOAH)&谷口周平(NOAH)
16分6秒 タイガー・スープレックスホールド
中嶋勝彦(NOAH)&×熊野準(NOAH)

▼THE FINAL RHAPSODY 60分1本勝負
×長州力(リキプロ)&越中詩郎(フリー)&石井智宏(新日本)
17分29秒 キングコングニードロップ→片エビ固め
藤波辰爾(ドラディション)&武藤敬司(WRESTLE-1)&○真壁刀義(新日本)



[206] fun◇YtKXN/LQ - 2019/06/27(Thu) 20:53 ID:uxvsfX9w  [No.109667]
連続投稿失礼します。

26日、後楽園ホールにて、長州力プロデュース興行『POWER HALL 2019 New Journey Begins』が行われ、長州力がプロレスラー生活に終止符を打ちました。

 長州力はレスリングでミュンヘンオリンピックに出場するなどの実績をバックボーンに新日本プロレスに入門し1974年にデビュー。藤波辰爾との抗争などで“革命戦士”として花開いて大ブレイクを果たし、その後もジャパンプロレス旗揚げ、全日本プロレスへの参戦、WJプロレス旗揚げなど話題に事欠かず、常にプロレス界のど真ん中を突き進んできました。
 長州力は1998年に一度引退してますが、大仁田厚との抗争を経て2000年に現役復帰。その後は選手として再びキャリアを重ねてきたが、2018年7月に「藤波さんが頑張ってる内はと思ったけどもうしんどい。来年靴は脱ごうと思ってます」と2度目の引退を宣言。そして「あとは藤波さんに頑張ってもらって、最後に藤波さんが見届けて終わり。やっぱり彼が居なかったらもっと早く辞めてるから」とラストマッチの相手に藤波を指名していました。

 この日のメインイベントで行われた長州力のラストマッチは、長州力&越中詩郎&石井智宏vs藤波辰爾&武藤敬司&真壁刀義という長州力のキャリアを彩るメンバーが集まった6人タッグマッチ。ゲスト解説には天龍源一郎が駆けつけた。

試合は長州と藤波の対面で始まり、長州が開始直後に掟破りのドラゴンスクリューを放つと会場は大歓声。その後は越中が各種ヒップアタックで試合を優勢に進めると、長州は愛弟子・石井と合体パイルドライバーを放つ連携を見せ、長州が真壁にリキラリアット、サソリ固めと畳み掛ける。
 しかし、ここでこの日が復帰戦の武藤がシャイニングウィザードを放って真壁を救出し、石井を抑えにかかる。そして藤波がドラゴンスクリューからの足4の字固めで越中の動きを封じる中、真壁はキングコングニードロップを投下。長州は意地でこれを返していき、最終的に真壁はキングコングニードロップを4連発。これには長州も肩を上げることが出来ず3カウント。長州の付き人を務めていた真壁が最後に師匠へ引導を渡す形の最後となった。

 試合後、「一度引退しているから」という本人の意向で10カウントゴングは無し。代わりに長州がマイクを取り「どうも長い間、45年間プロレスファンの皆さんに応援されながらここまで来ることが出来ました。私にとってプロレスは何だったのかなと振り返りますと、すべてが勝っても負けても私自身はイーブンです。ホントにイーブンでした。もう、私はここまでです。もう止まります。いまからUターンして家族の元に帰ります」ファンに挨拶を行った。
 そして、「どうしても勝てない人間がいました。それは今日……ウン、見に来てくれた、家内です」と照れ笑いで語りながら夫人をリングに上げると、2人は固く抱き合い、夫人が長州にキスを交わすと場内からは黄色い声が上がる。
 続いて、長州の後輩であり、現在は衆議院議員を務める馳浩がリングに上がって「僕も長州さんに憧れて専修大学に行き、プロレスラーになりました。長州さん!本当に今までありがとうございました!」と感謝の言葉を述べる。
 そして最後に長州が「どうもホントにありがとうございました!これからもこのような雰囲気で、これからリングに上がる若い選手たちを皆さんの声援でリングに押し上げてあげて下さい。この会場の本雰囲気を作るのは、選手ではなく、皆さんの熱い声援なんです。是非これからも宜しくお願いします!本当に長い間ありがとうございました!」と締め、大会は大団円の内に終わりました。

 バックステージに戻った長州は、穏やかな笑みをたたえながら「(これから先のことは)なにも考えてないです。正直言って自分のできることをやっていかなければいけない。まあゆっくり考えますよ」と語り、夫人をリングに上げたことについては「やっぱりこれが最後だと思えば、色々迷惑もかけたし、苦労も心配もかけたし、こうして元気に何事もなく降りてくることもできたし、まあいい感じですね。大事にしますよ」と笑顔で語る。そしてゲスト解説に駆けつけた天龍源一郎についても「げんちゃんに『やっぱりここまでだな』って思われたくなくて頑張ってはみた」と語るなど絆を垣間見せていました。

 そして、自らの師であるアントニオ猪木について触れると、「この6月26日、日にちが決まってから、常に毎日頭のどっかで、猪木会長の顔と名前っていうのが、頭の中に浮かびますよね。45年間ここまで成長できたのは、やっぱりリングの中であの方をずっと見てきて、プロレスというものがわかってきて、『あぁ大変だなこれは』というのはやっぱり常に感じてここまでやってきたんですね。それでもとてもじゃないが、やっぱりリングの中のアントニオ猪木に近づくっていうのは、とてつもなく大変なことなんだなと。マスコミは(ジャイアント)馬場さんと比べたでしょうけど、馬場さんも素晴らしい方でした温厚で。でも自分の性分としては猪木会長の『ホントにこの人プロレス24時間考えてやってる』っていうのは感じてきますよね。まあ、到底及ばないですけど。その時代の猪木さんは、猪木さんが会場の中を一人で雰囲気作って、ファンをこう引き寄せてましたね。僕なんか現場もやりましたけど、なかなかできなかったですね。やっぱりすごい方ですよ」と回顧しました。

 そして最後に「今日はちょこっと触らせてもらったんですけど、藤波さんもずっと会長について来た人ですから、表現の仕方は別にして、彼もそうなんじゃないかなと思いますよね。最後ほんとに悩みましたよ。猪木さんを呼ぶっていうね。猪木さん呼んで雰囲気作りしてもらおうかなというのもありますけど、ここは最後の自分の集大成として、どういう状況になるのかなって。熱い声援でファンの声援で押し出してもらって感謝してます」と藤波についても触れ、長州は後楽園ホールから去っていった。

 なお、この日はアントニオ猪木も政界引退を表明…。プロレス界に名を残したレジェンドたちが揃って前線を退くという歴史的な一日となったそうです。


45年間、お疲れ様でした。


[207] fun◇YtKXN/LQ - 2019/06/29(Sat) 08:04 ID:Qo/.fI9s  [No.109673]
『WWE Live Tokyo』
6月28日(金)東京・両国国技館
観衆:6724人

試合結果です。

▼US選手権試合 時間無制限1本勝負
【王者】○リコシェ
11分18秒 スワンダイブ式クロスボディーから丸め込む→回転エビ固め
【挑戦者】●セザーロ
※第164代王者が防衛に成功

▼シングルマッチ 時間無制限1本勝負
○ブラウン・ストローマン
8分26秒 ランニング・パワースラム→片エビ固め
●ロバート・ルード

▼タッグマッチ時間無制限1本勝負
[カブキ・ウォリアーズ]アスカ&○カイリ・セイン
10分15秒 インセインエルボー→片エビ固め
[ザ・アイコニックス]ビリー・ケイ&●ペイトン・ロイス

▼8人タッグマッチ 時間無制限1本勝負
○トリプルH&AJスタイルズ&ルーク・ギャローズ&カール・アンダーソン
15分18秒 ペディグリー→片エビ固め
ドリュー・マッキンタイア&●バロン・コービン&ボビー・ラシュリー&サモア・ジョー

▼ロウ女子選手権試合 時間無制限1本勝負
【王者】○ベッキー・リンチ
12分9秒 ディスアーマー
【挑戦者】●アレクサ・ブリス
※第15代王者が防衛に成功

▼ユニバーサル選手権試合 時間無制限1本勝負
【王者】○セス・ロリンズ
18分7秒 カーブストンプ→体固め
【挑戦者】●シンスケ・ナカムラ
※第7代王者が防衛に成功



[208] fun◇YtKXN/LQ - 2019/06/30(Sun) 16:09 ID:swHdndzE  [No.109677]
『WWE Live Tokyo』
6月29日(土)東京・両国国技館
観衆:7520人

遅くなりましたが試合結果です。

▼ロウ女子選手権トリプルスレットマッチ 時間無制限1本勝負
【王者】○ベッキー・リンチ
12分54秒 ダイビング・レッグドロップ→片エビ固め
【挑戦者】●アレクサ・ブリス
※第15代王者が防衛に成功。もうひとりの挑戦者はアスカ

▼タッグマッチ 時間無制限1本勝負
ザック・ライダー&●カート・ホーキンス
3分47秒 マジックキラー→片エビ固め
○ルーク・ギャローズ&カール・アンダーソン

▼ロウタッグ選手権試合 タッグマッチ 時間無制限1本勝負
【王者組/ザ・リバイバル】ダッシュ・ワイルダー&○スコット・ドーソン
12分3秒 ロープに足をかけてのエビ固め
【挑戦者組】ルーク・ギャローズ&●カール・アンダーソン
※第74代王者組が防衛に成功

▼タッグマッチ 時間無制限1本勝負
トリプルH&○シンスケ・ナカムラ
18分48秒 キンシャサ→体固め
●ロバート・ルード&サモア・ジョー

▼タッグマッチ 時間無制限1本勝負
【カブキ・ウォリアーズ】○アスカ&カイリ・セイン
9分24秒 アスカロック
【ジ・アイコニックス】●ビリー・ケイ&ペイトン・ロイス

▼US王座戦 シングルマッチ 時間無制限1本勝負
【王者】○リコシェ
17分25秒 スワンダイブ式ドラゴンラナ
【挑戦者】●セザーロ
※第64代王者が防衛に成功

▼6人タッグマッチ 時間無制限1本勝負
○セス・ロリンズ&AJスタイルズ&ブラウン・ストローマン
18分49秒 カーブストンプ→片エビ固め
●バロン・コービン&ドリュー・マッキンタイア&ボビー・ラシュリー



[209] fun◇YtKXN/LQ - 2019/06/30(Sun) 16:09 ID:swHdndzE  [No.109678]
連続投稿失礼します。

29日、東京都・両国国技館にて『WWE Live Tokyo』が開催され、中邑真輔とトリプルHが夢の“滾り共演”を果たしたそうです。

 この日は、中邑真輔がトリプルHとタッグを組み、ロバート・ルード&サモア・ジョーの実力者タッグと対戦。
 試合はロバートとトリプルH&中邑のアピール合戦から始まり、ロバートのポーズをトリプルHが真似れば中邑も脱力ポーズで対抗。一発も打ち合わずに場内を沸騰させるスーパースターの真髄を発揮。
 そして、中邑はロバートをコーナーに押し付け、顔面を踏みつけながらくねくねと滾り始めると、なんとトリプルHもこれに加勢し満面の笑みを浮かべて一緒に滾り始める。
 ここでジョーが突っ込んできてトリプルHをいたぶっていく展開となるが、中邑はヒデオ・イタミことKENTAに捧ぐgo2sleepをロバートに叩き込み、トリプルHもスパインバスターからジョーにペディグリーを見舞ってアシスト。最後は中邑がロバートにキンシャサを叩き込んで勝利したとの事。



[210] ただの全日ファン - 2019/07/03(Wed) 11:20 ID:  [No.109689]
谷津嘉章が糖尿病で右足を切断する手術を受けていたそうです。
今年からDDTのレギュラー参戦も決まってたのに。
長州力の2度目の引退興行にも来てほしかったと思っていたが、長州力の引退興行の前日に右足切断してたらさすがに来れないよな。
本当に残念ですね。


[211] fun◇YtKXN/LQ - 2019/07/04(Thu) 22:51 ID:  [No.109691]
〉全日ファンさん

情報ありがとうございます。

谷津嘉章さんが糖尿病で足の切断とはとてもお気の毒で残念ですね…。

谷津嘉章さんですが、アマレスでの華々しい実績をひっさげて、1980年にプロレスに転向。先ごろ引退した長州力(67)の “右腕的存在” として活躍。
その後、「ジャパンプロレス軍」として、全日本でも共闘しました。

2019年4月からは、「DDT」のリングに月に一度のペースで上がっていました。

「6月2日には、愛媛で普通に試合をしたのに、23日には『切断です』と言われて、25日には手術でしょ。心の準備も何もあったもんじゃなかったですよ」

 異変の兆しは、右足親指の爪の中にできた血豆だった。そこから細菌が入り、壊死が進んでいたという。

「うちはもともと糖尿病が多くて、失明しちゃったおじさんもいるんですよ。35歳のときに、俺も糖尿病って診断されて。医者から『20年後には間違いなくインスリン打ってる』って言われたんだけど、その後、糖尿の薬を飲むだけでこれまで過ごせてきたんです。

 でも振り返ると、35歳のころなんて、現役バリバリでしょ。糖尿なのに、体をつくるためにガンガン食べて、1日に5000〜6000kcalは摂ってたんだから、体にいいわけないんだよな。

 若いころの暴飲暴食って、後々まで残るんですよ。足を切ってみたら、俺の血管は、動脈硬化が進んでボロボロだったらしい」

 谷津が右足を失った翌日。この日は、「共闘」と「仲たがい」を何度も繰り返してきた、かつての盟友・長州力の引退興行が、後楽園ホールでおこなわれた日でもあった。 

「俺が足を切った翌日、長州がハッピーエンドで引退したのは皮肉だよな。痛いのを我慢して、スマホで試合を観ていたんだけど、『長州と俺の、この落差はなんだよ?』って思ったよ。

 でも、『コノヤロー、こいつに負けてたまるか!』って気持ちも湧いてきた。ある意味では、勇気をもらったんだよな。だから、これからの人生は、『谷津嘉章・第二章』。

 いつか、どこかの海賊みたいに『片足ジャック』として、またリングに上がってたりしてな(笑)。1本足にはなっちゃったけど、生きざまでは長州に絶対負けたくないからな!」と話していたそうです。
(週刊FLASH 2019年7月16日号より)


[212] fun◇YtKXN/LQ - 2019/07/04(Thu) 22:53 ID:  [No.109692]
連続投稿失礼します。

東スポ情報ですが、3月7日に死去した“白覆面の魔王”ことザ・デストロイヤーさん(本名ディック・ベイヤー=享年88)の追悼大会が、11月15日に東京・大田区総合体育館で開催されることが明らかになったそうです。
2月19日に故ジャイアント馬場さんの「没20年追善興行」を開催したH.J.T.Production社が主催するもので、名だたるレジェンドレスラーが集結するイベントになりそうだとの事。

 契機は5月中旬、デストロイヤーさんの長男カート・ベイヤー氏(58)からの要請だった。現在、米国でIT関連事業を展開するカート氏は仕事で来日した際、馬場さん夫人の元子さん(享年78)の又甥(またおい)に当たるHJT社の代表取締役、緒方公俊氏(32)に大会の開催を希望。緒方氏が快諾して実現に向けて動きだしたそうです。

 カート氏は1992年に練習生から全日本プロレスでデビューし、94年まで参戦した。一方の緒方氏はデストロイヤーさんのライバルであり、盟友だった馬場さんの肖像権に関するライセンス事業を継承しており、2人が打ち解けるのに時間は必要なかった。すでに新日本プロレス、全日プロへ参戦オファーも出しており、前向きな姿勢を見せてくれているという。

 大会名は「ザ・デストロイヤー メモリアル・ナイト〜白覆面の魔王よ永遠に〜」。永遠のライバルで日本プロレスの祖・力道山が眠る池上本門寺からほど近い会場が選ばれた。主催者側は故人と縁が深いゲストを招聘する予定で、元PWF会長、スタン・ハンセン氏(69)の来日が決定。ザ・ファンクス(ドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンク)には、選手として出場を希望しているとの事。

 一方のカート氏は、米国遠征中にデストロイヤーさんと戦った経験がある“炎の飛龍”ことドラディションの藤波辰爾(65)の参戦を熱望しているという。同時にデストロイヤーさんが入院した際や死去後も個人的にメッセージを送り続けてくれた“狂乱の貴公子”リック・フレアー(70)の来場も望んだが、5月に合併症の手術を受けているため、こちらは微妙な状況だそうです。

 故人の名前を冠した試合は、東京スポーツ新聞社主催の東日本大震災復興支援チャリティー大会「ALL TOGETHER」(2011年8月27日、日本武道館)で行われた「第2回デストロイヤー杯争奪バトルロイヤル」を予定。緒方氏は「デストロイヤーさんと馬場さんが天国から笑顔で見てくれて、ファンの皆さまに喜んでいただける大会にしたい」と語った。詳細は今月中にも正式発表される予定。昭和のプロレスが鮮やかによみがえりそうだ…との事。


[213] fun◇YtKXN/LQ - 2019/07/17(Wed) 00:15 ID:Leqkl99.  [No.109713]
DDT
「Wrestle Peter Pan 2019」
7月15日(日)東京・大田区総合体育館
観衆:3798人(超満員札止め )

遅くなりましたが主な試合結果です。

第三試合
スーパー女子プロ大戦2019
◯世志琥
8分31秒 ダイビング・セントーン→片エビ固め
×赤井沙希

第四試合 60分一本勝負
DDT EXTREME級選手権試合〜蛍光灯IPPONデスマッチ

<王者>◯彰人
11分34秒 IPPON
<挑戦者>×朱崇花
※第45代王者が初防衛に成功。

アイアンマンヘビーメタル級選手権試合
<王者>×大鷲透
15時54分 みんなで押さえ込む→体固め
<挑戦者>◯ラッキィ池田
※池田が第1375代王者となる。

第五試合 時間無制限勝負
アイアンマンヘビーメタル級選手権時間差入場バトルロイヤル
<王者=3>×平田一喜
20分4秒 神の右膝→片エビ固め
<挑戦者=7>◯坂口征夫
※坂口が第1380代王者となる。

< >内は入場順。
【試合経過】 @<王者=1>●ラッキィ池田 vs ゴージャス松野○<挑戦者=2> 3分37秒 横入り式エビ固め
※松野が第1376代王者となる。
A<王者>●ゴージャス松野 vs 松永智充○<挑戦者=3> 3分48秒 横入り式エビ固め ※松永が第1377代王者となる。
B<王者>●松永智充 vs マッド・ポーリー○<挑戦者=4> 5分40秒 リバース・スプラッシュ→片エビ固め
※ポーリーが第1378代王者となる。
C<王者>●マッド・ポーリー vs 平田一喜○<挑戦者=3> 7分49秒 横入り式エビ固め ※平田が第1379代王者となる。
D○上福ゆき<5> vs クロちゃん●<6> 11分30秒 オーバー・ザ・トップロープ
E○ジョーイ・ライアン<8> vs 上福ゆき● 11分43秒 オーバー・ザ・トップロープ
F○越中詩郎<11> vs ポコたん●<3> 14分9秒 オーバー・ザ・トップロープ
G○越中詩郎 vs 大石真翔●<3> 18分34秒 オーバー・ザ・トップロープ H○越中詩郎 vs ジョーイ・ライアン● 18分34秒 オーバー・ザ・トップロープ
I○越中詩郎 vs 大和ヒロシ●<9> 18分34秒 オーバー・ザ・トップロープ J○平田一喜 vs アントーニオ本多●<12> 19分8秒 オーバー・ザ・トップロープ
K○平田一喜 vs 越中詩郎● 19分8秒 オーバー・ザ・トップロープ
L○平田一喜 vs 大鷲透●<10> 19分8秒 オーバー・ザ・トップロープ

第六試合 30分一本勝負
人間風車二世vs大鵬三世
◯鈴木秀樹
7分59秒 変形ネックロック
×納谷幸男

 第八試合 60分一本勝負
初代O-40王者決定戦〜ウェポンランブル
◯高木三四郎
28秒56秒 投げ捨てひまわりボム・オン・ザ・プラケース→エビ固め
×スーパー・ササダンゴ・マシン
※高木が初代王者となる。

第九試合 30分一本勝負
ドラマティック・ドリームマッチ
◯青木真也
4R2分54秒 スリーパーホールド→TKO勝ち
×男色ディーノ
※格闘ルールとハッテン場ルールをラウンドごと交互におこなう変則ルール。

セミファイナル 60分一本勝負
総研ホールディングス presents KO-Dタッグ選手権試合
<王者組>佐々木大輔&高尾蒼馬◯
20分38秒 リバースゴリースペシャルボム→エビ固め
<挑戦者組>HARASHIMA&ヤス・ウラノ×
※第66代王者組が4度目の防衛に成功。

メインイベント 60分一本勝負
BLACK OUT presents KO-D無差別級選手権試合
<王者>×遠藤哲哉
31分38秒 ウォール・オブ・タケシタ
<挑戦者>◯竹下幸之介
※竹下が第72代王者となる。



[214] fun◇YtKXN/LQ - 2019/07/29(Mon) 00:59 ID:Qo/.fI9s  [No.109750]
<ゼロワン後楽園大会>

7月28日〈日)東京・後楽園ホール

今年で19回目を迎えたゼロワン真夏の祭典「火祭り」は、今年3月のゼロワン加入したAブロック1位の火野裕士(34)が初優勝を飾った。

17年10月デビューながらも優勝決定戦まで勝ち上がってきたBブロック1位の岩崎永遠(とわ=20)と対戦。昨年覇者の宮本裕尚らを撃破した岩崎の勢いを技を全身で受け止めた火野はカウンターのラリアットでダメージを与えると17分17秒、必殺のFucking Bombを成功させて3カウントを奪取。優勝者に贈られる「火祭り刀」を手にした。

2度目の出場で初優勝した火野は「まずデビューして、1年ちょいで、ここまできた永遠くん、ありがとう。強い選手だけど、火祭りはデビュー1年とかでぽっと取れるほど甘くない。もっと強くなってまた一緒に盛り上げようや」とエールを送ると1612人の満員になった後楽園ホールの観客から大きな拍手を受け取った。

田中将斗の強さ、菅原拓也の酒の強さ、仕事に一生懸命なオッキー沖田リングアナ、そして団体を率いる大谷晋二郎の子供たちを愛する姿に共感し、ゼロワンに加入したことをあらためて口にした。火野は「火祭りに優勝したからには、もっともっとこのゼロワンを盛り上げたいと思います」と宣言したそうです。


[215] fun◇YtKXN/LQ - 2019/07/29(Mon) 22:06 ID:Qo/.fI9s  [No.109757]
 今年3月7日に88歳で亡くなった日米で覆面レスラーとして活躍した“白覆面の魔王”ザ・デストロイヤーさん(本名・リチャード・ベイヤー)の追悼興行「ザ・デストロイヤー メモリアル・ナイト〜白覆面の魔王よ永遠に」が11月15日、東京・大田区総合体育館で行われることが29日、都内で発表された。

 大会プロデューサーは、デストロイヤーさんが生前、参戦していた全日本プロレスの和田京平名誉レフェリーと木原文人リングアナウンサーが務め、大会当日は、ドリー・ファンク・ジュニア、スタン・ハンセン氏、徳光和夫アナウンサーがゲストとして来場するそうです。

 デストロイヤーさんは、1930年7月11日、米国バッファロー出身。大学時代はアメリカンフットボールの選手として活躍し54年に素顔の「ディック・ベイヤー」でプロレスデビュー。62年に覆面レスラーの「ザ・デストロイヤー」に変身し、WWAヘビー級王座を獲得。63年には日本プロレスに初来日し、力道山と激闘を展開。力道山の没後は、ジャイアント馬場さんのライバルとして活躍。

 馬場さんが72年に全日本プロレスを設立後は、日本に在住し、全日本の所属選手としても活躍。日本テレビのバラエティー番組「うわさのチャンネル!!」にレギュラーで登場し、徳光アナに必殺の足4の字固めをかけ、お茶の間の人気も獲得した。93年に現役を引退。2017年には外国人叙勲者として旭日双光章を受章した。

 この日の会見には、和田レフェリーと藤波辰爾が出席。藤波は「デストロイヤーさんとは一度、対戦したかったですが、今回の追悼興行に自分が名を連ねられるのは光栄です。精いっぱい協力したい」と明かし、自らの参戦を「もちろん第一希望です。体調ベストで上がりたい」と参戦へ意欲を見せた。和田レフェリーは、全7〜8試合を予定しているとした上で「いろんな人に来てほしい。カードを期待して下さい。みなさんを驚かせたい」と話していた。さらに、大会は「ザ・デストロイヤープレミアムシート」としてデストロイヤーさんの試合用マスク付きの最前列席が10万円で販売されることから藤波は「僕も買おうかな。マスク欲しいもん」と話し、会見場を笑いで包んでいたそうです。

 また、デストロイヤーさんの息子カート・ベイヤーさんがビデオで「父はもう1回日本に行きたかったけど結局行けなかった。亡くなる前に何度か日本にもう1回行きたいなと言っていました。亡くなった時、日本のマスコミの方からいろんなメッセージが来てとても素晴らしいメッセージでした。みんなにありがとうと言いたい。大田区が力道山の昔の家の近くで素晴らしいなと思った」と流ちょうな日本語でメッセージを寄せ、デストロイヤーさんが初めて着用した覆面を披露していたとの事。

 さらに、ドリーは書面でコメントを寄せ「デストロイヤーは良き先輩であり戦友でもありました。今でもリスペクトしています。今回はファンクスとして皆様にお会いしたく、現在、テリーには連絡しています」と弟のテリー・ファンクとの「ザ・ファンクス」で来場したい意向を明かしていたそうです。



[216] fun◇YtKXN/LQ - 2019/08/02(Fri) 11:40 ID:  [No.109762]
“美獣”、“ミスタープロレス”で知られるハーリー・レイス氏が1日、肺がんによる合併症で…76歳で亡くなったそうです。「WWE」の公式サイトが伝えた。

 NWA世界ヘビー級王座を8度獲得した米国のレジェンドレスラーで日本でも“美獣”の異名でジャイアント馬場さんらと激闘を展開し人気だったレイス氏は、1943年4月11日、米国ミズリー州出身。15歳でプロレスラーとしてデビューし、NWA、AWAなどの団体で活躍。73年5月にドリー・ファンク・ジュニアを破り、当時世界最高峰とうたわれたNWA世界ヘビー級王座を奪取した。以後、8度に渡り同王座を獲得した。

 日本には、68年2月に日本プロレスで初来日を果たす。72年10月にジャイアント馬場さんが全日本プロレスを旗揚げすると、全日本を主戦場に看板レスラーとして来日し、得意技のダイビングヘッドバット、ブレーンバスターを引っさげ馬場さん、ジャンボ鶴田さんらと名勝負を演じた。

 86年にWWF(現WWE)へ移籍し、“キング”ハーリー・レイスとして活躍。95年に交通事故で引退し自ら団体を主宰し後進を指導。日本でもプロレスリング・ノアと友好関係を結び、GHC王座の管理委員長を務めていた。

 2004年にはWWE殿堂入りを果たしたレイス氏。この日、WWEの公式サイトでは「レイスはWWEのトップヒーロー全員と戦い、93,000人のファンの記録的な観客を動員したレッスルマニア3でジャンクヤード・ドッグと戦いました。WWEはその哀悼の意をレイスの家族、友人、そしてファンにささげます」と追悼していたそうです。

ご冥福お祈りします。


[217] fun◇YtKXN/LQ - 2019/08/25(Sun) 07:56 ID:eKZ0Gg26  [No.109809]
BJW大日本プロレス
8月24日(土)東京・後楽園ホール
【観衆】1740人【超満員札止め】

主な試合結果です。

メインイベント スペシャルシングルマッチ 30分1本勝負
×関本大介
バーニング・ハンマー→25分38秒 片エビ固め
◯マイケル・エルガン

試合後のコメントです。

【リング上】
エルガン「日本を離れてカナダ、アメリカなどで闘ってきた。でもこの8月24日、この東京・後楽園ホール、みんな俺の家族だ。」
関本「とりあえずオマエは俺と戦え。明日も明後日も明々後日もこれからずっとだこのヤロー!」
エルガン「明日は今日とは違う。でも再びビッグマイクが勝つだろう」
関本「明日名古屋国際会議場でリベンジしてやるこのヤロー!わかったらとっとと出て行けこのヤロー!」

【バックステージ】
エルガン「俺たちに会話はいらない。見ただろ?誰にも文句は言わせない。よりタフでデカくて強かったのはマイケル・エルガンだ」

関本「俺は諦めない。絶対やり返してやる。明日はあいつにギャフンと言わせてやる。
(実際に闘ったエルガンは?)正直ね、体幹がすごく強いのを闘って感じました。全くこっちが打っても体がブレないというか体が崩れない。そういうタフネスさを今日は感じました。でも明日は絶対撃ち抜いてやる。
(関本vsエルガンを願ってこれだけ多くのファンが集まったが)闘いたいと言われるのは自分もレスラー冥利につきます。あいつが来ると知った時に僕が闘わせてくれと志願しました。そういう意味では相思相愛なんじゃないですか?でもビックマイクとはずっと闘って行きたいなと思いました。」


[218] fun◇YtKXN/LQ - 2019/08/26(Mon) 23:54 ID:u8PsSRHg  [No.109815]
BJW大日本プロレス
「Death Mania Z」
8月25日(日) 愛知・名古屋国際会議場イベントホール
910人【超満員】

遅くなりましたが主な試合結果です。

第6試合 大熊元司メモリアル~スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負
グレート小鹿&大仁田 厚
7分54秒 横入り式エビ固め
青柳政司&高橋匡哉

第7試合 スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負
関本大介&野村卓矢×
16分47秒 エルガンボム
◯マイケル・エルガン&望月成晃

セミファイナル BJW認定世界ストロングヘビー級選手権試合 30分1本勝負
【第14代王者】×岡林裕二
16分28秒 二段式ジャーマン・スープレックスホールド
【挑戦者】◯佐藤耕平
※佐藤耕平が第15代王者となる。

メインイベント BJW認定デスマッチヘビー級選手権試合
蛍光灯オブジェ、先に3個割っても勝ちデスマッチ 30分1本勝負
【第38代王者】◯木イサミ
13分36秒 ※ギガラダーブレイク→片エビ固め
【挑戦者】×オルカ宇藤
※蛍光灯を破壊した数【イサミ2-宇藤2】
※2度目の防衛に成功


[219] fun◇YtKXN/LQ - 2019/08/26(Mon) 23:55 ID:u8PsSRHg  [No.109816]
連続投稿失礼します。

「TAKAYAMANIA EMPIRE2」
8月26日(月) 東京・後楽園ホール
観衆:1.500人(超満員)

試合結果です。

▽第1試合 超スペシャル6人タッグ
〇アントーニオ本多&アントニオ小猪木&アントン川村
(5分28秒、卍固め)
男色ディーノ×&高木三四郎&ストーカー市川

▽第2試合 センダイガールズ提供試合
里村明衣子&〇橋本千紘
(7分44秒、オブライト)
松本浩代&DASH・チサコ×

▽第3試合 井上雅央 試練の高山善廣指名試合
〇関本大介
(9分54秒、アルゼンチンバックブリーカー)
×井上雅央

▽第4試合 邪道vs野獣
〇大仁田厚&樋口和貞&大家健
(12分54秒、サンダーファイヤーパワーボム→エビ固め)
藤田和之&NOSAWA論外×&FUJITA

▽スペシャルトークバトル
△前田日明
(20分時間切れ引き分け)
△武藤敬司

▽第5試合 新日本&ゼロワン交流戦
〇永田裕志&大谷晋二郎&辻陽太
(14分9秒、バックドロップホールド)
小島聡&高岩竜一&北村彰基×

▽第6試合 セミファイナル NOAH vs DDT
清宮海斗&〇原田大輔&宮脇純太
(14分40秒、片山ジャーマンスープレックス)
竹下幸之介&上野勇希×&渡瀬瑞基

▽第7試合 メインイベント
△鈴木みのる&鈴木秀樹
(30分時間切れ引き分け)
丸藤正道&田中将斗△


東スポ情報ですが、頸髄完全損傷でリハビリ中の帝王・高山善廣(52)の支援大会「TAKAYAMANIA EMPIRE 2」が26日、東京・後楽園ホールで開催された。

「夢のオールスター戦」(1979年8月26日)からちょうど40年後の開催となった2回目の支援大会に、今年も団体の垣根を越えた有志が終結。全7試合のメインイベントでは鈴木みのる(51)、鈴木秀樹(39)組が丸藤正道(39)、田中将斗(46)組と対戦し、30分フルタイムドローの大熱戦を繰り広げた。

 全試合終了後には高山からビデオメッセージが届き「夢のオールスター戦40周年というと、新しいファンの方はお分かりではないかもしれませんが、馬場・猪木の両名がタッグを組んだ夢の舞台でした。もう僕がやるかは分かりませんが、プロレス界は8・26、今後、毎年一年に1回やってほしいですね。これは僕からの提案です」と訴えた。

 さらに「ほんとにちょっとずつですが(感覚が)戻っているような気がします。明らかに自分の中では感覚が違ってますので、鈴木みのるにビッグブーツをかませる日が来るのではないかと思い、リハビリに励んでいます」と報告し、支援する全ての人間への感謝を口にした。

「高山」コールが鳴り響く中、盟友みのるが「あいつは、俺らとは比べものにならないぐらいのものと、いま戦っている。怖いけど戦ってるんで、この言葉をみんなに送ってあげよう」と提案。会場中が「ノーフィアー!」と絶叫し、大団円で幕を閉じた。

 2度目の大会も大成功となったことを受け、みのるは「高山がプロデュースするオールスター戦、年に1回できたらいいんじゃないかな」と帝王の提案に賛同。「3回目、4回目、5回目と続けていくことに意味があると思っている」と今後も支援の輪を広げていく決意を明かしたそうです。


[220] fun◇YtKXN/LQ - 2019/09/02(Mon) 15:50 ID:  [No.109829]
2AW
「GRAND SLAM in 後楽園ホール」
9月1日(日)後楽園ホール
観衆590人

主な試合結果です。

第4試合[2AW無差別級選手権初代王者決定トーナメント 準決勝戦 時間無制限1本勝負]
●タンク永井
(8分47秒 リベリオン→片エビ固め)◯浅川紫悠
※浅川紫悠がトーナメント決勝へ進出。

第5試合[2AW無差別級選手権初代王者決定トーナメント 準決勝戦 時間無制限1本勝負]
●藤田ミノル(フリー)
(12分30秒 バックドロップ→片エビ固め)
◯吉田綾斗
※吉田綾斗がトーナメント決勝へ進出。

第7試合[2AW無差別級選手権初代王者決定トーナメント 決勝戦 時間無制限1本勝負]
◯浅川紫悠
(17分28秒 リベリオン→片エビ固め)
●吉田綾斗
※浅川紫悠が2AW無差別級選手権初代王者となる。


[221] fun◇YtKXN/LQ - 2019/09/15(Sun) 23:02 ID:6MKG0Th.  [No.109861]
ZERO1
第16回 ZERO1「天下一Jr」優勝決定戦
9月14日(土) 後楽園ホール

遅くなりましたが主な試合結果です。

第2試合「天下一ジュニアトーナメント2019」準決勝戦 シングルマッチ20分1本勝負
×高岩竜一
8分27秒 尻尾絡み ※HUBが決勝戦進出
◯HUB

第3試合「天下一ジュニアトーナメント2019」準決勝戦 シングルマッチ20分1本勝負
◯SUGI
8分39秒 外道クラッチ
×ショーン・ギネス

第6試合 タッグマッチ30分1本勝負
大谷 晋二郎&佐藤 耕平◯
17分54秒 パイルドライバー→片エビ固め
×橋本大地&神谷英慶

第7試合 世界ヘビー級選手権試合 シングルマッチ30分1本勝負
×関本大介
25分22秒
◯火野裕士
※火野裕士が新王者

第8試合「天下一ジュニアトーナメント2019」決勝戦 シングルマッチ時間無制限1本勝負
×SUGI
12分22秒 猛毒波布空爆→体固め
◯HUB
※HUBが優勝



[222] fun◇YtKXN/LQ - 2019/09/16(Mon) 07:27 ID:tKXqJaxU  [No.109864]
BJW大日本プロレス
「BIG JAPAN DEATH VEGAS」
9月15日(日) 神奈川・横浜文化体育館
【観衆】1357人

主な試合結果です。

第5試合 BJW認定ジュニアヘビー級選手権試合 30分1本勝負
【第3代王者】×TAJIRI
12分40秒 ブルーストーム
【挑戦者】◯青木優也
※青木が第4代チャンピオンになる

第6試合 最侠タッグリーグ・ストロングブロック公式リーグ戦 30分1本勝負
関本大介&ザ・ボディガー×【1敗】
19分56秒 ジャーマンスープレックスホールド
◯野村卓矢&阿部史典【1勝】

セミファイナル BJW認定世界ストロングヘビー級選手権試合 30分1本勝負
【第15代王者】◯佐藤耕平
17分34秒 パイルドライバー→片エビ固め
【挑戦者】×神谷英慶
※初防衛に成功

メインイベント BJW認定デスマッチヘビー級選手権試合
蛍光灯スキャフォールド+αデスマッチ 30分1本勝負
【第38代王者】◯木高イサミ
16分24秒 蛍光灯への憤怒の罪→片エビ固め
【挑戦者】×佐久田俊行
※3度目の防衛に成功





[掲示板へ戻る] [1-100] [101-200] [最新50]
処理 記事No パスワード

お名前
E-mail
コメント
URL
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色