[掲示板へ戻る]

2017 全日本プロレス

[1] fun◆fLongoRY - 2016/12/09(Fri) 08:04 ID:2GB.AYfA  [No.106615]
2017年1月2月シリーズの日程です。

「2017 ニューイヤーウォーズ」
1月2日(月・祝)12:00 東京・後楽園ホール
1月3日(火)12:00 東京・後楽園ホール
1月9日(月・祝)17:30 神奈川・横浜ラジアントホール
1月14日(土)18:00 広島・広島マリーナホップ
1月15日(日)16:00 福岡・博多スターレーン
1月16日(月)18:30 鹿児島・オロシティーホール(鹿児島市)
1月18日(水)18:30 福岡・小倉北体育館
1月19日(木)18:30 熊本・熊本市食品交流会館・フードパル
1月20日(金)18:30 長崎・長崎市平和会館ホール
1月21日(土)18:00 山口・周南市新南陽ふれあいセンター
 
まちおこしスペシャル チャリティー鳩山町大会 〜鳩山町を進化させちゃうぞ!オイッ!!〜
1月28日(土)16:00  埼玉・鳩山町中央公民館

「〜バレンタインデースペシャル・ギミチョコナイト〜」
2月14日(火)18:30  栃木・栃木県総合文化センター・サブホール(宇都宮)

2017年2月「2017エキサイトシリーズ〜Jr. BATTLE OF GLORY〜」
 
2月17日(金)18:30 東京・後楽園ホール
2月18日(土)18:00  千葉・銚子市体育館
2月19日(日)17:00  アイメッセ山梨(甲府)
2月23日(木)18:30  静岡・焼津文化会館 小ホール
2月24日(金)18:30  愛知・名古屋市中村スポーツセンター 第2競技場
2月26日(日)17:00   エディオンアリーナ大阪・第2競技場


[2] fun◆fLongoRY - 2016/12/09(Fri) 08:07 ID:2GB.AYfA  [No.106616]
来年の2017年の全日本プロレスのスレッドです。
新春興業のカードが発表されたので早めに立てておきます。
良かったら使用して下さい。


「2017 ニューイヤーウォーズ」 2017年1月2日(月・祝)、1月3日(火)後楽園ホール大会の
第1弾対戦カードが決定

「2017 ニューイヤーウォーズ」
1月2日(月・祝)東京・後楽園ホール
アジアタッグ選手権試合 60分1本勝負
[第100代王者組]渕正信&大仁田厚
vs
[挑戦者組]秋山準&井上雅央
※第100代王者組・渕正信&大仁田厚 初防衛戦
 
 
1月3日(火)東京・後楽園ホール
世界ジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
[第42代王者]石井慧介
vs
[挑戦者]青柳優馬
※第42代王者・石井慧介 初防衛戦


[3] fun◇fLongoRY - 2016/12/13(Tue) 22:38 ID:Xmtl.k3U  [No.106650]
東スポ情報ですが秋山が「大仁田さんよ ショートタイツ姿で戦え」と大仁田厚に原点回帰を要求したそうです。

秋山は来年1月2日の後楽園ホール大会で大仁田が保持するアジアタッグ王座に挑戦。王者から“邪道ルール”採用を求められているが、デビュー直後からNWAインターナショナルジュニアヘビー級王者時代のショートタイツ姿に戻ることを、逆条件として提示した。

 1・2後楽園大会で秋山は悲しき中年・井上雅央と組み、大仁田、渕正信組に挑戦する。2017年の仕事始めが大仁田との初対決になったが「井上雅央に『生活のため』と言われて、俺も何とかしないとなって。24年やってきて、辞めるか辞めないか分からない大仁田厚と対戦できるなんて考えられないこと。プロレスもいろいろあるな…」としみじみと口にした。

 だが相手は邪道と呼ばれる男。やっぱり面倒なことを言いだした。「次は俺のルールでやらせてもらう。PWF会長のドリー・ファンク・ジュニアにも伝えた。のめないなら防衛戦は拒否する」(大仁田)とのメッセージを送ってきたのだ。

 詳しいルールは後日発表としているが、デスマッチ形式であることは確実…。秋山は「ここは全日本プロレス。大仁田さんもいいお年をされているからお分かりだと思うのですけれど『郷に入っては郷に従え』ということ。それに隣には全日本一筋の渕正信がいる。渕さんが許すなら少しは考えてもいいと思うけど」と返答。

 11月27日の両国大会では電流爆破バット使用をパートナーの渕に制止されており、説得するのは困難だろう。さらに「相手が有刺鉄線を使うにしても、俺はいつも通りのタイツに上半身裸。大仁田さんは長いズボンに服を着ているから条件が違う。全日本のデビュー当時のように、俺と同じ上半身裸なら考える」と続けた。

 つまり、全日マットでひたすら前を向いて走っていた時代のコスチュームで出陣することが条件だという。大仁田が故ハル薗田さんの名を挙げつつ、アジアタッグ奪取時に語った「同期」という泣かせるセリフに反応した可能性も強い。「ビジネスは何ごとも条件だから」と含み笑いを浮かべた秋山。言葉のキャッチボールを楽しんでいるようにも見えるが、決戦まで波乱は続きそうだ…との事。



[4] fun◆fLongoRY - 2016/12/16(Fri) 09:00 ID:MTd79KXo  [No.106662]
1月2日(月・祝)【2017 ニューイヤーウォーズ】後楽園ホール大会 にて行われるアジアタッグ選手権試合
第100代王者・渕正信&大仁田厚vs秋山準&井上雅央 に関して大仁田厚がドリー・ファンクJr. PWF会長にアジアタッグ選手権試合のハードコアルール変更を要求しました。
 
大仁田厚とPWF会長、ドリー・ファンクJr. のやり取りです。(敬称略)
 

大仁田「ミスタードリーファンク、俺はPWFルールではやりたくはない、ハードコアルールでやりたいんじゃ」
ドリー「申し訳ないが、ミスター大仁田PWFルールはハードコアマッチではないんだ。」
大仁田「分かってるよ、でも俺がチャンピオンじゃ、おい、俺のベルトだ」
ドリー「ハードコアルールはダメだ!」
 
大仁田「俺はハードコアルールでやりたいんじゃ!」
ドリー「私はPWF会長だ」
大仁田「わかってる、分かってるんよ、おい、でも俺はイス、テーブル、有刺鉄線、全部使いたいんじゃ!」
ドリー「あなたを守る為のルールなんだ。だから傷つく事はない。君は何度も痛みを負ってきた。また傷つくのか?」
 
大仁田「知ってるだろうけど、俺はハードコアレジェンドじゃ、おい」
ドリー「ハードコアルールはダメだ」
大仁田「だが、俺はハードコアルールを要求するからな!」
ドリー「君が何をやりたいのかは分かってる。
君はハードコアルールで試合をやりたい、パンチも有刺鉄線もガラスも何もかも使って闘いたい。
しかし、それは価値がない。それはPWFルールでも何でもない。」
 
大仁田「おい、俺の人生はハードコアルールなんじゃ」
ドリー「私の人生はプロフェッショナルレスリングだ」
 
大仁田「分かってるよ、おい、ずっとあんたを見て来たから分かってるんじゃ。でもこれは俺のベルトじゃ!」
ドリー「ハードコアルールではやらせない!」


[5] fun◆fLongoRY - 2016/12/17(Sat) 13:15 ID:JZ1T7lI.  [No.106667]
東スポ情報ですが“悪魔仮面”ケンドー・カシンが15日、はぐれIGF軍団の“解散記念マッチ”を提案したそうです。

 カシンは全日本プロレス「世界最強タッグ決定リーグ戦」に秋山準社長とのコンビで出場するも、4勝1敗のBブロック2位で全日程を終了。全勝のGET WILD(大森隆男、征矢学組)に及ばず、優勝決定戦に進めなかった。

「最強タッグ優勝を逃して、さらにはプロレス大賞最優秀タッグ賞も逃して裏切り、失望、絶望です」とショックは隠せない。

 そんな悪魔仮面をさらに立腹させたのは、はぐれ軍に所属しながら曙とのSMOPでも活動させていた将軍岡本(33)の快進撃だ。2人はゼロワンのタッグリーグ戦「風林火山」決勝戦(18日、新木場)進出を決めている。

 カシンは「将軍のヤロー、俺たちよりいい成績なんて許せない」と言いがかりをつけながら「こうなったら生活のためです。1月8日のW―1後楽園大会で秋山、カシン、井上雅央組対曙、将軍、鈴木秀樹組でやってやる。ただし井上雅央の顔だけは狙わないで」となぜか関係のないW―1での決着戦を要求した。

 すでに岡本と鈴木も秋山、カシン組に対戦要求を突き付けており抗争激化は必至。表舞台から姿を消して久しいはぐれ軍団長の藤田和之(46)が、失望してしまわないか心配だ…との事。

 カシンの事なので本当に実現するのか疑問ですが、どうなるのでしょうね… (;^_^A


[6] fun◆fLongoRY - 2016/12/19(Mon) 00:59 ID:QOAy/6PM  [No.106680]
2017年1月2日、3日後楽園ホール大会にジョー・ドーリングの参戦が決定。
 
1月2日(月・祝)12:00試合開始
ジョー・ドーリング復帰戦
 
また、1月15日博多大会にて三冠ヘビー級選手権が開催が決定。
 
1月15日(日)博多・博多スターレーン 16:00試合開始
三冠ヘビー級選手権試合
第55代王者宮原健斗 vs 挑戦者未定
※王者宮原 7度目の防衛戦


[7] fun◇fLongoRY - 2016/12/20(Tue) 11:19 ID:DBkFQ6jo  [No.106685]
ゲットワイルド大森隆男が3冠ヘビー級王者・宮原健斗への挑戦を表明しました。

東スポ情報ですが、再結成したゲットワイルドは、4年ぶり2度目の最強タッグ制覇を史上3組目の全勝優勝で飾り、来年1月2日か3日の後楽園ホール大会で世界タッグ王者組のゼウス、ボディガー組への挑戦が決定的。

「我々にとって切っても切り離せないもの」(大森)、「一度全日本から全部のベルトが流出したとき、我々が一番最初に取り戻しましたから。ということは世界タッグのベルトは大森さんのものじゃないかと」(征矢)と王座返り咲きに自信をみなぎらせた。

 さらに完全復活した大森の野望はタッグのみにとどまらない。優勝決定戦で3冠王者・宮原から直接フォールを奪った勢いそのままに「ぜひ俺が挑戦したい。世界タッグ優勝の勲章を引っさげて、来年1発目の3冠戦はこの俺が挑戦したいです」とキッパリ。すでに開催が発表済みの来年1月15日の博多大会での挑戦者に名乗りを上げた。

 大森は現在6度の防衛に成功している宮原の初防衛戦(3月、沖縄)の相手だった。「堂々たる風格を身につけて、以前とは別人のような立派な3冠王者。全くスキがなくなっているが、ぜひ取りたい」と、デビュー25周年の節目の年となる2017年早々から、タッグ&シングルの2冠奪取を誓ったとの事。



[8] ただの全日ファン - 2016/12/20(Tue) 21:04 ID:B5OLH296  [No.106695]
大仁田厚が井上雅央に対して「井上選手よ、近日中に場を設けるから出てこいよ。ルールは公開の場で決めようじゃあないか。」
って言ってるけど、アジアタッグのルールは全日本プロレスが管理するようになってから今でもPWFルールなんだよ。
勝手にルール変更しないで欲しいよな。
秋山社長もドリー会長も「PWFルールでやらないのなら王座剥奪するぞ」ってぐらい言って欲しいな。


[9] fun◇fLongoRY - 2016/12/20(Tue) 23:23 ID:DBkFQ6jo  [No.106697]
>全日ファンさん

その大仁田のバトルニュースからのニュースです。

11月27日の全日本プロレス両国大会において、渕正信とのタッグで第100代アジアタッグチャンピオンとなった大仁田厚が吠えた。
 先日秋山社長から、「タイツでリングに上がるなら電流爆破や有刺鉄線の使用を認める」といった内容の発言を受けた大仁田は、「秋山さんよ、いつの写真を引っ張り出してきたんだ?(笑)青タイツの俺って、まだ10代じゃあないか?俺、来年で還暦を迎えるんだけど…。秋山さんよ、時間は流れてるんだぜ。時代とともに物事は移り変わるし進化もする。俺はショートタイツから白のタンクトップ、そして今のデニムとラグトップのストリートファイトスタイルになった。人のスタイルをとやかく言うのは不粋ってもんだと思うが?そもそもアジアタッグに挑戦したいと言い出したのは、井上選手だろ。秋山社長がルールについてガタガタいう問題じゃない。秋山さんは、今回のアジアタッグ挑戦については所詮グリコのおまけ!ルールについては、言い出しっぺの井上選手と直接話をつけるのが筋だ」と邪道節を炸裂。
 大仁田は近日中に井上雅央を呼び出し、ルールについての話し合いを行う意向。
「井上選手よ、近日中に場を設けるから出てこいよ。ルールは公開の場で決めようじゃあないか」
不敵な笑みを浮かべた邪道は、舌戦では秋山より一枚も二枚もうわてのようだ...との事。

ドリーも「ハードコアではさせない」と言っていますし、パートナーの渕さんにしてもハードコアルールなんて望んではいない気もしますが、全日本では実に厄介な王者ですね… (;^_^A


[10] fun◆fLongoRY - 2016/12/24(Sat) 00:07 ID:hHZ/qtQ6  [No.106702]
1月シリーズ「2017 ニューイヤーウォーズ」の対戦カードが決定。
ドーリングの復帰戦、アジアタッグ選手権が2日後楽園、世界ジュニア、世界タッグ選手権は3日の後楽園。
新人の岡田佑介のデビュー戦が9日横浜ラジアントホール、三冠ヘビー級選手権試合 は大森隆男が挑戦者にて
15日博多スターレーン大会で行われるようです。また、田中稔のシリーズ参戦もあるようです。
それと発表になっている1月2日のアジアタッグ選手権ですが、ルール問題で大仁田がボイコットも示唆しているそうです。

主な対戦カードです。

1月2日(月・祝)東京・後楽園ホール

6人タッグマッチ
ゼウス&中島洋平&SUSHI
VS
崔 領ニ&不動力也&田中稔

【新春大森祭り】スペシャル6人タッグマッチ 
大森隆男&征矢学&田村和宏
VS
木イサミ&宮本裕向&風戸大智

【ジョー・ドーリング復帰戦】スペシャル6人タッグマッチ
宮原健斗&野村直矢&ジェイク・リー
VS
諏訪魔&ジョー・ドーリング&佐藤光留


新春無差別級バトルロイヤル ※特別参加 入江茂弘、西村修
※他の出場選手は当日発表


アジアタッグ選手権試合
[第100代王者組]渕正信&大仁田厚
VS
[挑戦者組]秋山準&井上雅央


1月3日(火)東京・後楽園ホール

シングルマッチ
野村直矢
VS
野村卓矢

タッグマッチ
秋山準&ケンドー・カシン
VS
木イサミ&田村和宏

6人タッグマッチ
青木篤志&スーパー・タイガー&佐藤光留
VS
石川修司&崔 領ニ&田中稔

タッグマッチ
宮原健斗&ジェイク・リー
VS
諏訪魔&ジョー・ドーリング

世界ジュニアヘビー級選手権試合
【第42代王者】石井慧介
VS
【挑戦者】青柳優馬

世界タッグ選手権試合
【第73代王者組】ゼウス&ボディガー
VS
【挑戦者組】大森隆男&征矢学


【YOKOHAMA TWILIGHT BLUES vol.3】
1月9日(月) 神奈川・横浜ラジアントホール

岡田佑介デビュー戦 シングルマッチ
青柳優馬
VS
岡田佑介

アイスリボン提供試合 ※対戦カードは後日発表

6人タッグマッチ
諏訪魔&ジョー・ドーリング&青木篤志
VS
神谷英慶&橋本大地&菊田一美

6人タッグマッチ
宮原健斗&野村直矢&ジェイク・リー
VS
秋山準&ゼウス&吉江豊


1月15日(日) 福岡・博多スターレーン

タッグマッチ
ゼウス&ボディガー
VS
秋山準&ケンドー・カシン

三冠ヘビー級選手権試合
【第55代王者】宮原健斗
VS
【挑戦者】大森隆男


[11] fun◆fLongoRY - 2016/12/24(Sat) 00:08 ID:hHZ/qtQ6  [No.106703]
1・2後楽園ホールで開催される、【王者】渕正信&大仁田厚vs【挑戦者】秋山準&井上雅央のアジアタッグ選手権のルール問題が混迷を極めているそうです。

 大仁田はファイヤープロレス12・9春日部大会の試合後「チャンピオンはオレだから、今回はオレのルールでやらせてもらう。PWF会長のドリー・ファンク・ジュニアにも意向を伝えた。それがのめなければ、防衛戦はボイコットする」と、ハードコアマッチを要求し、ボイコットも辞さない覚悟を示した。
 それに対して秋山は「大仁田さんが昔のようなショートタイツで上がるなら、(邪道ルール容認を)考えてもいい」と発言。また、全日本によるとドリー会長は、大仁田からハードコア戦の要望を聞いたが「あくまでもPWFルールで」と回答したことが明らかになっていた。
 そこで、大仁田は12月22日、都内某所にて、挑戦者のひとりである井上同席のもと、公開ルールミーティングの場を設けた。
 冒頭、大仁田は「ボクは全日本への敵対心など全くない。古巣に貢献したいだけ。秋山さんが昔のショートタイツでとか言ってるけど、ボクは20年以上このスタイルでやっている。コスチュームが肌から離れないんだ。そもそも、(11・27)両国で、挑戦を嘆願したのは井上選手でしょ? 井上選手がサポート役として、秋山さんを指名したんでしょ? あくまでも挑戦者は井上選手で、ボクと井上選手との闘い。ドリー会長にも、『ハードコアでやりたい』と伝えた」と発言。
 そこで、会見スタートから約5分遅れて井上が登場。大仁田はあらかじめ用意しておいた合意書に自身のサインを入れ「井上選手も崖っぷちなんでしょ? よかったら合意したら」と促した。
 合意書に記されていたルールは「エニウェア・ストリートファイト・トルネード・バンクハウスタッグデスマッチ」。すなわち、会場内全体が戦場となり、机、イス、有刺鉄線など、あらゆる凶器の持ち込み・使用が認められる試合形式だ。
 しばし悩んだ井上は「大仁田さんの気持ちはわかりますが・・・(ジャイアント)馬場さんの指導を受けた4人でやるので、全日本のルールでやりたい」とやんわり拒否。
 すると大仁田は「馬場さんだって、米国修業時代にはデスマッチだってやったんだよ。米国では悪役だったんだから。場所や人が変われば、ルールも変わる。ドリー会長にも伝えて、筋は通した。秋山さんがオレの10代の頃の青のショートタイツ時代の写真を引っ張り出してきても、今のオレはこういうスタイルだから。挑戦表明したのはあなたなんだから、あなたとオレの闘い。秋山さん、渕さんは刺身のつまみたいなもん。だから、あなたが合意すればいいんだよ」と、井上を説得。
 しかし、井上は首を縦に振らず「タッグなんで、持ち帰りまして、秋山社長に早急に伝えます。ドリー会長に確認も必要でしょうし・・・」と保留した。
 ハードコアマッチでV1戦を行いたい意向について、パートナーの渕には、「留守番電話に入れておいた」という大仁田は「両国では渕さんの説得で電流爆破バットの使用を踏みとどまったけど、今回はオレのやり方でやる。(両国で)全日本は電流爆破の装置の設置を認めたんだから、いいんじゃないの! ドリー会長が『PWFルールで』って言うけど、ドリー自身がTシャツ着て試合してるんだから、何でオレが着ちゃダメなの?」とポツリ。
 最後に大仁田は「全世界で認められているプロボクシングの世界戦では、国際ルールで、チャンピオンに挑戦者を選択する権利がある。合意に達しなかったけど、万が一、受けないと言うなら、挑戦を拒否する可能性がある。1月2日は家で寝てようかな・・・」と、全日本を牽制した。
 今後、このルール問題は全日本上層部で協議されることになるが、最終的に全日本がどうアンサーを出すのか注目が集まる…との事。


[12] fun◇fLongoRY - 2016/12/25(Sun) 19:42 ID:D/C69nXU  [No.106714]
岩本煌史が、平成29年1月1日付で全日本プロレス所属選手になるそうです。
 
岩本煌史プロフィール
 
身長 175cm
体重 90kg
生年月日 1990年3月20日
出身地 三重県桑名市
 
デビュー戦
2012年11月4日(vs 石田慎也)


また、1月9日(月・祝)に横浜ラジアントホールにて開催される
「YOKOHAMA TWILIGHT BLUES vol.3」でデビュー戦が決定した
練習生 岡田 佑介(おかだ ゆうすけ)のプロフィールです。

岡田 佑介(おかだ ゆうすけ)
 
身長=170cm / 体重=82kg
生年月日=1993年3月8日 23歳
出身地=大阪府大阪市
入門日=2016年7月3日
出身校=芦屋大学
スポーツ歴=サッカー
目標選手=青木篤志選手


[13] fun◆fLongoRY - 2016/12/26(Mon) 22:27 ID:EkhsGo/c  [No.106723]
東スポ情報ですが来年1月2日の後楽園ホール大会でアジアタッグ王座初防衛戦を行う邪道・大仁田厚が25日、選手生命をかけて強行出場することを決断したそうです。

 渕正信と同王座を保持する大仁田は、同大会で秋山準、井上雅央組の挑戦を受ける。ところが23日にアクシデントが発生。超戦闘プロレスFMW高松大会で腰を負傷し、病院に緊急搬送されたのだ。診断の結果、右腸骨(腸骨翼)骨折で全治2か月の重傷。

 それでもこの日はアパッチプロレス新木場大会に出場。痛み止めの注射5本に座薬まで入れて8人タッグデスマッチに臨んだが、苦悶の表情を浮かべてコーナーに待機する時間が続き、ほとんど動けなかった。見せ場は毒霧噴射とイス攻撃程度で、ケガの深刻さをうかがわせた。

 だが、試合をこなせたことが自信になった様子で「正直、どういうファイトができるかは分からない。でも渕さんに迷惑をかけるわけにいかない。1月2日は死んでもリングに上がる」と断言。V1戦を予定通りに挙行すると表明。

 しかも挑戦者組は、デスマッチルールを認める合意書へのサインを拒否した上で「お守り代わりに(凶器を)持ってくるのは構わない。骨折して出てきたらボキボキにして帰す」(秋山)とメッセージを送りつけてきた。

 これに対して大仁田は「凶器の持ち込みは自由と決定じゃ。秋山さんよ、好きなだけ腰を狙ってこい。これが最後の試合になっても構わん!」と豪語。来年10月に予定する引退試合を前に、古巣マットでラストマッチを迎える可能性が出てきてしまった…との事。



[14] fun◆fLongoRY - 2016/12/30(Fri) 09:35 ID:6cR64UVs  [No.106730]
ニコプロpresentsハードヒット
「月になる男達in新宿」
12月29日(木)東京・新宿FACE

主な試合結果です。

第5試合 エキシビジョンマッチ 5分
青木篤志(全日本プロレス)
エキシビジョンのため勝敗なし
平直行(ストライプル)

第8試合 シングルマッチ 15分1本勝負
○佐藤光留(パンクラスMISSION)
3分07秒 ヒールホールド
×ジョシュア・ロビンソン(ロデオスタイル)


[15] fun◆fLongoRY - 2016/12/30(Fri) 09:36 ID:6cR64UVs  [No.106731]
連続投稿失礼します。

来年1月2日の後楽園ホール大会でアジアタッグ王者の大仁田厚、渕正信組に井上雅央と組んで挑戦する秋山準が29日、凶器持参を宣言している大仁田に対し、自身も凶器を持ち込むことを宣言したそうです。

 防衛戦でデスマッチルールを要求する大仁田と論戦を繰り広げていた秋山。自身はデスマッチは認めないものの、“お守り”としての凶器の持ち込みを認めたが、大仁田はこれを拡大解釈し、堂々と凶器持ち込みと、デスマッチルール決定を一方的に宣言していた。

 これに対し、秋山は「大仁田選手は凶器を持ってくるとか言ってるようだけど、だったらオレも持って行くぞ!」と対抗措置を明言。さらには「悪魔仮…、誰も制御はできねえぞ!覚悟しとけ!」と、もう1人のタッグパートナーで“悪魔仮面”の異名を持つケンドー・カシンの投入もちらつかせた…との事。



[16] fun◆fLongoRY - 2017/01/04(Wed) 00:27 ID:0QuJtKWQ  [No.106752]
「2017ニューイヤーウォーズ」開幕戦
1.2(月・祝)東京・後楽園ホール

遅くなりましたが試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○青木篤志
9分44秒 アサルトポイント
×岩本煌史

<第2試合>タッグマッチ
高尾蒼馬&青柳優馬○
9分54秒 ロックスターバスター
石井慧介&阿部史典×

<第3試合>6人タッグマッチ
ゼウス&SUSHI&中島洋平×
9分56秒 ミノルスペシャル
崔 領ニ&不動力也&田中稔○

<第4試合>【新春大森祭り】スペシャル6人タッグマッチ
○大森隆男&征矢学&田村和宏
6分42秒 アックスボンバー→片エビ固め
木イサミ&宮本裕向&風戸大智 ×

<第5試合>アジアタッグ選手権試合
[第100代王者組]大仁田厚&渕正信○
11分36秒 逆さ押さえ込み
[挑戦者組]秋山準&井上雅央×
※渕&大仁田組が初防衛に成功

<第6試合>【ジョー・ドーリング復帰戦】 スペシャル6人タッグマッチ
諏訪魔&ジョー・ドーリング○&佐藤光留
13分57秒 フライングボディアタック
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢×

<第7試合>新春無差別級バトルロイヤル
○大森隆男
14分44秒 横入り式エビ固め
×征矢学

【退場順】
1田村和宏、2田中稔、3青木篤志、4不動力也、5崔領二、6西村修、7青柳優馬、8阿部史典、9和田京平、10ゼウス
11中島洋平、12風戸大智、13SUSHI、14岩本煌史、15石井慧介、16木イサミ、17ブラック・タイガーZ、18高尾蒼馬、19宮本裕向、20入江茂弘


[17] fun◆fLongoRY - 2017/01/04(Wed) 00:28 ID:0QuJtKWQ  [No.106753]
2日、後楽園ホールで開催された『2017 ニューイヤーウォーズ』にフリーとなったKAIが登場したそうです。

試合開始前に秋山社長よりあいさつ。「皆さん、新年あけましておめでとうございます。今年2017年は全日本プロレス設立45周年の記念イヤーとなっております。今年も全日本プロレスはリング上の戦いを中心に、日々、上昇していきたいと思っております。ご声援よろしくお願いいたします」と新年の抱負を語った。
続いて、奥田リングアナの「全日本プロレスに戦いを挑みに来た人がいます」との呼び込みで現れたのは、スーツ姿のKAI。
昨年、WRESTLE−1を退団したKAIは「新年あけましておめでとうございます。フリーのKAIです。そして、全日本プロレスファンの皆様、お久しぶりです。また、全日本プロレスのリングに2月より上がらせていただくことになりました。秋山社長、ありがとうございます。このリングでやり残したことがあります。それは、三冠のベルトを巻くことです。その戦いに入っていけるよう、日々精進してまいりますので、これからもよろしくお願いいたします!」と、意気込みを語った。
 

小佐野景浩さんによるKAIのインタビューです。

<KAIコメント>
KAI
「久しぶりだなぁ。懐かしい。入場した瞬間、涙腺がヤバかったですね。においを肌で感じました。でもやっぱメンバーの人も新しい人がいっぱいいますし、ファンの人も新しい人がいますし。新しい・・・故郷のような、ホームのようなんですけど、新しいところに来たかなっていうのを感じましたね」
――このリングを選んだのは三冠王座への思いからでしょうか?
「やり残したというか、(ベルトを)巻けていないですからね、実際僕自身。・・・目標ですけど、でもその戦いに入っていけるようにしないといけないから。一戦一戦、上がらせていただけるようになったんで。まさか、正直言えば俺もこうしてまた(全日本のリングに)立てるとは・・・」
――フリーになって全日本のリングにも上がりたいと思ったのはいつ頃からでしょうか?
「自然とこう・・・それは僕のプロレスの中には全日本の血が流れていますから。自然とそう思えましたし」
――会場からはブーイングではなく、「おかえり」「待っていた」という声ばかりでした
「ありがたいですねぇ。泣きそうになりましたけど、涙をこらえましたよ。泣くのは今じゃないなって。(小佐野さんに)そうですよね、ティーチャー。・・・久しぶりじゃないですか?」
――小佐野「(ひげを剃って)さっぱりした感じで」
「本当ですか?あ!なんでだ?・・・まぁ気分を改めようと思って朝、ひさびざに剃ってきました。恥ずかしいんですけどね。・・・うれしいですよ。ますます力になりましたよ。今日のファンの方の「おかえり」と言ってくれた思いもあって」
――ファンからは「自由にやってくれ」という声もありました
「フリーですから。そうですよね、ティーチャー!」
――小佐野「フリー、イコール自由ですから」
「そうでした!明るく、楽しく、激しい戦いに入っていきますよ!」
―――参戦のかたちとしてはシリーズに全戦参加となるのでしょうか?
「僕はもう参戦させていただけるのなら。あとは発表を待ってもらって。自分の力でそうなっていかないといけないんで。ありがとうございました!」


[18] fun◆fLongoRY - 2017/01/04(Wed) 00:31 ID:0QuJtKWQ  [No.106754]
「2017ニューイヤーウォーズ」
1.3(火)東京・後楽園ホール

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○野村直矢
8分15秒 スピアー→エビ固め
×野村卓矢

<第2試合>6人タッグマッチ
渕正信&○中島洋平&SUSHI
11分36秒 跳後廻蹴→片エビ固め
西村修&ウルティモ・ドラゴン&岩本煌史×

<第3試合>タッグマッチ
秋山準&ケンドー・カシン○
6分24秒 秋山のランニングニー→エビ固め
木イサミ&田村和宏×

<第4試合>6人タッグマッチ
スーパー・タイガー&青木篤志&佐藤光留×
9分秒57 スプラッシュマウンテン
○石川修司&崔 領ニ&田中稔

<第5試合>世界ジュニアヘビー級選手権試合
【第42代王者】○石井慧介
16分22秒 高角度ダブルアームDDT
【挑戦者】×青柳優馬

<第6試合>タッグマッチ
○宮原健斗&ジェイク・リー
14分58秒 ブラックアウト→片エビ固め
諏訪魔&ジョー・ドーリング×

<第7試合>世界タッグ選手権試合
【第73代王者組】ゼウス&ボディガー○
19分46秒 バウンス→片エビ固め
【挑戦者組】×大森隆男&征矢学
※ゼウス&ボディガー組が初防衛に成功


メインでの試合後、王座を防衛したボディガーが「これで満足していられない。もっと上を目指す。期待していてください」と意気込みを語ると、ゼウスも「この後楽園では初のゼウス締めや」と、地方では恒例となっているゼウス締めで初防衛を祝福したとの事。



[19] fun◆fLongoRY - 2017/01/04(Wed) 00:31 ID:0QuJtKWQ  [No.106755]
和田京平レフェリーが1月2日後楽園大会バトルロイヤルにてトップロープからリング下に転倒し、負傷した為、1月シリーズは欠場との事。
全日本の広報担当者によると、かかとを骨折している可能性が高いといい、2〜3週間程度で復帰する見通しという。
早期回復をお祈りします。

また、「2017エキサイトシリーズ〜Jr. BATTLE OF GLORY〜」日程
およびジュニアヘビー級の選手によるリーグ戦「Jr.BATTLE OF GLORY」の出場選手が決定。

『Jr.BATTLE OF GLORY』大会概要
  
【出場選手】
Aブロック         Bブロック
青木篤志          中島洋平
岩本煌史          青柳優馬
竹田誠志          佐藤光留
田中稔           田村和宏
石井慧介          丸山敦 

試合形式及び、得点方法
◆全10名参加、A、B2ブロック制によるリーグ戦を2/17後楽園ホール大会〜2/26大阪大会の
 
 6大会にてリーグ戦20試合を行い、優勝決定戦は2/26大阪大会にて
 Aブロック1位vsBブロック1位の勝者で行う。
◆ブロック内で2人以上が同点の場合は、優勝戦進出決定戦を行う。
◆公式リーグ戦は全て、PWFルールによる20分1本勝負。優勝決定戦は
 
 時間無制限1本勝負で行う。
◆勝ち2点、負け0点、時間切れ引き分け1点、両者反則・両者リングアウト・無効試合は0点

「2017エキサイトシリーズ〜Jr. BATTLE OF GLORY〜」日程
  2月17日(金)18:30  東京・後楽園ホール【開幕戦】
  2月18日(土)18:00  千葉・銚子市体育館
  2月19日(日)17:00  山梨・アイメッセ山梨(甲府)
  2月23日(木)18:30  静岡・焼津文化会館 小ホール
  2月24日(金)18:30  愛知・名古屋市中村スポーツセンター 第2競技場
  2月26日(日)17:00  大阪・エディオンアリーナ大阪・第2競技場【優勝決定戦】


[20] fun◆fLongoRY - 2017/01/04(Wed) 00:32 ID:0QuJtKWQ  [No.106756]
連続投稿失礼します。

『2017エキサイトシリーズ〜Jr. BATTLE OF GLORY〜』公式戦の対戦カードです。

2017エキサイトシリーズ〜Jr. BATTLE OF GLORY〜

2月17日(金)18:30 東京・後楽園ホール【開幕戦】
Jr. BATTLE OF GLORY 
公式戦 Aブロック 20分1本勝負 岩本煌史vs竹田誠志
公式戦 Aブロック 20分1本勝負 石井慧介vs田中稔
公式戦 Bブロック 20分1本勝負 中島洋平vs青柳優馬
公式戦 Bブロック 20分1本勝負 田村和宏vs丸山敦

2月18日(土)18:00 千葉・銚子市体育館
Jr. BATTLE OF GLORY 
公式戦 Aブロック 20分1本勝負 青木篤志vs竹田誠志
公式戦 Aブロック 20分1本勝負 岩本煌史vs石井慧介
公式戦 Bブロック 20分1本勝負 青柳優馬vs丸山敦
公式戦 Bブロック 20分1本勝負 中島洋平vs佐藤光留

2月19日(日)17:00 山梨・アイメッセ山梨(甲府)
Jr. BATTLE OF GLORY 
公式戦 Aブロック 20分1本勝負 青木篤志vs石井慧介
公式戦 Bブロック 20分1本勝負 中島洋平vs田村和宏
公式戦 Bブロック 20分1本勝負 佐藤光留vs丸山敦

2月23日(木)18:30 静岡・焼津文化会館 小ホール
Jr. BATTLE OF GLORY 
公式戦 Aブロック 20分1本勝負 青木篤志vs田中稔
公式戦 Aブロック 20分1本勝負 石井慧介vs竹田誠志
公式戦 Bブロック 20分1本勝負 佐藤光留vs田村和宏

2月24日(金)18:30 愛知・名古屋市中村スポーツセンター 第2競技場
Jr. BATTLE OF GLORY 
公式戦 Aブロック 20分1本勝負 岩本煌史vs田中稔
公式戦 Bブロック 20分1本勝負 青柳優馬vs田村和宏
公式戦 Bブロック 20分1本勝負 中島洋平vs丸山敦

2月26日(日)17:00 大阪・エディオンアリーナ大阪・第2競技場【優勝決定戦】
Jr. BATTLE OF GLORY 
公式戦 Aブロック 20分1本勝負 青木篤志vs岩本煌史
公式戦 Bブロック 20分1本勝負 竹田誠志 vs田中稔
公式戦 Bブロック 20分1本勝負 佐藤光留vs青柳優馬

優勝決定戦 時間無制限1本勝負
Aブロック1位vsBブロック1位


[21] fun◆fLongoRY - 2017/01/06(Fri) 14:00 ID:8UyB8Kdk  [No.106761]
東スポ情報ですが、全日本プロレスマットで初の電流爆破デスマッチが行われることが、決定的になったそうです。

アジアタッグ王座を保持する邪道・大仁田厚の要求に対し、同団体の秋山準社長が条件付きながら開催に“ゴーサイン”を出したとの事。

舞台は2月シリーズが濃厚。歴史的一戦実現に向けて、いよいよ待ったなしの状況…。

 新春の全日本マットは波乱の幕開けとなった。2日の後楽園大会で行われたアジアタッグ選手権では王者の渕正信)、大仁田組が、秋山、井上雅央組の挑戦を退けて初防衛に成功。秋山組のセコンドに就いたケンドー・カシンが不可解な動きでかき回し、有刺鉄線ボードに毒霧まで飛び交う大混乱の一戦となった。

 一夜明けたこの日、大仁田は「これで2回、向こうの(PWF)ルールで結果を残した。これを全日本はどうとらえるのか!?」と問いかけた。王座戴冠となった昨年11月27日の両国大会に続き、“代名詞”を封印して勝利した。だからこそ満を持して「次は電流爆破で防衛戦をやる。ノーとは言わせん。決定じゃ。拒否するなら二度と防衛戦は行わん。由緒あるこのベルトは第100代王者、渕、大仁田の名をもって歴史に幕を閉じることになるぞ」と通告。

 言うまでもなく全日本マットで電流爆破戦が行われたことはなく、無理難題にほかならない。ところが、秋山は「負けは負けでしょうがない。形はどうあれ、意地を感じた」と潔く敗戦を認めた上で「渕さんは爆破をやるのか!? 全日本一筋の人間が『やる』と言うなら聞かざるを得ないし、俺は何も言えない。渕さんの言葉が一番重いから」と、なんと大御所に判断を委ねたのだ。

 渕はこれまで同期の邪道スタイルを事実上、黙認し、認める発言もあった。そのため今回も押し切られる公算が大きい。くしくも、この日の後楽園大会ではカシンが「俺が(井上)雅央と組んで大仁田とやってやる!」と次期挑戦者に名乗り。舞台は整いつつあり、すべては邪道の思惑通り。史上初となる全日本マットでの爆破戦実現の日が刻一刻と迫ってきた…との事。


[22] fun◆fLongoRY - 2017/01/08(Sun) 12:51 ID:AAFxmQSc  [No.106764]
ウルティモ・ドラゴン デビュー30周年記念
秋山準選手×闘龍門MEXICO “DRAGONMANIA”メキシコ観戦ツアーが決定。

ルチャ・リブレの殿堂アレナ・メヒコで闘龍門メキシコが開催する第12回「DRAGONMANIA」ですが
2017年はウルティモ・ドラゴンのデビュー30周年記念イヤーで全日本プロレス秋山準の参戦と日本からのツアーを開催。
 
期間:2017年5月25日(木)〜5月31日(水) 228,000円 〔7日間〕
旅行企画・実施  東日観光 株式会社
 
お問い合わせ先:東日観光 株式会社  海外旅行事業部 法人第一営業部
tel:03-5148-1731
email:okuno_tomito@tonichi.co.jp


[23] fun◆fLongoRY - 2017/01/08(Sun) 12:51 ID:AAFxmQSc  [No.106765]
DDTの3・20、DDT旗揚げ20周年記念大会にシブサワコウ35周年記念「信長の野望〜俺たちの戦国〜」戦国武将マッチが開催され、
上杉謙信として秋山準が出場するそうです。

3月20日(月・祝)
「Judgement2017〜DDT旗揚げ20周年記念大会〜」
埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ

シブサワコウ35周年記念「信長の野望〜俺たちの戦国〜」戦国武将マッチ
豊臣秀吉<高木三四郎>&武田信玄<武藤敬司>&真田幸村<木高イサミ>
 vs 
織田信長<飯伏幸太>&上杉謙信<秋山準>&柴田勝家<関本大介>


[24] fun◆fLongoRY - 2017/01/10(Tue) 12:36 ID:hzT.eXbI  [No.106774]
「2017ニューイヤーウォーズ」
1.9(月・祝)神奈川・横浜ラジアントホール

試合結果です。

<第1試合>岡田佑介デビュー戦 シングルマッチ
○青柳優馬
7分35秒 逆エビ固め
×岡田佑介

<第2試合>6人タッグマッチ
渕正信&木イサミ&阿部史典×
15分37秒 跳後廻蹴→片エビ固め
○中島洋平&SUSHI&田中稔

<第3試合>アイスリボン提供試合 タッグマッチ
藤本つかさ&テキーラ沙弥×
9分47秒 ダイビングフットスタンプ→片エビ固め
○つくし&長崎まるこ

<第4試合>タッグマッチ
スーパー・タイガー&佐藤光留×
13分14秒 ダイビングヘッドバット→片エビ固め
○グレート・タイガー&5代目ブラック・タイガー

<第5試合>6人タッグマッチ
○諏訪魔&ジョー・ドーリング&青木篤志
12分04秒 ラリアット→体固め
神谷英慶&橋本大地&菊田一美×

<第6試合>シングルマッチ
○大森隆男
10分04秒 アックスボンバー
×岩本煌史

<第7試合>6人タッグマッチ
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢×
22分30秒 ダイビングボディプレス
秋山準&ゼウス&吉江豊○


[25] fun◆fLongoRY - 2017/01/12(Thu) 01:43 ID:2KBZMqPs  [No.106784]
スポナビからですが第100代アジアタッグ王者・大仁田厚が、ケンドー・カシンに全日マットでの電流爆破での一騎打ちを提案したそうです。
 
 大仁田は1月9日、K−DOJOの千葉・Blue Field大会に出場。「稲松三郎引退ロード」で、戸井克成と組み、TAKAみちのく&稲松と電流爆破バットタッグデスマッチで激突。この一戦は2.5千葉で引退する稲松が「大仁田選手と対戦したい」と要望し、それを大仁田が快諾して実現したもの。

 爆破バットは3本設置され、1発目は大仁田が、2発目はTAKAが被爆。その後、一進一退の攻防が続き、大仁田の毒霧が戸井を誤爆。視界を奪われた戸井めがけて、稲松が渾身の爆破バット攻撃を叩き込み、3カウントを奪取(12分41秒、片エビ固め)。見事、自身の勝利で「引退ロード」に花を添えた。

 試合後、大仁田は「負けたけど、しょうがない。最後は入魂の一撃だった。今日は三郎の気合い勝ち」と、初の爆破マッチながら、勇猛果敢に闘った稲松を称えた。
 さらに、大仁田は全日本プロレス1.3後楽園で、「次はオレが(井上)雅央と組んで、アジアタッグに挑戦する」とアピールしたカシンに対して言及。
「カシンよ、そんなにオレとやりたいなら、全日本のリングでオマエを爆破させてやる。パートナーの渕(正信)さんの(爆破マッチをやる)決断が遅れれば、カシンとシングルでやってやる。渕さんは特別レフェリーをやればいい。レフェリーとして見てから、爆破マッチをやるかどうか判断してくれ。若手の頃にはオレも渕さんも(ハル)薗田もレフェリーを経験してるからできるだろ。王道もすべてを飲み込むぐらいじゃないと……」(大仁田)
 大仁田は昨年8.26ディファ有明でのファイヤープロレス旗揚げ戦での有刺鉄線ボード8人タッグデスマッチでカシンと対戦。1.2後楽園での秋山準&井上とのアジアタッグ初防衛戦では、秋山組の“人間凶器”としてカシンが投入され、両者の遺恨は深まった。
 果たして、大仁田の提案に対し、カシン、全日本がどのような反応を示すのか…?注目されます。


[26] fun◆fLongoRY - 2017/01/15(Sun) 10:26 ID:v82Uao1M  [No.106791]
「2017ニューイヤーウォーズ」
1.14(土)広島・広島マリーナポップ

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○SUSHI
7分16秒 逆エビ固め
×岡田佑介

<第2試合>シングルマッチ
○吉江豊
8分44秒 ジャンピングボディプレス
×丸山敦

<第3試合>8人タッグマッチ
秋山準&中島洋平&ウルティモドラゴン&岩本煌史×
8分26秒 ミノルスペシャル
崔 領ニ&不動力也&石井慧介&田中稔○

<第4試合>シングルマッチ
○ケンドー・カシン
5分44秒 雪崩式飛び付き腕ひしぎ逆十字固め
×レイパロマ

<第5試合>タッグマッチ
ゼウス&ボディガー○
13分53秒 バウンス
長井満也&南野タケシ×

<第6試合>シングルマッチ
○大森隆男
10分58秒 アックスボンバー
×野村直矢

<第7試合>6人タッグマッチ
○宮原健斗&ジェイク・リー&青柳優馬
21分56秒 ジャーマンスープレックスホールド
諏訪魔&青木篤志&佐藤光留×


[27] ただの全日ファン - 2017/01/15(Sun) 22:17 ID:bpW0Gc7E  [No.106798]
SUSHIが全日本を退団します。


[28] まさMS - 2017/01/15(Sun) 22:55 ID:mNpVmrck  [No.106799]
SUSHI選手の離脱は正直びっくりしました
対W-1で頼もしい活躍していた所だったんで

今後は福祉的な事をしながらレスラーも続けて行く様なので
応援し続けたいと思います。


[29] fun◆fLongoRY - 2017/01/16(Mon) 09:42 ID:MTd79KXo  [No.106800]
>全日ファンさん
>まさMSさん

そのSUSHIの全日の公式での退団のお知らせです。

(公式より)SUSHI選手退団のお知らせ

この度、弊社所属のSUSHI選手は2017年1月31日を持って、全日本プロレスを退団、2017年2月1日よりフリー選手として活動する事をお知らせさせて頂きます。
今後もSUSHI選手並びに全日本プロレスへの、変わらぬご声援の程よろしくお願い致します。
 
SUSHIのコメントです
「昨年から自分でずっと考えていたことがありまして、会社と昨年ずっと相談させていただいて決めたことがございまして、今度の1月31日付けをもちまして、私SUSHIは全日本プロレスを退団することになりました。
 
理由といたしましては、自分が新しいことにチャレンジしていきたいという気持ちが昨年から強くなってきまして、芸能関係の仕事もそうなんですけど、あとはちびっ子に夢をプロレスもそうなんですけど、プロレス以外のこともしながら自分が夢を与えていくような仕事をしたいと思うようになりまして、会社に相談させていただきました。
芸能関係の仕事をしていくにあたりまして、全日本プロレスという名前が自分には大きすぎると思うようになりました。
全日本プロレスという名前を外すことにしました。
 
今度1月28日の鳩山大会で全日本プロレス所属としての試合が最期になりますが、そこで僕から一つだけお願いがあります。
 
最後にやっぱり秋山社長とシングルで戦わせていただきたいと思います。
 
全日本プロレスのファンの皆さま今まで応援していただき本当にありがとうございました。」
SUSHI



芸能関係の仕事をしていく上でのフリー転向の様ですね。イケメンへのGAORA TVの挑戦も予定されていただけに残念ですが、全日のリングには今後も上がってほしいものです。



[30] fun◇fLongoRY - 2017/01/16(Mon) 09:43 ID:MTd79KXo  [No.106801]
連続投稿失礼します。

「2017ニューイヤーウォーズ」
1.15(日)福岡・博多スターレーン

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○中島洋平
8分26秒 STF
岡田佑介×

<第2試合>6人タッグマッチ
○ウルティモ・ドラゴン&石井慧介&田中稔
13分43秒 横回転エビ固め
×SUSHI&吉江豊&新泉浩司

<第3試合>タッグマッチ
青木篤志&佐藤光留×
10分53秒 ROD→体固め
○長井満也&南野タケシ

<第4試合>6人タッグマッチ
○ジェイク・リー&野村直矢&青柳優馬
14分11秒 バックドロップ→片エビ固め
崔領二&丸山敦&不動力也×

<第5試合>シングルマッチ
○諏訪魔
12分09秒 ラストライド
岩本煌史×

<第6試合>タッグマッチ
ゼウス&ボディガー○
13分05秒 バウンス→片エビ固め
秋山準&ケンドー・カシン×

<第7試合>三冠ヘビー級選手権試合
[第55代王者]○宮原健斗
27分56秒 シャットダウンスープレックスホールド
[挑戦者]×大森隆男




[31] fun◆fLongoRY - 2017/01/19(Thu) 10:25 ID:QOAy/6PM  [No.106802]
「2017ニューイヤーウォーズ」
1.16(月)鹿児島・オロシティーホール

遅くなりましたが試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○青木篤志
5分50秒 ブレーンバスター→片エビ固め
×岡田佑介

<第2試合>タッグマッチ
中島洋平&丸山敦○
12分50秒 回転エビ固め
ウルティモ・ドラゴン&SUSHI×

<第3試合>シングルマッチ
○大森隆男
11分01秒 アックスボンバー
×不動力也

<第4試合>タッグマッチ
秋山準&岩本煌史×
14分41秒 ダイビングボディプレス
○吉江豊&田中稔

<第5試合>タッグマッチ
○諏訪魔&佐藤光留
14分45秒 万力スリーパー
長井満也&南野タケシ×

<第6試合>シングルマッチ
×野村直矢
12分18秒 シドマス→片エビ固め
○崔領二

<第7試合>6人タッグマッチ
宮原健斗&ジェイク・リー&青柳優馬×
19分59秒 バウンス→片エビ固め
ゼウス&ボディガー○&石井慧介


[32] fun◆fLongoRY - 2017/01/19(Thu) 10:26 ID:QOAy/6PM  [No.106803]
「2017ニューイヤーウォーズ」
1.18(水)福岡・小倉北体育館

<第1試合>シングルマッチ 
○青柳優馬
8分34秒 逆エビ固め
×岡田佑介

<第2試合>タッグマッチ
○吉江豊&田中稔
11分02秒 ダイビングボディプレス
ウルティモ・ドラゴン&不動力也×

<第3試合>3wayマッチ 
○SUSHIvsレイパロマvsトゥルエノ・ゲレーロ×
7分23秒 TEKKAMAIKI

<第4試合>6人タッグマッチ
秋山準&石井慧介&丸山敦×
11分53秒 ROD→片エビ固め
○長井満也&ブラック・タイガーZ&南野タケシ

<第5試合>シングルマッチ
○大森隆男
11分14秒 アックスボンバー→片エビ固め
×中島洋平

<第6試合>タッグマッチ 
ゼウス&ボディガー○
12分45秒 バウンス→片エビ固め
崔 領ニ&岩本煌史×

<第7試合>6人タッグマッチ
○宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢
21分06秒 ジャーマンスープレックスホールド
諏訪魔&青木篤志&佐藤光留×


[33] fun◆fLongoRY - 2017/01/19(Thu) 10:27 ID:QOAy/6PM  [No.106804]
遅くなりましたが今回のSUSHIの退団について秋山準は
「僕としては本人が前を向いて行く事なので寂しさも悲しさもありません。頑張って欲しいだけです!今後やることで成功はして欲しいが…もし、もしダメだったら帰ってこい!」とTwitterでエールを送ったそうです。

また、1月28日(土)鳩山大会にてそのSUSHIの壮行試合が決定。鳩山大会の全対戦カードです。

まちおこしスペシャル チャリティー鳩山町大会
〜鳩山町を進化させちゃうぞ!オイッ!!〜
1月28日(土)埼玉・鳩山町中央公民館

追加対戦カード
シングルマッチ
青柳優馬vs岡田佑介
 
6人タッグマッチ
大森隆男&田村和宏&風戸大智
vs
中島洋平&岩本煌史&土方隆司
 
SUSHI壮行試合 シングルマッチ
秋山準vsSUSHI
 
既報カード
タッグマッチ 
ゼウス&崔領ニ
vs
野村直矢&ジェイク・リー
 
シングルマッチ 
宮原健斗vs吉江豊
 
8人タッグマッチ 
諏訪魔&スーパー・タイガー&青木篤志&佐藤光留
vs
長井満也&ブラック・タイガーZ&高岩竜一&南野タケシ


[34] fun◆fLongoRY - 2017/01/19(Thu) 10:28 ID:QOAy/6PM  [No.106805]
連続投稿失礼します。

DDTの1・29後楽園大会にて世界ジュニアヘビー級王座を保持する
石井慧介のヤス・ウラノとの防衛戦が決まったようです。

DDT
1月29日(日)東京・後楽園ホール
「Sweet Dreams!2017」

世界ジュニアヘビー級選手権試合
<王者>石井慧介 vs ヤス・ウラノ<挑戦者>


[35] fun◆fLongoRY - 2017/01/21(Sat) 00:21 ID:QJUwoQp2  [No.106815]
「2017ニューイヤーウォーズ」
1.19(木)熊本・フードパル熊本

遅くなりましたが試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○佐藤光留
6分42秒 チキンウイングアームロック
×岡田佑介

<第2試合>タッグマッチ 
×SUSHI&丸山敦
9分05秒 山折り→片エビ固め
○崔 領ニ&不動力也

<第3試合>シングルマッチ
○秋山準
9分10秒 エクスプロイダー→片エビ固め
×青柳優馬

<第4試合>タッグマッチ
○石井慧介&田中稔
10分10秒 タイガースープレックス ホールド
ウルティモ・ドラゴン&中島洋平×

<第5試合>6人タッグマッチ
諏訪魔&青木篤志&レイパロマ×
10分03秒 超高校級横回転エビ固め
長井満也&南野タケシ&ブラック・タイガーZ○

<第6試合>シングルマッチ
○大森隆男
11分04秒 スライディングアックスボンバー→片エビ固め
×吉江豊

<第7試合>6人タッグマッチ
○宮原健斗&野村直矢&ジェイク・リー
17分39秒 ジャーマンスープレックスホールド
ゼウス&ボディガー&岩本煌史×


[36] fun◆fLongoRY - 2017/01/22(Sun) 13:07 ID:VsTYND0.  [No.106823]
「2017ニューイヤーウォーズ」
1.20(金)長崎・長崎市平和会館ホール

遅くなりましたが試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○中島洋平
5分13秒 ダイビングフットスタンプ→片エビ固め
×岡田佑介

<第2試合>タッグマッチ 
ウルティモ・ドラゴン&不動力也×
10分12秒 ダイビングボディプレス
○吉江豊&石井慧介

<第3試合>シングルマッチ
○大森隆男
7分38秒 アックスボンバー→片エビ固め
×SUSHI

<第4試合>6人タッグマッチ
青木篤志&×佐藤光留&レイパロマ
11分17秒 超高校級横回転エビ固め
長井満也&ブラック・タイガーZ○&南野タケシ

<第5試合>タッグマッチ
ゼウス&ボディガー○
13分04秒 バウンス→片エビ固め
秋山準&岩本煌史×

<第6試合>シングルマッチ
○諏訪魔
12分33秒 ラストライド
×ジェイク・リー

<第7試合>6人タッグマッチ
○宮原健斗&野村直矢&青柳優馬
16分14秒 ジャーマンスープレックスホールド
崔 領ニ&田中稔&丸山敦×


[37] fun◇fLongoRY - 2017/01/22(Sun) 13:07 ID:VsTYND0.  [No.106824]
連続投稿失礼します。

「2017ニューイヤーウォーズ」
1.21(土)山口・周南市新南陽ふれあいセンター

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○SUSHI
9分54秒 逆エビ固め
×岡田佑介

<第2試合>3wayマッチ
×中島洋平vs佐藤光留vs丸山敦○
9分32秒 ジャックナイフ式エビ固め

<第3試合>シングルマッチ
○吉江豊
9分38秒 ダイビングボディプレス
×不動力也

<第4試合>6人タッグマッチ
秋山準&石井慧介&ウルティモ・ドラゴン○
15分32秒 横回転エビ固め
崔 領ニ&田中稔&土屋クレイジー×

<第5試合>シングルマッチ
○大森隆男
10分03秒 アックスボンバー→片エビ固め
×青柳優馬

<第6試合>6人タッグマッチ
○諏訪魔&青木篤志&レイパロマ
15分42秒 ラストライド
長井満也&ブラック・タイガーZ&南野タケシ×

<第7試合>6人タッグマッチ
○宮原健斗&野村直矢&ジェイク・リー
20分40秒 ジャーマンスープレックスホールド
ゼウス&ボディガー&岩本煌史×




[38] fun◆fLongoRY - 2017/01/24(Tue) 09:19 ID:hHZ/qtQ6  [No.106832]
 故ジャイアント馬場さん(享年61)の夫人・馬場元子さん(77)の「喜寿を祝う会」が22日、東京・渋谷区恵比寿の自宅で行われたそうです。

 東スポ情報ですが、元子さんは2日に喜寿を迎えており、この日の会は馬場さんの誕生日(23日)を併せてお祝いする形で行われた。自宅のリビングルームにはハワイをイメージした装飾が施され、近親者約30人が出席。「このまま結婚披露宴ができるんじゃないか?」との声も上がるほど豪華なムードだった。

 くしくも2日の全日本後楽園ホール大会でトップロープから転落して右足かかとを骨折し、現在欠場中の和田京平レフェリー(62)の音頭による「ハッピーバースデー」合唱で会はスタート。元子さんは「昨年末には少し元気のない日々もありましたけれど、こうして皆さんとお顔を合わせていると元気を取り戻せた気持ちになります。本日は本当にありがとうございました…」と感無量の表情であいさつした。

 元子さんは2013年に脳梗塞を克服。昨年末は体調がすぐれない日もあったというが、3月には静養のために約2週間、米国カリフォルニア州サンディエゴを訪れる計画も立てており「元気な77歳」を印象づけたそうです。

 昨年10月には馬場さんの出身地である新潟・三条市から「名誉市民」の称号を贈られ、記念式典にも出席。「何か機会があるごとに、馬場さんのことを思い出していただければ幸せです」(元子さん)。馬場さんの命日である31日は、近親者で法要が営まれるとの事。


[39] fun◆fLongoRY - 2017/01/28(Sat) 13:59 ID:FXvyw9M6  [No.106840]
26日に行われた大仁田厚の会見をうけて秋山準、諏訪魔のコメントです。
 
・秋山準のコメント
「邪道軍とやってやるよ!
電流爆破はやらないからな!!
爆破なくても木端微塵にしてやるからな!」
秋山準
 
・諏訪魔のコメント
「大仁田厚 よく聞け!
貴様のリクエストに応えて山梨で やってやる。
全日本プロレスは裸一貫でプロレスを見せていく団体だ。
アジアのベルトの価値も上げないでリング上に余計な物を持ち込んでは
次から次に好き勝手やりリング降りれば、言いたい放題な やり方は この全日本プロレスには
正直必要無し。
誰が大仁田厚をここまで好き勝手やらせた?
最近、全日本で見る昔出て行った奴等は一体誰が呼んだ?
何でもありになった状況に正直 俺は 腹が立っている。
生々しいプロレスやるならやってやる!!
大仁田厚も他の連中も、まとめてぶっ潰してやるぞ!オイッ!!」
諏訪魔

2017エキサイトシリーズ〜Jr. BATTLE OF GLORY〜
2月19日(日)山梨・アイメッセ山梨(甲府)
 
決定対戦カード

全日本軍 vs 邪道軍スペシャル8人タッグマッチ
秋山準&諏訪魔&ケンドー・カシン&井上雅央
vs
大仁田厚&保坂秀樹&雷神矢口&パンディータ


[40] fun◇fLongoRY - 2017/01/29(Sun) 13:17 ID:mm2jWhbs  [No.106845]
まちおこしスペシャル チャリティー鳩山町大会
〜鳩山町を進化させちゃうぞ!オイッ!!〜
1.28(土)埼玉・鳩山町中央公民館

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○青柳優馬
9分48秒 逆エビ固め
×岡田佑介

<第2試合>シングルマッチ
○井上雅央
7分55秒 横入り式エビ固め
×不動力也

<第3試合>6人タッグマッチ
大森隆男&田村和宏&風戸大智○
10分50秒 顔面蹴り
×中島洋平&岩本煌史&土方隆司

<第4試合>SUSHI壮行試合 シングルマッチ
○秋山準
11分46秒 リストクラッチ式エクスプロイダー→体固め
×SUSHI

<第5試合>タッグマッチ
○ゼウス&崔領二
17分08秒 ジャックハマー
ジェイク・リー&野村直矢×

<第6試合>シングルマッチ
○宮原健斗
14分19秒 ブラックアウト→片エビ固め
×吉江豊

<第7試合>8人タッグマッチ
○諏訪魔&青木篤志&スーパー・タイガー&佐藤光留
17分21秒 ラストライド
長井満也&高岩竜一&ブラック・タイガーZ&南野タケシ×

試合後の秋山とSUSHIのツイッターでのコメントです。

秋山準
全日本プロレス まちおこし鳩山町大会をご観戦頂きましたファンのみなさん、ありがとうございました!

スシのこれからの成功を祈念しリストクラッチ行きました!頑張れスシ!!


SUSHI
てやんでぇ‼︎
鳩山大会多数ご来場&ご声援ありがとうございました!所属ラストマッチ、秋山さんとのシングルマッチ。
おもいっきりぶつかったけどメチャメチャにやられました!秋山さん、めっちゃ強かったし、怖かった…。
秋山さん、シングルマッチしていただきありがとうございました‼︎

これからも、プロレスラーSUSHIとして、精一杯頑張っていきますので、皆様これからもよろしくお願い致します‼︎

てやんでぇ‼︎


[41] fun◆fLongoRY - 2017/01/30(Mon) 19:36 ID:6cR64UVs  [No.106847]
DDT
「Sweet Dreams!2017」
1月29日(日)東京・後楽園ホール

石井慧介の保持する世界ジュニアヘビー級選手権試合の結果です。

第五試合 世界ジュニアヘビー級選手権試合 60分一本勝負
<王者>○石井慧介
11分43秒 ニールキック→体固め
<挑戦者>×ヤス・ウラノ
※第42代王者が2度目の防衛に成功。


[42] fun◆fLongoRY - 2017/01/30(Mon) 19:37 ID:6cR64UVs  [No.106848]
連続投稿失礼します。

『エールクリエイト&沖縄ゼネラルグループpresents
   全日本プロレス 那覇 2days 〜BODY & SOUL〜』

3月4日、5日の那覇大会、全対戦カードです。

3月4日(土) 沖縄・ナムラホール(那覇)

シングルマッチ
渕正信vs岡田佑介

タッグマッチ
中島洋平&エイサー8
vs
SUSHI&ティーラン獅沙
タッグマッチ
ウルティモ・ドラゴン&ハイビスカスみぃ
vs
西村修&ウルトラソーキ

シングルマッチ
青柳優馬vs岩本煌史

6人タッグマッチ
秋山準&ケンドー・カシン&KAI
vs
諏訪魔&青木篤志&佐藤光留

シングルマッチ
大森隆男vsジェイク・リー

タッグマッチ
宮原健斗&野村直矢
vs
ゼウス&ボディガー


3月5日(日) 沖縄・ナムラホール(那覇)

シングルマッチ
青柳優馬vs岡田佑介

タッグマッチ
青木篤志&佐藤光留
vs
岩本煌史&ウルティモ・ドラゴン

タッグマッチ
大森隆男&ティーラン獅沙
vs
西村修&エイサー8

シングルマッチ
渕正信vsケンドー・カシン

タッグマッチ
ゼウス&ボディガー
vs
諏訪魔&SUSHI

6人タッグマッチ
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢
vs
秋山準&KAI&中島洋平


[43] fun◇fLongoRY - 2017/02/02(Thu) 11:51 ID:Cx1i6yLA  [No.106859]
3月「夢力!2017ドリームパワーシリーズ」
4月「2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜」
の日程です。

【エールクリエイト&沖縄ゼネラルグループpresents 全日本プロレス 那覇 2days 〜BODY & SOUL〜】
3月4日(土)沖縄・ナムラホール(那覇)
3月5日(日)沖縄・ナムラホール(那覇)

【夢力!2017ドリームパワーシリーズ】
3月12日(日)東京・後楽園ホール
3月19日(日)埼玉・ウェスタ川越

(YOKOHAMA TWILIGHT BLUES vol.4〜)
3月20日(月)神奈川・横浜ラジアントホール

3月22日(水)兵庫・豊岡市民体育館
3月23日(木)大阪・四條畷市民総合体育館(サン・アリーナ25)
3月26日(金)長野・諏訪市清水町体育館

【全日本プロレス 新木場大会〜GROWIN’ UP vol.1〜】
3月27日(土)新木場1stRING

【2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜】
 
4月16日 (日) 東京・後楽園ホール【開幕戦】
4月18日 (火) 福島・ビッグパレットふくしま(郡山)
4月19日 (水) 青森・八戸シーガルビューホテル体育館
4月20日 (木) 宮城・夢メッセみやぎ 西館ホール
4月22日 (土) 東京・品川プリンスホテル ステラボール
4月23日 (日) 新潟・アオーレ長岡
4月25日 (火) 愛知・名古屋国際会議場
4月26日 (水) 大阪市内予定 ※後日発表
4月28日 (金) 岡山・岡山県卸センター オレンジホール
4月29日 (土) 広島・マリーナホップ
4月30日 (日) 福岡・博多スターレーン【優勝決定戦】


[44] fun◇fLongoRY - 2017/02/02(Thu) 11:51 ID:Cx1i6yLA  [No.106860]
連続投稿失礼します。

東スポ情報ですが、秋山準が31日、大仁田厚率いる邪道軍との全面対決に臨む全日軍の大将に、暴走男・諏訪魔を任命したそうです。

 19日のアイメッセ山梨大会では全日軍(秋山、諏訪魔、ケンドー・カシン、井上雅央組)vs邪道軍(大仁田、保坂秀樹、雷神矢口、パンディータ組)の異色8人タッグ戦が行われる。そもそもの発端は1月26日の超戦闘プロレスFMWの会見で、カシンに酷似した覆面男が邪道にスプレーを噴射。「秋山社長からの伝言だ」と挑発したことからだった。

 秋山は「カシンが勝手にやったこと。しかも全日の代表みたいな感じで行きやがって…」と厳しい表情を見せたが、時すでに遅し。しかも諏訪魔とは「組んだのは記憶にない」(秋山)というだけに「パンダ相手に俺と諏訪魔が組む必要もないよな? 諏訪魔が勝手に暴れて終わらせるんじゃない?(同ユニットの)青木(篤志)と佐藤(光留)君がアジアタッグを大仁田さんに取られたから、彼らにもう一回行かせようという気もあると思うし。俺は高みの見物をさせてもらう」と暴走男に全権委任…。

 また大仁田が諏訪魔との電流爆破戦をブチ上げたことについても「全日本ではないな。やるなら諏訪魔を自分のホームに誘い込めばいい。あとは諏訪魔と大仁田さんの問題」と突き放した。延々と続く邪道との“舌戦”に、ややお疲れモードのようだった…との事。



[45] fun◆fLongoRY - 2017/02/08(Wed) 00:05 ID:AAFxmQSc  [No.106877]
「2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜」

未発表だった大阪大会の会場が決まりました。

2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜

4月26日 (水) 大阪・エディオンアリーナ大阪(府立体育会館)第2競技場


[46] fun◆fLongoRY - 2017/02/09(Thu) 13:28 ID:2GB.AYfA  [No.106884]
2月シリーズ【2017 エキサイトシリーズ 】

主な選手権試合などの予定です。
2月17日(金)後楽園大会から2月26日(日)大阪大会まで、KAIもタッグマッチで出場する様です。


2月17日(金)東京・後楽園ホール(開幕戦)

世界タッグ選手権試合 60分1本勝負
【第73代王者組】ゼウス&ボディガー
 VS
【挑戦者組】宮原健斗&ジェイク・リー



〜Jr. BATTLE OF GLORY〜[優勝決定戦]
2月26日(日)大阪・エディオンアリーナ大阪 第2競技場

Jr. BATTLE OF GLORY 公式戦 優勝決定戦 時間無制限1本勝負
Aブロック1位
 VS
Bブロック1位

三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【第55代王者】宮原健斗
 VS
【挑戦者】ボディガー


[47] fun◆fLongoRY - 2017/02/12(Sun) 10:32 ID:2KBZMqPs  [No.106889]
東スポ情報ですが、邪道・大仁田厚が諏訪魔に公開回答を迫る考えを示したそうです。

電流爆破デスマッチへの参戦要求に対し、一向に返事をよこさない現状にいら立ちもピークに到達。出場予定がない17日の後楽園ホール大会を邪道軍総出で訪れることを決意し、観衆が見守る中で「爆破」か「アジアタッグ挑戦」かを決断させるつもりとの事。

 我慢の限界だった。大仁田はこの日「17日は邪道軍で後楽園ホールに行くことにした。全日本プロレスによろしく伝えてほしい」と口にした。多忙を極めながらもフットワークだけは軽い59歳は試合が組まれていないにもかかわらず、会場を訪れることを決めた…。

 目的はただ一つ。諏訪魔。昨年からその名をしきりに出していたことが奏功し、19日のアイメッセ山梨大会では邪道軍(大仁田、保坂秀樹、雷神矢口、パンディータ組)VS全日本軍(諏訪魔、秋山準、ケンドー・カシン、井上雅央組)の8人タッグ戦の開催が決定。すると今度は、電流爆破マッチへの参戦を要求…。

 まさに既成事実を先に作るという邪道の常とう手段だが、今回ばかりはうまくいかなかった。当の諏訪魔が「話すことはない」と一切のコメントを拒否…。そのため、言質を取るには行動あるのみ。とはいえ、何も17日に足を運ばなくても、その2日後にはリングで対戦できるのだから、焦る必要はないように思える。

 だが、全日本は17日がシリーズ開幕戦で、メディアの数も注目度も高い。あえてこの場を選ぶあたりは政治家を経験した男ならではの嗅覚か…。しかも当日はアジアタッグベルトも持参する予定。諏訪魔には「お客さんの前で電流爆破はイエスかノーかハッキリさせる。それに諏訪魔選手、そして全日本プロレスよ、このベルトを俺に持たせたままでいいのか!? 少しは怒れよ」と迫り、最終決断を促す構え。

 全日本では大先輩に当たる立場ながら、ここまで後輩を気に掛ける理由もある。「このまま新日本(プロレス)に水をあけられていいのか!? 全日本はお前が頑張らないとダメなんだ」と誰よりも期待をかけている。「まさか全日本は俺に『チケットを買え』とか言わないよな…」とつぶやきながら、さっそく邪道軍にスケジュール確認の連絡を入れた大仁田。いよいよ暴走男の外堀を埋め始めた…との事。


[48] fun◆fLongoRY - 2017/02/13(Mon) 11:47 ID:Xmtl.k3U  [No.106897]
【千葉 EXTRA DREAM 14】
2.12(日)千葉・Blue Field

試合結果です。

<第1試合>千葉 EXTRA DREAM 14 オープニングマッチ 〜赤い洗礼〜
中島洋平&岡田佑介×
8分48秒 フロッグスプラッシュ
○梶トマト&GO浅川

<第2試合>千葉 EXTRA DREAM 14 スペシャルタッグマッチ 〜格闘最前線〜
青木篤志&阿部史典×
11分02秒 腕ひしぎ十字固め
○野村卓矢&吉田綾斗

<第3試合>千葉 EXTRA DREAM 14 スペシャルシングルマッチ 〜WILD vs 恐竜〜
○大森隆男
8分44秒 アックスボンバー→片エビ固め
×ダイナソー拓真

<第4試合>千葉 EXTRA DREAM 14 スペシャルタッグマッチ 〜Evolution vs 暗闇の虎〜
諏訪魔&佐藤光留×
17分07秒 ROD→片エビ固め
○グレート・タイガー&ブラック・タイガーZ

<第5試合>千葉 EXTRA DREAM 14 スペシャルタッグマッチ 〜闘いの道標〜
秋山準&岩本煌史×
18分39秒 シドマス→片エビ固め
○崔領二&ジェイク・リー

<第6試合>千葉 EXTRA DREAM 14 スペシャルタッグマッチ 〜NEXTREAM vs 凶月〜
宮原健斗&×野村直矢&青柳優馬
24分08秒 無道
真霜拳號&○タンク永井&本田アユム


[49] fun◆fLongoRY - 2017/02/16(Thu) 01:27 ID:MTd79KXo  [No.106904]
遅くなりましたが12日の東スポ情報ですが、暴走男・諏訪魔が執拗なメッセージを送りつけてくる邪道・大仁田厚を一蹴したそうです。

 怒りを通り越し、もはやあきれた表情だった。諏訪魔は「俺に公開回答を求めてるんでしょ? でもここで答えるから、その必要はない。電流爆破をやるつもりはないし、俺は全日本に(爆破は)必要ないと思ってる」と吐き捨てた。

 昨年末から一方的に対戦相手として名前を挙げられ、いつしか電流爆破デスマッチへの出場を要求されていた。これまで無視を決め込んでいたのをいいことに、ついに大仁田は17日の全日プロ後楽園大会を訪れて観衆の目前で回答を迫ることを表明した。諏訪魔もようやく既成事実をつくられている現状に気付き、来場前の意思表示に踏み切ったのだ。

 ただし19日のアイメッセ山梨大会の全日本軍(諏訪魔、秋山準、ケンドー・カシン、井上雅央組)VS邪道軍(大仁田、保坂秀樹、雷神矢口、パンディータ組)で初対決することについては「組まれた試合はやる」とプロとしての責務は全うするつもり。

 皮肉なことに大仁田が来場する17日は“邪道信者”として知られるKAIとタッグ対決するから話はややこしい。「KAIは俺が知らない間、ジーパンで試合してたんだろ!? どうせならはいて来い!」と皮肉めいたメッセージも忘れなかった。

「後楽園には来なくていいから!」と最後までアレルギー反応を示した諏訪魔。危険な初遭遇の行方が注目されます。


[50] fun◆fLongoRY - 2017/02/16(Thu) 01:29 ID:MTd79KXo  [No.106905]
〜バレンタインデースペシャル・ギミチョコナイト〜
2.14(火)栃木・栃木県総合文化センター

遅くなりましたが試合結果です。

<第1試合>ギミチョコナイトオープニングマッチ
◯青柳優馬
6分35秒 バックドロップ→エビ固め
×岡田佑介

<第2試合>ギミチョコナイトスペシャルタッグマッチ 〜未知との遭遇〜
◯秋山準&佐野直
9分27秒 エクスプロイダー→片エビ固め
大森隆男&阿部史典×

<第3試合>ギミチョコナイトスペシャルシングルマッチ 〜初対決!〜
×中島洋平
9分48秒 ダイビングエルボードロップ
◯中之上靖文

<第4試合>ギミチョコナイトJr. リーグ戦直前スペシャル!
◯青木篤志&田中稔&田村和宏&竹田誠志
15分54秒 腕ひしぎ逆十字固め
石井慧介&佐藤光留&丸山敦&岩本煌史×

<第5試合>ギミチョコナイトスペシャルシングルマッチ 全日本 vs 大日本
◯諏訪魔
11分15秒 ラストライド
×野村卓矢

<第6試合>ギミチョコナイトスペシャル6人タッグマッチ 全日本 vs 大日本
◯宮原健斗&野村直矢&ジェイク・リー
21分22秒 ジャーマンスープレックスホールド
神谷英慶&橋本大地&菊田一美×


[51] fun◇fLongoRY - 2017/02/16(Thu) 01:30 ID:MTd79KXo  [No.106906]
連続投稿失礼します。

GAORA TV王者、イケメン黒潮”二郎が左ヒザ負傷により王座返上、会見に同席した秋山が名乗りをあげ、
怪文書を送り付けてきた元GAORA王者を名乗るものと、王座決定戦が行われそうな気配が濃厚だそうです。


元GAORA王者からの怪文書です。

「全日本プロレス様
GAORA王者の負傷、王座返上により、GAORA王座が空位になるという、
風の噂を聞き、元GAORA王者として、私は、またGAORA王者に君臨したいと
考えます。
このベルトは元々は私のベルト。
王座決定戦などを行う場合は是非、私にチャンスを頂きたい。
元GAORA王者の私には十分に権利があると思う。
GAORAベルトは絶対に渡さへんでぇ〜〜〜。」

元GAORA王者


最後の「渡さへんでぇ〜〜〜。」の文…。
うーん…きっと、〇U〇HIさん?でしょうかね〜(笑)


[52] fun◇fLongoRY - 2017/02/18(Sat) 10:56 ID:ivOWCveo  [No.106919]
【2017 エキサイトシリーズ 〜Jr. BATTLE OF GLORY〜】開幕戦
2.17(金)東京・後楽園ホール

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
○青木篤志&佐藤光留
5分47秒 フロッグ・スプラッシュ
野村直矢&岡田佑介×

<第2試合>Jr. BATTLE OF GLORY 公式戦 Bブロック
○田村和宏[1勝=2点]
4分54秒 ミノルスペシャル
×丸山敦[1敗=0点]

<第3試合>Jr. BATTLE OF GLORY 公式戦 Bブロック
×中島洋平[1敗=0点]
8分09秒 ロックスターバスター
○青柳優馬[1勝=2点]

<第4試合>6人タッグマッチ
秋山準&ウルティモ・ドラゴン&井上雅央○
9分35秒 首固め
×大森隆男&西村修&渕正信

<第5試合>Jr. BATTLE OF GLORY 公式戦 Aブロック
○岩本煌史[1勝=2点]
7分34秒 孤高の芸術→片エビ固め
×竹田誠志[1敗=0点]

<第6試合>Jr. BATTLE OF GLORY 公式戦 Aブロック
○石井慧介[1勝=2点]
12分27秒 高角度ダブルアームDDT→エビ固め
×田中稔[1敗=0点]

<第7試合>タッグマッチ
諏訪魔&ジョー・ドーリング×
12分10秒 首固め
○崔領二&KAI

<第8試合>世界タッグ選手権試合
[第73代王者組]ゼウス&ボディガー○
16分14秒 バウンス→片エビ固め
[挑戦者組]宮原健斗&ジェイク・リー×
※ゼウス&ボディガー組が2度目の防衛に成功


[53] fun◇fLongoRY - 2017/02/18(Sat) 10:57 ID:ivOWCveo  [No.106920]
【2017 エキサイトシリーズ 〜Jr. BATTLE OF GLORY〜】開幕戦
2.17(金)東京・後楽園ホール

Jr. BATTLE OF GLORYが開幕しました。

この日に公式戦を行った各選手の試合後のコメントです。

田村和宏
「まず、アックスボンバーズ一勝です。アックスボンバーズが、一勝です!大森さんの名に恥じないよう、優勝してきます!よっしゃあ!見たか!アックスボンバー!大森さん直伝だ!そして最後、稔さん直伝だ!……決勝でやってやる!」

丸山敦
「(この敗戦は)痛いですねぇ。優勝するには落としたくない試合やったんですけど。まぁあの・・・強かったですね。甘く考えていたかもわからないですね。強かったです。でも始まったばかりでまだまだ可能性はあるんで、ここで切り替えられるかどうかが勝負だと思うんで、明日から切り替えて。優勝狙っていきます。以上です!」

青柳優馬
――ジュニアリーグ戦は白星スタートとなりました。この勝利は初の先輩越えとなるのでしょうか?
「そういう言い方はやめてください、もう。先輩越えだとか、若手の枠を脱却しようとかどうのこうのずっと言っていましたし。ジェイクも野村さんも同じように言ってますけど、やっぱこうやって試合やって結果出して、それでやっと若手脱出ということになるんじゃないかと。口だけでなく、やっぱ結果が必要なんだ。だから先輩越えだとか、大どんでん返しとか、そういう言葉は大嫌いだ。もうこのまま優勝していきますよ!」

竹田誠志
「畜生!肩上げただろ、肩!肩上げただろ?畜生……あんな若造に3カウント入っちまった。ちょっとアレだな。昨日のデスマッチの余韻引き摺ってテンション上がり過ぎちまったよ。畜生……。ここは、全日本のリングっつーのは分かってるよ。分かってるけども、ルール、ルール!ルールに則って、反則だったらレフリーが止めてんだろ。李日韓が止めてるはずだ。止めねぇってことはルールの許容範囲だ。俺は何も悪いことはしてない。でも!3カウント入ってしまった。畜生!足下すくわれた。クソッ!俺は返したと思ってるよ。多分返してるよ。畜生。もう言うことねぇよ畜生。明日だ明日。明日誰だっけ?青木か?あの野郎、前回腕十字で取られてるから、腕十字で取り返してやる。畜生!あぁ、クソッ!!」

岩本煌史
「よし!なんとか一勝、なんとか一勝!リーグ戦なんでね、内容がどうとか言ってられないし、これは全日本プロレスでやっているジュニアリーグなんで、しょっぱな全日本所属の選手が他団体の選手に負けちゃダメでしょう!どんなかたちであれ、竹田さんから一勝。誰も期待していなかったでしょう。逆にその期待していないのが気持ちがいいんで、これからもみなさん、期待しないでください」

――しかもこれが所属になってから初勝利です
「そうですね。所属になって初勝利がジュニアリーグの初戦。めちゃくちゃ大事な初戦が獲れた。これはめちゃくちゃ大きいし、流れを変えるきっかけとなる一勝だと思ってるんで。確実にAグループ、みんな僕より格上なんで、全然おそれることはないし、このまま今日の一勝を糧にこのまま突き進んでいきます。ありがとうございました!」

田中稔
「全勝優勝を狙いますと言ってたんだけど、初戦から計算狂っちゃった。いつも試合前に魔物棲んでる魔物棲んでるって言ってましたけども、ブロックのメンバーが前より少ないからスロースタートしてる場合じゃないんで。いやぁ、巻き返さないとヤバいですね。全部調子狂っちゃった。ただ、僕は2月のツアーまで、Jrリーグまで出る約束はしてたんですけど、試合中石井君とやってて、シングルマッチの熱狂する空間……あれはたまんねぇなと思って。やってて楽しくなるってのもあるし、一番の自分の心境を……今まで試合するまで何も思ってなかったんですけど、もう一回世界ジュニア巻きたいなって気持ちがものすごい出てきたんで。モデルチェンジを一切しない古臭いデザイン、あれがたまんないんで。見たらメチャメチャ欲しくなってきたんですよね。まあ、チャンピオンが受けるっていうんであれば、チャンスが有るんであれば、タイミングが合うんであれば、狙っていきたい。そのためにもね、次からリーグ戦巻き返して調子を上げていかないといけないんで。あと3戦。頑張ります。メチャメチャ気持ちよかったです。ありがとうございました!」

石井慧介
――苦しい戦いでしたが白星スタートを飾ることができました
「苦しい戦いになるのはわかっていたけど、ジュニアの世界チャンピオン、白星スタートは・・・僕がチャンピオンだけど、下馬評が悪かったとは思いますけど、自分も成長していないわけじゃない。完勝です」

――そのベルトを持っている限り、全員の標的が石井選手であることは変わりありません
「まずは明日、岩本選手。さっきも試合見ていましたけどいい勝ち方をしていたんで。明日勝てばまた勢いに乗っていけるんではないかと。世界ジュニアチャンピオンのプライドとしてひとつも落とせないです!今日でまた勢いがついたのが自分でもわかります」

――田中選手に勝ったというのは今更ですけど自信になったのではとも思いますが?
「そうですね!IWGPジュニア最多の11回防衛している人ですし、世界ジュニアも巻いている。ベスト・オブ・ザ・スーパージュニアも2006年に優勝している。その選手に勝ったのが世界ジュニアチャンピオンの石井彗介。これは大きな自信になりますよ」



[54] fun◇fLongoRY - 2017/02/18(Sat) 11:00 ID:ivOWCveo  [No.106921]
【2017 エキサイトシリーズ 〜Jr. BATTLE OF GLORY〜】開幕戦
2.17(金)東京・後楽園ホール

この日ですが第4試合の6人タッグマッチの試合後のチャンピオン・カーニバル出場選手発表があり、その次に元GAORA王者として来場が予告されていた男が入場。大方の予想はSUSHIだったが会場に現れたのはなんとKENSO!?

KENSO「喋ってもいいですかー!?ちょっと待てお前ら生きてるのか死んでるのかどっちなんですか喋ってもいいですかー!?いいですかー!?いいですかー!?OK、久しぶりにやったらすごい疲れた。KENSO、GAORAに、情熱を持って、ビチッと!挑戦したい!そう思っております、狙ってもいいですか!狙ってもいいですか!おい秋山社長にお前らの声が聞こえねーじゃねーかもう一回言うぞやってもいいですかー!?いいですかー!?いいですかー!?」
秋山「(リングサイドに現れ)おい相変わらず長いなお前!俺もそこで消えそうだったよ!みんな!GAORA、KENSOと、やってもいいですかー!?いいですかー!?いいですかー!?だって。やろう」
KENSO「ありがとう。一生懸命がんばります。応援してください。以上!!!」

<バックステージコメント>
秋山準
――怪文書を送ってきていたのはあの人だったってことで?
「SUSHIに見せかけて、前説の長い男(笑)。まぁいろいろあったけど、リング上でわかり合える部分もあるだろうし、俺がやってきたこともわかるだろうし。今こうやっておちゃらけな感じでやったけど、試合はバチっとやるって気持ちでいるだろうし。最初からGAORAっぽいでしょう。こんな感じでいこうかなぁと思っています。試合はちゃんとやりますから」

――今年のチャンピオン・カーニバルに出場されないこととなりましたが?
「たぶん俺の肩を叩くヤツって俺しかいないんですよ。もちろん辞めるってことじゃないですけど、たぶんこのままずっと行ったら誰も俺の肩を叩くヤツがいなくて。体が動けなくなったとしても。たぶん今は後輩とやっても「あの人にこの技をやったらまずいよなぁ」ってことはないと思いますけど、そうなったらもうはっきり言って俺はダメだと思うんで。この辺なのかなぁって気はしますね。でもわからないですよ。GAORA(王座の防衛戦)をやってて、案外GAORAを持ってて三冠や世界ジュニアに対抗してやろうという気持ちもあるんで。今はどうしてもGAORAが下に見られているんで、それをガッと上げてやろうという気持ちもあるんで。そうなった時にはわからないですよ。またふつふつと「イケるのか?」というのが沸いてくるのかもわからないですけど。まぁでもとりあえず今回は「そろそろかな」という気持ちでエントリーしませんでした」

KENSO
「GAORAベルト、秋山準とKENSOのGAORAベルト決定だ。情熱を持ってビチッと、ビチッと!情熱を持ってビチッと!GAORAベルトに挑戦したい!そう思っております!以上!!!



[55] fun◇fLongoRY - 2017/02/18(Sat) 11:02 ID:ivOWCveo  [No.106922]
【2017 エキサイトシリーズ 〜Jr. BATTLE OF GLORY〜】開幕戦
2.17(金)東京・後楽園ホール

第7試合タッグマッチ
諏訪魔&ジョー・ドーリング vs 崔領二&KAI

この試合をリングサイドで大仁田が観戦。その試合後に大仁田がリングサイドへ。

大仁田「諏訪魔さんよ、ちゃんとチケット買ってきたぞ。ちゃんとお前、お金払ったからな。その代わりよ、甲府の試合が決まってんのにオイ、甲府の試合が決まってるのにお前、試合内容が全く決まらずだオイ。あの、天龍さんもジャイアント馬場さんもそうだけど、電流爆破にNOと言わなかった。おい、なあ、俺らは俺らの意地があるからな。(ジョーが挑発し)喋る時は喋らせてもらえないかな?俺もさ、ずーっと後楽園の下で寒い中一時間半も待てったんだ。おい、諏訪魔さんよ、電流爆破やるのかやらないのか、甲府でなんのルールで上がるのかはっきりしてくれよ!おい、ハッキリ皆の前で、皆の前で何をやりたいのかはっきりしろ。その代わり、その代わり電流爆破受けられなかったら、お前はな、今度からチキン諏訪魔と呼ぶからな。覚えとけ。じゃあ」
諏訪魔「おい、俺は全日本プロレス、そして俺自身に、電流爆破は必要ないと思っている!やるならしっかり白黒つけてやる。以上」

<試合後コメント>
大仁田厚
「俺はあくまで、何をこだわってるのかって。全日本プロレスもなあ、いつまでも同じことやってたんじゃしょうがないし。いや、いい試合はしてたと思うよ?うん。だけど、崔領二に負けてたし。なあ?俺は俺の仕事を全うしようとしてるだけだから。プロレス界の中で天龍源一郎さんも上がったことだし、ジャイアント馬場さんもそうだった。文句は言わなかった。三沢選手、ジャンボ鶴田さんに気を遣い、「そりゃ出来ない」ってことは言ったけど、もっと電流爆破に対して、なぜあそこまで嫌悪を示すのか俺にはわからない。新日本プロレスという大きな敵がありながら。どんどんビジネス良くなってるじゃない。今だからこそ、反撃のチャンスだ。それに俺を使ってくれと言っているだけなんですよ。俺は「使ってくれ」っつってるだけなんだよ。下の選手が成長するためにも、俺を使うべきだろ!?なあ?!俺を正々堂々電流爆破の中でやってこそ、諏訪魔という名前が全プロレス界に響くわけ。今、三冠は宮原って奴だろ?三冠を宮原から奪って、そして正々堂々と新日本プロレスと向かい合うことこそ、今の諏訪魔の理由だろ!!そのまま怪我したからと言って終わってしまうのか?諏訪魔?長い間休んでたんだろ?電流爆破、入ってみないとわかんないじゃないか。一枚剥けた諏訪魔が登場するかもしれないだろ?なあ?全日本、新日本という二大巨頭が居たからこそ、プロレス界が盛り上がったわけじゃない。これが切磋琢磨しなきゃ、誰が、誰が、誰が!戦うんだ?全日本という老舗の看板を引っさげながら、どうしても二番手三番手に落ちていく。他のインディー頑張ってるぞ?さいたまスーパーアリーナやったり、DDTも色んな所でやったりしてるし、頑張ってるんだお前。それをさ、よく見なきゃ。後楽園ホールのみんなを大切にしなきゃいけないのはよく分かる。よく分かるけど、もっともっと、もっともっと渦を作らなきゃ。俺はハチャメチャだよ。ハチャメチャだけど、ハチャメチャにはハチャメチャなりの生き方がある。十人十色、生き方はいろいろだから。ただしお前、よく聞け。諏訪魔選手もよーく聞け!俺は、第100代アジアタッグのチャンピオンだ!!礼には礼を尽くせ!!秋山選手、そして諏訪魔選手、ハッキリしろ!ルールは明確にして。そうしないと俺にも考えがある。明日明後日、試合結果いかんによっては俺の出方も変わる」

諏訪魔
「前から言ってるように全日本プロレス、そして俺自身にとって電流爆破は一切必要ないし。俺は体と体がぶつかり合うプロレスっていうのがすごい厳しいものだと思っているし。当然電流爆破、総合格闘技もひとつの道として厳しいものだと思うよ。そこは否定はしない。ただやっぱり体と体でぶつかり合うプロレスっていうのも危ない道と思っているんでね。そこは価値観の違いっていうものが如実に出ているんでね。それはもう山梨でしっかりケリをつけてやる。あんなものは言いがかりにすぎない」

――諏訪魔選手の答えに対してお客さんも賛同の声を出していました
「それはやっぱ全日本プロレスというものをファンの皆さんが一番わかっているしね。俺以上に見ている方々いっぱいいるしね。そこはもっともっと喜んでもらえるよう俺らも努力しなくちゃいけないし」

――今日の試合についてですが、久々のKAI選手との対戦でしたが・・・
「もうジョーが押し切っちゃった感じでね(笑)。まぁそこは・・・すごいね(苦笑)。なんも言えないよ。見ての通りだね」



[56] fun◇fLongoRY - 2017/02/18(Sat) 11:02 ID:ivOWCveo  [No.106923]
【2017 エキサイトシリーズ 〜Jr. BATTLE OF GLORY〜】開幕戦
2.17(金)東京・後楽園ホール

第8試合世界タッグ選手権試合
[第73代王者組]ゼウス&ボディガー vs [挑戦者組]宮原健斗&ジェイク・リー

<試合後リング上>

ボディガー「OKOKOK、ワッショイはちょっと待ってくれ。一言だけ。これで、プロレス界の最高峰とも言える5冠ベルトに、大手かけたぞ!ありがとう!2月26日は、俺の地元大阪府立体育館で、五冠を巡って、いや俺の五冠王手やから、俺の五冠のチャンスを巡って、2月26日は大阪府立体育館まを見にきてください!たったの、こっからたったの3時間。ちょっと昼飯食ってたらつく時間なんでよろしくお願いします!では後はパートナーのワッショイじめに任せたいと思います」
ゼウス「ありがとうございます。まだまだ、まだまだ自分には、皆さんのゼウスコールなんてもったいないです。ありがとうございます!ちょっとこっから、大阪弁でタメ口でいいですか?みんなー!全日本プロレス楽しんでるかー!?ありがとー!みんな!もう一つ!人生楽しんでるかー!やっぱりせやろ!ツライこともあり、楽しいこともあり人生ってなんやねん、一言でいったら祭りやろ!祭り言うたらワッショイするしかないやろ!東京ドームまで聞こえるくらいの腹から大きい声出して、いきますよ!マイクは正面に向けるんで責任持って大きな声出してください。これからもー!全日本プロレス!盛り上げていくぞオラー!行くぞー!このこのこの一回きりの人生は祭りやで〜!ワッショイワッショイワッショイ!」

<試合後のコメント>
The BIGGUNS
――タイトル防衛おめでとうございます。これで二度連続のゼウス締めとなりました
ゼウス「なんでボディガーが勝って僕が締めるのか(笑)。いいですか?」
ボディガー「それは勝ったのはもちろんチームの2人のおかげなんで、最後の締めはゼウスが。ビッグガンズはゼウス締めと決まってるんで」

――三冠前哨戦と考えても最後はボディガー選手が決めた、いい勝ち方だったのではないかと思います
ゼウス「ケガとかないですか?」
ボディガー「もうバッチリ!どこも痛めてないし、逆にいいウォーミングアップができたよ。2月16日、いよいよこのプロレス界の宝のベルト、五冠に挑戦する権利を得ました。こんなチャンス、また今度いつ来るかわからないので、取り逃しせんように気合い入れていきます」

――苦しい場面もあったかと思いますが、ゼウス選手もボディガー選手に任せたところに信頼感を感じたのですが?
ゼウス「まぁそうですね。すごいやっぱり、もう8年くらいタッグ組んでるんですけど、信頼のおけるパートナーなんで。年齢なんて凌駕している。ウォーミングアップというのはかなりハッタリだと思うんですけど、今日は正直厳しい試合だったんですけど、宮原選手もすごい選手でリーもすごい成長しているんで。お客さんから元気をいただいて、今日も勝つことができましたんで。
次の三冠は大阪ですよね。大阪でやったらゼウス、ボディガーが勝つ確率が250倍、250倍じゃ大き過ぎますか(笑)。250パーセントになるというジンクスがあるんで。僕、いっときシングル3連敗くらいしてましたけど(苦笑)。そのジンクスでファンの期待に応えて大阪で三冠獲ってもらいたいですね」
ボディガー「本当に三冠プラス世界タッグを保持しての三冠戦なんで、五冠のチャンスなんですけど。それがしかも地元というめぐり合わせなんで。こんなチャンス絶対逃せないんで。今まで培ってきたものすべて出して、この48年と8か月くらいの人生を賭けて挑みたいと思います」

――今日は九時過ぎていたこともあり、帰られるお客さんもいましたけれど、ゼウス締めを待っているかなり多くのお客さんが残ってくれていました
ゼウス「みんな事情もあって、帰った方も今日のメインは見れなくてもすごい盛り上がっている声はここまで聞こえてきていたんで、みんな楽しんでもらえたんじゃないかと思います。今日は後楽園ホールで二度目のワッショイ締め。最高に気持ちいいですね。ちょっとマイク持ったら調子に乗りすぎて長かったかなというのもあるんですけど」
ボディガー「KENSOよりは短かった。問題ない。・・・俺の三冠戦、楽しみにしておいてくれ。まぁそういうこっちゃ!」
ゼウス「最後にひとつ・・・。ゼウスの!人生は祭りや!全日本プロレスご覧の皆さんの人生は祭りやで!ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!」



[57] fun◇fLongoRY - 2017/02/18(Sat) 11:05 ID:ivOWCveo  [No.106924]
連続投稿失礼します。

4月シリーズの『2017 チャンピオン・カーニバル』の出場選手とブロック分けが決定。

『2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜

≪出場者≫               

【Aブロック】
◆宮原健斗(4年連続4度目の出場/現三冠ヘビー級王者)
◆関本大介(2年連続3度目の出場/2016年優勝/現BJW認定世界ストロングヘビー級王者)
◆ゼウス(4年連続4度目の出場/2016年準優勝/現世界タッグ王者)
◆ジョー・ドーリング(2年ぶり7度目の出場)
◆ジェイク・リー(2年連続2度目の出場)
◆崔 領ニ(2年連続2度目の出場)
◆KAI(4年ぶり2度目の出場/2013年準優勝)

【Bブロック】
◆諏訪魔(2年ぶり12度目の出場/2008年優勝/2006.2012.2015年準優勝)
◆大森隆男(7年連続14度目の出場/2000年準優勝、2014年優勝)
◆野村直矢(2年連続2度目の出場)
◆石川修司(初出場)
◆真霜拳號(3年連続3度目の出場/現CHAMPION OF STRONGEST-K王者)
◆ボディガー(3年連続3度目の出場/現世界タッグ王者)
◆橋本大地(初出場) 

『2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜』日程

4月16日 (日) 東京・後楽園ホール【開幕戦】
4月18日 (火) 福島・ビッグパレットふくしま(郡山)
4月19日 (水) 青森・八戸シーガルビューホテル体育館
4月20日 (木) 宮城・夢メッセみやぎ 西館ホール
4月22日 (土) 東京・品川プリンスホテル ステラボール
4月23日 (日) 新潟・アオーレ長岡
4月25日 (火) 愛知・名古屋国際会議場
4月26日 (水) 大阪・エディオンアリーナ大阪(府立体育会館)第2競技場
4月28日 (金) 岡山・岡山県卸センター オレンジホール
4月29日 (土・祝) 広島・マリーナホップ
4月30日 (日) 福岡・博多スターレーン【優勝決定戦】


[58] fun◆fLongoRY - 2017/02/19(Sun) 01:16 ID:QOAy/6PM  [No.106925]
KAIが17日の後楽園大会において脳震盪をおこした為、大事をとり18日の銚子大会、19日の甲府大会を欠場。
これにより下記の通り対戦カード変更があるそうです。

2月19日(日) 2017エキサイトシリーズ〜Jr. BATTLE OF GLORY〜
山梨・アイメッセ山梨(甲府) 

<変更カード>
第5試合 8人タッグマッチ60分1本勝負
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢&青柳優馬
vs
ゼウス&ボディガー&岩本煌史&田中稔


[59] fun◇fLongoRY - 2017/02/20(Mon) 08:00 ID:DBkFQ6jo  [No.106931]
【2017 エキサイトシリーズ 〜Jr. BATTLE OF GLORY〜】
2.18(土)千葉・銚子市体育館

遅くなりましたが試合結果です。

<第1試合>Jr. BATTLE OF GLORY Aブロック 公式戦
×青木篤志[1敗=0点]
13分39秒 メガラバ
○竹田誠志[1勝1敗=2点]

<第2試合>3Way マッチ
大森隆男 vs ×岡田佑介 vs 田中稔○
7分54秒 グラウンドコブラ

<第3試合>Jr. BATTLE OF GLORY Bブロック 公式戦
△丸山敦[1敗1分=1点]
20分00秒 時間切れ引き分け
△青柳優馬[1勝1分=3点]

<第4試合>Jr. BATTLE OF GLORY Aブロック 公式戦
▲石井慧介[1勝1無=2点]
10分08秒 両者KO
▲岩本煌史[1勝1無=2点]

<第5試合>Jr. BATTLE OF GLORY Bブロック 公式戦
○中島洋平[1勝1敗=2点]
11分06秒 跳後廻蹴→片エビ固め
×佐藤光留[1敗=0点]

<第6試合>タッグマッチ
○諏訪魔&ジョー・ドーリング
10分04秒 万力スリーパー
崔領二&不動力也×

<第7試合>6人タッグマッチ
×宮原健斗&野村直矢&ジェイク・リー
20分54秒 バウンス→片エビ固め
秋山準&ゼウス&ボディガー○


[60] fun◇fLongoRY - 2017/02/20(Mon) 08:01 ID:DBkFQ6jo  [No.106932]
連続投稿失礼します。

【2017 エキサイトシリーズ 〜Jr. BATTLE OF GLORY〜】
2.19(日)山梨・アイメッセ山梨

試合結果です。

<第1試合>Jr. BATTLE OF GLORY 公式戦 Bブロック
○中島洋平[2勝1敗=4点]
9分21秒 横入り式エビ固め
×田村和宏[1勝1敗=2点]

<第2試合>Jr. BATTLE OF GLORY 公式戦 Bブロック
△佐藤光留[1敗1分=1点]
20分00秒 時間切れ引き分け
△丸山敦[1敗2分=2点]

<第3試合>Jr. BATTLE OF GLORY 公式戦 Aブロック
▲青木篤志[1敗1無=0点]
5分28秒 両者リングアウト
▲石井慧介[1勝2無=2点]

<第4試合>シングルマッチ
×大森隆男
9分00秒 レボリューションボム
○ジョー・ドーリング

<第5試合>8人タッグマッチ
ゼウス&○ボディガー&岩本煌史&田中稔
18分50秒 バウンス→片エビ固め
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢&青柳優馬×

<第6試合>全日本軍vs邪道軍 スペシャル8人タッグマッチ
○諏訪魔&秋山準&ケンドー・カシン&井上雅央
10分59秒 バックドロップ→体固め
大仁田厚&雷神矢口&パンディータ&保坂秀樹×


[61] fun◇fLongoRY - 2017/02/24(Fri) 08:15 ID:hHZ/qtQ6  [No.106944]
【2017 エキサイトシリーズ 〜Jr. BATTLE OF GLORY〜】
2.23(木)静岡・焼津文化会館 小ホール

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
○中島洋平&丸山敦
8分09秒STF
大森隆男&岡田佑介×

<第2試合>Jr. BATTLE OF GLORY  公式戦 Bブロック
○佐藤光留[1勝1敗1分=3点]
7分35秒 捕獲式腕ひしぎ十字固め
×田村和宏[1勝2敗=2点]

<第3試合>Jr. BATTLE OF GLORY  公式戦 Aブロック
△石井慧介[1勝2無1分=3点]
20分00秒 時間切れ引き分け
△竹田誠志[1勝1敗1分=3点]

<第4試合>6人タッグマッチ
秋山準&崔領二&岩本煌史○
10分25秒 ジャーマンスープレックスホールド
諏訪魔&ジョー・ドーリング&阿部史典×

<第5試合>Jr. BATTLE OF GLORY  公式戦 Aブロック
○青木篤志[1勝1敗1無=2点]
11分22秒 アサルトポイント
×田中稔[2敗=0点]

<第6試合>8人タッグマッチ
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢&青柳優馬×
14分18秒ダイビングボディプレス
ゼウス&ボディガー&KAI&吉江豊○


[62] fun◇fLongoRY - 2017/02/24(Fri) 08:16 ID:hHZ/qtQ6  [No.106945]
〜Jr. BATTLE OF GLORY〜 現在の得点順位です。[2/23終了時点]

Aブロック
1位 竹田誠志[1勝1敗1分=3点]残り1試合
1位 石井慧介[1勝2無1分=3点]全戦終了
3位 岩本煌史[1勝1無=2点]残り2試合
3位 青木篤志[1勝1敗1無=2点]残り1試合
5位 田中稔[2敗=0点]残り2試合

Bブロック
1位 中島洋平[2勝1敗=4点]残り1試合
2位 青柳優馬[1勝1分=3点]残り2試合
2位 佐藤光留[1勝1敗1分=3点]残り1試合
4位 田村和宏[1勝2敗=2点]残り1試合
4位 丸山敦[1敗2分=2点]残り1試合


[63] fun◇fLongoRY - 2017/02/25(Sat) 08:06 ID:D/C69nXU  [No.106948]
【2017 エキサイトシリーズ 〜Jr. BATTLE OF GLORY〜】
2.24(金)愛知・中村スポーツセンター第二競技場

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
○青木篤志&佐藤光留
6分07秒 スパイラルポセイドン
竹田誠志&阿部史典×

<第2試合>Jr. BATTLE OF GLORY 公式戦 Bブロック
×青柳優馬[1勝1敗1分=3点]
6分47秒 ミノルスペシャル
○田村和宏[2勝2敗=4点]

<第3試合>Jr. BATTLE OF GLORY  公式戦 Aブロック
×中島洋平[2勝2敗=4点]
6分14秒 TAJIRI公認バズソーキック
○丸山敦[1勝1敗2分=4点]

<第4試合>タッグマッチ
秋山準&ウルティモ・ドラゴン○
10分49秒 ラ・マヒストラル
大森隆男&岡田佑介×

<第5試合>Jr. BATTLE OF GLORY Aブロック
△岩本煌史[1勝1分1無=3点]
20分00秒 時間切れ引き分け
△田中稔[2敗1分=1点]

<第6試合>タッグマッチ
○諏訪魔&ジョー・ドーリング
8分55秒 万力スリーパー
レフェリーストップ
崔領二&吉江豊×

<第7試合>6人タッグマッチ
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢×
15分23秒 バウンス
ゼウス&ボディガー○&KAI


[64] fun◇fLongoRY - 2017/02/25(Sat) 08:08 ID:D/C69nXU  [No.106949]
連続投稿失礼します。

〜Jr. BATTLE OF GLORY〜 現在の得点順位です。[2/24終了時点]

Aブロック
1位 竹田誠志[1勝1敗1分=3点]残り1試合
1位 岩本煌史[1勝1分1無=3点]残り1試合
1位 石井慧介[1勝2無1分=3点]全戦終了
4位 青木篤志[1勝1敗1無=2点]残り1試合
5位 田中稔[2敗1分=1点]残り1試合

Bブロック
1位 中島洋平[2勝2敗=4点]全戦終了
1位 田村和宏[2勝2敗=4点]全戦終了
1位 丸山敦[1勝1敗2分=4点]全戦終了
4位 佐藤光留[1勝1敗1分=3点]残り1試合
4位 青柳優馬[1勝1敗1分=3点]残り1試合


[65] fun◇fLongoRY - 2017/02/27(Mon) 08:30 ID:TOwP2oLo  [No.106961]
【2017 エキサイトシリーズ 〜Jr. BATTLE OF GLORY〜】最終戦
2.26(日)大阪・エディオンアリーナ大阪 第2競技場

試合結果です。

<第1試合>Jr. BATTLE OF GLORY 公式戦 Bブロック
×青柳優馬[1勝2敗1分=3点]
4分08秒 エビ固め
◯佐藤光留佐藤光留[2勝1敗1分=5点]※優勝決定戦へ進出

<第2試合>Jr. BATTLE OF GLORY 公式戦 Aブロック
×竹田誠志[1勝2敗1分=3点]
10分05秒 FIRE BALLスプラッシュ
◯田中稔[1勝2敗1分=3点]

<第3試合>Jr. BATTLE OF GLORY 公式戦 Aブロック
△青木篤志[1勝1敗1無1分=3点]
20分00秒 時間切れ引き分け
△岩本煌史[1勝2分1無=4点]※優勝決定戦へ進出

<第4試合>8人タッグマッチ
ゼウス&KAI&中島洋平&岡田佑介×
7分54秒 ジャンピングボディプレス
◯吉江豊&崔領二&丸山敦&阿部史典

<第5試合>タッグマッチ
○秋山準&石井慧介
10分51秒 エクスプロイダー
大森隆男&田村和宏×

<第6試合>タッグマッチ
諏訪魔&ジョードーリング○
10分51秒 レボリューションボム
ジェイク・リー&野村直矢×

<第7試合>Jr. BATTLE OF GLORY 公式戦 優勝決定戦
○岩本煌史
16分51秒 肩固め(レフェリーストップ)
佐藤光留×
※岩本煌史がJr. BATTLE OF GLORY初優勝

<第8試合>三冠ヘビー級選手権試合
[第55代王者]◯宮原健斗
22分23秒 シャットダウンスープレックスホールド
[挑戦者]ボディガー×
※宮原健斗が8度目の防衛に成功


[66] fun◇fLongoRY - 2017/02/27(Mon) 08:30 ID:TOwP2oLo  [No.106962]
〜Jr. BATTLE OF GLORY〜 最終得点順位です。[2/26終了]

Aブロック
1位 岩本煌史[1勝2分1無=4点]※優勝決定戦へ進出
2位 竹田誠志[1勝2敗1分=3点]
2位 石井慧介[1勝2無1分=3点]
2位 青木篤志[1勝1敗1無1分=3点]
2位 田中稔[1勝2敗1分=3点]

Bブロック
1位 佐藤光留[2勝1敗1分=5点]※優勝決定戦へ進出
2位 中島洋平[2勝2敗=4点]
2位 田村和宏[2勝2敗=4点]
2位 丸山敦[1勝1敗2分=4点]
4位 青柳優馬[1勝2敗1分=3点]

優勝
Aブロック 岩本煌史


[67] fun◇fLongoRY - 2017/02/27(Mon) 08:31 ID:TOwP2oLo  [No.106963]
連続投稿失礼します。

3月シリーズの主要対戦カードが決定。チャンピオンカーニバルの前哨戦としてのタッグマッチが組まれ、宮原、諏訪魔、ジョー、ゼウスと崔、KAI、石川、関本、真霜らとの絡みが注目されます。

【エールクリエイト&沖縄ゼネラルグループpresents 全日本プロレス 那覇 2days 〜BODY & SOUL〜】
3月4日(土)沖縄・ナムラホール(那覇)

6人タッグマッチ
秋山準&ケンドー・カシン&KAI
VS
諏訪魔&青木篤志&佐藤光留

シングルマッチ
大森隆男
VS
ジェイク・リー

タッグマッチ
宮原健斗&野村直矢
VS
ゼウス&ボディガー

【エールクリエイト&沖縄ゼネラルグループpresents 全日本プロレス 那覇 2days 〜BODY & SOUL〜】
3月5日(日)沖縄・ナムラホール(那覇)

シングルマッチ
渕正信
VS
ケンドー・カシン

タッグマッチ
ゼウス&ボディガー
VS
諏訪魔&SUSHI

6人タッグマッチ
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢
VS
秋山準&KAI&中島洋平


【夢力!2017ドリームパワーシリーズ】 開幕戦
3月12日(日)東京・後楽園ホール

GAORA TVチャンピオンシップ王座決定戦
秋山準
VS
KENSO

【The Road to 2017Champion Carnival 〜Resistance〜】
諏訪魔&ジェイク・リー
VS
崔領二&野村直矢

【The Road to 2017Champion Carnival 〜anthology〜】
宮原健斗&石川修司&KAI
VS
大森隆男&ゼウス&ボディガー

【夢力!2017ドリームパワーシリーズ】
3月19日(日)埼玉・ウェスタ川越

タッグマッチ
秋山準&SUSHI
VS
長井満也&ブラック・タイガーZ

タッグマッチ
ゼウス&石川修司
VS
崔領二&不動力也

シングルマッチ
岩本煌史
VS
KAI

【NEXTREAM vs EVOLUTION】
宮原健斗&ジェイク・リー
VS
諏訪魔&ジョー・ドーリング

【夢力!2017ドリームパワーシリーズ】
3月23日(木)大阪・四條畷市民総合体育館(サン・アリーナ25)

タッグマッチ
大森隆男&岩本煌史
VS
青木篤志&佐藤光留

【The Road to 2017Champion Carnival 〜Message〜】
諏訪魔&ジョー・ドーリング
VS
崔領二&ジェイク・リー

6人タッグマッチ
宮原健斗&野村直矢&青柳優馬
VS
ゼウス&ボディガー&KAI

【夢力!2017ドリームパワーシリーズ】
3月26日(日)長野・諏訪市清水町体育館

6人タッグマッチ
秋山準&ケンドー・カシン&井上雅央
VS
諏訪魔&青木篤志&佐藤光留

【EVOLUTION vs NEXTREAM〜I LOVE長野〜】
ジョー・ドーリング
VS
青柳優馬

【The Road to 2017Champion Carnival 〜Jump Up〜】
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢
VS
ゼウス&崔領二&石川修司


【全日本プロレス 新木場大会 〜GROWIN’ UP vol.1〜】
3月27日(月)東京・新木場1stRING

【GROWIN' UPスペシャルシングルマッチ】
秋山準
VS
佐藤光留

【GROWIN' UPスペシャルタッグマッチ】
諏訪魔&ジョー・ドーリング
VS
岡林裕二&宇藤純久

【The Road to 2017Champion Carnival 〜Final〜】 
宮原健斗&関本大介&真霜拳號
VS
ゼウス&ジェイク・リー&崔領二


[68] fun◆fLongoRY - 2017/03/02(Thu) 08:37 ID:Cx1i6yLA  [No.106972]
(甲斐の怪力男?)井上雅央のプロレスデビュー25周年記念ソングが完成したそうです。

UMA研究家・岡本英郎が初の作詞に挑戦。
UMA軍団も全面協力!
雅央と岡本氏との二人三脚のスタジオワークで生まれた、至極の一大抒情歌を是非堪能して下さいとの事。
詳しくは、井上雅央25周年記念行事局Twitter(@masaoinoue25ann)をチェックして下さい。


抗争25年
GET WILD vs 甲斐の怪力男
全日本プロレス 新木場大会

〜GROWIN’ UP vol.1〜
3/27(月)東京・新木場1stRING

大森隆男
VS
井上雅央


[69] fun◇fLongoRY - 2017/03/03(Fri) 16:41 ID:l17.fIiY  [No.106978]
3.12後楽園ホール大会の全対戦カードが決定。

Jr.BATTLE OF GLORYを優勝した岩本煌史が石井慧介の持つ世界ジュニアに挑戦します。
初代世界ジュニア王者のヒロ斉藤が参戦、【創立45周年記念世界ジュニアヘビー級王座30年!歴代王者の祭典!!】
としてスペシャル6人タッグマッチに出場します。


「夢力!2017ドリームパワーシリーズ」開幕戦
3月12日(日) 東京・後楽園ホール

【Openning Dream】6人タッグマッチ
中島洋平&西村修&岡田佑介
vs
吉江豊&ウルティモ・ドラゴン&阿部史典

【Over the Future】シングルマッチ
青柳優馬vs丸山敦

【創立45周年記念世界ジュニアヘビー級王座30年!歴代王者の祭典!!】スペシャル6人タッグマッチ
(初代王者)ヒロ斉藤&(第37代.39代王者)青木篤志&(第40代王者)佐藤光留
 vs
(第3.6.10.12.15代王者)渕正信&(第29代王者)田中稔&(第41代王者)高尾蒼馬

世界ジュニアヘビー級選手権試合
(第42代王者)石井慧介
vs
(挑戦者)岩本煌史
※第42代王者・石井慧介 3度目の防衛戦


既報カード

【The Road to 2017Champion Carnival 〜Resistance〜】
諏訪魔&ジェイク・リー
vs
野村直矢&崔領二

【The Road to 2017Champion Carnival 〜anthology〜】
宮原健斗&石川修司&KAI
vs
大森隆男&ゼウス&ボディガー

GAORA TVチャンピオンシップ王座決定戦
秋山準vsKENSO


[70] fun◇fLongoRY - 2017/03/05(Sun) 10:19 ID:IdK.Png6  [No.106980]
【エールクリエイト&沖縄ゼネラルグループpresents 全日本プロレス 那覇 2days 〜BODY & SOUL〜】
3.4(土)沖縄・ナムラホール

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○渕正信
8分51秒 首固め
×岡田佑介

<第2試合>タッグマッチ
○中島洋平&エイサー8
10分43秒 跳後廻蹴
×SUSHI&ティーラン獅沙

<第3試合>タッグマッチ
ウルティモ・ドラゴン&ハイビスカスみぃ○
11分47秒 首固め
西村修&ウルトラソーキ×

<第4試合>シングルマッチ
○岩本煌史
14分31秒 ジャーマンスープレックスホールド
×青柳優馬

<第5試合>シングルマッチ
○大森隆男
12分23秒 アックスボンバー
×ジェイク・リー

<第6試合>6人タッグマッチ
秋山準&ケンドー・カシン&KAI○
15分13秒 サンダーファイヤーパワーボム
諏訪魔&青木篤志&佐藤光留×

<第7試合>タッグマッチ
宮原健斗&野村直矢×
21分49秒 ジャックハマー
○ゼウス&ボディガー


[71] fun◆fLongoRY - 2017/03/06(Mon) 09:27 ID:8UyB8Kdk  [No.106981]
【エールクリエイト&沖縄ゼネラルグループpresents 全日本プロレス 那覇 2days 〜BODY & SOUL〜】
3.5(日)沖縄・ナムラホール

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
◯青柳優馬
9分38秒 逆エビ固め
×岡田佑介

<第2試合>タッグマッチ
◯大森隆男&ティーラン獅沙
9分37秒 アックスボンバー
西村修&エイサー8×

<第3試合>タッグマッチ
△青木篤志&佐藤光留
20分00秒 時間切れ引き分け
△ウルティモドラゴン&岩本煌史

<第4試合>シングルマッチ
×渕正信
12分48秒 腕ひしぎ逆十字固め
◯カンドーカシン

<第6試合>タッグマッチ
諏訪魔&SUSHI×
15分10秒 バウンス
ゼウス&ボディガー◯

<第7試合>6人タッグマッチ
◯宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢
22分54秒 ジャーマンスープレックス
ホールド
秋山準&KAI&中島洋平×


[72] fun◆fLongoRY - 2017/03/13(Mon) 08:26 ID:Xmtl.k3U  [No.107003]
【夢力!2017ドリームパワーシリーズ】開幕戦

3.12(日)後楽園ホール [観衆]1190人

<第1試合> 6人【Openning Dream】タッグマッチ
中島洋平&西村修&岡田佑介×
8分09秒 ランニングボディプレス
◯吉江豊&ウルティモ・ドラゴン&阿部史典

<第2試合>【Over the Future】シングルマッチ
×青柳優馬
8分50秒 TAJIRI公認バズソーキック→片エビ固め
◯丸山敦

<第3試合>【創立45周年記念世界ジュニアヘビー級王座30年!歴代王者の祭典!!】
スペシャル6人タッグマッチ
ヒロ斉藤青木篤志佐藤光留◯
14分03秒 捕獲式腕ひしぎ十字固め
×渕正信田中稔高尾蒼馬

<第4試合>【The Road to 2017Champion Carnival 〜Resistance〜】
◯諏訪魔&ジェイク・リー
10分40秒 ラストライド
崔 領二&野村直矢×

<第5試合>GAORA TVチャンピオンシップ 王座決定戦
◯秋山準
9分28秒 リストクラッチ式エクスプロイダー→片エビ固め
KENSO×
※秋山が第15代王者となる

<第6試合>世界ジュニアヘビー級選手権試合
[第42代王者]◯石井慧介
14分00秒 ニールキック→体固め
[挑戦者]岩本煌史×
※石井が3度目の防衛に成功

<第7試合>【The Road to 2017Champion Carnival 〜anthology〜】
宮原健斗&×石川修司&KAI
10分16秒 アックスボンバー→片エビ固め
◯大森隆男&ゼウス&ボディガー


GAORA TVチャンピオンシップ王座決定戦では、秋山準がKENSOを退け、第15代王者に君臨。「ファンの皆に喜んでもらえるようなベルトにしたい」と、他のベルトとは一線を画す、アイデア満載のタイトル戦を提案。
セミの世界ジュニアで防衛した石井に佐藤光瑠が地元4月28日岡山オレンジホール大会での挑戦を表明、
これを石井も受諾したそうです。
また、諏訪魔にたびたび電流爆破デスマッチでの対戦を要求している“邪道”大仁田厚の化身グレート・ニタが聖地に登場。
「チキン諏訪魔殿」と宛てた書状を持参し、試合後の諏訪魔の顔面に毒霧を噴射してみせたそうです。


[73] fun◆fLongoRY - 2017/03/13(Mon) 08:28 ID:Xmtl.k3U  [No.107004]
連続投稿失礼します。

『2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜」
公式戦の各会場の対戦カードが決定。


4月16日(日) 12:00 東京・後楽園ホール【開幕戦】

チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負  
ボディガー VS 真霜拳號
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
ゼウス VS KAI
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
宮原健斗 VS ジェイク・リー
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
ジョー・ドーリング VS 関本大介
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負  
諏訪魔 VS 石川修司

4月18日 (火) 18:30 福島・ビッグパレットふくしま(郡山)

チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
ボディガー VS 橋本大地
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
崔領二 VS KAI
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
大森隆男 VS 真霜拳號
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
ゼウス VS ジョー・ドーリング

4月19日 (水) 18:30 青森・八戸シーガルビューホテル体育館

チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
真霜拳號 VS 橋本大地
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
ジェイク・リー VS KAI
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
関本大介 VS 崔領二
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
大森隆男 VS ボディガー

4月20日 (木) 18:30 宮城・夢メッセみやぎ 西館ホール

チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
大森隆男 VS 橋本大地
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
関本大介 VS ジェイク・リー
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
ボディガー VS 石川修司
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
諏訪魔 VS 野村直矢

4月22日 (土) 18:00 東京・品川プリンスホテル ステラボール

チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負  
野村直矢 VS 石川修司
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
ゼウス VS ジェイク・リー
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負  
諏訪魔 VS 真霜拳號
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
宮原健斗 VS ジョー・ドーリング

4月23日 (日) 17:00 新潟・アオーレ長岡

チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
ジェイク・リー VS ジョー・ドーリング
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
ゼウス VS 崔領二
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負  
大森隆男 VS 諏訪魔
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
宮原健斗 VS KAI

4月25日 (火) 18:30 愛知・名古屋国際会議場

チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負  
大森隆男 VS 野村直矢
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負  
石川修司 VS 橋本大地
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
ジェイク・リー VS 崔領二
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
宮原健斗 VS 関本大介

4月26日 (水) 18:30 大阪・エディオンアリーナ大阪(府立体育会館)第2競技場

チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
関本大介 VS KAI
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負  
石川修司 VS 真霜拳號
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負  
諏訪魔 VS ボディガー
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
宮原健斗 VS ゼウス

4月28日 (金) 18:30 岡山・岡山県卸センター オレンジホール

チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負  
野村直矢 VS ボディガー
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
ジョー・ドーリング VS KAI
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
宮原健斗 VS 崔領二

4月29日 (土・祝) 18:00 広島・マリーナホップ

チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負  
野村直矢 VS 真霜拳號
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負  
諏訪魔 VS 橋本大地
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
ゼウス VS 関本大介
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
ジョー・ドーリング VS 崔領二
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負  
大森隆男 VS 石川修司

4月30日 (日) 16:00 福岡・博多スターレーン【優勝決定戦】

チャンピオン・カーニバル 公式戦 優勝決定戦 時間無制限1本勝負
Aブロック1位 VS Bブロック1位


[74] fun◆fLongoRY - 2017/03/16(Thu) 17:13 ID:MTd79KXo  [No.107018]
2017 チャンピオン・カーニバルにドリー・ファンクJr.の来日が決定。

4月16日後楽園ホール【開幕戦】でチャンピオン・カーニバル開会宣言を行うそうです。

また、ドリー・ファンクJr.が選手としても下記の4大会に参戦との事

『2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜』
4月16日 (日) 12:00
東京・後楽園ホール【開幕戦】
4月18日 (火) 18:30
福島・ビッグパレットふくしま(郡山)
4月22日 (土) 18:00
東京・品川プリンスホテル ステラボール
4月23日 (日) 17:00
新潟・アオーレ長岡


また4月28日岡山大会にて世界ジュニアヘビー級選手権試合が正式に決定。

2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜
4月28日 (金) 18:30 岡山・岡山県卸センター オレンジホール
決定カード
世界ジュニアヘビー級選手権試合
[第42代王者]石井慧介vs[挑戦者]佐藤光留
※第42代王者・石井慧介 4度目の防衛戦


[75] fun◆fLongoRY - 2017/03/20(Mon) 23:13 ID:DBkFQ6jo  [No.107039]
4月16日(日)後楽園ホールから開幕する
「2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜 」に
ドリーファンクJr.の愛弟子ダルトン・デリックが参戦します。

ダルトン・デリック(Dalton Drellich) プロフィール

身長=196cm / 体重=120kg 

出身地=アメリカ合衆国
ドリーファンクJr.が主宰するフロリダ州オカラ

得意技=チョークスラム
BANG!TVレスリングを中心に活躍する若手大型パワーファイター。


また4月30日(日)博多スターレーンにて開催される
「2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜【優勝決定戦】」に
 
 「プロレスリング華☆激」より新泉浩司、KINGの参戦が決定。
  対戦カードは後日発表との事。


[76] fun◆fLongoRY - 2017/03/20(Mon) 23:14 ID:DBkFQ6jo  [No.107040]
東スポ情報ですが、諏訪魔率いるEVOLUTIONは、挑発を続ける邪道・大仁田厚への怒りを爆発させたそうです。

 EVOLUTIONと邪道は昨年11月に大仁田が青木篤志、佐藤光留組からアジアタッグ王座を奪取したことで抗争が勃発。諏訪魔との因縁も深まる一方で、12日の全日本後楽園大会でも大乱闘を巻き起こしていた。

 これを受けて諏訪魔、青木、佐藤の3人は5月28日のEVOLUTION興行(神奈川・茅ヶ崎市体育館)で大仁田、邪道軍A、B組と対戦すると発表。諏訪魔は「デスマッチ系にはしない。体と体でぶつかり合うプロレスで決着をつける。ビビらず、出てこい」と譲らぬ考えを口にしつつ挑発した。

 一方、大仁田からは超戦闘プロレスFMW4月の青森大会(同13日=弘前市河西体育センター、同14日=青森市はまなす会館)で電流爆破マッチでの対戦を要求されているが「青森には、ボクと青木さんが行きます。諏訪魔さんには行かせない。行くって言っても止める」(佐藤)と前アジア王者の2人が出撃する意向を表明。試合形式についても邪道サイドの要求をのむとした上で「こっちが条件をのむからには向こうにも条件をのんでもらう。条件? アジアタッグ(への挑戦)でしょうね」(青木)と話した。

 この3人の発表を受けて邪道はその要求をそのまま受け入れるのでしょうか?注目されます。


[77] fun◆fLongoRY - 2017/03/20(Mon) 23:14 ID:DBkFQ6jo  [No.107041]
【夢力!2017ドリームパワーシリーズ】
3.19(日)埼玉・ウェスタ川越

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○渕正信
8分23秒 首固め
×岡田佑介

<第2試合>タッグマッチ
中島洋平&井上雅央×
9分37秒 アックスボンバー→片エビ固め
○大森隆男&風戸大智

<第3試合>タッグマッチ
秋山準&SUSHI×
9分55秒 ROD
○長井満也&ブラックタイガーZ

<第4試合>タッグマッチ
○ゼウス&石川修司
10分14秒 ジャックハマー
崔 領二&不動力也×

<第5試合>シングルマッチ
×岩本煌史
11分56秒 サンダーファイヤーパワーボム
○KAI

<第6試合>タッグマッチ
青木篤志&佐藤光留○
19分58秒 変形エビ固め
野村直矢&青柳優馬×

<第7試合>タッグマッチ
宮原健斗&ジェイクリー×
17分27秒 ラストライド
○諏訪魔&ジョードーリング


[78] fun◆fLongoRY - 2017/03/20(Mon) 23:15 ID:DBkFQ6jo  [No.107042]
連続投稿失礼します。

【夢力!2017ドリームパワーシリーズ】
3.20(月・祝)神奈川・横浜ラジアントホール

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
野村直矢&青柳優馬○
9分49秒 フィッシャーマンスープレックスホールド
秋山準&岡田佑介×

<第2試合>シングルマッチ
×中島洋平
9分08秒 超高校級横回転エビ固め
○ブラック・タイガーZ

<第3試合>アクトレスガールズ Beginning 提供試合
○安納サオリ&本間多恵
12分57秒 フィッシャーマンスープレックスホールド
万喜なつみ&清水ひかり×

<第4試合>シングルマッチ
○大森隆男
9分07秒 アックスボンバー→片エビ固め
×グレート・タイガー

<第5試合>タッグマッチ
○佐藤光留&ロッキー川村
12分24秒 エビ固め
青木篤志&和田拓也×

<第6試合>タッグマッチ
○諏訪魔&ジョー・ドーリング
12分21秒 ラストライド
吉江豊&岩本煌史×

<第7試合>タッグマッチ
×宮原健斗&ジェイク・リー
18分58秒 メテオインパクト
ゼウス&KAI○


[79] fun◆fLongoRY - 2017/03/24(Fri) 14:02 ID:hHZ/qtQ6  [No.107056]
【夢力!2017ドリームパワーシリーズ】
3.22(水)兵庫・豊岡市民体育館

遅くなりましたが試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
青柳優馬&岡田佑介×
9分10秒 逆片エビ固め
○丸山敦&ビリーケン・キッド

<第2試合>6人タッグマッチ
秋山準&ウルティモ・ドラゴン&中島洋平×
12分40秒 アックスボンバー→片エビ固め
○大森隆男&KAI&田中稔

<第3試合>シングルマッチ
○ジョー・ドーリング
5分48秒 レボリューションボム
×岩本煌史

<第4試合>シングルマッチ
○佐藤光留
7分37秒 反則[レフェリー暴行]
×ブラック・タイガーZ

<第5試合>タッグマッチ
▲諏訪魔&青木篤志
6分23秒 両者リングアウト
長井満也&南野タケシ▲

<第6試合>特別試合 6人タッグマッチ
○諏訪魔&青木篤志&佐藤光留
6分16秒 ラストライド
長井満也&南野タケシ&ブラック・タイガーZ×

<第7試合>6人タッグマッチ
宮原健斗&×ジェイク・リー&野村直矢
17分55秒 ジャックハマー
○ゼウス&ボディガー&崔領二


[80] fun◆fLongoRY - 2017/03/25(Sat) 13:47 ID:D/C69nXU  [No.107063]
【夢力!2017ドリームパワーシリーズ】
3.23(木)大阪・四條畷市民総合体育館

遅くなりましたが試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
◯中島洋平
5分09秒 ダイビングフットスタンプ→片エビ固め
×岡田佑介

<第2試合>タッグマッチ
△ウルティモドラゴン&田中稔
20分00秒 時間切れ引き分け
△ビリーケンキッド&丸山敦

<第3試合>6人タッグマッチ
秋山準&アルティメット・スパイダーJr.&タコヤキーダー×
9分24秒 ROD
◯長井満也&南野タケシ&ブラック・タイガーZ

<第4試合>タッグマッチ
大森隆男&岩本煌史×
13分16秒 捕獲式腕ひしぎ逆十字固め
青木篤志&佐藤光留◯

<第5試合>タッグマッチ
諏訪魔&ジョードーリング◯
11分58秒 レボリューションボム
崔 領二&ジェイクリー×

<第6試合>6人タッグマッチ
宮原健斗&野村直矢&青柳優馬×
15分06秒 バウンス
ゼウス&◯ボディガー&KAI


[81] fun◇fLongoRY - 2017/03/25(Sat) 13:48 ID:D/C69nXU  [No.107064]
連続投稿失礼します。

東スポ情報ですが、佐藤光留が「X=諏訪魔説」を完全否定したそうです。

Evolutionの佐藤光留は4月の超戦闘プロレスFMW青森大会(13日=弘前市河西体育センター、14日=青森市はまなす会館)で邪道軍と電流爆破デスマッチ2連戦を行う。青木篤志とともに名を連ねる自軍の「X」について「諏訪魔じゃないかって? 違う」と大仁田厚による「X=諏訪魔説」を完全否定。その上で「(初期FMWで活躍した)リー・ガク・スーかもしれない。オレがすごい選手を準備するから」と力説したとの事。

Xが誰なのか注目されます。



[82] fun◆fLongoRY - 2017/03/27(Mon) 08:56 ID:TOwP2oLo  [No.107073]
【夢力!2017ドリームパワーシリーズ】
3.26(日)長野・諏訪市清水町体育館

試合結果です。

<第1試合>信州プロレス提供試合
◯マスクド丸幸&◯とりせんひろし
8分26秒 体固め
×THEよっちゃん&×にんじゃりばんばん

<第2試合>シングルマッチ
◯岩本煌史
7分32秒 逆エビ固め
×岡田佑介

<第3試合>タッグマッチ
◯大森隆男&丸山敦
10分37秒 アックスボンバー→エビ固め
KAI&中島洋平×

<第4試合>6人タッグマッチ
秋山準&ケンドーカシン&井上雅央×
14分11秒 万力スリーパー
◯諏訪魔&青木篤志&佐藤光留

<第5試合>シングルマッチ
◯ジョードーリング
6分57秒 レボリューションボム
×青柳優馬

<第6試合>6人タッグマッチ
×宮原健斗&ジェイクリー&野村直矢
26分15秒 ジャックハマー
◯ゼウス&崔 領二&石川修司


[83] fun◆fLongoRY - 2017/03/28(Tue) 14:04 ID:FXvyw9M6  [No.107078]

新日本プロレス
4.13「LION’S GATE PROJECT4」新宿FACE大会に青柳優馬、岩本煌史の参戦が決定。
 
対戦カード
邪道&外道vs青柳優馬&岩本煌史


[84] fun◇fLongoRY - 2017/03/28(Tue) 14:05 ID:FXvyw9M6  [No.107079]
連続投稿失礼します。

【夢力!2017ドリームパワーシリーズ】
3.27(月)東京・新木場1stRing

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
青木篤志&岡田佑介×
11分13秒 飛びつきヒザ十字固め
◯田中稔&阿部史典

<第2試合>シングルマッチ
◯大森隆男
10分46秒 スライディングアックスボンバー→片エビ固め
×井上雅央

<第3試合>タッグマッチ
×中島洋平&岩本煌史
9分13秒 変型ジャーマンスープレックスホールド
◯野村直矢&青柳優馬

<第4試合>シングルマッチ
◯秋山準
8分49秒 フロントネックロック
×佐藤光留

<第5試合>タッグマッチ
◯諏訪魔&ジョー・ドーリング
13分10秒 万力スリーパー
岡林裕二&宇籐純久×

<第6試合>6人タッグマッチ
◯宮原健斗&関本大介&真霜拳號
37分17秒シャットダウンスープレックスホールド
×ゼウス&崔 領二&ジェイク・リー


[85] fun◇fLongoRY - 2017/03/31(Fri) 08:49 ID:vUEnZPfM  [No.107083]
 東スポ情報ですが青木篤志(39)がアジアタッグ王座奪還を誓ったそうです。

 暴走集団「エボリューション」に所属する青木、佐藤光留(36)、「X」の3人は、4月の超戦闘プロレスFMW青森大会2連戦(13日弘前、14日青森)に乗り込み、大仁田厚(59)率いる邪道軍と電流爆破戦に臨む。

 青木にとっては初の爆破戦で「一番やりたくない形式だった。あくまでアジアタッグを取り戻すため」と出場を決めた真意を説明した。同王座は昨年11月27日の両国大会で青木、佐藤組が流出させてしまい、大仁田、渕正信(63)組が第100代王者として君臨している。

 ところが青木の見解は厳しい。「王者の務めを果たしていない。誰も挑戦に名乗りを上げないのは大仁田と絡みたくないからだし、魅力がないんだよ」。だからこそ、王座を早急に取り戻す必要性を感じている。王者組は1月2日の後楽園大会で初防衛戦を行ったきりで、そもそもシリーズにすら同行していないからだ。

 くしくも自衛隊時代の2004年4月から13か月間、青森駐屯地に配属された青木にとって、決戦地は第2の故郷といえる。遭難危機に遭いながらも、訓練で過酷な雪中行軍を乗り切った経験も背中を後押しする。「あれがあったからメンタルは強いし、爆破にビビってられない。ここでアジア挑戦を認めさせる」。日本最古のベルトを再び輝かせるためにも“死のマット”を制圧する覚悟だ...との事。



[86] fun◇fLongoRY - 2017/04/10(Mon) 09:02 ID:hzT.eXbI  [No.107103]
東スポ情報ですが、社長の秋山準(47)が6日、春の祭典「チャンピオン・カーニバル(CC)」(16日、東京・後楽園ホールで開幕)改革を提言した。今大会は出場選手に名を連ねず、客観的立場から問題点を指摘。3冠ヘビー級選手権の“予選会”からの脱却を訴え、2年連続で3冠王者として臨む宮原健斗(28)に16年ぶり7人目の完全制覇を厳命したそうです。

 13度の出場経験があり、2013年に優勝も果たした秋山はCCからの撤退を表明。今大会の出場選手から名前が外れた。それでも「例年この時期はピリピリしてたけど、今年はリラックスできてるな(笑い)。でもこのメンバーだから、俺が出ないってことがクローズアップされてないでしょ!?」と話し、強豪14人の熱戦に期待をかけた。

 だからこそ、出場選手としては達成できなかったことを実現してほしい気持ちが強い。それがCCの権威向上だ。「3冠の予選会じゃないからね。あくまでリーグ戦のチャンピオンを決める戦いで、一つのブランドにしないと」

 かつては「春の風物詩」として君臨していたが、ここ最近は位置づけが変わってきた。理由の一つが、優勝者が3冠王座に挑戦する流れができているからだ。裏を返せば、王者が優勝を逃すという状況が続いているのだが、秋山は「優勝者が別に3冠に挑戦しなくてもいいし、優勝だけで終わってもいいと思う。CC優勝者と3冠王者は別物なんだから」と持論を展開。これならば優勝者は3冠王者と同等以上の価値があると認められる。

 さらに「王者が優勝するのが一番分かりやすい。ずっとそういうのがないから、優勝してもらいたいね。(現状は)『ベルトを持っている人』というだけで、ベルトを持って優勝した時が初めて真の王者。全日本の1位になれる」と強調し、3冠王者の宮原に優勝を義務づけた。

 王者での祭典制覇は過去6人が達成しているが、01年の天龍源一郎を最後に誰も成し遂げていない。一方で注目選手には「ゼウスだね。引っ張っていこうという気概を感じる」と話し、V争いの激化にも期待している。

 この日(6日)は団体スポンサーを務める「KU歯科クリニック」(東京・渋谷区)にあいさつに訪れるなど、社長業にいそしんだ。「体力もそうだし運もそう。優勝するにはいろいろ持ち合わせないとね」と全出場選手にハッパをかけ、祭典開幕を心待ちにしているとの事。


[87] fun◆fLongoRY - 2017/04/12(Wed) 23:46 ID:2KBZMqPs  [No.107122]
1月3日後楽園大会より怪我の為欠場していた和田京平レフェリーが
『2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜』【開幕戦】
4月16日(日)後楽園大会にて復帰するそうです。


[88] fun◆fLongoRY - 2017/04/12(Wed) 23:46 ID:2KBZMqPs  [No.107123]
連続投稿失礼します。

『超力! 2017 スーパーパワーシリーズ』【最終戦】
5月21日(日)後楽園大会にてGAORA TVチャンピオンシップが決定。


「超力! 2017 スーパーパワーシリーズ」
5月21日(日) 12:00   東京・後楽園ホール 【最終戦】

GAORA TVチャンピオンシップ 60分1本勝負
【第15代王者】秋山準 vs 長井満也【挑戦者】


長井満也のコメントです。 
「GAORA TV チャンピオン タイトルマッチがやっと5月21日に決まった様だな。
 秋山選手の言うようにこの試合は何でも有りでやらせてもらう。
 その赤いベルトをこの俺様が面白くしてやるよ。」
                       DARK NIGHTMARE 長井満也 


[89] fun◆fLongoRY - 2017/04/13(Thu) 23:09 ID:Xmtl.k3U  [No.107126]
東スポ情報ですが大森隆男(47)が12日、3年ぶり2度目の「チャンピオン・カーニバル(CC)」(16日、後楽園で開幕)制覇を誓ったそうです。

「出るからには優勝を狙う」。大森は参加14選手中最多となる14度目の出場。2度目の出場となる野村直矢(23)、大日本プロレスから初出場する橋本大地(25)など若手が参戦する中でも動じることはない。

 胸には2つの支えがある。今年からCC撤退を決めた同期の秋山準(47)から「お前もやめるか?」と問われたことがあった。だが大森は「燃え尽きるぐらいやりたい」と返答。秋山からは「頑張ってほしい」とエールを送られた。

 さらに10、11日にプロモーション活動で東北地方を訪れた際に「ノーフィアーの時、見ていました」と声をかけられ、昔から応援してくれているファンがいることを実感した。「励みになります。全日本が優勝を取り返したい(昨年覇者は大日本の関本大介)」。斧戦士が春の祭典で躍動する…。


[90] fun◆fLongoRY - 2017/04/13(Thu) 23:10 ID:Xmtl.k3U  [No.107127]
連続投稿失礼します。

新日本プロレス
LION’S GATE PROJECT4
4月13日(木)東京・新宿FACE

参戦試合の結果です。

第3試合 20分1本勝負
〇邪道&外道
13分30秒  クロスフェイスオブ・JADO
岩本 煌史&青柳 優馬×


[91] fun◇fLongoRY - 2017/04/15(Sat) 08:06 ID:v82Uao1M  [No.107129]
東スポ情報ですが邪道・大仁田厚(59)が13日、全日本プロレスに最後通告を突き付けたそうです。この日の超戦闘プロレスFMW弘前大会(青森・弘前市河西体育センター)では暴走男・諏訪魔(40)率いるユニット「エボリューション」に電流爆破戦で快勝したが、肝心の諏訪魔がまさかのボイコット。怒り心頭の邪道は、諏訪魔との電流爆破戦を7月2日に神奈川県内で開催すると強行発表…。

 大仁田のFMW軍(大仁田、保坂秀樹、雷神矢口)は、全日本の暴走軍と電流爆破6人タッグデスマッチで激突。だが暴走軍メンバーは青木篤志(39)と佐藤光留(36)、そして「X」とされていたもう一人は謎の怪人・ギリーマンだった。

 再三の呼び掛けにもかかわらず、やはり諏訪魔は現れなかった。肩透かしを食らった大仁田は緊張の糸が切れたのか、青木と佐藤の手によりいきなり被弾してしまう。苦しい立ち上がりとなったが、青木に机上へのパイルドライバーを決めてペースを取り戻すと、最後は佐藤に爆破バットを一閃。全日本勢に快勝した。

 ただし顔に泥を塗られた邪道は怒り心頭で「もう決定じゃ。チキン諏訪魔と7月2日に電流爆破をやる。場所は諏訪魔の地元であり、全日本の事務所がある神奈川だ」と一方的に発表。当然、諏訪魔と全日本側は了承しておらず、猛反発が予想される。それを見越したかのように「もしノーと言うなら(渕正信と保持する)アジアタッグの防衛戦は二度とやらない。全日本からの『功労賞』としてもらうことにする」と勝手な理論を展開した。

 10月に予定する引退試合まで防衛戦を行わないまま、第100代アジアタッグ王者としてプロレス人生を終えるという。「そろそろチャンピオン・カーニバルの季節だろ。チキン諏訪魔よ、優勝して、チャンカン覇者として爆破のリングに上がって来い。あと明日(14日の青森大会で)あの毛むくじゃらの正体を暴いてやる。諏訪魔じゃなければ誰じゃ?」。日本最古のベルトを“人質”に取られた全日本側がどう対応するのか、注目されます。


[92] fun◆fLongoRY - 2017/04/16(Sun) 08:35 ID:MTd79KXo  [No.107136]
宮原健斗が三冠王者としてのチャンピオンカーニバル制覇に意欲を見せたそうです。

15日、「東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ」で春の祭典「チャンピオン・カーニバル(CC)」(16日、後楽園ホールで開幕)の全体会見を行い、崔領二(36)を除く出場13選手が出席。

 決戦に向けて各選手が意気込みを語る中、存在感を見せつけたのが3冠ヘビー級王者・宮原健斗。「3冠チャンピオンが優勝すれば16年ぶり。まさに俺にふさわしい。全日本プロレスの歴史と記録を全部、宮原健斗にします。優勝してほしい選手は宮原健斗です」とナルシシストぶり全開で豪語。

 4度目の出場となる祭典に王者として臨むのは、昨年大会に続いて2度目。昨年は優勝決定戦の舞台に進むこともできなかった。しかも3冠王者でのCC制覇は過去6人が達成しているが、2001年の天龍源一郎を最後に誰も成し遂げていない。だからこそ16年ぶりの快挙達成を狙う気持ちは強い。

 同じAブロックには前年度覇者の関本大介(36=大日本プロレス)をはじめ世界タッグ王者のゼウス(35)、ジョー・ドーリグ(34)ら強豪揃い。さらにBブロックの選手からも優勝決定戦の相手に指名された。

 それでも「(王者が優勝できないのは)出場選手のレベルが高いからだと思う。ボクがスランプとかではないし、かえって身が引き締まる。ベルトを巻いている限りは狙われるのは当たり前。2017年は全日本プロレスの巻き返しの年だと思ってる。俺が優勝しないといけない使命がある」と強気に言い放ち、集まったファンから絶大な支持を受けたそうです。



[93] fun◆fLongoRY - 2017/04/17(Mon) 07:50 ID:JZ1T7lI.  [No.107138]
『2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜』
4月16日(日)東京・後楽園ホール 観衆:1588人(超満員札止め)

試合結果です。

選手入場式

<第1試合>Jr.スクランブルプレミアム8人タッグマッチ 20分1本勝負
青木篤志&○佐藤光留&ウルティモ・ドラゴン&田中稔
8分34秒 捕獲式腕ひしぎ逆十字
×中島洋平&岩本煌史&青柳優馬&丸山敦

<第2試合>8人タッグマッチ 30分1本勝負
秋山準&ドリー・ファンクJr.&○西村修&吉江豊
5分50秒 グラウンド式アバラ折り
大森隆男&渕正信&崔領二&ダルトン・デリック×

<第3試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
×野村直矢
5分8秒 シャイニングウィザード→片エビ固め
○橋本大地

<第4試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負  
○ボディガー
7分48秒 ハイキック→片エビ固め
×真霜拳號

<第5試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
×ゼウス
9分23秒 メテオインパクト→片エビ固め
○KAI

<第6試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
○宮原健斗
13分55秒 シャットダウン・スープレックスホールド
×ジェイク・リー

<第7試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
○ジョー・ドーリング
6分42秒 レボリューションボム→エビ固め
×関本大介

<第8試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
○諏訪魔
13分48秒 バックドロップホールド
×石川修司



 試合開始前に選手入場式が行われ、チャンピオン・カーニバルに出場する全選手が入場し、前年度覇者の関本がトロフィーを返還。
 ドリー・ファンクJr.による開会宣言が行われ、ドリーが出場選手一人一人と握手。しかし、しびれを切らしたジョー・ドーリングが周囲の選手を襲撃。リング上では出場選手同士の乱闘が始まってしまう。
 しかし、エプロンサイドへ上がったドリーがジョーに睨みをきかせると、ジョーは暴れるのを止め、渋々といった様子で退場していったそうです。


[94] fun◆fLongoRY - 2017/04/17(Mon) 07:50 ID:JZ1T7lI.  [No.107139]
『2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜』
4月16日(日)東京・後楽園ホール

この日に公式戦を行った各選手のコメントです。

橋本大地
――初参戦のチャンピオン・カーニバルで白星スタートを飾りました
「チャンピオン・カーニバル、楽しんだもの勝ちだよね。楽しんだから今日勝てたと思うし、このまま楽しんでやりたいと思ってる。そこでやっぱ関本大介が決勝で待ってるはずだから。全日本プロレスのリングで、大日本のプロレスを見せてやる。俺と大将、関本大介で。なんべんも言うぞ。全日本プロレスのリングで大日本のプロレスを見せてやる!」

ボディガー
――真霜選手は昨年も同じブロックでしたが、今年はその時の借りを返してのスタートとなりました
「去年はクイックでやられて、今日はそれをすごく警戒していた。絶対関節技でやられるだろうというのは覚悟していて。まぁまぁなんとかしのいで、ハイキックにまでつなげて勝利をもぎ取れてよかったです」
――右足をかなり攻められ、開幕戦からダメージを受けることとなりました
「チャンピオン・カーニバル。ケガなしで終われないのはわかっている。いきなり第一戦でちょっと大きなケガが。どうなっているのはわからないけど、明日いち日はさむんで、体調を整えてまた次の試合に備えます。今日はなんとしても勝ちたかった。第一戦なんで。とりあえず今日、勝利できたっていうことでうれしいです。まぁそういうこっちゃ。期待しておいてや!」

KAI
「凄すぎるよ。想像していた以上に……このチャンピオン・カーニバル!凄すぎるよ。いやでもだからこそね!……ヤベェ。ここに出られたことは光栄だし、毎日凄いメンバーとシングルマッチで当たれるっていうのはね。」
――しかも初戦を新技(メテオ・インパクト)で決めました
「食らったことないからね、みんなね。大きい選手は自分の体重で落ちていくからモロ頭にね」
――今日からコスチュームも黒になりました
「白黒つけるってことでしょう、勝負は!……いやぁ刺激的だわ。楽しすぎる。これを俺は求めていた。戦いの場だなって今日改めて感じましたね。やっぱ俺シングルマッチ、好きなんだなって。楽しみ。当たって砕けろの精神で行くけど砕けないよ。俺は生き残ります!」



[95] fun◆fLongoRY - 2017/04/17(Mon) 07:51 ID:JZ1T7lI.  [No.107140]
連続投稿失礼します。

『2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜』
4月16日(日)東京・後楽園ホール

この日に公式戦を行った各選手のコメントです。

宮原健斗
――三冠王者として臨んだチャンピオン・カーニバルでしたが、初戦はパートナー対決を制してのスタートでした
「俺は彼のことをライバルと思っているから。決して仲間じゃないし、プロレスラーとしてのいちライバルだ。ジェイク・リー、次やる時はね、俺は待ってるから。このベルトを持っていつでも待ってるから。チャンピオン・カーニバル。優勝すれば(三冠王者の優勝は)16年ぶりか。もう2017年で、全日本プロレスで何十年ぶりだとか、昔話とはサヨナラだから。もう2017年で記録、記憶すべてこの俺が塗り替える。そのためにもこのチャンピオン・カーニバル。優勝あるのみ。俺が2017年、主役になるためにチャンピオン・カーニバルの優勝者の称号。必ず獲る!」

関本大介
――関本選手が力負けした試合を見るのがいつ以来になるかも思い出せないほどですが……
「……くそ!まったく歯が立たなかったですね。ちくしょう!これほど人種の差を感じたことは初めてです。力が強い」
――今日は敗れてしまいましたが、関本選手の参戦に期待しているファンの声を強く感じました
「とにかく今日は負けから始まりましたけど、どん底から這い上がります!ありがとうございました!」

諏訪魔
「石川修司、初めてやったけど、強いわ。ヘッドバットで額が割れるってあんまないんだけどね。いやぁいるね!面白いヤツがたくさん。この初戦を突破したんでどこまで行けるか挑戦したいなって思いますね」
――昨年はアキレス腱断裂で欠場でした。チャンピオン・カーニバルに戻ってきたという感覚があるのではないですか?
「そうだね。この緊張感というのは独特で、試合の一週間前からそわそわするというか。厳しいリーグ戦だなと改めて(思うね)。やっぱりこうやって雑音のない戦いっていうのかな。これが一番じゃないかって思う」
――石川選手とはまたやりたいですか?
「やってみたいねぇ。向こうは駆け引きをしていたろうし、計算しているところもあるんだろうけど、どこかでね。またやりたいね。これだけ面白い相手がいたんだね(笑)」



[96] fun◇fLongoRY - 2017/04/19(Wed) 11:33 ID:QOAy/6PM  [No.107149]
遅くなりますが柴田惣一さんの「プロレスTODAY」にCC開幕前に掲載された石川修司のインタビューです。

蘇る大巨人、全日本プロレス「チャンピオン・カーニバル」に挑む!
その巨体と圧倒的パワーで、昨年のインディープロレス業界を席巻した石川修司。今年はプロレス界全土に覇を唱えるべく、全日本プロレスのチャンピオン・カーニバルに挑む。

【石川修司選手インタビュー】@

<巨体の作り方、そしてメンテナンス>

――一月下旬に病気で欠場されましたね。どういう病気だったのでしょうか?

石川:手術自体は三泊四日ぐらいで退院したんですけど、病気が鼠径ヘルニアで、力むとダメだと言われて、下半身のトレーニングができていなかった。一ヶ月は腹圧の負担をかけられないので、トレーニングも最初はジョギングから。退院して一ヶ月で復帰したけど、復帰時は七割程度でした。全快よりも、まず復帰を目標にしたほうがトレーニングもできると思ったので。

――怪我は長年の怪我の蓄積でしょうか?

石川:病気になるタイミングがわからないんです。トレーニング仲間にも同じ病気の人がいるんですけど、デッドリフトやスクワットで力むのがよくないみたい。体の中には膜があって、その膜が小腸を押さえているけど、加齢とともに膜に隙間ができて、内臓の脂肪や臓器が隙間から垂れて、出てしまう病気です。手術自体は簡単らしいけど、メッシュで隙間を埋めてもらいました。麻酔も下半身だけですね。

――終わった後は痛いですか?

石川:その日は痛かったですね。しかもベッドが硬くて、腰痛持ちには二重苦でした。僕の場合は三泊四日だったけど、退屈だったし、長く入院していると嫌になるでしょうね。

――特にカテーテルは辛いですよね。

石川:トラウマです。高校時代に手術した時、カテーテルを抜くときに超痛くて……。今回もそれを覚悟していたら、それほど痛くなかった。プロレスで痛いことばかりやってるから、痛みに鈍くなってきたのかなと(笑) 昔の方がビックリするくらい痛かった。だけどトイレでも痛いし、手術よりそっちの方が嫌でした。

――二度と手術をしたくないですよね。体には気を付けないといけませんね。

石川:健康じゃないとプロレスはできませんからね。

――腰痛はどうやってケアしていますか?

石川:マッサージとか、鍼とか。あとはセルフケア。退院してから、トレーニングも変わりました。練習を休んでいた分もあって、負荷をかけるトレーニングをすると、体にダメージが来る。練習の重さは変わらないけど、ケガをしないように、トレーニング前後のマッサージや準備体操、ストレッチを増やしました。今は、ケアを大事にしています。

――食べ物や飲み物には注意されていますか? お酢を飲んだりとか?

石川:酢はないです(笑) 夕食の時に炭水化物をとらないようにしています。去年の両国の時に140kgあった体重を130kgに落として、その体重をキープしようと思っています。入院していた時は病院食で、間食もしなかったので、体重も125kgまで落ちました。だけど「やせた」と言われるのが嫌いなので(笑)、その時だけは夜にラーメンとか食べて無理やり130kgまで戻して、それをキープしています。

――140kgと130kgで違いを感じますか?

石川:正直あまり変わらないです。ただ年齢もあるので、ひざや腰に負担がかかるのを和らげようと思って。動きはあまり変わらないはずです。

――石川さんは大きいから、マッサージをする人も大変でしょう。

石川:いつも行っているのは、DDTが経営している、新宿御苑の新宿ぎょえん整骨院です。

――レスラーさん御用達ですね。

石川:レスラーの松永選手が院長だから、どこが悪いかもわかりやすいし、当然力もある。

――年齢的には、筋トレと同時にストレッチも多めにやっていかないといけないのでしょうか。

石川:試合前も筋トレをするけど、同等かそれ以上にストレッチをしています。

――サラリーマンでも、室内でパソコンを使ってばかりいると、体が丸くなったり猫背になったり、腰も痛くなりますね。ストレッチで、負荷がかなり軽くなります。格闘家の方々にも、加齢に従ってストレッチを重視する文化が根付いてきたそうです。

石川:ストレッチをしていないと急に体を動かすのが怖くなります。

――体はもともと柔らかいほう?

石川:固い。今までは勢いでずっとやってきたけど、勢いだけじゃまずいと思っています。試合が終わった後に、関係ないところを痛めたりするので、ケアは今まで以上にやるようになりました。

――石川さんの重量級のパワーをいろいろなレスラーに味わわせるのは醍醐味ですね。重量級の選手が重い技を入れるのは、見ていて面白いです。柴田編集長に言わせれば「大きいことはいいことだ」ですね。近年のプロレスラーは少しずつ小さくなってきたので、その中では石川さんの存在感は圧倒的です。

石川:自分より大きい人が入らないように目を光らせてますから(笑)

――そこまで体重が大きくなったわけではないんですね。

石川:もともとは、体重100kgくらいでしたから。

――どうやって増量を成功させたんですか?

石川:何の努力をしたかと言われると、わからないです。普通に筋トレして、タンパク質を食事で摂っているだけです。最近はサラダチキンも普通に売ってるし、納豆・豆腐・大豆と、タンパク質を摂取するようにはしていたけど、一日六回プロテインを飲んで、みたいなことはしていません。それでも体重が毎年3kgくらい増えていって、130kg〜140kgに上げてから、それを落としていきました。トレーニングは、レフリーの和田良覚さんからトレーニングを学んでから、トレーニングの質が変わりました。それまでは、デッドリフトやスクワットがきついので逃げていた傾向があったんですが、和田さんは下半身が強くないと力がつかないという持論の人だったので、教わってトレーニングをしてから、一気に体の質も変わってきた感じがします。ベンチプレスなんかは、やりやすいというか、あまりつらくないんです。ベンチプレスは胸が大きくなったり、成果もわかりやすく出るので楽しいんですよ。きついのは一番下、下半身です。ケツがデカい方がいいと言いますから。

――石川さんはうまく増量できたんですね。

石川:増量の負担で動きが悪くなってしまうと意味がありません。年間で徐々に体重をじっくり増やしていかないと、体がついていきません。すこしづつ増えた事で体へ影響や負担もそれほどありませんでした。

――理想形ですね。ちなみに、ご両親は体が大きいですか?

石川:父親は175cm、母親は162cm。自分、末っ子なんですよ。姉が170cm、兄貴が185cmあって、末っ子はさらに大きくなった(笑)

――日本人ヘビー級の中で重量感が桁違いで、説得力があります。魔界で剣を振り回された日には大変ですよね。

石川:目が悪くて、暗いとお客さんが見えないんですよ。プロレスファンじゃない人が多いから、乱闘の経験がないので、お客さんが逃げてくれない。舞台では、そもそもそういうことしませんからね……。

<憧れの全日本プロレスへ。力と力のぶつかり合い>

――全日本プロレスのチャンピオン・カーニバルに参戦ということで、意気込みを聞かせてください。

石川:もともと、ジャンボ鶴田さんが大好きだったんです。僕は岩手出身なんですけど、中学校時代に全日本プロレスの中継がなくなってしまって、熱が冷めてしまいました。ところが高校の友人が三沢さんファンで、ビデオや週刊プロレス・週刊ゴングを見せられて、さらに、今はFREEDOMS代表の佐々木貴さんが柔道部の先輩になって、柔道部に行っても友達に会ってもプロレス漬けになりました。そのころから全日本プロレスを見ているので、今は形が違うかもしれないけど、「全日本プロレス」というワードには特に弱いです。緊張して、背筋がピンとなってしまいます。

――チャンピオンクラスがひしめき合う大イベントですからね。シリーズ名がずっと変わっていないので、ジャンボ鶴田さん含め歴代の大物の歴史を感じます。カーニバルトロフィーは持ってみたいですね。

石川:「チャンピオン・カーニバル」の名前自体に重みがあるので、それに恥じないようにというプレッシャーがあります。ワクワクもしますけど、緊張もします。

――全日本プロレスのリングは何度か上がっていらっしゃいますが、今回の対戦相手の中で、初対戦の選手はいますか?

石川:タッグマッチでは、自分の入ったBブロックの選手は全員経験しています。初戦の諏訪魔選手は、はじめてのシングル戦です。

――初めから凄い試合ですね。見どころがあります。

石川:どの組み合わせも大事なんですけど、初戦の諏訪魔戦が自分の中では一番大事。もちろん勝ちたいですが、もし負けたとしても、チャンピオン・カーニバルで石川に賭けられるという内容を見せないといけません。それを見せないと、お客さんも私のチャンピオン・カーニバルでの闘いに乗れない。いろいろな思いがありますが、すべて初戦にかかっています。

――全日本プロレスも粋なことをしてきますね。注目を浴びる初戦に、日本人ヘビーの醍醐味を見せられる、石川選手対諏訪魔選手をぶつけてきました!

石川:期待に応えられるような内容を見せて、勝ちたい。自分も楽しみです。

――諏訪魔さんは体格もいいし、ジャンボ鶴田さんを思い出させるナチュラルなパワーが魅力ですね。

石川:今は宮原選手がチャンピオンだけど、ファンは諏訪魔選手が最強だと思っているはず。そういう選手とシングルマッチで当たれるのはすごく楽しみです。

――相手の技を受けるのを見るのもワクワクしますけど、石川さんがジャイアントプレス、ニーリフトで決めるのを見てみたいです。日本人同士の激しい試合が見れるのはいいけど、当たりが強そうです。

石川:そういうのが好きなんで、全然大丈夫です。

――ダメージも大変じゃないですか。初戦で何かありそうな気がします。

石川:初戦でリタイアになったら大変です(笑) 完走しないといけないけど、そこでセーブするわけにもいかない。内容も残して、チャンピオン・カーニバルの名に恥じない戦いをしたい。神頼みしてきて、運も味方につけて(笑)

――全日本プロレスには、日本人の重量級クラスが集まっています。デカい人と戦うのは楽しいですか?

石川:しんどいですけど、ぶつかり合っていると楽しいです。例えば凄いクローズラインをもらうと、ただただ感心してしまう。サイズが小さい人も技術を持っていて楽しいですけど、いつもやっている関本選手や岡林選手、全日本ならゼウス選手とかとやっていると、力のぶつかり合いが楽しくなる。体がデカい人たちとぶつかっていると、楽しいですね。

――見ている方も楽しいです。レスラーが楽しんでいる様子が観客に伝わるんです。昔は全日本プロレスと言えばハードヒットでカウント2.9プロレス、ギリギリ限界までを四天王プロレスでやってましたけど、その前は鶴龍対決で日本人最高峰の戦いを見せていました。その頃のレベルの戦いを、諏訪魔さんと石川さんの戦いで見れるのではと期待します。

石川:期待を裏切らない試合をしないといけません。

――チャンピオン・カーニバルに向けて、特別な技を用意していますか?

石川:僕がいつも練習している相手は飯伏選手とかなので、相手の体重が軽いんです。今回当たるのはヘビー級なので、練習ではうまく決まるけど、本番で使っていいかわからない技があります。これから精度を高めていくところです。

――新しい技でインパクトを残す勝利は見てみたいですね。ほかに、注目する選手はいらっしゃいますか?

石川:初対決ではないけど、KAIENTAI-DOJOの真霜拳號選手が同じブロックですね。もう僕はフリーですけど、大日本の関本選手とKAIENTAI-DOJOの真霜選手はインディーの中でトップをやってきた相手で、僕よりもキャリアがある相手なので、彼らと自分で、リーグ戦で張り合えるのが楽しいし、真霜選手と久しぶりにシングルマッチで戦えるのが楽しみです。今まで一勝一敗だったと思うので。

――真霜さんも器用ですよね。

石川:我が道を行く真霜拳號スタイルで、似ている選手がいない。蹴りも使えるけどいろいろなことができるし、真霜スタイルというか、多彩ですね。

――チャンピオン・カーニバルの前年度覇者は関本さんですけど、今年度は石川さんに期待です。石川さんはDDTでは「KING OF DDTトーナメント」優勝、大日本プロレスでも、去年、その前と「一騎当千」で二連覇です。いよいよ老舗メジャーと呼ばれる全日本プロレスを制覇したら、石川修司さんがプロレス界を席巻することになります……。

石川:そこまで行きたいと思いますけど、そう簡単な相手ではないので……。

――別ブロックですけど、ジョー・ドーリングと石川さんがやったら面白いと思います。相手も、ものすごいパワーがありますし。

石川:シングルでもタッグでも、当たったことは一回もない相手です。僕が言うのもなんですけど、でかいですよね。

――曙選手とは戦ったことがありますよね。どうでした?

石川:瞬間的な速さがあるんです。遅いイメージですけど、瞬間的に動いて、グローブみたいな張り手を喰らいました。気がづいたらぶっ倒れてる。

――タックルでぶつかった時は凄かった。石川さんの力でも、曙さんは倒れませんね。

石川:倒してやろうと思って思いっきりいきましたけど、相撲界の頂点を獲った人はパワーが違います。体重も違いますけど。

――浜亮太さんも、ゴムまりみたいな迫力があります。

石川:重いですよね。たまに戦う時に場外で相撲を取るんですけど、びくともしません(笑) 投げてやろうと思いますけど、動きません。220kgは伊達じゃないですね。

――あの体をキープし続けること自体が凄い。

石川:会うたびに、失礼ながらあと何年この体をキープできるんだろう、内臓とか脚とか大丈夫だろうか?って思いますね。怪物です。




[97] fun◇fLongoRY - 2017/04/19(Wed) 11:33 ID:QOAy/6PM  [No.107150]
【石川修司選手インタビュー】A

<王道と挑戦。大日本プロレスとDDT>

――石川選手はDDTにも参戦されています。DAMNATIONで、なんとも面白いポジションにいらっしゃる。石川さんがしゃべろうとすると邪魔される。DAMNATION入りのきっかけは何だったんですか?

石川:佐々木大輔選手のところにパートナーがいないということで、パートナー探しの中で、自分が呼ばれました。

――仲がいいというか、微妙な空気感が、いい雰囲気のチームなんだろうなという感じがします。

石川:僕がいつも大日本で戦っているのが基本スタイル。DAMNATIONはユニットとしてはヒールですけど、素直な気持ちをリングで発言していたらカリスマに蹴られ始めて、こういう感じになりました。

――DAMNATIONのおかげで、石川さんの幅が広くなった気がします。無骨な戦いを主戦場とされる石川さんがDAMNATION入りすることで、人間味が出てきているんじゃないかと思います。それがお客さんに伝わるのが、いいですね。

石川:主となる戦いやスタイルはぶれたくないですけど、そこがしっかりしているならば、いろいろなことをできたほうがいい。せっかくプロレスをやっているなら、デスマッチもやってきたので、いろいろなことも体験したいです。

――大日本プロレスでは佐藤耕平選手とのツインタワーズで参戦されています。素晴らしいですね。

石川:自分としては大切なパートナーですね。

――お互いが厳しい攻めをやっています。

石川:はじめて組んだ時が岡林選手が欠場した時で、そこで急きょ六人タッグで組んで、ビビビと来ました。松田聖子的な(笑)やってみてすぐ、これは凄いと思いました。初めてタッグを組んだ時に、とてもやりやすくて、本当にビビビときた(笑)。会社もそう感じたと思う。そこからタッグが組まれたんですよ。

――ふたりがハードヒットな攻めを若手に見せたり、(橋本)大地君や神谷君に思いっきり入れたりするじゃないですか。向こうも挑発的にやってくる場合も多いから、それがメチャクチャ面白い。

石川:神谷選手なんかは、最初ボッコボコにして、息も絶え絶えにしたと思ったら、若さと猛練習で力をつけてきて、心も折れず激しい攻撃を返してきた。戦っていながら成長を感じます。今でいえば野村選手とか、ボコボコにしても向かってくるので、大日本の若手は凄いなと思います。

――野村君は驚異の新人です。あれだけ相手に向かっていくのは凄い。

石川:キャリアも一年くらいですよね。大日本プロレスの宝だと思いますよ。本人はこのまま戦っていけばいいんですけど、向かっていく意思に惹きつけられる。ああいうのは天性のもので、教えられるものではない。本人の気持ちや表情、負けん気とかを含めて、ほかの人にはないものを持っていますね。

――初めて見た人でも応援したくなるような何かを持ってます。

石川:ツインタワーズと野村との戦いが多くて、これは野村のための試合だと(笑)腹が立つけど、しょうがないからボコボコにする(笑)

――耕平さんもボコボコにしてますね。ボコボコにするから光ると思うんですよ。

石川:ボコボコにして、向かってきて……大日本の若手は向かってきますね。心折れずに向かってくるのが、楽しいです。

――耕平さんとの阿吽の呼吸を感じることはありますか?

石川:組んでて長いんで、ここが決め時だとか、もっといたぶろうかとか、そういうのは伝わります。だけど、あまりに耕平さんの蹴りがエグいと、これ以上やったら死んでしまうと思って、僕は優しくしたり(笑)

――激しい攻撃やられたら、普通は耐えられないですよ。

石川:耕平さんの攻撃を見て、パートナーでよかったと思いますね。

――今度はDAMNATIONで当たりますね。

石川:楽しみです。

――信頼できるパートナーがいるから、関本選手・岡林選手とベストバウト級の戦いができるのでしょうね。

石川:関本・岡林と対面するときは、隣には耕平さんがいてほしい。この四人でしかできない戦いをしたいです。

――この四人は凄くハイレベルになってる気がします。昔、鶴龍コンビで天龍さんとジャンボ鶴田さんが組んでいた時と、長州さんと谷津さんが組んでいるときの試合を見ているかのような、インターナショナルタッグ選手権を賭けて戦っているときのような気持ちになりましたね。でかい人たちが、無駄を排除して、内容だけでプロレスしている。肉体と肉体のぶつかり合いだけで後楽園ホールを熱狂させているのは凄い。ファン目線ですけど、後楽園ホールが揺れて、みんなが燃えている。単純にプロレスだけであそこまで興奮させられるのは凄いと思います。これからもそういう試合を見続けていきたい。

石川:できるように頑張ります。

――実際、大日本プロレスの石川さんはすごくいいです。関本さん・岡林さんの戦いがマッチしています。

石川:やってて楽しいです。凄い二人なので、彼らと戦っているとレスラーってすごいと思います。大日本プロレスのアットホーム感、一致団結感は、中に混ざるとすごく心地いいんです。何も考えず、ただ激しくぶつかっていられるのがすごく幸せな時間だと思う。自分がいらないと言われるまで関わっていきたいです(笑)

――日本人のヘビー級としてトップクラスの体格なので、需要はいくらでもあるはずですから、いろいろな団体にどんどん出ていってほしいです。

<絆と冒険。FREEDOMSと魔界>

――高校時代の先輩である佐々木貴さんのFREEDOMSにも参戦されていますが、こないだは学生服みたいな恰好で(笑)

石川:195cm用の衣装をもらったんですが、全然サイズが合わない(笑)

――佐々木さんとは何年違いですか?

石川:一年です。僕がレスラーになる時に、貴さんがDDTでレスラーやってるって知ったので、そこに入ったんですが、ちょっとしたらやめちゃって。僕もいなくなったんですが、それでも縁は続いていて、FREEDOMSに時々呼んでもらっています。

――どういう先輩ですか?

石川:男気が熱いですね。生徒会長をやっていたので、まじめですね。今でも生徒会長の頃のままな気がします。みんなをまとめる感じで。

――昔からあまり変わらないんですか?

石川:昔はもうちょっとおとなしかった。そんなに熱く語る方ではなかったんですが、レスラーになってから、どんどん主張やリーダーシップは強くなった感じがいます。

――団体の長ですから、アピールすべき立場なのでしょう。石川さんと佐々木さんのいい関係が、高校以来ずっと続いているんですね。

石川:佐々木さんがいなかったら、間違いなく自分はプロレスをやっていませんでした。感謝ですね。

――魔界では、全然しゃべらないですね。

石川:みんなしゃべってますね。しゃべってないのは僕と真霜さんくらいじゃないですか(笑) だけどそもそも僕はしゃべらなくていいような気がしているんです。昔、魔界が漫画化しようとしたことがあったんですよ。他のキャラクターはみんな人間なんですけど、僕のキャラクターは土から出てきて、ぬりかべみたいな感じで、10mくらいのキャラになってて、もはや人間じゃない。これならしゃべらなくていい(笑)

――石川さんは依頼されたらしゃべる準備もできているんですか?

石川:いやー、できてないですね。みんなすごく大変だと思いますよ。AKIRAさんは凄い。前半から出ていてずっとセリフをしゃべって、試合もして、またしゃべる。演技もやっていて、とにかく凄い。別の意味で、化け物というか、プロフェッショナルだと思います。

――新納さんも、セリフがあると緊張感が違うとおっしゃってました。

石川:彼は魔界をやって少し変わった気がしますね。飄々として、もともとすごいポテンシャルを持ってて、ルックスもいいけど、自己主張をしない人だった。魔界に入ってから、それが変わってきたのは感じています。

――TARUさんや葛西さんも、生き生きやってますね。

石川:TARUさんとか、演劇のワークショップに行ってるんですよね。

――プロレスラーばかりになって女の子が辞めていく(笑)

石川:TARUさんは堅気の人には見えないから(笑)

――魔界のリングはどうですか? ロープがないので、今までと違う部分も多いかと思いますけど。

石川:プロレスも表現力が大事ですけど、僕はそういうのにすごく疎かったので、見ていて勉強になります。異業種の人とのコラボが刺激になります。まあ僕は基本的に暴れているだけなので、アトラクション担当です。

――大暴れしてくれると楽しいですね。バラモン兄弟ともまた違う悲鳴が上がりますね。

石川:これで何人くらい来なくなるのかなとは思いますけど(笑)

――お客さんも、スリリングな楽しみ方があることを分かってきたのでは。

石川:ロープがないというのは新しくて、刀を振り回すのもなかったので面白いです。

――石川さんとしてこれから、チャレンジしてみたいと思うことはありますか?……ラブシーンとか?

石川:それはちょっと……(笑)

――急展開で人間的な感情が入ってくるとか、志田光さんと石川さんのラブシーンとか……(笑)

石川:映画版のジャイアンみたいに、突然いい人になる(笑)

――魔界は何が起こるかわからない奇想天外な世界ですから。

石川:海外向けコンテンツとしても面白いですね。プロレスに敷居の高さを感じる人も、魔界だと入りやすいかもしれません。歌手の方や俳優など、いろいろ広まっていけばいいと思います。

――魔界の中でも、石川さんのラブシーンがあるかもしれませんね。

石川:今年はそれを目標に(笑)


[98] fun◇fLongoRY - 2017/04/19(Wed) 11:40 ID:QOAy/6PM  [No.107151]
連続投稿失礼します。

「2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜」
4.18(火)福島・ビッグパレットふくしま(郡山) [観衆] 514人(満員)

試合結果です。

<第1試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
×崔 領ニ【1敗=0点】
9分55秒 メテオインパクト→片エビ固め
○KAI【2勝=4点】

<第2試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
×ボディガー【1勝1敗=2点】
5分22秒 ライジングDDT→片エビ固め
○橋本大地【2勝=4点】

<第3試合>8人タッグマッチ 30分1本勝負
○秋山準&ドリー・ファンクJr.&石川修司&ウルティモ・ドラゴン
7分08秒 エクスプロイダー→片エビ固め
関本大介&西村修&岩本煌史&中島洋平×

<第4試合>8人タッグマッチ 30分1本勝負
○宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢&青柳優馬
13分38秒 ブラックアウト→体固め
諏訪魔&青木篤志&佐藤光留&ダルトン・デリック×

<第5試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
△大森隆男【1分=1点】
30分00秒 時間切れ引き分け
△真霜拳號【1敗1分=1点】

<第6試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
○ゼウス【1勝1敗=2点】
10分36秒 ジャックハマー→片エビ固め
×ジョー・ドーリング【1勝1敗=2点】


[99] fun◇fLongoRY - 2017/04/20(Thu) 08:59 ID:DBkFQ6jo  [No.107153]
「2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜」
4.19(水)青森・八戸シーガルビューホテル体育館[観衆]440人(超満員)

試合結果です。

<第1試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
×ジェイク・リー【2敗=0点】
15分04秒 メテオインパクト→片エビ固め
○KAI【3勝=6点】

<第2試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
○真霜拳號【1勝1敗1分=3点】
9分37秒 無道
×橋本大地【2勝1敗=4点】

<第3試合>6人タッグマッチ 30分1本勝負
宮原健斗&○野村直矢&青柳優馬
12分11秒スピア→片エビ固め
ゼウス&岩本煌史&岡田佑介×

<第4試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
×大森隆男【1敗1分=1点】
9分35秒 ハイキック→片エビ固め
○ボディガー【2勝1敗=4点】

<第5試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
○関本大介【1勝1敗=2点】
16分08秒 ジャーマンスープレックスホールド
×崔 領ニ【2敗=0点】

<第6試合>8人タッグマッチ 30分1本勝負
秋山準&石川修司&ウルティモ・ドラゴン&中島洋平×
12分02秒 レボリューションボム→エビ固め
諏訪魔&○ジョー・ドーリング&青木篤志&佐藤光留


[100] fun◆fLongoRY - 2017/04/21(Fri) 08:20 ID:QJUwoQp2  [No.107155]
「2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜」
4.20 (木) 宮城・夢メッセみやぎ 西館ホール[観衆] 411人(超満員)

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
青木篤志&○佐藤光留
10分55秒 逆エビ固め
青柳優馬&×岡田佑介

<第2試合>6人タッグマッチ
中島洋平&×菊地毅&愛澤NO.1
10分34秒 横回転エビ固め
秋山準&岩本煌史&○ウルティモ・ドラゴン

<第3試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
○大森隆男【1勝1敗1分=3点】
12分49秒 アックスボンバー→片エビ固め
×橋本大地【2勝2敗=4点】

<第4試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
○関本大介【2勝1敗=4点】
10分51秒 サソリ固め
×ジェイク・リー【3敗=0点】

<第5試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
○諏訪魔【2勝=4点】
10分04秒 ラストライド→体固め
×野村直矢【2敗=0点】

<第6試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
×ボディガー【2勝2敗=4点】
5分56秒 ランニングニーリフト→片エビ固め
○石川修司【1勝1敗=2点】

<第7試合>2017 Champion Carnival スペシャル6人タッグマッチ 〜It's Tough〜
宮原健斗&×ゼウス&崔領二
9分07秒レボリューションボム→エビ固め
○ジョー・ドーリング&真霜拳號&KAI




[掲示板へ戻る] [次100] [1-100] [最新50]
処理 記事No パスワード

お名前
E-mail
コメント
URL
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色