[掲示板へ戻る]

ノア2016,6月&7月シリーズスレ

[1] fun◇fLongoRY - 2016/05/31(Tue) 08:57 ID:vUEnZPfM  [No.105861]
Emerald Spirits 2016 in KORAKUEN
6月12日(日)12:00〜後楽園ホール 【G+】

Navig. with Emerald Spirits 2016
6月16日(木)19:00〜新宿FACE
6月19日(日)17:00〜上越市観光物産センター
6月21日(火)18:30〜会津若松・ブライダルルネッサンス中の島2階
6月23日(木)18:30〜大さん橋ホール
6月25日(土)18:00〜高岡エクール
6月26日(日)14:00〜金沢流通会館
6月28日(火)18:30〜栃木県総合文化センター・サブホール
7月01日(金)18:30〜ロワジールホテル豊橋 ホリデイホール
7月03日(日)17:00〜月岡ニューホテル冠月(新発田市)
7月04日(月)19:00〜夢メッセみやぎ(西館ホール)
7月05日(火)18:30〜後楽園ホール

日テレG+ presents「第10回日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦」

7月16日 (土)18:30〜東京 後楽園ホール
7月23日 (土)18:30〜東京 後楽園ホール
7月24日 (日)17:00〜埼玉 春日部ふれあいキューブ
7月25日 (月)19:00〜東京 新宿FACE
7月30日 (土)18:30〜東京 後楽園ホール

SUPER J-CUP 2016 一回戦
7月20日(水)18:30〜後楽園ホール

SUPER J-CUP 2016 決勝トーナメント
8月21日(日)15:00〜有明コロシアム

他団体興行

LUCHA LIBRE VICTORIA WORLD CUP 2016
6月03日(金)メキシコ、プエブラシティ
6月05日(日)メキシコ、メキシコシティ

Fortune Dream 3
6月14日(火)18:30〜後楽園ホール

We are SUZUKI GUN 3
6月18日(土)18:30〜後楽園ホール


[41] fun◇fLongoRY - 2016/06/27(Mon) 08:07 ID:TOwP2oLo  [No.105945]
連続投稿失礼します。

「Navig. with Emerald Spirits 2016」
6月26日(日) 金沢流通会館

第3試合
原田大輔&小峠篤司&石森太二 vs 小川良成&平柳玄藩&キャプテン・ノア

試合後の石森のコメントです。

――J-CUP出場者決定戦で当たる小川に敗れたが?

<石森>「…あっという間にやられちゃったね…。でも、本番前に感触がつかめたから。今日は負けたけど、気持ちを切り替えて決勝は勝ちたいと思います」

――改めて小川の力量のほどを知った?

<石森>「そうですね。いつどこで本領を発揮してくるか分からないところがあるんで、次は油断せずに結果につなげたい」

――J-CUP出場者決定戦の後はROHのACHと組んでのジュニアタッグリーグ戦出場も控えているが?

<石森>「そこへ向けても良い流れを作らないと。小川さんにはシングルで一回も勝ったこと無いし。ボク的には“壁"でもあるんで。うまく突破したいと思います」



[42] fun◇fLongoRY - 2016/06/28(Tue) 10:16 ID:FXvyw9M6  [No.105949]
丸藤正道、中嶋勝彦の新日本プロレスG1 CLIMAX26への参戦が決定しました。

G1CLIMAX26 丸藤正道&中嶋勝彦の主要カードです。
(G1CLIMAX26は、一大会置きに、AブロックとBブロックが交互に公式リーグ戦を闘う、大会スケジュールとなる)

◆7.18札幌 Aブロック公式戦
オカダ・カズチカ vs 丸藤正道

◆7.24後楽園 Bブロック公式戦
柴田勝頼 vs 中嶋勝彦

◆7.28所沢 Aブロック公式戦
石井智宏 vs 丸藤正道

◆7.31岐阜 Aブロック公式戦
真壁刀義 vs 丸藤正道

◆8.1高松 Bブロック公式戦
YOSHI-HASHI vs 中嶋勝彦

◆8.4福岡 Bブロック公式戦
中嶋勝彦 vs 内藤哲也

◆8.6大阪 Aブロック公式戦
棚橋弘至 vs 丸藤正道

◆8.12両国 Aブロック公式戦
後藤洋央紀 vs 丸藤正道

◆8.14両国 G1CLIMAX26優勝決定戦
Aブロック1位vsBブロック1位


[43] fun◇fLongoRY - 2016/06/28(Tue) 10:17 ID:FXvyw9M6  [No.105950]
連続投稿失礼します。

丸藤正道、中嶋勝彦が新日本プロレスにて開催される「G1 CLIMAX26」への参戦に伴い、
同期間中のノアの主催大会欠場欠場が決定している下記の4大会について、チケット振替、又は払い戻しの対応をするそうです。

◆該当大会
7月23日(土)18:30 東京 後楽園ホール
7月24日(日)17:00 埼玉 春日部ふれあいキューブ
7月25日(月)19:00 東京 新宿FACE
7月30日(土)18:30 東京 後楽園ホール

◆受付期間
2016年6月28日(火)〜2016年7月8日(金)

詳しくは
ttp://www.noah.co.jp/news_detail.php?news_id=8683


[44] fun◆fLongoRY - 2016/06/29(Wed) 07:25 ID:mm2jWhbs  [No.105952]
「Navig. with Emerald Spirits 2016」
6月28日(火)栃木県総合文化センター

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
○アンディ・ダルトン
7分15秒 変型DDT → 片エビ固め
×エクリプス

<第2試合>タッグマッチ
○モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム
10分18秒 キン肉バスター→片エビ固め
齋藤彰俊&清宮海斗×

<第3試合>6人タッグマッチ
○小川良成&キャプテン・ノア&平柳玄藩
11分31秒 バックドロップ→体固め
原田大輔&小峠篤司&友寄志郎×

<第4試合>6人タッグマッチ
○マイバッハ谷口&拳 王&大原はじめ 
15分41秒 マイバッハプレス→片エビ固め
シェルトン・X・ベンジャミン&タイチ&エル・デスペラード×

<第5試合>6人タッグマッチ
○中嶋勝彦&石森太二&マサ北宮
12分12秒 バーティカル・スパイク→体固め
ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.&TAKAみちのく×

<第6試合>GHCヘビー級&GHCタッグ選手権試合前哨戦 8人タッグマッチ
○潮崎 豪&丸藤正道&矢野 通&熊野 準
17分42秒 豪腕ラリアット→片エビ固め
杉浦 貴&鈴木みのる&飯塚高史&金丸義信× 



[45] fun◆fLongoRY - 2016/06/29(Wed) 07:26 ID:mm2jWhbs  [No.105953]
「Navig. with Emerald Spirits 2016」
6月28日(火)栃木県総合文化センター

第5試合 6人タッグマッチ
中嶋勝彦&マサ北宮&石森太二 vs ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.&TAKAみちのく

試合後の中嶋勝彦のコメントです。

――G1初出場が決まったが?

<中嶋>「やっと俺が選ばれたか!と。この日を誰よりも俺が待ってた。今の新日本という会社、選手、そして新日本ファンのみんなは“中嶋勝彦"という刺激が欲しかったんだろ。存分にG1という、でっけえテメーらんとこの舞台で中嶋勝彦という刺激を、存分に味わわせてやる。…なぜなら! 俺は止まらねえ!!」

――G1という大会自体への印象は?

<中嶋>「やっぱり新日本のヘビーの大きな祭典。ノアで言ったらグローバル・リーグ戦。やっぱり中途半端なヤツだったら、そういうリングには上がれないと思うんで。そこに選ばれたっていうのは、純粋にレスラーとしては光栄ですけど、俺は新日本プロレスのレスラーじゃないし、俺はプロレスリング・ノアの人間として丸藤さんと一緒に乗り込むつもり。立場は分かってる」

――内藤や柴田と同じBブロックに入ったが?

<中嶋>「新日本プロレスのマットに上がるのは新人の頃以来なんで。もうあれから10年以上経ってますから。その頃の記憶っていうのはぶっちゃけ無いっていうか。まぁあったとしても、“今"に使える材料では無いと思うんで。僕の中では“未知の世界"」

――誰か特定の人間が気になるということはない?

<中嶋>「みんな魅力的ですよね。シングルではほとんどやったことがない。柴田選手とは過去にやってますけど、それも遠い過去ですからね。向こうも変わってると思うし。その中でやれるっていうのはレスラーとして本望ですけど、どうせ上がるなら、ちゃんとでっかいお土産をノアに持って帰らないと」

――土産といえば優勝、しかも丸藤とのノア対決で決勝の末に?

<中嶋>「もちろん。それが最高のお土産。ノアの大会の穴を開けて出るからには、そこを目指さないと。自分のところに穴を開けてまで出るってことは、ただの“他団体参戦"じゃないってことですよね。それなりの“証"を持って帰らないと。それは新日本のファンじゃなくて、今僕を応援してくれてるノアのファンの皆さんに伝えたい。そして何よりも個人的に今、俺は飢えてるんで。飢えたヤツはアブねえぞ。中嶋勝彦っていう刺激を存分に味わってくれ、って感じですね」



[46] fun◆fLongoRY - 2016/06/29(Wed) 07:28 ID:mm2jWhbs  [No.105954]
連続投稿失礼します。

「Navig. with Emerald Spirits 2016」
6月28日(火)栃木県総合文化センター

第6試合 GHCヘビー級&GHCタッグ選手権試合前哨戦 8人タッグマッチ
潮崎 豪&丸藤正道&矢野 通&熊野 準 vs 杉浦 貴&鈴木みのる&飯塚高史&金丸義信

試合後の潮崎豪のコメントです。

――前哨戦3連勝となったが?

<潮崎>「まだ先は長いんでね。どこで、いつ覆されるか分からない。常にこの勢いを継続することだけを考えていきたい」

――タッグ王者の丸藤&矢野組とともに戦ってみて?

<潮崎>「丸藤選手、矢野選手。そして熊野。それぞれの闘いがある。でも丸藤さん、矢野選手は鈴木軍にベルトを奪われてる…というか盗まれてる。こういう言い方はおかしいけど、必ず“獲り戻して"くれると俺は信じてるし。それと昨日、丸藤さんと中嶋選手がG1に出ることが発表されましたけど、彼らがいない間のノアは必ず俺がGHC王者として守る。彼らが熱く輝く戦いをしている間、俺がこのGHC…いや、ノアを守る闘いをしていきます。だからこそ、丸藤さんたちには“プロレスリング・ノア"っていうものを、しっかり見せてきて欲しいです」

――留守は任せろと?

<潮崎>「うん。しっかりと俺が守る。俺も守るし、ノアの人間全員でノアを守っていく。俺は出ないけど、プロレスリング・ノアの丸藤正道、中嶋勝彦として、しっかりと(栄冠を)つかんで来て欲しいですね」


[47] fun◆fLongoRY - 2016/06/30(Thu) 09:13 ID:6cR64UVs  [No.105957]
7月5日(火)後楽園ホール大会GHCタッグ選手権「丸藤、矢野vs鈴木、飯塚」を前にGHCタッグチャンピオン丸藤&矢野のインタビューです。


―― 7月5日の挑戦者・鈴木みのる&飯塚高史は、率直にどんなタッグチームだと思いますか?

矢野通(以下矢野):一言で言えば古くさいですよね。ベルト強奪とか、飯塚高史っていうヒール像とか、全部古くさいですよね(笑)。

丸藤正道(以下丸藤):ベルト強奪とかダメですよね。

矢野:そういうことやっちゃ絶対ダメですよ。今どきじゃない。古くさいレスラーですよ(笑)。あっちは古くさいものを見せようとしている人間。我々は、交わることで新しいものを見せようとしている。試合ではその差が出るんじゃないですか。

―― 時代に合っている矢野&丸藤が当然勝つと。

矢野:もちろん。アナログとデジタルの戦いみたいなもんですよ。

丸藤:相当、差がありますね。電卓とそろばんみたいなものですよ。

矢野:電卓もなかなか古いかも(笑)。スーパーコンピューターとそろばんみたいな。

―― こうやってお話を聞いていても、2人はうまくかみ合いますね。

丸藤:俺、本当はキャラは似てるんだと思う。スタイルが違うだけで。

矢野:いい意味でも悪い意味でも適当っていう(笑)。でも、このプロレスにおいては、真面目すぎたら疲れちゃいますよ、2年くらいで。

丸藤:2年って結構長いな(笑)。でもね「いい加減」っていうのは「いい(良い)加減」なんですよ。どうですか、今の?

矢野:ちょっとうまいですね。

丸藤:試合に関して、事前に一切話し合いはしていないんです。

矢野:このインタビューもそうですから(笑)。

―― それでも、あのK.E.S.を下してタッグ王者に君臨し、きちっと結果を出しています。

丸藤:そうですね。結果がすべてですし。俺も今までの何回かベルトを獲ってきているけど、実に自然体でいられる。プロレスのタッグって、意外と恋愛と似ている部分があって。

矢野:(笑)そうだと思いますよ。

丸藤:やっぱり自然でいられるのが一番だと思います。

―― 出たとこ勝負で試合に臨むと「こんな引き出しを持っていたんだ」と驚かされることもありますか?

矢野:お互い持っているもので「あ、これとこれが組み合わさるんだ」っていうのはあります。これは僕の勝手な感じなんですけど、面倒くさいんですよ、いろいろ考えるのが。結構プロレスやってきて、昔はいろいろ考えたけど、面倒くさくなっちゃった(笑)。結果、自分が持っているもの、丸藤選手が持っているものを、試合で出たとこ勝負で出したら、パズルがはまるってことだと思いますよ。

丸藤:「はまんねぇな」って思って、ちょっと角度変えたらはまることもあるし。

―― 勝った時は、パズルが完成する感じですね。

矢野:そうですね。

丸藤:チーム名「パズル」でいきますか?(笑) かっこよくないですか? これでグッズ出したら売れますよ。パズルで矢野さんバージョンと俺バージョンを作って、うまくくっつくようにするとか。
矢野:売れますね。でも、片方のパズルがちょっと売れ残ったとか言われるのイヤだな(笑)

―― となると、7月5日はどんなパズルになるのでしょう? 相手によっても、パズルの形は変わりますよね。
矢野:まず自分たちがどんなピースを持ってくるかですよね。互いにいろんな引き出し=ピースは持っている。でも、相手はね、古くさくて大体型が決まっているから(苦笑)。

―― それでも、飯塚選手の動きは予測不能では?

矢野:不能なのか、低能なのか、ですよね。普通に考えたら低能でしょ。考える力がないから、ああなっちゃって。ペースが乱されないかって聞かれるんですけど、元々僕が飼い主なんで、そこは分かります。「お座りっ!」って言ったら、反応して急に座っちゃうかもしれない(笑)。あの頃を思い出して、パブロフの犬みたいね。

―― 丸藤選手も以前は鈴木選手と組んでいたり、互いに手の内が分かっている部分もあるのでは?

矢野:それは感じてはいますよ。でも、自分も相手も変わっているはず。多分、向こうは「あいつらはこうだろう」って考えてくると思う。でも、こっちは何も考えてないから(笑)。考えないことが一番なんですよ。

丸藤:まさにその通りですね(笑)。

―― 7月5日はどんな展開になるのか、想像がつかないからこそ、面白いのかもしれません。

矢野:1つ言えるのは、これで鈴木軍が負けたら、タッグという意味では崖っぷちですよね。大分追い詰められますよ。

丸藤:俺たちはあれだけKESに勝ってきたし、鈴木、飯塚っていうのは、ある意味、鈴木軍の核だから、そこを倒すことができれば、俺たちも次のステップにいけるんじゃないかと思います。

―― GHCヘビー級タッグ王座は権威のある王座ですが、こうありたいという姿はありますか?

丸藤:そうやって固い考え方を持っていると、疲れてくたびれたチームになってしまう(笑)。俺たちの試合だったり、結果だったりを見たお客さんが、「ああ、こういうタッグチームなんだ」って感じてもらえればいいんじゃないですか。「俺たちはこういうチームなんだ」って言って、それが全然拍子抜けなことになっていたら、すげぇ格好悪い(笑)。プロレスのいいところは、試合でリング上ですべてを見せられるところですから。

矢野:もちろん、ベルトに権威があるのは分かっているけど、それすらも化学反応を起こすための1つの媒体でしかないんですよ。

丸藤:有言実行に自信がないわけじゃない。全てが謎かけになるようなチームの方が面白いんじゃないかと。

矢野:みんな答えを言いたがりますけどね、答えを言われてから見て面白いものなんてないですよ。

丸藤:学校のテストも答えを見たら怒られるでしょ? 答えから入っちゃダメですよ。

矢野:映画見に行っても、結末が分かったら怒るじゃないですか。

丸藤:ネタバレ厳禁!

―― この抜群なコンビで、これからいろいろな種類のパズルができそうです。

矢野:我々自身もそれが楽しみなんですよ。自分たちが思っている価値観と、他人が思っている価値観は違う。だから、どこまでタッグとしていけるのか楽しみですね。
丸藤:どこまで可能性が広がるかは自分たちでも分からない。

矢野:急にいやになっちゃうかもしれないね(爆笑)。

丸藤:なんか、合わねえなって(爆笑)。


[48] fun◆fLongoRY - 2016/06/30(Thu) 09:13 ID:6cR64UVs  [No.105958]
連続投稿失礼します。

日米ハイフライヤーコンビ、ACHとのタッグで日テレG+杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦に出場、石森太二のコメントです


―― 日テレG+杯にROHのACH選手とのコンビで出場が決まりましたが接点はありますか?

石森太二(以下、石森) : 去年のルチャワールドカップで彼はアメリカ代表で出場していまして、その時試合を見たんですが、すごく飛ぶ選手だなと思いましたね。フィニッシュが一緒だし似てる部分があると思うので、お互い刺激し合っていけたらと思います。あとこのタッグだったら「優勝しかない」というのが僕に課せられたことだと思います。

―― 今回の日テレG+杯は記念すべき第10回大会となります。ほかの出場チームで気になるチームはありますか?

石森 : 特に“これっ”ていうタッグチームは無いですね。

―― 桃の青春(原田&小峠)とケンオーハラ(拳王&大原)はブランド対決にしたいということで、今年3度のタイトルマッチをやっていますが、両チームに関しては意識していますか?

石森 : そこに俺らが台風の目として現れればそれは面白いと思いますよ。始まってみてのお楽しみということで。

―― ファンの皆さんに、どういうところを見てもらいたいですか?

石森 : 日本のフライングスターとアメリカのミッドナイト・スター、この2人のスターが組んだ華やかなタッグチームを是非会場で見てください!


[49] fun◆fLongoRY - 2016/07/01(Fri) 08:02 ID:BLDCgdXM  [No.105959]
7月3日(日)月岡ニューホテル冠月大会にてSUPER J-CUP 2016出場者決定トーナメント、
アンディ・ダルトン戦に向けて大原はじめのインタビューです。


―― 7月3日(日)月岡大会でSUPER J-CUP出場を掛けた戦いが始まります。

大原はじめ(以下、大原) :  SUPER J-CUPという舞台は毎年のように行われていなかったので、非常に価値のある大会で個人的にレスラーとして出るメリットは計り知れないなと思います。

―― 一回戦で留学生のアンディ・ダルトン選手と対戦します。印象をお聞かせ下さい。

大原 : 汚い“dirty”キャラというのを押し出していたんですけど、その汚いが卑怯な事だったりとかズルいというより単純に汚らしい事をするというレスラーという事が最近分かって衝撃を受けました。僕の印象だと漫画ドラゴンボールの天下一武道会に出て来た名前忘れちゃったけど、臭くて汚いキャラがいてそれを思い出してちょっと珍しいタイプのレスラーだと思いました。そんなレスラーと一回戦当たるんですけど、それは会社的に未知数なレスラーには大原当てとけ!みたいなところがあるのかな?という自己分析をしてます。海外でデビューして、海外でキャリアを積んである程度完成して帰国した日本製ルチャドールである自分は、海外での経験が豊富だからこそ外国人と対戦するのだと思ってます。これは滑れないなと。

―― キャリアは10年位ある選手のようですが?

大原 : あれだけ汚いというのを一回見ただけで人に分からせる事の出来るレスラーというのは、非常に経験値が豊富なんだろうなと思いましたし、所々で巧さも数試合見てきて分かってるので楽しみです。

―― 原田選手に勝てばノア代表としてSUPER J-CUPに出場する事になります。

大原 : 僕が思ってるのは、SUPER J-CUPに出る為のトーナメントという意味合いは勿論あるんですけど、SUPER J-CUPに出る事が目的では無いんですよ。大事な事ってやっぱりノアの戦いが一番だという事をお客さん達に見せなきゃいけないと思うので、仮に僕が原田選手とシングルで試合をする事になったら、その試合がSUPER J-CUP本戦も含めて最近で一番面白かったシングルだったよね?ってお客さんに思ってもらえるような戦いをしなければ意味が無いし、ノアの為にならないと思うからSUPER J-CUP云々よりもノアの未来の為にこの試合は非常に大事な試合だと思ってます。

―― そうはおっしゃっても過去には師匠ウルティモ・ドラゴン選手も出場した事のある世界的にも大きな大会です。

大原 : 確かにノアとか関係なく、超個人的な1レスラーとしての感情で言えば、それは出た方がメリットは大きいに決まってるし、単純に出てみたい興味はあるので出るに越した事は無いです。プロレスリング・ノアの大原はじめとして客観的に自分を見た時に自分がやるべき使命というのは、ノアの未来を考えたら、原田大輔との試合で素晴らしい試合をやる事が一番。しょうもない試合をしてSUPER J-CUPに出た所で意味がないかな?と思ってます。

―― 最後にメッセージをお願いします。

大原  : アンディ・ダルトンとの試合が1戦目でありますけど、日本では中々見れないようなまるで「ここはは海外なのか?」と思うようなインターナショナルな試合をしたい気持ちでいます。そして勝ち星を取りこぼさないでしっかり勝って、間違いなく原田選手が上がってくるでしょうから、原田大輔戦に向けて、しっかり頑張ってムイビエンな試合を後楽園ホールで見せたいと思います。
というわけで今日もムイビエン!


[50] fun◆fLongoRY - 2016/07/02(Sat) 14:03 ID:Cx1i6yLA  [No.105965]
「Navig. with Emerald Spirits 2016」
7月1日(金)ロワジールホテル豊橋 ホリデイホール

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ
△友寄志郎
15分00秒 時間切れ引き分け
△清宮海斗

<第2試合>タッグマッチ
○モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム
10分58秒 キン肉バスター→片エビ固め
齋藤彰俊&エクリプス×

<第3試合>6人タッグマッチ
○小川良成&キャプテン・ノア&平柳玄藩
11分44秒 バックドロップ→体固め
拳 王&大原はじめ&アンディ・ダルトン×

<第4試合>8人タッグマッチ
○シェルトン・X・ベンジャミン&ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.&TAKAみちのく
11分47秒 ぺイダート→エビ固め
中嶋勝彦&マイバッハ谷口&マサ北宮&熊野 準×

<第5試合>GHCタッグ選手権試合前哨戦
○鈴木みのる&飯塚高史&金丸義信
12分44秒 ゴッチ式パイルドライバー→体固め
丸藤正道&矢野 通&石森太二×

<第6試合>GHCヘビー級選手権試合前哨戦 6人タッグマッチ
○潮崎 豪&原田大輔&小峠篤司
16分13秒 豪腕ラリアット→体固め
杉浦 貴&タイチ&エル・デスペラード×




[51] fun◆fLongoRY - 2016/07/02(Sat) 14:04 ID:Cx1i6yLA  [No.105966]
「Navig. with Emerald Spirits 2016」
7月1日(金)ロワジールホテル豊橋 ホリデイホール

第6試合 GHCヘビー級選手権試合前哨戦 6人タッグマッチ
潮崎 豪&原田大輔&小峠篤司 vs 杉浦 貴&タイチ&エル・デスペラード

【試合後の潮崎&原田&小峠】

<小峠>「チャンピオントリオで勝てた。最高の気分ですね。潮崎さんにとって僕は絡みづらいかもしれないですけど(笑)…とりあえず俺は“ポジティブファイター"として“陽"の部分を全力で出していきたいと思います!」

<潮崎>「そうっすね…(笑) やっぱり“陽"の部分が絶対的に必要だと思うんで、(※原田のほうだけを見ながら)こういう明るい人間と一緒に勝利をつかめて良かったです」

<小峠>「!!(※俺も、俺もというジェスチャー)」

<原田>「…このテンションが一番やりづらいっす(笑) でも、今日はチャンピオントリオとして、いまいち爆発させられなかったんで、もっと爆発するような試合を次組む時にはしたいと思います。それが今後に向けての課題になりましたね」

――次の月岡ではいよいよJ-CUP出場者決定トーナメント一回戦を迎えるが?

<小峠>「俺は一回戦の中では一番勝負に出ないといけないカード。拳王戦なんで。チャンピオンとして魅せないといけない試合。そこまで望まれると思うんで。ただ、これはノアの中での予選。それを念頭に置いて臨みたいと思います」

<原田>「僕の一回戦は友寄が相手。もちろん躓くわけにはいかないですし、出るからには本戦の優勝を狙ってるんで。ここは順当に勝ち上がって、次の後楽園でも勝って本戦につなげます」

――桃の青春そろって出場したい?

<原田>「もちろん、それもありますけど、これはシングルなんで。お互いライバルでもありますし。本戦で当たることがあれば、遠慮なくいく。ただ僕が目指してるのはノアの優勝。“ノアの原田大輔"によるJ-CUP優勝。それを狙ってます」

――GHC戦が行われる7・30後楽園はジュニアタッグリーグの決勝戦も行われるだけに、あらゆる競い合いになりそうだが?

<潮崎>「もちろん。そうやってお互いに意識し合って良い試合が生まれてくると思うし、ノアのジュニアがまた“最強"と言われるぐらいに復活して欲しい。それぐらいのメンバーが揃ってると思うんで。そこに負けないようにヘビーでも力を見せたい。互いに実りある夏にしたい? そうですね。この夏は勝負だと思ってるんで。しっかり(収穫を)つかみに行きたいですね」


[52] fun◆fLongoRY - 2016/07/02(Sat) 14:04 ID:Cx1i6yLA  [No.105967]
連続投稿失礼します。

昨年5月に肩を負傷し長期欠場していた、元ノアのKENTAあらためヒデオ・イタミ(36)が6月30日(日本時間1日)、米フロリダ州ウインターヘブンで開催のNXT大会で復帰したそうです。

イタミはメインの6人タッグで、元ノアのマイキー・ニコルズ、シェイン・ヘイストと組み勝利したとの事。


[53] fun◆fLongoRY - 2016/07/03(Sun) 23:36 ID:l17.fIiY  [No.105971]
「Navig. with Emerald Spirits 2016」
7月3日(日)月岡ニューホテル冠月

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ 20分1本勝負
モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム○
8分07秒 50cm腕ラリアット→体固め
齋藤彰俊&清宮海斗×

<第2試合>SUPER J-CUP2016 出場者決定トーナメント1回戦 時間無制限1本勝負
○原田大輔
8分23秒 ダイビングエルボードロップ→片エビ固め
×友寄志郎
※原田大輔が7月5日後楽園ホール大会のトーナメント決勝戦に進出。

<第3試合>SUPER J-CUP2016 出場者決定トーナメント1回戦 時間無制限1本勝負
○大原はじめ 
8分38秒 ムイビエン
×アンディ・ダルトン
※大原はじめが7月5日後楽園ホール大会のトーナメント決勝戦に進出。

<第4試合>SUPER J-CUP2016 出場者決定トーナメント1回戦 時間無制限1本勝負
○平柳玄藩
13分05秒 回転エビ固めの応酬から→エビ固め 
×キャプテン・ノア
※平柳玄藩が7月5日後楽園ホール大会のトーナメント決勝戦に進出。

<第5試合>SUPER J-CUP2016 出場者決定トーナメント1回戦 時間無制限1本勝負
×小峠篤司
12分24秒 蹴暴→片エビ固め
○拳 王
※拳王が7月5日後楽園ホール大会のトーナメント決勝戦に進出。

<第6試合>6人タッグマッチ 30分1本勝負
○石森太二&小川良成&熊野 準
9分47秒 450°スプラッシュ→片エビ固め
金丸義信&タイチ&エル・デスペラード×

<第7試合>GHCタッグ選手権試合前哨戦 45分1本勝負
○鈴木みのる&シェルトン・X・ベンジャミン&飯塚高史
13分32秒 ゴッチ式パイルドライバー→片エビ固め
丸藤正道&矢野 通&マサ北宮×

<第8試合>GHCヘビー級選手権試合前哨戦 6人タッグマッチ 60分1本勝負
○杉浦 貴&ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.
18分37秒 オリンピック予選スラム→片エビ固め
潮崎 豪&中嶋勝彦&マイバッハ谷口× 


「SUPER J-CUP 2016出場者決定トーナメント」ですが、この日の結果に伴い
7月5日(火)後楽園ホールにて行われる決勝戦は「小川良成vs石森太二」「拳王vs平柳玄藩」「原田大輔vs大原はじめ」にて行われます。



[54] fun◆fLongoRY - 2016/07/05(Tue) 13:57 ID:IdK.Png6  [No.105979]
Navig. with Emerald Spirits 2016
7月4日(月)夢メッセみやぎ

試合結果です。

<第1試合>シングルマッチ 15分1本勝負
○清宮海斗
6分51秒 横入り式回転エビ固め
×エクリプス

<第2試合>タッグマッチ 30分1本勝負
モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム○
9分15秒 50cm腕ラリアット→片エビ固め
齋藤彰俊&菊地 毅(フリー)×

<第3試合>6人タッグマッチ 30分1本勝負
○小川良成&平柳玄藩&キャプテン・ノア
12分05秒 バックドロップ→体固め
拳 王&大原はじめ&友寄志郎×

<第4試合>6人タッグマッチ 30分1本勝負
○マイバッハ谷口&原田大輔&小峠篤司
13分34秒 マイバッハプレス→片エビ固め
シェルトン・X・ベンジャミン&金丸義信&タイチ×
 
<第5試合>6人タッグマッチ 30分1本勝負
○中嶋勝彦&マサ北宮&熊野 準
12分15秒 バーティカル・スパイク→体固め
ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr. &TAKAみちのく×

<第6試合>GHCヘビー級&GHCタッグ選手権試合前哨戦 8人タッグマッチ 60分1本勝負
潮崎 豪&○丸藤正道&矢野 通&石森太二
16分41秒 不知火→片エビ固め
杉浦 貴&鈴木みのる&飯塚高史&エル・デスペラード×




[55] fun◆fLongoRY - 2016/07/05(Tue) 13:57 ID:IdK.Png6  [No.105980]
7月4日(月)夢メッセみやぎ

第1試合 シングルマッチ
清宮海斗 vs エクリプス

試合後の清宮のコメントです。

――ノアマットでシングル初勝利となったが、率直な気持ちは?

<清宮>「ここまで練習してきて、“初勝利"というのはどこでも自分が言い続けてきたことなので、凄いうれしいです」

――何らかの手ごたえはつかめつつある?

<清宮>「今の自分の得意技は丸め込みなので、いつか先輩の足元をすくってやろうって思っていたので、今日それが出来て本当に良かったです」

――相手はノア直属の先輩ではないが

<清宮>「そうですね。これでおごらず、もっと上の先輩方から勝利を取れるように頑張っていきたいと思います!……けど、この勝利をつかむために、自分の気持ちをかき立てたのは、まぎれも無く鈴木みのるだと思うので。シングル決まってから気合が入ってましたし。だから言いたいのは、いつ鈴木みのるとシングルを組むんだと。早く組んでくれと言いたいです。できるならすぐにでもシングルマッチ組んでいただきたいと思います」


[56] fun◆fLongoRY - 2016/07/05(Tue) 13:58 ID:IdK.Png6  [No.105981]
7月4日(月)夢メッセみやぎ

第6試合 GHCヘビー級&GHCタッグ選手権試合前哨戦 8人タッグマッチ
潮崎 豪&丸藤正道&矢野 通&石森太二 vs 杉浦 貴&鈴木みのる&飯塚高史&エル・デスペラード

【リング上マイク】

※矢野が鈴木の両腕をテーピングで、飯塚の片腕を手錠で鉄柵に固定する“拘束刑"の末、丸藤&矢野組が盗まれていたGHCタッグベルトを7・5後楽園の王座戦前日に“奪回"

<丸藤>「おい、後でそれ解(ほど)いてもらって、明日はちゃんと後楽園ホールに来いよ〜」

【試合後の丸藤&矢野のコメント】

<矢野>「長〜〜い移動距離! 荷物持ちのおふたりさん! お疲れ様でした〜(笑)」

<丸藤>「しかるべき場所に、あるべき場所に戻ってきた。明日、後楽園ホールで防衛したら、もう鈴木軍に用はない」

――用はない? 撤退してもらう?

<矢野>「荷物持つなら居てもらってもいいけど(笑)」

<丸藤>「俺たちが新しい風景を見せるためにも、俺たちが必ず明日、防衛する」

<矢野>「バカだな、あいつら!(笑)」

<丸藤>「明日は鈴木軍が終わる日だ!」


[57] fun◆fLongoRY - 2016/07/05(Tue) 13:58 ID:IdK.Png6  [No.105982]
連続投稿失礼します。

新日本プロレスのG1CLIMAX26 丸藤&中嶋 公式戦全カード&他対戦カードです。
(公式戦以外ではCHAOSとユニットを組んで試合する模様)

◆7.18札幌
◇Aブロック公式戦
オカダ・カズチカ vs 丸藤正道
◇タッグマッチ
ジュース・ロビンソン&小島 聡 vs 中嶋勝彦&矢野 通

◆7.22後楽園
◇Bブロック公式戦
矢野通 vs 中嶋勝彦
◇6人タッグマッチ
丸藤正道&後藤洋央紀&石井智宏 vs 高橋裕二郎&タマ・トンガ&バッドラック・ファレ

◆7.22町田
◇Aブロック公式戦
丸藤正道 vs バッドラック・ファレ
◇タッグマッチ
本間朋晃&柴田勝頼 vs YOSHI-HASHI&中嶋勝彦

◆7.24後楽園
◇Bブロック公式戦
柴田勝頼 vs 中嶋勝彦
◇10人タッグマッチ
タイガーマスク&獣神サンダー・ライガー&中西 学&小島 聡&天山広吉 vs 丸藤正道&外道&後藤洋央紀&石井智宏&オカダ・カズチカ

◆7.25郡山
◇Aブロック公式戦
小島聡 vs 丸藤正道
◇6人タッグマッチ
中嶋勝彦&外道&矢野 通 vs BUSHI&EVIL&内藤哲也

◆7.27長野
◇Bブロック公式戦
中嶋勝彦 vs “キング・オブ・ダークネス”EVIL
◇タッグマッチ
丸藤正道&後藤洋央紀 vs BUSHI&SANADA

◆7.28所沢
◇Aブロック公式戦
石井智宏 vs 丸藤正道
◇8人タッグマッチ
本間朋晃&中西 学&小島 聡&永田裕志 vs 中嶋勝彦&外道&YOSHI-HASHI&矢野 通

◆7.30愛知
◇Bブロック公式戦
永田裕志 vs 中嶋勝彦
◇10人タッグマッチ
タイガーマスク&獣神サンダー・ライガー&天山広吉&真壁刀義&棚橋弘至 vs 丸藤正道&外道&後藤洋央紀&石井智宏&オカダ・カズチカ

◆7.31岐阜
◇Aブロック公式戦
真壁刀義 vs 丸藤正道
◇8人タッグマッチ
獣神サンダー・ライガー&中西 学&小島 聡&柴田勝頼 vs 中嶋勝彦&外道&YOSHI-HASHI&矢野 通

◆8.1高松
◇Bブロック公式戦
YOSHI-HASHI vs 中嶋勝彦
◇タッグマッチ
丸藤正道&後藤洋央紀 vs BUSHI&SANADA

◆8.3鹿児島
◇Aブロック公式戦
丸藤正道 vs SANADA
◇8人タッグマッチ
中西 学&小島 聡&マイケル・エルガン&永田裕志 vs 中嶋勝彦&外道&YOSHI-HASHI&矢野 通

◆8.4福岡
◇Bブロック公式戦
中嶋勝彦 vs 内藤哲也
◇6人タッグマッチ
KUSHIDA&天山広吉&棚橋弘至 vs 丸藤正道&外道&後藤洋央紀

◆8.6大阪
◇Aブロック公式戦
棚橋弘至 vs 丸藤正道
◇8人タッグマッチ
本間朋晃&デビット・フィンレー&柴田勝頼&マイケル・エルガン vs 中嶋勝彦&外道&YOSHI-HASHI&矢野 通

◆8.7浜松
◇Bブロック公式戦
本間朋晃 vs 中嶋勝彦
◇6人タッグマッチ
丸藤正道&外道&オカダ・カズチカ vs 高橋裕二郎&タマ・トンガ&バッドラック・ファレ

◆8.8横浜
◇Aブロック公式戦
丸藤正道 vs タマ・トンガ
◇シングルマッチ
デビット・フィンレー vs 中嶋勝彦

◆8.10山形
◇Bブロック公式戦
中嶋勝彦 vs ケニー・オメガ
◇10人タッグマッチ
タイガーマスク&獣神サンダー・ライガー&KUSHIDA&真壁刀義&棚橋弘至 vs 丸藤正道&外道&後藤洋央紀&石井智宏&オカダ・カズチカ

◆8.12両国
◇Aブロック公式戦
後藤洋央紀 vs 丸藤正道
◇8人タッグマッチ
KUSHIDA&小島 聡&マイケル・エルガン&柴田勝頼 vs 小峠篤司&中嶋勝彦&YOSHI-HASHI&矢野 通

◆8.13両国
◇Bブロック公式戦
マイケル・エルガン vs 中嶋勝彦
◇タッグマッチ
ジュース・ロビンソン&真壁刀義 vs 丸藤正道&石井智宏

◆8.14両国 G1CLIMAX26優勝決定戦
Aブロック1位vsBブロック1位


[58] fun◆fLongoRY - 2016/07/06(Wed) 08:03 ID:8UyB8Kdk  [No.105983]
「Navig. with Emerald Spirits 2016」
7月5日(火)東京・後楽園ホール

試合結果です。

<第1試合> 20分1本勝負
○モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム&友寄志郎
8分05秒 キン肉バスター→片エビ固め
齋藤彰俊&×アンディ・ダルトン&エクリプス

<第2試合> NOAHvs.鈴木軍 30分1本勝負
小峠篤司&熊野準&○清宮海斗&キャプテン・ノア
12分01秒 横入り式回転エビ固め
金丸義信&タイチ&×エル・デスペラード&TAKAみちのく

<第3試合> SUPER J-CUP2016 出場者決定トーナメント決勝戦
○石森太二
10分30秒 450°スプラッシュ→エビ固め
×小川良成
※石森太二がSUPER J-CUP2016出場権獲得

<第4試合> SUPER J-CUP2016 出場者決定トーナメント決勝戦
○拳王
7分59秒 羅喉→体固め
×平柳玄藩
※拳王がSUPER J-CUP2016出場権獲得

<第5試合> SUPER J-CUP2016 出場者決定トーナメント決勝戦
×大原はじめ
13分48秒 片山ジャーマンスープレックスホールド
○原田大輔
※原田大輔がSUPER J-CUP2016出場権獲得

<第6試合> GHCヘビー級選手権試合前哨戦 8人タッグマッチ
潮崎豪&○中嶋勝彦&マイバッハ谷口&マサ北宮
17分27秒 高角度後方回転エビ固め
杉浦貴&ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.&シェルトン・X・ベンジャミン×

<第7試合> GHCタッグ選手権試合 60分1本勝負
[王者組]○丸藤正道&矢野通
20分30秒 虎王→エビ固め
[挑戦者組]鈴木みのる&飯塚高史×
※王者組が2度目の防衛に成功


[59] fun◆fLongoRY - 2016/07/06(Wed) 08:04 ID:8UyB8Kdk  [No.105984]
「Navig. with Emerald Spirits 2016」
7月5日(火)東京・後楽園ホール

SUPER J-CUP2016への出場が決定した、試合後の石森、拳王、原田のコメントです。

【石森の話】

<石森>「出場するのは当たり前だと言ってきたんで、こうやって権利証も取ったんで、俺が出るからには優勝します。そして、石森太二の素晴らしさ、凄さをみなさんにお見せしたいと思います。あと、個人的にだけど、ノアに来て10年くらい経つけど、小川さんとシングルやったの初めてだし、シングルで勝てたのはすごく嬉しかったです」

―他団体から出場する選手で気になる選手は?

<石森>「気になる選手…すごいなって選手は何人かいますけど、誰が出るかまだ把握してないから。ただ、俺が出るからには優勝しかない。優勝しか出るメリットはない」


【拳王の話】

<拳王>「おい、SUPER J-CUPの出場権、手に入れたぞ! このSUPER J-CUP、いろんな団体が出るけど、プロレスリング・ノア以外の団体のクソヤローのファンどももいるんだよ。その中でプロレスリング・ノアのとてつもない魅力をアピールできるのは、この俺、拳王だろ? おい、このSUPER J-CUPでよ、プロレスリング・ノアのとてつもない魅力をよ、拳王がテメェらクソヤローどもに味あわせてやるからな。楽しみにしとけ」


【原田の話】

―SUPER J-CUP出場権を手にしたが?

<原田>「そうですね。実際手にすると気が引き締まるというか。でも、今日の大原とのシングルマッチが過去の中で一番きつかったです」

―ノアの代表枠がすべて決まったが?

<原田>「ノア代表と言ってもSUPER J-CUP2016、優勝するのはプロレスリング・ノアの原田大輔です。それは拳王にも石森太二にも譲らへん。俺が絶対に優勝する」

―大原選手とは『これぞノア』という激しい試合になったが?

<原田>「俺たち二人はすごい飛び技もすごい身体能力もないですけど、誰にも負けない熱い気持ちっていうのは持ってるんで。それがお互いに出てあんな試合になったと思います」

―本戦も同じくらいの激しさで?

<原田>「もちろんです。逆に他の団体の出場選手全員に言います。これが最低限のレベルやって。SUPER J-CUP出るからには、全団体のヘビーを超える試合をやろうやって、俺は言いたいです。以上です」


[60] fun◆fLongoRY - 2016/07/06(Wed) 08:05 ID:8UyB8Kdk  [No.105985]
連続投稿失礼します。

「Navig. with Emerald Spirits 2016」
7月5日(火)東京・後楽園ホール

第7試合 GHCタッグ選手権試合
丸藤正道&矢野 通 vs 鈴木みのる&飯塚高史


【試合後リング上】

<中嶋>「丸藤さん、防衛おめでとうございます。そして、丸藤さん。G1、俺たち決まりましたね。丸藤さん! G1出るからにはこの緑のマットにデカいお土産を持って帰りましょう。その前に! ジ・アグレッションがそのベルト、いただきます。腹くくって待っててください。俺たち、ジ・アグレッションは、止まらねえんだ!」

<北宮>「…以上だ!」

<丸藤>「ちょっと待て。なんでお前らは勝手に決めてるんだよ。だけどな、勝彦。俺と矢野通はいつでもどこでも誰とでもやってやるよ。やってもこのベルトを防衛するのは俺たち。悪いけどG1を優勝するのも俺だから。お前たち2人…ジ・アグレッションか。俺たちの更なる化学反応を楽しめ!」

<丸藤>「よし、G1決勝は俺と矢野通だ! な? その前にやるならいつでもやってやる。そして、わかるだろ? 今日もあれで締めよう」

<矢野>「はい、皆さん。今日も防衛しました。『以上だ』って言うところなんですけど、そうは言いません。今、思いつきました。G1決勝で会うのは…ヤノ・マル・フジ!」


【試合後の丸藤&矢野】

<矢野>「よし! 今日、とりあえず防衛した!」

<丸藤>「よっしゃー!」

<矢野>「次はいつですか? いつでもって…」

<丸藤>「知らないです!」

<矢野>「いやいや、ちょっと…。G1前にやっつけちゃいましょう!」

<丸藤>「そうですね」

<矢野>「さっき言っちゃったし。決勝で会うために、G1前にやっつけて」

<丸藤>「気持ちいい形でG1に参戦したい…でも! やっぱりしっかり防衛しないと何の意味もないんで。俺は今日からG1という言葉はその日まで発しません」

<矢野>「じゃあ、次の防衛戦! G1前! いつですか?」

<丸藤>「社長に聞きます!」

<矢野>「お願いします!」


[61] fun◆fLongoRY - 2016/07/06(Wed) 23:55 ID:8UyB8Kdk  [No.105986]
GHCタッグ選手権「(選手権者)丸藤正道&矢野通vs中嶋勝彦&マサ北宮(挑戦者)」
7月16日(土)後楽園ホールでの開催が決定。

また、日テレG+ presents「第10回日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦」
の公式戦日程も発表されました。

>> ttp://www.noah.co.jp/news_detail.php?news_id=8725


日テレG+ presents「第10回日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦」
7月16日(土) 東京・後楽園ホール(開幕戦)

対戦カードです。

GHCタッグ選手権試合 60分1本勝負
(第34代選手権者)丸藤正道&矢野 通
vs
(挑戦者)中嶋勝彦&マサ北宮
※第34代選手権者の3度目の防衛戦。

GHCヘビー級選手権試合前哨戦
潮崎 豪&マイバッハ谷口&クワイエット・ストーム 

杉浦 貴&飯塚高史&タイチ

スペシャルチャレンジマッチ
清宮海斗
vs
鈴木みのる

日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦公式戦 30分1本勝負
原田大輔&小峠篤司
vs
拳 王&大原はじめ 

日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦公式戦 30分1本勝負
石森太二&ACH
vs
熊野 準&アンディ・ダルトン

日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦公式戦 30分1本勝負
平柳玄藩&キャプテン・ノア
vs 
金丸義信&エル・デスペラード

タッグマッチ
モハメド ヨネ&友寄志郎
vs
齋藤彰俊&小川良成


7月30日(土)東京・後楽園ホール(最終戦)
【主要対戦カード】

GHCヘビー級選手権試合
(第26代選手権者)潮ア 豪
vs
(挑戦者)杉浦 貴

日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦 優勝決定戦
リーグ戦1位チーム vs リーグ戦2位チーム

日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦 公式戦
原田大輔&小峠篤司 vs 金丸義信&エル・デスペラード

日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦 公式戦
拳王&大原はじめ vs 石森太二&ACH

日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦 公式戦
平柳玄藩&キャプテン・ノア vs 熊野 準&アンディ・ダルトン

他の日程の主要対戦カードはこちら
>> ttp://www.noah.co.jp/news_detail.php?news_id=8723
 


[62] fun◆fLongoRY - 2016/07/13(Wed) 08:02 ID:Xmtl.k3U  [No.105997]
ノアで初めてのツアーを終えてのアンディ・ダルトン&エクリプス インタビューです。


―― 6月12日からの1ツアーが終わりましたが感想は?

アンディ・ダルトン(以下、アンディ) : グレートな気分です。いろいろ経験できて、いろいろ学ぶことがあって、素晴らしい経験をさせてもらってますし、試合も楽しんでやってます。

エクリプス : 約1ヶ月過ぎましたけど、今までの1ヶ月の中で一番試合数が多いという中で、いわゆる日本のスタイルというものも含めて慣れてきたかな?っていう感じで、結論から言えばグレートな気分です。

―― 対戦して印象に残った選手、試合を見て印象に残った選手などいますか?

アンディ : まずやっぱり丸藤選手の存在感そのものが素晴らしいなと改めて感じています。実際に試合したり組んでみて思ったのは拳王選手、大原選手がジュニア選手として素晴らしいということが分かった。見ていて楽しいと思ったのは小峠選手の試合ですね。あとは潮崎選手と中嶋選手というのは全世界から見ても一番タフな選手の内の二人じゃないかと思います。

エクリプス : 自分も丸藤選手の試合を見てて、素晴らしいなと思うし、リングの中でもそうだしリングの外でもファンの人たちとの結びつきみたいなものも見て、凄いなと。自分もキャリアを積み重ねていく中で、そんな存在感だったり、ファンとの繋がりというものを作っていけたらいいなと思っています。気になるのがゲンバさん。いわゆる普段のゲンバさんの姿と、リングに上がってゲンバになった姿のギャップに、プロとしてのオン、オフというか、そこが凄いなと。

―― ツアー中に学んだことはありますか?

アンディ : ノアの激しい試合をツアー中に間近で見てきて、今までも自分のスタイルというのは強く攻撃的になるというのは元々持っているスタイルなんだけれども、さらにそれに輪をかけて今まで以上に練習もするし、今まで以上に試合に臨む姿勢もそうだし、試合そのものにも強さが増したと思います。

エクリプス : 今までやってたニュージーランドでのスタイルとは全く別のスタイルなので、もっと強く激しさが日本にはあるわけで、それに徐々に慣れてきて試合をする上での心理的なものというものもニュージーランドでやってたものとは別のものだから、それをだんだん身に着けてこられてるかなと。

―― ファンの印象や会話したことがあるかどうかとか

アンディ : やっぱり自分が試合する上でファンの人たちの反応というのは凄く気になるところです。アメリカのファンというのは何か声を出したりしていて、最初日本で試合をした時ちょっとビックリしたのはお客さんが凄い静かだった。たまに声出すとすれば肩上げたりとか、ロープブレイクしたりとかそういう時に声をあげるくらいで、あんまり反応がない。声を出さないという所にびっくりしたんだけども、時間が経ってわかったのはお客さんたちが、きちんと試合を見てるんだということ。そういうお客さんたちの前で試合をやることにとってもやりがいを感じているよ。

―― ツアー中楽しかったこと、苦労した事を教えてください

アンディ : 子供がいるんだけど、唯一の苦労している点というのは5歳の娘と1歳の息子と離れて暮らしているのがツラいところ。それ以外に関してはバスで旅をするとか、試合もすごく楽しいし、いわゆる巡業というのもすべて楽しんでるいて、いい経験を積まさせてもらってると思う。

―― 食事とかホテルとかは?

アンディ : ヨシギュウが大好き。結構好き嫌いが激しいんだけど、牛丼に惚れ込んだよ。ホテルも素晴らしい。

エクリプス : ビックリするくらい1ヶ月というのが早く過ぎちゃったんだけれども、やっぱり家族と離れている、自分のキャリアの為に3ヶ月家族と離れるということがツラい部分ではあるけれども、それ以上にみんなで旅をして地方を周るっていうのもすごく楽しんでるし、今までにない試合をこなして、そしてまた試合っていうとこに体を慣れさせなきゃいけない、考え方も含めてだいぶ慣れてきた。食べ物に関しては日本食大好きで、生の魚(刺身?)もすごく気に入っている。

―― どこでそれ食べたんですか?

エクリプス : イザカヤ。シンジュクかな?WWE、ROHの選手の写真があったよ。

―― 試合は残り少ないですが、残り1か月半はどのように過ごそうと思っていますか?

アンディ : もっともっと練習して、もっともっといろんなものを吸収して学んで、このジュニアのタッグリーグに出るわけですから、そこで熊野さんと何かしらのインパクトを残して、ノアのオフィスにも何か気づいてもらえるようにしていきたいと思います。

エクリプス : 同じようにできる限り練習をして、試合でもどこかしらにチャンスがあるのであれば掴んでいけるようにしていきたいと思います。


[63] fun◆fLongoRY - 2016/07/13(Wed) 08:03 ID:Xmtl.k3U  [No.105998]
連続投稿失礼します。

7.16後楽園ホール大会で鈴木みのるとのチャレンジマッチへ向けて清宮海斗のインタビューです。


―― いよいよ7.16後楽園ホール大会で鈴木みのる選手との一騎打ちに臨みますが心境はいかがですか?

清宮海斗(以下、清宮): 決まった時はビックリして戸惑っていたんですが、気持ちはその試合に向けてやってきているんで、何度も言っていますが準備は万全に整っています。それまで練習など出来ることをやっていきます。

―― 鈴木みのる選手はどういう選手だと思っていますか?

清宮 : 鈴木軍を絡めて反則などもしますが、鈴木みのるはセコンドの介入なしでもベルトを巻くくらい強い選手だと思います。怖くないと言ったら嘘になるというくらい迫力が凄いです。

―― そういう選手との闘いで策など練ったりしていますか?

清宮 : 真っ向からの勝負もありだと思いますが、その中でも自分の中で丸め込みをうまいタイミングで使えば勝敗も変わってくると考えています。

―― 6月18日のロイヤルランブルで勝利し、獲得したものは鈴木みのる選手との一騎打ちの権利でしたが?

清宮 : 最初見たときはお客さんの声も聞こえないくらい動揺していましたけど、それを頭で整理できたときには鈴木みのるとやるしかないと思って突っかかっていってました。

―― デビューして5か月で初勝利し、先日の仙台でノアマット初勝利ということで目覚ましい活躍だと思いますが?

清宮 : そんなことはないですが、出来る練習を精一杯やってきたつもりなので練習量は誰にも負けていないと思います。ツアー中でもいろんなことを考えてやっていますので、それがうまく功を奏して、自分だけじゃなくチャンスをいただけたからこそ、そこにうまく乗っかって行けたかなと思います。

―― その7月4日のエクリプス戦の勝利を導いた変形の横入式回転エビ固めは自分であみだした技ですか?

清宮 : あれは丸藤さんに教えていただいた技です。道場で練習している時にこういう技あるんだよっていうことで使ってみないかというお話をいただいて直接教えていただきました。

―― ツアー中など何度も使っていますが使ってみての感想は?

清宮 : 普通の丸め込みと違って、相手が来た時にトップロープに行くというのは意表をつく行動だと思うので、相手もビックリすると思いますし、そういう技は大切にしていきたいと思います。

―― 習得したという感覚はありますか?

清宮 : それで3カウントが決まるようになったということである程度は自分の技だという感じはありますが、これからも磨きをかけていきたいです。

―― 身体も大きくなってきていますが練習方法の改善などは行いましたか?

清宮 : 今までは基礎のトレーニングだけであまりウエイトは使わなかったんですが、基礎のトレーニングもやりつつウエイトのトレーニングをより重点的にやったおかげで体が大きくなったと思いますね。実感があります。

―― 鈴木選手との試合はチャレンジマッチという名前がついていますがそれについてはいかがですか?

清宮 : 今はチャレンジマッチとつけられるのは当たり前で、それをしていただくこと自体が僕にとっては嬉しいことです。これで認められたらいろんな人とチャレンジマッチができると思うので、なんどもそういう試合をやっていって最終的にタイトルマッチにたどり着ければいいかなと思います。

―― 7.16後楽園ホール大会で清宮選手と鈴木選手の一騎打ちを楽しみに来るファンも多いと思いますが、ファンの皆さんに向けて意気込みをお願いします。

清宮 : 頑張れば絶対チャンスが来ると思っているので、気持ちが折れないように強い気持ちを持って全身全霊をかけます。この試合に対する気持ちが凄く強くて、個人的にも19歳最後の試合ということで人生のターニングポイントになることだと思うので、自分の全ての力をかけて挑みます。応援よろしくお願いします。


[64] fun◆fLongoRY - 2016/07/14(Thu) 00:15 ID:K61CyBWw  [No.106000]
7.16 後楽園ホール大会 GHCタッグ選手権へ向けマサ北宮のインタビューです。

―― いよいよ7.16後楽園ホールでGHCタッグ選手権に臨みますが、心境はいかがでしょうか?

マサ北宮(以下、マサ) : 挑戦表明してから前哨戦なしでチャンピオンシップだから、出たとこ勝負なとこがあるよ。どんな試合でもそういう部分はあるかもしれないけど、今回はそれ以上に出たとこ勝負になると思うから楽しみにしてほしいよ。

―― ノアのタイトルには初挑戦ということで、ノア入団から約2年、デビューから約5年というこのタイミングでの挑戦ということに関してはいかがでしょうか?

マサ : タイトルマッチ自体が初めてなんだよな。こういうのもめぐり合わせだし、あせってもしょうがないから。今、ジ・アグレッションとして勢いが出てきたところで、こういうチャンスを掴んだのがいいタイミングじゃないかなと思うよ。

―― 中嶋選手とのジ・アグレッションでの挑戦ということに関してはいかがですか?

マサ : デビューする前から練習を見てきてもらって、戦ったり組んだりもしたけど、ここまで長く組むようなタッグチームは無かったし、ジ・アグレッションという名前もついたし。キャリアの中で一番長い付き合いの先輩なのでそれはもう盤石の信頼をおけるよ。年齢も近いし主張していることも若い世代が出ていかないと先はないということで、今を生きている中嶋さんのスタンスに共感してるよ。

―― 改名後、さらに体が大きくなっていると思いますが、何か練習方法を変えたりしましたか?

マサ : 特にはしていなくてずっと続けているものが形になって表れてきたのかなと思うよ。そんなに練習方法をコロコロ変えたりしないよ。

―― 試合では監獄固めやサイトースープレックスなどマサ斉藤さんを意識した試合を行っているのでしょうか?

マサ : もちろん。技も見た目もそうなのかもしれないけど、改名するときに言ったことだけど一番継承したいのは「スピリッツ」なので、それが自然と試合に表れてるんだと思うよ。

―― 初のタイトルマッチの相手は丸藤正道&矢野通組で、4.23名古屋でのGTL(グローバル・タッグリーグ戦)で勝利していますが感触、自信のほどはいかがでしょうか?

マサ : あのチームに関しては一回勝ったからっていけるというタイプじゃないと思う。でも僕らは真っすぐ押し切るしかないと思うよ。あの難攻不落のK.E.Sに3連勝しているし、丸藤正道が言うように底知れぬ可能性と化学反応があるチームだと思うよ。でも自信があるから挑戦表明したわけで、奴らの化学反応に俺たちの勢いが勝るよ。

―― それでは7.16後楽園ホール大会へご来場のファンへ向けて意気込みをお願いします。

マサ : 急転直下でタイトルマッチが決まったけど、GHCのタッグタイトルが久しぶりにノアvsノアという構図でやるんで、鈴木軍の汚い戦い方無く熱い試合、そしてジ・アグレッションの熱い勝利が見れるので一人でも多くのファンに来てもらいたい、そして応援よろしく!以上!


[65] fun◆fLongoRY - 2016/07/14(Thu) 00:16 ID:K61CyBWw  [No.106001]
連続投稿失礼します。

7月16日後楽園にてGHCタッグ挑戦、中嶋勝彦のインタビューです。

 
―― いよいよGHCタッグ選手権が今週末に迫ってきました。ここまで、マサ北宮選手とのタッグでKESや丸藤&矢野組などそうそうたるチームから勝ち星を得ていますが、マサ選手はやはり頼もしいパートナーですか?

中嶋勝彦(以下、中嶋) : 頼りになります!今のマサの成長ぶりはノア内で1って言ってもいいんじゃないでしょうか?それが6月のツアーや鈴木軍興行で結果として現れたんだと思います。

―― 先日(7/5)の後楽園でも追い込まれる場面が多々見られました。ジ・アグレッションは薄氷の勝利ともいえる試合が多いような印象がありますが、7.16後楽園に向けて自信は?

中嶋 : そうでしたっけ?追い込まれましたっけ?覚えてないなー。前向きにいきたいですね。

―― GHCタッグ選手権では丸藤選手、矢野選手のどちらからとりたいとか、マサさんではなく自分がとりたいとか希望はありますか?

中嶋 : もちろん理想を言えば「丸藤さんからとりたい」って言えば、それが一番なんでしょうし、個人的には丸藤さんからとりたいですね。でもどっちでも良いです。と言うのは今のジ・アグレッションとしてもそうですし、中嶋勝彦個人としても、マサ北宮としても結果にどん欲にいるチームでもあるので、どっちでも良いという言い方はちょっとあれかもしれませんが、「どちらが」とか「どちらから」という過程よりも結果が欲しいんです。だから「どちらかが必ずとりたい」っていう表現の方が正確ですね。やっと今回ジ・アグレッションがシリーズを通して確かな結果を積んできて今、目の前に大きな結果が見えてきている。そういう意味では、本当に丸藤さんからでも矢野選手からでも、どちらからとっても、どっちでも良いというか、必ず勝ちにつながる流れでジ・アグレッションが最後はベルトを巻いて世代交代の証を作りたいなと。

―― 世代交代という言葉が久しぶりに出てきました。

中嶋 : そうですね。今はヘビーのベルトも潮崎選手が巻いていますし、そういう流れに来ているのかなと思いますし。ジュニアも今は若い世代で盛り上がっているんで、今ここで、今こそタッグも俺たちがとって新しいノアの新しい時代をつくっていかなといけないと思うので。

―― ノアを守りたいという気持ちはもちろんだと思いますが、ヘビーのシングルを潮崎選手が先に巻いたことについては、思うところもありますか?

中嶋 : それよりも今はこの目の前までやってきた結果をものにすることが大切だと思っています。とにかくマサと積み上げてきたものがやっと形になろうとしている時なので。俺は、止まらねーっ!


[66] fun◆fLongoRY - 2016/07/15(Fri) 07:51 ID:v82Uao1M  [No.106002]
7月16日(土)に開幕する「日テレG+杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦」
前年度覇者「原田大輔&小峠篤司組」に開幕直前の心境などのインタビュー【前編】です。


―― いよいよ7.16後楽園から、『日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグ・リーグ戦』の記念すべき第10回大会が開催されます。お二人はディフェンディングチャンピオン、そして現GHCジュニアタッグ王者として臨むことになりますが、過去3回出場されたときとは心境的に違いはありますか?

小峠篤司(以下、小峠) : もちろん、いまは結果を残さないといけない立ち位置であり、周囲の期待というのも感じるんですけど、意外と個人的には落ち着いているというか。べつに僕らもプレッシャーを感じるようなチームでもないですし(笑)。まあ、それだけ自信があるってことだと思います。

原田大輔(以下、原田) : たしかに去年のタッグ・リーグのほうが、ひさしぶりに組んで出場するという部分で不安はあったと思います。それからこの1年、ベルトを巡っていろんな選手とも戦ってきましたし、自信は今年のほうがありますね。

―― 立場的にはほかの出場チームからのマークも激しくなると思いますが?

原田 でも、即席チームもちらほらいますし、正直初戦のケンオーハラを倒せば、あとはいけるかな、と。

―― 揺るぎない自信があるわけですね。ちなみにお二人にとってこのタッグ・リーグは、大阪プロレス所属時の11年と12年にも参戦しているという部分で、思い入れがあるのでは?

原田 : そうですね、ノアのシリーズの中では一番思い入れはあります。

小峠 : ウン、ノア参戦の入口になりましたし、桃の青春というものをアピールするきっかけになった大会というか。

―― その後、紆余曲折あり、昨年からまた桃の青春として始動したわけですが、現在のチームワークはいかがですか?

原田 : 何も変わりなし、という感じですかね(笑)。

小峠 : ハハハ。僕ら、チームワークがあるのかないのか、わからんようなチームですからね(笑)。

原田 : よくも悪くも、以前組んでいたときと変わらないですからね。

―― よくいえば以前同様、阿吽の呼吸ですか?

小峠 : まあ、楽ですよね。僕が石森(太二)さんと組んでたときは、完成したものを作り出さないとっていう感じでしたけど、桃の青春に関しては構えなくとも自ずとっていうか……。

原田 : 自然体。

小峠 : そう、自然体って感じですね。

―― さて、それぞれの公式戦についてお聞きしますが、まず7.16後楽園では拳王&大原はじめ組との一戦になります。先ほどここさえ乗り越えればという話もありましたけど、いきなり大一番というか。

小峠 : ヤツらとはタイトルマッチ含めて抗争していますけど、ここ最近だと一番手応えのある相手ですかね。だからこそ、今回も凄い内容を見せないとなって意識は強いです。

原田 : お互い、知り尽くしたチーム同士だと思うので、どっちが勝負を先に仕掛けるのかとか、いろんなことを考えながらいけない相手ですね。お客さんも毎回、ヒートアップしてくれているので、その期待に応えないとなって思います。

小峠 : あと、警戒するとすれば、ヤツらの“人気”ですかね(笑)。そこは単なるジェラシーですけどね、フフフ。

―― では、ケンオーハラに自分たちが勝っていると思う部分は?

原田 :自信じゃないですかね。彼らは彼らでキャリアの中で、いろんなスタイルのプロレスをやってきていると思いますけど、僕らは僕らで一本の筋に乗っ取ったプロレスを、ブレずに貫き通しているというか。それによって身につけた自信というものは、勝負に大きく影響してくると思います。

【後編へ続く】


[67] 深町哉 - 2016/07/15(Fri) 11:30 ID:yKLuhRzU  [No.106007]
7月26日の18時30分 中野studio twl
にて高山善廣選手のトークイベントがございます。
予約はメールにて受け付けます!
宜しかったご来場お待ちしております!
レッスルプラネット1
twlに高山降臨!
他出演者 エル・カブキ アマレス兄弟 青木泰寛


[68] fun◆fLongoRY - 2016/07/16(Sat) 14:11 ID:MTd79KXo  [No.106009]
7月16日(土)今日開幕する日テレG+杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦、
前年度覇者「原田大輔&小峠篤司組」インタビュー【後編】です。

―― 続いて、7.23後楽園ではvs石森&ACH組と対戦します。即席チームではありますが、ACHは未知の強豪というか。

小峠 : 僕、一度観たことあるんですよ。去年、僕が高山(善廣)さんと石森さんと組んで出場した『ルチャリブレ・ワールドカップ』に、ACHも出ていて。いやもう、レイ・ミステリオJr.とかメキシコのスーパースターがいる中でも、彼は動きで会場の注目を持っていってましたからね。「すげえヤツがおるな」って思いましたよ。たぶん、日本のお客さんもビックリするでしょうし、個人的にも警戒してますね。

―― 原田選手はACHの印象は?

原田 : 僕は観たことないので(苦笑)。

小峠 : アレは逆に観たことないほうがいいかも(笑)。

原田 : なんか、周りの声を聞くと、「とにかく凄い」っていう評価ばかりなので、ちょっと研究したいなって思います。

小峠 : これは僕のイメージですけど、石森さんが完成度の高い空中殺法なら、ACHは無鉄砲というか破天荒というか。それって、戦う側としてはけっこう面食らうんで。

原田 : イヤなタイプだね(苦笑)。

―― 次は7.24春日部で平柳玄藩&キャプテン・ノア組と対峙しますが、このチームの印象は?

原田 : 印象……(笑)。

小峠 : まあ、キャプテン・ノアは最近、しきりに僕らにベルト挑戦をアピールしてくるので、気になる存在ではありますね。もしかしたら、とんでもないポテンシャルを秘めたファイターかもしれないですし(ニヤリ)。

原田 : 僕ら、このタッグ・リーグに優勝したら、邪道&外道を挑戦者に逆指名したいと思っているので。ちょっと、キャプテン・ノアとは関係ない話ですけど(笑)。

―― なるほど(笑)。では、平柳選手については?

原田 : そこはどんなコスプレをしてくるのかなって(笑)。あれはあれでひとつの個性ですけど、勝負になったらとくには気にしないですね。ここは順当に勝ちにいきます。

―― そして、7.25新宿では熊野準&アンディ・ダルトン組を迎え撃ちます。熊野選手は5.28大阪でGHCジュニアヘビーに初挑戦を果たし、成長著しいというか。

小峠 : たしかにバルクアップ(筋肉の発達)がハンパないですよね。でも、一撃必殺のフラッシュ・ パッケージだけ気をつければっていうくらいかな。よっぽどコッチのコンディションが悪くないかぎり、問題ないだろうっていうのはありますね。

原田 : 僕らのキャリア的にも、あの二人の即席タッグに負けるようじゃダメですね。熊野の勢いも一時のものだと思いますよ。大阪が終わってからは止まっているので、べつに脅威でもなんでもないって感じです。

小峠 : もう熊野は友寄(志郎)や清宮(海斗)とは違うんだし、ここからどう自分のカラーを出してポジションをアップさせていくか。そこがプロレスの難しいところだと思いますね。

―― ダルトンに関しては?

原田 : あのツバ攻撃の臭いがキツいですねえ、ちょっと残るんで(苦笑)。

小峠 : ハハハ(笑)。まあ、日本のプロレスに溶け込もうとしている感じはします。でも、まだ恐れるに足らずかな、と。

―― 7.30後楽園の最終公式戦では、現GHCジュニアヘビー級王者の金丸義信&エル・デスペラード組と激突します。

小峠 : まず、なんでTAKAタイチが出てないんだって、ツッコミたいですけどね(笑)。

原田 : フフフ。

小峠 :よくある、アイツらの気まぐれなのか。今回はタッグ戦ですけど、個人的にはここらで金丸を自分の前に引っ張り出したいなっていうのはありますね。自分自身にも「このままじゃアカンな」っていう気がしているので。

―― そこは原田選手も現王者をという意識はありますか?

原田 : そうですね……。あとはこの前の鈴木軍興行(6.18後楽園)で、自分は金丸義信からフォールを取られているので、その借りを返したいなっていうのもありますし。そろそろ黙っているのもしんどいので、動き出したいなって思いますね。

―― では、タッグとして見た場合、金丸&デスペラード組はいかがですか?

原田 : ペケだと思いますね(即答)。

小峠 : ハハハハ!

原田 :鈴木軍ジュニアの中の組み合わせ的には、一番チームバランスがよくないんじゃないかなって。去年出場したTAKA&デスペラードのほうがタッグのベルトも獲っているのに、「なんで、この組み合わせなのかな?」っていうのはありますね。だから勝つのは最低条件として、とにかく金丸義信からフォールを取り返したいです。

―― 最終日は公式戦の1位と2位による優勝決定戦も行なわれるので、一日2試合となりますが、それについては?

小峠 : まったく問題ないですね!

原田 : 僕ら、大阪プロの頃に一日3試合とか珍しくなかったんで。

―― では、優勝決定戦に上がってきそうなチームは?

原田 : 順当にいけばケンオーハラなんでしょうけど、そうなると今年5回目になるので、観る人からすれば「いつまでオマエらでやってんねん!」ってならないかな、と(苦笑)。そこはほかのチームに、それを覆すくらいがんばってほしいですね。正直、今年のジュニア・タッグリーグは規模が縮小しているので、それを補うためにもふつうの大会にしたくないなっていうのはあります。開幕戦もメインがヘビーのタッグタイトルなので、そことも勝負したいなと思いますし、ジュニアがメインの夏にしたいですね。

小峠 : そうですね。観る側に「コイツら、すげーことしてるな」って思われる戦いをやって、生意気ですけどヘビーを食えるような夏にできれば。

原田 : 僕の中では第1回大会の日本武道館でやった最終戦のインパクトが強くて、いまでも印象に残っているんですけど、今回は10回目の節目ということで、過去で一番と言われるようなタッグ・リーグにしたいです。



[69] fun◆fLongoRY - 2016/07/16(Sat) 14:12 ID:MTd79KXo  [No.106010]
GHCタッグ選手権試合「丸藤正道、矢野通vs中嶋勝彦、マサ北宮」調印式の模様です。

マサ北宮のコメント
「これまでジ・アグレッション、何度も挫折を味わって、何度もくじけそうになりながらここまでやってきた。いかなるときも、いま置かれてる状況から、俺たちは前を見続けてやってきました。そして明日、やっとチャンピオンシップに臨むことができます。これまで味わってきた挫折や悔しさ、すべてをぶつけて、俺たちが新チャンピオン、新時代を築きます。矢野、丸藤、アンタらの化学反応は明日で終わりだ。以上!」

中嶋勝彦のコメント
「ついにこの日がやってきた。俺たちジ・アグレッション、ここまで本当につらい思いをしてきた。でも、明日、俺たちが自分の手で大きな証、結果をつかむ。そして、俺たちジ・グレッションが大きな世代交代の波を作って、新しいノアの姿を見せたいと思います。俺たちジ・アグレッション、俺は止まらねえ!」

丸藤正道のコメント
「まあ、今回やっと、鈴木軍と絡まないタイトルマッチで、勝彦とマサ。非常に熱い感じで来ているので、(矢野に向かって)俺たちも熱い感じでいきますか? 今回で俺たちの化学反応がおしまいだということですけど、なんなら化学反応を起こす前に、俺たちが逆に終わらせるんで、覚悟しといてほしい」

矢野通のコメント
「いや、なんて言ったらいいのか、よくわからないですけど。いや、本当は言えるんですけど(笑)。えー、鈴木軍とばっかりだったから、純粋にノアを体感するという意味では初めてなのかもしれないので。しかもこういう大きな舞台で。いい意味でそこを……あれ、けっこうまじめなこと言おうとしちゃってる?(笑)。そこを吸収して、その先もあるし。まあ、一つ言えることは、金になることは全部コッチに集まってくるっていう。お金になるなら防衛します!」


[70] fun◆fLongoRY - 2016/07/16(Sat) 14:12 ID:MTd79KXo  [No.106011]
ACH、デスペラード一触即発!?
「第10回日テレG+杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦」参加チーム直前会見の模様です。

小峠篤司のコメント
「去年優勝できて、この1年でタッグベルトもキープしたまま、このトーナメントに挑めるってことで、僕らも無傷での優勝が絶対だと思いますので。ファンのみなさんの期待に応えられるような試合をして、結果を残していきたいと思います。」

原田大輔のコメント
「去年の優勝チームとして、そして現GHCジュニアタッグチャンピオンとして、今年は全勝優勝します。以上です」

拳王のコメント
「タッグのタイトルマッチ、2回連続で負けているわけで。このタッグリーグは、俺たちの強さを証明するリーグにしたいと思います」

大原はじめのコメント
「桃の青春にね、一歩も二歩も先に行かれているような現状があるので、このタッグリーグでウチらが挽回してね。優勝したのは2年前ですか? 今年こそまた、あの栄光をウチらでの手でつかみたいなと思います 」

熊野準のコメント
「アンディとタッグを組んで、僕たちは未知数なんで、このリーグ戦をさんざん荒したいと思います」

アンディ・ダルトンのコメント
「アメリカ、そしてテキサスを代表してこのタッグリーグに参戦できることをうれしく感じています。熊野選手と一緒に、普段と変わらないスタイル、ダーティーにいきたいと思います」

キャプテン・ノアのコメント
「オイ! このタッグリーグ! 原田、小峠、大原、拳王、アンディ、熊野、ACH、石森、鈴木軍のザコども! オマエらじゃねんだよ! このタッグリーグで優勝するのはな、キャプテン・ノアと玄藩に決まってるよな、オイ!」

平柳玄藩のコメント
「俺たちが〜、優勝して〜、ノアに! カネの雨が降るぞ!」

金丸義信のコメント
「まあ、優勝するとか勝つとか、そんなのドッチでもいいよ。鈴木軍ジュニアの試合をするだけ、以上」

エル・デスペラードのコメント
「そういうことです。リーグ戦なんかどうでもいいんだ。(ACHに向かって)オイ! ド田舎のチャンピオンよ! 遊びに来てんじゃねえぞ。ほかのヤツらがどういうことするかわかんねえけどな、俺たちとやるときは、少しは注意しといたほうがいいぞ? 誰もオマエのことは知らねえだろうけどな。なんの印象も残らねえ状態で、オマエはアメリカに帰ることになるからな。楽しみにしとけよ」

デスペラードの挑発を受けて、ACHとデスペラードが立ちあがって一触即発の状態に。ACHはマイクを握ると、「いまはみんな、俺のことを知らないかもしれない。でも、最後には必ず俺のことが誰なのか、わかるようになってるなっているかもな」とコメント。

すると、デスペラードは「なんだ、名札でも貼って試合すんのか、コノヤロー!」と突っかかり、再び掴み合いとなるが、石森があいだに入って止める。デスペラードはそのまま会見場をあとに…

ACHのコメント
「自分が常に力を注いでいるもの、そして大好きなものがあるこのジュニアのタッグリーグ戦に出場できることを、非常にうれしく思っています。そして何よりも、この石森選手とチームを組んで出られることをうれしく思っています 」

石森太二のコメント
「今回、ROHのACH選手と組むわけですけど、彼の戦いは去年のルチャリブレ・ワールドカップで、アメリカ代表として出ているところを見ていますし、映像も何回も観ていて。凄くいい選手なので、このチームで優勝して僕らがベストなタッグチームであることを証明したいと思います」


最後の記念撮影を金丸はボイコット。鈴木軍ジュニアを抜かした5チームで行なわれたそうです。



[71] fun◆fLongoRY - 2016/07/16(Sat) 14:13 ID:MTd79KXo  [No.106012]
連続投稿失礼します。

杉浦が潮崎の右腕を椅子で破壊!?
7月30日(土)開催GHCヘビー級選手権「潮崎豪vs杉浦貴」調印式の模様です。

潮崎豪のコメント
「昨日、熊本地震が起きてから初めて、熊本に行ってきまして、いまの状況を見てきました。数カ所周りまして被害の大きさ、そして避難所生活の苦しさというものを目の当たりにして、自分の故郷がああいう苦しい状況にあると。そこではいま、支援復興に向けて動いている、サッカーの巻選手(誠一郎=ロアッソ熊本の元日本代表FW) にお会いしました。アスリートとして震災に向けてやっていること、その行動を支援していきたいとお話しまして、快く承諾を得ましたので、しっかりと自分の力で、そして巻選手と協力して動いていきたいと思いました。そして、いつか熊本でGHCタイトルマッチをやりたいという気持ちが強くなりました」

続いて、GHCヘビー級選手権に向けて、杉浦がコメントを求められる。しかし、杉浦はマイクを握ろうとせずノーコメント。この態度について問われた潮崎は、以下のように語った。

潮崎「まあ、態度も何も、自分が杉浦貴からこのGHCを獲って、シェルトン・X・ベンジャミンとの初防衛戦を制したあとに、あのような卑劣な行為で自分に襲いかかってきた、と。次はそのような行動に出られないくらい、足腰が立たないような試合をして、この右腕で杉浦貴の首を狩りたいと思います」


杉浦貴
このコメントについて、意見を求められた杉浦は、勢いよく机をひっくり返すと、潮崎に襲いかかってイス攻撃。さらに、潮崎の右上を机に固定すると、そこにイスを打ちつけようとするが、これはジュニアタッグリーグの会見に出席した選手たちが寸前で食い止める。すると、杉浦は腹いせのように平柳に強烈なイス攻撃を見舞い、会見場をあとにしたそうです。



[72] fun◇fLongoRY - 2016/07/17(Sun) 07:26 ID:JZ1T7lI.  [No.106018]
日テレG+ presents「第10回日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦」
7月16日(土) 後楽園ホール

試合結果です。

<第1試合>20分1本勝負
齋藤彰俊&小川良成○
7分40秒 バックドロップ→体固め
モハメド ヨネ&友寄志郎×

<第2試合>日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦公式戦 30分1本勝負
金丸義信&エル・デスペラード×(0勝1敗=0点)
12分27秒 クロスフェイス・オブ・ノア
○キャプテン・ノア&平柳玄藩(1勝0敗=2点)

<第3試合>日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦公式戦 30分1本勝負
石森太二&ACH○(1勝0敗=2点)
10分54秒 ミッドナイトスター→エビ固め
×熊野 準&アンディ・ダルトン(0勝1敗=0点)

<第4試合>日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦公式戦 30分1本勝負
原田大輔&小峠篤司○(1勝0敗=2点)
18分56秒 回転十字落とし固め
×大原はじめ&拳 王(0勝1敗=0点)

<第5試合>スペシャルチャレンジマッチ 30分1本勝負
×鈴木みのる
2分46秒 両軍乱入→ノーコンテスト
×清宮海斗

※第5試合のノーコンテスト裁定を受け、第6試合を
清宮海斗、鈴木みのるを加えた8人タッグマッチに変更

<第6試合>8人タッグマッチGHCヘビー級選手権試合前哨戦 45分1本勝負
○杉浦 貴&鈴木みのる&飯塚高史&タイチ
22分45秒 オリンピック予選スラム→体固め
潮崎 豪&マイバッハ谷口&クワイエット・ストーム&清宮海斗×

<第7試合>GHCタッグ選手権試合 60分1本勝負
(第34代選手権者)○丸藤正道&矢野 通
19分37秒 不知火→片エビ固め
(挑戦者)中嶋勝彦&マサ北宮×
※第34代GHCタッグ選手権者、丸藤正道&矢野通組3度目の防衛に成功。


[73] fun◇fLongoRY - 2016/07/17(Sun) 07:27 ID:JZ1T7lI.  [No.106019]
日テレG+ presents「第10回日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦」
7月16日(土) 後楽園ホール

第3試合 日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦公式戦
石森太二&ACH vs 熊野 準&アンディ・ダルトン

【試合後の石森&ACH】

<ACH>「さあ次だ。さらにステップアップだ。今日はワンピースで言うところの“グランド・ライン"を突っ切った!」

<石森>「ちょっと今日はロープがノーグッドだったけど、それでも勝ったから! 俺とACHのベストタッグをこれから見せてやる!」

<ACH>「イクゾー!!」


【試合後の熊野&ダルトン】

<ダルトン>「石森、ACH、今日はビギナーズラックってヤツだ。お前らは俺たちを恐れてた。今年のジュニアタッグリーグを制するのは、俺たち“ダーティーベアーズ"だ」

<熊野>「(ダルトンの英語を聞いて)なに言ってるかわからないけど、俺とアンディのタッグは今日初めて組んだし、ここからだと思うから。まあ、ここから見とけ」



[74] fun◇fLongoRY - 2016/07/17(Sun) 07:28 ID:JZ1T7lI.  [No.106020]
日テレG+ presents「第10回日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦」
7月16日(土) 後楽園ホール

第4試合 日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦公式戦
原田大輔&小峠篤司 vs 拳 王&大原はじめ

【試合後の原田&小峠】

<原田>「ありがとうございました」

<小峠>「ありがとうございました。強かった…。これはやべえぞ。ジュニアタッグリーグ、身体もたねえな。初戦で一昨年の優勝チーム、俺らの最高のライバルであるケンオーハラに勝ったら、俺らもライバルとして、現GHCジュニアタッグチャンピオンとして、無傷で優勝しないといけない。拳王はひねくれたことを言うけど、アイツなりの根性悪い愛情だと受け止めて、無傷で優勝します。ブロック数は1ブロックで、ほとんどゲストもいないタッグリーグですけど、やっぱ正直いろいろガイジンのジュニア戦士には…。やっぱり日本人はガイジンより能力は劣るかもしれない。でも、これが日本人のプロレス。臭く言えば大和魂っていうのを俺は見せつけていきたいと思ってますんで。いい意味で、ああいうROHから来たハイフライヤーができないようなスピリッツで俺は全勝します。いっぱい喋っちゃった。言うことないぞ? 相方!」

※小峠が先に去っていく

<原田>「パートナーに感謝ですね。感謝、感謝です。初戦のケンオーハラ倒して、俺たちを倒す価値はさらに上がったと思います。さあ、どこか俺たちを倒すか楽しみにしています。以上です。俺たちは全勝優勝するだけ」


【試合後の拳王&大原】

<拳王>「ジュニアタッグのタイトルマッチでも2連敗して、今日もあいつらに負けて3連敗かよ! でも、テメーらプロレスファン! クソヤローども…分かるだろ!? リーグ戦の鉄則。初戦で負けたチームが優勝する。俺たちはあいつらに3連敗かつ初戦を落とした。どういう意味か分かるか!? 俺たちがこの後全勝して、あいつらと決勝戦で当たって首を取る。そしてあいつらのジュニアタッグベルトも奪ってやるからなあ」

<大原>「ここから這い上がって、決勝でもう一度…必ずあいつらに…会う!」


[75] fun◇fLongoRY - 2016/07/17(Sun) 07:28 ID:JZ1T7lI.  [No.106021]
連続投稿失礼します。

日テレG+ presents「第10回日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦」
7月16日(土) 後楽園ホール

第7試合 GHCタッグ選手権試合
丸藤正道&矢野 通 vs 中嶋勝彦&マサ北宮

【試合後の丸藤&矢野】

<矢野>「ありがとうございました!」

<丸藤>「ありがとうございました! まあ、無事防衛できたということで。またひとつお金の階段を登りましたね」

<矢野>「そうですね。僕の夢はね、この辺(頭の上)ですね。ドリームジャンボ、7億円ですか」

<丸藤>「7億円…そこを狙ってたのか(笑)」

<矢野>「いや、運をたぐり寄せるということで」

<丸藤>「いやでも、気持ちいい試合でした、久々に」

<矢野>「僕の性分じゃないですけど、実は…なんか癖になりそうです。これもノアに来たことによる化学反応のひとつかもしれません。癖になりそうです」

<丸藤>「ありがとうございました。次は札幌だ!」


【試合後の中嶋&北宮】

<中嶋>「まだ俺たちは始まったばっかりだ。俺らはこんなもんじゃない…こんなもんじゃない…」

<北宮>「また一からだ。何度も野望を打ち砕かれて、やっとここまで辿り着いたんだ。何度だってここまで来れるさ。そして、次は…次こそは、この高い壁を越えられるだろう。ひとつだけ言っておきたい。パートナーの中嶋勝彦のG1に注目してほしい。俺は野心を持たないプロレスラーは信用しない。忘れないでくれ。中嶋さん、また一からお願いします」

<中嶋>「当たり前だよ。まだまだ俺たちの成長は止まらねえ!」

<北宮>「以上だ!」


[76] fun◇fLongoRY - 2016/07/18(Mon) 12:11 ID:ivOWCveo  [No.106022]
原田&小峠の他団体参戦試合の結果です。

吉野恵悟自主興行「あの時のオーサカを東京に持ってきてみた2DAYS」
7月17日(日)新木場1st RING

スペシャル6人タッグマッチ
菊タロー(アキバプロレス)&くいしんぼう仮面 &おっさん×
16分58秒 キルスイッチ→片エビ固め
○小峠篤司&原田大輔&タダスケ


[77] fun◇fLongoRY - 2016/07/22(Fri) 21:44 ID:VsTYND0.  [No.106036]
東スポ情報ですが、WWE・NXTが放送され、ヒデオ・イタミ(KENTA=35)が8月3日の放送に登場すると発表されたそうです。
イタミは昨年5月に左肩を負傷してから長期欠場。6月30日にフロリダ州ウィンターヘイブンのハウスショーで約1年2か月ぶりの復帰戦を行っています。


[78] fun◇fLongoRY - 2016/07/24(Sun) 07:38 ID:hHZ/qtQ6  [No.106042]
日テレG+ presents「第10回日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦」
7月23日(土)後楽園ホール

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ 20分1本勝負
○齋藤彰俊&小川良成
11分24秒 スイクルデス→片エビ固め
マサ北宮&友寄志郎×

<第2試合>6人タッグマッチ 30分1本勝負
モハメド ヨネ&○クワイエット・ストーム&清宮海斗
11分52秒 50cm腕ラリアット→片エビ固め
飯塚高史&×タイチ&TAKAみちのく

<第3試合>日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦公式戦 30分1本勝負
拳 王&大原はじめ○(1勝1敗=2点)
14分42秒 ムイビエン
キャプテン・ノア&平柳玄藩×(1勝1敗=2点)

<第4試合>日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦公式戦 30分1本勝負
○金丸義信&エル・デスペラード(1勝1敗=2点)
14分31秒 タッチアウト→片エビ固め
熊野 準&アンディ・ダルトン×(0勝2敗=0点)

<第5試合>日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦公式戦 30分1本勝負
○石森太二&ACH(2勝0敗=4点)
14分31秒 450°スプラッシュ→片エビ固め
原田大輔&小峠篤司×(1勝1敗=2点)

<第6試合>GHCヘビー級選手権試合前哨戦 60分1本勝負
○杉浦 貴&鈴木みのる
19分54秒 オリンピック予選スラム→体固め
×潮崎 豪&マイバッハ谷口 



[79] fun◇fLongoRY - 2016/07/24(Sun) 07:38 ID:hHZ/qtQ6  [No.106043]
日テレG+ presents「第10回日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦」
7月23日(土)後楽園ホール

第6試合 GHCヘビー級選手権試合前哨戦 60分1本勝負
潮崎 豪&マイバッハ谷口 vs 杉浦 貴&鈴木みのる

【試合後リング上】

<鈴木>「おい!何だお前ら?正々堂々?お前ら入ってきて何やった?試合に関係ねぇお前らが入ってきて、殴る蹴るやったじゃねぇか!お前らがやってることは俺たち鈴木軍とどこが違うんだ?あ?なぁ、そうだろ?偉そうなこと言ったって、所詮てめぇらがやってることは俺たちと全く同じなんだよ。『でも』とか『だから』とか正義ぶってんじゃねぇよ。俺はてめぇらのこと大っ嫌いなんだよ。お前らのことを全く信用してないんだよ。あと、(客席に向かって)お前らのことも大っ嫌いなんだよ。でもよ、俺たちだってよ、正々堂々と杉浦と潮崎に決着つけさせたいんだよ。どうだ?見たいだろ?でも、俺たちは、お前のことを、プロレスリング・ノアのことを信用してないんだよ。てめぇらも俺たちを信用してない、だから、史上初、ランバージャック式GHC戦でどうだ?(場内から拍手)俺たちは一切手を出さない、場外乱闘を認めない、それでどうだ?外に出たやつは俺たちが中に入れる、中だけで勝負させようじゃねぇか!どうだ?来週の30日、GHCヘビー級選手権、どうだ潮崎?答えはもう決まってるよなぁ?」

<潮崎>「ランバージャック、正々堂々やってやる!」

答えた潮崎に鈴木軍が一斉に暴行を加える。場内からは「杉浦!やりすぎだ!」の声が飛ぶ。

<鈴木>「てめぇらもよく聞け!俺たちやりすぎ鈴木軍、イチバーン!」

【試合後の鈴木&杉浦】

<鈴木>「おい!何はともあれ、これで決まりだろ?挑戦者が名乗り出てチャンピオンがOKしたんだ。ノア、逃げるなよ?それからハーリー・レイス、GHCの管理委員会とやら、お前たちの心の広い裁定を待ってるぞ?気に入らなきゃブチのめせばいいんだよ、ぶん殴りゃいいんだよ!てめえら誰にケンカ売ってるんだよ!鈴木軍、イチバーン!」

<杉浦>「ハゲいねぇな?ハゲどこいった!」

※潮崎は医務室直行でノーコメント


[80] fun◇fLongoRY - 2016/07/24(Sun) 07:39 ID:hHZ/qtQ6  [No.106044]
連続投稿失礼します。

7.23後楽園大会で「正々堂々と戦え」というノア側の要求に対して「俺だって正々堂々と決着させたいんだ」と応えた鈴木軍がランバージャックデスマッチルールでのGHC戦を要求。これに応じた潮崎豪。

7月30日後楽園ホール大会にて行われるGHCヘビー級選手権試合に関して、プロレスリング・ノア、鈴木軍双方の要求をGHCタイトル管理委員会が承認したため、下記のルールにてGHCヘビー級選手権試合を行う事が決定。

GHCヘビー級選手権試合 変更ルール
■試合時間は時間無制限1本勝負にて行う。
■ランバージャックデスマッチにて行う。
 ・両軍団のセコンド人数は同数とする。
 ・場外に落ちたり、エスケープした時は両軍のセコンドが速やかにリングに戻す。
 ・場外カウントは無し、勝敗はフォール、ギブアップ、KOのいずれかとする。


日テレG+ presents 第10回日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦
7月30日(土) 東京・後楽園ホール

◆GHCヘビー級選手権試合 60分1本勝負
(第26代選手権者)潮ア 豪vs(挑戦者)杉浦 貴
※第26代選手権者、潮ア 豪の2度目の防衛戦。


[81] fun◇fLongoRY - 2016/07/25(Mon) 08:18 ID:D/C69nXU  [No.106048]
日テレG+ presents「第10回日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦」
7月24日(日)春日部ふれあいキューブ

試合結果です。

<第1試合>6人タッグマッチ 20分1本勝負
マイバッハ谷口&○マサ北宮&友寄志郎
14分33秒 スピアー→エビ固め
齋藤彰俊&小川良成&エクリプス×

<第2試合>タッグマッチ 30分1本勝負
○モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム
8分58秒 キン肉バスター→片エビ固め
飯塚高史&タイチ×

<第3試合>日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦公式戦 30分1本勝負
拳 王&大原はじめ○(2勝1敗=4点)
13分30秒 蹴暴→片エビ固め
熊野 準&アンディ・ダルトン×(0勝3敗=0点)

<第4試合>日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦公式戦 30分1本勝負
原田大輔&小峠篤司○(2勝1敗=4点)
13分42秒 キル・スイッチ→エビ固め
キャプテン・ノア&平柳玄藩×(1勝2敗=2点)

<第5試合>日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦公式戦 30分1本勝負
○金丸義信&エル・デスペラード(2勝1敗=4点)
12分30秒 首固め
×石森太二&ACH(2勝1敗=4点)

<第6試合>GHCヘビー級選手権試合前哨戦 60分1本勝負
潮崎 豪&清宮海斗×
18分49秒 オリンピック予選スラム→体固め
鈴木みのる&杉浦 貴○



[82] fun◇fLongoRY - 2016/07/25(Mon) 13:38 ID:D/C69nXU  [No.106049]
連続投稿失礼します。

7月24日(日)春日部ふれあいキューブ

第6試合 GHCヘビー級選手権試合前哨戦
潮崎 豪&清宮海斗 vs 杉浦 貴&鈴木みのる

【試合後の鈴木&杉浦のコメント】

<鈴木>「さあGHC選手権。文句ねえよな? テメーらがOKって言ったんだ。文句ねえよな? 総力挙げてかかってこい。俺たちは“正々堂々"、ルールにのっとって潮崎を沈める。ルールにのっとって……な?」

――ランバージャック形式を選択した理由を改めて?

<鈴木>「昨日も言っただろ? 俺たちはレフェリーも信用してねえんだよ。テメーらが連れてくるセコンドの一匹すら信用してねえんだ。しかもルールはテメーらが作ったルールだろ? 納得いかねえ。だから俺たちも同じ数だけリング周辺に居させてもらう」

――確かに潮崎も負けたら言い訳はできない形となりそうだが?

<鈴木>「そう“正々堂々"とやればいいんだよ…(笑) 外に出てきたヤツは、それが杉浦であっても中に押し戻す。そう“正しい"ランバージャック」

――杉浦選手はランバージャックについては…

<杉浦>「(※薄毛の記者に)お前誰だ。頭(こうべ)垂れろ (※頭頂部を確認すると)ああ、お前か」

――改めてランバージャックについては?

<杉浦>「何もねえよ。相手ぶっ潰すだけだ。かわんねーよ」

――では特に…

<杉浦>「特にないって言ってんだろコノヤロー!」

<鈴木>「まぁ外に落ちてきたヤツを中に押し戻す。ただ、もうひとつの考え方…分かるか? 杉浦がいくつかの武器を持ってリングに上がるってことだ。だろ? だから正々堂々、同じ数を用意してくるんだ。まぁ俺は手も足も出さねえ…とは言っておくけどな? 丸藤、中嶋がいねえんだ! 今こそチャンスだ。今のうちにデッカイ穴、ブチ開けてやる」

<杉浦>「あいつらもノンキだな(笑)」

<鈴木>「ヨソに出てる場合じゃねえんだ。これは総力戦だぞ? 分かったか? じゃあ一言だけ言ってみろ」

――では7月30日…

<鈴木>「あ?」

――7月30日は再びノアが…

<鈴木>「なんだってぇ!?」

――7月30…!

<鈴木>「俺たち鈴木軍!! イチバーン…」


[83] fun◇fLongoRY - 2016/07/25(Mon) 23:09 ID:D/C69nXU  [No.106051]
日テレG+ presents「第10回日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦」
7月25日(月)新宿FACE

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ 20分1本勝負
小川良成&清宮海斗○
11分26秒 逆エビ固め
齋藤彰俊&友寄志郎×

<第2試合>6人タッグマッチ 30分1本勝負
マイバッハ谷口&○モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム
10分46秒 キン肉バスター→片エビ固め
飯塚高史&タイチ&TAKAみちのく×

<第3試合>日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦公式戦 30分1本勝負
○石森太二&ACH(3勝1敗=6点)
11分36秒 450°スプラッシュ→エビ固め
キャプテン・ノア&平柳玄藩×(1勝3敗=2点)

<第4試合>日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦公式戦 30分1本勝負
○原田大輔&小峠篤司(3勝1敗=6点)
12分44秒 片山ジャーマンスープレックスホールド
熊野 準&アンディ・ダルトン×(0勝4敗=0点)

<第5試合>日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦公式戦 30分1本勝負
○拳 王&大原はじめ(3勝1敗=6点)
14分12秒 蹴暴→エビ固め
×金丸義信&エル・デスペラード(2勝2敗=4点) 

<第6試合>GHCヘビー級選手権試合前哨戦 60分1本勝負
○潮崎 豪&マサ北宮
20分05秒 豪腕ラリアット→片エビ固め
×杉浦 貴&鈴木みのる


[84] fun◇fLongoRY - 2016/07/25(Mon) 23:10 ID:D/C69nXU  [No.106052]
連続投稿失礼します。

日テレG+ presents「第10回日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦」
現在の得点順位です。(7月25日試合終了時点)

1位 石森太二&ACH(3勝1敗=6点 残り1試合)
1位 原田大輔&小峠篤司(3勝1敗=6点 残り1試合)
1位 拳 王&大原はじめ(3勝1敗=6点 残り1試合)
4位 金丸義信&エル・デスペラード(2勝2敗=4点 残り1試合) 
5位 キャプテン・ノア&平柳玄藩(1勝3敗=2点 残り1試合)
6位 熊野 準&アンディ・ダルトン(0勝4敗=0点 残り1試合)


[85] fun◇fLongoRY - 2016/07/29(Fri) 01:56 ID:mm2jWhbs  [No.106062]
7.30後楽園ランバージャックルールでのGHC選手権
「潮崎vs杉浦」を前に杉浦貴のインタビューです。

―― 6.12後楽園で潮崎選手がシェルトン“X”ベンジャミンを倒し、王座を防衛した直後、杉浦選手はパイプイスで急襲したわけですが、まずあのときの心境を教えてください。

杉浦貴(以下、杉浦) : あのヤローが王者ヅラしているのが気に食わねえから、痛い目に遭わせてやったってだけの話だよ。べつに咄嗟に動いたわけじゃなく、ベンジャミンがアイツにいかれたら仕掛けてやろうって考えてたのを、実行に移したまでだ。

―― あのとき、潮崎選手がノアの再入団を訴え、場内が歓迎ムードだったことが気に障った部分は?

杉浦 : そんなもん、俺には関係ねえし、勝手に出たり入ったりしてりゃ、いいんじゃねえの? どうせまた辞めんだろ、アイツ。

―― 手厳しいですね。

杉浦 : 一度浮気したヤツっていうのは2回も3回もやらかすんだよ、一種の病気みたいなもんだからな(ニヤリ)。それと一緒でアイツもまた、平気で裏切ってどこかに行くかもわかんねえし。今回、スンナリと入団を認めたノアもファンも、相変わらずバカだってところだな。

―― ……。

杉浦 : まあ、俺はアイツに対してはイラ立ちしかねえよ。見てるだけで、何から何までムカついてくる(吐き捨てるように)。

―― 何から何まで、ですか。

杉浦 : あの根性も顔もムカつくし、アイツの汚い肌すら腹が立ってくる。俺がイスでブッ叩くのは、アイツの肌の張りをよくするためにやってんだよ。俺のほうが年上だけど、肌ツヤはいいからな(ニヤリ)。

―― 5.28大阪での王座戦で、約4年半振りにシングルで戦ったときの潮崎選手は、以前と何か変化は感じましたか?

杉浦 : 最初、あのヤローがノアに戻ってきて当たったときは「コイツ、ニブったな」って思ったけど、あのタイトルマッチのときにはもう、アイツも昔の感覚に戻ってたな。憎たらしいあの感覚に。

―― 当初、杉浦選手は「中途半端な気持ちで出ていって、また中途半端な気持ちで戻ってきたヤツには何も感じない」と発言していましたが、そこから変わってきた、と?

杉浦 : 俺らと戦うことで、変わらざるをえなかったんだろ。

―― 潮崎選手としては、あの王座戦は結果を残さなければという、かなり期するものがあったそうですが、そういう意地は感じられましたか?

杉浦 : べつに。アイツの心構えなんか、コッチは知ったこっちゃねえし。

―― では、潮崎選手は杉浦選手のことを“特別な相手”と発言していますが、それについて何か思われることは?

杉浦 : クソどうでもいいわ。そんなことを口にされるだけでも気持ち悪ぃし、俺からすれば邪魔者っていうだけだ。

―― 杉浦選手にとっては、潮崎選手との戦いは特別なものではない?

杉浦 : 普通にムカつく相手とやる、普通の試合。それだけだな。

―― しかし、結果的には、杉浦選手が過去に王座陥落したときと同様に、またも潮崎選手にベルトを奪取されてしまいました。その敗因を分析すると?

杉浦 : テメェ、くだらねーこと聞いてんじゃねーよ! 次は同じ結果にはならない。俺にとって邪魔な存在は消す、それだけだ。

―― 今回も勝つためには、手段を選びませんか?

杉浦 : 勝つために使えるものを使って、何が悪いんだ? いいか、最後にベルトを巻いている人間が一番強ぇんだよ。潮崎のヤローに言っとけ! オマエがもう戦いたくなくなるくらい、イスでブッ叩きまくってやるから覚悟しとけ!


[86] fun◇fLongoRY - 2016/07/29(Fri) 01:57 ID:mm2jWhbs  [No.106063]
連続投稿失礼します。

7.30後楽園ランバージャックルールでのGHC選手権
「潮崎vs杉浦」を前に潮崎豪のインタビューです。

―― 6.12後楽園でのシェルトン“X”ベンジャミンとの初防衛戦は30分を越す激闘となりましたが、試合の率直なご感想は?

潮崎豪(以下、潮崎) : 自分の中では30分以上も戦った感覚がないんですよね、時間を忘れるくらいに密度が濃かったというか。防戦の場面も多かったので、あらためてベンジャミンの手強さを体感しましたね。

―― 最後は豪腕ラリアットで見事なフォール勝ちを収めました。

潮崎 : はい。相手の技をとことん受け切って、最後にフォールを奪うという、自分らしい戦いができたんじゃないかと思っています。

―― そして、潮崎選手はその試合後、三沢光晴さんの遺影の前でノアの再入団を訴え、観客席からは大きな拍手が沸き起こりました。そのときの心境は?

潮崎 : あのときの拍手や声援は、本当に心に大きく響きました。自分の中で押さえきれなかった想いを、多くのかたに受け入れていただけたことが、ノアに戻ってきてからの日々を振り返ると感慨深かったです。

―― その後、ノア所属の王者として全国のファンの前で戦いを繰り広げているわけですが、何か目の前の風景は変わりましたか?

潮崎 : そうですね。正式にノアの人間として試合をすることで、自分の中で何かがふっきれて、視界が広くなった気はします。より一層、ノアを守っていくという気持ち、ノアを盛り上げていくためにこの身を捧げようという想いが強くなりました。

―― そして、今シリーズ最終戦の7.30後楽園では、前王者の杉浦貴選手を挑戦者として迎え撃つことになりましたが、これは6.12後楽園の試合後、潮崎選手が襲撃されたことがきっかけとなります。

潮崎 : これは考えが甘いのかもしれませんが、まさか杉浦貴がああいった手段に出るというのは、予想もしていなかったです。でも、そこまであの男がGHCのベルトに執着心を持っているという表れだと思いますし、コッチは王者として「だったら、納得いくまでやってやろうじゃないか」という気持ちです。

――現在、前哨戦を繰り広げていますが、やはり杉浦選手のベルト奪還への意気込みというのは強く感じますか?

潮崎 : そうですね。鈴木軍全体が、ノアのベルトをもう一度全部奪うために、躍起になっているというか。でも、そうはいかせないし、どんな手を使ってきたとしてもはね返して、守り抜こうという気持ちが強いです。

―― : 5.28大阪で杉浦選手からベルトを奪った試合は凄まじい死闘でしたが、この短いスパンでもう一度対戦することについて、肉体的にも正直厳しさがあるのでは?

潮崎 : はい、厳しいです(苦笑)。でも、どんな試合でも厳しいものだと思いますし、そういう戦いを積み重ねてこそ、GHCの価値も上がると思っているので。そういう厳しいという感覚すら飛び越えるような、王座戦をやりたいですね。

―― 潮崎選手は常々、杉浦選手のことを“特別な相手”と発言されています。

潮崎 : はい。杉浦がコッチのことをどう思っているかは知らないですけど、俺はあの男にだけは負けたくない。それこそGHCが懸かっていない前哨戦であっても、アイツよりも上にいきたいと思っています。だからこそ、どっちも一歩も引かない攻防になるんでしょうし。

―― その意地と意地のぶつかりあいが、二人の戦いをより高みへと押し上げているように思います。

潮崎 : そうかもしれないですね。自分にとってGHCの王座戦というものは、つねに進化していく戦いだと思っているので。7.30の戦いも結果はもちろん、この身を削ってでも前回を上回る内容を残すだけです。

―― あと、現在、丸藤選手と中嶋選手が新日本プロレスの『G1 CLIMAX』に参戦し、ノアの大会を欠場しているという部分で、チャンピオンとして何か思われる部分はありますか?

潮崎 : もちろん、丸藤選手と中嶋選手が抜ける穴というのは小さくないですけど、あの二人にはノアのことは気にせず、心置きなく『G1』制覇に向けてがんばってほしいと思っています。俺も『G1』に参戦したことがありますし、大きな注目が集まるシリーズですけど、個人的にはそのインパクトに勝るくらいの試合を、このノアで見せたいです。きっと、そう考えているのは自分だけじゃなく、ノアで戦っているレスラーの多くが、同じ志を持っていると思いますし。今回の杉浦戦では、俺がノアの底力を証明したいですね。

―― では、最後にあらためて、今回の王座戦に期待しているファンに向けてメッセージをお願いします。

潮崎 : 俺をノアに迎え入れてくれた、多くの人たちの期待に応えるような熱い戦いをお見せします。俺と杉浦にしかできないような真っ向勝負を期待してください!



[87] fun◇fLongoRY - 2016/07/31(Sun) 07:52 ID:vUEnZPfM  [No.106069]
日テレG+ presents「第10回日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦」

7月30日(土)後楽園ホール

試合結果です。

<第1試合>タッグマッチ
○齋藤彰俊&小川良成
6分17秒 スイクルデス→片エビ固め
清宮海斗&友寄志郎×

<第2試合>日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦公式戦 30分1本勝負
○熊野 準&アンディ・ダルトン (1勝4敗=2点)
4分04秒 変型スパインバスター→エビ固め
キャプテン・ノア&平柳玄藩×(1勝4敗=2点)


<第3試合>日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦公式戦 30分1本勝負
原田大輔&小峠篤司○(4勝1敗=8点)
6分12秒 キルスイッチ→エビ固め
×金丸義信&エル・デスペラード(2勝3敗=4点)
※原田&小峠組が優勝決定戦進出

<第4試合>日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦公式戦 30分1本勝負
石森太二&ACH○(4勝1敗=8点)
8分24秒 ミッドナイトスター→片エビ固め
拳 王&大原はじめ×(3勝2敗=6点)
※石森&ACHが優勝決定戦進出

<第5試合>8人タッグマッチ
○マイバッハ谷口&モハメド ヨネ&マサ北宮&クワイエット・ストーム
14分49秒 マイバッハプレス→片エビ固め
鈴木みのる&飯塚高史&タイチ&TAKAみちのく×

<第6試合>日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦優勝決定戦時間無制限1本勝負
(リーグ戦1位※直接対決で勝利)○石森太二&ACH
20分25秒 450°スプラッシュ→エビ固め
(リーグ戦2位)×原田大輔&小峠篤司
※石森太二&ACH組が初優勝
優勝チームには、勝利者賞 副賞として株式会社ミドルウッドより「伊豆熱川温泉 ホテルカタール RESORT&SPA」スィートルームペア宿泊券を2組4名分が贈られた。

<第7試合>GHCヘビー級選手権試合 時間無制限1本勝負
(第26代選手権者)×潮崎 豪
26分54秒 オリンピック予選スラム→体固め
(挑戦者)○杉浦 貴
※杉浦貴が第27代王者に


[88] fun◆fLongoRY - 2016/07/31(Sun) 07:53 ID:vUEnZPfM  [No.106070]
日テレG+ presents「第10回日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦」

最終得点順位です。(7月31日全戦終了)

1位 石森太二&ACH(4勝1敗=8点)優勝決定戦進出※優勝 
2位 原田大輔&小峠篤司(4勝1敗=8点)優勝決定戦進出
3位 拳 王&大原はじめ(3勝2敗=6点)
4位 金丸義信&エル・デスペラード(2勝3敗=4点) 
5位 熊野 準&アンディ・ダルトン(1勝4敗=2点)
6位 キャプテン・ノア&平柳玄藩(1勝4敗=2点)


[89] fun◆fLongoRY - 2016/07/31(Sun) 07:53 ID:vUEnZPfM  [No.106071]
日テレG+ presents「第10回日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦」

7月30日(土)後楽園ホール

◆第6試合 日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦優勝決定戦時間無制限1本勝負
原田大輔&小峠篤司 vs 石森太二&ACH

【試合後の石森&ACH】

――試合を振り返って?

<石森>「桃の青春はチャンピオンなんで、やっぱり強かったです。ただ、勝ったからにはアイツらの持ってるGHCタッグのタイトル…ACHとのコンビで挑戦したいと思います。どこでもいい。チャンピオンシップを組んで欲しい」

――優勝しての心境は?

<ACH>「心境かい? “スーパー"さ! 何だか征服者になったような気持ち。アメリカに帰ってこの勲章を多くのレスラーたちに見せつけながら、またアメリカでも“征服"を続けるよ。とにかくこの笑顔を見て。この笑顔がすべてを物語ってる」

――石森とのタッグの感触は?

<ACH>「宇宙一のタッグチームだね。友情であり、パートナーシップであり、愛です」

<石森>「自分はパートナーがいなかったんですけど、今回、ACHと組むことができたうえに結果もついてきた。いいパートナーが見つかったと思います」

<ACH>「(※アメリカの友人に向けて賞金パネルをみせながら)これでシズラーに行こうぜ! でもこれはスタートさ! イシモリ&ACH……」

<石森&ACH>「イクゾー!!!」


【試合後の原田&小峠】

――連覇を逃したが?

<原田>「おかしいやろ!? これ! あークソ!」

<小峠>「2連覇できなかったのは俺らの実力不足や。おかしくない。やるぞ!? 俺たちがまだGHCジュニアタッグのタイトルホルダーであることは変わりないねん。(勝利を)取り返したる。俺らが」

<原田>「絶対にリベンジしたるからな!」


[90] fun◆fLongoRY - 2016/07/31(Sun) 07:54 ID:vUEnZPfM  [No.106072]
連続投稿失礼します。

日テレG+ presents「第10回日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦」

7月30日(土)後楽園ホール

◆第7試合 GHCヘビー級選手権試合 時間無制限1本勝負
潮崎 豪 vs 杉浦 貴

試合後リング上のやりとりです。

<鈴木>「“正々堂々"と戦ってチャンピオンになった杉浦貴に拍手を! こんな大事な時に丸藤、中嶋。ヨソなんか出てる場合じゃねえんじゃねーのか?オラ!! 私利私欲に走った丸藤、中嶋なんてな俺たち鈴木軍の敵じゃねえんだ。もう帰ってこなくていいからねー。さあ、新しいチャンピオン…杉浦貴にもう一度拍手だ。さあ!! よーく聞け。何が起きたってな、俺たち鈴木軍……イチバーン!」

そこにマスク姿のマイバッハ谷口が刺又片手に乱入。刺又を振り回して鈴木軍をナデ斬りにするや、杉浦をも刺又式ラリアットでKO。さらにはリング下から持ち出したテーブルをリング上にセット。その上に杉浦を乗せた谷口は、すかさずマイバッハプレスを投下して机を真っ二つに。

<谷口>「杉浦! 次は俺だ!」




[掲示板へ戻る] [前100] [最新50]
処理 記事No パスワード

お名前
E-mail
コメント
URL
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色