[掲示板へ戻る]

WRESTLE−1武藤派スレ

[1] ゼブラ - 2013/07/10(Wed) 22:14 ID:qE2YtSaU  [No.100524]
全日本を退団した武藤の新団体WRESTLE−1のスレです。


[122] ただの全日ファン - 2015/08/10(Mon) 00:08 ID:KJa4AHSg  [No.104588]
8月8日(土)に行われたWRESTLE-1 GRAND PRIX 2015準々決勝の結果
 〇征矢学vs×芦野祥太郎(11分8秒 サソリ固め)
 〇KAZMA SAKAMOTOvs×カズ・ハヤシ(10分15秒 ゴリーボム→片エビ固め)
 〇黒潮“イケメン”二郎vs×TAJIRI(16分13秒 スモールパッケージホールド)
 〇近藤修司vs×田中稔(23分34秒 キングコングラリアット→片エビ固め)

準決勝の対戦カード
 征矢学vs黒潮“イケメン”二郎
 KAZMA SAKAMOTOvs近藤修司

2015年10月より「プロレス総合学院」なるプロレス専門の学校を開校。
在学期間は6ヶ月


[123] ただの全日ファン - 2015/08/31(Mon) 03:08 ID:v/Sh4BrA  [No.104698]
8月30日(日)に行われたWRESTLE-1 GRAND PRIX 2015準決勝と決勝の結果
準決勝
×KAZMA SAKAMOTOvs〇近藤修司(10分44秒 キングコングラリアット→片エビ固め)
×黒潮“イケメン”二郎vs〇征矢学(13分22秒 ワイルドボンバー→片エビ固め)
決勝
×近藤修司vs〇征矢学(20分42秒 ワイルドボンバー→片エビ固め)

WRESTLE−1にて、UWA世界6人タッグとF−1タッグの復活が発表されました。


[124] fun◆fLongoRY - 2015/09/22(Tue) 07:59 ID:WMOuWip.  [No.104798]
WRESTLE-1 TOUR 2015 2nd ANNIVERSARY
9月21日(月・祝) 東京・後楽園ホール

主な試合結果です。

第6試合 WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
[王 者]×KAI
19分49秒 ワイルドボンバー→片エビ固め
[挑戦者]○征矢学
※第5代王者KAIが初防衛に失敗。征矢が第6代王者となる。


[125] fun◇fLongoRY - 2015/10/10(Sat) 07:59 ID:9tDlQ2iQ  [No.104898]
WRESTLE-1
「WRESTLE-1 TOUR 2015 ファン感謝デー」
10月9日(金) 東京・後楽園ホール

主な試合結果です。

第3試合 WRESTLE-1チャンピオンシップ次期挑戦者決定3WAYマッチ 30分1本勝負
浜亮太○
9分06秒 リョウタハマー→体固め
×KAI 、河野真幸

第5試合 UWA世界6人タッグ王座決定戦 時間無制限1本勝負
○黒潮“イケメン”二郎&中之上靖文&吉岡世起
[セコンド]ビッグダディ・林下清志
12分51秒 ムーンサルトプレス→片エビ固め
AKIRA&葛西純&熊ゴロー×
[セコンド]美奈子
※Jacketsが新王者組

第6試合 F-1タッグチャンピオンシップ 初代王者決定戦 60分1本勝負
武藤敬司&○神奈月
16分13秒 シャイニングウィザード→片エビ固め
征矢学&スギちゃん×
※ダブル武藤が初代王者組


[126] ただの全日ファン - 2015/11/28(Sat) 04:23 ID:d2orwORk  [No.105122]
11月27日(金)のタイトル戦の結果
UWA世界6人タッグ選手権試合
(王者組)KAZMA SAKAMOTO&NOSAWA論外&×土肥 孝司vs(挑戦者組)黒潮“イケメン”二郎&〇中之上 靖文&吉岡世起(12分4秒 ダイビングエルボードロップ→片エビ固め)
挑戦者組が王座奪還

WRESTLE−1タッグチャンピオンシップ
(王者組)×征矢学&葛西純vs(挑戦者組)〇河野真幸&近藤修司(21分2秒 ランニングニーアタック→片エビ固め)
挑戦者組が新王者に

火野裕士がREAL DESPERADO入り


[127] fun◆fLongoRY - 2015/12/25(Fri) 09:39 ID:7.BohKBo  [No.105247]
WRESTLE-1 TOUR 2015 SHINING WINTER
12月24日(木) 東京・後楽園ホール

主な試合結果です。

第3試合 シングルマッチ 30分1本勝負
×黒潮“イケメン”二郎
9分24秒 Fuking BOMB→体固め
○火野裕士

第6試合 WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
[王 者]○アンディ・ウー
12分51秒 フェイホン→片エビ固め
[挑戦者]×吉岡世起
※第2代王者アンディが3度目の防衛に成功。

▼第7試合 WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
[王 者]○征矢学
18分2秒 ワイルドボンバー→片エビ固め
[挑戦者]×河野真幸
※第6代王者・征矢が2度目の防衛に成功。

防衛した征矢に、火野が挑戦表明。1月10日の選手権試合が決まったそうです。


[128] ただの全日ファン - 2016/01/10(Sun) 22:36 ID:KJa4AHSg  [No.105306]
1月10日の主な結果
WRESTLE−1認定クルーザーディビジョンチャンピオンシップ
(王者)×アンディ・ウーvs(挑戦者)〇大和ヒロシ(15分32秒 ノーザンライトボム→片エビ固め)
スペシャル6人タッグマッチ
 〇武藤敬司&曙&真田聖也vsKAZMA SAKAMOTO&×NOSAWA論外&MAZADA(12分48秒 シャイニングウィザード→体固め)
WRESTLE−1認定チャンピオンシップ
(王者)×征矢学vs(挑戦者)〇火野裕士(16分53秒 Fucking BOMB→体固め)

新シングル王者火野裕士に田中稔が挑戦表明し、次期挑戦決定。
新クルーザー級王者に全日本を退団したばかりの鈴木鼓太郎が挑戦表明したが、次期挑戦者は稲葉大樹に決定。
曙の「王道」に武藤が協力了解。


[129] fun◆fLongoRY - 2016/01/11(Mon) 14:20 ID:/JHeNua.  [No.105308]
>全日ファンさん

WRESTLE−1の情報ありがとうございます。

全日退団した鼓太郎が遂に登場したそうですね…

その第5試合でのWRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ試合後のやりとりですが、

アンディ・ウーに勝利し、新王者となった大和は、ベルトを高々と掲げて勝ち名乗りを受け、カメラマンからの記念撮影に応じるが、そこにスーツ姿の鈴木鼓太郎が登場し、場内は騒然。

鼓太郎は「よう大和、久しぶりだな。久しぶりで申し訳ないけど、そのベルト、もらいに来たぞ。やるのかやらねえのか」といきなりの挑戦状を叩きつけるが、大和は「いきなり出てきて何言ってるんですか。このクルーザーディビジョンのベルトに挑戦するまで、すっげえ苦労してきたんですよ。『挑戦したい』で『はい、そうですか』って言えるほど、安いベルトじゃないんだよ。何の実績もないんですよね。それに見合うだけの実績を用意してくださいよ」と拒否。

すると鼓太郎は「OK、いくらでも作ってやるよ。このリングでな。カード用意しとけよ。オレは時を動かしに来たんだよ。あの時の続きをやろうぜWRESTLE−1。大和、オレのカード考えとけよ」と言い残して去って行ったそうです。


[130] fun◆fLongoRY - 2016/02/11(Thu) 13:47 ID:r/voG2wg  [No.105415]
『WRESTLE-1 TOUR 2016 W-IMPACT』
2月10日(水)東京・後楽園ホール

主な試合結果です。

▼スペシャルシングルマッチ 30分1本勝負
×アンディ・ウー
8分10秒 タイガードライバー→エビ固め
○鈴木鼓太郎

▼イケメン試練の七番勝負 第一戦 シングルマッチ 30分1本勝負
×黒潮“イケメン”二郎
10分35秒 アサイDDT→体固め
○ウルティモ・ドラゴン

▼WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
○大和ヒロシ
15分55秒 ノーザンライトボム→片エビ固め
×稲葉大樹
※第3代王者が初防衛に成功

▼スペシャルシングルマッチ 30分1本勝負
×KAI
12分59秒 ムーンサルトプレス→片エビ固め
○真田聖也(S.P.E)

▼スペシャル6人タッグマッチ 30分1本勝負
○武藤敬司&カズ・ハヤシ&岡林裕二
11分11秒 シャイニングウィザード→体固め
ザ・グレート・カブキ&×浜亮太&神谷英慶

▼WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
○火野裕士
20分59秒 Fucking BOMB→体固め
×田中稔
※第7代王者が初防衛に成功

アンディに勝った鼓太郎の挑戦をクルーザーディビジョン王者の大和が受諾。

セミの6人タッグの試合後、武藤のもとに元全日の佐藤恵一が現れ、W1出場を直訴。
次回の後楽園大会に試合が組まれるような運びとなりそうです。

メインでは、王座防衛した火野に近藤修司が挑戦表明。
火野はKAZUMAとのタッグ王座挑戦を条件に挑戦を受諾する模様。


[131] fun◇fLongoRY - 2016/03/08(Tue) 23:49 ID:Dahl922E  [No.105527]
大和ヒロシが3月6日の宮城大会の試合中に首を負傷し緊急入院したそうです。
また、保持していたWRESTLE−1クルーザーディビジョン王座を返上することも発表。

大和の検査は継続中で、現状の医師の診断によると頸椎ヘルニアによる頚椎損傷の可能性があり、完治までには数カ月かかるとの見込みと診断されたためで、王座返上にともない第4代王者決定トーナメントの開催も決定。
トーナメント出場選手は田中稔、アンディ・ウー、吉岡世起、鈴木鼓太郎の4選手で、3月11日の長野・伊那市民体育館大会で1回戦・田中vs.吉岡、鼓太郎vs.アンディ・ウーを行い、両試合の勝者が3月13日の東京・後楽園ホール大会にて王者決定戦を行うとの事。


[132] ただの全日ファン - 2016/03/09(Wed) 04:03 ID:lLJits4o  [No.105532]
遅くなりましたが、3月6日に行われたタッグ王座戦の結果です。
WRESTLE―1タッグチャンピオンシップ
(王者組)河野真幸&×近藤修司vs(挑戦者組)〇火野裕士&KAZMA SAKAMOTO(17分47秒 Fucking BOMB→体固め)

火野裕士が二冠王となりました。
近藤のシングル奪取は黄色信号かな。
次の挑戦者は2代王者組の征矢学&葛西純となりました。



[133] ただの全日ファン - 2016/03/13(Sun) 20:51 ID:JSfSZU0g  [No.105558]
今日3月13日(日)に行われたタイトル戦の結果です。

WRESTLE―1認定クルーザーディビジョンチャンピオンシップ王者決定トーナメント決勝戦
×田中稔vs〇鈴木鼓太郎(14分24秒 タイガードライバー→エビ固め)
WRESTLE―1認定チャンピオンシップ
(王者)〇火野裕士vs(挑戦者)×近藤修司(16分6秒 Fucking BOMB→エビ固め)

火野裕士に河野真幸が次期挑戦表明。
鈴木鼓太郎に対してTAJIRIが挑発。


[134] ただの全日ファン - 2016/03/15(Tue) 00:28 ID:dLzoBE3c  [No.105562]
4月6日(水)後楽園ホールにて次期WRESTLE―1認定クルーザーディビジョンチャンピオンシップ
(王者)鈴木鼓太郎vs(挑戦者)TAJIRIが決定しました。

3月20日(日)千葉・Blue Field大会にて練習生藤村康平がデビューします。


[135] fun◆fLongoRY - 2016/03/15(Tue) 13:42 ID:1VAv9zy2  [No.105563]
近藤修司が右ヒザ負傷のため欠場することが発表。13日の後楽園ホール大会でW−1王者・火野裕士に挑戦した近藤は、試合中に右ヒザを負傷。
試合後の医師の診断によると「右膝内側靭帯損傷」の疑いがあり、3月20日の千葉・Blue Field大会及びそれ以降の大会を欠場することが決定したそうです。


また、4月6日(水)東京・後楽園ホール大会にてWRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップを戦う事が決定した王者・鈴木鼓太郎とTAJIRIの会見の模様です。

鼓太郎「僕がWRESTLE-1に“あの時の続き”をしに来たと言ってリングに上がって、その時のチャンピオンは“あの時の続き”を否定しました。誰も観たくないだろうと。でも結果、“あの時の続き”になりました。その“あの時の続き”で勝ち取ったこのベルトで更に新しい闘いが生まれた。これは大きなことだと思います。次の防衛の相手はTAJIRI選手。正直、触れたこともないですね。一緒の会場にいたこともないと思います。そのTAJIRI選手とこのタイミングで防衛戦を行うというのがこれまた面白い運命だな、と思っています。ですがせっかく獲ったこのベルト、簡単に渡す訳にはいかないので必ず防衛したいと思います」
TAJIRI「・・・・・・・・・・」

――TAJIRI選手、コメントはございますか
TAJIRI「…いやなんか見た目と違ってすげぇ礼儀正しいし、クリーンファイトだったし、なんか予想を裏切ってギャップが凄くて面白いなって。で、もう決定なんでしょ?うん、鼓太郎選手、敵に背中見せない方がいいよ。で、昨日の今日だから。あんなことあったばかりだから横になんて座れないよ。とても座れないから」

――鼓太郎選手は一度も対戦した事のないTAJIRI選手に対して、客観的にどのようなイメージをお持ちですか?
鼓太郎「そうですね、今もそうですけど独特の雰囲気を持っているなと思っています。まぁ強敵というよりは難敵という感じですね」

――今まで対戦したことのないようなタイプと感じているという事でしょうか
鼓太郎「そうですね。本当に自分の間というものを持っている選手だと思います」

――TAJIRI選手にとっても鼓太郎選手は今までに戦った中ではなかなかいないタイプの選手だと思うのですが、如何でしょうか
TAJIRI「まぁ正直WRESTLE-1来て初めて試合を観たんですけど…まぁ昨日も言ったんですけど、見た目のビジュアルと試合のクリーンさのギャップがすげぇなって、だから面白いなって思いまして」

――そのギャップの面白さというのはTAJIRI選手にとって戦いやすい物なのでしょうか
TAJIRI「あぁ〜やってみなきゃわからない。なんか久しぶりに面白そうだな」

――TAJIRI選手はこのクルーザーの王者決定トーナメントに出場していなかったですが、今回クルーザーの闘いに入っていくことについてはどう思っているのでしょうか。
TAJIRI「感謝ですよね。トーナメントに出ていない人間なのに挑戦受けてくれて。一体どうなってんだって」

――鼓太郎選手は試合後にTAJIRI選手以外の選手が出てこなかったことについてはどう感じていますか
鼓太郎「そうですね、昨日でこのベルト流出してますからね。クルーザーの選手はもっと危機感を持った方がいいですね」

――鼓太郎選手はベルトを獲りましたが、これからどんな色にしていきたいですか。
鼓太郎「まずはクルーザーの確立ですよね。しっかり誰がクルーザー級なのか、クルーザー級じゃないのか、そこの線引きをしっかりしたい。そこからです」

――TAJIRI選手はクルーザーのベルトを獲って、その先にどのようなものを見据えていますか
TAJIRI「何にも考えてません。取り敢えずこの人と闘ってみたいです」



[136] ただの全日ファン - 2016/04/07(Thu) 00:55 ID:N7xWOwA6  [No.105653]
4月6日(水)の試合結果
第1試合 ×藤村康平vs〇佐藤恵一(5分32秒 逆エビ固め)
第2試合 ○“brother”YASSHI&村瀬広樹&芦野祥太郎vsカズ・ハヤシ&×翔太&三富政行(8分35秒 フライングビッグヘッド→片エビ固め)
第3試合 ×田中稔&浜亮太&アンディ・ウー&稲葉大樹vs真田 聖也&○NOSAWA論外&MAZADA&土肥 孝司(7分37秒 超高校級ラ・マヒストラル)
第4試合 イケメン試練の七番勝負 第三戦
×黒潮“イケメン”二郎vs〇高木三四郎(9分38秒 シットダウンひまわりボム→エビ固め)
第5試合 WRESTLEー1認定シングル王座次期挑戦者決定戦
〇KAIvs×河野真幸(6分56秒 翔太公認・雁之助クラッチ)
第6試合 WRESTLEー1認定クルーザーディビジョン王座戦
(王者)〇鈴木鼓太郎vs×TAJIRI(14分29秒 タイガードライバー)
第7試合 武藤敬司&AKIRA&&×熊ゴローvs岡林裕二&○中之上 靖文&吉岡世起(9分31秒 ダイビングエルボードロップ→エビ固め)
第8試合 WRESTLEー1認定タッグ王座戦
(王者組)○火野裕士&KAZMA SAKAMOTOvs(挑戦者組)×征矢学&葛西純(17分56秒 Fuching BOMB→片エビ固め)


[137] ただの全日ファン - 2016/04/07(Thu) 14:46 ID:N7xWOwA6  [No.105654]
5.4後楽園ホール大会にて、次の2王座戦が決定しました。
WRESTLE−1認定シングル王座戦
(王者)火野裕士vs(挑戦者)KAI
WRESTLE−1認定クルーザーディビジョン王座戦
(王者)鈴木鼓太郎vs(挑戦者)カズ・ハヤシ


[138] fun◆fLongoRY - 2016/04/08(Fri) 00:56 ID:Z93nOQKc  [No.105656]
遅くなりましたが、クルーザーディビジョンの王座を防衛した鼓太郎に挑戦表明したカズ・ハヤシと鼓太郎の試合後のコメントです。

カズ・ハヤシ
「あいつとはずっと闘う運命にあったのかもしれないけど、俺の中で、この3年間、どういう風な闘い方してきたか、次の後楽園で決着付けます」

鈴木鼓太郎
「いやさすがプロレス界のメジャーリーガーですよ。やっぱ色んな動き知ってるし、引き出しが多い。ほんとに強さは感じないけど奥深さはすごい感じますね。そのそこまで今日俺はたどり着いてない感じがするね。もう一度二度でも三度でも。TAJIRIの底が見てみたいそう思いましたね」

――次カズ選手が上がってきましたが
「いや遅いって。今リング上で言ってたけどこのベルトどんな気持ちで作ったかって。だったら一番最初に出てこいよ。何度も言うけど、このベルト流出してるんだよ。誰も出てこないだろ。一人ずつ出てきやがった、お前ら日替わり弁当か?ちげーだろ。全員で取り返しに来いよ。まあでも、俺は最後の分裂前の両国でね、確かコメントしてるはずですよ。選手同士の気持ちがわかれたわけじゃないって。また、いつかどこかで必ずって。それと似たようなコメント残してるはずです。それが、次だって事ですよね。元々このベルト提唱してこのベルト創設したのはカズハヤシでしょう。俺がバーニングで来た挑戦俺はシングルで負けてますからね。その借りを返してその結果でこのベルトを輝かせますよ。何度も言うけどクルーザー級の選手おとなしすぎるよ」


[139] ただの全日ファン - 2016/05/05(Thu) 01:24 ID:YkGMRrEA  [No.105770]
5月4日のタイトル戦の結果

WRESTLE―1認定クルーザーディビジョン王座戦
(王者)〇鈴木鼓太郎vs×カズ・ハヤシ(13分26秒 タイガードライバー→エビ固め)
WRESTLE―1認定シングル王座戦
(王者)×火野裕士vs〇KAI(20分00秒 本家公認雁之助クラッチ)

8月11日横浜文化体育館大会に秋山準が参戦。
これを機に、WRESTLE−1と全日本の交流が起きれば嬉しいが。


[140] fun◇fLongoRY - 2016/05/05(Thu) 08:17 ID:IdK.Png6  [No.105775]
その秋山準の来場の模様ですが、セミの6人タッグマッチで試合後にマイクを握った武藤は「LEONA、大地、成長したね。やってて楽しかった。ところで、8月11日、横浜文化体育館で戦いたい相手が今日来てるはずなんだけど…」と言うと、テーマ曲に乗って登場したのがスーツ姿の秋山準...。

武藤が右手を差し出すも、秋山は出した右手を寸前でかわして握手せずにリングを降りてから「武藤さん、お互いにやってない期間、若いのを引き連れてやりましょう。それで勝負しましょう」と、タッグマッチでの対戦を呼びかけたそうです。


[141] fun◆fLongoRY - 2016/05/17(Tue) 08:09 ID:JZ1T7lI.  [No.105806]
「WRESTLE-1 GRAND PRIX 2016」の開催と日程、組み合わせが発表されました。

―WRESTLE-1 GRAND PRIX 2016概要―

・WRESTLE-1 GRAND PRIX 2016 出場選手は全16選手。

・トーナメント公式戦は全て時間無制限1本勝負。

・6月15日(水)東京・新宿FACE大会にて1回戦を行い、6月18日(土)神奈川・横浜ラジアントホール大会、6月26日(日)千葉・臨海体育館大会で2回戦、7月1日(金)東京・後楽園ホール大会で準決勝、決勝戦。

・ルールに関しては通常のプロレスルールを採用。


「WRESTLE-1 TOUR 2016 OUTBREAK」

6月15日(水)東京・新宿FACE
<WRESTLE-1 GRAND PRIX 2016 1回戦>

征矢学
vs
KAZMA SAKAMOTO


村瀬広樹
vs
稲葉大樹


6.8後楽園ホール大会のKAIvs.芦野の敗者
vs
黒潮“イケメン”二郎


6.8後楽園ホール大会の鈴木鼓太郎vs.AKIRAの敗者
vs
土肥孝司


火野裕士
vs
浜亮太


中之上靖文
vs
熊ゴロー


カズ・ハヤシ
vs
田中稔


河野真幸
vs
吉岡世起

6月18日(日)神奈川・横浜ラジアントホール

▼WRESTLE-1 GRAND PRIX 2016 2回戦@ シングルマッチ 時間無制限1本勝負

1回戦@の勝者vs1回戦Aの勝者

▼WRESTLE-1 GRAND PRIX 2016 2回戦A シングルマッチ 時間無制限1本勝負

1回戦Bの勝者vs1回戦Cの勝者


「WRESTLE-1 TOUR 2016 OUTBREAK」

6月26日(日)千葉・臨海体育館(市原市)

▼WRESTLE-1 GRAND PRIX 2016 2回戦B シングルマッチ 時間無制限1本勝負

1回戦Dの勝者vs1回戦Eの勝者

▼WRESTLE-1 GRAND PRIX 2016 2回戦C シングルマッチ 時間無制限1本勝負

1回戦Fの勝者vs1回戦Gの勝者


「WRESTLE-1 TOUR 2016 SYMBOL」

7月1日(金)東京・後楽園ホール

▼WRESTLE-1 GRAND PRIX 2016 準決勝@ シングルマッチ 時間無制限1本勝負

2回戦@の勝者vs2回戦Aの勝者

▼WRESTLE-1 GRAND PRIX 2016 準決勝A シングルマッチ 時間無制限1本勝負

2回戦Bの勝者vs2回戦Cの勝者

▼WRESTLE-1 GRAND PRIX 2016 決勝戦 シングルマッチ 時間無制限1本勝負

準決勝@の勝者vs準決勝Aの勝者


[142] fun◆fLongoRY - 2016/05/17(Tue) 08:09 ID:JZ1T7lI.  [No.105807]
連続投稿失礼します。

16日、都内GSPメディアセンター大会にて武藤敬司が記者会見。開催が決定した「WRESTLE−1 GRAND PRIX 2016」(7月1日 決勝戦)及び、8月11日(木・祝)「プロレスLOVE in YOKOHAMA」の自身のカードが決定したことについてコメントを発表。

武藤「去年に引き続きトーナメントが開催されることになりました。これがトーナメントの枠組みです(トーナメント表を公開)。正直、季節の変わり目で俺自身が風邪をひいてしまってですね。この1週間調子悪くしてるんですが、まぁ約1カ月先ですから選手たちもコンディションよく整えてトーナメントに臨んでいただき、素晴らしい数々の試合を作り上げていってほしいです。そしてこれが来年、再来年と続けていけるように。6月が来たら“トーナメント始まるぞ”って周りが騒ぎ出すようなトーナメントになってほしいと思います。そしてこのトーナメントを勝ち上がった一人が8月11日の横浜文体でタイトルに挑戦することとなります。以上です」

続いて、8月11日の横浜文化体育館大会の自身の対戦カードについてコメント。

武藤「まぁ6人タッグということで。コメントしろと言われてもまだこのトーナメントもあるし、じゃあ誰を選抜するかって言われても俺自身の中ではまだ決まってないというか。その中で対する秋山選手。3年前は同じ釜の飯を食って。そこから彼が社長になり俺はWRESTLE−1で代表になり。境遇は非常に似ているという中で、たぶん俺個人的には秋山と戦うことで“確かめ”というか。とにかく若手を引き連れていくということは未来の懸け橋にもなるような試合になればいいかなと思っています」

――改めて全日本プロレスと試合をする、秋山選手と試合をしたいと思ったのはなぜなのでしょうか?

 いやまぁ境遇が似てるじゃないですか。お互いたぶんこの3年間というのは苦労しているだろうし。それは経営者としても人材育成という部分でも。ちょうどこの3年目の節目ということでお互いのさっき言った“確かめ”という部分。それは秋山も感じてると思うんだよね。だからこの試合に限っては、俺がやりたいという希望でリクエストした試合で、すぐに良い返事も来たんで。彼自身も望むところだったんじゃないかと思っております。

――3年という時間が武藤選手の中ではちょうどいいタイミングっだということでしょうか?

 そうですね。秋山が言っていたとおり、俺の知らない若手がいて。うちにも秋山が知らない若手がいる中で。まぁ時という物は過去のどうとかそういったものを踏みつぶしながらずっと日々生きていかなければならないからね。その中で、果たして俺たちがやってきたことは間違っていなかったのか間違いだったのかという“確かめ”。いろんな“確かめ”という意味がありますね。

――この3年間の間、武藤選手から全日本プロレスについてはどのように見えていたのでしょうか?

 いや、あんまり。俺にはWRESTLE−1という物があるから意識して、あえて見ようとはしていなかった気がするね。

――そんな中でさえも秋山選手の言っていた、若い選手が気になってはいると言事でしょうか?

 興味ありますよね。うちの中で、たぶん今の時点では誰が出るかわからないけど、どうしても育ちの違いっていうのは出てきますからね。ある意味非常に楽しみですよ。

――WRESTLE−1側の若手で目星をつけている選手はいますか?

 いやこのトーナメントがあるからさ。このトーナメントも観察しながらチョイスしていかなきゃならないよね。俺がこのトーナメントで一番期待してるのはやっぱり若手であって。下剋上の期待してますので。しかも優勝者はチャンピオンシップに出るから、俺のパートナーだったら困るわけだよ。まぁまぁ「彼だ! こいつだ!」ってのは全然決まってないですよ。相手も決まってないからね。相手も知らないからさ。これ向こうから先にわかるのか? 相手の駒見てこいつをぶつけるってのはあったりするのか?俺分かんねぇよ。

――いずれにしよ7月1日の決勝が終わった段階で、なるべく早く決めるということでしょうか?

 そうですね。幸いにもこれトーナメントですから。負けたら終わりですからね。

――パートナーの条件は若手というほかにあるのでしょうか?

 ほかに? やっぱりこの3年……この3年以内にデビューした奴っていうと限られるのか? まぁ秋山が知っている奴でもこいつは変わった、いい意味で変わったレスラー、上達したレスラーと組む可能性もあるよね。

――秋山選手は俺は点として出るけれどこれを線にするのはその若手次第だとおっしゃっていましたが、武藤選手の考えはいかがでしょうか?

 一緒ですね。ある意味で言ったらこれをチャンスにしてほしいですね。ただ俺自身はとりあえず横浜文化体育館での試合しか考えてないよ。

――トーナメントであえて期待する選手は、名前を挙げると擦れば誰でしょうか?

 まぁ若手ですよね。うーん、どこからどこが若手になるんだ? 俺から見たらみんな若手に見えるからなぁ。KAI対芦野の敗者……タイトルマッチがあるんだな。ということはチャンピオンは出ないってことだな。まぁみんな頑張ってほしいよ。


 今年も開催されることとなったWRESTLE−1 GRAND PRIX。トーナメント覇者は8.11神奈川・横浜文化体育館大会で、その時点の王者に挑戦となることを武藤敬司が明言。さらに自身の対戦カードが全日本プロレスと6人タッグマッチの対抗戦となることについてもコメントしていました。


[143] ただの全日ファン - 2016/06/09(Thu) 23:12 ID:lLJits4o  [No.105882]
昨日8日(水)に行われたタイトル戦の結果
WRESTLE−1認定UWA世界6人タッグ選手権試合
(王者組)カズ・ハヤシ&田中 稔&〇TAJIRIvs(挑戦者組)河野真幸&YASSHI&×村瀬広樹(11分12秒 回転エビ固め)
WRESTLE−1認定クルーザーディビジョンチャンピオンシップ
(王者)〇鈴木鼓太郎vs(挑戦者)×AKIRA(15分21秒 タイガードライバー→エビ固め)
WRETLE−1認定タッグチャンピオンシップ
(王者組)火野裕士&×KAZMA SAKAMOTOvs(挑戦者組)〇中之上靖文&岡林裕二(15分36秒 ナックアウェイ→片エビ固め)
WRETLE−1認定チャンピオンシップ
(王者)〇KAIvs(挑戦者)×芦野祥太郎(17分22秒 本家公認雁之助クラッチ)


[144] fun◆fLongoRY - 2016/06/11(Sat) 07:32 ID:tODVQ1hk  [No.105889]
10日、WRESTLE-1王者のKAIが脇腹を負傷し、医師より1週間の安静を告げられたことが発表されたそうです。

KAIは8日の後楽園ホールにて開催された『WRESTLE-1 TOUR 2016 OUTBREAK』のメインイベントにて、デビュー1年4ヶ月の芦野祥太郎相手にW-1王座の防衛に成功。しかしその試合で脇腹を負傷し、骨が折れたりヒビが入るほんと一歩手前だと診断された結果一週間の絶対安静を医師から言い渡されたという。
これにともないWRESTLE-1 6.12郡山大会には愛媛プロレスの三富政行が、6.15新宿FACE大会にはガンバレ☆プロレスの大家健が、6.16ハキダメ★プロレス蕨大会でのvs力戦には代打未定、6.17ガッツワールド新木場大会でのvsマスクドミステリーには黒潮“イケメン”二郎の代打出場が決定。

KAIはいつになく神妙な面持ちで謝罪をすると、7月3日のDDT博多大会でKO-Dタッグ王座への挑戦が決まっているパートナーのガンバレ☆プロレス大家健代表が「KAIと出会ってからわずか1、2カ月ですが、ガンバレ☆プロレス並びに大家健は、KAI選手にとても助けられてきました。たくさんの恩義を受けました。今、KAIがケガをして困っているというのであれば…人間はね、恩義を受けた人間に恩を返すのが当然でしょ。このWRESTLE-1のチャンピオンであるKAIのかわりになるかどうかはわかりませんが、このガンバレ☆プロレス代表・大家健が一生懸命!一生懸命試合をさせていただきます!よろしくお願いいたします!KAI!KAI、うなずくだけでいいよ、絶対安静なんだ。辛い!辛いと思う!でもな、お前が今できることは絶対に安静にして、1日でも早く!1日でも早く!プロレスラーとして復帰することだ!お前がいない間は俺が頑張るから。しっかり!しっかり治してくれ!」とガッチリとKAIの手を握りエールを送ったそうです。


[145] fun◆fLongoRY - 2016/06/29(Wed) 07:25 ID:mm2jWhbs  [No.105951]
28日、WRESTLE-1がAKIRA、田中稔、TAJIRI、浜亮太、中之上靖文の5選手が6月30日をもって契約満了につき退団する事を発表したそうです。

 7月1日後楽園ホール大会へはフリーとして田中稔、TAJIRI、中之上靖文は参戦し、以降も引き続きフリーとして参戦の可能性はあるとの事。

浜に関しては当初より対戦カードに名前がなく、AKIRAは不出場となりかわりにプロレス総合学院一期生の頓所 準が出場予定。

 AKIRAはプロレス総合学院の教頭でもあり講師として教える立場でもあるが、こちらに関してはどのような形になるのか今後の発表が待たれます。


[146] ただの全日ファン - 2016/06/29(Wed) 23:11 ID:pQZSwUuQ  [No.105955]
AKIRAは、プロレス総合学院も辞めるようだね。
TWITTERで、「これから最後の授業」って書いてるから。

田中稔は、継続してフリー参戦するのかな?
TWITTERで「W-1にはまだ7試合出場します。」って書いてるってことは、W-1では後7試合のみのような気がする。

中之上と浜は大日本を主戦場かな?


[147] ただの全日ファン - 2016/07/02(Sat) 04:23 ID:rP0B2GYw  [No.105962]
W−1トーナメントは征矢学が2連覇。
次期WRESTLE−1選手権は、KAIvs征矢学だろうが、その次は、タッグ戦でKAIからフォールした武・殺忌苦(イケメン二郎)が挑戦なのかな?


[148] fun◆fLongoRY - 2016/07/02(Sat) 14:02 ID:Cx1i6yLA  [No.105963]
>全日ファンさん
いつも有り難う御座います。

「WRESTLE-1 TOUR 2016 SYMBOL」
7月1日(金)東京・後楽園ホール

主な試合結果です。


第2試合 WRESTLE-1 GRAND PRIX 2016 準決勝第1試合 時間無制限1本勝負
○火野裕士
5分16秒 Fuckin' BOMB→体固め
×カズ・ハヤシ

第3試合 WRESTLE-1 GRAND PRIX 2016 準決勝第2試合 時間無制限1本勝負
○征矢学
27秒 タオル投入→TKO
×芦野祥太郎

第5試合 WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
[王者]○鈴木鼓太郎
12分43秒 タイガードライバー→エビ固め  ※鼓太郎は5度目の防衛に成功
[挑戦者]×アンディ・ウー

第6試合 スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負
×KAI、稲葉大樹
13分6秒 ダイビングフットスタンプ→体固め
グレート・ムタ、○武・殺忌苦

第7試合 WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ 60分1本勝負
[王者]○中之上靖文、岡林裕二
18分38秒 ダイビングエルボードロップ→片エビ固め ※第5代王者組が初防衛に成功
[挑戦者]近藤修司、דbrother”YASSHI

第8試合 WRESTLE-1 GRAND PRIX 2016 決勝戦 時間無制限1本勝負
×火野裕士
15分0秒 ワイルドボンバー→片エビ固め
○征矢学


この日の試合開始前におなじみのテーマ曲とともに長期欠場中の大和ヒロシが登場。

大和は「皆さん、こんばんは。今年の3月6日仙台大会でケガをし、長期欠場をしておりました。このたび、8月11日、横浜文化体育館で復帰できることとなりました。これからこのリングの内側、外側から盛り上げていけますよう、精一杯頑張っていきますので、よろしくお願いします」と復帰を表明したとの事。


[149] fun◆fLongoRY - 2016/07/05(Tue) 13:53 ID:IdK.Png6  [No.105974]
8月11日(木・祝)「プロレスLOVE in YOKOHAMA」神奈川・横浜文化体育館大会の
武藤敬司選抜選手が土肥孝司、熊ゴローに決定。

主な対戦カードです。

「プロレスLOVE in YOKOHAMA」
8月11日(木・祝)神奈川横浜文化体育館

▼WRESTLE-1 vs 全日本プロレス スペシャル6人タッグマッチ
武藤敬司&土肥孝司&熊ゴロー
vs
秋山準&野村直矢&青柳優馬(全日本プロレス)

▼大和ヒロシ復帰戦6人タッグマッチ
大和ヒロシ&立花誠吾(プロレス総合学院1期生)&頓所隼(プロレス総合学院1期生)
vs
NOSAWA論外&MAZADA&KIKUZAWA

▼WRESTLE-1チャンピオンシップ60分1本勝負
【第8代王者】KAIvs【挑戦者】征矢学
※第8代王者・KAI、2度目の防衛戦

▼WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ60分1勝負
【第4代王者】鈴木鼓太郎vs【挑戦者】児玉祐輔
※第4代王者・鈴木鼓太郎、6度目の防衛戦。

▼スペシャル6人タッグマッチ
カズ・ハヤシ&ザ・グレート・サスケ(みちのくプロレス)&ディック東郷
vs
近藤修司&“brother”YASSHI&大鷲透


▼イケメン試練の七番勝負 第六戦 シングルマッチ
黒潮“イケメン”二郎vs飯伏幸太(飯伏プロレス研究所)


[150] fun◆fLongoRY - 2016/08/06(Sat) 14:27 ID:8UyB8Kdk  [No.106087]
WRESTLE−1の征矢学が負傷のため8月11日の横浜文化体育館大会を欠場することが発表された。征矢は3日の王道プロレス弘前大会にて試合中に右肩を負傷し、医師の診断の結果「右肩鎖関節脱臼及び靭帯損傷」との診断を受けた。なお復帰時期については未定となるそうです。
 征矢は横浜大会でのWRESTLE−1チャンピオンシップで王者KAIに挑戦する予定だったが白紙に。変更カードについては6日の小田原大会の次期挑戦者決定戦「近藤修司vs稲葉大樹」の結果を受け決定するとの事。


征矢のコメント
「この度はこのタイミングでケガをしてしまい、大会を楽しみにされていた皆様には大変申し訳ございません。そして、会社のスタッフ、関係者様、選手の方々には大変ご迷惑おかけいたします。今こそWRESTLE−1を盛り上げなくてはと言う大事な時期に本当にすみません。不甲斐ないわたくしで大変申し訳ございません」


[151] fun◆fLongoRY - 2016/08/07(Sun) 00:13 ID:eC3wW/1g  [No.106090]
8月11日のWRESTLE−1の横浜文化体育館大会「プロレスLOVE in YOKOHAMA」にて行われるW−1チャンピオンシップの挑戦者が稲葉大樹に決定。

挑戦者・征矢学の負傷欠場を受け、6日の小田原大会で挑戦者決定戦が行われ、近藤修司を破った稲葉がビッグチャンスをつかんだ。

稲葉は2012年1月に全日本プロレス開催の公開オーディションに合格し、同団体へ入団。2013年に武藤敬司らとともに全日本プロレスを退団してWRESTLE−1の旗揚げに参戦しています。


[152] ただの全日ファン - 2016/08/11(Thu) 22:59 ID:jZBPbzkg  [No.106107]
8月11日横浜文体大会の試合結果
第1試合 ×大和ヒロシ&立花誠吾&頓所隼vsNOSAWA論外&○MAZADA&KIKUZAWA(10分13秒 正田落とし→片エビ固め)
第2試合 高木三四郎&×アンディ・ウー&吉岡世起&藤村康平vs○村瀬広樹&大家健&翔太&三富政行(9分22秒 小包固め)
第3試合 1ウェポンハードコアタッグ4WAYマッチ
 田中稔&TAJIRIvs○河野真幸&ジェイク・オーメンvs葛西純&MIKAMIvs火野裕士&×KAZU SAKAMOTO(10分17秒 イスの上へのダブルチョークスラム→片エビ固め)
第4試合 カズ・ハヤシ&ザ・グレート・サスケ&○ディック東郷vs近藤修司&×YASSHI&大鷲透(15分13秒 ダイビングセントーン→片エビ固め)
第5試合 WRESTLE−1認定クルーザーディビジョンチャンピオンシップ
(王者)×鈴木鼓太郎vs(挑戦者)〇児玉裕輔(16分52秒 サーヴィカルブレイク→エビ固め)
第6試合 イケメン試練の七番勝負第六戦
 ×黒潮“イケメン”二郎vs〇飯伏幸太(18分37秒 シットダウン式ラストライド→エビ固め)
第7試合 武藤敬司&×土肥孝司&熊ゴローvs○秋山準&野村直矢&青柳優馬(21分51秒 エクスプロイダー→片エビ固め)
第8試合 WRESTLE−1認定チャンピオンシップ
(王者)×KAIvs(挑戦者)〇稲葉大樹(21分59秒 極反り卍固め)


[153] ただの全日ファン - 2016/09/18(Sun) 21:14 ID:f.HlrV1U  [No.106248]
9月18日(日)に行われたタイトル戦の結果
WRESTLE―1認定クルーザーディビジョンチャンピオンシップ
(王者)〇児玉裕輔vs(挑戦者)×吉岡世起(13分40秒 サーヴィカルブレイク→片エビ固め)
WRESTLE―1認定タッグチャンピオンシップ王者決定戦
 〇カズ・ハヤシ&鈴木鼓太郎vs近藤修司&×YASSHI(11分17秒 パワープラント→片エビ固め)
WRESTLE―1認定チャンピオンシップ
(王者)〇稲葉大樹vs(挑戦者)×KAI(21分57秒 タイガースープレックスホールド)

新団体「Pro-Wrestling ACE」が旗揚げされます。
所属選手は、プロレス総合学院卒業生です。
CEOがDDTの木社長だから、DNAのようなことをしようとしてるのかな?
でも良いことだと思う。


[154] fun◆fLongoRY - 2016/09/19(Mon) 23:50 ID:QOAy/6PM  [No.106249]
18日、後楽園ホールにて行われた『WRESTLE-1 TOUR 2016 3rd ANNIVERSARY』の第7試合で第7代WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ王者決定戦。
 征矢が『右肩鎖関節脱臼及び靭帯損傷』により欠場し、第6代王者組の葛西純&征矢学組が王座を返上。空位となった王座を巡って近藤修司&“brother”YASSHI組とカズ・ハヤシ&鈴木鼓太郎組が闘うこととなっていたそうですが、
 闘龍門時代からタッグを組んでいるコンブラが息の合ったコンビネーションで攻めるが、カズと鼓太郎も急造タッグとは思えぬ連携を披露。カズがハンドスプリングレッグラリアートから鼓太郎がブルーディスティニー。カズがファイナルカットを叩き込み、トドメのパワープラントで3カウントを奪った。

試合後のカズ&鼓太郎、近藤&YASSHIのコメント

カズ「皆がさ、WRESTLE-1の全員がWRESTLE-1の未来をつくるって言ってるけど、俺らの試合を見ろ!」
鼓太郎「俺らは急造のタッグかもしれない。でもね、一発でこうやって結果出したんだよ。俺らはね、そこらの通常のチームより3倍強いよ」

近藤「俺たちはいつもこうだよスタートは。闘龍門入った時だって初めはこういうスタートだったよ。今からスタートでも遅くねーよなbrother!年齢は関係ねーよ」
YASSHI「こっからやね。カス野郎でも雑草根性の見せ時やね、今からじゃカス野郎、覚えとけ。脳みそだけでプロレスする奴らを俺らがいわしたるからな。見とけよカス野郎」


[155] ただの全日ファン - 2016/09/20(Tue) 22:02 ID:TKp/WHXc  [No.106259]
征矢の復帰戦が大森隆男に正式決定。


[156] fun◇fLongoRY - 2016/09/21(Wed) 13:59 ID:QJUwoQp2  [No.106260]
10.9後楽園ホール大会にて復帰が決定している征矢学とその復帰戦の対戦相手に決定した、全日本プロレス・大森隆男が記者会見を行った。
先日の全日本プロレス後楽園ホール大会では保留としていた大森選手だったが、果たしてどのような心境だったのだろうか。そして大森選手との対戦が決定した征矢の学の現在の心境とは?
 

▼以下、征矢学と大森隆男のコメント
 
征矢学
「10月9日の後楽園ホールで復帰が決まりまして。私、征矢学はどうしても復帰戦は大森さんとシングルマッチでやりたいという気持ちを、昨日ですかね?全日本プロレスさんの会場に行きまして直接私の気持ちを伝えたところ、まぁその場では返事がもらえませんでしたが今日こうしてちゃんとシングルマッチを組んでいただいたことを感謝しています」
 
大森隆男
「昨日の全日本後楽園大会でね、直接会場に足を運んでもらって彼の意向を聞きました。僕も本当に過去の事もあるんで即答はできなかったんですけど、まぁ一晩昨日試合が終わってかえっていろいろ考えまして、ここは過去の事もいろいろありましたけどすべて飲み込んだ上で彼の復帰戦の相手を務めたいというように自分で決断しました」
 
▼以下、質疑応答
 
―正式に大森選手との復帰戦が決まりましたが今の心境はいかがでしょうか。
 
征矢学
「僕、今までのプロレス人生でまぁ藤波さんの団体も全日本プロレスさんも、形としてはいい形の円満退社という事はしていないんですよ、おそらく。そういう部分でやっぱり向こう側のみなさんにはご迷惑かけたと思います。でもそれでも自分自身、今回はどうしても大森さんと復帰戦は戦いたい。もともと全日本プロレスの時には、ワイルドを組むにあたりワイルド・コントラ・ワイルド、ワイルドストリートファイヤーデスマッチ。あ、デスマッチじゃないですね。ストリートマッチ?ストリート、なんでしたっけ?まぁストリート何とかっていうシングルマッチ。2回やってますから。3回目はワイルドを思い起こすためにも自分に刺激を与えたい。そういう気持ちで戦いたいと思っています」
 
―逆に大森選手は約3年ほど離れていた中で、征矢選手の活動については気にしていたんでしょうか。
 
大森隆男
「そうですね。新聞、雑誌、インターネットサイト等では彼の行動・活躍は見ていましたね。…どう思っていたか…まぁ彼のやりたい事を体現しているんだろうなってのは思っていましたけどね。僕は僕で全日本プロレスに残ってやっていかなきゃいけないこと、自分の進む道を、戦っていくことをしていかなきゃいけないので。それで精一杯でした」
 
―征矢選手はいかがでしょうか。
 
征矢学
「そうですね、自分の事でいっぱいいっぱいでしたから大森さんの事は見ておらず、どういう活動をしていたのかはわからないですけど、ただ髪の毛の色が変わったなっていう感じではあります。とにかくですね、やっぱりそのワイルドという物を追及していくとなると、おそらく大森さんも私が見ていなくても背中で男は語るという信念がワイルドにはありますので、三冠のベルトを獲ったりそういう活動はしていたのではないかと思います」
 
―昨日の段階では即答は避けていましたが、一晩経って復帰戦の相手を務めようと決めた理由はどのようなものでしょうか?
 
大森隆男
「2013年末に彼が退団するまでの経緯だとか、退団する際の事だとかいろいろ思い返してみて、復帰する時にはGET WILDでっていう事は彼と話していたんですけどそれも果たせないまま去って行ってしまって。僕も胸中複雑なものがあったし…ここで即答できないっていうのはそういう部分ですよね。でもやっぱり全てを飲み込んで、あの時の続きっていう言い方はおかしいんですけど果たせなかった物を今果たす、そういう巡りあわせっていうかチャンスが来ているんじゃないっかって。今回彼が全日本のリングに足を運んでくれたことがきっかけとなったことなんで、俺にとっては拒む理由もなかったし、全てを飲み込んで思い切って俺の方から一歩前に出てもいいんじゃないかっていう。かえって彼の行動から僕の気持ちの変化を起こしてもらった、っていう風には思いますよね」
 
―征矢選手はワイルドを思い起こすっていう言葉がありましたが、ここで大森選手とやるという事にどのような意味を見出しているのでしょうか。
 
征矢学
「欠場している状態っていうのが、まぁ今回初めてじゃなく2度目の欠場ですけど、どうしても欠場中っておそらく存在自体が薄れていくと思うんですよね。征矢学というレスラーがドンドン地球上からなくなっていくような、そんな状態になるわけですよ。やっぱり会場で試合しないとお客さんの思い出からどんどん離れていくので、やっぱり不安だったりとか、それでも試合したいっていう気持ちが強くなってきて。そんな中思い返すと、もともとプロレスを楽めたきっかけってやっぱりワイルドなんです。そのワイルドの原点を見つめなおしたい、ワイルドとは何だったのか、と。まぁワイルド五箇条、なんでしたっけ?大森さんの」
 
大森隆男「女性に優しく…自分に厳しく」
 
征矢学「いろいろあるんですよ。征矢に優しく…あとなんでしたっけ?」
 
大森隆男「宵越しの銭は持たない…雨の日には遠出するな」
 
征矢学
「今日はすみません、雨の日に遠出していただいて。大森さん、マイクもって喋ってくださいよ。全然聞こえないですから。伝えるのも我々の義務ですよ?とりあえず一つだけ大森さんに聞きたいんですけど、寝ずに考えたって言ったじゃないですか、私とのシングルマッチを。本当に寝ないで考えたんですか?」
 
大森隆男
「寝ないで考えたよ。寝ないで考えました。目が真っ赤です」
 
征矢学「お疲れ様です。まぁ―」
 
大森隆男
「今彼が言った欠場している間、自分の存在が無くなるような不安な気持ちがあるというのは同じレスラーとしてすごくよくわかるんですよね。まぁ全日本プロレスが2013年に分裂してしまっている時に彼は欠場していた。その間、残された選手で何ができるかと。試合もしなければならない。自分たちの事で精一杯で欠場している彼のことまで想ってやることはできなかったんですよね。やっぱりパートナーとしてそういう支えられなかったっていう気持ちも同時に持っているんですよ。だから今回のこの彼からの申し出っていうのは俺は受ける必要があると、そういう風に自分で判断しました。これがワイルド五箇条の五箇条目だ」
 
征矢学
「すごく長い五箇条目ですね。今たぶん誰も覚えられないですよ。もう一回言えますか?さっきの五箇条。言えます?四箇条目まではなんとなくわかったんですけど、五箇条目はどこからどこまでが五箇条目なのか」
 
大森隆男「“だ”までだよ」
 
征矢学
「“だ”までですか。凄く長いですね。おそらく一回言ったっきりで終わりますよ。でも本当に大森さんのそういうね、おそらく全日本さんはみなさんが良いとは思っていないでしょうけど、大森さんが死ぬ気で僕にシングルマッチを…大森さんが僕とシングルマッチをやりたいという」
 
大森隆男「お前ワザと言うな」
 
征矢学
「それは僕自身間違えたんですけど、大森さんが僕とやりたいのも、僕が大森さんがやりたいのも、1+2=、2+1=と一緒なんですよ」
 
大森隆男
「今やっと同じになったんだよ。俺もお前とはやりたいよ」
 
征矢学
「だから2+1じゃないですか?昨日は2+1かもしれないけどじゃあ今日は1+2ってことですか?一緒でしょ?」
 
大森隆男
「1=1じゃないか、今は」
 
征矢学
「1=1ですか。だから大森さんが僕とやりたいっていう言い方でも間違いじゃないのかなって、今も昔も」
 
大森隆男
「いやいやいや、昨日の時点では1=0だったんだよ」
 
征矢学
「1=0…1=0、え?1=0ってどういうことですか?1は…1=0…」
 
大森隆男「…その話、長いの?」
 
征矢学「いや、そろそろ終わりにしましょう」
 
大森隆男
「それだけ喋ればノドも乾くだろ、なぁ?久しぶりにあったら相変わらずベラベラ喋ってばっかで。伸びたの髭だけか?お前は」
 
征矢学
「髭はあれですよ…大森さん、またそうやって人を外見で判断するっていうのは全然ワイルドじゃないですよ」
 
大森隆男
「外見で判断するとか言って人の事金髪だなんだ言ってるじゃん、最初に。おかしいだろ」
 
征矢学「言いましたっけ?」
 
大森隆男
「久しぶりに会って変わったところは金髪ぐらいですねって、人間的に全く変わってないみたいじゃないか、俺の事」
 
征矢学
「いやだって金髪って…言いましたっけ?ちょっとだけ髭伸びましたね、って言うのはアリですか?」
 
大森隆男
「いやもう髭と髪の毛の区別つかなくなったですね。人間そこまで髭が伸びるのかと思うよ。ある程度まで伸びたら止まるだろ。そこまで伸びるのか。ギネスブックに載ってるどっかの国の人みたいだな、なんか爪が異常に長い人、みたいな。っていうかお前ほんと後楽園覚悟しとけよ!ふざけやがって!こんなつもりで今日会見来たんじゃねぇんだよ!ふざけんじゃねぇ!」
 
―ここで大森隆男が退場

征矢学
「またそうやって得意の帰るやつですか。ちゃんと傘もって帰ってくださいよ!…すいませんまた…まったく、大森さん!」
 
※ここで征矢学も退場。


[157] fun◆fLongoRY - 2016/09/27(Tue) 07:55 ID:TOwP2oLo  [No.106288]
WRESTLE−1の吉岡世起、黒潮“イケメン”二郎が全日本プロレスへの参戦の意思があることをコメントにて発表したそうです。

 吉岡は土肥、熊ゴローの対全日本プロレスの戦いに触発され参戦を熱望。また黒潮“イケメン”二郎は未知なる領域、“王道”への挑戦ということから参戦を表明。ケンカという言葉を使用しているがつまり“対抗戦”。果たして両選手の全日本プロレス参戦は成るのだろうか。

吉岡世起「次の標的は全日本プロレス。所属している時、所属として上がることが……リングに立つことができなかった団体。それでこの前、土肥、熊の試合を見てなんかゾクゾクしてきて。全日本とやる時どんな相手がいてどんな試合をするのかちょっと肌で感じたくなりまして。全日本プロレスにはまぁ“俺からのこのケンカを買ってくれませんか?”と。お願いします」

黒潮“イケメン”二郎「黒潮“イケメン”二郎です。七番勝負、まぁまだ終わってはいないんですけど一区切り、終止符を打ちまして一つ気づいたことがございます。それは何が足りないかっていうとやっぱり“王道”なんじゃないかと。七番勝負を振り返ってみると“王道”っていうジャンルだけがなかったんですね。プロレス界で一番“王道”に近い団体、全日本プロレスがWRESTLE−1に喧嘩をふっかけてきているという情報を手にしております。という事は……そういうことなんじゃないかと(不敵な笑み)。まぁ、皆様楽しみにしていてください!」


[158] fun◆fLongoRY - 2016/10/08(Sat) 07:33 ID:AAFxmQSc  [No.106320]
東スポ情報ですが、W―1のワイルド男・征矢学が6日、過酷な復帰戦へ向けて怪気炎を上げたそうです。

 8月から右肩負傷により戦列を離れていた征矢は、9日のW―1後楽園大会(正午開始)で大森隆男と復帰戦を行う。さらには同日夜の全日本プロレス後楽園大会にも出場して秋山準と激突。

 いきなりシングル2連戦という、まさにワイルドな復帰戦だが、征矢は「不安がないと言えばうそになるかもしれないが、同じくらいワクワクしている」と腕をぶす。さらには「2試合とも相手は右肩を狙ってくるだろう。弱っているところを狙うのはプロレスの鉄則だから。俺はそれを全て受け切るつもりだ。いや、むしろこちらから右肩を使ってやる。2人とも右のラリアートで倒してみせる。それがワイルドだ!!」と宣言。

 すっかり興奮した征矢は東京スポーツ新聞社制定プロレス大賞についても「ワイルド賞を新設しろ」と意味不明の要求。2012年には大森とのコンビで最優秀タッグ賞を受賞しているが「この試合で勝ったほうがワイルド賞受賞だから。選考理由はそっちで考えて」と無責任に語った。

「毎日ご飯をメガ盛りで食べている。なぜかって?“おおもり”を超えるために決まってるだろ。だから必ず勝てる」と征矢。こんな調子で夜の秋山戦までたどりつくことができるのか。復帰即再離脱にならないことを祈るばかり…との事


[159] fun◆fLongoRY - 2016/10/10(Mon) 02:31 ID:hzT.eXbI  [No.106328]
「WRESTLE-1 TOUR 2016 UPDRAFT」
10月9日(日)東京・後楽園ホール

主な試合結果です。

第4試合 WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
[王者]○児玉裕輔
16分22秒 サーヴィカルブレイク→片エビ固め
[挑戦者]×ジェイ・ フレッディー
※児玉2度目の防衛に成功

第5試合 征矢学復帰戦
×征矢学
13分16秒 アックスボンバー→片エビ固め
○大森隆男

第6試合 WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ 60分1本勝負
[王者]カズ・ハヤシ&○鈴木鼓太郎
18分16秒 タイガードライバー→エビ固め
[挑戦者]KAI&村瀬広樹×
※王者組が初防衛戦に成功

第7試合 5対5イリミネーションマッチ
(若手軍)×稲葉大樹&土肥孝司&黒潮“イケメン”二郎&熊ゴロー&藤村康平
36分00秒 合体ファッキンボム→エビ固め
(ベテラン軍)○河野真幸&近藤修司&葛西純&火野裕士&NOSAWA論外
※2人残りでベテラン軍の勝利


[160] fun◆fLongoRY - 2016/10/13(Thu) 14:46 ID:Xmtl.k3U  [No.106347]
第5試合で復帰戦での征矢学vs大森髓jですが、試合後マイクを要求した大森は「兄貴、相変わらず、タフでクールでワイルドだな。強烈だぜ、一発一発、おまえの攻めは。でも、今日久しぶりにシングルやれて、お互いのワイルドを確認し合ったよな。オレたち、もう1回手を合わせて、ワイルドの道を一緒に究めないか」と呼びかけると、征矢は涙ぐんでいるのを「泣いてない、雨じゃないのか。ちょっと雨がやむまで待ってくれ」とごまかしつつ、「その前にひとつだけ言わせてくれ。大森さん、今日は復帰戦、付き合ってもらってありがとうございました。オレは大森さんとワイルドを競う中で、あの時の気持ちで今日も来た。そして、タッグ。大森さんとタッグを組みたいところなんだが、大森さん、あなたもオレと復帰戦をするときに、『寝ずに一日考えた』って言ったよね。じゃあ、オレも一日考えさせてくれ。それで平等だよな。それと、大森さんにはまったく関係ない話かもしれないが、オレはW−1のシングルのベルトにどうしても挑戦したいんだ」と言うと、大森は「それは普通、勝ったヤツの言う台詞だろ。負けてるじゃん。相変わらずワイルドだな、おまえ」と苦笑い。征矢は「とにかく、今、オレに実績はないが、必ず実績を作って、シングルのベルトに必ず挑戦します。ありがとうございました。ワイルドに行こうぜ!」と絶叫した。

[161] fun◆fLongoRY - 2016/10/13(Thu) 14:47 ID:Xmtl.k3U  [No.106348]
大和ヒロシが“頚椎症性脊髄症”により治療のため1年半欠場することを発表
以前より首のケガにより欠場していた大和ヒロシが記者会見を行い、今後の活動について語った。

大和ヒロシ
「本日こういった会見の場でお話しさせていただきますのが、今月の21日なんですが私、手術を受けることになりました。病名がですね、“頚椎症性脊髄症”(けいついしょうせいせきずいしょう)、こちらの手術になりまして、都内の病院にて受けることにしました。で、最短で2週間から最長で1ヶ月の入院となります。更にですね、復帰までの期間なんですけど、約1年半は確実に欠場しなければなりません。ですのでこれから先、セコンド等につくことがあっても試合をすることが1年半は確実にございませんので、その事をご報告できればと、こうしてこの記者会見の場でお話しさせていただきました。以上です」

――その症状は具体的に身体のどの部分にあたるのでしょうか?
ヒロシ「頸椎なんですけど、こちらがどういった状態になっているのかといいますと、脊髄と頸椎、まぁ骨との間に通常は隙間があるんですけどダメージの蓄積によってその隙間がほとんど無い状態になっておりまして。ですので首に衝撃がありますとその衝撃がダイレクトに脊髄に、神経に伝わってしまって、3月に起きてしまったような首から下が全く動かなくなってしまう、そういった状態に陥ってしまうことになります。正直な事を申しますと8月に復帰をしまして1週間後に欠場となりましたけど、その際に起きた症状もこちらの頚椎症性脊髄症から起きたものだと思われます」

――1年半という長い時間を欠場という事になり、手術するという決断は結構迷われたのでしょうか?
ヒロシ「実は来年、私がデビューして10周年の年になりますし、ここ4年ほどプロモーターとしても動いておりますので、是非自分の10周年興行をやりたいと思っていろいろ動いている所でした。ですが、今のままリングに上がればまたいつ同じ症状になるか、またそうなった場合半身不随になりかねないという状態でありますので。そういったリスクを負ったままリングに上がるのは自分だけの責任ではなくなってしまうので、それを回避するにはもう手術しかないという事で決断しました。で、1年半という期間があるので、いつ手術するのかもすごく悩んだんですけど、その1年半の逆算をして早ければ早い方がいいのではないかと思い、とりあえず10月10日の館山大会、自分自身のプロモート大会が終わってから直近で選べるタイミングでこの日にさせていただきました」

――10周年興行という物は自分の中では見据えなかったという事でしょうか?
ヒロシ「10周年興行はもう10周年のうちにはできませんので。復帰は再来年以降ですか。デビュー10周年という事は自分はリングに立てないんですけど、10周年興行は確実にやりますし、プロモーターとしてのデビュー5周年興行としてやりたいと思っております」

――セコンドなどとしてつくという事は会場にいかれるという事だとは思いますが、まずそこまで行くのにはどの程度かかる見通しでしょうか?
ヒロシ「そこはまだ術後の経過によって担当の医師の方との相談になると思います」

――歌手としての影響はいかがでしょうか?
ヒロシ「声の方に影響はないと思います。なので歌手業は続けていきます。またそれ以外にも頸椎に衝撃がない限りは今までやってきたことはできると思いますので、そういった部分ではまたお声をかけていただければ受けられることは受けさせていただきます。またプロモーターとしても続けていきますし、8月からWRESTLE-1の営業部長にも就任させていただきましたので、営業部長としての責務は全力で行っていきたいと思います」


[162] fun◆fLongoRY - 2016/10/19(Wed) 09:50 ID:QOAy/6PM  [No.106375]
全日本プロレス記者会見終了後の征矢学インタビューです。
会見での大森選手とのやり取りの事や、11.2後楽園ホール大会の対土肥、熊ゴロー戦について話を聞いた。復帰してから数試合を行ったワイルドの現在の心境に迫る。

―大森選手との記者会見を終えて、今の心境はいかがでしょうか?
 
征矢学
「復帰戦に関して大森さんとやりたいと言って。それはワイルドを極めるにあたって最初に大森さんとワイルドコントラワイルドで戦ったのが始まりで。その中で、自分が一番楽しんでいた部分を思い出したいっていうのもあって、今回は復帰戦をお願いした。で、それからやっぱりお互い顔を合わせて懐かしさと、もう一度大森さんとGET WILDをやりたいと…一晩中ね、寝ずに考えたと言ってましたし。僕の中では大森さんがそう言ってくれたのが一番うれしかったので。組めるのならもう一度、どういう風に見られるのかはわからないけどワイルドを極めたい。タッグリーグもワイルド旋風を巻き起こす。それでWRESTLE-1の無差別級のベルト。稲葉選手がチャンピオンですけど、次河野さんとタイトルマッチやって。どっちが勝つかはわからないですよ。結果はわからないですけど、勝った方に挑戦したい。本来であれば…まぁケガをする前の私だったらKAIとやってベルトを巻けるチャンスを持っていた。でもケガをしてしまったので。だからどうしてもベルトに辿り着きたい。ただ今の俺には実績が一つもない。だから実績を作りたいという部分で、大森さんと組んで実績を作る。それも一つの作戦ではないですけど、考えではあります」
 
―大森選手と組んで全日本プロレスのタッグリーグで実績を残すとおっしゃいましたが、それはあくまで“全日本プロレスでの”実績じゃ…
 
征矢学
「同じプロレス界だろ!そこは認めなきゃダメでしょ!最強タッグで実績を残せばそれなりのものが与えられてもおかしくないだろ!そうじゃないですか!?実績を残せば会社も“うん”と言わざるを得ない状況になるでしょ?そうでしょ!?」
 
―では今の征矢さんの目標は全日本プロレスのタッグリーグの制覇であり、WRESTLE-1の無差別級のベルトという事ですか?
 
征矢学
「そこにたどり着くまでの実績は、今チャンスだと思えばそこを突いていきますよ。それも含めまた大森さんの“GET WILD”組もうっていう言葉をきちんと返したいし、WRESTLE-1での実績もきちんと作っていく。もしかしたら全日本プロレスでの実績とWRESTLE-1での活躍は違ったものになるかもしれない。ただ全日本プロレスで活躍すれば相乗効果が生まれてWRESTLE-1でも活躍できる!その力を手に入れられると僕は思っています」
 
―わかりました。では11.2後楽園ホールの話になりますが、そこでは土肥孝司選手、熊ゴロー選手とのタッグマッチが組まれ、それについてはこれで最後とおっしゃっていました。
 
征矢学
「そこにかまってられないですからね、正直。熊ゴローがワイルドを抜けたことに関していまアイツはああいう態度をとっている。それに対して止める筋合いも意味ももうない。止めようとももう思わないですよ。ただ俺の中では、今はアイツにかまうよりはさっき言った実績とか、そういう物に目を向けなきゃいけない。かまっていられないですよ、あいつらに。だからこれでトドメを刺して、これでこの話は終わり」
 
―では最後にこれから大森選手と再度タッグを結成する事、そして11.2後楽園ホール大会についての意気込みをお願いいたします。
 
征矢学
「やっぱりタッグリーグ…復帰戦の日にあそこまで秋山さんにボコボコにやられたんで。このまま黙って引き下がれないですよ。気持ちとしてはリベンジしたい。秋山さんが誰とタッグを組むかは知らないですけど、そのチームには絶対負けない。そして俺らが必ず優勝しますよ。意地でもワイルドの真骨頂を見せたいと思っています。そしてWRESTLE-1、次のワイルド対決はこれで最後。次は実績を作るために何かしらを見つけ、実績を我が物にし、WRESTLE-1のベルト、挑戦します」


[163] fun◆fLongoRY - 2016/11/04(Fri) 07:55 ID:0QuJtKWQ  [No.106441]
「WRESTLE-1 TOUR 2016 AUTUMN BOUT」
11月2日(水)東京・後楽園ホール

遅くなりましたが主な試合結果です。

第3試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
近藤修司&鈴木鼓太郎&○NOSAWA論外
8分8秒 超高校級ラ・マヒストラル
アンディ・ウー&吉岡世起&藤村康平×

第4試合 タッグマッチ 30分1本勝負
×征矢学&葛西純
12分35秒 垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め
○土肥孝司&熊ゴロー

第5試合 スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負
○武藤敬司&黒潮“イケメン”二郎
13分19秒 シャイニングウィザード→片エビ固め
竹下幸之介&アントーニオ本多×

第6試合 WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
[王者]○児玉裕輔
14分31秒 サーヴィカルブレイク→片エビ固め
[挑戦者]×カズ・ハヤシ
※第5代王者が防衛に成功

第7試合 WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
[王者]×稲葉大樹
22分14秒 ジャイアントニードロップ→片エビ固め
[挑戦者]○河野真幸
※河野が第10代王者になる


[164] ただの全日ファン - 2016/11/14(Mon) 00:43 ID:ct89g/9M  [No.106494]
木村花がPro―Wrestling ACE所属になりました。


[165] ただの全日ファン - 2016/12/09(Fri) 22:02 ID:Es/2LoMY  [No.106619]
今日の後楽園ホール大会のタイトル戦の結果

WRESTLE−1認定UWA世界6人タッグ選手権試合
(王者組)×稲葉大樹&アンディ・ウー&吉岡世起vs(挑戦者組)]○近藤修司&葛西純&NOSAWA論外(8分41秒 キングコングラリアット→片エビ固め)
WRESTLE−1認定クルーザーディビジョンチャンピオンシップ
(王者)×児玉裕輔vs(挑戦者)〇MAZADA(16分18秒 変形正田落とし→体固め)
WRESTLE−1認定タッグチャンピオンシップ
(王者組)○カズ・ハヤシ&鈴木鼓太郎vs(挑戦者組)土肥孝司&×熊ゴロー(15分1秒 パワープラント→片エビ固め)
WRESTLE−1認定チャンピオンシップ
(王者)〇河野真幸vs(挑戦者)×黒潮“イケメン”二郎(
18分26秒 ジャイアントニードロップ→体固め)

ベテランvs若手はベテランの全勝でした。
まだまだ世代交代は難しいのかな。


[166] fun◇fLongoRY - 2016/12/20(Tue) 11:20 ID:DBkFQ6jo  [No.106687]
 W‐1は都内の事務所で会見を行い、来年1月8日の後楽園ホール大会で予定されていたW‐1チャンピオンシップ王者・河野真幸vs征矢学のシングルマッチをタイトルマッチに変更すると発表。

 そもそものいきさつは、挑戦の意向を示した征矢が「自分には実績がない」などと漏らしたため、王者がタイトルマッチを拒否してノンタイトル戦となった。しかし、征矢は全日本・大森隆男とのタッグ「GET WILD」で最強タッグリーグを制覇。これを受けて河野が「プロレス界では素晴らしい実績だと思うので、このベルトをかけて問題ない」と認めたため、タイトルマッチへの変更が正式に決まった。

 王者は「もともと過去のチャンピオンなので、すでに実績があると思っていた。手間がなくなってよかった」とも発言。自ら「実績がない」と発言したためにハードルが上がっていたことを知らされた征矢は「そんなこと言ったら、俺、最強タッグ出なくてよかったってことですか? クソー」と悔しがったそうです。(笑)


「WRESTLE-1 TOUR 2017 SUNRISE」
2017年1月8日(日)東京・後楽園ホール

▼WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
【第10代王者】河野真幸vs【挑戦者】征矢学
※第10代王者・河野真幸、2度目の防衛戦。
 
▼WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ 60分1本勝負
【第7代王者組】カズ・ハヤシ&鈴木鼓太郎vs【挑戦者組】稲葉大樹&児玉裕輔
※※第7代王者組・カズ・ハヤシ&鈴木鼓太郎組、3度目の防衛戦。
 
▼WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
【第6第王者】MAZADAvs【挑戦者】アンディ・ウー
※第6第王者・MAZADA、初の防衛戦。


[167] fun◆fLongoRY - 2016/12/20(Tue) 23:22 ID:DBkFQ6jo  [No.106696]
 W‐1のKAI(33)が20日、都内の事務所で12月31日をもっての退団を発表しました。

会見に出席したKAIは「私KAIは自由になります!去年からWRESTLE-1の方で自由にやらせて頂いていて。そんな中でこれは本当に自由なのかって思ってきてもっともっと自分の中で自由になりたいっていう気持ちが出てきまして。僕の中で本当に自由っていうのは、武藤さんの背中を見て感じてきたものなのかなと。武藤さんって凄い自由奔放な方じゃないですか。武藤塾から入門して全日本プロレスの時代、付き人もずっとやらせて頂いていてずっと背中をみて育ってきたんです。だからある意味僕の中では、自由っていうのは武藤敬司から自然と受けたものなのかなっていうのをすごく感じていまして。それで武藤さんに話させて頂いて、今年をもってWRESTLE-1を退団して来年は自由、フリーという形でWRESTLE-1にも上がらせて頂きます。本当にこの決断を了承していただいたWRESTLE-1、そして武藤さんには感謝しかないですね。今後ともよろしくお願いいたします」と経緯を説明。

 武藤は「彼の熱意…正直彼は心地よく出してくれたと言ってましたけど、こっちは一生懸命とどめることを努力したんだけど、その自由に生きたいという熱意に押されてこういう結果になりました。まぁ10年か?武藤塾に始まってな。リング上だけでなくいろんな武藤イズムを叩き込んだつもりです。実は俺コイツの言っているフリーだ、自由だっていうのがいまいちピンと来ないけど、どのリングに行ってもきっと活躍できると信じているので、頑張ってください」とエールを送ったとの事。

以下、質疑応答です。

――KAI選手は全日本時代から武藤選手と行動を共にしてきていて、なかなか決断に踏み切ることもできなかったと思いますが、改めてどのような心境だったのでしょうか?
KAI「やっぱり本当に悩んだ後の決断ですし、今武藤さんがおっしゃったようにリング上だけだって僕自身も思っていました。でもだんだんとなんか本当に自由だ自由だって言っているうちに、そういう気持ちが本当に芽生えてきて。自然なことでありますし、自分自身に嘘をつきたくないなっていうのもあってこういう風になりました」
――KAI選手は武藤選手の背中をみて育ってきたとおっしゃっていましたが、それをお聞きになってどう感じましたか?
武藤「まだその辺はね、こいつまだ俺の事あんまり見えてないというか。意外と俺は窮屈にしてるんだよ?」
KAI「そうなんですか、すみません」
――武藤選手は団体の社長として考えたら戦力的に大きな痛手だと思うのですが、いかがでしょう?
武藤「まぁKAIも言っていたけど、俺自身もいろんなリングで試合しているわけであって。やっぱりKAIと武藤塾で始まった同期、今では真田もいないしBUSHIもいないし」
KAI「大和もです」
武藤「大和はいるか。まぁまぁ10年のくくりでそういうことを悩む時じゃないの?きっとね。で、決断した結果だと思います」
――愛弟子が去っていく寂しさは感じますか?
武藤「だからさっき冒頭で言ったじゃん。俺は引き留めたんだけど、やっぱり彼の熱意に押されたという。やっぱ寂しいからね。でもそれはしょうがない」
――KAI選手にはどのような活躍を期待しますか?
武藤「うーん…実は俺コイツの言っているフリーだ、自由だっていうのがいまいちピンと来なくて。ピンと来ないから何ともね。まぁだけどメディアを通してでもKAIは素晴らしかったっていう評判だけは聞きたいけどね」
――KAI選手はWRESTLE-1と今後どのようにかかわりを持っていこうと考えていますか?またフリーになったという事での目標ややりたい事はありますか?
KAI「まぁWRESTLE-1は今後も、1月も上がりますので。その辺はいつまでっていうのは決まってもないですね。後やりたい事は、まぁ自由っていうのは責任が伴いますからね。やっぱりその辺はちゃんとした行動を―」
武藤「自由ってのは責任がないんだろ?」
KAI「そうなんですか?自分自身に―」
武藤「だからきっと自由を通り越して今度は責任ある立場に立ちたいって思うんだよ」
KAI「という事でございます」
――…では改めてやりたいことや考えていることはありますか?
KAI「そりゃいろんな団体に上がりたいですよ」
――WRESTLE-1には後輩の若手選手がたくさんいますが、何か伝えたいことはありますか?
KAI「いやでも僕が観てて良いですからね。やっぱWRESTLE-1の若手は。正直言って凄いと思うんですよ。才能ある選手いっぱいいると思うんで」
武藤「まさかだから逃げるんじゃないだろな?」
KAI「いやいやいや、逃げるんじゃないです、自由になるんです」
武藤「いやなんか自由って一歩間違えれば逃げるってとらえられかねないからな」
KAI「そうですかね?いや逃げません!」
――才能ある選手がたくさんいるから心配していないという事でしょうか?
KAI「まぁある意味。僕もだってベルト持ってて獲られてるわけですから。あの時、正直ほっとしたなっていうのもあるんですよね。あと僕ももうすぐキャリア10年になりますし、ファンの時代からずっと武藤さんを見てきて、入ってからも武藤さんについてきて、団体が変わっても武藤さんについてきて、ずっと親の下で育った子供だったと思うんですよ。だからそろそろ自分自身羽ばたく時かなっていうのを感じたっていうのはあります。でもそれは羽ばたいてどっかに行くかもしれないけど、もしかしたらまた親の元に帰ってくるかもしれないし、それはわかんないじゃないですか。それも含めて自由ですよ。ただ僕の中では親は親で一生変わらないですよ」


最近はゼロワンや、FMW、DDTなど、広い範囲で活躍しているようでしたが、エースではなくてもこれからも頑張ってほしいですね。


[168] ただの全日ファン - 2017/01/10(Tue) 00:41 ID:cacS8b1w  [No.106773]
新しく若手のためのリザルトチャンピオンシップと言うタイトルを新設します。
土肥孝司・三富政行・熊ゴロー・立花誠吾・藤村康平・タナカ岩石・村瀬広樹・頓所隼の8名によるトーナメントにより初代王者が決定します。


[169] fun◆fLongoRY - 2017/01/10(Tue) 12:36 ID:hzT.eXbI  [No.106775]
『WRESTLE-1 TOUR 2017 SUNRISE』
1月8日(日)東京・後楽園ホール

遅くなりましたが主な試合結果です。

WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者】○MAZADA(東京愚連隊)
16分42秒 垂直落下式正田落とし→片エビ固め
【挑戦者】×アンディ・ウー
※第6第王者が初防衛に成功

WRESTLE-1 vs 全日本プロレス 6人タッグマッチ 30分1本勝負
○武藤敬司&土肥孝司&熊ゴロー
16分32秒 4の字固め
大森隆男&×野村直矢&青柳優馬(全日本)

WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者組】カズ・ハヤシ&○鈴木鼓太郎(フリー)
16分25秒 マスドライバー→片エビ固め
【挑戦者組/NEW ERA】稲葉大樹&児玉裕輔×
※第7代王者組が3度目の防衛に成功

WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者】○河野真幸
14分38秒 ランニングニー→片エビ固め
【挑戦者】×征矢学
※第10代王者が2度目の防衛に成功


[170] fun◇fLongoRY - 2017/01/12(Thu) 01:44 ID:2KBZMqPs  [No.106785]
1月8日の後楽園ホール大会の試合中に左膝を負傷し、精密検査を受けていた黒潮“イケメン”二郎が検査の結果、
「左膝後十字靭帯損傷」、全治4カ月と診断。
出場を予定していた1月15日(日)山梨・山の都アリーナ以降の大会を欠場。
 
1月25日(水)東京・新宿FACE大会でGAORA TVチャンピオンシップ【第14代王者】黒潮“イケメン”二郎vs【挑戦者】SUSHI(全日本プロレス)が予定されていましたが、代替カードについて土肥孝司、熊ゴローが協議中で決定次第発表との事。


GAORA TV チャンピオンシップは中止なのでしょうか?
また、SUSHIはそれでも出場なのでしょうか?気になります。


[171] fun◇fLongoRY - 2017/02/09(Thu) 13:30 ID:2GB.AYfA  [No.106885]
「PRO-WRESTLING MASTERS」
2月8日(水)東京・後楽園ホール

試合結果です。

第1試合 STRONG MASTERS スペシャルシングルマッチ 30分1本勝負
×高岩竜一
(11分45秒 #178)
〇稲葉大樹
 
第2試合 スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負
高山善廣&佐野巧真×
(13分30秒 ワイルドボンバー→片エビ固め)
大森隆男&征矢学〇
 
第3試合 スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負
〇藤原喜明&芦野祥太郎
(17分48秒 脇固め)
グレート小鹿&熊ゴロー×
 
第4試合スペシャル6人タッグマッチ 30分1本勝負
※試合権利のある選手が場外に出た時点でタッチを行わずとも控えの選手が出る事が許されるルチャ・リブレルール
〇ウルティモ・ドラゴン&獅龍&アンディ・ウー
(19分51秒 ラ・マヒストラル)
×NOSAWA論外&MAZADA&ディック東郷
 
メインイベント スペシャル8人タッグマッチ 60分1本勝負
〇武藤敬司&長州力&藤波辰爾&獣神サンダー・ライガー
(15分23秒 ムーンサルトプレス→片エビ固め)
越中詩郎&ザ・グレート・カブキ&AKIRA×&齋藤彰俊 with 青柳政司


[172] fun◆fLongoRY - 2017/03/22(Wed) 10:26 ID:VsTYND0.  [No.107045]
「WRESTLE-1 TOUR 2017 TRANS MAGIC」
3月20日(月・祝)東京・後楽園ホール

遅くなりましたが主な試合結果です。


第4試合 WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
(王者)×MAZADA
21分50秒 Clock Strikes →片エビ固め
(挑戦者)○吉岡 世起
※吉岡 世起が第7代王者となる。

第5試合 WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ 60分1本勝負
(王者組)鈴木 鼓太郎&カズ・ハヤシ×
17分23秒 垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め
(挑戦者組)○土肥 孝司&熊ゴロー
※土肥孝司&熊ゴローが第8代王者組となる。

第6試合 スペシャル6人タッグマッチ 30分1本勝負
○武藤 敬司&近藤 修司&葛西 純
5分8秒 シャイニングウィザード→片エビ固め
曙&征矢 学&NOSAWA論外×

第7試合 WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
(王者)×河野 真幸
15分34秒 アンクルロック
(挑戦者)○芦野 祥太郎
※芦野祥太郎が第11代王者となる。




[掲示板へ戻る] [前100] [1-100] [最新50]
処理 記事No パスワード

お名前
E-mail
コメント
URL
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色