[掲示板へ戻る]

2017 全日本プロレス

[1] fun◆fLongoRY - 2016/12/09(Fri) 08:04 ID:2GB.AYfA  [No.106615]
2017年1月2月シリーズの日程です。

「2017 ニューイヤーウォーズ」
1月2日(月・祝)12:00 東京・後楽園ホール
1月3日(火)12:00 東京・後楽園ホール
1月9日(月・祝)17:30 神奈川・横浜ラジアントホール
1月14日(土)18:00 広島・広島マリーナホップ
1月15日(日)16:00 福岡・博多スターレーン
1月16日(月)18:30 鹿児島・オロシティーホール(鹿児島市)
1月18日(水)18:30 福岡・小倉北体育館
1月19日(木)18:30 熊本・熊本市食品交流会館・フードパル
1月20日(金)18:30 長崎・長崎市平和会館ホール
1月21日(土)18:00 山口・周南市新南陽ふれあいセンター
 
まちおこしスペシャル チャリティー鳩山町大会 〜鳩山町を進化させちゃうぞ!オイッ!!〜
1月28日(土)16:00  埼玉・鳩山町中央公民館

「〜バレンタインデースペシャル・ギミチョコナイト〜」
2月14日(火)18:30  栃木・栃木県総合文化センター・サブホール(宇都宮)

2017年2月「2017エキサイトシリーズ〜Jr. BATTLE OF GLORY〜」
 
2月17日(金)18:30 東京・後楽園ホール
2月18日(土)18:00  千葉・銚子市体育館
2月19日(日)17:00  アイメッセ山梨(甲府)
2月23日(木)18:30  静岡・焼津文化会館 小ホール
2月24日(金)18:30  愛知・名古屋市中村スポーツセンター 第2競技場
2月26日(日)17:00   エディオンアリーナ大阪・第2競技場


[2] fun◆fLongoRY - 2016/12/09(Fri) 08:07 ID:2GB.AYfA  [No.106616]
来年の2017年の全日本プロレスのスレッドです。
新春興業のカードが発表されたので早めに立てておきます。
良かったら使用して下さい。


「2017 ニューイヤーウォーズ」 2017年1月2日(月・祝)、1月3日(火)後楽園ホール大会の
第1弾対戦カードが決定

「2017 ニューイヤーウォーズ」
1月2日(月・祝)東京・後楽園ホール
アジアタッグ選手権試合 60分1本勝負
[第100代王者組]渕正信&大仁田厚
vs
[挑戦者組]秋山準&井上雅央
※第100代王者組・渕正信&大仁田厚 初防衛戦
 
 
1月3日(火)東京・後楽園ホール
世界ジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
[第42代王者]石井慧介
vs
[挑戦者]青柳優馬
※第42代王者・石井慧介 初防衛戦


[3] fun◇fLongoRY - 2016/12/13(Tue) 22:38 ID:Xmtl.k3U  [No.106650]
東スポ情報ですが秋山が「大仁田さんよ ショートタイツ姿で戦え」と大仁田厚に原点回帰を要求したそうです。

秋山は来年1月2日の後楽園ホール大会で大仁田が保持するアジアタッグ王座に挑戦。王者から“邪道ルール”採用を求められているが、デビュー直後からNWAインターナショナルジュニアヘビー級王者時代のショートタイツ姿に戻ることを、逆条件として提示した。

 1・2後楽園大会で秋山は悲しき中年・井上雅央と組み、大仁田、渕正信組に挑戦する。2017年の仕事始めが大仁田との初対決になったが「井上雅央に『生活のため』と言われて、俺も何とかしないとなって。24年やってきて、辞めるか辞めないか分からない大仁田厚と対戦できるなんて考えられないこと。プロレスもいろいろあるな…」としみじみと口にした。

 だが相手は邪道と呼ばれる男。やっぱり面倒なことを言いだした。「次は俺のルールでやらせてもらう。PWF会長のドリー・ファンク・ジュニアにも伝えた。のめないなら防衛戦は拒否する」(大仁田)とのメッセージを送ってきたのだ。

 詳しいルールは後日発表としているが、デスマッチ形式であることは確実…。秋山は「ここは全日本プロレス。大仁田さんもいいお年をされているからお分かりだと思うのですけれど『郷に入っては郷に従え』ということ。それに隣には全日本一筋の渕正信がいる。渕さんが許すなら少しは考えてもいいと思うけど」と返答。

 11月27日の両国大会では電流爆破バット使用をパートナーの渕に制止されており、説得するのは困難だろう。さらに「相手が有刺鉄線を使うにしても、俺はいつも通りのタイツに上半身裸。大仁田さんは長いズボンに服を着ているから条件が違う。全日本のデビュー当時のように、俺と同じ上半身裸なら考える」と続けた。

 つまり、全日マットでひたすら前を向いて走っていた時代のコスチュームで出陣することが条件だという。大仁田が故ハル薗田さんの名を挙げつつ、アジアタッグ奪取時に語った「同期」という泣かせるセリフに反応した可能性も強い。「ビジネスは何ごとも条件だから」と含み笑いを浮かべた秋山。言葉のキャッチボールを楽しんでいるようにも見えるが、決戦まで波乱は続きそうだ…との事。



[4] fun◆fLongoRY - 2016/12/16(Fri) 09:00 ID:MTd79KXo  [No.106662]
1月2日(月・祝)【2017 ニューイヤーウォーズ】後楽園ホール大会 にて行われるアジアタッグ選手権試合
第100代王者・渕正信&大仁田厚vs秋山準&井上雅央 に関して大仁田厚がドリー・ファンクJr. PWF会長にアジアタッグ選手権試合のハードコアルール変更を要求しました。
 
大仁田厚とPWF会長、ドリー・ファンクJr. のやり取りです。(敬称略)
 

大仁田「ミスタードリーファンク、俺はPWFルールではやりたくはない、ハードコアルールでやりたいんじゃ」
ドリー「申し訳ないが、ミスター大仁田PWFルールはハードコアマッチではないんだ。」
大仁田「分かってるよ、でも俺がチャンピオンじゃ、おい、俺のベルトだ」
ドリー「ハードコアルールはダメだ!」
 
大仁田「俺はハードコアルールでやりたいんじゃ!」
ドリー「私はPWF会長だ」
大仁田「わかってる、分かってるんよ、おい、でも俺はイス、テーブル、有刺鉄線、全部使いたいんじゃ!」
ドリー「あなたを守る為のルールなんだ。だから傷つく事はない。君は何度も痛みを負ってきた。また傷つくのか?」
 
大仁田「知ってるだろうけど、俺はハードコアレジェンドじゃ、おい」
ドリー「ハードコアルールはダメだ」
大仁田「だが、俺はハードコアルールを要求するからな!」
ドリー「君が何をやりたいのかは分かってる。
君はハードコアルールで試合をやりたい、パンチも有刺鉄線もガラスも何もかも使って闘いたい。
しかし、それは価値がない。それはPWFルールでも何でもない。」
 
大仁田「おい、俺の人生はハードコアルールなんじゃ」
ドリー「私の人生はプロフェッショナルレスリングだ」
 
大仁田「分かってるよ、おい、ずっとあんたを見て来たから分かってるんじゃ。でもこれは俺のベルトじゃ!」
ドリー「ハードコアルールではやらせない!」


[5] fun◆fLongoRY - 2016/12/17(Sat) 13:15 ID:JZ1T7lI.  [No.106667]
東スポ情報ですが“悪魔仮面”ケンドー・カシンが15日、はぐれIGF軍団の“解散記念マッチ”を提案したそうです。

 カシンは全日本プロレス「世界最強タッグ決定リーグ戦」に秋山準社長とのコンビで出場するも、4勝1敗のBブロック2位で全日程を終了。全勝のGET WILD(大森隆男、征矢学組)に及ばず、優勝決定戦に進めなかった。

「最強タッグ優勝を逃して、さらにはプロレス大賞最優秀タッグ賞も逃して裏切り、失望、絶望です」とショックは隠せない。

 そんな悪魔仮面をさらに立腹させたのは、はぐれ軍に所属しながら曙とのSMOPでも活動させていた将軍岡本(33)の快進撃だ。2人はゼロワンのタッグリーグ戦「風林火山」決勝戦(18日、新木場)進出を決めている。

 カシンは「将軍のヤロー、俺たちよりいい成績なんて許せない」と言いがかりをつけながら「こうなったら生活のためです。1月8日のW―1後楽園大会で秋山、カシン、井上雅央組対曙、将軍、鈴木秀樹組でやってやる。ただし井上雅央の顔だけは狙わないで」となぜか関係のないW―1での決着戦を要求した。

 すでに岡本と鈴木も秋山、カシン組に対戦要求を突き付けており抗争激化は必至。表舞台から姿を消して久しいはぐれ軍団長の藤田和之(46)が、失望してしまわないか心配だ…との事。

 カシンの事なので本当に実現するのか疑問ですが、どうなるのでしょうね… (;^_^A


[6] fun◆fLongoRY - 2016/12/19(Mon) 00:59 ID:QOAy/6PM  [No.106680]
2017年1月2日、3日後楽園ホール大会にジョー・ドーリングの参戦が決定。
 
1月2日(月・祝)12:00試合開始
ジョー・ドーリング復帰戦
 
また、1月15日博多大会にて三冠ヘビー級選手権が開催が決定。
 
1月15日(日)博多・博多スターレーン 16:00試合開始
三冠ヘビー級選手権試合
第55代王者宮原健斗 vs 挑戦者未定
※王者宮原 7度目の防衛戦


[7] fun◇fLongoRY - 2016/12/20(Tue) 11:19 ID:DBkFQ6jo  [No.106685]
ゲットワイルド大森隆男が3冠ヘビー級王者・宮原健斗への挑戦を表明しました。

東スポ情報ですが、再結成したゲットワイルドは、4年ぶり2度目の最強タッグ制覇を史上3組目の全勝優勝で飾り、来年1月2日か3日の後楽園ホール大会で世界タッグ王者組のゼウス、ボディガー組への挑戦が決定的。

「我々にとって切っても切り離せないもの」(大森)、「一度全日本から全部のベルトが流出したとき、我々が一番最初に取り戻しましたから。ということは世界タッグのベルトは大森さんのものじゃないかと」(征矢)と王座返り咲きに自信をみなぎらせた。

 さらに完全復活した大森の野望はタッグのみにとどまらない。優勝決定戦で3冠王者・宮原から直接フォールを奪った勢いそのままに「ぜひ俺が挑戦したい。世界タッグ優勝の勲章を引っさげて、来年1発目の3冠戦はこの俺が挑戦したいです」とキッパリ。すでに開催が発表済みの来年1月15日の博多大会での挑戦者に名乗りを上げた。

 大森は現在6度の防衛に成功している宮原の初防衛戦(3月、沖縄)の相手だった。「堂々たる風格を身につけて、以前とは別人のような立派な3冠王者。全くスキがなくなっているが、ぜひ取りたい」と、デビュー25周年の節目の年となる2017年早々から、タッグ&シングルの2冠奪取を誓ったとの事。



[8] ただの全日ファン - 2016/12/20(Tue) 21:04 ID:B5OLH296  [No.106695]
大仁田厚が井上雅央に対して「井上選手よ、近日中に場を設けるから出てこいよ。ルールは公開の場で決めようじゃあないか。」
って言ってるけど、アジアタッグのルールは全日本プロレスが管理するようになってから今でもPWFルールなんだよ。
勝手にルール変更しないで欲しいよな。
秋山社長もドリー会長も「PWFルールでやらないのなら王座剥奪するぞ」ってぐらい言って欲しいな。


[9] fun◇fLongoRY - 2016/12/20(Tue) 23:23 ID:DBkFQ6jo  [No.106697]
>全日ファンさん

その大仁田のバトルニュースからのニュースです。

11月27日の全日本プロレス両国大会において、渕正信とのタッグで第100代アジアタッグチャンピオンとなった大仁田厚が吠えた。
 先日秋山社長から、「タイツでリングに上がるなら電流爆破や有刺鉄線の使用を認める」といった内容の発言を受けた大仁田は、「秋山さんよ、いつの写真を引っ張り出してきたんだ?(笑)青タイツの俺って、まだ10代じゃあないか?俺、来年で還暦を迎えるんだけど…。秋山さんよ、時間は流れてるんだぜ。時代とともに物事は移り変わるし進化もする。俺はショートタイツから白のタンクトップ、そして今のデニムとラグトップのストリートファイトスタイルになった。人のスタイルをとやかく言うのは不粋ってもんだと思うが?そもそもアジアタッグに挑戦したいと言い出したのは、井上選手だろ。秋山社長がルールについてガタガタいう問題じゃない。秋山さんは、今回のアジアタッグ挑戦については所詮グリコのおまけ!ルールについては、言い出しっぺの井上選手と直接話をつけるのが筋だ」と邪道節を炸裂。
 大仁田は近日中に井上雅央を呼び出し、ルールについての話し合いを行う意向。
「井上選手よ、近日中に場を設けるから出てこいよ。ルールは公開の場で決めようじゃあないか」
不敵な笑みを浮かべた邪道は、舌戦では秋山より一枚も二枚もうわてのようだ...との事。

ドリーも「ハードコアではさせない」と言っていますし、パートナーの渕さんにしてもハードコアルールなんて望んではいない気もしますが、全日本では実に厄介な王者ですね… (;^_^A


[10] fun◆fLongoRY - 2016/12/24(Sat) 00:07 ID:hHZ/qtQ6  [No.106702]
1月シリーズ「2017 ニューイヤーウォーズ」の対戦カードが決定。
ドーリングの復帰戦、アジアタッグ選手権が2日後楽園、世界ジュニア、世界タッグ選手権は3日の後楽園。
新人の岡田佑介のデビュー戦が9日横浜ラジアントホール、三冠ヘビー級選手権試合 は大森隆男が挑戦者にて
15日博多スターレーン大会で行われるようです。また、田中稔のシリーズ参戦もあるようです。
それと発表になっている1月2日のアジアタッグ選手権ですが、ルール問題で大仁田がボイコットも示唆しているそうです。

主な対戦カードです。

1月2日(月・祝)東京・後楽園ホール

6人タッグマッチ
ゼウス&中島洋平&SUSHI
VS
崔 領ニ&不動力也&田中稔

【新春大森祭り】スペシャル6人タッグマッチ 
大森隆男&征矢学&田村和宏
VS
木イサミ&宮本裕向&風戸大智

【ジョー・ドーリング復帰戦】スペシャル6人タッグマッチ
宮原健斗&野村直矢&ジェイク・リー
VS
諏訪魔&ジョー・ドーリング&佐藤光留


新春無差別級バトルロイヤル ※特別参加 入江茂弘、西村修
※他の出場選手は当日発表


アジアタッグ選手権試合
[第100代王者組]渕正信&大仁田厚
VS
[挑戦者組]秋山準&井上雅央


1月3日(火)東京・後楽園ホール

シングルマッチ
野村直矢
VS
野村卓矢

タッグマッチ
秋山準&ケンドー・カシン
VS
木イサミ&田村和宏

6人タッグマッチ
青木篤志&スーパー・タイガー&佐藤光留
VS
石川修司&崔 領ニ&田中稔

タッグマッチ
宮原健斗&ジェイク・リー
VS
諏訪魔&ジョー・ドーリング

世界ジュニアヘビー級選手権試合
【第42代王者】石井慧介
VS
【挑戦者】青柳優馬

世界タッグ選手権試合
【第73代王者組】ゼウス&ボディガー
VS
【挑戦者組】大森隆男&征矢学


【YOKOHAMA TWILIGHT BLUES vol.3】
1月9日(月) 神奈川・横浜ラジアントホール

岡田佑介デビュー戦 シングルマッチ
青柳優馬
VS
岡田佑介

アイスリボン提供試合 ※対戦カードは後日発表

6人タッグマッチ
諏訪魔&ジョー・ドーリング&青木篤志
VS
神谷英慶&橋本大地&菊田一美

6人タッグマッチ
宮原健斗&野村直矢&ジェイク・リー
VS
秋山準&ゼウス&吉江豊


1月15日(日) 福岡・博多スターレーン

タッグマッチ
ゼウス&ボディガー
VS
秋山準&ケンドー・カシン

三冠ヘビー級選手権試合
【第55代王者】宮原健斗
VS
【挑戦者】大森隆男


[11] fun◆fLongoRY - 2016/12/24(Sat) 00:08 ID:hHZ/qtQ6  [No.106703]
1・2後楽園ホールで開催される、【王者】渕正信&大仁田厚vs【挑戦者】秋山準&井上雅央のアジアタッグ選手権のルール問題が混迷を極めているそうです。

 大仁田はファイヤープロレス12・9春日部大会の試合後「チャンピオンはオレだから、今回はオレのルールでやらせてもらう。PWF会長のドリー・ファンク・ジュニアにも意向を伝えた。それがのめなければ、防衛戦はボイコットする」と、ハードコアマッチを要求し、ボイコットも辞さない覚悟を示した。
 それに対して秋山は「大仁田さんが昔のようなショートタイツで上がるなら、(邪道ルール容認を)考えてもいい」と発言。また、全日本によるとドリー会長は、大仁田からハードコア戦の要望を聞いたが「あくまでもPWFルールで」と回答したことが明らかになっていた。
 そこで、大仁田は12月22日、都内某所にて、挑戦者のひとりである井上同席のもと、公開ルールミーティングの場を設けた。
 冒頭、大仁田は「ボクは全日本への敵対心など全くない。古巣に貢献したいだけ。秋山さんが昔のショートタイツでとか言ってるけど、ボクは20年以上このスタイルでやっている。コスチュームが肌から離れないんだ。そもそも、(11・27)両国で、挑戦を嘆願したのは井上選手でしょ? 井上選手がサポート役として、秋山さんを指名したんでしょ? あくまでも挑戦者は井上選手で、ボクと井上選手との闘い。ドリー会長にも、『ハードコアでやりたい』と伝えた」と発言。
 そこで、会見スタートから約5分遅れて井上が登場。大仁田はあらかじめ用意しておいた合意書に自身のサインを入れ「井上選手も崖っぷちなんでしょ? よかったら合意したら」と促した。
 合意書に記されていたルールは「エニウェア・ストリートファイト・トルネード・バンクハウスタッグデスマッチ」。すなわち、会場内全体が戦場となり、机、イス、有刺鉄線など、あらゆる凶器の持ち込み・使用が認められる試合形式だ。
 しばし悩んだ井上は「大仁田さんの気持ちはわかりますが・・・(ジャイアント)馬場さんの指導を受けた4人でやるので、全日本のルールでやりたい」とやんわり拒否。
 すると大仁田は「馬場さんだって、米国修業時代にはデスマッチだってやったんだよ。米国では悪役だったんだから。場所や人が変われば、ルールも変わる。ドリー会長にも伝えて、筋は通した。秋山さんがオレの10代の頃の青のショートタイツ時代の写真を引っ張り出してきても、今のオレはこういうスタイルだから。挑戦表明したのはあなたなんだから、あなたとオレの闘い。秋山さん、渕さんは刺身のつまみたいなもん。だから、あなたが合意すればいいんだよ」と、井上を説得。
 しかし、井上は首を縦に振らず「タッグなんで、持ち帰りまして、秋山社長に早急に伝えます。ドリー会長に確認も必要でしょうし・・・」と保留した。
 ハードコアマッチでV1戦を行いたい意向について、パートナーの渕には、「留守番電話に入れておいた」という大仁田は「両国では渕さんの説得で電流爆破バットの使用を踏みとどまったけど、今回はオレのやり方でやる。(両国で)全日本は電流爆破の装置の設置を認めたんだから、いいんじゃないの! ドリー会長が『PWFルールで』って言うけど、ドリー自身がTシャツ着て試合してるんだから、何でオレが着ちゃダメなの?」とポツリ。
 最後に大仁田は「全世界で認められているプロボクシングの世界戦では、国際ルールで、チャンピオンに挑戦者を選択する権利がある。合意に達しなかったけど、万が一、受けないと言うなら、挑戦を拒否する可能性がある。1月2日は家で寝てようかな・・・」と、全日本を牽制した。
 今後、このルール問題は全日本上層部で協議されることになるが、最終的に全日本がどうアンサーを出すのか注目が集まる…との事。


[12] fun◇fLongoRY - 2016/12/25(Sun) 19:42 ID:D/C69nXU  [No.106714]
岩本煌史が、平成29年1月1日付で全日本プロレス所属選手になるそうです。
 
岩本煌史プロフィール
 
身長 175cm
体重 90kg
生年月日 1990年3月20日
出身地 三重県桑名市
 
デビュー戦
2012年11月4日(vs 石田慎也)


また、1月9日(月・祝)に横浜ラジアントホールにて開催される
「YOKOHAMA TWILIGHT BLUES vol.3」でデビュー戦が決定した
練習生 岡田 佑介(おかだ ゆうすけ)のプロフィールです。

岡田 佑介(おかだ ゆうすけ)
 
身長=170cm / 体重=82kg
生年月日=1993年3月8日 23歳
出身地=大阪府大阪市
入門日=2016年7月3日
出身校=芦屋大学
スポーツ歴=サッカー
目標選手=青木篤志選手


[13] fun◆fLongoRY - 2016/12/26(Mon) 22:27 ID:EkhsGo/c  [No.106723]
東スポ情報ですが来年1月2日の後楽園ホール大会でアジアタッグ王座初防衛戦を行う邪道・大仁田厚が25日、選手生命をかけて強行出場することを決断したそうです。

 渕正信と同王座を保持する大仁田は、同大会で秋山準、井上雅央組の挑戦を受ける。ところが23日にアクシデントが発生。超戦闘プロレスFMW高松大会で腰を負傷し、病院に緊急搬送されたのだ。診断の結果、右腸骨(腸骨翼)骨折で全治2か月の重傷。

 それでもこの日はアパッチプロレス新木場大会に出場。痛み止めの注射5本に座薬まで入れて8人タッグデスマッチに臨んだが、苦悶の表情を浮かべてコーナーに待機する時間が続き、ほとんど動けなかった。見せ場は毒霧噴射とイス攻撃程度で、ケガの深刻さをうかがわせた。

 だが、試合をこなせたことが自信になった様子で「正直、どういうファイトができるかは分からない。でも渕さんに迷惑をかけるわけにいかない。1月2日は死んでもリングに上がる」と断言。V1戦を予定通りに挙行すると表明。

 しかも挑戦者組は、デスマッチルールを認める合意書へのサインを拒否した上で「お守り代わりに(凶器を)持ってくるのは構わない。骨折して出てきたらボキボキにして帰す」(秋山)とメッセージを送りつけてきた。

 これに対して大仁田は「凶器の持ち込みは自由と決定じゃ。秋山さんよ、好きなだけ腰を狙ってこい。これが最後の試合になっても構わん!」と豪語。来年10月に予定する引退試合を前に、古巣マットでラストマッチを迎える可能性が出てきてしまった…との事。



[14] fun◆fLongoRY - 2016/12/30(Fri) 09:35 ID:6cR64UVs  [No.106730]
ニコプロpresentsハードヒット
「月になる男達in新宿」
12月29日(木)東京・新宿FACE

主な試合結果です。

第5試合 エキシビジョンマッチ 5分
青木篤志(全日本プロレス)
エキシビジョンのため勝敗なし
平直行(ストライプル)

第8試合 シングルマッチ 15分1本勝負
○佐藤光留(パンクラスMISSION)
3分07秒 ヒールホールド
×ジョシュア・ロビンソン(ロデオスタイル)


[15] fun◆fLongoRY - 2016/12/30(Fri) 09:36 ID:6cR64UVs  [No.106731]
連続投稿失礼します。

来年1月2日の後楽園ホール大会でアジアタッグ王者の大仁田厚、渕正信組に井上雅央と組んで挑戦する秋山準が29日、凶器持参を宣言している大仁田に対し、自身も凶器を持ち込むことを宣言したそうです。

 防衛戦でデスマッチルールを要求する大仁田と論戦を繰り広げていた秋山。自身はデスマッチは認めないものの、“お守り”としての凶器の持ち込みを認めたが、大仁田はこれを拡大解釈し、堂々と凶器持ち込みと、デスマッチルール決定を一方的に宣言していた。

 これに対し、秋山は「大仁田選手は凶器を持ってくるとか言ってるようだけど、だったらオレも持って行くぞ!」と対抗措置を明言。さらには「悪魔仮…、誰も制御はできねえぞ!覚悟しとけ!」と、もう1人のタッグパートナーで“悪魔仮面”の異名を持つケンドー・カシンの投入もちらつかせた…との事。



[16] fun◆fLongoRY - 2017/01/04(Wed) 00:27 ID:0QuJtKWQ  [No.106752]
「2017ニューイヤーウォーズ」開幕戦
1.2(月・祝)東京・後楽園ホール

遅くなりましたが試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○青木篤志
9分44秒 アサルトポイント
×岩本煌史

<第2試合>タッグマッチ
高尾蒼馬&青柳優馬○
9分54秒 ロックスターバスター
石井慧介&阿部史典×

<第3試合>6人タッグマッチ
ゼウス&SUSHI&中島洋平×
9分56秒 ミノルスペシャル
崔 領ニ&不動力也&田中稔○

<第4試合>【新春大森祭り】スペシャル6人タッグマッチ
○大森隆男&征矢学&田村和宏
6分42秒 アックスボンバー→片エビ固め
木イサミ&宮本裕向&風戸大智 ×

<第5試合>アジアタッグ選手権試合
[第100代王者組]大仁田厚&渕正信○
11分36秒 逆さ押さえ込み
[挑戦者組]秋山準&井上雅央×
※渕&大仁田組が初防衛に成功

<第6試合>【ジョー・ドーリング復帰戦】 スペシャル6人タッグマッチ
諏訪魔&ジョー・ドーリング○&佐藤光留
13分57秒 フライングボディアタック
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢×

<第7試合>新春無差別級バトルロイヤル
○大森隆男
14分44秒 横入り式エビ固め
×征矢学

【退場順】
1田村和宏、2田中稔、3青木篤志、4不動力也、5崔領二、6西村修、7青柳優馬、8阿部史典、9和田京平、10ゼウス
11中島洋平、12風戸大智、13SUSHI、14岩本煌史、15石井慧介、16木イサミ、17ブラック・タイガーZ、18高尾蒼馬、19宮本裕向、20入江茂弘


[17] fun◆fLongoRY - 2017/01/04(Wed) 00:28 ID:0QuJtKWQ  [No.106753]
2日、後楽園ホールで開催された『2017 ニューイヤーウォーズ』にフリーとなったKAIが登場したそうです。

試合開始前に秋山社長よりあいさつ。「皆さん、新年あけましておめでとうございます。今年2017年は全日本プロレス設立45周年の記念イヤーとなっております。今年も全日本プロレスはリング上の戦いを中心に、日々、上昇していきたいと思っております。ご声援よろしくお願いいたします」と新年の抱負を語った。
続いて、奥田リングアナの「全日本プロレスに戦いを挑みに来た人がいます」との呼び込みで現れたのは、スーツ姿のKAI。
昨年、WRESTLE−1を退団したKAIは「新年あけましておめでとうございます。フリーのKAIです。そして、全日本プロレスファンの皆様、お久しぶりです。また、全日本プロレスのリングに2月より上がらせていただくことになりました。秋山社長、ありがとうございます。このリングでやり残したことがあります。それは、三冠のベルトを巻くことです。その戦いに入っていけるよう、日々精進してまいりますので、これからもよろしくお願いいたします!」と、意気込みを語った。
 

小佐野景浩さんによるKAIのインタビューです。

<KAIコメント>
KAI
「久しぶりだなぁ。懐かしい。入場した瞬間、涙腺がヤバかったですね。においを肌で感じました。でもやっぱメンバーの人も新しい人がいっぱいいますし、ファンの人も新しい人がいますし。新しい・・・故郷のような、ホームのようなんですけど、新しいところに来たかなっていうのを感じましたね」
――このリングを選んだのは三冠王座への思いからでしょうか?
「やり残したというか、(ベルトを)巻けていないですからね、実際僕自身。・・・目標ですけど、でもその戦いに入っていけるようにしないといけないから。一戦一戦、上がらせていただけるようになったんで。まさか、正直言えば俺もこうしてまた(全日本のリングに)立てるとは・・・」
――フリーになって全日本のリングにも上がりたいと思ったのはいつ頃からでしょうか?
「自然とこう・・・それは僕のプロレスの中には全日本の血が流れていますから。自然とそう思えましたし」
――会場からはブーイングではなく、「おかえり」「待っていた」という声ばかりでした
「ありがたいですねぇ。泣きそうになりましたけど、涙をこらえましたよ。泣くのは今じゃないなって。(小佐野さんに)そうですよね、ティーチャー。・・・久しぶりじゃないですか?」
――小佐野「(ひげを剃って)さっぱりした感じで」
「本当ですか?あ!なんでだ?・・・まぁ気分を改めようと思って朝、ひさびざに剃ってきました。恥ずかしいんですけどね。・・・うれしいですよ。ますます力になりましたよ。今日のファンの方の「おかえり」と言ってくれた思いもあって」
――ファンからは「自由にやってくれ」という声もありました
「フリーですから。そうですよね、ティーチャー!」
――小佐野「フリー、イコール自由ですから」
「そうでした!明るく、楽しく、激しい戦いに入っていきますよ!」
―――参戦のかたちとしてはシリーズに全戦参加となるのでしょうか?
「僕はもう参戦させていただけるのなら。あとは発表を待ってもらって。自分の力でそうなっていかないといけないんで。ありがとうございました!」


[18] fun◆fLongoRY - 2017/01/04(Wed) 00:31 ID:0QuJtKWQ  [No.106754]
「2017ニューイヤーウォーズ」
1.3(火)東京・後楽園ホール

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○野村直矢
8分15秒 スピアー→エビ固め
×野村卓矢

<第2試合>6人タッグマッチ
渕正信&○中島洋平&SUSHI
11分36秒 跳後廻蹴→片エビ固め
西村修&ウルティモ・ドラゴン&岩本煌史×

<第3試合>タッグマッチ
秋山準&ケンドー・カシン○
6分24秒 秋山のランニングニー→エビ固め
木イサミ&田村和宏×

<第4試合>6人タッグマッチ
スーパー・タイガー&青木篤志&佐藤光留×
9分秒57 スプラッシュマウンテン
○石川修司&崔 領ニ&田中稔

<第5試合>世界ジュニアヘビー級選手権試合
【第42代王者】○石井慧介
16分22秒 高角度ダブルアームDDT
【挑戦者】×青柳優馬

<第6試合>タッグマッチ
○宮原健斗&ジェイク・リー
14分58秒 ブラックアウト→片エビ固め
諏訪魔&ジョー・ドーリング×

<第7試合>世界タッグ選手権試合
【第73代王者組】ゼウス&ボディガー○
19分46秒 バウンス→片エビ固め
【挑戦者組】×大森隆男&征矢学
※ゼウス&ボディガー組が初防衛に成功


メインでの試合後、王座を防衛したボディガーが「これで満足していられない。もっと上を目指す。期待していてください」と意気込みを語ると、ゼウスも「この後楽園では初のゼウス締めや」と、地方では恒例となっているゼウス締めで初防衛を祝福したとの事。



[19] fun◆fLongoRY - 2017/01/04(Wed) 00:31 ID:0QuJtKWQ  [No.106755]
和田京平レフェリーが1月2日後楽園大会バトルロイヤルにてトップロープからリング下に転倒し、負傷した為、1月シリーズは欠場との事。
全日本の広報担当者によると、かかとを骨折している可能性が高いといい、2〜3週間程度で復帰する見通しという。
早期回復をお祈りします。

また、「2017エキサイトシリーズ〜Jr. BATTLE OF GLORY〜」日程
およびジュニアヘビー級の選手によるリーグ戦「Jr.BATTLE OF GLORY」の出場選手が決定。

『Jr.BATTLE OF GLORY』大会概要
  
【出場選手】
Aブロック         Bブロック
青木篤志          中島洋平
岩本煌史          青柳優馬
竹田誠志          佐藤光留
田中稔           田村和宏
石井慧介          丸山敦 

試合形式及び、得点方法
◆全10名参加、A、B2ブロック制によるリーグ戦を2/17後楽園ホール大会〜2/26大阪大会の
 
 6大会にてリーグ戦20試合を行い、優勝決定戦は2/26大阪大会にて
 Aブロック1位vsBブロック1位の勝者で行う。
◆ブロック内で2人以上が同点の場合は、優勝戦進出決定戦を行う。
◆公式リーグ戦は全て、PWFルールによる20分1本勝負。優勝決定戦は
 
 時間無制限1本勝負で行う。
◆勝ち2点、負け0点、時間切れ引き分け1点、両者反則・両者リングアウト・無効試合は0点

「2017エキサイトシリーズ〜Jr. BATTLE OF GLORY〜」日程
  2月17日(金)18:30  東京・後楽園ホール【開幕戦】
  2月18日(土)18:00  千葉・銚子市体育館
  2月19日(日)17:00  山梨・アイメッセ山梨(甲府)
  2月23日(木)18:30  静岡・焼津文化会館 小ホール
  2月24日(金)18:30  愛知・名古屋市中村スポーツセンター 第2競技場
  2月26日(日)17:00  大阪・エディオンアリーナ大阪・第2競技場【優勝決定戦】


[20] fun◆fLongoRY - 2017/01/04(Wed) 00:32 ID:0QuJtKWQ  [No.106756]
連続投稿失礼します。

『2017エキサイトシリーズ〜Jr. BATTLE OF GLORY〜』公式戦の対戦カードです。

2017エキサイトシリーズ〜Jr. BATTLE OF GLORY〜

2月17日(金)18:30 東京・後楽園ホール【開幕戦】
Jr. BATTLE OF GLORY 
公式戦 Aブロック 20分1本勝負 岩本煌史vs竹田誠志
公式戦 Aブロック 20分1本勝負 石井慧介vs田中稔
公式戦 Bブロック 20分1本勝負 中島洋平vs青柳優馬
公式戦 Bブロック 20分1本勝負 田村和宏vs丸山敦

2月18日(土)18:00 千葉・銚子市体育館
Jr. BATTLE OF GLORY 
公式戦 Aブロック 20分1本勝負 青木篤志vs竹田誠志
公式戦 Aブロック 20分1本勝負 岩本煌史vs石井慧介
公式戦 Bブロック 20分1本勝負 青柳優馬vs丸山敦
公式戦 Bブロック 20分1本勝負 中島洋平vs佐藤光留

2月19日(日)17:00 山梨・アイメッセ山梨(甲府)
Jr. BATTLE OF GLORY 
公式戦 Aブロック 20分1本勝負 青木篤志vs石井慧介
公式戦 Bブロック 20分1本勝負 中島洋平vs田村和宏
公式戦 Bブロック 20分1本勝負 佐藤光留vs丸山敦

2月23日(木)18:30 静岡・焼津文化会館 小ホール
Jr. BATTLE OF GLORY 
公式戦 Aブロック 20分1本勝負 青木篤志vs田中稔
公式戦 Aブロック 20分1本勝負 石井慧介vs竹田誠志
公式戦 Bブロック 20分1本勝負 佐藤光留vs田村和宏

2月24日(金)18:30 愛知・名古屋市中村スポーツセンター 第2競技場
Jr. BATTLE OF GLORY 
公式戦 Aブロック 20分1本勝負 岩本煌史vs田中稔
公式戦 Bブロック 20分1本勝負 青柳優馬vs田村和宏
公式戦 Bブロック 20分1本勝負 中島洋平vs丸山敦

2月26日(日)17:00 大阪・エディオンアリーナ大阪・第2競技場【優勝決定戦】
Jr. BATTLE OF GLORY 
公式戦 Aブロック 20分1本勝負 青木篤志vs岩本煌史
公式戦 Bブロック 20分1本勝負 竹田誠志 vs田中稔
公式戦 Bブロック 20分1本勝負 佐藤光留vs青柳優馬

優勝決定戦 時間無制限1本勝負
Aブロック1位vsBブロック1位


[21] fun◆fLongoRY - 2017/01/06(Fri) 14:00 ID:8UyB8Kdk  [No.106761]
東スポ情報ですが、全日本プロレスマットで初の電流爆破デスマッチが行われることが、決定的になったそうです。

アジアタッグ王座を保持する邪道・大仁田厚の要求に対し、同団体の秋山準社長が条件付きながら開催に“ゴーサイン”を出したとの事。

舞台は2月シリーズが濃厚。歴史的一戦実現に向けて、いよいよ待ったなしの状況…。

 新春の全日本マットは波乱の幕開けとなった。2日の後楽園大会で行われたアジアタッグ選手権では王者の渕正信)、大仁田組が、秋山、井上雅央組の挑戦を退けて初防衛に成功。秋山組のセコンドに就いたケンドー・カシンが不可解な動きでかき回し、有刺鉄線ボードに毒霧まで飛び交う大混乱の一戦となった。

 一夜明けたこの日、大仁田は「これで2回、向こうの(PWF)ルールで結果を残した。これを全日本はどうとらえるのか!?」と問いかけた。王座戴冠となった昨年11月27日の両国大会に続き、“代名詞”を封印して勝利した。だからこそ満を持して「次は電流爆破で防衛戦をやる。ノーとは言わせん。決定じゃ。拒否するなら二度と防衛戦は行わん。由緒あるこのベルトは第100代王者、渕、大仁田の名をもって歴史に幕を閉じることになるぞ」と通告。

 言うまでもなく全日本マットで電流爆破戦が行われたことはなく、無理難題にほかならない。ところが、秋山は「負けは負けでしょうがない。形はどうあれ、意地を感じた」と潔く敗戦を認めた上で「渕さんは爆破をやるのか!? 全日本一筋の人間が『やる』と言うなら聞かざるを得ないし、俺は何も言えない。渕さんの言葉が一番重いから」と、なんと大御所に判断を委ねたのだ。

 渕はこれまで同期の邪道スタイルを事実上、黙認し、認める発言もあった。そのため今回も押し切られる公算が大きい。くしくも、この日の後楽園大会ではカシンが「俺が(井上)雅央と組んで大仁田とやってやる!」と次期挑戦者に名乗り。舞台は整いつつあり、すべては邪道の思惑通り。史上初となる全日本マットでの爆破戦実現の日が刻一刻と迫ってきた…との事。


[22] fun◆fLongoRY - 2017/01/08(Sun) 12:51 ID:AAFxmQSc  [No.106764]
ウルティモ・ドラゴン デビュー30周年記念
秋山準選手×闘龍門MEXICO “DRAGONMANIA”メキシコ観戦ツアーが決定。

ルチャ・リブレの殿堂アレナ・メヒコで闘龍門メキシコが開催する第12回「DRAGONMANIA」ですが
2017年はウルティモ・ドラゴンのデビュー30周年記念イヤーで全日本プロレス秋山準の参戦と日本からのツアーを開催。
 
期間:2017年5月25日(木)〜5月31日(水) 228,000円 〔7日間〕
旅行企画・実施  東日観光 株式会社
 
お問い合わせ先:東日観光 株式会社  海外旅行事業部 法人第一営業部
tel:03-5148-1731
email:okuno_tomito@tonichi.co.jp


[23] fun◆fLongoRY - 2017/01/08(Sun) 12:51 ID:AAFxmQSc  [No.106765]
DDTの3・20、DDT旗揚げ20周年記念大会にシブサワコウ35周年記念「信長の野望〜俺たちの戦国〜」戦国武将マッチが開催され、
上杉謙信として秋山準が出場するそうです。

3月20日(月・祝)
「Judgement2017〜DDT旗揚げ20周年記念大会〜」
埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ

シブサワコウ35周年記念「信長の野望〜俺たちの戦国〜」戦国武将マッチ
豊臣秀吉<高木三四郎>&武田信玄<武藤敬司>&真田幸村<木高イサミ>
 vs 
織田信長<飯伏幸太>&上杉謙信<秋山準>&柴田勝家<関本大介>


[24] fun◆fLongoRY - 2017/01/10(Tue) 12:36 ID:hzT.eXbI  [No.106774]
「2017ニューイヤーウォーズ」
1.9(月・祝)神奈川・横浜ラジアントホール

試合結果です。

<第1試合>岡田佑介デビュー戦 シングルマッチ
○青柳優馬
7分35秒 逆エビ固め
×岡田佑介

<第2試合>6人タッグマッチ
渕正信&木イサミ&阿部史典×
15分37秒 跳後廻蹴→片エビ固め
○中島洋平&SUSHI&田中稔

<第3試合>アイスリボン提供試合 タッグマッチ
藤本つかさ&テキーラ沙弥×
9分47秒 ダイビングフットスタンプ→片エビ固め
○つくし&長崎まるこ

<第4試合>タッグマッチ
スーパー・タイガー&佐藤光留×
13分14秒 ダイビングヘッドバット→片エビ固め
○グレート・タイガー&5代目ブラック・タイガー

<第5試合>6人タッグマッチ
○諏訪魔&ジョー・ドーリング&青木篤志
12分04秒 ラリアット→体固め
神谷英慶&橋本大地&菊田一美×

<第6試合>シングルマッチ
○大森隆男
10分04秒 アックスボンバー
×岩本煌史

<第7試合>6人タッグマッチ
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢×
22分30秒 ダイビングボディプレス
秋山準&ゼウス&吉江豊○


[25] fun◆fLongoRY - 2017/01/12(Thu) 01:43 ID:2KBZMqPs  [No.106784]
スポナビからですが第100代アジアタッグ王者・大仁田厚が、ケンドー・カシンに全日マットでの電流爆破での一騎打ちを提案したそうです。
 
 大仁田は1月9日、K−DOJOの千葉・Blue Field大会に出場。「稲松三郎引退ロード」で、戸井克成と組み、TAKAみちのく&稲松と電流爆破バットタッグデスマッチで激突。この一戦は2.5千葉で引退する稲松が「大仁田選手と対戦したい」と要望し、それを大仁田が快諾して実現したもの。

 爆破バットは3本設置され、1発目は大仁田が、2発目はTAKAが被爆。その後、一進一退の攻防が続き、大仁田の毒霧が戸井を誤爆。視界を奪われた戸井めがけて、稲松が渾身の爆破バット攻撃を叩き込み、3カウントを奪取(12分41秒、片エビ固め)。見事、自身の勝利で「引退ロード」に花を添えた。

 試合後、大仁田は「負けたけど、しょうがない。最後は入魂の一撃だった。今日は三郎の気合い勝ち」と、初の爆破マッチながら、勇猛果敢に闘った稲松を称えた。
 さらに、大仁田は全日本プロレス1.3後楽園で、「次はオレが(井上)雅央と組んで、アジアタッグに挑戦する」とアピールしたカシンに対して言及。
「カシンよ、そんなにオレとやりたいなら、全日本のリングでオマエを爆破させてやる。パートナーの渕(正信)さんの(爆破マッチをやる)決断が遅れれば、カシンとシングルでやってやる。渕さんは特別レフェリーをやればいい。レフェリーとして見てから、爆破マッチをやるかどうか判断してくれ。若手の頃にはオレも渕さんも(ハル)薗田もレフェリーを経験してるからできるだろ。王道もすべてを飲み込むぐらいじゃないと……」(大仁田)
 大仁田は昨年8.26ディファ有明でのファイヤープロレス旗揚げ戦での有刺鉄線ボード8人タッグデスマッチでカシンと対戦。1.2後楽園での秋山準&井上とのアジアタッグ初防衛戦では、秋山組の“人間凶器”としてカシンが投入され、両者の遺恨は深まった。
 果たして、大仁田の提案に対し、カシン、全日本がどのような反応を示すのか…?注目されます。


[26] fun◆fLongoRY - 2017/01/15(Sun) 10:26 ID:v82Uao1M  [No.106791]
「2017ニューイヤーウォーズ」
1.14(土)広島・広島マリーナポップ

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○SUSHI
7分16秒 逆エビ固め
×岡田佑介

<第2試合>シングルマッチ
○吉江豊
8分44秒 ジャンピングボディプレス
×丸山敦

<第3試合>8人タッグマッチ
秋山準&中島洋平&ウルティモドラゴン&岩本煌史×
8分26秒 ミノルスペシャル
崔 領ニ&不動力也&石井慧介&田中稔○

<第4試合>シングルマッチ
○ケンドー・カシン
5分44秒 雪崩式飛び付き腕ひしぎ逆十字固め
×レイパロマ

<第5試合>タッグマッチ
ゼウス&ボディガー○
13分53秒 バウンス
長井満也&南野タケシ×

<第6試合>シングルマッチ
○大森隆男
10分58秒 アックスボンバー
×野村直矢

<第7試合>6人タッグマッチ
○宮原健斗&ジェイク・リー&青柳優馬
21分56秒 ジャーマンスープレックスホールド
諏訪魔&青木篤志&佐藤光留×


[27] ただの全日ファン - 2017/01/15(Sun) 22:17 ID:bpW0Gc7E  [No.106798]
SUSHIが全日本を退団します。


[28] まさMS - 2017/01/15(Sun) 22:55 ID:mNpVmrck  [No.106799]
SUSHI選手の離脱は正直びっくりしました
対W-1で頼もしい活躍していた所だったんで

今後は福祉的な事をしながらレスラーも続けて行く様なので
応援し続けたいと思います。


[29] fun◆fLongoRY - 2017/01/16(Mon) 09:42 ID:MTd79KXo  [No.106800]
>全日ファンさん
>まさMSさん

そのSUSHIの全日の公式での退団のお知らせです。

(公式より)SUSHI選手退団のお知らせ

この度、弊社所属のSUSHI選手は2017年1月31日を持って、全日本プロレスを退団、2017年2月1日よりフリー選手として活動する事をお知らせさせて頂きます。
今後もSUSHI選手並びに全日本プロレスへの、変わらぬご声援の程よろしくお願い致します。
 
SUSHIのコメントです
「昨年から自分でずっと考えていたことがありまして、会社と昨年ずっと相談させていただいて決めたことがございまして、今度の1月31日付けをもちまして、私SUSHIは全日本プロレスを退団することになりました。
 
理由といたしましては、自分が新しいことにチャレンジしていきたいという気持ちが昨年から強くなってきまして、芸能関係の仕事もそうなんですけど、あとはちびっ子に夢をプロレスもそうなんですけど、プロレス以外のこともしながら自分が夢を与えていくような仕事をしたいと思うようになりまして、会社に相談させていただきました。
芸能関係の仕事をしていくにあたりまして、全日本プロレスという名前が自分には大きすぎると思うようになりました。
全日本プロレスという名前を外すことにしました。
 
今度1月28日の鳩山大会で全日本プロレス所属としての試合が最期になりますが、そこで僕から一つだけお願いがあります。
 
最後にやっぱり秋山社長とシングルで戦わせていただきたいと思います。
 
全日本プロレスのファンの皆さま今まで応援していただき本当にありがとうございました。」
SUSHI



芸能関係の仕事をしていく上でのフリー転向の様ですね。イケメンへのGAORA TVの挑戦も予定されていただけに残念ですが、全日のリングには今後も上がってほしいものです。



[30] fun◇fLongoRY - 2017/01/16(Mon) 09:43 ID:MTd79KXo  [No.106801]
連続投稿失礼します。

「2017ニューイヤーウォーズ」
1.15(日)福岡・博多スターレーン

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○中島洋平
8分26秒 STF
岡田佑介×

<第2試合>6人タッグマッチ
○ウルティモ・ドラゴン&石井慧介&田中稔
13分43秒 横回転エビ固め
×SUSHI&吉江豊&新泉浩司

<第3試合>タッグマッチ
青木篤志&佐藤光留×
10分53秒 ROD→体固め
○長井満也&南野タケシ

<第4試合>6人タッグマッチ
○ジェイク・リー&野村直矢&青柳優馬
14分11秒 バックドロップ→片エビ固め
崔領二&丸山敦&不動力也×

<第5試合>シングルマッチ
○諏訪魔
12分09秒 ラストライド
岩本煌史×

<第6試合>タッグマッチ
ゼウス&ボディガー○
13分05秒 バウンス→片エビ固め
秋山準&ケンドー・カシン×

<第7試合>三冠ヘビー級選手権試合
[第55代王者]○宮原健斗
27分56秒 シャットダウンスープレックスホールド
[挑戦者]×大森隆男




[31] fun◆fLongoRY - 2017/01/19(Thu) 10:25 ID:QOAy/6PM  [No.106802]
「2017ニューイヤーウォーズ」
1.16(月)鹿児島・オロシティーホール

遅くなりましたが試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○青木篤志
5分50秒 ブレーンバスター→片エビ固め
×岡田佑介

<第2試合>タッグマッチ
中島洋平&丸山敦○
12分50秒 回転エビ固め
ウルティモ・ドラゴン&SUSHI×

<第3試合>シングルマッチ
○大森隆男
11分01秒 アックスボンバー
×不動力也

<第4試合>タッグマッチ
秋山準&岩本煌史×
14分41秒 ダイビングボディプレス
○吉江豊&田中稔

<第5試合>タッグマッチ
○諏訪魔&佐藤光留
14分45秒 万力スリーパー
長井満也&南野タケシ×

<第6試合>シングルマッチ
×野村直矢
12分18秒 シドマス→片エビ固め
○崔領二

<第7試合>6人タッグマッチ
宮原健斗&ジェイク・リー&青柳優馬×
19分59秒 バウンス→片エビ固め
ゼウス&ボディガー○&石井慧介


[32] fun◆fLongoRY - 2017/01/19(Thu) 10:26 ID:QOAy/6PM  [No.106803]
「2017ニューイヤーウォーズ」
1.18(水)福岡・小倉北体育館

<第1試合>シングルマッチ 
○青柳優馬
8分34秒 逆エビ固め
×岡田佑介

<第2試合>タッグマッチ
○吉江豊&田中稔
11分02秒 ダイビングボディプレス
ウルティモ・ドラゴン&不動力也×

<第3試合>3wayマッチ 
○SUSHIvsレイパロマvsトゥルエノ・ゲレーロ×
7分23秒 TEKKAMAIKI

<第4試合>6人タッグマッチ
秋山準&石井慧介&丸山敦×
11分53秒 ROD→片エビ固め
○長井満也&ブラック・タイガーZ&南野タケシ

<第5試合>シングルマッチ
○大森隆男
11分14秒 アックスボンバー→片エビ固め
×中島洋平

<第6試合>タッグマッチ 
ゼウス&ボディガー○
12分45秒 バウンス→片エビ固め
崔 領ニ&岩本煌史×

<第7試合>6人タッグマッチ
○宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢
21分06秒 ジャーマンスープレックスホールド
諏訪魔&青木篤志&佐藤光留×


[33] fun◆fLongoRY - 2017/01/19(Thu) 10:27 ID:QOAy/6PM  [No.106804]
遅くなりましたが今回のSUSHIの退団について秋山準は
「僕としては本人が前を向いて行く事なので寂しさも悲しさもありません。頑張って欲しいだけです!今後やることで成功はして欲しいが…もし、もしダメだったら帰ってこい!」とTwitterでエールを送ったそうです。

また、1月28日(土)鳩山大会にてそのSUSHIの壮行試合が決定。鳩山大会の全対戦カードです。

まちおこしスペシャル チャリティー鳩山町大会
〜鳩山町を進化させちゃうぞ!オイッ!!〜
1月28日(土)埼玉・鳩山町中央公民館

追加対戦カード
シングルマッチ
青柳優馬vs岡田佑介
 
6人タッグマッチ
大森隆男&田村和宏&風戸大智
vs
中島洋平&岩本煌史&土方隆司
 
SUSHI壮行試合 シングルマッチ
秋山準vsSUSHI
 
既報カード
タッグマッチ 
ゼウス&崔領ニ
vs
野村直矢&ジェイク・リー
 
シングルマッチ 
宮原健斗vs吉江豊
 
8人タッグマッチ 
諏訪魔&スーパー・タイガー&青木篤志&佐藤光留
vs
長井満也&ブラック・タイガーZ&高岩竜一&南野タケシ


[34] fun◆fLongoRY - 2017/01/19(Thu) 10:28 ID:QOAy/6PM  [No.106805]
連続投稿失礼します。

DDTの1・29後楽園大会にて世界ジュニアヘビー級王座を保持する
石井慧介のヤス・ウラノとの防衛戦が決まったようです。

DDT
1月29日(日)東京・後楽園ホール
「Sweet Dreams!2017」

世界ジュニアヘビー級選手権試合
<王者>石井慧介 vs ヤス・ウラノ<挑戦者>


[35] fun◆fLongoRY - 2017/01/21(Sat) 00:21 ID:QJUwoQp2  [No.106815]
「2017ニューイヤーウォーズ」
1.19(木)熊本・フードパル熊本

遅くなりましたが試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○佐藤光留
6分42秒 チキンウイングアームロック
×岡田佑介

<第2試合>タッグマッチ 
×SUSHI&丸山敦
9分05秒 山折り→片エビ固め
○崔 領ニ&不動力也

<第3試合>シングルマッチ
○秋山準
9分10秒 エクスプロイダー→片エビ固め
×青柳優馬

<第4試合>タッグマッチ
○石井慧介&田中稔
10分10秒 タイガースープレックス ホールド
ウルティモ・ドラゴン&中島洋平×

<第5試合>6人タッグマッチ
諏訪魔&青木篤志&レイパロマ×
10分03秒 超高校級横回転エビ固め
長井満也&南野タケシ&ブラック・タイガーZ○

<第6試合>シングルマッチ
○大森隆男
11分04秒 スライディングアックスボンバー→片エビ固め
×吉江豊

<第7試合>6人タッグマッチ
○宮原健斗&野村直矢&ジェイク・リー
17分39秒 ジャーマンスープレックスホールド
ゼウス&ボディガー&岩本煌史×


[36] fun◆fLongoRY - 2017/01/22(Sun) 13:07 ID:VsTYND0.  [No.106823]
「2017ニューイヤーウォーズ」
1.20(金)長崎・長崎市平和会館ホール

遅くなりましたが試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○中島洋平
5分13秒 ダイビングフットスタンプ→片エビ固め
×岡田佑介

<第2試合>タッグマッチ 
ウルティモ・ドラゴン&不動力也×
10分12秒 ダイビングボディプレス
○吉江豊&石井慧介

<第3試合>シングルマッチ
○大森隆男
7分38秒 アックスボンバー→片エビ固め
×SUSHI

<第4試合>6人タッグマッチ
青木篤志&×佐藤光留&レイパロマ
11分17秒 超高校級横回転エビ固め
長井満也&ブラック・タイガーZ○&南野タケシ

<第5試合>タッグマッチ
ゼウス&ボディガー○
13分04秒 バウンス→片エビ固め
秋山準&岩本煌史×

<第6試合>シングルマッチ
○諏訪魔
12分33秒 ラストライド
×ジェイク・リー

<第7試合>6人タッグマッチ
○宮原健斗&野村直矢&青柳優馬
16分14秒 ジャーマンスープレックスホールド
崔 領ニ&田中稔&丸山敦×


[37] fun◇fLongoRY - 2017/01/22(Sun) 13:07 ID:VsTYND0.  [No.106824]
連続投稿失礼します。

「2017ニューイヤーウォーズ」
1.21(土)山口・周南市新南陽ふれあいセンター

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○SUSHI
9分54秒 逆エビ固め
×岡田佑介

<第2試合>3wayマッチ
×中島洋平vs佐藤光留vs丸山敦○
9分32秒 ジャックナイフ式エビ固め

<第3試合>シングルマッチ
○吉江豊
9分38秒 ダイビングボディプレス
×不動力也

<第4試合>6人タッグマッチ
秋山準&石井慧介&ウルティモ・ドラゴン○
15分32秒 横回転エビ固め
崔 領ニ&田中稔&土屋クレイジー×

<第5試合>シングルマッチ
○大森隆男
10分03秒 アックスボンバー→片エビ固め
×青柳優馬

<第6試合>6人タッグマッチ
○諏訪魔&青木篤志&レイパロマ
15分42秒 ラストライド
長井満也&ブラック・タイガーZ&南野タケシ×

<第7試合>6人タッグマッチ
○宮原健斗&野村直矢&ジェイク・リー
20分40秒 ジャーマンスープレックスホールド
ゼウス&ボディガー&岩本煌史×




[38] fun◆fLongoRY - 2017/01/24(Tue) 09:19 ID:hHZ/qtQ6  [No.106832]
 故ジャイアント馬場さん(享年61)の夫人・馬場元子さん(77)の「喜寿を祝う会」が22日、東京・渋谷区恵比寿の自宅で行われたそうです。

 東スポ情報ですが、元子さんは2日に喜寿を迎えており、この日の会は馬場さんの誕生日(23日)を併せてお祝いする形で行われた。自宅のリビングルームにはハワイをイメージした装飾が施され、近親者約30人が出席。「このまま結婚披露宴ができるんじゃないか?」との声も上がるほど豪華なムードだった。

 くしくも2日の全日本後楽園ホール大会でトップロープから転落して右足かかとを骨折し、現在欠場中の和田京平レフェリー(62)の音頭による「ハッピーバースデー」合唱で会はスタート。元子さんは「昨年末には少し元気のない日々もありましたけれど、こうして皆さんとお顔を合わせていると元気を取り戻せた気持ちになります。本日は本当にありがとうございました…」と感無量の表情であいさつした。

 元子さんは2013年に脳梗塞を克服。昨年末は体調がすぐれない日もあったというが、3月には静養のために約2週間、米国カリフォルニア州サンディエゴを訪れる計画も立てており「元気な77歳」を印象づけたそうです。

 昨年10月には馬場さんの出身地である新潟・三条市から「名誉市民」の称号を贈られ、記念式典にも出席。「何か機会があるごとに、馬場さんのことを思い出していただければ幸せです」(元子さん)。馬場さんの命日である31日は、近親者で法要が営まれるとの事。


[39] fun◆fLongoRY - 2017/01/28(Sat) 13:59 ID:FXvyw9M6  [No.106840]
26日に行われた大仁田厚の会見をうけて秋山準、諏訪魔のコメントです。
 
・秋山準のコメント
「邪道軍とやってやるよ!
電流爆破はやらないからな!!
爆破なくても木端微塵にしてやるからな!」
秋山準
 
・諏訪魔のコメント
「大仁田厚 よく聞け!
貴様のリクエストに応えて山梨で やってやる。
全日本プロレスは裸一貫でプロレスを見せていく団体だ。
アジアのベルトの価値も上げないでリング上に余計な物を持ち込んでは
次から次に好き勝手やりリング降りれば、言いたい放題な やり方は この全日本プロレスには
正直必要無し。
誰が大仁田厚をここまで好き勝手やらせた?
最近、全日本で見る昔出て行った奴等は一体誰が呼んだ?
何でもありになった状況に正直 俺は 腹が立っている。
生々しいプロレスやるならやってやる!!
大仁田厚も他の連中も、まとめてぶっ潰してやるぞ!オイッ!!」
諏訪魔

2017エキサイトシリーズ〜Jr. BATTLE OF GLORY〜
2月19日(日)山梨・アイメッセ山梨(甲府)
 
決定対戦カード

全日本軍 vs 邪道軍スペシャル8人タッグマッチ
秋山準&諏訪魔&ケンドー・カシン&井上雅央
vs
大仁田厚&保坂秀樹&雷神矢口&パンディータ


[40] fun◇fLongoRY - 2017/01/29(Sun) 13:17 ID:mm2jWhbs  [No.106845]
まちおこしスペシャル チャリティー鳩山町大会
〜鳩山町を進化させちゃうぞ!オイッ!!〜
1.28(土)埼玉・鳩山町中央公民館

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○青柳優馬
9分48秒 逆エビ固め
×岡田佑介

<第2試合>シングルマッチ
○井上雅央
7分55秒 横入り式エビ固め
×不動力也

<第3試合>6人タッグマッチ
大森隆男&田村和宏&風戸大智○
10分50秒 顔面蹴り
×中島洋平&岩本煌史&土方隆司

<第4試合>SUSHI壮行試合 シングルマッチ
○秋山準
11分46秒 リストクラッチ式エクスプロイダー→体固め
×SUSHI

<第5試合>タッグマッチ
○ゼウス&崔領二
17分08秒 ジャックハマー
ジェイク・リー&野村直矢×

<第6試合>シングルマッチ
○宮原健斗
14分19秒 ブラックアウト→片エビ固め
×吉江豊

<第7試合>8人タッグマッチ
○諏訪魔&青木篤志&スーパー・タイガー&佐藤光留
17分21秒 ラストライド
長井満也&高岩竜一&ブラック・タイガーZ&南野タケシ×

試合後の秋山とSUSHIのツイッターでのコメントです。

秋山準
全日本プロレス まちおこし鳩山町大会をご観戦頂きましたファンのみなさん、ありがとうございました!

スシのこれからの成功を祈念しリストクラッチ行きました!頑張れスシ!!


SUSHI
てやんでぇ‼︎
鳩山大会多数ご来場&ご声援ありがとうございました!所属ラストマッチ、秋山さんとのシングルマッチ。
おもいっきりぶつかったけどメチャメチャにやられました!秋山さん、めっちゃ強かったし、怖かった…。
秋山さん、シングルマッチしていただきありがとうございました‼︎

これからも、プロレスラーSUSHIとして、精一杯頑張っていきますので、皆様これからもよろしくお願い致します‼︎

てやんでぇ‼︎


[41] fun◆fLongoRY - 2017/01/30(Mon) 19:36 ID:6cR64UVs  [No.106847]
DDT
「Sweet Dreams!2017」
1月29日(日)東京・後楽園ホール

石井慧介の保持する世界ジュニアヘビー級選手権試合の結果です。

第五試合 世界ジュニアヘビー級選手権試合 60分一本勝負
<王者>○石井慧介
11分43秒 ニールキック→体固め
<挑戦者>×ヤス・ウラノ
※第42代王者が2度目の防衛に成功。


[42] fun◆fLongoRY - 2017/01/30(Mon) 19:37 ID:6cR64UVs  [No.106848]
連続投稿失礼します。

『エールクリエイト&沖縄ゼネラルグループpresents
   全日本プロレス 那覇 2days 〜BODY & SOUL〜』

3月4日、5日の那覇大会、全対戦カードです。

3月4日(土) 沖縄・ナムラホール(那覇)

シングルマッチ
渕正信vs岡田佑介

タッグマッチ
中島洋平&エイサー8
vs
SUSHI&ティーラン獅沙
タッグマッチ
ウルティモ・ドラゴン&ハイビスカスみぃ
vs
西村修&ウルトラソーキ

シングルマッチ
青柳優馬vs岩本煌史

6人タッグマッチ
秋山準&ケンドー・カシン&KAI
vs
諏訪魔&青木篤志&佐藤光留

シングルマッチ
大森隆男vsジェイク・リー

タッグマッチ
宮原健斗&野村直矢
vs
ゼウス&ボディガー


3月5日(日) 沖縄・ナムラホール(那覇)

シングルマッチ
青柳優馬vs岡田佑介

タッグマッチ
青木篤志&佐藤光留
vs
岩本煌史&ウルティモ・ドラゴン

タッグマッチ
大森隆男&ティーラン獅沙
vs
西村修&エイサー8

シングルマッチ
渕正信vsケンドー・カシン

タッグマッチ
ゼウス&ボディガー
vs
諏訪魔&SUSHI

6人タッグマッチ
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢
vs
秋山準&KAI&中島洋平


[43] fun◇fLongoRY - 2017/02/02(Thu) 11:51 ID:Cx1i6yLA  [No.106859]
3月「夢力!2017ドリームパワーシリーズ」
4月「2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜」
の日程です。

【エールクリエイト&沖縄ゼネラルグループpresents 全日本プロレス 那覇 2days 〜BODY & SOUL〜】
3月4日(土)沖縄・ナムラホール(那覇)
3月5日(日)沖縄・ナムラホール(那覇)

【夢力!2017ドリームパワーシリーズ】
3月12日(日)東京・後楽園ホール
3月19日(日)埼玉・ウェスタ川越

(YOKOHAMA TWILIGHT BLUES vol.4〜)
3月20日(月)神奈川・横浜ラジアントホール

3月22日(水)兵庫・豊岡市民体育館
3月23日(木)大阪・四條畷市民総合体育館(サン・アリーナ25)
3月26日(金)長野・諏訪市清水町体育館

【全日本プロレス 新木場大会〜GROWIN’ UP vol.1〜】
3月27日(土)新木場1stRING

【2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜】
 
4月16日 (日) 東京・後楽園ホール【開幕戦】
4月18日 (火) 福島・ビッグパレットふくしま(郡山)
4月19日 (水) 青森・八戸シーガルビューホテル体育館
4月20日 (木) 宮城・夢メッセみやぎ 西館ホール
4月22日 (土) 東京・品川プリンスホテル ステラボール
4月23日 (日) 新潟・アオーレ長岡
4月25日 (火) 愛知・名古屋国際会議場
4月26日 (水) 大阪市内予定 ※後日発表
4月28日 (金) 岡山・岡山県卸センター オレンジホール
4月29日 (土) 広島・マリーナホップ
4月30日 (日) 福岡・博多スターレーン【優勝決定戦】


[44] fun◇fLongoRY - 2017/02/02(Thu) 11:51 ID:Cx1i6yLA  [No.106860]
連続投稿失礼します。

東スポ情報ですが、秋山準が31日、大仁田厚率いる邪道軍との全面対決に臨む全日軍の大将に、暴走男・諏訪魔を任命したそうです。

 19日のアイメッセ山梨大会では全日軍(秋山、諏訪魔、ケンドー・カシン、井上雅央組)vs邪道軍(大仁田、保坂秀樹、雷神矢口、パンディータ組)の異色8人タッグ戦が行われる。そもそもの発端は1月26日の超戦闘プロレスFMWの会見で、カシンに酷似した覆面男が邪道にスプレーを噴射。「秋山社長からの伝言だ」と挑発したことからだった。

 秋山は「カシンが勝手にやったこと。しかも全日の代表みたいな感じで行きやがって…」と厳しい表情を見せたが、時すでに遅し。しかも諏訪魔とは「組んだのは記憶にない」(秋山)というだけに「パンダ相手に俺と諏訪魔が組む必要もないよな? 諏訪魔が勝手に暴れて終わらせるんじゃない?(同ユニットの)青木(篤志)と佐藤(光留)君がアジアタッグを大仁田さんに取られたから、彼らにもう一回行かせようという気もあると思うし。俺は高みの見物をさせてもらう」と暴走男に全権委任…。

 また大仁田が諏訪魔との電流爆破戦をブチ上げたことについても「全日本ではないな。やるなら諏訪魔を自分のホームに誘い込めばいい。あとは諏訪魔と大仁田さんの問題」と突き放した。延々と続く邪道との“舌戦”に、ややお疲れモードのようだった…との事。



[45] fun◆fLongoRY - 2017/02/08(Wed) 00:05 ID:AAFxmQSc  [No.106877]
「2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜」

未発表だった大阪大会の会場が決まりました。

2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜

4月26日 (水) 大阪・エディオンアリーナ大阪(府立体育会館)第2競技場


[46] fun◆fLongoRY - 2017/02/09(Thu) 13:28 ID:2GB.AYfA  [No.106884]
2月シリーズ【2017 エキサイトシリーズ 】

主な選手権試合などの予定です。
2月17日(金)後楽園大会から2月26日(日)大阪大会まで、KAIもタッグマッチで出場する様です。


2月17日(金)東京・後楽園ホール(開幕戦)

世界タッグ選手権試合 60分1本勝負
【第73代王者組】ゼウス&ボディガー
 VS
【挑戦者組】宮原健斗&ジェイク・リー



〜Jr. BATTLE OF GLORY〜[優勝決定戦]
2月26日(日)大阪・エディオンアリーナ大阪 第2競技場

Jr. BATTLE OF GLORY 公式戦 優勝決定戦 時間無制限1本勝負
Aブロック1位
 VS
Bブロック1位

三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【第55代王者】宮原健斗
 VS
【挑戦者】ボディガー


[47] fun◆fLongoRY - 2017/02/12(Sun) 10:32 ID:2KBZMqPs  [No.106889]
東スポ情報ですが、邪道・大仁田厚が諏訪魔に公開回答を迫る考えを示したそうです。

電流爆破デスマッチへの参戦要求に対し、一向に返事をよこさない現状にいら立ちもピークに到達。出場予定がない17日の後楽園ホール大会を邪道軍総出で訪れることを決意し、観衆が見守る中で「爆破」か「アジアタッグ挑戦」かを決断させるつもりとの事。

 我慢の限界だった。大仁田はこの日「17日は邪道軍で後楽園ホールに行くことにした。全日本プロレスによろしく伝えてほしい」と口にした。多忙を極めながらもフットワークだけは軽い59歳は試合が組まれていないにもかかわらず、会場を訪れることを決めた…。

 目的はただ一つ。諏訪魔。昨年からその名をしきりに出していたことが奏功し、19日のアイメッセ山梨大会では邪道軍(大仁田、保坂秀樹、雷神矢口、パンディータ組)VS全日本軍(諏訪魔、秋山準、ケンドー・カシン、井上雅央組)の8人タッグ戦の開催が決定。すると今度は、電流爆破マッチへの参戦を要求…。

 まさに既成事実を先に作るという邪道の常とう手段だが、今回ばかりはうまくいかなかった。当の諏訪魔が「話すことはない」と一切のコメントを拒否…。そのため、言質を取るには行動あるのみ。とはいえ、何も17日に足を運ばなくても、その2日後にはリングで対戦できるのだから、焦る必要はないように思える。

 だが、全日本は17日がシリーズ開幕戦で、メディアの数も注目度も高い。あえてこの場を選ぶあたりは政治家を経験した男ならではの嗅覚か…。しかも当日はアジアタッグベルトも持参する予定。諏訪魔には「お客さんの前で電流爆破はイエスかノーかハッキリさせる。それに諏訪魔選手、そして全日本プロレスよ、このベルトを俺に持たせたままでいいのか!? 少しは怒れよ」と迫り、最終決断を促す構え。

 全日本では大先輩に当たる立場ながら、ここまで後輩を気に掛ける理由もある。「このまま新日本(プロレス)に水をあけられていいのか!? 全日本はお前が頑張らないとダメなんだ」と誰よりも期待をかけている。「まさか全日本は俺に『チケットを買え』とか言わないよな…」とつぶやきながら、さっそく邪道軍にスケジュール確認の連絡を入れた大仁田。いよいよ暴走男の外堀を埋め始めた…との事。


[48] fun◆fLongoRY - 2017/02/13(Mon) 11:47 ID:Xmtl.k3U  [No.106897]
【千葉 EXTRA DREAM 14】
2.12(日)千葉・Blue Field

試合結果です。

<第1試合>千葉 EXTRA DREAM 14 オープニングマッチ 〜赤い洗礼〜
中島洋平&岡田佑介×
8分48秒 フロッグスプラッシュ
○梶トマト&GO浅川

<第2試合>千葉 EXTRA DREAM 14 スペシャルタッグマッチ 〜格闘最前線〜
青木篤志&阿部史典×
11分02秒 腕ひしぎ十字固め
○野村卓矢&吉田綾斗

<第3試合>千葉 EXTRA DREAM 14 スペシャルシングルマッチ 〜WILD vs 恐竜〜
○大森隆男
8分44秒 アックスボンバー→片エビ固め
×ダイナソー拓真

<第4試合>千葉 EXTRA DREAM 14 スペシャルタッグマッチ 〜Evolution vs 暗闇の虎〜
諏訪魔&佐藤光留×
17分07秒 ROD→片エビ固め
○グレート・タイガー&ブラック・タイガーZ

<第5試合>千葉 EXTRA DREAM 14 スペシャルタッグマッチ 〜闘いの道標〜
秋山準&岩本煌史×
18分39秒 シドマス→片エビ固め
○崔領二&ジェイク・リー

<第6試合>千葉 EXTRA DREAM 14 スペシャルタッグマッチ 〜NEXTREAM vs 凶月〜
宮原健斗&×野村直矢&青柳優馬
24分08秒 無道
真霜拳號&○タンク永井&本田アユム


[49] fun◆fLongoRY - 2017/02/16(Thu) 01:27 ID:MTd79KXo  [No.106904]
遅くなりましたが12日の東スポ情報ですが、暴走男・諏訪魔が執拗なメッセージを送りつけてくる邪道・大仁田厚を一蹴したそうです。

 怒りを通り越し、もはやあきれた表情だった。諏訪魔は「俺に公開回答を求めてるんでしょ? でもここで答えるから、その必要はない。電流爆破をやるつもりはないし、俺は全日本に(爆破は)必要ないと思ってる」と吐き捨てた。

 昨年末から一方的に対戦相手として名前を挙げられ、いつしか電流爆破デスマッチへの出場を要求されていた。これまで無視を決め込んでいたのをいいことに、ついに大仁田は17日の全日プロ後楽園大会を訪れて観衆の目前で回答を迫ることを表明した。諏訪魔もようやく既成事実をつくられている現状に気付き、来場前の意思表示に踏み切ったのだ。

 ただし19日のアイメッセ山梨大会の全日本軍(諏訪魔、秋山準、ケンドー・カシン、井上雅央組)VS邪道軍(大仁田、保坂秀樹、雷神矢口、パンディータ組)で初対決することについては「組まれた試合はやる」とプロとしての責務は全うするつもり。

 皮肉なことに大仁田が来場する17日は“邪道信者”として知られるKAIとタッグ対決するから話はややこしい。「KAIは俺が知らない間、ジーパンで試合してたんだろ!? どうせならはいて来い!」と皮肉めいたメッセージも忘れなかった。

「後楽園には来なくていいから!」と最後までアレルギー反応を示した諏訪魔。危険な初遭遇の行方が注目されます。


[50] fun◆fLongoRY - 2017/02/16(Thu) 01:29 ID:MTd79KXo  [No.106905]
〜バレンタインデースペシャル・ギミチョコナイト〜
2.14(火)栃木・栃木県総合文化センター

遅くなりましたが試合結果です。

<第1試合>ギミチョコナイトオープニングマッチ
◯青柳優馬
6分35秒 バックドロップ→エビ固め
×岡田佑介

<第2試合>ギミチョコナイトスペシャルタッグマッチ 〜未知との遭遇〜
◯秋山準&佐野直
9分27秒 エクスプロイダー→片エビ固め
大森隆男&阿部史典×

<第3試合>ギミチョコナイトスペシャルシングルマッチ 〜初対決!〜
×中島洋平
9分48秒 ダイビングエルボードロップ
◯中之上靖文

<第4試合>ギミチョコナイトJr. リーグ戦直前スペシャル!
◯青木篤志&田中稔&田村和宏&竹田誠志
15分54秒 腕ひしぎ逆十字固め
石井慧介&佐藤光留&丸山敦&岩本煌史×

<第5試合>ギミチョコナイトスペシャルシングルマッチ 全日本 vs 大日本
◯諏訪魔
11分15秒 ラストライド
×野村卓矢

<第6試合>ギミチョコナイトスペシャル6人タッグマッチ 全日本 vs 大日本
◯宮原健斗&野村直矢&ジェイク・リー
21分22秒 ジャーマンスープレックスホールド
神谷英慶&橋本大地&菊田一美×


[51] fun◇fLongoRY - 2017/02/16(Thu) 01:30 ID:MTd79KXo  [No.106906]
連続投稿失礼します。

GAORA TV王者、イケメン黒潮”二郎が左ヒザ負傷により王座返上、会見に同席した秋山が名乗りをあげ、
怪文書を送り付けてきた元GAORA王者を名乗るものと、王座決定戦が行われそうな気配が濃厚だそうです。


元GAORA王者からの怪文書です。

「全日本プロレス様
GAORA王者の負傷、王座返上により、GAORA王座が空位になるという、
風の噂を聞き、元GAORA王者として、私は、またGAORA王者に君臨したいと
考えます。
このベルトは元々は私のベルト。
王座決定戦などを行う場合は是非、私にチャンスを頂きたい。
元GAORA王者の私には十分に権利があると思う。
GAORAベルトは絶対に渡さへんでぇ〜〜〜。」

元GAORA王者


最後の「渡さへんでぇ〜〜〜。」の文…。
うーん…きっと、〇U〇HIさん?でしょうかね〜(笑)


[52] fun◇fLongoRY - 2017/02/18(Sat) 10:56 ID:ivOWCveo  [No.106919]
【2017 エキサイトシリーズ 〜Jr. BATTLE OF GLORY〜】開幕戦
2.17(金)東京・後楽園ホール

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
○青木篤志&佐藤光留
5分47秒 フロッグ・スプラッシュ
野村直矢&岡田佑介×

<第2試合>Jr. BATTLE OF GLORY 公式戦 Bブロック
○田村和宏[1勝=2点]
4分54秒 ミノルスペシャル
×丸山敦[1敗=0点]

<第3試合>Jr. BATTLE OF GLORY 公式戦 Bブロック
×中島洋平[1敗=0点]
8分09秒 ロックスターバスター
○青柳優馬[1勝=2点]

<第4試合>6人タッグマッチ
秋山準&ウルティモ・ドラゴン&井上雅央○
9分35秒 首固め
×大森隆男&西村修&渕正信

<第5試合>Jr. BATTLE OF GLORY 公式戦 Aブロック
○岩本煌史[1勝=2点]
7分34秒 孤高の芸術→片エビ固め
×竹田誠志[1敗=0点]

<第6試合>Jr. BATTLE OF GLORY 公式戦 Aブロック
○石井慧介[1勝=2点]
12分27秒 高角度ダブルアームDDT→エビ固め
×田中稔[1敗=0点]

<第7試合>タッグマッチ
諏訪魔&ジョー・ドーリング×
12分10秒 首固め
○崔領二&KAI

<第8試合>世界タッグ選手権試合
[第73代王者組]ゼウス&ボディガー○
16分14秒 バウンス→片エビ固め
[挑戦者組]宮原健斗&ジェイク・リー×
※ゼウス&ボディガー組が2度目の防衛に成功


[53] fun◇fLongoRY - 2017/02/18(Sat) 10:57 ID:ivOWCveo  [No.106920]
【2017 エキサイトシリーズ 〜Jr. BATTLE OF GLORY〜】開幕戦
2.17(金)東京・後楽園ホール

Jr. BATTLE OF GLORYが開幕しました。

この日に公式戦を行った各選手の試合後のコメントです。

田村和宏
「まず、アックスボンバーズ一勝です。アックスボンバーズが、一勝です!大森さんの名に恥じないよう、優勝してきます!よっしゃあ!見たか!アックスボンバー!大森さん直伝だ!そして最後、稔さん直伝だ!……決勝でやってやる!」

丸山敦
「(この敗戦は)痛いですねぇ。優勝するには落としたくない試合やったんですけど。まぁあの・・・強かったですね。甘く考えていたかもわからないですね。強かったです。でも始まったばかりでまだまだ可能性はあるんで、ここで切り替えられるかどうかが勝負だと思うんで、明日から切り替えて。優勝狙っていきます。以上です!」

青柳優馬
――ジュニアリーグ戦は白星スタートとなりました。この勝利は初の先輩越えとなるのでしょうか?
「そういう言い方はやめてください、もう。先輩越えだとか、若手の枠を脱却しようとかどうのこうのずっと言っていましたし。ジェイクも野村さんも同じように言ってますけど、やっぱこうやって試合やって結果出して、それでやっと若手脱出ということになるんじゃないかと。口だけでなく、やっぱ結果が必要なんだ。だから先輩越えだとか、大どんでん返しとか、そういう言葉は大嫌いだ。もうこのまま優勝していきますよ!」

竹田誠志
「畜生!肩上げただろ、肩!肩上げただろ?畜生……あんな若造に3カウント入っちまった。ちょっとアレだな。昨日のデスマッチの余韻引き摺ってテンション上がり過ぎちまったよ。畜生……。ここは、全日本のリングっつーのは分かってるよ。分かってるけども、ルール、ルール!ルールに則って、反則だったらレフリーが止めてんだろ。李日韓が止めてるはずだ。止めねぇってことはルールの許容範囲だ。俺は何も悪いことはしてない。でも!3カウント入ってしまった。畜生!足下すくわれた。クソッ!俺は返したと思ってるよ。多分返してるよ。畜生。もう言うことねぇよ畜生。明日だ明日。明日誰だっけ?青木か?あの野郎、前回腕十字で取られてるから、腕十字で取り返してやる。畜生!あぁ、クソッ!!」

岩本煌史
「よし!なんとか一勝、なんとか一勝!リーグ戦なんでね、内容がどうとか言ってられないし、これは全日本プロレスでやっているジュニアリーグなんで、しょっぱな全日本所属の選手が他団体の選手に負けちゃダメでしょう!どんなかたちであれ、竹田さんから一勝。誰も期待していなかったでしょう。逆にその期待していないのが気持ちがいいんで、これからもみなさん、期待しないでください」

――しかもこれが所属になってから初勝利です
「そうですね。所属になって初勝利がジュニアリーグの初戦。めちゃくちゃ大事な初戦が獲れた。これはめちゃくちゃ大きいし、流れを変えるきっかけとなる一勝だと思ってるんで。確実にAグループ、みんな僕より格上なんで、全然おそれることはないし、このまま今日の一勝を糧にこのまま突き進んでいきます。ありがとうございました!」

田中稔
「全勝優勝を狙いますと言ってたんだけど、初戦から計算狂っちゃった。いつも試合前に魔物棲んでる魔物棲んでるって言ってましたけども、ブロックのメンバーが前より少ないからスロースタートしてる場合じゃないんで。いやぁ、巻き返さないとヤバいですね。全部調子狂っちゃった。ただ、僕は2月のツアーまで、Jrリーグまで出る約束はしてたんですけど、試合中石井君とやってて、シングルマッチの熱狂する空間……あれはたまんねぇなと思って。やってて楽しくなるってのもあるし、一番の自分の心境を……今まで試合するまで何も思ってなかったんですけど、もう一回世界ジュニア巻きたいなって気持ちがものすごい出てきたんで。モデルチェンジを一切しない古臭いデザイン、あれがたまんないんで。見たらメチャメチャ欲しくなってきたんですよね。まあ、チャンピオンが受けるっていうんであれば、チャンスが有るんであれば、タイミングが合うんであれば、狙っていきたい。そのためにもね、次からリーグ戦巻き返して調子を上げていかないといけないんで。あと3戦。頑張ります。メチャメチャ気持ちよかったです。ありがとうございました!」

石井慧介
――苦しい戦いでしたが白星スタートを飾ることができました
「苦しい戦いになるのはわかっていたけど、ジュニアの世界チャンピオン、白星スタートは・・・僕がチャンピオンだけど、下馬評が悪かったとは思いますけど、自分も成長していないわけじゃない。完勝です」

――そのベルトを持っている限り、全員の標的が石井選手であることは変わりありません
「まずは明日、岩本選手。さっきも試合見ていましたけどいい勝ち方をしていたんで。明日勝てばまた勢いに乗っていけるんではないかと。世界ジュニアチャンピオンのプライドとしてひとつも落とせないです!今日でまた勢いがついたのが自分でもわかります」

――田中選手に勝ったというのは今更ですけど自信になったのではとも思いますが?
「そうですね!IWGPジュニア最多の11回防衛している人ですし、世界ジュニアも巻いている。ベスト・オブ・ザ・スーパージュニアも2006年に優勝している。その選手に勝ったのが世界ジュニアチャンピオンの石井彗介。これは大きな自信になりますよ」



[54] fun◇fLongoRY - 2017/02/18(Sat) 11:00 ID:ivOWCveo  [No.106921]
【2017 エキサイトシリーズ 〜Jr. BATTLE OF GLORY〜】開幕戦
2.17(金)東京・後楽園ホール

この日ですが第4試合の6人タッグマッチの試合後のチャンピオン・カーニバル出場選手発表があり、その次に元GAORA王者として来場が予告されていた男が入場。大方の予想はSUSHIだったが会場に現れたのはなんとKENSO!?

KENSO「喋ってもいいですかー!?ちょっと待てお前ら生きてるのか死んでるのかどっちなんですか喋ってもいいですかー!?いいですかー!?いいですかー!?OK、久しぶりにやったらすごい疲れた。KENSO、GAORAに、情熱を持って、ビチッと!挑戦したい!そう思っております、狙ってもいいですか!狙ってもいいですか!おい秋山社長にお前らの声が聞こえねーじゃねーかもう一回言うぞやってもいいですかー!?いいですかー!?いいですかー!?」
秋山「(リングサイドに現れ)おい相変わらず長いなお前!俺もそこで消えそうだったよ!みんな!GAORA、KENSOと、やってもいいですかー!?いいですかー!?いいですかー!?だって。やろう」
KENSO「ありがとう。一生懸命がんばります。応援してください。以上!!!」

<バックステージコメント>
秋山準
――怪文書を送ってきていたのはあの人だったってことで?
「SUSHIに見せかけて、前説の長い男(笑)。まぁいろいろあったけど、リング上でわかり合える部分もあるだろうし、俺がやってきたこともわかるだろうし。今こうやっておちゃらけな感じでやったけど、試合はバチっとやるって気持ちでいるだろうし。最初からGAORAっぽいでしょう。こんな感じでいこうかなぁと思っています。試合はちゃんとやりますから」

――今年のチャンピオン・カーニバルに出場されないこととなりましたが?
「たぶん俺の肩を叩くヤツって俺しかいないんですよ。もちろん辞めるってことじゃないですけど、たぶんこのままずっと行ったら誰も俺の肩を叩くヤツがいなくて。体が動けなくなったとしても。たぶん今は後輩とやっても「あの人にこの技をやったらまずいよなぁ」ってことはないと思いますけど、そうなったらもうはっきり言って俺はダメだと思うんで。この辺なのかなぁって気はしますね。でもわからないですよ。GAORA(王座の防衛戦)をやってて、案外GAORAを持ってて三冠や世界ジュニアに対抗してやろうという気持ちもあるんで。今はどうしてもGAORAが下に見られているんで、それをガッと上げてやろうという気持ちもあるんで。そうなった時にはわからないですよ。またふつふつと「イケるのか?」というのが沸いてくるのかもわからないですけど。まぁでもとりあえず今回は「そろそろかな」という気持ちでエントリーしませんでした」

KENSO
「GAORAベルト、秋山準とKENSOのGAORAベルト決定だ。情熱を持ってビチッと、ビチッと!情熱を持ってビチッと!GAORAベルトに挑戦したい!そう思っております!以上!!!



[55] fun◇fLongoRY - 2017/02/18(Sat) 11:02 ID:ivOWCveo  [No.106922]
【2017 エキサイトシリーズ 〜Jr. BATTLE OF GLORY〜】開幕戦
2.17(金)東京・後楽園ホール

第7試合タッグマッチ
諏訪魔&ジョー・ドーリング vs 崔領二&KAI

この試合をリングサイドで大仁田が観戦。その試合後に大仁田がリングサイドへ。

大仁田「諏訪魔さんよ、ちゃんとチケット買ってきたぞ。ちゃんとお前、お金払ったからな。その代わりよ、甲府の試合が決まってんのにオイ、甲府の試合が決まってるのにお前、試合内容が全く決まらずだオイ。あの、天龍さんもジャイアント馬場さんもそうだけど、電流爆破にNOと言わなかった。おい、なあ、俺らは俺らの意地があるからな。(ジョーが挑発し)喋る時は喋らせてもらえないかな?俺もさ、ずーっと後楽園の下で寒い中一時間半も待てったんだ。おい、諏訪魔さんよ、電流爆破やるのかやらないのか、甲府でなんのルールで上がるのかはっきりしてくれよ!おい、ハッキリ皆の前で、皆の前で何をやりたいのかはっきりしろ。その代わり、その代わり電流爆破受けられなかったら、お前はな、今度からチキン諏訪魔と呼ぶからな。覚えとけ。じゃあ」
諏訪魔「おい、俺は全日本プロレス、そして俺自身に、電流爆破は必要ないと思っている!やるならしっかり白黒つけてやる。以上」

<試合後コメント>
大仁田厚
「俺はあくまで、何をこだわってるのかって。全日本プロレスもなあ、いつまでも同じことやってたんじゃしょうがないし。いや、いい試合はしてたと思うよ?うん。だけど、崔領二に負けてたし。なあ?俺は俺の仕事を全うしようとしてるだけだから。プロレス界の中で天龍源一郎さんも上がったことだし、ジャイアント馬場さんもそうだった。文句は言わなかった。三沢選手、ジャンボ鶴田さんに気を遣い、「そりゃ出来ない」ってことは言ったけど、もっと電流爆破に対して、なぜあそこまで嫌悪を示すのか俺にはわからない。新日本プロレスという大きな敵がありながら。どんどんビジネス良くなってるじゃない。今だからこそ、反撃のチャンスだ。それに俺を使ってくれと言っているだけなんですよ。俺は「使ってくれ」っつってるだけなんだよ。下の選手が成長するためにも、俺を使うべきだろ!?なあ?!俺を正々堂々電流爆破の中でやってこそ、諏訪魔という名前が全プロレス界に響くわけ。今、三冠は宮原って奴だろ?三冠を宮原から奪って、そして正々堂々と新日本プロレスと向かい合うことこそ、今の諏訪魔の理由だろ!!そのまま怪我したからと言って終わってしまうのか?諏訪魔?長い間休んでたんだろ?電流爆破、入ってみないとわかんないじゃないか。一枚剥けた諏訪魔が登場するかもしれないだろ?なあ?全日本、新日本という二大巨頭が居たからこそ、プロレス界が盛り上がったわけじゃない。これが切磋琢磨しなきゃ、誰が、誰が、誰が!戦うんだ?全日本という老舗の看板を引っさげながら、どうしても二番手三番手に落ちていく。他のインディー頑張ってるぞ?さいたまスーパーアリーナやったり、DDTも色んな所でやったりしてるし、頑張ってるんだお前。それをさ、よく見なきゃ。後楽園ホールのみんなを大切にしなきゃいけないのはよく分かる。よく分かるけど、もっともっと、もっともっと渦を作らなきゃ。俺はハチャメチャだよ。ハチャメチャだけど、ハチャメチャにはハチャメチャなりの生き方がある。十人十色、生き方はいろいろだから。ただしお前、よく聞け。諏訪魔選手もよーく聞け!俺は、第100代アジアタッグのチャンピオンだ!!礼には礼を尽くせ!!秋山選手、そして諏訪魔選手、ハッキリしろ!ルールは明確にして。そうしないと俺にも考えがある。明日明後日、試合結果いかんによっては俺の出方も変わる」

諏訪魔
「前から言ってるように全日本プロレス、そして俺自身にとって電流爆破は一切必要ないし。俺は体と体がぶつかり合うプロレスっていうのがすごい厳しいものだと思っているし。当然電流爆破、総合格闘技もひとつの道として厳しいものだと思うよ。そこは否定はしない。ただやっぱり体と体でぶつかり合うプロレスっていうのも危ない道と思っているんでね。そこは価値観の違いっていうものが如実に出ているんでね。それはもう山梨でしっかりケリをつけてやる。あんなものは言いがかりにすぎない」

――諏訪魔選手の答えに対してお客さんも賛同の声を出していました
「それはやっぱ全日本プロレスというものをファンの皆さんが一番わかっているしね。俺以上に見ている方々いっぱいいるしね。そこはもっともっと喜んでもらえるよう俺らも努力しなくちゃいけないし」

――今日の試合についてですが、久々のKAI選手との対戦でしたが・・・
「もうジョーが押し切っちゃった感じでね(笑)。まぁそこは・・・すごいね(苦笑)。なんも言えないよ。見ての通りだね」



[56] fun◇fLongoRY - 2017/02/18(Sat) 11:02 ID:ivOWCveo  [No.106923]
【2017 エキサイトシリーズ 〜Jr. BATTLE OF GLORY〜】開幕戦
2.17(金)東京・後楽園ホール

第8試合世界タッグ選手権試合
[第73代王者組]ゼウス&ボディガー vs [挑戦者組]宮原健斗&ジェイク・リー

<試合後リング上>

ボディガー「OKOKOK、ワッショイはちょっと待ってくれ。一言だけ。これで、プロレス界の最高峰とも言える5冠ベルトに、大手かけたぞ!ありがとう!2月26日は、俺の地元大阪府立体育館で、五冠を巡って、いや俺の五冠王手やから、俺の五冠のチャンスを巡って、2月26日は大阪府立体育館まを見にきてください!たったの、こっからたったの3時間。ちょっと昼飯食ってたらつく時間なんでよろしくお願いします!では後はパートナーのワッショイじめに任せたいと思います」
ゼウス「ありがとうございます。まだまだ、まだまだ自分には、皆さんのゼウスコールなんてもったいないです。ありがとうございます!ちょっとこっから、大阪弁でタメ口でいいですか?みんなー!全日本プロレス楽しんでるかー!?ありがとー!みんな!もう一つ!人生楽しんでるかー!やっぱりせやろ!ツライこともあり、楽しいこともあり人生ってなんやねん、一言でいったら祭りやろ!祭り言うたらワッショイするしかないやろ!東京ドームまで聞こえるくらいの腹から大きい声出して、いきますよ!マイクは正面に向けるんで責任持って大きな声出してください。これからもー!全日本プロレス!盛り上げていくぞオラー!行くぞー!このこのこの一回きりの人生は祭りやで〜!ワッショイワッショイワッショイ!」

<試合後のコメント>
The BIGGUNS
――タイトル防衛おめでとうございます。これで二度連続のゼウス締めとなりました
ゼウス「なんでボディガーが勝って僕が締めるのか(笑)。いいですか?」
ボディガー「それは勝ったのはもちろんチームの2人のおかげなんで、最後の締めはゼウスが。ビッグガンズはゼウス締めと決まってるんで」

――三冠前哨戦と考えても最後はボディガー選手が決めた、いい勝ち方だったのではないかと思います
ゼウス「ケガとかないですか?」
ボディガー「もうバッチリ!どこも痛めてないし、逆にいいウォーミングアップができたよ。2月16日、いよいよこのプロレス界の宝のベルト、五冠に挑戦する権利を得ました。こんなチャンス、また今度いつ来るかわからないので、取り逃しせんように気合い入れていきます」

――苦しい場面もあったかと思いますが、ゼウス選手もボディガー選手に任せたところに信頼感を感じたのですが?
ゼウス「まぁそうですね。すごいやっぱり、もう8年くらいタッグ組んでるんですけど、信頼のおけるパートナーなんで。年齢なんて凌駕している。ウォーミングアップというのはかなりハッタリだと思うんですけど、今日は正直厳しい試合だったんですけど、宮原選手もすごい選手でリーもすごい成長しているんで。お客さんから元気をいただいて、今日も勝つことができましたんで。
次の三冠は大阪ですよね。大阪でやったらゼウス、ボディガーが勝つ確率が250倍、250倍じゃ大き過ぎますか(笑)。250パーセントになるというジンクスがあるんで。僕、いっときシングル3連敗くらいしてましたけど(苦笑)。そのジンクスでファンの期待に応えて大阪で三冠獲ってもらいたいですね」
ボディガー「本当に三冠プラス世界タッグを保持しての三冠戦なんで、五冠のチャンスなんですけど。それがしかも地元というめぐり合わせなんで。こんなチャンス絶対逃せないんで。今まで培ってきたものすべて出して、この48年と8か月くらいの人生を賭けて挑みたいと思います」

――今日は九時過ぎていたこともあり、帰られるお客さんもいましたけれど、ゼウス締めを待っているかなり多くのお客さんが残ってくれていました
ゼウス「みんな事情もあって、帰った方も今日のメインは見れなくてもすごい盛り上がっている声はここまで聞こえてきていたんで、みんな楽しんでもらえたんじゃないかと思います。今日は後楽園ホールで二度目のワッショイ締め。最高に気持ちいいですね。ちょっとマイク持ったら調子に乗りすぎて長かったかなというのもあるんですけど」
ボディガー「KENSOよりは短かった。問題ない。・・・俺の三冠戦、楽しみにしておいてくれ。まぁそういうこっちゃ!」
ゼウス「最後にひとつ・・・。ゼウスの!人生は祭りや!全日本プロレスご覧の皆さんの人生は祭りやで!ワッショイ!ワッショイ!ワッショイ!」



[57] fun◇fLongoRY - 2017/02/18(Sat) 11:05 ID:ivOWCveo  [No.106924]
連続投稿失礼します。

4月シリーズの『2017 チャンピオン・カーニバル』の出場選手とブロック分けが決定。

『2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜

≪出場者≫               

【Aブロック】
◆宮原健斗(4年連続4度目の出場/現三冠ヘビー級王者)
◆関本大介(2年連続3度目の出場/2016年優勝/現BJW認定世界ストロングヘビー級王者)
◆ゼウス(4年連続4度目の出場/2016年準優勝/現世界タッグ王者)
◆ジョー・ドーリング(2年ぶり7度目の出場)
◆ジェイク・リー(2年連続2度目の出場)
◆崔 領ニ(2年連続2度目の出場)
◆KAI(4年ぶり2度目の出場/2013年準優勝)

【Bブロック】
◆諏訪魔(2年ぶり12度目の出場/2008年優勝/2006.2012.2015年準優勝)
◆大森隆男(7年連続14度目の出場/2000年準優勝、2014年優勝)
◆野村直矢(2年連続2度目の出場)
◆石川修司(初出場)
◆真霜拳號(3年連続3度目の出場/現CHAMPION OF STRONGEST-K王者)
◆ボディガー(3年連続3度目の出場/現世界タッグ王者)
◆橋本大地(初出場) 

『2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜』日程

4月16日 (日) 東京・後楽園ホール【開幕戦】
4月18日 (火) 福島・ビッグパレットふくしま(郡山)
4月19日 (水) 青森・八戸シーガルビューホテル体育館
4月20日 (木) 宮城・夢メッセみやぎ 西館ホール
4月22日 (土) 東京・品川プリンスホテル ステラボール
4月23日 (日) 新潟・アオーレ長岡
4月25日 (火) 愛知・名古屋国際会議場
4月26日 (水) 大阪・エディオンアリーナ大阪(府立体育会館)第2競技場
4月28日 (金) 岡山・岡山県卸センター オレンジホール
4月29日 (土・祝) 広島・マリーナホップ
4月30日 (日) 福岡・博多スターレーン【優勝決定戦】


[58] fun◆fLongoRY - 2017/02/19(Sun) 01:16 ID:QOAy/6PM  [No.106925]
KAIが17日の後楽園大会において脳震盪をおこした為、大事をとり18日の銚子大会、19日の甲府大会を欠場。
これにより下記の通り対戦カード変更があるそうです。

2月19日(日) 2017エキサイトシリーズ〜Jr. BATTLE OF GLORY〜
山梨・アイメッセ山梨(甲府) 

<変更カード>
第5試合 8人タッグマッチ60分1本勝負
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢&青柳優馬
vs
ゼウス&ボディガー&岩本煌史&田中稔


[59] fun◇fLongoRY - 2017/02/20(Mon) 08:00 ID:DBkFQ6jo  [No.106931]
【2017 エキサイトシリーズ 〜Jr. BATTLE OF GLORY〜】
2.18(土)千葉・銚子市体育館

遅くなりましたが試合結果です。

<第1試合>Jr. BATTLE OF GLORY Aブロック 公式戦
×青木篤志[1敗=0点]
13分39秒 メガラバ
○竹田誠志[1勝1敗=2点]

<第2試合>3Way マッチ
大森隆男 vs ×岡田佑介 vs 田中稔○
7分54秒 グラウンドコブラ

<第3試合>Jr. BATTLE OF GLORY Bブロック 公式戦
△丸山敦[1敗1分=1点]
20分00秒 時間切れ引き分け
△青柳優馬[1勝1分=3点]

<第4試合>Jr. BATTLE OF GLORY Aブロック 公式戦
▲石井慧介[1勝1無=2点]
10分08秒 両者KO
▲岩本煌史[1勝1無=2点]

<第5試合>Jr. BATTLE OF GLORY Bブロック 公式戦
○中島洋平[1勝1敗=2点]
11分06秒 跳後廻蹴→片エビ固め
×佐藤光留[1敗=0点]

<第6試合>タッグマッチ
○諏訪魔&ジョー・ドーリング
10分04秒 万力スリーパー
崔領二&不動力也×

<第7試合>6人タッグマッチ
×宮原健斗&野村直矢&ジェイク・リー
20分54秒 バウンス→片エビ固め
秋山準&ゼウス&ボディガー○


[60] fun◇fLongoRY - 2017/02/20(Mon) 08:01 ID:DBkFQ6jo  [No.106932]
連続投稿失礼します。

【2017 エキサイトシリーズ 〜Jr. BATTLE OF GLORY〜】
2.19(日)山梨・アイメッセ山梨

試合結果です。

<第1試合>Jr. BATTLE OF GLORY 公式戦 Bブロック
○中島洋平[2勝1敗=4点]
9分21秒 横入り式エビ固め
×田村和宏[1勝1敗=2点]

<第2試合>Jr. BATTLE OF GLORY 公式戦 Bブロック
△佐藤光留[1敗1分=1点]
20分00秒 時間切れ引き分け
△丸山敦[1敗2分=2点]

<第3試合>Jr. BATTLE OF GLORY 公式戦 Aブロック
▲青木篤志[1敗1無=0点]
5分28秒 両者リングアウト
▲石井慧介[1勝2無=2点]

<第4試合>シングルマッチ
×大森隆男
9分00秒 レボリューションボム
○ジョー・ドーリング

<第5試合>8人タッグマッチ
ゼウス&○ボディガー&岩本煌史&田中稔
18分50秒 バウンス→片エビ固め
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢&青柳優馬×

<第6試合>全日本軍vs邪道軍 スペシャル8人タッグマッチ
○諏訪魔&秋山準&ケンドー・カシン&井上雅央
10分59秒 バックドロップ→体固め
大仁田厚&雷神矢口&パンディータ&保坂秀樹×


[61] fun◇fLongoRY - 2017/02/24(Fri) 08:15 ID:hHZ/qtQ6  [No.106944]
【2017 エキサイトシリーズ 〜Jr. BATTLE OF GLORY〜】
2.23(木)静岡・焼津文化会館 小ホール

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
○中島洋平&丸山敦
8分09秒STF
大森隆男&岡田佑介×

<第2試合>Jr. BATTLE OF GLORY  公式戦 Bブロック
○佐藤光留[1勝1敗1分=3点]
7分35秒 捕獲式腕ひしぎ十字固め
×田村和宏[1勝2敗=2点]

<第3試合>Jr. BATTLE OF GLORY  公式戦 Aブロック
△石井慧介[1勝2無1分=3点]
20分00秒 時間切れ引き分け
△竹田誠志[1勝1敗1分=3点]

<第4試合>6人タッグマッチ
秋山準&崔領二&岩本煌史○
10分25秒 ジャーマンスープレックスホールド
諏訪魔&ジョー・ドーリング&阿部史典×

<第5試合>Jr. BATTLE OF GLORY  公式戦 Aブロック
○青木篤志[1勝1敗1無=2点]
11分22秒 アサルトポイント
×田中稔[2敗=0点]

<第6試合>8人タッグマッチ
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢&青柳優馬×
14分18秒ダイビングボディプレス
ゼウス&ボディガー&KAI&吉江豊○


[62] fun◇fLongoRY - 2017/02/24(Fri) 08:16 ID:hHZ/qtQ6  [No.106945]
〜Jr. BATTLE OF GLORY〜 現在の得点順位です。[2/23終了時点]

Aブロック
1位 竹田誠志[1勝1敗1分=3点]残り1試合
1位 石井慧介[1勝2無1分=3点]全戦終了
3位 岩本煌史[1勝1無=2点]残り2試合
3位 青木篤志[1勝1敗1無=2点]残り1試合
5位 田中稔[2敗=0点]残り2試合

Bブロック
1位 中島洋平[2勝1敗=4点]残り1試合
2位 青柳優馬[1勝1分=3点]残り2試合
2位 佐藤光留[1勝1敗1分=3点]残り1試合
4位 田村和宏[1勝2敗=2点]残り1試合
4位 丸山敦[1敗2分=2点]残り1試合


[63] fun◇fLongoRY - 2017/02/25(Sat) 08:06 ID:D/C69nXU  [No.106948]
【2017 エキサイトシリーズ 〜Jr. BATTLE OF GLORY〜】
2.24(金)愛知・中村スポーツセンター第二競技場

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
○青木篤志&佐藤光留
6分07秒 スパイラルポセイドン
竹田誠志&阿部史典×

<第2試合>Jr. BATTLE OF GLORY 公式戦 Bブロック
×青柳優馬[1勝1敗1分=3点]
6分47秒 ミノルスペシャル
○田村和宏[2勝2敗=4点]

<第3試合>Jr. BATTLE OF GLORY  公式戦 Aブロック
×中島洋平[2勝2敗=4点]
6分14秒 TAJIRI公認バズソーキック
○丸山敦[1勝1敗2分=4点]

<第4試合>タッグマッチ
秋山準&ウルティモ・ドラゴン○
10分49秒 ラ・マヒストラル
大森隆男&岡田佑介×

<第5試合>Jr. BATTLE OF GLORY Aブロック
△岩本煌史[1勝1分1無=3点]
20分00秒 時間切れ引き分け
△田中稔[2敗1分=1点]

<第6試合>タッグマッチ
○諏訪魔&ジョー・ドーリング
8分55秒 万力スリーパー
レフェリーストップ
崔領二&吉江豊×

<第7試合>6人タッグマッチ
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢×
15分23秒 バウンス
ゼウス&ボディガー○&KAI


[64] fun◇fLongoRY - 2017/02/25(Sat) 08:08 ID:D/C69nXU  [No.106949]
連続投稿失礼します。

〜Jr. BATTLE OF GLORY〜 現在の得点順位です。[2/24終了時点]

Aブロック
1位 竹田誠志[1勝1敗1分=3点]残り1試合
1位 岩本煌史[1勝1分1無=3点]残り1試合
1位 石井慧介[1勝2無1分=3点]全戦終了
4位 青木篤志[1勝1敗1無=2点]残り1試合
5位 田中稔[2敗1分=1点]残り1試合

Bブロック
1位 中島洋平[2勝2敗=4点]全戦終了
1位 田村和宏[2勝2敗=4点]全戦終了
1位 丸山敦[1勝1敗2分=4点]全戦終了
4位 佐藤光留[1勝1敗1分=3点]残り1試合
4位 青柳優馬[1勝1敗1分=3点]残り1試合


[65] fun◇fLongoRY - 2017/02/27(Mon) 08:30 ID:TOwP2oLo  [No.106961]
【2017 エキサイトシリーズ 〜Jr. BATTLE OF GLORY〜】最終戦
2.26(日)大阪・エディオンアリーナ大阪 第2競技場

試合結果です。

<第1試合>Jr. BATTLE OF GLORY 公式戦 Bブロック
×青柳優馬[1勝2敗1分=3点]
4分08秒 エビ固め
◯佐藤光留佐藤光留[2勝1敗1分=5点]※優勝決定戦へ進出

<第2試合>Jr. BATTLE OF GLORY 公式戦 Aブロック
×竹田誠志[1勝2敗1分=3点]
10分05秒 FIRE BALLスプラッシュ
◯田中稔[1勝2敗1分=3点]

<第3試合>Jr. BATTLE OF GLORY 公式戦 Aブロック
△青木篤志[1勝1敗1無1分=3点]
20分00秒 時間切れ引き分け
△岩本煌史[1勝2分1無=4点]※優勝決定戦へ進出

<第4試合>8人タッグマッチ
ゼウス&KAI&中島洋平&岡田佑介×
7分54秒 ジャンピングボディプレス
◯吉江豊&崔領二&丸山敦&阿部史典

<第5試合>タッグマッチ
○秋山準&石井慧介
10分51秒 エクスプロイダー
大森隆男&田村和宏×

<第6試合>タッグマッチ
諏訪魔&ジョードーリング○
10分51秒 レボリューションボム
ジェイク・リー&野村直矢×

<第7試合>Jr. BATTLE OF GLORY 公式戦 優勝決定戦
○岩本煌史
16分51秒 肩固め(レフェリーストップ)
佐藤光留×
※岩本煌史がJr. BATTLE OF GLORY初優勝

<第8試合>三冠ヘビー級選手権試合
[第55代王者]◯宮原健斗
22分23秒 シャットダウンスープレックスホールド
[挑戦者]ボディガー×
※宮原健斗が8度目の防衛に成功


[66] fun◇fLongoRY - 2017/02/27(Mon) 08:30 ID:TOwP2oLo  [No.106962]
〜Jr. BATTLE OF GLORY〜 最終得点順位です。[2/26終了]

Aブロック
1位 岩本煌史[1勝2分1無=4点]※優勝決定戦へ進出
2位 竹田誠志[1勝2敗1分=3点]
2位 石井慧介[1勝2無1分=3点]
2位 青木篤志[1勝1敗1無1分=3点]
2位 田中稔[1勝2敗1分=3点]

Bブロック
1位 佐藤光留[2勝1敗1分=5点]※優勝決定戦へ進出
2位 中島洋平[2勝2敗=4点]
2位 田村和宏[2勝2敗=4点]
2位 丸山敦[1勝1敗2分=4点]
4位 青柳優馬[1勝2敗1分=3点]

優勝
Aブロック 岩本煌史


[67] fun◇fLongoRY - 2017/02/27(Mon) 08:31 ID:TOwP2oLo  [No.106963]
連続投稿失礼します。

3月シリーズの主要対戦カードが決定。チャンピオンカーニバルの前哨戦としてのタッグマッチが組まれ、宮原、諏訪魔、ジョー、ゼウスと崔、KAI、石川、関本、真霜らとの絡みが注目されます。

【エールクリエイト&沖縄ゼネラルグループpresents 全日本プロレス 那覇 2days 〜BODY & SOUL〜】
3月4日(土)沖縄・ナムラホール(那覇)

6人タッグマッチ
秋山準&ケンドー・カシン&KAI
VS
諏訪魔&青木篤志&佐藤光留

シングルマッチ
大森隆男
VS
ジェイク・リー

タッグマッチ
宮原健斗&野村直矢
VS
ゼウス&ボディガー

【エールクリエイト&沖縄ゼネラルグループpresents 全日本プロレス 那覇 2days 〜BODY & SOUL〜】
3月5日(日)沖縄・ナムラホール(那覇)

シングルマッチ
渕正信
VS
ケンドー・カシン

タッグマッチ
ゼウス&ボディガー
VS
諏訪魔&SUSHI

6人タッグマッチ
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢
VS
秋山準&KAI&中島洋平


【夢力!2017ドリームパワーシリーズ】 開幕戦
3月12日(日)東京・後楽園ホール

GAORA TVチャンピオンシップ王座決定戦
秋山準
VS
KENSO

【The Road to 2017Champion Carnival 〜Resistance〜】
諏訪魔&ジェイク・リー
VS
崔領二&野村直矢

【The Road to 2017Champion Carnival 〜anthology〜】
宮原健斗&石川修司&KAI
VS
大森隆男&ゼウス&ボディガー

【夢力!2017ドリームパワーシリーズ】
3月19日(日)埼玉・ウェスタ川越

タッグマッチ
秋山準&SUSHI
VS
長井満也&ブラック・タイガーZ

タッグマッチ
ゼウス&石川修司
VS
崔領二&不動力也

シングルマッチ
岩本煌史
VS
KAI

【NEXTREAM vs EVOLUTION】
宮原健斗&ジェイク・リー
VS
諏訪魔&ジョー・ドーリング

【夢力!2017ドリームパワーシリーズ】
3月23日(木)大阪・四條畷市民総合体育館(サン・アリーナ25)

タッグマッチ
大森隆男&岩本煌史
VS
青木篤志&佐藤光留

【The Road to 2017Champion Carnival 〜Message〜】
諏訪魔&ジョー・ドーリング
VS
崔領二&ジェイク・リー

6人タッグマッチ
宮原健斗&野村直矢&青柳優馬
VS
ゼウス&ボディガー&KAI

【夢力!2017ドリームパワーシリーズ】
3月26日(日)長野・諏訪市清水町体育館

6人タッグマッチ
秋山準&ケンドー・カシン&井上雅央
VS
諏訪魔&青木篤志&佐藤光留

【EVOLUTION vs NEXTREAM〜I LOVE長野〜】
ジョー・ドーリング
VS
青柳優馬

【The Road to 2017Champion Carnival 〜Jump Up〜】
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢
VS
ゼウス&崔領二&石川修司


【全日本プロレス 新木場大会 〜GROWIN’ UP vol.1〜】
3月27日(月)東京・新木場1stRING

【GROWIN' UPスペシャルシングルマッチ】
秋山準
VS
佐藤光留

【GROWIN' UPスペシャルタッグマッチ】
諏訪魔&ジョー・ドーリング
VS
岡林裕二&宇藤純久

【The Road to 2017Champion Carnival 〜Final〜】 
宮原健斗&関本大介&真霜拳號
VS
ゼウス&ジェイク・リー&崔領二


[68] fun◆fLongoRY - 2017/03/02(Thu) 08:37 ID:Cx1i6yLA  [No.106972]
(甲斐の怪力男?)井上雅央のプロレスデビュー25周年記念ソングが完成したそうです。

UMA研究家・岡本英郎が初の作詞に挑戦。
UMA軍団も全面協力!
雅央と岡本氏との二人三脚のスタジオワークで生まれた、至極の一大抒情歌を是非堪能して下さいとの事。
詳しくは、井上雅央25周年記念行事局Twitter(@masaoinoue25ann)をチェックして下さい。


抗争25年
GET WILD vs 甲斐の怪力男
全日本プロレス 新木場大会

〜GROWIN’ UP vol.1〜
3/27(月)東京・新木場1stRING

大森隆男
VS
井上雅央


[69] fun◇fLongoRY - 2017/03/03(Fri) 16:41 ID:l17.fIiY  [No.106978]
3.12後楽園ホール大会の全対戦カードが決定。

Jr.BATTLE OF GLORYを優勝した岩本煌史が石井慧介の持つ世界ジュニアに挑戦します。
初代世界ジュニア王者のヒロ斉藤が参戦、【創立45周年記念世界ジュニアヘビー級王座30年!歴代王者の祭典!!】
としてスペシャル6人タッグマッチに出場します。


「夢力!2017ドリームパワーシリーズ」開幕戦
3月12日(日) 東京・後楽園ホール

【Openning Dream】6人タッグマッチ
中島洋平&西村修&岡田佑介
vs
吉江豊&ウルティモ・ドラゴン&阿部史典

【Over the Future】シングルマッチ
青柳優馬vs丸山敦

【創立45周年記念世界ジュニアヘビー級王座30年!歴代王者の祭典!!】スペシャル6人タッグマッチ
(初代王者)ヒロ斉藤&(第37代.39代王者)青木篤志&(第40代王者)佐藤光留
 vs
(第3.6.10.12.15代王者)渕正信&(第29代王者)田中稔&(第41代王者)高尾蒼馬

世界ジュニアヘビー級選手権試合
(第42代王者)石井慧介
vs
(挑戦者)岩本煌史
※第42代王者・石井慧介 3度目の防衛戦


既報カード

【The Road to 2017Champion Carnival 〜Resistance〜】
諏訪魔&ジェイク・リー
vs
野村直矢&崔領二

【The Road to 2017Champion Carnival 〜anthology〜】
宮原健斗&石川修司&KAI
vs
大森隆男&ゼウス&ボディガー

GAORA TVチャンピオンシップ王座決定戦
秋山準vsKENSO


[70] fun◇fLongoRY - 2017/03/05(Sun) 10:19 ID:IdK.Png6  [No.106980]
【エールクリエイト&沖縄ゼネラルグループpresents 全日本プロレス 那覇 2days 〜BODY & SOUL〜】
3.4(土)沖縄・ナムラホール

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○渕正信
8分51秒 首固め
×岡田佑介

<第2試合>タッグマッチ
○中島洋平&エイサー8
10分43秒 跳後廻蹴
×SUSHI&ティーラン獅沙

<第3試合>タッグマッチ
ウルティモ・ドラゴン&ハイビスカスみぃ○
11分47秒 首固め
西村修&ウルトラソーキ×

<第4試合>シングルマッチ
○岩本煌史
14分31秒 ジャーマンスープレックスホールド
×青柳優馬

<第5試合>シングルマッチ
○大森隆男
12分23秒 アックスボンバー
×ジェイク・リー

<第6試合>6人タッグマッチ
秋山準&ケンドー・カシン&KAI○
15分13秒 サンダーファイヤーパワーボム
諏訪魔&青木篤志&佐藤光留×

<第7試合>タッグマッチ
宮原健斗&野村直矢×
21分49秒 ジャックハマー
○ゼウス&ボディガー


[71] fun◆fLongoRY - 2017/03/06(Mon) 09:27 ID:8UyB8Kdk  [No.106981]
【エールクリエイト&沖縄ゼネラルグループpresents 全日本プロレス 那覇 2days 〜BODY & SOUL〜】
3.5(日)沖縄・ナムラホール

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
◯青柳優馬
9分38秒 逆エビ固め
×岡田佑介

<第2試合>タッグマッチ
◯大森隆男&ティーラン獅沙
9分37秒 アックスボンバー
西村修&エイサー8×

<第3試合>タッグマッチ
△青木篤志&佐藤光留
20分00秒 時間切れ引き分け
△ウルティモドラゴン&岩本煌史

<第4試合>シングルマッチ
×渕正信
12分48秒 腕ひしぎ逆十字固め
◯カンドーカシン

<第6試合>タッグマッチ
諏訪魔&SUSHI×
15分10秒 バウンス
ゼウス&ボディガー◯

<第7試合>6人タッグマッチ
◯宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢
22分54秒 ジャーマンスープレックス
ホールド
秋山準&KAI&中島洋平×


[72] fun◆fLongoRY - 2017/03/13(Mon) 08:26 ID:Xmtl.k3U  [No.107003]
【夢力!2017ドリームパワーシリーズ】開幕戦

3.12(日)後楽園ホール [観衆]1190人

<第1試合> 6人【Openning Dream】タッグマッチ
中島洋平&西村修&岡田佑介×
8分09秒 ランニングボディプレス
◯吉江豊&ウルティモ・ドラゴン&阿部史典

<第2試合>【Over the Future】シングルマッチ
×青柳優馬
8分50秒 TAJIRI公認バズソーキック→片エビ固め
◯丸山敦

<第3試合>【創立45周年記念世界ジュニアヘビー級王座30年!歴代王者の祭典!!】
スペシャル6人タッグマッチ
ヒロ斉藤青木篤志佐藤光留◯
14分03秒 捕獲式腕ひしぎ十字固め
×渕正信田中稔高尾蒼馬

<第4試合>【The Road to 2017Champion Carnival 〜Resistance〜】
◯諏訪魔&ジェイク・リー
10分40秒 ラストライド
崔 領二&野村直矢×

<第5試合>GAORA TVチャンピオンシップ 王座決定戦
◯秋山準
9分28秒 リストクラッチ式エクスプロイダー→片エビ固め
KENSO×
※秋山が第15代王者となる

<第6試合>世界ジュニアヘビー級選手権試合
[第42代王者]◯石井慧介
14分00秒 ニールキック→体固め
[挑戦者]岩本煌史×
※石井が3度目の防衛に成功

<第7試合>【The Road to 2017Champion Carnival 〜anthology〜】
宮原健斗&×石川修司&KAI
10分16秒 アックスボンバー→片エビ固め
◯大森隆男&ゼウス&ボディガー


GAORA TVチャンピオンシップ王座決定戦では、秋山準がKENSOを退け、第15代王者に君臨。「ファンの皆に喜んでもらえるようなベルトにしたい」と、他のベルトとは一線を画す、アイデア満載のタイトル戦を提案。
セミの世界ジュニアで防衛した石井に佐藤光瑠が地元4月28日岡山オレンジホール大会での挑戦を表明、
これを石井も受諾したそうです。
また、諏訪魔にたびたび電流爆破デスマッチでの対戦を要求している“邪道”大仁田厚の化身グレート・ニタが聖地に登場。
「チキン諏訪魔殿」と宛てた書状を持参し、試合後の諏訪魔の顔面に毒霧を噴射してみせたそうです。


[73] fun◆fLongoRY - 2017/03/13(Mon) 08:28 ID:Xmtl.k3U  [No.107004]
連続投稿失礼します。

『2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜」
公式戦の各会場の対戦カードが決定。


4月16日(日) 12:00 東京・後楽園ホール【開幕戦】

チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負  
ボディガー VS 真霜拳號
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
ゼウス VS KAI
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
宮原健斗 VS ジェイク・リー
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
ジョー・ドーリング VS 関本大介
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負  
諏訪魔 VS 石川修司

4月18日 (火) 18:30 福島・ビッグパレットふくしま(郡山)

チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
ボディガー VS 橋本大地
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
崔領二 VS KAI
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
大森隆男 VS 真霜拳號
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
ゼウス VS ジョー・ドーリング

4月19日 (水) 18:30 青森・八戸シーガルビューホテル体育館

チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
真霜拳號 VS 橋本大地
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
ジェイク・リー VS KAI
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
関本大介 VS 崔領二
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
大森隆男 VS ボディガー

4月20日 (木) 18:30 宮城・夢メッセみやぎ 西館ホール

チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
大森隆男 VS 橋本大地
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
関本大介 VS ジェイク・リー
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
ボディガー VS 石川修司
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
諏訪魔 VS 野村直矢

4月22日 (土) 18:00 東京・品川プリンスホテル ステラボール

チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負  
野村直矢 VS 石川修司
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
ゼウス VS ジェイク・リー
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負  
諏訪魔 VS 真霜拳號
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
宮原健斗 VS ジョー・ドーリング

4月23日 (日) 17:00 新潟・アオーレ長岡

チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
ジェイク・リー VS ジョー・ドーリング
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
ゼウス VS 崔領二
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負  
大森隆男 VS 諏訪魔
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
宮原健斗 VS KAI

4月25日 (火) 18:30 愛知・名古屋国際会議場

チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負  
大森隆男 VS 野村直矢
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負  
石川修司 VS 橋本大地
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
ジェイク・リー VS 崔領二
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
宮原健斗 VS 関本大介

4月26日 (水) 18:30 大阪・エディオンアリーナ大阪(府立体育会館)第2競技場

チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
関本大介 VS KAI
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負  
石川修司 VS 真霜拳號
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負  
諏訪魔 VS ボディガー
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
宮原健斗 VS ゼウス

4月28日 (金) 18:30 岡山・岡山県卸センター オレンジホール

チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負  
野村直矢 VS ボディガー
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
ジョー・ドーリング VS KAI
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
宮原健斗 VS 崔領二

4月29日 (土・祝) 18:00 広島・マリーナホップ

チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負  
野村直矢 VS 真霜拳號
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負  
諏訪魔 VS 橋本大地
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
ゼウス VS 関本大介
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
ジョー・ドーリング VS 崔領二
チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負  
大森隆男 VS 石川修司

4月30日 (日) 16:00 福岡・博多スターレーン【優勝決定戦】

チャンピオン・カーニバル 公式戦 優勝決定戦 時間無制限1本勝負
Aブロック1位 VS Bブロック1位


[74] fun◆fLongoRY - 2017/03/16(Thu) 17:13 ID:MTd79KXo  [No.107018]
2017 チャンピオン・カーニバルにドリー・ファンクJr.の来日が決定。

4月16日後楽園ホール【開幕戦】でチャンピオン・カーニバル開会宣言を行うそうです。

また、ドリー・ファンクJr.が選手としても下記の4大会に参戦との事

『2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜』
4月16日 (日) 12:00
東京・後楽園ホール【開幕戦】
4月18日 (火) 18:30
福島・ビッグパレットふくしま(郡山)
4月22日 (土) 18:00
東京・品川プリンスホテル ステラボール
4月23日 (日) 17:00
新潟・アオーレ長岡


また4月28日岡山大会にて世界ジュニアヘビー級選手権試合が正式に決定。

2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜
4月28日 (金) 18:30 岡山・岡山県卸センター オレンジホール
決定カード
世界ジュニアヘビー級選手権試合
[第42代王者]石井慧介vs[挑戦者]佐藤光留
※第42代王者・石井慧介 4度目の防衛戦


[75] fun◆fLongoRY - 2017/03/20(Mon) 23:13 ID:DBkFQ6jo  [No.107039]
4月16日(日)後楽園ホールから開幕する
「2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜 」に
ドリーファンクJr.の愛弟子ダルトン・デリックが参戦します。

ダルトン・デリック(Dalton Drellich) プロフィール

身長=196cm / 体重=120kg 

出身地=アメリカ合衆国
ドリーファンクJr.が主宰するフロリダ州オカラ

得意技=チョークスラム
BANG!TVレスリングを中心に活躍する若手大型パワーファイター。


また4月30日(日)博多スターレーンにて開催される
「2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜【優勝決定戦】」に
 
 「プロレスリング華☆激」より新泉浩司、KINGの参戦が決定。
  対戦カードは後日発表との事。


[76] fun◆fLongoRY - 2017/03/20(Mon) 23:14 ID:DBkFQ6jo  [No.107040]
東スポ情報ですが、諏訪魔率いるEVOLUTIONは、挑発を続ける邪道・大仁田厚への怒りを爆発させたそうです。

 EVOLUTIONと邪道は昨年11月に大仁田が青木篤志、佐藤光留組からアジアタッグ王座を奪取したことで抗争が勃発。諏訪魔との因縁も深まる一方で、12日の全日本後楽園大会でも大乱闘を巻き起こしていた。

 これを受けて諏訪魔、青木、佐藤の3人は5月28日のEVOLUTION興行(神奈川・茅ヶ崎市体育館)で大仁田、邪道軍A、B組と対戦すると発表。諏訪魔は「デスマッチ系にはしない。体と体でぶつかり合うプロレスで決着をつける。ビビらず、出てこい」と譲らぬ考えを口にしつつ挑発した。

 一方、大仁田からは超戦闘プロレスFMW4月の青森大会(同13日=弘前市河西体育センター、同14日=青森市はまなす会館)で電流爆破マッチでの対戦を要求されているが「青森には、ボクと青木さんが行きます。諏訪魔さんには行かせない。行くって言っても止める」(佐藤)と前アジア王者の2人が出撃する意向を表明。試合形式についても邪道サイドの要求をのむとした上で「こっちが条件をのむからには向こうにも条件をのんでもらう。条件? アジアタッグ(への挑戦)でしょうね」(青木)と話した。

 この3人の発表を受けて邪道はその要求をそのまま受け入れるのでしょうか?注目されます。


[77] fun◆fLongoRY - 2017/03/20(Mon) 23:14 ID:DBkFQ6jo  [No.107041]
【夢力!2017ドリームパワーシリーズ】
3.19(日)埼玉・ウェスタ川越

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○渕正信
8分23秒 首固め
×岡田佑介

<第2試合>タッグマッチ
中島洋平&井上雅央×
9分37秒 アックスボンバー→片エビ固め
○大森隆男&風戸大智

<第3試合>タッグマッチ
秋山準&SUSHI×
9分55秒 ROD
○長井満也&ブラックタイガーZ

<第4試合>タッグマッチ
○ゼウス&石川修司
10分14秒 ジャックハマー
崔 領二&不動力也×

<第5試合>シングルマッチ
×岩本煌史
11分56秒 サンダーファイヤーパワーボム
○KAI

<第6試合>タッグマッチ
青木篤志&佐藤光留○
19分58秒 変形エビ固め
野村直矢&青柳優馬×

<第7試合>タッグマッチ
宮原健斗&ジェイクリー×
17分27秒 ラストライド
○諏訪魔&ジョードーリング


[78] fun◆fLongoRY - 2017/03/20(Mon) 23:15 ID:DBkFQ6jo  [No.107042]
連続投稿失礼します。

【夢力!2017ドリームパワーシリーズ】
3.20(月・祝)神奈川・横浜ラジアントホール

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
野村直矢&青柳優馬○
9分49秒 フィッシャーマンスープレックスホールド
秋山準&岡田佑介×

<第2試合>シングルマッチ
×中島洋平
9分08秒 超高校級横回転エビ固め
○ブラック・タイガーZ

<第3試合>アクトレスガールズ Beginning 提供試合
○安納サオリ&本間多恵
12分57秒 フィッシャーマンスープレックスホールド
万喜なつみ&清水ひかり×

<第4試合>シングルマッチ
○大森隆男
9分07秒 アックスボンバー→片エビ固め
×グレート・タイガー

<第5試合>タッグマッチ
○佐藤光留&ロッキー川村
12分24秒 エビ固め
青木篤志&和田拓也×

<第6試合>タッグマッチ
○諏訪魔&ジョー・ドーリング
12分21秒 ラストライド
吉江豊&岩本煌史×

<第7試合>タッグマッチ
×宮原健斗&ジェイク・リー
18分58秒 メテオインパクト
ゼウス&KAI○


[79] fun◆fLongoRY - 2017/03/24(Fri) 14:02 ID:hHZ/qtQ6  [No.107056]
【夢力!2017ドリームパワーシリーズ】
3.22(水)兵庫・豊岡市民体育館

遅くなりましたが試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
青柳優馬&岡田佑介×
9分10秒 逆片エビ固め
○丸山敦&ビリーケン・キッド

<第2試合>6人タッグマッチ
秋山準&ウルティモ・ドラゴン&中島洋平×
12分40秒 アックスボンバー→片エビ固め
○大森隆男&KAI&田中稔

<第3試合>シングルマッチ
○ジョー・ドーリング
5分48秒 レボリューションボム
×岩本煌史

<第4試合>シングルマッチ
○佐藤光留
7分37秒 反則[レフェリー暴行]
×ブラック・タイガーZ

<第5試合>タッグマッチ
▲諏訪魔&青木篤志
6分23秒 両者リングアウト
長井満也&南野タケシ▲

<第6試合>特別試合 6人タッグマッチ
○諏訪魔&青木篤志&佐藤光留
6分16秒 ラストライド
長井満也&南野タケシ&ブラック・タイガーZ×

<第7試合>6人タッグマッチ
宮原健斗&×ジェイク・リー&野村直矢
17分55秒 ジャックハマー
○ゼウス&ボディガー&崔領二


[80] fun◆fLongoRY - 2017/03/25(Sat) 13:47 ID:D/C69nXU  [No.107063]
【夢力!2017ドリームパワーシリーズ】
3.23(木)大阪・四條畷市民総合体育館

遅くなりましたが試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
◯中島洋平
5分09秒 ダイビングフットスタンプ→片エビ固め
×岡田佑介

<第2試合>タッグマッチ
△ウルティモドラゴン&田中稔
20分00秒 時間切れ引き分け
△ビリーケンキッド&丸山敦

<第3試合>6人タッグマッチ
秋山準&アルティメット・スパイダーJr.&タコヤキーダー×
9分24秒 ROD
◯長井満也&南野タケシ&ブラック・タイガーZ

<第4試合>タッグマッチ
大森隆男&岩本煌史×
13分16秒 捕獲式腕ひしぎ逆十字固め
青木篤志&佐藤光留◯

<第5試合>タッグマッチ
諏訪魔&ジョードーリング◯
11分58秒 レボリューションボム
崔 領二&ジェイクリー×

<第6試合>6人タッグマッチ
宮原健斗&野村直矢&青柳優馬×
15分06秒 バウンス
ゼウス&◯ボディガー&KAI


[81] fun◇fLongoRY - 2017/03/25(Sat) 13:48 ID:D/C69nXU  [No.107064]
連続投稿失礼します。

東スポ情報ですが、佐藤光留が「X=諏訪魔説」を完全否定したそうです。

Evolutionの佐藤光留は4月の超戦闘プロレスFMW青森大会(13日=弘前市河西体育センター、14日=青森市はまなす会館)で邪道軍と電流爆破デスマッチ2連戦を行う。青木篤志とともに名を連ねる自軍の「X」について「諏訪魔じゃないかって? 違う」と大仁田厚による「X=諏訪魔説」を完全否定。その上で「(初期FMWで活躍した)リー・ガク・スーかもしれない。オレがすごい選手を準備するから」と力説したとの事。

Xが誰なのか注目されます。



[82] fun◆fLongoRY - 2017/03/27(Mon) 08:56 ID:TOwP2oLo  [No.107073]
【夢力!2017ドリームパワーシリーズ】
3.26(日)長野・諏訪市清水町体育館

試合結果です。

<第1試合>信州プロレス提供試合
◯マスクド丸幸&◯とりせんひろし
8分26秒 体固め
×THEよっちゃん&×にんじゃりばんばん

<第2試合>シングルマッチ
◯岩本煌史
7分32秒 逆エビ固め
×岡田佑介

<第3試合>タッグマッチ
◯大森隆男&丸山敦
10分37秒 アックスボンバー→エビ固め
KAI&中島洋平×

<第4試合>6人タッグマッチ
秋山準&ケンドーカシン&井上雅央×
14分11秒 万力スリーパー
◯諏訪魔&青木篤志&佐藤光留

<第5試合>シングルマッチ
◯ジョードーリング
6分57秒 レボリューションボム
×青柳優馬

<第6試合>6人タッグマッチ
×宮原健斗&ジェイクリー&野村直矢
26分15秒 ジャックハマー
◯ゼウス&崔 領二&石川修司


[83] fun◆fLongoRY - 2017/03/28(Tue) 14:04 ID:FXvyw9M6  [No.107078]

新日本プロレス
4.13「LION’S GATE PROJECT4」新宿FACE大会に青柳優馬、岩本煌史の参戦が決定。
 
対戦カード
邪道&外道vs青柳優馬&岩本煌史


[84] fun◇fLongoRY - 2017/03/28(Tue) 14:05 ID:FXvyw9M6  [No.107079]
連続投稿失礼します。

【夢力!2017ドリームパワーシリーズ】
3.27(月)東京・新木場1stRing

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
青木篤志&岡田佑介×
11分13秒 飛びつきヒザ十字固め
◯田中稔&阿部史典

<第2試合>シングルマッチ
◯大森隆男
10分46秒 スライディングアックスボンバー→片エビ固め
×井上雅央

<第3試合>タッグマッチ
×中島洋平&岩本煌史
9分13秒 変型ジャーマンスープレックスホールド
◯野村直矢&青柳優馬

<第4試合>シングルマッチ
◯秋山準
8分49秒 フロントネックロック
×佐藤光留

<第5試合>タッグマッチ
◯諏訪魔&ジョー・ドーリング
13分10秒 万力スリーパー
岡林裕二&宇籐純久×

<第6試合>6人タッグマッチ
◯宮原健斗&関本大介&真霜拳號
37分17秒シャットダウンスープレックスホールド
×ゼウス&崔 領二&ジェイク・リー


[85] fun◇fLongoRY - 2017/03/31(Fri) 08:49 ID:vUEnZPfM  [No.107083]
 東スポ情報ですが青木篤志(39)がアジアタッグ王座奪還を誓ったそうです。

 暴走集団「エボリューション」に所属する青木、佐藤光留(36)、「X」の3人は、4月の超戦闘プロレスFMW青森大会2連戦(13日弘前、14日青森)に乗り込み、大仁田厚(59)率いる邪道軍と電流爆破戦に臨む。

 青木にとっては初の爆破戦で「一番やりたくない形式だった。あくまでアジアタッグを取り戻すため」と出場を決めた真意を説明した。同王座は昨年11月27日の両国大会で青木、佐藤組が流出させてしまい、大仁田、渕正信(63)組が第100代王者として君臨している。

 ところが青木の見解は厳しい。「王者の務めを果たしていない。誰も挑戦に名乗りを上げないのは大仁田と絡みたくないからだし、魅力がないんだよ」。だからこそ、王座を早急に取り戻す必要性を感じている。王者組は1月2日の後楽園大会で初防衛戦を行ったきりで、そもそもシリーズにすら同行していないからだ。

 くしくも自衛隊時代の2004年4月から13か月間、青森駐屯地に配属された青木にとって、決戦地は第2の故郷といえる。遭難危機に遭いながらも、訓練で過酷な雪中行軍を乗り切った経験も背中を後押しする。「あれがあったからメンタルは強いし、爆破にビビってられない。ここでアジア挑戦を認めさせる」。日本最古のベルトを再び輝かせるためにも“死のマット”を制圧する覚悟だ...との事。



[86] fun◇fLongoRY - 2017/04/10(Mon) 09:02 ID:hzT.eXbI  [No.107103]
東スポ情報ですが、社長の秋山準(47)が6日、春の祭典「チャンピオン・カーニバル(CC)」(16日、東京・後楽園ホールで開幕)改革を提言した。今大会は出場選手に名を連ねず、客観的立場から問題点を指摘。3冠ヘビー級選手権の“予選会”からの脱却を訴え、2年連続で3冠王者として臨む宮原健斗(28)に16年ぶり7人目の完全制覇を厳命したそうです。

 13度の出場経験があり、2013年に優勝も果たした秋山はCCからの撤退を表明。今大会の出場選手から名前が外れた。それでも「例年この時期はピリピリしてたけど、今年はリラックスできてるな(笑い)。でもこのメンバーだから、俺が出ないってことがクローズアップされてないでしょ!?」と話し、強豪14人の熱戦に期待をかけた。

 だからこそ、出場選手としては達成できなかったことを実現してほしい気持ちが強い。それがCCの権威向上だ。「3冠の予選会じゃないからね。あくまでリーグ戦のチャンピオンを決める戦いで、一つのブランドにしないと」

 かつては「春の風物詩」として君臨していたが、ここ最近は位置づけが変わってきた。理由の一つが、優勝者が3冠王座に挑戦する流れができているからだ。裏を返せば、王者が優勝を逃すという状況が続いているのだが、秋山は「優勝者が別に3冠に挑戦しなくてもいいし、優勝だけで終わってもいいと思う。CC優勝者と3冠王者は別物なんだから」と持論を展開。これならば優勝者は3冠王者と同等以上の価値があると認められる。

 さらに「王者が優勝するのが一番分かりやすい。ずっとそういうのがないから、優勝してもらいたいね。(現状は)『ベルトを持っている人』というだけで、ベルトを持って優勝した時が初めて真の王者。全日本の1位になれる」と強調し、3冠王者の宮原に優勝を義務づけた。

 王者での祭典制覇は過去6人が達成しているが、01年の天龍源一郎を最後に誰も成し遂げていない。一方で注目選手には「ゼウスだね。引っ張っていこうという気概を感じる」と話し、V争いの激化にも期待している。

 この日(6日)は団体スポンサーを務める「KU歯科クリニック」(東京・渋谷区)にあいさつに訪れるなど、社長業にいそしんだ。「体力もそうだし運もそう。優勝するにはいろいろ持ち合わせないとね」と全出場選手にハッパをかけ、祭典開幕を心待ちにしているとの事。


[87] fun◆fLongoRY - 2017/04/12(Wed) 23:46 ID:2KBZMqPs  [No.107122]
1月3日後楽園大会より怪我の為欠場していた和田京平レフェリーが
『2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜』【開幕戦】
4月16日(日)後楽園大会にて復帰するそうです。


[88] fun◆fLongoRY - 2017/04/12(Wed) 23:46 ID:2KBZMqPs  [No.107123]
連続投稿失礼します。

『超力! 2017 スーパーパワーシリーズ』【最終戦】
5月21日(日)後楽園大会にてGAORA TVチャンピオンシップが決定。


「超力! 2017 スーパーパワーシリーズ」
5月21日(日) 12:00   東京・後楽園ホール 【最終戦】

GAORA TVチャンピオンシップ 60分1本勝負
【第15代王者】秋山準 vs 長井満也【挑戦者】


長井満也のコメントです。 
「GAORA TV チャンピオン タイトルマッチがやっと5月21日に決まった様だな。
 秋山選手の言うようにこの試合は何でも有りでやらせてもらう。
 その赤いベルトをこの俺様が面白くしてやるよ。」
                       DARK NIGHTMARE 長井満也 


[89] fun◆fLongoRY - 2017/04/13(Thu) 23:09 ID:Xmtl.k3U  [No.107126]
東スポ情報ですが大森隆男(47)が12日、3年ぶり2度目の「チャンピオン・カーニバル(CC)」(16日、後楽園で開幕)制覇を誓ったそうです。

「出るからには優勝を狙う」。大森は参加14選手中最多となる14度目の出場。2度目の出場となる野村直矢(23)、大日本プロレスから初出場する橋本大地(25)など若手が参戦する中でも動じることはない。

 胸には2つの支えがある。今年からCC撤退を決めた同期の秋山準(47)から「お前もやめるか?」と問われたことがあった。だが大森は「燃え尽きるぐらいやりたい」と返答。秋山からは「頑張ってほしい」とエールを送られた。

 さらに10、11日にプロモーション活動で東北地方を訪れた際に「ノーフィアーの時、見ていました」と声をかけられ、昔から応援してくれているファンがいることを実感した。「励みになります。全日本が優勝を取り返したい(昨年覇者は大日本の関本大介)」。斧戦士が春の祭典で躍動する…。


[90] fun◆fLongoRY - 2017/04/13(Thu) 23:10 ID:Xmtl.k3U  [No.107127]
連続投稿失礼します。

新日本プロレス
LION’S GATE PROJECT4
4月13日(木)東京・新宿FACE

参戦試合の結果です。

第3試合 20分1本勝負
〇邪道&外道
13分30秒  クロスフェイスオブ・JADO
岩本 煌史&青柳 優馬×


[91] fun◇fLongoRY - 2017/04/15(Sat) 08:06 ID:v82Uao1M  [No.107129]
東スポ情報ですが邪道・大仁田厚(59)が13日、全日本プロレスに最後通告を突き付けたそうです。この日の超戦闘プロレスFMW弘前大会(青森・弘前市河西体育センター)では暴走男・諏訪魔(40)率いるユニット「エボリューション」に電流爆破戦で快勝したが、肝心の諏訪魔がまさかのボイコット。怒り心頭の邪道は、諏訪魔との電流爆破戦を7月2日に神奈川県内で開催すると強行発表…。

 大仁田のFMW軍(大仁田、保坂秀樹、雷神矢口)は、全日本の暴走軍と電流爆破6人タッグデスマッチで激突。だが暴走軍メンバーは青木篤志(39)と佐藤光留(36)、そして「X」とされていたもう一人は謎の怪人・ギリーマンだった。

 再三の呼び掛けにもかかわらず、やはり諏訪魔は現れなかった。肩透かしを食らった大仁田は緊張の糸が切れたのか、青木と佐藤の手によりいきなり被弾してしまう。苦しい立ち上がりとなったが、青木に机上へのパイルドライバーを決めてペースを取り戻すと、最後は佐藤に爆破バットを一閃。全日本勢に快勝した。

 ただし顔に泥を塗られた邪道は怒り心頭で「もう決定じゃ。チキン諏訪魔と7月2日に電流爆破をやる。場所は諏訪魔の地元であり、全日本の事務所がある神奈川だ」と一方的に発表。当然、諏訪魔と全日本側は了承しておらず、猛反発が予想される。それを見越したかのように「もしノーと言うなら(渕正信と保持する)アジアタッグの防衛戦は二度とやらない。全日本からの『功労賞』としてもらうことにする」と勝手な理論を展開した。

 10月に予定する引退試合まで防衛戦を行わないまま、第100代アジアタッグ王者としてプロレス人生を終えるという。「そろそろチャンピオン・カーニバルの季節だろ。チキン諏訪魔よ、優勝して、チャンカン覇者として爆破のリングに上がって来い。あと明日(14日の青森大会で)あの毛むくじゃらの正体を暴いてやる。諏訪魔じゃなければ誰じゃ?」。日本最古のベルトを“人質”に取られた全日本側がどう対応するのか、注目されます。


[92] fun◆fLongoRY - 2017/04/16(Sun) 08:35 ID:MTd79KXo  [No.107136]
宮原健斗が三冠王者としてのチャンピオンカーニバル制覇に意欲を見せたそうです。

15日、「東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ」で春の祭典「チャンピオン・カーニバル(CC)」(16日、後楽園ホールで開幕)の全体会見を行い、崔領二(36)を除く出場13選手が出席。

 決戦に向けて各選手が意気込みを語る中、存在感を見せつけたのが3冠ヘビー級王者・宮原健斗。「3冠チャンピオンが優勝すれば16年ぶり。まさに俺にふさわしい。全日本プロレスの歴史と記録を全部、宮原健斗にします。優勝してほしい選手は宮原健斗です」とナルシシストぶり全開で豪語。

 4度目の出場となる祭典に王者として臨むのは、昨年大会に続いて2度目。昨年は優勝決定戦の舞台に進むこともできなかった。しかも3冠王者でのCC制覇は過去6人が達成しているが、2001年の天龍源一郎を最後に誰も成し遂げていない。だからこそ16年ぶりの快挙達成を狙う気持ちは強い。

 同じAブロックには前年度覇者の関本大介(36=大日本プロレス)をはじめ世界タッグ王者のゼウス(35)、ジョー・ドーリグ(34)ら強豪揃い。さらにBブロックの選手からも優勝決定戦の相手に指名された。

 それでも「(王者が優勝できないのは)出場選手のレベルが高いからだと思う。ボクがスランプとかではないし、かえって身が引き締まる。ベルトを巻いている限りは狙われるのは当たり前。2017年は全日本プロレスの巻き返しの年だと思ってる。俺が優勝しないといけない使命がある」と強気に言い放ち、集まったファンから絶大な支持を受けたそうです。



[93] fun◆fLongoRY - 2017/04/17(Mon) 07:50 ID:JZ1T7lI.  [No.107138]
『2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜』
4月16日(日)東京・後楽園ホール 観衆:1588人(超満員札止め)

試合結果です。

選手入場式

<第1試合>Jr.スクランブルプレミアム8人タッグマッチ 20分1本勝負
青木篤志&○佐藤光留&ウルティモ・ドラゴン&田中稔
8分34秒 捕獲式腕ひしぎ逆十字
×中島洋平&岩本煌史&青柳優馬&丸山敦

<第2試合>8人タッグマッチ 30分1本勝負
秋山準&ドリー・ファンクJr.&○西村修&吉江豊
5分50秒 グラウンド式アバラ折り
大森隆男&渕正信&崔領二&ダルトン・デリック×

<第3試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
×野村直矢
5分8秒 シャイニングウィザード→片エビ固め
○橋本大地

<第4試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負  
○ボディガー
7分48秒 ハイキック→片エビ固め
×真霜拳號

<第5試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
×ゼウス
9分23秒 メテオインパクト→片エビ固め
○KAI

<第6試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
○宮原健斗
13分55秒 シャットダウン・スープレックスホールド
×ジェイク・リー

<第7試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
○ジョー・ドーリング
6分42秒 レボリューションボム→エビ固め
×関本大介

<第8試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
○諏訪魔
13分48秒 バックドロップホールド
×石川修司



 試合開始前に選手入場式が行われ、チャンピオン・カーニバルに出場する全選手が入場し、前年度覇者の関本がトロフィーを返還。
 ドリー・ファンクJr.による開会宣言が行われ、ドリーが出場選手一人一人と握手。しかし、しびれを切らしたジョー・ドーリングが周囲の選手を襲撃。リング上では出場選手同士の乱闘が始まってしまう。
 しかし、エプロンサイドへ上がったドリーがジョーに睨みをきかせると、ジョーは暴れるのを止め、渋々といった様子で退場していったそうです。


[94] fun◆fLongoRY - 2017/04/17(Mon) 07:50 ID:JZ1T7lI.  [No.107139]
『2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜』
4月16日(日)東京・後楽園ホール

この日に公式戦を行った各選手のコメントです。

橋本大地
――初参戦のチャンピオン・カーニバルで白星スタートを飾りました
「チャンピオン・カーニバル、楽しんだもの勝ちだよね。楽しんだから今日勝てたと思うし、このまま楽しんでやりたいと思ってる。そこでやっぱ関本大介が決勝で待ってるはずだから。全日本プロレスのリングで、大日本のプロレスを見せてやる。俺と大将、関本大介で。なんべんも言うぞ。全日本プロレスのリングで大日本のプロレスを見せてやる!」

ボディガー
――真霜選手は昨年も同じブロックでしたが、今年はその時の借りを返してのスタートとなりました
「去年はクイックでやられて、今日はそれをすごく警戒していた。絶対関節技でやられるだろうというのは覚悟していて。まぁまぁなんとかしのいで、ハイキックにまでつなげて勝利をもぎ取れてよかったです」
――右足をかなり攻められ、開幕戦からダメージを受けることとなりました
「チャンピオン・カーニバル。ケガなしで終われないのはわかっている。いきなり第一戦でちょっと大きなケガが。どうなっているのはわからないけど、明日いち日はさむんで、体調を整えてまた次の試合に備えます。今日はなんとしても勝ちたかった。第一戦なんで。とりあえず今日、勝利できたっていうことでうれしいです。まぁそういうこっちゃ。期待しておいてや!」

KAI
「凄すぎるよ。想像していた以上に……このチャンピオン・カーニバル!凄すぎるよ。いやでもだからこそね!……ヤベェ。ここに出られたことは光栄だし、毎日凄いメンバーとシングルマッチで当たれるっていうのはね。」
――しかも初戦を新技(メテオ・インパクト)で決めました
「食らったことないからね、みんなね。大きい選手は自分の体重で落ちていくからモロ頭にね」
――今日からコスチュームも黒になりました
「白黒つけるってことでしょう、勝負は!……いやぁ刺激的だわ。楽しすぎる。これを俺は求めていた。戦いの場だなって今日改めて感じましたね。やっぱ俺シングルマッチ、好きなんだなって。楽しみ。当たって砕けろの精神で行くけど砕けないよ。俺は生き残ります!」



[95] fun◆fLongoRY - 2017/04/17(Mon) 07:51 ID:JZ1T7lI.  [No.107140]
連続投稿失礼します。

『2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜』
4月16日(日)東京・後楽園ホール

この日に公式戦を行った各選手のコメントです。

宮原健斗
――三冠王者として臨んだチャンピオン・カーニバルでしたが、初戦はパートナー対決を制してのスタートでした
「俺は彼のことをライバルと思っているから。決して仲間じゃないし、プロレスラーとしてのいちライバルだ。ジェイク・リー、次やる時はね、俺は待ってるから。このベルトを持っていつでも待ってるから。チャンピオン・カーニバル。優勝すれば(三冠王者の優勝は)16年ぶりか。もう2017年で、全日本プロレスで何十年ぶりだとか、昔話とはサヨナラだから。もう2017年で記録、記憶すべてこの俺が塗り替える。そのためにもこのチャンピオン・カーニバル。優勝あるのみ。俺が2017年、主役になるためにチャンピオン・カーニバルの優勝者の称号。必ず獲る!」

関本大介
――関本選手が力負けした試合を見るのがいつ以来になるかも思い出せないほどですが……
「……くそ!まったく歯が立たなかったですね。ちくしょう!これほど人種の差を感じたことは初めてです。力が強い」
――今日は敗れてしまいましたが、関本選手の参戦に期待しているファンの声を強く感じました
「とにかく今日は負けから始まりましたけど、どん底から這い上がります!ありがとうございました!」

諏訪魔
「石川修司、初めてやったけど、強いわ。ヘッドバットで額が割れるってあんまないんだけどね。いやぁいるね!面白いヤツがたくさん。この初戦を突破したんでどこまで行けるか挑戦したいなって思いますね」
――昨年はアキレス腱断裂で欠場でした。チャンピオン・カーニバルに戻ってきたという感覚があるのではないですか?
「そうだね。この緊張感というのは独特で、試合の一週間前からそわそわするというか。厳しいリーグ戦だなと改めて(思うね)。やっぱりこうやって雑音のない戦いっていうのかな。これが一番じゃないかって思う」
――石川選手とはまたやりたいですか?
「やってみたいねぇ。向こうは駆け引きをしていたろうし、計算しているところもあるんだろうけど、どこかでね。またやりたいね。これだけ面白い相手がいたんだね(笑)」



[96] fun◇fLongoRY - 2017/04/19(Wed) 11:33 ID:QOAy/6PM  [No.107149]
遅くなりますが柴田惣一さんの「プロレスTODAY」にCC開幕前に掲載された石川修司のインタビューです。

蘇る大巨人、全日本プロレス「チャンピオン・カーニバル」に挑む!
その巨体と圧倒的パワーで、昨年のインディープロレス業界を席巻した石川修司。今年はプロレス界全土に覇を唱えるべく、全日本プロレスのチャンピオン・カーニバルに挑む。

【石川修司選手インタビュー】@

<巨体の作り方、そしてメンテナンス>

――一月下旬に病気で欠場されましたね。どういう病気だったのでしょうか?

石川:手術自体は三泊四日ぐらいで退院したんですけど、病気が鼠径ヘルニアで、力むとダメだと言われて、下半身のトレーニングができていなかった。一ヶ月は腹圧の負担をかけられないので、トレーニングも最初はジョギングから。退院して一ヶ月で復帰したけど、復帰時は七割程度でした。全快よりも、まず復帰を目標にしたほうがトレーニングもできると思ったので。

――怪我は長年の怪我の蓄積でしょうか?

石川:病気になるタイミングがわからないんです。トレーニング仲間にも同じ病気の人がいるんですけど、デッドリフトやスクワットで力むのがよくないみたい。体の中には膜があって、その膜が小腸を押さえているけど、加齢とともに膜に隙間ができて、内臓の脂肪や臓器が隙間から垂れて、出てしまう病気です。手術自体は簡単らしいけど、メッシュで隙間を埋めてもらいました。麻酔も下半身だけですね。

――終わった後は痛いですか?

石川:その日は痛かったですね。しかもベッドが硬くて、腰痛持ちには二重苦でした。僕の場合は三泊四日だったけど、退屈だったし、長く入院していると嫌になるでしょうね。

――特にカテーテルは辛いですよね。

石川:トラウマです。高校時代に手術した時、カテーテルを抜くときに超痛くて……。今回もそれを覚悟していたら、それほど痛くなかった。プロレスで痛いことばかりやってるから、痛みに鈍くなってきたのかなと(笑) 昔の方がビックリするくらい痛かった。だけどトイレでも痛いし、手術よりそっちの方が嫌でした。

――二度と手術をしたくないですよね。体には気を付けないといけませんね。

石川:健康じゃないとプロレスはできませんからね。

――腰痛はどうやってケアしていますか?

石川:マッサージとか、鍼とか。あとはセルフケア。退院してから、トレーニングも変わりました。練習を休んでいた分もあって、負荷をかけるトレーニングをすると、体にダメージが来る。練習の重さは変わらないけど、ケガをしないように、トレーニング前後のマッサージや準備体操、ストレッチを増やしました。今は、ケアを大事にしています。

――食べ物や飲み物には注意されていますか? お酢を飲んだりとか?

石川:酢はないです(笑) 夕食の時に炭水化物をとらないようにしています。去年の両国の時に140kgあった体重を130kgに落として、その体重をキープしようと思っています。入院していた時は病院食で、間食もしなかったので、体重も125kgまで落ちました。だけど「やせた」と言われるのが嫌いなので(笑)、その時だけは夜にラーメンとか食べて無理やり130kgまで戻して、それをキープしています。

――140kgと130kgで違いを感じますか?

石川:正直あまり変わらないです。ただ年齢もあるので、ひざや腰に負担がかかるのを和らげようと思って。動きはあまり変わらないはずです。

――石川さんは大きいから、マッサージをする人も大変でしょう。

石川:いつも行っているのは、DDTが経営している、新宿御苑の新宿ぎょえん整骨院です。

――レスラーさん御用達ですね。

石川:レスラーの松永選手が院長だから、どこが悪いかもわかりやすいし、当然力もある。

――年齢的には、筋トレと同時にストレッチも多めにやっていかないといけないのでしょうか。

石川:試合前も筋トレをするけど、同等かそれ以上にストレッチをしています。

――サラリーマンでも、室内でパソコンを使ってばかりいると、体が丸くなったり猫背になったり、腰も痛くなりますね。ストレッチで、負荷がかなり軽くなります。格闘家の方々にも、加齢に従ってストレッチを重視する文化が根付いてきたそうです。

石川:ストレッチをしていないと急に体を動かすのが怖くなります。

――体はもともと柔らかいほう?

石川:固い。今までは勢いでずっとやってきたけど、勢いだけじゃまずいと思っています。試合が終わった後に、関係ないところを痛めたりするので、ケアは今まで以上にやるようになりました。

――石川さんの重量級のパワーをいろいろなレスラーに味わわせるのは醍醐味ですね。重量級の選手が重い技を入れるのは、見ていて面白いです。柴田編集長に言わせれば「大きいことはいいことだ」ですね。近年のプロレスラーは少しずつ小さくなってきたので、その中では石川さんの存在感は圧倒的です。

石川:自分より大きい人が入らないように目を光らせてますから(笑)

――そこまで体重が大きくなったわけではないんですね。

石川:もともとは、体重100kgくらいでしたから。

――どうやって増量を成功させたんですか?

石川:何の努力をしたかと言われると、わからないです。普通に筋トレして、タンパク質を食事で摂っているだけです。最近はサラダチキンも普通に売ってるし、納豆・豆腐・大豆と、タンパク質を摂取するようにはしていたけど、一日六回プロテインを飲んで、みたいなことはしていません。それでも体重が毎年3kgくらい増えていって、130kg〜140kgに上げてから、それを落としていきました。トレーニングは、レフリーの和田良覚さんからトレーニングを学んでから、トレーニングの質が変わりました。それまでは、デッドリフトやスクワットがきついので逃げていた傾向があったんですが、和田さんは下半身が強くないと力がつかないという持論の人だったので、教わってトレーニングをしてから、一気に体の質も変わってきた感じがします。ベンチプレスなんかは、やりやすいというか、あまりつらくないんです。ベンチプレスは胸が大きくなったり、成果もわかりやすく出るので楽しいんですよ。きついのは一番下、下半身です。ケツがデカい方がいいと言いますから。

――石川さんはうまく増量できたんですね。

石川:増量の負担で動きが悪くなってしまうと意味がありません。年間で徐々に体重をじっくり増やしていかないと、体がついていきません。すこしづつ増えた事で体へ影響や負担もそれほどありませんでした。

――理想形ですね。ちなみに、ご両親は体が大きいですか?

石川:父親は175cm、母親は162cm。自分、末っ子なんですよ。姉が170cm、兄貴が185cmあって、末っ子はさらに大きくなった(笑)

――日本人ヘビー級の中で重量感が桁違いで、説得力があります。魔界で剣を振り回された日には大変ですよね。

石川:目が悪くて、暗いとお客さんが見えないんですよ。プロレスファンじゃない人が多いから、乱闘の経験がないので、お客さんが逃げてくれない。舞台では、そもそもそういうことしませんからね……。

<憧れの全日本プロレスへ。力と力のぶつかり合い>

――全日本プロレスのチャンピオン・カーニバルに参戦ということで、意気込みを聞かせてください。

石川:もともと、ジャンボ鶴田さんが大好きだったんです。僕は岩手出身なんですけど、中学校時代に全日本プロレスの中継がなくなってしまって、熱が冷めてしまいました。ところが高校の友人が三沢さんファンで、ビデオや週刊プロレス・週刊ゴングを見せられて、さらに、今はFREEDOMS代表の佐々木貴さんが柔道部の先輩になって、柔道部に行っても友達に会ってもプロレス漬けになりました。そのころから全日本プロレスを見ているので、今は形が違うかもしれないけど、「全日本プロレス」というワードには特に弱いです。緊張して、背筋がピンとなってしまいます。

――チャンピオンクラスがひしめき合う大イベントですからね。シリーズ名がずっと変わっていないので、ジャンボ鶴田さん含め歴代の大物の歴史を感じます。カーニバルトロフィーは持ってみたいですね。

石川:「チャンピオン・カーニバル」の名前自体に重みがあるので、それに恥じないようにというプレッシャーがあります。ワクワクもしますけど、緊張もします。

――全日本プロレスのリングは何度か上がっていらっしゃいますが、今回の対戦相手の中で、初対戦の選手はいますか?

石川:タッグマッチでは、自分の入ったBブロックの選手は全員経験しています。初戦の諏訪魔選手は、はじめてのシングル戦です。

――初めから凄い試合ですね。見どころがあります。

石川:どの組み合わせも大事なんですけど、初戦の諏訪魔戦が自分の中では一番大事。もちろん勝ちたいですが、もし負けたとしても、チャンピオン・カーニバルで石川に賭けられるという内容を見せないといけません。それを見せないと、お客さんも私のチャンピオン・カーニバルでの闘いに乗れない。いろいろな思いがありますが、すべて初戦にかかっています。

――全日本プロレスも粋なことをしてきますね。注目を浴びる初戦に、日本人ヘビーの醍醐味を見せられる、石川選手対諏訪魔選手をぶつけてきました!

石川:期待に応えられるような内容を見せて、勝ちたい。自分も楽しみです。

――諏訪魔さんは体格もいいし、ジャンボ鶴田さんを思い出させるナチュラルなパワーが魅力ですね。

石川:今は宮原選手がチャンピオンだけど、ファンは諏訪魔選手が最強だと思っているはず。そういう選手とシングルマッチで当たれるのはすごく楽しみです。

――相手の技を受けるのを見るのもワクワクしますけど、石川さんがジャイアントプレス、ニーリフトで決めるのを見てみたいです。日本人同士の激しい試合が見れるのはいいけど、当たりが強そうです。

石川:そういうのが好きなんで、全然大丈夫です。

――ダメージも大変じゃないですか。初戦で何かありそうな気がします。

石川:初戦でリタイアになったら大変です(笑) 完走しないといけないけど、そこでセーブするわけにもいかない。内容も残して、チャンピオン・カーニバルの名に恥じない戦いをしたい。神頼みしてきて、運も味方につけて(笑)

――全日本プロレスには、日本人の重量級クラスが集まっています。デカい人と戦うのは楽しいですか?

石川:しんどいですけど、ぶつかり合っていると楽しいです。例えば凄いクローズラインをもらうと、ただただ感心してしまう。サイズが小さい人も技術を持っていて楽しいですけど、いつもやっている関本選手や岡林選手、全日本ならゼウス選手とかとやっていると、力のぶつかり合いが楽しくなる。体がデカい人たちとぶつかっていると、楽しいですね。

――見ている方も楽しいです。レスラーが楽しんでいる様子が観客に伝わるんです。昔は全日本プロレスと言えばハードヒットでカウント2.9プロレス、ギリギリ限界までを四天王プロレスでやってましたけど、その前は鶴龍対決で日本人最高峰の戦いを見せていました。その頃のレベルの戦いを、諏訪魔さんと石川さんの戦いで見れるのではと期待します。

石川:期待を裏切らない試合をしないといけません。

――チャンピオン・カーニバルに向けて、特別な技を用意していますか?

石川:僕がいつも練習している相手は飯伏選手とかなので、相手の体重が軽いんです。今回当たるのはヘビー級なので、練習ではうまく決まるけど、本番で使っていいかわからない技があります。これから精度を高めていくところです。

――新しい技でインパクトを残す勝利は見てみたいですね。ほかに、注目する選手はいらっしゃいますか?

石川:初対決ではないけど、KAIENTAI-DOJOの真霜拳號選手が同じブロックですね。もう僕はフリーですけど、大日本の関本選手とKAIENTAI-DOJOの真霜選手はインディーの中でトップをやってきた相手で、僕よりもキャリアがある相手なので、彼らと自分で、リーグ戦で張り合えるのが楽しいし、真霜選手と久しぶりにシングルマッチで戦えるのが楽しみです。今まで一勝一敗だったと思うので。

――真霜さんも器用ですよね。

石川:我が道を行く真霜拳號スタイルで、似ている選手がいない。蹴りも使えるけどいろいろなことができるし、真霜スタイルというか、多彩ですね。

――チャンピオン・カーニバルの前年度覇者は関本さんですけど、今年度は石川さんに期待です。石川さんはDDTでは「KING OF DDTトーナメント」優勝、大日本プロレスでも、去年、その前と「一騎当千」で二連覇です。いよいよ老舗メジャーと呼ばれる全日本プロレスを制覇したら、石川修司さんがプロレス界を席巻することになります……。

石川:そこまで行きたいと思いますけど、そう簡単な相手ではないので……。

――別ブロックですけど、ジョー・ドーリングと石川さんがやったら面白いと思います。相手も、ものすごいパワーがありますし。

石川:シングルでもタッグでも、当たったことは一回もない相手です。僕が言うのもなんですけど、でかいですよね。

――曙選手とは戦ったことがありますよね。どうでした?

石川:瞬間的な速さがあるんです。遅いイメージですけど、瞬間的に動いて、グローブみたいな張り手を喰らいました。気がづいたらぶっ倒れてる。

――タックルでぶつかった時は凄かった。石川さんの力でも、曙さんは倒れませんね。

石川:倒してやろうと思って思いっきりいきましたけど、相撲界の頂点を獲った人はパワーが違います。体重も違いますけど。

――浜亮太さんも、ゴムまりみたいな迫力があります。

石川:重いですよね。たまに戦う時に場外で相撲を取るんですけど、びくともしません(笑) 投げてやろうと思いますけど、動きません。220kgは伊達じゃないですね。

――あの体をキープし続けること自体が凄い。

石川:会うたびに、失礼ながらあと何年この体をキープできるんだろう、内臓とか脚とか大丈夫だろうか?って思いますね。怪物です。




[97] fun◇fLongoRY - 2017/04/19(Wed) 11:33 ID:QOAy/6PM  [No.107150]
【石川修司選手インタビュー】A

<王道と挑戦。大日本プロレスとDDT>

――石川選手はDDTにも参戦されています。DAMNATIONで、なんとも面白いポジションにいらっしゃる。石川さんがしゃべろうとすると邪魔される。DAMNATION入りのきっかけは何だったんですか?

石川:佐々木大輔選手のところにパートナーがいないということで、パートナー探しの中で、自分が呼ばれました。

――仲がいいというか、微妙な空気感が、いい雰囲気のチームなんだろうなという感じがします。

石川:僕がいつも大日本で戦っているのが基本スタイル。DAMNATIONはユニットとしてはヒールですけど、素直な気持ちをリングで発言していたらカリスマに蹴られ始めて、こういう感じになりました。

――DAMNATIONのおかげで、石川さんの幅が広くなった気がします。無骨な戦いを主戦場とされる石川さんがDAMNATION入りすることで、人間味が出てきているんじゃないかと思います。それがお客さんに伝わるのが、いいですね。

石川:主となる戦いやスタイルはぶれたくないですけど、そこがしっかりしているならば、いろいろなことをできたほうがいい。せっかくプロレスをやっているなら、デスマッチもやってきたので、いろいろなことも体験したいです。

――大日本プロレスでは佐藤耕平選手とのツインタワーズで参戦されています。素晴らしいですね。

石川:自分としては大切なパートナーですね。

――お互いが厳しい攻めをやっています。

石川:はじめて組んだ時が岡林選手が欠場した時で、そこで急きょ六人タッグで組んで、ビビビと来ました。松田聖子的な(笑)やってみてすぐ、これは凄いと思いました。初めてタッグを組んだ時に、とてもやりやすくて、本当にビビビときた(笑)。会社もそう感じたと思う。そこからタッグが組まれたんですよ。

――ふたりがハードヒットな攻めを若手に見せたり、(橋本)大地君や神谷君に思いっきり入れたりするじゃないですか。向こうも挑発的にやってくる場合も多いから、それがメチャクチャ面白い。

石川:神谷選手なんかは、最初ボッコボコにして、息も絶え絶えにしたと思ったら、若さと猛練習で力をつけてきて、心も折れず激しい攻撃を返してきた。戦っていながら成長を感じます。今でいえば野村選手とか、ボコボコにしても向かってくるので、大日本の若手は凄いなと思います。

――野村君は驚異の新人です。あれだけ相手に向かっていくのは凄い。

石川:キャリアも一年くらいですよね。大日本プロレスの宝だと思いますよ。本人はこのまま戦っていけばいいんですけど、向かっていく意思に惹きつけられる。ああいうのは天性のもので、教えられるものではない。本人の気持ちや表情、負けん気とかを含めて、ほかの人にはないものを持っていますね。

――初めて見た人でも応援したくなるような何かを持ってます。

石川:ツインタワーズと野村との戦いが多くて、これは野村のための試合だと(笑)腹が立つけど、しょうがないからボコボコにする(笑)

――耕平さんもボコボコにしてますね。ボコボコにするから光ると思うんですよ。

石川:ボコボコにして、向かってきて……大日本の若手は向かってきますね。心折れずに向かってくるのが、楽しいです。

――耕平さんとの阿吽の呼吸を感じることはありますか?

石川:組んでて長いんで、ここが決め時だとか、もっといたぶろうかとか、そういうのは伝わります。だけど、あまりに耕平さんの蹴りがエグいと、これ以上やったら死んでしまうと思って、僕は優しくしたり(笑)

――激しい攻撃やられたら、普通は耐えられないですよ。

石川:耕平さんの攻撃を見て、パートナーでよかったと思いますね。

――今度はDAMNATIONで当たりますね。

石川:楽しみです。

――信頼できるパートナーがいるから、関本選手・岡林選手とベストバウト級の戦いができるのでしょうね。

石川:関本・岡林と対面するときは、隣には耕平さんがいてほしい。この四人でしかできない戦いをしたいです。

――この四人は凄くハイレベルになってる気がします。昔、鶴龍コンビで天龍さんとジャンボ鶴田さんが組んでいた時と、長州さんと谷津さんが組んでいるときの試合を見ているかのような、インターナショナルタッグ選手権を賭けて戦っているときのような気持ちになりましたね。でかい人たちが、無駄を排除して、内容だけでプロレスしている。肉体と肉体のぶつかり合いだけで後楽園ホールを熱狂させているのは凄い。ファン目線ですけど、後楽園ホールが揺れて、みんなが燃えている。単純にプロレスだけであそこまで興奮させられるのは凄いと思います。これからもそういう試合を見続けていきたい。

石川:できるように頑張ります。

――実際、大日本プロレスの石川さんはすごくいいです。関本さん・岡林さんの戦いがマッチしています。

石川:やってて楽しいです。凄い二人なので、彼らと戦っているとレスラーってすごいと思います。大日本プロレスのアットホーム感、一致団結感は、中に混ざるとすごく心地いいんです。何も考えず、ただ激しくぶつかっていられるのがすごく幸せな時間だと思う。自分がいらないと言われるまで関わっていきたいです(笑)

――日本人のヘビー級としてトップクラスの体格なので、需要はいくらでもあるはずですから、いろいろな団体にどんどん出ていってほしいです。

<絆と冒険。FREEDOMSと魔界>

――高校時代の先輩である佐々木貴さんのFREEDOMSにも参戦されていますが、こないだは学生服みたいな恰好で(笑)

石川:195cm用の衣装をもらったんですが、全然サイズが合わない(笑)

――佐々木さんとは何年違いですか?

石川:一年です。僕がレスラーになる時に、貴さんがDDTでレスラーやってるって知ったので、そこに入ったんですが、ちょっとしたらやめちゃって。僕もいなくなったんですが、それでも縁は続いていて、FREEDOMSに時々呼んでもらっています。

――どういう先輩ですか?

石川:男気が熱いですね。生徒会長をやっていたので、まじめですね。今でも生徒会長の頃のままな気がします。みんなをまとめる感じで。

――昔からあまり変わらないんですか?

石川:昔はもうちょっとおとなしかった。そんなに熱く語る方ではなかったんですが、レスラーになってから、どんどん主張やリーダーシップは強くなった感じがいます。

――団体の長ですから、アピールすべき立場なのでしょう。石川さんと佐々木さんのいい関係が、高校以来ずっと続いているんですね。

石川:佐々木さんがいなかったら、間違いなく自分はプロレスをやっていませんでした。感謝ですね。

――魔界では、全然しゃべらないですね。

石川:みんなしゃべってますね。しゃべってないのは僕と真霜さんくらいじゃないですか(笑) だけどそもそも僕はしゃべらなくていいような気がしているんです。昔、魔界が漫画化しようとしたことがあったんですよ。他のキャラクターはみんな人間なんですけど、僕のキャラクターは土から出てきて、ぬりかべみたいな感じで、10mくらいのキャラになってて、もはや人間じゃない。これならしゃべらなくていい(笑)

――石川さんは依頼されたらしゃべる準備もできているんですか?

石川:いやー、できてないですね。みんなすごく大変だと思いますよ。AKIRAさんは凄い。前半から出ていてずっとセリフをしゃべって、試合もして、またしゃべる。演技もやっていて、とにかく凄い。別の意味で、化け物というか、プロフェッショナルだと思います。

――新納さんも、セリフがあると緊張感が違うとおっしゃってました。

石川:彼は魔界をやって少し変わった気がしますね。飄々として、もともとすごいポテンシャルを持ってて、ルックスもいいけど、自己主張をしない人だった。魔界に入ってから、それが変わってきたのは感じています。

――TARUさんや葛西さんも、生き生きやってますね。

石川:TARUさんとか、演劇のワークショップに行ってるんですよね。

――プロレスラーばかりになって女の子が辞めていく(笑)

石川:TARUさんは堅気の人には見えないから(笑)

――魔界のリングはどうですか? ロープがないので、今までと違う部分も多いかと思いますけど。

石川:プロレスも表現力が大事ですけど、僕はそういうのにすごく疎かったので、見ていて勉強になります。異業種の人とのコラボが刺激になります。まあ僕は基本的に暴れているだけなので、アトラクション担当です。

――大暴れしてくれると楽しいですね。バラモン兄弟ともまた違う悲鳴が上がりますね。

石川:これで何人くらい来なくなるのかなとは思いますけど(笑)

――お客さんも、スリリングな楽しみ方があることを分かってきたのでは。

石川:ロープがないというのは新しくて、刀を振り回すのもなかったので面白いです。

――石川さんとしてこれから、チャレンジしてみたいと思うことはありますか?……ラブシーンとか?

石川:それはちょっと……(笑)

――急展開で人間的な感情が入ってくるとか、志田光さんと石川さんのラブシーンとか……(笑)

石川:映画版のジャイアンみたいに、突然いい人になる(笑)

――魔界は何が起こるかわからない奇想天外な世界ですから。

石川:海外向けコンテンツとしても面白いですね。プロレスに敷居の高さを感じる人も、魔界だと入りやすいかもしれません。歌手の方や俳優など、いろいろ広まっていけばいいと思います。

――魔界の中でも、石川さんのラブシーンがあるかもしれませんね。

石川:今年はそれを目標に(笑)


[98] fun◇fLongoRY - 2017/04/19(Wed) 11:40 ID:QOAy/6PM  [No.107151]
連続投稿失礼します。

「2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜」
4.18(火)福島・ビッグパレットふくしま(郡山) [観衆] 514人(満員)

試合結果です。

<第1試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
×崔 領ニ【1敗=0点】
9分55秒 メテオインパクト→片エビ固め
○KAI【2勝=4点】

<第2試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
×ボディガー【1勝1敗=2点】
5分22秒 ライジングDDT→片エビ固め
○橋本大地【2勝=4点】

<第3試合>8人タッグマッチ 30分1本勝負
○秋山準&ドリー・ファンクJr.&石川修司&ウルティモ・ドラゴン
7分08秒 エクスプロイダー→片エビ固め
関本大介&西村修&岩本煌史&中島洋平×

<第4試合>8人タッグマッチ 30分1本勝負
○宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢&青柳優馬
13分38秒 ブラックアウト→体固め
諏訪魔&青木篤志&佐藤光留&ダルトン・デリック×

<第5試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
△大森隆男【1分=1点】
30分00秒 時間切れ引き分け
△真霜拳號【1敗1分=1点】

<第6試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
○ゼウス【1勝1敗=2点】
10分36秒 ジャックハマー→片エビ固め
×ジョー・ドーリング【1勝1敗=2点】


[99] fun◇fLongoRY - 2017/04/20(Thu) 08:59 ID:DBkFQ6jo  [No.107153]
「2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜」
4.19(水)青森・八戸シーガルビューホテル体育館[観衆]440人(超満員)

試合結果です。

<第1試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
×ジェイク・リー【2敗=0点】
15分04秒 メテオインパクト→片エビ固め
○KAI【3勝=6点】

<第2試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
○真霜拳號【1勝1敗1分=3点】
9分37秒 無道
×橋本大地【2勝1敗=4点】

<第3試合>6人タッグマッチ 30分1本勝負
宮原健斗&○野村直矢&青柳優馬
12分11秒スピア→片エビ固め
ゼウス&岩本煌史&岡田佑介×

<第4試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
×大森隆男【1敗1分=1点】
9分35秒 ハイキック→片エビ固め
○ボディガー【2勝1敗=4点】

<第5試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
○関本大介【1勝1敗=2点】
16分08秒 ジャーマンスープレックスホールド
×崔 領ニ【2敗=0点】

<第6試合>8人タッグマッチ 30分1本勝負
秋山準&石川修司&ウルティモ・ドラゴン&中島洋平×
12分02秒 レボリューションボム→エビ固め
諏訪魔&○ジョー・ドーリング&青木篤志&佐藤光留


[100] fun◆fLongoRY - 2017/04/21(Fri) 08:20 ID:QJUwoQp2  [No.107155]
「2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜」
4.20 (木) 宮城・夢メッセみやぎ 西館ホール[観衆] 411人(超満員)

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
青木篤志&○佐藤光留
10分55秒 逆エビ固め
青柳優馬&×岡田佑介

<第2試合>6人タッグマッチ
中島洋平&×菊地毅&愛澤NO.1
10分34秒 横回転エビ固め
秋山準&岩本煌史&○ウルティモ・ドラゴン

<第3試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
○大森隆男【1勝1敗1分=3点】
12分49秒 アックスボンバー→片エビ固め
×橋本大地【2勝2敗=4点】

<第4試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
○関本大介【2勝1敗=4点】
10分51秒 サソリ固め
×ジェイク・リー【3敗=0点】

<第5試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
○諏訪魔【2勝=4点】
10分04秒 ラストライド→体固め
×野村直矢【2敗=0点】

<第6試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
×ボディガー【2勝2敗=4点】
5分56秒 ランニングニーリフト→片エビ固め
○石川修司【1勝1敗=2点】

<第7試合>2017 Champion Carnival スペシャル6人タッグマッチ 〜It's Tough〜
宮原健斗&×ゼウス&崔領二
9分07秒レボリューションボム→エビ固め
○ジョー・ドーリング&真霜拳號&KAI


[101] fun◆fLongoRY - 2017/04/22(Sat) 11:14 ID:VsTYND0.  [No.107159]
東スポ情報ですが暴走男・諏訪魔が、邪道・大仁田厚との抗争を早期終結させることを誓ったそうです。

春の祭典「チャンピオン・カーニバル(CC)」では鬼門の初戦を白星突破できたことで方向転換。優勝後は大仁田が指定した7月2日の電流爆破デスマッチなど無視を決め込んで、宮原健斗が持つ3冠ヘビー級王座に狙いを定める決意。

 Bブロックの諏訪魔は16日の開幕戦(後楽園)でインディの巨人・石川修司を撃破。追求していた肉体と肉体の激しいぶつかり合いで場内を沸かせた。しかも白星発進できたことで「雑音のない戦いが一番だな。(昨年は右アキレス腱完全断裂による欠場で)テレビで見るのは悔しかったから」と満足そうな笑顔をのぞかせた。

 諏訪魔が「雑音」と表現したのは大仁田との抗争だ。超戦闘プロレスFMWの青森2連戦(13、14日)では諏訪魔率いる暴走ユニット「エボリューション」のメンバーが大仁田のFMW軍と電流爆破戦で激突。だが諏訪魔は会場に姿を見せることもなく、自軍は2連敗を喫した。

 ボイコットの理由については「CCが控えていたからな。ここに照準を合わせていたし、オフは(他団体に)出ないことを前提に調整していた」と説明。後に試合映像を見たが「何で(レフェリーに)ケンドー・カシンがいたのか分からないし、メチャメチャじゃねえか。試合として成立してない。ただ電流爆破は破壊力があって危ないものだって映像でも分かったよ」と率直な感想を述べた。

 大仁田は諏訪魔の姿勢を糾弾し、7月2日に神奈川県内で爆破戦を挙行すると一方的に発表した。だが諏訪魔は「CCでいい結果を出せたら、大仁田の相手をしてるヒマなんかない。3冠ベルトを狙いに行くのが当然だろ!?(大仁田とは)茅ヶ崎が最後で爆破には上がらない」と一蹴。

 大仁田軍と対戦する5月28日のエボリューション興行(神奈川・茅ヶ崎体育館)を最終決着戦にするという。実際、全日ファンからは「からむのはやめてくれ」という声が殺到しているのも事実。諏訪魔は「茅ヶ崎で『チキン諏訪魔』グッズを売って商売でもすっか」と余裕すら見せた。この日(19日)の青森・八戸大会メーンの8人タッグでは、秋山準と火の出るような攻防を展開。ようやく目が覚めた暴走男は9年ぶりの祭典制覇に集中する...との事。



[102] fun◆fLongoRY - 2017/04/22(Sat) 11:14 ID:VsTYND0.  [No.107160]
全日本プロレスより超戦闘プロレスFMWへ抗議文をおくったそうです。

抗議文
この度4月18日に発表された超戦闘プロレスFMW4月27日新木場大会の
対戦カードに、弊社諏訪魔とは一切関係ないにも関わらず『チキン諏訪魔』なる
名前があり、弊社としては事前のオファーなどの連絡もなく、非常に不快に感じております。
このままではファンや関係者の皆様を困惑させる恐れがございますので、
早急に該当文章の取り下げと経緯を説明頂いたうえで、謝罪頂きたく存じます。
全日本プロレスとして厳重に抗議申し上げる次第です。
全日本プロレス


諏訪魔は4・27は全日の興業がオフ(移動日?)とは言え4・30福岡大会までCCに出場中ですし、超戦闘プロレスFMW4.27新木場大会への出場は無理がありますね。

とは言え超戦闘プロレスFMW4.27新木場大会の参戦選手(雅央のパートナー?)は誰になるのでしょうか?気になる問題です。



[103] fun◆fLongoRY - 2017/04/22(Sat) 11:15 ID:VsTYND0.  [No.107161]
連続投稿失礼します。
『2017 チャンピオン・カーニバル 』
現在の得点順位です。(4・20終了時点)

【Aブロック】
1位 KAI 6点3勝残り3試合
2位 関本大介 4点2勝1敗残り3試合
3位 宮原健斗 2点1勝残り5試合
4位 ゼウス 2点1勝1敗残り4試合
4位 ジョー・ドーリング 2点1勝1敗残り4試合
6位 崔 領ニ 0点2敗残り4試合
7位 ジェイク・リー 0点3敗残り3試合

【Bブロック】
1位 諏訪魔 4点2勝残り2試合
2位 橋本大地 4点2勝2敗
2位 ボディガー 4点2勝2敗
4位 大森隆男 3点1勝1敗1分残り3試合
4位 真霜拳號 3点1勝1敗1分残り3試合
6位 石川修司 2点1勝1敗残り4試合
7位 野村直矢 0点2敗残り4試合


[104] ただの全日ファン - 2017/05/03(Wed) 20:21 ID:  [No.107165]
CCは石川修司が優勝して、三冠王座挑戦も決まりましたね。
2年連続所属外の優勝ですね。
全日本所属に優勝してほしかったな。


[105] fun◇fLongoRY - 2017/05/04(Thu) 01:04 ID:  [No.107166]
>全日ファンさん
お久しぶりです。
石川修司強いですね〜。諏訪魔にこそ星を落としても残り負けなしで進出し、
決勝であのジョーとの日米怪獣決戦(苦笑)で更に豪快な勝利…。
宮原との三冠戦、どうなるのかとても期待が高まります。

それにしても掲示板のメンテ、10日間くらいでしたでしょうか?長かった…。
復旧して頂いてホッとしました。これからもよろしくお願いします。(;^_^A


『2017 チャンピオン・カーニバル 』
最終得点順位です。(4・29終了)

【Aブロック】
1位 ジョー・ドーリング 8点4勝2敗※優勝決定戦進出
2位 宮原健斗 7点3勝2敗1分
2位 関本大介 7点3勝2敗1分
4位 KAI 6点3勝3敗
4位 崔 領ニ 4点3勝3敗
6位 ゼウス 6点3勝3敗
7位 ジェイク・リー 2点1勝5敗

【Bブロック】
1位 石川修司 9点4勝1敗1分※優勝決定戦進出
2位 諏訪魔 8点4勝2敗
2位 真霜拳號 8点3勝1敗2分
4位 ボディガー 6点3勝3敗
5位 橋本大地 4点2勝4敗
5位 野村直矢 4点2勝4敗
7位 大森隆男 3点1勝4敗1分


[106] fun◇fLongoRY - 2017/05/04(Thu) 01:08 ID:  [No.107167]
遅くなりましたが試合結果です。

『2017 チャンピオン・カーニバル 』
4.30(日)福岡・博多スターレーン【優勝決定戦】[観衆] 875人(超満員)

<第1試合>シングルマッチ 15分1本勝負
○青柳優馬
7分03秒フィッシャーマンスープレックスホールド
×岡田佑介

<第2試合>シングルマッチ 20分1本勝負
○青木篤志
4分51秒 テキサスクローバーホールド
×新泉浩司

<第3試合>タッグマッチ 30分1本勝負
○中島洋平&岩本煌史
10分05秒 跳後廻蹴→片エビ固め
ウルティモ・ドラゴン&KING×

<第4試合>タッグマッチ 30分1本勝負
○秋山準&橋本大地
9分16秒 リストクラッチ式エクスプロイダー→片エビ固め
諏訪魔&佐藤光留×

<第5試合>2017 チャンピオン・カーニバル スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負
大森隆男&ボディガー×
10分15秒 バックドロップ→片エビ固め
○ジェイク・リー&野村直矢

<第6試合>2017 チャンピオン・カーニバル スペシャル6人タッグマッチ 60分1本勝負
○宮原健斗&関本大介&真霜拳號
25分20秒 シャットダウン・スープレックス・ホールド
×ゼウス&崔 領ニ&KAI

<第7試合>2017 チャンピオン・カーニバル 優勝決定戦 時間無制限1本勝負
[Aブロック1位]×ジョー・ドーリング
15分13秒 ファイアーサンダー→体固め
[Bブロック1位]○石川修司
※石川修司が初出場、初優勝


[107] fun◇fLongoRY - 2017/05/04(Thu) 01:09 ID:  [No.107168]
連続投稿失礼します。

【超力! 2017スーパーパワーシリーズ】
日程と主な対戦カードです。

『超力! 2017 スーパーパワーシリーズ』
5月12日(金) 18:30
大阪・守口市民体育館 メインアリーナ【開幕戦】

5月13日(土) 18:00
滋賀・東近江市永源寺公園体育館

5月15日(月) 18:30
三重・桑名市体育館

5月16日(火) 18:30
長野・長野アークス

5月17日 (水) 18:30
新潟・サン・ビレッジしばた

5月21日(日) 12:00
東京・後楽園ホール 【最終戦】


【超力! 2017スーパーパワーシリーズ [開幕戦]】
5月12日(金) 大阪・守口市民体育館 メインアリーナ

GAORA TVチャンピオンシップ&世界ジュニアヘビー級王座ダブル前哨戦
秋山準&佐藤光留
VS
長井満也&B・タイガーZ

三冠ヘビー級王座前哨戦 タッグマッチ
宮原健斗&青柳優馬
VS
石川修司&KAI

世界タッグ選手権試合 60分1本勝負
【第73代王者組】ゼウス&ボディガー
VS
【挑戦者組】ジェイク・リー&野村直矢


【超力! 2017スーパーパワーシリーズ [最終戦]】
5月21日(日)東京・後楽園ホール

三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【第55代王者】宮原健斗
VS
【挑戦者】石川修司

GAORA TVチャンピオンシップ 60分1本勝負
【第15代王者】秋山準
 VS
【挑戦者】長井満也

世界ジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【第43代王者】佐藤光留
VS
【挑戦者】ブラック・タイガーZ

ジャンボ鶴田メモリアルマッチ
渕正信&ザ・グレート・カブキ
 VS
大森隆男&井上雅央

6人タッグマッチ
諏訪魔&J・ドーリング&青木篤志
VS
ジェイク・リー&野村直矢&青柳優馬

タッグマッチ
ゼウス&ボディガー
VS
真霜拳號&KAI


[108] fun◇fLongoRY - 2017/05/04(Thu) 18:18 ID:  [No.107174]
「2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜」

遅くなりますが4・22品川大会〜4・25名古屋大会の公式戦の試合結果です。

4.22(土)東京・品川プリンスホテル ステラボール [観衆]885人(超満員札止め)

<第4試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
×野村直矢【3敗=0点】
9分19秒 スプラッシュマウンテン→エビ固め
○石川修司【2勝1敗=4点】

<第5試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
×ゼウス【1勝2敗=2点】
6分13秒 バックドロップ→片エビ固め
○ジェイク・リー【1勝3敗=2点】

<第6試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
×諏訪魔【2勝1敗=4点】
15分00秒 クロス式裏アキレス腱固め
○真霜拳號【2勝1敗1分=5点】

<第7試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
○宮原健斗【2勝=4点】
13分12秒 ブラックアウト→片エビ固め
×ジョー・ドーリング【1勝2敗=2点】


4.23(日)新潟・アオーレ長岡[観衆]590人(満員)

<第3試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
×ジェイク・リー【1勝3敗=2点】
8分17秒 逆エビ固め
○ジョー・ドーリング【2勝2敗=4点】

<第4試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
×大森隆男【1勝2敗1分=3点】
14分02秒 ラストライド→体固め
○諏訪魔【3勝1敗=6点】

<第5試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
×ゼウス【1勝3敗=2点】
14分22秒 シドマス→片エビ固め
○崔領二【1勝2敗=2点】

<第6試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
○宮原健斗【3勝=6点】
26分42秒 シャットダウン・スープレックス・ホールド
×KAI【3勝1敗=6点】

4月25日(火)愛知・名古屋国際会議場 [観衆]631人

<第3試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
○石川修司【3勝1敗=6点】
6分28秒 スプラッシュマウンテン→エビ固め
×橋本大地【2勝3敗=4点】

<第5試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
×大森隆男【1勝3敗1分=3点】
0分48秒 スピア→エビ固め
○野村直矢【1勝3敗=2点】

<第6試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
×ジェイク・リー【1勝5敗=2点】
6分14秒 那智の滝→エビ固め
○崔領二【2勝2敗=4点】

<第7試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
△宮原健斗【3勝1分=7点】
30分00秒 時間切れ引き分け
△関本大介【2勝1敗1分=5点】


[109] fun◇fLongoRY - 2017/05/04(Thu) 18:19 ID:  [No.107175]
「2017 チャンピオン・カーニバル 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜」

遅くなりますが4・26大阪大会〜4・29広島大会の公式戦及び選手権試合の試合結果です。

4.26(水)エディオンアリーナ大阪第2競技場 [観衆] 841人(超満員)

<第3試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
○関本大介【3勝1敗1分=7点】
5分53秒 ジャーマンスープレックスホールド
×KAI【3勝2敗=6点】

<第4試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
△石川修司【3勝1敗1分=7点】
30分00秒 時間切れ引き分け
△真霜拳號【2勝1敗2分=6点】

<第5試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
×諏訪魔【3勝2敗=6点】
5分42秒 ラリアット→エビ固め
○ボディガー【3勝2敗=6点】

<第6試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
×宮原健斗【3勝1敗1分=7点】
13分32秒 ジャックハマー→片エビ固め
○ゼウス【2勝3敗=4点】


4.28(金)岡山県卸センターオレンジホール[観衆] 495人(満員)

<第3試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
○ジョー・ドーリング【3勝2敗=6点】
8分21秒 レボリューションボム→エビ固め
×KAI【3勝3敗=6点】

<第4試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負  
○野村直矢【2勝3敗=4点】
8分52秒スピア−→ジャックナイフ式エビ固め
× ボディガー【3勝3敗=6点】

<第5試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
×宮原健斗【3勝2敗1分=7点】
13分55秒 シドマス→片エビ固め
○崔 領ニ【3勝2敗=6点】

<第6試合>世界ジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
[第42代王者]×石井慧介
23分34秒 捕獲式腕ひしぎ逆十字固め
[挑戦者]○佐藤光留
※佐藤光留が第43代王者となる


4.29(土・祝)広島マリーナホップ[観衆]509人(超満員札止め)

<第3試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
×野村直矢【2勝4敗=4点】
6分49秒 無道
○真霜拳號【3勝1敗2分=8点】

<第4試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
○諏訪魔【4勝2敗=8点】
6分14秒 ラストライド→体固め
×橋本大地【2勝4敗=4点】

<第5試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック 30分1本勝負
○ジョー・ドーリング【4勝2敗=8点】
6分22秒レボリューションボム→エビ固め
×崔領二【3勝3敗=6点】

<第6試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック30分1本勝負
○ゼウス【3勝3敗=6点】
11分27秒 ジャックハマー→片エビ固め
×関本大介【3勝2敗1分=7点】
※Aブロック得点8、ジョー・ドーリングが優勝決定戦へ進出

<第7試合>チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック 30分1本勝負
×大森隆男【1勝4敗1分=3点】
16分37秒 スプラッシュマウンテン→エビ固め
○石川修司【4勝1敗1分=9点】
※Bブロック得点9、石川修司が優勝決定戦へ進出


[110] fun◇fLongoRY - 2017/05/04(Thu) 18:19 ID:  [No.107176]
連続投稿失礼します。

2017年 秋のビックマッチとして10月21日(土)横浜文化体育館にて
「旗揚げ記念シリーズ 最終戦 〜秋山準&大森隆男デビュー25周年記念大会〜」開催が決定。


「旗揚げ記念シリーズ 最終戦 〜秋山準&大森隆男デビュー25周年記念大会〜」
10月21日(土) 17:00 神奈川・横浜文化体育館


[111] - 2017/05/04(Thu) 23:31 ID:  [No.107182]
【訃報】
秋山準の母親が亡くなったそうです・・・
ご冥福をお祈りいたします


[112] fun◇fLongoRY - 2017/05/07(Sun) 08:12 ID:  [No.107195]
『超力! 2017 スーパーパワーシリーズ』【開幕戦】
5月12日(金)守口大会にて行われる世界タッグ選手権に
むけて世界タッグ王者組ゼウス&ボディガーのコメントです。

ボディガー
「確かにジェイク・リーも野村直矢も急成長した
それは認める!しかし!若手の成長を指をくわえて見てる訳ではない!
俺もゼウスそれぞれがまだまだ成長し続けている上に
ザ・ビッグガンズとしてのチームワークも洗練されてきてる!
タッグチームとしての頂は絶対に譲る訳にはいかん!
まぁそう言うこっちゃ!」   


ゼウス
「野村、ジェイク、お前らが、この世界タッグのベルトを巻くのは、
まだまだ早い!
ジェイク、チャンピオンカーニバルでは不覚を取ってしまったが、
この借りは5月12日に、キッチリと返す!!
気合い入れていくぞー!
人生は、祭やー!!!」      


[113] fun◇fLongoRY - 2017/05/07(Sun) 08:12 ID:  [No.107196]
連続投稿失礼します。

「千葉 EXTRA DREAM 15」
5.6(土)千葉 Blue Field [観衆]180人(超満員)

試合結果です。

<第1試合>千葉 EXTRA DREAM 15 オープニングドリームタッグマッチ
青木篤志&○佐藤光留
12分54秒 チキンウイングアームロック
中島洋平&岡田佑介×

<第2試合>千葉 EXTRA DREAM 15 アクトレスガールズvsKAIENTAI DOJO タッグマッチ
○安納サオリ&中野たむ
11分45秒 フィッシャーマンスープレックスホールド
バンビ&ERINA×

<第3試合>千葉 EXTRA DREAM 15 スペシャルタッグマッチ~戦いの道標~
○秋山準&吉田綾斗
9分36秒 回転エビ固め
×大森隆男&岩本煌史

<第4試合>千葉 EXTRA DREAM 15 スペシャルタッグマッチ~激突!~
諏訪魔&SUSHI×
13分55秒 メテオインパクト→片エビ固め
○KAI&田中稔

<第5試合>千葉 EXTRA DREAM 15 スペシャルシングルマッチ~NEXTREAMvs凶月~
×ジェイク・リー
9分33秒 アンクルホールド
○真霜拳號

<第6試合>千葉 EXTRA DREAM 15 スペシャル6人タッグマッチ 三冠ヘビー級王座前哨戦
○宮原健斗&野村直矢&青柳優馬
20分27秒 ジャーマンスープレックスホールド
石川修司&橋本和樹&丸山敦×


[114] fun◇fLongoRY - 2017/05/08(Mon) 15:31 ID:  [No.107199]
【〜SKIP BEAT 川口 vol.3〜】
5.7(日)埼玉・SKIPシティ(埼玉県産業技術総合センター) [観衆]399人(超満員札止め)

<第1試合>SKIP BEAT 川口 vol.3オープニングマッチ~スキップ・ヤング~
○青木篤志&佐藤光留
9分27秒 逆エビ固め
阿部史典&岡田佑介×

<第2試合>SKIP BEAT 川口 vol.3 アイスリボン提供試合~王道に咲く可憐な華たち~
○世羅りさ&雪妃真矢
8分40秒ダイビングダブルニードロップ→片エビ固め
長崎まる子&テキーラ沙弥×

<第3試合>SKIP BEAT 川口 vol.3~スキップ・スクランブル~6人タッグマッチ
秋山準&○木高イサミ&丸山敦
15分34秒 ヨーロピアンクラッチ
大森隆男&×岩本煌史&田中稔

<第4試合>SKIP BEAT 川口 vol.3~Target~ タッグマッチ
諏訪魔&SUSHI×
12分57秒 跳後廻蹴→片エビ固め
KAI&中島洋平○

<第5試合>SKIP BEAT 川口 vol.3~スーパーヘビー級スペシャル・シングルマッチ
×ジェイク・リー
17分75秒 スプラッシュマウンテン→体固め
○石川修司

<第6試合>SKIP BEAT 川口 vol.3 スペシャル・タッグマッチ ~全日本vs大日本!~
宮原健斗&野村直矢&青柳優馬×
22分20秒 ライジングDDT→片エビ固め
神谷英慶&○橋本大地&野村卓矢


[115] fun◇fLongoRY - 2017/05/09(Tue) 09:31 ID:  [No.107206]
6月シリーズ「2017ダイナマイトシリーズ」の日程です。

「2017ダイナマイトシリーズ」
6月11日(日) 12:00 東京・後楽園ホール
6月13日(火) 18:30 群馬・館林市民体育館(郷谷体育館)
6月16日(金) 19:00 〜中島洋平デビュー10周年記念大会〜
北海道・函館総合卸センター 流通ホール(大ホール)
6月17日(土) 18:00 北海道・ススキノ・マルスジム(札幌)
6月18日(日) 14:00 北海道・ススキノ・マルスジム(札幌)
6月20日(火) 18:30 北海道・帯広市総合体育館
6月21日(水) 18:30 北海道・釧路青雲台体育館
6月22日(木) 18:30 北海道・根室市青少年センター
6月24日(土) 18:00 〜美幌130周年記念チャリティー大会〜
北海道・美幌町スポーツセンター
6月25日(日) 18:30 北海道・紋別市スポーツセンター
6月27日(火) 18:30 北海道・名寄市スポーツセンター
6月28日(水) 18:30 北海道・旭川地場産業振興センター


[116] fun◆fLongoRY - 2017/05/10(Wed) 09:08 ID:hzT.eXbI  [No.107211]
5.9(火)東京・新木場1stRing[観衆]244人(満員)

試合結果です。

<第1試合>GROWIN' UP 〜YOUNG BLOODS〜
×岡田佑介
5分57秒 逆片エビ固め
○野村卓矢

<第2試合>GROWIN' UP 〜新木場Chemistry〜 タッグマッチ
青木篤志&佐藤光留○
12分02秒 捕獲式腕ひしぎ逆十字固め
高尾蒼馬&渡瀬瑞基×

<第3試合>GROWIN' UP 〜平日の新木場の夜〜 タッグマッチ
西村修&平日マスク×
9分42秒 足4の字固め
吉江豊&田中稔○

<第4試合>GROWIN' UP 〜ビチっとエボリューション〜 タッグマッチ
○諏訪魔&KENSO
11分39秒 ラストライド→体固め
KAI&中島洋平×

<第5試合>GROWIN' UP 〜Wonder Spirits〜 スペシャルシングルマッチ
○ジェイク・リー
8分31秒 バックドロップ→片エビ固め
×岩本煌史

<第6試合>GROWIN' UP 〜Over The Future〜 スペシャル6人タッグマッチ
○宮原健斗&野村直矢&青柳優馬
28分18秒 ブラックアウト→片エビ固め
秋山準&大森隆男&渕正信×


[117] fun◆fLongoRY - 2017/05/10(Wed) 09:08 ID:hzT.eXbI  [No.107212]
連続投稿失礼します。

6月の追加日程として、6.7新木場大会の開催が決定

「BS11 presents 全日本プロレス 新木場大会〜GROWIN’ UP vol.3〜」
6月7日(水)19:00 東京・新木場 1stRING

6月シリーズの日程

「BS11 presents 全日本プロレス 新木場大会〜GROWIN’ UP vol.3〜」
6月7日(水)19:00 東京・新木場 1stRING

「2017ダイナマイトシリーズ」
6月11日(日) 12:00 東京・後楽園ホール
6月13日(火) 18:30 群馬・館林市民体育館(郷谷体育館)
6月16日(金) 19:00 〜中島洋平デビュー10周年記念大会〜
北海道・函館総合卸センター 流通ホール(大ホール)
6月17日(土) 18:00 北海道・ススキノ・マルスジム(札幌)
6月18日(日) 14:00 北海道・ススキノ・マルスジム(札幌)
6月20日(火) 18:30 北海道・帯広市総合体育館
6月21日(水) 18:30 北海道・釧路青雲台体育館
6月22日(木) 18:30 北海道・根室市青少年センター
6月24日(土) 18:00 〜美幌130周年記念チャリティー大会〜
北海道・美幌町スポーツセンター
6月25日(日) 18:30 北海道・紋別市スポーツセンター
6月27日(火) 18:30 北海道・名寄市スポーツセンター
6月28日(水) 18:30 北海道・旭川地場産業振興センター


[118] fun◇fLongoRY - 2017/05/12(Fri) 15:07 ID:2KBZMqPs  [No.107213]
東スポ情報ですが、3冠ヘビー級王者・宮原健斗が、大逆襲のプランを明かしたそうです。

 昨年に続き王者として臨んだ春の祭典「チャンピオン・カーニバル(CC)」は、2年連続で外敵に優勝をさらわれる屈辱を味わった。そこで同王座の最多防衛記録樹立となる舞台を団体の45周年記念大会(8月27日、両国国技館)に定め、主役奪還を誓った。

 2年連続で3冠王者として出場した春の祭典では、優勝決定戦(4月30日、博多)の舞台に立つことすらできなかった。しかも昨年の関本大介(大日本プロレス)に続き、今年も石川修司(フリー)の外敵優勝で幕を閉じた。

 この現状に宮原は「今の時代と言えば時代なんでしょうけど…。全日本の看板がどうというよりも、一レスラーとして嫉妬もあるし、面白くない。優勝決定戦を(会場の)片隅から見るのは屈辱でしかない。自分が締められなかったし…」と唇をかんだ。

 特に今年のCCはファンの注目度も高かった。開幕戦(4月16日、後楽園)が超満員札止めになったのを皮切りに、全国各地の会場で超満員の観衆を記録した。昨年2月から3冠王者として団体をけん引しながらも、春の祭典で中心に立てなかった悔しさが大きいという。

 だからこそ、団体の45周年記念大会は主役の座を譲れない。くしくも保持する3冠王座は、CC覇者・石川の挑戦を受ける21日後楽園ホール大会が9度目の防衛戦となる。順当に行けば6〜7月には川田利明が保持するV10の記録に並び、両国決戦では最多防衛記録更新の期待がかかる…。

「それ(新記録樹立)に見合う会場も出てますからね。(会場名は)あえて言いませんが、何より宮原健斗は大舞台が似合う。そこで歴史を変えるのも俺らしいかなって」と、胸の中で両国大会をメモリアルデーと定めている。

 この日(9日)の新木場大会ではメーンの6人タッグ戦で秋山準と激しい攻防を展開。最後は63歳の渕正信をブラックアウト(ランニングニーリフト)で葬った。宮原は「まずは21日。(石川は)最強の挑戦者。その言葉がピッタリの相手だと思う」と表情を引き締め、夏に向けた防衛ロードを見据えていた…との事。



[119] fun◇fLongoRY - 2017/05/13(Sat) 08:14 ID:Xmtl.k3U  [No.107218]
「超力! 2017 スーパーパワーシリーズ」【開幕戦】
5月12日(金)大阪・守口市民体育館 メインアリーナ[観衆]1438人(超満員)

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
×岡田佑介
5分47秒 キャメルクラッチ
○南野タケシ

<第2試合>6人タッグマッチ
○中島洋平&U・ドラゴン&ビリーケン・キッド
6分13秒 跳後廻蹴→片エビ固め
丸山敦&U・スパイダーJr.&タコヤキーダー×

<第3試合>シングルマッチ
○大森隆男
4分44秒 アックスボンバー→片エビ固め
×不動力也

<第4試合>タッグマッチ
○諏訪魔&青木篤志
1分38秒 TKO(レフェリーストップ)
×崔 領ニ&岩本煌史

<第5試合>GAORA TVチャンピオンシップ&世界ジュニアヘビー級王座ダブル前哨戦
秋山準&佐藤光留×
10分16秒 超高校級ラ・マヒストラル
長井満也&B・タイガーZ○

<第6試合>三冠ヘビー級王座前哨戦 タッグマッチ
宮原健斗&青柳優馬×
13分01秒 ランニング二―リフト→片エビ固め
○石川修司&KAI

<第7試合>世界タッグ選手権試合
【第73代王者組】ゼウス&ボディガー○
22分50秒 バウンス→片エビ固め
【挑戦者組】ジェイク・リー&野村直矢×
※王者組が3度目の防衛に成功


[120] fun◇fLongoRY - 2017/05/13(Sat) 08:15 ID:Xmtl.k3U  [No.107219]
連続投稿失礼します。

5.12守口大会において諏訪魔、崔領二が試合中に負傷し、5.13東近江大会を大事をとり欠場になるそうです。

5.12守口大会の第4試合のタッグマッチで諏訪魔のラリアットを崔が回避しようとした際に
諏訪魔の右手が崔の頭部を直撃し、崔が頭部から出血し試合続行できず担架で控室へ運ばれ、救急車で病院へ搬送されたそうです。
また、諏訪魔も右手を負傷した模様で5.13東近江大会を大事をとり二人の欠場になるそうです。

公式HPより「怪我の詳細などは後日お知らせ致します…」との事


[121] fun◇fLongoRY - 2017/05/15(Mon) 07:56 ID:v82Uao1M  [No.107227]
「超力! 2017 スーパーパワーシリーズ」
5.13(土)東近江大会[観衆]339人

遅くなりましたが試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
×岡田佑介
7分08秒 腕ひしぎ逆十字固め
○丸山敦

<第2試合>シングルマッチ
○中島洋平
9分40秒 跳後廻蹴→片エビ固め
×青柳優馬

<第3試合>GAORA TVチャンピオンシップ前哨戦 タッグマッチ
秋山準&U・ドラゴン○
11分32秒ラ・マヒストラル
長井満也&南野タケシ×

<第4試合>タッグマッチ
○青木篤志&佐藤光留
10分08秒ジャックナイフ式エビ固め
岩本煌史&不動力也×

<第5試合>シングルマッチ
×大森隆男
10分13秒 メテオインパクト→片エビ固め
○KAI

<第6試合>三冠ヘビー級王座前哨戦 6人タッグマッチ
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢×
21分19秒 スプラッシュマウンテン→エビ固め
○石川修司&ゼウス&ボディガー


[122] fun◇fLongoRY - 2017/05/15(Mon) 07:58 ID:v82Uao1M  [No.107228]
5月12日(金)守口大会にて行われた世界タッグ選手権試合で
見事3度目の防衛を果たした第73代王者組 ボディガー選手が試合終了後、
以前より世界タッグ挑戦を表明していた大日本プロレスの橋本大地、神谷英慶を次期挑戦者組に指名…。

以上によりPWF本部は既に対戦が組まれている
5月20日 (土)横浜ラジアントホール大会の
ゼウス&ボディガーvs橋本大地&神谷英慶戦を
正式に「世界タッグ選手権試合」とする事と決定したとの事。
また、「2017 ダイナマイトシリーズ」6月20日(火)帯広大会にて
アジアタッグ選手権試合開催が決定。

「超力! 2017スーパーパワーシリーズ〜YOKOHAMA TWILIGHT BLUES vol.5〜」
5月20日(土)神奈川・横浜ラジアントホール ≪17:00〜≫

世界タッグ選手権試合 60分1本勝負
【第73代王者組】ゼウス&ボディガー
 VS
【挑戦者組】橋本大地&神谷英慶


「2017 ダイナマイトシリーズ」
6月20日(火)北海道・帯広市総合体育館 18:30〜

アジアタッグ選手権試合
【第100代王者組】渕正信&大仁田厚
 vs
【挑戦者組】青木篤志&佐藤光留
※第100代王者組・渕正信&大仁田厚 2度目の防衛戦


試合後のボディガーのコメント

「よっしゃ! 若い勢いのある二人やけど、俺たちも奴らの成長を
黙ってみてるわけにはいかんので、
まだまだ負けるわけにはいきません。
次、さっそく神谷、大地が挑みたいと言ってきてるようなので、
いつでも受けて立つ。
いつでもええ。
次、最短距離で日程組める日があれば、全日本さんよろしくお願いします。」


神谷英慶のコメント

「世界タッグのタイトルマッチを組んでもらえるかどうか?
というのが重要なことでしたが、チャンピオンチームが
僕らを指名してくれたことで、タイトルマッチが決定し、俄然燃えてます。

ビッグガンズという強敵に橋本大地選手と神谷英慶のタッグ
『チーム大神』で戦えるということに大変意味があると思います。
喰らい付いてぶち当たって勝利をもぎ取って、若さと強さを実証し、
今いる場所より、もっともっと高い位置を目指します。
大日本プロレス 神谷英慶 」


[123] fun◇fLongoRY - 2017/05/15(Mon) 07:58 ID:v82Uao1M  [No.107229]
連続投稿失礼します。
諏訪魔、崔 領二「超力! 2017 スーパーパワーシリーズ」欠場のお知らせ

崔 領二が5月12日守口大会にて試合中に負傷し、「頭部挫創」半月安静との診断結果を受け、出場を予定していた
「超力! 2017 スーパーパワーシリーズ」を欠場。

諏訪魔も5月12日守口大会にて試合中に負傷し、「右手第2、3、4中手骨不全骨折」(いわゆるヒビである)
全治3週間との診断結果を受け13日桑名大会から21日後楽園大会までの
「超力! 2017 スーパーパワーシリーズ」を欠場。

また5月28日【全日本プロレス チャリティー茅ヶ崎大会 Evolution3 〜出撃〜】
茅ヶ崎大会については協議の上お知らせの予定との事。

※5.21後楽園大会の変更カードは決まり次第発表の予定との事。


[124] fun◇fLongoRY - 2017/05/16(Tue) 08:17 ID:MTd79KXo  [No.107237]
「超力! 2017 スーパーパワーシリーズ」
5.15(月)三重・桑名市体育館 [観衆]184人

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○大森隆男
5分38秒 逆エビ固め
×岡田佑介

<第2試合>タッグマッチ
○青木篤志&佐藤光留
9分45秒ダイビングボディプレス→片エビ固め
南野タケシ&シン・B・タイガー×

<第3試合>シングルマッチ
×中島洋平
5分55秒 ROD→体固め
○長井満也

<第4試合>シングルマッチ
○野村直矢
1分43秒 スピアー→エビ固め
×不動力也

<第5試合>6人タッグマッチ
宮原健斗&ジェイク・リー&青柳優馬×
15分28秒 レボリューションボム→エビ固め
○J・ドーリング&KAI&田中稔

<第6試合>6人タッグマッチ
秋山準&○岩本煌史&石川修司
16分50秒ジャーマンスープレックスホールド
ゼウス&ボディガー&丸山敦×


[125] fun◇fLongoRY - 2017/05/17(Wed) 08:05 ID:JZ1T7lI.  [No.107242]
【超力! 2017スーパーパワーシリーズ】
5.16(火)長野・長野アークス[観衆]280人

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○岩本煌史
8分55秒 孤高の芸術→片エビ固め
×岡田佑介

<第2試合>シングルマッチ
△中島洋平
20分00秒 時間切れ引き分け
△佐藤光留

<第3試合>GAORA TVチャンピオンシップ前哨戦 6人タッグマッチ
秋山準&○ U・ドラゴン&丸山敦
12分41秒 ラ・マヒストラル
長井満也&南野タケシ&シン・B・タイガー×

<第4試合>タッグマッチ
ゼウス&不動力也×
10分32秒 メテオインパクト→片エビ固め
○KAI&田中稔

<第5試合>タッグマッチ
○J・ドーリング&青木篤志
11分42秒 レボリューションボム→エビ固め
ジェイク・リー&野村直矢×

<第6試合>三冠ヘビー級王座前哨戦 タッグマッチ
宮原健斗&青柳優馬×
16分36秒 アックスボンバー→片エビ固め
石川修司&大森隆男○


[126] fun◇fLongoRY - 2017/05/17(Wed) 08:05 ID:JZ1T7lI.  [No.107243]
ブラック・タイガーZからのメッセージが届いたそうです。

「世界Jr王者の佐藤選手が唐突にアジアタッグの挑戦が決まったと・・・
これも明らかにとてつもない脅威な陰謀ではないのか?

世界Jrの防衛戦も唐突に決まり前哨戦も一回しか組まれず
私ブラック・タイガーZは奥田リングアナしか信用出来ない・・・

私ブラック・タイガーZはします、させてもらいます入団だけは・・・」

フロム、旭川
ブラック・タイガーZ


[127] fun◇fLongoRY - 2017/05/17(Wed) 08:06 ID:JZ1T7lI.  [No.107244]
連続投稿失礼します。

東スポ情報ですが、石川修司(41)が3冠ヘビー級王座奪取にかける熱い思いを明かしたそうです。

 21日の後楽園ホール大会で王者・宮原健斗に挑戦するインディ界の巨人は、憧れだった故ジャンボ鶴田さん(享年49)の雄姿に自分を重ね合わせ、千載一遇のチャンスへ気持ちを高めているという。

 全日本のシリーズ移動日となったこの日(14日)、石川の目は1週間後に迫った3冠戦だけに向けられていた。引き締まった表情を見せるや「(宮原は)試合内容もマイクも含めてお客さんを満足させている。近年のチャンピオンらしいチャンピオン。尊敬しているけど、強さという面では別。自分が一番強いと証明したい」と語気を強めた。

 春の祭典「チャンピオン・カーニバル」を初制覇した勢いで王座挑戦を決めた。しかも前哨戦は2連勝中。13日の滋賀・東近江大会では未遂に終わったものの、王者を担ぎ上げて完成目前の秘技「宮原殺し」を披露しようとするなど、準備は整っている。

 気持ちが高まっている理由もある。くしくも13日は2000年に死去した鶴田さんの命日。身長197センチ、体重130キロだった鶴田さんは、ほぼ同体形の石川(195センチ、130キロ)にとって憧れの存在だった。岩手・奥州市出身の石川は、小学校時代に唯一地元にあった地上波放送で全日本の中継を目にすると、一瞬でそのファイトスタイルに魅了された。

 当時、友人に編集してもらった「ジャンボ特集」のビデオをすり切れるまで見て、イメージを膨らませた。特に好きだったのが、当時若手だった四天王(故三沢光晴さん、小橋建太、田上明、川田利明)相手に、高い壁として立ちはだかった時代だ。「あの時が一番。鶴田さんは最強だと思った。ボクが見せたいのは、ああいう強さ。(王者より)キャリアは上ですし」。この時から鶴田さんは別格の存在…。

 宮原とは歩んできた道のりや置かれた立場は違う。それでも鶴田さん同様、キャリアでは後輩にあたる王者を、強引に力でねじ伏せるつもりだ。「鶴田さんの姿に近づきたい」。命日に際して思いを新たにした石川は、初代王者にも君臨した“怪物”に変身を遂げて3冠奪取を狙う…との事。


[128] fun◇fLongoRY - 2017/05/18(Thu) 13:46 ID:ivOWCveo  [No.107248]
ブラック・タイガーZより2通目のメッセージが届いたそうです。

ブラック・タイガーZからのメッセージ

「世界jr王者の佐藤選手が中島選手とのシングルマッチで
20分時間切れ引き分けとは…

これは王者として時間切れ引き分けでも防衛を
狙ったPWFルール活用する全日本プロレスの王者として…
長野のお客様に退屈な時間を作ってしまった事を次期世界jr王者の私、
ブラック・タイガーZが全ての長野県民の方々に心より謝罪いたします!

そして、私の無二の親友の奥田リングアナに対する大森取締役の言動は
陰謀そのものだと思います。

やはり今、全日本プロレス様が危険な状態なんだと感じ、私ブラック・タイガーZが
全日本プロレスを救う為に5/21の世界jr戦でパンクラスの佐藤選手から
世界jrのベルトを全日本プロレスに返していただきますので
大森取締役が試合内容等心配するのであれば奥田リングアナとともに
私のセコンドに着いて全日本プロレスの為に一緒に戦ってください
大森取締役も全日本プロレスに渦巻く陰謀から目を覚ましてください

P.S奥田リングアナがいない函館は淋しくて眠れません…」
フロム、函館
ブラック・タイガーZ



入団については、大森取締役も否定しているそうですが、いったいどうなるんでしょうね…(苦笑)


[129] fun◇fLongoRY - 2017/05/18(Thu) 13:47 ID:ivOWCveo  [No.107249]
「超力! 2017 スーパーパワーシリーズ」
5.17(水)新潟・サン・ビレッジしばた [観衆]335人

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
○青木篤志&佐藤光留
11分09秒 逆エビ固め
田中稔&岡田佑介×

<第2試合>シングルマッチ
×青柳優馬
8分37秒 回転エビ固め
○丸山敦

<第3試合>GAORA TVチャンピオンシップ前哨戦 6人タッグマッチ
○秋山準&シマ重野&ビッグ・THE・良寛
12分19秒 エクスプロイダー→片エビ固め
長井満也&南野タケシ&シン・B・タイガー×

<第4試合>タッグマッチ
KAI&中島洋平×
12分19秒 ラ・マヒストラル
○U・ドラゴン&岩本煌史

<第5試合>シングルマッチ
○ ゼウス
8分10秒 ジャックハマー→片エビ固め
×不動力也

<第6試合>三冠ヘビー級王座前哨戦 6人タッグマッチ
○宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢
18分10秒 シャットダウン・スープレックス・ホールド
石川修司&J・ドーリング&大森隆男×



[130] fun◇fLongoRY - 2017/05/18(Thu) 13:48 ID:ivOWCveo  [No.107250]
連続投稿失礼します。

5月21日(日)後楽園大会ですが、諏訪魔の欠場に伴い対戦カード変更、
「!BANG!TV 世界ヘビー級選手権試合 バトルロイヤル (8名参加)」の開催が決定

!BANG!TVは、2010年に放映を開始。
!BANG!TV 世界ヘビー級初代チャンピオンは、現NXTタッグチャンピオンのウェスリー・ブレイク。
第2代チャンピオンは、4月に来日したダルトン・デリック。
そして、アメリカ東部時間5月13日夜8時に西村修が、ダルトン・デリックを破り
第3代チャンピオンに輝いたそうです。

第3代 !BANG!TV 世界ヘビー級チャンピオン 西村修のコメント
「わたくしは、数多い歴代のチャンピオンの中で最も尊敬する
第46代NWA世界ヘビー級チャンピオンであります
ドリー・ファンク・ジュニア氏が提唱したベルトに最大の敬意を表し、
彼の思想、理念を最大に重んじ、このベルトを死守することを誓い、
また引き継ぐことをファンの皆様に御約束を申し上げます」

第3代!BANG!TV 世界ヘビー級チャンピオン 西村修




「超力! 2017 スーパーパワーシリーズ」【最終戦】
5月21日 (日) 12:00 東京・後楽園ホール

<変更カード>

◆タッグマッチ
ジョー・ドーリング&青木篤志
vs
ジェイク・リー&野村直矢

◆!BANG!TV 世界ヘビー級選手権試合 バトルロイヤル (8名参加)
参加選手
【第3代 !BANG!TV 世界ヘビー級王者】西村修
【挑戦者】中島洋平、岩本煌史、青柳優馬、岡田佑介、吉江豊、丸山敦、トランザム★ヒロシ



[131] fun◇fLongoRY - 2017/05/21(Sun) 10:29 ID:QJUwoQp2  [No.107262]
5月19日までFMW北海道ファイナルツアーを行っていた大仁田厚が、FMW6.8新木場大会のメインイベントの対戦カードを発表し、対戦相手に右指第2・3・4中手骨不全骨折で欠場中の全日本プロレス諏訪魔に対して、エールと宣戦布告を送っています。

大仁田厚
「俺も5月28日、諏訪魔選手の茅ヶ崎興行に参戦する。だから諏訪魔選手も6月8日のFMW新宿FACE大会にぜひきて欲しい。俺も昨年は腸骨や足首も骨折したし、折れた右腕にはチタンプレートを入れる手術までして試合に出た。諏訪魔選手も馬場さんの教えを継いでいるなら、楽しみに待っているファンがいる限り出場する気概を見せて欲しい。メインイベントの対戦カードは、諏訪魔選手のために空けておく。だから頑張って怪我の困難に立ち向かって、来て欲しい」

メインイベントの対戦カードは、
▼ストリートファイトバンクハウス有刺鉄線ボードエニウェアフォールマッチ
大仁田厚&雷神矢口&保坂秀樹
vs
]&青木篤志&佐藤満留

 と決定。
 大仁田はギリギリまで諏訪魔の回答を待つと腰を据えている…との事。

『超戦闘プロレスFMW6月大会』
6月8日(木)新宿FACE 19:00〜


[132] fun◇fLongoRY - 2017/05/21(Sun) 10:31 ID:QJUwoQp2  [No.107263]
「超力! 2017スーパーパワーシリーズ〜YOKOHAMA TWILIGHT BLUES vol.5〜」
5.20(土)神奈川・横浜ラジアントホール [観衆]349人(超満員)

試合結果です。

<第1試合>〜Young Generation BLUES〜 タッグマッチ
阿部史典&岡田佑介×
11分13秒 飛びつき腕ひしぎ逆十字固め
○野村卓矢&青木優也

<第2試合>〜斧爆弾 BLUES〜タッグマッチ
秋山準&木イサミ○
13分55秒 ダイビングダブルニ‐ドロップ→片エビ固め
大森隆男&風戸大智×

<第3試合>〜次世代進化論 BLUES〜シングルマッチ
○J・ドーリング
7分15秒 レボリューションボム→エビ固め
×野村直矢

<第4試合>〜Junior Heavy Weight Class BLUES〜 タッグマッチ
○佐藤光留&青木篤志
10分36秒 捕獲式腕ひしぎ逆十字固め
中島洋平&丸山敦×

<第5試合>〜LEGEND 1983 KAI 聖誕祭 BLUES〜 シングルマッチ
×岩本煌史
10分50秒 メテオインパクト→片エビ固め
○KAI

<第6試合>〜ザ・横BLUES〜6人タッグマッチ 三冠ヘビー級王座前哨戦
宮原健斗&ジェイク・リー&青柳優馬×
18分24秒 ダイビングボディプレス→体固め
石川修司&○吉江豊&田中稔

<第7試合>世界タッグ選手権試合 60分1本勝負
【第73代王者組】ゼウス&ボディガー○
15分54秒 バウンス→片エビ固め
【挑戦者組】神谷英慶&橋本大地×
※ゼウス&ボディガーが4度目の防衛に成功


[133] fun◇fLongoRY - 2017/05/21(Sun) 10:32 ID:QJUwoQp2  [No.107264]
連続投稿失礼します。

昨日5月20日、横浜大会にて行われた世界タッグ選手権試合において、
ゼウス&ボディガーの王者組が防衛した直後に真霜拳號、KAIが同王座挑戦を表明し、王者組はこれを快諾。
協議の結果、PWF本部は既に対戦が組まれている、21日後楽園大会で行われるゼウス&ボディガーvs真霜拳號&KAI戦を
正式に「世界タッグ選手権試合」にする事と決定したそうです。



【超力! 2017スーパーパワーシリーズ [最終戦]】
5月21日(日)東京・後楽園ホール

!BANG!TV 世界ヘビー級選手権試合 バトルロイヤル (8名参加)
【第3代 !BANG!TV 世界ヘビー級王者】西村修
 VS
【挑戦者】中島洋平、岩本煌史、青柳優馬、岡田佑介、吉江豊、丸山敦、トランザム★ヒロシ

ジャンボ鶴田メモリアルマッチ
渕正信&ザ・グレート・カブキ VS 大森隆男&井上雅央

タッグマッチ
J・ドーリング&青木篤志 VS ジェイク・リー&野村直矢

GAORA TVチャンピオンシップ 60分1本勝負
【第15代王者】秋山準 VS 【挑戦者】長井満也

世界ジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【第43代王者】佐藤光留 VS【挑戦者】ブラック・タイガーZ

世界タッグ選手権試合 60分1本勝負
【第73代王者組】ゼウス&ボディガー VS【挑戦者組】真霜拳號&KAI

三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【第55代王者】宮原健斗 VS【挑戦者】石川修司


[134] fun◇fLongoRY - 2017/05/22(Mon) 02:00 ID:VsTYND0.  [No.107268]
「超力! 2017スーパーパワーシリーズ 」最終戦
5月21日(日)東京・後楽園ホール

試合結果です。

<第1試合>!BANG!TV 世界ヘビー級選手権試合 バトルロイヤル
[王者]○西村修
4分7秒 回転足折り固め
[挑戦者]×青柳優馬
【退場順】@中島洋平A吉江豊B丸山敦&岩本煌史C岡田佑介Dトランザム★ヒロシ
※第3代王者、西村修が防衛に成功

<第2試合>ジャンボ鶴田メモリアルマッチ
○渕正信&ザ・グレート・カブキ
6分15秒 首固め
大森隆男&井上雅央×

<第3試合>タッグマッチ
×J・ドーリング&青木篤志
5分48秒 バックドロップ→片エビ固め
○ジェイク・リー&野村直矢

<第4試合>GAORA TVチャンピオンシップ 60分1本勝負
[王者]○秋山準
9分47秒 リストクラッチ式エクスプロイダー→片エビ固め
[挑戦者]×長井満也
※第15代王者、秋山準が初防衛に成功

<第5試合>世界ジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
[王者]○佐藤光留
10分48秒 捕獲式腕ひしぎ逆十字固め
[挑戦者]×ブラック・タイガーVII
※第43代王者、佐藤光留が初防衛に成功

<第6試合>世界タッグ選手権試合 60分1本勝負
[王者組]ゼウス&ボディガー×
9分43秒 首固め
[挑戦者組]○真霜拳號&KAI
※真霜&KAIが第74代王者組になる

<第7試合>三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
[王者]×宮原健斗
20分38秒 ジャイアントスラム→体固め
[挑戦者]○石川修司
※石川が第56代王者になる


この日のメインの三冠戦ですが試合終了後、場内から「修司」コールが発生する中、三冠ベルトを受け取った石川は、京平レフェリーに右手を挙げられて勝ち名乗り。ベルトを高々と掲げる。一方、宮原はセコンドに両肩をかかえられて退場。石川はその腰にベルトを巻くと、マイクを握り、大「修司」コールに聞き入ってから、「ジャンボ鶴田さんに憧れてプロレスを好きになって、鶴田さんが統一した三冠ヘビー級を巻くことができて、本当に嬉しいです。最高のチャンピオン、宮原さんから奪ったベルト、鶴田さんから始まった歴史も含めて、すごく重いです。応援してほしいとは言いません。でも、このベルトを賭けて、魂を賭けて戦っていきたいと思います。僕も鶴田さんみたいになりたいと思って、やっとここまできました。皆さんもデカイ夢を持って、毎日みんなで頑張りましょう」と呼びかけ、「3、2、1、オレたちは強い!」で大会を締めたそうです。

また、セミの世界タッグは王座戴冠にも、真霜は自分の手柄だとアピールし、KAIとの握手を拒否。バックステージでも「最後はオレ一人の力で勝った」「全然役に立たない」とKAIを一刀両断。「相手をかく乱した」「精神的ダメージを与えた」と、2人の力だと訴えるKAIを「まだ信用できない」と白い目で見ながらも、とりあえずは王座戴冠の喜びにひたっていたそうです。

そして、世界ジュニアは防衛した光留に中島洋平が挑戦表明。「あなたは地元・岡山で取ったけど、オレも6月、函館、地元に錦を飾る準備、できてます」と、自身のデビュー10周年記念大会での王座戴冠を訴えると、佐藤も「いつでもいいぜ、かかってこいよ」と挑戦を受諾したそうです。

GAORA TVチャンピオンシップ選手権試合では、王者・秋山準がダークナイトメアの長井満也を下し初防衛に成功。試合前に、「負けたらスイートナイトドリームに改名しろ」と長井に要求していた秋山は、「SWEET NIGHT DREAM」のロゴが入ったタオルを持参し、長井に揺さぶりをかけていたそうで、敗れた長井は「オレも男だ。今日はその約束、キッチリ守ってやろうじゃねえか」と、SWEET NIGHT DREAMのタオルを肩にかけるも、直後に秋山を襲撃し、さらには自分のことを棚に上げて「ハゲ社長」呼ばわり。これには秋山も「ハゲがハゲって言うんじゃねえ。悔しかったら来い、何回でも」とやり返すと、場内からは拍手喝采(かっさい)が起こっていた…との事。



[135] fun◇fLongoRY - 2017/05/22(Mon) 02:01 ID:VsTYND0.  [No.107269]
連続投稿失礼します。

6月シリーズの『BS11 presents 全日本プロレス 新木場大会 〜GROWIN’ UP vol.3〜』6月7日(水)新木場大会
及び「2017 ダイナマイトシリーズ 〜スーパータッグ大戦〜」6月13日(火)館林大会の対戦カードが決定。

【BS11 presents 全日本プロレス 新木場大会 〜GROWIN’ UP vol.3〜】
6月7日(水)東京・新木場1stRING  19:00〜

タッグマッチ
青木篤志&阿部史典 VS 岡田佑介&佐藤光留

アクトレスガールズ Beginning 提供試合
安納サオリ&高瀬みゆき VS 万喜なつみ&清水ひかり

タッグマッチ
秋山準&中島洋平 VS 大森隆男&田中稔

シングルマッチ
諏訪魔 VS 岩本煌史

シングルマッチ
ジェイク・リー VS 青柳優馬

タッグマッチ
宮原健斗&野村直矢 VS 真霜拳號&KAI

「2017ダイナマイトシリーズ〜スーパータッグ大戦〜」
6月13日(火) 群馬・館林市民体育館(郷谷体育館) 18:30〜

タッグマッチ
渕正信&岡田佑介 VS 岩本煌史&田中稔

タッグマッチ
青木篤志&佐藤光留 VS KAI&中島洋平

タッグマッチ
諏訪魔&ジョー・ドーリング VS 橋本大地&神谷英慶

タッグマッチ
ジェイク・リー&野村直矢 VS 関本大&介岡林裕二

タッグマッチ
秋山準&大森隆男 VS ゼウス&ボディガー

タッグマッチ
石川修司&遠藤哲哉 VS 宮原健斗&青柳優馬


[136] fun◇fLongoRY - 2017/05/23(Tue) 14:03 ID:3POLml16  [No.107272]
22日、横浜市内の事務所で会見を行い、6月11日の東京・後楽園ホール大会で3冠王者・石川修司(41)がジェイク・リー(28)の挑戦を受けると発表。

 石川は21日の後楽園ホール大会で宮原健斗(28)を破り、同王座初挑戦で初戴冠に成功。会見では「最高のチャンピオンだった宮原選手と後楽園ホールの満員のお客さんの前で戦い、勝つことができてレスラーとして最高の1日になった」と笑顔を見せた。

 初防衛戦はその宮原とユニット「NEXTREAM」を組むジェイク・リーだが「お互いベストで戦って、上回って防衛したい」と早くも貫録を漂わせながら話した。ジェイク・リーは「(王者でも)確実に隙はある。詳しくは言えませんけどね。そこを突いて勝ちたい」と意気込んだ。

 併せて、6月16日の北海道・函館総合卸センター流通ホール大会で世界ジュニア王者・佐藤光留(36)に中島洋平(31)が挑戦、20日の北海道・帯広市総合体育館大会で大仁田厚(59)、渕正信(63)組の持つアジアタッグ王座に佐藤光留、青木篤志(39)組が挑戦することなども発表されました。


[137] fun◇fLongoRY - 2017/05/23(Tue) 14:03 ID:3POLml16  [No.107273]
連続投稿失礼します。

6.11後楽園一部カード、
北海道ツアーの6.16函館〜6.28旭川大会までの全対戦カードが決定

「2017 ダイナマイトシリーズ 」一部の主な対戦カードです。

6月11日(日) 東京・後楽園ホール
特別試合 シングルマッチ
宮原健斗 VS 諏訪魔

三冠ヘビー級選手権試合
【第56代王者】石川修司 VS【挑戦者】ジェイク・リー

〜中島洋平デビュー10周年記念大会〜
6月16日(金) 北海道・函館総合卸センター 流通ホール(大ホール)
渕vsドラゴン 北海道3連戦 第1戦 シングルマッチ
渕正信 VS ウルティモ・ドラゴン

6人タッグマッチ
諏訪魔&ジョー・ドーリング&青木篤志
VS
石川修司&KAI&田中稔

6人タッグマッチ
秋山準大森隆男岩本煌史
VS
宮原健斗ジェイク・リー青柳優馬

世界ジュニアヘビー級選手権試合
【第43代王者】佐藤光留 VS【挑戦者】中島洋平


6月17日(土) 18:00 北海道・ススキノ・マルスジム(札幌)
シングルマッチ
渕正信 VS 菊地毅

シングルマッチ
ゼウス VS 佐藤光留

根室食堂杯争奪 6人タッグトーナメント 1回戦
秋山準&大森隆男&ウルティモ・ドラゴン
VS
石川修司&吉江豊&斗猛矢

根室食堂杯争奪 6人タッグトーナメント 1回戦
宮原健斗&ジェイク・リー&青柳優馬
VS
諏訪魔&ジョー・ドーリング&青木篤志

6月18日(日) 14:00 北海道・ススキノ・マルスジム(札幌)
根室食堂杯争奪 6人タッグトーナメント 3位決定戦
6.17札幌大会にて行われる試合結果により対戦カードが決定

タッグマッチ
ゼウス&ボディガー
VS
KAI&中島洋平

根室食堂杯争奪 6人タッグトーナメント 決勝戦
6.17札幌大会にて行われる試合結果により対戦カードが決定

6月20日(火) 18:30 北海道・帯広市総合体育館
シングルマッチ
中島洋平 VS 田中稔

GAORA TVチャンピオンシップ前哨戦 6人タッグマッチ
秋山準&大森隆男&ウルティモ・ドラゴン
VS
ゼウス&ボディガー&吉江豊

タッグマッチ
宮原健斗&青柳優馬
VS
石川修司&丸山敦

シングルマッチ
諏訪魔 VS KAI
アジアタッグ選手権試合 60分1本勝負
【第100代王者組】渕正信&大仁田厚
VS
【挑戦者組】青木篤志&佐藤光留

6月21日(水) 18:30 北海道・釧路青雲台体育館
6人タッグマッチ
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢
VS
ゼウス&ボディガー&丸山敦

タッグマッチ
諏訪魔&佐藤光留
VS
石川修司&岩本煌史

GAORA TVチャンピオンシップ
【第15代王者】秋山準 VS 【挑戦者】吉江豊

6月22日(木) 18:30 北海道・根室市青少年センター
渕vsドラゴン 北海道3連戦 第2戦 シングルマッチ
渕正信 VS ウルティモ・ドラゴン

タッグマッチ
諏訪魔&ジョー・ドーリング
VS
KAI&中島洋平

タッグマッチ
宮原健斗&ジェイク・リー
VS
石川修司&吉江豊

6人タッグマッチ
秋山準&大森隆男&岩本煌史
VS
ゼウス&ボディガー&丸山敦

 〜美幌130周年記念チャリティー大会〜
6月24日(土) 18:00 北海道・美幌町スポーツセンター
シングルマッチ
ジョー・ドーリング VS KAI

6人タッグマッチ
宮原健斗&野村直矢&青柳優馬
VS
諏訪魔&青木篤志&佐藤光留

6人タッグマッチ
石川修司&秋山準&大森隆男
VS
ゼウス&ボディガー&吉江豊

6月25日(日) 18:30 北海道・紋別市スポーツセンター
シングルマッチ
中島洋平 VS 田中稔

シングルマッチ
渕正信 VS KAI

シングルマッチ
石川修司 VS 吉江豊

6人タッグマッチ
秋山準&大森隆男&ウルティモ・ドラゴン
VS
ゼウス&ボディガー&丸山敦

NEXTREAM vs Evolution 8人タッグマッチ
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢&青柳優馬
VS
諏訪魔&ジョー・ドーリング&青木篤志&佐藤光留

6月27日(火) 18:30 北海道・名寄市スポーツセンター
シングルマッチ
ジョー・ドーリング VS 野村直矢

タッグマッチ
秋山準&大森隆男
VS
宮原健斗&青柳優馬

6人タッグマッチ
諏訪魔&青木篤志&佐藤光留
VS
石川修司&岩本煌史&丸山敦


6月28日(水) 18:30 北海道・旭川地場産業振興センター
渕vsドラゴン 北海道3連戦 ファイナル シングルマッチ
渕正信 VS ウルティモ・ドラゴン

シングルマッチ
ジョー・ドーリング VS 吉江豊

6人タッグマッチ
諏訪魔&青木篤志&佐藤光留
VS
ゼウス&ボディガー&岩本煌史

北海道ツアー ラストスペシャル6人タッグマッチ
秋山準&大森隆男&ジェイク・リー
VS
宮原健斗&石川修司&KAI


[138] fun◇fLongoRY - 2017/05/26(Fri) 09:40 ID:EkhsGo/c  [No.107282]
3冠ヘビー級王者の石川修司、全日本プロレスの“完全制圧”を宣言したそうです。

 この日(22日)は横浜市内の全日本事務所で行われた会見に出席。21日の東京・後楽園ホール大会で宮原健斗を破り、同王座初挑戦で初戴冠に成功したが「最高のチャンピオンだった宮原選手と後楽園ホールの満員のお客さんの前で戦い、勝つことができて、レスラーとして最高の一日になった」と笑顔だ。さらに早くも6月11日の後楽園大会でジェイク・リーを相手に初防衛戦が行われることも決定。石川は「お互いベストで戦って上回って、自分が防衛したい」と貫禄を漂わせた。

 初防衛戦に向けて「今ある技を高めていきたい」と力強く話したが、その先には大きな野望を見据えている。石川は「3冠王者として目指すもの…それは所属選手はもちろん、フリーで参戦している選手も含めて全日本で戦っている全選手を相手に防衛戦をすることです。今、全日本に上がっている選手をすべて叩き潰す。話はそれからですね」と真剣なまなざしで宣言した。とても容易なことではないが、本気なのは言うまでもない。

「時間はそんなにないので、喜びは昨日で終わらせて今日からまた11日に向けてコンディションを上げていきたい」というインディの巨人が、まずジェイク・リー戦で野望への第一歩を踏み出す…。


[139] fun◇fLongoRY - 2017/05/26(Fri) 09:42 ID:EkhsGo/c  [No.107283]
連続投稿失礼します。

プロレスTODAYによる第74代世界タッグ王者の真霜拳號インタビューです。

5月21日に全日本プロレス・第74代世界タッグに輝いた、KAIENTAI DOJOの真霜拳號。5月28日には不倶戴天の敵・木イサミとCHAMPION OF STRONGEST-K王座を巡って激突し、彼を巡ってのベルト争奪戦が絶えない。
あらゆるところで戦い続ける真霜拳號選手に、ベルトの重みと木戦へのお話を伺った…。

<世界タッグ王者、真霜拳號>

――5月21日の全日本プロレス・世界タッグ王座決定戦で、ゼウス選手・ボディガー選手のタッグ、ザ・ビッグガンズからベルトを獲りましたね。おめでとうございます。挑戦は急に決まったんですか?

真霜:前日の横浜(ラジアントホール)大会で世界タッグの防衛戦が組まれていたので、その様子を見に行っていたんです。翌日には真霜・KAI組とのノンタイトルマッチが決まっていたので、防衛したならばそこで名乗りを上げようかなと思って行ってみたら、自分の思惑とちょっと違う形でタイトルマッチが決定してしまった。まあいいかな、と。

――急転直下だったので驚きました。KAIさんが執拗に、真霜さんへラブコールを送っていました。

真霜:ちょっと迷惑……結果的に世界タッグを獲れたのでよかったなと思いつつ、苦手だなあ、と(笑)

――ザ・ビッグガンズを倒したのは大きな実績になりました。

真霜:僕一人の力みたいなところがあるので(笑) KAIは役に立ったんだろうか? ザ・ビッグガンズは強敵なので、ギリギリの辛勝ではあっても、勝てたのはよかったです。

――難攻不落のタッグを撃破したのは凄いことです。

真霜:あのチームに勝てたというのは、自信になります。

――全日本プロレスに参戦してから初めてのベルトが、歴史のある世界タッグ。腰に巻いた重みはいかがですか?

真霜:ベルト自体に、古さがあります。今まで持ってきたベルトと違って、ベルトそのものに歴史が感じられるというか、ベルトにたたずまいがある。物理的な重み以上に、歴史の重みがあります。

――全日本プロレスというと、ジャンボ鶴田さんや天龍源一郎さんなど、「タッグ屋さん」が多くのタッグタイトルを巻いてきました。そういう偉人たちが巻いてきたベルトなので、いい形で守っていきたいですね。

――それにしても、思わぬ形でタッグが生まれました。

真霜:なぜ僕とタッグが組みたいか、意味が分からないし、何の接点もなかったし、急造タッグもいいとこですよ……。

――熱いKAIさんが、男として真霜さんに惚れたのでしょうか?

真霜:何なんでしょうね。彼とは合計二回しか接触していないんです。チャンピオン・カーニバル中に一回、六人タッグで組んだことがあって、それとは別に一度対戦したことがある。それだけなのに、何でしょうね?

――この人だとピンときたんでしょう。KAI選手なりの、運命の人ということでしょうか。

真霜:なんとなく選んだんじゃないかと思うんだけど(笑)

――KAI選手のいいところは?

真霜:わからない。このチームは不安しかないです。

――組む前の印象は?

真霜:彼の試合をちゃんと見たことがなくて、自由を売りにしていた時期のムチャクチャな行動しか見ていないんですよ。また変なのが来たなと思いながら……。

――控室でのKAI選手はどんな感じでしたか?

真霜:わからない。別々の控室にいたから(笑)

――試合後には、KAI選手の方から真霜さんへのアピールがありました。

真霜:コメントを出していたのは聞きましたが、会見は欠席させてもらったので、結局ちゃんと話をしていない(笑)

――……凄いタッグチャンピオンチームができましたね。

真霜:可能性だけはある。どうなるかわからないけど。

――どんな挑戦者が現れるかわからないですから、今後の連携も必要でしょう。KAIさんは真霜さんとコミュニケーションしたいと思っているでしょうけど……

真霜:それがうざったいんですよね(笑) もうちょっと抑えめで来てくれればいいのに、熱量が高すぎる。空気を読んでほしいですね(笑) 僕はあのノリにはついていけない。

――KAI選手は他団体でも、タッグパートナーに熱く求めてくる人です。組む相手の方は大変なんでしょうね。タッチも大声で要求してきます。

真霜:精神的に疲れます……。

――可愛らしいところもある選手だと思うので、タッグの防衛ロードを築き上げてほしいです。

真霜:どうなることやら……。

――コンビネーション、タッグワーク含めて、可能性のある、魅力的なタッグチームができたんじゃないかと思います。

真霜:チーム力はゼロ、むしろマイナスですけど(笑)

――タッグチームとしては、連携技も生まれるのでは?

真霜:連携はやりたくないなー(笑) KAIの熱量と僕の熱量が合えばいいんですけど、温度差がありすぎて……

――ここまでの温度差があるタッグチャンピオンは珍しいですね(笑)

真霜:普通なら勝てなかった。自分で獲っておきながら思うんですけど、まぐれですね(笑)

――……ちなみに、KAI選手とのタッグチームの未来像、王者像は?

真霜:まったく見えていない(笑) コミュニケーションをとってないですから。

――こんな二人がタッグチャンピオンになったので、今後の相手も、ある意味大変なんでしょうね。

真霜:誰が来るやら……。

――タッグというと、チーム名やニックネームがついてきます。このタッグチーム名はどうなるのでしょう?

真霜:つけなくていいですよ(笑) タッグチームらしくしたら、KAIが認められたと思って調子に乗っちゃいます(笑) だけど、周りが勝手に言い始めたりするパターンもありますね。

――真霜さんとKAIさんだから……「魔界」とか?(笑)

真霜:ややこしくなってきた(笑)

――丸藤正道さんとマイバッハ谷口さんの「MAKETA RA OWARI」みたいに、仲の悪さをチーム名で表現したらどうでしょうか。「不協和音」とか(笑)

真霜:いいかも(笑)

――SNSを通じてタッグチーム名を募集したら面白いかもしれません。……勝手にKAIさんが始めそうですね。

真霜:やりかねない(笑)

――これから先のことは全く見えない。

真霜:変な話、昨日も勝てると思ってなかった部分があるので、先のことを全く考えてなかった。勝つつもりでやったけど、KAIが足を引っ張るんだろうなーと思っていた。ここからのことは、これから考えます。

――最後に、昨日の勝因は何だったと思いますか?

真霜:一番の要因は「俺一人で戦うんだ」と思っていたことでしょうね。KAIの力はあてにしない、どうせうまくいかないんだから、一人でやってやる(笑)

――それで勝てたのは素晴らしいです(笑) このタッグを、全日本プロレスの歴史に一歩ずつ刻んでいただければと思います。


――5月28日には、KAIENTAI-DOJOで木イサミさんとのシングルマッチが決定しています。イサミさんはいろんな団体に出てデスマッチも経験し、今は、プロレスリングBASARAという自分の団体を持っています。彼に対する意気込みはいかがでしょう?

真霜:僕はやりたくないんですよ。CHAMPION OF STRONGEST-Kのタイトルマッチとしてやるんですけど、挑戦表明の仕方が気に食わない(笑) 自分が来ないで後輩を差し出すわけだから、こちらも気持ちが乗ってこない。「お前本気か?」「本気で取りに来てるの?」って思いますよ。

――イサミさんのことだから、刺客を送ってくるのかもしれません。

真霜:もう時間もないですから、あとは当日を迎えるだけでしょうけど、とにかくイサミとは因縁がある。……一言でいえば、嫌いなんですよね(笑)

――肌が合うタイプかと思っていたんですが……

真霜:いやいや……合わないですよ……あんなの(笑) 鬱陶しい!

――イサミさんの印象は?

真霜:レスラーとしては凄い奴になりましたよ。デビュー当時やりあっていただけに、余計に思う。あいつが一番ダメな時を見ているから、凄い選手になったとは思うけど、やっぱり嫌いなんですよね。

――イサミ選手のどういうところが嫌いなんですか?

真霜:この試合が決まってからいろいろなところで聞かれるんだけど、明確な理由がないんです。デビュー当時に自分にケンカを吹っかけてきて、因縁があり、彼がKAIENTAIを逃げ出したこともあり、いろいろ腹が立つこともある。だから嫌いかというと、そういうわけでもなく、とにかく本能的に嫌い(笑) 人間関係ってそういうことがあるじゃないですか。こいつは合わない、わからないけどこいつは嫌ってタイプが。

――ケンカを吹っかけられた理由は?

真霜:ケンカを売るのが一番手っ取り早かったんだと思います。僕は格闘スタイルだけど、あいつは格闘家そのもののスタイルでデビューしてきた。プロレスの技術はないけど、真霜を倒せば自分が上に行けると思っていたんじゃないでしょうか。そして本当にやられた(笑) そこから15年、ずっと険悪なままです。この試合は、あいつ自身が「KAIENTAI-DOJOの卒業試験」と言っていたので、15年分の清算という意味もあるのだろうが、自分にそんなのは関係ないし、感傷的なものもない。ただ嫌いだからボコボコに痛めつけてやろうかなと思ってます(笑)

――15年前のイサミさんはどんな人だったんですか?

真霜:生意気でしたね。当時の試合映像なんてほとんど残ってないだろうけど、自分勝手なファイトスタイルでした。相手の技なんて関係なしに自分の技だけをぶつけて、勝って帰るみたいな奴でした。それはレスラーとして違うだろう、という思いが自分にはあった。そういう時代を知っている者からすれば、イサミは立派に成長したなとは思う。まあ嫌いですけど(笑)


――レスラーは技を受けることも大事ですけど、木さんは格闘家として攻めていくスタイルだったんですね。

真霜:彼は今でもガリガリですけど、最初は今よりガリガリでしたから。技を受けたら一発でやられると思って受けまいとしたんだろうけど、僕はそういうのが嫌いなんで。

――ちなみに、イサミさんは真霜さんのことをどう思っているんでしょう?

真霜:嫌いだと思いますよ(笑) 直接聞いたことはないですけど、周りからは「イサミさんが真霜さんのことを嫌いって言ってますけど、どうなんですか?」って聞かれることがある。イサミも方々でいらんこと言いやがって(笑)

――他の現場でも会うと思いますけど、話してますか?

真霜:ずっと背を向けてます。お互い、やっぱり嫌いなんですよね(笑)

――ファンの皆さんは、この試合に大きな意味を感じていると思います。

真霜:(この二人を)長く見ている人ほど、そうでしょうね。

――それぞれが歴史を刻んだ上の戦いなので、感情的なぶつかり合い、肉体的なぶつかり合い、技の攻防など、お互いが成長した部分をぶつけ合う試合になってほしい。真霜さん的にはボコボコにするつもりで。

真霜:あいつの気持ちがよくわからないので、確かめたい。本当にこのベルトが欲しいのか、卒業試験だと思っているのか、ただ俺を倒したいだけなのか。だから僕としては、痛めつけて最大のダメージを与えたうえで倒したい。

――イサミさんはいろんなことを仕掛けてくるタイプです。

真霜:いろいろなことができるタイプだから、何をしてくるかわからない。

――デスマッチもこなしながら、トップロープ越えの空中技でも襲い掛かってくる。いろいろやってくるから危ないです。

真霜:そういう意味だと、今までの防衛戦の相手とは全く違う相手なので、戦い方が読めないのは事実です。

――真霜さんのプロレスは「剛」のイメージ、それに対してイサミ選手は「柔」。「剛」と「柔」の戦い、力でねじ伏せるか技で倒すか、というぶつかり合いが見られそうです。

真霜:お互い、感情が先走るかもしれません。

――このカードはますます面白いですね。

真霜:リング上でどうなるかわからないんですよ。自分も今回の防衛戦は何の作戦も立てないですし、リング上の感情で、どうなるかわからない。向こうの出方次第です。15年前の生意気な感じなら叩き潰しに行くでしょうし、「卒業試験」とか「タイトルマッチだから」と謙虚に来るなら、こちらもじっくりと戦う。展開が読めないですね。お客さんには、結末を予想してもらってもいいかなと思います。どうなるかは、やる方もわかりません。


KAIENTAI-DOJO
『東京ビッグショー』
5月28日(日)新木場1stRING

世界タッグを奪取した翌週に、CHAMPION OF STRONGEST-Kのタイトルマッチとハードスケジュールではあるが、その言葉一つ一つに重みと自信が漂う真霜選手。KAI選手のタッグはどの様に発展していくのか?世界タッグ戦線からも目が離せない...。


[140] fun◇fLongoRY - 2017/05/27(Sat) 07:58 ID:TOwP2oLo  [No.107289]
東スポ情報ですが、邪道・大仁田厚が25日、謎の新ユニット「はぐれ邪道軍」の“旗揚げ”を古巣の全日本プロレスマットで行うと予告したそうです。

 28日の全日本・茅ヶ崎大会では邪道軍を率いて諏訪魔の暴走ユニット「エボリューション」と対戦するが、なんと自軍セコンドに“悪魔仮面”ケンドー・カシンを緊急招集。全日本にとっては天敵ともいえる2人は何をたくらんでいるのか…。

「まずはチキン諏訪魔が出てきてくれてありがとうだな。なにせ全日本を背負って立つスターなんだから、医者の言うことなんか聞いてちゃダメだ。俺なんかFMWの時に死にそうになってな、あの時は…(以下省略)」

 この日、都内で取材に応じた大仁田はやたらと上機嫌だった。まずは負傷(右手第2、3、4中手骨不全骨折)で欠場していた諏訪魔が28日の茅ヶ崎大会に強行出場することを決め、邪道軍(大仁田、保坂秀樹、雷神矢口組)対エボリューション(諏訪魔、青木篤志、佐藤光留組)の対抗戦が予定通り行われることになったからだ。

 ただし、茅ヶ崎のシンボル・えぼし岩に上陸して「大仁田粉砕」を誓ったこと(東スポ情報)については「遅いよ。俺なんかとっくに上陸して、先に願い事をしている。えぼし岩の神は俺の味方じゃ」とあざ笑った。確かに大仁田は2014年3月に上陸し、茅ヶ崎市の特別観光大使でゆるキャラの「えぼし麻呂」とコラボまでしている。つまり茅ヶ崎大会は諏訪魔率いる暴走軍の興行だが、当地を代表するスター選手は自分だという認識だ。そして、気分がいい理由がもう一つある。それは先週のFMWマットで怨敵カシンと合体したことだ。

 そこで「カシンよ、せっかくだから見に来いよ。はぐれ邪道軍を茅ヶ崎で旗揚げしようぜ。どうせ俺は最後なんだし、面白いことをやろう」と呼びかけたから、さあ大変…。2人の合体は北海道での出来事だったため、真偽を疑う声もあった。そこで共通の敵である諏訪魔の前でリアルに結託した姿を見せたいのだ。

「全日本にはいくつかベルトがあるからな。俺とカシンが巻いたら事件だろ!? ここは事件にしなきゃ」

 なぜ大仁田まで「はぐれ邪道軍」を名乗るのかという疑問はさておき、何やら湘南の海が荒れ模様になってきた…との事。


[141] fun◇fLongoRY - 2017/05/29(Mon) 08:44 ID:mm2jWhbs  [No.107300]
「全日本プロレス チャリティー茅ケ崎大会 Evolution3 〜出撃〜」
5.28(日)神奈川・茅ヶ崎市体育館 [観衆]850人(超満員札止め)

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○野村直矢
7分47秒 逆エビ固め
×岡田佑介

<第2試合>シングルマッチ
×青柳優馬
9分01秒ミノルスペシャル
○田中稔

<第3試合>〜日本盛生原酒純米吟醸ボトル缶100本争奪〜 シングルマッチ
○茅ヶ崎仮面
8分34秒 茅ヶ崎レッグロールクラッチホールド
×丸山敦

<第4試合>シングルマッチ
○ジェイク・リー
13分35秒 バックドロップ→片エビ固め
×大森隆男

<第5試合>シングルマッチ
○宮原健斗
11分51秒 ジャーマンスープレックスホールド
×岩本煌史

<第6試合>〜潟nートフルホーム杯 茅ヶ崎名産畳しらす21畳争奪〜スペシャル6人タッグマッチ
【Evolution】○諏訪魔&青木篤志&佐藤光留
13分58秒 バックドロップ→体固め
【邪道軍】大仁田厚&×保坂 秀樹&雷神矢口


[142] fun◇fLongoRY - 2017/05/30(Tue) 08:35 ID:6cR64UVs  [No.107304]
「2017 ダイナマイトシリーズ」開幕戦6・11後楽園大会の全対戦カードが決定。崔 領ニの復帰とTAJIRIの参戦も発表。
世界タッグ選手権試合として真霜&KAI組にビッグガンズのリマッチ、
また、!BANG!TV 選手権試合として王者の西村修に不動力也が挑戦するようです。

そして、6・8FMWの新宿大会に諏訪魔が参戦、6人タッグマッチで大仁田と対戦するそうです。


6人タッグマッチ
大森隆男&渕正信&崔 領ニ
VS
中島洋平&岡田佑介&阿部史典

!BANG!TV 世界ヘビー級選手権試合
【第3代王者】西村修
VS
【挑戦者】不動力也

6人タッグマッチ
ジョー・ドーリング&青木篤志&佐藤光留
VS
野村直矢&青柳優馬&岩本煌史

6人タッグマッチ
秋山準&ウルティモ・ドラゴン&丸山敦
VS
TAJIRI&吉江豊&田中稔

世界タッグ選手権試合
【第74代王者組】真霜拳號&KAI
VS
【挑戦者組】ゼウス&ボディガー

特別試合 シングルマッチ
宮原健斗
VS
諏訪魔

三冠ヘビー級選手権試合
【第56代王者】石川修司
VS
【挑戦者】ジェイク・リー


FMW
6月8日(木)新宿FACE
ストリートファイトバンクハウス有刺鉄線ボードエニウェアフォールマッチ
大仁田厚&雷神矢口&保坂秀樹
vs
諏訪魔&青木篤志&佐藤満留


[143] fun◇fLongoRY - 2017/05/30(Tue) 08:35 ID:6cR64UVs  [No.107305]
連続投稿失礼します。

6.11後楽園大会にて行われる世界タッグ選手権にむけてのコメント、
及び「!BANG!TV 世界ヘビー級選手権試合」に 向けて挑戦者の不動力也よりコメントです。

第74代 世界タッグ王者 真霜拳號のコメント
「どういうことだ?なんで勝手に決まってやがる?
王者に何の確認も報告もなく防衛戦が決まるなんて、
あり得ないだろ!……KAIだな。
またやりやがったな?KAIの仕業だろ!

俺に知らせず勝手にOK出しやがったな、アイツ。
アイツに決定権があるってのか?
アイツがこのタッグのリーダーだってのか?
そもそも、なんで俺のスケジュールを把握してるんだ?

まぁ、決まっちまったもんはしょうがねぇ、やってやるけどよ。
ゼウス&ボディガーとのリマッチなんて、
初防衛戦にして最大のピンチみたいなもんじゃねぇか…

やっぱりKAIは信用出来ねぇな。
KAIENTAI DOJO 真霜拳號」


メキシコ遠征中のビックガンズ、ゼウス&ボディガーからのコメント。

ボディガーのコメント
「即席チームの真霜.KAIチームやけど個々の実力が有るだけにかなりの
曲者チームていうのはこないだの5.21後楽園ホールで分かった。

6.11は本気で叩き潰して俺たちビッグガンズのベルトを返してもらうで!

まぁそう言うこっちゃ!」 ボディガー


ゼウスのコメント
「この大切な世界タッグのベルトを真霜選手、KAI選手の手に渡してしまい、
申し訳ありませんでした。

6.11後楽園ホール大会で、必ずビッグガンズが世界タッグを取り戻します!

皆様、応援宜しくお願い致します!」 ゼウス


不動力也のコメント

「西村とは年末の最強タッグと1月のシリーズで何回か戦ったけど、毎回レフェリーの和田京平が
西村に加担して高速カウント入れたりするから今回はちゃんと公平に裁くレフェリーを用意しろ!
!BANG!TV 世界ヘビー級選手権 第3代チャンピオン 西村修!俺が第4代チャンピオンになるから、覚悟しとけ!」 
                                               不動力也


[144] fun◇fLongoRY - 2017/05/30(Tue) 23:59 ID:6cR64UVs  [No.107309]
米WWEを退団したTAJIRI(46)が6月11日の後楽園ホール大会に参戦。TAJIRIは6人タッグ戦で吉江豊(43)、田中稔(44)と組み、秋山準(47)、ウルティモ・ドラゴン(50)、丸山敦(40)組と対戦する。

東スポ情報ですが、この試合が日本マット復帰戦となり「米国に行く前に何回か全日本に参戦して、すごく良かった。上がるなら全日本と思っていた。未対決の相手とドンドン戦いたいと思い、その1発目が秋山さんで光栄です」と感謝の言葉を口にした。

 今年1月、約12年ぶりにWWEに正式復帰したが、ヒザを痛めた後に試合の出場許可が下りなかった。医師3人のうち2人からOKをもらったものの、1人だけ「OKだがちょっとリスキー」と診断されたことに加え、46歳という年齢がネックになった模様だ。その後はWWEのトレーニング施設「パフォーマンスセンター」で3か月間、指導役をしていたが「一緒にいたコーチより動けた。コーチだけで米国にいることはできなかったし、その思いを日本でぶつけたい。ヒザは全然大丈夫」と万全を強調した。

 もちろん秋山との初遭遇だけが目的ではない。「全日本さんは歴史と伝統がある。3冠ヘビー、世界タッグ、アジアタッグ…全部触れてみたい」とタイトル奪取にも狙いを定めており、日本復帰戦が待ちきれない様子だった…との事。


[145] fun◇fLongoRY - 2017/05/31(Wed) 00:00 ID:vUEnZPfM  [No.107310]
連続投稿失礼します。

FMW6・8新宿フェイス大会の対戦カードが変更。
「はぐれ邪道軍」として大仁田がカシンとタッグを結成するそうです。

FMW
6月8日(木)新宿フェイス

「ストリートファイトバンクハウス有刺鉄線ボードエニウェアフォールマッチ」
大仁田厚&ケンドー・カシン&保坂秀樹             
VS
諏訪魔&青木篤志&佐藤光留


大仁田は、右指第2、3、4中手骨不全骨折で欠場していた諏訪魔が強行出場した、28日の全日本プロレス チャリティー茅ケ崎大会での6人タッグマッチで、諏訪魔組と対戦。諏訪魔に毒霧を浴びせた揚げ句、リング上で「はぐれ邪道軍」の結成を宣言した。怒った諏訪魔が完全決着を主張し、電流爆破マッチへの出場を決意したのを受け、次のようにコメント…。

大仁田「諏訪魔選手! よく決心した! お前たちにハードコアの怖さと危険を、4Dで体感させてやるよ。カシン選手を加え旗揚げしたはぐれ邪道軍の初戦だ。(中略)諏訪魔選手よ、俺の創り上げたハードコアの世界に飛び込むお前の決断は、男として認めるよ。だから8日も会場でチキン売っていいよ、諏訪魔君。」

 また自身の完全引退についても、あらためて明言…。

大仁田「俺って後楽園ホールでデビューしたんだよな。(昭和)43年のデビュー戦は、馬場さんに言われて先輩の佐藤昭雄選手に決まったんだけど、もうわからないくらいに緊張してたんだろうな、覚えてないよ。引退もしたな。あ、最初のな(笑い)。FMWの旗揚げは、露橋と後楽園ホールだったし、初めて12月に有刺鉄線を使ってハードコアの世界を作ったのも後楽園。俺ってつくづく後楽園ホールと縁があるんだよ。俺はプロレスが大好きなんだよ。本当に好きなんだ。そんな俺がリングを降りる決心をした。いろんな人が、引退興行が後楽園ホールじゃキャパが小さいというけれど、人数でもお金でもないんだよ。俺の原点で節目はいつも後楽園なんだよ。大仁田厚は10月31日に後楽園ホールで引退します。最近、宮崎駿監督の復帰でよく引き合いに出されるけど(笑い)だけど今回の引退は本当に本当に本当なんだ。ぜひ俺の最後を見に来てください。」


[146] fun◇fLongoRY - 2017/06/01(Thu) 11:34 ID:  [No.107315]
7月シリーズ「2017 SUMMER ACTION SERIES」などの日程です。

「BS11 presents 全日本プロレス 新木場大会 〜GROWIN’ UP vol.4〜」
7月5日(水)19:00 東京・新木場 1stRING

「YOKOHAMA TWILIGHT BLUES vol.6」
7月8日(土)17:00 神奈川・横浜ラジアントホール

「千葉EXTRA DREAM 16」
7月9日(日)17:00 千葉・千葉Blue Field

「2017 SUMMER ACTION DREAM 上尾大会」
7月15日(土) 18:00 埼玉・イコス上尾

「2017 SUMMER ACTION SERIES」
7月17日(月・祝)12:00 東京・後楽園ホール【開幕戦】
7月19日(水)18:30 茨城・水戸市民体育館
7月22日(土)18:00 静岡・キラメッセぬまづ
7月23日(日)18:00 栃木・那須ハイランドパーク
7月26日(水)18:30 長野・佐久創造館
7月27日(木)18:30 石川・金沢流通会館
7月28日(金)18:30 愛知・名古屋市露橋スポーツセンター
7月30日(日)17:00 大阪・エディオンアリーナ大阪(府立体育会館)第2競技場【最終戦】


[147] fun◇fLongoRY - 2017/06/01(Thu) 11:35 ID:  [No.107316]
8月シリーズ「2017 SUMMER EXPLOSION」及び「8・19ウルティモ・ドラゴン30周年記念興行」
「8・27全日本プロレス45周年記念両国大会」の日程です。

「2017 SUMMER EXPLOSION」
8月 6日(日)14:00 兵庫・神戸サンボーホール【開幕戦】
8月 7日(月)18:30 島根・くにびきメッセ 多目的ホール(松江)
8月 9日(水)19:00 長崎・佐世保市体育文化館
8月10日(木)18:30 佐賀・ホテルマリターレ創世 佐賀(ホテル館)
8月11日(金・祝)16:00 福岡・博多スターレーン

〜岩国市観光大使清流光神ハクジャオー生誕10thアニバーサリー〜
8月12日(土)18:00 山口・岩国市周東体育センター

「特別興行 ウルティモ・ドラゴン30周年記念 〜Lucha Fiesta 2017 supported by AJP〜」
8月19日(土)18:30 東京・後楽園ホール

「2017 SUMMER EXPLOSION」
8月20日(日)16:00 愛知・岡崎市竜美丘会館

『2017 SUMMER EXPLOSION 【最終戦】全日本プロレス45周年記念両国大会〜新たなる決意〜』
8月27日(日)15:00 東京・両国国技館 


[148] fun◇fLongoRY - 2017/06/01(Thu) 11:35 ID:  [No.107317]
連続投稿失礼します。

9月シリーズ「第5回 王道トーナメント」の開催が決定。

「第5回 王道トーナメント」
9月12日(火) 18:30 東京・後楽園ホール【開幕戦・一回戦】

9月16日(土) 17:00 埼玉・北本市体育センター【一回戦】

9月18日(月・祝) 17:00 大阪・エディオンアリーナ大阪(府立体育会館)第2競技場【二回戦】

9月19日(火) 18:30 愛知・名古屋市枇杷島スポーツセンター・第1競技場【二回戦】

9月23日(土・祝)17:00 宮城・夢メッセみやぎ 西館ホール(仙台)【準決勝・優勝決定戦】

※9月その他の大会追加日程は決まり次第お知らせの予定。


[149] fun◇fLongoRY - 2017/06/04(Sun) 07:21 ID:  [No.107319]
諏訪魔が巨大斧で邪道軍撃退予告をしたそうです。

東スポ情報ですが、諏訪魔率いる「エボリューション」が2日、「はぐれ邪道軍」との全面対抗戦に向けて決起集会を行った。
暴走軍は5月28日の茅ヶ崎大会で大仁田厚率いる邪道軍に勝利。敵地に乗り込む8日の超戦闘プロレスFMW新宿大会では相手軍にケンドー・カシンが正式に加入し、暴走軍(諏訪魔、青木篤志、佐藤光留組)VSはぐれ邪道軍(大仁田、カシン、保坂秀樹組)の6人タッグデスマッチが行われる。
アウェー決戦に向けてこの日は諏訪魔が集合をかけたが、姿を現したのは青木だけ(佐藤は無断欠席)で、早くも不安を露呈した。それでも諏訪魔が持参予定の巨大斧を大仁田とカシンに見立てたマネキン人形めがけて振り下ろすと、青木は調合途中の青い毒霧を水鉄砲で発射。打倒邪道軍の準備は順調に進んでいることをうかがわせた。
諏訪魔が「この斧で有刺鉄線ボードもバットも何でもぶっ壊してやる」と豪語すれば、青木は「大仁田厚とケンドー・カシンの『2大わがまま』がどうなるのか気になる。化学反応が起こるのか、不発に終わるのか…」と警戒心を強めていたそうです。


[150] fun◇fLongoRY - 2017/06/06(Tue) 07:45 ID:  [No.107333]
佐藤光留が試合中の負傷により欠場。
それに伴い、6.7新木場大会、6.11後楽園大会、6.13館林大会対戦カードが変更との事。

BS11 presents 全日本プロレス 新木場大会
〜GROWIN’ UP vol.3〜
6月7日(水)19:00
東京・新木場 1stRING
■変更カード
タッグマッチ
青木篤志&スーパー・タイガー
VS
岡田佑介&阿部史典


2017 ダイナマイトシリーズ
6月11日(日) 12:00
東京・後楽園ホール
■変更カード
8人タッグマッチ
大森隆男&渕正信&崔 領ニ&吉田綾斗
VS
中島洋平&岩本煌史&岡田佑介&阿部史典


2017 ダイナマイトシリーズ
〜館林スーパータッグ大戦〜
6月13日(火) 18:30
群馬・館林市民体育館(郷谷体育館)
■変更カード
タッグマッチ
青木篤志&スーパー・タイガー
VS
KAI&中島洋平


[151] fun◇fLongoRY - 2017/06/08(Thu) 14:17 ID:  [No.107345]
BS11 presents 全日本プロレス 〜GROWIN’ UP vol.3〜
6.7(水)新木場1stリング [観衆]242人(満員)

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
○青木篤志&S・タイガー
9分27秒逆エビ固め
×岡田佑介&阿部史典

<第2試合>アクトレスガールズ Beginning 提供試合
○安納サオリ&高瀬みゆき
9分41秒 ポテリング
万喜なつみ&清水ひかり×

<第3試合>タッグマッチ
×秋山準&中島洋平
8分28秒 ジャックナイフ式エビ固め
○大森隆男&田中稔

<第4試合>シングルマッチ
○諏訪魔
6分55秒 バックドロップ→体固め
×岩本煌史

<第5試合>シングルマッチ
○ジェイク・リー
13分12秒 バックドロップ→片エビ固め
×青柳優馬

<第6試合>タッグマッチ
宮原健斗&野村直矢×
20分04秒 メテオインパクト→片エビ固め
真霜拳號&KAI○


[152] fun◇fLongoRY - 2017/06/08(Thu) 14:17 ID:  [No.107346]
連続投稿失礼します。

佐藤光留が試合中の負傷により欠場。
FMW6・8新宿フェイス大会の対戦カードが変更。
スーパー・タイガーが出場する模様…。


FMW
6月8日(木)新宿フェイス

「ストリートファイトバンクハウス有刺鉄線ボードエニウェアフォールマッチ」
大仁田厚&ケンドー・カシン&保坂秀樹             
VS
諏訪魔&青木篤志&スーパー・タイガー


[153] fun◇fLongoRY - 2017/06/10(Sat) 12:01 ID:hzT.eXbI  [No.107347]
6・20北海道・帯広市総合体育館で行われるアジアタッグ選手権の記者会見の模様です。

FMW6・8新宿の試合前、全日本プロレス6・20北海道・帯広市総合体育館で行われるアジアタッグ選手権の記者会見が開かれ、王者の渕正信、大仁田厚と、挑戦者の青木篤志が出席。青木のパートナー・佐藤光留は、負傷欠場のため欠席となった。

 王者組は、1・2後楽園で秋山準&井上雅央を退けて以来、約5カ月半ぶりのV2戦。対する青木組は、昨年11・27両国国技館で、渕組に王座を奪われて以来、実に7カ月ぶりのリターンマッチとなる。
 冒頭、佐藤のコメントが読み上げられた。その内容は「北海道の地で、偉大なる第100代アジアタッグ王者である渕、大仁田の最後の思い出作りに協力できて光栄です。FMWを書類審査で落ちた人間として、また現在進行形の世界ジュニア王者として、お二人に引導を渡しに行きます。狙うは渕と大仁田のクビひとつ」というもの。
 大仁田は「いろいろ考えて、渕さんはジャンボ鶴田さんに伝授されたバックドロップをずっとやってるし、渕さんの技を盗ませてもらおうかなって。オレもやっぱり頭脳という部分で光りたいなと思って。鶴田さんから渕さんに行って、渕さんからオレに来る。新兵器を考えたよ。その名も、『バックドロップ渕』」と話し、防衛戦で故・鶴田さん流、渕流のバックドロップを使うことを明言。
 さらに、大仁田は「正々堂々とやりたい。イスも使うし、机も使う。有刺鉄線バットも使う。渕さんは渕さんの闘い方でやると思います」と続けた。
 渕は「今年、大仁田が引退することになって、全日本は45周年の記念の年で、これが偶然というのもね。誰かがそういう風にやったんじゃないか。年取ったら、そう思ってくるわけ。この2人がプロレス界で40年以上生きてきた生き様を、前王者組にぶつけたい。全力でタイトルを守るつもりだし、思い出作りだけじゃない」とコメント。
 そして、大仁田は「100代という記念すべきベルトを巻いたということは、引退するまで巻いていようかなって。青木選手、佐藤選手に渡すわけにはいかん」と、10月31日の還暦引退まで、ベルトを死守する意向を示した。
 渕も「オレもそう。アジアタッグのベルトを巻かせたまま、彼に引退させてあげたい」と同調した。
 青木は「100代目ということで、いろいろ思い出はあると思います。最近思い出作りのためのベルトってことが多いように感じるので、いい思い出作りじゃなくて、その思い出を終わらせて、新たな思い出を作りに行ってもらいたい。自分と佐藤で、このベルトはしっかり取り戻したい」と、王座奪還を誓った。
 また、会見途中に、ブラック・タイガーZが、ナゾの白覆面を従えて現れ、「オレの中身は元アジアタッグチャンピオン。佐藤選手がいないなら、我々が挑戦した方が、全日本のためになる」と言い放って去って行ったそうです。


[154] fun◇fLongoRY - 2017/06/10(Sat) 12:02 ID:hzT.eXbI  [No.107348]
超戦闘プロレスFMW 
「非情の街に甘く危険な香り」
6月8日(木) 東京・新宿FACE

遅くなりましたが参戦試合の結果です。

はぐれ邪道軍 vs Evolution 無制限1本勝負
〜ストリートファイト・トルネード・バンクハウス・エニウェアフォール6人タッグデスマッチ〜
〇大仁田厚&ケンドー・カシン&保坂秀樹
(10分16秒 バックドロップ→体固め)
諏訪魔&青木篤志×&スーパー・タイガー


東スポ情報ですがこの日の超戦闘プロレスFMW新宿大会で「はぐれ邪道軍」(大仁田、ケンドー・カシン、保坂秀樹組)は全日本の暴走ユニット「エボリューション」(諏訪魔、青木篤志、スーパー・タイガー組)と6人タッグデスマッチで激突。予想通りに試合はハチャメチャな展開となったそうです。

 諏訪魔が巨大斧で有刺鉄線ボードを破壊すると、そこから大仁田はピンチの連続。青木から毒霧を食らい、カシンの有刺鉄線バット攻撃が誤爆する場面もあった。それでもカシンとは仲たがいせずに合体攻撃を見せると、最後は青木を新技「バックドロップ渕」で沈めて勝利。なお、カシンが投入を示唆していた“野獣”は登場せずに終わった。

 試合後、大仁田はリング上で「これで全日本プロレスとの電流爆破は決定じゃ!」と発表。5月28日の茅ヶ崎大会で電流爆破参戦を決意した諏訪魔を「歴史と伝統のある全日本プロレスを代表し、勇気を持って電流爆破のリングに入ることに敬意を表したい」とやたら丁寧な口調で歓迎…。

 内心はしてやったりだろう。2月から挑発を続け、ようやく参戦を決断させたからだ。しかも用意周到な邪道は、開催日を7月16日の神奈川・横浜大会に決めたことを明かした。横浜市内にある屋外会場で、本来はヨットハーバーだった場所だという。海に面しており、時間帯によっては潮の満ち引きで海水がリングまで届く可能性もあるとか。爆破に海水という、2つの難関が襲いかかる過酷なデスマッチとなるのは確実…。
「諏訪魔選手はいい度胸をしてるよ」。運命の決戦へ待ったなしだ…との事。


[155] fun◇fLongoRY - 2017/06/10(Sat) 12:03 ID:hzT.eXbI  [No.107349]
連続投稿失礼します。

ヨーロッパより2人の外国人選手の参戦が決定。

ヨーロッパ・サウスレスリングより2m近い長身の持ち主、
チョークスラムを得意とする強豪、イタリア出身のマッシモが
7月シリーズより参戦。

また、8月シリーズからはヨーロッパ・ドラゴンプロレスリングより
スリーパー系の絞め技を得意とする190cm以上の長身、ウェールズ出身の
ダニー・ジョーンズが参戦。

久々の新外国人選手の来日に期待です。


[156] fun◇fLongoRY - 2017/06/12(Mon) 08:55 ID:2KBZMqPs  [No.107352]
『2017 ダイナマイトシリーズ』
6月11日(日)東京・後楽園ホール 観衆:1312人(満員)

<第1試合>8人タッグマッチ 30分1本勝負
大森隆男&○渕正信&崔領ニ&吉田綾斗(K-DOJO)
6分39秒 首固め
中島洋平&岩本煌史&×岡田佑介&阿部史典

<第2試合>!BANG!TV 世界ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【王者】○西村修
5分40秒 グラウンド式アバラ折り
【挑戦者】×不動力也
※第3代王者が二度目の防衛に成功

<第3試合>タッグマッチ 30分1本勝負
○ジョー・ドーリング&青木篤志
4分38秒 レボリューションボム→エビ固め
×野村直矢&青柳優馬

<第4試合>6人タッグマッチ 30分1本勝負
秋山準&ウルティモ・ドラゴン&丸山敦×
10分12秒 バズソーキック→片エビ固め
吉江豊&田中稔&○TAJIRI

<第5試合>世界タッグ選手権試合 60分1本勝負
【王者組】真霜拳號&KAI×
11分8秒 ジャックハマー→片エビ固め
【挑戦者組】○ゼウス&ボディガー
※第74代王者組が初防衛に失敗。ビッグガンズが第75代王者組へ

<第6試合>特別試合 シングルマッチ 60分1本勝負
×宮原健斗
14分45秒 バックドロップホールド
○諏訪魔

<第7試合>三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【王者】○石川修司
16分53秒 ジャイアントスラム→片エビ固め
【挑戦者】×ジェイク・リー
※第56代王者が初防衛に成功


[157] fun◇fLongoRY - 2017/06/12(Mon) 08:56 ID:2KBZMqPs  [No.107353]
『2017 ダイナマイトシリーズ』
6月11日(日)東京・後楽園ホール

<第4試合>6人タッグマッチ 30分1本勝負
秋山準&ウルティモ・ドラゴン&丸山敦 vs 吉江豊&田中稔&TAJIRI

試合後のコメントです。

TAJIRI
――久しぶりの全日本マットでしたが?
「全日本マットというか、久しぶりのマットです!4月以来です。やっぱりプロレスをどこでやるとかは問題じゃなくて、プロレスをやれるってだけですごい喜びであり、幸せであり、それをここ半年間で学びました。まだまだ、まだまだ」

――変な話、安定を求めるだけならコーチ専任の方がいいのかもしれませんが、選手でありたいという姿勢にお客さんも応援したいという気持ちになっているのではないでしょうか?
「そうですね(苦笑)。やっぱりWWEを去ることになってまでも、上がる宿命のあった全日本プロレス。そういう気がするんですよ。実はアメリカに行く前に何度か出させてもらったんですけど、その時すごいフィットしたんですよ。で、アメリカでプロレス人生を成仏させるつもりだったんですけど、それができなかった。逆に僕の方でアメリカ(での生活)を成仏させてしまった。ここ数年、KENTA選手とか華名選手とか中邑選手たちが向こうで活躍しているのを雑誌で見て、もう一回アメリカでプロレスをやりたいなって。そういう気持ちになって向こうに行ってみたんですけど、日本で成仏を人生をかけてやり遂げなければいけなくなってしまった。逆に僕の中でここのところしばらく自分の中でひっかかっていたアメリカを成仏させることができたんで、今後の人生にとって良かったなって。WWEにはふつうに行くのも大変なのに2回も行けたんだから。4か月間ひとりで、家族は呼んでいなかったんです。ものすごくラッキーでしたね。そしてまたこうして全日本に上がれることができて、全日本に帰ることになって本当にラッキーです」

――今はもう成仏とは違うお気持ちだと思いますが?
「違いますね。さっきのドリーさんの映像を見て、組長とかカブキさんとかずっとやってるじゃないですか。成仏なんてないんじゃないかなって。死ぬまでやるというか、生まれ変わってもやりたいなって思いましたね(笑)」

――試合後には秋山選手に握手を求めていたのが、全日本マットでの今後の方向性を見せているのかなと思いました
「たぶん僕みたいなのは嫌いなんじゃないですか。非常に全日本プロレスってこってりしてるっていうか、ラーメン二郎に鶏がらのラーメンが入るような違和感を目指すんじゃないかな」

――ジュニアの選手も充実しているし、TAJIRI選手のキャリアならヘビー級に入っていくのもアリかなと思いますが?
「子供の時は全日本ファンだったんですよ。アジアタッグとか世界タッグとかいろいろベルトがあるじゃないですか。体格的には世界ジュニアなんでしょ?GAORATVもあるし、西村さんのBANG王座もあるし。あとアジアタッグは一回巻いてみたい。世界タッグもあるし、三冠もある。全部獲るなんてでかい事は言わないけれど、全部とりあえずチャレンジしたいね」

秋山準&丸山敦
秋山「シュレック……完全にシュレックじゃないか……(笑)」
丸山「目が……秋山さん、目が……悔しいです!!自分悔しいです!!うえぇ〜ん……目がぁ〜〜〜秋山さぁん悔しいですぅ〜〜目がぁ〜〜!!」
秋山「笑ってるやろお前!!(笑)」
丸山「うぁぁああ笑ってないですぅぅ分かってくれはるのはドラゴンさんだけやぁぁぁ!!目がぁ〜〜!!」
秋山「俺が泣きたいわ!」
丸山「じゃTAJIRI倒して下さい!!」
秋山「お前が倒せよ!なんで俺が倒さなあかんの」
丸山「秋山さんが倒した後に倒します!!」
秋山「いやお前の後に俺やろ普通!やられた方が倒すやろ!」
丸山「……はぃ……でもあの……強そうなんで……」
秋山「出来る!!行ける行ける行ける!!」
丸山「一回秋山さんがエクスプロイダーしてもらってからこっちも勝てると思うんで……」
秋山「そんなことない!行ける!本気出せばいける!」
丸山「行けますかね?」
秋山「行ける!絶対行ける!」
丸山「行けるぞオラァ!!」
秋山「行け!!……じゃ、帰ってくれ」
丸山「ノーコメントだオラァ!!!秋山さん見てろオラァ!!」(丸山は退場)

――TAJIRI選手と触れる機会は
秋山「全然触れてない。まあまあ、これからうちに上がれば触れる機会もあるだろうし、彼を何度か誘おうとしたんだけど、今日はそういう日じゃないんだろう。彼にとって」

――TAJIRI選手もこれから全日本に上がり続けるという意思表示だったのでしょうか
秋山「と俺は思ってる。また来てもらおうと思ってるから」

――今日は吉江選手との前哨戦でしたが如何でしたか
秋山「あんまり調子のいい悪いは感じない選手だから、体調がいいんだか悪いんだか分からない。いつも同じ感じだから。俺も悪くないし。悪くないというか、俺は今は良いかな。まあ北海道は梅雨もないし、湿気もないだろうからいい戦いが出来るんじゃないかなと思います」


[158] fun◇fLongoRY - 2017/06/12(Mon) 08:57 ID:2KBZMqPs  [No.107354]
『2017 ダイナマイトシリーズ』
6月11日(日)東京・後楽園ホール

試合後のコメントです。

<第5試合>世界タッグ選手権試合 60分1本勝負
【王者組】真霜拳號&KAI vs 【挑戦者組】ゼウス&ボディガー

真霜拳號&KAI
真霜「悪い悪い悪い、今日は、今日は俺のせいだ。完全に俺のせいだ。あーイテテテ……クソッ!!クッソがぁ……!」

THE BIG GUNS
ボディガー「あるべきところにこのベルトが揃ったっちゅうこっちゃ。今日の入場の時に俺たちにベルトがないってことにすごい違和感があったんで。このベルトは俺たちのところにずっとあるべきや」
ゼウス「まぁそういうこっちゃ!人生は、祭りやでー!」


<第6試合>特別試合 シングルマッチ 60分1本勝負
宮原健斗 vs 諏訪魔

宮原健斗
「諦めねぇぞぉ……!諦めねぇぞー!!」

諏訪魔
「勝ったんで、三冠の勝者に(挑戦に)行ってもいいかなと思いますね。行くよ、ここまで来たんだから。今日も青コーナーに立って挑戦者の気持ちで。今の俺はいろんなことに挑戦してるから」

――今日は指をかなり攻められましたが、ダメージはいかがですか?
「いやーちょっと響いたね。本来なら静かにしていなくちゃいけないのを試合してるから。でも久々に三冠に向き合いたいな。それだけです」


[159] fun◇fLongoRY - 2017/06/12(Mon) 08:57 ID:2KBZMqPs  [No.107355]
『2017 ダイナマイトシリーズ』
6月11日(日)東京・後楽園ホール

<第7試合>三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【王者】石川修司 vs 【挑戦者】ジェイク・リー

<試合後リング上>

リング上に諏訪魔が登場。
諏訪魔「あんたと体と体がぶつかりあう三冠戦やりたくなった。俺の挑戦受けてくれ」
石川「チャンピオンカーニバル、初戦で負けたけど、あんたと思いっきりぶつかったからチャンピオンカーニバル優勝できたと思ってるよ。でも負けた借りは、俺は返す。俺のベルトに挑戦してください」
(お互い頷いて諏訪魔はリングを後にする)
石川「えー、今日はご来場ありがとうございました。ジェイクはね、年の割には大人しいと思って怒らそうと思ったら、火あぶりになりました。あまりなれないことはするもんじゃないですね。最後、いつものいくぞー、3.2,1俺たちはでかいでしめたいと思うのでご起立をお願いします。
これから全日本プロレスは大きい、でかい北海道に行きます。沢山美味いものを食べて、全日本プロレスも僕もでかくなって帰ってきたいと思いますのでまた見に来てくださいよろしくお願いします。じゃあ、しめたいと思います!いくぞー!×4、3,2,1、俺達はでかい!」

試合後のコメントです。

石川修司
「まあ、初防衛戦がジェイクということで、ジェイクも初挑戦だけどね、俺も初挑戦でベルト獲ったから、そんな余裕を見せる余裕なくて、強敵だと思って、リングに立ちました。ちょっと自分で、アイツがなんか結構おとなしいんでね、怒らせようとしたらちょっとひどい目にあったんで……。まあでもそれで結果的にいい勝負になったかなと思います。まだまだね、やる機会あると思うんで、悔しかったら今までの倍練習して、また俺の前に立って欲しいなと。190cm超えたレスラーってなかなかないでしょ。そういう戦いを見せていくのが全日本プロレスなんで、そう思ってやってます」

――コスチュームがタイツに変わりましたが
「そうですね。デビューして1,2年以降短パンはいたり、パンタロンは10年以上はいてないですけど、やっぱり王道のリングに来て、チャンピオンになったので、もうショートタイツで行こうと、身体一つでやっていこうと思って。僕なりの決意の現れですね」

――それはこれから他団体でも?
「そうですね、お客さんの「似合わない」って声が「似合ってる」って声の倍以上行かない限りは……。もし倍以上「似合ってない」って声が聞こえたら、スッと戻してるかもしれない(笑)僕の覚悟はそんなもんかもしれないですね(笑)三冠ベルトというベルトは自分にとって重いベルトなんで、ジェイクもね、最後多分悔しかったと思うし、みんなどんどん「このベルトが獲りたい」って想いでぶつかり合っていけばね、最高の戦いができると思うんで、次は諏訪魔選手ですか。リング上で言ったとおりね、多分コメントでも言ってたと思うんですけど、諏訪魔選手と最初にぶつかって、勝敗抜きにしてもやりごたえとか手応え感じられればと思って、負けたけど手応えは感じられたので。その諏訪魔選手が挑戦表明してくれた時、次いつかわからないけど、楽しみですね。あとは手負いの状態で宮原選手倒しちゃったんで、化物だなと思いますけど、負けられない……」

――両国ではそのベルトを巻いてメインに立ちたい?
「そうですね、やっぱりビッグマッチのメインっていうのはレスラー冥利に尽きて最高だと思うんで、それに相応しい、恥ずかしくない戦いをしていきたいですね」

――ホーム、アウェイ関係なく、チャンピオンとしての石川選手を皆が受け入れているように感じます
「僕はホントにこのベルト、ホントに重いと思ってるので、恥ずかしくない戦いをしていきたいなと思っています」

ジェイク・リー
――三冠初挑戦、敗れはしましたがメインを飾るにふさわしい試合だった思いますがいかがでしょう?
「自分が決めることじゃないけど、チャンピオンに力がまだまだ及ばなかったと。負けたばっかりだけど、これで終わりじゃなく始まりにしたい」


[160] fun◇fLongoRY - 2017/06/12(Mon) 08:58 ID:2KBZMqPs  [No.107356]
連続投稿失礼します。
全日本vs新日本(若手)との対抗戦カードが決定したそうです。

6・11後楽園大会の第4試合後の休憩前、今後の大会の対戦カードが発表され、新日本の選手や大日本の選手との対戦カードが発表。

『BS11 presents 全日本プロレス 新木場大会 〜GROWIN’ UP vol.4〜』
7月5日 新木場1stRing 19:00〜

▼タッグマッチ
青木篤志&野村直矢
VS
野村卓矢(大日本)&青木優也(大日本)

▼タッグマッチ
中島洋平&岡田佑介
VS
青柳優馬&平日マスク(フリー)

▼タッグマッチ
秋山準&大森隆男
VS
岡倫之(新日本)&北村克哉(新日本)

▼シングルマッチ
岩本煌史
VS
岡林裕二(大日本)


『2017 SUMMER EXPLOSION 【最終戦】全日本プロレス45周年記念両国大会〜新たなる決意〜』
8月27日(日)両国国技館

▼シングルマッチ
青柳優馬
VS
タイチ[鈴木軍]


[161] fun◇fLongoRY - 2017/06/13(Tue) 09:15 ID:Xmtl.k3U  [No.107359]
7月17日(月・祝)後楽園大会にて三冠ヘビー級選手権試合が決定。


「2017 SUMMER ACTION SERIES」【開幕戦】
7月17日(月・祝) 東京・後楽園ホール 12:00〜

三冠ヘビー級選手権試合
【第56代王者】石川修司
 vs
【挑戦者】諏訪魔


ジェイク・リーの挑戦を退け、初防衛に成功した王者の石川修司ですが、東スポ情報では老舗団体のトップに立つ決意を示すためにこの日からショートタイツに変更。

序盤は同王座初挑戦の若手に火をつけようと、場外マット上にジャーマンで投げ捨てる厳しい攻めを見せた。相手の反撃も落ち着いて対処し、最後はジャイアントスラム(リストクラッチ式五輪スラム)で身長190センチを超える巨人対決を制した。「みんなが悔しい、このベルトが欲しいという思いでぶつかり合えば、最高の戦いができる」(石川)

インディ出身でキャリア14年ながら、すでに3冠王者にふさわしい威風堂々とした態度だった。きっかけは2015年10月のこと。10年間所属したユニオンプロレスが解散になった。「人生の楽しみのほとんどがプロレスだったから、次は見つけられないと思った。マイナスな話になるけど、あの時に“死”をイメージした。雪山で遭難しようかなと。でも生き残ったら、デカイのでイエティになっちゃうなとか」

何とか現役引退は踏みとどまったが、フリーとして活動するか、アジアの未開国でプロレス伝道師として活動するかで悩んだ。そこまで考えた末に選んだ現在の道だけに、肝が据わっている。

試合後には前王者・宮原健斗との“次期挑戦者決定戦”を制した諏訪魔から挑戦を表明された。これで7月17日後楽園大会で迎え撃つことが決定的に。「本当に重いベルト。恥ずかしくない戦いをしたい」と誓った巨人は、まだまだ王座を明け渡すつもりはない…との事。


[162] fun◇fLongoRY - 2017/06/14(Wed) 08:08 ID:K61CyBWw  [No.107361]
「2017ダイナマイトシリーズ」
6月13日(火)群馬・館林市民体育館(郷谷体育館) [観衆]355人

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
渕正信&岡田佑介×
8分33秒 孤高の芸術→片エビ固め
○岩本煌史&田中稔

<第2試合>タッグマッチ
×青木篤志&S・タイガー
8分43秒 メテオインパクト→片エビ固め
○ KAI&中島洋平

<第3試合>タッグマッチ
○諏訪魔&ジョー・ドーリング
7分21秒 バックドロップ→体固め
橋本大地&神谷英慶×

<第4試合>タッグマッチ
ジェイク・リー&野村直矢×
13分44秒 アルンゼンチンバックブリーカー
○関本大介&岡林裕二

<第5試合>タッグマッチ
ゼウス&ボディガー×
12分30秒 アックスボンバー→片エビ固め
秋山準&大森隆男○

<第6試合>タッグマッチ
宮原健斗&青柳優馬×
17分36秒 スプラッシュマウンテン→エビ固め
○石川修司&遠藤哲哉


[163] fun◇fLongoRY - 2017/06/14(Wed) 08:09 ID:K61CyBWw  [No.107362]
連続投稿失礼します。

8月の追加日程として8.3新木場大会の開催が発表されました。

「BS11 presents 全日本プロレス 新木場大会〜GROWIN’ UP vol.5〜」
8月3日(木)19:00 東京・新木場 1stRING


8月シリーズ「2017 SUMMER EXPLOSION」及び「8・19ウルティモ・ドラゴン30周年記念興行」
「8・27全日本プロレス45周年記念両国大会」の日程です。

「BS11 presents 全日本プロレス 新木場大会〜GROWIN’ UP vol.5〜」
8月3日(木)19:00 東京・新木場 1stRING

「2017 SUMMER EXPLOSION」
8月 6日(日)14:00 兵庫・神戸サンボーホール【開幕戦】
8月 7日(月)18:30 島根・くにびきメッセ 多目的ホール(松江)
8月 9日(水)19:00 長崎・佐世保市体育文化館
8月10日(木)18:30 佐賀・ホテルマリターレ創世 佐賀(ホテル館)
8月11日(金・祝)16:00 福岡・博多スターレーン

〜岩国市観光大使清流光神ハクジャオー生誕10thアニバーサリー〜
8月12日(土)18:00 山口・岩国市周東体育センター

「特別興行 ウルティモ・ドラゴン30周年記念 〜Lucha Fiesta 2017 supported by AJP〜」
8月19日(土)18:30 東京・後楽園ホール

「2017 SUMMER EXPLOSION」
8月20日(日)16:00 愛知・岡崎市竜美丘会館

『2017 SUMMER EXPLOSION 【最終戦】全日本プロレス45周年記念両国大会〜新たなる決意〜』
8月27日(日)15:00 東京・両国国技館 


[164] fun◇fLongoRY - 2017/06/15(Thu) 07:49 ID:v82Uao1M  [No.107366]
青木篤志がリアルジャパンプロレスの29日の後楽園ホール大会初参戦することが決まったそうです。

 青木はタカ・クノウ(50)、小笠原和彦(57)と組み、ウルティモ・ドラゴン(50)、倉島信行(44)、松本嵩寿(25)組と6人タッグマッチを行う。

東スポ情報ですが、初代タイガーマスク(59)は「青木選手の初参戦は見ものです。スーパー・タイガーが自信を持って薦める選手。間違いないものだと信じます」と期待を寄せる。

 青木は「敵対する相手も、一緒に組む選手も非常に強い選手。この中で自分がどれだけできるか、どういうふうにしていくか、真剣に考えて挑んでいきたい」と気を引き締めた。

以前からリアルジャパンの試合を見ていたといい「(全日本プロレスとは)違う雰囲気を持っている。いかに入っていけるか。普段の試合とは違う部分を自分が出していけるか、楽しみ。いい緊張をそのまま出せれば」と新しい舞台での戦いに意欲を見せたとの事。


リアルジャパンプロレス
初代タイガーマスク黄金伝説 2017
「LEGEND OF THE GOLD Z」

6月29日(木)後楽園ホール 18:30

対戦カード
6人タッグマッチ
青木篤志&タカ・クノウ(チーム太田章)&小笠原和彦(PRO-KARATE 押忍闘夢)
vs
ウルティモ・ドラゴン&倉島信行(ドラディション)&松本崇寿(リバーサルジム立川 ALPHA)


[165] fun◇fLongoRY - 2017/06/16(Fri) 07:59 ID:MTd79KXo  [No.107370]
新日本プロレス

LION’S GATE PROJECT6
6月15日(木) 東京・新宿FACE 観衆 467人(札止め)

参戦試合の結果です。

第5試合 30分1本勝負
〇YOSHI-HASHI
11分33秒  バタフライロック
×青柳 優馬


[166] fun◇fLongoRY - 2017/06/16(Fri) 07:59 ID:MTd79KXo  [No.107371]
連続投稿失礼します。

6月13日、館林大会にて行われた
「ゼウス&ボディガーvs秋山準&大森隆男」戦の試合終了後に
秋山準、大森隆男が世界タッグ王座に挑戦表明し、王者組はこれを快諾。

協議の結果、PWF本部は6月25日紋別大会にて
「世界タッグ選手権試合」を開催することを正式決定。

これに伴い下記の通り一部対戦カードが変更。


2017 ダイナマイトシリーズ 〜チャリティー紋別大会〜
6月25日(日) 18:30
北海道・紋別市スポーツセンター

変更カード
タッグマッチ
渕正信&丸山敦
vs
KAI&ウルティモ・ドラゴン

世界タッグ選手権試合 60分1本勝負
【第75代王者組】ゼウス&ボディガー
vs
【挑戦者組】秋山準&大森隆男


[167] fun◇fLongoRY - 2017/06/17(Sat) 15:50 ID:JZ1T7lI.  [No.107380]
「2017ダイナマイトシリーズ」
〜中島洋平デビュー10周年記念大会〜 [観衆]460人(満員)
6月16日(金)北海道・函館総合卸センター 流通ホール(大ホール)

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
×岡田佑介
6分13秒 逆エビ固め
○吉江豊

<第2試合>渕vsドラゴン 北海道3連戦 第1戦 シングルマッチ
×渕正信
10分46秒 首固め
○U・ドラゴン

<第3試合>シングルマッチ
○ゼウス
7分59秒 ジャックハマー→片エビ固め
×野村直矢

<第4試合>6人タッグマッチ
○秋山準&大森隆男&岩本煌史
13分33秒 エクスプロイダー→片エビ固め
宮原健斗&ジェイク・リー&青柳優馬×

<第5試合>三冠ヘビー級選手権試合前哨戦 6人タッグマッチ
○諏訪魔&ジョー・ドーリング&青木篤志
9分15秒 万力スリーパー
石川修司&KAI&田中稔×

<第6試合>世界ジュニアヘビー級選手権試合
【第43代王者】○佐藤光留
18分22秒 バックドロップ→片エビ固め
【挑戦者】×中島洋平
※佐藤が2度目の防衛に成功


[168] fun◇fLongoRY - 2017/06/18(Sun) 00:57 ID:ivOWCveo  [No.107386]
「2017ダイナマイトシリーズ」
6月17日(土)北海道・ススキノ・マルスジム(札幌)[観衆]481人(満員)

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○野村直矢
7分21秒 ノーザンライトスープレックスホールド
×岡田佑介

<第2試合>タッグマッチ
○KAI&中島洋平
10分10秒 逆エビ固め
田中稔&神崎ユウキ× 

<第3試合>シングルマッチ
○岩本煌史
9分10秒 ジャーマンスープレックスホールド
×丸山敦

<第4試合>シングルマッチ
○渕正信
10分58秒 横入り式エビ固め
×菊地毅

<第5試合>シングルマッチ
○ゼウス
12分08秒 イーグルネルソン
×佐藤光留

<第6試合>根室食堂杯争奪 6人タッグトーナメント 1回戦
○秋山準&大森隆男&ウルティモ・ドラゴン
13分34秒 エクスプロイダー→片エビ固め
石川修司&×吉江豊&斗猛矢

<第7試合>根室食堂杯争奪 6人タッグトーナメント 1回戦
宮原健斗&○ジェイク・リー&青柳優馬
21分09秒 バックドロップ→エビ固め
諏訪魔&ジョー・ドーリング&青木篤志×


この日の結果により6・18札幌大会にて行われる
根室食堂杯争奪 6人タッグトーナメント
決勝戦及び3位決定戦は以下のとおりに決定。


根室食堂杯争奪 6人タッグトーナメント 決勝戦
秋山準&大森隆男&ウルティモ・ドラゴン
vs
宮原健斗&ジェイク・リー&青柳優馬

根室食堂杯争奪 6人タッグトーナメント 3位決定戦
諏訪魔&ジョー・ドーリング&青木篤志
vs
石川修司&吉江豊&斗猛矢


[169] fun◇fLongoRY - 2017/06/19(Mon) 01:25 ID:QOAy/6PM  [No.107390]
「2017ダイナマイトシリーズ」
6月18日(日)北海道・ススキノ・マルスジム(札幌)[観衆]541人(超満員)

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○野村直矢
8分09秒 逆エビ固め
×丸山敦

<第2試合>タッグマッチ
○岩本煌史&菊地毅
10分08秒 孤高の芸術→片エビ固め
田中稔&神崎ユウキ×

<第3試合>アジアタッグ選手権試合前哨戦 シングルマッチ
×渕正信
12分38秒 捕獲式腕ひしぎ逆十字固め
○佐藤光留

<第4試合>タッグマッチ
ゼウス&ボディガー○
9分45秒 バウンス→片エビ固め
KAI&中島洋平×

<第5試合>根室食堂杯争奪 6人タッグトーナメント 3位決定戦
○諏訪魔&ジョー・ドーリング&青木篤志
14分23秒 レフェリーストップ(万力スリーパー)
×石川修司&吉江豊&斗猛矢

<第6試合>根室食堂杯争奪 6人タッグトーナメント 決勝戦
秋山準&大森隆男&U・ドラゴン×
23分16秒 ブラックアウト→片エビ固め
○宮原健斗&ジェイク・リー&青柳優馬
※宮原健斗&ジェイク・リー&青柳優馬組が6人タッグトーナメント優勝



[170] fun◇fLongoRY - 2017/06/19(Mon) 01:25 ID:QOAy/6PM  [No.107391]
連続投稿失礼します。

「2017 ダイナマイトシリーズ」6月28日(水)旭川大会にて
世界ジュニアヘビー級選手権試合開催が決定。

これに伴い下記の通り一部対戦カードが変更。

「2017 ダイナマイトシリーズ」
6月28日(水) 18:30
北海道・旭川地場産業振興センター

変更カード
タッグマッチ
ゼウス&ボディガー
vs
諏訪魔&青木篤志

世界ジュニアヘビー級選手権試合
【第43代王者】佐藤光留
vs
【挑戦者】岩本煌史


また、「2017世界最強タッグ決定リーグ戦 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜」【開幕戦】
として11・19北海道・真駒内セキスイハイム アイスアリーナ(札幌)大会が発表されました。

「2017世界最強タッグ決定リーグ戦 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜」【開幕戦】
11月19日(日) 開場13:30 開始15:00
北海道・真駒内セキスイハイム アイスアリーナ(札幌)

※その他の大会追加日程は決まり次第お知らせの予定。


[171] fun◇fLongoRY - 2017/06/21(Wed) 10:58 ID:QJUwoQp2  [No.107399]
「2017ダイナマイトシリーズ」
6月20日(火)北海道・帯広市総合体育館 [観衆]703人(満員)

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
×中島洋平
4分37秒 HEATクラッチ
○田中稔

<第2試合>GAORA TVチャンピオンシップ&世界タッグ選手権試合ダブル前哨戦 6人タッグマッチ
ゼウス&ボディガー&吉江豊○
12分19秒 ダイビングボディプレス→体固め
×秋山準&大森隆男&U・ドラゴン

<第3試合>タッグマッチ
○ジェイク・リー&野村直矢
9分10秒 バックドロップ→片エビ固め
ジョー・ドーリング&岩本煌史×

<第4試合>タッグマッチ
○宮原健斗&青柳優馬
14分33秒 ジャーマンスープレックスホールド
石川修司&丸山敦×

<第5試合>シングルマッチ
○諏訪魔
11分11秒 バックドロップ→体固め
×KAI

<第6試合>アジアタッグ選手権試合
【第100代王者組】×渕正信&大仁田厚
13分03秒 腕固め
【挑戦者組】○青木篤志&佐藤光留
※青木&佐藤組が第101代王者組となる


[172] fun◇fLongoRY - 2017/06/21(Wed) 23:54 ID:QJUwoQp2  [No.107403]
「2017ダイナマイトシリーズ」
6月21日(水)北海道・釧路青雲台体育館 [観衆]495人(超満員)

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○青柳優馬
6分26秒 フィッシャーマンスープレックスホールド
×岡田佑介

<第2試合>タッグマッチ
大森隆男&渕正信×
12分12秒
首固め
○U・ドラゴン&田中稔

<第3試合>タッグマッチ
○J・ドーリング&青木篤志
8分12秒 レボリューションボム→エビ固め
KAI&中島洋平×

<第4試合>三冠ヘビー級選手権試合&世界ジュニアヘビー級選手権試合ダブル前哨戦 タッグマッチ
×諏訪魔&佐藤光留
15分07秒 ファイアーサンダー→片エビ固め
○石川修司&岩本煌史

<第5試合>GAORA TVチャンピオンシップ
【第15代王者】○秋山準
リストクラッチ式エクスプロイダー→片エビ固め
【挑戦者】×吉江豊
※秋山が2度目の防衛に成功

<第6試合>6人タッグマッチ
○宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢
17分52秒 ブラックアウト→片エビ固め
ゼウス&ボディガー&丸山敦×

この日ですが、GAORA TVチャンピオンシップを行う前に秋山準が釧路警察署の一日署長として警察官採用のほか、特殊詐欺被害、飲酒運転、暴力追放運動、不法就労等の根絶に関する広報啓発に参加したそうです。



[173] fun◇fLongoRY - 2017/06/23(Fri) 07:42 ID:3POLml16  [No.107404]
「2017ダイナマイトシリーズ」
6月22日(木)北海道・根室市青少年センター[観衆]283人

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
×岡田佑介
5分27秒 逆エビ固め
○田中稔

<第2試合>渕vsドラゴン 北海道3連戦 第2戦 シングルマッチ
×渕正信
7分44秒 ラ・マヒストラル
○U・ドラゴン

<第3試合>タッグマッチ
野村直矢&青柳優馬×
9分58秒 デスバレーボム→片エビ固め
青木篤志&佐藤光留○

<第4試合>タッグマッチ
○諏訪魔&ジョー・ドーリング
3分16秒 バックドロップ→体固め
KAI&中島洋平×

<第5試合>世界タッグ選手権試合前哨戦 6人タッグマッチ
ゼウス&ボディガー&丸山敦×
11分03秒 アックスボンバー→片エビ固め
秋山準&○大森隆男&岩本煌史

<第6試合>タッグマッチ
○宮原健斗&ジェイク・リー
14分09秒 ブラックアウト→片エビ固め
石川修司&吉江豊×


[174] fun◇fLongoRY - 2017/06/25(Sun) 07:57 ID:D/C69nXU  [No.107415]
「2017ダイナマイトシリーズ」
〜美幌130周年記念チャリティー大会〜
6月24日(土)北海道・美幌町スポーツセンター[観衆]622人(超満員)

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○中島洋平
6分26秒 キャメルクラッチ
×岡田佑介

<第2試合>タッグマッチ
○U・ドラゴン&岩本煌史
11分52秒 ラ・マヒストラル
×渕正信&田中稔

<第3試合>シングルマッチ
○ジェイク・リー
4分27秒 バックドロップ→片エビ固め
×丸山敦

<第4試合>シングルマッチ
○J・ドーリング
7分37秒 レボリューションボム→エビ固め
×KAI

<第5試合>6人タッグマッチ
○宮原健斗&野村直矢&青柳優馬
17分08秒 ブラックアウト→片エビ固め
諏訪魔&青木篤志&佐藤光留×

<第6試合>世界タッグ選手権試合前哨戦 6人タッグマッチ
ゼウス&ボディガー×&吉江豊
21分43秒 アックスボンバー→片エビ固め
秋山準&○大森隆男&石川修司


[175] fun◇fLongoRY - 2017/06/25(Sun) 07:59 ID:D/C69nXU  [No.107416]
連続投稿失礼します。

秋山準社長が23日、所属の諏訪魔を電流爆破デスマッチのリングに派遣することを許可したそうです。

東スポ情報ですが、7月16日に予定された邪道・大仁田厚との爆破戦(大仁田興行横浜大会)が3冠戦前日だったため猛反対していたが、最後は諏訪魔の意向を尊重。注目の一戦がようやく正式決定に至ることになった。

「結果的に日程をしっかり把握せず、なし崩し的に電流爆破参戦を許可したのは会社(全日本)だしね。そこは俺の責任でもある」

 北海道巡業中の秋山はオフのこの日、団体トップとして騒動を招いたことを謝罪…。

 7月16日の大仁田興行(横浜)では諏訪魔vs大仁田の電流爆破戦が決定的になりながら、諏訪魔が翌17日の全日本・後楽園ホール大会で3冠ヘビー級王者・石川修司(41)への挑戦が決まったことで状況が一転。秋山はタイトル戦前日の爆破戦を問題視し、一時は派遣中止も考えるに至った。実際、全日本ファンの間では爆破戦出場に否定的な声が圧倒的だった。

 大会自体が宙に浮いたことで、すでに開催準備に入っていた大仁田は自ら頭を下げ、再度全日本サイドに諏訪魔の出場を要請する事態に。秋山は「大仁田厚の気持ちは分かるけど、3冠戦に集中させたい気持ちに変わりはない」とした上で「チケットを買ってくれた向こう(大仁田興行)のお客さんもいるだろうし、いろいろ準備が進んでしまったのは分かる。それを理解して、諏訪魔は『自分が行く』と言ってくれた」と明かした。

 会社同士の問題に発展したことから、沈黙を守っていた諏訪魔が自らの意思を明確にしたという。これにより代役出場を検討した秋山も、選手の意向を第一に考えて譲歩を決断した。「電流爆破で大暴れして、勝って3冠戦に臨んでくれることを祈ってるよ」

 紆余曲折を経ながらも、最大の難関がクリアされたことで近日中に正式発表される見込み。この夏最大の“花火”が、ハマの夜空を彩りそうだ…との事。


[176] fun◇fLongoRY - 2017/06/26(Mon) 07:28 ID:EkhsGo/c  [No.107420]
「2017ダイナマイトシリーズ」
6月25日(日)北海道・紋別市スポーツセンター[観衆]670人(満員)

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○岩本煌史
8分06秒 孤高の芸術→エビ固め
×岡田佑介

<第2試合>タッグマッチ
×渕正信&丸山敦
13分58秒 ラ・マヒストラル
KAI&U・ドラゴン○

<第3試合>シングルマッチ
×中島洋平
8分44秒 ミノルスペシャル
○田中稔

<第4試合>シングルマッチ
○石川修司
9分45秒 ランニングニーリフト→片エビ固め
×吉江豊

<第5試合>NEXTREAM vs Evolution 8人タッグマッチ
宮原健斗&○ジェイク・リー&野村直矢&青柳優馬
18分39秒 バックドロップ→片エビ固め
諏訪魔&J・ドーリング&青木篤志&佐藤光留×

<第6試合>世界タッグ選手権試合
【第75代王者組】ゼウス&ボディガー○
26分14秒 ラリアット→片エビ固め
【挑戦者組】秋山準&大森隆男×
※ゼウス&ボディガーが初防衛に成功


[177] fun◇fLongoRY - 2017/06/28(Wed) 12:37 ID:FXvyw9M6  [No.107432]
7月大会の一部追加対戦カードが決定。
7.17後楽園にて世界タッグ選手権試合、7.23那須ハイランドパークにてアジアタッグ選手権試合の開催が決定。
また、「全日本プロレス 創立45周年記念試合」と題し、7・28名古屋大会では秋山準&諏訪魔&宮原健斗VS石川修司&ジョー・ドーリング&岡林裕二、
7・30大阪大会では諏訪魔&宮原健斗&ゼウスVS石川修司&ジョー・ドーリング&ボディガーといったマッチメイクもあるようです。
その7月大会の各会場の主要対戦カードです。


「2017 SUMMER ACTION DREAM 上尾大会」
7月15日(土) 18:00 埼玉・イコス上尾
アキヤマーズ(仮) vs アックスボンバーズ タッグマッチ
秋山準&木イサミ
VS
大森隆男&田村和宏

世界タッグ選手権試合前哨戦 6人タッグマッチ
ゼウス&ボディガー&崔 領ニ
VS
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢

三冠ヘビー級選手権試合前哨戦 6人タッグマッチ
諏訪魔&青木篤志&佐藤光留
VS
石川修司&TAJIRI&マッシモ


「2017 SUMMER ACTION SERIES」
7月17日(月・祝) 12:00 東京・後楽園ホール 【開幕戦】
三冠ヘビー級選手権試合
【第56代王者】石川修司
VS
【挑戦者】諏訪魔

世界タッグ選手権試合
【第75代王者組】ゼウス&ボディガー
VS
【挑戦者組】ジェイク・リー&野村直矢

アキヤマーズ(仮) vs アックスボンバーズ 6人タッグマッチ
秋山準&木イサミ&丸山敦
VS
大森隆男&宮本裕向&田村和宏

特別試合 シングルマッチ
宮原健斗
VS
ジョー・ドーリング


7月19日(水) 18:30 茨城・水戸市民体育館サブアリーナ
シングルマッチ
中島洋平
VS
田中稔

タッグマッチ
宮原健斗&青柳優馬
VS
TAJIRI&KAI

タッグマッチ
ジェイク・リー&野村直矢
VS
ゼウス&マッシモ

6人タッグマッチ
諏訪魔&ジョー・ドーリング&青木篤志
VS
石川修司&竹田誠志&丸山敦


7月22日(土) 18:00 静岡・キラメッセぬまづ
6人タッグマッチ
ゼウス&秋山準&大森隆男
VS
TAJIRI&KAI&マッシモ

タッグマッチ
諏訪魔&ジョー・ドーリング
VS
崔 領ニ&不動力也

6人タッグマッチ
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢
VS
石川修司&橋本大地&神谷英慶


7月23日(日) 18:00 栃木・那須ハイランドパーク
6人タッグマッチ
ゼウス&秋山準&大森隆男
VS
中島洋平&TAJIRI&KAI

アジアタッグ選手権試合
【第101代王者組】青木篤志&佐藤光留
VS
【挑戦者組】タンク永井&本田アユム

タッグマッチ
諏訪魔&ジョー・ドーリング
VS
宇藤純久&野村卓矢

6人タッグマッチ
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢
VS
石川修司&崔 領ニ&マッシモ


7月26日(水) 18:30 長野・佐久創造館
タッグマッチ
青木篤志&佐藤光留
VS
岩本煌史&野村卓矢

6人タッグマッチ
秋山準&ウルティモ・ドラゴン&大鷲透
VS
中島洋平&TAJIRI&田中稔

タッグマッチ
諏訪魔&ジョー・ドーリング
VS
KENSO&マッシモ

6人タッグマッチ
宮原健斗&ジェイク・リー&青柳優馬
VS
大森隆男&ゼウス&石川修司


7月27日(木) 18:30 石川・金沢流通会館
6人タッグマッチ
諏訪魔&ジョー・ドーリング&佐藤光留
VS
TAJIRI&KENSO&田中稔

6人タッグマッチ
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢
VS
石川修司&KAI&野村卓矢


7月28日(金) 18:30 愛知・名古屋市露橋スポーツセンター
シングルマッチ
大森隆男
VS
マッシモ

6人タッグマッチ
青木篤志&佐藤光留&丸山敦
VS
TAJIRI&KENSO&KAI

6人タッグマッチ
ゼウス&ボディガー&岩本煌史
VS
ジェイク・リー&野村直矢&青柳優馬

全日本プロレス 創立45周年記念試合in名古屋 〜The Road to RYOGOKU〜
6人タッグマッチ
秋山準&諏訪魔&宮原健斗
VS
石川修司&ジョー・ドーリング&岡林裕二


7月30日(日) 17:00 大阪・エディオンアリーナ大阪(府立体育会館)第2競技場【最終戦】
全日本プロレス 創立45周年記念試合in大阪 〜The Road to RYOGOKU〜 6人タッグマッチ
諏訪魔&宮原健斗&ゼウス
VS
石川修司&ジョー・ドーリング&ボディガー


[178] fun◇fLongoRY - 2017/06/28(Wed) 12:38 ID:FXvyw9M6  [No.107433]
7.23那須ハイランドパーク大会にて行われる
アジアタッグ選手権試合に向けて挑戦者のKAIENTAI DOJO
凶月 タンク永井のコメントです。

挑戦者 KAIENTAI DOJO 凶月 タンク永井
「先日、日曜日の試合を最後に真霜拳號が長期の欠場に入った。
全日本プロレスでも暴れまわっていた真霜がいなくなって凶月は大丈夫なのか?
そして佐藤も近々欠場に入る。
凶月の弱体化を指摘されるが、全く心配はない、真霜がいなくなっても、
佐藤がいなくなっても、凶月は凶月のままだ。
この二人がいなくても凶月としてやっていける証を今、俺は凶月のリーダーとして求めている。
そこで目をつけたのが全日本プロレスの勲章のアジアタッグのベルトだよ。
伝統のあるこのベルトを実は以前から虎視眈々と狙っていたんだよ。
必ず奪い獲って凶月ここにありというのを見せつけてやる。
今回、俺たち凶月、タンク永井&本田アユム組の挑戦を受けてくれる全日本プロレス並びに
チャンピオンチームには感謝だ。敵ながら本当に感謝だ。
このチャンスをものにして、第102代のチャンピオンチームとして名前を刻んで
踏み台にさせてもらうよ。」    凶月・タンク永井


[179] fun◇fLongoRY - 2017/06/28(Wed) 12:38 ID:FXvyw9M6  [No.107434]
連続投稿失礼します。
「2017ダイナマイトシリーズ」
6月27日(火)北海道・名寄市スポーツセンター [観衆]363人

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
×岡田佑介
4分32秒 タナカレッグバー
○田中稔

<第2試合>タッグマッチ
ジェイク・リー&U・ドラゴン○
9分02秒ラ・マヒストラル
KAI&渕正信×

<第3試合>タッグマッチ
ゼウス&ボディガー○
6分39秒 バウンス→片エビ固め
吉江豊&中島洋平×

<第4試合>シングルマッチ
○J・ドーリング
3分04秒 レボリューションボム→エビ固め
×野村直矢

<第5試合>タッグマッチ
○秋山準&大森隆男
9分07秒 エクスプロイダー→片エビ固め
宮原健斗&青柳優馬×

<第6試合>三冠ヘビー級選手権試合&世界ジュニアヘビー級選手権試合ダブル前哨戦 6人タッグマッチ
×諏訪魔&青木篤志&佐藤光留
18分03秒 ファイアーサンダー→片エビ固め
○石川修司&岩本煌史&丸山敦


[180] fun◇fLongoRY - 2017/06/28(Wed) 23:23 ID:FXvyw9M6  [No.107437]
「2017ダイナマイトシリーズ」
6月28日(水)北海道・旭川地場産業振興センター [観衆]409人(超満員)

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
○野村直矢&青柳優馬
5分03秒 逆エビ固め
田中稔&岡田佑介×

<第2試合>シングルマッチ
×中島洋平
4分51秒 M5
○丸山敦

<第3試合>渕vsドラゴン 北海道3連戦 ファイナル シングルマッチ
×渕正信
9分31秒 ラ・マヒストラル
○U・ドラゴン
シングルマッチ

<第4試合>○J・ドーリング
4分55秒 ラリアット→片エビ固め
×吉江豊

<第5試合>タッグマッチ
○ゼウス&ボディガー
10分19秒 ジャックハマー→片エビ固め
諏訪魔&青木篤志×

<第6試合>世界ジュニアヘビー級選手権試合
【第43代王者】○佐藤光留
16分11秒 捕獲式腕ひしぎ逆十字固め
【挑戦者】×岩本煌史
※佐藤が3度目の防衛に成功

<第7試合>北海道ツアー ラストスペシャル6人タッグマッチ
秋山準&×大森隆男&ジェイク・リー
20分16秒 シャットダウン・スープレックス・ホールド
○宮原健斗&石川修司&KAI



[181] fun◇fLongoRY - 2017/07/02(Sun) 11:35 ID:  [No.107440]
【特別興行 ウルティモ・ドラゴン30周年記念〜Lucha Fiesta 2017 supported by AJP〜】
8月19日(土)東京・後楽園ホール大会にメキシコよりカリスティコ、エル・ディアマンテ、サム・アドニスの参戦が決定。

初代ミスティコであるカリスティコ、10歳からリングに上がるエル・ディアマンテ、そして米国トランプ大統領の似顔絵入り星条旗を掲げる話題のサム・アドニスが全日本プロレスに初参戦。

また、カリスティコは8月27日 (日)「2017 SUMMER EXPLOSION 【最終戦】全日本プロレス45周年記念両国大会〜新たなる決意〜」にも参戦するそうです。

カリスティコ
生年月日:1982年12月22日
身長:170cm
体重:75kg
出身地:メキシコ・メキシコシティ
得意技:ラ・ミスティカ

エル・ディアマンテ
生年月日:1992年2月14日
身長:184cm
体重:99kg
出身地:メキシコ・コアウイラ
得意技:ディアマンテ・スペシャル

サム・アドニス
生年月日:1989年8月9日
身長:193cm
体重:114kg
出身地:アメリカ・ペンシルバニア
得意技:450°スプラッシュ


[182] fun◇fLongoRY - 2017/07/02(Sun) 11:36 ID:  [No.107441]
リアルジャパンプロレス 初代タイガーマスク黄金伝説2017
『LEGEND OF THE GOLD Z』
6月29日(木)後楽園ホール

遅くなりましたが参戦試合の結果です

第4試合 タッグマッチ 30分1本勝負
ウルティモ・ドラゴン&倉島信行(ドラディション)&松本崇寿×
13分07秒 飛び付き腕十字固め
○タカ・クノウ&小笠原和彦&青木篤志


[183] fun◇fLongoRY - 2017/07/02(Sun) 11:37 ID:  [No.107442]
連続投稿失礼します。

7・17、後楽園大会の全対戦カードが決定。
佐藤光留vs田中稔の世界ジュニアヘビー級選手権も正式決定し三大タイトルマッチが開催されます。

「2017 SUMMER ACTION SERIES」【開幕戦】
7月17日(月・祝)東京・後楽園ホール

全対戦カード

8人タッグマッチ
渕正信&中島洋平&岡田佑介&吉田綾斗
VS
岩本煌史&青柳優馬&風戸大智&阿部史典

アキヤマーズ(仮) vs アックスボンバーズ 6人タッグマッチ
秋山準&木イサミ&丸山敦
VS
大森隆男&宮本裕向&田村和宏

6人タッグマッチ
青木篤志&西村修&崔 領ニ
VS
TAJIRI&KAI&マッシモ

世界ジュニアヘビー級選手権試合
【第43代王者】佐藤光留
VS
【挑戦者】田中稔

世界タッグ選手権試合
【第75代王者組】ゼウス&ボディガー
VS
【挑戦者組】ジェイク・リー&野村直矢

特別試合
宮原健斗
VS
ジョー・ドーリング

三冠ヘビー級選手権試合
【第56代王者】石川修司
VS
【挑戦者】諏訪魔


[184] fun◇fLongoRY - 2017/07/04(Tue) 07:35 ID:  [No.107455]
KAIENTAI DOJO所属の吉田綾斗は、7月2日の鎌ケ谷大会にて下あごを負傷。
医師の診断の結果「下顎骨骨折(かがくこつ・こっせつ)」と診断され、手術および治療のため
全日本プロレスの7月9日千葉Blue Field大会及び7月17日後楽園大会を欠場。
これに伴い下記の日程で対戦カードが変更。

「千葉 EXTRA DREAM 16」
7月9日(日)千葉・Blue Field
(変更カード)
6人タッグマッチ
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢
VS
石川修司&吉野コータロー&ダイナソー拓真(KAIENTAI DOJO)

「2017 SUMMER ACTION SERIES」【開幕戦】
7月17日(月・祝)東京・後楽園ホール
(変更カード)
8人タッグマッチ
渕正信&中島洋平&梶トマト&岡田佑介
VS
岩本煌史&青柳優馬&風戸大智&阿部史典


[185] fun◇fLongoRY - 2017/07/06(Thu) 08:18 ID:  [No.107468]
新日本プロレス
LION’S GATE PROJECT7
7月4日(火) 東京・新宿FACE

遅くなりましたが、参戦試合の結果です。

第6試合 30分1本勝負
〇YOSHI-HASHI
12分46秒  バタフライロック
×岩本 煌史


[186] fun◇fLongoRY - 2017/07/06(Thu) 08:25 ID:  [No.107469]
連続投稿失礼します。

「BS11 presents 全日本プロレス 新木場大会〜GROWIN’ UP vol.6〜」
7月5日(水)東京・新木場 1stリング [観衆]352人(超満員札止め)

試合結果です。

<第1試合>全日本プロレス vs 大日本プロレス 〜青木×野村〜 タッグマッチ
○青木篤志&野村直矢
10分05秒 テキサスクローバーホールド
野村卓矢&青木優也×

<第2試合>平日の新木場の夜、其の弐 タッグマッチ
中島洋平&岡田佑介×
6分24秒 逆エビ固め
○青柳優馬&平日マスク

<第3試合>全日本プロレス vs 大日本プロレス シングルマッチ
×岩本煌史
11分37秒 アルゼンチンバックブリーカー
○岡林裕二

<第4試合>〜初遭遇〜 タッグマッチ
○ 宮原健斗&ジェイク・リー
14分13秒 ブラックアウト→片エビ固め
×KAI&TAJIRI

<第5試合>タッグマッチ
○秋山準&大森隆男
11分58秒 エクスプロイダー→片エビ固め
岡倫之&北村克哉×(新日本プロレス)

<第6試合>三冠ヘビー級選手権試合&世界ジュニアヘビー級選手権試合ダブル前哨戦 タッグマッチ
○諏訪魔&佐藤光留
24分15秒 バックドロップ→体固め
×石川修司&田中稔


[187] fun◇fLongoRY - 2017/07/07(Fri) 19:52 ID:  [No.107470]
7.5新木場大会にて試合中に左ひざ負傷によりジェイク・リーが7.8横浜大会、7.9千葉大会を欠場。

これにより対戦カードが一部変更になるそうです。

秋山準社長コメント
「ジェイク・リーが試合中に左ひざを負傷しました。
7.17後楽園大会での世界タッグ選手権を、いい状態で臨ませるために
やむを得ず欠場させます。

ジェイク・リーの試合を楽しみにされていたファンの皆様に
ご迷惑をお掛けしますことをお詫び申し上げますと共に
ご理解賜りたくお願い申し上げます。」             秋山準

「YOKOHAMA TWILIGHT BLUES vol.6」
7月8日(土)  17:00
神奈川・横浜ラジアントホール

※変更カード
タッグマッチ
渕正信&田中稔
VS
岩本煌史&青柳優馬


「千葉EXTRA DREAM 16」
7月9日(日)  17:00
千葉・千葉Blue Field

※変更カード
タッグマッチ
秋山準&丸山敦
VS
中島洋平&田村和宏

※変更カード
6人タッグマッチ
宮原健斗&野村直矢&青柳優馬
VS
石川修司&吉野コータロー&ダイナソー拓真(KAIENTAI DOJO)


[188] fun◇fLongoRY - 2017/07/09(Sun) 15:09 ID:  [No.107476]
「YOKOHAMA TWILIGHT BLUES vol.6」
7月8日(土)神奈川・横浜ラジアントホール [観衆]296人(満員)

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○中島洋平
8分02秒 変型キャメルクラッチ
×岡田佑介

<第2試合>女子プロレス タッグマッチ
○沙紀&高瀬みゆき
8分39秒
カンパーナ
日向小陽&清水ひかり×

<第3試合>タッグマッチ
○田中稔&渕正信
11分22秒 ダイビングフットスタンプ→片エビ固め
×岩本煌史&青柳優馬

<第4試合>アキヤマーズ(仮) vs アックスボンバーズ タッグマッチ
秋山準&丸山敦○
10分16秒 秋山のエクスプロイダー→片エビ固め
大森隆男&風戸大智×

<第5試合>タッグマッチ
宮原健斗&野村直矢×
13分27秒 回転エビ固め
○TAJIRI&マッシモ

<第6試合>三冠ヘビー級選手権試合前哨戦 6人タッグマッチ
○諏訪魔&青木篤志&佐藤光留
24分07秒 バックドロップ→体固め
×石川修司&吉江豊&KAI


[189] fun◇fLongoRY - 2017/07/10(Mon) 13:34 ID:hzT.eXbI  [No.107477]
「千葉EXTRA DREAM 16」
7月9日(日)千葉・千葉Blue Field [観衆]235人(超満員札止め)

試合結果です。

<第1試合>アジアタッグ選手権試合前哨戦 6人タッグマッチ
青木篤志&岡田佑介&佐藤光留×
9分00秒 ミサイルキック→片エビ固め
タンク永井&佐藤悠己&本田アユム○

<第2試合>千葉テレビ KAYOキズナ トレンディpresents タッグマッチ
○大森隆男&カーベル伊藤
18分12秒 アックスボンバー→エビ固め
原学&大久保一樹×

<第3試合>タッグマッチ
秋山準&丸山敦○
12分09秒 エクスプロイダー→片エビ固め
×中島洋平&田村和宏

<第4試合>6人タッグマッチ
岩本煌史&梶トマト&阿部史典×
11分30秒首固め
○TAJIRI&KAI&田中稔

<第5試合>シングルマッチ
○諏訪魔
7分58秒 万力スリーパー
×マッシモ

<第6試合>6人タッグマッチ
○宮原健斗&野村直矢&青柳優馬
20分39秒 ジャーマンスープレックスホールド
石川修司&吉野コータロー&ダイナソー拓真×


[190] fun◇fLongoRY - 2017/07/11(Tue) 11:57 ID:tODVQ1hk  [No.107478]
東スポ情報ですが、前3冠王者の宮原健斗が17日の後楽園大会を「2017年ラストチャンス」と位置付け、背水の陣を敷いたそうです。

 5月21日の後楽園大会で石川に敗れて3冠王座から陥落。「次期挑戦者決定戦」と勝手に位置付けた6月11日の諏訪魔戦(後楽園)でも黒星を喫し、王座戦線から遠のいたかに見えた。

 それでも、17日にジョー・ドーリング(35)との一騎打ちが組まれたことについて「プロレスの神様は宮原健斗を見捨ててなかった。今回も勝手に『次期挑戦者決定戦』にする」と表明。相手はチャンピオン・カーニバル準V(優勝は石川)だけに、“挑戦権”をかけて戦う相手として不足はない。

 ただし、今年掲げる目標はあくまで旗揚げ45周年記念大会(8月27日、東京・両国国技館)で、3冠戦の舞台に立つことだ。宮原は「ここを逃すと、2017年は脱落して終わる。ラストチャンスです。危機感はあるけど、このチャンスを30倍に生かす」。ナルシスト男は不退転の決意で“ラストチャンス”に臨むつもりだ…との事。


[191] fun◇fLongoRY - 2017/07/12(Wed) 09:53 ID:2KBZMqPs  [No.107482]
 東スポ情報ですが3冠ヘビー級王者の石川修司が、全日本プロレス3強制圧と“邪道超え”を誓ったそうです。

 石川は17日の後楽園ホール大会で諏訪魔を相手にV2戦を戦う。この一戦に向けて「諏訪魔選手は全日本の強さの象徴。正面からぶつかり合って潰し合う試合になるんじゃないか」と闘志を燃やした。諏訪魔とはチャンピオン・カーニバル(CC)の公式戦(4月16日)で初の一騎打ち。リーグ戦唯一となった黒星を喫しただけに「リベンジもしないといけない」と鼻息が荒い。

 そのCCでは決勝でジョー・ドーリングを破り初優勝。さらに5月には宮原健斗を下して3冠も奪取した。これで諏訪魔も撃破すれば、全日本の「3強」を総なめすることになる。石川は「(全日本)制圧のためにも圧倒的なすごみ、強さを見せたい」と力を込めた。

 一方で、3冠戦前日(16日)に挑戦者の諏訪魔が邪道・大仁田との電流爆破6人タッグマッチに出撃する。石川は「だからこそ“対大仁田”という意識もあります」と力説。自身もデスマッチ経験豊富だが「石川修司という“凶器”が電流爆破より、蛍光灯よりも強烈だし痛いというのを見せつける。お客さんも諏訪魔選手にも『石川は電流爆破より恐ろしい』と思わせたいですね」とニヤリ笑った。巨体そのものが何よりも恐ろしい凶器になるという主張だ。

 9日の千葉大会では、宮原ら「ネクストリーム」と激突し、激しい攻撃で暴れ回った。「勝って歴史をつくる」と防衛を誓う巨漢王者は、果たしてどんな戦いで全日本を制圧するつもりなのか…注目されます。


[192] fun◇fLongoRY - 2017/07/12(Wed) 09:54 ID:2KBZMqPs  [No.107483]
連続投稿失礼します。

10月シリーズ「2017 旗揚げ記念シリーズ」開催が決定


「2017 旗揚げ記念シリーズ」日程

9月30日 (土) 17:00〜【開幕戦】
群馬・ヤマダグリーンドーム前橋サブイベントエリア

10月1日 (日) 17:00〜
新潟・三条市厚生福祉会館

10月2日 (月) 19:00〜
福島・ルネッサンス中の島(会津若松)

10月9日 (月・祝) 18:30〜
東京・後楽園ホール

10月11日(水) 18:30〜〜STAND UP! ROCKSTAR 2〜
長野・キッセイ文化ホール(松本文化会館)中ホール

10月14日(土) 18:00〜
埼玉・蓮田市総合市民体育館(パルシー)

10月15日(日) 17:00〜
静岡・アクトシティ浜松

10月18日(水) 18:30〜
栃木・足利市民プラザ

既報日程
「旗揚げ記念シリーズ 最終戦〜秋山準&大森隆男デビュー25周年記念大会〜」
10月21日(土) 17:00〜
神奈川・横浜文化体育館


[193] fun◇fLongoRY - 2017/07/16(Sun) 08:04 ID:MTd79KXo  [No.107496]
「2017 SUMMER ACTION DREAM 上尾大会」
7月15日(土)埼玉・イコス上尾 [観衆]229人

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○渕正信
3分51秒
フェースロック
×岡田佑介

<第2試合>タッグマッチ
KAI&中島洋平×
12分45秒 メガラバ
○竹田誠志&丸山敦

<第3試合>エクスプロイダーズ(仮) vs アックスボンバーズ タッグマッチ
秋山準&木イサミ○
9分20秒 エクスプロイダー→片エビ固め
大森隆男&田村和宏×

<第4試合>シングルマッチ
×岩本煌史
10分46秒 ロックスターバスター→エビ固め
○青柳優馬

<第5試合>世界タッグ選手権試合前哨戦 6人タッグマッチ
ゼウス&ボディガー○&崔 領ニ
 11分29秒 バウンス→エビ固め
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢×

<第6試合>三冠ヘビー級選手権試合前哨戦 6人タッグマッチ
×諏訪魔&青木篤志&佐藤光留
20分10秒 スプラッシュマウンテン→エビ固め
○石川修司&TAJIRI&マッシモ


[194] KKB - 2017/07/17(Mon) 02:21 ID:ZQ/.Fa/E  [No.107503]
ご無沙汰しております!
先日秋山社長より「今年の8月27日両国大会は創立45周年記念大会ということもあり、その大会にふさわしい選手、元三冠ヘビー級チャンピオンに出場してもらうことになりました。」とのコメントがありました。
今日の後楽園で発表になるとのことですが、待ちきれずに書き込みに来てしまいました笑 一体誰が発表されるのでしょうか?個人的には(見当違いな事を言っていたらすみませんが)川田さんとか小橋さんとか、見れたら嬉しいですねぇ。


[195] fun◇fLongoRY - 2017/07/17(Mon) 08:23 ID:JZ1T7lI.  [No.107509]
超花火
「電流爆破夏祭りin横浜〜邪道軍vs全日本プロレス〜」
7月16日(日) 神奈川県・横浜ヨット協会横 特説会場 

参戦試合の結果です。

〜邪道軍vs全日本プロレス〜全日本プロレス初の電流爆破マッチ
〇諏訪魔&青木篤志&KIYOSHI
15分48秒 電流爆破バット→体固め
大仁田厚&雷神矢口&リッキーフジ×
※特別レフェリー:ケンドー・カシン、サブレフェリー:ブラックタイガーZ


「エボリューション」を率いる諏訪魔が16日、「電流爆破夏祭り in 横浜」で大仁田厚率いる邪道軍と激突。邪道を電流爆破のえじきにした諏訪魔は、最後も自らリッキー・フジを沈めるなど大奮闘。電流爆破バットを被弾したが、17日に後楽園ホールで行われる王者・石川修司との3冠戦に向け、勢いをつけた格好だ。

 諏訪魔は青木篤志、雷神明の化身、KIYOSHIを従え先に入場。雷神矢口(年齢非公開)、リッキー・フジと入場した大仁田にゴング前から仕掛けられたが、場外戦で有利に立つ。そのままリング上で大仁田をイスに固定すると、自ら電流爆破バットを振り抜き、大ダメージを与えた。

 その後も試合を有利に進めたが、矢口のアシストを受けた大仁田により自らも電流爆破バットを被弾。ダメージを負ったが、最後は電流爆破バットでリッキー・フジを打ち抜いて3カウントを奪い勝利した。

 しかし特別レフェリーを務めた“悪魔仮面”ケンドー・カシンの行動のせいで謎の結末に…。なぜか敗れた側の大仁田の手を上げて勝者と言い張ったのだ。誰がどう見ても勝利した諏訪魔は怒り心頭。「おい、今のはオレの勝ちじゃないのか!」と食ってかかったが、カシンは「オイ、文句があるなら8月27日、(全日本の)両国(大会)でやってやろーじゃねえか!」と全くかみ合わない回答…。

 諏訪魔はカシンの行動に「畜生め! こんなんじゃ終われない!」と激怒。しかし、両国大会での再戦については「勝手なことばっかり言いやがって! オレは両国でやりたい相手がいるから」と却下して「明日は3冠戦がある。3冠こそプロレスだと証明したい! 明日に向けて(勝って)追い風になる」と石川とのタイトルマッチに向けて闘志を高めた。

 電流爆破については「破壊力がある。そこは正直驚いた。毒霧か、火花か分からないが、右目がチカチカする」とダメージを口にするひと幕もあった諏訪魔。それでも大仁田からは「勇気を持って上がってきたことは認める」との言葉も送られた。電流爆破を踏み台に3冠王座奪還なるか、注目されます。


[196] fun◇fLongoRY - 2017/07/17(Mon) 08:24 ID:JZ1T7lI.  [No.107510]
>KKBさん

お久しぶりです。

>川田さんとか小橋さんとか、見れたら嬉しいですねぇ。

天龍さんにも来てほしいですが、これには激しく同意です…笑


諏訪魔が、「もしも三冠を奪還したら、その出場者の挑戦をうけてやる…」らしいコメントもあったそうです。

現役選手だとすると、今日はっきりすると思いますが、元横綱のあの選手か?〇陽〇ア?、まさか〇藤〇司?、〇木み〇る?

いったい誰でしょうね〜 (;^_^A


[197] ただの全日ファン - 2017/07/17(Mon) 23:27 ID:I2pQ1Kjc  [No.107511]
追加が有るかどうかは分かりませんが、やはり小島聡でしたね。


[198] fun◇fLongoRY - 2017/07/18(Tue) 11:50 ID:ivOWCveo  [No.107514]
『2017 SUMMER ACTION SERIES』【開幕戦】
7月17日 後楽園ホール 1595人(超満員札止め)

<第1試合>8人タッグマッチ
×渕正信&中島洋平&梶トマト&岡田佑介
6分12秒 回転足折り固め
岩本煌史&○青柳優馬&風戸大智&阿部史典

<第2試合>エクスプロイダーズ(仮) vs アックスボンバーズ 6人タッグマッチ
秋山準&木高イサミ&丸山敦×
6分5秒 アックスボンバー→片エビ固め
○大森隆男&宮本裕向&田村和宏

<第3試合>6人タッグマッチ
×青木篤志&西村修&崔領ニ
6分41秒 回転十字固め
○TAJIRI&KAI&マッシモ

<第4試合>世界ジュニアヘビー級選手権試合
【王者】○佐藤光留
13分18秒 捕獲式腕ひしぎ逆十字固め
【挑戦者】×田中稔
※第43代王者が4度目の防衛に成功

<第5試合>世界タッグ選手権試合
【王者組】ゼウス&ボディガー×
11分26秒 マキシマム→エビ固め
【挑戦者組】○ジェイク・リー&野村直矢
※ジェイク&野村組が新王者

<第6試合>特別試合
○宮原健斗
8分28秒 シャットダウン・スープレックス・ホールド
×ジョー・ドーリング

<第7試合>三冠ヘビー級選手権試合
【王者】○石川修司
19分37秒 ジャイアントスラム→片エビ固め
【挑戦者】×諏訪魔
※第56代王者が2度目の防衛に成功


[199] fun◇fLongoRY - 2017/07/18(Tue) 11:51 ID:ivOWCveo  [No.107515]
『2017 SUMMER ACTION SERIES』【開幕戦】
7月17日 後楽園ホール

試合後のコメントです。

<第4試合>世界ジュニアヘビー級選手権試合
【王者】佐藤光留 vs【挑戦者】田中稔

試合後、TAJIRIがリング上に現れ光留に毒霧を噴射。ベルトを奪い記念撮影をすると、ベルトを返し中指を立ててリングをあとにした。

佐藤光留
(毒霧を噴射した犯人探しをしながらインタビュー会場に登場)
「オイ!何だよ最後の……お前か?!田中稔か?!分かった!!諏訪魔だな!!?俺の王道トーナメントが始まったな、決まったんじゃない?俺のダブルヘッダー。……分かった、青木篤志だな。足痛いけど俺は自分で立つよ。全日本プロレスがやっと自分の足で立って走り始めてるからね。俺はその片足どころじゃない。俺が両足だ!団体の看板、背負って、俺が全日本プロレスの両足だよ」

――挑戦表明がありましたが
「おう、受けて立つよ青木篤志!ああ、さっきあの、眼鏡かけてもじゃもじゃでヒゲ生えてた……思い出した。青木篤志だ。毒霧使ったやつは青木篤志だな。受けて立ちますよダブルヘッダー。ダメだって言われても決まったから。直談判。チャンピオンはオッケーだから。お願いします!……分かった!グレート・カブキだなこれ?!何人いるんだ!!陰謀だ!!陰謀ですよこれは!!このベルトを欲しい人はみんな陰謀を持ってるんです。このベルトは陰謀の象徴だということですよ。違う!これは全日本ジュニアの、一番正直なジュニアのプロレスの象徴ですよこれは。……チクショー、青木篤志のヤロー」

田中稔
「全日本に戻ってきて半年経ったんでそろそろ行こうと思ったんですけど。余裕で獲れると思っていたんですけど、獲れなかったですね。強かった。強かったです。ただここでの負けというのは認めないと前には進めないから。俺は今日の負けたという結果をしっかり受け止めて、今日のチャンピオンよりも先に先に行きますから。これ、声を大にして言っておきますけど、今日の結果で負けたことがめちゃくちゃちっぽけに思えるくらいの大逆転をしますから。こういうシチュエーション、めちゃくちゃ燃えるんでね。いい刺激もらった。・・・強かった。スゲー強かった。ありがとうございました!」


<第5試合>世界タッグ選手権試合
【王者組】ゼウス&ボディガー vs【挑戦者組】ジェイク・リー&野村直矢

ゼウス
「……クソッ!まさかアイツらに負けるとは思ってなかった。あんなんマグレや!!アイツら絶対叩きのめしたる!!もう一回やらせろオラ!!」

ジェイク・リー&野村直也
野村「・・・これを僕が取って今、頭が真っ白になりました。でも今僕たちの手にはこのベルトがあります。それは僕らの方が(王者チームより)上回っていた証だと思います。今はうれしすぎて何を言ったらいいのかわからないけれど、僕らでこの世界タッグをさらに盛り上げて地位を高めていきます」
ジェイク「この世界タッグのベルトを獲れたのは支えてくれたファンの人たち、こんな状態でも隣で戦ってくれるパートナーのおかげ。感謝しています。俺らはまだまだ超えなきゃいけない存在がある。その存在を超えながら、超えなきゃいけない存在に俺らがなる。以上です」


[200] fun◇fLongoRY - 2017/07/18(Tue) 11:52 ID:ivOWCveo  [No.107516]
『2017 SUMMER ACTION SERIES』【開幕戦】
7月17日 後楽園ホール

試合後のコメントです。

<第6試合>特別試合
宮原健斗 vs ジョー・ドーリング

宮原健斗
「ベルトォ……!ベルトが見えてきたねぇ……!ベルトが見えてきた。詳しくは、メインイベント終わってからだ!」

ジョー・ドーリング
「今日の敗因は自分の中にある。だがまだ俺は終わったわけじゃない。三冠もあきらめていない。俺のやるべきことは終わっていないぞ!諏訪魔、今日お前が勝ったら俺はそのベルトに挑戦するぞ。石川が勝ったなら次は俺が挑戦する。だがまずは自分自身で実力を証明しないとな・・・」


<第7試合>三冠ヘビー級選手権試合
【王者】石川修司 vs【挑戦者】諏訪魔

試合後リング上
石川「諏訪魔選手がこのベルトに挑戦してくれて、前哨戦からずっと闘い続けて、諏訪魔選手の強さを改めて知りました。諏訪魔選手が、このベルトを賭けて闘ってくれたことで、また自分がもう一段階強くなれたと思います(宮原がリングへ)」
宮原「俺が、この全日本プロレスをもっともっと高みに持っていきたいんだよ!そのためには、その三冠のベルトが必要なんだよ。最強のチャンピオン、石川修司さん、そしてプロレス界で最も最高のチャレンジャー宮原健斗、それに似つかわしい舞台、8月27日!両国国技館のメインイベント、俺の挑戦受けてくれませんか?もう一度言う!8月27日、両国国技館の舞台で!三冠ベルトに挑戦させてくれませんか?」
石川「両国で、石川対、宮原、見たい人いますか?じゃあ、両国で、最強対最高、第二ラウンドやりますか(宮原は石川を睨み合いリングをあとにする)だいぶ、ダメージもありまして、ご起立お願いします!8月、27日、両国国技館は、でかい箱です!この、皆さんと一緒に、両国国技館行きましょう。よろしくお願いします!いつもの3,2,1、俺達はでかいでしめたいと思います。いくぞー!いくぞー!行くぞー!行くぞー!3,2,1俺達は、でかい!」

<試合後コメント>
石川修司
「一言で言うと、もう、強いですよ。前哨戦で当たるたびに当たりが激しくなってるのが分かって、これはもう正直言えば、前哨戦でもう身体はボロボロになってきました。でもね、そのボロボロもまた気持ちよくて。身体張ってるのがレスラーとしての生き甲斐なんで。身体張ってんなって。諏訪魔選手がこのベルトを本気で獲りに来てくれたんで、ほんとうに正面衝突で行きました。ただもう、きっついっすね。すごかったですね。次が宮原選手。ベルト失っても地方大会で締める回数はチャンピオンの俺より全然多かったんで。もう一回、もう一回ね、やって、どっちが上かって分からせてやらないと。両国国技館の、45周年という大会でフリーの自分がチャンピオンとして呼ばれるっていうのはレスラー冥利に尽きると思うんで、両国国技館まで楽しみにしてもらいたいと思います」

――次回は、前回宮原選手と戦ったときよりも激しい試合になる?
「もちろんです!向こうがね、最高の……昨日の宮原より上って言ってるみたいに、僕の座右の銘も、明日が全盛期なんで、今日の自分より明日の自分のほうが強くなってるんで。8月27日は、過去史上最高の石川修司としてリングに立ちたいなと思っています」」

――右目が腫れていますが
「痛みはそんなに無いんで、大丈夫だと思います。打たれ強さは取り柄なので。人を破壊してばかりいるんで、たまにはね、ダメージを負ってもいいんじゃないですか」

――諏訪魔選手とはチャンピオン・カーニバルから二度目ですが、前回と比べて如何ですか
「やっぱり僕がね、遠慮せずにガンガン行くんで。諏訪魔選手の中でもリミッター外してくれたんじゃないかっていうのは戦いの中で感じましたけど、それは見てるファンの方も感じてくれたと思うんで。僕の中でもそう思いました。リミッター外してきてくれたなと。身体はしんどいですけど、それは僕にとって嬉しいことなので。やりがいあったなと思いますよ」

諏訪魔
「クソ!負けたよ。三冠の重さに跳ね返された。悔しいよ。途中、どうしても三冠を巻きたかった。クソ!今日、俺も負けてジョーも負けた。Evolutionもなんとかしないとダメだな。・・・このままやっていたらダメだと思うし、今は考えられないけれど三冠ベルトはみんなが目指しているものだから、それに向かって俺ももう一回考え直します。石川、三冠チャンピオンに負けました!」



[201] fun◇fLongoRY - 2017/07/18(Tue) 12:24 ID:ivOWCveo  [No.107520]
>全日ファンさん、KKBさん

情報ありがとうございます。

8・27両国大会では元三冠王者として小島聡が出場。
そして諏訪魔vs小島聡のシングルマッチが決定。
8・27両国大会は今回、CSの「SAMURAI TV」の方で生中継の様です。

また、8月3日の新木場大会では鈴木鼓太郎&佐藤恵一が参戦。
青木篤志&岡田裕介vs鈴木鼓太郎&佐藤恵一の現全日本vs元全日本対決が決定。


『BS11 presents 全日本プロレス新木場大会〜GROWIN’UP vol.5〜』
8月3日 19:00〜新木場1stリング

▼タッグマッチ
青木篤志&岡田裕介
vs
鈴木鼓太郎(フリー)&佐藤恵一(フリー)

▼タッグマッチ
夏すみれ(WAVE)&安納サオリ(Beginning)
vs
沙紀(フリー)&高瀬みゆき(Beginning)

▼シングルマッチ
諏訪魔
vs
佐藤光留



『2017 SUMMER EXPLOSION【最終戦】全日本プロレス45周年記念両国大会〜新たなる決意〜』
8月27日 15:00〜 両国国技館

▼シングルマッチ
青柳優馬
vs
タイチ(鈴木軍)

▼大隈興行presents 全日本プロレス45周年記念タッグマッチ
ドリー・ファンク・ジュニア&ヒロ斎藤
vs
ザ・グレート・カブキ&渕正信

▼シングルマッチ
カリスティコ
vs
エル・ディアマンテ

▼シングルマッチ
諏訪魔
vs
小島聡


[202] fun◇fLongoRY - 2017/07/18(Tue) 12:25 ID:ivOWCveo  [No.107521]
連続投稿失礼します。

第5回王道トーナメント出場選手と9・12後楽園、9・16埼玉大会の一回戦の対戦カードが決定。
ヨシタツが初参戦。他にTAJIRI、KAI、岩本が初出場。一回戦でヨシタツとTAJIRIとの元WWE対決も行われます。

第5回王道トーナメント出場選手

【参戦選手】
諏訪魔/宮原健斗/ゼウス/青木篤志/野村直矢/青柳優馬/ジェイク・リー/岩本煌史/ジョー・ドーリング/石川修司(フリー)/ボディガー(フリー)/崔領二(ランズエンド)/佐藤光留/TAJIRI(フリー)/KAI(フリー)/ヨシタツ

『第5回王道トーナメント』
9月12日(火) 18:30〜後楽園ホール

▼王道トーナメント一回戦
ヨシタツ
vs
TAJIRI

▼王道トーナメント一回戦
宮原健斗
vs
KAI(フリー)

▼王道トーナメント一回戦
ゼウス
vs
崔領二

▼王道トーナメント一回戦
石川修司
vs
ボディガー

9月16日(土)17:00〜埼玉・北本市体育センター


▼王道トーナメント一回戦
諏訪魔
vs
野村直矢

▼王道トーナメント一回戦
青木篤志
vs
ジェイク・リー

▼王道トーナメント一回戦
岩本煌史
vs
青柳優馬

▼王道トーナメント一回戦
ジョー・ドーリング
vs
佐藤光留


[203] ただの全日ファン - 2017/07/18(Tue) 17:39 ID:y8sBuEzE  [No.107522]
ちょっと気になったので、ヨシタツは、新日本を主戦場にしていているが、実際はフリーです。
しかも、新日本を離脱したとのうわさもあるようですね。


[204] fun◇fLongoRY - 2017/07/19(Wed) 08:09 ID:QOAy/6PM  [No.107523]
>全日ファンさん

>ヨシタツは、新日本を主戦場にしていているが、実際はフリーです。
しかも、新日本を離脱したとのうわさもあるようですね。

すいません、ごもっともです。


調べさせていただきましたが、5月に田口ジャパンからの戦力外通知を受け、
5月9日頃に自身のツイッターで新日本を離脱を示唆するコメントも載せていたそうです。

どうやら契約終了?による離脱とも考えられますし、海外でも5月以降試合されているそうなんですが、
新たな主戦場を求めての全日の王道トーナメントの初参戦なのかもしれませんね…。

>>202 訂正しておきますね…m(_ _)m


[205] fun◇fLongoRY - 2017/07/20(Thu) 08:50 ID:DBkFQ6jo  [No.107524]
KENSОが試合中の負傷により医師の診断の結果「左肩肩鎖関節脱臼」と診断され、7.26佐久、7.27金沢、7.28名古屋大会を欠場
これに伴い、竹田誠志の参戦が決定し、対戦カードを変更との事。

また、7・28名古屋大会で世界タッグのリマッチ、ジェイク&野村vsビッグガンズが決定。
最終戦7・30大阪大会の対戦カードも決定。世界ジュニアヘビー級選手権試合の光留vsTAJIRI
創立45周年記念試合in大阪 〜The Road to RYOGOKU〜として6人タッグマッチ、
諏訪魔&宮原健斗&ゼウスvs石川修司&ジョー・ドーリング&ボディガーの異色カードが実現。


「2017 SUMMER ACTION SERIES」

7月26日(水) 18:30 長野・佐久創造館
変更カード
6人タッグマッチ
諏訪魔&青木篤志&佐藤光留
VS
竹田誠志&岩本煌史&丸山敦

7月27日(木) 18:30 石川・金沢流通会館
変更カード
6人タッグマッチ
ジョー・ドーリング&青木篤志&佐藤光留
VS
ゼウス&竹田誠志&丸山敦

7月28日(金) 18:30 愛知・名古屋市露橋スポーツセンター
変更カード
タッグマッチ
青木篤志&佐藤光留
VS
竹田誠志&丸山敦


7月28日(金)18:30 愛知・名古屋市露橋スポーツセンター
(王者組)ジェイク・リー&野村直矢
vs
(挑戦者組)ゼウス&ボディガー


「2017 SUMMER ACTION SERIES」【最終戦】
7月30日(日) 17:00 大阪・エディオンアリーナ大阪(府立体育会館)第2競技場

タッグマッチ
中島洋平&KAI
VS
那須晃太郎&織部克巳

6人タッグマッチ
ウルティモ・ドラゴン&丸山敦&岡田佑介
VS
田中稔&アルティメット・スパイダーJr.&タコヤキーダー

タッグマッチ
秋山準&大森隆男
VS
青木篤志&マッシモ

タッグマッチ
野村直矢&青柳優馬
VS
ジェイク・リー&岩本煌史

世界ジュニアヘビー級選手権試合
【第43代王者】佐藤光留
VS
【挑戦者】TAJIRI

全日本プロレス 創立45周年記念試合in大阪 〜The Road to RYOGOKU〜 6人タッグマッチ
諏訪魔&宮原健斗&ゼウス
VS
石川修司&ジョー・ドーリング&ボディガー


[206] fun◇fLongoRY - 2017/07/20(Thu) 08:53 ID:DBkFQ6jo  [No.107525]
8月シリーズ「2017 SUMMER EXPLOSION」の追加対戦カードが決定
(8.6神戸・7松江・9佐世保・10佐賀・11博多・12岩国・19後楽園・20岡崎)
主要対戦カードです。
8・11博多大会でGAORA TVチャンピオンシップが25周年にちなんで25分1本勝負のマスト裁定(時間内に勝敗が決まらない場合はお客様による判定)【王者】秋山準vs【挑戦者】大森隆男も行われます。

「2017 SUMMER EXPLOSION」
【開幕戦】
8月6日(日)14:00〜兵庫・神戸サンボーホール
タッグマッチ
秋山準&大森隆男
VS
マッシモ&ダニー・ジョーンズ

タッグマッチ
諏訪魔&青木篤志
VS
KAI&田中稔

三冠ヘビー級選手権試合前哨戦 6人タッグマッチ
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢
VS
石川修司&ゼウス&ボディガー

8月7日(月)18:30〜島根・くにびきメッセ 多目的ホール(松江)
タッグマッチ
諏訪魔&青木篤志
VS
ゼウス&ボディガー

三冠ヘビー級選手権試合前哨戦 8人タッグマッチ
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢&青柳優馬
VS
石川修司&崔 領ニ&マッシモ&ダニー・ジョーンズ

8月9日(水)19:00〜長崎・佐世保市体育文化館
タッグマッチ
諏訪魔&青木篤志
VS
マッシモ&ダニー・ジョーンズ

三冠ヘビー級選手権試合前哨戦 6人タッグマッチ
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢
VS
石川修司&崔 領ニ&将火怒

8月10日(木)18:30〜佐賀・ホテルマリターレ創世 佐賀East Court(ホテル館) 4F大宴会場
6人タッグマッチ
ゼウス&ボディガー&ウルティモ・ドラゴン
VS
TAJIRI&KAI&ブラック・タイガーZ

GAORA TVチャンピオンシップ前哨戦 6人タッグマッチ
秋山準&崔 領ニ&将火怒
VS
大森隆男&中島洋平&岩本煌史

三冠ヘビー級選手権試合前哨戦 6人タッグマッチ
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢
VS
石川修司&マッシモ&ダニー・ジョーンズ

8月11日(金・祝)16:00〜福岡・博多スターレーン
タッグマッチ
青木篤志&佐藤光留
VS
KAI&丸山敦

6人タッグマッチ
ジェイク・リー&野村直矢&青柳優馬
VS
TAJIRI&マッシモ&ダニー・ジョーンズ

GAORA TVチャンピオンシップ 25分1本勝負 ※マスト裁定(時間内に勝敗が決まらない場合はお客様による判定)
【第15代王者】秋山準
VS
【挑戦者】大森隆男

【特別試合】九州ツアーラストスペシャル6人タッグマッチ 
宮原健斗&ゼウス&ボディガー
VS
諏訪魔&石川修司&崔 領ニ


8月12日(土)18:00〜山口・岩国市周東体育センター
シングルマッチ
青木篤志
VS
岩本煌史

タッグマッチ
KAI&TAJIRI
VS
マッシモ&ダニー・ジョーンズ

タッグマッチ
ゼウス&ボディガー
VS
石川修司&崔 領ニ

岩国市観光大使清流光神ハクジャオー生誕10thアニバーサリー特別試合 6人タッグマッチ
諏訪魔&秋山準&大森隆男
VS
宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢

「特別興行 ウルティモ・ドラゴン30周年記念 〜Lucha Fiesta 2017 supported by AJP〜」
8月19日(土)18時30分〜後楽園ホール

タッグマッチ
宮原健斗&ジェイク・リー
VS
野村直矢&青柳優馬

ルチャ・リブレルール 6人タッグマッチ 60分3本勝負 
ウルティモ・ドラゴン&秋山準&カリスティコ
VS
ジョー・ドーリング&エル・ディアマンテ&サム・アドニス

ドラゴンスクランブル時間差バトルロイヤル
出場選手未定


8月20日(日)16:00〜愛知・岡崎市竜美丘会館
タッグマッチ
ジョー・ドーリング&サム・アドニス
VS
マッシモ&ダニー・ジョーンズ

タッグマッチ
諏訪魔&青木篤志
VS
中島洋平&KAI

6人タッグマッチ
ゼウス&ボディガー&吉江豊
VS
ジェイク・リー&野村直矢&青柳優馬

三冠ヘビー級選手権試合前哨戦 8人タッグマッチ
宮原健斗&秋山準&ウルティモ・ドラゴン&カリスティコ
VS
石川修司&TAJIRI&エル・ディアマンテ&ブラック・タイガーZ


[207] fun◇fLongoRY - 2017/07/20(Thu) 08:54 ID:DBkFQ6jo  [No.107526]
8月27日 (日)両国大会の三冠ヘビー級選手権試合。
石川vs宮原が正式決定。

「2017 SUMMER EXPLOSION 【最終戦】
全日本プロレス45周年記念両国大会〜新たなる決意〜」
8月27日(日)15:00〜東京・両国国技館

三冠ヘビー級選手権試合
【第56代王者】石川修司
vs
【挑戦者】宮原健斗


[208] fun◇fLongoRY - 2017/07/20(Thu) 09:08 ID:DBkFQ6jo  [No.107531]
連続投稿失礼します。

「2017 SUMMER ACTION SERIES」
7月19日(水) 茨城・水戸市民体育館

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○大森隆男
5分35秒 アックスボンバー→片エビ固め
×岡田佑介

<第2試合>シングルマッチ
×中島洋平
10分17秒 ミノルスペシャル
○田中稔

<第3試合>6人タッグマッチ
秋山準○橋本大地&野村卓矢
11分56秒 シャイニングウィザード→片エビ固め
崔 領ニ&岩本煌史&阿部史典×

<第4試合>タッグマッチ
宮原健斗&青柳優馬×
12分55秒 首固め
KAI&TAJIRI○

<第5試合>世界タッグ選手権試合前哨戦 タッグマッチ
ジェイク・リー&野村直矢○
11分30秒 マキシマム→片エビ固め
ゼウス&マッシモ×

<第6試合>6人タッグマッチ
諏訪魔&○J・ドーリング&青木篤志
13分52秒 レボリューションボム→エビ固め
石川修司&竹田誠志&丸山敦×


[209] fun◇fLongoRY - 2017/07/24(Mon) 00:53 ID:hHZ/qtQ6  [No.107544]
「2017 SUMMER ACTION SERIES」
7月22日(土)静岡・キラメッセぬまづ

遅くなりましたが試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○青柳優馬
8分56秒 フィッシャーマンスープレックスホールド
×岡田佑介

<第2試合>タッグマッチ
×中島洋平&岩本煌史
11分10秒 タイガースープレックスホールド
田中稔&丸山敦○

<第3試合>タッグマッチ
青木篤志&佐藤光留○
11分49秒 逆エビ固め
野村卓矢&青木優也×

<第4試合>6人タッグマッチ
○ゼウス&秋山準&大森隆男
11分41秒 ジャックハマー→片エビ固め
KAI&TAJIRI&マッシモ×

<第5試合>タッグマッチ
諏訪魔&J・ドーリング○
9分03秒 ラリアット→体固め
崔 領ニ&不動力也×

<第6試合>三冠ヘビー級選手権試合前哨戦 6人タッグマッチ
×宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢
21分35秒 宮原殺し→片エビ固め
○石川修司&橋本大地&神谷英慶


[210] fun◇fLongoRY - 2017/07/24(Mon) 00:54 ID:hHZ/qtQ6  [No.107545]
連続投稿失礼します。

「2017 SUMMER ACTION SERIES」
7月23日(日)栃木・那須ハイランドパーク

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○岩本煌史
7分14秒 コブラツイスト
×岡田佑介

<第2試合>シングルマッチ
×青柳優馬
7分52秒タイガースープレックスホールド
○丸山敦

<第3試合>6人タッグマッチ
ゼウス&秋山準&大森隆男○
10分23秒 アックスボンバー→片エビ固め
KAI&TAJIRI&中島洋平×

<第4試合>タッグマッチ
諏訪魔&J・ドーリング○
10分40秒 レボリューションボム→エビ固め
宇藤純久&野村卓矢×

<第5試合>アジアタッグ選手権試合
【第101代王者組】青木篤志&佐藤光留○
14分15秒 捕獲式腕ひしぎ逆十字固め
【挑戦者組】タンク永井&本田アユム×
※青木&佐藤が初防衛に成功

<第6試合>三冠ヘビー級選手権試合前哨戦 6人タッグマッチ
○宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢
14分37秒 ジャーマンスープレックスホールド
石川修司&崔 領ニ&マッシモ×


[211] fun◇fLongoRY - 2017/07/26(Wed) 13:38 ID:EkhsGo/c  [No.107554]
「2017 SUMMER ACTION SERIES」
7月28日(金)名古屋大会にてアジアタッグ選手権試合開催が決定。
これに伴い対戦カードが変更との事。


「2017 SUMMER ACTION SERIES」
7月28日(金) 18:30〜愛知・名古屋市露橋スポーツセンター

【変更カード】
アジアタッグ選手権試合 60分1本勝負
【第101代王者組】青木篤志&佐藤光留
 vs
【挑戦者組】竹田誠志&丸山敦


[212] fun◇fLongoRY - 2017/07/27(Thu) 23:35 ID:TOwP2oLo  [No.107559]
「2017 SUMMER ACTION SERIES」
7月26日(水)長野・佐久創造館

遅くなりましたが試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
×岡田佑介
6分48秒 逆エビ固め
○野村卓矢

<第2試合>シングルマッチ
△野村直矢
20分00秒 時間切れ引き分け
△KAI

<第3試合>6人タッグマッチ
秋山準&U・ドラゴン&大鷲透○
11分59秒 ラ・マヒストラル
TAJIRI&田中稔&中島洋平×

<第4試合>アジアタッグ選手権試合前哨戦 6人タッグマッチ
○諏訪魔&青木篤志&佐藤光留
11分32秒 万力スリーパー
×岩本煌史&竹田誠志&丸山敦

<第5試合>シングルマッチ
○J・ドーリング
8分30秒 レボリューションボム→エビ固め
×マッシモ

<第6試合>三冠ヘビー級選手権試合&世界タッグ選手権試合ダブル前哨戦 6人タッグマッチ
○宮原健斗&ジェイク・リー&青柳優馬
12分46秒 シャットダウン・スープレックス・ホールド
石川修司&ゼウス&大森隆男×


[213] fun◇fLongoRY - 2017/07/27(Thu) 23:37 ID:TOwP2oLo  [No.107560]
「2017 SUMMER ACTION SERIES」
7月27日(木)石川・金沢流通会館

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○大森隆男
9分04秒 アックスボンバー→片エビ固め
×青柳優馬

<第2試合>シングルマッチ
×岩本煌史
7分30秒 ラ・マヒストラル
○U・ドラゴン

<第3試合>タッグマッチ
秋山準&中島洋平×
7分04秒 横入り式エビ固め
○TAJIRI&田中稔

<第4試合>アジアタッグ選手権試合前哨戦 6人タッグマッチ
J・ドーリング&○青木篤志&佐藤光留
10分30秒 腕ひしぎ逆十字固め
ゼウス&竹田誠志&丸山敦×

<第5試合>シングルマッチ
○諏訪魔
7分18秒 万力スリーパー
×マッシモ

<第6試合>三冠ヘビー級選手権試合前哨戦 6人タッグマッチ
○宮原健斗&ジェイク・リー&野村直矢
18分50秒 シャットダウン・スープレックス・ホールド
×石川修司&KAI&野村卓矢


[214] fun◇fLongoRY - 2017/07/27(Thu) 23:37 ID:TOwP2oLo  [No.107561]
連続投稿失礼します。

11月シリーズ「2017 STARTING OVER 〜Jr. TAG BATTLE OF GLORY〜」開催が決定。


「2017 STARTING OVER 〜Jr. TAG BATTLE OF GLORY〜」

〜千葉EXTRA DREAM 18〜
11月3日(金・祝) 12:00 千葉・Blue Field【開幕戦】

11月5日(日) 17:00 愛知・名古屋国際会議場

〜木原文人リングアナ 入団30周年突破記念大会〜
11月6日(月) 18:30 三重・三重県営サンアリーナ・サブアリーナ(伊勢)

11月7日(火) 18:30 岐阜・じゅうろくプラザ


11月9日(木) 18:30 東京・後楽園ホール【最終戦・優勝決定戦】

※11月その他の大会追加日程は決まり次第お知らせとの事。


[215] fun◇fLongoRY - 2017/07/29(Sat) 09:07 ID:mm2jWhbs  [No.107571]
「2017 SUMMER ACTION SERIES」
7月28日(金) 愛知・名古屋市露橋スポーツセンター[観衆]620人(満員)

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
KAI&中島洋平×
6分09秒 逆さ押さえ込み
○青柳優馬&野村卓矢

<第2試合>タッグマッチ
○U・ドラゴン&田中稔
5分35秒 ラ・マヒストラル
那須晃太郎&影山道雄×

<第3試合>タッグマッチ
○大森隆男&岩本煌史
9分10秒 アックスボンバー→片エビ固め
TAJIRI&マッシモ×

<第4試合>アジアタッグ選手権試合
【第101代王者組】○青木篤志&佐藤光留
14分26秒 トラップオーバー
【挑戦者組】竹田誠志&丸山敦×
※青木&佐藤が2度目の防衛に成功

<第5試合>全日本プロレス 創立45周年記念試合in名古屋 〜The Road to RYOGOKU〜 6人タッグマッチ
○宮原健斗&諏訪魔&秋山準
14分12秒 シャットダウン・スープレックス・ホールド
×石川修司&J・ドーリング&岡林裕二

<第6試合>世界タッグ選手権試合
【第76代王者組】ジェイク・リー&野村直矢○
15分36秒 マキシマム→片エビ固め
【挑戦者組】×ゼウス&ボディガー
※ジェイク&野村が初防衛に成功



[216] fun◇fLongoRY - 2017/07/31(Mon) 06:03 ID:vUEnZPfM  [No.107574]
全日本プロレス事務所にブラック・タイガーZより2通目の怪文書が届いたそうです。


ブラック・タイガーZからの怪文書

「ひまわりが日に日に背を伸ばすこの頃
大森取締役はいかがお過ごしですか。

先日、私ブラックタイガーZが全日本プロレスを救う為にevolutionの再結成を
まとめようと提案したのですが、大森取締役が会見で私の無二の親友、奥田リングアナに
片付けとけという完全なパワハラな発言に対し、奥田リングアナからの相談を受けて
evolutionの再結成させてる場合ではないと、全日本プロレスを陰謀から守る為に
evolutionを解散させた方がいいと判断しました。

付きましては手始めに、過去に私ブラックタイガーZの中身も巻いたことのある
アジアタッグ選手権を奥田リングアナの為に、8/27全日本プロレス両国大会で挑戦いたします。

これは大森取締役が片付けとけ発言に
取締役としての権限、責任の重みを感じました。
そして何より私ブラックタイガーZへのリスペクトを受け止めて、パートナーは過去に
全日本プロレスでベルトを巻いたことのある私の中身と繋がりのある男を連れて行きたいと思います。

怪文書ばかりでは大森取締役のせいで陰謀に巻き込まれてる全日本プロレスファンに申し訳ないので
8/3全日本プロレス新木場大会にパートナーを連れて挨拶しにお伺いいたします

p.s大森取締役にラブレターfrom山梨
私ブラックタイガーZのことは嫌いになっても奥田リングアナの嫌いにならないでください」
ブラック・タイガーZ


[217] fun◇fLongoRY - 2017/07/31(Mon) 06:03 ID:vUEnZPfM  [No.107575]
7月5日、新木場大会にて左膝を負傷していたジェイク・リーが、
7・28名古屋大会で行われた世界タッグ選手権試合にて、負傷箇所をさらに悪化させた為、東京に戻り精密検査をする事になり、
7・30大阪大会をやむを得ず欠場、一部対戦カードが変更されたそうです。

「2017 SUMMER ACTION SERIES」【最終戦】
7月30日(日)大阪・エディオンアリーナ大阪(府立体育会館)第2競技場 [観衆]560人(満員)

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
○KAI&中島洋平
4分26秒 メテオインパクト→片エビ固め
那須晃太郎&織部克己×

<第2試合>6人タッグマッチ
U・ドラゴン&丸山敦&岡田佑介×
11分22秒 タナカレッグバー
○田中稔&U・スパイダーJr.&タコヤキーダー

<第3試合>タッグマッチ
○秋山準&大森隆男
9分50秒 エクスプロイダー→片エビ固め
×マッシモ&青木篤志

<第4試合>タッグマッチ
野村直矢&青柳優馬○
10分09秒 ロックスターバスター→片エビ固め
岩本煌史&阿部史典×

<第5試合>世界ジュニアヘビー級選手権試合
【第43代王者】×佐藤光留
13分24秒 バズソーキック→片エビ固め
【挑戦者】○TAJIRI
※TAJIRIが第44代王者となる。

<第6試合>全日本プロレス 創立45周年記念試合in大阪 〜The Road to RYOGOKU〜 6人タッグマッチ
諏訪魔&×宮原健斗&ゼウス
18分04秒スプラッシュマウンテン→エビ固め
○石川修司&J・ドーリング&ボディガー


[218] fun◇fLongoRY - 2017/07/31(Mon) 06:04 ID:vUEnZPfM  [No.107576]
連続投稿失礼します。

11月大会の追加日程として「ゼウス祭り」11月11日(土)大阪・アゼリア大正ホール大会の開催が決定


「ゼウス祭り」
11月11日(土) 18:00大阪・アゼリア大正ホール


既報日程

「2017 STARTING OVER〜Jr. TAG BATTLE OF GLORY〜」

〜千葉EXTRA DREAM 18〜
11月3日(金・祝) 12:00 千葉・Blue Field【開幕戦】

11月5日(日) 17:00 愛知・名古屋国際会議場

〜木原文人リングアナ 入団30周年突破記念大会〜
11月6日(月) 18:30 三重・三重県営サンアリーナ・サブアリーナ(伊勢)

11月7日(火) 18:30 岐阜・じゅうろくプラザ

11月9日(木) 18:30 東京・後楽園ホール【最終戦・優勝決定戦】

※11月その他の大会追加日程は決まり次第お知らせの予定とのこと。


[219] fun◇fLongoRY - 2017/08/01(Tue) 08:02 ID:  [No.107577]
遅くなりましたが「2017 SUMMER ACTION SERIES」【最終戦】7・30大阪大会のメインの6人タッグマッチで
ジョードーリングがEvolutionの離脱宣言をしたそうです。

諏訪魔&宮原健斗&ゼウスvs石川修司&J・ドーリング&ボディガーの異色カードでしたが、試合中にジョーが対角線上に立つ
諏訪魔との接触を拒否…。試合後近寄った諏訪魔に惜別のラリアット!間に入ろうとした青木にもラリアット…。そして諏訪魔にストンピング…。

最後にジョーがリング上で「Evolution Is Finish!」とマイクで叫び、退場したそうです。
タッグ戦線、今後どうなるのでしょうか?ユニットの行方が注目されます…。


[220] fun◇fLongoRY - 2017/08/02(Wed) 09:31 ID:  [No.107584]
8月19日(土)後楽園大会にて行われる女子プロレス タッグマッチに旧姓・モンゴル、ブス・モンゴルがモンゴル軍団として参戦するそうです。

「特別興行 ウルティモ・ドラゴン30周年記念
〜Lucha Fiesta 2017 supported by AJP〜」
8月19日(土) 18時30分〜後楽園ホール

追加カード
女子プロレス タッグマッチ
安納サオリ&万喜なつみ
vs
旧姓・モンゴル&ブス・モンゴルwithミス・モンゴル

既報カード
タッグマッチ
渕正信&X
VS
田中稔&丸山敦

タッグマッチ
宮原健斗&ジェイク・リー
VS
野村直矢&青柳優馬

ルチャ・リブレルール 6人タッグマッチ 60分3本勝負 
ウルティモ・ドラゴン&秋山準&カリスティコ
VS
ジョー・ドーリング&エル・ディアマンテ&サム・アドニス

ドラゴンスクランブル時間差バトルロイヤル
参戦決定選手:青木篤志、大森隆男、諏訪魔、ゼウス、中島洋平
※その他豪華参戦選手も予定との事


[221] fun◇fLongoRY - 2017/08/02(Wed) 09:32 ID:  [No.107585]
ジェイク・リーが左膝を精密検査した結果、「左膝前十字靭帯断裂、内側靭帯損傷、骨挫傷」と診断され、
この度やむをえず手術をし、しばらく治療に専念することとなり、8月、9月シリーズもしばらくの間欠場するそうです。

復帰時期に関しては分かり次第お知らせの予定との事。

8.3新木場大会をジェイク・リー欠場に伴いKAIENTAI DOJOの滝澤大志の参戦が決定。
同じ日にアジアタッグ選手権に挑戦表明していたブラック・タイガーZの来場挨拶もあるそうです。

また、ジェイク・リー&野村直矢が保持していた世界タッグ王座をやむを得ず返上…。
これにより8月27日(日)両国大会にて「世界タッグ王座決定戦」を開催する事を決定。

そして、ジェイク・リーが「第5回王道トーナメント」を欠場…。
欠場に伴い9・16埼玉大会での青木篤志の1回戦の対戦相手を決定次第お知らせする予定との事。


「2017 SUMMER EXPLOSION 【最終戦】
全日本プロレス45周年記念両国大会〜新たなる決意〜」

8月27日(日)15:00〜東京・両国国技館

世界タッグ王座決定戦
野村直矢&X
vs
関本大介&岡林裕二


「第5回 王道トーナメント」
9月16日(土) 17:00〜埼玉・北本市体育センター【一回戦】

(変更カード)
1回戦 青木篤志 vs X





[222] fun◇fLongoRY - 2017/08/02(Wed) 09:34 ID:  [No.107586]
8月27日 (日)両国大会の追加対戦カードとして、世界タッグ王座決定戦、世界ジュニアヘビー級選手権試合、!BANG!TV 世界ヘビー級選手権試合 バトルロイヤルの開催が決定。

「2017 SUMMER EXPLOSION 【最終戦】
全日本プロレス45周年記念両国大会〜新たなる決意〜」
8月27日(日)15:00〜東京・両国国技館

【追加カード】
◆世界タッグ王座決定戦
野村直矢&X
vs
関本大介&岡林裕二

◆世界ジュニアヘビー級選手権試合
【第44代王者】TAJIRI
 vs
【挑戦者】ウルティモ・ドラゴン

◆!BANG!TV
世界ヘビー級選手権試合 バトルロイヤル
【第3代 !BANG!TV 世界ヘビー級王者】西村修
vs
【決定挑戦者】佐野直
※他複数名募集中、決定次第随時お知らせの予定



[223] fun◇fLongoRY - 2017/08/02(Wed) 09:34 ID:  [No.107587]
連続投稿失礼します。

「2017 SUMMER EXPLOSION 【最終戦】
全日本プロレス45周年記念両国大会〜新たなる決意〜」
8月27日 (日)両国大会に向けて

最後の挑戦?として挑むらしいウルティモドラゴンとの防衛戦が決まった、
第44代 世界ジュニアヘビー級王者TAJIRIのコメントです。

TAJIRI
「プロレスラーになるきっかけとなった、ウルティモ・ドラゴンとの一騎打ちはこれが三度目。
初めての対決はWWEのリングで、世界中に放送されるSMACKDOWN!!TV収録でのこと。
二度目は、メキシコのルチャの聖地であるアレナ・コリセオ。
そうして三度目の今回、日本国技の殿堂である両国国技館で。偶然か必然か。

我々の一騎打ちは、世界に渡ってスペシャルである舞台でのみおこなわれる運命にあるようなのです。
それはきっと、プロレスの神様がそのように望んでいるからなんだと思います。

8月27日、両国国技館。
神聖なるこころもちで、リングへと上がります。」  TAJIRI


[224] fun◇fLongoRY - 2017/08/04(Fri) 07:47 ID:  [No.107589]
『BS11 presents 全日本プロレス新木場大会〜GROWIN’UP vol.5〜』
8月3日(木)新木場1stリング [観衆]362人(超満員札止め)

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
×中島洋平&滝澤大志
10分37秒 シットダウン式チョークスラム→エビ固め
○マッシモ&ダニー・ジョーンズ

<第2試合>女子プロレス タッグマッチ
○安納サオリ&夏すみれ
9分18秒 フィッシャーマンスープレックスホールド
沙紀&高瀬みゆき×

<第3試合>シングルマッチ
○TAJIRI
8分17秒 バズソーキック→片エビ固め
×丸山敦

<第4試合>タッグマッチ
○青木篤志&岡田佑介
12分07秒 逆エビ固め
鈴木鼓太郎&佐藤恵一×

<第5試合>シングルマッチ
○諏訪魔
7分53秒 万力肩固め
×佐藤光留

<第6試合>三冠ヘビー級選手権試合前哨戦 8人タッグマッチ
秋山準&石川修司&大森隆男&KAI○
21分39秒 メテオインパクト→エビ固め
宮原健斗&野村直矢&×岩本煌史&青柳優馬


[225] fun◇fLongoRY - 2017/08/05(Sat) 19:27 ID:  [No.107590]
「2017 SUMMER EXPLOSION 【最終戦】
全日本プロレス45周年記念両国大会〜新たなる決意〜」
8月27日 (日)両国大会の全対戦カードが決定。

TAKAみちのく&ブラック・タイガーZ組の挑戦でのアジアタッグ選手権試合、
全日本プロレス 創立45周年記念特別試合として、秋山&大森&岩本&田中稔VS ゼウス&ドーリング&ボディガー&鼓太郎も開催。

世界タッグ王座決定戦では野村直矢のパートナーにKAIが決定。
!BANG!TV 世界ヘビー級選手権試合 バトルロイヤルでは新たに
吉江豊、大日本プロレスのアブドーラ・小林、ランズエンドの不動力也の挑戦が決定。

ランズエンドvs多国籍同盟 ランズエンドより崔 領ニ、将火怒、石切の参戦が決定。
第0試合(※14:30開始予定)にて岡田佑介vs佐藤恵一戦も決定。
また、青柳優馬vsタイチ戦にタイチの専属ディーバ、あべみほも登場。


「2017 SUMMER EXPLOSION 【最終戦】
全日本プロレス45周年記念両国大会 〜新たなる決意〜」
8月27日(日)15:00〜東京・両国国技館 

シングルマッチ(第0試合)
岡田佑介vs佐藤恵一

タッグマッチ
中島洋平&阿部史典
VS
野村卓矢青木優也

ランズエンド vs 多国籍同盟 6人タッグマッチ
崔 領ニ&将火怒&石切
VS
サム・アドニスマッシモダニー・ジョーンズ

大隅興業 presents 全日本プロレス創立45周年記念タッグマッチ
ドリー・ファンク・Jr.&ヒロ斉藤
VS
渕正信&ザ・グレート・カブキ

!BANG!TV 世界ヘビー級選手権試合 バトルロイヤル
【第3代 !BANG!TV 世界ヘビー級王者】
西村修
VS
【決定挑戦者】佐野直、吉江豊、アブドーラ・小林、不動力也
※他複数名募集中、決定次第随時お知らせの予定

シングルマッチ
カリスティコ
VS
エル・ディアマンテ

アジアタッグ選手権試合
【第101代王者組】青木篤志&佐藤光留
VS
【挑戦者組】TAKAみちのく&ブラック・タイガーZ

全日本プロレス 創立45周年記念特別試合
青柳優馬
VS
タイチ(鈴木軍)

全日本プロレス 創立45周年記念特別試合
秋山準&大森隆男&岩本煌史&田中稔
VS
ゼウス&ジョー・ドーリング&ボディガー&鈴木鼓太郎

世界ジュニアヘビー級選手権試合
【第44代王者】TAJIRI
VS
【挑戦者】ウルティモ・ドラゴン

世界タッグ王座決定戦
野村直矢&KAI
VS
関本大介&岡林裕二(大日本プロレス)

全日本プロレス 創立45周年記念特別試合
諏訪魔
VS
小島聡(新日本プロレス)

三冠ヘビー級選手権試合
【第56代王者】石川修司
VS
【挑戦者】宮原健斗


[226] fun◇fLongoRY - 2017/08/05(Sat) 19:28 ID:  [No.107591]
「2017 SUMMER EXPLOSION 【最終戦】
全日本プロレス45周年記念両国大会〜新たなる決意〜」
8月27日 (日)両国大会での!BANG!TV 世界ヘビー級選手権試合 バトルロイヤル参戦に向けて
不動力也、アブドーラ・小林より参戦要望のメールが届いたそうです

不動力也のメール
「両国大会っていう大きい舞台でベルトに挑戦したい。
出るからには必ずベルトを取って不動力也、
ランズエンドを存分にアピールしたいと思います!」  不動力也

アブドーラ・小林のメール
「全日本45周年おめでとうございます。
西村選手の持つベルトへの挑戦
ドリーファンクに由来があってのベルトと聞いて
(アブドーラ・ザ・)ブッチャーの正式な弟子としては
取らない理由がないと思ってますのでね
勝ちますよ
俺もグレート小鹿の旗揚げした団体の生え抜き1号としては
素通りできない記念大会、勝って大会を盛り上げますよ」 アブドーラ・小林


[227] fun◇fLongoRY - 2017/08/05(Sat) 19:28 ID:  [No.107592]
連続投稿失礼します。

「第5回 王道トーナメント」
ジェイク・リーの欠場に伴い鈴木鼓太郎が急遽参戦決定。

よって9・16埼玉大会の青木篤志の1回戦の対戦相手が鈴木鼓太郎に決定。

「第5回王道トーナメント」1回戦組み合わせ(試合順未定)
9月12日(火) 18:30
東京・後楽園ホール【開幕戦・一回戦】
1回戦 宮原健斗 vs KAI
1回戦 ゼウス vs 崔 領ニ
1回戦 石川修司 vs ボディガー
1回戦 TAJIRI vs ヨシタツ

9月16日(土) 17:00
埼玉・北本市体育センター【一回戦】
1回戦 諏訪魔 vs 野村直矢
1回戦 岩本煌史 vs 青柳優馬
※変更カード
1回戦 青木篤志 vs 鈴木鼓太郎
1回戦 ジョー・ドーリング vs 佐藤光留


[228] fun◇fLongoRY - 2017/08/07(Mon) 09:05 ID:  [No.107594]
「2017 SUMMER EXPLOSION」【開幕戦】
8月6日(日) 兵庫・神戸サンボーホール[観衆]510人(満員)

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○佐藤光留
6分08秒 デスバレーボム→片エビ固め
×レイパロマ

<第2試合>シングルマッチ
×岡田佑介
5分41秒 タナカレッグバー
○田中稔

<第3試合>世界ジュニアヘビー級選手権試合前哨戦 タッグマッチ
U・ドラゴン&中島洋平×
10分35秒 バズソーキック→片エビ固め
○TAJIRI&ビリーケン・キッド

<第4試合>タッグマッチ
秋山準&大森隆男○
11分28秒 アックスボンバー→エビ固め
マッシモ&ダニー・ジョーンズ×

<第5試合>神戸開港150年記念 スペシャルタッグマッチ
○諏訪魔&青木篤志
13分33秒ラストライド→体固め
×岩本煌史&青柳優馬

<第6試合>神戸開港150年記念 スペシャル6人タッグマッチ 三冠ヘビー級選手権試合前哨戦
○宮原健斗&野村直矢&KAI
17分03秒 シャットダウン・スープレックス・ホールド
石川修司&ゼウス&ボディガー×


[229] fun◇fLongoRY - 2017/08/08(Tue) 00:58 ID:  [No.107600]
「2017 SUMMER EXPLOSION」
8月7日(月)島根・くにびきメッセ 多目的ホール(松江)[観衆]493人(満員)

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○岩本煌史
6分35秒 孤高の芸術→片エビ固め
×岡田佑介

<第2試合>松江だんだんプロレス提供試合
×スサノオKID&マツエデラックス
10分23秒 パワーボム→エビ固め
○ALLマイティ井上&KОZZY

<第3試合>山陰中央テレビ presents タッグマッチ
○大森隆男&カーベル伊藤
12分29秒 アックスボンバー→片エビ固め
佐藤光留&丸山敦×

<第4試合>世界ジュニアヘビー級選手権試合前哨戦 6人タッグマッチ
秋山準&中島洋平×&U・ドラゴン
13分49秒 バズソーキック→片エビ固め
○TAJIRI&田中稔&B・タイガーZ

<第5試合>タッグマッチ
諏訪魔&青木篤志×
11分57秒 ジャックハマー→片エビ固め
○ゼウス&ボディガー

<第6試合>三冠ヘビー級選手権試合前哨戦 8人タッグマッチ
○宮原健斗&KAI&野村直矢&青柳優馬
18分09秒 ジャーマンスープレックスホールド
石川修司&崔 領ニ&マッシモ&D・ジョーンズ×


[230] fun◇fLongoRY - 2017/08/08(Tue) 00:59 ID:  [No.107601]
連続投稿失礼します。

「2017 SUMMER EXPLOSION 【最終戦】
全日本プロレス45周年記念両国大会〜新たなる決意〜」
8月27日 (日)両国大会にて行われる
!BANG!TV 世界ヘビー級選手権試合 バトルロイヤルに
新たに参戦要望のメールが届き、田村和宏、レイパロマの参戦が新たに決定。

また、8.7松江大会にて大森隆男取締役よりカーベル伊藤の参戦が発表されたそうです。

大森隆男のメール
「前略、大隅GMさま
両国国技館大会で行われる!BANG!TV世界ベルトのバトルロイヤルに
アックスボンバーズより田村和宏選手を参戦させて欲しい。
田村は必ず優勝してベルトを持って帰りますよ!
いい返事待ってますよ!」 川崎市 大森隆男


レイパロマのメール
「こんにちはレイパロマです。
私もベルトに挑戦したいです。
よろしくお願い致します。 」 熊谷次郎

カーベル伊藤のメール
『バトル』
私の大好きなこの言葉に反応し出場を決意させていただきました。
何が起こるかわからないバトルロイヤル、謎のマスクマンが一気に栄冠を手に入れて魅せます。
応援ヨロシクお願いします。 カーベル伊藤


「2017 SUMMER EXPLOSION 【最終戦】
全日本プロレス45周年記念両国大会〜新たなる決意〜」

8月27日(日)15:00 東京・両国国技館

!BANG!TV 世界ヘビー級選手権試合 バトルロイヤル

【第3代 !BANG!TV 世界ヘビー級王者】西村修
【決定挑戦者】
佐野直、吉江豊、アブドーラ小林、不動力也、田村和宏、レイパロマ、カーベル伊藤

※他複数名募集中、決定次第随時お知らせの予定との事。


[231] fun◇fLongoRY - 2017/08/10(Thu) 09:30 ID:hzT.eXbI  [No.107603]
「2017 SUMMER EXPLOSION」
8月9日(水)長崎・佐世保市体育文化館 [観衆]345人

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○青柳優馬
6分37秒 逆エビ固め
×岡田佑介

<第2試合>GAORA TVチャンピオンシップ前哨戦 タッグマッチ
秋山準&丸山敦○
10分05秒 タイガーススープレックスホールド
大森隆男&中島洋平×

<第3試合>アジアタッグ選手権試合前哨戦 シングルマッチ
○佐藤光留
8分45秒 デスバレーボム→片エビ固め
×B・タイガーZ

<第4試合>世界ジュニアヘビー級選手権試合前哨戦 6人タッグマッチ
○ゼウス&ボディガー&U・ドラゴン
9分25秒 ジャックハマー→片エビ固め
TAJIRI&田中稔&岩本煌史×

<第5試合>タッグマッチ
○諏訪魔&青木篤志
10分04秒 万力スリーパー
マッシモ&D・ジョーンズ×

<第6試合>三冠ヘビー級選手権試合前哨戦 6人タッグマッチ
○宮原健斗&KAI&野村直矢
18分03秒 ジャーマンスープレックスホールド
石川修司&崔 領ニ&将火怒×


[232] fun◇fLongoRY - 2017/08/11(Fri) 17:46 ID:tODVQ1hk  [No.107606]
「2017 SUMMER EXPLOSION 【最終戦】
全日本プロレス45周年記念両国大会〜新たなる決意〜」
8月27日 (日)両国大会にて行われる!BANG!TV 世界ヘビー級選手権試合 バトルロイヤルに向けて
秋山準選手より丸山敦の推薦メールが届いたそうです。

8.9佐世保大会の結果を受けて丸山敦の参戦が決定。


◎秋山準のメール
「大隅GM様
何時もお世話になっております。
全日本プロレスの秋山です。
Bang TV世界ヘビー級選手権バトルロイヤルに是非、アキヤマーズと言い張る、
丸山敦選手を出場させて頂ければと思います。
秋山準 推薦の丸山敦を宜しくお願い致します。」  秋山準

また、愛澤 No.1より参戦要望のメールも届いたそうです。
8.10佐賀大会にて大森隆男取締役より愛澤 No.1選手の参戦が発表されたそうです。

◎愛澤 No.1のメール
「東北で活動している愛澤 No.1です。
師匠である菊地毅が店長を務める焼肉「小鉄」が繁忙期の為、
両国大会に出場する事が出来ません。

そこで菊地毅からの御指名を頂きまして 師匠に代わり
!BANG!TV世界ヘビー級選手権バトルロイヤルに挑戦表明させて頂きます。
大森取締役様には最高級シャンパンを振舞わせて頂きますので、宜しくお願い致します。」
愛澤 No.1

「2017 SUMMER EXPLOSION 【最終戦】
全日本プロレス45周年記念両国大会〜新たなる決意〜」
8月27日(日)15:00 東京・両国国技館

!BANG!TV 世界ヘビー級選手権試合 バトルロイヤル

【第3代 !BANG!TV 世界ヘビー級王者】
西村修

【決定挑戦者】
佐野直、吉江豊、アブドーラ小林、不動力也、
田村和宏、レイパロマ、カーベル伊藤、丸山敦、愛澤 No.1


※他複数名募集中、決定次第随時お知らせの予定との事。


[233] fun◇fLongoRY - 2017/08/11(Fri) 17:46 ID:tODVQ1hk  [No.107607]
「2017 SUMMER EXPLOSION」
8月10日(木)佐賀・ホテルマリターレ創世 佐賀(ホテル館)

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
×岡田佑介
7分17秒 TAJIRI非公認バズソーキック→片エビ固め
○丸山敦

<第2試合>アジアタッグ選手権試合前哨戦 シングルマッチ
○青木篤志
9分32秒 アサルトポイント
×B・タイガーZ

<第3試合>世界ジュニアヘビー級選手権試合前哨戦 6人タッグマッチ
ゼウス&○ボディガー&U・ドラゴン
10分19秒 バウンス→片エビ固め
TAJIRI&田中稔&中島洋平×

<第4試合>シングルマッチ
○諏訪魔
8分55秒 ラストライド→体固め
×青柳優馬

<第5試合>GAORA TVチャンピオンシップ前哨戦 6人タッグマッチ
秋山準&崔 領ニ&将火怒○
12分22秒 首塚→エビ固め
大森隆男&佐藤光留&岩本煌史×

<第6試合>三冠ヘビー級選手権試合前哨戦 6人タッグマッチ
○宮原健斗&KAI&野村直矢
16分57秒 ジャーマンスープレックスホールド
石川修司&マッシモ&D・ジョーンズ×


[234] fun◇fLongoRY - 2017/08/15(Tue) 06:34 ID:mNpVmrck  [No.107613]

「2017 SUMMER EXPLOSION」
8月11日(金・祝)福岡・博多スターレーン[観衆]586人(満員)

遅くなりましたが試合結果です。

6人タッグマッチ
青木篤志&佐藤光留&岡田佑介×
10分07秒 逆エビ固め
○青柳優馬&丸山敦&桜島なおき

シングルマッチ
× 岩本煌史
6分30秒 首固め
○TAJIRI

6人タッグマッチ
× 中島洋平&KING&新泉浩司
8分52秒 横回転エビ固め
○U・ドラゴン&将火怒&カーベル伊藤
タッグマッチ
○野村直矢&KAI
9分25秒 マキシマム→片エビ固め
マッシモ&D・ジョーンズ×

GAORA TVチャンピオンシップ 25分1本勝負 ※マスト裁定(時間内に勝敗が決まらない場合はお客様による判定)
【第15代王者】○秋山準
25分00秒 観客判定
【挑戦者】×大森隆男
※秋山が3度目の防衛に成功

【特別試合】九州ツアーラストスペシャル6人タッグマッチ
○宮原健斗&ゼウス&ボディガー
17分50秒 シャットダウン・スープレックス・ホールド
石川修司&諏訪魔&崔 領ニ×



[235] fun◇fLongoRY - 2017/08/15(Tue) 06:36 ID:mNpVmrck  [No.107614]

「2017 SUMMER EXPLOSION 【最終戦】全日本プロレス45周年記念両国大会〜新たなる決意〜」

8月27日 (日)両国大会にて行われる
!BANG!TV 世界ヘビー級選手権試合 バトルロイヤルに向けて

遅くなりましたが、KAIENTAI DOJO ダイナソー拓真、吉野コータローより参戦要望のメールが届いたそうです。
 
8.11博多大会にて大森隆男取締役より
KAIENTAIDOJO ダイナソー拓真、
吉野コータローの参戦を発表。

 

◎KAIENTAI DOJO ダイナソー拓真、吉野コータローのメール

 「ザスルス!

(恐竜はBANG TV バトルロイヤルベルト挑戦の話を聞いたんだゼェェェ!

この話をウンババ(吉野コータロー)にしたら、一緒に行きたい!って言うから

一緒に西村に挑戦だ!!

両国国技館で恐竜と原人のダイノストーンズでベルト狩りだ!)」

KAIENTAI DOJO
ダイナソー拓真
吉野コータロー


[236] fun◇fLongoRY - 2017/08/15(Tue) 06:37 ID:mNpVmrck  [No.107615]
「2017 SUMMER EXPLOSION」
〜岩国市観光大使清流光神ハクジャオー生誕10thアニバーサリー〜
8月12日(土)山口・岩国市周東体育センター [観衆]450人(満員)
遅くなりましたが試合結果です。

シングルマッチ
×岡田佑介
5分58秒 キャメルクラッチ
○丸山敦

シングルマッチ
○青木篤志
7分30秒 スパイラルポセイドン→片エビ固め
×レイパロマ

世界ジュニアヘビー級選手権試合前哨戦 6人タッグマッチ
TAJIRI&佐藤光留&中島洋平×
14分20秒 ラ・マヒストラル
○U・ドラゴン&ヒート&白蛇王

タッグマッチ
岩本煌史&○青柳優馬
12分30秒 ロックスターバスター→片エビ固め
マッシモ&D・ジョーンズ×

タッグマッチ
×ゼウス&ボディガー
11分05秒 シドマス→片エビ固め
石川修司&○崔 領ニ

岩国市観光大使清流光神ハクジャオー生誕10thアニバーサリー特別試合 6人タッグマッチ
秋山準&諏訪魔&大森隆男×
18分31秒 シャットダウン・スープレックス・ホールド
○宮原健斗&野村直矢&KAI


[237] fun◇fLongoRY - 2017/08/15(Tue) 06:39 ID:mNpVmrck  [No.107616]
連続投稿失礼します。

2017 SUMMER EXPLOSION 【最終戦】全日本プロレス45周年記念両国大会〜新たなる決意〜」
8月27日 (日)両国大会にて行われる

!BANG!TV 世界ヘビー級選手権試合 バトルロイヤルに向けて新たにasukaprojectの篠瀬三十七、大日本プロレス グレート小鹿より参戦要望のメールが届いたそうです。

 8.12岩国大会にて大森隆男取締役よりasukaproject 篠瀬三十七、仲川翔大、瀧澤晃頼、大日本プロレス グレート小鹿の参戦を発表。

 これにより全挑戦者15名 佐野直、吉江豊、アブドーラ小林、不動力也、田村和宏、レイパロマ、カーベル伊藤、丸山敦、愛澤 No.1、ダイナソー拓真、吉野コータロー、篠瀬三十七、仲川翔大、瀧澤晃頼、グレート小鹿が決定。

 また新たに第0試合にてオープニングアクト 〜アクトレスガールズ提供試合〜
「安納サオリ&万喜なつみ vs 本間多恵&高瀬みゆき」が決定。

◎asukaproject 篠瀬三十七メール
「全日本プロレス!BANG!TV 世界ヘビー級選手権試合 バトルロイヤルご担当者様

お忙しいところは恐れ入ります。

asukaprojectの篠瀬と申します。

上記バトルロイヤルへ

ぜひとも出場させて頂きたく以下3名を送らせて頂きます。

篠瀬三十七、仲川翔大、瀧澤晃頼

ご検討の程、よろしくお願い致します。」asukaproject 篠瀬三十七

 ◎大日本プロレス グレート小鹿メール
「創立45周年おめでとうございます。
登坂(大日本社長)から世界最高齢のドリーファンクが作ったベルトと聞いて出場を希望したけどホントに出してくれるかねぇ
出場できてベルトをとった暁にはドリーが76歳で私が75歳
彼との150歳対決はもちろん、150歳タッグの結成をするからねぇ
俺も全日本と大日本でのキャリアが同じくらいになったけど
プロレスで絶対忘れちゃいけない、絶対譲っちゃいけないものがあると思うんだよね

それを教えてくれた全日本プロレスさんに俺を含め大日本の選手はその気持ちを持って
(両国の)リングに上がるから
それは大日本プロレスからのお祝いの気持ちだと思って受け取ってほしいと思う
よろしく!!」 大日本プロレス グレート小鹿

 

「2017 SUMMER EXPLOSION 【最終戦】

全日本プロレス45周年記念両国大会〜新たなる決意〜」

8月27日(日)15:00 東京・両国国技館

 

!BANG!TV 世界ヘビー級選手権試合 バトルロイヤル

【第3代 !BANG!TV 世界ヘビー級王者】
西村修
【挑戦者】
佐野直、吉江豊、アブドーラ小林、不動力也、田村和宏、レイパロマ、カーベル伊藤、丸山敦、
愛澤 No.1、ダイナソー拓真、吉野コータロー、篠瀬三十七、仲川翔大、瀧澤晃頼、グレート小鹿

※勝利者には大隅GMよりチャンピオンベルトの贈呈

第0試合 オープニングアクト 〜アクトレスガールズ提供試合〜

安納サオリ&万喜なつみ vs 本間多恵&高瀬みゆき



[238] fun◇fLongoRY - 2017/08/18(Fri) 00:44 ID:ivOWCveo  [No.107621]
「2017 SUMMER EXPLOSION 【最終戦】
全日本プロレス45周年記念両国大会〜新たなる決意〜」

8月27日両国大会に以前全日本プロレスで活躍した
レッドシューズ海野レフェリーと阿部誠リングアナウンサーの登場が決定したそうです。


[239] fun◇fLongoRY - 2017/08/19(Sat) 01:38 ID:QOAy/6PM  [No.107626]
“世界の究極龍” ウルティモ・ドラゴンが8・19、後楽園の30周年記念大会を目前に、現在の心境を語ったインタビューです。
(プロレスTODAYより)

――今年5月27日、メキシコシティーの大会場アレナ・メヒコで闘龍門メヒコ恒例の「ドラゴマニア」がウルティモ・ドラゴンデビュー30周年記念大会として開催されましたが、8月19日(土=午後6時30分開始)に、日本(東京・後楽園ホール)で「ウルティモ・ドラゴン30周年記念〜Lucha Fiesta 2017 supported by AJP〜」がおこなわれます。20周年記念、25周年記念とも後楽園ホールで開催していますよね。

ウルティモ:「はい、やってますね。ただ、年々、自主興行というのが難しくなっていくなか、全日本プロレスさんの全面協力の下、お互いに面白そうだということで開催する運びになりました。全日本プロレスさんは興行数も多いですし、そのなかで自分がそこに乗せていただいたと。これは秋山社長をはじめ、選手、スタッフ、すべての全日本プロレスの人たちに感謝ですね。全日本プロレスのお客さんもたくさん来られると思うんですけど、自分が久しぶりに(日本で)いいプロデュースをして、お客さんにこんなのもあるんだと、プロレスの別の面のおもしろさを披露できればなと思っています」

――現在、ウルティモ選手は全日本プロレスを主戦場にしています。全日本にウルティモ選手が上がる意味とは?

ウルティモ:「最初は、木原文人リングアナウンサーに声をかけられたんですよ。過去に分裂問題とかあったじゃないですか。秋山社長たちがNOAHから合流したりとか。 そんな時に”(全日本に)ぜひどうですか?”と声をかけていただいたのですが、最初はちょっと…」

――躊躇した?

ウルティモ:「全日本プロレスって伝統ある老舗団体じゃないですか。自分が行って全日本に求められる闘いが出来るのかなっていう思いがあったんですよね。とりあえず1試合だけという形で出ることになったんですね。当時は白石社長で、白石さんからも実際ちょっと反対の声が出ていたらしいんですよ。”そんなロートル使ってどうするんだ?”みたいな。でもまあ、試合後すぐ控室に来てくれて挨拶してもらって。そこはそれだけで終わったんですけど、その後、会社のなかで、もっと長期参戦してもらえないかという風に変わったみたいなんですよね」

――試合を気に入ってもらえたと。

ウルティモ:「そうですね。たぶんボクのことが最初はわからなかったんでしょうね」

――当時は知らなかったのかもしれませんね。

ウルティモ:「そうですね。そこから定期的に参戦するようになって、運良くチャンピオンにもなれた。でも、秋山社長とはまったく接点がなかったんですよ。彼は全日本でデビューした全日本育ちで、NOAHにいて。ボクは新日本道場にいて、メキシコに行った。まったく畑が違うんですよ。そんななかで最初に入ったときは挨拶を交わすくらいで接点もないし、試合もヘビーとジュニアなので絡むこともない。ただある日、なにかのきっかけで、お互いがシガー(葉巻)をやることがわかって、それでちょっと意気投合して」

――葉巻つながり。

ウルティモ:「そうそう。そういうのでメキシコに来てもらったりとか、キューバに一緒に行ったりとか、リング外で共通の趣味があるということで、お互いにスタイルもバックボーンも違うけれども、お互いがお互いを尊敬できる、いい関係になれたんですよね」

――興行においても足りない部分を補えるとか。

ウルティモ:「そうですよね。あとは全日本には諏訪魔君をはじめ、全日本プロレスの王道の流れを汲む素晴らしいレスラーがたくさんいるし、自分とはいい意味でイデオロギーのぶつかり合いとかもない。ジュニアの子たちも自分の試合を見て育った子たちなので、いろんな話をボクに聞きに来たりとか、自分にはすごく居心地がいいというか、みんな人間的にいい子たちなんですよね。巡業中も居心地がいいですし。ただまあ、それはリングの外であって、試合になると内容はやっぱり全日本プロレスですから、内容はかなり激しいことになりますし。本当に素晴らしい団体ですよ。自分もプロレスラーとしてもたぶん最後(の団体)だと思うんですけど、いい幕を閉じられるんじゃないかなと思っています」

――王道を体感することがある意味、ウルティモ選手の集大成でもあると。

ウルティモ:「集大成に入ってるんでしょうね。いつ引退するか、いまは明言できませんけど、年齢的にも今年(12月で)51歳になりますから、ここ2,3年でしょうね、(ファイト)できて。長くできれば、それは長くやりたいですけど」

――正直、参戦当初は、”え、ウルティモ・ドラゴンが全日本!?”という感じはありました。

ウルティモ:「そうでしょうね。最初はボクも、全日本プロレスじゃないだろと思ってました。でも木原リングアナから誘われて。実は木原リングアナとはもっと前から交流があったんですよ。自分がSWSのとき、彼がボクのマンションに遊びに来たりとか。でも仕事は仕事、プライベートはプライベートで分けてたんですよね。でも、そのときからいつか仕事したいね、とお互いに話はしてたんですよ。それがまあ、こういう全日本プロレスのゴタゴタがあったなか、なんとか上がってくれませんかと言われて。人間っていろいろ縁を感じますよね。それはもう木原リングアナもそうだし、秋山社長もそうだし、全日本という団体もそう。ここに縁を感じますよね。あと自分がいることによって、若い子たち。自分が直接練習とかはやらないですけど、いろいろ試合を通じてこういうスタイルもあるんだと覚えてもらいたいと思ってやっていますよ」

――全日本のなかにプロレス学校闘龍門がある、みたいな?

ウルティモ:「いや。自分は最近いろんな人から、教えたりしないんですか?と言われたりするんですが、自分が教えると全日本プロレスではなくなるんですよ」

――なるほど。

ウルティモ:「全日本プロレスとはあくまでも力道山先生、ジャイアント馬場さんの流れで、秋山社長は最後の弟子じゃないですか。大森隆男さんもそうだし。その辺の人たちが引き継いできたものが、ボクは王道・全日本プロレスだと思うんですよね。自分がやってきたものというのはベースがルチャリブレであって、そこに新日本プロレスとかアメリカWCWとかの流れがあっての闘龍門のスタイルじゃないですか。いま、全日本プロレスの看板でやっている以上、勿論、アドバイスはしますけど、そのど真ん中は全日本の王道スタイル。それは秋山社長とか大森さん、諏訪魔君、青木篤志君たちが継承して教えていくのが本道だと思いますね」

――ウルティモ選手が全日本に上がるのは、日本のマット界のジュニアのレジェンド、象徴としての意味合いが大きいような気がします。

ウルティモ:「そうですね。いまの全日本のジュニアの選手たちって、どうしても地味だと思うんですよ。ジュニアって華やかに、派手にやった方がいいと思う。そのなかで自分がいることによって、新しい風というかね。最近、TAJIRIが入ってきてすぐに世界ジュニアのチャンピオンになったと。王道マットに毒霧かよと思いましたけど、それはやっぱり彼がWWEで培ってきたスタイルなので、まあ、彼だったら許されるのかなと。彼が登場することによって、また活性化されてジュニアヘビー級がまたおもしろくなれば、それはそれで素晴らしいことだと思いますから」

――そのTAJIRI選手とは30周年記念大会後の8・27全日本両国国技館大会で対戦しますよね。ウルティモ選手が世界ジュニアに挑戦するかたちです。そのタイトルマッチに弾みをつけるためにも、19日の30周年記念大会は成功させたいですよね。

ウルティモ:「そうですね。今回、30周年のコンセプトは、ドラゴマニアがそのまま日本にやってくる、なので、5・27と同じようなメインのカードなんですけど、ふつうにメキシコの選手だけでルチャリブレをやるよりも、こないだの5・27のメインがすごいよかったんでね、それに近いカードをやってみたい。自分がすごいなと思ったのは、秋山準もジョー・ドーリングもメキシコのリングで素晴らしい順応性を見せてルチャリブレのスタイルそのままこなしてたんですよ。それを見て凄いなと思ったし、是非、日本のファンの前でもみせるべきだと思ったんですね。秋山は秋山、ドーリングはドーリングなんですけども、アレナ・メヒコのリングで違和感がなかったんです。借りてきた猫みたいな感じになってしまう人もいるけど、そんなこともなく、本当にお客さんに受け入れられたし、普通にこなしてたんで、凄いなと本当に思ったんですね。今回はサム・アドニスとかカリスティコも来てくれるし、そのなかでどんな融合があるのか、日本のファンの前でどうなるのか。プロレスってお客さんがいて初めて成り立つもの。メキシコのファンと日本のファンの反応は違いますけども、それでどういう化学反応が起るのか、楽しみですよね」

――ウルティモ選手のトリオは、5・27とまったく同じメンバーですからね。

ウルティモ:「そうです。自分と秋山準とカリスティコ。みんなやっぱり、それぞれタイプが違う方がおもしろいと思うんですよ。みんながみんな同じようなスタイルだとファンの人たちにもわかりづらいと思うんです。とくに今回の「ルチャフィエスタ」に関しては、ふだんあまりプロレスを見ていないようなお客さんもいらっしゃると思うので、ボクはわかりやすいプロレスをやりたいと思うんですよね」

――相手のドーリングは全日本でおなじみですが、エル・ディアマンテ、サム・アドニスは日本のファンにはほぼ無名です。どういう選手ですか。

ウルティモ:「サム・アドニスというのは、アメリカのトランプ大統領の旗を持ってくるんですよね。いいところに目をつけたなとボクは思ってます。なかなかのアイデアマンですよね。カラダも大きいですし」

――サイズ的には全日本向きかもしれません。

ウルティモ:「そうです、全日本の外国人黄金時代にいたような選手。本人も憧れてるみたいで、これを機に定着できたらいいんじゃないですかね」

――現在はメキシコのCMLLに上がっているようですが、アメリカ人で珍しいですよね。

ウルティモ:「ハイ。やっぱり彼は、アメリカだとノーマルなレスラーになってしまうかもしれない。でもメキシコに行ってトランプ大統領の旗を振ることによって、観客のブーイングを浴びられる。あえてそういうことをやってみる。彼の目の付け所がよかったんだと思いますよ」

――なるほど。では、エル・ディアマンテという選手は?

ウルティモ:「ボクはまったくわからないです。ただ調査をしているなかで、カリスティコのライバルだと。カリスティコが闘って、カリスティコが光る選手がほしいですからね。ボクは実際にディアマンテを見たことはないんですけど、そういった意味でカリスティコの対戦相手としていいんじゃないですかね」

――カリスティコとは初代ミスティコ。メキシコのスーパースター中のスーパースターですからね。

ウルティモ:「そうです、象徴的なルチャの選手です。日本でこういうのがあると話したらぜひ行きたいと言ってくれた。忙しいのにいいのかと聞いたら、OKだと。お祝いに駆けつけたいと非常にうれしいことを言ってもらいました」

――ほかにもいろいろなカードが組まれています。第1試合が岩本煌史vs岡田佑介。

ウルティモ:「全日本プロレスの若手のガチガチの王道スタイルになると思いますよ」

――第2試合、渕正信&X組vs田中稔&丸山敦

ウルティモ:「渕さんのベテランの味と、X。もちろん、ボクはXが誰なのかは知ってますけど、彼が渕さんと組むことによって、渕ワールドがさらに広がるんじゃないかと」

――それがヒントですか?

ウルティモ:「ハイ」

――Xは?

ウルティモ:「当日発表になりますね」

――第3試合は女子プロレス。安納サオリ&万喜なつみ組vs旧姓・モンゴル&ブス・モンゴルwithミス・モンゴル。

ウルティモ:「ボクは実際、この4人、誰も見たことないんで(笑)。木原リングアナに旬な女子レスラーをお願いしたんです。見たことないけども、こういったフィエスタ的な大会には女子選手に出てもらって華を添えたいんですよ。木原リングアナからこの子たちがいいんじゃないですかということで、任せてあります」

――ドラゴマニアでも女子の選手が入るのは恒例ですからね。

ウルティモ:「そうですね」

――第4試合はドラゴンスクランブル。

ウルティモ:「ドラゴンスクランブルは時間差式バトルロイヤルです。12人参加で、2人ずつ入って闘います。フォール、ギブアップ、オーバー・ザ・トップロープで勝敗が決まる。トップロープから落ちただけで負けてしまうルールなので、これは本当に、大物が早く消えてしまう危険性もありますから」

――誰が勝ち残るか予想が難しいですよね。

ウルティモ:「小さいからって不利でもないし、これは非常におもしろくなると思います」

――第5試合が宮原健斗&青柳優馬組vsKAI&野村直矢組。

ウルティモ:「これは全日本プロレス一押しのタッグマッチですね。これぞ全日本プロレスというのを見せてもらいたいなと」

――そしてメインの6人タッグ。ウルティモ・ドラゴン&秋山準&カリスティコ組vsジョー・ドーリング&エル・ディアマンテ&サム・アドニス。これは三本勝負になるんですよね。

ウルティモ:「ハイ。メキシコルールの三本勝負になります。やっぱりこのメンバーで一本勝負というのは短すぎると思うんですよ。カリスティコにも思いっきり飛んでもらいたいし、秋山準にも思いっきり相手をぶん投げてほしいし。そのためには一本じゃ足りないです」

――三本勝負にすることによって全員の持ち味を存分に発揮されそうだと。

ウルティモ:「そうです、そうです」

――ドラゴマニアがそのままやってくるとのことですが、ドラゴマニア系の大会でウルティモ選手はよくマスクを剥がされますよね。

ウルティモ:「ああ、そうですねえ(笑)。今回も予備のマスクを3枚くらいもっていきますよ。破かれるのも定番だし、破かれると思ってもらっていいと思いますよ(笑)」

――破かれるのを覚悟で用意しておくと。

ウルティモ:「ハイ」

――相手方はルードだからマスクを狙ってくるのも当然ですよね。

ウルティモ:「たぶん、ディアマンテあたりがそういうのよくわかってるんじゃないですかね」

――メキシコのルードであり、ウルティモ選手のマスクを剥いだら、おいしいですからね

ウルティモ:「ええ。だからまあ、破かれてもいいかな、くらいの気持ちでやりますよ(笑)」

――ほかに演出的なところでは当日、なにかありますか。

ウルティモ:「マリアッチ・サムライという素晴らしいマリアッチの楽団が(日本に)ありまして、その人たちに出てもらってメキシコのマリアッチを披露してもらおうと思ってます。当日は内容盛りだくさんになると思いますよ」

――ドラゴマニアは毎年5月にメキシコで開催されています。メキシコはもちろん、現地の日本人ファンにも喜ばれるような工夫が常にされているイメージがあります。今回はドラゴマニアがそのままやってくるというコンセプトですが。

ウルティモ:「メキシコのルチャをそっくりそのまますべて持ち込むことはできないですけど、観客あってのルチャリブレ。メキシコのプロレスはこういう雰囲気のなかでやるんだと少しでも伝わればいいなと。あとメキシコへの直行便ができて、メキシコがちょっと近くなったんですよね。それで少しでもメキシコに興味を持ってもらえたらいいなという思いがあります。自分は30年間、メキシコにお世話になってるので、これをきっかけにメキシコまで来てもらえたらうれしいですしね。ちょっとでも日本の人にメキシコという国を知ってもらえれば。それが一番の目的ですね。もちろん自分の30周年で、お祝いもありますけど、この30周年興行を通じて日本の人にメキシコという国をもっと知ってもらいたい。とくにいま、サッカーの本田(圭佑)君もメキシコ(パチューカ)に行ったりとかしてメキシコ自体が注目を浴びているじゃないですか。だからもっともっと興味を持ってもらえたらね、メキシコに30年住んでる人間からしたらうれしいですよ」

――30年間、日本とメキシコを行き来して、いま振り返ってみていかがですか。メキシコに渡って以来、日本にはユニバーサルを通じてルチャリブレを持ち込み、海外ではメキシコ、アメリカのメジャー団体を制覇したと言ってもいいと思います。

ウルティモ:「自分は日本でプロレスラーになろうと思ったけど、身体が小さいという理由からメキシコに行って、そこから運命が変わった。運命が変わっただけじゃなくて運気が乗ったんですよね。自分のなかでは、自分の人生イコール・メキシコ。アメリカで腕をケガしたじゃないですか。自分の人生のなかで、アメリカの選択肢は最初なかったんですよ。でもアメリカに行きました、WCWでまあまあいい活躍ができました。でもたぶん、そこで神様からちょっとストップがかかったんじゃないかと思って」

――オマエの居場所はアメリカじゃないよと。

ウルティモ:「そうなんですよね、それでメキシコだと。それでメキシコに戻って闘龍門を始めて、(生徒たちが)素晴らしい選手たちに育ってくれた。その後も自分はメキシコで自主興行を続け、最後の集大成で全日本プロレスで試合をさせてもらってる。その間もすべてボクはメキシコというベースは変えてないわけです」

――そうですね。

ウルティモ:「やっぱり、人生というのはいろいろありますけど、自分の信念でそういうのを曲げない、そういうふうにやってきたのがよかったんじゃないかなって。だからメキシコという国があっていまの自分がある。それに関しては、メキシコに行けてラッキーでしたね」

――選手としてはもちろん、後進を育てプロデュースするという意味でもプロレス界に多大な貢献をしてきました。この30周年は、闘龍門を設立して20周年でもありますよね。

ウルティモ:「そうですね、そうです。メキシコの学校はいまクローズして、興行だけやってるんですけど、1年に1回がドラゴマニア。年に4回の定期戦」

――プロレス学校の闘龍門から巣立っていった選手たちが現在、日本のあらゆる主要団体で活躍しています。たとえば新日本プロレスの”レインメーカー”オカダ・カズチカ選手も闘龍門出身です。いまやプロレス界の救世主的存在でもある。プロレス界にカネの雨を降らすレインメーカーですが、各選手にキャラクター付けしていくのも、闘龍門が先駆けでもありますよね。

ウルティモ:「そうですね。やっぱり入口だと思うんですよ。プロレスを最初に教わるとき、プロレスに対する最初の洗礼を受けるわけですよ。世界にはいろいろな宗教がありますよね。たとえばカトリックの洗礼を受ける、仏教の国もある。それによってアイデンティティーって変わるじゃないですか。それを後から変えることはできないんですよ。だからたぶん、言い悪いとかそういう問題じゃなくて、最初に教えたことが、ずっとついて回る。これだけ色々な団体で、自分の生徒だった選手が活躍しているということは、自分がやってきたこと、伝えたことが良かったのかなと。やってきたことは間違いじゃなかったかなと、今になって言えるのかなと思いますね。ただ、オカダがいま大活躍してますけど、ボクからしたらオカダも松山勘十郎も同じなんですよ」

――同列に見ている?

ウルティモ:「ボクからしたら一緒です。みんな一緒です。たまたまオカダが活躍したと。もちろん身体も大きいし、この子はこうなるなというある程度の予測はありました。それは松山勘十郎にもあった。オカダが入ってきたときには、将来は新日本プロレスとかに行ってもらった方がいいと感じたし、だからそういう路線でいかせました。松山勘十郎には新日本には行けないと思うじゃないですか、でも別の松山勘十郎としてのスタイルでやりなさいと。レベルは違いますけど、松山勘十郎は自分で興行をやってるしね。実際一度(興行に)呼んでもらいましたよ。アイツはアイツで活躍してるんで、自分は嬉しいです。選手によって差をつけることはないですね。ふつう、自分の子に差はつけられないじゃないですか」

――そうですね。

ウルティモ:「長男がかわいいとか次男の方がいいとか多少はあったとしても、子どもは子どもで、みんな可愛いんですよ。そういう意味でボクにとって弟子(生徒)はみんな一緒ですよ」

――本当に多くの選手を輩出し、それぞれが活躍している。ウルティモ選手がいなかったら現在の日本プロレス界はどうなっていたんだろうというくらい影響力があります。

ウルティモ:「それはまあ、結果ですよね。結果がたまたまそうなっただけ。あとは、自分には日本のいわゆる昔から続いてるマット界の悪い部分、たとえば道場論とか根性論とか、自分の場合そういうのは一切ないんです。どちらかというとメキシカンスタイル、向こうのやり方。だいたい(プロレス)学校って日本にはなかったじゃないですか。だけど向こうは道場じゃない、みんな学校なんですよ」

――(レスリング)スクールですよね。

ウルティモ:「そう、(メキシコ)それが当たり前なんですよ。どんな仕事でもそうだと思うんですけど、最初に新しいものを始めるといろいろ批判があるじゃないですか。自分はたまたまメキシコに住んでて、メキシコにプロレスの学校があるから、それを普通にやって、日本に取り入れたんですよね。別に特別なことはしてないんです」

――なるほど。では最後に、あらためて30周年記念となる8・19後楽園大会への意気込みをお願いします。

ウルティモ:「ルチャフィエスタのタイトルでやりますので、ルチャリブレのお祭りですよね。みなさん会場に来て、メキシコの本場のルチャリブレを体感してみてください。メインでは、ボクは最強トリオでいきます。メキシコの英雄カリスティコ、全日本の秋山準、そして自分。万全で臨みますので、期待してください」


[240] fun◇fLongoRY - 2017/08/20(Sun) 07:32 ID:DBkFQ6jo  [No.107631]
「特別興行 ウルティモ・ドラゴン30周年記念 〜Lucha Fiesta 2017 supported by AJP〜」
8月19日(土)東京・後楽園ホール [観衆]1245人(超満員)

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○岩本煌史
5分16秒 ジャーマンスープレックスホールド
×岡田佑介

<第2試合>タッグマッチ
渕正信&男盛○
5分40秒 反則
田中稔&丸山敦×

<第3試合>女子プロレス タッグマッチ
○安納サオリ&万喜なつみ
4分45秒 ポテリング
旧姓・モンゴル&×ブス・モンゴルwith ミス・モンゴル

<第4試合>ドラゴンスクランブル時間差バトルロイヤル
○TAJIRI
13分16秒 オーバー・ザ・トップロープ
×諏訪魔
【退場順】
1.青木篤志2.マッシモ3.ブラック・タイガーZ4.佐藤光留5.大森隆男
6.ゼウス7.ボディガー8.中島洋平9.ダニー・ジョーンズ10.崔領ニ11.石川修司

<第5試合>タッグマッチ
宮原健斗&青柳優馬×
9分45秒 マキシマム→片エビ固め
○野村直矢&KAI

<第6試合>ウルティモ・ドラゴン30周年記念試合 
ルチャ・リブレルール 6人タッグマッチ 60分3本勝負 
○U・ドラゴン&秋山準&カリスティコ
(2-1)
J・ドーリング&E・ディアマンテ&S・アドニス×
【1本目】○アドニス 7分27秒 みちのくドライバー→片エビ固め U・ドラゴン×
【2本目】○U・ドラゴン 2分37秒 反則 アドニス×
【3本目】○U・ドラゴン 6分18秒 ラ・マヒストラル アドニス×


[241] fun◇fLongoRY - 2017/08/20(Sun) 07:33 ID:DBkFQ6jo  [No.107632]
「特別興行 ウルティモ・ドラゴン30周年記念 〜Lucha Fiesta 2017 supported by AJP〜」
8月19日(土)東京・後楽園ホール

<第4試合>ドラゴンスクランブル時間差バトルロイヤル
<試合後のコメント>
TAJIRI
――世界ジュニア王者とはいえ、これだけの選手たちの中でさすがの曲者ぶりでした
「でかい人ばっかりだから隙間もいっぱいありましたね。ラッキーでした」

――それでも最後にスーパーヘビーの2人を手玉に取ったのは見事でした
「いえいえ。あのー、まだ最後じゃないんで、今日は」

第5試合
<第5試合>タッグマッチ
宮原健斗&青柳優馬 vs 野村直矢&KAI

<試合後のコメント>
KAI&野村直矢
KAI「27日の両国に向けて息もばっちりじゃないの?うちら。俺の方が世界タッグを獲りたい!っていう気持ちがあるって言ってたけど、今日見たら野村選手の方が。俺も負けてられないな、これは!組んでるけど『俺が獲りたい!』っていう気持ちがね。今日は圧倒された、パートナーなのに。凄いですね」

――今日は連携というよりも個人の力で勝った感じですが?
野村「最後はKAIさんがスプラッシュを決めてくれたんで」
KAI「今日は気持ちを出していかないとって試合前に話していたんです。『獲りたいな』っていう気持ちを『獲るんだ!』って。それで今日勝ったから、明日は岡崎でまた6人(タッグ)で組んで、乗り越えれば大丈夫です」
野村「僕はもうだいぶ完成してきたんじゃないかなって思っています」

――2人の中では完成度は何%くらいですか?
野村「僕は80%・・・」
KAI「お!じゃあ81%!」
野村「82%・・・」
KAI「じゃあ俺は83%か。・・・とりあえず両国。ありがとう!それと俺はもうひとつ。野村選手はチームメイトだけど、宮原健斗、俺にとっては同じコーナーに立つよりは違うコーナーに立つ方が、最高の相手だなって思いましたね。野村選手もそうじゃないの?」
野村「ずっと組んできてますけど、やっぱ敵になるとものすごい強いというのがわかりましたし、すごい心強いっていうのもわかりましたし。でも僕は今日やってKAIさんも心強いなって」
KAI「ありがとう!宮原健斗は俺はもう同じコーナーじゃなくて違うコーナーで試合をやりたいなって改めて感じた」

――王道トーナメントの一回戦で対戦しますね
KAI「そう!それも意識してるのかな、自然と。相手として最高の男。その方が倒しがいがあるでしょう!」



[242] fun◇fLongoRY - 2017/08/20(Sun) 07:35 ID:DBkFQ6jo  [No.107633]
連続投稿失礼します。

「特別興行 ウルティモ・ドラゴン30周年記念 〜Lucha Fiesta 2017 supported by AJP〜」
8月19日(土)東京・後楽園ホール

オープニングからメキシコ音楽の生演奏にのりウルティモ・ドラゴンが登場し挨拶がありました。

ウルティモ
「本日は僕のレスラー30週年にご来場くださいまして本当にありがとうございます!今から30年前に、僕は大きな夢と希望を持ってたった一人でメキシコに渡りました。メキシコという国は、この浅井嘉浩、ウルティモ・ドラゴンを育ててくれました。ほんとうに今日ここでメキシコ、全てのメキシコの人に感謝をのべたいと思います。本当にありがとうございました」

また、第3試合後にウルティモ・ドラゴン30周年記念セレモニーが行われたそうです。

映像でウルティモに特別性の葉巻が贈呈されることが流されると、秋山準が入場。

秋山「本日はウルティモ・ドラゴンデビュー30周年記念大会にご来場まことにありがとうございます。プロレスラーとして、生まれた環境も育った環境も全く違う僕とウルティモさんを繋げてくれたのが葉巻です。僕の葉巻の師匠として尊敬、崇めています。ウルティモさんお願いします!(ウルティモが登場)」
ウルティモ「ありがとうございます」
秋山「おめでとうございます。照れくさいような感じしますけど」
ウルティモ「いま社長からお話があったと思いますけど、葉巻が僕達の縁を結んでくれました。今年もキューバで一緒に行ってきまして、葉巻をチョット吸ってですね、社長には究極の葉巻ツアーになりますよ覚悟しといてくださいと。そしてガチンコで勝負しました」
秋山「5本目で僕倒れました」
ウルティモ「実は自分も吸ったんですけど、メキシコシティで倒れてしまいました。引き分けですね(笑)すいません男同士なもんで、あまり喋ることないんで間が持たないんでいつも葉巻吸ってごまかしてるんです」
秋山「葉巻が繋げてくれた縁でウルティモさんの30周年ほんとに祝うことが出来て僕も嬉しいです。ありがとうございます」
ウルティモ「今日は折角なんで、僕含めて秋山社長もそうですけど、葉巻の仲間が何人か来てくれてるんで、リングに上ってください。今の社長からくださったもの皆様に吸っていただきますんで」

記念撮影の後一度メンバーが捌け、クリス・ジェリコからのビデオメッセージ、そしてメキシコ音楽の生演奏も行われたそうです。

<第6試合>ウルティモ・ドラゴン30周年記念試合 
ルチャ・リブレルール 6人タッグマッチ 60分3本勝負 
U・ドラゴン&秋山準&カリスティコ vs J・ドーリング&E・ディアマンテ&S・アドニス

<試合後リング上>
ウルティモ
「今日、最後まで本当にありがとうございました。今日タッグを組んだメキシコから来てくれたカリスティコ、そして、全日本プロレス社長秋山準、あと、全日本プロレスの全てのレスラー、そしてスタッフの皆さんほんとうに感謝します。そして一番感謝したいのは今日この会場に来てくれた皆さん、本当にありがとうございました!最後に、最後に、僕らメキシコの曲、最後にもう一曲聞きませんか?(曲が演奏される中選手たちは退場)」

<試合後コメント>
ウルティモ・ドラゴン
――ウルティモ選手のキャリアと全日本プロレスの興行がマッチした良い興行だったと思います
「ありがとうございます。ホントそうですね。リング上でも申した通り、こういう興行に出来たのは全日本プロレスとファンの皆様のおかげなので感謝しています」

――30年という非常に長いキャリアでありながら、全日本プロレスで世界ジュニアのタイトルを争う位置にいるというのは素晴らしいことだと思います
「これはもう自分でも信じられないですね。スポーツ界で言えば、サッカーのキングカズさんとかウルティモ・ドラゴンって感じですかね。手前味噌ですけど(笑)」

――試合途中でしたけど、TAJIRI選手と世界ジュニアの前哨戦のような形で対面がありました
「あれは彼なりのメッセージですね。WWEで一回シングルやりましたけど、負けてますからね。今回はなんとしても彼を倒したいです」

――メキシコでも対戦はされたことがあるのですか
「それはちょっと自分の記憶にはないですね。彼はWWEのチャンピオンで、僕はカムバックしたばっかりで全く敵わなかったですけど、今はまたお互い全日本プロレスのリングでまた新しい戦いができるかなと。どういう世界ができるのか楽しみですね。毒霧もTAJIRIワールドですから、その中でやりたいと思います」

――今の二人で見せられる戦いというのをファンは期待していると思います
「それは当時ね、WWEでやった試合とは違うかもしれないけど、それは時間が経って進化したのか退化したのかは、ファンの人が決めることだから。自分自身27日の両国は楽しみですね」

――今日は葉巻仲間と仰っていた秋山選手、そしてカリスティコ選手とのタッグやメキシコのトップスターたちとの対戦などがありました
「このトリオはね、5月の27日に実施したメキシコのカードをそのままで。今回は僕の夢にたまたま全日本さんとのコラボの話が持ち上がったというね」

――全日本プロレスのマットでルチャフェスタが恒例化することに期待があると思います
「まあ、それはファンの皆さまが決めることで、ファンの皆様のリクエストがあったら全日本プロレスの社長・秋山準社長に是非という話を。今日のメインイベントはルチャ・リブレを魅せるということだけど、根っこにあるのは全日本プロレスのジャイアント馬場さんの時代からある『明るく楽しく激しいプロレス』という共通のワードがあるので、その中で融合できたかなと」

――これからのプランは
「そんなプランというプランはないですよ。とりあえず、27日のTAJIRIと両国でハッキリして、そっからですね。そこから先は考えられない。両国が楽しみです」

――興行全体を通してのご意見を
「まあ、ルチャフェスタと言っても戦ってるのはほとんど全日本の選手ですから。安心して、学生時代から見てましたけど、みんな完成された趣向がほとんどなんで」

――「ドラゴマニアがそのまま日本にやってくる」というテーマがありましたが、ドラゴマニアというものを見せられたと思いますか
「そうですね。ルチャ・リブレというのは御客さんもやるんですよ。ただ今日は日本のお客さんも多分それなりに楽しんでくれたかなと。いい会場の雰囲気でしたよ。サム・アドニスも初来日でしたけど、アイツもすごくやりがいがあったんじゃないですか」

――30周年という一区切りがつきました
「30年っていうと、長いですよね。こうやって無事30週年を迎えられたのも、仲間とファンのおかげですよね。自分の周りの人のすべてに感謝を。人間歳食うと感謝ですね。自分がすごかったとかじゃなくて、皆さんのおかげなんですよ。最近ようやくそういう風に思えるようになりました」

――これが一つの集大成だと思いますが、これからのビジョンは
「そうですね。まあ、これしかないから。体をまた作ってリングに上ってから。僕はプロレスが好きなんで。これしか出来ないですから」



[243] fun◇fLongoRY - 2017/08/21(Mon) 05:56 ID:QJUwoQp2  [No.107634]
「2017 SUMMER EXPLOSION」
8月20日(日)愛知・岡崎市竜美丘会館 [観衆]502人(満員)

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
×岡田佑介&阿部史典
5分16秒タナカレッグバー
○田中稔&丸山敦

<第2試合>シングルマッチ
○大森隆男
6分03秒 アックスボンバー→片エビ固め
×影山道雄

<第3試合>6人タッグマッチ
ゼウス&ボディガー×&吉江豊
9分45秒 メテオインパクト→片エビ固め
○KAI&野村直矢&青柳優馬

<第4試合>タッグマッチ
○諏訪魔&青木篤志
9分13秒 ラストライド→体固め
×中島洋平&岩本煌史

<第5試合>タッグマッチ
J・ドーリング&S・アドニス○
7分57秒 ノーザンライトスープレックスホールド
マッシモ&D・ジョーンズ×

<第6試合>8人タッグマッチ
三冠ヘビー級選手権試合&世界ジュニアヘビー級選手権試合ダブル前哨戦 
秋山準&宮原健斗&U・ドラゴン&カリスティコ○
18分18秒 ラ・ミスティカ
石川修司&TAJIRI&×E・ディアマンテ&B・タイガーZ


[244] fun◇fLongoRY - 2017/08/23(Wed) 04:14 ID:3POLml16  [No.107647]
DDTの10月22日後楽園大会の団体所属外参戦選手として、ウルティモ・ドラゴン、鈴木秀樹、アブドーラ・小林
とともに諏訪魔も参戦するそうです。

DDT
10月22日後楽園ホール
<団体所属外参戦選手>
諏訪魔、ウルティモ・ドラゴン、鈴木秀樹、アブドーラ・小林


[245] fun◇fLongoRY - 2017/08/24(Thu) 03:02 ID:hHZ/qtQ6  [No.107651]
東スポ情報ですが暴走男・諏訪魔が一方的に小島との「敗者退団マッチ」を通告したそうです。

 27日の両国国技館大会で一騎打ちを行う小島聡の態度に憤慨すると「残念な先輩」と断罪。7年3か月ぶりの古巣マット参戦を果たす小島に引導を渡し、新日本所属でのラストマッチにするという。熱意がかなって実現する一戦は、まさかの方向に動きだした。

 暴走男の怒りが、湘南のビーチを震え上がらせた。諏訪魔はこの日(22日)、つかの間のオフを利用してシーズン最後の海水浴を地元の神奈川・湘南海岸で満喫…。ところが小島戦について聞くと笑顔は一変。心中に積もった憤まんを吐き出した。

「あの人がいなくなってから俺も『建前(たてまえ)』を覚えた。こっちが全日本の45周年大会だから下手に出ていたのをいいことに、調子に乗りやがって! 本当に小せえ。残念な先輩だ」

 2010年5月31日付で全日本を退団した小島に対し、諏訪魔は敬意を持って対戦を求め、今回の一戦が決まった。当時の小島は39歳。40歳になった諏訪魔には、当時の小島の心境が理解できる部分もあったからだ。

 ところが「大人の対応」を踏みにじるように小島は、当時の諏訪魔に痛烈批判された恨みつらみを持ち出してきた。

 これで怒りの沸点だけはやたらと低い男にスイッチが入ってしまうと、もう誰にも止められなかった。

 まずはこの対戦が決まってから出場したG1クライマックスでは1勝8敗という低成績だったことについて「俺との試合が盛り上がると思ったのに残念過ぎる結果」と糾弾した。

 さらには「生活のために全日本を捨てて新日本に行ったんだろ!? なのに向こうでも活躍できてない。なら俺にコテンパンにやられて今度は新日本を退団してフリーになれ。これが所属最後の試合だから、家族も連れてこい。新日本ファンは小島聡が終わる日を見に来たほうがいい。それに両国といえば俺だ!」と叫ぶと、上気した顔を冷やすかのように海に飛び込んだ。

 思い起こせば諏訪魔は12年7月1日の全日本と新日本の40周年合同興行(両国)で近藤修司と組んで中邑真輔(現WWE)、現IWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカ組と激突。試合後、勝利のレインメーカーポーズを決めるオカダを襲撃して大騒動を起こした“前科”がある。あれから5年。メモリアル大会に再び不穏な空気が漂ってきた…との事。


[246] fun◇fLongoRY - 2017/08/26(Sat) 13:33 ID:EkhsGo/c  [No.107666]
暴走ユニット「エボリューション」に所属する青木篤志が両国国技館大会(27日)での汚名返上を誓ったそうです。

 同大会では佐藤光留と保持するアジアタッグ王座V2戦が組まれており、TAKAみちのく、ブラック・タイガーZ組の挑戦を受ける。「相手はキャリアのある選手なので気を引き締めていく。両国で2連敗は許されない」といつも以上に緊張感を漂わせた。

 昨年11月27日両国大会にも佐藤とアジアタッグ王者として出場したが大仁田厚、渕正信組にまさかの敗戦。「両国でやれるなら面白い相手を」との理由で、王者側から大先輩2人を指名した。ところが勝利を許すと同時に「第100代王者」の称号まで渡してしまう始末…。ここから大仁田は全日マット侵攻を本格化させているだけに、青木は責任を痛感している。

 また暴走軍は佐藤とジョー・ドーリングが離反し、現在は諏訪魔と青木しかいない状況。それでも「ベルトがある限り光留さんとのコンビは継続する。それに俺自身は辞めると辞めないとか、特別考えはない!」と“雑音”をシャットアウト。軍団問題にひとまずの結論を出し、両国決戦に集中していたそうです。


[247] fun◇fLongoRY - 2017/08/26(Sat) 13:33 ID:EkhsGo/c  [No.107667]
27日の東京・両国国技館大会で一騎打ちする暴走男・諏訪魔と、新日本プロレスの小島聡が早くもヒートアップしたそうです。

 25日に東京・文京区の後楽園ホール展示場で行われた公開会見に同席すると小島は「この戦いを決めた最大の要因は7年前の因縁とかそういうことだった。7年間、積もり積もっていたものがあります。だから試合をしようと思ったし、凄惨な部分もあるかもしれませんし、それは覚悟して臨みたい」と話した。

 小島は2010年5月31日付で全日本を退団し、その後にフリーを経て新日本に移籍した。退団時の小島を批判した急先鋒がこの諏訪魔だったのだ。すると諏訪魔も「(7年間)離れていたから冷静でいられた部分があったけど、面と向かうとふにゃふにゃしていてむしずが走る。このふにゃふにゃしている部分が腹立つ。残念だよね。G1も1勝しかできないし。そんな残念な先輩は両国でぶっつぶす」と予告した。

 集まった約100人の全日ファンの前で“残念な先輩”と称された小島は務めて冷静に「7年間で何も成長してなかったんだと思うと、本当に残念な後輩だと思います」と応戦。これで怒りが爆発した諏訪魔は集合写真撮影後、突如テーブルをつかむと、小島めがけて投げつけた。あわてて若手選手とスタッフが諏訪魔を押さえつけたことで最悪の事態は免れたが、遺恨深まる一戦は大荒れの展開になりそうだ…との事。



[248] fun◇fLongoRY - 2017/08/26(Sat) 13:34 ID:EkhsGo/c  [No.107668]
連続投稿失礼します。

27日の全日本プロレス東京・両国国技館大会の会見が25日、東京・文京区の後楽園ホール展示場で行われ、メーンの3冠ヘビー級選手権で激突する王者の石川修司と挑戦者の宮原健斗が静かに火花を散らせた。

 まずは宮原。「プロレス界でもっとも最高なチャレンジャー宮原健斗が最強のチャンピオン石川修司に向かい合う。それだけでも2017年のプロレス界のビッグイベントになるのは間違いない。ただ8月27日は第57代3冠ヘビー級チャンピオン宮原健斗誕生の日です」とナルシシストさ全開で言い放った。

 王者も負けていない。春の祭典「チャンピオン・カーニバル」を制覇した勢いそのままに5月21日の3冠戦(後楽園ホール)では石川が勝利し、宮原の連続防衛をV8でストップさせた。その後はジェイク・リー(6月11日、後楽園)、諏訪魔(7月17日、同)を立て続けに撃破し、勢いに乗っており「夢でもあり目標だった3冠ベルトをまだ手放したくない。ベルトを持った状態で己をもっと高めていきたいので、勝って防衛を続けたい」と表情を引き締めた。

 そんな王者を気にすることなく宮原は「昨日より最高です。寝て起きたら、またさらに最高を目指す日々の繰り返し。8月27日はもっと最高になっているので楽しみです」と最後まで自分のペースを崩さず、3か月での王座奪還へ自信をみなぎらせたそうです。



[249] fun◇fLongoRY - 2017/08/27(Sun) 08:10 ID:TOwP2oLo  [No.107670]
世界ジュニアヘビー級チャンピオンベルトが老朽化に伴い新チャンピオンベルトが完成したそうです。

8.27両国大会の世界ジュニアヘビー級選手権試合勝者に
新チャンピオンベルトが贈呈されるとの事。


「2017 SUMMER EXPLOSION 【最終戦】
全日本プロレス45周年記念両国大会〜新たなる決意〜」
8月27日(日)15:00 東京・両国国技館

第9試合 世界ジュニアヘビー級選手権試合
【第44代王者】TAJIRI
vs
【挑戦者】ウルティモ・ドラゴン


[250] fun◇fLongoRY - 2017/08/28(Mon) 06:48 ID:FXvyw9M6  [No.107676]
『2017 SUMMER EXPLOSION 【最終戦】全日本プロレス45周年記念両国大会〜新たなる決意〜』
8月27日(日)東京・両国国技館 観衆:6550人(満員)

試合結果です。

<第0試合>10分1本勝負
×岡田佑介
3分4秒 ジャーマンスープレックスホールド
○佐藤恵一

<第0試合2>オープニングアクト 〜アクトレスガールズ提供試合〜 10分1本勝負
○安納サオリ&万喜なつみ
6分28秒 フィッシャーマンズ・スープレックスホールド
×本間多恵&高瀬みゆき

<第1試合>タッグマッチ 20分1本勝負
○中島洋平&阿部史典
4分18秒 跳後廻蹴→片エビ固め
野村卓矢&青木優也×

<第2試合>ランズエンド vs 多国籍同盟 6人タッグマッチ 20分1本勝負
○崔 領ニ&将火怒&石切
7分40秒 那智の滝→片エビ固め
サム・アドニス&マッシモ&ダニー・ジョーンズ×

<第3試合>大隅興業 presents 全日本プロレス創立45周年記念タッグマッチ 45分1本勝負
○ドリー・ファンク・Jr.&ヒロ斉藤
10分16秒 回転足首固め
×渕正信&ザ・グレート・カブキ

<第4試合>!BANG!TV 世界ヘビー級選手権試合 バトルロイヤル
<退場順>愛澤No.1→吉江豊→瀧澤晃頼→仲川翔大→佐野直→吉野コータロー→ダイナソー拓真→篠瀬三十七→田村和宏→レイパロマ→カーベル伊藤→丸山敦→不動力也&アブドーラ・小林
【王者】○西村修(フリー)
8分24秒 横入り式エビ固め
【挑戦者】×グレート小鹿
※第3代王者が3度目の防衛に成功

<第5試合>シングルマッチ 30分1本勝負
○カリスティコ
8分19秒 ラ・ミスティカ
×エル・ディアマンテ

<第6試合>アジアタッグ選手権試合 60分1本勝負
【王者組】青木篤志&佐藤光留×
10分35秒 超高校級横回転エビ固め
【挑戦者組】TAKAみちのく&ブラック・タイガーVII○

<第7試合>全日本プロレス 創立45周年記念特別試合 45分1本勝負
[NEXTREAM]×青柳優馬
13分19秒 タイチ式ラストライド→エビ固め
[鈴木軍]○タイチ(新日本)

<第8試合>全日本プロレス 創立45周年記念特別試合 45分1本勝負
秋山準&○大森隆男&岩本煌史&田中稔
15分53秒 アックスボンバー→片エビ固め
ゼウス&ジョー・ドーリング&×ボディガー&鈴木鼓太郎

<第9試合>世界ジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【王者】×TAJIRI
15分53秒 アサイDDT→片エビ固め
【挑戦者】○ウルティモ・ドラゴン
※ウルティモが第45代王者へ

<第10試合>世界タッグ王座決定戦 60分1本勝負
×野村直矢&KAI
17分31秒 ゴーレムスプラッシュ→片エビ固め
関本大介&岡林裕二○

<第11試合>全日本プロレス 創立45周年記念特別試合 45分1本勝負
×諏訪魔
11分15秒 ラリアット→片エビ固め
○小島聡

<第12試合>三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【王者】×石川修司
24分39秒 シャットダウン・スープレックスホールド
【挑戦者】○宮原健斗
※宮原が第57代王者へ


[251] fun◇fLongoRY - 2017/08/28(Mon) 06:48 ID:FXvyw9M6  [No.107677]
『2017 SUMMER EXPLOSION 【最終戦】全日本プロレス45周年記念両国大会〜新たなる決意〜』
8月27日(日)東京・両国国技館 

試合後のコメントです。


!BANG!TV 世界ヘビー級選手権試合 バトルロイヤル

【第3代 !BANG!TV 世界ヘビー級王者】西村修
【挑戦者】佐野直、吉江豊、アブドーラ小林、不動力也、田村和宏、レイパロマ、カーベル伊藤、丸山敦、
愛澤 No.1、ダイナソー拓真、吉野コータロー、篠瀬三十七、仲川翔大、瀧澤晃頼、グレート小鹿

西村修
――難しい試合形式でしたが見事に防衛に成功しました
「やっぱり慌ててしゃしゃり出たものが短命な結果になっていますよね。消去法で待ったわけじゃないですけど、じっくり周りを見させてもらって最後に畳み掛けたのがこの結果となりました。また防衛できてよかったです」

――ドリーさんの前で防衛できたというのも・・・
西村「そうですね。あと何回来られるかわからないですしね。師匠の前で戦うという貴重な機会で」
ドリー「オサム・ニシムラは15人を相手に防衛に成功した。ニシムラがチャンピオンでいることを誇りに思うよ。セイコウヲイノリマス」

アブドーラ小林&グレート小鹿
アブ小「ドリー・ファンク!これが全日本のやり方か?!」
小鹿「全日本のリングに上がったのは20数年ぶりだ。全日本の看板に名前が出てさ、ベルトがも〜少しで手に入ったのに。ドリー何してんだあの野郎は!」
アブ小「乱入は!大日本プロレスでも重大な反則だぞ!!これだけ無茶やってんだけど、乱入ってのは一発反則だからな!許されねぇぞ!これがメジャーのやり方なのかオイ?!初めて全日本来たけどこんなんなるとは思わなかったぞ!乱入で終わるなんてよ!」
小鹿「自信はあったんだけどなぁ」
アブ小「これは反則でしょ明らかに!」
小鹿「反則だけどなぁ。終わった後にスッキリとしない!後味が悪い。スキッとしない!もう少しだったのに」
アブ小「これは喧嘩売り返したほうが良いんじゃないですか?!売り返したほうがいいっすよ!ドリーと会長の一騎打ちだ!」
小鹿「せっかく全日本のリングに上がるんだから何かお土産持って帰ろうと思ったら、お土産無いじゃん」
アブ小「ドリーのせいです!完全にドリーのせい!……でも会長、途中で俺のこと捕まえましたよね?」
小鹿「俺がベルト獲ろうと思ったんだよ」
アブ小「まっ!俺は会長に華を持たせたかったから何の問題も!ムカつくのはドリーだ!西村もドリーも会長が1対1でやったら勝てるわけないんだ!現役バリバリだぞ!西村は議員さんだろ!議員さんに負けるわけねぇだろ!バリバリが!おう!」
小鹿「まー、でも惜しかったな」
アブ小「ドリーのせいです!ドリーと会長の再戦だ!70代対決しか無いぞ!さっきVTR見てたけど、全然会長のがコンディション良いから!ねぇ、会長?!負けないですよね?!」
小鹿「ああ。人のことを言う資格はないけど」
アブ小「糞味噌言いますよ!!」
小鹿「やがて俺も通る道だけども、今日の時点では俺のほうがコンディション良いと思う」
アブ小「ほぼ同世代ですよ。75!」(小鹿を指して)
小鹿「向こうは76だな」
アブ小「向こうが1歳上か」
小鹿「いやー……」
アブ小「ああ来るとは思わなかったなぁ。ああ来るとは思わなかった。リマッチですよリマッチ!BANG!TV賭けて3WAYで!」
小鹿「残念だな。せっかくなのに。まあ、反対にね、秋山社長以下の努力も褒めてやりたいよ。馬場さん亡き後、色んな曲がり角にありながら両国国技館で開催できるということを。なんだかんだ言っても天下の全日本プロレスだ。そのリングにこの小鹿を上げてくれたということの彼らの腹の深さ、太さ。それは感謝するよ。ただ今回お前ら29年経ってから29年後に来いとは言わないけど」
アブ小「100超え(笑)100超え(笑)」
小鹿「あのベルトを貰う!まあ負けたのは悔しいけど、全日本プロレスの懐の深さに感謝しなきゃいけない。まあ全日本プロレスのファンの皆様も俺の名前を覚えてもらって歓声を貰ったから、まあ大日本としては良しだ!」
アブ小「爪痕は残しましたよ爪痕は!」
小鹿「悔しいね。10回言っても悔しい。1回言っても悔しいけど10回言っても悔しい。どうにかしてチャンスを貰ってまた全日本のリングに帰って来たい!匂いがするんだよな。全日本のリングは。どんな匂いって、一言じゃ言えないけど、俺の古巣だからね。僕らが日本プロレスから吸収合併されて、やはり色々弱い目にあった。合併してある程度の骨組みができていったことを俺は全部知ってる。僕らが来たから。そん時の汗、涙、そういうのは僕の心のなかに残ってるからね。何ていうのかな。僕らが吸収合併できたときの初期の匂いが残ってるんだ。まだまだ俺は75歳だけど、もしこの次にチャンスを貰えるか分からん。だけど、またこのリングに上ってみたいという希望を持っていたいなと。いやー、ホントに、今日獲ってればね、否が応でも大日本のリングに上がって堂々とベルト巻きたかったけどね。まあ、それを許さないのが世の中であって……」



[252] fun◇fLongoRY - 2017/08/28(Mon) 06:49 ID:FXvyw9M6  [No.107678]
『2017 SUMMER EXPLOSION 【最終戦】全日本プロレス45周年記念両国大会〜新たなる決意〜』
8月27日(日)東京・両国国技館 

試合後のコメントです。

<第6試合>アジアタッグ選手権試合 60分1本勝負
【王者組】青木篤志&佐藤光留 vs【挑戦者組】TAKAみちのく&ブラック・タイガーVII

青木篤志
「・・・悔しいね。悔しい。いろんなことを考えさせるタイトルマッチだな。勝てば何も考えずに済んだかもしれないけど、負けたんだからな。俺なりにいろんなことを考えなくちゃいけないね。今日はそれしか言えないね。負けたんだから。ただ、俺はこのままじゃ終わらない」

TAKAみちのく&ブラックタイガーVII
ブラック「獲っちゃったよ……」
TAKA「獲っちゃったなぁ」
ブラック「やっべ。どうしよう」
TAKA「みんなさぁ、俺達が獲るわけ無いと思ってたよね?俺達が即席チームだから獲るわけ無いと思ってたよね?!俺もよ、そう思ってたよ。だけどよ!知ってる人は知ってんだよ!俺と相棒がどれだけ深い繋がりを持っているか!俺達を即席って言った時点でよ、相手の負けだよ。どんだけのキャリアを積んできたことか。なあ、相棒?!」
ブラック「まあ、そうね。でも予定が狂った」
TAKA「まさか獲るとは思わなかったもんな」
ブラック「でも俺はさ、二回目なんだよ」
TAKA「そうなの?」
ブラック「中身が一度」
TAKA「中身とか(笑)どんどん言ってやれ(笑)」
ブラック「まあでも、嬉しいベルトだよね。全日本プロレスの中でさ、アジアタッグってのが一番古いベルトだから」
TAKA「おぉ、すごいね。歴史に名を刻めたわけだ!世界最古のベルトでしょ?これ獲ったってことはよ、これ使ってまた色々遊べるんじゃないの?相棒!」
ブラック「防衛戦は、とりあえず小橋!放送席に小橋が居たから『獲っちゃった。どうしよう』って言ったら、ムッとしてたから、『じゃあ挑戦してこい』って。小橋&菊池で来い!!それがダメだったら強いやつ呼んでこい!渕正信でもいいぞ!」
TAKA「全日本で弱いやつが来てもよ。歴史と伝統があんだろ?過去のチャンピオンは。来いよ!俺達に獲られて悔しかったら!」
ブラック「全日本プロレスで一番めんどくさいチャンピオンを全日本に残しちまったからにはタダじゃ転ばねぇぞ!」
TAKA「誰も獲りに来なければ俺達が好き勝手に色んな所でやっちゃうからね!……やーばい。これどうしよう、相棒?」
ブラック「獲っちゃった……獲っちゃった……」


[253] fun◇fLongoRY - 2017/08/28(Mon) 06:50 ID:FXvyw9M6  [No.107679]
『2017 SUMMER EXPLOSION 【最終戦】全日本プロレス45周年記念両国大会〜新たなる決意〜』
8月27日(日)東京・両国国技館 

<第8試合>全日本プロレス 創立45周年記念特別試合 45分1本勝負
秋山準&大森隆男&岩本煌史&田中稔 vs ゼウス&ジョー・ドーリング&ボディガー&鈴木鼓太郎

この試合ですが試合終盤にいきなりジョーが仲間含む全員に攻撃を加えリングから退場する謎の行動が
あり、試合後も全日を離脱した鼓太郎に対し岩本や組んでいたゼウスまで突っかかる様子もありました。


試合後のコメントです。

秋山準&大森隆男&岩本煌史&田中稔
――鼓太郎選手への生の感情が出てしまった試合でした
秋山「みんなそれぞれ思いはあると思うんで。ジョーも何かの思いはあるだろうし、ゼウスもそうだし。岩本もそうだし、みんなそれぞれあるものをリング上でぶつければ、また違う道も結果も出てくるだろうし。それ(カード)を組んでああやってみんなで暴れて結果よかったかなと(笑)。最後よくわからなくなったけど(笑)」

――社長の視点としては「してやったり」と?
秋山「いやぁ楽しかったです。リング上から見れて」

――大森選手はこの記念試合で勝利を飾りました
大森「飾ったは飾ったけど、最後がグチャグチャでもともと敵だったのか味方だったのか、パートナーだったか敵だかよくわからなくなっちまった。今、秋山さんが言ったように選手の自己主張が試合の中で見えてくるのが理想だと思うし、ますます面白くなっていく」

――田中選手はかつて鼓太郎選手と対戦したときは読み合いの攻防を見せてくれたというのがファンの記憶にも残っていると思いますが?
稔「でも今日は彼の足の裏に触っただけですから。今日はまったく。とりあえず45周年の記念のカードに選んでいただいて光栄です」

――岩本選手は鼓太郎選手との絡みは新鮮なものでした
岩本「そうですね。『ハードヒット』でタッグマッチでやってるんですけど、しっかりとしたプロレスのリングで対戦したのは初めてですね。全日本にいたとかどうかというのはどうでも良く、気に食わないんでぶっ潰したいということです」
大森「やばいな全日本!ますます面白くなってきた!試合をしていてワクワクしていた。俺らも視界が見えてきた気がする」
秋山「大森、行くか?」
大森「行きましょう!」
丸山「世界タッグ、どんどん行ってください!僕も一緒に行きますよ!」
秋山「お前は関係ないだろう!」
丸山「ちょっと待って!ちょっと待って!」
大森「だいたい!BANG!TV優勝できなかったってどういうことだよ!」
丸山「紙一重だったじゃないですか!・・・ちょっと待ってくださいよ!僕はもう!BANG!TVはイヤです!」
秋山「おまえ何言ってるんだよ(呆れ笑)」
丸山「僕やっぱイヤです!(丸山を置いて帰ろうとする4人に)ちょっと待ってくださいよ!僕、秋山さんの持つGAORAチャンピオンに挑戦・・・決まるから」
田中「記者さんのリアクションも薄いじゃないですか(笑)」
丸山(泣き声で)「カード、シングルマッチが決まってるから。1対1の」
秋山「やるやるやるから(と言って控室へ)」
田中「世界ジュニアが見たいから(と言って控室へ)」
丸山(誰もいなくなったところで)「秋山さん!追い詰めたぞ!以上や!シングルはブルーフィールドや!」

鈴木鼓太郎
「もっと来いって。俺のこと気に食わないなら。アイツ関係ないでしょ?俺が居なくなってからの全日本ジュニアなんだから。だったらその実力見せてくれよ。サシでやるんだったらいつでもやってやるよ」

――岩本選手は「鼓太郎選手は全日本ジュニアの中には入れさせない」と
「馬鹿野郎。分かってねぇな。俺が入ったほうが面白くなるんだよ。でもアレよ、完全に俺と戦りたい感じだったろ?いつでもサシでやってやるよ。受けるか受けないかはあのガキ次第だ」



[254] fun◇fLongoRY - 2017/08/28(Mon) 06:50 ID:FXvyw9M6  [No.107680]
『2017 SUMMER EXPLOSION 【最終戦】全日本プロレス45周年記念両国大会〜新たなる決意〜』
8月27日(日)東京・両国国技館 

試合後のコメントです。

<第9試合>世界ジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【王者】TAJIRI vs【挑戦者】ウルティモ・ドラゴン


TAJIRI
――試合序盤で連続でフォールを狙いに行く姿に勝利への執着を感じたのですが、結果としては残念なものになってしまいました
「今日はこういう結果になったけれど・・・。戦う前は試合に乱入してウルティモ・ドラゴンに毒霧ぶっかけたりしたよ?仕掛けもいっぱいしたよ?だけどやっぱ俺はあの人にあこがれてレスラーになったから。そういうものは何ひとつ変わっていないし、あの人のドラゴンのマスクの中も変わっていないけど、実は俺も仮面の中の素顔は変わっていないんだ。そしてこの気持ちが変わらない限り、俺とウルティモ・ドラゴンの物語はまだまだ始まったばかりだよ。だってここまで来るのに25年かかってるんだよ。で、やっと日本で始まったんだよ。アメリカではあったよ。メキシコでもあった。でも日本では一度もなかったんだ。まぁすごい伝統あるベルトだけど、それも今日リニューアルしてスタートして。俺とウルティモ・ドラゴンの関係はもっとでかいと思うから。これからだよ。まだ始まったばかりだよ。
 そして向こうが50歳で俺は46歳だよ。ヨソの団体だったらベテランのじいさん対決だけど、なぜか全日本ではそういう見方をされなかったんだよ。それが新鮮だったんだよ。それが俺にはすごい衝撃だったの。なんでかと言うと、歴史とか伝統とかを重んじるリングなんだね。だから俺もドラゴンもこうして生かしてもらうことができたんだね。本当に45周年おめでとうございますという言葉と共に、秋山社長をはじめ関係者の方たちにお礼を言いたいです。俺は負けたけど45周年、こんなにお客さんが入って」

――ファンとしてせっかく実現したこの夢の対決が1回だけとはもったいないと思っているはずです
「はい、そう思います。まだ始まったばっかだよ。これからじゃないの。そしてお互いまだ触れたことのない、お互いにいじったら壊しちゃうなって言う部分があったんだよ。たぶんそういうのでこれからもっと良くなっていくんじゃないの?そもそもこんなに長い時間、ドラゴンと触れ合ったのは初めてなんだよ。この全日本ではドラゴン以外にも初対決はまだまだいっぱいあるから。どんどん掘り起こしていきたいね」

――TAJIRI選手は「ぜんぶ獲るとは言わないけれど、ベルトにはすべて挑戦したい」とおっしゃっていました」
「はい。でも一番体重の軽いジュニアでドラゴンにやられちゃったから、まずもう一回ジュニアだな。できれば肩に1本ずつ乗せていきたいんだよ」

ウルティモ・ドラゴン
――TAJIRI選手との戦いを振り返って如何でしたか
「苦しい戦いだったね」

――世界ジュニアのベルトが新調されてから最初のチャンピオンということになりましたが
「歴史のあるタイトルなので、ベルトがね、新調されてから初めてってことでね、ここに僕の名前を入れて欲しいね(ベルトを指して)」

――世界ジュニア自体は二度目の戴冠ですが、これからチャンピオンとしての展望は
「初めて獲ったときも絡まなかったし、TAJIRIは素晴らしいチャンピオンだったと思うよ。まだまだ何も始まってないですよ。これからです。TAJIRIはキャリアで言ったら僕の後輩になりますけど、後輩がリング上でいろんなことを教えてくれるんで。まだまだ、やることたくさんあるんで」

――節目の年にベルトを獲ったことに関しては
「すべて偶然ですね。偶然。全日本プロレスで試合してるのも縁、秋山準と仕事してるのも縁。全部縁だと思いますね。こうしてチャンスが回ってきた事自体もね、周りの人達に感謝です。一人じゃ出来ないので、本当に周りの人に感謝です」



[255] fun◇fLongoRY - 2017/08/28(Mon) 06:51 ID:FXvyw9M6  [No.107681]
『2017 SUMMER EXPLOSION 【最終戦】全日本プロレス45周年記念両国大会〜新たなる決意〜』
8月27日(日)東京・両国国技館 

試合後のコメントです。

<第10試合>世界タッグ王座決定戦 60分1本勝負
野村直矢&KAI vs 関本大介&岡林裕二

<試合後リング上>
大森「世界タッグ、新チャンピオン、奪取おめでとう。俺たち、そのベルトにすごい興味があるんだ。挑戦、させてくんねーかな」
秋山「おい、今年48歳の男がおそろいのTシャツ着てきてんだ。受けてくれよ。上からは言わねーよ。受けてください。ヤッてくれよおい!」
岡林「よっしゃ、全日本プロレスの社長だろうが副社長だろうが、挑戦受けちゃるわコラ!覚悟しとけよ!歳関係ねーぞ!ぶっ潰すぞコラ」
秋山「歳なんか関係あるわけないだろ!小橋さん!一言言ってくれ!!」
小橋「(困惑しながら)いい試合だった。準と大森と、防衛戦、頑張ってな」
秋山「チョット違うけど、まあそういうこっちゃ、受けろよ!」

<試合後コメント>
秋山準&大森隆男
――早速の挑戦表明となりました。横浜文体での25周年記念試合にもふさわしいカードかと思いますが?
秋山「それが一番いいかなぁと。俺は25年。一番いい舞台はそこだと思うんで、挑戦させてもらおうかなと。本当に上から言う気はなく、今日見ててわかるようにすばらしいチャンピオンだしすばらしい選手だし。胸を借りるつもりで。ただ俺らもやってきた年数、場数が違うから精一杯ベルトを獲りに行きます」

――チャンピオン・カーニバルと王道トーナメントは辞退されましたが、まだまだタイトルには目を向けていると
秋山「まだまだ俺らは二人なら負けないという自信も。シングルでは一歩引いてるけれど、負けないという気持ちもあるんで行かせてもらいます」

――大森選手にとっても25周年を飾るにふさわしいカードとなります
大森「そうですね。これだけのお客さんの前で挑戦表明されたら、チャンピオンも受けざるを得ないでしょう。後に引けさせない状況で受けてもらいました」

――25周年を勝利で飾るのと・・・
秋山「もちろんもちろん。それしか考えていないです。負けることは考えていないです。いいかたちで記念すべき年を終えたいと思っています」

関本大介&岡林裕二
岡林「よっしゃ!ありがとうございました!」
関本「おつかれ!」
岡林「気合の勝利です!ホントに。今日はもう気持ちで勝ちました気持ちで!今後誰が来ようともずっと防衛続けますよ!」
関本「二人で獲ったベルトだから、守っていこう!」
岡林「もうホントに、もう本当の意味での世界タッグチャンピオンになりますよ。前回も獲りましたけど、二回獲れたら本物ということで。これからもずっと、ずーーっと防衛していきます」
関本「大日本に持ち帰って、ピッカピカに光らせよう!」
関本「やりましょう!ありがとうございました!」(二人は固く握手)

野村&KAIはノーコメント


[256] fun◇fLongoRY - 2017/08/28(Mon) 06:51 ID:FXvyw9M6  [No.107682]
『2017 SUMMER EXPLOSION 【最終戦】全日本プロレス45周年記念両国大会〜新たなる決意〜』
8月27日(日)東京・両国国技館 


<第11試合>全日本プロレス 創立45周年記念特別試合 45分1本勝負
諏訪魔 vs 小島聡

 この試合ですが、諏訪魔が入場するなりジョーが奇襲。セコンドもラリアットでふっ飛ばし、諏訪魔にパイルドライバー。
 そこへ小島が走り込み、ジョーへ帰れと要求。ジョーは英語で「諏訪魔はもう闘えない。俺が代わりにやってやる!」と叫ぶが、退場…。

 試合後も退場しコメント会場へ向かう諏訪魔を突如現れたジョーが急襲。馬乗りになって殴打し、そのまま控室へ連行しさらに暴行を加えたそうです。

試合後のコメントです。

小島聡
「こんな悲しい試合何年ぶりだ。こんなに胸が切なくなる試合は中々ないですよ。俺と諏訪魔の7年越しの戦いがこんな短い時間で終わっていいのか?なあ?なんて切ないんだ。ジョー・ドーリングって人、10年間プロレスやってるんだったら、入っていいとき入っちゃいけないとき、やっていいことやっちゃいけないことくらい……空気読めよ。な?せっかくの7年越しの試合、こんな状況の中で迎える選手の気持ち考えたことあんのか?切なくて切なくて涙も出てこないですよ。もう一回やるとかやらねぇとか、そんなことは誰が決めることじゃねぇよ。そのときのタイミングが来れば勝手にそういうことは起こるかもしれない。ただ、ただ!普通は次なんて考えてやらねぇぞ?!普通は、この日限りしかやれないと思うだろ?!ふざけんなよ、オイ!全日本プロレスの管理体制がどうとか、そういうのはよくわからないし、俺の中でただただ切ないだけだよ。切ない試合だよ。ただ、ただ!切ない中でもこれだけは言っておいてやる!これだけは声を大にして言ってやる!諏訪魔は本当に強い男だぞ!アイツのポテンシャル、ホントにすげぇから!アイツの言動、アイツのコスチューム、アイツの姿、アイツの試合スタイル、全部ムカついて全部嫌いだけど、アイツのことはプロレスラーとしてリスペクトしてるから」



[257] fun◇fLongoRY - 2017/08/28(Mon) 06:52 ID:FXvyw9M6  [No.107683]
連続投稿失礼します。

『2017 SUMMER EXPLOSION 【最終戦】全日本プロレス45周年記念両国大会〜新たなる決意〜』
8月27日(日)東京・両国国技館 

試合後のコメントです。

<第12試合>三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【王者】石川修司 vs【挑戦者】宮原健斗


<試合後リング上>
宮原「帰ってきたぜ両国!石川修司、またいつでもやろうぜ。全日本プロレスの、夏を、皆さん満喫できましたか?全日本プロレスは、ますます、ますます、高みを目指して、さらに攻めていきます。その、攻める全日本プロレスの中心は、この俺、プロレス界で最も最高な男宮原健斗だ。全日本プロレスは、45周年、45年に因んで、皆さんに聞きたい。全日本プロレス、45年の歴史で、最も最高なチャンピオンは誰だと思いますか?正直な声を聞かせてくれ!両国の皆さんの正直な声を聞かせてくれ!(様々な選手名があがる)満場一致で宮原健斗でーす!ありがとうございます。ということで、これからますます全日本プロレスは盛り上がってくことになるでしょう、また9月に皆さんに会えるのを楽しみにしています。ありがとうございました(帰ろうとするが、リングに戻り)両国の皆さんに聞きたい!全日本プロレス最高ですか!聞こえないな(宮原はリングに倒れ宮原の曲が流れる。しばらくして立ち上がると)全日本プロレス最高ですか!全日本プロレス最高!!」

<試合後のコメント>
宮原健斗
「夏を、プロレス界の夏を、宮原健斗が締めくくりました。プロレス界で最も最高な男が締めくくりました。プロレスの神様は、宮原健斗に期待してるみたいですね。まだまだこのベルトと一緒に全日本プロレスをさらなる高みに行かなきゃいけないんだ。行くんじゃなくて、行かなきゃいけないんだ。それが全日本プロレスだから。さらに全日本プロレスは攻めていきますよ。ただ、攻めの中心はこの俺宮原健斗だ!」

――石川修司選手の強さはどういうところに感じましたか
「ホントにプロレス界で『最強』という言葉がピッタリなチャンピオンだと思います。そんなチャンピオンだったから、僕の100%以上のエネルギーを使わないと、あの人からもぎ取ることはできなかった。過去一番最強だったと思います、今日の俺は」

――チャンピオンとしてやっておきたいことは
「今日発表されて分かるように、全日本プロレスは大きな箱に挑戦しています。でも、挑戦だけれども、これが全日本プロレスのあるべき姿だと思います。あるべき姿になるだけです。まあ、絶対この下半期にかけてさらに全日本プロレスは盛り上がるでしょ。その全日本プロレスの中で埋もれたくないんで、今日チャンピオンになりました。最強です」

――次の防衛戦については
「誰でも来るでしょ。今の全日本プロレスって、ホントに気を抜いたら誰が来るか分からない。今日の試合のラインナップ見てれば分かる通り、誰でも来られるような布陣。気を抜けないです。誰でも来いや!って感じです」

――かつて全日本プロレスに所属して、また古巣に参戦するという選手が今後増えてくると思いますが、そういう人に向けて今チャンピオンとして何を見せていきたいですか
「僕はチャンピオンですから。宮原健斗の対角(に立つレベル)に達してない人いくらでもいるでしょ。ただ宮原健斗の横に立つということはそれなりものを見せてもらわないと。今の俺は、結構最高っすよ?それなりのものを見せてもらわないと俺がどうこう言えるレベルじゃないです。とにかく、全日本プロレス、さらに攻めます。その攻めの中心は、この俺です!」

石川はノーコメント


[258] ただの全日ファン - 2017/08/28(Mon) 21:57 ID:lzDUJDK6  [No.107684]
両国大会をサムライTVで見ての感想。
ドリー&ヒロ斉藤vs渕&カブキは、ドリーの試合は相変わらず接待試合だったね。

タイチvs青柳は、タイチが反則をしなくても、ちゃんと勝てるんだって思った試合。
私の中では、タイチのベストバウトだったかな。

世界ジュニア戦は、さすがとうならせる内容だったね。

アジアタッグ戦は、光留が金的攻撃の後、ラ・マヒストラルで獲られちゃったねと言う感じ。
論が...に。って言っちゃダメか。
光留のコメントが無いのが気がかり。

世界タッグ王者決定戦。
関本&岡林に勝てるわけ無いとは思ってたが、野村があそこまでやれるとは驚いた。

諏訪魔vs小島は、試合前にドーリングの奇襲が有ったにせよ、
G1最下位の小島に諏訪魔が負けるとは。

三冠戦は、宮原が負けててもおかしく無かった試合だった。
石川修司は試合後ノーコメントだったが、試合終了直後にもう1回と指で示し、宮原とグーで手を合わせたことで十分気持ちが伝わってる。
宮原に全日本の未来を託しても良いかなと思えた結果と試合内容だったね。


[259] fun◇fLongoRY - 2017/08/30(Wed) 13:46 ID:6cR64UVs  [No.107692]

ビリーケン・キッドより
第45代 世界ジュニアヘビー級王者 ウルティモ・ドラゴンへ
挑戦状が届いたそうです。

ビリーケン・キッドの挑戦状

「ウルティモ・ドラゴン様
世界ジュニア王座奪取おめでとうございます
私もあなたに憧れレスラーを志した一人です

単身メキシコに渡りデビューした私は今年で20年を迎えました。
このタイミングで貴方がチャンピオンになったのは運命だと思い、
世界ジュニアチャンピオンのウルティモ・ドラゴンに挑戦を表明させて頂きます。

私の20年間の全ての想いを込めて憧れを越えます。
ご検討よろしくお願い致します。」

プロレスリングアンサー
ビリーケン・キッド


また、8月27日 (日)両国大会にて行われたアジアタッグ選手権試合
で勝利した第102代 アジアタッグ王者  TAKAみちのくのコメント

「日本の最古のベルトを取れてとても嬉しく思います
が、我々が魅力ないからでしょうか試合後誰からも挑戦表明がありませんでした
ならば我々とセブンで好きなところで好きな相手とやるのも面白いかなと思ってます
誰が名乗りあげてくれるか楽しみにしてます」   TAKAみちのく


[260] fun◇fLongoRY - 2017/08/30(Wed) 13:46 ID:6cR64UVs  [No.107693]

「千葉 EXTRA DREAM 17」9月3日(日)千葉Blue Field大会にて
GAORA TV チャンピオンシップ開催が決定

「千葉 EXTRA DREAM 17」
9月3日(日)17:00〜千葉・Blue Field

GAORA TV チャンピオンシップ
【第15代王者】秋山準
 vs
【挑戦者】丸山敦


[261] fun◇fLongoRY - 2017/08/30(Wed) 13:47 ID:6cR64UVs  [No.107694]
連続投稿失礼します。

3冠ヘビー級王者宮原健斗が28日、神奈川県内の事務所で会見し、新規ファン開拓のため全国の大学に無料で出向く「キャンパスシリーズ」開催を発表したそうです。

第1弾は11月4日に愛知・長久手市の愛知医科大で開催する。

 宮原は27日の両国大会で前王者石川から王座を奪還。一夜明けの会見で新プロジェクトをぶち上げた。「もっと10〜20代の人たちに会場に来てほしい。それを形にしようと考えたとき、こちらから行こうということになった。それが、キャンパスシリーズ」と説明した。プロレスを見たいと希望する大学に宮原ら全日本のレスラーが出向き、入場無料の大会を開催するという。

「第1弾をやれば、全国各地の大学から声が上がる。将来は小、中、高校にも広げたい」と宮原は抱負を口にしていたとの事。


[262] fun◇fLongoRY - 2017/09/03(Sun) 15:10 ID:  [No.107702]
9月24日(日)「第44回藤沢市民まつり 〜遊行寺でプロレスをするぞ!オイッ!!〜」の開催が決定。


「第44回藤沢市民まつり 〜遊行寺でプロレスをするぞ!オイッ!!〜」
9月24日(日)13時〜
【場所】遊行寺 境内(住所:神奈川県藤沢市西富1-8-1)
【内容】プロレス 防犯PR、サイン会他
【観戦】無料(全2試合)

【対戦カード】
◆第1試合
青柳優馬 vs 岡田佑介
◆第2試合
諏訪魔&江の島マン vs マッシモ&ダニー・ジョーンズ

【主催】藤沢市民まつり実行委員会

スケジュール
11:30 屋台村開始
第1部〜発表会〜
13:00 市民団体発表会(3団体予定)
第2部〜プロレス〜
14:00 諏訪魔暴走公開生放送
第1試合
藤沢警察署 防犯キャンペーン
第2試合
サイン、写真撮影会

※雨天の場合は、参加選手によるサイン会&撮影会を開催。


[263] fun◇fLongoRY - 2017/09/04(Mon) 13:38 ID:  [No.107708]
「千葉 EXTRA DREAM 17」
9月3日(日)千葉・Blue Field [観衆]134人

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
×中島洋平&梶トマト
9分03秒 HEATクラッチ
○田中稔&岩本煌史

<第2試合>シングルマッチ
○沙紀
5分28秒 ブレーンバスター→片エビ固め
×ERINA

<第3試合>6人タッグマッチ
○大森隆男&ダイナソー拓真&吉野コータロー
6分26秒 アックスボンバー→片エビ固め
TAJIRI&マッシモ&D・ジョーンズ×

<第4試合>GAORA TVチャンピオンシップ
【第15代王者】○秋山準
9分36秒 大森のアックスボンバー→片エビ固め
【挑戦者】×丸山敦
※秋山が4度目の防衛に成功

<第5試合>タッグマッチ
青柳優馬&岡田佑介×
11分02秒 ジャストフェースロック
○TAKAみちのく&B・タイガーZ

<第6試合>The Road to 第5回 王道トーナメント 8人タッグマッチ
○宮原健斗&ゼウス&野村直矢&佐藤光留
24分04秒 ジャーマンスープレックスホールド
石川修司&諏訪魔&KAI&青木篤志×


[264] fun◇fLongoRY - 2017/09/06(Wed) 13:31 ID:  [No.107720]
世界ジュニアヘビー級選手権試合の開催が決定

「第5回 王道トーナメント」【二回戦】9月18日(月・祝)大阪大会にて世界ジュニアヘビー級選手権試合の開催が決定


「第5回 王道トーナメント」【二回戦】
9月18日(月・祝) 17:00
大阪・エディオンアリーナ大阪
(府立体育会館)第2競技場


世界ジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【第45代王者】ウルティモ・ドラゴン
 vs
【挑戦者】ビリーケン・キッド


[265] fun◇fLongoRY - 2017/09/06(Wed) 13:32 ID:  [No.107721]
連続投稿失礼します。

プロレスリング ランズエンド所属のオーストラリアヘビー級王者の巨木フトシが全日本プロレスに初参戦するそうです。


参戦の日程です。

「2017 旗揚げ記念シリーズ」
9月30日(土)前橋大会、10月1日(日)三条大会、10月2日(月)会津若松大会


※対戦カードは決まり次第発表致します。

巨木フトシ
(きょぼくふとし)

出身 : オーストラリア

身長 : 195センチ

体重 : 120キロ

得意技 : 木こりカッター、林業ブーツ

所属 : ランズエンド& BCW

オーストラリアヘビー級現役王者


[266] fun◇fLongoRY - 2017/09/11(Mon) 05:54 ID:tODVQ1hk  [No.107737]
「YOKOHAMA TWILIGHT BLUES vol.7」
9月9日(土)神奈川・横浜ラジアントホール [観衆]271人(満員)

遅くなりましたが試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
×岡田佑介
6分46秒 澤宗紀直伝お卍固め
○阿部史典

<第2試合>シングルマッチ
×中島洋平
8分50秒 S.K→片エビ固め
○吉岡 世起

<第3試合>シングルマッチ
×渕正信
10分36秒 エビ固め
○TAJIRI

<第4試合>GAORA TV チャンピオンシップ前哨戦 6人タッグマッチ
秋山準&大森隆男&丸山敦×
12分24秒 秘伝・グラウンドコブラ
征矢学&○田中稔&岩本煌史

<第5試合>6人タッグマッチ
○諏訪魔&青木篤志&スーパー・タイガー
14分29秒 バックドロップ→体固め
佐藤光留&和田拓也&松本崇寿×

<第6試合>8人タッグマッチ
○宮原健斗&KAI&野村直矢&青柳優馬
20分27秒 ジャーマンスープレックスホールド
石川修司&吉江豊&マッシモ&D・ジョーンズ×


[267] fun◇fLongoRY - 2017/09/11(Mon) 05:56 ID:tODVQ1hk  [No.107738]
連続投稿失礼します。

「第5回 王道トーナメント」【二回戦】9月19日(火)名古屋大会にて
特別ルールによるGAORA TV チャンピオンシップの開催が決定。

また、「旗揚げ記念シリーズ 最終戦 〜秋山準&大森隆男デビュー25周年記念大会〜」
10月21日(日)横浜文化体育館にて世界タッグ選手権試合の開催が決定。


「第5回 王道トーナメント」【二回戦】
9月19日(火) 18:30
愛知・名古屋市枇杷島スポーツセンター・第1競技場

GAORA TVチャンピオンシップ
【第15代王者】秋山準
 vs
【挑戦者】田中稔
※第15代王者・秋山準 5度目の防衛戦
◆特別ルール オンリーロールアップマッチ(丸め込みマッチ)


「旗揚げ記念シリーズ 最終戦
〜秋山準&大森隆男デビュー25周年記念大会〜」
10月21日(土)17:00〜神奈川・横浜文化体育館

世界タッグ選手権試合 60分1本勝負
【第77代王者組】関本大介&岡林裕二
 vs
【挑戦者組】秋山準&大森隆男
※第77代王者組・関本&岡林、初防衛戦


[268] fun◇fLongoRY - 2017/09/12(Tue) 08:02 ID:2KBZMqPs  [No.107746]
「王道トーナメント」(12日の後楽園ホール大会で開幕)の前日公開会見が11日、東京スカイツリータウンで行われ、出席した13選手(出場は全16選手)が意気込みを語った。

 まずは史上初の連覇がかかる諏訪魔。「2連覇を目標にやっていく。ジョー(ドーリング)がここにいたらぶん殴ってやろうと思った。トーナメントで当たれたらいい」と終始イライラした様子だった。

 暴走ユニット「エボリューション」を離反し、8・27両国大会の小島聡戦で襲撃してきたドーリングはこの日の会見をボイコット。順当に勝ち進めば準決勝(23日、仙台)で対戦する可能性があり、今から不穏な空気が流れている。

 また3冠ヘビー級王者として初優勝を狙う宮原健斗は「主役が大好きな男なので、過去の人間がやったことないことを、宮原健斗はやらなければならない。3冠王者として優勝すれば、おのずと主役になれる。優勝するのは俺しかいない」とナルシシストぶり全開で誓い、まずは1回戦(12日)で対戦するKAIとの試合に集中した。

 またゼウスから「コイツをボッコボコにしばき上げて、ジャックハマーで3カウント取ります」と挑発された、1回戦(12日)の相手・崔領二がプッツン。会見そっちのけでもみ合う場面もあったとの事。

 出場選手たちはさまざまな思いを胸に秘め、いよいよ開幕する秋の祭典に臨むそうです。


[269] fun◇fLongoRY - 2017/09/12(Tue) 08:02 ID:2KBZMqPs  [No.107747]
連続投稿失礼します。

9月12日(火)開幕の「第5回 王道トーナメント」に向けてTAJIRI、鈴木鼓太郎よりコメントが届いたそうです。

TAJIRIのコメント

「先月、両国でウルティモ・ドラゴンと戦ったさいも、おととい横浜で渕さんと戦ったさいも、
あることを同様に感じました。
それは、何年プロレスをやっていようとも、WWEに所属した経験があろうとも、
この伝統ある全日本プロレスのリングでは、まだまだ底知れぬプロレスの奥深さを体感できる、
ということです。
この「王道」と称されるリングに上がる意義。
明日から始まるトーナメントも、その意義を追求していくうえでの一つの過程にすぎません。
たとえ相手が誰になろうとも。 」    TAJIRI


鈴木鼓太郎のコメント

「王道トーナメント 一回戦 青木篤志
青木とは組んでもいたしシングルも何回もやって来た、
ここ数年は力の差もなく常に紙一重の勝負、
すべてを出しきらないと勝てない相手、逆を言えばすべてを出せる相手、
お互いにジュニアに強いこだわりを持ってるし、絶対に負けたくない相手です。
出たからには優勝を目指しますが、
まず、この一戦にすべてをかけようと思います。」  鈴木鼓太郎


[270] fun◇fLongoRY - 2017/09/13(Wed) 08:08 ID:Xmtl.k3U  [No.107750]
「第5回 王道トーナメント」
9月12日(火)東京・後楽園ホール【開幕戦・一回戦】[観衆]1130人

試合結果です。

<第1試合>8人タッグマッチ
中島洋平&田中稔&丸山敦&岡田佑介×
3分45秒 ラ・マヒストラル
○U・ドラゴン&鈴木鼓太郎&マッシモ&ダニー・ジョーンズ

<第2試合>8人タッグマッチ
秋山準&○大森隆男&西村修&渕正信
8分09秒 アックスボンバー→片エビ固め
野村直矢&岩本煌史&青柳優馬&阿部史典×

<第3試合>タッグマッチ
諏訪魔&青木篤志×
3分41秒 レボリューションボム→エビ固め
○J・ドーリング&佐藤光留

<第4試合>第5回王道トーナメント 公式戦 一回戦 時間無制限1本勝負
○ヨシタツ
9分28秒 バックドロップ→片エビ固め
×TAJIRI

<第5試合>第5回王道トーナメント 公式戦 一回戦 時間無制限1本勝負
○石川修司
6分51秒 スプラッシュマウンテン→エビ固め
×ボディガー

<第6試合>第5回王道トーナメント 公式戦 一回戦 時間無制限1本勝負
○ゼウス
19分24秒 ジャックハマー→片エビ固め
×崔 領ニ

<第7試合>第5回王道トーナメント 公式戦 一回戦 時間無制限1本勝負
○宮原健斗
19分22秒 シャットダウンスープレックスホールド
×KAI



※【第5回 王道トーナメント [二回戦]】
9・18エディオンアリーナ大阪大会の対戦カードが決定。

第5回 王道トーナメント 公式戦 二回戦 時間無制限1本勝負
ゼウス VS 石川修司

第5回 王道トーナメント 公式戦 二回戦 時間無制限1本勝負
宮原健斗 VS ヨシタツ


[271] fun◇fLongoRY - 2017/09/13(Wed) 08:09 ID:Xmtl.k3U  [No.107751]
10月「2017 旗揚げ記念シリーズ」の一部対戦カードが決定。


「2017 旗揚げ記念シリーズ」【開幕戦】
9月30日(土)17:00
群馬・ヤマダグリーンドーム前橋 サブイベントエリア

シングルマッチ
諏訪魔
VS
岩本煌史

アジアタッグ選手権試合
【第102代王者組】TAKAみちのく&ブラック・タイガーZ
VS
【挑戦者組】野村直矢&青柳優馬
※第102代王者組・TAKAみちのく&B・タイガーZ 初防衛戦

2017 旗揚げ記念試合 in 前橋 世界タッグ選手権試合 前哨戦
関本大介&岡林裕二&グレート小鹿
VS
秋山準&大森隆男&渕正信

6人タッグマッチ
宮原健斗&吉江豊&KAI
VS
石川修司&ダニー・ジョーンズ&巨木フトシ

10月1日(日)17:00
新潟・三条市厚生福祉会館

2017 旗揚げ記念試合 in 三条 Jr.プレミアムタッグマッチ
青木篤志&岩本煌史
VS
佐藤光留&鈴木鼓太郎

2017 旗揚げ記念試合 in 三条 世界タッグ選手権試合 前哨戦
関本大介&グレート小鹿&青木優也
VS
秋山準&渕正信&岡田佑介

2017 旗揚げ記念試合 in 三条 8人タッグマッチ
宮原健斗&KAI&野村直矢&青柳優馬
VS
諏訪魔&石川修司&ゼウス&崔 領ニ

10月2日(月)19:00
福島・ルネッサンス中の島(会津若松)
2017 旗揚げ記念試合 in 会津若松 世界タッグ選手権試合 前哨戦
関本大介&グレート小鹿&TAJIRI
VS
秋山準&大森隆男&中島洋平

タッグマッチ
諏訪魔&青木篤志
VS
石川修司&鈴木鼓太郎

8人タッグマッチ
宮原健斗&KAI&野村直矢&青柳優馬
VS
崔 領ニ&巨木フトシ&マッシモ&ダニー・ジョーンズ

10月5日(木) 19:00
東京・新木場 1stRING
シングルマッチ
岡田佑介
VS
佐藤恵一

シングルマッチ
秋山準
VS
鈴木鼓太郎

タッグマッチ
野村直矢&青柳優馬
VS
征矢学&ブラック・タイガーZ

10月9日(月・祝) 18:30
東京・後楽園ホール

太陽ケアの参戦が決定


[272] fun◇fLongoRY - 2017/09/13(Wed) 08:09 ID:Xmtl.k3U  [No.107752]
連続投稿失礼します。

2017年11月3日千葉Blue Field大会より開幕するジュニアタッグリーグ戦「Jr.TAG BATTLE OF GLORY」
出場チームおよび対戦カードが決定。

「Jr.TAG BATTLE OF GLORY」
【出場選手】
青木篤志&佐藤光留組(前年度優勝チーム)
岩本煌史&岡田佑介組
竹田誠志&丸山敦組
鈴木鼓太郎&佐藤恵一組
ブラック・タイガーZ&ブラック・スパイダーZ組

【試合形式及び、得点方法】
◆参加全5チームが11月3日千葉Blue Field大会から
11月9日後楽園大会まで全10試合の総当りリーグ戦で
得点を争い、最多得点チームが優勝となる。

◆同点チームが多数の場合は、11月9日後楽園大会にて
全リーグ戦終了後に優勝決定戦を行う。

◆公式リーグ戦は全て、PWFルールによる20分1本勝負。

◆勝ち=2点、負け=0点、時間切れ引分け=1点
両軍反則・両軍リングアウト・無効試合=0点


2017年11月「Jr.TAG BATTLE OF GLORY」日程

「2017 STARTING OVER 〜Jr.TAG BATTLE OF GLORY〜」
〜千葉EXTRA DREAM 18〜
11月3日(金・祝) 12:00 千葉・Blue Field【開幕戦】
青木篤志&佐藤光留vsB・タイガーZ&B・スパイダーZ
岩本煌史&岡田佑介vs鈴木鼓太郎&佐藤恵一

11月5日(日) 17:00 愛知・名古屋国際会議場
青木篤志&佐藤光留vs岩本煌史&岡田佑介
竹田誠志&丸山敦vs鈴木鼓太郎&佐藤恵一

11月6日(月) 18:30 三重・三重県営サンアリーナ・サブアリーナ(伊勢)
〜木原文人リングアナ 入団30周年突破記念大会〜
青木篤志&佐藤光留vs鈴木鼓太郎&佐藤恵一
竹田誠志&丸山敦vsB・タイガーZ&B・スパイダーZ

11月7日(火) 18:30 岐阜・じゅうろくプラザ
岩本煌史&岡田佑介vs竹田誠志&丸山敦
鈴木鼓太郎&佐藤恵一vsB・タイガーZ&B・スパイダーZ

11月9日(木) 18:30 東京・後楽園ホール【最終戦・優勝決定戦】
青木篤志&佐藤光留vs竹田誠志&丸山敦
岩本煌史&岡田佑介vsB・タイガーZ&B・スパイダーZ


[273] fun◇fLongoRY - 2017/09/14(Thu) 11:12 ID:K61CyBWw  [No.107755]
「第5回 王道トーナメント」
9月12日(火)東京・後楽園ホール【開幕戦・一回戦】

遅くなりましたが試合後のコメントです。

<第1試合>8人タッグマッチ
中島洋平&田中稔&丸山敦&岡田佑介
vs
U・ドラゴン&鈴木鼓太郎&マッシモ&ダニー・ジョーンズ

中島洋平
「岡田も(鼓太郎らベテラン勢に噛み付いていく)気持ち持ってるのは分かる。だけどな、九州から口にも行動にも出さなかった。だけど、一番(その気持ちを)持ってるのは俺だって!」

鈴木鼓太郎
――やはり中島選手、岡田選手は生の感情をぶつけてきました
「そりゃ気に食わないでしょう。俺は(全日本プロレスを)抜けてるからね、1年8か月経ってなんで来るんだって、そう言ったのは青木だけど、そう思っているのは青木だけじゃないでしょう。まぁ俺も青木とやるためにここに戻ってきたけれど、でも売られた喧嘩は全部買う。売られた喧嘩をスルーして青木だけとやるなんて、俺はそこまで(人間が)できてないから。喧嘩売ってくるんなら誰でもいいよ。次は王道トーナメント。その次は青木の先にもまだまだあるからね。俺も結局王道トーナメント3回目か。一回戦突破してるくらいしか実績残していないからね。トーナメントに関してはでかいこと言えないけど、まず自分の道。青木は絶対勝てるって言える相手じゃないけど、負けることは考えていないし、すべて出し切らないとあいつは立ってくるだろうしね。もっと心して行きます。全開全力で」

――ファンの気持ちとしては鼓太郎選手の参戦にワクワクしている空気を感じましたが?
「それだったら何よりですよ。俺が来ることによって岡田だって注目を浴びてるわけだし。それをドンドン利用していけば。喧嘩も売りっぱなしじゃなくてしっかり来いよってね。岩本も含めて」

――今回はトーナメントに集中して、その後はまたジュニア戦線に入っていくことをファンも期待しています
「もちろん!やり残していることはいっぱいあるしね。所属のジュニア全員に喧嘩売られているわけだから。全員やってやるよ・・・という気持ちです」


<第3試合>タッグマッチ
諏訪魔&青木篤志 vs J・ドーリング&佐藤光留

諏訪魔
「アイツはなんなんだ、ジョーは。リング上で1対1でやらせろっつーんだ!試合にもなってねぇよこんなんじゃ!納得行かねぇよ!1対1でやってみろお前!」

ジョー・ドーリング
「俺は今までEvolutionを助けてきた。そしてこれからは・・・Evoluionを殺す」

佐藤光留はノーコメント


[274] fun◇fLongoRY - 2017/09/14(Thu) 11:13 ID:K61CyBWw  [No.107756]
「第5回 王道トーナメント」
9月12日(火)東京・後楽園ホール【開幕戦・一回戦】

遅くなりましたが試合後のコメントです。

<第4試合>第5回王道トーナメント 公式戦 一回戦 時間無制限1本勝負
ヨシタツ vs TAJIRI

ヨシタツ
「いやぁ激しい試合で血が出ちゃった(笑)。まぁね、それは冗談としてTAJIRIさんは曲者だからもっと上に行かないとと思って。ありとあらゆる準備をしてきて効を奏した。やっぱTAJIRIさんすごい!このくらいの(短時間での)試合だったからいいけど、もっと長引いたら危なかったと思う。すごいレスラーですよ。あとひとつ感じたのはTAJIRIさんは4、5年向こう(アメリカ)にいて、俺は7年。やっぱり向こうにちょっとだけ行ったレスラーと長くいたレスラーは違うんだよね。TAJIRIさん、俺と似てるなってところが正直ありました。初めてやったんだけどもっとやりたいなって。でもTAJIRIさんもびっくりしたんじゃない?毒霧なんてWWEの一軍に上がる前くらい以来だからね。8年か9年ぶりくらい。まぁまんまと。あと上がりは完璧じゃなかったけどバックドロップ。あれで勝てたというのは大きいね。これからあれを解禁していきます。やっとできた。もう覚えていないと思うけど、俺が最後に日本で試合をしたのは5月のシリーズ。けっこうSANADAと当たることが多くて、連日トライしたんだけど1回も決まらなくて。そこから4か月。アメリカにいるうちにずっと練習してきてやっと今日、勝つことができた。これは大きな自信になる。皮肉なもんで俺はあの技をストロング・スタイルの象徴のような技と思っているんだけど、それをアメプロ代表みたいなTAJIRIさんに解禁というのはね(笑)。なんか皮肉というかプロレスだと思いますね。これで解禁して次が宮原かKAIかは知らないけれど、当然狙っていくし、楽しみですね。これから。今日は新しいヨシタツの第一歩。そう言い切れると思う。今後ともみなさん、よろしくお願いします」


<第5試合>第5回王道トーナメント 公式戦 一回戦 時間無制限1本勝負
石川修司 vs ボディガー

石川修司
「1回戦、ボディガー選手戦。歳は俺より5つくらい上だけど、コンディション、佇まい、尊敬している選手ですけど、俺の今年の目標は全日本のリングでリーグ戦もトーナメントも全部獲ることなんで、このまま終われない。優勝するまで戦う。皆強豪ですけど、誰よりも立ち上がる自信はあるんで。自分がグランドスラム、行っちゃいますよ」


[275] fun◇fLongoRY - 2017/09/14(Thu) 11:14 ID:K61CyBWw  [No.107757]
「第5回 王道トーナメント」
9月12日(火)東京・後楽園ホール【開幕戦・一回戦】

遅くなりましたが試合後のコメントです。

<第6試合>第5回王道トーナメント 公式戦 一回戦 時間無制限1本勝負
ゼウス vs 崔 領ニ

<試合後コメント>
ゼウス
「今日の試合は、僕の大切な、ガンと戦っている友人が今日手術。無事に、大成功しました!昨日、記者会見の前に千葉の方の亀田病院まで行ってきて、約束してきたんです。『明日の一戦は吉賀さんに捧げます』と。今日は吉賀さんに捧げるために、なんの力にも負けへん気持ちで、勇気を持ってやりきりました!それを皆さんが楽しんで喜んで見ていただけていたら、良かったし幸せです。これからも一戦一戦全力ファイトでやっていきますんで、どうか皆さん、ホンマに私生活もプロレスも不器用な僕ですが、一生懸命頑張っていますんで、どうかよろしくお願いします!ありがとうございました!」
(※ボディビルダーのBIG TOEこと吉賀俊行氏)

――2回戦の相手が石川修司選手に決まりましたが
「ああ、そうなんですね!まあ、石川選手が上がってきてもボディガーが上がってきても、僕からはどうでもいいことであって、石川やろうがなんやろうが、地元大阪でボッコボコにしばいたりますよ!」

――ご友人のためにも負けられませんね
「そうですね!今日、手術決まってて、昨日お見舞いに行って、強い力を授かって、この一戦を捧げることが出来て良かった。次の試合は、ファンの皆さまを一番に思って試合させていただきますので!吉賀さんも全快することを祈っております!この一戦に捧げるつもりやったからこそ、こういう試合ができたんだと思います」

崔領二
「俺は所属じゃないけどランズエンドと全日本って俺と秋山さんの結びつきがすごく深いから、他団体って(感覚が)あってないようなものだけど、今の全日本をひとことで言い表せって言ったら崔対ゼウスじゃないかと俺は勝手に思っています。ゼウスはポテンシャルはピカイチだと思ってます。だけどあいつは気を使ってるんですよ、いろんな物事に。ボディガーさんも言ってたけど、あいつの魅力はは予想外な破天荒な荒くれ者っていうとこだと思うんで、そこを引き出せるのは全日本では俺だけかなって勝手に思ってるんで。試合見てもらったらわかると思うんですけど、みんなよ〜く聞いてくださいね?『プロレスはショーでしょう』とか、『エンターテインメントでしょう』とか言われて、レスラーたちは怒るんですよ。ナメんなと。俺だって怒るよ。ナメてんのかって。だけどそれは言葉で返すんじゃなくて俺はゼウスと俺のような試合で、そういうヤツらに戦いで返したいなって。今のレスラー見てたら甘っちょろいヤツらばっかりだなって正直思っていますよ。他人のことどうこう言いたくないけど。将来のことも金のことも下の子の未来も全部ひっくるめて考えてるヤツがどれだけおるか?おらんよ!少なくともね、ゼウスは考えてる。秋山さんも諏訪魔さんも。この団体はね、まっすぐなんですよ。だからここで自分たちの道を信じて全日本の道、俺の道、ゼウスの道。みんなの道があるだろう。もうプロレス界の、プロレス村の話なんてどうでもいいんですよ。いい車乗って、一億円の物件を100個200個持って、後輩にいい飯食わせたい。それは俺らも一緒ですよ。そのために今、俺らが何をすべきか?それを考えたらわかるはずですよ。負けましたけど、近い将来、ランズエンド、これが正しい道に導いていきます。プロレス界だけでどうこう言っていたら遅いよ。無理無理、そんなんじゃ。でもここのトーナメント、ここのベルトはすごい大事。それと同じくらい俺はゼウスとの戦いはすごく大事。いろんなことを頭にしっかり入れて、これからやっていきたいと思います。俺はちっちゃいところは見ていないんで。もう少しで発表します。来月とかさ来月とか」




[276] fun◇fLongoRY - 2017/09/14(Thu) 11:15 ID:K61CyBWw  [No.107758]
連続投稿失礼します。

「第5回 王道トーナメント」
9月12日(火)東京・後楽園ホール【開幕戦・一回戦】

遅くなりましたが試合後のコメントです。

<第7試合>第5回王道トーナメント 公式戦 一回戦 時間無制限1本勝負
宮原健斗 vs KAI

KAI「負けたまんまじゃ終わらねぇぞ」

試合後リング上にヨシタツが現れる。
ヨシタツ「全日本プロレスの頂点、三冠チャンピオンとまさかこんなに早くシングルマッチをやれるチャンスがやってくるとはな。宮原、なんで俺がリングに上ってきたかわかるか?それはな、宣言するためだよ。9月18日、大阪、この、三冠チャンピオン宮原健斗を倒して、そのまま勝ち続けて、第5回王道トーナメントを制するのはこのワールド・フェイマス、ヨシタツだ!皆さん応援よろしくお願いします」

宮原「おい!フェイマスなんとか、お前にも教えといてやる。この俺、プロレス界で最も最高の男、第57代三冠ヘビー級チャンピオンが胸を貸してあげましょう(リング周りからKAIとヨシタツが去る)第5回王道トーナメントが開幕しました!開幕、したついでに!後楽園ホールの皆さんに聞きたい。王道トーナメント誰の、優勝を望み!誰が優勝するとお思いですか!?後楽園ホールの皆さんの正直な声を聞かせてくれ!!正直な声を聞かせてくれ!(様々な声が上がる)満場一致で宮原健斗です!ということでありがとうございました(一度リングを降りて、もう一度リングに上がりマイクを握ると)後楽園の皆さんに聞きたい!全日本プロレス、最高ですか!?聞こえないなぁ(リングに倒れる)全日本プロレス、最高ですか!(最高!)OKラスト!全日本プロレス最高ですか!!(最高)後楽園、最高!」

<試合後のコメント>
宮原健斗
「初戦突破!初戦突破ァ!1回戦を勝ち進めば自ずと優勝が見えてくる。そのくらい俺は今日の一戦に賭けてた。KAI、KAIよ、最高のレスラーじゃねぇか。俺の次の次くらいに、最高のレスラーだよ。全日本のヘビー級には、あんな奴が……すぐこのベルトに挑戦してもおかしくない選手がいっぱいいる。今日は改めて、気ィ抜けねぇなと思ったよ。俺は今、プロレス界で最も最高の男だから、負ける訳にはいかない。2回戦、フェイマスなんちゃら……胸を貸してやるぜ!」



[277] fun◇fLongoRY - 2017/09/17(Sun) 08:05 ID:JZ1T7lI.  [No.107763]
「第5回 王道トーナメント」[観衆]799人(満員)
9月16日(土)埼玉・北本市体育センター【一回戦】

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
丸山敦&岡田佑介×
3分55秒 ファルコンアロー→エビ固め
マッシモ&D・ジョーンズ○

<第2試合>6人タッグマッチ
石川修司&秋山準&大森隆男○
10分13秒 アックスボンバー→片エビ固め
崔 領ニ&征矢学&不動力也×

<第3試合>6人タッグマッチ
宮原健斗&○ヨシタツ&U・ドラゴン
10分21秒 バックドロップ→片エビ固め
KAI&TAJIRI&中島洋平×

<第4試合>第5回王道トーナメント 公式戦 一回戦 時間無制限1本勝負
○岩本煌史
10分52秒 ジャーマンスープレックスホールド
×青柳優馬

<第5試合>第5回王道トーナメント 公式戦 一回戦 時間無制限1本勝負
○J・ドーリング
4分14秒 ラリアット→片エビ固め
×佐藤光留

<第6試合>第5回王道トーナメント 公式戦 一回戦 時間無制限1本勝負
○諏訪魔
13分33秒 ラストライド→体固め
×野村直矢

<第7試合>第5回王道トーナメント 公式戦 一回戦 時間無制限1本勝負
○青木篤志
20分48秒 オブジェクト
×鈴木鼓太郎


※「第5回 王道トーナメント」【二回戦】
9・19日名古屋大会の対戦カードが決定。

第5回 王道トーナメント 公式戦 二回戦 時間無制限1本勝負
ジョー・ドーリング
VS
青木篤志

第5回 王道トーナメント 公式戦 二回戦 時間無制限1本勝負
諏訪魔
VS
岩本煌史


[278] fun◇fLongoRY - 2017/09/19(Tue) 04:33 ID:QOAy/6PM  [No.107771]
「第5回 王道トーナメント」
9月18日(月・祝)大阪・エディオンアリーナ大阪(府立体育会館)第2競技場【二回戦】[観衆]612人(超満員)

試合結果です。

<第1試合>6人タッグマッチ
野村直矢&○岩本煌史&青柳優馬
3分48秒 孤高の芸術→片エビ固め
J・ドーリング&マッシモ&D・ジョーンズ×

<第2試合>6人タッグマッチ
KAI&TAJIRI&中島洋平×
6分07秒 バウンス→片エビ固め
崔 領ニ&○ボディガー&丸山敦

<第3試合>GAORA TV チャンピオンシップ前哨戦 8人タッグマッチ
○秋山準&大森隆男&佐藤光留&鈴木鼓太郎
14分15秒 逆エビ固め
諏訪魔&青木篤志&田中稔&岡田佑介×

<第4試合>世界ジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【第45代王者】○ U・ドラゴン
15分29秒 ラ・マヒストラル
【挑戦者】×ビリーケン・キッド
※ウルティモが初防衛に成功

<第5試合>第5回 王道トーナメント 公式戦 二回戦 時間無制限1本勝負
×ゼウス
スプラッシュマウンテン→エビ固め
○石川修司

<第6試合>第5回 王道トーナメント 公式戦 二回戦 時間無制限1本勝負
○宮原健斗
19分13秒 シャットダウン・スープレックス・ホールド
×ヨシタツ


※【第5回 王道トーナメント [準決勝・優勝決定戦]】
9月23日(土・祝)宮城・夢メッセみやぎ 西館ホール(仙台)
準決勝の対戦カードが決定。

第5回 王道トーナメント 準決勝 時間無制限1本勝負
宮原健斗
VS
石川修司


[279] fun◇fLongoRY - 2017/09/20(Wed) 07:33 ID:DBkFQ6jo  [No.107775]
「第5回 王道トーナメント」
9月19日(火)愛知・名古屋市枇杷島スポーツセンター・第1競技場【二回戦】[観衆]401人

試合結果です。

<第1試合>世界ジュニアヘビー級選手権試合 前哨戦 8人タッグマッチ
大森隆男&U・ドラゴン&丸山敦&岡田佑介×
10分30秒 パズソーキック→片エビ固め
KAI&○TAJIRI&中島洋平&鈴木鼓太郎

<第2試合>10人タッグマッチ
ゼウス&ボディガー&佐藤光留&阿部史典&レブロン×
9分38秒 那智の滝→エビ固め
石川修司&○崔 領ニ&影山道雄&石切&小仲=ペールワン

<第3試合>6人タッグマッチ
○宮原健斗&野村直矢&青柳優馬
11分36秒 ジャーマンスープレックスホールド
ヨシタツ&×マッシモ&D・ジョーンズ

<第4試合>GAORA TVチャンピオンシップ
【第15代王者】○秋山準
11分05秒 リストクラッチ式首固め
【挑戦者】×田中稔
※秋山が5度目の防衛戦に成功

<第5試合>第5回 王道トーナメント 公式戦 二回戦 時間無制限1本勝負
○J・ドーリング
3分51秒 フライングボディアタック→体固め
×青木篤志

<第6試合>第5回 王道トーナメント 公式戦 二回戦 時間無制限1本勝負
○諏訪魔
13分05秒 ラストライド→体固め
×岩本煌史



[280] fun◇fLongoRY - 2017/09/20(Wed) 07:34 ID:DBkFQ6jo  [No.107776]
連続投稿失礼します。

「第5回 王道トーナメント」【準決勝・優勝決定戦】
9月23日(土・祝) 17:00 宮城・夢メッセみやぎ 西館ホール(仙台)

全対戦カードが決定

6人タッグマッチ
KAI&野村直矢&青柳優馬
VS
マッシモ&ダニー・ジョーンズ&岡田佑介

第5回 王道トーナメント 準決勝 時間無制限1本勝負
諏訪魔
VS
ジョー・ドーリング

第5回 王道トーナメント 準決勝 時間無制限1本勝負
宮原健斗
VS
石川修司

6人タッグマッチ
青木篤志&岩本煌史&愛澤 No.1
VS
佐藤光留&中島洋平&鈴木鼓太郎

世界ジュニアヘビー級選手権試合前哨戦 10人タッグマッチ
秋山準&大森隆男&ウルティモ・ドラゴン&ヨシタツ&菊地毅
VS
ゼウス&ボディガー&崔 領ニ&TAJIRI&丸山敦

第5回 王道トーナメント 優勝決定戦 時間無制限1本勝負
諏訪魔vsジョー・ドーリングの勝者
VS
宮原健斗vs石川修司の勝者


[281] ただの全日ファン - 2017/09/23(Sat) 20:10 ID:x7VEY/k6  [No.107786]
全日本プロレスのHPに今日の試合の結果が出てるので良いとしよう。
今日の試合、王道トーナメント優勝を決めた諏訪魔が、優勝セレモニー後、再度石川修司にタッグ結成を打診し、石川修司も領して、諏訪魔&石川修司のタッグ結成となった。
2人でのインタビューでの石川修司のすがすがし顔をしてたのが印象的だったな。
これで、諏訪魔&石川修司が世界最強タッグ優勝最有力候補となりましたね。
諏訪魔が「プロレス界をかき回そう。」と言ってたので世界タッグの奪取を始め、BJWタッグ、KO−Dタッグ奪取をして欲しいですね。
対関本大介&岡林裕二、対HARASHIMA&丸藤正道を見てみたい。


[282] fun◇fLongoRY - 2017/09/24(Sun) 03:46 ID:hHZ/qtQ6  [No.107789]
「第5回 王道トーナメント」【準決勝・優勝決定戦】
9月23日(土・祝)宮城・夢メッセみやぎ 西館ホール(仙台)
[観衆]477人(超満員札止め)

試合結果です。

<第1試合>6人タッグマッチ
KAI&野村直矢&青柳優馬○
5分25秒 ジャーマンスープレックスホールド
マッシモ&D・ジョーンズ&岡田佑介×

<第2試合>第5回 王道トーナメント 準決勝 時間無制限1本勝負
○諏訪魔
7分43秒 万力固め
×J・ドーリング
※諏訪魔が決勝進出

<第3試合>第5回 王道トーナメント 準決勝 時間無制限1本勝負
×宮原健斗
13分41秒 スプラッシュマウンテン→エビ固め
○石川修司
※石川修司が決勝進出

<第4試合>6人タッグマッチ
○青木篤志&岩本煌史&愛澤 No.1
12分16秒 テキサスクローバーホールド
鈴木鼓太郎&佐藤光留&中島洋平×

<第5試合>世界ジュニアヘビー級選手権試合前哨戦 10人タッグマッチ
秋山準&大森隆男&ヨシタツ&○U・ドラゴン&菊地毅
7分29秒 ラ・マヒストラル
ゼウス&ボディガー&崔 領ニ&TAJIRI&丸山敦×

<第6試合>第5回 王道トーナメント 優勝決定戦 時間無制限1本勝負
○諏訪魔
16分54秒 バックドロップホールド
×石川修司
※諏訪魔が2年連続2度目の優勝


[283] fun◇fLongoRY - 2017/09/24(Sun) 03:49 ID:hHZ/qtQ6  [No.107790]
連続投稿失礼します。

>全日ファンさん

決勝、サムライTVで生で放送してましたね。
今年3度目の石川vs宮原、石川vs諏訪魔が観られて熱い内容で良かったです。
優勝した諏訪魔もこれで両国大会の汚名返上での三冠挑戦権ゲットですね。

諏訪魔&石川修司ですが、最強タッグでまず優勝候補…。今後に期待がかかる最強コンビの誕生って感じですね。

ただ、正直このライバル対決も終わりにしてほしくないのですが… (;^_^A


[284] fun◇fLongoRY - 2017/09/25(Mon) 06:53 ID:D/C69nXU  [No.107791]
「第44回藤沢市民まつり 〜遊行寺でプロレスをするぞ!オイッ!!〜」
9月24日(日)遊行寺 境内(観覧無料)

試合結果です。

シングルマッチ
◯青柳優馬
10分34秒 逆エビ固め
×岡田佑介

タッグマッチ
◯諏訪魔&江の島マン
21分22秒 ラストライド→エビ固め
マッシモ&D・ジョーンズ×


[285] fun◇fLongoRY - 2017/09/26(Tue) 08:16 ID:EkhsGo/c  [No.107802]
「2017 旗揚げ記念シリーズ」【開幕戦】
9月30日 (土) 17:00〜群馬・ヤマダグリーンドーム前橋サブイベントエリア

アジアタッグ選手権試合開催が決定。

アジアタッグ選手権試合
【第102代王者組】TAKAみちのく&ブラック・タイガーZ
VS
【挑戦者組】野村直矢&青柳優馬
※第102代王者組・TAKAみちのく&B・タイガーZ 初防衛戦


9月30日(土)前橋大会にて行われる、そのアジアタッグ選手権試合に向けて
アジアタッグ王者組 TAKAみちのく、ブラック・タイガーZよりコメントが届いたそうです。


TAKAみちのくのコメント

「やっと誰か挑戦名乗りあげたようですね
誰とやるか知りませんが俺達が楽しめる相手を用意してください 」

ブラック・タイガーZコメント

「大森取締役最近調子はどうですか?
私、ブラック・タイガーZは現アジアタッグチャンピオンなのに
王道トーナメントに呼ばれず…
大森取締役と同じお酒に頼る日々を過ごしています…
9/30前橋大会に呼ばれたと思ったら
前哨戦もなくアジアタッグの防衛戦が決まってましたね…
大森取締役の若い奴らから人望を得る為に職権乱用で決まった防衛戦…
大森取締役の人望の無さが表に出てしまいました。
しかし私は大森取締役が大好きなので
大森取締役に貸しということで
しっかりと防衛して大森取締役の陰謀から
全日本プロレスを救います。

フロム鳥取


[286] fun◇fLongoRY - 2017/09/26(Tue) 08:17 ID:EkhsGo/c  [No.107803]
10.9後楽園大会にて三冠ヘビー級選手権次期挑戦者決定戦、ジョー・ドーリングvs石川修司が決定。

次期挑戦者決定戦に向けてジョー・ドーリング、石川修司のコメント


石川修司のコメント

「王道トーナメントが準優勝で終わり、三冠挑戦への道が途絶えたと思っていたら、
三冠挑戦者決定戦に選ばれたとの事で、もう一度三冠への道が開かれたので
このチャンスをものにしたいと思います。
相手はジョーという事でチャンピオンカーニバルで勝っていますが、
記憶がないので今度はしっかり勝って勝ち名乗りを上げたいと思います。 」
石川修司

ジョー・ドーリングのコメント

「俺は必ず三冠王者になる!それだけだ!」      ジョー・ドーリング


[287] fun◇fLongoRY - 2017/09/26(Tue) 08:17 ID:EkhsGo/c  [No.107804]
連続投稿失礼します。

「2017 旗揚げ記念シリーズ」

主要対戦カードです。
10・9後楽園で宮原vs諏訪魔の三冠戦、ドーリングvs石川の次期挑戦者決定戦、西村修vsD・ジョーンズの!BANG!TV 世界ヘビー級選手権試合を開催。
10・21横浜文体で秋山&大森デビュー25周年記念大会、世界タッグ、関本&岡林に挑戦、三冠戦で10・9後楽園大会の勝者同士の選手権試合が行われます。

10月5日(木)19:00〜東京・新木場 1stRING
「2017旗揚げ記念シリーズ BS11 presents GROWIN’ UP vol.7」
シングルマッチ
岡田佑介 VS 佐藤恵一

シングルマッチ
秋山準 VS 鈴木鼓太郎
タッグマッチ
野村直矢&青柳優馬 VS 征矢学&ブラック・タイガーZ

タッグマッチ
中島洋平&岩本煌史 VS 稲葉大樹&吉岡世起

6人タッグマッチ
大森隆男&丸山敦&阿部史典 VS 土肥孝司&熊ゴロー&アンディ・ウー

三冠ヘビー級選手権試合 前哨戦 8人タッグマッチ
宮原健斗&KAI&佐藤光留&ダニー・ジョーンズ
VS
諏訪魔&青木篤志&石川修司&TAJIRI


10月9日 (月・祝)18:30〜東京・後楽園ホール
シングルマッチ
岩本煌史 VS 鈴木鼓太郎

6人タッグマッチ
渕正信&太陽ケア&征矢学 VS 中島洋平&TAJIRI&阿部史典

6人タッグマッチ
野村直矢&青柳優馬&KAIVS 青木篤志&岡田佑介&佐藤光留

!BANG!TV 世界ヘビー級選手権試合  3分 10Round 1本勝負
【第3代王者】西村修 VS【挑戦者】ダニー・ジョーンズ
※第3代王者・西村修、4度目の防衛戦

タッグマッチ
秋山準大森隆男 VS ゼウスボディガー

三冠ヘビー級選手権次期挑戦者決定戦
ジョー・ドーリング VS 石川修司

三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【第57代王者】宮原健斗 VS【挑戦者】諏訪魔
※第57代王者・宮原健斗、初防衛戦

10月11日(水)18:30〜〜STAND UP! ROCKSTAR 2〜長野・キッセイ文化ホール(松本文化会館)中ホール
タッグマッチ
秋山準&大森隆男 VS 青木篤志&佐藤光留

タッグマッチ
諏訪魔&石川修司 VS ジョー・ドーリング&ダニー・ジョーンズ

6人タッグマッチ
宮原健斗&野村直矢&青柳優馬 VS 崔 領ニ&不動力也&石切


10月14日(土)18:00〜埼玉・蓮田市総合市民体育館(パルシー)
タッグマッチ
大森隆男&中島洋平 VS 征矢学&ブラック・タイガーZ

タッグマッチ
秋山準&ゼウス VS ジョー・ドーリング&ダニー・ジョーンズ

6人タッグマッチ
宮原健斗&野村直矢&青柳優馬 VS 諏訪魔&青木篤志&石川修司


10月15日(日)17:00〜静岡・アクトシティ浜松
6人タッグマッチ
ゼウス&岩本煌史&岡田佑介 VS 土肥孝司&熊ゴロー&吉岡 世起

シングルマッチ
ジョー・ドーリング VS KAI

タッグマッチ
宮原健斗&野村直矢 VS 諏訪魔&石川修司


10月18日(水)18:30〜栃木・足利市民プラザ
タッグマッチ
秋山準&大森隆男 VS 征矢学&ブラック・タイガーZ

Jr.TAG BATTLE OF GLORY 前哨戦 タッグマッチ
岩本煌史&岡田佑介 VS 鈴木鼓太郎&佐藤恵一

6人タッグマッチ
宮原健斗&野村直矢&青柳優馬 VS 崔 領ニ&不動力也&石切

6人タッグマッチ
諏訪魔&青木篤志&石川修司 VS ジョー・ドーリング&TAJIRI&ダニー・ジョーンズ



10月21日(土) 17:00〜神奈川・横浜文化体育館
「旗揚げ記念シリーズ 最終戦〜秋山準&大森隆男デビュー25周年記念大会〜」
世界タッグ選手権試合 60分1本勝負
【第77代王者組】関本大介&岡林裕二 VS【挑戦者組】秋山準&大森隆男
※第77代王者組・関本&岡林、初防衛戦

三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
10.9後楽園「宮原健斗vs諏訪魔」の勝者
VS
10.9後楽園「ジョー・ドーリングvs石川修司」の勝者

世界ジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【第45代 王者】ウルティモ・ドラゴン VS【挑戦者】TAJIRI
※第45代 王者・ウルティモ・ドラゴン、2度目の防衛戦

タッグマッチ
中島洋平&鈴木鼓太郎 VS 岩本煌史&岡田佑介


[288] fun◇fLongoRY - 2017/10/01(Sun) 06:01 ID:  [No.107811]
「2017 旗揚げ記念シリーズ」【開幕戦】
9月30日 (土)群馬・ヤマダグリーンドーム前橋サブイベントエリア[観衆]352人

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
青木篤志&岡田佑介×
10分15秒 チキンウイングアームロック
○佐藤光留&青木優也

<第2試合>タッグマッチ
中島洋平&丸山敦×
6分40秒 ハイキック→片エビ固め
○TAJIRI&マッシモ

<第3試合>シングルマッチ
○諏訪魔
10分26秒 レフェリーストップ(万力スリーパー)
×岩本煌史

<第4試合>2017 旗揚げ記念試合 in 前橋 世界タッグ選手権試合 前哨戦
○関本大介&岡林裕二&グレート小鹿
15分15秒 アルゼンチンバックブリーカー
秋山準&大森隆男&渕正信×

<第5試合>アジアタッグ選手権試合
【第102代王者組】TAKAみちのく&ブラック・タイガーZ×
14分03秒 ロックスターバスター→片エビ固め
【挑戦者組】野村直矢&青柳優馬○
※野村&青柳が第103代王者組となる

<第6試合>6人タッグマッチ
○宮原健斗&吉江豊&KAI
17分06秒 ジャーマンスープレックスホールド
石川修司&巨木フトシ&D・ジョーンズ×


[289] fun◇fLongoRY - 2017/10/02(Mon) 10:16 ID:  [No.107817]
「2017 旗揚げ記念シリーズ」
10月1日 (日)新潟・三条市厚生福祉会館 [観衆]595人(満員)

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○TAJIRI
4分08秒 逆エビ固め
×丸山敦

<第2試合>タッグマッチ
○大森隆男&吉江豊
9分29秒 アックスボンバー→片エビ固め
×シマ重野&B・THE・良寛

<第3試合>タッグマッチ
×マッシモ&中島洋平
8分09秒木こりカッター →片エビ固め
○巨木フトシ&D・ジョーンズ

<第4試合>2017 旗揚げ記念試合 in 三条 Jr.プレミアムタッグマッチ
青木篤志&岩本煌史○
10分14秒 肩固め
×佐藤光留&鈴木鼓太郎

<第5試合>2017 旗揚げ記念試合 in 三条 世界タッグ選手権試合 前哨戦
○関本大介&グレート小鹿&青木優也
11分23秒 ラリアット→片エビ固め
秋山準&渕正信&岡田佑介×

<第6試合>2017 旗揚げ記念試合 in 三条 三冠ヘビー級選手権試合 前哨戦
宮原健斗&KAI&野村直矢&青柳優馬×
17分30秒 ラストライド→体固め
○諏訪魔&石川修司&ゼウス&崔 領ニ


[290] fun◇fLongoRY - 2017/10/02(Mon) 10:17 ID:  [No.107818]
連続投稿失礼します。

9月30日、前橋大会にて行われたアジアタッグ選手権試合において、試合後にブラック・タイガーZ選手が10.5新木場大会で行われる
「野村直矢&青柳優馬vs征矢学&ブラック・タイガーZ」戦での挑戦を要求し、王者組はこれを快諾。

協議の結果、PWF本部は正式に「アジアタッグ選手権試合」を行う事と決定。
これに伴い下記の通りアジアタッグ選手権試合に変更との事。

「2017 旗揚げ記念シリーズ」
10月5日(木) 東京・新木場 1stRING

アジアタッグ選手権試合 ※変更カード
【第103代王者組】野村直矢&青柳優馬
vs
【挑戦者組】征矢学&ブラック・タイガーZ
※第103代王者組・野村&青柳、初防衛戦


[291] fun◇fLongoRY - 2017/10/03(Tue) 06:02 ID:  [No.107823]
「2017 旗揚げ記念シリーズ」
10月2日 (月)福島・ルネッサンス中の島(会津若松)

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
×岡田佑介
6分26秒 逆エビ固め
○青木優也

<第2試合>シングルマッチ
○佐藤光留
6分25秒 エビ固め
×丸山敦

<第3試合>タッグマッチ
ゼウス&ボディガー○
8分40秒 バウンス→片エビ固め
吉江豊&岩本煌史×

<第4試合>2017 旗揚げ記念試合 in 会津若松 世界タッグ選手権試合 前哨戦
関本大介&グレート小鹿○&TAJIRI
9分50秒 関本のラリアット→体固め
秋山準&大森隆男&中島洋平×

<第5試合>タッグマッチ
○諏訪魔&青木篤志
9分51秒 レフェリーストップ(万力スリーパー)
石川修司&鈴木鼓太郎×

<第6試合>8人タッグマッチ
○宮原健斗&KAI&野村直矢&青柳優馬
16分37秒 ジャーマンスープレックスホールド
崔 領ニ&巨木フトシ&×マッシモ&D・ジョーンズ


[292] fun◇fLongoRY - 2017/10/06(Fri) 07:56 ID:  [No.107837]
「2017旗揚げ記念シリーズ BS11 presents GROWIN’ UP vol.7」
10月5日(木)19:00〜東京・新木場 1stRING [観衆]292人(超満員)

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
×岡田佑介
4分50秒 ジャーマンスープレックスホールド
○佐藤恵一

<第2試合>タッグマッチ
×中島洋平&岩本煌史
11分22秒レフェリーストップ(極反り卍固め)
○稲葉大樹&吉岡世起

<第3試合>6人タッグマッチ
大森隆男&丸山敦&阿部史典×
9分20秒 ダイビングセントーン→片エビ固め
土肥孝司&○熊ゴロー&アンディ・ウー

<第4試合>シングルマッチ
○秋山準
11分31秒 リストクラッチ式エクスプロイダー→体固め
×鈴木鼓太郎

<第5試合>アジアタッグ選手権試合
【第103代王者組】野村直矢&青柳優馬○
18分23秒 ロックスターバスター→片エビ固め
【挑戦者組】征矢学&B・タイガーZ×
※野村&青柳が初防衛に成功

<第6試合>三冠ヘビー級選手権試合 前哨戦 8人タッグマッチ
宮原健斗&KAI&佐藤光留×&D・ジョーンズ
21分39秒 ラストライド→体固め
○諏訪魔&石川修司&TAJIRI&青木篤志


[293] fun◇fLongoRY - 2017/10/08(Sun) 14:37 ID:  [No.107839]
「〜秋山準&大森隆男デビュー25周年記念大会〜」
10月21日(日)横浜文化体育館大会にて4大タイトルマッチ開催。
アジアタッグ選手権試合が追加で決定。

「旗揚げ記念シリーズ 最終戦
〜秋山準&大森隆男デビュー25周年記念大会〜」
10月21日(土)17:00〜神奈川・横浜文化体育館

アジアタッグ選手権試合
【第103代王者組】野村直矢&青柳優馬
vs
【挑戦者組】青木篤志&佐藤光留
※第103代王者組・野村&青柳、2度目の防衛戦

既報対戦カード

三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
10.9後楽園「宮原健斗vs諏訪魔」の勝者
VS
10.9後楽園「ジョー・ドーリングvs石川修司」の勝者

世界タッグ選手権試合 60分1本勝負
【第77代王者組】関本大介&岡林裕二
VS
【挑戦者組】秋山準&大森隆男
※第77代王者組・関本&岡林、初防衛戦

世界ジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【第45代 王者】ウルティモ・ドラゴン
VS
【挑戦者】TAJIRI
※第45代 王者・ウルティモ・ドラゴン、2度目の防衛戦

タッグマッチ
中島洋平&鈴木鼓太郎
VS
岩本煌史&岡田佑介

タッグマッチ
渕正信&西村修
VS
竹田誠志&丸山敦

タッグマッチ
崔 領ニ&石切
VS
KAI&阿部史典


[294] fun◇fLongoRY - 2017/10/08(Sun) 14:37 ID:  [No.107840]
連続投稿失礼します。

創立45周年を迎える全日本プロレスで長年エースとして君臨し、今年の「王道トーナメント」では、昨年に続き2連覇を達成した諏訪魔。

 9日の東京・後楽園ホール大会では宮原健斗の持つ三冠ヘビー級戦に臨む。大一番を迎える諏訪魔にスポナビがインタビューを実施。目前に迫った三冠戦、そして王座戴冠となった場合に行われる21日の神奈川・横浜文化体育館大会での初防衛戦について、さらに因縁の小島聡、藤田和之、そして現在リハビリ中の高山善廣について、今後の全日本プロレスについてなど、現在の心境について直撃...。


――まずは、9日の三冠戦について聞かせてください。宮原選手とは昨年の11.27両国国技館大会以来、約1年ぶりのタイトルマッチとなります。前回と比べて、心境的に違うものはありますか?

 場所は違うけど、状況は似ているね。王道トーナメントに優勝しての三冠挑戦。もう1回チャンレンジというのをあらためて感じるけど、今回は絶対に勝ちたいし、二度同じ失敗は繰り返したくないという思いが強い。前回は1月にアキレス腱を切って、そこから復活した勢いで挑戦した。あれから1年。確実にケガも治ってコンディションも去年より上がっている。今年の方がベストだね。

――前回の対戦時は、これまで一度も宮原選手にはシングルで負けたことがなかった状況で、初めて黒星を献上(26分21秒 シャットダウン式ジャーマンスープレックスホールド)しました。宮原選手も、1年前と比べてさらに成長したと感じますか?

 新しい、若い力がどんどん出てきて、1年前はすごい勢いがあった。そこからどうなったのか、去年の両国から1年間、互いに何をやってきたのか、形をぶつけ合う場だと思っている。

――宮原選手が三冠王者になってから、締めの「最高ですか」の掛け合いなど、会場の雰囲気が大きく変わったように感じます。もし、諏訪魔選手が1年9カ月ぶりに戴冠したら、どんなチャンピオン像を目指したいですか?

 ひと目見て、「コイツ強いな。やっぱり、これぞ全日本プロレスの三冠チャンピオンだよな」って、誰が見ても思うようなチャンピオン像を示していきたい。試合後の宮原の「最高」って締め方も、若いからできるかもしれないけど、オレは、ヘロヘロになるまで戦って、それでも最後にリングに立っている姿を見せて、余韻をじわじわ感じてもらえる、「すげえな」と思われるチャンピオンになりたい。まあ、宮原とは真逆だよね。

――今回ベルトを巻けば、三沢光晴選手、川田利明選手の5度を抜いて、単独で史上最多となる6度目の戴冠となります。記録という部分は意識していますか?

 いやー、お2人とも偉大ですからね。当然、とうてい及ばない。オレは、ただ長くやっているだけ。でも、やるからには、何回も記録を突き放すぐらいぶっちぎってやりたい。ただ、今回はまったく記録は意識してない。かなわないんでね、そこは。

――三冠王座を奪取した場合、21日の横浜文化体育館大会では、9日の後楽園大会で行われる石川修司選手vs.ジョー・ドーリング選手による次期挑戦者決定戦の勝者を迎え撃ちます。諏訪魔選手としては、どちらと戦ってみたいですか?

 うーん。どっちもだよね。ジョー、あの野郎。オレの試合をぶちこわして腹立ってる。王道トーナメント準決勝(9.23仙台)では丸め込みで勝ってる(7分43秒 万力固め)けど、ぶっ潰したい。石川はタッグパートナーになったことで、ぶつかったらまた面白いな。どっちとやるのも楽しみだよ。

――ドーリング選手は、7.30大阪大会で「これからは1人でやっていく」とEvolution離脱を表明。その後、8.27両国大会では小島聡戦の試合前に襲撃を仕掛けてきました。王道トーナメントでの1勝だけでは、気持ちの上では清算できていない感じですか?

 全然できていない。両国の試合をぶっ壊された意味が分からない。Evolutionを出て行くなら出ていけばいい。別にオレ1人でもいいしね。でも、両国で乱入してくるなら、正々堂々とやればいいじゃないか。許せないね。

――なぜ、ドーリング選手は、わざわざあの試合で仕掛けてきたと思いますか?

 両国でああいうことをすれば、一番自分の名前をアピールできると思ったんじゃないの。腹立たしいよね。

――もし、横浜で三冠戦となった場合、お互いの感情がぶつかり合う凄惨な試合になる可能性もありますが。

 そこは気をつけたいね。三冠戦なので、そういう試合にはしたくない。

――また、石川選手とは、4.16後楽園でのチャンピオン・カーニバル公式戦(13分48秒 バックドロップホールドで諏訪魔勝利)、7.17後楽園での三冠戦(19分37秒 ジャイアントスラムで石川勝利)、9.23仙台での王道トーナメント決勝戦(16分54秒 バックドロップホールドで諏訪魔勝利)と、今年3回対戦しています。やはり、戦うことで通じ合う部分というのはありましたか?

 それは一番あるね。ぶつかり合うことで、見えないところが見えてくる。ただ、このタッグがどうなるのか、まだ本格始動していないからね。この先、何が起きるか分からなくなっちゃうんじゃないかな。まったく先が読めないのも面白い。オレたちで、若い力はストップさせるべき。宮原も、去年の大躍進から1年経って、もういいだろ。リング上を訳が分からなくするのがオレの役割だから。若い奴らばかりじゃ面白くない。政治もそうでしょ(笑)。対抗がいて、いろんな意見があっていいんだよ。

――現在の全日本マットでは、宮原選手だけではなく、野村直矢選手&青柳優馬選手がアジアタッグ王座を戴冠するなど、若い選手の台頭が目立ってきています。諏訪魔選手も、若手選手の勢いを感じますか?

 感じるし、それはいいことだよね。でも、今までやってきた人間の力がどんどん前へ出てくるのも必要。すべては面白くするためだからね。

――諏訪魔選手も現在40歳ですが、さらに上の世代の秋山準選手、大森隆男選手や、世界的レジェンドのウルティモ・ドラゴン選手、さらにその上の渕正信選手まで、どんどんベテラン勢もタイトル戦線に出てきてほしいですか?

 出てくると思うし、オレも絡んでみたい。やっぱり、長くやっている選手は強いしね。

――他団体にはない全日本マットの魅力の一つとして、選手の年齢層の幅広さというのがあります。イキのいい若手から、円熟味のあるベテランまで、それぞれが持ち味を出しているのが、ファンの支持につながっていると思うのですが。

 オレもそう思う。若い奴らの力というなら、他団体、新日本の選手なんか、すごく派手だしね。でも、全日本はバラエティーに富んでいて、どんな年代もタイトルを狙ってくるのが目が離せない。若い奴でも、ベテランでも、本当に実力のある人がチャンピオンになればいいんじゃない。

――横浜での三冠戦の先は、いろいろな戦いが見えてくると思いますが、その中の一つとして、かつての先輩であり、8.27両国大会では納得のいかない形で敗れた(11分15秒 ラリアット)小島選手との再戦の可能性はありますか?

 そうそう簡単に次があるとは思っていない。次にやるなら、50周年、それとも100周年とか、それぐらいでないとやらないんじゃないかな。これからニアミスすることすらないかも。まあ、この世界、何があるか分からないけどね。

――小島選手が全日本を退団した後、6年前の11年11.10後楽園で開催された天龍源一郎選手の35周年記念大会では、6人タッグで対戦(天龍、鈴木みのる、諏訪魔組vs.佐々木健介、小島、太陽ケア組)したこともありました。こういう形での対戦の可能性も、もはやないかもしれないですね。ちなみに、自分からリマッチを要求するつもりはないですか。

 今は全日本を面白くすることしか考えていないんで。

――もう1人、藤田選手についてもお聞きしていいですか。藤田選手とは天龍選手の引退興行である15年11.15両国でタッグマッチで対戦(諏訪魔、岡林裕二組vs.藤田、関本大介組)したものの、まったく噛み合わず、不完全燃焼な内容に終わりました。その後、16年9.25RIZINさいたま大会後、藤田選手に引退報道が出た際には、諏訪魔選手も激怒していましたよね。ところが、ここに来て、10.31後楽園での大仁田厚引退試合の対戦相手として、プロレス復帰の話が浮上し、再びリングに上がる可能性も出てきましたが?

 そこはね、もう、時間の無駄。今は何も触れる気はないですね。

――諏訪魔選手としては、外敵よりも全日本内部に目を向けたいですか?

 面白い奴がいれば、外でも何でも構わないよ。現に石川とも組んでるしね。1年前はそういう考えはなかったけど、今年は外に出て、昔の仲間と絡んだこともあったし。そこにこだわりはない。三冠を賭けて外敵と戦うのもウェルカム。今の時代、何でもありでしょ。他団体とかでも、煙が立てばかみ付きにも行くし、面白くやりたいじゃないですか。

――もし万が一、9日の三冠戦に敗れた場合、横浜でやりたいことはありますか?

 今は三冠戦のことしか考えてない。それが宮原と戦うモチベーションにもなるし。まずは宮原に勝って、もっともっと全日本を面白くしていきたい。

――全日本プロレスは今年で創立45周年を迎えます。その先の未来について、諏訪魔選手はどうお考えですか?

 会社も新しい商品を作り上げていかないといけないけれど、そんな中で長生きする大木があってもいいと思う。オレが全日本じゃないんで、そこはみんなで作り上げていってほしい。一本筋を通してやっていけば、残っていけると思う。「激しい、強い、これぞプロレス」って団体であってほしいね。

――現在のプロレス界では、新日本プロレスの独り勝ちという状況が続いていますが、全日本も観客動員数など、着実に上昇してきています。

 独占ではなく、対抗にならないとダメ。全日本にはその可能性がある。若い奴も、飛べる奴も、面白い奴もいるし、いまはまだ発展途上だけど、まだまだ大きくなっていけると思う。

――最後に、全日本の元三冠王者であり、現在は頸髄完全損傷によってリハビリ中の高山選手についてもお聞きしたいのですが。

 大変なことになってて、胸が痛いね。

――09年8.30両国大会では、三冠王座を賭けて対戦(26分21秒 エベレストジャーマンスープレックスで王者・高山がV2)しています。

 あの試合がなければ、今の自分はいなかった。いい試合ができなくて悩んでいた時に、あの激しい試合があって、思い切り殴り合って吹っ切れた。高山さんには、元気になってもう1回リングに上がってほしい。同じ神奈川県藤沢市出身、同郷なんで、ぜひ一緒にリングに立ちたい。待っています。何かオレに力になることがあれば協力していきたい。恩人ですから。


[295] ただの全日ファン - 2017/10/08(Sun) 20:19 ID:  [No.107841]
今度のアジアタッグ戦、挑戦者の青木篤志&佐藤光留仲間割れしなければいいが。


[296] fun◇fLongoRY - 2017/10/10(Tue) 09:10 ID:hzT.eXbI  [No.107845]
「2017 旗揚げ記念シリーズ」
10月9日 (月・祝)東京・後楽園ホール[観衆]1301人(満員)

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
×岩本煌史
8分43秒 タイガードライバー→エビ固め
○鈴木鼓太郎

<第2試合>6人タッグマッチ
○太陽ケア&征矢学&渕正信
8分50秒 TKO34th→片エビ固め
TAJIRI&中島洋平&阿部史典×

<第3試合>6人タッグマッチ
○KAI&野村直矢&青柳優馬
10分35秒 垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め
青木篤志&佐藤光留&岡田佑介×

<第4試合>!BANG!TV 世界ヘビー級選手権試合  3分 10Round 1本勝負
【第3代王者】○西村修
3R、0分34秒 後方回転エビ固め
【挑戦者】×D・ジョーンズ
※西村が4度目の防衛に成功

<第5試合>タッグマッチ
秋山準&大森隆男○
スライディング式アックスボンバー→片エビ固め
ゼウス&ボディガー×

<第6試合>三冠ヘビー級選手権次期挑戦者決定戦
○J・ドーリング
ダイビングボディアタック→体固め
×石川修司

<第7試合>三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【第57代王者】×宮原健斗
31分03秒 ラストライド→体固め
【挑戦者】○諏訪魔
※諏訪魔が第58代王者となる。


[297] fun◇fLongoRY - 2017/10/10(Tue) 09:11 ID:hzT.eXbI  [No.107846]
「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜」【開幕戦】
11月19日(日)北海道・真駒内大会の一部対戦カードが決定。

神崎ユウキデビュー戦 タッグマッチ
青木篤志佐藤光留
VS
岡田佑介神崎ユウキ

シングルマッチ
KAI VS ヨシタツ

8人タッグマッチ
宮原健斗&ドリー・ファンク・Jr.&武藤敬司&ウルティモ・ドラゴン
VS
関本大介&TAJIRI&ブラック・タイガーZ&ダルトン・デリック


また、北海道・真駒内大会にてデビュー戦が決定した
練習生 神崎ユウキ(かんざき ゆうき)のプロフィールです。

選手プロフィール
神崎 ユウキ(かんざき ゆうき)
身長=169.5cm / 体重=75kg
生年月日=1995年10月17日 21歳
出身地=北海道札幌東区
入門日=2017年9月1日
出身校=クラーク国際記念高等学校
スポーツ歴=剣道、総合格闘技
目標選手=秋山準選手


[298] fun◇fLongoRY - 2017/10/10(Tue) 09:11 ID:hzT.eXbI  [No.107847]
連続投稿失礼します。

「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦」参加チームが決定。

「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦」

【出場チーム】
◆秋山 準 & 大森隆男組
◆宮原健斗 & ヨシタツ組
◆諏訪魔 & 石川修司組
◆ゼウス & ボディガー組
◆野村直矢 & 青柳優馬組 (現アジアタッグ王者組)
◆関本大介 & 岡林裕二組 (現世界タッグ王者組)
◆TAJIRI & KAI組
◆崔 領ニ & 将火怒組
◆征矢 学 & ブラック・タイガーZ組
◆ジョー・ドーリング & 太陽ケア

【試合形式及び、得点方法】
◆2017 世界最強タッグ決定リーグ戦は、参加全10チームが11月19日北海道真駒内大会〜
12月12日後楽園大会までの総当りリーグ戦、全45戦で得点を争い、最多得点チームが優勝となる。
◆同点チームが多数の場合は、12月12日後楽園大会にて優勝決定戦を行う。
◆公式リーグ戦は全て、PWFルールによるタッグマッチ30分1本勝負。
◆勝ち=2点、負け=0点、時間切れ引分け=1点  両軍反則・両軍リングアウト・無効試合=0点


「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜」日程
11月19日 (日) 15:00 北海道・真駒内セキスイハイム アイスアリーナ(札幌)【開幕戦】
11月21日 (火) 18:30  青森・青森産業会館
11月22日 (水) 18:30  岩手・岩手県営体育館(盛岡)
11月23日 (木・祝)17:00 宮城・夢メッセみやぎ 西館ホール(仙台)
11月26日 (日) 19:00  東京・新木場1stRING
11月28日 (火) 19:00  神奈川・横浜ラジアントホール
11月29日 (水) 18:30  新潟・上越観光物産センター
12月 2日 (土) 18:00  大阪・エディオンアリーナ大阪 第2競技場
12月 3日 (日) 17:00  広島・広島マリーナホップ
12月 4日 (月) 19:00  福岡・博多スターレーン
12月 5日 (火) 18:30  山口・周南市新南陽ふれあいセンター
12月 7日 (木) 18:30  香川・高松シンボルタワー 展示場
12月 8日 (金) 18:30  愛知・名古屋市露橋スポーツセンター
12月 9日 (土) 18:00  新潟・新潟市体育館
12月12日 (火) 18:30 東京・後楽園ホール【優勝決定戦】


[299] fun◇fLongoRY - 2017/10/12(Thu) 10:46 ID:2KBZMqPs  [No.107857]
10月21日(日)横浜文化体育館大会にヨシタツの緊急参戦が決定。
ヨシタツの参戦に伴いカード変更、及びその全対戦カードです。

「2017 旗揚げ記念シリーズ 【最終戦】 〜秋山準&大森隆男デビュー25周年記念大会〜」
10月21日(土)横浜文化体育館

タッグマッチ
中島洋平&鈴木鼓太郎
VS
岩本煌史&岡田佑介

タッグマッチ
渕正信&西村修
VS
竹田誠志&丸山敦

女子プロレス タッグマッチ
安納サオリ&万喜なつみ
VS
沙紀&加藤悠

6人タッグマッチ
崔 領ニ&不動力也&石切
VS
吉江豊&ダニー・ジョーンズ&阿部史典

世界ジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【第45代 王者】ウルティモ・ドラゴン
VS
【挑戦者】TAJIRI
※第45代 王者・ウルティモ・ドラゴン、2度目の防衛戦

アジアタッグ選手権試合 60分1本勝負
【第103代王者組】野村直矢&青柳優馬
VS
【挑戦者組】青木篤志&佐藤光留
※第103代王者組・野村&青柳、2度目の防衛戦

変更カード
6人タッグマッチ
宮原健斗&ヨシタツ&KAI
VS
ゼウス&石川修司&ボディガー

世界タッグ選手権試合 60分1本勝負
【第77代王者組】関本大介&岡林裕二
VS
【挑戦者組】秋山準&大森隆男
※第77代王者組・関本&岡林、初防衛戦

三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【第58代王者】諏訪魔
VS
【挑戦者】ジョー・ドーリング
※第58代王者・諏訪魔、初防衛戦


[300] fun◇fLongoRY - 2017/10/12(Thu) 10:50 ID:2KBZMqPs  [No.107858]
「ゼウス祭り」11月11日(木)大阪大会の全対戦カードが決定

「ゼウス祭り」
11月11日(木)18:00〜大阪・アゼリア大正ホール

対戦カード
シングルマッチ
中島洋平
VS
菊池悠斗

シングルマッチ
岡田佑介
VS
三原一晃

タッグマッチ
岩本煌史&佐藤光留
VS
アルティメット・スパイダーJr.&タコヤキーダー

タッグマッチ
KAI&丸山敦
VS
ビリーケン・キッド&ツバサ

タッグマッチ
秋山準&大森隆男
VS
空牙&GAINA

6人タッグマッチ
宮原健斗&野村直矢&青柳優馬
VS
織部克巳&吉村直巳&大瀬良泰貴

6人タッグマッチ
ゼウス&ボディガー&TAJIRI
VS
諏訪魔&石川修司&青木篤志


[301] fun◇fLongoRY - 2017/10/12(Thu) 10:51 ID:2KBZMqPs  [No.107859]
連続投稿失礼します。

「2017 旗揚げ記念シリーズ」
〜STAND UP! ROCKSTAR 2〜
10月11日(水)長野・キッセイ文化ホール(松本文化会館)中ホール[観衆]470人

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
×中島洋平
7分32秒 スプラッシュプランチャー→片エビ固め
○KAI

<第2試合>タッグマッチ
丸山敦&岡田佑介×
10分00秒 バズソーキック→片エビ固め
○TAJIRI&佐藤恵一

<第3試合>信州プロレス提供試合
○グレート☆無茶&とりせんひろし
6分35秒ダイビングエルボードロップ→体固め
×THE☆よっちゃん&マスクド丸幸

<第4試合>タッグマッチ
○ゼウス&ボディガー
7分16秒 チョークスラム→体固め
岩本煌史&阿部史典×

<第5試合>タッグマッチ
○秋山準&大森隆男
9分02秒 エクスプロイダー→エビ固め
青木篤志&佐藤光留×

<第6試合>三冠ヘビー級選手権試合 前哨戦
○諏訪魔&石川修司
15分50秒アンクルホールド
J・ドーリング&D・ジョーンズ×

<第7試合>6人タッグマッチ
宮原健斗&野村直矢&青柳優馬○
19分17秒 ロックスターバスター→片エビ固め
崔領ニ&不動力也&石切×


[302] fun◇fLongoRY - 2017/10/13(Fri) 07:21 ID:Xmtl.k3U  [No.107862]
新日本プロレス
「LION’S GATE PROJECT8」
10月12日(木) 東京・新宿FACE 観衆462人(札止め)

参戦試合の結果です。

第5試合 30分1本勝負
〇小島 聡&天山 広吉
12分33秒  ラリアット→体固め
×GO浅川&青柳 優馬


[303] fun◇fLongoRY - 2017/10/15(Sun) 07:39 ID:v82Uao1M  [No.107865]
「2017 旗揚げ記念シリーズ」
10月14日(土)埼玉・蓮田市総合市民体育館(パルシー)[観衆]505人

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
佐藤光留&岡田佑介×
9分45秒 ランニングローキック→エビ固め
KAI&野村卓矢○

<第2試合>タッグマッチ
渕正信&岩本煌史○
9分38秒 孤高の芸術→エビ固め
西村修&阿部史典×

<第3試合>タッグマッチ
○崔領ニ&丸山敦
7分44秒 那智の滝→エビ固め
TAJIRI&石切×

<第4試合>タッグマッチ
大森隆男&中島洋平×
11分09秒 ワイルドボンバー→片エビ固め
○征矢学&B・タイガーZ

<第5試合>タッグマッチ
秋山準&ゼウス○
9分27秒チョークスラム→エビ固め
J・ドーリング&D・ジョーンズ×

<第6試合>アジアタッグ選手権試合 前哨戦 6人タッグマッチ
○諏訪魔&石川修司&青木篤志
17分27秒 ラストライド→体固め
宮原健斗&野村直矢&青柳優馬×


[304] fun◇fLongoRY - 2017/10/17(Tue) 05:34 ID:JZ1T7lI.  [No.107870]
「2017 旗揚げ記念シリーズ」
10月15日(日)静岡・アクトシティ浜松[観衆]338人

遅くなりましたが試合結果です。

<第1試合>アジアタッグ選手権試合 前哨戦 シングルマッチ
×青柳優馬
9分07秒 片エビ固め
○佐藤光留

<第2試合>6人タッグマッチ
ゼウス&岩本煌史&岡田佑介×
11分00秒 ダイビングセントーン→片エビ固め
土肥孝司&○熊ゴロー&吉岡 世起

<第3試合>タッグマッチ
○青木篤志&D・ジョーンズ
10分02秒腕ひしぎ逆十字固め
TAJIRI&中島洋平×

<第4試合>6人タッグマッチ
秋山準&○大森隆男&丸山敦
10分05秒 アックスボンバー→片エビ固め
崔領ニ&×不動力也&石切

<第5試合>シングルマッチ
○J・ドーリング
8分54秒 レボリューションボム→エビ固め
×KAI

<第6試合>タッグマッチ
○諏訪魔&石川修司
18分15秒 ラストライド→体固め
宮原健斗&野村直矢×




[305] fun◇fLongoRY - 2017/10/17(Tue) 05:37 ID:JZ1T7lI.  [No.107871]
連続投稿失礼します。

大日本プロレス 岡林裕二が10月15日後楽園ホール大会の試合で右肩を負傷、
「右肩関節脱臼および肩鎖関節脱臼」と診断されたため、しばらくの間欠場。
欠場に伴いPWF本部との協議の結果、関本大介&岡林裕二が保持していた世界タッグ王座をやむを得ず返上。

また、大日本プロレス、PWF本部との協議の結果、決定していた10月21日(土)横浜文化体育館「旗揚げ記念シリーズ 最終戦
〜秋山準&大森隆男デビュー25周年記念大会〜」世界タッグ選手権試合「第77代 王者組 関本大介&岡林裕二vs挑戦者組 秋山準&大森隆男」戦を
「第78代 世界タッグ王座決定戦 秋山準&大森隆男vs関本大介&伊東 竜二」戦に変更して開催する事が決定。


「旗揚げ記念シリーズ 最終戦〜秋山準&大森隆男デビュー25周年記念大会〜」
10月21日(土)横浜文化体育館

変更カード
第78代 世界タッグ王座決定戦
秋山準&大森隆男vs関本大介&伊東 竜二


[306] 彼方 - 2017/10/18(Wed) 01:09 ID:VDm3BxQU  [No.107877]
岡林の怪我は残念だけど、ここでまさかの伊東!
関本&伊東とか、大日本にしてみたら超プレミアタッグじゃないですか。これが関本&岡林だったら他でも見られるでしょうけど、関本&伊東はそうはいかない。大日本のビッグマッチでもいつ見られるかわからないくらいの切り札的カードなはず。
でも大日本的には、そこまでする価値のあるタッグタイトルということなんでしょうね。


[307] ただの全日ファン - 2017/10/18(Wed) 01:59 ID:3Effa5Nw  [No.107878]
岡林が怪我で欠場と言うことだが、世界最強タッグまでに怪我治るのかな?
もし関本大介&伊東竜二が世界タッグ王者になった場合は、関本大介&伊東竜二が世界最強タッグ出場になるのかな?


[308] fun◇fLongoRY - 2017/10/18(Wed) 07:57 ID:ivOWCveo  [No.107879]
「旗揚げ記念シリーズ 最終戦〜秋山準&大森隆男デビュー25周年記念大会〜」
10月21日 (土)横浜文化体育館大会にて行われる
世界ジュニアヘビー級選手権試合に向けて
第45代 世界ジュニアヘビー級王者 ウルティモ・ドラゴンよりコメントが届いたそうです。


◎第45代 世界ジュニアヘビー級王者  ウルティモ・ドラゴンのコメント
「いまアメリカ・フィラデルフィアにいます。メキシコ、アメリカでも試合をし、コンディションは上々。
TAJIRIとの防衛戦を前に、いかなるコメントも不要だと思っています。試合での彼との攻防を楽しみ、そしてもちろんベルトは守ります!」
ウルティモ・ドラゴン



[309] fun◇fLongoRY - 2017/10/18(Wed) 07:58 ID:ivOWCveo  [No.107880]
10月21日(土)に開催される「2017 旗揚げ記念シリーズ 【最終戦】
〜秋山準&大森隆男デビュー25周年記念大会〜」横浜大会の25周年記念セレモニーに川田利明の来場が決定。

来場に伴い、休憩時間に対象商品購入者を対象としたサイン会&撮影会も行われるそうです。


[310] fun◇fLongoRY - 2017/10/18(Wed) 08:03 ID:ivOWCveo  [No.107881]
連続投稿失礼します。

>全日ファンさん

>もし関本大介&伊東竜二が世界タッグ王者になった場合は、関本大介&伊東竜二が世界最強タッグ出場になるのかな?

10・21の結果をひとまず待ちましょう。

岡林選手も最強タッグまでに回復する場合もあるのかもしれませんね…。


[311] fun◇fLongoRY - 2017/10/19(Thu) 10:15 ID:QOAy/6PM  [No.107882]
「2017 STARTING OVER 〜Jr. TAG BATTLE OF GLORY〜」【開幕戦】
〜千葉EXTRA DREAM 18〜 11月3日千葉大会に参戦予定の
KAIENTAI DOJO所属のERINA選手が体調不良のため、欠場。変更カードは決定次第発表との事。


「2017 STARTING OVER 〜Jr. TAG BATTLE OF GLORY〜」
〜千葉EXTRA DREAM 18〜【開幕戦】
11月3日(金・祝)12:00〜千葉・Blue Field
女子プロレス シングルマッチ
安納サオリ vs X


[312] fun◇fLongoRY - 2017/10/19(Thu) 10:16 ID:QOAy/6PM  [No.107883]
連続投稿失礼します。

「2017 旗揚げ記念シリーズ」
10月18日(水)栃木・足利市民プラザ[観衆]208人

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
×中島洋平
7分50秒 デスバレーボム→片エビ固め
○佐藤光留

<第2試合>シングルマッチ
○KAI
6分49秒 垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め
×丸山敦

<第3試合>Jr.TAG BATTLE OF GLORY 前哨戦 タッグマッチ
岩本煌史&岡田佑介×
11分07秒 ジャーマンスープレックスホールド
鈴木鼓太郎&佐藤恵一○

<第4試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 前哨戦 
秋山準&大森隆男○
11分48秒 アックスボンバー→片エビ固め
征矢学&B・タイガーZ×

<第5試合>6人タッグマッチ
○宮原健斗&野村直矢&青柳優馬
12分24秒ブラックアウト→片エビ固め
崔 領ニ&不動力也&石切×

<第6試合>三冠ヘビー級選手権試合 前哨戦 6人タッグマッチ
○諏訪魔&石川修司&青木篤志
16分47秒ラストライド→体固め
J・ドーリング&TAJIRI&D・ジョーンズ×


[313] fun◇fLongoRY - 2017/10/22(Sun) 08:12 ID:VsTYND0.  [No.107889]
「全日本プロレス2017旗揚げ記念シリーズ最終戦
〜秋山準&大森隆男デビュー25周年記念大会〜」
10月21日(土)横浜文化体育館 観衆1870人

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
○中島洋平&鈴木鼓太郎
(6分19秒、跳後廻蹴→体固め)
×岩本煌史&岡田佑介

<第2試合>タッグマッチ
竹田誠志&○丸山敦
(9分40秒、首固め)
×渕正信&西村修

<第3試合>女子プロレス タッグマッチ
○安納サオリ&万喜なつみ
(8分51秒、ポテリング)
沙紀&加藤悠×

<第4試合>6人タッグマッチ
○吉江豊&D・ジョーンズ&阿部史典
(6分26秒、ダイビングボディプレス→体固め)
崔領ニ&×不動力也&石切

<第5試合>6人タッグマッチ
宮原健斗&○ヨシタツ&KAI
(9分17秒、ヨシタツロックI)
×ゼウス&石川修司&ボディガー

<第6試合>アジアタッグ選手権試合
野村直矢&青柳優馬○
(18分17秒、ロックスターバスター→片エビ固め)
青木篤志&佐藤光留×
※第103代王者組が2度目の防衛に成功

<第7試合>世界ジュニアヘビー級選手権試合
○TAJIRI
(9分44秒、パズソーキック→片エビ固め)
×U・ドラゴン
※TAJIRIが第46代王者になる。

<第8試合>世界タッグ王座決定戦
○秋山準&大森隆男
(18分43秒、リストクラッチ式エクスプロイダー→片エビ固め)
×関本大介&伊東竜二
※第78代王者組に秋山準&大森組が決定。

<第9試合>三冠ヘビー級選手権試合
○ジョー・ドーリング
(20分10秒、レボリューションボム→エビ固め)
×諏訪魔
※ドーリングが第59代王者になる。


[314] fun◇fLongoRY - 2017/10/22(Sun) 20:39 ID:VsTYND0.  [No.107893]
 21日の全日本プロレス「旗揚げ記念シリーズ〜秋山準&大森隆男デビュー25周年記念大会〜」神奈川・横浜文化体育館大会ですが、4大タイトルマッチなどが行われ、1870人を動員。

 メインの三冠ヘビー級選手権試合では、ジョー・ドーリングが諏訪魔を破り、約2年9カ月ぶりに王座返り咲き。試合後はドーリングが差し出した右手に諏訪魔も握手で応え、これまでのわだかまりを払拭(ふっしょく)したそうです。試合後、元WWEスーパースターであったヨシタツがリングに上がり、11.9東京・後楽園ホール大会での王座挑戦を表明するも、客席からは大ブーイングを浴びせられ、ドーリングからは無言のタックルを食らわされたとの事。


 セミの第78代世界タッグ王座決定戦では、今年、ともにデビュー25周年を迎えた秋山準、大森隆男の同期コンビが、大日本プロレスでともに99年にデビューした関本大介、伊東竜二組を破り、記念大会に華を添えました。この日は第4試合終了後に記念セレモニーも行われ、かつて2人の先輩であった川田利明、小橋建太さんの元四天王に、渕正信、和田京平レフェリー、秋山の付き人であった橋誠さんも来場。ビデオメッセージでは、PWF会長のドリー・ファンクJr.や、新日本プロレスの永田裕志、中西学がコメントを寄せたそうです。

セレモニーでは「目標として30周年までは全力で頑張りたい」とまだまだ現役続行の意気込みを語っていた秋山は、「『やったー』というより責任感を感じる。うれしいけれど、それ以上に動いていかないといけない。まずは最強タッグもこのまま突っ走る」と、王者チームとして年末の最強タッグも制覇すると宣言。大森はセレモニーに駆けつけてくれた川田、小橋といった先輩たちとの戦いの歴史を脳裏によみがえらせつつ、歴代王者組たちに恥じない戦いを誓ったとの事。

 一方、敗れた大日本勢は、岡林の長期欠場に伴い、関本&岡林組で出場が発表されていた最強タッグの代理選手を誰にするかで紛糾したそうで、大日本のストロング戦線を担う関本&野村卓矢組と、タッグチームとしての実績を主張する橋本大地&神谷英慶組で、出場チーム決定戦が行われることになったとの事。


 第7試合の世界ジュニアヘビー級選手権試合では、前王者のTAJIRIがウルティモ・ドラゴンにリベンジを果たし、王座返り咲きを果たした。

試合後、TAJIRIは勝利の立役者となった斉藤レフェリーの手を挙げ、感謝の気持ちを示すが、そこに中島洋平が現れ、「オレはこんなところで終われない。そのベルトに挑戦させてくれ」と挑戦を直訴。だが、TAJIRIは「Jr.タッグリーグにもエントリーされていない奴が何を言ってるんだ。やったとしても、アイツには絶対負けない」と、まったく実績のない中島の挑戦に疑問符。「青木にセンスを感じて、次の挑戦者に指名しようとしてたのに、トンビに油揚げをさらわれた気分だよ」と、自身の描く防衛ロードを邪魔されたことに不満をにじませたとの事。

 第6試合のアジアタッグ選手権試合では、第103代王者組である野村直矢、青柳優馬組が、青木篤志、佐藤光留の「変態自衛隊」を下し2度目の防衛に成功。試合後、「アジアタッグにオレたちの名前を刻む」と意気込む野村と青柳の前に崔が現れ、「アジアの名前がついてるのに、今までおまえらが戦ってきたのは日本人だけ。アジアの代表なら、韓国代表の挑戦を受けてくれ」とアピール。王者組もその場で受諾したことで、タイトルマッチが決定的となり、韓国からの刺客の挑戦を受ける模様...。


[315] fun◇fLongoRY - 2017/10/22(Sun) 20:41 ID:VsTYND0.  [No.107894]
「2017 STARTING OVER 〜Jr. TAG BATTLE OF GLORY〜」【開幕戦】
11.3千葉大会の一部対戦カードが変更
また、「キャンパスシリーズ 第1弾」
11月4日(土)愛知・愛知医科大学(長久手)の対戦カードが決定。


「2017 STARTING OVER〜Jr. TAG BATTLE OF GLORY〜」【開幕戦】
〜千葉EXTRA DREAM 18〜
11月3日(金・祝) 12:00〜千葉・Blue Field

Jr. TAG BATTLE OF GLORY 公式戦 20分1本勝負
青木篤志&佐藤光留
VS
ブラック・タイガーZ&ブラック・スパイダーZ

Jr. TAG BATTLE OF GLORY 公式戦 20分1本勝負
岩本煌史&岡田佑介
VS
鈴木鼓太郎&佐藤恵一

女子プロレス シングルマッチ
安納サオリ
VS
ブス・モンゴル

6人タッグマッチ
秋山準&大森隆男&中島洋平
VS
TAJIRI&ダイナソー拓真&吉野コータロー

8人タッグマッチ
諏訪魔&石川修司&竹田誠志&丸山敦
VS
宮原健斗&ヨシタツ&KAI&松本崇寿

特別参加選手:梶トマト、阿部史典、石切、後藤恵介


「キャンパスシリーズ 第1弾」
11月4日(土)13:00〜≪入場無料≫
愛知・愛知医科大学(長久手)

対戦カード
シングルマッチ
中島洋平
VS
岡田佑介

タッグマッチ
宮原健斗&野村直矢
VS
青柳優馬&岩本煌史


[316] fun◇fLongoRY - 2017/10/22(Sun) 20:42 ID:VsTYND0.  [No.107895]
連続投稿失礼します。

「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦
〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜」【開幕戦】
11月19日(日)真駒内大会にて「!BANG!TV 世界ヘビー級選手権試合」開催が決定。

また「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜」
11.22岩手、23仙台、26新木場、28横浜大会の一部対戦カードが決定。

「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜」【開幕戦】
11月19日(日)15:00〜北海道・真駒内セキスイハイム アイスアリーナ(札幌)

神崎ユウキデビュー戦 タッグマッチ
青木篤志&佐藤光留
VS
岡田佑介&神崎ユウキ

シングルマッチ
KAI
VS
ヨシタツ

8人タッグマッチ
宮原健斗&ドリー・ファンク・Jr.&武藤敬司&ウルティモ・ドラゴン
VS
関本大介&TAJIRI&ブラック・タイガーZ&ダルトン・デリック

!BANG!TV 世界ヘビー級選手権試合
【第3代王者】西村修
VS
【挑戦者】丸山敦
※第3代王者・西村修、5度目の防衛戦


「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜」
11月22日(水)18:30〜岩手・岩手県営体育館(盛岡)
一部対戦カード
6人タッグマッチ
秋山準&大森隆男&カーベル伊藤
VS
中島洋平&岡田佑介&平日マスク

11月23日 (木・祝)17:00〜宮城・夢メッセみやぎ 西館ホール(仙台)
一部対戦カード
6人タッグマッチ
秋山準&ウルティモ・ドラゴン&カーベル伊藤
VS
岡田佑介&菊地毅&愛澤 No.1

スペシャルシングルマッチ
崔 領ニ
VS
KAI

スペシャルシングルマッチ
大森隆男
VS
ゼウス

6人タッグマッチ
青木篤志&佐藤光留&イーグルス・マスク
VS
中島洋平&岩本煌史&TAJIRI


11月26日 (日)19:00〜東京・新木場1stRING
一部対戦カード
スペシャルシングルマッチ
ゼウス
VS
崔 領ニ

6人タッグマッチ
秋山準&大森隆男&ドリー・ファンク・Jr.
VS
ジョー・ドーリング&太陽ケア&ダルトン・デリック

11月28日 (火)19:00〜神奈川・横浜ラジアントホール
一部対戦カード
6人タッグマッチ
諏訪魔&石川修司&吉江豊
VS
中島洋平&TAJIRI&KAI


[317] ただの全日ファン - 2017/10/23(Mon) 22:50 ID:x7VEY/k6  [No.107896]
神崎ユウキは、九州大分のプロレス団体プロレスリングFTOの元所属選手です。
1年前にプロレスデビューし、その後全日本プロレスの練習生となり、11月19日にデビュー(再デビュー)となりました。
全日本プロレスの練習生になる以前にも全日本プロレスの大会で数試合やってます。
北海道出身で、総合格闘技の経験もあるようですね。


[318] fun◇fLongoRY - 2017/10/25(Wed) 00:09 ID:D/C69nXU  [No.107898]
DDT

DDT Special 2017

10月22日(日)東京・後楽園ホール【観衆】1433人(超満員)

遅くなりましたが参戦試合の結果です。

第四試合 スペシャルシングルマッチ 30分一本勝負
○諏訪魔 vs 石井慧介●
8分0秒 ラストライド→体固め


[319] fun◇fLongoRY - 2017/10/25(Wed) 00:10 ID:D/C69nXU  [No.107899]
「2017 STARTING OVER 〜Jr. TAG BATTLE OF GLORY〜」【開幕戦】〜千葉EXTRA DREAM 18〜 
11月3日(金)千葉大会にてアジアタッグ選手権試合開催が決定。

また、11月5日(日)名古屋大会にて世界ジュニアヘビー級選手権試合開催決定


「2017 STARTING OVER〜Jr. TAG BATTLE OF GLORY〜」【開幕戦】
〜千葉EXTRA DREAM 18〜

11月3日(金・祝) 12:00千葉・Blue Field
アジアタッグ選手権試合
【第103代王者組】野村直矢&青柳優馬
VS
【挑戦者組】キム・ナンソク&Dr.MONZ Jr.
※第103代王者組・野村&青柳、3度目の防衛戦

「2017 STARTING OVER
〜Jr. TAG BATTLE OF GLORY〜」
11月5日(日) 17:00
愛知・名古屋国際会議場

世界ジュニアヘビー級選手権試合
【第46代王者】TAJIRI
VS
【挑戦者】中島洋平
※第46代王者・TAJIRI 初防衛戦


11月3日(金)千葉大会にて行われるアジアタッグ選手権試合に
ランズエンドKOREAより挑戦者組として初参戦の
Dr.MONZ Jr.選手、キム・ナンソク選手よりコメントが届いたそうです。

アジアタッグ選手権挑戦者組
ランズエンドKOREA Dr.MONZ Jr.、キム・ナンソクのコメント
「全日本プロレスの偉大なるアジアタッグ王者・野村選手、青柳選手、
もちろんあなたたちは、俺らのことをご存知ないでしょう。

ランズエンドKOREAのキムナンソクとドクターモンズジュニアだ。
韓国人選手のアジアタッグ挑戦はもうここ数十年ないと聞いている。
あなた達がアジア王者と名乗るなら、同じアジアのチームからの挑戦を
受けてくれるとこちらは信じてます。

俺たちは、韓国最強のタッグチームであり、現在アジアナンバーワンの実力だ。
挑戦する資格は十分なはず。
野村選手、青柳選手
どうか俺たちから逃げずに挑戦を受けてくれ。

そのベルトを韓国に持ち帰る準備は出来ている。
君たちは引き立て役、俺らは主役。
それが答えだ。」
ランズエンドKOREA代表 キムナンソク

Dr.MONZ Jr. (ドクターモンズジュニア)
出身 : ソウル
身長 : 172センチ
体重 : 85キロ
得意技 : 450°スプラッシュ、ヨシタニック

キム・ナンソク
出身 : ソウル
身長 : 177センチ
体重 : 90キロ
得意技 : パッケージパイルドライバー、リフトクラッシュボム


[320] fun◇fLongoRY - 2017/10/25(Wed) 00:12 ID:D/C69nXU  [No.107900]
【三冠ヘビー級選手権試合開催決定】
「2017 STARTING OVER 〜Jr. TAG BATTLE OF GLORY〜」【最終戦・優勝決定戦】11月9日(木)後楽園大会の全対戦カードが決定。
三冠戦で、王者ドーリングにヨシタツが挑戦、最強タッグ出場をかけて大日本の関本&野村卓也vs大神(大地&神谷)の出場決定戦も開催。

なお、三冠挑戦者のヨシタツは11・5名古屋大会で秋山準と初シングルも予定されており、11・5の結果が秋山の勝利の場合、挑戦者が秋山に変わる場合もあるそうです。


「2017 STARTING OVER〜Jr. TAG BATTLE OF GLORY〜」【最終戦・優勝決定戦】
11月9日(木) 18:30東京・後楽園ホール

対戦カード

Jr. TAG BATTLE OF GLORY 公式戦 20分1本勝負
青木篤志&佐藤光留
VS
竹田誠志&丸山敦

Jr. TAG BATTLE OF GLORY 公式戦 20分1本勝負
岩本煌史&岡田佑介
VS
ブラック・タイガーZ&ブラック・スパイダーZ

8人タッグマッチ
野村直矢&青柳優馬&中島洋平&阿部史典
VS
黒潮“イケメン”二郎&土肥孝司&アンディ・ウー&佐藤嗣崇

タッグマッチ
渕正信&西村修
VS
鈴木鼓太郎&佐藤恵一

The Rood to 2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 〜Dream with You〜
秋山準&宮原健斗&大森隆男&ゼウス&崔領ニ
VS
諏訪魔&石川修司&征矢学&TAJIRI&KAI

「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦」大日本プロレス代表チーム決定戦
関本大介&野村卓矢
VS
橋本大地&神谷英慶
※勝利組が「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦」に参戦

三冠ヘビー級選手権試合
【第59代王者】ジョー・ドーリング
VS
【挑戦者】ヨシタツ
※第59代王者・ジョー・ドーリング、初防衛戦


[321] fun◇fLongoRY - 2017/10/25(Wed) 00:13 ID:D/C69nXU  [No.107901]
連続投稿失礼します。

>全日ファンさん

11.19真駒内大会での神崎ユウキデビュー戦は、練習後に体調不良を訴え、病院で精密検査をした結果
「急性硬膜下血腫」と診断され、残念ながら、やむを得ずプロレスデビューが中止になったそうです。

「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜」【開幕戦】
11月19日(日)15:00〜北海道・真駒内セキスイハイム アイスアリーナ(札幌)

全対戦カード

タッグマッチ
青木篤志&岡田佑介
VS
佐藤光留&佐藤恵一

シングルマッチ
KAI
VS
ヨシタツ

8人タッグマッチ
宮原健斗&ドリー・ファンク・Jr.&武藤敬司&ウルティモ・ドラゴン
VS
関本大介&TAJIRI&ブラック・タイガーZ&ダルトン・デリック

!BANG!TV&NKPWA 世界ヘビー級ダブル選手権試合
【王者】西村修
VS
【挑戦者】丸山敦
※西村修、!BANG!TV 5度目の防衛戦、NKPWA初防衛戦。

タッグマッチ
中島洋平&岩本煌史
VS
斗猛矢&タナカ岩石

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
野村直矢&青柳優馬
VS
崔 領ニ&将火怒

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
秋山準&大森隆男
VS
ゼウス&ボディガー

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
ジョー・ドーリング&太陽ケア
VS
諏訪魔&石川修司


[322] fun◇fLongoRY - 2017/10/26(Thu) 13:49 ID:EkhsGo/c  [No.107904]
 東スポ情報ですが全日本は23日、11月9日の後楽園ホール大会で新3冠ヘビー級王者のジョー・ドーリング(35)に元WWE戦士・ヨシタツ(40)が挑戦することを発表した。だが全日マットで実績を残していないヨシタツの挑戦にはファン、選手から反発の声が相次いでいる。その声を代弁するようにデビュー25周年記念大会を終えたばかりの秋山準(48)が、挑戦権強奪を表明する事態にまで発展…。

 21日の横浜大会で約2年9か月ぶり2度目の戴冠を果たしたドーリングは、11月9日後楽園大会の初防衛戦でヨシタツを迎え撃つことが正式決定。挑戦者についてドーリングは「彼がリングに上がってきた時は(挑戦を受けるべきか)どうしようかと思った。俺は自分で挑戦者を選ぶことはできないわけだし、彼にとっていい経験になればいいんじゃないか」と余裕満々の表情で話すにとどまった。

 横浜大会で王者の諏訪魔(40)を撃破した直後、真っ先に挑戦をアピールしてきたのがヨシタツだった。だが会場からは大ブーイングが起こり、当のドーリングもショルダータックルでアッサリ“排除”している。あくまで会社が決めた試合をビジネスとしてこなすだけ、というスタンスなのだろう。

 確かにヨシタツはWWEや新日本プロレスでは実績を残してきたが、9月に全日マットに登場してからシングル戦ではTAJIRI(47)にしか勝利していない。これには大森隆男(48)とのコンビで世界タッグ王者に返り咲いた秋山も「ちょっと早いんじゃないかという気持ちがある」と異を唱えた。

 くしくも3冠戦前の11月5日名古屋国際会議場大会ではヨシタツとのシングル戦が決まっている。そこで秋山は「3冠(挑戦は)無理だと思ったら、容赦なく叩き潰す。勝ったら俺がいくのが筋でしょ!? 今なら俺のほうがジョーといい勝負ができるという気持ちがある。ヨシタツ選手には『挑戦が決まってよかった』じゃなくて、その前に一番苦しいものがあると思ってほしい」と厳しく通告した。新王者が誕生したばかりの3冠戦線は、大混戦模様となってきた...との事。


[323] fun◇fLongoRY - 2017/10/27(Fri) 12:11 ID:TOwP2oLo  [No.107907]
「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜」
公式戦の全対戦カードが決定。

なお、「大日本プロレス代表チーム」は11・9後楽園大会の大日本プロレス代表チーム決定戦
関本大介&野村卓矢VS橋本大地&神谷英慶の勝者が出場。

11月19日 (日) 15:00
北海道・真駒内セキスイハイム アイスアリーナ(札幌)【開幕戦】
公式戦対戦カード

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
野村直矢&青柳優馬
VS
崔 領ニ&将火怒

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
秋山準&大森隆男
VS
ゼウス&ボディガー

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
ジョー・ドーリング&太陽ケア
VS
諏訪魔&石川修司

11月21日 (火) 18:30  
青森・青森産業会館
公式戦対戦カード
2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
野村直矢&青柳優馬
VS
征矢学&ブラック・タイガーZ

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
ジョー・ドーリング&太陽ケア
VS
TAJIRI&KAI

11月22日 (水) 18:30  
岩手・岩手県営体育館(盛岡)
公式戦対戦カード
2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
大日本プロレス代表チーム
VS
征矢学&ブラック・タイガーZ

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
諏訪魔&石川修司
VS
TAJIRI&KAI

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
ジョー・ドーリング&太陽ケア
VS
宮原健斗&ヨシタツ

11月23日 (木・祝) 17:00 
宮城・夢メッセみやぎ 西館ホール(仙台)
公式戦対戦カード
2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
諏訪魔&石川修司
VS
征矢学&ブラック・タイガーZ

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
ジョー・ドーリング&太陽ケア
VS
大日本プロレス代表チーム

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
宮原健斗&ヨシタツ
VS
野村直矢&青柳優馬

11月26日 (日) 19:00  
東京・新木場1stRING
公式戦対戦カード
2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
諏訪魔&石川修司
VS
野村直矢&青柳優馬
2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
宮原健斗&ヨシタツ
VS
TAJIRI&KAI

11月28日 (火) 19:00  
神奈川・横浜ラジアントホール
公式戦対戦カード
2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
秋山準&大森隆男
VS
征矢学&ブラック・タイガーZ

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
ジョー・ドーリング&太陽ケア
VS
野村直矢&青柳優馬

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
宮原健斗&ヨシタツ
VS
大日本プロレス代表チーム

11月29日 (水) 18:30  
新潟・上越観光物産センター
公式戦対戦カード
2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
野村直矢&青柳優馬
VS
TAJIRI&KAI

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
宮原健斗&ヨシタツ
VS
征矢学&ブラック・タイガーZ

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
秋山準&大森隆男
VS
大日本プロレス代表チーム

12月 2日 (土) 18:00  
大阪・エディオンアリーナ大阪 第2競技場
公式戦対戦カード
2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
宮原健斗&ヨシタツ
VS
崔 領ニ&将火怒

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
秋山準&大森隆男
VS
諏訪魔&石川修司

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
ゼウス&ボディガー
VS
大日本プロレス代表チーム

12月 3日 (日) 17:00  
広島・広島マリーナホップ
公式戦対戦カード
2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
秋山準&大森隆男
VS
崔 領ニ&将火怒

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
宮原健斗&ヨシタツ
VS
ゼウス&ボディガー

12月 4日 (月) 19:00  
福岡・博多スターレーン
公式戦対戦カード
2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
崔 領ニ&将火怒
VS
征矢学&ブラック・タイガーZ

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
ゼウス&ボディガー
VS
TAJIRI&KAI

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
秋山準&大森隆男
VS
宮原健斗&ヨシタツ

12月 5日 (火) 18:30  
山口・周南市新南陽ふれあいセンター
公式戦対戦カード
2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
ジョー・ドーリング&太陽ケア
VS
崔 領ニ&将火怒

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
諏訪魔&石川修司
VS
ゼウス&ボディガー

12月 7日 (木) 18:30  
香川・高松シンボルタワー 展示場
公式戦対戦カード
2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
大日本プロレス代表チーム
VS
崔 領ニ&将火怒

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
ゼウス&ボディガー
VS
征矢学&ブラック・タイガーZ

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
秋山準&大森隆男
VS
TAJIRI&KAI

12月 8日 (金) 18:30  
愛知・名古屋市露橋スポーツセンター
公式戦対戦カード
2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
ジョー・ドーリング&太陽ケア
VS
征矢学&ブラック・タイガーZ

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
大日本プロレス代表チーム
VS
TAJIRI&KAI

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
諏訪魔&石川修司
VS
崔 領ニ&将火怒

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
ゼウス&ボディガー
VS
野村直矢&青柳優馬

12月 9日 (土) 18:00  
新潟・新潟市体育館
公式戦対戦カード
2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
TAJIRI&KAI
VS
崔 領ニ&将火怒

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
秋山準&大森隆男
VS
野村直矢&青柳優馬

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
ジョー・ドーリング&太陽ケア
VS
ゼウス&ボディガー

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
諏訪魔&石川修司
VS
大日本プロレス代表チーム

12月 12日 (火) 18:30
東京・後楽園ホール【優勝決定戦】
公式戦対戦カード
2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
TAJIRI&KAI
VS
征矢学&ブラック・タイガーZ

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
ゼウス&ボディガー
VS
崔 領ニ&将火怒

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
ジョー・ドーリング&太陽ケア
VS
秋山準&大森隆男

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
野村直矢&青柳優馬
VS
大日本プロレス代表チーム

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
諏訪魔&石川修司
VS
宮原健斗&ヨシタツ


[324] fun◇fLongoRY - 2017/11/02(Thu) 07:40 ID:  [No.107924]
「BS11 presents GROWIN’ UP vol.8」
10月31日(火) 東京・新木場 1stRING [観衆]352人(超満員札止め)

遅くなりましたが試合結果です。

<第1試合>世界ジュニアヘビー級選手権試合 前哨戦 6人タッグマッチ
秋山準&中島洋平&阿部史典×
6分32秒 バックドロップ→片エビ固め
○ヨシタツ&KAI&TAJIRI

<第2試合>女子プロレス タッグマッチ
○安納サオリ&野崎渚
10分08秒ポテリング
万喜なつみ&沙紀×

<第3試合>スペシャルシングルマッチ
×大森隆男
8分44秒 ワイルドボンバー→片エビ固め
○征矢学

<第4試合>Jr. TAG BATTLE OF GLORY 直前4WAYタッグマッチ
岩本煌史&岡田佑介vs青木篤志&佐藤光留○vs鈴木鼓太郎&佐藤恵一vs竹田誠志&丸山敦×
9分09秒 変型エビ固め

<第5試合>タッグマッチ
諏訪魔&石川修司○
12分18秒ファイアーサンダー→片エビ固め
河野真幸&伊藤貴則×

<第6試合>6人タッグマッチ
宮原健斗&野村直矢&青柳優馬×
24分19秒シャイニングウィザード→体固め
関本大介&○橋本大地&野村卓矢


[325] fun◇fLongoRY - 2017/11/06(Mon) 08:19 ID:  [No.107936]
「2017 STARTING OVER〜Jr. TAG BATTLE OF GLORY〜」【開幕戦】
〜千葉EXTRA DREAM 18〜
11月3日(金・祝)千葉・Blue Field

遅くなりましたが試合結果です。

<第1試合>6人タッグマッチ
○ゼウス&梶トマト&阿部史典
8分22秒 チョークスラム→体固め
崔 領ニ&石切&後藤恵介×

<第2試合>女子プロレス  シングルマッチ
○安納サオリ
8分20秒 ポテリング
×ブス・モンゴル

<第3試合>世界ジュニアヘビー級選手権試合 前哨戦 6人タッグマッチ
秋山準&大森隆男&中島洋平○
9分42秒 跳後廻蹴→片エビ固め
×TAJIRI&ダイナソー拓真&吉野コータロー

<第4試合>Jr. TAG BATTLE OF GLORY 公式戦 20分1本勝負
岩本煌史&岡田佑介×
15分52秒 ジャーマンスープレックスホールド
鈴木鼓太郎&佐藤恵一○

<第5試合>Jr. TAG BATTLE OF GLORY 公式戦 20分1本勝負
×青木篤志&佐藤光留
9分53秒 必修落とし→片エビ固め
B・タイガーZ&B・スパイダーZ○

<第6試合>アジアタッグ選手権試合
【第103代王者組】○野村直矢&青柳優馬
10分15秒 マキシマム→片エビ固め
【挑戦者組】キム・ナンソク&Dr.MONZ Jr.×
※野村&青柳が3度目の防衛に成功

<第7試合>8人タッグマッチ
諏訪魔&石川修司&竹田誠志&丸山敦×
17分05秒 バックドロップ→片エビ固め
宮原健斗&○ヨシタツ&KAI&松本崇寿


[326] fun◇fLongoRY - 2017/11/06(Mon) 08:20 ID:  [No.107937]
11月4日(土)愛知医科大学大会

遅くなりましたが試合結果です。

シングルマッチ
◯中島洋平
9分59秒 逆エビ固め
×岡田佑介

タッグマッチ
◯宮原健斗&野村直矢
16分52秒 ジャーマンスープレックスホールド
青柳優馬&岩本煌史×


[327] fun◇fLongoRY - 2017/11/06(Mon) 08:21 ID:  [No.107938]
石切が「足部二分靭帯損傷・部分断裂」と診断され、11月5日名古屋大会、11月6日伊勢大会、11月7日岐阜大会を欠場。
これに伴い対戦カードが変更。

11月5日名古屋大会には柴田崇、11月6日伊勢大会、11月7日岐阜大会には磐城利樹が
緊急参戦するそうです。


[328] fun◇fLongoRY - 2017/11/06(Mon) 08:22 ID:  [No.107939]
連続投稿失礼します。

「2017 STARTING OVER 〜Jr. TAG BATTLE OF GLORY〜」
11月5日(日)愛知・名古屋国際会議場 [観衆]511人

<第1試合>6人タッグマッチ
○KAI&青柳優馬&小仲=ペールワン
6分47秒 スプラッシュプランチャ→片エビ固め
ロッキー川村&松本崇寿&影山道雄×

<第2試合>Jr. TAG BATTLE OF GLORY 公式戦 20分1本勝負
竹田誠志&丸山敦×
8分33秒 タイガードライバー→エビ固め
○鈴木鼓太郎&佐藤恵一

<第3試合>シングルマッチ
○ゼウス
11分05秒 ジャックハマー→片エビ固め
×野村直矢

<第4試合>Jr. TAG BATTLE OF GLORY 公式戦 20分1本勝負
青木篤志&佐藤光留○
11分15秒 捕獲式腕ひしぎ逆十字固め
岩本煌史&岡田佑介×

<第5試合>世界ジュニアヘビー級選手権試合
【第46代王者】○TAJIRI
14分09秒バズソーキック→片エビ固め
【挑戦者】×中島洋平
※TAJIRIが初防衛に成功

<第6試合>タッグマッチ
○諏訪魔&石川修司
11分08秒 バックドロップ→体固め
崔 領ニ&柴田崇×

<第7試合>シングルマッチ
×秋山準
13分16秒 ヨシタツロックI
○ヨシタツ

<第8試合>シングルマッチ
○宮原健斗
20分22秒 シャットダウン・スープレックス・ホールド
×大森隆男


[329] fun◇fLongoRY - 2017/11/08(Wed) 11:00 ID:  [No.107942]
「2017 STARTING OVER 〜Jr. TAG BATTLE OF GLORY〜」

〜木原文人リングアナ 入団30周年突破記念大会〜
11月6日(月)三重県営サンアリーナ・サブアリーナ(伊勢) [観衆]778人(超満員)

遅くなりましたが試合結果です。

<第1試合>Jr. TAG BATTLE OF GLORY 公式戦 20分1本勝負
竹田誠志&丸山敦○
7分13秒 パズソーキック→エビ固め
B・タイガーZ&B・スパイダーZ×

<第2試合>伊勢まる天杯争奪 女子プロレス タッグマッチ
安納サオリ&フェアリー日本橋×
0分04秒 ラリアット→エビ固め
○山下りな&青木いつ希

ーー再試合ーー
○安納サオリ&フェアリー日本橋
6分09秒 フィッシャーマンスープレックスホールド
山下りな&青木いつ希×

<第3試合>8人タッグマッチ
秋山準&〇大森隆男&中島洋平&佐野直
7分02秒 アックスボンバー→片エビ固め
TAJIRI&KAI&ロッキー川村&松本崇寿×

<第4試合>ぎゅーとら杯争奪 三重県タッグマッチ
(桑名市出身)岩本煌史&岡田佑介×
10分33秒 トップロープからの雪崩式ブレーンバスター→片エビ固め
(伊勢市出生)○崔 領ニ&磐城利樹

<第5試合>Jr. TAG BATTLE OF GLORY 公式戦 20分1本勝負
○青木篤志&佐藤光留
11分12秒 テキサスクローバーホールド
鈴木鼓太郎&佐藤恵一×

<第6試合>The Road to 2017世界最強タッグ決定リーグ戦 〜いざ、冬の陣〜 8人タッグマッチ
○諏訪魔&石川修司&ゼウス&ボディガー
17分27秒 ラストライド→体固め
宮原健斗&ヨシタツ&×野村直矢&青柳優馬


[330] fun◇fLongoRY - 2017/11/08(Wed) 11:01 ID:  [No.107943]
「2017 STARTING OVER 〜Jr. TAG BATTLE OF GLORY〜」
11月7日(火)岐阜・じゅうろくプラザ [観衆]351人

試合結果です。

<第1試合>Jr. TAG BATTLE OF GLORY 公式戦 20分1本勝負
鈴木鼓太郎&佐藤恵一× 【2勝2敗=4点】
5分37秒 必修落とし→片エビ固め
B・タイガーZ&B・スパイダーZ◯ 【2勝1敗=4点】

<第2試合>タッグマッチ
崔 領ニ&磐城利樹× 
7分19秒逆エビ固め
TAJIRI&KAI◯ 

<第3試合>シングルマッチ
◯ゼウス
8分12秒 ジャックハマー→片エビ固め
×青柳優馬

<第4試合>Jr. TAG BATTLE OF GLORY 公式戦 20分1本勝負
岩本煌史&岡田佑介× 【3敗=0点】
10分41秒 リバースUクラッシュ→片エビ固め
◯竹田誠志&丸山敦【2勝1敗=4点】

<第5試合>6人タッグマッチ
秋山準&◯大森隆男&中島洋平
11分13秒 アックスボンバー→片エビ固め
佐藤光留&ロッキー川村&松本崇寿×

<第6試合>6人タッグマッチ
諏訪魔&石川修司&青木篤志× 
16分36秒バックドロップ→片エビ固め
宮原健斗&◯ヨシタツ&野村直矢


[331] fun◇fLongoRY - 2017/11/08(Wed) 11:01 ID:  [No.107944]
連続投稿失礼します。

「2017 STARTING OVER 〜Jr. TAG BATTLE OF GLORY〜」現在の得点状況です。(11/7 試合終了時)

1位 4点 青木篤志&佐藤光留(2勝1敗残り1試合)
1位 4点 竹田誠志&丸山敦(2勝1敗残り1試合)
1位 4点 B・タイガーZ&B・スパイダーZ(2勝1敗残り1試合)
1位 4点 鈴木鼓太郎&佐藤恵一(2勝2敗全戦終了)
5位 0点 岩本煌史&岡田佑介(0勝3敗残り1試合)


[332] fun◇fLongoRY - 2017/11/08(Wed) 11:22 ID:  [No.107950]
秋山準が6日、3冠ヘビー級王座に挑戦する元WWE戦士のヨシタツに痛烈なゲキを飛ばしたそうです。

東スポ情報ですが 9日の後楽園大会で王者のジョー・ドーリングに挑むヨシタツは、全日マットでの実績が少ないためファンから反発の声が相次ぎ、秋山からも異が唱えられていた。5日の名古屋大会では挑戦権強奪を狙ってそのヨシタツと一騎打ちしたが、関節技でギブアップ負け。秋山は“査定結果”について「負けたからエラそうなことは言えないけど」と前置きしながらも、評価は厳しいものだった。

「あとひとひねり、ふたひねりしないと、3冠戦が終わった後に『そんなもんなの!?』っていう感じで自分自身がガッカリするかもしれない。それに相手がジョーなのに、全体的に技が軽いね」

 ヨシタツの技が、現状ではスーパーヘビー級の王者に通用するかは疑問だという。秋山の厳しい言葉は続く。

「普段やっているのとは違う、バリバリのよそ行きでこないと。それに俺に勝ったという強い気持ちを持って臨んでほしい。動きとか言葉とかうわべだけのような気がするから、心から叫ぶ気持ちがあればファンもついてくる。ヨシタツ選手に期待しているよ」

 他団体の選手にここまで手厳しいのも、裏返せば期待が大きいからにほかならない。新日本プロレスとWWEで築いたスタイルやプライドは承知の上。だからこそ3冠戦線に新時代を呼び込んでほしいという秋山なりのエールでもある…。

 その秋山は6日の三重・伊勢大会の8人タッグ戦で大暴れすると「俺も世界タッグ王者なんだし、切り替えていきますよ」と世界最強タッグ決定リーグ戦(19日、札幌で開幕)に目を向けた。厳しい声にヨシタツは奮起できるのか、注目されます…。


[333] fun◇fLongoRY - 2017/11/10(Fri) 13:56 ID:hzT.eXbI  [No.107955]
『2017 STARTING OVER〜Jr. TAG BATTLE OF GLORY〜最終戦・優勝決定戦』
11月9日東京・後楽園ホール 観衆:1241人

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ 15分1本勝負
渕正信&○西村修
5分0秒 後方回転エビ固め
鈴木鼓太郎&佐藤恵一×

<第2試合>Jr. TAG BATTLE OF GLORY 公式戦 20分1本勝負
○岩本煌史&岡田佑介
4分39秒 孤高の芸術→片エビ固め
ブラック・タイガーVII&ブラック・スパイダーVII×

<第3試合>8人タッグマッチ 30分1本勝負
○野村直矢&青柳優馬&中島洋平&阿部史典
10分41秒 マキシマム→片エビ固め
黒潮“イケメン”二郎&土肥孝司&アンディ・ウー&佐藤嗣崇×(W-1)

<第4試合>Jr. TAG BATTLE OF GLORY 公式戦 20分1本勝負
青木篤志&佐藤光留×
14分45秒 タイガースープレックスホールド
竹田誠志&○丸山敦
※竹田&丸山組が初優勝

<第5試合>「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦」大日本プロレス代表チーム決定戦 30分1本勝負
関本大介&野村卓矢×(大日本)
13分21秒 シャイニングウィザード→エビ固め
○橋本大地&神谷英慶(大日本)
※大地&神谷組が「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦」に参戦

<第6試合>The Rood to 2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 〜Dream with You〜 60分1本勝負
秋山準&○宮原健斗&大森隆男&ゼウス&崔領ニ
11分58秒 ブラックアウト→片エビ固め
諏訪魔&石川修司&×征矢学&TAJIRI&KAI

<第7試合>三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【王者】○ジョー・ドーリング
11分49秒 レボリューションボム→エビ固め
【挑戦者】×ヨシタツ(フリー)
※第59代王者ジョー・ドーリングが初防衛に成功


[334] fun◇fLongoRY - 2017/11/10(Fri) 13:57 ID:hzT.eXbI  [No.107956]
<第4試合>Jr. TAG BATTLE OF GLORY 公式戦 20分1本勝負
青木篤志&佐藤光留 vs 竹田誠志&丸山敦

<試合後コメント>
青木篤志
「・・・四連覇できなかったね。大本命というのは三年前もそうだったしね。そのプレッシャーに勝ってしっかり4連覇をやりたかったけれど、今日の丸山、竹田はちょっと違ったね。今日だけじゃないのかもしれないけど、悔しいね。正直。今は悔しいしかないな。この間のアジアタッグも勝手に挑戦者にされてさ、負けてさ、リーグ戦も負けちゃってさ。次はどうするかだよ。まぁ自分の個人的な目標は決まっているから。世界ジュニアを狙うっていうのはもう決めてるから。タッグをどうするはない。だけど俺は俺のやり方で世界ジュニアにどうやってでもつなげて、もう一回世界ジュニアを巻くっていうのをやりたいですね。なんだったら佐藤光留に負けてから所属は一回も巻いていないからね。その間おれはアジアタッグとかいろいろやっていたけど、もうそろそろいいかな。だんだん腹も立ってきたしこの現状を変えますよ」

――マスクについてはいかがですか?プロの選手に対してちょっと失礼ですが、ハンディ的なものもあったのかなって・・・
「ない!ない!むしろそれを背負ってでも俺は勝とうと思っていたから。批判もあるだろうし、これをかぶって戦うことで視界も狭くなるとかいろんなものを考えて。そりゃハンディになるかもしれない。でもハンディだと思っていたらなんにもならんよ。言い訳なんかしないよ。このリーグ戦だって足が痛いと言ってるヤツもいたけど、俺はしない。当たり前だよ。全力でやって全力で負けたんです。これを踏まえて前に進んでいきます。ただ自分の中にモヤモヤがあるから、それを糧にしていくだけです。以上です」

竹田誠志&丸山敦
竹田「今までのリーグ戦やって来たけど、今日が一番価値あるでしょ。優勝よりもアイツら……青木佐藤の二人に土をつけたというのは俺らにとって大きな一歩です」
丸山「優勝したんですけど、満足せずに。竹田さん、我々、欲しいベルトありましたよね?」
竹田「そうですね。なんでしたっけ」
丸山「アジアタッグですね」
竹田「今誰が持ってるんでしたっけ?」
丸山「青柳&野村です。いい相手ですよ」
竹田「負けてらんないですね」
丸山「あと自分は!BANG!TVが待ってますから。ヨガに気功がついに挑みます。個人の闘いじゃないんです。東洋哲学のなんたるか、それをこの極東の島国で見つけたいと思います。そして竹田さん。それ獲ったら、我々の階級だと次に何がほしい?」
竹田「私はね、やっぱりこの全日本に出始めた目的。世界ジュニアですよ」
丸山「世界ジュニアやろ!!一番欲しいのは!!……なんで怒ってるのか分からんですけど」
竹田「なんでいつも怒るんすか。でも今日は涙の一滴も流してないですからね」
丸山「俺泣いてないぞ!!41歳泣かねぇぞ!!」
竹田「ちゃんと山ごもりの成果も出たんだよ。とっさに出た、ああいうのが精神の統一とかのアレなんだよ」
丸山「よう辛抱してくれましたね!」
竹田「僕丸山さん大好きなんで!」
丸山「恩返ししようがないですけど」
竹田「いやいや!」
丸山「竹田さんの大好きなデスマッチ僕は大嫌いなんで恩返し出来ないんですけども!」
竹田「今度は丸山さんにデスマッチ仕込むところから始めたいと思います。是非ふた……」
丸山「世界ジュニアを目指したいと思います!!」(竹田の言葉にかぶせて)
竹田「そうですね!」
丸山「やっぱりね!プロレスは己の身体こそが武器ですよ!」
竹田「そうですよ。見てください傷だらけですよ」(自らの身体を指差して)
丸山「手刀だよ!!テガタナだよこの野郎!!!」


[335] fun◇fLongoRY - 2017/11/10(Fri) 13:58 ID:hzT.eXbI  [No.107957]
<第5試合>「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦」大日本プロレス代表チーム決定戦 30分1本勝負
関本大介&野村卓矢 vs 橋本大地&神谷英慶

<試合後コメント>
関本大介&野村卓矢
関本「大丈夫か?俺も最後、助けにいけなくてすまなかった。悔しいな。悔しい。・・・これが見たまんま。大日本プロレスです。本当は俺とノムちゃんで大日本の代表として最強タッグに出たかったけれど、岡林の分も背負って出たかったけれど。でも今日は大神が大日本の代表として出る。大神が最強タッグで暴れまわって、大日本プロレスの力強さを、絆の深さを十分に発揮してもらいたい。ノムちゃんは何かないか?」
野村「いやぁ負けたのは全部自分のせいなんで。神谷さんと大地さんに大日本の代表として出るからには優勝してもらって、また戦います」
関本「全日本で大日魂を見せてもらいたいと思います!大神!がんばれよ!」

橋本大地&神谷英慶
大地「やったー!勝てたー!声枯れちゃった……酒飲みすぎて声枯れちゃった……。でも、嬉しいんだけど、それよりも先に何回も言ってた、全日本のリングで大日本の試合が出来たことがとにかくうれしいです。そして、最強タッグリーグにエントリーっていうね、そういうものをかけて闘うという気持ちも入ってて、ホントに楽しい試合でした」
神谷「関本選手、野村選手と戦って、気持は痛いほど伝わったんで、全日本プロレスの最強タッグリーグ、俺達が大日本プロレスパワーで上に行ってやりますよ!大日魂を見せますよ!」
大地「うちらが優勝して、もちろん来年も出させてもらうからね」
神谷「タッグの頂点まで行きますよ!」
大地「世界タッグ、アジアタッグ貰いに来てやる。まあ、そんなことを言う前に目の前のことを処理していこうか。とりあえずエントリーまで来た!一つ一つ勝利を積み重ねて、目明日は優勝。俺らは二人の思いも背負ってるから」


[336] fun◇fLongoRY - 2017/11/10(Fri) 13:59 ID:hzT.eXbI  [No.107958]
連続投稿失礼します。


<第7試合>三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【王者】ジョー・ドーリング vs 【挑戦者】×ヨシタツ

<試合後コメント>
ジョー・ドーリング
「(復帰後)初めての三冠防衛戦で以前よりも良くなっているという感触を得られた。そして今、日本で戦っている外国人選手ではナンバーワンであることを証明した。誰でもかかってこい!」

ヨシタツ
――悔しい結果に終わってしまいましたが、今のお気持ちは
「ジョーのね、パワーが自分がおもったよりすごくて。見ててわかると思うけど、パワーで推されてたっていうのはあるね。アレをなんとかしないと。益々三冠欲しくなりましたよ。今日ので。昔ジョーとやって負けたこと無いって言ったけど、すごく成長してるね。彼が勝ったってことは、彼の方が努力してるってことだから。完敗。俺首やってるけど、彼もね、脳腫瘍やってるし、お互い大病を持って、その上での闘いだから。完敗。仕切り直し」

――三冠戦という舞台については
「心地よかったです。気持ちいい。またあそこに立ちたいですね。でも次立つときはちゃんとお客さんの支持を得て、期待感とかそういうものを背負った上で次回挑戦したいですね。次回までは間を置こうかな。単純に、ジョーは強いわ」

――心は折れていない?
「ますますですよ。ますます。余計欲しくなったね、三冠。次は満場一致のお客さんの支持と期待感をもらって挑戦したいから、間を置こうと思います。次は最強タッグだから。まあ、これで落ち込んでてもしょうがないから。タッグリーグで結果残します。どうせみんな諏訪魔&石川組が優勝すると思っているので、予想を覆すのがプロレスだから。下馬評を覆してみせます。奇しくも、ちょうど三年と一日前に俺は首の骨を折って、正直無理かなと思った。それから復帰して、思ったより体が動かなくて結果も出せなくて、このまま終わっていくのかなって思ったときもあったんですけどね、こうやって三冠に挑戦できるところまでこれたっていうのは感慨深いですよ。もし、これを見てる人で、人生に絶望してる人がいたら、努力次第でここまで持ってけるぞっていうのを訴えたい。そういう風に『ヨシタツにも出来たんだから俺にも出来るだろ!』ってね。そういう風に思ってくれる人が増えたら良いなと思いますよ。プロレス最高ですよ」



[337] fun◇fLongoRY - 2017/11/13(Mon) 07:01 ID:Xmtl.k3U  [No.107963]
「ゼウス祭り」
11月11日(木) 大阪・アゼリア大正ホール[観衆]455人(超満員札止め)

遅くなりましたが試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○中島洋平
5分54秒 逆エビ固め
×菊池悠斗

<第2試合>シングルマッチ
×岡田佑介
5分23秒 ラリアット→片エビ固め
○三原一晃

<第3試合>タッグマッチ
○岩本煌史&佐藤光留
10分21秒 孤高の芸術→エビ固め
U・スパイダーJr.&タコヤキーダー×

<第4試合>タッグマッチ
KAI&丸山敦○
8分02秒 逆さ押さえ込み
×ビリーケン・キッド&ツバサ

<第5試合>タッグマッチ
秋山準&大森隆男○
11分04秒 アックスボンバー→片エビ固め
空牙&GAINA×

<第6試合>6人タッグマッチ
○宮原健斗&野村直矢&青柳優馬
9分56秒 ブラックアウト→片エビ固め
吉村直巳&×織部克巳&大瀬良泰貴

<第7試合>6人タッグマッチ
○ゼウス&ボディガー&TAJIRI
22分03秒 ジャックハマー→片エビ固め
諏訪魔&石川修司&青木篤志×


[338] fun◇fLongoRY - 2017/11/16(Thu) 07:49 ID:MTd79KXo  [No.107975]
「BS11 presents ファン感謝デー」12月17日(日)さいたま大会にて世界ジュニアヘビー級選手権試合の開催が決定。

BS11 presents ファン感謝デー」
12月17日(日)埼玉・さいたま市記念総合体育館(サイデン化学アリーナ)(サブアリーナ)
世界ジュニアヘビー級選手権試合
【第46代王者】 TAJIRI vs 丸山敦 【挑戦者】
※第46代王者・TAJIRI 2度目の防衛戦

◎第46代 世界ジュニアヘビー級王者 TAJIRIのコメント
「正直、ある意味最強の挑戦者を迎えてしまったと思っています。
丸山選手とは過去にも二度シングルで戦いましたが、そのどちらも分が悪かった。
言葉での駆け引きを主武器に戦う選手なんて過去に対戦経験がなかったので、
こちらのペースを乱されまくります。
そうして、彼の言葉には「従いたくなる」催眠効果もあると感じています。
それでも過去二度の対戦では辛うじて勝利することができましたが今回は三度目の正直、
イヤな予感がしてなりません。
年の瀬に、実にイヤな相手を迎えることになってしまいました。
ちなみに、いつも感じるがままの印象で彼をあらわすとするならば、
それはズバリ「天才・丸山敦」。私の中で、彼はそのような存在なのです。」 TAJIRI


◎挑戦者 丸山敦のコメント
「12月17日全日本プロレス年内最終戦にわたしは、
TAJIRIさんの持つ世界Jr.に挑戦致します。
!BANG!TVタイトル挑戦直前に丸山は何を言ってるんだ!不謹慎だよ!丸山はキライだ!
と、お考えですか?だとしたら、それはとてもあなたらしいモノの考え方ですね。
今私は西村選手のヨガへの対策として、第3の目を覚醒するための最終段階に入っています。
これが成功すればどうなりますか?そうです。
わたしにもう毒霧は通用しませんね。
毒霧のないTAJIRI選手なんてただの超一流選手ですよ。
わたしは先日夢を見たんです。
夢の中で私はTAJIRI選手となり、毒霧を吹き、自分が丸山であることを忘れていました。
ふと目が覚めると、自分は紛れもなく丸山でした。
果たして、丸山が夢の中でTAJIRI選手となったのでしょうか?
それとも、TAJIRI選手が夢の中で丸山になったのでしょうか?
是非会場に足を運んで、あなたの目で確かめてください。」 丸山敦


[339] fun◇fLongoRY - 2017/11/20(Mon) 08:45 ID:DBkFQ6jo  [No.107982]
「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜」
11月19日(日)北海道・真駒内セキスイハイム アイスアリーナ(札幌)【開幕戦】[観衆]2130人

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
○岩本煌史&中島洋平
5分03秒 孤高の芸術→片エビ固め
斗猛矢&タナカ岩石×

<第2試合>タッグマッチ
青木篤志岡田佑介×
9分41秒 捕獲式腕ひしぎ逆十字固め
○佐藤光留佐藤恵一

<第3試合>!BANG!TV&NKPWA 世界ヘビー級ダブル選手権試合
【王者】○西村修
9分24秒 裏4の字固め
【挑戦者】×丸山敦
※西村修が第5代!BANG!TV王座5度目の防衛に成功、NKPWA王座初防衛に成功

<第4試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
○野村直矢&青柳優馬【1勝=2点】
10分42秒 マキシマム→片エビ固め
崔 領ニ&将火怒×【1敗=0点】

<第5試合>8人タッグマッチ
○宮原健斗&D・ファンク・Jr.&武藤敬司&U・ドラゴン
13分21秒 ブラックアウト→片エビ固め
関本大介&TAJIRI&×B・タイガーZ&D・デリック

<第6試合>スペシャルシングルマッチ
○KAI
14分05秒 メテオインパクト→片エビ固め
×ヨシタツ

<第7試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
秋山準&大森隆男×【1敗=0点】
16分11秒 ジャックハマー→片エビ固め
○ゼウス&ボディガー【1勝=2点】

<第8試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
J・ドーリング&太陽ケア○【1勝=2点】
19分02秒 TKO34th→片エビ固め
×諏訪魔&石川修司【1敗=0点】


[340] fun◇fLongoRY - 2017/11/22(Wed) 07:48 ID:VsTYND0.  [No.107990]
「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜」
11月21日(火)青森・青森産業会館

試合結果です。[観衆]420人(満員)

<第1試合>シングルマッチ
○中島洋平
6分40秒 逆エビ固め
×岡田佑介

<第2試合>タッグマッチ
○岩本煌史&崔 領ニ
5分56秒 孤高の芸術→片エビ固め
佐藤光留&佐藤恵一×

<第3試合>タッグマッチ
秋山準&大森隆男○
11分57秒 アックスボンバー→片エビ固め
ゼウス&丸山敦×

<第4試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
野村直矢&青柳優馬×【1勝1敗=2点】
12分04秒 超高校級ラ・マヒストラル
征矢学&B・タイガーZ○【1勝=2点】

<第6試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
J・ドーリング&太陽ケア×【1勝1敗=2点】
2分25秒 横入り式エビ固め
TAJIRI&KAI○ 【1勝=2点】

<第7試合>6人タッグマッチ
諏訪魔&石川修司&青木篤志×
19分02秒ジャーマンスープレックスホールド
○宮原健斗&ヨシタツ&U・ドラゴン


[341] Traceej - 2017/11/22(Wed) 16:58 ID:rwyRAJU6  [No.107991]
КОНТЕНТ МАРКЕТИНГ.
Комплексное интернет-продвижение сайтов без посредников и переплат в одном месте!
Сбор различных баз для продвижения в интернете
Эффективно и недорого. Писать в ICQ 656310373


[342] fun◇fLongoRY - 2017/11/23(Thu) 23:50 ID:3POLml16  [No.107993]
「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜」
11月22日(水)岩手・岩手県営体育館(盛岡)[観衆]606人(満員)

遅くなりましたが試合結果です。

この日出場予定だったドリー・ファンク・Jr.が発熱による体調不良の為、
やむを得ず岩手・盛岡大会を欠場、1部対戦カードの変更があったそうです。

<第1試合>タッグマッチ
○ゼウス&U・ドラゴン
7分13秒 ジャックハマー→片エビ固め
青木篤志&佐藤光留×

<第2試合>6人タッグマッチ
○秋山準&大森隆男&カーベル伊藤
11分13秒レフェリーストップ(逆エビ固め)
中島洋平&平日マスク&岡田佑介×

<第3試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
○橋本大地&神谷英慶【1勝=2点】
12分31秒 シャイニングウィザード→エビ固め
征矢学&B・タイガーZ× 【1勝1敗=2点】

<第4試合>6人タッグマッチ
○野村直矢&青柳優馬&岩本煌史
9分50秒 フロッグスプラッシュ→片エビ固め
崔 領ニ&丸山敦&菊地毅×

<第5試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
×諏訪魔&石川修司【2敗=0点】
3分58秒 スプラッシュプランチャー→片エビ固め
○KAI&TAJIRI【2勝=4点】

<第6試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
J・ドーリング&太陽ケア○【2勝1敗=4点】
16分10秒 TKO→片エビ固め
宮原健斗&ヨシタツ× 【1敗=0点】


[343] fun◇fLongoRY - 2017/11/23(Thu) 23:50 ID:3POLml16  [No.107994]
連続投稿失礼します。

「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜」
11月23日(木・祝)宮城・夢メッセみやぎ 西館ホール(仙台)[観衆]463人(超満員)

試合結果です。

<第1試合>6人タッグマッチ
青木篤志&佐藤光留&イーグルス・マスク×
12分31秒 バズソーキック→片エビ固め
○TAJIRI&岩本煌史&中島洋平

<第2試合>スペシャルシングルマッチ
×大森隆男
7分29秒 ジャックハマー→片エビ固め
○ゼウス

<第3試合>スペシャルシングルマッチ
×崔 領ニ
9分50秒 メテオインパクト→片エビ固め
○KAI

<第4試合>6人タッグマッチ
秋山準&○U・ドラゴン&カーベル伊藤
11分40秒 横回転エビ固め
菊地毅&愛澤 No.1&岡田佑介×

<第5試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
○諏訪魔&石川修司【1勝2敗=2点】
9分40秒 ラストライド→体固め
征矢学&B・タイガーZ× 【1勝2敗=2点】

<第6試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
J・ドーリング&太陽ケア× 【2勝2敗=4点】
8分20秒 回転十字固め
○橋本大地&神谷英慶【2勝=4点】

<第7試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
○宮原健斗&ヨシタツ【1勝1敗=2点】
21分58秒 シャットダウン・スープレックス・ホールド
野村直矢&青柳優馬× 【1勝2敗=2点】


[344] fun◇fLongoRY - 2017/11/28(Tue) 06:06 ID:FXvyw9M6  [No.108009]
「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜」
11月26日(日)東京・新木場1stRING[観衆]380人(超満員札止め)

遅くなりましたが試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
丸山敦&岡田佑介×
10分30秒 ジャーマンスープレックスホールド
三富政行&佐藤恵一○

<第2試合>6人タッグマッチ
○青木篤志&佐藤光留&松本崇寿
9分38秒腕固め
×中島洋平&岩本煌史&阿部史典

<第3試合>8人タッグマッチ
秋山準&○大森隆男&D・ファンク・Jr.&西村修
6分09秒 アックスボンバー→片エビ固め
J・ドーリング&太陽ケア&×B・タイガーZ&D・デリック

<第4試合>スペシャルシングルマッチ
×ゼウス
15分22秒 シドマス→片エビ固め
○崔 領ニ

<第5試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
○諏訪魔&石川修司【2勝2敗=4点】
20分32秒 ラストライド→体固め
×野村直矢&青柳優馬【1勝3敗=2点】

<第6試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
○宮原健斗&ヨシタツ【2勝1敗=4点】
21分38秒 シャットダウン・スープレックス・ホールド
×TAJIRI&KAT【2勝1敗=4点】


[345] fun◇fLongoRY - 2017/11/29(Wed) 16:36 ID:mm2jWhbs  [No.108013]
「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦」
11月28日(火)神奈川・横浜ラジアントホール[観衆]320人(超満員)

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
○ゼウス&岩本煌史
5分23秒 アルゼンチンバックブリーカー
崔 領ニ&岡田佑介×

<第2試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
秋山準&大森隆男○ 【1勝1敗=2点】
7分11秒 アックスボンバー→片エビ固め
征矢学&B・タイガーZ× 【1勝3敗=2点】

<第3試合>8人タッグマッチ
○諏訪魔&石川修司&青木篤志&吉江豊
7分28秒 バックドロップ→体固め
TAJIRI&KAI&佐藤光留&中島洋平×

<第4試合>8人タッグマッチ
D・ファンク・Jr.&ザ・G・カブキ&○西村修&D・デリック
8分21秒 逆さ押さえ込み
グレート小鹿&関本大介&渕正信&丸山敦×

<第5試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
ジョー・ドーリング&太陽ケア× 【2勝3敗=4点】
10分59秒 スピアー→ジャックナイフ式エビ固め
○野村直矢&青柳優馬【2勝3敗=4点】

<第6試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
×宮原健斗&ヨシタツ【2勝2敗=4点】
25分03秒 シャイニングウィザード→片エビ固め
○橋本大地&神谷英慶【3勝=6点】


[346] fun◇fLongoRY - 2017/12/01(Fri) 09:35 ID:  [No.108014]
「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦」
11月29日(水)新潟・上越観光物産センター[観衆]303人(満員)

遅くなりましたが試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
中島洋平&岡田佑介×
9分09秒 S.K→片エビ固め
U・ドラゴン&吉岡世起○

<第2試合>タッグマッチ
○ゼウス&丸山敦
4分09秒 チョークスラム→体固め
崔 領ニ&岩本煌史×

<第3試合>6人タッグマッチ
○J・ドーリング&太陽ケア&佐藤光留
11分00秒 レボリューションボム→エビ固め
諏訪魔&石川修司&青木篤志×

<第4試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
○野村直矢&青柳優馬【3勝3敗=6点】
11分38秒 スピアー→ジャックナイフ式エビ固め
×TAJIRI&KAI【2勝2敗=4点】

<第5試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
×宮原健斗&ヨシタツ【2勝3敗=4点】
12分22秒 ワイルドボンバー→片エビ固め
○征矢学&B・タイガーZ【2勝3敗=4点】

<第6試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
○秋山準&大森隆男【2勝1敗=4点】
15分01秒 リストクラッチ式エクスプロイダー→片エビ固め
橋本大地&神谷英慶× 【3勝1敗=6点】


[347] fun◇fLongoRY - 2017/12/03(Sun) 16:07 ID:  [No.108018]
「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦」
12月 2日(土)大阪・エディオンアリーナ大阪 第2競技場[観衆]656人(超満員)

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
○青木篤志&佐藤光留
6分44秒 逆エビ固め
岩本煌史&岡田佑介×

<第2試合>タッグマッチ
×中島洋平&内田祥一
6分52秒 タイガーススープレックスホールド
ビリーケン・キッド&丸山敦○

<第3試合>タッグマッチ
○野村直矢&青柳優馬
5分53秒 フロッグスプラッシュ→片エビ固め
U・スパイダーJr.&タコヤキーダー×

<第4試合>6人タッグマッチ
J・ドーリング&太陽ケア&渕正信×
10分25秒 ラ・マヒストラル
TAJIRI&KAI&U・ドラゴン○

<第5試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦  公式戦 30分1本勝負
○宮原健斗&ヨシタツ【3勝3敗=6点】
14分34秒 ジャーマンスープレックスホールド
崔 領ニ&将火怒× 【2敗=0点】

<第6試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦  公式戦 30分1本勝負
○秋山準&大森隆男【3勝1敗=6点】
6分44秒 リストクラッチ式エクスプロイダー→片エビ固め
諏訪魔&石川修司× 【2勝3敗=4点】

<第7試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦  公式戦 30分1本勝負
ゼウス&ボディガー○ 【2勝=4点】
12分59秒 バウンス→片エビ固め
橋本大地&神谷英慶× 【3勝2敗=6点】


[348] fun◇fLongoRY - 2017/12/04(Mon) 09:11 ID:  [No.108019]
「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦」
12月 3日(日)広島・広島マリーナホップ[観衆]518人(超満員札止め)

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
○青木篤志&レイパロマ
9分20秒 スリーパーホールド
×岡田佑介&岡田剛史

<第2試合>タッグマッチ
×岩本煌史&青柳優馬
9分46秒 エビ固め
U・ドラゴン&丸山敦○

<第3試合>6人タッグマッチ
○J・ドーリング&太陽ケア&渕正信
9分05秒 フライングボディアタック→体固め
TAJIRI&KAI&中島洋平×

<第4試合>タッグマッチ
諏訪魔&石川修司○
10分27秒 ファイアーサンダー→片エビ固め
野村直矢&佐藤光留×

<第5試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦  公式戦 30分1本勝負
秋山準&大森隆男○ 【4勝1敗=8点】
11分01秒 アックスボンバー→片エビ固め
崔 領ニ&将火怒× 【3敗=0点】

<第6試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦  公式戦 30分1本勝負
○宮原健斗&ヨシタツ【4勝3敗=8点】
19分35秒 シャットダウン・スープレックス・ホールド
ゼウス&ボディガー× 【2勝1敗=4点】


[349] fun◇fLongoRY - 2017/12/05(Tue) 08:34 ID:  [No.108024]
【12.17ファン感のカードが決定】
「BS11 presents ファン感謝デー」12月17日(日)さいたま大会の全対戦カードが決定

「BS11 presents ファン感謝デー」
12月17日(日)16:00〜
埼玉・さいたま市記念総合体育館
(サイデン化学アリーナ)(サブアリーナ)

世界ジュニアヘビー級選手権試合
【第46代王者】TAJIRI
VS
【挑戦者】丸山敦
※第46代王者・TAJIRI 2度目の防衛戦

タッグマッチ
岩本煌史&青柳優馬
VS
KAI&石切

クリスマスプレゼントマッチ
Mr.クリスマス&ウルティモ・ドラゴン&カーベル伊藤
VS
渕正信&西村修&岡田佑介

6人タッグマッチ
青木篤志&佐藤光留&松本崇寿
VS
中島洋平&鈴木鼓太郎&佐藤恵一

シングルマッチ
大森隆男
VS
ブラック・タイガーZ

シングルマッチ
ジョー・ドーリング
VS
野村直矢

The Road to さいたまスーパーアリーナ
諏訪魔&石川修司&崔 領ニ
VS
宮原健斗&ゼウス&ヨシタツ


[350] fun◇fLongoRY - 2017/12/05(Tue) 08:35 ID:  [No.108025]
連続投稿失礼します。

「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦」
12月 4日(月)福岡・博多スターレーン[観衆]580人(満員)

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
渕正信&佐藤光留○
9分09秒 ジャンピングハイキック→片エビ固め
中島洋平&丸山敦×

<第2試合>6人タッグマッチ
○野村直矢&青柳優馬&岡田佑介
10分11秒 フロッグスプラッシュ→片エビ固め
U・ドラゴン&KING&新泉浩司×

<第3試合>6人タッグマッチ
J・ドーリング&太陽ケア&岩本煌史×
12分23秒 ラストマウンテン→体固め
諏訪魔&○石川修司&青木篤志

<第4試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
崔 領ニ&将火怒○ 【1勝3敗=2点】
11分01秒 首塚→片エビ固め
征矢学&B・タイガーZ×【2勝4敗=4点】

<第5試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
○ゼウス&ボディガー【3勝1敗=6点】
3分36秒 ジャックハマー→片エビ固め
×TAJIRI&KAI【2勝3敗=4点】

<第6試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
秋山準&大森隆男× 【4勝2敗=8点】
19分38秒 シャットダウン・スープレックス・ホールド
○宮原健斗&ヨシタツ【5勝3敗=10点】


[351] fun◇fLongoRY - 2017/12/07(Thu) 17:49 ID:  [No.108029]
「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦」
12月5日山口・周南市新南陽ふれあいセンター[観衆]571人(満員)

遅くなりましたが試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
青木篤志&レイパロマ×
10分28秒 首固め
○渕正信&佐藤光留

<第2試合>スペシャルシングルマッチ
○ヨシタツ
9分54秒 ダイビングニールキック→片エビ固め
×B・タイガーZ

<第3試合>8人タッグマッチ
秋山準&大森隆男&○U・ドラゴン&土屋クレイジー
10分12秒 ラ・マヒストラル
中島洋平&岩本煌史&丸山敦&岡田佑介×

<第4試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
○J・ドーリング&太陽ケア【3勝3敗=6点】
6分17秒 フライングボディアタック→体固め
崔 領ニ&将火怒× 【1勝4敗=2点】

<第5試合>6人タッグマッチ
○宮原健斗&野村直矢&青柳優馬
9分19秒 ブラックアウト→片エビ固め
×征矢学&TAJIRI&KAI

<第6試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
○諏訪魔&石川修司【3勝3敗=6点】
15分58秒 ラストマウンテン→体固め
ゼウス&ボディガー× 【3勝2敗=6点】


[352] fun◇fLongoRY - 2017/12/07(Thu) 17:50 ID:  [No.108030]
連続投稿失礼します。

「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦」得点順位です。(12・5終了時点)

1位 10点(5勝3敗残り1試合)宮原健斗&ヨシタツ
2位 8点(4勝2敗残り3試合)秋山準&大森隆男
3位 6点(3勝2敗残り4試合) ゼウス&ボディガー
3位 6点(3勝2敗残り4試合)橋本大地&神谷英慶
5位 6点(3勝3敗残り3試合)J・ドーリング&太陽ケア
5位 6点(3勝3敗残り3試合)諏訪魔&石川修司
5位 6点(3勝3敗残り3試合)野村直矢&青柳優馬
8位 4点(2勝3敗残り4試合)TAJIRI&KAI
9位 4点(2勝4敗残り3試合)征矢学&ブラック・タイガーZ
10位 2点(1勝4敗残り4試合)崔 領ニ&将火怒


[353] fun◇fLongoRY - 2017/12/08(Fri) 07:55 ID:  [No.108038]
「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦」
12月7日(木)香川・高松シンボルタワー 展示場[観衆]212人(満員)

試合結果です。

<第1試合>3WAYマッチ
×中島洋平vs○丸山敦vsU・ドラゴン
6分00秒 横入り式エビ固め

<第2試合>6人タッグマッチ
J・ドーリング&太陽ケア&鈴木鼓太郎○
9分45秒 ランニングエルボー→片エビ固め
佐藤光留&岩本煌史&岡田佑介×

<第3試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
○橋本大地&神谷英慶【4勝2敗=8点】
9分41秒 シャイニングウィザード→片エビ固め
崔 領ニ&将火怒× 【1勝5敗=2点】

<第4試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
ゼウス&ボディガー○ 【4勝2敗=8点】
14分23秒 バウンス→片エビ固め
征矢学&B・タイガーZ× 【2勝5敗=4点】

<第5試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
秋山準&大森隆男× 【4勝3敗=8点】
4分54秒 回転エビ固め
○TAJIRI&KAI【3勝3敗=6点】

<第6試合>8人タッグマッチ
諏訪魔&石川修司&青木篤志&渕正信×
21分22秒 ブラックアウト→片エビ固め
○宮原健斗&ヨシタツ&野村直矢&青柳優馬


[354] fun◇fLongoRY - 2017/12/08(Fri) 07:56 ID:  [No.108039]
連続投稿失礼します。

「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦」得点順位です。(12・7終了時点)

1位 10点(5勝3敗残り1試合)宮原健斗&ヨシタツ
2位 8点(4勝2敗残り3試合) ゼウス&ボディガー
2位 8点(4勝2敗残り3試合)橋本大地&神谷英慶
4位 8点(4勝3敗残り2試合)秋山準&大森隆男
5位 6点(3勝3敗残り3試合)J・ドーリング&太陽ケア
5位 6点(3勝3敗残り3試合)諏訪魔&石川修司
5位 6点(3勝3敗残り3試合)野村直矢&青柳優馬
5位 6点(3勝3敗残り3試合)TAJIRI&KAI
9位 4点(2勝5敗残り2試合)征矢学&ブラック・タイガーZ
10位 2点(1勝5敗残り3試合)崔 領ニ&将火怒


[355] fun◇fLongoRY - 2017/12/09(Sat) 08:17 ID:  [No.108041]
「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦」
12月8日(金)愛知・名古屋市露橋スポーツセンター[観衆]505人(満員)

試合結果です。

<第1試合>6人タッグマッチ
○青木篤志&佐藤光留&渕正信
10分15秒 バックドロップ→体固め
丸山敦&×小仲=ペールワン&影山道雄

<第2試合>8人タッグマッチ
秋山準&大森隆男&中島洋平&岡田佑介×
11分26秒 ラ・マヒストラル
宮原健斗&ヨシタツ&岩本煌史&U・ドラゴン○

<第3試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
J・ドーリング&太陽ケア○ 【4勝3敗=8点】
13分15秒 TKO→片エビ固め
征矢学&B・タイガーZ× 【2勝6敗=4点】

<第4試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
橋本大地&神谷英慶○ 【5勝2敗=10点】
3分50秒 ショルダータックル→片エビ固め
×TAJIRI&KAI【3勝4敗=6点】

<第5試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
ゼウス&ボディガー× 【4勝3敗=8点】
12分06秒 ジャックナイフ式エビ固め
野村直矢&青柳優馬○ 【4勝3敗=8点】

<第6試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
○諏訪魔&石川修司【4勝3敗=8点】
16分29秒 ラストマウンテン→体固め
崔 領ニ&将火怒×【1勝6敗=2点】


[356] fun◇fLongoRY - 2017/12/09(Sat) 08:18 ID:  [No.108042]
連続投稿失礼します。

「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦」得点順位です。(12・8終了時点)

1位 10点(5勝2敗残り2試合)橋本大地&神谷英慶
2位 10点(5勝3敗残り1試合)宮原健斗&ヨシタツ
3位 8点(4勝3敗残り2試合)J・ドーリング&太陽ケア
3位 8点(4勝3敗残り2試合)諏訪魔&石川修司
3位 8点(4勝3敗残り2試合)秋山準&大森隆男
3位 8点(4勝3敗残り2試合)野村直矢&青柳優馬
3位 8点(4勝3敗残り2試合)ゼウス&ボディガー
8位 6点(3勝4敗残り2試合)TAJIRI&KAI
9位 4点(2勝6敗残り1試合)征矢学&ブラック・タイガーZ
10位 2点(1勝6敗残り2試合)崔 領ニ&将火怒


[357] fun◇fLongoRY - 2017/12/10(Sun) 16:35 ID:hzT.eXbI  [No.108043]
「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦」[観衆]1024人
12月9日(土)新潟・新潟市体育館

試合結果です。

<第1試合>6人タッグマッチ
青木篤志&佐藤光留&岡田佑介×
12分13秒 首固め
○渕正信&B・タイガーZ&丸山敦

<第2試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
TAJIRI&KAI× 【3勝5敗=6点】
4分05秒 赤川鉄橋→片エビ固め
○崔 領ニ&将火怒【2勝6敗=4点】

<第3試合>6人タッグマッチ
○宮原健斗&ヨシタツ&U・ドラゴン
10分46秒 ジャーマンスープレックスホールド
征矢学&岩本煌史&中島洋平×

<第4試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
○J・ドーリング&太陽ケア【5勝3敗=10点】
11分32秒 ジャンピングパワーボム→エビ固め
ゼウス&ボディガー× 【4勝4敗=8点】

<第5試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
秋山準&大森隆男× 【4勝4敗=8点】
20分57秒 ジャックナイフ式エビ固め
野村直矢&青柳優馬○ 【5勝3敗=10点】

<第6試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
諏訪魔&石川修司○ 【5勝3敗=10点】
19分39秒 ラストマウンテン→片エビ固め
橋本大地&神谷英慶× 【5勝3敗=10点】


[358] fun◇fLongoRY - 2017/12/10(Sun) 16:35 ID:hzT.eXbI  [No.108044]
連続投稿失礼します。

「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦」得点順位です。(12・9終了時点)

1位 10点(5勝3敗残り1試合)諏訪魔&石川修司
1位 10点(5勝3敗残り1試合)J・ドーリング&太陽ケア
1位 10点(5勝3敗残り1試合)宮原健斗&ヨシタツ
1位 10点(5勝3敗残り1試合)橋本大地&神谷英慶
1位 10点(5勝3敗残り1試合)野村直矢&青柳優馬
6位 8点(4勝4敗残り1試合)秋山準&大森隆男
6位 8点(4勝4敗残り1試合)ゼウス&ボディガー
8位 6点(3勝5敗残り1試合)TAJIRI&KAI
9位 4点(2勝6敗残り1試合)征矢学&ブラック・タイガーZ
9位 4点(2勝6敗残り1試合)崔 領ニ&将火怒


[359] fun◇fLongoRY - 2017/12/13(Wed) 07:39 ID:Xmtl.k3U  [No.108050]
「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦」【優勝決定戦】
12月12日(火)東京・後楽園ホール 観衆:1660人・超満員札止め

試合結果です。

<第1試合>6人タッグマッチ 30分1本勝負
渕正信&西村修&○ウルティモ・ドラゴン
6分56秒 ラ・マヒストラル
岩本煌史&丸山敦&阿部史典×

<第2試合>6人タッグマッチ 30分1本勝負
青木篤志&佐藤光留&岡田佑介×
9分4秒 ランニングエルボー→片エビ固め
中島洋平&○鈴木鼓太郎&佐藤恵一

<第3試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
×TAJIRI&KAI【3勝6敗=6点】
4分39秒 グラウンド・コブラツイスト
○征矢学&ブラック・タイガーVII【3勝6敗=6点】

<第4試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
ゼウス&ボディガー×【4勝5敗=8点】
11分45秒 赤川鉄橋→片エビ固め
○崔領ニ&将火怒【3勝6敗=6点】

<第5試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
秋山準&大森隆男〇【5勝4敗=10点】
10分11秒 アックスボンバー→片エビ固め
ジョー・ドーリング&太陽ケア×【5勝4敗=10点】

<第6試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
野村直矢&青柳優馬×【5勝4敗=10点】
14分1秒 シャイニングウィザード→片エビ固め
○橋本大地&神谷英慶【6勝3敗=12点】

<第7試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
○諏訪魔&石川修司【6勝3敗=12点】
25分17秒 ラストライド→体固め
宮原健斗&ヨシタツ×【5勝4敗=10点】

<第8試合>2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 優勝決定戦 無制限1本勝負
諏訪魔&石川修司○
11分14秒 ジャイアントスラム→片エビ固め
橋本大地&神谷英慶×
※諏訪魔&石川が2017世界最強タッグ決定リーグ戦優勝


[360] fun◇fLongoRY - 2017/12/13(Wed) 07:41 ID:Xmtl.k3U  [No.108051]
「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦」最終得点順位です。(12・12終了時点)

1位 12点(6勝3敗)諏訪魔&石川修司 ※優勝
1位 12点(6勝3敗)橋本大地&神谷英慶
3位 10点(5勝4敗)宮原健斗&ヨシタツ
3位 10点(5勝4敗)J・ドーリング&太陽ケア
3位 10点(5勝4敗)野村直矢&青柳優馬
3位 10点(5勝4敗)秋山準&大森隆男
7位 8点(4勝5敗)ゼウス&ボディガー
8位 6点(3勝6敗)TAJIRI&KAI
8位 6点(3勝6敗)征矢学&ブラック・タイガーZ
8位 6点(3勝6敗)崔 領ニ&将火怒


[361] fun◇fLongoRY - 2017/12/13(Wed) 07:42 ID:Xmtl.k3U  [No.108052]
連続投稿失礼します。

「2017 世界最強タッグ決定リーグ戦」【優勝決定戦】
12月12日(火)東京・後楽園ホール

2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 優勝決定戦 無制限1本勝負
諏訪魔&石川修司 vs 橋本大地&神谷英慶

試合後リング上
石川「皆さんの応援のおかげで優勝することができましたありがとうございます。この一年、全日本さんのリング、ずっと戦ってきて、こうやって最後、最高の形でしめれたのは、自分のパートナーである諏訪魔選手のおかげです。周りからは、組むなっていっぱい言われましたけど、でも、こうやって結果を残せて、諏訪魔選手っていう強力なパートナーともっともっと暴れていきたいと思います」
諏訪魔「皆さんほんと今日は応援ありがとうございます。そして!石川選手。俺のわがまま聞いてくれてありがとう」
石川「諏訪魔選手と自分は、これからもこの全日本プロレスを盛り上げるために、体を張ってガンガン戦っていくんでこれからも応援よろしくお願いします。最後、しめたいと思いますんで、ご起立の方お願いできますでしょうか?前にも言いましたけど、僕ら、40代、でも、今が、全盛期だと思って戦ってますんで、皆さんも、今が全盛期と思って毎日を楽しく過ごしてください、そして、その何%かが全日本プロレスだったら嬉しいです。最後に!いくぞーって言ったらオーで、3,2,1俺達は全盛期だで。いくぞーオー、3,2,1、俺達は全盛期だ!オイ!で。いいですかー!?行くぞー!3!2!1!俺達は全盛期だ!オイ!」

試合後のコメントです。
諏訪魔&石川修司
――最強タッグ優勝おめでとうございます!
諏訪魔「いやー、嬉しいっすよ。途中で長い最強タッグで俺が負けて、俺のワガママ聞いてくれて、途中ケンカもしたけど、分かってもらえて。合体技まで出来て、すごく濃密な時間を過ごすことが出来た。そして、最期こういう形で追われたということは俺はとても嬉しい!(トロフィーを撫でながら)」
石川「この最強タッグ、ホントに長くて、全勝優勝すると思ってやってたけど、衝突は何回もあったけど、終わってみるとこうして優勝するためのスパイスというか、必要なものだったのかなという気もしますね。優勝したから思うのかもしれないですけど。ホントに、メインの宮原&ヨシタツも強かったけど、その後も……若いっていうのは強いですね。二人共すごいですね。強い。ホントに最強のパートナーが隣りにいたんで、自分がフォール返せば勝てると思ったんで。諏訪魔選手と組むことでこの最強タッグ優勝して、全日本プロレスで戦った一年を最高の形で締められて幸せです!」

――石川選手はチャンピオンカーニバルを制覇し、そして最強タッグも制覇されました
石川「ホントそれは、戦う場所を提供してくださった秋山社長を始め、全日本プロレスの方々のおかげなので。ホントに心地いい場所で戦わせてもらって、諏訪魔選手とか宮原選手とか、素晴らしい選手がたくさんいたんで、そこで自分がもっともっと頑張ろうって気持ちに慣れたので、ホント感謝しか無いです。感謝の気持ちです」
諏訪魔「最後のメインもね、全部出し切ろうと思った。石川選手に繋げばなんとかしてくれるんじゃないかと!最後動けなかったからね(笑)ホント助けてもらって……いやぁ、ホント頼りになる!最強のパートナーが横に居てくれて感謝ですよ。ただね、まだまだ俺らは全盛期!わけぇのなんかに負けねぇぞ!負けねぇよ!跳ね返してやるよお前!どんだけ俺が辛い思いしてきたのかっていうのをまだまだ分からせてやるぞ!」
石川「頑張りましょう。若いやつと胸突き合わせてぶつかりあって、何回でも見せてうちらの方が上だって分からせてやるから。うちらの全盛期、まだまだ伸ばしてやるから」
諏訪魔「そうだよ!行きましょう!」
(缶ビールで乾杯し、お互いに頭からビールを掛け合う)
石川「ぐあああああ!!(笑)」
諏訪魔「痛い痛い痛い!!(笑)」
石川「いてぇなあ(笑)」
諏訪魔「この痛み!最強タッグで一番痛いよ!(笑)」

橋本大地&神谷英慶
――惜しくも最強タッグ、最侠タッグの両制覇はなりませんでした
橋本「悔しいよ、そりゃ悔しいよ。俺らもここまで来て、ついさっきまで得点一位だったんだ。正直とても悔しい。でも俺らまだまだ諦めないからさ。スゲー悔しいし、最後なんで俺は助けに行けなかったんだろうって思うけどさ。悔む事もあるけれど、そんなの次の日には忘れるからさ。俺らまだまだ、来年のうちらの最侠タッグもしっかり優勝して。またこっち戻ってきて、その時は優勝させてもらうから。スゲー悔しいですよ。でもここまで行ったという実績があるんだから。全日本のファンも見てただろう。次来た時は必ず優勝する。もうみんな見てるんだ。エントリーだってできるはず」
神谷「いや完敗ですね。こんな強いタッグチームがあるなんて知らなかったから、僕ら。もっともっと強くなって次は全日本プロレスの最強タッグリーグも制覇して見せます。一回負けたくらいで僕らはへこたれないんで。絶対やり返しますから。負けたままでは終わらないですから!」
橋本「でも楽しかった。俺も楽しいって思える試合だった。だから次、絶対勝つ。以上。ありがとうございました」


[362] ただの全日ファン - 2017/12/14(Thu) 02:56 ID:o9alePls  [No.108054]
鈴木鼓太郎の世界ジュニア挑戦に全日本ジュニア勢全員が猛反対してます。
全日本ジュニア勢が言ってる、「出ていく時に世界ジュニア王座には興味ないって、返上したくせに。」「フル参戦してないくせに。」って言ってるのも分かるし、
鼓太郎の言ってる、「世界ジュニア戦が外的同士の対戦じゃないか、文句言う前に全日本ジュニア勢の誰か挑戦表明しろよ。」って言うのも分かるんだよね。
これから全日本のジュニアはどう展開するだろうか?

完全に、鼓太郎&佐藤恵一vs全日本ジュニア勢(光留も含めた)の構想になってしまったようだしね。


[363] fun◇fLongoRY - 2017/12/14(Thu) 08:48 ID:K61CyBWw  [No.108055]
>全日ファンさん

鼓太郎、恵一をめぐってJrが波乱のようですね…

バトルニュースの記事からですが12日、全日本プロレス『2017 世界最強タッグ決定リーグ戦 〜旗揚げ45周年記念シリーズ〜 【優勝決定戦】』が後楽園ホールにて開催され超満員札止めとなる中、全日ジュニアと出戻り組の遺恨が爆発...。

 この日の第2試合では青木篤志&佐藤光留&岡田佑介vs中島洋平&鈴木鼓太郎&佐藤恵一の対戦カードが組まれたが、7日の高松大会で鈴木鼓太郎が世界ジュニアへの挑戦を表明したことで試合開始前から一触即発の雰囲気へ。
 それもそのはず、鼓太郎は全日本プロレスが分裂騒動に見舞われピンチだった2015年に、現役世界ジュニアヘビー級王者でありながらベルトを返上し全日本プロレスを退団。さらにパートナーの佐藤恵一も「小橋建太さん、秋山準さんに認めていただいてオレンジを着用することができました」とオレンジコスチュームを継承してデビューしたにも関わらず、わずか3ヶ月で全日本プロレスを退団した選手。

この試合で勝利した鼓太郎は「このまま俺のことを止めるヤツがいなければ誰も挑戦者は出ないでしょう。俺が言ったことで不満をぶち上げるヤツもいるけど、俺から言わせてもらえば遅いんだよ。次の選手権、フリー同士で組まれているでしょう?(王者・TAJIRIvs丸山敦)。なんでそれが決まった時点で不満をぶち上げないんだって。俺が言ったらその時の不満まで出てきて。不満ばっか言って行動を起こさなければ意味ない。そうやって不満があるのはレスラーだけじゃない。サラリーマンの人たちだってそう。誰だって不満はあるんだ。その不満がある現状の中でどう結果出していくか、そういうことでしょう。俺のこの発言が力づくだっていうのはわかっているよ。俺が逆の立場だったらふざけんなよって言うし。でも全戦参戦していないのは確かだし、チャンスを作ってものにしていくには無理繰りでも発言していかないとね。だからこそなかった活路が開けてきたじゃないですか。俺はフリーだからこうやってチャンスを作っていかないと」と主張。

 これに全日ジュニアはそれぞれ、
中島洋平「鼓太郎選手の世界ジュニアへの挑戦表明は納得できないです。僕もTAJIRI選手には無理矢理乱入というかたちでやりましたけれど、それとはまた話が違うと思う」
岡田祐介「クソッ!なんでや…何がアカンねん!鈴木鼓太郎は(全日本から)出てってファンに対して何もしてへんのに、なんでアイツが世界ジュニアに挑戦出来んねん!そら俺にはそんな言う資格ないのかも知れへんけど、あの二人がなんで今のうのうとこのリングに上がれてんねん!こっちは必死こいて!やっと全日本のリングでデビューして!今必死こいて喰らいついてるのに!なんでアイツらは簡単に戻ってこれんねん!絶対に、絶対に俺があの二人だけは仕留める!誰がなんと言おうとも、俺が仕留める!クソッ!!」
青木篤志「世界ジュニアに挑戦したいって言うのは自由だと思うけどさ、今言う必要はないんじゃないかな。まだTAJIRIvs丸山やってねぇからな。邪魔したいなら邪魔したいでいいけどさ、自分の欲望だけを満たそうとするんだったら止めて欲しい。彼は彼なりに発言について考えたほうがいいと思うよ。彼はフリーで上がってるんでしょ?しかも光留さんみたいに毎試合でてるわけじゃない。たまーに出て、たまーにポンと発言して、出てこない。好きなこと言って、好きなことやる。それでいいんだったらいいと思うよ。でもそれを許しちゃったらダメでしょ。全日本プロレスだって厳しくしないと行けないと思うよ。俺はハッキリ言っとくぞ。俺だって世界ジュニアに挑戦したいんだ。あとはPWFの判断を待つだけだから。何度も言うぞ。世界ジュニアに挑戦したい。する。させて欲しい。以上です」
佐藤光留「センスねぇんだよ。いつまで経っても自分のことばっかじゃん自分が自分がでさ、全日本勝手に居なくなってさ、ベルトもいらないって言ったやつがさ、終わった気になってんだよ。いらないっつったじゃん!いらねぇっつったろ!俺達が一生懸命守ってたのに、まっさらな気持ちで『あのベルト欲しいです』みたいな……アホちゃう?今の全日本にはな、美学があるんだよ。オメェにだけだよ、ねぇのはよ!誰が許したって俺が許さねぇからな?秋山が許そうが何しようが俺が許さねぇからな」
と激怒していたそうです。


次の世界Jrは12・17後楽園の王者・TAJIRIvs丸山敦が決まっているわけで、その試合後にどうなるのかもありますよね?
鼓太郎の挑戦がすんなりいくのか?それとも元王者の青木、光留ももう待てない感じがあるので、どうでるのか注目されます。


[364] fun◇fLongoRY - 2017/12/16(Sat) 08:01 ID:MTd79KXo  [No.108058]
2017年度プロレス大賞の最優秀タッグ賞は、全日本プロレスで結成された諏訪魔、石川修司組が初受賞しました。

 188センチ(諏訪魔)と195センチ(石川)の和製大型タッグがうれしい初受賞…。選考会では総勢6チーム(ユニット1)がノミネートされたが、1回目の投票で16票を獲得する圧勝だったそうです。

 正式なタッグ結成は10月からだったが、12日の東京・後楽園ホール大会で「世界最強タッグ決定リーグ戦」を優勝したインパクトが大きかった。

 また個人の活躍も目立った。本格的に全日マットに参戦した石川は春の祭典「チャンピオン・カーニバル」を優勝し、5月には3冠ヘビー級王座を初戴冠。めきめき頭角を現し、どちらかといえばネームバリューのなかった石川の名前がクローズアップされ始めた。

 また諏訪魔は7月に邪道・大仁田厚と電流爆破デスマッチで対戦すると、その翌日に3冠戦に挑戦(当時の王者は石川)して話題となった。

 その諏訪魔も10月には同王座史上最多となる6度目の戴冠を成し遂げた。10年度の殊勲賞以来の受賞に「3冠戦でも戦い、この一年は石川修司と作り上げてきたので、いい形になってよかった」と久々の栄冠に笑顔を見せた。

 一方、これがプロレス大賞初受賞となる石川は「ボクは空気を読むタイプだけど、諏訪魔さんは話題になることをドンドンやる。自分にないものを持っているので、引き出しが増えた」と感謝の言葉を口にした。

 来年は他団体での活躍も期待される2人は「マット界にケガ人続出だな、オイ!」(諏訪魔)、「そんなこと口にしたらオファーが来ないですよ…」(石川)。掛け合いも息ぴったりな愉快痛快な和製大型タッグに18年は注目…。

 また、新人賞は、青柳優馬が選ばれました。5選手がノミネートされた選考で14票を獲得。デビューは2014年12月14日の後楽園ホール大会(対宮原健斗)のため、同賞の対象となる「デビュー3年以内」に“滑り込みセーフ”となった。

 1月の世界ジュニアヘビー級王座挑戦からスタートした今年は、数々の大舞台を踏んで急成長。9月には野村直矢とのコンビで日本最古のベルトであるアジアタッグ王座を初戴冠した。

 しかも秋山準社長体制でデビューした生え抜き選手で、故ジャンボ鶴田さんから秋山に引き継がれたジャンピングニーを受け継いだ。

「(デビューから)自分が一番上に上がれた一年でした。ジャンピングニーイコール秋山準から青柳優馬に塗り替えたい。アジアタッグも防衛を続けて価値を上げます」と決意を新たにした。

 秋山は「駆け込み受賞だね(笑い)。俺の付け人から始まっているから、うれしいですよ。だけど最初に(9日の新潟大会)ジャンピングニーを俺にブチ込みやがった…。大事に使ってもらいたい」とさらなる期待をかけたそうです。


◆2017年度プロレス大賞(東京スポーツ制定)

▽最優秀タッグチーム賞 諏訪魔&石川修司(全日本プロレス、初)

 ▽新人賞 青柳優馬(全日本プロレス)


[365] fun◇fLongoRY - 2017/12/18(Mon) 19:28 ID:ivOWCveo  [No.108071]
「BS11 presents ファン感謝デー」

12月17日(日)埼玉・さいたま市記念総合体育館[観衆]573人(満員)

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
岩本煌史&青柳優馬○
9分46秒 ロックスターバスター→片エビ固め
KAI&石切×

<第2試合>クリスマスプレゼントマッチ
Mr.クリスマス&○U・ドラゴン&カーベル伊藤
16分34秒 ラ・マヒストラル
渕正信&西村修&岡田佑介×

<第3試合>6人タッグマッチ
青木篤志&○佐藤光留&松本崇寿
13分19秒 捕獲式腕ひしぎ逆十字固め
×中島洋平&鈴木鼓太郎&佐藤恵一

<第4試合>シングルマッチ
○大森隆男
9分41秒 アックスボンバー→片エビ固め
×B・タイガーZ

<第5試合>世界ジュニアヘビー級選手権試合
【第46代王者】○TAJIRI
9分00秒 首固め
【挑戦者】×丸山敦
※TAJIRIが2度目の防衛に成功

<第6試合>シングルマッチ
○J・ドーリング
7分54秒 レボリューションボム→エビ体固め
×野村直矢

<第7試合>The Road to さいたまスーパーアリーナ
諏訪魔&石川修司&崔 領ニ×
23分44秒 ジャックハマー→片エビ固め
宮原健斗&○ゼウス&ヨシタツ


[366] fun◇fLongoRY - 2017/12/23(Sat) 23:17 ID:3POLml16  [No.108077]
遅くなりましたが21日、東京・新宿FACEでの新日本プロレス「ライオンズゲート」にて49歳のベテラン永田裕志が全日本プロレス期待の若手、青柳優馬に貫禄勝ちを収めたそうです。

 青柳は現アジアタッグ王者で、今年の東京スポーツ制定プロレス大賞の新人賞を受賞するなど勢いに乗る22歳。永田は27歳年下の相手にドロップキックで場外に落とされ、場外の鉄扉にたたきつけられるなど一時は劣勢に立つ。だが、そこから闘志に火がつき、場外で猛攻を加えると、リングに戻ってもヒザ蹴り、ミドルキックの乱れ打ちなどで厳しく攻め立てた。

 青柳も臆することなく永田得意の敬礼ポーズを決めて挑発し、全日本の秋山準から受け継いだジャンピングニーバットを繰り出すなど反撃するが、最後は永田が延髄斬り、浴びせ蹴り、岩石落とし固めをたたみかけて仕留めた。

 試合後は、「向かってくる気持ちというか、乗りに乗ってる選手だから、やりがいは非常にありました」と青柳の戦いを評価した永田。貫禄の勝利に、「彼は圧倒的な勝利をしたかったと思うんですけど、そうは問屋が卸さない。腐っても永田裕志、見ての通りです」と胸を張った。

 一方の青柳は苦痛に顔をゆがめながら、「永田選手、やっぱり強いですよ。むやみやたらにケンカ売るもんじゃないですね」と脱帽。それでも、「ボクの2017年最後の大会で、自分の団体じゃないリングで、しかも永田選手とのメインイベントに出場させてもらえたこと、新日本プロレスのみなさまに感謝します。ここで学んだことを、これからもっと生かして、もっと強い青柳優馬をお見せしますよ」と、さらなる飛躍を誓ったとの事。


[367] ただの全日ファン - 2017/12/24(Sun) 22:30 ID:AsoC5kcY  [No.108084]
1月2日後楽園大会でのタイトル戦
三冠統一ヘビー級戦
(王者)ジョー・ドーリングvsゼウス
世界ジュニアヘビー級戦
(王者)TAJIRIvs(挑戦者)鈴木鼓太郎




[掲示板へ戻る] [1-100] [101-200] [201-300] [最新50]
処理 記事No パスワード

お名前
E-mail
コメント
URL
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色