[掲示板へ戻る]

ノア、グローバルリーグ戦2016&12月シリーズスレ

[1] fun◆fLongoRY - 2016/10/25(Tue) 11:23 ID:D/C69nXU  [No.106401]
「グローバル・リーグ戦2016」
11月03日(木/祝)18:30 東京・後楽園ホール 
11月04日(金)18:30 東京・後楽園ホール 
11月05日(土)18:00 静岡・キラメッセぬまづ 
11月08日(火)18:30 福島・会津若松・ブライダルルネッサンス中の島2F
11月11日(金)18:30 静岡・ツインメッセ静岡 
11月12日(土)18:30 大阪・エディオンアリーナ大阪第2競技場 
11月13日(日)17:00 愛媛・松山市総合コミュニティセンター企画展示ホール
11月14日(月)18:30 岡山・岡山県卸センター オレンジホール
11月15日(火)18:30 静岡・アクトシティ浜松 
11月17日(木)19:00 東京・新宿FACE
11月19日(土)18:00 宮城・夢メッセみやぎ(西館ホール)
11月22日(火)18:30 新潟・新潟市体育館
11月23日(水/祝)18:30 東京・後楽園ホール

「ONE NIGHT CRUISE 2016 in KORAKUEN」
12月02日(金)18:30 後楽園ホール  

「ONE NIGHT CRUISE 2016 in DIFFER」
12月03日(土)17:00 ディファ有明  

「Winter Navig. 2016」
12月09日(金)18:30 名古屋市中村スポーツセンター  
12月10日(土)18:00 八幡浜市民スポーツセンター(2Fサブアリーナ)  
12月11日(日)17:00 高松シンボルタワー展示場  
12月12日(月)18:30 テクスピア大阪(泉大津)  
12月14日(水)19:00 新宿FACE  
12月17日(土)18:30 盛岡体育館  
12月18日(日)15:00 秋田ふるさと村・ドーム劇場(横手市)  
12月19日(月)18:30 栃木県総合文化センター・サブホール  
12月23日(金)15:00 ディファ有明  
12月24日(土)18:30 後楽園ホール  


※石森&ACH参戦、新日本プロレス
「戦国炎舞 -KIZNA- Presents Road to POWER STRUGGLE」
10月25日(日)18:00〜豊橋市総合体育館 第2競技場  
10月27日(木)岩手県営体育館  
10月28日(金)19:00〜福島市国体記念体育館  
10月30日(日)18:30〜後楽園ホール  
11月01日(火)18:30〜熊谷市立市民体育館  
11月02日(水)18:30〜ツインメッセ静岡  
11月03日(木/祝)16:00〜岐阜産業会館  
11月05日(土)17:00〜エディオンアリーナ大阪 第1競技場  


[132] fun◆fLongoRY - 2016/12/12(Mon) 11:59 ID:2KBZMqPs  [No.106634]
「Winter Navig. 2016」
12月11日(日)高松シンボルタワー展示場

試合後のコメントです。

第5試合 バトルロイヤル
クワイエット・ストーム、清宮海斗、宮脇純太、モハメド ヨネ、マイバッハ谷口、リッキー・フジ、藤原ライオン、小川良成、HAYATA、Hi69、齋藤彰俊、潮崎豪、熊野準

【試合後の宮脇】

――プレデビュー戦を終えて?

<宮脇>「ずっと憧れてたノアでプレデビューできて本当にうれしいです。次はデビューに向けてもっともっと練習頑張ります」

――思っていたことはリング上でできた?

<宮脇>「まったく出来なかったですけど、先輩たちに食らいつけて良かったです」

――目標とする選手は?

<宮脇>「僕は原田大輔さんに憧れてこの業界に入ってきたので、いつか対戦できるように頑張りたいです」

――地元の応援も力になった?

<宮脇>「はい! ありがとうございました!」


[133] fun◆fLongoRY - 2016/12/12(Mon) 11:59 ID:2KBZMqPs  [No.106635]
「Winter Navig. 2016」
12月11日(日)高松シンボルタワー展示場

試合後のコメントです。

第6試合
丸藤正道&石森太二 vs 杉浦 貴&アレハンドロ・サエス

【試合後の杉浦】

<杉浦>「何だテメー! 何だよ!」

――昨日、熊野も共闘を希望して『つぶすつもりで認めさせる』と言っていたが?

<杉浦>「おう、やれるもんならやってみろよ」

――今ツアー当たる機会はなさそうだが…

<杉浦>「無いのにどうするんだよ?」

――そこは考えて動けと…

<杉浦>「だから、そう言ってんだろ!? 最初っから。おい! それよりお前、イスにあやまって許してもらったのか!?」

――許してもらえていません…

<杉浦>「あぁ!? 許してもらえるまであやまれコノヤロー!! それからだ、俺がインタビュー受けんのは。あやまっとけ!!」



[134] fun◆fLongoRY - 2016/12/12(Mon) 12:00 ID:2KBZMqPs  [No.106636]
連続投稿失礼します。

「Winter Navig. 2016」
12月11日(日)高松シンボルタワー展示場

試合後のコメントです。

第7試合
中嶋勝彦&小峠篤司&原田大輔 vs マサ北宮&拳 王&大原はじめ

【試合後の中嶋】

<中嶋>「このメンバーで試合できたのは本当に意味があったと思います。本当にこれぞ新生ノアと言っても過言じゃないくらいのメンバーだったと思うし、俺たちが今を盛り上げなきゃいけないと思うんで。そしてマサ。いろいろ言ってるけどね。確かに今のマサは勢いがある。でも…でも、勝つのは俺だ。今のマサにはこれ(ベルト)を渡すわけにはいかねえ。なぜなら! 俺は…止まらねえ!!!」

※中嶋が去る

――小峠選手も王者としてメインで勝つことができたが?

<小峠>「結構メンバーも大幅に変わってきてるんで、階級とか関係なくベルトを持ってる以上は負けられない闘いをしていかないといけないと思ってます。マサ北宮っていうのが凄いレスラーになってきてる…っていうのも、昨日、一昨日で良く分かったし、俺ももっともっと力つけなアカンなと。変わるところは変わるし、変わらないところは変わらないで、自分のプロレスをやっていくだけかなと思います」

――とはいえ邪道&外道からジュニアタッグを取り返さないと新生ノアという気持ちにはなれない?

<小峠>「そりゃそうでしょ! 昨日、一昨日で(ノアが)動いてるなっていうのは感じたんで。今以上にここにいるメンバーがノアを引っ張っていかないといけないと思いますんで。そこをスタートさせるのも俺らの役目ですから。まずは獲り返すこと、そこからですね」

――原田選手は思うところはある?

<原田>「やっぱり24日の邪道&外道戦。そこを見据えてずっと戦ってるんで、間接的でも勝利ってことで勢いを持続出来てるかと思います」

――杉浦発言に対するスタンスは?

<小峠>「当たったら目ぇ覚まさせたろか…って感じですね。一緒にやっていくつもり? 無いですね。今のノアに勢いをつけるためにも、ヤツ(杉浦)はつぶす必要があるのかな…って思ってきてますね。むしろ、そういうのを望んでるんでしょうからね。やりますよ」

<原田>「人にケツ叩かれて動くほど、僕は安いレスラーじゃないんで。自分の意思で僕は動きます。とりあえず24日、邪道&外道を倒して、ジュニアタッグのベルトをノアに獲り戻したうえで、新たな気持ちで動きたいと思います。それにテメーの都合で向こうに行ったり、こっちに来たり。俺からしたら『ふざけんな』と。そんなもんに付き合う必要はないと思ってます」

<小峠>「(※頭突きで)パッカーンといっちゃうぞ、パッカーン!と、杉浦貴!」


[135] fun◇fLongoRY - 2016/12/13(Tue) 22:20 ID:Xmtl.k3U  [No.106644]
「Winter Navig. 2016」
12月12日(月)テクスピア大阪

遅くなりましたが試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ20分1本勝負
○拳 王&大原はじめ
12分31秒 蹴暴 → 片エビ固め
熊野 準&藤原ライオン×(フリー)

<第2試合>タッグマッチ30分1本勝負
石森太二&小川良成○
9分20秒 首固め
×リッキー・フジ (KAIENTAI-DOJO)&Hi69(フリー)

<第3試合>GHCタッグ選手権試合前哨戦30分1本勝負
マイバッハ谷口&齋藤彰俊×
9分39秒 キン肉バスター → 片エビ固め
○モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム

<第4試合>シングルマッチ30分1本勝負
○原田大輔
10分05秒 片山ジャーマンスープレックスホールド
×HAYATA(DOVE)

<第5試合>タッグマッチ30分1本勝負
丸藤正道&小峠篤司×
17分54秒 オリンピック予選スラム → 片エビ固め
○杉浦 貴&アレハンドロ・サエス

<第6試合>GHCヘビー級選手権試合前哨戦60分1本勝負
中嶋勝彦&清宮海斗×
21分29秒 サイトースープレックス → エビ固め
○マサ北宮&潮崎 豪


[136] fun◇fLongoRY - 2016/12/13(Tue) 22:20 ID:Xmtl.k3U  [No.106645]
「Winter Navig. 2016」
12月12日(月)テクスピア大阪

試合後のコメントです。

第1試合
拳 王&大原はじめ vs 藤原ライオン&熊野 準

【大原の話】

「なんだ? 熊野。なんだよ、もっと早くから突っかかって来いよ。終わってから突っかかってくるんじゃなくってよ。なんだ、アレがアイツなりの何かしらの行動か? アイツも杉浦を潰すだなんだって発言してるらしいじゃねえか。アイツも何かしら思うところがあるんだろ。もちろん俺も思うところあるよ。いいんじゃねえか? どんどん動け。俺もどんどん動く。やりたいようにやっていくから。…というワケで今日もムイ・ビエン」

【熊野の話】

「(大原と激しくやり合ったが、何かの意思表示?)意思表示…この間、杉浦貴に対してコメントを出したっていうのもあるけど、俺はノアの選手全員に対して言いたい。俺はいつまでも下じゃねえ。桃の青春、ケンオーハラ、石森太二、小川良成…ヘビー(の選手)だって関係ねえよ! 全員やってやるよ。俺は止まらねえぞ? ぶっつぶしてやる、全員…」



[137] fun◇fLongoRY - 2016/12/13(Tue) 22:21 ID:Xmtl.k3U  [No.106646]
「Winter Navig. 2016」
12月12日(月)テクスピア大阪

試合後のコメントです。

第4試合
原田大輔 vs HAYATA

【試合後の原田】

―HAYATAとノアマットで再会した形となったが?

<原田>「シングルも2年ぶり、3年ぶりぐらいなんで『どんなもんかな?』って思ったんですけど、やっぱり向こうも進化してるな、って思いましたね」

―まさかノアで再会することになるとは?

<原田>「そうですね。やっぱこのプロレス界に“絶対"って無いんやなって改めて思いましたし、次の新宿で出てくるタダスケも大阪(プロレス)辞める時に『もう今後絶対に戦うことはないな』って思ってた選手なんで。やっぱりプロレス界、何があるか分からないですね」

―試合後は力の差を見せつけるような振る舞いだったが?

<原田>「そうですね。僕がずっと大阪でやってきたのは慣れ合いのプロレスじゃないんで。お互いが全力で潰し合う。それがやってきたプロレスなんで、試合後もああやって倒れてる選手に対して勝ち名乗りを受ける…っていうのも相手に対するリスペクトですよ。HAYATA…あの男に握手求めたところで、どうせ張り返してくるだけですし、だったら『上や!』っていうのを示したかったですね」

―次の新宿でも桃の青春タッグでHAYATAと当たるが、今までと違う刺激を得ながら邪道&外道戦に向かっている?

<原田>「そうですね。このシリーズ、新しい選手がどんどん出てきて、いろんな経験値も上がってるなかで、昔やり合った相手とやつ…っていうことも新たな経験値につながると思うんで。それは今日改めて思いましたね」



[138] fun◇fLongoRY - 2016/12/13(Tue) 22:21 ID:Xmtl.k3U  [No.106647]
「Winter Navig. 2016」
12月12日(月)テクスピア大阪

試合後のコメントです。

第5試合
丸藤正道&小峠篤司 vs 杉浦 貴&アレハンドロ・サエス



【試合後の杉浦】

―サエスとのタッグで4連勝だが、サエスについて?

<杉浦>「お前見てどう思う?」

―そんなにチームワークは無いように見えるが…

<杉浦>「でも前哨戦全部勝ってんだろ? ウチらが。それが結果だろ」

―あくまで丸藤が倒してからが本番?

<杉浦>「そうだな。全勝してるけど全部パートナーに勝ってるだけだから。後楽園でキッチリ勝って、その先だから。そうじゃないと何も言えねえから。団体の顔? まぁ中嶋もいるけど、団体の顔・丸藤を倒してからだな」

―自分の発言でノア内に動きが生まれていることは感じている?

<杉浦>「それは知らねえ。知らない。あれこれ考えがあるヤツが動いてるんじゃねえの? ……それよりひとつだけイイこと教えてやろうか? 俺と組んでるサエス…アイツ不法入国だから」

―違うと思われ…

<杉浦>「あ!? パクられるぞ、ここの団体の会長。そしたら終わりだ、ノアも」


[139] fun◇fLongoRY - 2016/12/13(Tue) 22:22 ID:Xmtl.k3U  [No.106648]
連続投稿失礼します。

「Winter Navig. 2016」
12月12日(月)テクスピア大阪

試合後のコメントです。

第6試合
中嶋勝彦&清宮海斗 vs マサ北宮&潮崎 豪

【北宮の話】

「いつだってそうだ。俺が(9・23後楽園のGHC戦で)杉浦貴に負けた時、すぐにアイツ(中嶋)が挑戦してベルトを奪取した。俺がグローバル・リーグ決勝戦で鈴木みのるに負けた時、アイツが直後に(鈴木を下して)ベルトを防衛した。アイツはことごとく俺の前に立って、背中を見せてくる。とんでもなく大きくて、遠い存在だと分かってる。でも今の勢いなら越えられる。これは自信じゃない…確信だ。いいか? 中嶋勝彦も薄々気づいていることだろう。足元をすくうんじゃない。正面突破でアイツをブチ壊す! 以上!」


[140] fun◆fLongoRY - 2016/12/15(Thu) 08:53 ID:v82Uao1M  [No.106656]
「Winter Navig. 2016」
12月14日(水)新宿FACE

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ20分1本勝負
齋藤彰俊&熊野 準×
9分16秒 足4の字固め
○小川良成&藤原ライオン(フリー)

<第2試合>タッグマッチ30分1本勝負
○拳 王&大原はじめ 
11分50秒 蹴暴 → 片エビ固め
吉野コータロー(KAIENTAI-DOJO)&洞口義浩×(KAIENTAI DOJO)

<第3試合>シングルマッチ30分1本勝負
○石森太二
10分59秒 450°スプラッシュ → 片エビ固め
×Hi69(フリー)

<第4試合>タッグマッチ30分1本勝負
○小峠篤司&原田大輔
13分45秒 キルスイッチ → 片エビ固め
HAYATA(DOVE)&タダスケ×(フリー)

<第5試合>タッグマッチ30分1本勝負
丸藤正道&清宮海斗×
18分24秒 オリンピック予選スラム → 体固め
○杉浦 貴&アレハンドロ・サエス

<第6試合>GHCヘビー級選手権&GHCタッグ選手権前哨戦60分1本勝負
×中嶋勝彦&潮崎 豪&マイバッハ谷口 
16分51秒 監獄固め
○マサ北宮&モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム


[141] fun◆fLongoRY - 2016/12/15(Thu) 08:54 ID:v82Uao1M  [No.106657]
第4試合 タッグマッチ
小峠篤司&原田大輔 vs HAYATA&タダスケ

「Winter Navig. 2016」
12月14日(水)新宿FACE

試合後のコメントです。

【試合後の小峠&原田】

―かつて大阪プロレスに参戦したメンバーが集まった対決となったが?

<小峠>「やっぱり俺たちのほうが過ごした時間が濃厚やったな…って。それだけ言わせてもらいます」

―懐かしさや感慨深さを感じることはない?

<小峠>「そういうことを感じる以前に、やるべきことが他に多すぎる状況なんで。こんなところで足引っ張られてたらアカンなって思いが強かったですね」

<原田>「24日が決まってる以上は、ここは絶対に落とせませんし、懐かしさとか感慨深さとかって言ってたら絶対に足元すくわれると思ってたんで。やっぱりアイツらもそれなりに力を上げてきてると思うんで。今日はとにかく負けられない試合。それだけでした」

―とはいえ試合後にはHAYATA&タダスケに拍手を送っていたが?

<原田>「そこはお客さんの反応がすべてじゃないですか? ノアファンが納得いく闘いをしたんじゃないかな…って」

―ともあれ24日に向けて順調に仕上がっている?

<小峠>「そうですね。あの二人(邪道&外道)には負けられないですね」

<原田>「やっぱりすべては24日のタイトルマッチに向けて。でも…ひとつ言いたいのは、次の盛岡で杉浦貴と戦うんですよ。あいつが鈴木軍やめてノアに残った。その事実なんて、ハッキリ言ってどうでもいいんですよ。あいつがこの1年間、やってきたこと。イスでブン殴って、ノアのレスラーとかファンの気持ちを全部踏みにじって。それなのに残った。俺は納得いかないですね。この1年間やられてきた悔しさとかすべての思いを力にかえて、次の盛岡で杉浦貴を倒したいと思います」



[142] fun◆fLongoRY - 2016/12/15(Thu) 08:54 ID:v82Uao1M  [No.106658]
「Winter Navig. 2016」
12月14日(水)新宿FACE

試合後のコメントです。

第5試合 タッグマッチ
丸藤正道&清宮海斗 vs 杉浦 貴&アレハンドロ・サエス

【試合後の杉浦】

―清宮を試合後も引き起こしてエルボーを打ち込んでいたが…

<杉浦>「メッセージだよ。メッセージ」

―もっとしっかりしろ、という意味?

<杉浦>「いや、アイツまだ若いんだろ? 期待されてんだろ? なぁ? そんなヤツが反体制になったら面白いだろ?」

―確かにそうかもしれない…

<杉浦>「だろ?」

―欲しい素材だと?

<杉浦>「あ? 俺からは動かねえって言ってんだ。メッセージ送ったんだ。それだけで十分だろ」


[143] fun◆fLongoRY - 2016/12/15(Thu) 08:55 ID:v82Uao1M  [No.106659]
「Winter Navig. 2016」
12月14日(水)新宿FACE

試合後のコメントです。

第6試合 GHCヘビー級選手権&GHCタッグ選手権前哨戦
中嶋勝彦&潮崎 豪&マイバッハ谷口 vs マサ北宮&モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム

【試合後の北宮&ヨネ&ストーム】

<ヨネ>「24日で挑戦する3人が勝ち名乗りを受ける。気持ちいいじゃないですか! ねえ!? クワイさん!!」

<ストーム>「イエー、ベイビー! 勢いがトマラナーイ! ベイビー! 50ファンきパワーズ、ニューチャンピオンズ!」

<北宮>「いいか!? 中嶋、良く分かったろ。監獄固めがテメーの足を徐々に蝕(むしば)んでいってる。24日まで徹底的に行くぞ! テメーら…目ぇ離すんじゃねえぞ!? 以上!!!」



[144] fun◆fLongoRY - 2016/12/15(Thu) 08:56 ID:v82Uao1M  [No.106660]
連続投稿失礼します。

今年のプロレス大賞で丸藤正道がベストバウト、中嶋勝彦が敢闘賞を受賞。
東京スポーツ新聞社制定プロレス大賞2016受賞に際してのコメントです。
 


プロレス大賞2016年間最高試合賞(2016.7.18vsオカダ・カズチカ)受賞
丸藤正道
この度はプロレ大賞年間最高試合賞に選出いただきありがとうございます。プロレスリング・ノアの選手一同が掲げている「心に残るプロレス」の評価につながったのではないかと、うれしく思っています。新生ノアがスタートし、今以上の結果を残せるように精進してまいります。これからもご声援よろしくお願いいたします。

プロレスリング・ノア 丸藤正道

 


プロレス大賞2016敢闘賞受賞
中嶋勝彦
評価していただき光栄です。ありがとうございます。2005年以来11年ぶりに賞をいただき、率直にうれしいです。更なる光をこの緑のマットで皆さんにお見せしていきたいと思います。俺から目を離さないでください。チャンピオンとして、ノア中嶋勝彦はこれからも止まらねー!

プロレスリング・ノア 中嶋勝彦


[145] fun◆fLongoRY - 2016/12/16(Fri) 09:01 ID:MTd79KXo  [No.106663]
12.24後楽園で中嶋勝彦のGHCヘビー級王座に挑戦するマサ北宮インタビューです。


――今年は北宮選手にとって、キャリアの中でも大きな節目になった一年だったのでは?

北宮 そうですね、4月に(北宮光洋から)マサ北宮に改名して、そこからはあっという間でした。ファンの期待の高まりも感じたし、それに応えようと気持ち的にも充実していました。

――今年は改名と同時期にジ・アグレッションとして始動し、7.16後楽園ではGHCタッグ王座に挑戦。さらに9.23後楽園では初めてGHCヘビー級王座にも挑みました。そして、『グローバル・リーグ戦 2016』(以下、『GL』)では準優勝を飾ったわけですが、この一年でとくに印象深かった場面は?

北宮 やっぱり、近々ということもありますけど、鈴木みのるとやった『GL』の決勝ですね。たとえ、ベルトに挑戦しても結果的には獲れてないんで、何か一つ冠がほしい中、死に物狂いで臨んだリーグ戦で、最後まで勝ち進むことができたので。ただ、あと一歩のところでつまずいたんで、何より悔しいという気持ちが大きいです。でも、現時点での自分の力を知ることができたのは収穫だったかな、と。

――リーグ戦では丸藤正道選手や杉浦貴選手から初勝利も収めましたね。

北宮 そこは自信になりましたね。でも、次にやって負けたら、「あれはラッキーだった」ってなってしまうので、ここから先が勝負だと思います。

――そして、12.2後楽園と12.3有明をもって、鈴木軍がノアマットから去ることになりましたが、それについて思うことは?

北宮 う〜ん、ノアvs鈴木軍というくくりでは決着がついたんでしょうけど、マサ北宮個人としては借りを返せていないという気持ちなので……。ちょっと、最後はあっけなさを感じるところはありました。

――北宮選手に関しては、まさに鈴木軍に食らいつくことで、徐々に存在感を発揮してきたイメージがあります。

北宮 たしかに、それで成長した部分はあると思います。だからこそ、自分は鈴木みのるに負けたままで終わったというのが、腑に落ちないというか。その溜まった鬱憤を、ノアマットでの戦いにぶつけていきたいですね。

――そして今回、中嶋選手に挑戦を果たすわけですが、まず12.3ディファでの宣戦布告に至った経緯というのは?

北宮 やっぱり、決勝で負けたものの、『GL』準優勝という結果は残したし、鉄は熱いうちに打てじゃないですけど、この勢いに乗った状態のままベルトを獲りにいきたいな、と。

――北宮選手は「新生ノアの風穴をあけるのは俺しかいない!」というコメントも残していますね。

北宮 俺は常々、若い人間が出ていかなきゃいけないと言ってますけど、いま中嶋勝彦がベルトを巻いているなら、同世代の自分しかいないだろうっていうのはあったので。このまま、ほかの人間が挑戦するのを指くわえて見て、時代を逆戻りさせたくないっていう気持ちは大きいです。

――現在、各大会で中嶋選手と前哨戦を行なっていますが、その試合後に北宮選手が「いつだってそうだ。俺が杉浦とのGHC王座戦に負けたあと、中嶋がベルトを獲った。俺が『GL』決勝で鈴木に負けたあと、中嶋がベルトを防衛した」とコメントしていました。かたちとしては、中嶋選手がパートナーである北宮選手の仇を取っているというか。

北宮 そこは歯がゆいし、見方によっては相棒の尻拭いをしているわけですから。中嶋勝彦が杉浦に勝ったときも、鈴木を破ったときもセコンドで観ていましたけど、うれしい反面、情けないのと悔しいのでヘンテコリンな気持ちでしたよ。

――複雑な感情だったわけですね。少し、二人の歴史を紐解きたいのですが、そもそも北宮選手が健介オフィス(のちのダイヤモンド・リング)に入団した当初、自分と同年齢の先輩である中嶋選手はどのような存在でしたか? 

北宮 健介オフィスは少数精鋭だったので、佐々木さんの次のキャリアが中嶋勝彦だったんですね。佐々木さんが「若い連中をまとめろ」ということを本人に言ってたでしょうけど、当時は若頭として凄く厳しかったですよ。いまでこそ、タッグを組んでいるときは気さくに話したりしていましたけど、当時は考えられなかったですね。

――健介イズムというか、練習に対して妥協がなかった、と?

北宮 練習もそうですし、私生活からですね。中嶋勝彦が合宿所に来ると、背筋がピーンと伸びましたから(笑)。健介オフィスは「リングを下りたら紳士たれ」というか、礼儀に厳しかったんですけど、佐々木さんは雲の上の存在なので、俺にとっては中嶋勝彦が一番おっかなかったですね。

――その関係性が、徐々に変わっていったわけですか?

北宮 そうですね。デビューが近づいてきてから、ようやくまともに口をきいてもらえるようになったというか。

――では、中嶋選手のことをレスラーとしては、間近でどのように見ていましたか?

北宮 当時はいまよりさらに若いわけですけど、臆せずに上に向かっていく姿には感銘を受けましたね。若いレスラーはこうあるべきだっていうのを、一番体現していたと思います。自分もあのファイトスタイルに感化されて、誰が相手だろうとガンガン向かっていくようになりました。

――現在、前哨戦で中嶋選手と戦っている中で、GHCヘビー級王者になって変化を感じる部分はありますか?

北宮 やっぱり、チャンピオンということはテッペンなので、ドッシリ構えているとは思いますけど、そういう部分では昔のハングリーさというか、中嶋勝彦の一つの魅力がなりを潜めているなって。食らいついていた立場から、噛みつかれるほうになったので。そういう意味では、コッチのほうはいくしかない立場なんで、勢いはあると思います。

――対戦相手として、中嶋選手の警戒する部分は?

北宮 どこからでも蹴りが飛んでくるところですね。ノアにはあんまり、そういうタイプがいないので。

――今回の王座戦は、去年の『GL』公式戦以来となりますが、そのときとはお互いに立場を変えての一戦になります。GHCヘビーを賭けて戦うという部分で、感慨深いものはありますか?

北宮 まあ、出が同じ二人で、ノアの年内最終戦のメインでベルトを賭けて戦うという部分では、思うところはあります。ただ、そんな感傷に浸っているヒマはないし、これから前に進んでいく中での一つの戦いだと思っているので。

――現在進行形のノアの戦いを見せるというか。

北宮 そうですね。思い出にふけるのはオッサンになってからでいいんで。

――健介オフィス繋がりという部分でお聞きしたいのですが、ノアが鈴木軍と最終決着戦を行なっていた12月2日に、大阪で北宮選手が敬愛するマサ斎藤さんがパーキンソン病を押して、リングに立ちました。それについて思われることは?

北宮 自分も映像や記事で観ました。やっぱり、熱くなりましたね……。マサさんはリングに生きるレスラーなんだなって思ったし、何よりプロレスを愛してるんだなと、あらためて感じました。GHCのベルトを獲ったら、ご報告したいですね。

――では、最後にこの王座戦を楽しみにしているファンへのメッセージを。

北宮 年内最終戦でベルトに挑戦することになりましたけど、ただの今年の総決算とかじゃなく、来年に繋がる戦いにしたいと思っています。やっぱり、鈴木軍が去り、団体自体も混沌としている中で、もっとリング上を盛り上げて、充実させたいという気持ちが強いんですよね。俺と中嶋勝彦なら、そういう戦いを見せられると思っています。



[146] - 2016/12/16(Fri) 21:53 ID:vhnOUB9s  [No.106666]
ストームが右腕の怪我で欠場&予定されていたGHCタッグが中止になりました。

[147] fun◆fLongoRY - 2016/12/17(Sat) 13:21 ID:JZ1T7lI.  [No.106670]
>#さん

情報ありがとうございます。

12月16日、都内のノア事務所にて会見が行なわれ、クワイエット・ストームの負傷欠場、および12.24後楽園での潮ア豪&マイバッハ谷口組とのGHCタッグ選手権試合の中止が発表されました。

内田雅之会長のコメント
「残念なお知らせがございます。クワイエット・ストーム選手ですが、12月12日の高松大会において、上腕二頭筋腱断裂という、ケガをしてしまいました。本人も12月24日のGHCタッグ選手権に向けて、非常にコンディションもよく好調で、なんとか試合に臨んでベルトを獲りたいというふうに申しており、戦ってきました。しかし、再度医師の診断を受けたところ、たいへん残念ですが欠場して、治療に専念するということを申し受けました。たいへん、私どもとしても、タッグチームとして昇り調子だったので、苦渋の決断でございましたが、ここは医師の指示に従い、一日も早く復帰していただけることを望んで、欠場という判断をしました。12月17日の盛岡大会より、欠場いたします。クワイエット・ストーム選手の出場をお待ちいただいたファンのみなさま、関係者のみなさまにはたいへんご迷惑をおかけしますが、ここは事情を汲んでいただき、ご理解いただければと思います。それに伴うカード変更等につきましては、HPで発表させていただきます」


クワイエット・ストームのコメント
「(すべて日本語で)今日はみなさん、集まってくれてありがとうございます。とても悔しいですけれど。24日は本当に、いままでで一番のビッグチャンスでした。でも、将来的に早く手術したほうがいいと言われたから……。今月の二十日に手術して、なるべく早くカムバックして、私とヨネで来年、必ずベルト獲ります。本当にごめんなさい」

モハメド ヨネのコメント
「まず、王座戦を楽しみにしてくれたみなさん、本当に申しわけないです。パートナーはやっぱり友だちであり、仲間であり、家族であります。ケガは大事です。本当に苦しいですけど、もうしょうがないです。早く治して。これが最後じゃないので、来年必ずもう一回ふたりで組んで、ベルトにチャレンジしたいと思います。みなさん、今回は残念ですけど、一日も早いクワイエット・ストームの復帰を祈ってあげてください。よろしくお願いします」


質疑応答
――前哨戦ではタッグ王者の潮ア&谷口組を押していたと思いますが、50ファンキーパワーズはチームとしての完成度も高まっていたのでは?

ヨネ そうですね。タッグリーグ戦のときから比べてみて、半年以上経って。このチームを組んだ最初の目的も、ベルトを取るためというのはありましたから。完成度はドンドンドンドン(上がっていって)。どこが完成形かはわからないですけど、二人の心がどんどん合っていったので。いま、状況がどんどん変わっていく中でのベルト挑戦、本当に楽しみにしていました。でも、今回のことも俺たちの次の力になるんじゃないかと、そういうふうに思って。これはもう事実であり、しょうがないので、次にいくことを考えて、日々進むしかないかなと思います。

――ストーム選手としては、ベルトまであとワンチャンスまで迫っているという実感はありましたか?

ストーム そうですね、ビッグチャンスだから。24日、50ファンキーパワーズは絶対にチャンピオンになると思ってたから、悔しい。

――潮ア選手と谷口選手がチャンピオンですが、50ファンキーパワーズが再始動するまでチャンピオンでいてほしいという気持ちはありますか?

ヨネ そうですね! つえーつえーKESを破った、あのふたりですから。もの凄いチャンピオンだと思いますので。それに今回、決まっていた試合が流れたので、ぜひぜひこのあともどんどん防衛してもらって、もっともっとすげーチャンピオンになってもらって、そこを倒したいなと思います。

――ストーム選手は試合のどの場面でケガしたのでしょうか?

ストーム 試合が終わったら、筋肉が「おかしいな」と気づいて。MRIを撮ったら、筋肉を切ってました。(ケガをしたのが)どの場面かはわからないです。



クワイエット・ストームの欠場に伴い、12月17日(土)盛岡体育館大会以降の対戦カードが変更。
また12月24日(土)後楽園ホールにて予定されていたGHCタッグ選手権は中止に。

12月24日(土) 後楽園ホール
変更後の対戦カード

後楽園大会オープニングマッチ 20分1本勝負
拳 王&大原はじめ 
vs
石森太二&熊野 準

シングルマッチ
清宮海斗 vs アレハンドロ・サエス

タッグマッチ
潮崎 豪&マイバッハ谷口 
vs
モハメド ヨネ&齋藤彰俊

GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合60分1本勝負
(第28代選手権者)邪道&外道(新日本プロレス)
vs
(挑戦者)小峠篤司&原田大輔
※第28代選手権者の2度目の防衛戦

スペシャルシングルマッチ60分1本勝負
丸藤正道 vs 杉浦 貴

GHCヘビー級選手権試合60分1本勝負
(第28代選手権者)中嶋勝彦
vs
(挑戦者)マサ北宮
※第28代王者,中嶋勝彦の2度目の防衛戦


各大会の対戦カードはこちらから
ttp://www.noah.co.jp/tour.php


[148] fun◆fLongoRY - 2016/12/17(Sat) 13:22 ID:JZ1T7lI.  [No.106671]
連続投稿失礼します。

マサ北宮とのGHC戦でノアの新時代構築へ。中嶋勝彦のインタビューです。
12・2後楽園大会で鈴木みのるを破りGHCヘビー級王座の初防衛を果たし、鈴木軍追放の立役者となった中嶋勝彦。年内最終戦となる12・24後楽園大会ではジ・アグレッションを組むマサ北宮を相手に防衛戦を行なうが、新生ノアの新しい風景を見せることはできるのか? その意気込みを聞いた。

──まずはプロレス大賞の敢闘賞受賞おめでとうございます!

中嶋 ありがとうございます!

──この1年間の闘いをこういう形で評価されたことに関してはどう思われますか?

中嶋 素直にうれしいですね。その一言です。

──鈴木軍との闘いが終わり、新生ノアがスタートする中でこういった賞をもらえたのは、モチベーションがより高まるきっかけにもなるのかなと思ったんですけど、いかがですか?

中嶋 そうですね。俄然やる気も増しましたし、これからの闘いに向けて背中を押された感じがしました。ただ、これからが大事になってくると思います。いただいた賞に恥じない試合をしていきたいですね。

──わかりました。少し話は遡りますけど、12月2日の後楽園大会で鈴木みのる選手に勝って初防衛を果たし、鈴木軍との完全決着をつけました。あの大事な一戦で結果を出せたことについてはどのようなお気持ちですか?

中嶋 まあ、杉浦貴からベルトを取った時もそうですし、鈴木みのる相手に防衛したのもそうですけど、ひとつひとつの中身が僕にとっては非常に濃かったですよね。そして、結果として鈴木軍を追い出せたのが僕で良かったなと思いますね。

──改めてチャンピオンとしてノアを引っ張っていくことに関しての自信に繋がった感じですか?

中嶋 そうですね。そういう結果を出した以上、これからチャンピオンとしてひとつの形を見せていかなきゃいけないですからね。ただ、まだ始まったばっかりですから。ひとつひとつ、しっかりと応援してくれるファンに見せていきたいなと思います。早速24日にマサ北宮戦があるんでね、そこでなんらかの形だったり、自分がノアのリーダーであるという部分も見せていきたいですね。

──なるほど。そこで早速新しいシリーズが始まりましたけど、雰囲気はいかがですか?

中嶋 リング上、そして選手のインタビューとかを見ていても、個というものが出てきているような気がしますね。個人の思いや闘いが強くなってきたのかなっていう気がします。そういう意味では変化が出てきていますよね。

──なるほど。これまでは鈴木軍に対して一丸となって向かっていくという感じでしたけど、ここからはノア内での個人個人の闘いにシフトしてきたというか。

中嶋 はい。個の闘いが目立つというか、目にするようになりましたね。

──それを象徴するのが、タッグパートナーであった北宮選手が中嶋選手の持つGHCヘビー級王座に挑戦を表明してきたことだと思うんですよね。改めて北宮選手の挑戦に関してのお気持ちを教えてください。

中嶋 正直ビックリしましたよ。ダジャレじゃないですけど、まさかね、マサが来るとは思ってなかったんで。

──このタイミングで出てきたのは予想外でしたか?

中嶋 予想外でしたね。でも、今の彼の勢いは本物だと思うし、ここ最近の活躍は認めざるをえない部分もありますからね。だから、彼が目の前に来た時はすぐOKというか、挑戦を受ける気持ちにはなりましたね。ただ、俺にも譲れない部分があるので。

──北宮選手とは健介オフィスの時代から、一番長く同じ釜の飯を食ってきた仲間じゃないですか? そういう人間と新生ノアの最初のタイトルマッチを闘えるということに関して、うれしい気持ちはありますか?

中嶋 う〜ん、うれしいとか喜びの感情はないですね。今はひとりの対戦相手だと思っていますから。現にこっちでそういう感情を抱いていても、「クソ食らえ!」って思う奴だと思うんで、マサは。今あいつは俺に対して全力で向かってきてくれている。だから、俺も全力でいきます。あいつとの闘いにそういう感傷的な感情はいらないですよ。今回の闘いはそんなもんじゃないと思っているんで。奪い合いですから。

──奪い合い。

中嶋 はい、奪い合いです。ノアの頂上を取るための奪い合いです。

──タッグパートナーとか健介オフィスの先輩後輩とか、そういう関係を超えて、ひとりの選手同士のてっぺんを争う闘いだと。

中嶋 まさにそのとおりですね。そういう闘いになると思うし。逆に俺がそういう変な感情を持ってあいつに挑んだら負けると思います。ハッキリ言って、そんな余裕をぶっこいているヒマはないし、今のチャンピオンという位置にあぐらをかいているつもりもないんで。俺は俺でもっともっと前に進まなきゃいけない。そして、その進む先に今マサがいる。俺の前にいる以上、俺はあいつを倒して進まないとこの先はないと思っているんでね。もちろん、このベルトと共に俺は前に進みます。

──それぐらい北宮選手の成長と勢いを身近で見ていて感じていたということですか。

中嶋 もちろん。感じていたからこそ、あいつがリングに来てすぐに挑戦を承諾したというか、「やろう!」という話になったと思うんで。そこに対して何もないですよ。

──24日の後楽園大会では丸藤正道vs杉浦貴というカードも組まれてます。これはこれまでノアを支えてきた2人による、これまでのノアの象徴的なカードだと思います。一方で中嶋選手と北宮選手のGHC王座戦というのはノアの新しい風景だと思うんですよ。新生ノアをアピールするために、絶好の試合だと思うんですけど、いかがですか?

中嶋 そうですね。そういう視点でこの試合を観ていただけたら、結果的にありがたいなと思います。ただ、試合をする僕にはそこまでの余裕はないですよ。結果、それがファンの皆さんに対して「これが新しいノアだ」と思われるような試合になればうれしいですけどね。今は試合順でも僕がタイトルを持っていることでメインに出る機会が多いんですよ。それはちょっと前まではなかったことなので、ひとつの形としては今のノアの中でも動き出しているんじゃないのかなと思いますね。それをどこまでやれるのか、どこまで進めていけるのかっていうのは俺自身にかかっていると思うんですよ。だからこそ、止まるわけにはいかないんですよ。

──そうなると、北宮選手という相手はいますけど、わりと自分との闘いという側面も強いんですかね?

中嶋 自分との闘い……そうなるんですかね? でも、俺は今までにないことをしようとしている。新たに時代を作ろうとしているので、もちろん自分がしっかりしないといけないと思っていますし、そこは自分との闘いだとは思います。と言いつつも、新しい時代を作るという作業は俺ひとりではできないですよ。それはこのノアのリングにいる選手たちみんなで作っていかなきゃいけないと思っています。ただ、それを引っ張るのは俺だと思っていますから、俺が迷ってちゃいけないと思うし、止まっちゃいけないんですよね。しっかりとノアに明かりを灯せる存在となり、新たな光をみんなに見せるのも俺の役目だと思っているので、そのためにも俺は止まれないです。

──では、今そういうチャンピオンとしての役割を期待されるという位置にいることでプレッシャーを感じたりはしないですか?

中嶋 プレッシャーはそんなに感じないですね。これは自分がしたかったことなんで。プレッシャーというよりも逆にそうやって言ってもらったほうがやりがいを感じますよ。今俺に対していろんな声があるんでね。それを全部吸収して、試合で結果として残したい。ベルトを取った時もそうですよ。会場でいろんな声があったしね。喜びの声もあれば、「おまえじゃ務まんねえよ」的な声があったのも事実ですよ。「あいつで大丈夫か?」っていうね。でも、今はそう言われていても、結果を出し続けてその声を変えればいいと思っているんで。

──ファンの評価を覆してやると。

中嶋 はい、俺は必ず変えてみせます。その気持ちでベルトを掲げてリングに上がっているんで。それは俺の意思表示なんですよ。俺にとっては一試合一試合が常にタイトルマッチ級のモチベーションなんですよね。

──それは逆に言えば凄く充実してリングに上がっているっていうことですよね。

中嶋 そうですね。おかげさまで。

──では、最後に改めてファンの方にメッセージを。

中嶋 やっとノアが掴めたこの光を、24日はさらに輝く日に俺がしたいと思っているので、そのためにも……俺は止まらねぇーッ!



[149] fun◆fLongoRY - 2016/12/18(Sun) 00:56 ID:ivOWCveo  [No.106673]
「Winter Navig. 2016」
12月17日(土)盛岡体育館

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○齋藤彰俊
9分51秒 アイアンクロースラム → 片エビ固め
×藤原ライオン(フリー)

<第2試合>タッグマッチ
○石森太二&熊野 準
9分03秒 450°スプラッシュ → エビ固め
吉野コータロー&洞口義浩×(KAIENTAI DOJO)

<第3試合>シングルマッチ
×清宮海斗
10分56秒 ストゥーカ・スプラッシュ → 片エビ固め
○Hi69(フリー)

<第4試合>タッグマッチ
○潮崎 豪&マイバッハ谷口 
13分49秒 豪腕ラリアット → 片エビ固め
モハメド ヨネ&大原はじめ× 

<第5試合>タッグマッチ
○杉浦 貴&アレハンドロ・サエス
15分28秒 オリンピック予選スラム → 体固め
丸藤正道&原田大輔×

<第6試合>GHCヘビー級選手権試合前哨戦60分1本勝負
中嶋勝彦&拳 王×
20分41秒 サイトースープレックス → 片エビ固め
○マサ北宮&小峠篤司


[150] fun◆fLongoRY - 2016/12/18(Sun) 00:56 ID:ivOWCveo  [No.106674]
「Winter Navig. 2016」
12月17日(土)盛岡体育館

試合後のコメントです。

第4試合
潮崎 豪&マイバッハ谷口 vs モハメド ヨネ&大原はじめ

【試合後の潮崎&谷口】

―ストーム欠場でタッグ王座戦が中止となったが?

<潮崎>「怪我で欠場。それで中止になりましたけど、相手を責めるものではなくて、仕方がないこと。まぁでもストーム選手が、怪我していたにも関わらず、前向きにタイトルマッチに来ようとしていた。その気持ちを俺は買いたいし。筋肉が切れた状態じゃ、自分の思い通りには試合ができなかったと思うし。だからこそ手術して今よりも万全な状態で戻ってきてもらってね、またこのタッグのベルトを懸けて50ファンキーパワーズとタイトルマッチをやりたいですね。それまで俺たちがベルトを守ります。帰って来るまで守り続けますよ」

<谷口>「中止になってしまいましたけど、ヨネ&ストーム組とやるまで僕と潮崎さんとベルトを守り抜いていきたいと思います」


[151] fun◆fLongoRY - 2016/12/18(Sun) 00:57 ID:ivOWCveo  [No.106675]
連続投稿失礼します。

「Winter Navig. 2016」
12月17日(土)盛岡体育館

試合後のコメントです。

第6試合
中嶋勝彦&拳 王 vs マサ北宮&小峠篤司

【小峠の話】

「僕はもう24日、獲り返す。そこだけに集中していきます」

【北宮の話】

「いいか? ノアは変わって、おのおのテーマを持ってるなかで、俺はノアが変わる前からブレずにここまでやってきた。一貫した足殺しもここに来てやっと効いてきた。こうなってもアイツが易々と足を出してくるような馬鹿じゃないことも分かってる。あと数えるほどの前哨戦だけど、徹底的な削り合いになるだろう。心地いい緊張感だよ。このまま24日まで突っ走る! 以上!!」


[152] fun◆fLongoRY - 2016/12/19(Mon) 00:56 ID:QOAy/6PM  [No.106676]
「Winter Navig. 2016」
12月18日(日)秋田ふるさと村・ドーム劇場

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ 15分1本勝負
〇熊野 準
8分27秒 S・H
×洞口義浩(KAIENTAI DOJO)

<第2試合>タッグマッチ 30分1本勝負
齋藤彰俊&藤原ライオン×(フリー)
11分16秒 ジャーマンスープレックスホールド
〇清宮海斗&吉野コータロー(KAIENTAI-DOJO)

<第3試合>タッグマッチ 30分1本勝負
潮崎 豪&マイバッハ谷口〇
13分53秒 マイバッハプレス → 片エビ固め
モハメド ヨネ&大原はじめ× 


<第4試合>バトルロイヤル
◯清宮海斗(12分59秒 藤原ライオンが熊野にかけた回転エビ固めを反転して)藤原ライオン×
(退場順)
宮脇純太、マイバッハ谷口、小川良成、モハメド ヨネ、齋藤彰俊、洞口義浩、吉野コータロー、潮崎豪、大原はじめ、熊野準

<第5試合>シングルマッチ 30分1本勝負
〇拳 王
11分37秒 蹴暴 → 片エビ固め
×Hi69(フリー)

<第6試合>タッグマッチ 30分1本勝負
〇杉浦 貴&アレハンドロ・サエス
17分47秒 オリンピック予選スラム → 体固め
丸藤正道&小峠篤司×

<第7試合>GHCヘビー級選手権試合前哨戦60分1本勝負
〇マサ北宮&原田大輔
16分37秒 サイトースープレックス → 片エビ固め
中嶋勝彦&石森太二×


[153] fun◆fLongoRY - 2016/12/19(Mon) 00:57 ID:QOAy/6PM  [No.106677]
「Winter Navig. 2016」
12月18日(日)秋田ふるさと村・ドーム劇場

試合後のコメントです。

第2試合 タッグマッチ
齋藤彰俊&藤原ライオン vs 清宮海斗&吉野コータロー

【試合後の清宮】

―前回ライオンに勝った際は内容に納得いかぬ様子だったが、今日は?

<清宮>「タッグではありましたけど、前回の試合を振り返って今日にしっかり照準を合わせてきたので、今日はイメージ通りの試合ができたと思います」

―杉浦から触手を伸ばされているが?

<清宮>「僕は…今のところ、そこまで僕は考える余裕もないですし、今自分がやらなきゃいけないことを分かっているので。向こうが何て言ってるか分かりませんが、僕はそんな最近出てきたようなワケの分からないモノに構ってる暇はないので。今日みたいにパートナーが僕を挑発してきたり…ということもあるので、目の前にあることに集中していきたいと思います」

―一緒にやるつもりは当然ないと?

<清宮>「はい。まったく無いですね」

―吉野からも挑発されたが?

<清宮>「やっぱりノアっていう純粋なタッグではなくて、向こうは向こうの団体を背負ってやってると思うので。そこはタッグを組んで勝っても敵は敵。ああいう気持ちは僕にもあったし、正面から受け止めて、何ならシングルでやってもいいと僕は思っています」




[154] fun◆fLongoRY - 2016/12/19(Mon) 00:57 ID:QOAy/6PM  [No.106678]
「Winter Navig. 2016」
12月18日(日)秋田ふるさと村・ドーム劇場

試合後のコメントです。

第5試合 シングルマッチ
拳 王 vs Hi69

【拳王の話】

「久々のシングルマッチだよ! 11月なんかよ、6人タッグとか8人タッグばっかりでよ。鈴木軍いなくなってよ、ノアに風穴開けなきゃいけねえだろ? 誰が開けるんだ? 中嶋でもねえよ、北宮でもねえよ! この俺・拳王だろ!? 俺はよ、今この12月…めちゃくちゃ燃えてるよ。今日当たったHi69はよ、俺が(ファンとして)見ていた頃からやってたヤツだろ? あんなヤツ目の前にしてやる気でねーワケねえだろ? 今日はすっげー楽しかったよ。『プロレスってこんなに楽しんだな』って思ったよ! シングルマッチ、これからどんどん組めよ。俺はよ、さらなる進化を求めて新生ノアを突っ走るからな。テメーらも“答え"が知りたかったらな…近々俺の行く末、発表してやるからな…。楽しみにしとけこのクソヤローども」


第6試合 タッグマッチ
丸藤正道&小峠篤司 vs 杉浦 貴&アレハンドロ・サエス

【丸藤の話】

「(杉浦に7連敗となっているが?)俺も年末になってちょっと気が緩まないようにしっかりしないと。まだまだ俺たち、年内戦いは続くし…。でもちょっと分かんない、俺の中でも落ちついちゃってるところがあったのかもしれないけど…明日から取り返す。(杉浦の行動や発言が波紋を呼んでいることについて?)知らない。まずは試合してから。すべては試合をしてからだ」



[155] fun◆fLongoRY - 2016/12/19(Mon) 00:58 ID:QOAy/6PM  [No.106679]
連続投稿失礼します。

「Winter Navig. 2016」
12月18日(日)秋田ふるさと村・ドーム劇場

試合後のコメントです。

第7試合 タッグマッチ
中嶋勝彦&石森太二 vs マサ北宮&原田大輔

【北宮の話】

「見ての通りだ。タイトルマッチに向けて調子が上がってきてるのは、俄然こっちだ。この勢い、止めるワケにはいかない。中嶋勝彦が少しでも弱みをみせたら前哨戦で叩き潰すつもりでいってんだよ。24日までこのまま突っ走る! 以上!!」



[156] fun◇fLongoRY - 2016/12/20(Tue) 11:21 ID:DBkFQ6jo  [No.106688]
「Winter Navig. 2016」
12月19日(月)栃木県総合文化センター

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
〇清宮海斗
9分01秒 ジャーマンスープレックスホールド
×マリーンズマスク(KAIENTAI-DOJO)

<第2試合>NOAHvsK-DOJO シングルマッチ
×熊野 準
7分30秒 タイガードライバー → エビ固め
〇滝澤大志(KAIENTAI-DOJO)

<第3試合>NOAHvsK-DOJO タッグマッチ
〇マイバッハ谷口&齋藤彰俊
11分46秒 マイバッハプレス → 片エビ固め
×吉野コータロー&洞口義浩×(KAIENTAI DOJO)

<第4試合>シングルマッチ
〇潮崎 豪
14分25秒 豪腕ラリアット → 片エビ固め
×モハメド ヨネ

<第5試合>タッグマッチ
〇杉浦 貴&アレハンドロ・サエス
14分40秒 オリンピック予選スラム → 体固め
丸藤正道&石森太二×

<第6試合>GHCヘビー級選手権試合前哨戦60分1本勝負
〇中嶋勝彦&拳 王&大原はじめ 
17分07秒 バーティカル・スパイク → 体固め
マサ北宮&×小峠篤司&原田大輔


[157] fun◇fLongoRY - 2016/12/20(Tue) 11:22 ID:DBkFQ6jo  [No.106689]
「Winter Navig. 2016」
12月19日(月)栃木県総合文化センター

試合後のコメントです。

第2試合 NOAHvsK-DOJO シングルマッチ
熊野 準 vs 滝澤大志

【試合後の滝澤】

―5年ぶりのノア参戦となったが?

<滝澤>「久しぶりのノア参戦。凄くうれしい! でも、自分はK-DOJOの代表として負けるわけにはいかない。ましてや相手はまだまだデビューしたばかりの熊野準。簡単に負けるわけにはいかない。今後も参戦する機会もあるのであれば、どんどん呼んでいただきたい。そしてK-DOJOのファンを一人でも作るためにノアに上がりたいと思います」

―前回はジュニアとしての参戦だったが?

<滝澤>「今、プロレス界にヘビー級もジュニアも自分の中では無いと思ってるので。どんな相手でも全力で戦いたい。それだけです」


[158] fun◇fLongoRY - 2016/12/20(Tue) 11:22 ID:DBkFQ6jo  [No.106690]
「Winter Navig. 2016」
12月19日(月)栃木県総合文化センター

試合後のコメントです。

第4試合 シングルマッチ
潮崎 豪 vs モハメド ヨネ

【試合後の潮崎】

―タッグ王座戦は無くなったが、ヨネと気持ちをぶつけ合ったような一戦だったが?

<潮崎>「本当ならGHCタッグの前哨戦のはずだったけどね。確かにタイトルマッチは流れたけど、モハメド ヨネの強さ、怖さっていうものを正面から受け止めるしかないから。タイトルマッチが無くなったとしても、それだけは変わらないから」

―改めてタッグ王座戦でヨネと戦いたい気持ちが強まった?

<潮崎>「もちろん。モハメド ヨネ、クワイエット・ストーム。彼らのタッグとしての価値は高いものがあるし、彼らを倒さないとこのベルトの重みも出てこない。50ファンキーパワーズが完璧な状態…いや、今より上の状態になって戻ってきてもいいように、俺はこのベルトを守る。それまでGHCタッグの価値も高めていきたいと思います」

―今日はシングルでの勝利だったが、自身個人として“杉浦発言"についてどんなスタンスを?

<潮崎>「ノアに上がって1年。今年GHCヘビーのベルトも巻きましたけど、杉浦貴に獲られたからね。獲られたままで終わるつもりはないし。今は中嶋勝彦、彼が巻いてますけど、GHCヘビーの価値を高めるためにも、そして俺自身を高めるためにもしっかりとGHCヘビーを狙っていきたいと思います」

―杉浦に共鳴することはない?

<潮崎>「まだ俺は彼とはやらないといけないと思ってるんで。杉浦貴というのは組むよりも戦いたい相手だから」



[159] fun◇fLongoRY - 2016/12/20(Tue) 11:23 ID:DBkFQ6jo  [No.106691]
「Winter Navig. 2016」
12月19日(月)栃木県総合文化センター

試合後のコメントです。

第5試合 タッグマッチ
丸藤正道&石森太二 vs 杉浦 貴&アレハンドロ・サエス

【試合後の杉浦】

―これで8連勝となったが?

<杉浦>「当たり前だろ。でもアイツ(丸藤)から勝たないと意味ねえんだよ。俺が勝ってるのは横についてるザコだろ? それじゃ意味ねえんだよ。それで8連勝だって喜ぶようなバカじゃねーんだよ、バカ。俺は丸藤を倒すんだよ」

―丸藤に歯ごたえを感じない?

<杉浦>「そうだね。前哨戦全部スカされてガッチリ当たってないな。でも24日はシングル。逃げも隠れもできないからな。パートナーもいないし、パートナーに任せるわけにもいかないし。1対1だからな。24日負けて、いっぱい危機感感じればいいんじゃねえか?」

―分かりました

<杉浦>「あ? (※薄毛の記者に)お前どっち勝つと思ってんだハゲ」

―勝負は時の運かと

<杉浦>「あぁ? 何が時の運だバカヤロー。どっちが勢いあると思ってんだハゲ!」

―勢いは杉浦さんかと

<杉浦>「そうだろ。だったら俺が勝つって書いとけ、ハゲ!」


[160] fun◇fLongoRY - 2016/12/20(Tue) 11:23 ID:DBkFQ6jo  [No.106692]
連続投稿失礼します。

「Winter Navig. 2016」
12月19日(月)栃木県総合文化センター

試合後のコメントです。

第6試合 GHCヘビー級選手権試合前哨戦
中嶋勝彦&拳 王&大原はじめ vs マサ北宮&小峠篤司&原田大輔

【試合後リング上】

<中嶋>「マサ北宮。24日はいい試合しようなんて、これっぽっちも思ってねえ。ただの“奪い合い"だ! 全力で来い! 俺も全力でお前を受け止めて、全力で勝つ! なぜなら! 俺は!! 止まらねええ!!!!」

【試合後の中嶋】

―北宮との前哨戦を久々に制したが?

<中嶋>「簡単な戦いだとは思ってない。24日、アイツもすべて賭けてくるだろう。俺もすべてを賭けてリングに上がるんで。ホントにリング上で言った通り、いい試合をしようなんてハナから思ってない。いい試合よりも、今の俺にとってはこの新たな光(ベルト)を失うことのほうが怖いんで。でも…きっと24日はいい試合では済まないだろうね。すげー試合に俺がします」

―左ヒザの状況は?

<中嶋>「俺はいつも“ベストコンディション"なんで。足一本くれてやってもいいよ、アイツに。でも、そのかわり俺は必ずこれ(ベルト)を守ります。なぜなら俺は…止まらねえ!!」




[161] fun◇fLongoRY - 2016/12/20(Tue) 11:24 ID:DBkFQ6jo  [No.106693]
12.24後楽園大会で邪道&外道のGHCジュニアタッグ奪回に挑む桃の青春へのインタビューです。

鈴木軍との抗争に決着がつき、新章に突入したノアだが、GHCジュニアタッグ王座だけは現在も新日本プロレスの邪道&外道組が保持したまま。本当の意味での新章をスタートさせるため、12.24後楽園大会で王座奪回に挑む桃の青春の小峠篤司&原田大輔がその意気込みを語った。

──11月から新体制となり、鈴木軍も去り、ノアの新しいシリーズが始まりましたけど、ここまで闘ってきていかがですか?

小峠 ゆっくりとした時間を感じていてはいけないんでしょうけど、僕の中ではまだちょっと探っている感じですかね。

──探っている。

小峠 うん、探っているというか、これからノアをどういうふうにしていこうかと考えている感じですよね。鈴木軍がいなくなって、新しい選手も入れ替わりで入ってきている中で、僕自身もジュニアのチャンピオンですし、これからノアをどう変えていくか? もちろんノアをおもしろくしていくことを前提で考えてますけど、チャンピオンとして変わらないところは変わらずに自分をさらに上にもっていこうと。そういう手探り感はありますね。

──原田選手はどうですか?

原田 やっぱり新しいノア……っていうか、そういう雰囲気が流れているじゃないですか?

──周りもそういう目で見ますよね。

原田 ただ、やっぱり僕はGHCジュニアタッグのベルトを取り返さないとその波に乗っちゃいけないなとは感じています。やることをやってないのに新しい波に乗るっていうのは、端から見ればちょっと違うなっていうのもあるでしょうし、GHCジュニアタッグのベルトを取り返してから、ようやく新しく進めるのかなって思うんですよね。

──鈴木軍との抗争に決着がついたとはいえ、そこを取り返さないと先には進めないと。

原田 当然ですよね。ベルトを持っていかれたまんまで、次には進めないですよ。

──GHCジュニアタッグを取り返して、ようやく新章がスタートするという感じですかね?

原田 GHCジュニアタッグのベルトもノアの歴史の中では重要なベルトですし、無下には扱えないですよ。24日に邪道&外道とタイトルマッチを組んでくれたことですし、まずそのベルトを取り返すことを考えて、僕はこのシリーズを闘っています。

──元々、桃の青春を再結成したのは鈴木軍にGHCジュニアタッグのベルトを持っていかれて、その奪回のためという目的がありましたよね。現在はベルトを持っているのは邪道&外道組で、鈴木軍ではないにしろ、やはりこのチームで奪回しないと組んだ意味もあまりないというか。

小峠 そうですね。鈴木軍じゃないっていうだけで、結局新日本プロレスの手に渡っているわけなんで。相手が変わっただけでそんなにテーマは変わってないですよね。そういう意味ではやることをやってからですよね。

原田 小峠が言った通りですよ。確かに鈴木軍を倒すっていう目標のために再結成したので、一応それは果たせたなっていうのはあります。ただ、それは対鈴木軍ということだけなんで。さっきも言ったように現実的にはベルトは流出したままですし、いまも俺たちが組んでいる以上はそれも俺たちの仕事だなと思っていますね。そもそもベルトを取られたのは自分たちなんで。だから、それはケンオーハラとか他のチームではなくて、俺たちがやらなきゃいけないことだと思っています。それが今年最後のテーマですね。

──なるほど。そもそも、邪道&外道組を防衛戦の相手として指名したのはご自分たちですよね? やはり、このチームは倒す価値のあるビッグネームだと思われたからですか?

原田 そうですね。まず、逆指名したきっかけはTAKAみちのく&タイチと、そして邪道&外道とやった3WAYで勝ち負けつかずに終わったしまったというのがあって。

──6・12後楽園大会でやった3WAYによるタイトルマッチですよね。

原田 はい。だから、今度は2vs2できっちりとやりたいなっていう気持ちで指名したんですよ。それで10・8後楽園大会でやって、結果は負けましたけど、やっぱり倒したいなという気持ちは今でもありますね。世界でも名の通ったタッグチームなんで、そこを倒せば自分たちももうひとつ上に行くチャンスなんでね。次は倒してもう一段上に上がりたいなと思いますね。

小峠 僕はあくまでも自分なんで。自分のプロレスのレベルをドンドンドンドン上げていきたいんですよね。それを考えたら、もう一個上のステージに行く。そのためには邪道&外道を倒さなきゃいけないと思ったんですよ。ただ、前回はそれで負けてしまった。もちろんナメてかかったわけじゃないんですけど、改めて実力者やったなと思いましたね。年齢的にもキャリア的にも大ベテランの領域に入っているチームですけど、彼らに対してはいろんな気持ちで腹をくくれる部分がありますね。

──実際に闘ってみた印象はいかがでした?

原田 強さは感じなかったですね。ただ、やっぱりキャリアを重ねている部分が凄いですよね。たとえばタッグワークというか、邪道&外道がいつも言っている「1+1を2にさせないプロレス」。それを痛感しましたね。だから、次のタイトルマッチでは「1+1=2」にして勝ちたいです。

小峠 まあ、ペースを握るのが非常に巧いですよね。あと会場の空気を自分たちのものにするのが絶品だなと思ったんで。前回のタイトルマッチはノアのリングでやったのに、なぜか自分たちがアウェイになっていたっていう雰囲気は否めなかったんでね。まあ、正直、次のタイトルマッチもそういうふうになる可能性が高いというか、そうなるだろうなと僕の中では思ってます。だから、そこは自分との闘いをしようかなと思ってます。周りの雰囲気に惑わされないようにね。

──そういう雰囲気に持っていくのもベテランの強みなんでしょうけどね。でも、桃の青春にも邪道&外道組には負けない強みというものがあると思うんですけども、それぞれどのように思っていますか?

小峠 ウチですか? ありますかね?(笑)。

──あるでしょう(笑)。

小峠 まあ、自分たちはそれぞれ負けん気は強いし、向上心もありますよ。元々チームとしての完成度を求めているタッグじゃないんですけど、口に出さずともそういうことができているっていうのはありますよね。

──自然にチームワークが取れる。

小峠 そうですね。何も考えずにお互い滾り合ってやっていけばいいかなと思っているんで。

──滾り合う(笑)。原田さんもそんな感じですか?

原田 滾りはしないですけどね(笑)。ただ、邪道&外道に触れてみて、自分たちがまだ知らないプロレスがあったんだなって感じたんですよ。さっきも言いましたけど、「1+1を2にさせないプロレス」。でも、それを一度経験している以上は、同じことは絶対にさせないですし、そこは考えて闘いたいですね。また同じ結果になればここで組んでいる意味もなくなってくるんでね。次はキッチリと勝って、邪道&外道のさらに上に足を踏み入れたいなと思います。

──ちなみに11月22日にお二人でGHCジュニア王座を懸けてタイトルマッチをやられましたけど、これは今回のタッグのタイトルに臨むうえでプラスになっていると思いますか?

原田 マイナスにはなってないですね。やっぱりお互いの今の実力を知ることができましたし、組んでいるのと闘うのとでは感じる部分が違うので、やっぱりそういう点では凄くプラスになったと思います。

小峠 どうなんですかね?(笑)。まあ、マイナスにはなってないですよ。

──今さらというところもありますかね? もう十分お互いに実力はわかっているというか。

小峠 そうですね。あのタイトルマッチはもっとやりたかったなっていうぐらいの気持ちが強いですからね。

──ちなみにお互いに頼りになるところはどこですか?

原田 変に気を遣わないでいいところじゃないですかね。

小峠 気を遣わなさすぎ(笑)。でも、原田は発言とかも大丈夫かって思うぐらい突っ込んでいくファイターなんで、お互いに気を遣わずにノビノビやれているのが一番じゃないですかね。

──とにかく自然体でいけるっていうことですね。では、最後に改めてファンに向けて意気込みをお願いします。

小峠 前回は僕自身が土をつけられる結果になってしまったので、ファンの皆さんに対しては今年キッチリと気持ちよく終われるような姿を見てもらえればと思います。

原田 僕も同じですね。最後に取り返して、2016年を気持ちよく終わりたいなと思います。

──わかりました。では、当日のタイトルマッチを期待しております!


[162] fun◇fLongoRY - 2016/12/20(Tue) 23:25 ID:DBkFQ6jo  [No.106698]
「俺がこんだけ言っても響かない奴、乗っかってこない奴がいるんだったら、本当にバカだよ」 
ノアに対する危機感がこの男を突き動かす。12.24後楽園で丸藤正道と注目のシングル対決を行う杉浦貴のインタビューです。

この1年間、鈴木軍としてノアと敵対してきた杉浦貴。「ノア、全員まとめて相手にしてやる!」と宣言したその真意とは? そして12・24後楽園大会で行なうライバル・丸藤正道との一騎打ちについて語った。


──12月3日のディファ有明大会で鈴木みのる選手とケジメマッチをやりましたけど、試合後はどんな心境だったんですか? 鈴木軍侵攻の2年間の全てに決着がついて、スッキリしたという感じですか?

杉浦 スッキリした……? いや、鈴木軍が来て1年、それから俺が入ってあいつらがいた期間が1年伸びた感じだったからね。だから、最後は俺の手で終わらせたいっていうのがあったから。だから、スッキリしたっていうのとは違うけど、ケジメはつけられたんじゃねえかなっていう気持ちはあるな。

──なるほど。それから現在始まっている新しいシリーズに、杉浦選手は「ノア、全員まとめて相手してやる!」と宣言して臨みましたけど、始まってみていかがですか?

杉浦 とりあえず年内最終戦に丸藤との試合が組まれただろう? それに勝たないことには次に続かねえからな。それに勝ってからだよ、全員相手してやるっていうのは。いいシチュエーションとしては、俺がGHCのベルトを持って、ノアの全員とタイトルマッチをやれば、全員を相手にすることになるだろう。今ノアには何人選手いるんだよ?

──所属選手だと10数人はいると思うんですけど、正確な数字はちょっと……。

杉浦 わかんねえのかよ! まあ、いいや。仮に15人いるとして、その回数を防衛したら、俺が前にやった防衛記録を更新することができるだろ(ニヤリ)。だから、全員とやってやるよ。

──ああ、14回を超えて! 全員を相手にしてやるっていう発言の中には、そういう目論見もあったわけですね(笑)。でも、そのディファ有明大会で「現状甘んじている奴がたくさんいるだろう。自分で動け!」というような発言もありましたけど、それは鈴木軍にいることで、立ち位置が違うところからノアを見ていたからこそ、感じる部分があったんですか?

杉浦 やっぱり、外に出てみて感じた部分はあったな。鈴木軍というあれだけの個性があるチームがいなくなったわけだろ? 「これからノアは大丈夫なのか?」っていう思いも当然出てくるよ。まあ、観に来てくれるファンの中には「いなくなってくれてよかった」っていう人もいるかもしれない。でも、刺激という意味ではウチに足りなかったものを持ち込んできてくれたと思っているんでね。

──なんだかんだ言っても、鈴木軍との闘いは刺激的でしたからね。

杉浦 うん。そういう意味ではあいつらがいなくなって心配な部分はあるよな。

──逆にその鈴木軍が持っていた刺激というものを、今度は杉浦選手がひとりで受け持つという覚悟で、「全員まとめて相手にしてやる!」という発言をしたんですか?

杉浦 もちろんそれもある。ただ、俺がこんだけ言っても響かない奴、乗っかってこない奴がいるんだったら、本当にバカだよ。その危機意識がないとノアは本当にダメになる。

──でも、早速反応してくる選手も出てきましたよね。熊野選手は「全員潰してやる!」と言い出したり、大原選手も反応して、闘った杉浦選手も「認めてやる」という発言もありました。闘っていく中で、選手たちの変化だったりっていうのは感じていますか?

杉浦 まあ、熊野に関してはまだ試合をしてないからなんとも言えないし、だいたい言うのは誰でも言えるから。行動で見せてもらわないと。ただ、俺と試合で当たっていなくても、変わったということを見せていけばいいんじゃねえかとは思うけどね。自分の試合の中でね。まあ、まだ何試合もやってないし、これからじゃねえかな? 大原はいち早く反応してきただろ。あいつはアンテナ張ってやってるんだなっていう気がするけど、これからもっと動いて見せてもらわねえとな。

──丸藤選手との試合が終わらないことには先が見えないとのことなんですが、このタイミングで一騎打ちを行なうということについてはどう思われますか?

杉浦 やっぱり、形は違えどノアを引っ張ってきたと思うんでね。年内最後に当たるのは必然なのかなと思うけどな。

──最近の丸藤選手についてはどう思われているんですか? 『グローバル・リーグ戦』の公式戦では杉浦選手が勝たれていますし、1月のタイトルマッチでも杉浦選手が勝っています。

杉浦 まあ、なんか新日本に出たり、新日本の選手と組んでタッグのベルトを取ったりしてたけど、俺の中ではしっくりこないような気がするね。で、ついこの間は年間最高試合もかっさらったじゃん?

──G1でのオカダ・カズチカ選手との試合で、プロレス大賞のベストバウト賞を受賞しましたね。

杉浦 なんかおいしいところだけ持っていったような気がしねえか?

──おいしいところというか、丸藤選手は外での活躍が注目された1年でしたよね。一方の杉浦選手は鈴木軍にいたとはいえ、その間のノアを支えていたという自負があるんじゃないですか?

杉浦 まあ、鈴木軍にいたとはいえ、俺の戦場はノアのリングだったしな。中嶋に負けるまでは俺がベルトを巻いて大会も締めてきたし、そういう自負はあるよ。

──そういう道のりの違いを今年最後の試合で確かめ合うというか。

杉浦 必然的にそうなるだろうな。だから、今までのこともあるし、今後のノアのこともあるし、いろんなことを丸藤との試合で見せつけられればいいかなと。

──現在、鈴木軍もいなくなり、“新生ノア”という言われ方もしていますが、今回組まれた杉浦選手と丸藤選手の一騎打ちはそれこそこれまでのノアを象徴するカードだと思います。一方で同じ日に組まれた中嶋選手と北宮選手のGHC戦は新しいノアの風景を見せる闘いだと思うんですが、そこを意識する部分はありますか?

杉浦 俺は意識しないね。逆に中嶋と北宮のほうが意識するんじゃないの? あいつらがこれからのノアを考えてやっていくっていうのは大変なことだと思うしね。メインを締めるっていうことは難しいことだから。それに中嶋に関しては今までの挑戦だったり、前回の鈴木みのるとの防衛戦にしてもキャリアが上の選手とやってきたわけだろ? ただ、今回は初めて後輩との闘いになるわけだ。それはこれまでとは違うと思うんでね。あいつは今チャンピオンなんだから、試合も引っ張っていかなきゃいけないし、大会もしっかりと締めなきゃいけない。そういう意味でもあいつのほうが俺たちの試合のことを気にしているんじゃねえかと思うけどね。ハッキリ言って、俺はまったく気にならない。

──いつも自分たちの闘いを見せるだけだと。

杉浦 うん、いつもやっている闘いをね。

──ちなみにここまでの中嶋選手に関してはどういう評価をされているんですか? 杉浦選手に勝ってベルトを巻いたわけですけど。

杉浦 まあ、チャンピオンとしてはこれからだよな。24日のタイトルマッチもあるし、とりあえず俺も丸藤戦が終わらないと見えてこないって言っている以上はそれ次第だよ。丸藤に勝ったら俺がどう動くのかわかんないし。

──お! では丸藤戦次第ではベルトを再び視野に入れて動くこともあるわけですか?

杉浦 まあ、あいつらがつまんねえ試合していたら、俺がまたベルトを巻くっていう感じかな。

──わかりました。では、最後に丸藤戦でどういう闘いを見せたいのか、ファンに向けて改めて意気込みをお願いします。

杉浦 ファン? ファンはいいよ! 俺たちの試合を観てそのまま感じてくれりゃいい。俺からこういう感じの試合なんていうのはないね。っていうか、くだらねえこと聞くな!

──し、失礼しました……。



[163] fun◇fLongoRY - 2016/12/20(Tue) 23:26 ID:DBkFQ6jo  [No.106699]
連続投稿失礼します。

「“俺と杉浦の戦いがあってこそのノア”というものを見せたい」
12.24後楽園で“渦中の人物”杉浦隆と注目の一騎打ちを行う丸藤正道のインタビューです。

鈴木軍から撤退し、ノアに対して宣戦布告した杉浦貴。それを迎え討つ丸藤正道に、この2年の鈴木軍との抗争を振り返ると共に、年内最後の大一番について語ってもらった。


――まずはプロレス大賞の年間最高試合賞の受賞、おめでとうございます。

丸藤 ありがとうございます、素直にうれしいです(笑)。

――丸藤選手はこれまでにも年間最高試合賞を06年(10.29武道館・vsKENTA)と08年(全日本プロレス・11.3両国・vs近藤修司)に獲得していますが、今回は新日本プロレスで行なわれた『G1 CLIMAX』のリーグ戦(7.18札幌)で、オカダ・カズチカ選手に勝利した試合が選出されました。

丸藤 そうか、8年ぶりになるんですね。でも、年齢とキャリアを重ねてきて、どうしても自分自身の衰えを感じる部分もある中で、こういう賞をいただけたというのは意味合いが大きいと思います。プロレスというのは相手ありきのもので、もちろんベストバウトというからには試合内容が最重要なんでしょうけど、今回はそれ以外の部分も加味されて評価してもらえたのかなという気はしますね。

――たしかにvs他団体という部分や、IWGPヘビー級王者に勝利したという面も話題になりましたね。

丸藤 まあでも、せっかくいただいたので、素直に喜びをあらわしたいと思います(笑)。

――さて、この11月〜12月にかけてノアにいろいろな動きが見られる中で、12.2後楽園&12.3有明では鈴木軍との抗争に終止符が打たれました。ノアの歴史をすべて見てきた丸藤選手にとっては、この2年はどのようなものでしたか?

丸藤 この2年はノアが旗揚げしてから、まるでなかった状況でしたからね。その中には賛否両論もあって、昔からのノアが好きな人もいれば、鈴木軍が好きな人もいるわけで……。非常に濃密な2年間だったと思うし、言うなればきっかけを作ったのは俺なんですけど、その本人がとどめを刺せなかったっていうのは、申しわけなさみたいなものはありますね。

――最終的には中嶋勝彦選手がGHCヘビー級王座を賭けて、鈴木みのる選手に勝利を収めました。

丸藤 でも、そうやって確実に若い選手が育ってくれたというのは何よりの収穫だと思います。それも各々が危機感を持って、戦ってくれたからこそだろうし。この2年、失ったものもありましたけど、結果的には勝彦であり、マサ(北宮)であり、清宮(海斗)が成長してくれて。

――潮ア豪選手のノア再入団もありましたね。

丸藤 そうですね。いま挙げてきたメンツの試合も、2年前と現在では意味合いも違ってきているし。結果として、鈴木軍としのぎを削ってきた2年というのは、けっして無駄な時間ではなかったと思います。

――いま、鈴木みのる選手に何か伝えるとしたら?

丸藤 そうですね……、二度と来るな(ニヤリ)。

――そして、最終決着のタイミングで、杉浦貴選手が鈴木軍からの脱退を宣言しました。12.3有明で鈴木選手を下した杉浦選手に対し、丸藤選手は握手を求めたわけですが、あのときの気持ちというのは?
 
丸藤 あれはいろいろな思いを含め、試した部分はありますよ。絶対にスンナリと首を縦に振って、握手をしてくるとは思ってなかったし。逆に彼がどういう反応を示すのか、そしてお客さんもどういう反応なのか、確認したかったというか。

――お客さんもあの瞬間、固唾を飲んで注目していましたね。では、丸藤選手としては握手を拒否するのは想定内ではあった、と?

丸藤 そうですね。もともと、杉浦貴っていうのは、人の下につく人間じゃないので。鈴木軍にいた1年も、彼の中では鈴木みのるの下についたというつもりはなかったと思います。

――杉浦選手のことをよく知る丸藤選手ならではの分析ですね。そして、杉浦選手は「ノアの連中をまとめて相手にしてやる!」と宣言し、それに丸藤選手が呼応するように12.24後楽園で迎え討つことになりました。最初に自分がシングルで戦うというのは、何か思うところが?

丸藤 ウン。いま、若い選手が育ってきているからこそ、俺と杉浦貴でしっかりした背中を見せたいというか。プロレスは言葉だけで伝えるものではないと思うし。

――それが見せることができる相手だ、と。あと、杉浦選手の真意を確かめたいという部分もあるのでは?

丸藤 それも大きいですよ。彼の中でもっと、深い考えがあるような気はするので。今回はシングルでガッチリやり合いますけど、これが来年になって、このまま戦い続けるのか、もしかしたら横に並んで若いヤツらと世代闘争みたいになっていくのか。どっちにしても、ノアの未来につながっていくような方向に、しっかり持っていきたいなと思います。

――杉浦選手の言葉の中には、「俺はずっとノアで戦っていく」「新生ノアに危機感しかない」というものもありましたが、そこにはノアへの思いが感じ取れるというか。

丸藤 そうじゃなければ、鈴木軍についていって、どっか行っちゃっていたと思うし、あの年齢とキャリアで金魚のフンみたいについていくわけにもいかないだろうし。彼の中にも、彼なりの考えや思いというものが、このノアに対してあると思います。まあ、人それぞれのやりかたや考えかたで、このノアに対する愛情を表現することを、俺は否定も何もしないし。逆にみんなが同じ方法だと、未来への道筋も一本しかないと思うので。

――根本にノアを盛り上げるという気持ちがあれば、その方法は一つである必要はない、と。

丸藤 いろんな道筋があって、結果的にそれが明るい未来に繋がればいいと思います。

――12.3有明の試合後、杉浦選手は「くすぶってるヤツ、何か考えがあるヤツ、動けよ」と発言しましたが、今シリーズでは早速、大原はじめ選手や熊野準選手が自己主張を始め、“杉浦効果”が見られています。

丸藤 そこはもう、団体が新たな船出を切ったいまだからこそ、“言ったモン、やったモン勝ち”ですよ。何もせずに過ごしている人間だけが変わらないし、下手したら置いていかれる。敷かれているレールの方向を変えられる時期だと思うので、いまは誰にでもチャンスがあるし、俺はプロレスには「こうじゃなきゃいけない」というものはないと思っているので。

――現在、杉浦選手とは前哨戦で激突していますが、“鈴木軍脱退後の杉浦貴”の感触はいかがですか?

丸藤 いやもう、本来が強い人間ですからね、イスを使うにしろ使わないにしろ(苦笑)。イス云々は抜きにしても、鈴木軍でああいうスタイルを経験したことで、戦いの幅が広がって手強くなったと思いますよ。俺たちのキャリアになると、成長というものが難しくなる中で、新たなものをつかんだというか。

――戦績という部分では今年の1.31横浜文体、そして『グローバル・リーグ戦 2016』の公式戦と、丸藤選手が連敗しているかたちになるので、そのリベンジも賭けた一戦にもなりますね。

丸藤 そうですね、3連敗は避けないと。まあ、お互いにやることはだいたいわかっている中で、いままでのシングルとは何か違ったものを見せたいなという気持ちはあります。

――当日は若い選手たちによるタイトルマッチが並ぶ中、丸藤選手と杉浦選手がどのような戦いを見せるのか、多くの人たちが注目していると思います。

丸藤 タイトルマッチをやる選手たちに、いい刺激とプレッシャーになるような試合をしたいですね。「丸藤と杉浦の試合を越える戦いを見せてやろう!」と思ってもらえような。

――今回は年内最後の戦いになりますが、2017年に思い描いているものはありますか?

丸藤 16年もいろんなことがあったし、タッグ王座も防衛を重ねてきましたけど、ノアのリングで“俺一人のモノ”を何か見せられたかというと、ちょっと首をかしげるというか。ベストバウト賞にしろ、他団体での戦いですし。いま、ノアという会社が新しく動き始めた中で、丸藤正道というプロレスラーをより表現しやすくなったと思っているので、2017年はただ試合をこなすだけの一年にはしたくないですね。

――では最後に、新生ノアの中で大きな意味合いを持つ、今回の杉浦戦に期待しているファンへメッセージをお願いします。

丸藤 若い選手の台頭がノアの明るい未来ではあるんですけど、“俺と杉浦の戦いがあってこそのノア”というものを見せたいと思っています。ぜひ会場で見届けてください。



[164] - 2016/12/23(Fri) 22:32 ID:tPO87IWc  [No.106700]
ノアの事務所兼道場(合宿所併設)だったディファ有明が再来年2018年6月末で老朽化&2020年東京五輪の影響で閉鎖するようです(ディファ有明のHPにて確認)
都内に後楽園程度規模の会場が無いため他の団体も暫くは苦労しそうだな(新日本を除いて)


[165] fun◆fLongoRY - 2016/12/24(Sat) 00:09 ID:hHZ/qtQ6  [No.106704]
>#さん

ディファ情報ありがとうございます。
老朽化などの事情で仕方ないようですが、ノアの主要会場なだけに残念ですね。
新しく後楽園の様な良い会場が見つかると良いのですけれど…。


遅くなりましたが、21日に12月24日に後楽園ホール大会にて開催されるGHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権の調印式が行なわれました。

その12.24後楽園での(王者組)邪道&外道vs原田&小峠(挑戦者組)GHCジュニアタッグ選手権の調印式の模様です。


挑戦者組・小峠篤司のコメント
「前回、僕がいかれてるんですが。全力の邪道外道に勝たないと意味がないと思ってますんで。まあ、寒さもこたえてきたんで、ぎっくり腰とかにならないように、しっかりコンディション整えてきてください」

挑戦者組・原田大輔のコメント
「前回のタイトルマッチで、邪道外道のいう“1+1は2にさせないプロレス”、それをイヤというほど痛感したので。次はそれを攻略して、完全なる2を作って、邪道外道に勝ちます」

王者組・邪道のコメント
「おい、オマエらじゃ絶対俺たちに勝てないよ。新生ノア? どんだけ変わったかわからねえけどさ、まず、オマエらは俺らに勝てない。確信してやるよ。絶対に防衛してやる」

王者組・外道のコメント
「まあね、コイツらからベルト獲って、ここで負けるのも一番おもしろくないパターンだから。必ず勝って、防衛します」

質疑応答
――小峠選手にうかがいます。前回はギブアップという一番屈辱的な負け方で、さらに外敵に後楽園を爆発的な歓声に導かれて、いろいろな思いがあると思いますが、今回はどんな戦いを?

小峠 ナメてかかったわけじゃないんですけど、前回は本当に実力不足でした。邪道外道というカリスマ的なタッグチームを経験できたのも、自分としてはよかったですし。それを踏まえて、年末の最後、タッグ選手権を組み込むことができたので。僕はそのあいだにシングルのチャンピオンにも返り咲いてますし、自分のプロレスに自信を持って攻めていくだけです。

――原田選手は今回の試合については?

原田 前回の負け以降、次の試合から自分の中で課題をこなしてやってきて。そして、この12月にいろんな選手が参戦してきた中で、自分の中でも経験値を上げてきたので、その経験を24日に見せるだけです。いま、この場で作戦を言ってしまえば、向こうの思うツボなので言いませんけど、いまの桃の青春は邪道外道を倒せるだけの実力を持っています。

――邪道選手と外道選手はこのベルトを持って、来年はどんな動きを見せていきたいか、展望は?

邪道 まずさ、コイツらさ、邪道外道をカリスマとか言って、その時点でのまれてんだ、俺らに。だから、勝てねえ。来年のことは言わねえよ。鬼も笑うだろ。

――小峠選手と原田選手にお聞きします。「新生ノアは何が変わったかわからない」と言われてますが、ジュニアをどのようにしていきたいか、展望をお願いします。

小峠 どのように変わったかと言われると、いろんな選手がいまやってきて、変わっていくんだなというところなので。いまは会社のこととか考えずに、自分のことだけを考えて。変わるところは気持ちを変えていくし、シングルのチャンピオンとして変わらないところは変わらないモチベーションで、やっていくつもりです。とりあえずいま、目の前に課題がありますので、キッチリとこの仕事を終えてから、そういうことは考えていきたいなと思っています。

原田 この12月からいろいろ変わっていきましたけど、僕はずっと24のタイトルマッチを見据えて戦ってきました。このベルトを取り返さない限りは何も新しく進めないので、まずは24日、邪道外道をしっかり倒して、来年はもっともっとジュニアを最高のものにするためにも動いていきたいと思います。

――邪道選手と外道選手は前回戦われてみて、桃の青春にはどのような印象を?

邪道 いいチームはいいチームだと思うよ。でも、それだけだよ。邪道外道よりは上にはいかねえ。俺らの下だよ。

外道 そうだね、思ったよりはやるよね。まさか、あんなに長い時間、リングでやるとは思ってなかったからね。さっき、展望みたいの聞いてたじゃん? この世界はベルト持ってるヤツが全部仕切るんだよ。だから、アイツらに展望聞いてもダメだよ。ベルト持ってるヤツが一番偉いんだよ。(小峠が「展望は俺らが決めるんだよ!」と反論)まずは俺らからベルトを獲ってからの話だよな。

――小峠選手は前回、ファンに二冠王の姿をあまり見せることができなかったのですが、今回また二冠がかかっていることについては?

小峠 もちろん、二冠っていうものに返り咲けたら幸せですけど、いまは目の前の二人を倒す、それだけなので。とくにシングルのチャンピオンだからどうこうとか関係なく、しっかりこのタッグマッチに集中したいなって感じです。


[166] fun◆fLongoRY - 2016/12/24(Sat) 00:10 ID:hHZ/qtQ6  [No.106705]
「Winter Navig. 2016」
12月23日(金・祝)ディファ有明

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
〇石森太二
9分33秒 450°スプラッシュ→片エビ固め
×熊野 準

<第2試合>タッグマッチ
小峠篤司&原田大輔〇
10分35秒 片山ジャーマンスープレックスホールド
稲松三郎&柏大五郎×(KAIENTAI-DOJO)

<第3試合>シングルマッチ
〇潮崎 豪
12分52秒 豪腕ラリアット→片エビ固め
×齋藤彰俊

<第4試合>シングルマッチ
〇モハメド ヨネ
11分02秒 キン肉バスター→片エビ固め
×マイバッハ谷口 

<第5試合>宮脇純太 東京プレデビューバトルロイヤル30分
【退場順】
1.宮脇純太、2.モハメド ヨネ、3.齋藤彰俊、4.マイバッハ谷口、4.潮崎豪、4.原田大輔、7.柏大五郎、8.稲松三郎、9.小川良成、10.石森太二、10.小峠篤司
〇熊野準(10分04秒 逆さ押さえ込みを反転して)小峠篤司 、石森太二

<第6試合>タッグマッチ30分1本勝負
〇杉浦 貴&アレハンドロ・サエス
15分35秒 オリンピック予選スラム→体固め
拳 王&大原はじめ× 

<第7試合>GHCヘビー級選手権試合前哨戦60分1本勝負
〇マサ北宮&丸藤正道
20分22秒 監獄固め
中嶋勝彦&清宮海斗×




[167] fun◆fLongoRY - 2016/12/24(Sat) 00:10 ID:hHZ/qtQ6  [No.106706]
12月23日(土)ディファ有明大会の試合前に、12月24日に後楽園ホール大会にて開催されるGHCヘビー級選手権の公開調印式が行なわれました。

その12.24後楽園GHC決戦を前にした王者・中嶋と挑戦者・北宮の公開調印式のコメントです。


挑戦者・マサ北宮のコメント
「9月に杉浦貴に負け、先月のグローバル・リーグはあと1勝のところで鈴木みのるに負け、もう悔しい思いはしつくしてきたつもりだ。これ以上はもう悔しい思いはしたくない。明日のノア年内最終興行で、俺が勝って、ノアの新しい風景を見せたいと思う。『Go for broke』だ。俺が時代をぶち壊す。そして、中嶋勝彦という壁をぶち壊す。以上」
 


王者・中嶋勝彦のコメント
「明日はいよいよタイトルマッチ。マサ北宮の今の勢いは本物だと思います。でも、俺にも譲れないものはあるんで。しっかり明日は俺が防衛します。当たって砕けるのはマサ北宮…お前だ。なぜなら俺は止まらねえ!」



[168] fun◆fLongoRY - 2016/12/24(Sat) 00:11 ID:hHZ/qtQ6  [No.106707]
連続投稿失礼します。

「Winter Navig. 2016」
12月23日(金・祝)ディファ有明

試合後のコメントです。

第5試合 宮脇純太 東京プレデビューバトルロイヤル
宮脇純太、モハメド ヨネ、齋藤彰俊、マイバッハ谷口、潮崎豪、原田大輔、柏大五郎、稲松三郎、小川良成、石森太二、小峠篤司、熊野準

【熊野の話】

「プレデビューからやってきたバトルで今日こうして初めて優勝できたんで。今日の石森太二戦は負けましたけど、仮にもシングルのチャンピオン(小峠)から勝ったんで。次は(ジュニア王者)本人から取って、シングルのベルトに迫っていきたいと思います。僕だけ置いていかれるのは絶対にイヤなので。絶対に追いついて、追い越して、すべてを覆します」


第6試合 タッグマッチ
拳 王&大原はじめ vs 杉浦 貴&アレハンドロ・サエス

拳王が大原見殺しでケンオーハラを解消し、ヘビー級転向を表明したそうです。

【拳王の話】

「なんだよアイツ。アイツは少し俺が種まくと何でも食いつくな。もうあんな雑食野郎、どうでもいいんだよ。どうした? 今までの『拳王〜拳王〜』っていうのはどうしたんだ? 『拳王ラブ』『拳王大好き』って気持ちわりぃ! 2年間組んできたけど、お前なんてただの“ビジネスパートナー"だよ。むちゃくちゃ大好き、公私混同でも大好き…とか言いやがって。まぁよ、今日で終わりだ。明日もあるのか? だったら明日で最後にしてやるよ。ノアのクソ会社! 俺はヘビー級に行くんだよ。早くヘビー級のカード組め!」


第7試合 GHCヘビー級選手権試合前哨戦
中嶋勝彦&清宮海斗 vs マサ北宮&丸藤正道

【北宮の話】

「泣いても笑っても明日は後楽園だ。そこで全てが決まる。何度上に噛みつき、何度つらい悔しい思いをしてきたか。もうあんな思いはしたくない。あとは上がるだけでいい。もう落ちようのないところまで落ちてんだ。しっかり見といてくれ。以上!」


【中嶋の話】

「(最後に北宮へのメッセージがあれば)メッセージ? 明日勝って、すべてを言うよ」


[169] ひな - 2016/12/24(Sat) 07:58 ID:SvPpXy96  [No.106708]
再来年の6月にディファ有明が閉鎖って事はノア道場も無くなるって事?

[170] ただの全日ファン - 2016/12/25(Sun) 02:54 ID:4Mi/535w  [No.106709]
予定通りGHCジュニアタッグ戦で挑戦者組が勝ったってことは、これで当分新日本との関わりは無いってことかな。


[171] fun◇fLongoRY - 2016/12/25(Sun) 14:20 ID:D/C69nXU  [No.106710]
>ひなさん

道場もどうなるのか心配ですね…。
先の話ではありますが、公式の発表を待ちましょう。

>全日ファンさん
桃の青春が奪回しましたね。
内田会長は鎖国はないと思いますが、今後も交流戦、対抗戦も期待したいですね。



「Winter Navig. 2016」
12月24日(土)後楽園ホール

試合結果です。

<第1試合> 20分1本勝負
〇拳 王&大原はじめ 
10分18秒 蹴暴→片エビ固め
石森太二&熊野 準×

<第2試合> シングルマッチ
〇アレハンドロ・サエス
10分38秒 スパイラルタップ→片エビ固め
×清宮海斗

<第3試合> タッグマッチ
〇潮崎 豪&マイバッハ谷口 
13分09秒 ショートレンジ豪腕ラリアット→体固め
モハメド ヨネ&齋藤彰俊×

<第4試合> GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合60分1本勝負
(第28代選手権者)邪道&外道×
27分45秒 キルスイッチ→片エビ固め
(挑戦者)〇小峠篤司&原田大輔
※原田大輔&小峠篤司が第29代GHCジュニア・タッグ選手権者に

<第5試合> スペシャルシングルマッチ60分1本勝負
〇杉浦 貴
20分55秒 オリンピック予選スラム→片エビ固め
×丸藤正道

<第6試合> GHCヘビー級選手権試合60分1本勝負
(第28代選手権者)〇中嶋勝彦
26分28秒 バーティカルスパイク→片エビ固め
(挑戦者)×マサ北宮
※第28代王者・中嶋勝彦の2度目の防衛に成功


[172] fun◇fLongoRY - 2016/12/25(Sun) 14:20 ID:D/C69nXU  [No.106711]
「Winter Navig. 2016」
12月24日(土)後楽園ホール

試合後のコメントです。

第5試合 スペシャルシングルマッチ
丸藤正道 vs 杉浦 貴

【試合後の杉浦】

―丸藤の気持ちもこもった試合だったが?

<杉浦>「(※日テレアナウンサーに)あ? いつも気持ち込めてやってんだよ。今日だけじゃねえだろ。いつもやってんだよ、こっちは」

―『動け』と言ったが、この試合をみて間違いなく動く選手が出てくるはずだが?

<杉浦>「知らねーよ! 動いてから聞け。まだ動いてねえだろ」

―これから狙うものは?

<杉浦>「決まってんだろ。テッペンだろ。ノアを良くしたいとか、面白くしたいとか言ってるヤツらもいるみたいだけどな、テッペン目指さなきゃ意味ねえんだよ。レスラーは。ベルト目指していくんだよ。そうすりゃ自然に面白くなるんだよ。分かったか」


【丸藤の話】

「負けた人間は言うことねえよ…」


[173] fun◇fLongoRY - 2016/12/25(Sun) 14:21 ID:D/C69nXU  [No.106712]
連続投稿失礼します。

「Winter Navig. 2016」
12月24日(土)後楽園ホール

試合後のコメントです。

第6試合 GHCヘビー級選手権試合
中嶋勝彦 vs マサ北宮


【試合後リング上】

<杉浦>「防衛おめでとう。おい、俺が出てきたのはわかってんだろうな? 俺はノアにケンカ売ってんだよ。お前、チャンピオンだろ? 来年の後楽園、一発でお前のベルトをもらいにいく。おい、時代をまた戻してやるよ、俺に。わかったな?」

<中嶋>「あんたが今、何を考えてるのかさっぱりわからないけど…やってやるよ。ただな、時代は渡さない」

杉浦は挑発しながらリングをあとに。

<中嶋>「今日は皆さん、お忙しい中、こんなにも来ていただいてありがとうございます。杉浦が来たけど、絶対に時代は戻さない。そして、アイツにベルトも時代も渡さない! なぜなら…俺は止まらねえ!!」


【中嶋の話】

「(コメントブースに現れると、左ヒザを押さえて座り込む)ああ、痛え! クソ。マサ北宮! 勝ってよかった…。守れてよかったよ。マサ北宮、今日の奪い合いは俺の勝ちだ。なぜなら俺は止まらねえんだ!! そして今日、こんなクソ忙しいクリスマスイブに来てくださったファンの皆さん。そのおかげで防衛することができました。でも、防衛するたびに、まだ2回目ですけど、このベルトの重さ、凄さを実感してます。そして今、ノアの選手1人1人が少しずつ変わろうとしている。どういう風に来年なっていくのかわかんないけど、ただ一つだけ言えることは…俺が来年も光照らしていきます。今日はありがとうございました。以上だ」

【北宮の話】

「まだだ! やられっ放しでは終わらない! 2017年は、今年2016年と一緒…逆襲からの始まりだ! 見といてくれ!」



[174] ただの全日ファン - 2016/12/25(Sun) 14:40 ID:4Mi/535w  [No.106713]
>funっさんへ
週刊プロレスのインタビューで「フリー選手や他団体の選手を起用しなくてもいい。」って言ってたノアの選手がいるんですよね。
(うろ覚えで選手名まで覚えてなくてすいません。サムライTVのバトルメンの今週の週刊プロレスのコーナーで言ってたのですが。)


[175] fun◇fLongoRY - 2016/12/25(Sun) 19:50 ID:D/C69nXU  [No.106716]
「Winter Navig. 2016」
12月24日(土)後楽園ホール

試合後のコメントです。

第1試合
拳 王&大原はじめ vs 石森太二&熊野 準


【試合後リング上】

<拳王>「おい、大原。今までの拳王〜拳王〜ってどうしたんだよ? まぁいいよ。テメーとは今日で終わりなんだよ。ま、少しばかり頑張ってください。そして来年! 俺はこのノアの顔になる。俺はよ、ヘビー級に行くんだよ。この新生ノアをさらに盛り上げるからな。テメーら後楽園ホールのクソヤローども、これからも拳王から目を離すなよ」


【試合後の拳王】

―来年に向けての展望を語ったが?

<拳王>「俺はよ、これからの拳王、これからのノアを見てんだよ! これからのノア、さらにもっともっと大きくしなくちゃよ。そのために何が必要だ? 俺だろ!? プロレスリング・ノアの拳王が必要だろ!? 俺がこのノアの顔になる。そして、このノア、さらなる進化を遂げるからな」

―来年早々に動く?

<拳王>「年明け? 今から動いてやるよ。俺は心に誓ったんだよ。険しい道かもしれねえ。俺がプロレスリング・ノアをプロレス界で一番の団体にしてやる」


【大原の話】

「まあ、拳王は拳王で自分の道があるみたいなんで、勝手に行ってください。俺は俺の道があるんで。このシリーズ、最初から言ったはずだよ。ケンオーハラの大原はじめじゃない大原はじめを作っていくって。俺は最初から動いているつもりだよ。前も言った、小川良成とか、石森太二とか、そういう人間と俺はやらないといけないって思ってるから。2016年はこれで終わりだ。2017年はジュニアのシングルのベルトを取るし、ジュニアだろうが何だろうが、俺はヘビーともやってやるからな。無差別級で行ってやるよ。どいつもこいつもぶっ倒してやるよ、来年は。シングルの大原はじめ、スタートだ。とういうわけで、今日もムイビエン」


【石森の話】

「(いろんな動きが起きているが?)まあね、大原は俺とやりたいみたいだけど、俺はそんなに興味ないんだよ。お前に付き合っている暇はないし。本当にやりてえならやってやるけど…結果は見えてるよ。大原はアウト・オブ・眼中だよ!」


第3試合
潮崎 豪&マイバッハ谷口 vs モハメド ヨネ&齋藤彰俊

【試合後の潮崎&谷口】

―年内最終戦を終えたが?

<潮崎>「今シリーズはいろいろあったナビでしたけど、タイトルマッチではないにしろ、良い形で2016年最後の試合を締めることができたと思います」

<谷口>「今年最後の試合、勝つことができて良かったです。でも個人的にはヨネに昨日負けてるんで、借りを返して自分が勝たなきゃいけなかったと思います」

<潮崎>「2017年、俺もマイバッハもこのベルトとともに輝いていきます」


[176] fun◇fLongoRY - 2016/12/25(Sun) 19:51 ID:D/C69nXU  [No.106717]
「Winter Navig. 2016」
12月24日(土)後楽園ホール

試合後のコメントです。

第4試合 GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合
邪道&外道 vs 小峠篤司&原田大輔

【試合後の原田】

※小峠を残して先に退場してひとりでコメント

―試合を振り返って?

<原田>「取り返せて良かったですし、何よりお客さんの歓声がうれしかったですね」

―邪道&外道は“1+1を2にさせないプロレス"がモットー、“2になるプロレス"ができた?

<原田>「最後の最後に2にさせてもらえましたね」

―すべてのベルトをノアに取り戻したが?

<原田>「お待たせしました…ってカンジですね。来年からノアジュニア、もっともっと盛り上げていきます」

―2017年はチャンピオンとして迎えることになるが?

<原田>「チャンピオンとしてっていう前に、(※リング上で語り始めた小峠の)あのマイク全部聞いてみてください。ありがとうございました」


【リング上】

<小峠>「今年1年も前向きに突っ走ることができました。それも…鈴木軍、邪道外道、強いライバルたち、大阪時代からの最高のパートナーとノアで組めたから。そして、どんな状況でも、次を見るのはつらいなと思わしても、来てくれるノアファンに前向きにさせてもらいました。ありがとうございます。しっかり来年からは、自分から前向きにやっていきます。1つ…来年から『顔じゃねえ』と言われるかもしれねえ。まだまだ体がしょっぺえと言われるかもしれねえ。でも、俺は来年からでっけえやつらとやりてえ。でっけえやつらと、ヘビー級のヤツらに挑戦していくつもりや。全部否定的な意見も受け止めて、来年から荒れていきます」


【試合後の小峠】

―試合後に『でっけえヤツとやりたい』と話したが?

<小峠>「僕の思いを最終戦ってことで、ベルトも取り返せたし、勝手ながら伝えさせてもらったまでです。分からないですよ。会社が受け入れるかどうかは。ファンが受け入れるか。でも僕自身は、こういう状況でなんか知らんけど会社のためになる行動がしたい。それだけの思いです。全力っすね。いかなる時も。痛い思いしたっていいよ、捨て駒でもいい。全力でいくよ」

―ヘビー挑戦となると、ベルトの処遇はどうする?

<小峠>「まぁそれも踏まえてじゃないですか? まだ、思いきったことを言っただけなんで。相方もいることですし。一人では決められへんこと」

―これから原田と話し合う?

<小峠>「そうですね。でも腹くくってますよ。覚悟はできてます。覚悟が無かったらこんなこと言ってないですから」

―邪道&外道戦について?

<小峠>「僕らがやってきた短いプロレス人生かもしれないですけど、その中で最強のタッグチームやったなと。獲り返せたことが奇跡に近い。それくらいのチームでした」

―試合後にも認められたが?

<小峠>「認められるような器じゃないと思ってます。でもそういう気持ちになっていただけたのなら嬉しいです」


【試合後の邪道&外道】

<外道>「試合が終わったあとよ、小峠が言ってたよ。『またやりましょう』ってな。おい、おい、邪道&外道はいつでも戻ってくるぞ、コノヤロー」

<邪道>「今のこの世の中、一寸先は闇って言うだろ? 来年のことを言ったら鬼が笑うけど、来年どうなるかわからねえぞ」


[177] fun◇fLongoRY - 2016/12/25(Sun) 19:51 ID:D/C69nXU  [No.106718]
連続投稿失礼します。

>全日ファンさん

今週号の週プロを読んでみましたが、拳王ですね…。

ケンオーハラのタッグ解消とヘビー転向への内容が中心でしたが、インタビュー終盤の方に、
「フリーや他団体の選手の力を借りなくてもいい」なるコメントがあるので載せておきますね。


ーー今後ノアをどういうふうにしていきたいですか?

拳王
NOAHはNOAHなんだよ。ここ数年は鈴木軍もいたから、そういうところを打ち出せなかった。あれだけラフ殺法を使ってくる外敵とやるんだから、
純粋な攻防に集中できなかった。これからはお互いの体と気持ちをダイレクトにぶつけ合ってもっともっと熱くて激しくて身を削るような試合をしていきたい。
内部抗争が中心になっていけば、自然とそういうふうになっていくだろうし。目の前の相手との攻防をどんどん突き詰めていきたい。それが本来のNOAHの姿だろ。
みんなNOAHの本質を忘れているような気がする。別に鈴木軍がいなくたって、人数が少なくなっても、今のメンツならば濃密な戦いが絶対にできると思う。
極論言ったら、フリーや他団体の選手の力を借りなくてもいい。

ーー内田雅之会長は「ウチは興行会社ですから、(一大会に)組む試合数というのが最低限御座います。」と語っていました。

拳王
はっきり言って、オレはNOAHだけでやってもいいと思ってる。NOAHにはNOAHのプロレスがある。その色が少しでも濁ってしまうなら、他の選手たちは必要ない。
昔のオレみたいに他団体でもNOAHのプロレスに骨を埋めようとして来るヤツは別だけど。ほかとの掛け持ちとかでいいから…みたいな感じじゃなくて、NOAH一本でやっていく志がある熱いヤツとならドンドンやっていきたい。

ーーでは、具体的な行動はいつから起こしていきますか?

拳王
それは見ていればわかる。とにかくオレについてこいってことだ。



以上でしたが、「これからはお互いの体と気持ちをダイレクトにぶつけ合ってもっともっと熱くて激しくて身を削るような試合をしていきたい。」
このコメントにこれからのNOAH内での試合へ掛ける思いが伝わってきます。



[178] - 2016/12/26(Mon) 16:10 ID:rmFidLV2  [No.106719]
友寄が右肩の怪我が思わしくなく無念の引退へ・・・
ノアにまたしても離脱者が出てしまうとは1度大々的にお祓いでもしたほうがいいんじゃないかな?


[179] - 2016/12/26(Mon) 21:47 ID:mr9NN64.  [No.106720]
お祓いのような神がかり的なことでは無く、理由があるからの出来事だから、ちゃんと原因を究明して取り除く改革を断行すべし。

平柳、友寄と怪我とは言え良いキャラクターを失い残念。

ただ、2名引退に鈴木軍撤退で人件費が浮いているんだから使えそうなフリー選手を所属にしなくともレギュラー参戦させて選手層強化して欲しい。

内田コネクションで船木誠勝とか鈴木健想とか曙とか田中稔辺り招聘できないだろうか。


[180] fun◆fLongoRY - 2016/12/26(Mon) 22:45 ID:EkhsGo/c  [No.106727]
>#さん

その友寄志郎選手引退のご報告です。(公式HPより)

右肩鎖関節脱臼治療の為、欠場をしていた友寄志郎選手ですが、復帰が困難との判断から引退をさせていただくことになりました。

応援をしてくださった皆様にお詫び申し上げますと共にご理解賜りたく重ねてお願い申し上げます。


日テレG+の「NEXTノア」でかつての平柳や北宮、ケンオーハラらとともにMC候補として
実に良いキャラクターだったのですが、とても残念ですね…。体調の回復をお祈りします。


他団体への参戦試合の結果です。

KAIENTAI DOJO
「K-UP IMPACT in Blue Field 〜2016 WINTER〜」
12月25日(日)千葉・Blue Field

第7試合[シングルマッチ 30分1本勝負]
×滝澤大志
(19分11秒 逆水平チョップ→体固め)
○潮崎豪


>らーさん
>内田コネクションで船木誠勝とか鈴木健想とか曙とか田中稔辺り招聘できないだろうか。

ごもっともですね。ただ田中稔は1月は全日本に、曙はゼロワンに参戦の予定の様です。
船木辺りがもしも参戦してくれると新鮮でいい刺激的な状態になりそうですが、さて内田さんどうでしょうかね〜 f^_^;


[181] ただの全日ファン - 2016/12/28(Wed) 07:02 ID:lzDUJDK6  [No.106728]
KENSOは今IGF上海でコーチやってるからどうかな?




[掲示板へ戻る] [前100] [1-100] [最新50]
処理 記事No パスワード

お名前
E-mail
コメント
URL
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色